まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



前後の記憶がないみう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


『綾奈に、おまかせっ!』

* 今日もお仕事。んで夕方からえろげ・・・の前に。

*

へむ2「まずは『巫女さん細腕繁盛記えくすとら』の感想、いっときましょうかね」
まるち「はい〜(^^) えっと、えくすとらさんは『巫女さん細腕繁盛記』さんのファンディスクさんで〜」
猪名川「内容もまあ、当然巫女繁やってる事が前提になっとる訳やな」
へむ2「さいですな。一応、話のキモの部分とかは多少ぼかしてあるんで、先にこっちやってもそんな重大なネタバレにはならんでしょうが・・・それでも、巫女繁を先にプレイしてからこっちをプレイする事を勧めます。おにーさんは」
あずさ「まあ、ファンディスクだしねぇ。それが正しい順序ではあるわよね」
へむ2「うい。で、前置きが済んだところで内容の話ですが、えーと、これ、メインになってるコンテンツが3つありまして」
猪名川「『香奈恵ちゃんFight!!』『加賀見神社それから』『えくすとらHシーン』。順番にアクション担当、ストーリー担当、えろ担当やな」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− いや、タイトルからしてそうだからしょうがないとは思うけど。でももう少し表現を選びなさい、由宇」
へむ2「どう表現したって結局一緒だとおにーちゃん思うのぞ。まあともかく、その3つがメイン。で、むび&音楽鑑賞モードと、システムボイスがおまけに入ってる、と」
猪名川「んー。実にファンディスクっぽい作りやな」
へむ2「ファンディスクですからなあ。んじゃそーゆー事で、順番に感想をー」

* まず、かなちゃんファイト。

*

へむ2「えー。まあゲーム自体については体験版でもやってもらうのが一番分かりやすいのですが。簡単に言うと、横スクロールのアクションゲームですな」
猪名川「縦にもスクロールしよるから、完全に横スクいう訳ちゃうけどな」
あずさ「言葉としては・・・サイドビューアクション? それが一番正しいのかしらね」
へむ2「かな? まあいずれにしてもそんな感じのアクションで、ちょい難しめ。とは言え、ヌルゲーマーなお兄ちゃんが普通にクリアは出来たので、まあ難易度的にはこの辺でいいのではないかと思います」
猪名川「・・・そーいやあんた、『美咲ちゃんFight!』クリア出来てへんな?」
へむ2「どうしても天狗が倒せなくってな。俺、あーゆー曲線描いてくる奴苦手ー」
あずさ「そういう意味では、確かにこっちの方がアンタ向きよね。みんな直線的だし」
へむ2「です。ただ、かなちゃんファイトの場合は敵よりも『途中のステージをいかにクリアするか』が問題な訳で。途中、何度泣きながらジャンプしてた事か」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと。確かに、あの、難しそうでしたね。特に最後の方のステージさんは〜」
へむ2「連続壁ジャンプで昇ってかにゃならん所とかー。敵を下突きで殺してその反動でジャンプして進まにゃならん所とかー。はっきり言えば地獄の様な苦しみでございましたよ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
猪名川「またかなちゃんが、空中で敵の弾にぶつかると小気味よく弾け飛びよるしなあ」
へむ2「うむ。もう後ちょっとで着地ー、とゆーところで弾き飛ばされて今までの苦労が全部パァ、とかもよくありました。て事でなかなかに難儀ではありましたが、でもまあそれでも最後までやろう、と思うあたりけっこー出来はいいんだと思います。つか逆に、5面で終わっちゃうのも惜しいなあ、とゆー気分」
猪名川「んー。せやったら、隠し面の上級最上級あたりプレイしたらどないや?」
へむ2「ごめんそれは勘弁して。あれは無理、とても無理。てゆーか、俺は回復アイテム無しじゃあクリア出来ないヌルゲーマーなので、普通に回復アイテムの出てくる面をください」
あずさ「はいはい(−− まあ、何にしても楽しめたんだったら、良かったんじゃない?」
へむ2「うい。基本的には満足っす。ただ、いくつか不便だなあ、と思った事もあって、その辺だけ最後に述べておきます」
猪名川「ほほー? 例えば?」
へむ2「まず第一に、キーコンフィグをください。おにーさん、プレステ用のジョイスティックをコンバータかましてパソコンに繋いでる訳ですが、これがキー配列変えれないのですな。んで、デフォルトのキー配置だとすっげ使いにくいの」
猪名川「あー。まあ、せやな。あのスティックやと攻撃ボタンとジャンプボタンが縦に並びよるし」
へむ2「仕様なので我慢しろ、言われたらそれまでなんですけど。まあでも、付いてきてくれると嬉しい。すごく」
あずさ「そうねぇ。だけどまあ、今回はとりあえずクリア出来たんだし、いいじゃない?」
へむ2「とりあえず、ね。で、次。えくすとらモードの中だけでいいんで、ゲーム途中でのセーブが欲しかったですにゃあ。あのモード、途中でやめれないから辛いのなんの」
まるち「はぁ(^^; 確かに、ええと、お相手もお強かったですし〜。大変ですよね」
へむ2「つか、こっちが弱い。回復アイテム無い上に武器防具が大体一段階低いんで、えらい苦労じゃよー」
あずさ「まあ・・・ねぇ。とはいえ、おまけモードなんだからそれくらいの難易度は無いと、って思うし」
へむ2「とほほのほ。ヌルゲーマーの為に難易度調整システム、ぷりーずじゃよー」

* と、その辺を結論にしておいて。<難易度調整>まあでもやっぱり楽しいは楽しいですな、これ。何つか、DOS時代のアクションゲームをほーふつとさせるノリで、おにーちゃんけっこーお好みです☆

-

* にゅ。

* んで、続いては『加賀見神社それから』。これはタイトル通り、本編のアフターストーリーで、第一部・・・とゆーか、むしろ第二部サラたんルートのノリで加賀見神社の日常が(笑)

*

へむ2「綾奈ちんの出番は多し、みさきちも美味しい所取ってってる、成実さんは立ち位置美味しいけど出番はちょっと少ないかなあ。ゆーびさんかなちゃんの出番はそれなり、サラたんはちょっと出番少なし? と、そんな感じですかね」
猪名川「つか、最初と最後がアレやしなあ。うちの気分的には、『綾奈に、おまかせっ!』で、全てが表現出来るよな気がせんでもない訳やが」
へむ2「あー。確かに、それはまあ。綾奈ちん、今回のキーパーソンではありますな」
あずさ「パッケージにもいるしねぇ。何て言うか、扱い良いわよね」
へむ2「てゆーか、みさきち不憫。今回もまた、パケ絵表どころか背にすら出してもらえてねぇし
まるち「はわ(^^; そ、そう言えば、そうですね」
へむ2「そりゃーかなちゃんファイトの自分の面で愚痴るて、みさきち。いくら『美咲ちゃんFight!』のパケ絵になってる、いうたかてねぇ」
猪名川「・・・あれはなあ。店に並ぶ訳ちゃうしなあ」
へむ2「哀れよのう。ま、でも、それは置いといて。内容に関しては、ミニエピソードが全部で6つ。最後の1個を除いてはいつもの日常が微笑ましい、とゆー感じですな」
猪名川「最後だけはシリアスやけどな」
へむ2「未来に続く話として綺麗に締めてると言いましょう。で、こっちもちょっとアレだなあ、と思った事があって。エピソードとエピソードの間に仕切りが無いんですよね、これ」
あずさ「そうねぇ。1つの話が終わるとそのまま次の話が始まるし、最初何事かと思ったわよ」
へむ2「せめてこー、アイキャッチっつーか、サブタイトル画面を入れて欲しかったところでございます。そんなとこですかね、気になったのは」

* 立ち絵演出は色々あって楽しいですな、相変わらず。特にこー、(これは正確にはかなちゃんファイトの中のドラマ部分にあったんですが)立ち絵が斜めに傾いて引きずられていく、とゆーのがなかなかツボ。意外と見ないんですよね、普通のゲーム中、斜めに傾いた立ち絵って(笑)

-

* にゅにゅ。

* ほいでラスト。『えくすとらHシーン』

*

へむ2「これはもー、言葉通りえろシーン12連発。そんだけですな」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「基本的にはらぶらぶえちーなんでおにーさん的にはあんましアレなのですがー。らぶらぶえちのくせに妙にマニアックなシチュが結構入ってるあたりが評価ぽいんつ。逆に問題なのが、結構あっさり全脱ぎになってしまう事でしょうか?」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「後はアレだ。ゆーびさんに眼鏡モードで顔射が出来るのですが、その後汚れた眼鏡を一生懸命綺麗にしてるゆーびさんを見てるとちょっと悪い事をしたかなあ、と罪悪感を感じてしまうあたりが。ワクワクした気分に水がさされて困りますねっ!?」
あずさ「やかましい(−−メ それ以上しゃべるな、ろくでなし!」

* とゆー訳で。まあそれなりにえちかったので良し、といたしましょー。

-

* にゅにゅにゅ。

* で、まあ、感想としちゃ大体こんなもんなんですが、全体的な話として、後一つだけ。総合タイトル画面でコンフィグが開けないのは困るなあ、と。

*

へむ2「一度ストーリーとかえろモードに入ると開けるし、後はその情報が維持されるんですけど。それをせずにまずむびを見に行ったりすると悲しい事に」
猪名川「小さな画面のままでむび鑑賞、になる訳やな」
へむ2「なる訳です。ま、そんなに大した問題でも無いんですが・・・『ゲームを立ち上げた直後にまずフルスクリーンに切り替える&メッセージ速度最速にする』をデフォ行動にしてるおにーちゃんとしては、ちょっとうにゃあ、て気分でしたですよー」

* と、そんな所で。後まあ、セーブロード画面のロゴもせっかくだからえくすとらのに変えた方がいいんじゃないか、つー気もしますがその辺はどーでもいいのでどーでもいいや(笑) とりあえず、これにて『巫女さん細腕繁盛記』関連は一通り完了、ごちそーさまでした☆

-

* さて。

* で、改めてえろげ。『です☆めた』をふにふにと。

*

へむ2「プレイしてたら、すっかりこんな時間になってしまう訳です」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、もう5時ですね」
へむ2「とゆー訳で、寝ましょう。さらっとぐるってからね」
まるち「はい〜(^^; 是非、そうなさってください〜」
あずさ「・・・て言うか、もっと早い時間に寝なさい(−− もっと早い時間に」
へむ2「やー、昨日は大変ぐーすかとよく寝たもんで今日はあんまし眠くないっつーか何つーか。まあともかく、寝るですよー」
あずさ「はいはい(−− まったくもう・・・」

* でもその前にぐる(ぉ

* light。『ぬいぐるまー』マスターアップのお知らせ。これで12/24に出るのは確定な訳で、万歳

*

へむ2「て事で、今月はえろげ4本購入、確定ですよー」
まるち「そうですね(^^; 先週2本、今週1本と購入なさってますから〜」
へむ2「て事は、今月中に後1本はクリアせんといかん訳でー。やはりこー、頑張って『です☆めた』をプレイしてる俺の態度は間違って無かったと!Σd(>ω<)」
あずさ「うるさい黙れ(−−メ て言うか、そんな理由で夜更かしを正当化するな!」
へむ2「にゃー。でもま、冗談抜きで後1本プレイしとかんといかん訳でー。来週は頑張って、『です☆めた』クリアしましょーね」
まるち「はい〜(^^; 頑張ってください、ご主人様」
あずさ「あー、はいはいはい(−− いいからとにかく、今日はさっさと寝なさい」
へむ2「にゃー。であ、そーゆー事でー」

* んで後、17日(もう今日ですな)に体験版も公開だそーです。まだプレイした事無い方は、是非この機会にプレイをー。変な世界が皆さんをお待ちしてますですよー(笑)

-

* さてさて。

* ほいであ、ここまで。日が昇る前にお休みですにょ、ぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]