まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



暴走百連発。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


おニューのノートを買いました。

* 朝。

*

猪名川「ちわー。遊びに来たで〜」
まるち「あ、由宇さん。お久しぶりです〜(^^)」
猪名川「まるち〜。元気しとったか〜(なでなでなでなでなでなでなでなで)」
まるち「はわわわわわわわわ(^^;;; は、はい。私は元気です〜」
あずさ「朝から元気ねぇ、由宇」
猪名川「おー、あずやん。お久し〜」
あずさ「お久しぶり。で、今日は何しに・・・て、聞くまでも無いわね」
猪名川「当たりー♪ 年末まで世話になるで〜」
あずさ「はいはい(−− まあ、好きにしなさい」
猪名川「おーきになー。ところで、あのアホは?」
あずさ「寝てるわよ。あの馬鹿なら」
猪名川「なんや。相変わらず朝に弱いやっちゃなあ」
まるち「あ、あの(^^; あまり、あの、ご主人様の事をそう悪く仰るのは〜」
猪名川「安心しー、まるち(なでなで) これも一つのアイノカタチやさかいなっ!Σd(>ω<)」
まるち「そ、そうなんですか?(^^;;;」
あずさ「個人的には爽やかに違うと断言したい気分だけど。まあとにかく、アレなら寝てるわよ。何か用事?」
猪名川「まあ、用事っちゃ用事やけどな。どうせ起こしたかて起きんのやろ?」
あずさ「起きないでしょうね。多分」
猪名川「ほな、後でええわ。とりあえず、朝ご飯食わせてー♪」
まるち「あ、はい。すぐに用意いたします〜(^^)」
あずさ「・・・態度のでかい居候だな、アンタ(−−」

* とゆー訳で(何がか)、朝はぐうぐう寝てました。ぐうぐう。

-

* 昼。

* 起動。

*

へむ2「・・・ふにゃ〜〜〜」
まるち「あ、おはようございます〜(^^)」
猪名川「て、もう昼やけどな」
へむ2「む? 何か神戸の山奥在住、温泉子パンダ19歳の声が聞こえる気がする」
猪名川「や、気がするやのうて」
へむ2「ふむ。つまりこれは夢なのだな。ぐぅ」
あずさ「て、寝るな(−−」
へむ2「・・・うにゅ〜〜〜?」
猪名川「遊びに来たんやて、うち。年末までよろしゅうなー」
へむ2「・・・ぐう」
あずさ「だから寝るなっ!!(−−メ
へむ2「うにゅー? にゅ〜〜〜・・・おや、おはよう。あずさ君」
あずさ「おはようじゃなくて。いいから起きなさい、さっさと(−−」
へむ2「いや、起きたから『おはよう』って言ってるんじゃけど」
あずさ「・・・・・・(−− ホントに起きてる?」
へむ2「はっはっは、もちろんですとも。ぐぅ」
あずさ「だから寝るなーーーっ!!!
へむ2「みゅう。まあそれはともかく。なんか猪名川の声が聞こえた気がするんじゃけど」
猪名川「いや、せやからうち遊びに来たんやー、て言うてるやろ?」
へむ2「おや、猪名川由宇19歳永遠の未成年。いつ沸いたのかね?」
猪名川「ボウフラか何かかい、うち(−− あ! せや、そら置いといてやな、あんたに話があんねん!!」
へむ2「にょ? 何ね?」
猪名川「あんた、うちの誕生日祝わんかったやろ、今年(−−メ」
まるち「あ(^^; そ、そう言えば〜」
へむ2「・・・にょ? おお、そー言や忘れてたなあ」
猪名川「忘れてたなあ、やあらへん! 繊細なうちのガラスのハートに入ったこの心の傷、どないしてくれんねん!?」
へむ2「繊細?」
あずさ「ガラス?」
まるち「はわ(^^; す、すみません〜」
猪名川「あ、いや、まるちはええんやけどな、まるちは。で、どないしてくれんねん!?」
へむ2「う〜〜〜ん(ぽりぽり) や、まあ、実を言うとやな。おまいの誕生日ならぱすてるさんがお祝いするやろー、思て油断しててやなー」
猪名川「て、結局うちの誕生日忘れとったんちゅうこっちゃろが、それ(−−」
へむ2「や、さらに正確に言うと忘れてたんやのうて12/11やと勘違いしとったんやけどな。とにかく気が付いた時にはもう過ぎとったんで、まあ、この際無かった事にしようかと」
猪名川「すなーーーっ!! 遅れたかて祝ってくれたらええやん!?」
へむ2「や、お前の事やから自分の誕生日忘れとるんやないかて期待しとったんやけどなー」
猪名川「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・あー。まあ、何だ。近いうちに何かうまいもん奢るよって、それで許しぃや」
猪名川「ホンマか? ホンマに奢ってくれるんやな?(−−」
へむ2「うむ。やからまあ、許し」
猪名川「よっしゃ。ほな、許したろ。せやけど、やっすいもんで茶ぁ濁そとか思うんちゃうで?(−−」
へむ2「はいはい。まあ、それなりに何や考えとくわ。それよりやな、今日は秋葉行くよってちょい付き合いや」
猪名川「秋葉? そらまあええけど・・・」
へむ2「にょ?」
猪名川「・・・雨やで? 今日」
へむ2「ほえ? あ、ホントだ。あー、んじゃやめやめ」
あずさ「て、いきなりくじけるな(−−」
へむ2「えー? だって、雨ん中出かけるのイヤじゃん」
まるち「ええっと(^^; ですけどあの、ご主人様。今日は郵便局さんにも行かなくちゃなりませんし〜」
へむ2「郵便局?」
あずさ「ほら、昨日不在通知が来てたじゃない」
へむ2「・・・ああ。そーいや来てたっけ。んー、じゃあ、まあ、しょうがねぇな。行くか」

* ちう訳で、少し雨が弱くなるの待ってお出かけです。まずは郵便局行ってブツを引き取って。あ、ちなみに引き取ったブツはアージュのFC会報でした。

*

猪名川「へぇ。年内に出たんや、二冊目」
へむ2「出たなあ。つってもこの会報・・・(ぱらぱら) どこにもアーゲちゃんがいないぞ、おい。これでは俺的にまったく価値ナッシングでわないかね!!」
まるち「は、はぁ(^^;」
へむ2「あーつまらん。『大空寺危機一髪』の話も全然出てないしなあ・・・」

* 一体こー、人が何のためにFCに入ってると思ってるのか。その辺をよく考えて頂きたい物ですな(笑)

-

* 夕方。

* 郵便局の後は秋葉原、着いた頃には夕方でした。まずはマップ行ってえろげ売りです。

*

へむ2「ふむ。今回一位は『BLESS』。4800円ですな」
猪名川「で、二位が『White』で4750円? えらい半端やな」
へむ2「あ、それ、『箱がかなり痛んでるから』て半額になってます。半端なのはそのせいですな」
あずさ「え。じゃあ、箱がまともだったら9500円?」
へむ2「そゆ事ですな。さらにこー、初回特典が付いてたらもっと高くなってたみたいですよ?」
まるち「はぁ(^^; すごいですね」
あずさ「すごい・・・て言うか。何だかなあ、な話ねぇ(−− 本来の売値より高いって、何よ?」
へむ2「さあなあ。ま、でももう何でもいいや。で、三位が・・・あ?」
まるち「? どうなされましたか?」
へむ2「・・・いや、その。三位が『鋼の鬼』で3800円なんですけど。むう、何故に?」
あずさ「え? 『鋼の鬼』て・・・あれ?」
へむ2「あれ。俺が去年プレイして大ハズレとか言うたアレ。触手云々抜きにしてもそんな高値の付くゲームや無い思たんやけどなあ・・・」

* むう。世の中、やっぱり不思議が一杯です。てゆーか、本気でどーゆー基準になってんでしょか、この買い取り価格査定て(笑)

* ま、いいや。で、とにかく今回は合計が28600円。前に売り飛ばした時に23000円ストックしてますから、これでどんぶり5万円、プール状態です。

*

へむ2「さて。じゃ、そーゆー事で。ノートPC見に行きましょうか」
あずさ「・・・忘れてなかったのね。買うの(−−」
へむ2「はっはっは、忘れる訳がありませんよ?」
猪名川「うちの誕生日は忘れとった癖に・・・」
へむ2「それはつまり、猪名川君の誕生日よりノートちゃんの方が優先度が高いげふんげふんげふん。ま、とにかく見に行きましょうか!!」
猪名川「・・・・・・(−−メ 絶対、むっちゃ高いもん奢らしたる」
へむ2「はっはっはっはっはっはっはっはっは。ま、いいから行きましょ行きましょ」

* とゆー訳で、ノートPCをぐるぐると見てまわったり。とーりーあーえーず、俺の欲しいのは。

『持ち運び出来るくらい軽い』
『OSは2000が良いです』
『出来ればNIC内蔵』

* つー物なのですが。

*

へむ2「むう。やっぱ、新品では無いですなあ。もうそういうの」
まるち「そうですね(^^; 皆さん、ほとんどXPさんです〜」
へむ2「えーい。お兄ちゃんぺけぽんは嫌いだとあれだけゆーておるのに〜」
あずさ「まあ、しょうがないでしょ。素直に中古見に行きましょ。そっちの方が安いし」
へむ2「・・・常にお金の事を忘れないあずさ君萌え〜は。まあ、でも、実際中古っきゃ無いでしょな、こりゃ」

* つー訳で、中古コーナー。ふむ、俺の希望を叶えられそなのが二つほどありますな。VAIOのR505とSR9。さて、どっちにしたものか。

*

あずさ「値段は・・・ほとんど同額ね」
猪名川「大体11万。さっきの5万のストックがあるから、新しゅう出さんとあかんのは6万やな」
へむ2「じゃね。で、それくらいだったら出費OKですか? あずさお嬢様」
あずさ「何かイヤだからその呼び方やめなさい(−− まあ、6万ならいいわよ。一応、ボーナスもそれなりに出た所だし」
へむ2「うい、さんきう。さて、じゃあ、どっちがいいか、ですが・・・」
猪名川「せやなあ。どっちもメモリやHDD容量は一緒。サイズはR505の方が大きいけど、まあ、どっちも結構軽いと」
へむ2「うむ。で、R505の方がCPUクロックが高い。NICも内蔵してる、と、いい事ずくめではありますな。でも・・・」
あずさ「でも?」
へむ2「・・・実は、大きな問題があります」
まるち「はぁ。それは一体、何でしょうか?」
へむ2「やー、その。R505買うとですな。確かに本体は同じ値段で済むんですけどー。その、実は。大容量バッテリーを買い直さんとあかんとゆー」
まるち「あ(^^;」
猪名川「・・・ああ。そらせやな」
あずさ「さ。SR9買いましょうか」
へむ2「ああっ! 一瞬で答えが!?」
あずさ「当たり前でしょうが(−− 一体いくらすると思ってるのよ、大容量バッテリー」
へむ2「うにゅー。大体よんまんえん・・・」
あずさ「すみませーん。これ、くださーい」
へむ2「あああああっ!! 本気でまったく問答無用ーーーーっ!!??」
あずさ「問答無用よ。諦めなさい(−−」
へむ2「しくしくしくしくしく。あずさ君ってばいじわる〜〜〜〜」
まるち「ええっと(^^; ですけど、あの、せっかくSRさん用の大容量バッテリーさんも新しく買い直された所ですから〜。出来れば、あの、きちんと使ってさしあげた方が〜」
猪名川「やな。無駄にするともったいないお化けが来よるで?」
へむ2「うじゅー。でもなあ。SR9はNIC内蔵してないからなあ・・・」
猪名川「それだけなんやろ? 問題て」
へむ2「まあ、なあ。後は『せっかく買い換えるんに、こんな微妙な変化やつまんない』いう俺の精神的な問題も無いではないけど・・・」
猪名川「ほなええやん。まあ、NICのドライバ入れるんにちょい手間かかるやろけど、それ以外は全然問題無いんやし」
へむ2「う〜〜〜〜〜ん・・・でもなあ・・・」
あずさ「さ。買い終わったから帰りましょ」
へむ2「あああああああああっ!! いつの間にーーーっ!?」
あずさ「アンタが由宇とのんびり話してる間によ(−− 由宇、ナイス引き留め」
猪名川「いや、うちは別にそないな積もりは無かったんやけど・・・まあ、ええか」
へむ2「しくしくしくしくしくしくしくしくしくしく。いぢめっこが居ますわ、いぢめっこがーーーっ!!」

* とゆー訳で、俺様ノートがVAIOのPCG-SR9C/KからPCG-SR9M/Kへとランクアップいたしました。CPUがちょっとだけ早くなって、HDD容量が少し増えただけ、とゆー、実に超微妙なランクアップでございます。むう、何だかな(笑)

* まあでも、ほとんど変化が無い、つー事はセッティングも簡単に済むいう事で。どれ、近日中にセットアップ済まして、おニューのノートに切り替えるとしますかねー。

-

* 夜。

* とりあえず言え帰ってきてごちゃごちゃ。でも特に書くよな事は無いので、最後にデモ関連ぐるだけしてお終いです。

* イリュージョン『Sexyビーチ』の・・・強いて分類すれば体験版? が、公開されとります。サイズ35MB。

-

* じゃ、そゆ事で。お休みなさいですにょ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]