まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



レッツゴーバディ!(行くゼ相棒!)
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


[睦月日記一覧] : 2002/01/16 : (コメントが2件あるにゅ)

年に一度のすぺさるでー。

*

へむ2「くにゃー」
まるち「おはようございます〜(^^) お身体の具合は、いかがですか?」
へむ2「にゅー。そうなあ、まあ大体治った感じー」
まるち「そうですか、それは良かったです〜(^^)」
あずさ「ホントにね。うん、良かったわー。ふっふっふっふっふ」
猪名川「せやなあ、良かった良かった。くっくっくっくっく」
へむ2「・・・何だキミら、その妖しい笑いわ。何企んでやがる?」
あずさ「べーつにぃ? 何も企んでなんかないわよ?」
猪名川「そーそ。ただ、うちらはアンタが元気になってくれて良かった思てるだけやでー」
へむ2「嘘こけ。そのキラキラした瞳は絶対何か妙なこと企んでるじゃろ、おのれら」
猪名川「企んでへんて。うちはただー、アンタが元気になってくれてー、今日のパーティーの準備が無駄にならんで済んで良かったな、思てるだけやでー」
へむ2「パーティー?」
あずさ「そうそう。お・め・で・と・う☆」
へむ2「・・・何の事だ、一体」
猪名川「とぼけんやないでー。もちろん、アンタの大台突入のお祝いに決まっとるやん」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「おめでとう、30才のお誕生日☆」
まるち「おめでとうございます、ご主人様(^^)」
へむ2「・・・何の事を言ってるのか分からないナ。俺はまだ29才と12ヶ月サ」
猪名川「うんうん。予想通りの逃げやなー」
あずさ「まったくね。でも、逃がさないから。みんなー、入ってきていいわよー」
へむ2「にょ?」
ちづる「お邪魔しまーす」
かえで「・・・こんにちは。お邪魔します」
はつね「お兄ちゃん、お早う(^^)」
へむ2「きょわ!? ちづるさんにかえでちゃんにはつねちゃん!? 何でここに?」
はつね「今日はお兄ちゃんのお誕生日だから、ってあずさお姉ちゃんが。お誕生日おめでとう、お兄ちゃん(^^)」
かえで「・・・おめでとうございます」
ちづる「おめでとうございます(^^) ええっと・・・30才になられたんですよね?」
へむ2「あう。ええっと〜」
猪名川「さらに駄目押し。おーい、入ってき〜」
あさひ「あ、あのあのあの、お、お久しぶりです!」
すばる「初めまして! 御影すばるですの〜☆」
みなみ「初めまして。牧村みなみです(^^)」
へむ2「きょわ。あさひちゃんにすばるたんにみなみさん?」
猪名川「アンタが抵抗不可能な相手を厳選して呼んでみましたー♪」
へむ2「・・・猪名川。くそ外道かテメぇ(−−」
みなみ「あらあら、駄目ですよ、そんな汚い言葉を使われては。今日はおめでたい席なんですし」
へむ2「あう、すみません。いや、でも、しかしですね。猪名川がー」
みなみ「由宇ちゃんは貴方のお誕生日をお祝いしようとしてるだけなんですから。ね?」
へむ2「・・・にゅ〜。はい」
みなみ「では、改めて。お誕生日、おめでとうございます(^^)」
あさひ「お、おめでとうございます!」
すばる「おめでとうございますですの〜☆」
へむ2「あう〜。あ、ありが・・・うみゅみゅみゅみゅ〜」
猪名川「あ、意外としぶとい」
あずさ「そうね。そろそろ諦めて受け入れるかと思ったんだけど」
まるち「・・・ええっと。あの、ご主人様(^^;」
へむ2「にょ?」
まるち「実は私もその、何人かお呼びしているのですが、入ってもらってもよろしいでしょうか?(^^;」
あやか「駄目って言われても入るけどねー」
まるち「あ(^^;」
へむ2「もう入ってるやんけ・・・て、わ、あやか嬢!?」
あやか「お誕生日おめでとー。聞いたわよー、大台に乗るんですって?」
へむ2「うぎゅう。どーしてそーゆー事をずけずけ口にするかなあ、この娘は」
あやか「あはははは☆ まあ、気にしない、気にしない。人間誰だって年とっていくんだし」
へむ2「みゅう。そりゃそうかもしれんけど、君、男の子の繊細なハートとかそういったもんに対する考慮とか遠慮とか」
あやか「あはは、無い無い、そんなの。それより、他の娘も入れるわよ?」
へむ2「にょ? 他にも誰か来てるの?」
あやか「うん。二人ともー、入ってきていいわよー」
せりお「お邪魔します」
ぴーす「は、初めまして!!」
へむ2「・・・はわ。せりおにぴーすやないですか」
せりお「お久しぶりです、へむへむさん。お誕生日、おめでとうございます」
ぴーす「お、おめでとうございます!!」
へむ2「あ、いや、うん。ありがとう・・・あ」
猪名川「よっしゃ! 認めよったな!!」
あずさ「ふっふっふ。私たちの勝ちね」
へむ2「あううううう・・・・」
はつね「あずさお姉ちゃん(^^; 勝ちとか負けとか、そういうのはちょっと違うんじゃないかなあ?」
ちづる「そうよ、あずさ。今日はお誕生日のお祝いなんだから」
あずさ「あ、ごめん。でも、その誕生日を本人が認めないんだもん」
みなみ「まあまあ。とにかく、皆さん揃った所で乾杯でもしませんか?」
まるち「あ、はい。それではお飲物とか準備して来ますね(^^)」
せりお「まるちさん。私もお手伝いします」
ぴーす「あ! わ、私もお手伝いします!!」
猪名川「・・・メイドロボがおると楽でええなあ。なあ、うちにも一人くれへん?」
へむ2「まるちは俺のだ。やらん」
あやか「せりおは駄目よー。私のだから」
猪名川「ほな、ぴーすは?」
あやか「あの娘はほら、まだ試験運用中だし」
へむ2「にょ? そーいや、よくぴーす連れ出せましたな。大丈夫なん?」
あやか「ん、これも社会勉強になるしね。私とせりおが保護者、って事で長瀬主任納得させた」
へむ2「ふむ、なるほど」
あさひ「あ、あの・・・」
へむ2「ぱぎゅ? 何、あさひちゃん」
あさひ「あ、あ、あ、あの。ぴ、ぴ、ぴ、ぴーすさんって・・・」
へむ2「? ぴーすが何か?」
すばる「どなたですの? ぴーすさんって」
へむ2「・・・あれ? ぴーすの事、知らなかったっけ?」
あさひ「は、はい」
すばる「はい〜、知らないですの〜」
へむ2「そっか。えっとね、ぴーすはP/ECE『おでかけマルチ』に出てくるんやけど・・・ん〜、簡単に言うと、まるちとせりおの後継機種。新型メイドロボですな」
かえで「・・・そうだったんですか」
猪名川「あ、アンタらも知らんかったん?」
はつね「うん(^^; 初めて聞いたよ、ぴーすちゃんの事」
へむ2「ま、とりあえずそゆ事で。後の詳しい事はおいおい本人にでも聞いて下さいまし」
まるち「お待たせしました〜(^^)」
せりお「どうぞ、皆様」
へむ2「あ、さんきう」
猪名川「あれ? お酒はあらへんの?」
みなみ「あらあら。由宇ちゃん、駄目よ、未成年がお酒飲んじゃ」
猪名川「そんな固い事言わんといてぇな、牧やん。祝い事なんやし、ちょっとくらいええやん」
みなみ「駄目よ、ルールは守らないと」
猪名川「えー?」
みなみ「・・・ルールを守れない様な人を、こみパに参加させる訳にはいかないわね?」
猪名川「ごめんなさいうちが悪かったです。しゃーないなー、ぴーすぅ、うちにもジュースちょうだい」
ぴーす「は、はい! 今すぐ・・・あ、あ、あ、あ!(ばしゃーん!)」
猪名川「あーあ。こぼしてもうてから。大丈夫かいな?」
ぴーす「あうう〜。すみません〜」
せりお「ぴーすさん。後始末は私がしておきますから、由宇さんにお飲物を」
ぴーす「あ、は、はい! すみません!!」
猪名川「焦らんでもええでー。慎重になー」
ぴーす「は、はい!!」
あずさ「・・・肩に力が入りすぎてるわね、ぴーすちゃん」
へむ2「うむ。昔のまるちを見ている様だな」
まるち「はわ。そ、そうですか?(^^;」
へむ2「うん、昔のまるちはあんなんだったぞー。力が入りすぎてるから、あちこちで失敗するのな」
まるち「は、はう〜(^^;;;」
すばる「ですけど、いつでも全力全開なのは良い事ですの〜☆」
あやか「問題はそれが空回りしてる事なんだけどねー」
へむ2「ま、ぴーすも生まれたばっかりだし。おいおい学ぶじゃろ、ギアのかませ方を」
みなみ「はい、それじゃみんなに飲み物が行き渡ったみたいですし。乾杯、しましょうか?」
ちづる「そうですね。ええっと・・・乾杯の音頭はどなたが?」
猪名川「ん。そらまあやっぱり」
かえで「・・・まるちちゃんが」
あやか「そうね。それがいいんじゃない?」
まるち「は、はわ? わ、私ですか?」
へむ2「うん。いーんでないかね、まるちで」
はつね「頑張ってね、まるちちゃん(^^)」
すばる「ふぁいとぉっ! ですの〜☆」
まるち「は、はぁ(^^; それでは、えっと・・・ご主人様のお誕生日をお祝いして、かんぱーいっ!!」
猪名川「かんぱーい♪」
あさひ「か、乾杯」
ちづる「乾杯(^^)」
かえで「・・・乾杯」
はつね「おめでとう、お兄ちゃん(^^)」
すばる「おめでとうございますですの〜☆」
ぴーす「お、おめでとうございます!!」
せりお「おめでとうございます、へむへむさん」
まるち「おめでとうございます〜、ご主人様(^^)」
へむ2「ううううう。ありがとうみんな。しくしくしく」
猪名川「何やー。泣く程感動しとるんかー?(笑)」
あずさ「やー、パーティー企画した甲斐があったわねー♪」
へむ2「うやかましい。ところでお前ら、いつからこげな事企んでた?」
あずさ「ん、去年から」
猪名川「アンタの大台突入のお祝いやもんなー、盛大にいかんと♪」
へむ2「うがーっ!! 大台って言うなー!!」
あやか「あはは。でも、男の人って30から、って言うし。別にいいんじゃないの?」
みなみ「そうですよ。これからが働き盛りのいい頃じゃありませんか」
ちづる「30を越えて、それでも格好いい方はたくさんおられますよ?」
へむ2「ううううう。それはそうかもしれませんけどー」
すばる「それに、大事なのは心ですの! 心の中に正義の炎が燃えさかっていれば、30を越えてても立派に正義の味方は出来ますの!!」
あさひ「え、えっと。それに、実年齢に関係なく、わ、若々しい方だっていますし・・・」
へむ2「・・・あさひちゃんの声でそれを言われるとやたら説得力がありますな。みゅう」
猪名川「まーとにかくやな。みんながお祝いしてくれとるんやから、素直に受け取っときぃや、その気持ちは」
へむ2「みゅう。まーそりゃそうだ。ありがとう、みんな」
あやか「どういたしまして♪ でもその代わり、今度私の誕生日もお祝いしてねー」
はつね「私の誕生日も忘れちゃイヤだよ、お兄ちゃん(^^)」
かえで「・・・あの、遅くなりましたけど、私の誕生日のお祝い、ありがとうございました」
へむ2「あ、いえいえ、どういたしまして」
すばる「ぱぎゅ〜。私、お祝いしてもらってませんの〜」
へむ2「はわ? あ、あれ。そーいやすばるたんの誕生日っていつ?」
すばる「11/11ですの〜」
へむ2「あ、あらららら。そらゴメンなさい、チェックし忘れてましたですよ」
すばる「ぱぎゅ〜。ヒドいですの〜」
みなみ「あらあら。泣いちゃ駄目よ、すばるちゃん。お祝いしてもらってないのは貴方だけじゃないんだし」
へむ2「・・・え゛。あ、あの、ひょっとしてあの、俺、みなみさんのお誕生日のお祝い、してませんか?」
みなみ「そうですね。私の誕生日は5/7ですから、お祝いはしてもらってませんわね」
へむ2「あうあうあう。す、すみません!! その、あの、ご、ごめんなさーーいっ!!!」
みなみ「いいんですよ、別に気にしてませんから(にっこり)」
へむ2「はううううう。こ、今年は忘れない様にしますです・・・」
みなみ「ありがとうございます(^^)」

* ・・・さすがにこれだけキャラ出すと妄想モードが長くなる上に終わりません。ので、ここで強制終了(苦笑)

* いちおー、俺の頭の中では最後千鶴さんの料理でみんながばたんきゅ〜、な所までプロットが組んであったりもするんですが、そこまでいこ思たら軽々1000行越えそなんで、ばっさり割愛。

*

ちづる「・・・あの、私が何か?(にっこり)」
へむ2「(びくぅっ!)な、ななななな何でもないです!! 気のせいです、ちづるさん!!!」
ちづる「そうですか? それならよろしいんですけど」
へむ2「(どきどきどきどき)そ、そうですとも! よろしいんです、じゃ、そゆ事で!!」
ちづる「・・・あの、お身体の調子でも悪いんですか? 随分汗をかかれてますけど」
へむ2「え? あ、そ、そうなんです! 実はちょっと風邪をひいてまして!!」
ちづる「そうなんですか・・・お身体は大切になさってくださいね」
へむ2「は、はい。どうもありがとうございます」
ちづる「あ、そうだ! 私、この前『風邪に効く料理』っていうのを習ったんですよ。作ってさしあげますね(にっこり)」
へむ2「・・・え゛」
ちづる「お台所、お借りしますね〜(ぱたぱた)」
へむ2「あ、あう・・・」
猪名川「・・・阿呆やなあ。結局墓穴掘ってから」
あずさ「私、知らないからね。アンタ、自力で生き延びなさいよ?(−−」
へむ2「あううううう〜〜〜。しくしくしく」

* えー、まあ、それはさておき。そゆ訳で、今日で俺30才だったりします。とほほのほ。

-

* さて。

* ほいでは、自分で自分に誕生日プレゼント買う為に、秋葉でも行ってきますですよ(笑)

-

* と、その前に。

* あーうー。 、皆様。

* ・・・うううううう(←まだ吹っ切れてません(笑))

(2002/01/17追記) お祝いを言って下さった方へのリンクは↑に随時追加してますです。まとめておかないとちっと後で自分でも困りそですので(笑)

-

* はい、ほいでは改めて秋葉原。

*

へむ2「なんですがまあ、あんまし買うもん無いんですな。買いたいもんは大抵買ってますし」
猪名川「つーかアンタ。ちづるはんの飯はどないした?」
へむ2「・・・思い出させるな。とりあえず俺は今生きている。それでいいじゃないか」
猪名川「・・・そか。食うは食ったんやな」
へむ2「だっておめ、断ったらそれこそその場で・・・て、ちづるさんこっち来てねぇだろな?」
猪名川「ん、安心し。みんなはパーティー続けてるよって」
へむ2「そうか、ならよし。まあ、とにかく食うは食った。そして俺は今生きている。それでいいじゃないか」
猪名川「せやな。まあ深くはつっこまんわ、うちも」

* つー訳で、まずはげま屋でぷちこDVDの2巻とほっけみりん冬を購入。その後は本屋を回って『百姫夜行 参』を探すも見つからず。むう、明日発売予定なのに今日出てないとは珍しい・・・つーか、秋葉に今日出てないよな状況でホントに明日出るんですか?(笑)>にじこちゃん

* で、他に買うもんも無いので最後はメッセへ・・・あ! アイたん画集、『黒木雅弘約全部』がッ!! 即座にゲェェェェェット!!!

*

猪名川「て、アンタ。それもう持ってるやろが」
へむ2「うむ、年末の冬祭りで買ったからな。だがしかーし、今日という日にこれを見かけた以上、買わねばなるまい! なんせアイたんだからナ!!」
猪名川「・・・理由になってへん気がするけど。まあ、ええかあ」

* とゆー訳で、アイたん袋(画集のおまけの紙バッグ)を持って秋葉を離脱。あー、誕生日にアイたんをめっけれるとは、俺は幸せ者ですなー(笑)

* あ、ちなみに通販も出来ますんで全国一千億のアイたんファンの皆さん、是非に(笑)

-

* 夜、帰宅。

* ほえほえしながらぷちこDVD鑑賞。以下、いつものてきとーな感想をだらだらと。

* 第九話。

* うさだはえー娘じゃのう。あんなけったいな親からなんでこんなええ娘が生まれたんだか(笑)

* ところで。

* ぷちこが出てねぇぞゴルぁっ!!

* 第十話。

* あー、ぷちこの尻尾〜〜〜☆

* ・・・で、結局このにせでじこって何者?

* 第十一話。

* 寝てるぷちこがかーいー。あーんど月見団子食べてるぷちこ、らぶ☆

* ・・・ふうん? なんか今回のでじこいいねぇ。おねぇさんしてて。ちょっと見直したにょ。

* そして再びほかほかご飯食べてるぷちこにハァハァ(笑)

* 第十二話。

* あら? 何かぷちこの頭身が高いですな? ちょっと変な感じ。

* 第十三話。

* ほほう、歯磨きしてるぷちこもなかなか。

* きゃー♪ しじみ食べてるぷちこがかーい〜〜〜〜♪♪♪

* 第十四話。

* 暴れん坊に飯食わすくらいならぷちこに飯を食わせんかい。

* 第十五話。

* 噂のPARTY NIGHTですな。くるくる回るぷちこがー♪

* 第十六話。

* うさだはええ娘じゃのう。そしてでじこは悪い娘じゃのう(笑)

*

へむ2「だが、それが、イイ!v(・∀・)
あずさ「黙れ(−−」

* で。

* ・・・あ、あの、ぷちこさん? 何故そこで目からビーム?(汗

* エンディング。

* 柏餅食べてるぷちこが(以下略)

* ぷーいぷい。とゆー訳でぷちこDVDの感想でした。

*

あやか「貴方ってホントにほとんどぷちこしか見てないのねぇ。たまにうさだとかも見てるみたいだけど」
はつね「て言うか、お兄ちゃんってホントにご飯食べてるぷちこちゃんが好きなんだね(^^;」
へむ2「大好き。あれだけでご飯が三杯はいけますね」
すばる「ご飯のシーン以外は、どうですの?」
へむ2「もちろん、それなりに好きよ? ただ、ご飯を食べてるシーンが一番イイ! と、そゆ事ですな」
みなみ「・・・ひょっとして、ご飯を食べてるシーンだったらぷちこちゃんじゃなくてもいいんじゃありません?」
へむ2「にょ? 確かにでじこやうさだのご飯食べてるシーンもそれなりには好きですが・・・ぷちこの食事シーンが一番好きですよ?」
みなみ「いえ、それは元のキャラの好き嫌いは影響してるんでしょうけど(^^;」
あやか「どんなキャラでも、ご飯食べてたらそれだけでオッケー! とか思ってない? て事じゃないの?」
みなみ「ええ、そうです」
へむ2「にょにょにょ? うーん、そんな事は無いと思うんですが・・・さすがに俺でも脂ぎったオヤジの食事シーンじゃ萌えれませんし」
すばる「・・・そこまで極端でなくてもいいと思いますの〜(^^;」
へむ2「まあ、冗談は抜きにしてですな。現実問題としてぷちこの食事シーンに匹敵するステキ食事シーン、となるとあ〜る君にファーザーくらいしかいない訳で、別に誰でもいい訳じゃないですよ?」
はつね「あ〜る君?」
あやか「ファーザーって誰?」
へむ2「・・・皆さん、サンデーは読んでませんでしたか?」
すばる「あ、私知ってますの〜! 昔サンデーに載ってたゆうきまさみ先生の漫画とながいけん先生の漫画ですのね?」
へむ2「ぴんぽーん。後は『究極超人あ〜る』と『神聖モテモテ王国』で検索・・・て、うわ。何だこのmotemote.netて(笑)」
みなみ「あらあら。皆さん、楽しそうですねぇ」
あやか「・・・この、耳に変な突起があるのがファーザー?」
へむ2「そです。やー、それにしても国民が250人以上いるとわ。ステキですなー☆」
あやか「・・・私、深く突っ込むのやめとくわね」

* ふむ。何かえーもん見していただきました(笑)

-

* おまけ。

* げま屋の情報冊子、『FROM GAMERS』が新しくなってたチックなのでぱらぱらと読んでみました。あー、ギャラクシーエンジェルのDVD最終巻の情報が載ってますな。第二十三話お笑いペッパー、第二十四話ミサイル丼、第二十五話宇宙茶漬け、第二十六話スキヤキ弁当(TV未放映話)・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* ぱぎゅ?

* え、あ、嘘? 未放映話ってまだあったの? あ、あれ? TV放送で25話分見たよな気がするんだけど・・・気のせいだったのか。みゅう。

*

へむ2「つか、それ以前にですな」
まるち「はぁ」
へむ2「あの、宇宙茶漬けが最終回でないと最後のオチが生きないと思うんですが?」
あずさ「そうねぇ。『これが最終回ですよ?』『嘘ぉっ!?』だもんねぇ」
猪名川「・・・まあ、『納得いかーん!』言うて偽エンジェル隊が大暴れするんやったら、それはそれで楽しいか思うんやけどな」
へむ2「あ、それはいいな。うん、そゆのなら俺も許す」

* ギャラクシーエンジェル、タイトルから内容が全然推測出来ないですからねぇ。一体どんな話になるのやら(笑)

* ま、とりあえず、来週はDVD最終巻買いにげま屋へゴォォォォッ!! ですな。

-

* さてさて。

* 夜ぐる・・・は、ちっとネタが溜まってて時間かかりそなんでとりあえずここまでUp。夜ぐる。今日の日課22時。

* 三次元げっちゅ屋店長ゆかたん壱式。昨日のアクセス48の今日は現時点で53。総アクセス数は15023にゃの。

*

まるち「はわ。ハズれてますね(^^;」
へむ2「いえ、まあ、ある意味それで予想通りなんですが」
あさひ「そ、そうなんですか?」
へむ2「うん、まあ。なんせあの時間の予想ですから」
まるち「そうですね(^^; それで、今日はおいくらに?」
へむ2「にょ。62くらいかにゃー」

* ・・・それはさておきゆかたん日記。今日も更新無しですなあ。とほほのほ(笑)

-

* 『パンドラ』キャラ投票スウたん2081票で蘭々1356票。永源寺嬢1048票でよしみん841票。そんではるかたん243票です。

* ほいで、『揮発性「にぱぁ」』219票、よしみんはるかたん210票と、再び「にぱぁ」が突き放しました。このまま勝負が付くのか再び絡み合うのか。さて、どっちに転ぶでしょうか?

-

* ゲーム屋ぐる。

* えーと、ここ数日でまた色々デモが公開されてます。ちーっと気合い入れて、じゅーんーばーんーに、行きましょうかね(ばきぼき)

* RusselWaffleの新作、『特別接待』デモ公開。

* ・・・えーと、これは俗に『開発コード・T(仮)』と呼ばれてた奴ですな。サイズ2MBちょいで、何か連作デモになってるよーです。解凍すると『問い編』とか出てくるんでそのうち『答え編』も公開されるんでしょう。とりあえずミラー済み。

* また、体験版も同じ場所で公開されてるんですが、リンク先が間違ってるので落とせませんの。がっでみゅ。

-

* 次。同じくRussel『new〜メイドさんの学校〜』デモ&主題歌公開。落ちてきやがりませんが。

* ・・・ところで、Russelのftp鯖のもんってIriaで落とせんのですが。それって俺だけなんでしょうか?

-

* MBS TRUTH『失格医師』OPデモ&主題歌公開。デモのサイズは28MB。で・・・

* ・・・何か、どきっぱり『禁無断転載』とかあるんですがどーしましょーかねぇ。

*

へむ2「うーみゅ。まあ、向こうの意志は尊重せんといかん訳で、禁止、って明言された以上ミラーする訳にはいかんのですけど」
せりお「そうですね。『禁止』とある事をやってはもう灰色でなく黒ですから」
へむ2「でも、何で転載禁止かなあ。無料公開デモなんて、たくさんの人に見て貰ってナンボじゃろ? そゆ観点からいけば、『元の出所を明記して、かつデータの改変をしない』つー条件の下での転載は認めた方がええんやないかと思うんですけど」
ぴーす「えっと、えっと。ですけど、何人の方がアクセスしてくれたのか知りたいとか、そういった事もあるのではないでしょうか?」
へむ2「みゅう。確かにそゆのもあるだろうけど。うーみゅ、やっぱ理解は出来ても納得は出来ないなあ」

* とりあえずまあ、そゆ訳なのでミラーはしません。悪しからず。

#やった所で訴えられる事もまあ無いとは思うんですけどね。そう『思う』んですけど、そう『確信』出来る程MBS TRUTHと付き合いが無いもんで(笑)

-

* GAMESPOT『メタルプリンセス』デモが公開されてました。ですが、以前すぺじゃにで公開されてたのと内容一緒でサイズが小さくなった物、なんで落とす必要は無いかと思われます。いちお、ミラーはしときますが。

-

* ねこねこソフト『ねこねこファンディスク』OPデモ公開。サイズ9MBでこれもミラー済みにょ。

-

* えーと、えろげじゃないんですが、forGamer日本ファルコム『Zwei!!』体験版公開。なかなかステキな事にサイズ264MBとかほざいてくれてやがります(笑)

* ・・・えーと、どうしましょうかね。何か挑戦されてる気がするんでミラーはしようと思うんですが、さすがにこのサイズとなると分割してミラーした方がいいんでしょうか? それともそのままでいいのかにゃー。

* ま、どーせこのサイズのもん落としてUp、となるとも少し時間かかりますので。もし何かその辺ご意見ありましたら一言くだちぃ。

-

* はい、デモ関連はここまで。

*

へむ2「ところで」
まるち「はい?」
へむ2「んー、各地の各地のゲーム系サイト見てると『TinkerBell『いけない関係』デモ公開』てあるんですけど」
まるち「はぁ。あの、それがどうかなさいましたか?」
へむ2「あのデモ、12/17に公開されてるんですよね(ぽりぽり)」
あずさ「・・・そう言えばそうね」
へむ2「まあ、TinkerBellの書き方が悪いからなんですけど。そりゃ、『Last Up Date 2002 . 01 . 15』のすぐ下に『ダウンロードページに「いけない関係」デモムービーアップ』ってありゃあ、みんなそれが更新内容だと思いますよねぇ」
まるち「そ、それはそうですね(^^;;;」
へむ2「ちゃんと更新内容も更新しようなー、TinkerBell

* ちなみに1/15の更新内容は『トップ絵の更新』です。15日にもなってから正月絵上げるのもどうかと思いますが(笑)

-

* Witchで『Milkyway うぃず Voice』発売延期のお知らせ。1/25から2/28に延びました。

* ・・・何で『昔出したゲームに声つけて出し直す』だけなのにそれが一月以上の予定オーバーしたりするんでしょうかね。

-

* 創美研ガム日記更新。ここでもNHKのドラマ『エスパー魔美』は評判悪いみたいですな。しょーがないですけど(笑)

-

* みゅう。ゲーム屋ぐる終わった所でちっと一旦Up。

-

* ちょっと休憩してTVを見たり。今日はHellsingの最終回でした。

* ・・・・・・・・・・・・

* えー。

これはぼくらのだいすきなあーかーどじゃありません。

* おしまい。

* ・・・再来週からはこの時間、Kanonが始まる様です。ビデオ設定変えるのも面倒ですし、とりあえず第一話だけ見てあげよーかと思います。まる。

-

* その後、ANIMAXドラゴンボールGTをやってたので見てみました。えー、ストーリーはまあ、どうでもいいんですけど。今回は素晴らしい事に、あのベジータ様が悟空とフュージョンするのです。つまり、あのフュージョンポーズをベジータ様がとる訳で。俺は笑い死にしそうです。

*

へむ2「つーか思わずビデオに撮っちゃいましたけど。何度見ても笑えるー!!」
あずさ「・・・楽しそうねぇ、アンタ」
へむ2「だって楽しいし。やー、ベジータ様、カコイイなあ☆」
あやか「誉めてるのか貶してるのか、全然分かんないわね」
へむ2「何をおっしゃいますやら。全力で誉めてますがな。ああ、もう、あのがに股ぶりがー。うわははは!!」
みなみ「駄目ですよ、そんなに笑っては。ベジータさんは真剣なんですから」
へむ2「あ、いや、はい。でもあの、ベジータ様ってばカコよすぎなんですものー」

* ちなみに合体した時の名前は、タイトルによるとスーパーゴジータ。本気で俺を笑い死なす気ですかこの方々(笑)

-

* さて、ほいでは大笑いしたところで日記系ぐる。

* 阪急 電車について。んー、俺&俺の学生時代の連れの間でも阪急神戸線は『金持ち線』として認識されてましたが(笑)

*

ちづる「『金持ち線』って、何か嫌な言い方ですね(^^;」
へむ2「まあそなんですけど。えーとですね、状況説明しますと、こう、大阪−神戸間って海側から順に阪神、JR、阪急が並んで走ってるんですよ」
あやか「へぇ、そうなんだ」
へむ2「うん。で、並んで走ってる、って言ってもそれぞれの線路は数キロ単位で離れてる訳で。客層が結構違うんですよねー」
あやか「ふーん。それで?」
へむ2「やー、そいでね。高級住宅街ってやっぱ山側に多いんですよ、あの辺。結果、なんとなく阪急はお上品なんですな。具体的に言うと、例えば阪神電車の中で昼間っから酒飲んでるおっちゃんがいてもそんなに違和感は無い、でも阪急でそゆ人がいると目立つ、って感じで」
あやか「・・・いるの? そういう人」
へむ2「最近の事は俺はよく知りませんが、昔はいましたよ? カップ酒飲んでるおっちゃん」
あやか「はぁ。そうなんだ」

* つー訳で、俺はねこぽんさんの意見にさんせー(笑)

-

* はーい(笑)<17と聞くと大鉄人思い出す

* 後、はじるす関連。何か見てるだけで涙を誘う状況みたいですが、頑張って耐えてくだちぃ(^^;

*

へむ2「あ、それと直接の関係は無いんですけど。げっちゅ屋通販頼んだ方も気長に待ってあげてくださいねー」
あずさ「何それ?」
へむ2「いや、うちに来た人のUserAgentの中にね。『はじるすが見つからなくて、しょうがないからげっちゅ屋通販。でも入荷日未定でどうしましょう?』てのがあって」
猪名川「・・・みんな、大変やなあ」
へむ2「まったくだよ。ここまで無いんだって分かってたら、前遭遇した時確保しといたのになあ」

* 世の中、色々と上手くいかないもんですな(笑)

-

* にょ。もう一話はDVD6巻に収録されてますです。俺もこの辺で書いてますけど、ステキにミントちゃんハァハァな話ですので是非見てみてくだちぃ(笑)

-

* やー、どなんでしょうか?<ヤギ座多い?>確かにここしばらく、やたらおめでと記述を見たよな気がしますけど、他の月の生まれの人がどれだけいるのか、全然知らないですし(笑)

-

* らすとー。

* で書いた『new〜メイドさんの学校〜』デモ&主題歌。落ちてきたのでミラーしときます。デモはいつもの場所に、そいで歌もミラーしときます。向こう重いですから。

-

* さてさてさて。

*

へむ2「やー、今日は皆さん、どうもありがとうございました」
みなみ「いえいえ、気になさらないでください(^^)」
ちづる「私たちも楽しかったですから(^^)」
あやか「それじゃ、私たち帰るわねー」
へむ2「にゅ、遅くまでどうもありがと〜」
あやか「あはは。ホントねぇ、もう朝よ」
まるち「すみません、あやかさん(^^;」
へむ2「いーのいーの、気にしないで。たまには羽目はずさないとねー。それじゃせりお、ぴーす、帰ろ」
せりお「はい、あやか様。それでは皆様、失礼します」
ぴーす「今日は楽しかったです! ありがとうございました!!」
へむ2「ほいほーい、またねー。えっと、ちづるさん達はこの後どうするご予定ですか?」
ちづる「そうですね。せっかくですから、少し東京見物をしていこうかと(^^;」
あずさ「あ、それじゃ私案内するわ。どこ行きたいの?」
ちづる「そうねぇ。とりあえず東京タワーかしら?」
あずさ「またお登りさんみたいな事を・・・」
ちづる「何か言った? あずさ(にっこり)」
あずさ「な、何でもないわよ! か、かえではどこ行きたい?」
かえで「・・・築地市場」
あずさ「築地?」
かえで「・・・お寿司が美味しい、って」
はつね「あ、私もお寿司食べたい。お兄ちゃん、お寿司食べに連れていってくれないし(^^;」
へむ2「う。すまんねぇ、はつねちゃん。俺は生魚が苦手なんよ」
あずさ「そうね。確かに、これと一緒だとお寿司食べに行けないもんね。じゃ、とりあえず築地行こうか。もうあそことっくに動いてるし」
へむ2「ほいほい。そいでは姉妹四人水入らず、楽しんできてくだちぃ」
ちづる「はい、行って来ます(^^)」
はつね「それじゃあね、お兄ちゃん!」
かえで「・・・失礼します」
あずさ「ん、それじゃ行ってくるわねー」
まるち「はい、行ってらっしゃいませ(^^)」
みなみ「それでは、私たちもこれで。あさひちゃん、送っていくわよ」
あさひ「あ、ありがとうございます。そ、それでは失礼します」
へむ2「ほーい。またねー、あさひちゃん、みなみさん」
猪名川「ん、これで全員帰ったかいな?」
すばる「まだ私がいますの〜☆」
へむ2「おやすばるたん。帰らんの?」
すばる「せっかくですから、由宇さんともう一度立ち会いたいですの!!」
へむ2「・・・え。それでわざわざ他の人がいなくなるまで残ってた訳?」
すばる「はいですの! 誰にも邪魔されない、真剣勝負ですの!!」
猪名川「ほっほーん。えー度胸やんけー」
へむ2「て、猪名川。おまい、大丈夫なん?」
猪名川「まかしとき。うちかて修行積んでんでー」
へむ2「・・・ホンマか?」
猪名川「ホンマホンマ。千葉の鬼山で喧嘩の心得108個教わってきたんやさかい」
へむ2「・・・はい?」
猪名川「せやから、喧嘩の心得108個教わってきたんやて。やから、負けへんでー」
へむ2「て、ちょと待て!! お前、それってまさか、喧嘩鬼・・・」
猪名川「? せやで? それがどないかしたん?」
へむ2「・・・まだ生きてたのか、あの顔面黒塗り男」
まるち「あの〜。喧嘩鬼って、何ですか?」
へむ2「キーワードは『男坂』。それ以上は今は聞くな」
まるち「は、はぁ(^^;」
すばる「いいから、早くやりましょうですの〜!!」
へむ2「むう。しゃーないなあ、ほな、河原まで行ってやりあって来。うちでやられると困るし」
すばる「はい! ですの〜☆」
猪名川「うし、ほんならいこかー」
まるち「・・・あ、あの、ご主人様(^^; 大丈夫なんでしょうか?」
へむ2「ま、大丈夫じゃろう。他の人巻き込む事は無いやろし、あの二人やったらまず何があっても死なんしなー」
まるち「そ、そうですか?」
へむ2「だって猪名川、魔界でもバリバリに生きていけるんやで? すばるたんかて猪名川に匹敵する実力者やし」
まるち「・・・そう言えば、そうですね(^^;」
へむ2「そゆ事。ほいじゃ、俺らはちっと休むべぇ」
まるち「あ、はい・・・」
えいみ「ちょっとまちなさーい!!
まるち「は、はわ!?」
へむ2「あら? ちゃん様?」
えいみ「どーしてわたしをよばないのよー!! むかつく、むかつく、ちょおむかつくーーーっ!!!」
たいし「はっはっは、酷いではないかまいふれんど。吾輩に声もかけないとは!」
へむ2「・・・うわ。たいしまで一緒かい」
えいみ「どーしてわたしをよばないのよーーっ!!」
たいし「吾輩にまかせてくれれば、パーティーを全力で盛り上げてやったものを」
へむ2「・・・猪名川の野郎。肝心な所でいなくなってやがるし。えーと、とりあえず黙れたいし。で、あの、ちゃん様は私の誕生日を祝って下さいお積もりだったんで?」
えいみ「な、なんでわたしがあんたのたんじょうびをおいわいしないといけないのよ!!」
たいし「おやおや、黙れとは酷いな、まいぶらざー」
へむ2「いやだから頼むから黙れ。で、お祝いする気がないんでしたら別に来なくてもよろしかったんでは?」
えいみ「そ・・・それは!」
へむ2「それは?」
えいみ「・・・と、とにかく! わたしぬきでもりあがるなんかダメなんだから!! わたしがしゅやくなんだからーーっ!!」
たいし「ふむ。では仕方がない、しばらく黙っているとしよう。ああ、お茶を一杯もらえるかな?」
まるち「あ、は、はい(^^;」
へむ2「いやー、今日の主役は一応あの、俺でしたし」
えいみ「わたしがしゅやくなのー!! そうじゃないとダメなのーーっ!!」
へむ2「ええっと・・・」
まるち「はい、どうぞ(^^)」
たいし「うむ、有り難う」
えいみ「ばかばかばかー!!」
へむ2「あ〜う〜。えっとですね、ちゃん様が来られるとほら、場の中心がちゃん様になっちゃいますし。ほら、あの、そうなると私が寂しい思いしますし」
えいみ「そんなのしらないわよ!! ばかーーっ!!」
へむ2「えーと、ですからあの、俺の顔を立てるためにわざとちゃん様を呼ばなかったんです。ごめんなさい、俺が悪かったです。許して下さい」
えいみ「・・・う〜〜」
たいし「ふむ。うまいぞ、このお茶」
まるち「ありがとうございます〜(^^)」
へむ2「この埋め合わせは絶対しますんで。今日の事はホント、俺が悪かったです。ごめんなさい」
えいみ「・・・・・・」
へむ2「えーと。許して貰えませんでしょうか?」
えいみ「・・・そ、そこまでいうんならゆるしてあげるわ! ちゃんとはんせいしなさいね!!」
へむ2「はい。肝に銘じておきます」
えいみ「そ、それじゃ、わたしかえるから」
へむ2「はい。どうもお手数お掛けしました」
えいみ「・・・そ、それで、あの」
へむ2「にょ?」
えいみ「・・・・・・」
へむ2「にょにょ?」
えいみ「お、おたんじょうび、おめでとう」
へむ2「・・・おお。ありがとうございます、ちゃん様(^^)」
えいみ「べつに、おいわいしにきたわけじゃないんだから! たんなる『しゃこうじれい』なんだからね!! まちがえるんじゃないわよ!!」
へむ2「社交辞令でも嬉しかったですよ〜。ありがとうございます(^^)」
えいみ「ふ、ふん! それじゃね!!」
へむ2「はーい、また〜」
まるち「また遊びに来てくださいね、えいみさん(^^)」
たいし「さて! それではいよいよ吾輩の出番だな!!」
へむ2「いや帰れお前。とっとと」
たいし「おやおや冷たいではないか、まいえたーなるふれんど」
へむ2「つってもなあ。俺も今、結構疲れてるんでよ。こっからおまいに付き合ってたら身体がもたんよ」
たいし「いかんな、そんな事では。そんな体力では修羅場は乗り切れんぞ?」
へむ2「ほっといちくり。とにかく俺は休むのー」
たいし「ふむ。仕方がないな・・・それでは、お祝いだけさせてもらおう。誕生日、おめでとう!」
へむ2「あいよー、さんきゅー」
たいし「では、吾輩は帰る! さらばだ諸君!!」
へむ2「ほいほい、さいなら〜」
まるち「また来て下さいね、たいしさん(^^)」

* とゆー訳で、パーティーに出して貰えなかった二人へのフォローでした(笑)

-

* 最後。

* すこーんと書き忘れてましたが、今日すたじお緑茶から通販特典のミニ色紙が届きました。絵柄は俺の希望通り、泣いてるみっちゃん。ホントはデフォルメ泣き顔の方がよかったんですけど、こーゆーちゃんとした泣き顔もこれはこれでよし(マテ

* ちう訳で、いい誕生日プレゼントどうもありがとうございましたー(笑)>すたじお緑茶

-

* さてさてさてさて。

* ほいでは、ちっとおやすみー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:


[00001] 2002/01/17 00:48:47
祝・大台突入(笑)
[投稿者: 九鬼翼 ]

いやぁ、先生も「30歳」
ですかぁ。おめでたいですなぁ(笑)
いやぁ「30歳」ねぇ‥‥‥うんうん、
めでたいめでたい(笑)
そうかぁ、「30歳」かぁ‥‥‥
三十路なんですねぇ(笑)
「30歳」おめでとうございます。
あ、私はまだ「20代」ですのであしからず(笑)


[00002] 2002/01/18 00:35:28
じゃかましい(笑)
[投稿者: へむへむ ]

とりあえずありがとうとは言っておく。けど、リアル世界で会った時にそないな事イイやったら埋めるぞコラ(笑)



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]