まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



パニック系。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


戦えユーラシアン。

* えー。結局の所、昨日は眠れなかったりした訳で。

*

あずさ「・・・コラ(−−メ」
へむ2「しょーがないじゃんさー。エンバグしてる事にベッドの中で気付いたんだからー。気付いた以上は直さんとー(ぐて〜)」
まるち「はぁ(^^; あの、それで、お身体の方は大丈夫なんですか?」
へむ2「んー、かなりダメ。ぼちぼち限界。寝る。今から」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。ど、どうぞ〜」
ぴーす「ええっと・・・それでは、あの、いつお起こしいたしましょうか? あの、夕方まで寝ている訳にはまいりませんよね?」
へむ2「うん、今日は確定申告行かんとアカンからね。だからアレだー、うちの嫁が検診から帰ってきたら起こしてくれい」
ぴーす「はいっ! 了解いたしました!!」
へむ2「じゃ、そーゆー事で。ほにゃられは〜」

* と、朝の9時から12時くらいまで寝るワタシ。うう、まだまだ眠いですよセニョリータ。

*

あずさ「いいからシャキっとしなさい、シャキっと(−− ほら、お茶入れてあげるから」
へむ2「うにゃー。で、うちの嫁の方はいかがでしたか?」
まるち「あ、はい〜(^^) 順調だそうです〜」
ぴーす「今のところ男の子の可能性が高いんじゃないか、という事でした!」
へむ2「ほえ? あ、そうなの?」
ぴーす「はいっ! まだはっきりは分からないそうなんですけど、そう見えると!!」
へむ2「むう。うちの一族は野郎が多いのう、ホントに」
まるち「そうですね(^^; ご主人様のご兄弟の方も、皆様男性ですし〜」
あずさ「アンタのお兄さんの子供も男の子よね。確か」
へむ2「まあそーゆー家系なんだろう、多分。では、これからしばらくは男の子の名前、ふにふに考えてみますカー」

* とか言いつつ、ふにっと税務署出かけて確定申告。ついでに秋葉に行こうかな、とも思ったんですが・・・雨が降ってきてメンドいので、また明日ー。

*

へむ2「そして帰ってやっぱりスクリプト打ちに忙殺されるおにーさんである。うにー、疲れたー、だりー、ねみー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。無理はなさらず、どうぞお休みください〜」
へむ2「や、もーちょっとだからねー。最後までやっちゃうさー。てゆっか、今の内にやっとかんとまた今晩も寝れんくなる」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、夜寝ないよりかは今無理する方がマシだから何も言わないけど。でも、何やってるんだか。もう」
へむ2「まあまあ、そう仰らず。とりあえず、お茶でも入れてくれやがりなさい?」
ぴーす「あ、はいっ! 少々お待ちください!!」
へむ2「とにかくもーちょいですよ、ホント。今やってるのが済めば、緊急なのはもう無くなりますからね。そしたら今晩は、ぐうぐう寝るですよー」

* と、そんな感じで一日終了。スクリプト打ちも無事に終わって、ああ今日もよく疲れました、っと。

*

へむ2「さて。ところでですな」
まるち「はわ? あ、はい。何でしょうか〜」
へむ2「うん。実は昨日秋葉で、『サヴェッジ・サイエンス』つーTRPGのサプリメント・・・とゆーかシナリオ集とゆーか。そゆのを買ってきてあったんですけど」
あずさ「これ? また随分、薄いわね」
へむ2「トライアル04、『狂った歯車』・・・つまり、もう4つ目のサプリメントなんですね?」
へむ2「みたいですな。俺は基本ルール買って読んで、『こりゃ合わねぇなあ』と思ったからその後チェックしてなかったんですけど」
まるち「はわ?(^^;」
あずさ「・・・て、ちょっと待ちなさい。じゃあ何で、サプリメント買ってるのよ。しかも4つ目だけ」
へむ2「うん、前号の『ロール&ロール』にこのサプリの記事が載ってたんだ。で、それに惹かれたのでこりゃあこれだけは買わにゃあなんめぇな、と」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・何となく、嫌な予感がするからこのまま流したい気分なんだけど(−−」
ぴーす「どんな記事だったんですか? 一体」
あずさ「・・・・・・(−− 聞くし」
へむ2「うむ。今回のサプリメントはじゃね、マッドサイエンティスト集団が相手な訳よ。で、そのマッド集団が巨大ロボを作って、とゆー」
ぴーす「なるほどー。そして世界を征服しようとなさるんですね?」
へむ2「征服っつーか破壊っつーか。まあ、ポイントはその巨大ロボでな。どんなロボだと思うね?」
ぴーす「え? ど、どんな、と言いますと?」
へむ2「いや、聞き方が悪かった。どの位の大きさの巨大ロボだと思うね?」
ぴーす「え? え? それは、はい。巨大ロボ、というくらいですから50メートルとか、100メートルとか」
へむ2「ノンノン。そんなもんじゃ無いです」
まるち「はわ(^^; じゃあ、あの、ひょっとして1キロとか、ですか?」
へむ2「いんや。まだ足りない」
あずさ「どんな巨大ロボよ、それは(−− まさか、エベレストと同じで9キロ近くあるとか?」
へむ2「いやいやいやいや、まだ足りぬ」
まるち「はわわわわ(^^; そ、それは、あの」
ぴーす「ど、どれだけ大きいんですか!?」
へむ2「うむ、簡単に言うとだな。この巨大ロボ、ユーラシア大陸と同じ大きさだ」
まるち「は、はわっ(^^;;;」
ぴーす「え? え? え? えーーーーっ!?
あずさ「・・・ユーラシア大陸と、同じ?(−−」
へむ2「ユーラシア大陸の地下全てを使って作ったロボ、名付けてユーラシアロボだそーな。インドが顔で、ヨーロッパが右腕。韓国・日本あたりが左腕になる」
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「はわわ〜(^^; そ、それは、あの、なんと言いますか〜」
ぴーす「す、スゴいですね!?」
へむ2「凄いよ。そーゆー記事を読んだからサプリ買う気になった訳で、そして今日になってようやく時間が取れたんでゆっくり読んでみた訳で。やー、想像以上にステキでしたですじょ?」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか〜」
へむ2「とりあえず、攻撃方法が大陸間弾道大陸っつーだけでもぶっとんでるんだけどな。でもそれ以前に、ユーラシアロボが歩いただけで地軸が傾く。10歩歩いたらそれだけで地球の軌道が狂って太陽突入だはっはっは」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「てか、そもそも立ち上がっただけで当然ユーラシア大陸の国は全滅、その時の排気で一気に温暖化が進んで気温60度人類絶滅ときたもんだ。このシナリオ、どう進めても最後は必ず人類滅亡なんですじょ?」
ぴーす「はぅ。そ、それは、ダメですよ!!」
へむ2「ダメと言われてもにゃー。まあ、馬鹿シナリオとしては大変よろしいと思うし、たまにはこういうシナリオに触れて頭ぁ柔らかくもしとかんとなあ。そういう意味で、とても参考になるサプリメントですね?」
あずさ「参考にしなくていい(−− まったく、もう・・・」

* とゆー訳でなかなか楽しいのですが、でもこれ、18ページくらいしかなくて1200円したりします。<サプリメント>いい値段ですな、実に(笑)

-

* にゅ。

*

へむ2「さてさて。んじゃ寝ましょうか」
まるち「あ、はい〜(^^; どうぞ、あの、今日はぐっすりお休みになられてください〜」
あずさ「て言うか、今日は寝なさい(−− 絶対」
へむ2「そのつもりではありますが。しかし、何か思いついてしまうとどうなるか」
ぴーす「分かりました! では、私がドアの外で不寝番を! 出てこられたら、命がけでお止めいたします!!」
へむ2「・・・いや、そこまでせんでも。てか、うん。眠いから眠れるっすよ、多分」
まるち「はい〜(^^; 本当に、あの、そうなさってください〜」
へむ2「ういうい。であそーゆー事で・・・あ、最後に。ぱれっと4コマ第9話が公開されとります。つ事でー」

* であ今日こそホントに。お休みなさい、ぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]