まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



逝ってこ〜い!
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


黒い切符を手に入れろ。

* 今日も働くおにーさん。土曜日なのに偉いぞ、俺。

*

あずさ「・・・・・・(−− 自分で自分を誉めるのはどうかと思うんだけど、私」
へむ2「んな事言っても。俺が誉めなきゃ誰も誉めてくれんでないかね」
あずさ「だって、誉める様な事じゃ無いし。世の中週休一日だとか週休ゼロ日だとかいう人、いっぱいいるわよ?」
へむ2「おにーさん的には週休五日で日々をのんびり暮らす、とゆーのが理想です。どっかに一兆円くらい落ちとらんもんかのう」
まるち「はわ(^^; い、一兆円は、あの、さすがにありえないのでは〜」
へむ2「じゃあ、額面白紙の小切手。ろっくふぇらー名義あたりで、一つ」
猪名川「その辺は使うた瞬間ヒットマンがダースでやってきそうな気ぃがするんやが。死ぬ時は、うちら巻き込まんと一人で逝きな?」
へむ2「うん、その時は猪名川だけは何が何でも巻き込もうと思う。まあでも、そーゆー現実味の無い話は置いといて現実を見つめようじゃ無いですか、諸君」
猪名川「やな。まあ見つめとらんのはアンタだけや思うけど」
へむ2「気のせいです。とゆー訳で、どっかに100億くらい落ちとらんもんかのう?」
まるち「はわ(^^;;; え、ええっと〜」
あずさ「・・・それも十分現実味が無いでしょうに(−− いいから、つまんない夢見てないで毎日地道に働きなさい」
へむ2「夢を見るのは大事な事ですよセニョリータ。てかほら、少年の心をいつまでも忘れない貴方がステキ?」
あずさ「黙れ(−−メ て言うか、妄想と夢の区別も付いてないろくでなしはしゃべるな」
へむ2「うにゃー。ま、ともかく今週のお仕事はこれでしゅーりょー。さ、帰りましょ帰りましょ」
まるち「あ、はい〜(^^; えっと、あの、今週もお疲れさまでした、ご主人様」

* て事で東京帰還の秋葉原。『汚れた音色』を買って、んでから『巫女さん細腕繁盛記』通常版を捜索中、なんですが。

*

へむ2「むう。やっぱりありませんなあ」
まるち「そうですね(^^; 初回版さんでしたら、あちこちのお店さんで見かけるんですけど〜」
猪名川「・・・つーかやな。よう考えたら、や。初回版がまだ残っとる店は通常版入れんわな、普通」
へむ2「・・・・・・」
猪名川「やろ?」
へむ2「・・・おお(ぽむ) 言われてみれば、確かにその通り。つー事は、だ。えー、さ行さ行(つかつか) うん、ここにも初回版がまだあるからって何でまだ『女神さま☆にお願いっ!!』がありやがりますかここわー?」
まるち「は、はわ?(^^;」
猪名川「あ。ホンマや」
へむ2「・・・さすがメッセとゆーべきか何とゆーべきか。まさかいまだに新品であるとは思いも寄らなかった、つー話よ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「まあアレなんじゃないの? えくすとらにおまけで付いてくる事になったから、その前に売ろうと思って倉庫から出してきたとか」
へむ2「かもしれませんが。でもそもそも、倉庫にまだ残ってたっつーあたりがビックリですよー」

* つーかアレです。前々から思ってたんですが、時々変なもんが新品で残ってますやね、メッセ。三年前のとか四年前のとかで、中古屋でも滅多に見かけないよなもんが新品で残ってたりするんだもんなあ(笑)

-

* にゅ。

* で、まあ、とにかく『巫女さん細腕繁盛記』の通常版は街で見つからないのでメーカー通販するとして。後は、ライアーの『SEVEN BRIDGE』の予約をふにふにと。予約キャンペーンにある通り、今予約すると黒い切符を貰えるですよー。

*

へむ2「とゆー訳で、これが黒い切符である」
猪名川「ほぉ。通し番号が入っとるんやな、これ」
あずさ「一つ一つ番号が違う・・・のよね? これ。多分」
へむ2「だと思いますにょ。まあ、もう一個予約してみりゃその辺は確定で分かるでしょーけど・・・」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「・・・えー。とりあえずその辺はもーちょい後で考えます。で、例の『越えてゆけ 越えてゆけ』のセリフ。あれがドイツ語で入ってますな、この切符」
まるち「あ、このドイツ語さんは、そういう意味だったんですか〜(^^)」
へむ2「多分な。ちゃんと訳した訳じゃあ無いけど、ざっと見た感じ間違い無く、あれだ」
猪名川「ほーお。まあなかなか、ええデザインやな?」
へむ2「でしゅね。ただまあこの切符、特典と引き替えで無くなっちゃいますからなー。あんまし良いデザインにしてくれない方が、どっちかってぇと良かった気がします」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「でも、あんまり悪いデザインでも困るし。いいんじゃないの、これで」
へむ2「まーね。さて、んじゃ今日の用事も全部済みましたし。さくさく我が家に帰りましょーかね」

* あい、帰宅。んで緑茶のメーカー通販も済まして、これにてホントに、今日の用事は全てかんりょ、っと。

-

* にゅにゅ。

* んじゃ後はぐるってお終い。さ、とっととやってとっとと寝ますにょー。

* light、『ぬいぐるまー』のキャスト情報公開。普通に名前の通った方々が色々とー。

*

へむ2「ところでそれはそーとして。イベント等で聞いた発売予定日まであと一ヶ月を切った訳ですが」
猪名川「まだ『12月予定』のままやな。公式」
へむ2「まあ察しれ、とゆー事なんじゃろうけどさ。問題は、12月は買うもんが多くてどうしよう、とゆー事です。限りなく個人的な事でアレなのですが」
猪名川「それはつまり、どうせなら延期せぇと?」
へむ2「いや。もし延期するのであればとっとと発表して欲しいなあ、とゆー事です。逆に延期しないなら、ぼちぼち公式に発売日発表していただけるとありがたくー」

* さて、どーなりますやら。実際問題、これが延期するかしないかで『ALICEの館7』買うかどうかが決まってくるので、さっさと発表してもらいたいんですけどねぇ(^^;

-

* ソフトハウスキャラ、『ちょこっとだけ佐々木珠流情報』と言う名の次々回作情報が。しっかし・・・

『佐々木珠流氏は、現在、新作に向けて鋭意活動中です!
 ですが、時折それらを疑われる噂(死亡説や退社説)を聞き、
 このままではとんでもない方向に行きそうなので、情報を出す事になりました』

* ・・・誰だ、そんな妙な噂流したの(笑)

-

* エスクード、『メタモルファンタジーSP』の情報更新。システムもパワーアップして、未読スキップやCtrlキーでのスキップがつきました・・・て。あら?

*

へむ2「はて。前の時ってついてませんでしたっけ? この辺」
あずさ「知らない。でもまあ、こうやって書いてるって事はついてなかったんでしょうね、きっと」
へむ2「むう。何かこー、エスクードのシステムには昔からちゃんとついてた気がしてたのですが・・・気のせいでしたか」
猪名川「つーこっちゃな。で、後、戦闘難易度調整に戦闘スキップもつく、と。まあスキップは一度クリアしてからでないと使えんみたいやけど」
へむ2「いいです。イージーモードが付いただけでもおにーちゃんオッケー。さすがに一度クリアしてるゲームで、もっぺんイチからガチで戦闘する気にゃなりませんからにゃー」

* んで後、プロジェクトスリッパ更新。今回は内容が盛りだくさんで、えーとまず支援サイトが99になったとか、4コマ総集編ページが出来たとか。でもやっぱり、今回の最大の目玉は肉団子ハリセン絵柄が決まった事でしょうにゃー(笑)

*

猪名川「・・・セリフと地の文がまったくかみ合ってないあたりが何て言うか、もう(−−」
へむ2「まあ、それもまた良しっつー事で。いずれにしろ、嫌な突っ込みアイテムになりそうで、ナイスですよー☆」

* とりあえず、『メタモルファンタジーSP』の通販が始まったら一緒に予約しとく、つー事で。<ハリセン>別々に分けてやるのは面倒ですからね。

-

* にゅにゅにゅ。

* であ、ここまで。さー寝ますにょすぐ寝ますにょお休みなさいぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]