まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



過去形あいえぬじー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


巣作りアンカーその九。

* 朝。

* とりあえず起きて東京帰還。ぐー。

*

あずさ「はいはい(−− 毎度毎度同じ事言わせないの」
へむ2「うん、あずささんの場合は既に『同じ事言う』段階を越えて、『同じ事言う手間さえ省いてる』状態だと思います。俺思うに」
あずさ「・・・・・・(−− つまりそれだけアンタが同じ事言わせ続けた、って事でしょ。反省してきびきび行動しなさい」
へむ2「いや、単純にあずささんがメンドくさがってるだけかと。ほら、同じネタは3回繰り返せば飽きるけど100回繰り返せば芸になる、とゆー吉本理論がね!?」
あずさ「やかましい(−−メ 訳分かんない事言ってないで、いいからとっとと出かけなさいっ!!」
へむ2「にゃー。ちなみに、『やかましい(−−メ』でうちの日記を検索してみるとこの時点で186日分引っかかってきたりする訳でー。あずあずのそれも既に十分、芸のうちかとー」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと、あの、とにかくそろそろお出かけなさいませんと〜。あの、お時間の方が〜」
へむ2「まるちのそれは検索もしてあげません。なんせほぼ毎日ですからナッ!!」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
あずさ「・・・誰かこのワンパターン男を黙らせろって思う(−−メ 心の底から」

* んじゃ帰ります。ぐー。

-

* 昼。

* で。今日は新居の内覧会っつーか引き渡し前のチェックな訳で。実は完成した後の家に入るのは始めてなので、おにーさんとっても楽しみ。

*

猪名川「やー、まったく。実に楽しみやな(うんうんん)」
へむ2「・・・て、待てコラ温泉子パンダ。なんで貴様がここにいる」
猪名川「ん? や、その辺はほら何や。あんたの為にやな。えーとつまり、ワンパターン回避の一助として満を持して由宇ちゃん登場、みたいな?」
あやか「えー。でも、由宇じゃあんまりワンパターン回避にならないと思うわよ? やっぱりここは、この私が!」
せりお「あやか様。ワンパターン回避、という事でしたら私たちもあまり人の事は言えないかと思いますが」
まるち「あ、せりおさん〜(^^) お久しぶりです〜」
せりお「お久しぶりです、まるちさん」
へむ2「・・・えー。つまり、なんだ。新居に連れていけ、と、そう言う訳かね、君タチ」
あやか「うんっ♪」
猪名川「まあ、限りなく虚礼を廃してストレートに言うとそないなるな」
へむ2「そもそも虚礼なぞどこにも無かったと思うが。てゆっか、連れてく義理はどこにも無い思うんやが」
猪名川「そない言わんとやなー。えーやん、うちかて見たいしー。ほら、その後部屋の片付けも手伝ったるからやー」
へむ2「うーむ・・・」
猪名川「あ、ちなみに。なんかえーもんあったら、捨てる前にうちに寄越しな?(ぽむ)」
へむ2「それが本音かい(−−メ いっそ清々しく欲望に忠実だな、おい」
あやか「あ、私、えっちな同人誌欲しいー☆」
へむ2「女の子がそんな事言っちゃいけませんっ!! もー少しオトコノコのドリーミンを大事にしなさいってゆーかえろいのは俺のだ。やらん」
あやか「ぶー★」
あずさ「・・・・・・(−− アンタたち。いや、もう、面倒だから私は何も言わないけど」
へむ2「む。あいかわらずメンドくさがりですな、あずささん」
猪名川「あかんでー。人生、もっと勤勉に生きんと」
あやか「そうよー。私みたいに、真面目にね?」
へむ2「はい、ダウト。チミは真面目じゃ無いだろう、どう考えても」
あやか「あ、ひっどーい★ 私、こう見えても結構真面目なのにー」
へむ2「どこが?」
あやか「全部☆」
へむ2「うん、黙れ。爽やかに」
あやか「あ、ホントにひっどーいっ!!」
あずさ「て言うか(−− もう全員揃って黙りなさい、アンタら」
猪名川「と、あずあずが締めてくれるおかげでうちらは安心してボケれる、と。今後ともよろしゅうなー、あずやん」
あずさ「・・・あのね(−−メ 里帰るわよ、私。大概にしないと」

* まあともかく、新居なのです。新しいおうちの香りー☆

*

へむ2「そしてロフトー。わーい☆
あやか「あ、私も私もー。昇る昇る〜♪」
あずさ「・・・・・・(−−」
猪名川「まあ、あの2人は置いといて、や。3階、明るうてええなあ」
まるち「はい〜(^^) あの、トップライトさんがございますから〜」
猪名川「代わりに2階、特に和室がちょっと暗いけどな?」
まるち「はわ(^^; あ、はい〜。そちらは、あの、どうしても〜」
せりお「窓の位置、大きさ。及び隣りの家屋との距離から考えますと、構造上仕方がないかと思われます」
あずさ「まあ、その部屋はそういう部屋だ、って最初から分かってた事だし。だからそこ、客間・・・って言うか、お客さんが来た時に寝てもらう部屋よ?」
まるち「はい〜(^^; ですから、あの、基本的には夜しか使いませんので〜」
猪名川「せやったらまあ、問題無しか。それにまあ、暗い方が原稿はかどるしなあ。そっちの方がええっちゃええかもな」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「て、コラ(−−メ 何いきなり自分で使う気まんまんなの、アンタ」
猪名川「え? やって客用なんやろ? つまりうち専用」
まるち「はわ(^^;;; いえ、あの、それは〜」
あずさ「心の底から違うって言っておく(−− きっぱりと」
猪名川「ちぇー。この機会に個室貰おか思たのになあ」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
猪名川「ま、しゃーない。ほなとりあえず話戻してー。リビングも結構広いし上は明るいし、なかなかこー、ええうちやん?」
まるち「はい〜(^^) 私も、あの、そう思います〜」
あずさ「そうね。最初に話聞いた時は引っ越すのは早すぎるんじゃないか、って思ったけど・・・まあ、おかげでこんな物件にも出会えた訳だし。良かったんじゃないかしらね、結局は」

* とゆー訳で満足。特にロフト万歳。や、無理言って作って貰って、ほんとーに良うございましたよー(笑)

-

* 夕方。

* んで家帰ってきて、ちまっとぐるー。

* 。『でいじーちぇーん』のショップ特典テレカ画像公開。全部で4店舗ー、なんですが全部イブリース単体なのでちょっと見た目が単調になってるあたりがちとアレですな。

*

へむ2「てゆーかだ。おにーさん的には、ストレートに乳をほりだした画像よりかはもっとこー、見えるか見えないかあたりの方が(ごすっ)」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「はわわわわ(^^; あ、あの、ご主人様。だ、大丈夫ですか?」
へむ2「・・・うう。俺はもうダメじゃよー」
せりお「いえ。その程度の傷では命に別状は無いかと思われますが」
へむ2「や、そーなんだけどね? そこはそれ、話を盛り上げるために」
あずさ「何の話よ(−−メ まったくもう・・・」

* ま、冗談はさておき。ホントにイブたんだけだと並べた時に全部同じ色調でなんだかこー。つか、他のヒロインの立場って一体(^^;

-

* 夜。

* そして今日は部屋の片付け、な予定だったのですが。

*

へむ2「・・・ぐー」
猪名川「おーい。片付けやるん違たんかー」
へむ2「・・・眠い」
まるち「はぁ(^^; 今朝も、あの、お早かったですから〜」
猪名川「しゃーないなあ。ほな、うちらが勝手にやっててええか?」
へむ2「ダメ。俺に必要なもんを持ってかれると困る」
猪名川「・・・信用あらへんなあ。単に面白そうなんとか」
あやか「えっちなのとかー♪」
猪名川「を、こっそりガメてくだけやのに」
へむ2「それがダメだっつってんだろが。とりあえず、今日は本気でダメだー。明日がっつりやるんで、それまで待てくりー」
猪名川「まあそら、うちはそれでも別に構わんねんんけど。ええんか? ホンマにそれで間に合うん?」
へむ2「何とかする。まあ、何とかするさー」

* とりあえず今は寝るです。お休みなさい、ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]