まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



前後の記憶がないみう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


ミントちゃんとセリオさん。

* 朝。

* ふにゃー。ねむねむにょー。

*

まるち「ええっと(^^; ですけど、あの、起きて下さい〜」
へむ2「・・・にょ〜〜〜」
あずさ「いいから起きなさい。今日はやんなくちゃいけない事多いんでしょ(−−」
へむ2「ふにゅー。お兄ちゃんはしんどいですよー」

* ま、でもそうも言ってられんのでふにふに起動です。

-

* 昼。

* 秋葉原。まずは『掟の島』購入したりギャラクシーエンジェルのDVDやCDやデスクトップアクセサリを購入したり。で、その後イエサブTRPG専門店へ行って二次会の小物を無事購入。うちのでんごんばんとかで場所教えてくださった方、どもありがとうございました(^^)

* ・・・に、してもアレですな。やっぱ、TRPG専門店の雰囲気っていいですなあ。あー、こういう空間、落ち着くー(笑)

-

* 夕方。

* 家帰ってきてビデオに録ってあったギャラクシーエンジェル鑑賞。つ訳でいつものよに簡単に感想を。

* 第33話、『特級イシモチのつみれ』

* あ、珍しくシリアスっぽ。

* あ、珍しく宇宙戦。

* あ、でもやっぱりエンジェル隊だ(笑)

* あ、影の薄い人だ。出て来なくていいのに(ぉ

* ・・・やっぱりエンジェル隊だなあ(笑)

* てゆーか、やっぱりミントちゃんだなあ。性根が腐っててナイスだわ(笑)

* あ、夢オチ。オチがあるなんて珍しい(ぉ

-

* アイキャッチ。

『珍しくボケにのってきたねぇ』
『ミントさんが壊れました』

* ・・・つくづく、アイキャッチでの扱い悪ぃなあ、ミントちゃん(笑)

* で。

『温泉いってみよう!!』

* 今回もガキどもは出番これだけ、っと(笑)

-

* 第34話、『バラバラ湯の花せんべい』

* 嘘天然うざ。

* てゆっかおめ、人の幸せを『つまらない』呼ばわりするな。馬鹿者(−−

* ・・・えー味出しとるなあ、この山彦(笑)

* きゃ〜〜〜〜〜♪♪♪ 幸せ満点顔のミントちゃんはからういのう☆

* やかましいぞ嘘天然。

* うわー。聖闘士星矢だ聖闘士星矢だ。意味も無く上半身裸になるあたりが実に聖闘士星矢だ(笑)

* ドリルヘアー・・・むう、良い表現だぞノーマッド(笑)

* だから邪魔嘘天然。

* あ、ちょっとフォルテさん萌え(笑)

* ・・・本気でヤなやっちゃなあ、嘘天然。自分の我が儘で人の幸せ踏みにじっておいて、気付きもしてねぇのか、こいつ。たいがいにせんと埋めっぞ、コラ(−−メ

-

* 予告。

* ・・・自分たちの事をよく分かっている人たちだ(笑)<スタッフさん

-

* にょ。

* で、せっかくDVDも買ってきたのでそっちも鑑賞。全部一度は見てるもんなんで、超簡単に感想を。

* 第5話、『特製ミルフィーユのビックリサンド』

* ・・・ああ、そうか。そう言えばヴァニラ嬢の髪の毛って、ホントにドリルでしたっけ。何かと衝撃的な話が多かったからすっかり忘れてましたよ(笑)

* で、やっぱりど迷惑だな、嘘天然(−−

* あー。壊れたミントちゃんは見てて楽しいなあ☆ ふにゃー、うづうづする〜(笑)

-

* アイキャッチ。

* ・・・やっぱり、ミントちゃんの扱い悪いよなあ、アイキャッチだと(笑)

-

* 第6話、『はぐはぐハグ鍋』

* あー。この頃はちゃんとオチが付いてたんだなあ(しみじみ)

* あ、それはそうと今回から本格的にガキどもが超脇役に。短い命だったのう、ガキども(笑)

-

* エンディング。

* ああっ!! やっぱスカートふりふりミントちゃん、えろえろだわ。あー、こっちのエンディングもいいなあ(笑)

-

* 第7話、『冷製ロトさば当たりつき』

* や、欲望せきららなエンジェル隊はいつ見てもいいなあ。やはし人間、欲望に忠実でいませんとー(笑)

* ところで嘘天然。お前やっぱりエンジェル隊壊滅のために送り込まれた刺客だろ。わざと救出に来るの遅らせてたろ、おい。

-

* 第8話、『つるつるパスタ』

* あー。

ミントちゃんはかーええなあ☆

* はー。堪能しましたわ〜♪

-

* にょ。

* で、その後今度はCDかけてギャラクシーエンジェルの新OPを。あうー、やっぱこのOP、すごくいいよう☆ TVでは聞けない二番以降の歌詞もステキですわ〜♪

-

* 夜。

* 夕方から引き続き新OPをエンドレスで。で、それをBGMにしつつお部屋のお片付け。今日は腹ぁくくって色んなグッズを捨てましょう、つ事でまずは倉庫部屋から色々取り出し・・・

*

へむ2「・・・て、ちょっと待て?」
まるち「はい?」
あずさ「捨てたくない、ってのは聞かないわよ。今更(−−」
へむ2「いや、そでなくて。その・・・何か、焦げ臭くない? ここ」
まるち「は、はわ?(^^;」
猪名川「・・・ああ。そない言うたら何やそゆ臭いがしよるなあ。何か、どっか燃えとるんちゃうか?」
あずさ「て、落ち着いてる場合じゃ無いでしょ!! ど、どこよ!? 臭いの元は!!」
へむ2「いや、どこて。多分間違いなく奥のサーバのどれかや思うんやけど・・・(ぺたぺたぺた) む。セリオさんが熱い。ここか?」
まるち「はわ!?(^^; そ、それは大変です〜〜」
へむ2「うむ。場所からして・・・電源が何かマズいチックじゃなあ」
まるち「な、何とかいたしませんと〜。ど、どうすればよろしいのでしょうか?」
へむ2「や、電源変えれば済むと思うんやけど。まあ、アクセス減った時見計らって交換するべぇ」
猪名川「それまで保つか?」
へむ2「分かんない。けど、いずれにしろ今はちょっと片付け優先せんといかんしな。保つ事祈って、とりあえず後回しにしとくべよ」

* ちう訳で、セリオさん大ぴーんち。まあ、ずっと外向き鯖として頑張っててくれてますからイカれても不思議は無いんですが・・・もうちょっとだけ、保ってくれるとうれしいなあ。どうかなー。

-

* と、その辺を気にしつつ片付け片付け。うう、ポスターとかグッズとか、捨てるのツラいよう。しくしく★

*

あずさ「泣いたってしょうがないでしょ(−− だいたい、ポスターなんかアンタ、貰ってくるだけで中見ないじゃない」
へむ2「そりゃそーなんだけどね。でも、この一本一本に俺の青春メモリーがですな」
あずさ「そのまま闇に封印しちゃいなさい、そんな青春(−− ほら、さっさと続ける続ける」
へむ2「しくしくしくしく。あー、こっちのグッズもー。お兄ちゃんはね、お兄ちゃんはね、これを手に入れるのに結構苦労してね?」
あずさ「うるさい(−−メ ほら、捨てるわよ」
へむ2「しくしくしくしくー。えぐえぐえぐえぐー」
猪名川「なあなあ。こっちのやー、東鳩グッズ。捨てるんやったらうちにくれへん?」
へむ2「それは駄目だ!! それだけは捨ても人にやりもせん!!!」
猪名川「あ、そうなん?」
あずさ「・・・コラ(−−」
へむ2「これだけは譲れーーーーん!! 現在進行形のミントちゃん&アイたん、そして東鳩物だけはお兄ちゃん捨てんぞ!! 絶対捨てんぞ!!」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「あ、あの、あずささん(^^; あの、せめて、それくらいは認めてさしあげてください〜」
猪名川「せやな。それくらいやったらええんちゃうのん? 」
あずさ「・・・せっかく捨てるチャンスなのに(−−」
へむ2「嫌ーーーっ!! 絶対嫌ーーーーっ!!!」
あずさ「あーもー(−− 分かったわよ。好きにしなさい」
へむ2「ホントに!? わーい♪」
まるち「ありがとうございます、あずささん(^^;」
あずさ「まあ・・・東鳩物だけだったら段ボール一個に収まるみたいだしね。それに正直、今まで捨てた分で十分って言えば十分だし(ちら)」
猪名川「・・・せやな(ちら) ゴミ袋、今で何個や?」
まるち「ええっと(^^; 15個くらいですね」
あずさ「・・・これだけのスペースが無駄に使われて来たのねー。今まで」
猪名川「せやな。どこに入っとったんやろなあ、これだけ」
あずさ「知らないわよ(−− まあとにかく、もう一息で終わるんだし。頑張りましょ」
まるち「はい。そうですね(^^;」

* さらば青春のまいメモリー。うー、何かこうやってグッズ類捨ててると、自分の過去を投げ捨ててる気分になれるですよー(笑)

*

あずさ「いや、だからとっとと捨てちゃいなさい、そんな過去」
へむ2「むう。そうは言ってもですな、過去の俺がいるから今の俺がいる訳で。出来れば過去は大事にしたいのですが・・・ただ、まあ、なんですな。『夢色くらぶ』の会員証が出てきた時は、この過去は抹消すべきではないかと思いましたね。さすがに」
猪名川「・・・何や、その超ピンク色に怪しい名前は(−−」
へむ2「や、今はもう無いと思うんですけど。昔あった戯画のファンクラブがそーゆー名前だったのですよ。しかもお兄ちゃん、会員番号297とかいうて結構早い目の番号取ってますよ?」
あずさ「・・・何をやってたの、昔のアンタは(−−」
へむ2「真奈美ちゃんに萌えてたり千穂嬢に萌えてたりしてました。しかしファンクラブにまで入ってたとは・・・ホントに何してたんでしょうね、俺」
猪名川「あー(−− まあ、何や。とりあえず夢の島にでも埋めとき。そゆ過去は」
へむ2「さいですな。とりあえず封印しときま・・・」
まるち「ご、ご主人様!! た、大変です〜〜!!!」
へむ2「・・・にょ? どした? まるち」
まるち「セ、セリオさんが〜。セリオさんが、お亡くなりになられてます〜(^^;」
へむ2「・・・にょ? え?(ぱこぱこ) あ、ホントだ。pingが届かねぇ」
あずさ「いや、ネットワークで確認する前に直接見に行きなさい。すぐそこなんだから(−−」
へむ2「むう、それもそですな。どれどれ・・・あ、完全に電源が死んでるな、こりゃ」
まるち「ど、どういたしましょう(^^;;;」
へむ2「どうって。まあ、電源入れ替えるっきゃなかろ。幸い、予備電源一個あるしな」
猪名川「・・・何でそんなもん持ってんねん、あんた」
へむ2「いや、一個あるとパソコン組立の時、ケースに入れずに動作チェックが出来るから楽なのよ。だから一個おいてあるんじゃけど・・・まあ、それ使って再生しよう」
あずさ「そうね。片付けも済んだし、さっさとやっちゃいましょ」
へむ2「ういうい。でも、これやってると寝れんなあ・・・ま、しゃーないか」

* ちう訳で、セリオさんの電源入れ替えて再起動。マザーが死んでたらヤだなー、と思ってたのですがそんな事も無く。

*

へむ2「ふむ。HDDも壊れてないし、電源入れ替えだけで解決ですな、こりゃ」
まるち「そうですね。良かったです〜(^^;」
へむ2「にゅー。まあ、セリオさんはホント、外向き鯖としてよく働いてくれてましたからね。壊れても不思議は無いんですが・・・とりあえず、直ってくれて良かったですよー☆」

* まあそゆ訳で、セリオさんは今日からちょっぴり新しいセリオさんに。今までよく働いてくれてありがとう。これからも頑張ってくださいね、セリオさん☆

-

* にゅ。

* じゃ、今日はここまで。ふにゅー、とりあえずお風呂入りますにょー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]