まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



パニック系。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


アイ、故に。

* 朝。

* 今日のお仕事は13時から。まあ、11時までに帝都を離れるつもりでいれば十分間に合うでしょう。

*

へむ2「と、ゆー訳で! 俺様、再び秋葉原に来ております。さ、今日もアイたん捜索ですよー♪」
まるち「はい。『二次元ドリームマガジン』さんを探すんですね(^^)」
へむ2「うむ! その為にわざわざ早起きサ!!Σd(>ω<)」
あずさ「9時起きは全然早くないわよ(−− に、してもアンタはどうしてこういう時だけ。普段だったら起こしても起きない癖に」
へむ2「そりゃもう、それは愛故にーっ!!
あずさ「・・・はいはい。まったくもう(−−」
まるち「ええっと(^^; ですけど、あの、この時間ですと開いてるお店さんが少ないですね」
へむ2「じゃな。せいぜいメイトげま屋・・・くらいなもんか? 11時越えんと本格的には目ぇ覚まさんからなぁ、この街」
あずさ「だから、素直に仕事終わってから来ればいいのよ(−−」
へむ2「さあっ! さっそくれっつごーっ!!」
あずさ「・・・・・・(−−メ」

* と、まあ、のんきにこんなもん書いてる時点で分かっていただけると思いますが。

やっぱり売ってませんでちた。

* ・・・くっ(血涙)

*

あずさ「だから、仕事帰りにしなさいって言ったでしょ(−−」
へむ2「おろろーん。おろろーん。せめてとらのあなが開く時間まで秋葉にいれれヴァー!!」
あずさ「はいはい、寝言はいいから。仕事、行くわよ」
へむ2「・・・しくしくしくしく」

* おのれー。つくばエクスプレスさえ開通してれば11時過ぎまで余裕で秋葉に残れた物をー。あーもう、悔しいったら悔しいったら(笑)

-

* 昼。

* そんな訳でこれからふにふにお仕事でつ。

-

* 夕方。

* 18時、お仕事しゅーりょー。

*

へむ2「で。この時間にお仕事が終わると帰りのバスが無いとゆー状況になる訳ですが」
まるち「そうですね(^^: 次は19時ちょうどですから、1時間くらいありますね」
あずさ「どうするの? タクシー・・・使う?」
へむ2「んー。何となくヤだ。今日は行きもタクシー使ったから、帰りは使いたくねぇなあ」
あずさ「よね。タクシー使うとお金かかるし(−−」
へむ2「ま、何だ。時間もあるし、ここは一つのんびり行きますかねー」

* ちう訳で、今日は歩いてつくばセンターまで行ってみまちた。大体歩きで50分。まあ、これくらいならいい運動になっていいですな。

* で、そっから高速バスにのって東京に帰還。そしてれっつ秋葉原。

*

へむ2「さあ! 今度こそアイたんじゃーーーっ!!!」
まるち「はい。見つかるといいですね(^^)」
へむ2「つか、見つかってくれんと困る。にじこちゃんとこが更新されて二次元ドリームマガジン5号の情報が出たからな。これだけ見せられて、なおかつモノホンが見つからないとなったら、それは生殺しとゆー物だよ」
まるち「は、はぁ(^^;」

* てな事言いながら20時10分秋葉原着。

-

* ようやく。

-

* ようやく。

-

* よ・う・や・く!

ゲェェェェェェェェッッッッッット!!!
Σd(>ω<)

* うひょひょひょひょひょひょひょひょ。やっと手に入れましたよ、二次元ドリームマガジン!! ばんざーーーーーーいっ!!!

*

へむ2「ああああああ! アイたんが! アイたんが!! 2ページ目からいきなり犯られるアイたんがッ!!! 激らーーーぶッッッ!!!!
あずさ「・・・馬鹿(−−」
まるち「よ、良かったですね、ご主人様(^^;」
へむ2「おうともよ!Σd(>ω<) しかもしかも、裏表紙までアイたんですよーーっ!! きゃ〜〜、ステキ〜〜〜〜♪♪♪」
あずさ「・・・はぁ(−−」
まるち「まあまあ、あずささん(^^;」
あずさ「分かってるわよ、いつもの事だって事くらい。でも・・・ねぇ。どうしてこの馬鹿はこうなのか、と小一時間問いつめたくはあるわね。やっぱり」
へむ2「ふっふっふ。それは俺が俺だから!」
あずさ「・・・はぁ(−−メ」

* とゆー訳でおにーさん非常にご満悦です。や、例によって例のごとく、まだ正式発売日前なんでこれ以上詳しくは語りませんが。とりあえずアイたんファンは買うべし。とだけゆーときます。ほらほら、是非是非(笑)

-

* はふー。

* 幸せに浸りながら家に帰ってきました。まずはここまで日記Up。

-

* 夜。

* しぎゃー、しぎゃー。(←興奮の余韻で日本語が不自由になってる模様)

* 夜ぐるしぎゃー。

* RusselPRIMAの新作、『Immoral Emotion』デモ公開しぎゃー。サイズ22MBでミラー済みしぎゃー。

*

あずさ「いや、もういいから(−− とっとと普通の言葉遣いに戻りなさい」
へむ2「しぎゃ?」
あずさ「・・・言い直すわ。とっとと普通の言葉遣いに戻らないとこの場で埋めるわよ(−−メ」
へむ2「さ、それじゃぐるぐる続けましょうか!!」
あずさ「そうそう。それでいいのよ(−−」

* 続きです。

-

* GAMELEXで今週もデモ公開、なんですが・・・『とらハ123DVD』の方は先日J-NODEで公開されたんと中身一緒ですし、『さとみあたーく』の方も3月にオフィシャルで公開されたんと一緒ですな。

* ちう訳で、こっちはミラーしません。悪しからず。

-

* カトゆー家断絶さんとこから『逆転裁判2』の記事取り込み画像その1その2。とりあえずゲームキューブで、てのは間違いでちゃんとGBAで出るみたいです。良かった、これでゲームキューブ買わんで済むわ♪

* ・・・に、しても何ですな。 鎖で縛られたお嬢さんハァハァ 狩魔検事に娘がおったとは。すげぇビックリですわー(笑)

-

* さて。

* 今日は二次元で十分えろを補充しました。ので、この満ちあふれるエナァジィを利用して、えろくないえろげーをやる事にしましょー(笑)

*

へむ2「しかし、えろげをやる為に他に『えろ補充用』のゲームなり小説なりが必要だ、ってのはやっぱり間違ってませんかね?」
まるち「はぁ(^^; どうなんでしょうか?」
あずさ「・・・とりあえず、色々間違ってるとは思うわよ。特にアンタの頭の中身がね(−−」
へむ2「ふぅむ。やはりえろげ業界には構造的改革が必要なのでは?」
あずさ「て、アンタ人の話聞いてないでしょ(−−メ」

* ま、いいや。んじゃえっろげ崩し、えっろげくっずし〜〜♪

-

* 夜中。

* つー訳で久々『sense off』。あまりに久々なんでまずは前回プレイした時の感想を見直して・・・ふむ、前は暴力娘とデートするとこまでやってますな。

*

あずさ「て、アンタ。一月まるまるプレイしてなかったのね」
へむ2「うむ。そういう事になりますな」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「や、まあ、しょうがないじゃないですか。新作もプレイしなくちゃなんないしー」
あずさ「だからゲーム買うの少し減らせば? って言ってるんだけどね、私は(−−」
へむ2「これでも減らしてるんですけどねぇ。むう」

* とにかくプレイ再開。4/30。

* あー、かわええな、この暴力娘のいひひ笑い

* タニシキャッチャー? ハーン像? 何じゃそりゃ(笑)

* みゅ。やっぱこー、大変心の和む関係ですな、暴力娘と主人公。ステキだ。

* ・・・ふむ。『判断』のメカニズム、と来ましたか。

*

へむ2「・・・・・・」
まるち「? ご主人様?」
へむ2「ん〜〜〜〜・・・」
まるち「あの、どうかなさいましたか?」
へむ2「や、主人公の力で何かが組み変わったのってその辺なのかなー、と思って」
まるち「はぁ・・・どうなんでしょうか?」
へむ2「んー。んー。ん〜〜」

* 違うかな? 違う様な気もするな。うーむ。

* 悩みつつ5/1。

* む。特に言及する何事も無く一日終了。

* 5/2。

* ・・・くそう。らぶらぶじゃねぇか。(←なんか悔しいらしい)

* 5/3。

* あ、久々に選択肢が(笑)

* ほう。『同じ世界にいる』と来ましたか。『俺たちだけのために作られた』世界だと。

*

へむ2「むう。つー事はやっぱ、世界自体が組み変わってるんですなあ。でも、どこがどう組み変わった?」
あずさ「・・・さあ?」
へむ2「つか、これって単なる普通の『恋する二人』が自分たちの世界を構築してるのと何がどう違う?」
あずさ「さあ?」
へむ2「うーむ。やっぱしよく分からんなあ・・・」

* 何なんだろう、主人公の力って。や、まあ、『世界を組み替える力』なんは分かってるんですけど。でも、具体的に何をどう組み替えたのかがさっぱり。む〜〜〜〜。

* 5/4。

* 暴力娘が熱で倒れて一日しゅーりょー。

* 5/5。

* プリン買って一日しゅーりょー。

* 5/6。

* ・・・むう。危険信号が出てますな。色々と。

* 5/7。

* ・・・・・・

* さて、どーしたもんでしょうか?

* 5/8。

* いや、そこで悩むなよ主人公。

* 5/9。

* むー。

*

へむ2「とか悩みつつ」
まるち「はい?」
へむ2「力の制御が出来ねぇ、つーんなら根性入れて出来るよにするのが本来あるべき姿でないか、とゆー疑念がもりもり浮かんできてるのですが?」
まるち「・・・ええっと(^^;」
あずさ「いや、そりゃそうかもしれないけど。でも、出来ない事だってあるでしょ?」
へむ2「まあそうかもしれんが。この場合なら出来そな気がするぞ? 要は心のバランスさえ取れればいいんじゃろ?」
あずさ「それは・・・そうかもしれないけど。でも、口で言う程簡単じゃないでしょ? それ」
へむ2「だからとゆーて最初からチャレンジもせんとゆーのはいかがな物かと思うんじゃが。むー」

* とりあえず錆びた刀で木を斬り倒すとか、そんな特訓をされてはいかがか。>暴力娘

* 5/10。

* いや、だからそこで悩むな主人公。何の為に貴様世界を組み替えまでしたのかと小一時間。

* お、ようやく動き出した。夜になってから動く、とゆー事はこれからえろシーンですね?(ぉぃ

*

あずさ「そういう腐ったゲーマー的発想はやめなさい(−−」
へむ2「いや、でも。だってほら、ホントにえろシーンですよ?」
あずさ「結果はそうかもしれないけど。でも、それでも禁止(−−」
へむ2「むー」

* まあとにかく暴力娘を脱ーがーしー・・・て?

* ・・・へ?

* あ、あの、もしもし? いや、まあ、確かにえろには全然期待してなかったですけど。でも、あの、服脱ぐシーンからいきなり挿入済みまで飛ばれてもおにーさんすごく困るのですが。それってどうよ?(笑)

* あ。しかももうエピローグに。せかんどえろすら無い・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* はわ。あれ、もしかしてバッドエンド?

*

へむ2「あれ。あれれれれれ。俺、どっかで選択肢間違えた?」
あずさ「間違えた・・・んじゃない? エンディングテロップも流れてきたし」
へむ2「むう。おかしいなあ・・・一体どこで?」
あずさ「さあ。どこかし・・・あら?」
まるち「はわ? 何だか、まだ続いてるみたいですね(^^;」
へむ2「ほえ? あ、ホントだ。何か続いてる」

* 何か、主人公が『力』使ってますが。

* 何か、『グランマ』の事についても語られてますが。

* 何か、そういうオチに落ち着いてますが。

* 何か、真エンディングテーマみたいなんも流れてきたんですが。

* ・・・ひょっとして、これが真エンドなんですか? え? こんな最後の最後で全力で後ろ向きなのが?

* ・・・・・・・・・・・・

* まあ、とりあえず。

* 一縷の望みを掛けてCGモードを見てみました。

* とうやら、暴力娘のCGは全部埋まっているよーです。

* つー事は、ホントにこれが真エンドだと。そうおっしゃる訳ですな?

* ・・・・・・・・・・・・

* すみません。全力で納得がいかないんですが。こげなエンド迎える前に出来る事はいくらでもあったのでわ。だから例えば錆びた刀で以下略とか。あの、何でそないな努力が一切放棄されてますか?

*

へむ2「む〜〜〜〜・・・」
あずさ「・・・本気で納得いかないみたいね?」
へむ2「いかねぇなあ。つか、あれだな。まあ、話自体は『そーゆー話なんや』て受け入れるにしても。あれじゃあ俺は感動出来んなあ」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか」
へむ2「結局あの娘、『自分の事が嫌い』なんやー、いうんが伝わってきょったんでなあ。おまけに結局主人公ともども『力の制御』は出来んままやし。そらー力に振り回されたあげくにあんなオチにもなるわいや」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ぶつくさぶつくさ。ゲームの中でくらい、ちゃんと『自分の弱さを乗り越える』話にしてもらいたいよなあ。自分の弱さに負ける話なんぞ現実世界にいっくらでも転がってるんじゃからさー」

* 後、結局主人公の『力』が具体的にどんななのかが最後まで分からなかったのがなんともはや。今までに出てきた情報を総合すると『物事の存在確率を操作する力』にも思えるのですが、さて、どーなんでしょか。

-

* にゅー。

*

へむ2「と、ゆー文章を夜の内にUpする予定だったのですが」
まるち「はい(^^;」
へむ2「や、途中でくーすか寝ちゃいましてね?」
まるち「はい(^^;;;」
あずさ「ま、そういう事ってあるわよね」
へむ2「ですな。とゆー訳で、朝になってから日記Up、なんですがー」
まるち「? はい?」
へむ2「いや、ねぇ。一晩寝てから改めて考えると。ひょっとしてあのオチは『主人公の力の副作用』のせいがあったりするのかなあ、と思ったり思わなかったり」
あずさ「・・・ああ、なるほど。どうなのかしらね?」
へむ2「どうなんでしょうね。まあ、仮に副作用だとしても俺が感動しない事に変わりは無いんですけどー。もしそうなら、ほんの5mgくらい同情心が沸いてこない事も無いかなー、って」
あずさ「て、5mg?」
へむ2「もしかしたら3mgくらいかもしれませんが。本来おにーちゃん、てめぇの力の制御も出来んよな特殊能力保持者にかける情けは持ち合わせてませんので」
あずさ「・・・ああ、そう(−−」
へむ2「3mgでも実に大盤振舞。そんだけ気に入ってはいたんですけどねぇ、あの暴力娘の事」

* 残念ですわ。かなりマジで。

-

* にょ。

* んじゃ、ここまで。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]