まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



日々是好日。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


[睦月日記一覧] : 2006/01/20 : (コメントが5件あるにゅ)

3タテ刑事物。

* 今日もお仕事夕方まで。ほでもってひこーき乗って東京帰還。

*

へむ2「・・・ふぅ」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「はぁ」
ぴーす「あ、あの? あの、ええっと〜」
へむ2「うみゃ〜・・・」
あずさ「えーい(−−メ その鬱陶しい顔、なんとかしなさいっ!!」
へむ2「とか言われましても。あ、ちなみに分割DL制限の方は『向こうのサイトから直で飛んでくる一見の中国人』が多くてあまり効果は無く。いや、一応の効果はあるんですけど、まだまだよねー、って事で」
ぴーす「え? あ、デモミラーさのサーバさんの事ですね?」
へむ2「です。ので、もう素直にリファ見て向こうサイトのは完全denyるよにいたしました。これやっちゃうと俺は平和になるんですが、でも連中は絶対その分どっかよそに迷惑かける訳で。あんまりやりたかぁなかったんですけどね」
ぴーす「は、はぁ。な、なるほど。確かに完全拒否だとそうなりますね、多分」
へむ2「だからこそ分割DLdenyで中途半端な嫌がらせブロックを導入してたのですが・・・ま、いいや。ミラーサイト組は基本的には自分らでその辺ブロック出来る人らじゃし、出来ない人のは相談に乗れば済むだけだし。後は成り行きまかせに、と・・・」
ぴーす「? と?」
へむ2「・・・ふぅ。あーあ、それにしても人生、いい事無いですにゃあ」
あずさ「だからそこで鬱るな(−−メ て言うか、そこまで落ち込む様な事じゃ無いって言ってんでしょが!!」
へむ2「ちくしょーい。あずあずにはデリケートなガラスの10代の気持ちなんか分かんないんだーい」
あずさ「誰が10代よ、誰が(−− まったく・・・メイドロボの事になると、すぐ見境無くすんだから」

* で、羽田着いたらもう遅い時間だったのでとっとと帰宅。ちなみに今日は、とゆーか今週は折原一の『七つの棺』、都築道夫の『退職刑事1』、島田荘司の『火刑都市』と読了でござーい。<推理小説

*

へむ2「ここ数日、日記に回す余力が足んなかったので感想は書いてなかったんですけどね。ま、その辺は今日まとめて・・・あ、ただいま」
まるち「はい〜(^^) お帰りなさいませ〜」
へむ2「んー。まるち、まるち」
まるち「はわ? あ、はい、なんでしょうか〜?」
へむ2「ちょっとこっちおいで」
まるち「はぁ。あの、はい」
へむ2「ん(ぽふ) よしよしよしよし(なでなでなでなで)」
まるち「は、はわ?(^^; あの、え、ええっと〜?」
へむ2「やー。イルファに会えなくってっさー。おにーさんは悲しいのですよ、とっても。ので、イルファの姉として責任取って俺を慰めてくれやがりなさい、君(なでなでなでなでなでなでなでなで)」
まるち「は、はぁ(^^; あの、はい。それは、あの、はい。ですけど、あの、こ、これでは〜」
へむ2「いーんです。まるちをなでなでしてるだけで俺は幸せなんですから」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
ぴーす「うう・・・私もイルファさんのお姉さんなのに
あずさ「ん? 何か言った、ぴーす?」
ぴーす「え!? あ、いえいえいえいえ、ななな何でもありませんっ!!」
あずさ「そう? それならいいけど・・・あーコラ(−− いい加減離れなさい、そこ。まるちが困ってんでしょが」
へむ2「ん? 困ってる?」
まるち「あ、いえ(^^; 別に、あの、そういう訳では〜」
へむ2「だ、そーですが?」
あずさ「そういう時に『困ってる』って言える娘じゃ無いって知ってるでしょが、アンタ(−− 知っててそういう事しないの」
へむ2「にゃ。まあいいや、まるち分も十分補給したんで話を戻しましょう。推理小説の感想なのですが」
まるち「あ、は、はい〜(^^;」
へむ2「『七つの棺』は全体的に偶然に頼った部分が多すぎるのがちょっと。後、『これはいわゆるバカミスと言わんか?』つーネタも結構ちらほらあるあたりがうにゅー、かな。一つ目と二つ目の事件、及び四つ目の事件の作中作あたりなんざあ、読んでて気が遠くなる思いでございました」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。そ、そうなんですか〜」
へむ2「まあ、キラリと光るアイディーアもあったので、評価は保留。また別のを読んでみましょー」
ぴーす「はいっ! じゃあ次は、『退職刑事1』ですね!!」
へむ2「ですね。こっちは・・・そう、何て言うか。教科書みたいでした」
まるち「はわ? 教科書・・・ですか?」
へむ2「うん。何て言ったらいいんだろう? 奇をてらった所とか大がかりな仕掛けとか、そんなのは全然無くて。純粋に『謎解き』に特化してる。つまり基本にとても忠実」
ぴーす「なるほどー。ですから、『教科書』だと?」
へむ2「うん。でも、その『基本に忠実』なもんがとても面白いのですな。これが書かれたのは30年前、それを考えると日本の推理小説界は進化してるんだか、してないんだか。いやま、もちろん基本には基本の、応用には応用の面白さがある訳で・・・あー。いや、イマイチまとまらんからパス。業界考察は置いといて次いこ、次」
まるち「あ、はい(^^; えっと、最後は『火刑都市』さんですね?」
へむ2「です。です、が・・・」
ぴーす「が?」
へむ2「えーと。いや、お兄ちゃん『現代社会に潜む病理』とか『巨大都市東京の歪み』とかいったもんには興味が無くてですな。端的に言うと社会派いやーん、と」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・また、それ?(−−」
へむ2「だってさー。それにさー。『いや一見で気付こうよその辺』つーネタが多くてさー。結構早いうちから真相が見えてたお兄ちゃんとしてはちょっとイライラ。てゆっか出てこい御手洗ー。お前この世界の同じ時間軸にいるんじゃからさー、出てきてさらっと解決してくれよーう」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「と、心の底から思う次第でございます。やっぱアレかなあ、島田荘司物も御手洗シリーズ以外はパスするべきなのかなあ」

* まあとりあえず、既に買ってあるもん全部読んでから考えますか。<島田荘司物どうするか>正直御手洗物だけで結構な数がありますから、まあそれでもいいかなー、って気分ー。

-

* にゅ。

* さて。ほであ今日もここまで。

*

へむ2「・・・と? おお。よく考えたら今週の推理小説は全部、『刑事物』ですなあ」
まるち「はわ? あ、そうなんですか?」
あずさ「『退職刑事』は言うまでも無いし・・・『火刑都市』も、そうねぇ」
ぴーす「『七つの棺』も確か、主人公は警部さん・・・あ、ホントです〜」
へむ2「ふむ、俺にしては珍しい。つっか、さすがに次は『名探偵物』読まんと精神のバランスが崩れそうですな、こりゃ」
まるち「はわ?(^^; はぁ。お、お崩れになりますか?」
へむ2「なりますよ、そりゃ。いやま、『退職刑事』はガワはともかく中身は名探偵物ですから? そーゆー意味では別に次が名探偵物じゃ無くても大丈夫なんですが・・・」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「でも、やっぱぼちぼち本気でがっつり名探偵、の出てくるもん読みませんとにゃー」

* とか言いつつ、でもまあそれはともかく。

* お休みなさい、ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:


[00001] 2006/01/21 12:10:08
効果はありました
[投稿者: Pちゃん ]

中国からのアクセス制限ですけど、効果と副作用がでてますね。

あくまで私の回線での話ですけど、中国からのアクセスが始まる前は
800k/sec.出ていたのですが、その後、100k/sec.を
切るような状況になってました。

今は1.34M/sec.と以前より速くなってます。でも、送信開始まで
2分近く待たされてます。


[00002] 2006/01/21 15:11:06
待たされるのは。
[投稿者: へむへむ ]

>今は1.34M/sec.と以前より速くなってます。でも、送信開始まで2分近く待たされてます。

あー。や、apache鯖には「サーバ全体でのアクセス数の上限指定」があるんで、それが一杯になるとどっかが空くまで待たされるんですなあ。

#とは言えアクセス数上限を設定しないと、1アクセスあたりの速度は限りなく低下していく事になるので。

まあ、向こうからのリファを全部蹴った以上、徐々にそっち系のは減っていくハズですので。もーちょいお待ちくださいませー。


[00003] 2006/01/21 19:24:45
島田荘司
[投稿者: sawara ]

> 島田荘司物どうするか
確かに吉敷シリーズにも目眩く大トリックを扱った怪作が幾つかありますけれど(光文社の「北の夕鶴2/3の殺人」とか「奇想、天を動かす」とか)、いかんせんハードボイルド路線との融合を狙った部分が大きいので、全体的な評価としてはどっち付かずな印象があるかもしれませんね。

まああくまで私見なんですが、御手洗シリーズにしても手放しで誉められるのは(短編を除けば)「異邦の騎士」辺りまでで、それ以降になるとどうも大トリックが鼻に付いてきて苦手な感じです。「斜め屋敷」ぐらいのバカトリックになると逆に楽しめるんですけれど。

そんなわけで途中から読むのをやめてしまったんですが、聞くところによると最近の作品はまた良くなってきているらしいので、ちょっと読んでみようかと思っています。


[00004] 2006/01/21 22:44:56
ありがとうございます
[投稿者: Pちゃん ]

>まあ、向こうからのリファを全部蹴った以上、徐々にそっち系のは減っていくハズですので。もーちょいお待ちくださいませー。

了解しました。毎度、ありがたく利用させてもらってますが、今回の措置で
相当楽になりました。その前は週末になると数時間待たされてましたから。


[00005] 2006/01/22 00:04:56
トリックが大がかりなのは。
[投稿者: へむへむ ]

>いかんせんハードボイルド路線との融合を狙った部分が大きいので、全体的な評価としてはどっち付かずな印象があるかもしれませんね。
>それ以降になるとどうも大トリックが鼻に付いてきて苦手な感じです。

俺はあんまり気にならないタチなんでその辺は平気かな、とゆー気分なんですが・・・まあ、とにかく読んでみますはー。

#でもハードボイルドかぁ。うーん。

>了解しました。毎度、ありがたく利用させてもらってますが、今回の措置で相当楽になりました。その前は週末になると数時間待たされてましたから。

ういうい。まあ、週末は今後もやっぱり混むでしょうが(色々重なるので)、それでも大分楽になってくと思います。つっか403で蹴ってるんですから、とっとと諦めてくれんかなあ(笑)<中国の人



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]