まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



暴走百連発。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


[如月日記一覧] : 2006/02/01 : (コメントが2件あるにゅ)

徒然ひろまお麻雀。

* 今日は一日お仕事でした。そして色々、徒然に。

-

* 一つ目。

*

へむ2「んー。またうち鯖が一台、死んどるのう」
ぴーす「やっぱり、先週と同じサーバさんですか?」
へむ2「です。マザボかメモリかCPUか、多分その辺のどれかが死んでるんでしょうが・・・この死に方からするとマザボかなー」
あずさ「でも、いっぺん電源切って入れ直せば動くのよね? 先週はそうだったし」
へむ2「うん。その辺もややこしい所なのですが・・・まあ、とにかく帰ったらいっぺん本格的に掃除&チェックをしてみましょう」

* それで原因が分かれば良し、分かんなかったら買い換えですな。とりあえずマザボ交換して、メモリも変えて。出来ればCPUくらいは使い回したい所ですが・・・うう、Slot1時代のマザボでちゃんと動く奴、まだ秋葉に残ってるかなー。

-

* 二つ目。

*

へむ2「そんでもって、今日の推理小説は柄刀一の『殺意は幽霊館から』、と。まあ・・・特に何も言う事の無い内容ですなあ。そもそも、薄いし」
ぴーす「そうですねー。えっと(ぱらぱら) 全部で138ページ、ですか?」
へむ2「タイトルページとかもあるから、中身だけだと134ページですなあ。まあぶっちゃけ、短編。ので、これだけで判断するのもアレなんですが・・・でも、前に読んだ歴史ミステリのもあんまし、でしたしねぇ」

* とりあえず、この作家さんは切る事にしましょーか。2作読んで合わない以上、多分これ以上読んでもやっぱり合わないでしょうから。

-

* 三つ目。

*

へむ2「で、だ。今日は本気で夜まで仕事だったので、他の事する時間がとても少ないのですよ」
あずさ「て言うか(−− だから何度も何度も言ってるけど」
ぴーす「お休みになられた方がよろしいと思いますよ? やはり、健康第一ですし」
へむ2「そうは言いますがお嬢さん。えろげの一つも出来んよーでは人生生きてる甲斐が無いじゃないですか」
ぴーす「はぁ。ですけど〜」
へむ2「まあまあ。とりあえずそんなに遅くまではやりませんから、それで勘弁してください。そですな、一番さくさく進みそうな、『麻雀 英雄×魔王』をやってみるといたしましょーか」

* て事で麻雀。ふむ、なかなか出来がいいですなあ、これ。

*

へむ2「とりあえず一番目を引くのが『テンパイしたら、牌切る前に当たり牌が表示される』よになる機能ですかねぇ。リーチかけた時に当たり牌が表示されるのはよくありますが、切る前に分かるのはこりゃ便利ー」
あずさ「そうねぇ。しかもこれ、当たり牌が何枚残ってるか・・・て言うか、『何枚場に見えてないか』も一緒に表示されるし。染め手やってる時なんか、すごく便利ね」
へむ2「うん。牌の組み合わせ一切気にせずに、『これ切ったら当たり牌は全部で何枚、こっちだったら何枚だけどフリテンだ』とか一瞬で分かりますからなあ。いやいや、ほかの麻雀ゲーにも是非、取り入れてもらいたい機能ですねぇ」

* で、適当な所までやって、今日はここまで。今日はもう遅いんで、他の感想とかはまた後日ー。

*

へむ2「後はぐるネタか? えーと・・・ああ、Game-Style奢られコラムRが更新してますな」
ぴーす「そうですね・・・あ、あれ? あの、何か先月の18日にも、更新がありますよ?」
へむ2「ほえ? あ、ホントだ。やー、全然気付いてなかったなあ(ぽりぽり) ま、いいや。いずれにしても読むのは前回今回、まとめてまた後日っつー事で」
あずさ「ん(−− そうしなさい、もう2時なんだし」
へむ2「うい。まあ明日も朝からお仕事ですからにゃー。今日はもう素直に寝ますさー」

* であであそーゆー事で。お休みなさいぐー。


麻雀ひろまおフルコンプ。

* 今日もお仕事ふにふにと。なんだかんだで結局今日も夜遅くまで。

*

へむ2「て事でお疲れなおにーさんなのですが、でもそれはさておき」
ぴーす「はいっ、お疲れ様でした!! あの、お茶をどう・・・え? さておくんですか?」
へむ2「さておく。けど、お茶はいただく」
ぴーす「あ、はい! どうぞ!!」
へむ2「うい、ありがとー。で、さておいて、ですな。HOBIBOX系で先日、新しいえろげブランドスカラドギが生まれた訳ですよ」
ぴーす「はぁ。スカラドギさん、ですか」
へむ2「です。で、まあ、第一作はふつーの単なるえろげっぽいんでどーでもいいんですが。その、なんだ。おひさるサイトの方を見に行くとですなー、今後発売予定のえろげタイトルに、『逸脱2006』とかゆーのがあったりしてね?」
あずさ「逸脱・・・え。ひょっとして、あの『逸脱』?(−−」
へむ2「分かんない。分かんないけど、でも、わざわざこんなタイトル付けるって事は、かの有名なその『逸脱』関連なんじゃないかなあ、と思う次第」
ぴーす「はぁ。有名、なんですか?」
へむ2「一部地方でな。決めゼリフは『俺は射精した』。残念ながら、俺は買っただけでプレイ出来てないんじゃけど・・・人の心に長く残り続ける、ハートウォーミンなゲームらしいですよ?」
ぴーす「は、はぁ。そうなんですか」
あずさ「だから真顔で嘘をつくな(−− 凌辱ゲームでしょうが、それは!!」
へむ2「凌辱ゲーだからハートウォーミンじゃ無いっていうのは偏見だと思うー。てゆっか、心に残るのは事実ですよ?」
あずさ「そりゃあ、そんな決めゼリフが何度も何度も何度も何度も何度も何度も繰り返されりゃあ、心には残るでしょうよ(−− でも、それは世間ではハートウォーミンって言わないの」
ぴーす「え。そ、そんなに何度も、なんですか?」
へむ2「うむ。主人公はホントに何やってても射精するらしいぞ。プレイしてると一分に一度はそのセリフを見るとか見ないとか」
ぴーす「そ・・・そ、そうなんですかー。それは、あの、えっと。た、大変ですね?」
へむ2「色んな意味でな。で、そーゆー愉快な作品の続編・・・なのか何なのか、とにかく関連性を疑われる作品が出る、と。これは一つ、情報のチェックをしてみないといけませんね?」
あずさ「そんな必要は無いときっぱり言っておく。言っておくけど・・・まあ、好きにしなさい(−− 情報チェックするだけなら、別に何も言わないわよ」
へむ2「ういうい。であまあ、監視リストに放り込んでおくといたしまっしょー」

* まあ現時点ではホント、タイトルしか分かんない状況ですし。もーちょい情報出てから、色々考えましょうやーね。うん。

-

* さて。

* ほでもって、えろげ。『麻雀 英雄×魔王』の続きをふにふにと。

*

へむ2「しかし何じゃな。これやってて思うんじゃけど、フェルザーって忍耐強いよなあ。魔王なのに」
あずさ「そうね。話聞かない部下ばっかりで、よくあれで怒らないわよね(−−」
へむ2「まあ美人に甘いだけ、つー気もしますが・・・でも、ゴエリアとかベナディ相手でも一応まともに話そうとするしなあ。やっぱ、基本的に善人なんでしょうな」
ぴーす「そうですねー。何と言っても、昔はむぐっ!?
へむ2「はっはっは、それは言ってはいけない事だぞー、ぴーすー。前作、『英雄×魔王』のネタバレになるからなー?」
ぴーす「むーっ!? むーむーむー!!」
あずさ「いや、いいから手を離してあげなさい(−− そのままじゃぴーす、しゃべれないでしょ」
へむ2「おっと(ぱっ) まあネタバレ会話には気を付けましょうね、つー事で」
ぴーす「ふわ〜〜。あ、は、はい! すみませんでした!!」
へむ2「いやま、そーゆー話題を振った俺も悪かった。て事でネタバレしないよーに話題を変えて、昨日も言うたけど麻雀部分の出来がいいね、これ」
あずさ「麻雀部分って言うか、それも含めた『ゲーム部分』よね。『勝ちがつもらない』システムになってるから、敵のHPがどれだけ多くても結構何とかなるし」
へむ2「そうだねぇ。まあでもそうは言いつつも、黒オーティスのHP23万見た時はさすがにクラクラ来た訳ですが」
あずさ「それは五倍役満で瞬殺よ。長引かせなきゃ大丈夫」
へむ2「・・・と、ゆーのが冗談でなく出来てしまうあたりがなあ。すごいっつーか何つーか。まあ、イカサマ麻雀の本領発揮、だぁねぇ」

* で、がりごり進めてCG&回想フルコンプ。と、言いつつも何かまだ先がありそうなんですが・・・まあでも、その辺の考察はまた明日。今日はもう遅いのでばたんきゅーですよー。

* お休みなさい。ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2006/02/03 : (コメントが2件あるにゅ)

今年の恵方は南南東in2006。

* 今日はお仕事特に無し。で、夕方から会議だけあったんで、それに出てから帰る予定だったのですが。

*

へむ2「せんせー。帰りのひこーきが欠航しやがりましたー」
ぴーす「あの。JRの特急さんも、今は止まっておられるそうです!!」
あずさ「・・・て事は、帰ろうと思ったらこっちのこのルートだけ?」
へむ2「うん、そっちのそのルートだけになりますな。そしてそのルートを使う為には、10分後にはもう駅に向かって出発しとかないといけない、と」
ぴーす「はっ!? あの、そうしますと会議の方は!?」
あずさ「出れないでしょ、そりゃ。出てたら間に合わないんだし」
へむ2「そういう事になりますな。つまり簡単にまとめると、『会議の為だけに残っていたけど結局会議に出ずに帰らなければならない』、と。うーわすっげー無駄ー
あずさ「ま、しょうがないでしょ(−− それとも何、会議に出て明日帰る?」
へむ2「そんな無茶言うな。明日は俺、法事で里帰りだ」
ぴーす「そうですよね。今日のうちに戻って、あの、準備なさいませんと」
へむ2「まあ、持ってくもんくらいはまるちが用意してくれてる思うから、いざとなりゃ身ぃ一つでも何とかなるけどなあ。でも・・・」
あずさ「問題は、明日天気が回復してるかどうか分かんない、って所よねぇ」
へむ2「です。とりあえず無理してでも、今日中に東京までは戻っときませんと、ね」

* つっか使えねぇ(ぉ<JR>こないだの羽越線事故以来、『冬の悪天候』つーのに対してすっかり慎重になっちゃって、もー(ぶつぶつ) 前だったら動いてた思うんじゃけどなあ、このくらいの天気ん時は。

*

あずさ「いや、それもしょうがないでしょ(−− また事故起こったら、困るじゃない」
へむ2「俺の乗る電車は事故らん。ので、動かしてくれても平気なんじゃが」
あずさ「・・・・・・(−−メ だから、そのまったく根拠の無い自信はやめなさい、と何度言えば」
へむ2「ホントの事なのニー。ま、いいや。とにかく帰り道では推理小説読むよー、推理小説。多分二冊いくけど、文句は無いよねOK?」
あずさ「はいはい、まあ好きにしなさい(−− て言うか、許可してあげるから静かにしてなさい、もう」
へむ2「へーい。じゃ、岡嶋二人の『あした天気にしておくれ』からー」

* あ、でもここで回想シーン挿入(マテ ちょっとだけ時間を戻して、はいプレイバックプレイバック。

*

へむ2「きゅるきゅるきゅるきゅるきゅる。まあそーゆー訳で、今日は夕方まで暇なので。その間もーちょいだけ『麻雀 英雄×魔王』をやってようかと」
ぴーす「は、はぁ。あの、えっと。『やってよう』じゃ無くて、もうプレイされました・・・よね?」
へむ2「だから今現在ここは回想シーンだ。そのつもりで当時の会話を再現しなされ」
ぴーす「はぅ。は、はい。わ、分かりました!」
あずさ「・・・・・・(−− ふぅ。だからうるさいから静かにしてなさい、って言ってるのに、もう」
へむ2「おだまりゃ。えー、て事で『麻雀 英雄×魔王』、一応ストーリーモードはフルコンプしたんですが・・・さらに先とゆーか上とゆーか、『極めモード』つーのがあるらしいのですよ。スタッフルームのコメントによると」
ぴーす「はいー。『条件さえ揃えば、マップに出現します』とありますね」
あずさ「ん〜〜・・・・でもさ、それって」
へむ2「にょ?」
あずさ「条件さえ揃えば出てきて、それで『シナリオの本筋とは関係ないキャラクターとの対決』、なんでしょ? それって、黒オーティスの事じゃないの?」
へむ2「えー!? それは、いや、でも・・・むう。可能性としては無い訳じゃあ、無いなあ」
あずさ「でしょ? 大体・・・あー(−− やっぱ一度やった会話もっかいやるの馬鹿馬鹿しいわ。パス」
へむ2「にゃんですとー。これこれあずあず、そんなノリの悪い事でどうします!!」
あずさ「どうもしない(−− それに、結局その後プレイして、出なかったでしょ。他に『極め』っぽい物」
へむ2「そうですけどー。そうですけどー。でも、いきなり結論に飛ばないでいただきたいー」
あずさ「うっさい(−− あんまりガタガタ言ってると、『ストーリーモードクリアした所でフルコンプ扱いにする』約束も反故にするわよ」
へむ2「や、それは困ります! それをされると今月えろげが買えないってゆーか、だからそれもさっきの結論から続く会話でね!? そやって一足飛びなのわー」
あずさ「で、どうするの(−− 反故にしていいの?」
へむ2「・・・ダメです。くそーう、侘び寂びの心の無いお嬢さんめー」
ぴーす「あ、あの。ここは本当は電車の中ですから、あの、もう少しお声を」
へむ2「にゃうー。ふーんだいいもいいもー。推理小説、隅っこで一人で読んでるもー(いぢいぢ)」
あずさ「だからそうしてなさいっつってんでしょが(−− あー、ようやく静かになるわ」
へむ2「・・・くそーう。いつかその内、仕返ししてやルー」

* て事で推理小説。途中、『しまった切符どっかで落としたよ!?』イベントをはさみつつ、さきほど挙げた『あした天気にしておくれ』を読了。及び、泡坂妻夫の『11枚のとらんぷを途中まで。ああそうだ、そーいや書き忘れてました(つーかその余裕が無かったんですが)が、昨日の時点でえろげしながら折原一の『鬼面村の殺人』も読んどりますな、俺。

*

あずさ「・・・ドジ(−−」
ぴーす「す、すみません! 私がもっと気を付けていれば!!」
へむ2「いやまあ、切符持ってたんは俺なんで別にぴーすが謝る事ではってゆーか、せっかく話を逸らしてあずあずをうまく誤魔化した所なんですから、そこで話を蒸し返さないでいただきたい。むしろ」
ぴーす「はぅっ。す、すみませんっ!!」
あずさ「誰が誤魔化されてるかっ!!(−−メ まったくもう、単に電車乗って降りるだけの間なのに、どうやったら切符落とせるの!!」
へむ2「いやー。電車乗ってから切符見た記憶が無いんで、多分ホームにいる内に落としたんじゃね、あれは。電車の時間確認した後、なおし忘れたと見ました」
あずさ「他人事みたいに言うな(−− まったく、余計な出費を・・・」
へむ2「まあ、紛失扱いで切符買い直しましたので。前の切符が出てくれば、お金も返ってくるそうですよ?」
あずさ「・・・・・・(−− 出てくると思ってんの?」
へむ2「まず無理ー。そもそもホントにホームで落としてたら、そりゃもう確実に風に飛ばされて雪に埋もれてる、とゆー状況になるでしょう。春までは出てきませんな、多分」
ぴーす「はう〜。や、やっぱり私がきちんと気を付けていれば〜。うう、まるちさんに合わせる顔が〜」
へむ2「いや、まるちが代わりに居ても結果一緒じゃろから、別に気にしないでいいと思うぞー。てゆっかですな、失敗してもそれを糧に次は成功すればいいんです。過去に捕らわれるのは良くないですじょ?」
あずさ「だから他人事みたいに言うな張本人(−− まあでも、ぴーすは気にしなくていいわよ、ホントに。悪いのは全部この馬鹿なんだから」
ぴーす「う〜〜・・・ですけどー」
へむ2「はっはっは。まあとにかく、話を戻しましょう。推理小説ですが、『あした』はなかなか面白かったですな。身代金受け渡しトリックは、『なるほどー』と感心してしまいました。まあ現在では通用しませんけど、その辺は昔作品読む上ではよくある事ですしね」
ぴーす「う〜〜〜〜〜・・・」
へむ2「だから気を取り直せとゆーに。後ろ向きはいかんよ、君」
ぴーす「・・・はい〜。次からは、あの、頑張ります!!」
へむ2「ん。で、次は『とらんぷ』ですが・・・これは読み終わってないので置いといて、『鬼面村』ですがね」
ぴーす「あ、はい。いかがでしたか?」
へむ2「ん〜〜・・・そうな、それなりには面白かった。ただ、なあ」
ぴーす「ただ?」
へむ2「やー。その、何だ。『半月より細い月』が同じ晩の、夕暮れと明け方両方の空に浮かんでる、つーのはありえねぇだろ、と、強く主張したい。どーもなあ、世の中『月齢による月の出・月の入り時間の変化』をきちんと考慮してない作品が多くって」
あずさ「半月より細い月? ああ、それは確かに一晩中は出てないわねぇ」
ぴーす「そうですね。上弦の月ですと大体夕暮れから夜の12時まで、下弦の月ですと夜の12時から明け方まで、ですし」
へむ2「まあ、これが単なるえんたーていんめんつな小説なら構わんよ? でも、推理小説では月の満ち欠けによる変化は時間系トリックのネタになるんじゃからさー(ぶつぶつ) もうちょっと気ぃ使って欲しいって思うのなー」
あずさ「時間系トリック?」
へむ2「実は寝て起きたら数日経ってました、とかそーゆーのだ。いや、実際にそういう作品があるのかどうかは知らんけどさ」
あずさ「・・・いや、知らないってアンタ(−−」
へむ2「実際にあるか無いかは関係なく、推理小説まにやってのはその辺まで意識を馳せる、とゆー話ですよ。少なくとも俺は、作中で『夜、月の明かりに照らされて何々が見えました』的発言があればまず月齢を考える。正確な日付が出てりゃあ、そこから現実世界の月齢も調べ上げて比較する」
ぴーす「はぅ。そ、そこまでされるのですか?」
へむ2「するよ。で、証言との食い違いがありゃあ容疑者候補に俺内部で格上げだ。読者はそれくらいの事はする連中ばっかだ、とゆーのを推理小説作家は考慮しといていただきたい物ですなあ」
あずさ「・・・・・・(−− 『ばっか』じゃないと思うわよ、とりあえず」
へむ2「えー。だって俺がやるくらいなんですじょ? 他の人もやるでしょ、普通に」
ぴーす「や、やりますか?」
あずさ「私はやらない(−− 世間はどうか知らないけど」
へむ2「世間ではきっとやってます。とゆー訳で、そういう細かい所に気ぃ使ってないあたりが減点だ。とは言え、トリックとしてはそれなりに見る所もあったから・・・まあ、後二冊ほど読んでから決めましょうか。この先もこの作家さん、買い続けるかどーかは」

* 後、余談ですが。『月の明るさ』についても多少考慮して欲しいって思うのココロです。<推理小説>都会が舞台なら別に構わんのですけど、人家や街灯の無い山の中とかですとねぇ。月齢によって全然明るさ違ってくるんで、もーちょっと、ね。

-

* さて。

* ほでもって23時過ぎ、ようやく帰宅。なんとか日付が変わる前に帰り着きましたー。

*

まるち「お帰りなさいませ、ご主人様〜(^^; あの、今日は随分と大変だったみたいですね」
ぴーす「す、すみませんっ! 私が、あの、至らないばっかりに!!」
まるち「あ、いえいえ(^^; 別に、あの、ぴーすさんを責めてる訳では〜」
へむ2「てゆっか、だから気にするなっつーに。ついでに一つ、いい事教えてあげよう。ぴーすが喜ぶいい事だ」
ぴーす「? わ、私が喜ぶ事、ですか?」
へむ2「うん。無くしたハズの切符じゃけどね、上着脱いだら裏から出てきた。さっき」
ぴーす「・・・は?」
あずさ「あ?(−−」
まるち「はわ?(^^;」
へむ2「やー(ぽりぽり) 何かすっげ微妙なバランスで引っかかってたみたい。さっき探した時、いっちょチェックしたハズなんだけどなあ」
ぴーす「・・・・・・」
まるち「はぁ(^^; あの、それは、ええと。よ、良かったですね、ご主人様」
へむ2「うん。とゆー訳で、何も気にする事無いよ。本気で」
ぴーす「あ・・・あの、はい! あ、ありがとうございました!! あの、本当に、良かったです!!!」
あずさ「て言うか、本気で馬鹿かアンタはっ!!(−−メ そのくらい、無くした所で気付いとけーーーーっ!!!」
へむ2「とか言われましても。気付かなかったもんは気付かなかったんじゃもん、しょーがないじゃんさー」
あずさ「しょうがないで済ますなっ!!(−−メ あー、もう!!」
へむ2「アレじゃなー。寒いからさ、移動中はずっと上着の前閉じてたのな。だから途中で落ちてこなかったんじゃね」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。えっと、と、とにかくこれで、お代金の方は戻ってこられるんですね?」
へむ2「うん。んだからまあ、結果オーライって事で。で、恵方巻き食べましょう、恵方巻き。日付が変わる前に」
まるち「あ、はい(^^; あの、準備は出来てます〜」
へむ2「ん。ほら、あずあずも怒ってないで食べましょーや。それとも、晩飯抜く?」
あずさ「・・・・・・(−−メ 食べるわよ。食べるけど、後で小一時間説教だからね」
へむ2「うん、その辺は半分聞き流しながら聞きます。えーと今年の恵方は南南東だから、あっち。んじゃいただきまー」
あずさ「・・・・・・(−− いただきます」
へむ2「・・・・・・(もぎゅもぎゅ)」
あずさ「・・・・・・(もぐもぐ)」
ぴーす「・・・・・・」
まるち「・・・・・・(^^)」
へむ2「・・・・・・(もぎゅもぎゅ)」
あずさ「・・・・・・(もぐもぐ)」
ぴーす「・・・・・・」
まるち「・・・・・・(^^)」
へむ2「・・・・・・(もぎゅもぎゅ)」
あずさ「・・・・・・(もぐもぐ)」
ぴーす「・・・え、ええっと〜(ひそひそ)
まるち「あ(^^; あの、もう少しですから〜。どうか、おしゃべりにならずに〜(ひそひそ)
ぴーす「は、はい
へむ2「(ごっくん)うい、ごちそーさまでした。つかさ、別に君らはしゃべっていいのよ? あくまでこれは、『恵方を向いて太巻き寿司を黙って食べる』のが儀式なんじゃから。黙ってるのは食べてる俺らだけでいーのよ」
あずさ「ん、ごちそうさま(−− あー、お茶ちょうだい、お茶」
まるち「あ、はい、どうぞ〜。ええと(^^; ですけど、あの、ご主人様方がお黙りの時に、私たちだけ、というのもちょっと〜」
へむ2「ふむ。そういうもんかね?」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「でも、黙ってると間が持たんじゃろ? なあ、ぴーす」
ぴーす「あ、はい。あ! いえ、ですけど、あの、それが儀式でしたら、はい! あの、私、知らなかった物ですから」
へむ2「知らんのかい。いや、まあ、知らんか。元々関西の行事じゃもんなあ」
あずさ「そうね。最近は何かメジャーになってるみたいだけど、それでも基本的にはローカル物よねぇ」
へむ2「俺的には節分のとても大事な行事なのですがー。ま、とにかくこれで一年の無病息災家内安全、俺様超ハッピーは約束されましたですよ?」
まるち「はい〜(^^; 今年はお子様もお産まれになりますし、本当に、あの、よい一年になりますかと〜」

* とゆー訳で、今年も無事に恵方巻きイベントしゅーりょー。最近はホント、これも大分メジャーになりましたなあ。

-

* さてさて。

* 最後ぐる。数日分をまとめて、速攻で。

*

へむ2「えー。緑茶節分絵ろすくり、新しく出来たスタッフ紹介が結構愉快。武礼堂、久々にゆるみさん更新。hueうぇぶいろもん。いろよん更新で大掃除お疲れさまー。以上」
まるち「はわ(^^; ほ、本当に一瞬でしたね、今日は」
へむ2「まあ、時間かけてる余裕が本気であんまし無いので。あ、後lightの新作『ルナそら』がロボ娘物っぽいので一応この先要チェックだ。じゃ、そういう事で寝ますぜー」
まるち「あ、は、はい(^^; お、お休みなさいませ〜」
ぴーす「お休みなさいませ! 今日はゆっくりお休みになられて、疲れをお取りください!!」
あずさ「明日はアンタ、里に帰るんだからね(−− 忘れるんじゃないわよ」
へむ2「忘れないー。ほであ、そーゆー事で」

* お休みなさい。ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2006/02/04 : (コメントが5件あるにゅ)

大宇宙の真理に思いを馳せる哲学者の如く。

* 朝っぱらから真剣に考え込んでるおにーさんでありました。まる。

*

あずさ「・・・・・・(−− 何なの。さっきから、一体」
へむ2「うむ。問題は、その机の上にある割り箸なのだ」
まるち「はわ?(^^; あ、ええと。あの、その割り箸が、何か?」
へむ2「うん。俺が火曜日、仕事に行く前は無かったからさー。その後、お店で買い物した時に貰ってきた、でいいんだよね?」
まるち「あ、はい(^^; えっと、昨日、お寿司屋さんでお買い物をした時に、はい。いただきました〜」
へむ2「だろうな。それは予想通りだ。でもな? だから問題なんだよ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「と、言いますと?」
へむ2「だからさ。昨日の買い物、つー事は恵方巻き買った時についてきたもんだろう。そう推測は出来るんじゃけど、しかしな。なんで恵方巻きに箸つける? 要らんだろ、どう考えても」
ぴーす「あ」
まるち「はわ(^^; そ、そう言われれば、確かに〜」
へむ2「恵方巻きと一緒になんか別のもん買った訳じゃ無いよな? 一応確認しとくけど」
まるち「はい、あの、恵方巻きさんだけです〜(^^;」
へむ2「だったらやっぱ、要らんだろ。恵方巻きは丸かぶりするもんなんじゃから」
あずさ「ん〜〜・・・まあ、言ってる事は分かるけど。でも、単に店の人がルーチンで入れてるだけでしょ。物によって入れる入れない、だと間違える原因だし」
へむ2「そうかしれんが。でも、そのくらいは気ぃ使ってもらいたいって思うぞ? 『おや箸がついてる。じゃあ切ってお箸で食べよう』とか思う人が出たらどーすんだ」
あずさ「そういう人は元々恵方巻きに思い入れ無いんだから、切って食べても全然気にしないでしょ(−− 問題無いわよ」
へむ2「うおー、日本の伝統行事が壊されていクー。いや、伝統って程の伝統はありませんけどね!?」
あずさ「だったらいいでしょ(−− 流しなさい、素直に」
へむ2「うにゅー。ま、いいや。あいあい、そいじゃ時間なので出かけまっしょー」
まるち「あ、はい〜(^^)」
へむ2「て事で。あずあず、ぴーす、留守は任せた!!」
ぴーす「はいっ! 行ってらっしゃいませ!!」
あずさ「向こうで粗相するんじゃないわよ(−− 後、忘れ物も無いわね?」
へむ2「俺は知らん。その辺はまるちにお任せだ!!Σd(>ω<)」
まるち「はわ(^^; あ、はい〜。だ、大丈夫です〜」
あずさ「・・・・・・(−− ま、いいわ。行ってらっしゃい」
へむ2「へーい。それであ、れっつぅらごー」

* とゆー訳で、この週末は親戚の法事があるので田舎に向かってごーあうぇい。でもその前に、ちょとだけ秋葉寄りー。

*

へむ2「よし、まず今日の目的を再確認しよう。まず一つ目、ニンテンドーDSの新しい奴の予約が始まってるかどうか確認する」
まるち「はい〜(^^) 奥様への、お誕生日のプレゼントですね?」
へむ2「です。んで二つ目、ぺんちあむ3の866MHz物を中古パーツ屋で探す」
まるち「はい〜(^^; そちらは、あの、サーバさんの物ですね」
へむ2「です。昨日ざらっとチェックしてみた結果、どーもCPUファンが一番疑わしい気がするのでとりあえず交換してみよーかと。問題は、Slot1のPenIIIは果たしてまだ街に残ってるのか? とゆー所ですな」
まるち「そうですね(^^; 残っておられると、あの、よろしいのですけど〜」
へむ2「そんでもって三つ目。ゲヘナの新システムが発売になってるのでTRPG関連の店行って買ってくる。以上」
まるち「はいっ!(^^) 頑張りましょう、ご主人様〜」
へむ2「ういうい。そーれーでーは、スタートですにょー」

* 結果。DSの予約は始まってませんでした。866のPenIIIはまともな奴が一つだけ見つかりました。ゲヘナは普通に購入完了。DS予約が始まってなかったのは残念でしたが、まあ一応目的は果たせたと言えましょう。

*

へむ2「ただし。同時に、次サーバが壊れたら後が無ぇなあ、とゆーのも分かってしまいましたね」
まるち「そうですね(^^; CPUさんもそうですけど、マザーボードさんが〜」
へむ2「すっかり無くなってるんだよなあ、Slot1時代の。Socket370ならまだ少しはあるんじゃけど・・・ただ、Socket370に変えるくらいなら本気で新しいのにするべきかなあ」
まるち「はい〜(^^; その方が、あの、よろしいかと〜」
へむ2「だよなあ。今後のHDD容量増加の事考えるなら、S-ATA使えるのに変えるべきだし。ただなー、そのクラスのでもPen4は使いたくない、つーのがあるからなあ。それを外すとどーもこー」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「いや、冗談抜きで爆熱女王を鯖にする訳にはいかんのよ。なんでやるならPentiumM・・・なんじゃけど、そうなるとまた選択肢がなあ」
まるち「お値段の方も、あの、ちょっとまだお高かったですよね(^^;」
へむ2「うん。だからやるなら、妥協してCeleronMか? ただ、うちの家鯖は今までセレ系とは無縁を貫いてきたからなあ。出来ればPentium純血は維持したい所ではある」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですか〜」
へむ2「ん〜〜・・・ま、いいや。とりあえず家帰ったらCPU入れ替えてみて。で、直ればよし、直らなかったらまたそん時考える。次壊れた時も同様だ。その時点の相場その他を見て、臨機応変に考えよー」

* に、しても。秋葉、随分と中古パーツ屋さんが減りましたなあ。まあ、これも時代の流れ。しょうがないんでしょうけど・・・でも何つーか、秋葉がどんどんどんどん不便な街になってく気がしてならず。とほほのほー。

-

* にゅ。

*

* さて。そんでもって、秋葉の後はふらいんぐひこーき。昨日から引き続き、な泡坂妻夫の『11枚のとらんぷ』も無事読了。

*

へむ2「あー。犯人・・・てぇかトリックはすぐに分かりますな、これ。つか、作中にタイムテーブルがある時点で本文読まなくても以下略」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「まあでも、それが分かった上でなおかつ真相は一捻りしてあって楽しかったです。満足☆」

* あい、じゃあ今日はここまでー。里に帰っちまうと日記書いてる間ぁがないので、後は以下略、ですにょん。

*

へむ2「とか書きつつ、実際の日記Upは夜中になる訳だけどナー」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけどそれは、あの、Upなさるお時間も無かった訳ですから〜」
へむ2「うん、しょーがないんですけどね。まあとにかく、そーゆー事で。」

* お休みなさい。ぐぅ。


予行演習わんつーすりー。

* 今日は法事ー。つー訳で。

*

へむ2「ぬおおおおー。正座してた足が! 足が!!」
まるち「はわわわわ(^^; あ、あの、おさすりしましょうか?」
へむ2「いやむしろ、今は触らないデー。うぐぐぐぐぐぐ」
まるち「はぁ(^^;;; ええと、あの、は、早く痺れが無くなりますと、良いですね」

* とか。

*

へむ2「げふー。お腹いーぱーいー。てか食べ過ぎー」
まるち「はい〜(^^; あの、お疲れさまでした〜」
へむ2「やー。なんで法事の時の弁当って、ああも豪華なのかね?」
まるち「さ、さあ(^^; 何故でしょうか〜?」
へむ2「残すのももったいないんで食うけどな。でも、それにしても量が多すぎー」

* とか。

*

へむ2「ふむ。親戚の子が1歳2歳3歳と、綺麗に並んでおりますな」
まるち「はい〜(^^) 皆様、お可愛くて〜」
へむ2「つっか未来に向けての予行演習だなあ、俺気分としては。なるほど、1年毎にこれくらいずつ成長して、こんな感じになる訳だ」
まるち「あ(^^) そうですね、ちょうど、あの、はい〜」
へむ2「なるほどなるほど。ふむ、ではその辺を踏まえつつ、お子たちと遊んできましょーか」

* とか。そんな風に過ごして、夕方には東京向けてれっつらごー。飛行機の中では島田荘司の『死者が飲む水』を読むですじょー。

*

へむ2「あああああ、でもやっぱ『刑事』は頭が固くていかん。頼むから、出てこい御手洗ー
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「てゆっかおにーちゃん的には第一章の時点でメイントリックがほぼ全部分かってたりする訳で。大変歯痒ぃのでその辺理解してくれやがりなさい、お嬢さん」
まるち「はわ(^^;;; はぁ、あの、えっと。は、はい〜。お気持ちは、あの、ええっと〜」
へむ2「そこで口ごもらずに素直に同意して欲しいって思うおにーさんダッ!! ま、しかし。結局の所刑事物っつーのはどうしてもこういう形式になっちゃうんだろうなあ。地道な捜査メラ万歳、な世界なんじゃし
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「いいやいいや。次はちゃんと名探偵物読もうな、名探偵物ー」

* あい。ほいでもって帰宅、っと。

*

へむ2「ただいまー」
あずさ「お帰り」
ぴーす「お帰りなさいませ! お疲れさまでしたっ!!」
へむ2「あいあい。で、じゃね。とりあえず鯖のCPU入れ替えをやろーね」
ぴーす「あ、はい!」
まるち「これでサーバさん、治られると良いですね(^^;」
へむ2「いいねぇ。ま、でもその辺はとりあえず一週間ほど動かして、様子見じゃねー」

* つっか、これで治らんかったら本気でマザボ交換になる訳で。そしてそれはとてもややこしい話になる訳で。直ってもらいたい物ですなあ、本気で。

-

* にゅ。

*

へむ2「さて。じゃあ寝ますかね」
あずさ「そうね。明日も早いんだし、そうしなさい(−−」
へむ2「へーい。であ、今日はここまでー」

* お休みなさい。ぐぅ。


十六うぃーく。

* 朝。

* お出かけごー。

*

ぴーす「行ってらっしゃいませ! 今日もお仕事、頑張ってください!!」
へむ2「ほえ? あれ、ぴーすは来んの?」
ぴーす「あ、はい。あの〜〜・・・こ、今週はまるちさんと交代しようかと。その、えっと」
へむ2「・・・ひょっとして、まだ先週の事気にしとるのかね?」
ぴーす「いいいいえ! そそそ、そういう訳では!? あの、まるちさんと一緒の方がよろしいのではないかと!?」
へむ2「思いっきり気にしてる様にしか見えんぞ、おい。つか却下だ、俺が気にするなっつーんだから気にすんな」
ぴーす「はぅ。は、はい〜」
へむ2「確かにまるちと一緒、は心躍る提案だけど、今のタイミングじゃなー。とりあえず、失敗がどーしても気になるなら、その分頑張って名誉挽回する事。後ろ向きな逃げは認めん。おけ?」
ぴーす「は、は、はいっ!!」
へむ2「つー訳ですまんがまるち。いつもいつもで悪いけど、今週も留守番よろしくだ」
まるち「あ、はい〜(^^; あの、私の事はどうか、お気になさらず〜」
あずさ「んー。何だったら、私が留守番してよっか? その方が私も楽だし・・・あ、ダメダメ(−− やっぱダメ。今週はアンタ、ゲームの購入検討やるからほっとくと何決めるか分かんない」
へむ2「・・・信用無ぇなあ、おい。まあでもアレだ、確かに交代でお休みあげたい気分でもある。なんで、誰が留守番するかは来週、またちょっと考えよーでないかね」
あずさ「来週って言うか今週末ね。まあ、くじ引きでもしましょうか」
へむ2「そうですなあ。じゃ、そーゆー事で行ってきまー」
まるち「はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ〜」

* そんで途中コンビニ、ヤンマガチェック。

*

へむ2「ほえ? おやカイジ君、『戻ってきて、伏せられた牌を見た』だけで、自分が裏切られてるのを確信しましたな」
あずさ「したわねぇ。て事は、牌に何か仕掛けがしてあったのね」
へむ2「髪の毛乗せてあったとか、わざと少し傾けてあったとかですか? まあ、そうなんでしょうなあ。多分」
ぴーす「はぅ〜。でも、本当に裏切っておられたんですね。三好さんと前田さん」
へむ2「いやまあ、その辺かなり前から明確風味でしたし。それ自体は驚く事でもないんですが・・・はて? しかし、そうなると」
あずさ「ん? どうかしたの?」
へむ2「いや。ひょっとして、最初から謎の坊ちゃん登場は計画のうちだったのかなあ、と。つまりカイジ君が文無しなのを重々承知の上で、博打に引きずり込んだ?」
ぴーす「え。え? あの方が来られたのは、偶然じゃ無かったんですか? 店長さん、ビックリされておられましたし」
へむ2「それも演技のうちでないかい、と思うんだけどな。つまり、最初から目的は『カイジ君にでっかい借金背負わせて、もっと大きな博打に馬として送り込む』だったんではないかと」
あずさ「・・・ああ、確かに。そう考えた方がすっきりはするわねぇ」
へむ2「んー。しかしそうなると、話の流れ的にはカイジ君、絶対負ける事になるなあ・・・みゅう」

* でもここであっさり負けちゃうのもそれはそれでどーかと。うーむ。

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* 帰宅。今日の移動のお供は我孫子武丸、『0の殺人』。犯人候補が一番最初に4人示されて、しかも『絶対この中にいます』宣言があるとゆー、読者と作者の知恵比べを主眼においた作品ですな。

*

へむ2「ふむ。とは言えまあ、分かりやすいネタなので騙されはしませんが・・・でも、騙された方が楽しい作品でもありますな。これ」
ぴーす「はぁ。騙された方が、ですか?」
へむ2「うむ。まあ推理小説にはパズルの要素とエンタテインメントの要素があって、つまりこれはどちらかとゆーとエンタテインメント寄りだとゆー」
ぴーす「は、はぁ。な、なるほどー?」
へむ2「・・・えーとだな。まあ、簡単に言うと手品の様な物さぁね。『その手品のタネはこれだ!』て有頂天で指摘するよか、『わー不思議ー』て感心してた方が楽しいだろ?」
ぴーす「あ。なるほど!」
へむ2「つまりエンタテインメント寄りってのはそーゆー事だ。綺麗に騙してくれると嬉しいんだよ、人間、やっぱね」

* とゆー訳で騙されなかったのがとっても残念なのですが、それでも結構楽しかったですにょん。<0殺>おにーちゃん、満足☆

-

* 夜。

*

へむ2「さて、そんでですな。うちの嫁も、いよいよ今日で妊娠16週に突入な訳で。あ、ただいま」
まるち「はい〜(^^) お帰りなさいませ〜」
へむ2「で、16週と言えばつまり5ヶ月。いわゆる安定期っつー奴な訳ですよお嬢さん」
ぴーす「はいっ! えっと、私調べたんですけど、ここまでくれば流産の危険性はぐっと下がるとか!!」
へむ2「うん、らしいですな。つわりも軽くなるし、これからしばらくはそれなりに安心して見てられるとゆー物です」
まるち「はい〜(^^) このまま順調ですと、良いですね」
へむ2「良いですねぇ。あ、ちなみに5ヶ月入ったら『戌の日』に帯祝いとゆーのをやるそーです。ので、26日の日曜日にやりましょーね」
あずさ「ホントはそれ、5ヶ月入った最初の戌の日、らしいけどね。まあ・・・でも、そうすると火曜日だし」
へむ2「うむ、それだと俺がいべんつに参加出来んのでいやん。26日に、帯巻いて近所の神社にお参りにいきまっしょー」
ぴーす「はいっ!」
まるち「はい〜(^^) 帯の方は以前に水天宮さんで頂いてまいりましたし〜、そちらをお使いになられれば〜」
へむ2「うん、それでおっけーでしょう。であ、そーゆー事で」

* んじゃ最後ぐる。まとめてさらっと。

*

へむ2「・・・最近、『さらっと』ばっかだなあ」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、もう遅いですし〜」
あずさ「いいからとっととやる事やって、とっとと寝なさい(−−」
へむ2「にゃあ。であぱれっと4コマ更新第7話。今回のシリーズはちゃんとオチが付いてるのが多くて、普通に面白いですな」
あずさ「はいはい(−− 次々」
へむ2「・・・いや、もうちょっと余韻とゆーかなんとゆーか。まあいいや、で、蛇ノ道ハ蛇ソフト。『光撃少女ファルセリオン』マスターアップのお知らせ。ちなみに通販特典が今日までなんで、先に予約だけ入れときますじょ?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、いいでしょう。ノルマはクリア出来てる訳だし」
へむ2「ういうい。そんで今月分の残り2本は木曜にまた検討する、つー事で。最後はhueうぇぶいろねー」
ぴーす「あ、はい! えっと、4コマ漫画更新、ですね?」
へむ2「です。ちなみにメグ姉様のビックリマークがフキダシと重なってて見にくいので、もーちょいズラした方がいいと思います。まる」

* んじゃ今日はここまで。お休みなさい、ですにょー。


胡蝶どりーむ。

* 朝。

* 眠いわ寒いわー。

*

へむ2「とゆー訳で、朝っぱらから大層切ないおにーさんである」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「寒いのはまあ天気の事だからしょうがないけど(−− 眠いのはきっぱりアンタの自業自得でしょ」
へむ2「何の事ヤラッ! つーか今俺、マジ気で眠いんですけど二度寝していいっすかね?」
まるち「はわっ!?(^^; そ、それは、ご主人様〜」
ぴーす「だ、ダメです! あの、そうおっしゃらずに起きてください!!」
あずさ「て言うか、寝言ほざくな(−−メ 起きるまで殴るわよ、あんまりグダグダしてると」
へむ2「うおにょれー。しょうがねぇなあ、もう(ぶつくさぶつくさ)」
まるち「はぁ(^^;;; あの、えっと、そう仰らず、あの、が、頑張ってください〜」

* まあとりあえずお出かけです。ひこーき乗って、れっつらごー。

-

* 昼。

* お仕事ー。へろりんレベルすりー。

-

* 夕方。

* まだまだお仕事ー。へろりんレベル、さらに上昇してふぁいぶー。

*

へむ2「ちなみにレベル10になったら倒れるね、俺」
あずさ「つまりまだまだ余裕あるって事よね(−− じゃあ働きなさい、馬車馬の様に」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「何よ(−−」
へむ2「えー。知ってますかお嬢さん。ぎゃるげとかだと、ストレスメーターはMAXまで溜めちゃいけないんですよ? 適当な所でガス抜きするのがゲーム攻略のコツってゆーかー」
あずさ「ゲームじゃなくて現実でしょ、アンタが今いるこの時この場所は(−−」
へむ2「ふっふっふ、それはどうかな! もしかしたら今の俺達は蝶の見てる夢かもしれませんじょ!?」
ぴーす「あ、知ってます、それ! 『邯鄲の夢』ですよね!!」
へむ2「いやそれ違う。それは一生分を夢で経験して目ぇ覚ましたら一瞬でした、とゆー故事だ」
ぴーす「え!? あ、あ、あれ? あ、す、すみません!! データベースに、あの、ミスがあったみたいで」
へむ2「・・・イルファも似たよな事言うとったけどなあ。ひょっとしてHMシリーズ、実はこっそりブートストラップのあたりにドジっ娘属性ウィルスでもいるんじゃねぇか? 代々、漏れなく」
ぴーす「そそそ、そんな事はありません! ウィルスチェックはきちんとやってます!!」
へむ2「どこまで信用して良い物やら。まあともかく、蝶云々は『胡蝶の夢』な。ちなみに蝶の夢、とゆーのは当然蝶人パピヨンの夢の事で」
あずさ「嘘をつくな(−−メ て言うか、そんな夢は見たくない! きっぱり!!」
へむ2「あ、いや。元々の故事を鑑みるなら、この場合蝶の夢っつーのはパピヨンが出てくる夢じゃあなくてこの世界はパピヨンが見てる夢である、とゆー風に解釈するのが筋であってですね?」
あずさ「やかましい(−−メ いいからとにかく、仕事の続きをしてきなさいっ!!」
へむ2「にゃー。であもうひと頑張り、いってきまー」
ぴーす「あ、は、はい! が、頑張ってくださいませ!!」

* ちなみに全然関係有りませんが、あの作品の最萌えキャラはハンバーガー屋のお姉さんだと思うおにーさんでありました。最後も出番があって良かったなあ、お姉さん(笑)

-

* 夜。

* あい。お仕事しゅーりょーまた明日ー。

*

へむ2「さて。そんでもって、今日は二階堂黎人の『吸血の家』を読んだ訳ですが・・・うむ、なんとゆーか。役に立たんな小娘
まるち「わ。そ、それは、あの、えっと?」
あずさ「・・・またそういう、ストレートな言い方を(−−」
へむ2「だってー。この小娘ときた日にゃ、『容疑者が自分の親類だから客観的になれない、洞察力が鈍る』とかほざきやがるんだぞ? で、その結果結局ほにゃららは取り返しの付かない事になった訳で、それを役立たずと言わずして何と言えと」
あずさ「・・・・・・(−− いや、そりゃ人間なんだから。その位目が曇ったりもするでしょ、身内に対しては」
へむ2「名探偵がそんな人間的でどーします。名探偵たるもの、もっと人間的に壊れてませんと」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「・・・えーと。いや、真面目な話ね? 二階堂蘭子、どーも行動に一貫性が無いとゆーか腰が据わってないとゆーか。理性第一主義なのか情に流されるタイプなのか清濁併せ呑める娘なのか、なんか見るたびにびみょーに行動方針が変わってて、その辺がどーにも、ねぇ」
ぴーす「そ、そうなんですか?」
へむ2「俺の目にはそうとしか映らん。まあキャラが固まりきってないだけなんかもしれんが・・・でも、やっぱ好きになれんなあ、キャラ造形としては」

* 後おまけ。あの真相だと、24年前の事件の際の凶器から指紋が出てくるんじゃないかと思うんですが、どーでしょー。まあ『書かれてない所で指紋ぬぐい取ってた』のかもしれませんが、それだとちと、その場でのほにゃららの心理状況には合わないよーな。うーむ。

-

* にゅ。

* まあ、とにかく。今日も今日とてお休みなさい、ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2006/02/08 : (コメントが4件あるにゅ)

びきにあーまー。

* 今日は一日お仕事でした。そんでもって推理小説は西澤保彦、『七回死んだ男』をふにふにと。『同じ一日を九回繰り返してしまう』とゆー体質の少年がおじいちゃんが殺されてしまうのを防ごうと奮戦するお話でござーい。

*

へむ2「・・・あ。あーあーあー、あーはいはい! はいはいはいはい、はいはいはいはい!!」
あずさ「あ?(−−」
ぴーす「わ。あ、あの、どうかなさったんですか?」
へむ2「いや、話のメイントリック・・・とゆーかギミックが分かったもんで。あーはいはい、そーゆー事カー。すげぇ納得出来たんで思わず口に出して言いてぇ気分ですよお嬢さん」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうですか」
あずさ「・・・何だかよく分かんないけど(−− でも、言っちゃダメなんでしょ、それって」
へむ2「ダメですな。ああでも言いてぇっ! ほにゃららがほげほげなんだって主人公に教えてやりてぇ!! うわーウズウズするー
あずさ「・・・・・・(−−」
ぴーす「え、えっと。あの、と、とりあえず最後まで一気にお読みになられてはいかがでしょうか!? あの、口走ってしまう前に!!」
へむ2「ああ、そうだねぇ。最後までいきゃさすがに主人公も気が付くだろーし」
ぴーす「でしたらあの、さっそく!!」
へむ2「うい。であ読んでいきまっしょー☆」

* そして読了。推理小説としては・・・『動機探し』が途中、メインの謎になってるあたりがちと減点ですが。<ほら、俺って動機を全然気にせんタチですし>でも、仕掛け自体はとってもナイスでございました。殺人事件その物よか面白かったですよ、この謎(笑)

-

* にゅ。

* さて。そんでその後はえろげ、っと。まずは先週に引き続き、『麻雀 英雄×魔王』。

*

へむ2「これのフリー対戦モード。それに出現するキャラを全部出しとこーかと。はっきり言って、出現させた所で楽しい事何も無いんですけどねー」
ぴーす「はぅ。そ、そ、そんな事無いと思いますよ? ほら、キャラウィンドウが綺麗に全部オープンすると、見てて気持ちいいじゃないですか!!」
へむ2「まあねぇ。つか、歯っ欠けは非常に気分が悪い。だからこそ、こうやって延々プレイしてる訳ですが・・・」
ぴーす「はいっ! 頑張ってくださいっ!!」
へむ2「でもなあ、その為に野郎四人で卓囲まんといかん、つーのがどーにもこー。なんでわざわざコンピュータ麻雀で、こんな色気の無い事せんとアカンのだ(ぶつぶつ)」
あずさ「それはね(−− アンタが男キャラばっかり後回しにしてるからよ」
へむ2「だって男キャラなんぞ相手にしてても楽しくないんですものー。えいちくしょ、せめて自分キャラだけでも女キャラ、使うかなあ・・・」

* とか言いつつ、まあ何とか終了。<フリー対戦全キャラ出し>あい、じゃあ次は『魔法少女アイ2plus』。基本的には変わってないハズなので、さらっとスキップさせつつえろシーンちぇっくー。

*

あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「あ、何ですかお嬢さんその顔は。言っておきますけど、スキップさせつつ一応ストーリーに変化が無いかも読んでるんですよ?」
あずさ「やかましい(−−メ 別にこっちの事は気にしなくていいから、とっととやってとっとと終わらせなさい」
へむ2「・・・とても『気にしなくていい』つーツラには見えんのですが、まあいいや。やっぱアレですね、改めてやって思いますに、アイ2の白眉は紫バッドですよね!! あの心の砕けっぷりが、ちにゃー☆ だと思いませんか!?」
ぴーす「え。え、えっと・・・あの、ひょっとして、私に聞いてます?」
へむ2「聞いてます。だってあずあずには聞ける雰囲気じゃ無いしー」
ぴーす「え。え。え。えっと、あの、その・・・ぱ、パス1で!!」
へむ2「・・・ちっ。じゃあ話を変えてリン下水バッドですが、こちらもリンの心の折れる音が」
ぴーす「ぱぱぱ、パス2でお願いします!!」
へむ2「・・・なんて我が儘な。えー、じゃあ」
あずさ「はいそこまで(−−メ ぴーす困らせてんじゃないわよ、まったくもう」
へむ2「うにゅー。じゃ、真面目な話ですが。結局リンに追加えろが無い、とゆーのが一番の問題点ですかねぇ。仮にもセカンドヒロインですのに、不憫よのう、リン」

*

* ま、これはあくまでリメイクなので追加・変更部分をさくっとチェックしてしゅーりょー、と。追加の中では、宮広のが何つーか、うーわ宮広ダメな人だー、って感じで楽しかったですかね(笑)

-

* さて。

* そんでもってさらに『サルバとーれ!』。まずはプロローグで金髪デコ登場。やべぇ、その目つきに惚れそうだ(笑)

*

へむ2「そしてブルマ娘登場の、泣いて去るメガネデコ。やべぇ、こっちにも惚れそうだよお兄ちゃん」
あずさ「・・・・・・(−−」
ぴーす「・・・あ、あの(ひそひそ) デコって、そんなに良い物なんですか?
あずさ「私に聞くな(−− て言うか、あれは特殊例だから無視しなさい、きっぱり」
ぴーす「はぅ。そ、そ、そうなんですか?」
へむ2「失礼な。デコは今現在、最も最先端のトレン」
あずさ「黙れ(−−メ
へむ2「・・・ちっ。えー、まあ、いいや。とりあえず一話終わって第二話へー」

* えーと。これは第一話、体験版でも見れるバッテリー話の続編ですな。どれどれ、今度はどんな・・・

『ほくは彼女にビキニアーマーを着てもらいたいんです!』

* ・・・おい。

淫獣になって、そんな彼女を襲いまくりたいだけです!』

* おい。

*

へむ2「おまっ、ちょっ、そんな羨ましい。いやもとい、それはさすがにその世界観でも実現不可能だろうってゆーか、出来るんなら是非やれ今やれどんとやれ
あずさ「・・・・・・(−−」
ぴーす「あ〜〜・・・えっと。む、無理ですよね?」
あずさ「まあ無理でしょ(−− いくらライアー作品でも、いきなり人間が淫獣に変わったりしないわよ。多分」
ぴーす「そ、そ、そうですよね?」
へむ2「あ、くそ、ホントに変わらねぇ。おのれ、根性の足らんキャッチャーめ!!」
あずさ「・・・ふぅ(−−」

* や、でも、ひたすらお馬鹿で面白いですな、これ。<『サルバとーれ!』>体験版にあったおたまじゃくしの話も声が付いてさらにパワーアップしてるっつーか、じゅんにゃんステキだー(笑)

*

へむ2「と、そーやってやってるうちに朝が来る訳ですが」
ぴーす「・・・そうですね。朝、ですね」
へむ2「困ったね?」
ぴーす「は、はい。困りましたね。ですけど、あの、そうおっしゃるくらいでしたら」
へむ2「とっとと寝ろ。そうおっしゃいますか?」
ぴーす「は、はい」
へむ2「はっはっは。まあでも、やっちゃったもんはしょーがありません。今から数時間だけでも寝ましょーや」
ぴーす「・・・はい。うう、この時間までお止め出来なかった自分が情けないです」
へむ2「や、気にすんない。呆れて先に寝たあずあずが悪い、つー事にしようじゃないかね、ここは」
ぴーす「そ、そんな事は出来ません!!」
へむ2「・・・それで万事丸く収まりますのニー。ま、いいや。とにかく」

* お休みなさい。ぐー。


メガネでデコな生徒会長。

* 今日も一日お仕事にゃふー。何だかんだで忙しいっすよお嬢さん。

*

ぴーす「遅くまでお仕事、お疲れさまでした! あの・・・お身体の方は大丈夫ですか?」
へむ2「やー。意外とこー、保ってますけどね。でも、さすがにぼちぼち限界かなー」
ぴーす「そうですかー。では、今日はどうか、お早くお休みください!!」
へむ2「そーしますかねぇ。でも、その前にちょっとだけ『サルバとーれ!』ねー」
ぴーす「はぅ。きょ、きょ、今日もですか?」
あずさ「・・・・・・(−− 反省とかそういった言葉は無いのか。アンタには」
へむ2「いや、後ほんの2シーン回収で終わるんだばさ。時間にして30分かからん思うから、これくらいはね?」
ぴーす「・・・本当に、30分だけですか?」
へむ2「うん。晩飯の準備が済むより先に終わるよ、多分」
あずさ「じゃあ晩ご飯までね(−− その時点で終わってなくても、今日はそこでやめなさいよ?」
へむ2「ういうい。まあ多分だいじょーぶさぁね、それだけ時間があれば」

* で、実際さらっとフルコンプ。<『サルバとーれ!』>うい、楽しゅうございました☆

*

へむ2「で、まとめかんそー。まあ最初に悪い所を挙げとくと、一番の問題は『ヒロインが四人いるのに話としては一ルートしかない』ですな。後、ヒロインズがエロイッカイヅツなのも悲しい所だ」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、純愛ゲームならそんなもんでしょ。そりゃ」
へむ2「いや、エロイッカイヅツに関しちゃそうかもしれんが。でも全員ほぼ同じストーリーなのはどうなのよ、と。せめてもーちょい個別ルートが欲しかったなあ」
ぴーす「そうですね。私、横で見てましたけど・・・一番最後の方、主人公さんのセリフなんかほとんど全部一緒でしたし」
へむ2「うん。もーちょっとこー、展開変えて欲しいよなって思った次第でございます。あ、そうそう。後悪いトコ一つ。あれだけネタ振っといて結局触手えろが無い、とゆーのはいかがな物かと(ごすっ)」
あずさ「・・・・・・(−−メ で。良かった所は?」
へむ2「・・・・・・(しくしくしくしく) てっか痛ぇよあずあず!?
あずさ「うるさい(−− で、良かった所は?」
へむ2「・・・うおにょれ。えー、良かった所はまずサブキャラ達のイッちゃった加減。そしてメガネデコ生徒会長、蝶サイコー。いや、この生徒会長の『泣いて逃げ去るCG』がとってもステキでね!?」
ぴーす「わ。は、はい、そ、そうですか」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「後はブルマ娘の不幸っぷりとかも良いですな。ロリ先輩と金髪デコはちょっと影が薄かったのが残念な所ですはー」

* そして忘れてはいけないのがバッドエンド用エンディング。モノホンのエンディングよか笑えて面白かったです、これ(笑)

*

へむ2「とゆー訳で。総体としては面白かった。ただ、ボリュームの面とかシステムとかでちょっと難あり。そんな感じですな」
あずさ「システム? ああ、双六で狙った目が出せないとか、そのせいで狙ったイベントが回収出来ないとか?」
へむ2「それもありますが、応援モードの方ね。結局のトコ、失敗しても連打でリカバリ出来るので、本腰入れてリズム取る必要が無いんですな。それに気が付いてしまうとちょっと萎える。そんな感じ」
ぴーす「な、なるほど〜。確かに、後半はずっと連打だけで乗り切ってましたよね、へむへむさん」
へむ2「そんなまるで俺がリズム感ナッシング野郎みたいな言い方はやめて頂きたいっ!? あ、いや、まあともかく。さらっと笑ってストレス解消するにゃあいいゲームでしたよ、ええ」

* そして改めて言いますが、生徒会長らぶ。ぷんすか怒りながらも、怒濤の勢いで状況に流されていく姿がべーりぃないすですわー(笑)

-

* にゅ。

* あい。ほいじゃそろそろ本気で電池が切れるので。

* 今日はここまで。お休みなさぐー


[如月日記一覧] : 2006/02/10 : (コメントが7件あるにゅ)

乱歩先生るぶりっく。

* 今日もお仕事ふにふにと。んでもって夕方、ひこーき乗って東京帰還。

*

へむ2「さて。んでですな、この隙に今月のえろげ購入検討を済ませとこーと思うのですが」
あずさ「はいはい(−− その前に先月までのまとめね」
へむ2「うい。て事でさっそく、れっつらごー。」

* 先月は、これだけえろげを買いました。

*3本。もちろん先月は一月なので、今年の購入合計も計3本、っと。

*

ぴーす「それで・・・あ、先月お買いになられたゲームは、もう全部クリアされてるんですね」
へむ2「そういう事になりますな。まあ、ホントは〆日、先週の金曜ですから? その時点での状況で話をするべきかもしれませんが・・・」
あずさ「面倒だからいいわよ(−− 先週の時点でもノルマクリアしてたんだから、別に変わんないし」
へむ2「ですか? じゃ、今の状況で。えーと、今月買ったもんに加えて積みの方からは『プリンセス小夜曲』『ToHeart2 XRATED』とクリアしましたからー」

* 現在の積みはこんな感じ。

* ・・・手間のかかるもんだけがひたすら残ってる、つー感じですな(苦笑) まあ、『いたじゃんR』については『家でえろげプレイする』時間さえ取れれば多分あっさりクリア出来る思うんですが、その時間作るのがなかなか、ねぇ。

*

へむ2「だから『DirectX9必須』なゲームは良くないと思うのですよばんばん。お兄ちゃんのゲーム専用PCはDirectX8で止まってると何度言えばばんばんばんばん」
ぴーす「はぁ。あの、私思うんですけど、でしたらゲーム用のマシンさんを9に上げればよろしいのでは?」
へむ2「そんな事して動かなくなったらどーすんだ。言っとくけどな、俺はその辺パソコンって奴を一切信用してないぞ?」
ぴーす「は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− とは言っても。さすがにそろそろいいんじゃないの? 世間が9に移行してから、もう何年も経ってるんでしょ?」
へむ2「かな? かも。うん、そだね。もう3年か4年になるんジャマイカ」
あずさ「だったらさすがに潮時でしょ(−− 対応してないアンタが悪い」
へむ2「うーむ。そうですねぇ、確かに、ぼちぼち新しいマシン買うべき時期かも」
あずさ「て、コラ(−−メ 私はDirectX9入れなさい、って言っただけでパソコン買い換えろとは言ってないっ!!」
へむ2「え。だって今のマシンに入れて動かなくなったら困るじゃん。やるなら、一通り入れ替えが筋っしょ? ねぇ?」
ぴーす「え。え、え、え? えっと・・・あの、そ、それは、総入れ替えの方が問題は起こりにくいとは思いますけど」
へむ2「ほら。機械の人もこう仰っておられる」
あずさ「だ・ま・れ(−−メ そうやって余計なお金使う事ばっかり、考えるなっ!!」
へむ2「ぶー。ま、いいや。その辺はまた後日考慮するとして、今は今月のえろげ購入、行ってみましょー」

* て事でまずは確定してる奴、2本ほど。

* 2/17発売物。

* 光撃少女ファルセリオン 〜ツンデレのセオリー〜蛇ノ道ハ蛇ソフト

* 戦うヒロイン凌辱物として、一つ。問題は和姦ルートがある事ですが(ぉ、でもまあ俺、このメーカーさん好きですので。一発、行ってみるですよー。

-

* 2/24発売物。

* もしも明日が晴れならばぱれっと

* メーカー買い。ストーリーライン的には俺の好かんタイプの話が展開されそーな予感もするんですが、ま、そこはそれ。基本的には演出期待で。

*

へむ2「さて。で、ですな。買うのが決まってるのはこの2本だけなのですが、後1本買いたい訳ですよおにーちゃんわ」
あずさ「別に無理して買わなくてもいいのよ? 一応言っとくけど(−−」
へむ2「いやん。ホントは4本以上買いたいのにそこを3本で収めようとゆーおにーさんの非常な苦労を思いやってくださいよお嬢さん」
あずさ「・・・・・・(−− ふぅ。まあ、好きにしなさい。言っても無駄だろうし」
へむ2「あい。とゆー訳で後いっぽーん。候補は『姫巫女』と『宿り蟲』。どっちもこー。微妙に足りない物がある風味なのが悩ましい」
ぴーす「はぁ。足りませんか」
へむ2「足らん・・・と思う。多分。特に『宿り蟲』の方はほぼ確実に和姦ルートがあるので、そのあたりが気が遠くなる程嫌」
ぴーす「はぅ。そ、そ、そうですかー」
へむ2「かといって『姫巫女』は選択肢即バッドエンドばっからしくてな。てゆーか『膜破られたらおしまい』的世界なのが困りものだ。もっとこー、ねっぷりどっぷり堕ちていただきたいってゆーかね?」
ぴーす「・・・え〜〜〜〜〜〜〜と。あ、あの、そ、それくらいで、あの、後はパス1で!!」
へむ2「何ぃ? 人様のえろげ購入検討をこんな中途半端な所で終わらせろと!?」
ぴーす「はぅぅぅっ!? えっと、えっと、あの、ですけど!!」
あずさ「はい、そこまで(−− だからぴーす困らせて遊ぶのは止めなさいっつってんでしょがこのすっとこどっこり」
へむ2「にゃう。であしょーがない、とにかくその2本。実際に17日以降にえろげ屋行って、パッケージ見てピンと来た方買ってくる、つー事で」

* もし両方ともピンと来なかったらorもし両方とも売り切れてて店に無かったら、そん時は諦めー。出来ればそういう事態になりませんよーに。

-

* にゅ。

* ほでもって帰宅。今日の移動のお供は鮎川哲也の『五つの時計』

*

へむ2「ああ、本格だなあ。そしてただいま、まるち」
まるち「はい〜(^^) おかえりなさいませ〜」
へむ2「何か変わった事、あった?」
まるち「いえ、こちらは別に〜。奥様も、お元気です〜(^^)」
へむ2「そかそか、そりゃあ良かった。んじゃまあ、話戻して『五つの時計』ですが。ほんとーに細かい所まできちんと考えられた推理小説で俺様とっても満足。そして各作品の頭にある乱歩先生のルーブリックに、思わず涙がほろり」
まるち「はわ? る、るーぶりっく、とおっしゃいますと?」
へむ2「まあ作品解説みたいなもんだと思いねぇ。当時雑誌の編集長だった乱歩先生が作品の前に書いとったそーなのですよ、そゆのを」
まるち「はぁ。な、なるほど〜。そうなんですか〜」
へむ2「乱歩先生が如何に推理小説を愛していたか、とゆーのがその短い文章からでも伝わってくるのですよー。や、作品も良かったですが、このルーブリック付き、つーあたりがこの短編集の一番良い所、ですなあ」

* やー。それにしてもやっぱり昔、それも昭和40年代までの『本格』は良いですなあ(しみじみ) 何がどう、と言葉では言えんのですが・・・世界観、とゆーか雰囲気、とゆーか。その辺が、馴染むのですよー。

-

* にゅにゅ。

*

へむ2「さて。ところでですな、まるちさんや」
まるち「はわ? あ、はい。なんでしょうか〜?」
へむ2「うん、来週の事なんですけどね。来週誰が一緒に行くかは」
あずさ「来週は私が休む(−− まるちとぴーすで行ってらっしゃい」
へむ2「今日の日記をUpして、そのUp時間の秒数で決めようかと・・・て、あの、もしもし?」
あずさ「何よ(−−」
へむ2「・・・いや、えーと。せっかく俺が考えましたのに?」
あずさ「再来週からにしなさい。来週は、私休む(−−」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「何よ(−−」
へむ2「・・・いえ、何でもないです(しくしく) えー、そーゆー訳でまるち、来週はよろしく」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、よろしくお願いします〜」
へむ2「ぴーすも。よろしくねー」
ぴーす「はいっ! よろしくお願いします!!」
あずさ「はいはい(−− じゃあ後はご飯食べてお風呂入って、とっとと寝なさい」
へむ2「らじゃー。しかしアレですな、昨日から今日にかけては結構ぐーすか寝たハズなのに、それでも今かなり眠いのは一体何故なのでしょーかー」

* まあ、ともかく。

* 今日もとっとと寝るです。お休みなさい、ですにょん。


[如月日記一覧] : 2006/02/11 : (コメントが2件あるにゅ)

テコ入れ無線LAN。

* 今日はお休み秋葉原。

*

へむ2「や、我が家の無線LANなんですけどね? 俺のPCはともかく、嫁のPCがねぇ」
まるち「はい〜(^^; 何故だか、時々接続がお切れになるんですよね」
へむ2「なんか搭載されてる無線LANチップとアクセスポイントとの相性が悪いらしくてねぇ。FAQやら見て色々手ぇ打ったのですが、どーにも直らず」
あずさ「また脈絡無く切れるのよね、アレ。困った事に」
ぴーす「そうなんですか? それは・・・困りますね、確かに」
へむ2「まったくです。とゆー訳で、いー加減面倒になったのでこの際アクセスポイントの方を別の機種に変えちまおーかと。そういった次第でございますよー」
まるち「はい〜(^^; これできちんと繋がる様になりますと、よろしいんですけど」
へむ2「ですにゃあ。でもって後はまあ、ちょっとだけえろげの予約をして。後ロール&ロールも買って。ま、それくらいですなー」

* ちう訳でとっとと出かけてとっとと帰宅のとっととAP入れ替え。とりあえず今の所は順調に動いてる様ですが・・・さて、どーなりますやら。

-

* にゅ。

* ほでもって夕方以降はふにふにスクリプト打ち。色々改良したいもんもある訳ですが、その前段階として作っとかなきゃいけない物がいくつかあったりする訳で。

*

へむ2「その辺をのんびり作っているザ・日曜プログラマーの憂鬱。ところで、なんかソフトハウスキャラ思いつき企画が始まってますね?」
まるち「はわ? あ、はい、そうですね(^^)」
ぴーす「メールを出して色紙を貰おう、ですかー。あ、でも貰えるのはお二人だけなんですね。競争率、高そうですー」
あずさ「高いでしょうね。まあ、でも、メール出すだけだから別に損も無いし」
へむ2「うん。まあ出すだけ出しときまっしょー。でさ、後、RaSeN『魔法天使ミサキ2』えろシチュ募集始まっとるのですが。こっちの方、なんかいいアイデア無いっすかね?」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ。あの、それは、ええっと〜」
ぴーす「・・・ぱ、パス1で」
あずさ「て言うか、自分で考えなさいそんなの(−− 私らに、振るな!!」
へむ2「やー。個人的には『人体破壊はアウツ』と言われた時点でちとしょぼーん、とゆーか。微妙に思考停止しちゃうんですなあ、これが」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「せめてこー、片手くらいOKにならない物か。ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ」
あずさ「やかましい(−−メ 黙って! 私らの見てない所で!! 勝手に応募でも何でもしてなさいっ!!!」
へむ2「にゃー。まあ、何か良い物思いついたら応募しとくといたしましょう。ちとこー、毎日ドタバタしてるんで忘れそうですけどにゃー」

* うにゅ。ほいであ今日もここまで。寝るですよー。

* ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2006/02/12 : (コメントが4件あるにゅ)

久々銀塩。

* 今日はうちの嫁の妹の結婚式。て事でお出かけする訳ですが。

*

へむ2「おにーさん、今日の立ち位置としては『カメラ係』なので。せっかくだから久しぶりに銀塩カメラでも撮ってみようかと思う訳です」
あずさ「デジカメでいいんじゃないの? 別に」
へむ2「いや、デジカメでも撮りますけどね? でもやっぱ銀塩だよ、ここぞって時には」
ぴーす「はぁ。そういう物なんですか?」
へむ2「うむ、そういう物だって事にしときなさい。てゆーか、ぶっちゃけると俺が銀塩カメラ使いてぇ。就職してからこっち、使う機会が全然無いんだもんよう」
まるち「はぁ(^^; そうですね、確かに、あの、デジカメさんばっかりで〜」
へむ2「やー、しょせん撮るのはスナップ写真だしー。わざわざ一眼レフ出してくる程の事でも無いしー。後、持ち歩きに関してはやっぱ気楽だ。デジカメの方が」
あずさ「だったら今日だってデジカメでいいじゃない。まともな写真は係員の人が撮ってくれるでしょ? 結婚式の時って」
へむ2「うん。だからもちろん俺が撮るのはしょせんスナップだ。ので一眼レフは要らんちゃ要らんのじゃけど、でもまあいーじゃんよー。俺が使いたいって言ってんだからさー」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい、どうぞ〜」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、いいわ。好きになさい」
へむ2「うい。であそーゆー事で行ってきまー。あ、ちなみに帰りはナンジャタウンでエビ餃子食うんで、適当な時間に池袋集合な」
あずさ「はいはい(−− 終わった所で電話寄越しなさい」
へむ2「へーい。あ、まるちもぴーすも、来る? 君ら飯食えんから来てもあんましやる事無いじゃろし、呼ぶんはちと悪いかなー、とも思うんじゃけど」
ぴーす「え? あ、いえ! そんな事ないです、はい! あの、是非、私たちも一緒に!!」
まるち「はい〜(^^) 是非、ご一緒させてください〜」
へむ2「ういうい、であまた後ほど。つ事で、行ってきまー」

* と事でさくさく結婚式に出て。んでもって帰り、ナンジャタ・・・はぅっ!? 知らない内に、二階の半分が癒し空間になってるっ!?Σ( ̄ロ ̄;)

*

へむ2「うわ」
あずさ「・・・うわー」
まるち「はわ(^^;」
ぴーす「え、え、え。昔は、あの、違ったんですか?」
へむ2「うむ。昔はこの癒し空間・・・『りらくの森』つーのか? それのほとんど全部がもののけ番外地だった。もしくはゴースト13番街」
ぴーす「は、はぁ。もののけ・・・と言いますと、つまり」
へむ2「うむ。簡単に言うとお化け屋敷空間だった。それがああた、いつの間にヤラこんな癒し空間ニー」
あずさ「て言うか。本っ気でアトラクションが無くなったわねぇ、ナンジャタウン
まるち「そうですね(^^; ええと、大きな物は、後は蚊取り大作戦さんだけでしょうか〜?」
あずさ「えっと・・・かしらね? 他のはみんな、会場内を歩き回って何かする、タイプばっかりだし」
へむ2「や、一応、銭湯歌合戦とかビアンカヴィータとかはまだ乗り物使ってたと思うですよ。でも・・・現実問題、もう完全にフードテーマパークがメインコンテンツ、だなあ。うーむ」

* まあ、商売としては悪くないんでしょーが。<フードテーマパークで稼ぐ>でも、さすがにこの変わり様にはちょっと、切ない物がありますにゃあ(苦笑)

-

* さて。

*

へむ2「でもってだ。今日は銀塩一眼レフとデジカメとで写真撮ってきた訳ですが。やっぱ、安いデジカメはダメだね」
まるち「はわ?(^^; は、はぁ。そ、そうですか?」
へむ2「うん、ダメだ、デジカメはズームが遅い、連射が効かない、シャッターボタン押してからシャッターが切れるまでが遅い。つまりシャッターチャンスを逃しやすい。とっても良くない事だよ、それは」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「で、ですけど! それは、あの、お値段が違うんですからお較べになっては!」
へむ2「わー正論。うん、まあ、確かにそうだよ。較べる俺が間違ってる。分かってるよ、分かってるんだよそんな事は。分かってるんだけど、でも、うがー! 使ってられっけこんなカメラーーーーッ!!」
まるち「はわわわわ(^^; あ、あ、あの、お、落ち着いてください〜」
へむ2「・・・と、まあ、そんな風にな。やっぱ、まともな一眼レフと使い較べると粗が見えすぎてどーもいかん。デジタル物でも良いカメラが欲しいなあ、と思うおにーさんだ。具体的にはデジタル一眼」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−メ だったら買いなさいよ。ただし、自分のお小遣いで」
へむ2「無茶を言わないで頂きたいっ!? 月々の小遣いで買える程、一眼レフは安く無いんですじょ!?」
あずさ「だったら今持ってるので満足しときなさいよ。ちゃんと動くんでしょ?」
へむ2「うん、動く。10何年か使ってなかったのにまったく問題無く動作するあたりが超ステキー☆」
ぴーす「わ。じゅ、10年放置してても、ですか?」
へむ2「放置してても、ですよ。この辺昔カメラの良い所、なんですが・・・でもなー。俺の持ってるF90にしろスピードライトSB-25にしろ、Nikon製品 紹介に既に無いってゆーか、生産終了品のコーナーにすら無い、とゆー状況ですからなあ」
ぴーす「え。あ、ほ、ホントですね!? え、で、でも、何で無いんですか?」
へむ2「そりゃNikonが手ぇ抜いてっからだ。まったく、フィルムカメラから撤退するからってよう(ぶつぶつ) せめて全製品、きっちり生産終了品のコーナーに載せとけってんだ」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、そうですね」
へむ2「ちう訳で、この放置っぷりだといざって時に困りそうだからさー。さすがに買い換え時期なんじゃないかなー、とか。D200とか良さげだよねー、とか。そんな風に思ってるおにーさん、ここにあり」
あずさ「だから買いなさいよ(−− 自分のお金で」
へむ2「だーかーらー、それが出来たら苦労しないっつーの。くそう、せめて体験セミナーでも行くかなあ・・・」
ぴーす「そ、それは危険じゃありませんか? あの、行けば、多分」
へむ2「ああそうだよもっと欲しくなるよコンチクショー。でもだったらどうしろってんだよ、俺に!!」
ぴーす「はぅぅぅぅっ!? そ、そこで怒られましても!?」
あずさ「て言うか(−− 素直に諦めなさい、このネジ止め馬鹿」
へむ2「う〜〜・・・まあ、なあ。デジカメにはデジカメで、『駆動時間が短い』つー弱点があるしなあ。それを考えると一長一短。まあ、もうしばらくはF90で遊ぶかなあ」
あずさ「そうしなさい(−− 無駄なお金、使うんじゃないの」
まるち「それに、あの(^^; カメラさんも、あの、使ってさしあげませんと、お可哀想かと〜」
ぴーす「そうですよ。まだ、働けるんですから!」
へむ2「む。そうだなあ。10年離れてたとは言え、かつての俺の相棒だったんだもんな。大事にしてやらんと」
まるち「はい〜(^^; 是非、あの、そうしてあげてください〜」
へむ2「うむ、そうしよう。来週以降、散歩に行く時にゃあ持ち出して色々撮るべぇよ」

* とゆー訳で、久々に銀塩カメラを使って久々に銀塩カメラ熱が再燃したおにーさんでございます。ので、本気でこれからぼちぼち、のんびり撮っていく予定。あーんど、久々にカメラ雑誌なんかも買ってみましょかねぇ。しばらくぶりで忘れてる事も多いですし。

-

* にゅ。

* とか悩みつつ。ではお休みなさいぐー。明日はまたお仕事ですにょー。


なるにゃー。

* 朝。

* お出かけにゃー。

*

へむ2「にゃあ」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「にゃー」
まるち「はぁ(^^;;; え、ええっと〜」
へむ2「にゃー
まるち「・・・・・・(^^;」
へむ2「にゃあ
まるち「・・・え、ええっと〜(^^; にゃ、にゃあ」
へむ2「にゃ。であ行きましょーか、れっつらごー」
まるち「あ、は、はい〜(^^;」
ぴーす「・・・あのー。今のは一体、何だったんですか?」
あずさ「私に聞かない(−− まあでも、どうせくだんない事に決まってるし。気にしなくていいわよ、別に」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうですか」
あずさ「それより。置いてかれるわよ、急がないと」
ぴーす「あ! すすす、すみません! それでは、行ってまいります!!」
あずさ「ん。行ってらっしゃい」

* ほんでもってヤンマガ・・・は、カイジ君が『トイレに立つ前にやってた仕掛け』を延々解説してるだけだったので割愛。お話の進行は来週に持ち越しー。

-

* 昼。

* お仕事にゃー。

-

* 夕方。

* 帰るにゃー。

*

へむ2「にゃー。今日は眠くて頭が回らんので、推理小説はお休みー。代わりに電車の中では、ふにふにスクリプト打ちをする事にいたしませう」
ぴーす「え。あの、それはそれで頭を使いませんか?」
へむ2「使うけど、質が違うからだいじょーぶー。『にゃあ』『にゃー』くらいの差があるですじょ?」
ぴーす「・・・はぁ。そ、そうですか」
まるち「ええっと(^^; ですけど、あの、ご主人様〜。無理は、その、なさらないでくださいね?」
へむ2「うい。まあてきとーに、のんびりやるですよー」

* とゆー訳でてきとーにのんびりしつつ、帰宅。うにゃー。

-

* 夜。

* 寝るにゃー。

*

へむ2「ところでさあ」
まるち「はい? あ、はい。何でしょうか〜?」
へむ2「うん。『ナルニア国物語』の事を『なるにゃー』とか書くと、なんか感動がぶち壊しになる気がしますよね」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「しますよね?」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、ええと〜」
ぴーす「あのー。確かに、思いますけど。でも、でしたら、そういう呼び方をなさらなければ」
へむ2「やー。せっかく今日一日かけて考えてた事なんだし、せっかくだからみんなにも聞いてもらおうか。と思いましてね?」
あずさ「思うな(−−メ まったく、迷惑な・・・」
へむ2「迷惑とか言うし。ま、いいや。言う事言ったから、寝ましょーか」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。どうぞ〜」
へむ2「ういうい。あ、ちなみにぱれっと4コマ第八話が公開されとります。おにょれ腐女子め。今日のぐる、以上」

* であ寝ます。ぐー。


バンアレン帯とツンドラ気候(違います)

* 朝。

* お出かけごー。

*

へむ2「に、しても。以下略」
まるち「は、はわ?(^^;」
ぴーす「え・・・えっと? あの、以下略とだけ、仰られましても」
あずさ「ほっときなさい(−− どうせ眠いとか寒いとか愚痴が続くだけなんだから」
へむ2「うむ、まさにその通りですよあずささん。でも、せっかく『毎回同じセリフで飽きたからー』と、言わずに済ませた事をわざわざ言わないでいただきたい。人の苦労をあっさり無にするなんて、まったく困ったお嬢さんですネ!」
あずさ「あ?(−−メ
へむ2「すみません嘘ですごめんなさい。じゃ、行きましょうお嬢さんズ」
まるち「はわ。あ、は、はい〜(^^;」
ぴーす「あ、えっと・・・そ、それでは行ってまいります!!」
へむ2「ん(−− 行ってらっしゃい」

* とか言いつつ。眠気はともかく、寒さの方は意外とそうでもありませんにゃー。<今朝>まったく、12月あれだけ寒かったのに2月にこれだけ暖かいて。変な天気だよう、今年は(笑)

-

* 昼。

* お仕事。

-

* 夕方。

* 昨日に引き続きスクリプト打ちー。

*

まるち「ご主人様、ご主人様〜(^^)」
へむ2「にゅ?」
まるち「あの、チョコレートです。どうぞ〜」
ぴーす「こちらは私からです! どうぞ!!」
へむ2「あ、ありがとー(もぐもぐ) ん、美味しいよー」
まるち「そうですか〜(^^) 良かったです〜」
へむ2「つっかアレだよな。頭脳労働で疲れた時には甘いもんに限る。さて、じゃあもうひと頑張り、頑張りますか」
ぴーす「はいっ! 頑張ってくださいっ!!」
へむ2「にゃー。後はお茶でも煎れといてくれー」
まるち「あ、はい〜(^^) すぐ、お持ちいたしますね」

* で、話題に出たのでついでにぐる。えろげ屋バレンタイン更新、俺がぐるってる中ではhueうぇぶいろトップ絵RaSeN特設ページLOSTSCRIPTトップ。何故だかこー、揃いも揃ってツンデレ系なあたりがいと不思議(笑)

-

* 夜。

* うし。ひと段落ー。

*

へむ2「さて、寝るか」
ぴーす「はいっ! あの、明日もお早いですから!!」
まるち「是非、あの、そうなさってください〜(^^;」
へむ2「ほいほい。んじゃそーゆー事で」

* お休みなさい。ぐー。


ナイス天罰サンキュー神様。

* 今日は一日お仕事ふにふに。んでもって夕方からは『ぬいぐるまー』。一年以上放置してようやくですよ奥様。

*

へむ2「てゆーかですね。放置してた理由の一つ、立ち上げて思い出しました。全画面表示にすると画面がぐちゃぐちゃになるんですね、うちの環境だとこれ(苦笑)」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、変な画面になりますね」
へむ2「まあ、Matroxのビデオカード使ってる以上表示系でアレな事があっても泣かない、が約束事です。ので、素直にウィンドウモードでやってる訳ですが・・・やー、やっぱ小さいね。ウィンドウモードだと」
ぴーす「そうですねー。画面の半分くらいのサイズしかありませんし」
へむ2「普段俺、ゲームはフル画面でしかやんないから見にくくって見にくくってもー。後、操作系がやっぱり悪いや、これ」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、それは、ですけど、アドベンチャーゲームのエンジンさんを使っておられますから〜」
へむ2「うん、つまりSLGには専用エンジン使おうよ、と俺は言いたい訳だ。まあ、『ADVエンジンでどこまでやれるか試してぇ』つー気持ちは分かるから、強くは言わないんじゃけどさあ・・・」

* とか愚痴りつつ、まあでもふにゃふにゃとプレイ。殺る気満点の狂信者あたりが、実に良い味を出しておりますな(笑)

*

へむ2「ゴッドハンドだったり『ナイス天罰サンキュー神様』だったり。後、スク水だったりもするしな」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「つっか色々変なゲームだよ、これ。女性型ぬいぐるみのえろシーンがあったりもするしなあ。それも、本気でぬいぐるみのままで」
ぴーす「・・・え〜〜〜〜〜と。はぁ。あの、そ、そうなんですか」
へむ2「惜しいよなあ。これでシステムがもーちょいレスポンスのいい奴だったら、かなり面白くなったと思うのに」
まるち「はぁ(^^; えっと、今のシステムさんでは、ダメですか?」
へむ2「だってー。キャラの立ち絵が切り替わる際に必ずフェードが入るとか、テキストの表示速度に難があるとか。色々あって、テンポが崩れるんだもんよう。ぶっちゃけ、動作遅すぎ。それじゃあ、ダメダメさあ」
ぴーす「あー。そうですねー。確かに、遅いですー」
へむ2「この辺がlight作品の一番の問題点ですな。色々頑張ってる所が見えるだけに、惜しいって思うよ。ホント」

* で、7面クリアして8面の途中まで行った所で今日はここまで。うまく行けば、今週中に一巡出来るかもしれませんにゃあ。

-

* にゅ。

* であここまでー。なんかいい加減寝不足で頭も痛いので(ぉぃ、寝るですよー。

* ぐぅ。


ぐるまー一巡狂信者エンド。

* 今日はお仕事特に無し。て事でのんびり惰眠を貪った後、ちょっとだけ職場へ。

*

へむ2「で、ですな、お嬢さん。嫌な話を聞いてまいりましたよ」
まるち「はわ?」
ぴーす「嫌な話、ですか? あの、まさかお仕事の方で何か!?」
へむ2「と、ゆー訳じゃ無くて。ほら、俺、こっちに来るのにひこーき使ってるじゃないですか」
まるち「あ、はい。飛行機さんでないと、お時間の方が〜(^^;」
ぴーす「そうですね。電車ですと、4時間かかりますしー。それで、それが、どうかなさったんですか?」
へむ2「うむ。そのひこーきなのですが、4月からダイヤが変わってですな。さらに使いにくくなる事が判明したのです」
まるち「はわ?(^^; え、そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。具体的に言うと、まず朝が20分早くなります」
ぴーす「え! じゃあ、あの、お起きになるのも20分早く・・・あれ?」
へむ2「うん、いや、まあ。朝は余裕持って行動してっから、実は俺が起きる時間も家出る時間も変わらない」
ぴーす「・・・そ、そうですよね。えっと、でも、でしたら、別に不便には」
へむ2「いや、俺はな? でも、もっと遠くから通ってる人らもいる訳で、そゆ人らにとっては大層致命的、とゆーその事実は認識して頂きたい」
まるち「はぁ(^^; そうですね。今でも、あの、始発でないと間に合わない、とお聞きしてますし〜」
へむ2「そんでだ。もう一個、こっちの方が困るんじゃけど。夕方の飛行機が40分早くなる。これがどーゆー事かと言うと、つまりちょっとでも仕事が長引くと帰りの飛行機に間に合わない」
ぴーす「はぅ。そ、それは困りますね。確かに」
へむ2「かなんよなあ。ダイヤ改正の度に必ず使い勝手が悪くなるっつーのはまったくどーゆー了見だ、ANA(ぶつぶつ)」

* まあとりあえず、4月になったらクレーマーの様に文句を付けまくろうかと(ぉ いや、冗談抜きで夕方の飛行機が早くなるのは困るんですけどねぇ・・・・どーした物やら、にゅう。

-

* さて。

* とか悩みつつも。一方では『ぬいぐるまー』をふにふに進めてみたり。

*

へむ2「・・・うわ。凄いな。『おにゃのこの股間にキノコが生えてふたなり化』くらいならよくあるネタなんじゃけどさあ」
ぴーす「よ、よくあるんですか!?」
へむ2「よくあるよくある。けど、それを噛み千切って治すとゆーのは初めて見た気がする。俺」
まるち「はわっ!?(^^; そ、それは、あの。い、痛いんじゃありませんか?」
へむ2「痛いだろうなあ。実際、噛み千切られた方は泡吹いて気絶してるし」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「惜しむらくは、それにCGが無い事か。ふむ」
ぴーす「な、無くていいと思います! そそそ、そんなの!!」
へむ2「えー。流血シーンにゃCG付けようよー。ほら、ユーザーの求める所をですな」
ぴーす「も、求めてないと思います! あの、少なくとも世間の一般の方は!!」
へむ2「まるで俺が『一般の方』で無い様な事を言う。ま、いいや。じゃあ話題を変えて」
ぴーす「(ほっ)ええ、はい。是非、そうなさって・・・」
へむ2「んー。主人公が死ぬ、いや、それ自体はこれまたよくあるネタなんじゃけどさ。でも、それが完全に腐乱死体になってから蘇る、ってのはこっちはこれで、珍しいよね?」
ぴーす「はぅっ!? そそそ、そんな事になってらしたんですか?」
へむ2「うん。死後硬直を経て嫌な匂いの変な液体を垂れ流す所まできてましたよ、主人公」
まるち「はわわわわ(^^; そ、それは、あの、何と言いますか〜。あの、よく、それで復活なさる事が出来ましたね」
へむ2「まったくだ。奇跡っぽい何かがあったとは言え、よくもまあ」
ぴーす「はぅぅぅぅ。あ、あの。そのお話も、あの、無しにしませんか?」
へむ2「・・・うにゅう。ぴーすは我が儘だなあ」
ぴーす「はぅ〜。す、すみません〜」
へむ2「いやまあ、いいけどよ。じゃあまあ、後ちょっとだし。さっくり終わらせますカー」

* とゆー訳で、なんとか一周しゅーりょで狂信者娘エンド、と。次からはデータの引き継ぎが出来るんで、大分楽・・・にはなるのですが。

*

へむ2「あー。どうしよっかねぇ、二周目。結構面白くはあったんじゃけど・・・正直な話、このシステムのトロさにもう一周付き合うのは、辛いのよなー(苦笑)」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、無理はなさらない方がよろしいのではないかと〜」
ぴーす「そうですよー。一周クリアなさったんですから、それで、別に」
へむ2「まあそうなんだけど。でも、今回のプレイで必殺技『神の領域』をマスター出来なかった、とゆーのが切なくてなあ。もう一巡くらいするべきか?」
ぴーす「はぁ。神の領域、ですか?」
へむ2「うん。ぬいぐるまーずの全員が出てきて主人公を助けてくれる、とゆー技らしくてな。ネタ的にはやっぱ、見とかんとマズいかなー、と」
まるち「はぁ(^^;;; ですけど、あの、本当に、無理はなさらないでくださいね?」
へむ2「んー。うん、まあ、無理はしない。無理はしないけど・・・でもま、もう一周くらいはしときますかねぇ。やっぱり」

* てかまあ。展開が変わると微妙に戦闘前後のテキストが変わるとか、戦闘中に色々えろイベントが隠れてる(しかもそれシーン回想で見れない)とか。やりこみ要素は多いですから、ま、頑張ってみますかね。テキストがトロいんは、スキップ多用で何とか乗り切る、つー事で。

-

* にゅ。

* じゃ、今日はここまでー。

*

へむ2「あ、らすぐる。うぇぶいろもんメッセージ更新。いや、人の机に犯しの食べカス散らかすのは本気でどうかと・・・て、鬼娘コスジュピターかーい
まるち「はわ(^^;」
ぴーす「わ。これ、えっと、ラ・・・」
へむ2「おっと固有名詞は無しだ。にしても・・・バレンタイン絵もそうじゃけど、徐々に絵が上達してるよなあ、広報娘さん」

* まあともかく。改めて、お休みなさいぐー。


[如月日記一覧] : 2006/02/17 : (コメントが2件あるにゅ)

へっぽこ空回り系。

* 今日もお仕事ふにふにと。ほでもって夕方東京帰か・・・あ、また飛行機遅れてやがる。

*

へむ2「おにょれ」
まるち「はぁ(^^; ええっと、ですけど、お天気の方が、ちょっと、良くないですから〜」
ぴーす「て言うか、吹雪いてます! すごく!!」
へむ2「そうだな。10メートル先も見えない状況だな」
まるち「はい〜(^^; ですから、あの〜」
へむ2「うむ。でもそのくらい気合いと根性でなんとかしていただきたい、と思うおにーさんである。つっか何とかすれ。今すぐ」
まるち「はわ(^^;;;」
ぴーす「そ、そう仰られましても。あの、無理をして、事故が起こっても困りますし」
へむ2「そーだねぇ。でも暇なのだよ、こーゆー時間は」
まるち「はぁ(^^;」
ぴーす「あ、でしたら! 推理小説の続きをお読みになられてはいかがでしょうか!? あの、確か途中の物があったかと!!」
へむ2「・・・む。うーむ。いや、まあ、確かにあるんだけどさ。でも、うーむ」
ぴーす「は? あの、何か問題がありましたでしょうか?」
へむ2「いや、問題っつーか何つーか。いや、まあ、うん。読もうか。さくっと」

* とゆー訳で1時間くらい遅れて東京に戻りつつの、月曜からちまちま読んでた森博嗣の『幻惑の死と使途』を、読了。

*

へむ2「えー。まあ、何だ。嫌な事は先に済ませておいた方がいいと思うんで先に言っときますが、小娘ウゼぇ
まるち「はわ(^^; そ、そ、そんな、ご主人様〜」
へむ2「いやだって。この小娘自分が馬鹿である事をカケラも認識してねぇとかその癖無意識に傲慢でやがるとか、俺の嫌いな要素てんこ盛りなんだもんよ。ぶっちゃけ、そろそろ本気でこの小娘を抹殺する為の殺戮アイデアを練りたいと思ってるおにーさんだ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「まあ、後数冊でおさらばだからいいんだけどな。てゆっかくそ、最終巻に四季博士が出てくる、つー情報さえ無ければシリーズごと捨てるのに、もう」
ぴーす「そ、そんなにお嫌いなんですか?」
へむ2「嫌いなんてもんじゃねぇよ、もう。ただなー。でもなー。この小娘がこーゆーキャラだから助教授が引き立つ、つーんも事実な訳で。例えば作中、『先生、殺人事件です!』『そう。じゃあ帰ろうか』的な発言が出てくる訳ですががががが、いやん、助教授ってばステキー☆」
ぴーす「か、帰る? そ、それは、あの、よ、よろしいんですか?」
へむ2「よろしいも何も。そもそも、見ず知らずの赤の他人が殺されて、それに興味本位で嘴突っ込む方がどうかしてるだろ。職業刑事や玄人探偵ならともかく、ただの大学助教授が寄ってく理由がどこにある」
ぴーす「・・・あぅ。そ、そう言われれば、あの、そうですけど」
へむ2「と、ゆー訳で。そういう助教授の『透明さ』を際だたせる為に小娘が必要以上にウザいのだな、てのは理解出来るのですよ。理解出来るのですが、ああウゼぇ。この小娘のせいで今回読書ペースがえらい落ちてんだぞコンチクショウ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうだったんですか〜」
へむ2「あ、ちなみに推理小説の本体部分に関しては、ちょっとアンフェアかなー、と思わなくも無く。まあ、第一章の初っ端読んだ時点で想定出来る、いくつかの事象の一つではある訳でそういう意味では伏線が張られてない訳でもにゃい訳でもにゃにゃにゃにゃにゃ?」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「いやもとい。まあ、伏線が張られてない訳でも無いんですが、でもそっから最終章までほとんど全然触れられないのはややアンフェアなんじゃないか、と思う次第でございますー」

* で、それはそうと。一つどーしても納得いかない事があるんですが、何故この小説(文庫版の方。新書の方はどうか知らんのですが)の表紙は、『箱の中にタコの足が入ってる』とゆー奇怪な物なのでしょうか? 特に作品の内容とも関係無いですし、それが最初から最後まで不思議で不思議で、もー(笑)

-

* にゅ。

*

へむ2「さて。それはそうとして、です。帰って飯食ったらもう23時だったりする訳で。あ、ただいま」
あずさ「・・・お帰り。でも、そういうのはご飯食べる前に言いなさい、言うんだったら(−−」
へむ2「やー、ちかれてましたしー。まあとにかく、そういう訳ですので今日はとっとと寝ようかと」
あずさ「そうね(−− でもその前に、ここ数日のアンタの夜更かしっぷりについて、ちょっと聞かせてもらいましょうか」
へむ2「ああ、そりゃあずあずが来ないから悪いんです。以上」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「はわわわわ(^^; いえ、あの、それは私たちが、あの、お止めしなかったから〜」
ぴーす「す、すみません! 力不足で、あの!!」
あずさ「いや、アンタたちは悪くないから(−− 悪いのは、こっちの馬鹿よ」
へむ2「とか言われましてもー。あ、ちなみに来週誰が一緒に来るかは今日の日記のUp秒数で」
あずさ「私が行く(−− まるちとぴーすはジャンケンでもして決めなさい」
へむ2「・・・て、おーい。もしもし?」
あずさ「何よ(−−」
へむ2「いや、何て。だから、日記Upした時間の秒数でですなー」
あずさ「却下(−− 来週はアンタの生活態度矯正、強化週間よ」
へむ2「にゅう。まあいいやー、じゃあまるちとぴーすだけでも、一つ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。では、私は偶数で〜」
ぴーす「じゃあ、私が奇数ですね!」
へむ2「うい。んじゃそーゆー事で、結果は明日の日記で。じゃあ今日は、ちまっとぐるって寝るとしましょー」

* て事でぐる。hueうぇぶいろもんメッセージで『魔法少女アイ2plus』、『品切れ中ですがちょっとだけ再入荷しますよー』な、お知らせ。

*

へむ2「ふむ。おひさる通販も品切れ、店でも無い、と。作った数が少なかったんですな、本気で」
あずさ「まあそうでしょうねぇ。リメイク作品だから、そこまで売れたとは思えないし」
へむ2「ま、『作った分だけきっちり売れる』とゆーのはロスが少なくて良い事です。後は、あまり間を置かずに新作の発表が出来ると良いですなあ」

* まあ、前の方のメッセージ読む限りではもーちょいかかりそうですが(^^;<新作発表>とりあえず、年度明けくらいまでは待つ気でいた方がいいですかねぇ、やっぱり。

-

* 千世。『七彩かなた』の声優さん情報公開・・・て、おや。ふーりんがいますなぁ。

*

へむ2「ふむ。しかも空回り系、とゆーかへっぽこ系で、ときましたか」
ぴーす「へ、へっぽこ?」
へむ2「違うとは言わせません。しかし、そうかー。そういう事なら今回はプレイしてみますかね、これ。千世のゲームはいつもいつも、買ってるだけでプレイしとらんのですけど」
まるち「そうですね(^^; 基本的には、奥様の物ですから〜」
ぴーす「え? あ、そうなんですか?」
へむ2「うん。うちの嫁はもろもろの事情で千世のファンなんだ。のでまあ、俺のえろげ買いに行くついでに一緒に買ってただけなんですが・・・うん。今回は一発プレイしてみましょう。せっかくだし」

* て事で。ああ、後Webコミック更新とかアイキャッチサウンド募集とかもありますので、その辺興味のある方は、お一つどぞー。

-

* にゅにゅ。

* であここまで。さあ寝るですよぐー。


[如月日記一覧] : 2006/02/18 : (コメントが6件あるにゅ)

逆光は勝利。

* 今日はお休みー。

*

へむ2「さて。で、昨日のUp時間ですが」
ぴーす「はい〜。0秒ちょうどでしたね」
へむ2「まあ、実はいっぺんUpしてから誤字に気付いて書き直してるんで、もしかしたら最初は違ってたかもしれんのだけどな。でも、最初の方は俺見てないんで、そっちは無かった事にしといてくれい」
ぴーす「はい〜・・・」
まるち「ええっと(^^; あの、ぴーすさん。もし、よろしければ〜」
ぴーす「あ、いえいえ! あの、お気になさらず!」
へむ2「てゆっか、これも一つの勝負じゃからなあ。勝ちを譲るよな事はやっちゃいかんよ。それは敗者に対する冒涜とゆー物だ」
まるち「はわ(^^; そ、そ、そうですか? それは、あの、すみませんでした〜」
へむ2「ま、来週・・・とゆーか、再来週分の勝負では頑張ろうな、ぴーす」
ぴーす「はいっ! 頑張り・・・えっと。でも、あまり頑張りようが無い気もしますー」
あずさ「そりゃまあ、ランダムだしねぇ。頑張りようは無いわよね、そりゃ」
へむ2「いやいや、賽の目は気合いで変えれるもんです。とゆー訳で、囁き祈り詠唱念じろ!」
ぴーす「は、はぁ。わ、分かりました〜」
へむ2「・・・いや、そこは『灰になりました』で返してくれんと。もしくは、『ロストしました』
ぴーす「は、はいっ!?」
まるち「あ(^^; え、ええと〜。ウィザードリィさん、でしたでしょうか?」
あずさ「・・・ああ、復活の呪文(−− いや、知らないわよそりゃ、ぴーすは」
へむ2「知っておいて頂きたい。ま、いいや。とにかくお休みなんで、出かけるべー」
まるち「あ、は、はい〜(^^;」

* て事でふにふに。まずは俺のカメラ、データパックの電池が切れてたのでそれを買ってきて入れ替えて、これにて完全復活。ほんでもって次は本屋に寄って、カメラの本でも・・・あ、この『写真は光だ! 逆光で写そう』っての、タイトルがいいなあ(笑)

*

へむ2「えー何々。『カメラやフィルムの進歩で、どんな光線状態でもそれなりの写真が撮れる様になった』から今こそ逆光、とゆー趣旨ですな。おお、たわば先輩の理論が20余年の時を経て今、時代の趨勢に!!」
あずさ「いや、それは言い過ぎ(−− て言うか、多分趨勢違う」
ぴーす「ええっと・・・あの、たわば先輩とおっしゃるのは?」
まるち「はぁ(^^; えっと、昔の漫画に出てらした方で・・・ええと、その作品の中で、写真部の先輩だった方です〜」
へむ2「や、写真部違うぞー。光画部だぞー」
まるち「はわ?(^^; あ、そ、それは申し訳ありません〜」
へむ2「そして偏った意見の持ち主である。が、逆光とピーカン不許可に関しては実は正しい意見だと思ってる俺がここにいる」
ぴーす「は、はぁ。えっと・・・ピーカン? あの、えっと、ナッツ、ですか?」
へむ2「いやそれ違う。ピーカンっつーのは雲一つない晴れた空の事だ」
ぴーす「え? あ、そ、そうなんですか!?」
へむ2「写真とか映像関連でピーカンつーたらそゆこった。青一色の空になるんで画面が平坦になってよろしくない、とゆー意味でたわばさんはとても正しいと思う。特に白黒だと本気で単階調の灰色になるでなあ」
まるち「はぁ(^^; な、なるほど〜」
へむ2「と、ゆーのを踏まえた上で。とりあえず気に入ったんでこの本、買っていきましょーかね☆」

* そんでもって。さらに電気屋寄って、デジカメコーナーでD200をぺたぺた触ってみたり。

*

へむ2「うを。軽いなあ、これ。シャッター感も悪くないし、起動も本気で早いし。連写モードへの切り替えダイヤルがちと使いにくいのがアレじゃけど、オートフォーカスも早いし・・・あああああ、欲ーしーいー
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− そういう時は、お金の事を考えて気を静めなさい」
へむ2「お金かー。お金なあ。本体が20万じゃろ? でもってレンズが1本10万。望遠側と広角側で1本ずつ買うとして20万。後は細かいアクセサリーが色々かかって10万? まあ、合計50万かなあ」
ぴーす「はぅ。け、結構かかりますね。やっぱり」
へむ2「うむ。さすがにそれだけの金は今は捻出出来ねぇっつーか、素直にしょぼーん
あずさ「ん(−− じゃあ納得出来たなら帰るわよ。触れただけで満足しなさい」
へむ2「それで満足できたら世の中どれだけ幸せな事かー。まあいいや、とりあえずしばらくはF90でカメラ感覚のリハビリに取り組みますべーよ」

* て事で河原に行って写真を撮って。最後は秋葉までえろげを買いに。結局、『宿り蟲』にしたですよー。

*

へむ2「とゆー所で、あい。今日のお出かけは全部しゅーりょ、っと」
まるち「はい〜、お疲れさまでした〜(^^) あの、お茶をどうぞ〜」
へむ2「うい、ありあり。ところでさー、D200本体はともかく、交換レンズの一つくらいは欲しいよねぇ」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「ネットオークションとかで見ると、結構安く出てるのなー。たださー、出てるのの大半がGレンズでねー」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「あのー。Gレンズ、というのは、えっと?」
へむ2「うん、今のNikonの現行レンズだ。問題は、このレンズとF90の組み合わせだとマニュアル撮影が出来ない事。やっぱ、マニュアル出来ないのはダメよなー(遠い目)」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「だったら諦めなさい。素直に(−−」
へむ2「う〜〜・・・まあ、でも、そうよなあ(しょぼん) やっぱ、一度は自力でカメラ屋回ってからだよな、ネットオークションに頼るのは」
あずさ「誰がそんな事を言った!? 買うのを諦めなさい、っつってんのよ、諦めなさいって!!」
へむ2「そうは言われましてもー。あーうー、でもまあ、今のところは保留だなー。将来ホントにD200に買い換えるならGレンズにするべきだし、そうじゃないならDレンズでないといけないし。方針が決まらない事には、ね」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。是非、あの、じっくりお考えになってから、お決めください〜」
ぴーす「慌てる乞食は貰いが少ない、とも言います! ですから、あの!!」
へむ2「拙速は巧遅に勝る、とも言いますけどね。まあ、でも、うん。考えてみますさ、ゆっくりと」

* とゆー訳で、色々悩みつつ今日はここまでー。まーたあーしーたー。

* ぐぅ。


地獄のアナ様。

* 今日はお休み。んでもってなんか気力が沸かないんで、一日へだら〜

*

へむ2「うにゃー」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「くにゃー」
まるち「・・・・・・(^^;」
へむ2「にゃー」
ぴーす「・・・ええっと〜」
あずさ「あー(−−メ 少しシャキっとしなさい、シャキっと!!」
へむ2「にゃう。そうは言われましてもー」
あずさ「やらなきゃいけない事、色々あるんでしょうが(−− グダグダしてないで、どれからでもいいからやんなさい!!」
へむ2「うにゅう。じゃあ、そーですねぇ。来週のTRPGに向けて、『ゲヘナ アナスタシス』のデータシートでもコピーしに行きますか」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、そうですね。必要ですし〜」
へむ2「そんでもってキャラメイクもやってみる、と。なんせ発売直後のシステムですからなあ、前もってテストでやっときませんとにゃ」

* て事で今日は『ゲヘナ アナスタシス』のキャラメイク。地獄に落とされたアラビアンな世界で頑張る若者達の物語でござーい。

*

へむ2「今回の新バージョンルールでは、以前と違って技一つ一つに対してランクを上げていく形になるのですよ。そんでもってランクの合計が一定値を越えると術技レベルそのものが上がる、と」
まるち「はい〜。えっと、ですから、大変なんですよね(^^; 色々考える事が多くって」
へむ2「うん。まあでも、それは裏返せばそれだけカスタマイズ可能だっつー事で。短所がイコール長所である、と。そう考えていただきたい」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「でもねぇ・・・(ぱらぱら) 実際、これだけ色々技があると、どれから選んでいけばいいのやら」
へむ2「ま、その辺は自分の慣れてるトコから入ってみるしか無いですな。とりあえず俺はシーフ系キャラが好きなので、暗殺術メインで行ってみましょう。まずは」
ぴーす「あ、はい! えっと、暗殺術暗殺術・・・1レベルが『暗撃』に『魔薬・駿』、『魔薬・閃』に『魔薬・漲』。2レベルになると、さらに『血死』『瞬帰』『魔薬・鋼』『魔薬・心』、ですかー。うう、いっぱいありますね」
へむ2「そうだねぇ。まあ、俺的にはまず『魔薬・閃』かなー。攻撃力の少なさは、『暗撃』で補う」
ぴーす「な、なるほどー」
へむ2「後はせっかくなので新しい雑芸術からも鷹匠技1ランク取って、と。一般技能は固定値だから、まあこんなもんか?」
まるち「えっと・・・はい、そうですね。技能に関しましてはそれだけかと〜(^^)」
あずさ「後は・・・武器選んで、信条選んで? 紫杯連選んで、ってそんな感じ?」
へむ2「ふむ。じゃあ信条はランダムで決めて、紫杯連はとりあえず放置。次はキャラクタ成長させてみましょう・・・て、あ。そうか、このゲーム能力値は成長しないんだな。なるほど、じゃあ自分の作りたいキャラ像、最初から想定して能力値決めとかんといかん訳だ」
ぴーす「あ、そうですね。それぞれの術技を取るのに、必要能力値がありますし」
へむ2「むむむむ。そうなるとまたさらにややこしいなあ。つか、プレイヤーにはその旨最初に告知しとかんと」
あずさ「あー。まあ、そうねぇ。後になってから出来ない、って知ったらがっかりするだろうし」
へむ2「うん。で、後は・・・『一回に一つのスキルは1しか上がらない』とか『戦闘スキルは術技レベルを越えれない』とか。その辺も忘れそだから、注意しとかんとなー」

* と、そんな感じでふにふに色々。まあでも、いっぺんキャラメイクが済んだら後は楽そうですな。かなーりきっちり、システム化されてる感じですし。

-

* にゅ。

* で、ダラダラしてるうちに夜ー。なにげにこっそり進めてた確定申告用の書類書きも終わったんで、今日はここまでー。

* お休みなさい。ぐぅ。


健康的に起きて健康的に寝る一日。

* 朝。

* 今週もお仕事。なので以下略お出かけごー。

*

あずさ「・・・以下略?(−−」
ぴーす「じゃ、無い気がします。あの、『お出かけごー』って付いちゃいますと」
へむ2「細かい事を気にしてはいけませんよセニョリータ。それより、月曜日の朝というのが如何に憂鬱な存在かについて語り合おうじゃありませんか」
まるち「はわ(^^; いえ、あの、それは〜」
あずさ「心の底から却下する(−−メ さ、出かけるわよ」
へむ2「にゃー。であ、行ってきまー」
ぴーす「あ、はいっ! 行ってらっしゃいませ!!」

* んでもってヤンマガ、カイジ君。今週もカイジ君の猛省は続くっていやいいから話進めれ

*

へむ2「・・・最近、さらに進行スピードが落ちたっつーか何つーか」
まるち「しかも、来週はお休みですね(^^;」
あずさ「て言うか、来週休みだから今週進んでないのよね。多分」
へむ2「つー事なんじゃろなあ。うーむ」

* もう少しテンポ早くてもバチは当たらん思うのですが(苦笑) せめて、このお休みが無けりゃなー。

-

* 昼。

* まあでもそれはさておき、働け俺様ー。

-

* 夕方。

* 帰宅。ほでもって今日の移動のお供はカーの短編集、『パリから来た紳士』。表題作の最後のオチに『うひゃあ』だったり、メルヴェル卿のひがみっぷりがまあステキ、とか(笑) うい、なかなか楽しゅうございました☆

-

* 夜。

* さて・・・と、ああ、今日は特に書く事無ぇや。

*

へむ2「つ訳で、寝ますか」
まるち「あ、はい〜(^^)」
あずさ「ん(−− そういう健康的な生活を維持しなさい、今後も」
へむ2「うーん。そういう健康的な生活は精神的に不健康なのでどうかと思うがなあ」
あずさ「あ?(−−メ
ぴーす「え? 健康的なのが不健康、ですか?」
へむ2「てゆーか、現代社会とゆーのはそもそも病んでいる訳でその中で太古の生活を営むというのはつまり社会からドロップアウトするという事でありそれはやはり精神的に不健康と言うか社会的に不健康と言うか社会性を持つ生物としては社会に合わすのが筋という物ではないかと愚考するワタクシ22歳青春の夜。すなわち」
あずさ「黙れ(−−メ 寝言はそこまでにしときなさい、クルージング馬鹿」
へむ2「にゃ。では快適なナイトクルーズを楽しみながら寝るですお休みなさいぐー」
ぴーす「な、ナイトクルーズ?」
へむ2「夢の中でナー。あれだほら、旅に病んで夢は枯野を駆けめぐる、とゆー」
ぴーす「はぁ。でも、あの、それは少し、意味が違い・・・ませんか?」
へむ2「細かい事を気にしてはいけませんよセニョリータ。それより、月曜日の朝というのが如何に憂鬱な存在かについて語り合おうじゃありませんか」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「いきなり朝の会話まで巻き戻るなっ!(−−メ あー、もう!!」
へむ2「コピーアンドペーストでとっても気楽ー。さて、じゃあぼちぼちホントに寝ましょーね、まるち」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。お、お休みなさいませ〜」

* ぐー。


勇者ここに極まれり。

* あさー。

* きょうもおでかけだよ、おにいちゃん。

*

あずさ「・・・・・・(−− どっかの頭の悪い18禁ゲームの登場キャラか、アンタは」
へむ2「このげーむにとうじょうするおんなのこはみんな18さいいじょうだよ、ってか? しかし現実問題として18歳越えててあの知能の無さだと困るよなあ。ねぇ?」
まるち「はわ?(^^; あ、は、はぁ。あの、ええっと〜」
へむ2「まあいいやー。じゃ、留守番よろしく、ぴーす」
ぴーす「はいっ! お任せくださいっ!!」
へむ2「ういうい。であ、行てきまー」

* で、行きしのひこーきん中では岡嶋二人、『ちょっと探偵してみませんか』をふにふにと。まあ推理小説っつーよか推理パズル集なのですが、たまにはこゆのもよござんしょう。

*

へむ2「問題は、薄いんであっという間に読み終わっちゃう事ですな。そしてもう一つ、岡嶋二人作品はこれで購入済みなの、全終了なんですけどね。この先どうしましょう?」
まるち「あ、はい(^^) それは、あの、ご主人様の良い様に、どうぞ〜」
へむ2「うーん。作品としては平均点ちょい上かと思うんですけどねぇ。この人らの作品の最大の問題は、手に入らない物が多すぎる、とゆー所にあるのですなー。20何冊出てて、その内店に置いてあるのは半分以下や、つーのはどないやねん?」
あずさ「言ってもしょうがないでしょ、それは(−− 向こうだって商売なんだし」
へむ2「だからんな程度の覚悟で出版文化を守るげな意味の事口にすんじゃ無ぇよ講談社ー。ちうっかな、やっぱ半分も揃わんいうんは気ぃ悪い。マッハムカ、って感じだ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですか〜」
へむ2「うむ。んだから、他に読むもんが無くなってきたらまた手ぇ出すかどうか考えよう。もしくは、どっかの古本屋でごっそり著作が手に入ったら。それまではとりあえず保留、つー事で」

* この辺、相変わらず不便な所です。<ちょっと昔の本は全然手に入らない>何とかならんもんですかねぇ、ホントに。

-

* ひるー。

* お仕事にゃ。

-

* ゆうがたー。

* さくりとえろげ、『ぬいぐるまー』。データ持ち越し二周目なんで、まあさくさくとざくざくと。

*

へむ2「・・・わー。主人公、とうとうぬいぐるみと直に合体攻撃しやがりましたよ、今回」
まるち「はわ?(^^; はぁ、ちょ、直接、ですか?」
へむ2「うむ。戦闘中とゆー衆人環視の中、自分の膝までも無いぬいぐるみとまぐわう主人公。さすが勇者っつーか、そこにシビれる憧れる?」
あずさ「憧れるな(−−メ 当然シビれるのも、禁止」
へむ2「うん、その辺は何つーかこー、俺が疑問系で発言してる事に注目して頂きたいって気分です。いやまったく、妙な方向に突っ走ったゲームだよなあ・・・」

* で、三つ目の必殺技『神の領域』も今回はちゃんと無事手に入れて、二周目クリアっと。三周目は・・・どっしよっかな。エンディングとしては後2つだけみたいですし、やっちゃうかなー、この際。

-

* よーるー。

* とか悩みつつ。つーかそれを本格的に悩むのは明日にする事にして。

* 今日はもう寝ます。お休みなさいぐー。


[如月日記一覧] : 2006/02/22 : (コメントが2件あるにゅ)

なななのなななな。

* 今日も一日お仕事にゃーにゃー。ほでもって徒然に。

*

へむ2「あ。『ゲヘナ アナスタシス』の職業前提条件って、あれキャラメイクん時だけなのか」
まるち「はわ? あ、そうだったんですか?」
へむ2「うん。成長ルールをちゃんと読み返してたらそう書いてあった。その代わり、成長で獲得した場合は初期装備が貰えない、と」
あずさ「・・・ああ、なるほど。つまり能力値は要らないから代わりにお金を出しなさい、と」
へむ2「そーゆー事ですな。すっかり読み違えておりましたがー」

* とか。

*

へむ2「ところでですな。またうち鯖が一個落ちてる訳ですが」
まるち「はわ?(^^;」
あずさ「また?(−−」
へむ2「また。でもねぇ、それで気が付いたんだお兄ちゃん。あの鯖、落ちるんは必ず火曜日の朝の11時過ぎなんだわ」
まるち「はわ? え、あ、そうなんですか?」
へむ2「うん。で、だ。多分、なんだけどさ。うちの鯖には毎日11時にログ取り用にcronで起動してるスクリプトがあってだな。それの動作中にどーにかなってるんじゃないかと」
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜」
へむ2「ただなー。『他の鯖でも動かしてるのになんでこれでだけ飛ぶねん』とか『毎日動かしてんのになんで火曜日だけやねん』とか。その辺が不思議な所ではある」
あずさ「火曜日だけ? じゃあ飛んだのは今日じゃなくて、昨日なのね?」
へむ2「です。昨日は忙しかったし眠かったんでそのまま流してましたが、一晩経ってから考えるに上記の様な事態だと気が付きました。まあ、あの鯖でだけ飛ぶのはHDD読み込みの際にエラー発生してるからじゃねぇか、つー気もするんですが・・・火曜日だけなのは、どーにも説明がつかんでなあ」
あずさ「う〜〜〜ん・・・」
へむ2「ま、家帰ってからちょっとその辺、調べてはみるけどナー。しかし・・・うーむ」

* とか。

*

へむ2「ああ。今日は猫の日なんですな」
あずさ「猫の日? ふぅん・・・て(−− ひょっとして、にゃーにゃーにゃー、だから?」
へむ2「そこでそういう顔されても俺に責任無いから困るのですがー。ちなみに正式には『にゃんにゃんにゃん』で2/22、だそうですよ?」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「て事で、hueうぇぶいろもんではトップ絵にネコミミ娘なリゲルが。まあ『侍ジュピター』、ヒロインはほとんど全員ネコミミ娘な訳ですが・・・その中から何故リゲルか、つーと広報娘さんが好きだから、なんでしょうなあ。多分」

* とか。

*

へむ2「せんせー! 千世ろくでもないサイズ応援バナーが公開されてます!!」
まるち「はわわわわ(^^; な、777×7777、ですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− 『七彩かなた』、だから?」
へむ2「だから、でしょうな。だからなななのなななな。くそう、これはアレか、挑戦か!? 貼るぞ、そゆ事すると貼っちゃうぞ!?」
あずさ「いや落ち着きなさい、いいから(−− そんなの貼ったら迷惑でしょうが」
へむ2「そーなんですよねぇ。くうううう・・・ああでもくそ、挑まれて背中向けるのがむっちゃ悔しー
まるち「はぁ(^^;;; えっと、でしたら、あの、普通のサイズのバナーさんをお貼りになられては〜」
へむ2「いや、それじゃ全然意味無いし。でかいの提示されてでかいのを貼る所に意味があるのであって」
まるち「はわ?(^^; あ、そ、そうなんですか〜」
へむ2「くー。個別ページ作ってそこに隔離・・・いや、それじゃ応援バナーの意味無ぇし。ああくそ、どうしてくれよー」
あずさ「どうもしなくていい(−− そもそも、アンタが挑まれてる訳じゃ無いし」
へむ2「ま、そーなんですけどね。でも・・・あーもー、もーにょールー」

* とか。そーゆー事をやりながら、一方では『ぬいぐるまー』三周目、っと。結局の所、腹ぁくくって全エンド見る事にしたですよー。

*

へむ2「やー。何が疲れるかってこれ、時々強制終了しやがる所が一番疲れるんですけどねー」
まるち「はぁ(^^; そうですね。そこまでお進めになられたのが、無駄になりますし〜」
へむ2「普通のADVならともかく、SLGでそれやられるとすげー切ないっつーの(ぶつぶつ) まあでも、データ持ち越しのおかげで面クリ自体はすげー楽ですからなあ。そう無茶苦茶時間食う訳では」
あずさ「でもそれなりには取るでしょ、時間(−− て言うか、もうこんな時間なんだから寝なさい。とっとと」
へむ2「にゃ、あいあい。じゃあ続きはまた明日、もしくはまた来週っつー事で」

* お休みなさい。ぐぅ。


ぐるまー完了。

* 今日はお仕事特に無し。とゆー訳で一気呵成に『ぬいぐるまー』、三周目&四周目クリア。

*

へむ2「あーちかれた。でもま、これで心おきなく終了マークが押せますな」
まるち「はい〜(^^) お疲れさまでした〜」
へむ2「うん。どっか別の世界にぶっ飛んでるかのよーなえろテキストとか、ゲーム自体は結構楽しかったんですけど」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「楽しかったんですけど。でも、システムがなー。操作性が悪い、コンフィグ画面入ると時々右クリックを認識しなくなる、おまけに強制終了する、とストレスのたまる物でしたから。ちかれましたよ、ホントに」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい、ええと。と、とりあえずお茶をどうぞ〜」
へむ2「うい、ありり。まあでも、うん。ホントに楽しみはしたから、差し引きギリギリプラスかなー」

* で、夕方ひこーき乗って、東京帰還。んでもって家ではサーバいぢりをふにふにと。

*

へむ2「んー。やっぱまあ、スクリプトが動いてるタイミングで飛んでるのは間違い無いっぽ。間違い無いっぽなんじゃけど・・・あ、とりあえずただいま」
ぴーす「はい! お帰りなさいませ!! ですけど・・・」
へむ2「にょ?」
ぴーす「あのー。サーバの事でしたら、言ってくだされば再起動くらいいたしましたのに」
へむ2「や、まあ。自分の目で確認したい事もあったんで、その辺はまあ、なあ。あー、許せ?」
ぴーす「あ、いえいえ! 別に、あの、そういう意味では!!」
へむ2「あー、いや、うん。まあ、とにかく話を戻して。原因っぽい物は分かったけどそれ以上が分からない。分からんからまあ、この際スクリプトを書き換えるか?」
あずさ「・・・書き換えて、直るの?」
へむ2「分かんにゃーい。けどま、このスクリプトもだいぶ前に書いた奴で、色々問題も多いからなあ。ちょーどいい機会さぁね」

* で、夜の遅くまでふにふにふにふにふにふにふにふにふにふにと。遅くなったので、今日の日記もここまで以下略ー。

*

あずさ「て言うか、寝なさい(−− まったく、ここしばらくせっかく生活リズムが直ってたのに」
へむ2「しょーがないじゃん。大体、スクリプト書きしてる時は頭がぶん回ってるから一区切り付くまでは眠れん、俺」
ぴーす「・・・そう言えば、時々夜中に起き出されてましたね。しばらく前も」
へむ2「おう。ベッドの中で色々思いついちゃうと、どーしてもなー。とゆー訳で区切りの付く所までやるのは仕方のない事と言えよう」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、もう本当に遅いですから〜」
あずさ「寝なさい(−− 区切りも付いたんでしょ?」
へむ2「うい。であそーゆー事で」

* お休みなさい。ぐぅ。


戦えユーラシアン。

* えー。結局の所、昨日は眠れなかったりした訳で。

*

あずさ「・・・コラ(−−メ」
へむ2「しょーがないじゃんさー。エンバグしてる事にベッドの中で気付いたんだからー。気付いた以上は直さんとー(ぐて〜)」
まるち「はぁ(^^; あの、それで、お身体の方は大丈夫なんですか?」
へむ2「んー、かなりダメ。ぼちぼち限界。寝る。今から」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。ど、どうぞ〜」
ぴーす「ええっと・・・それでは、あの、いつお起こしいたしましょうか? あの、夕方まで寝ている訳にはまいりませんよね?」
へむ2「うん、今日は確定申告行かんとアカンからね。だからアレだー、うちの嫁が検診から帰ってきたら起こしてくれい」
ぴーす「はいっ! 了解いたしました!!」
へむ2「じゃ、そーゆー事で。ほにゃられは〜」

* と、朝の9時から12時くらいまで寝るワタシ。うう、まだまだ眠いですよセニョリータ。

*

あずさ「いいからシャキっとしなさい、シャキっと(−− ほら、お茶入れてあげるから」
へむ2「うにゃー。で、うちの嫁の方はいかがでしたか?」
まるち「あ、はい〜(^^) 順調だそうです〜」
ぴーす「今のところ男の子の可能性が高いんじゃないか、という事でした!」
へむ2「ほえ? あ、そうなの?」
ぴーす「はいっ! まだはっきりは分からないそうなんですけど、そう見えると!!」
へむ2「むう。うちの一族は野郎が多いのう、ホントに」
まるち「そうですね(^^; ご主人様のご兄弟の方も、皆様男性ですし〜」
あずさ「アンタのお兄さんの子供も男の子よね。確か」
へむ2「まあそーゆー家系なんだろう、多分。では、これからしばらくは男の子の名前、ふにふに考えてみますカー」

* とか言いつつ、ふにっと税務署出かけて確定申告。ついでに秋葉に行こうかな、とも思ったんですが・・・雨が降ってきてメンドいので、また明日ー。

*

へむ2「そして帰ってやっぱりスクリプト打ちに忙殺されるおにーさんである。うにー、疲れたー、だりー、ねみー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。無理はなさらず、どうぞお休みください〜」
へむ2「や、もーちょっとだからねー。最後までやっちゃうさー。てゆっか、今の内にやっとかんとまた今晩も寝れんくなる」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、夜寝ないよりかは今無理する方がマシだから何も言わないけど。でも、何やってるんだか。もう」
へむ2「まあまあ、そう仰らず。とりあえず、お茶でも入れてくれやがりなさい?」
ぴーす「あ、はいっ! 少々お待ちください!!」
へむ2「とにかくもーちょいですよ、ホント。今やってるのが済めば、緊急なのはもう無くなりますからね。そしたら今晩は、ぐうぐう寝るですよー」

* と、そんな感じで一日終了。スクリプト打ちも無事に終わって、ああ今日もよく疲れました、っと。

*

へむ2「さて。ところでですな」
まるち「はわ? あ、はい。何でしょうか〜」
へむ2「うん。実は昨日秋葉で、『サヴェッジ・サイエンス』つーTRPGのサプリメント・・・とゆーかシナリオ集とゆーか。そゆのを買ってきてあったんですけど」
あずさ「これ? また随分、薄いわね」
へむ2「トライアル04、『狂った歯車』・・・つまり、もう4つ目のサプリメントなんですね?」
へむ2「みたいですな。俺は基本ルール買って読んで、『こりゃ合わねぇなあ』と思ったからその後チェックしてなかったんですけど」
まるち「はわ?(^^;」
あずさ「・・・て、ちょっと待ちなさい。じゃあ何で、サプリメント買ってるのよ。しかも4つ目だけ」
へむ2「うん、前号の『ロール&ロール』にこのサプリの記事が載ってたんだ。で、それに惹かれたのでこりゃあこれだけは買わにゃあなんめぇな、と」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・何となく、嫌な予感がするからこのまま流したい気分なんだけど(−−」
ぴーす「どんな記事だったんですか? 一体」
あずさ「・・・・・・(−− 聞くし」
へむ2「うむ。今回のサプリメントはじゃね、マッドサイエンティスト集団が相手な訳よ。で、そのマッド集団が巨大ロボを作って、とゆー」
ぴーす「なるほどー。そして世界を征服しようとなさるんですね?」
へむ2「征服っつーか破壊っつーか。まあ、ポイントはその巨大ロボでな。どんなロボだと思うね?」
ぴーす「え? ど、どんな、と言いますと?」
へむ2「いや、聞き方が悪かった。どの位の大きさの巨大ロボだと思うね?」
ぴーす「え? え? それは、はい。巨大ロボ、というくらいですから50メートルとか、100メートルとか」
へむ2「ノンノン。そんなもんじゃ無いです」
まるち「はわ(^^; じゃあ、あの、ひょっとして1キロとか、ですか?」
へむ2「いんや。まだ足りない」
あずさ「どんな巨大ロボよ、それは(−− まさか、エベレストと同じで9キロ近くあるとか?」
へむ2「いやいやいやいや、まだ足りぬ」
まるち「はわわわわ(^^; そ、それは、あの」
ぴーす「ど、どれだけ大きいんですか!?」
へむ2「うむ、簡単に言うとだな。この巨大ロボ、ユーラシア大陸と同じ大きさだ」
まるち「は、はわっ(^^;;;」
ぴーす「え? え? え? えーーーーっ!?
あずさ「・・・ユーラシア大陸と、同じ?(−−」
へむ2「ユーラシア大陸の地下全てを使って作ったロボ、名付けてユーラシアロボだそーな。インドが顔で、ヨーロッパが右腕。韓国・日本あたりが左腕になる」
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「はわわ〜(^^; そ、それは、あの、なんと言いますか〜」
ぴーす「す、スゴいですね!?」
へむ2「凄いよ。そーゆー記事を読んだからサプリ買う気になった訳で、そして今日になってようやく時間が取れたんでゆっくり読んでみた訳で。やー、想像以上にステキでしたですじょ?」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか〜」
へむ2「とりあえず、攻撃方法が大陸間弾道大陸っつーだけでもぶっとんでるんだけどな。でもそれ以前に、ユーラシアロボが歩いただけで地軸が傾く。10歩歩いたらそれだけで地球の軌道が狂って太陽突入だはっはっは」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「てか、そもそも立ち上がっただけで当然ユーラシア大陸の国は全滅、その時の排気で一気に温暖化が進んで気温60度人類絶滅ときたもんだ。このシナリオ、どう進めても最後は必ず人類滅亡なんですじょ?」
ぴーす「はぅ。そ、それは、ダメですよ!!」
へむ2「ダメと言われてもにゃー。まあ、馬鹿シナリオとしては大変よろしいと思うし、たまにはこういうシナリオに触れて頭ぁ柔らかくもしとかんとなあ。そういう意味で、とても参考になるサプリメントですね?」
あずさ「参考にしなくていい(−− まったく、もう・・・」

* とゆー訳でなかなか楽しいのですが、でもこれ、18ページくらいしかなくて1200円したりします。<サプリメント>いい値段ですな、実に(笑)

-

* にゅ。

*

へむ2「さてさて。んじゃ寝ましょうか」
まるち「あ、はい〜(^^; どうぞ、あの、今日はぐっすりお休みになられてください〜」
あずさ「て言うか、今日は寝なさい(−− 絶対」
へむ2「そのつもりではありますが。しかし、何か思いついてしまうとどうなるか」
ぴーす「分かりました! では、私がドアの外で不寝番を! 出てこられたら、命がけでお止めいたします!!」
へむ2「・・・いや、そこまでせんでも。てか、うん。眠いから眠れるっすよ、多分」
まるち「はい〜(^^; 本当に、あの、そうなさってください〜」
へむ2「ういうい。であそーゆー事で・・・あ、最後に。ぱれっと4コマ第9話が公開されとります。つ事でー」

* であ今日こそホントに。お休みなさい、ぐー。


お鼻ぐじゅぐじゅー。

* 今日もお休み。なんで秋葉でえろげを買って、後はおうちで引きこもり。

*

へむ2「つかですな、なんか花粉が飛んでる風味なのですが。鼻はぐじゅぐじゅするわ、目はぱしぱしするわ」
ぴーす「あ、はい。今日は『花粉が多い』予想です、確か」
まるち「ええっと(^^; この前の火曜日くらいから、一気に増えたそうで〜」
へむ2「ヤな話だなあ、おい。つーかヤな季節になったもんです、今年も」
まるち「はぁ(^^;;; と、とりあえずあの、甜茶をどうぞ〜。花粉症に効くそうですし〜」
へむ2「うい、ありがと。そして今日は本気でこのまま引きこもりだいぇー。スクリプト打ちの続きでもするべぇよ」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、引きこもるなとは言わないけど。でも、夜は早めに寝なさいよ?」
へむ2「うむ、努力はする。努力はするが、しかしこういうのは状況任せな物ですからー」
あずさ「死ぬ気で努力しなさい(−−メ 寝言言ってないで」
へむ2「・・・死ぬのはヤじゃなー。ま、でも、てけとーに頑張りますよ、うん」

* ちう訳でスクリプト打ったり明日のTRPGの準備をしたり。で、夜になったので今日はここまでー。

*

へむ2「ああ、明日は『花粉が少ない』予想だ。良かったなあ、俺」
まるち「そうですね(^^; 明日もご主人様、お出かけなさるご予定ですし〜」
へむ2「まあ、出かけるっつっても屋内遊びだからいーんだけどな。でも、目薬くらいは持ってくかね、一応」
ぴーす「はいっ! 是非、そうなさってください!! 出来れば、あの、他のお薬も」
へむ2「いや、そこまでする程酷い訳でも無いし。まあ、出かける前に一服飲んどけば大丈夫でしょー。多分」

* んじゃ寝ます。ぐー。


[如月日記一覧] : 2006/02/26 : (コメントが2件あるにゅ)

戌の日大安。

* 今日は月イチTRPGの日。て事でふにふにお出かけって、『ゲヘナ餡』。

*

ぴーす「あ、餡?」
へむ2「公式の略語です。いちいち『アナスタシス』って書くのがいい加減面倒ってゆーかぶっちゃけ言いにくいので、以後は略語で」
ぴーす「は、はぁ。え? でも、えっと」
あずさ「いや、だからさらっと嘘つかない(−− 公式略語はあくまで『ゲヘナAn』でしょうが」
へむ2「だから『餡』だろ?」
あずさ「違うっ!!(−−メ 発音は一緒だけど、それは違う!!」
へむ2「発音一緒ならそれでいいじゃんよ、とか思うお兄さんがここにいたりいなかったりー。にしてもアレね、プレイヤーがシステムに馴染まんとツラいやね、これ」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
へむ2「うん。今回はプレイヤー全員ほぼ初心者ー、みたいな感じじゃったんじゃけど。『連撃』『カウンター』が発生する度にいちいち考えて進行が止まるんだわ、これが」
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜」
へむ2「後もう一個問題点。作成直後のキャラクターは本気で『出来る事が限られてる』から、戦闘中何も出来ないキャラクターが結構存在する。特に戦闘系をメインにしてないキャラは、辛いなあ」
ぴーす「戦闘系・・・と言いますと、刀術とか、獣甲術とか、ですか?」
へむ2「うん。妖霊使役なんざぶっちゃけ他人にダイス貸すくらいしかやる事ねぇし、神語術も選ぶ術によってはかなり辛い。正直、作成直後じゃなくていくらか成長させたキャラでやった方がいいと思う」
ぴーす「あ、それは、はい。そうですね。私もルールブックを読んで、そう思いましたー」
へむ2「総ランク数10くらいから始めた方が楽しいと思う。で、後、プレイヤーには最初に徹底して連撃とカウンターの勉強をさせておく。それが最低条件かなー」

* とゆー訳で、次回はそんな風にいってみる方針で。特に連撃システムだけは、本気でがっつり周知しとかにゃなりませんなあ。

-

* さて。

*

へむ2「んであ。今日も一日遊び倒して、疲れたんで寝るとしますカー」
まるち「はい〜(^^) どうぞ、ごゆっくりお休みください〜」
へむ2「ういうい・・・て、ああ、そうだ。ちなみにTRPGに行く前に、ちゃんと神社へのお参りには行ってまいりました。戌の日ですからな」
ぴーす「はいっ! しかも今日は大安ですし、安産祈願には最適ですね!!」
へむ2「まったくですなあ。とゆー訳で、しっかり神様にはナシ通したんで元気な子が産まれてくる事でしょー。多分」
あずさ「だから『話を通した』とか言うな(−− 敬いなさい、神様は」
へむ2「えー。こんなにも敬ってますのニー」
あずさ「どこがよ(−−メ まったくもう・・・」
へむ2「逆にどこが敬ってないと見えるのか強く問いたい。まあでもそれはさておき、えーかげん頭ふにってますから寝ましょーね。本気で」
まるち「あ、はい(^^) お休みなさいませ〜」
へむ2「うーい。ほいであー」

* お休みなさい。ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2006/02/27 : (コメントが4件あるにゅ)

逸脱ニシテ逸脱ニ非ズ。

* 朝。

* お出かけにょー。

*

へむ2「・・・て。そー言や今週は、留守番だぁれ?」
まるち「あ、はい〜(^^) 先週はぴーすさんでしたから、今週は私が〜」
あずさ「私は引き続きアンタの生活態度を矯正する(−− て言うか、せっかく平日でまともに戻したのに週末にチャラにするし」
へむ2「いや、だからそれはしょーがなかったんですってば。ま、それはさておきよろしく、ぴーす」
ぴーす「はいっ!! えっと・・・ですけど、まるちさん。本当に、あの、よろしいんですか?」
まるち「はい〜(^^) どうぞ、お気になさらず〜」
ぴーす「ううっ、すみません。ありがとうございます!!」
へむ2「ふむ。お姉ちゃんだのう、まるちは。おねーちゃーん、うちにも何かしてー」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「うーちーにーもー」
まるち「はわわわわ(^^;;; いえ、あの、ええっと〜」
へむ2「遊んでないで行くわよ(−−メ て言うか、とっとと顔洗ってらっしゃい」
へむ2「にゃ。であそーゆー訳で、れっつらごー」

* ごー。

-

* 昼。

* お仕事にょー。

-

* 夕方。

* まだまだお仕事にょー。

-

* 夜。

* ようやく帰宅ー。

*

へむ2「でーじこーはえーらいーにょはーたらーくにょ。とゆー訳で遅くまでザ・お仕事でへれへれなお兄さんである」
まるち「はぁ(^^; えっと、本当にお疲れさまでした〜」
ぴーす「お疲れさまでした! あの、お茶をどうぞ!!」
へむ2「うい、あり。でもってだ、あずあずや(ずぞぞぞぞ)」
あずさ「何よ?」
へむ2「今日ははつねちゃんの誕生日よね? 確か」
あずさ「そうよ。でも、この時間だと寝てるわよ、はつね。多分(−−」
へむ2「とても大変ダー。えー、お兄さんはお仕事でとても忙しかったのだ、とゆー事をですな」
あずさ「はいはい、明日にでも電話しといてあげるからガタガタ言わなくていいわよ(−− それより、とっととご飯を食べなさい」
へむ2「ほいほい。あ、でもその前にもう一つ」
あずさ「何よ」
へむ2「えー。スカラドギで『逸脱2006(仮称)』のタイトル募集が始まってたりするんですけどね。何か、良いタイトルありません?」
あずさ「知るか(−−メ 勝手に自分で考えなさい、そんなもん!!」
へむ2「にゃー。でもなあ、『逸脱』は『逸脱』だよー。別の名前にする必要、無いと思うんだけどなあ・・・」

* てゆーか。シナリオライターも原画家も本気で同じなんすから。いいじゃん、素直にホント、『逸脱2』で。ねぇ?(笑)

*

へむ2「『逸脱』が使えん理由でもあるのか。何か」
ぴーす「それは・・・あの、やはり違う会社だから、ではないでしょうか?」
あずさ「そうねぇ。ダメ出しが出たのかもしれないし、『出るかもしれない』からあらかじめ回避してるのかもしれないし。まあ、分かんないけど」
へむ2「うにゅう。まあ、それもそうか」
あずさ「そうよ(−− はいはい、じゃあ納得出来たなら」
へむ2「あ、ちなみに。『タイトル案・俺は射精した』が、多分最多数になると俺予想。なんで送る時はこれをハズして送るべきですね?」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。そ、そうですね」
あずさ「送らなくていい(−− それより寝なさい、とっとと」
へむ2「・・・あずあずは相変わらず、侘び寂びをいう物を理解いたしませんなあ。まあいいです、寝るですよ、ええ」

* て事でお休みなさい。ぐー。


蒸気世界冒険譚。

* 朝。

* 今日も眠いのですよー。

*

あずさ「だから(−− 早く寝なさいと」
へむ2「やー。昨日はそもそも、帰ってくるのが遅かったしー。ま、とりあえず行きましょうか」
まるち「はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ〜」

* て事で。まっはごー。

-

* 昼。

* お仕事。今日は短めー。

-

* 夕方。

* そしてばたんきゅー。ぐー。

-

* 夜。

* ちょっとだけ復活。んで色々コマい事をふにふにと。

*

へむ2「・・・て、おや。ライアーソフト新作の情報が出てますな。なるほど、トリスティアですか」
あずさ「それは蒼い海(−−」
へむ2「じゃあ、ネオスフィア?」
あずさ「それは蒼い空(−−メ でも・・・ホントになんか、今回は妙にコンシューマーゲームぽいわね?」
ぴーす「そうですね。何だか、普通のゲームみたいですー」
へむ2「まるでいつものライアーゲーが普通じゃ無い様な事を言う。いやまあ、土下座西部劇を筆頭に、普通じゃないのもほんの少しはありますが」
あずさ「て言うか、ほとんど普通じゃ無いでしょ(−− あそこのゲームは」
へむ2「その辺は主観の相違という事にしておきたイー。ちなみにおにーさん、キャラ絵見てなんとなく『ファム&イーリー』を思い出してたりする訳ですがー」
ぴーす「『ファム&イーリー』? えっと・・・あ、こちらですね?」
へむ2「何? あ、公式サイト、あったのか。もうてっきり歴史の闇に埋もれたと思ってたのに」
ぴーす「は、はいっ!?
あずさ「・・・・・・(−− まあ、作者の人に人気があるし。そのせいでしょ、きっと」
へむ2「そうだなあ。コミックマスターに描いてた人ん中じゃあ、かなりの出世組だしなあ。てゆーか、とてもブッタギレイヤーの人とは思えねぇ」
ぴーす「ぶ、ぶったぎれいやー?」
あずさ「それは闇に葬ってあげなさい、むしろ(−− どうせ完結もしてないんだし」
へむ2「いや、個人的には結構楽しい漫画だったんだが、ブッタギレイヤー。てゆーか、完結してないのはふぁむいりも一緒だべ?」
あずさ「・・・まあ、それはそうだけど」
へむ2「つっか話が豪快にそれまくってるので戻そう。ちう訳でふぁむいり思い出してほのぼのしてるおにーさんなのですが、その辺も含めてなんか昔のTRPGテイストが溢れ出てていいねぇ、これ」
あずさ「そう? て言うか、これだけの情報でそう言われてもねぇ・・・」
ぴーす「ちょ、ちょっとあの、まだ分かりませんかと。せめて、世界設定とか」
へむ2「いやいやいやいや、スチームパンク物とゆー時点で既に俺的には世界観オール受け入れオッケーやっほう! ですよ?」
ぴーす「は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− そうやって油断してると裏切られるわよ。て言うか、ライアーだし。どんな隠し球用意してるか、分かったもんじゃないわよ?」
へむ2「隠し球は隠されてる所に意味があるんで、その辺はそやって身構えるより、むしろオール受け入れの方が楽しめるってもんだぞ。まあでも、どんな隠し球あっても大丈夫だよ。多分。だってスチームパンクだし!!
ぴーす「はぁ。そ、そうなんですかー」
あずさ「・・・いや、まあ、アンタがそれで納得してるんなら、いいけど。そりゃ(−−」
へむ2「うん、いい事にしとけー。いずれにしても、とりあえず現時点では『昔のTRPGぽくっていい感じ』つーのが俺感想だ。この後それがどう変わるかは、もっと情報出てからのお楽しみー」

* とゆー訳で『蒼天のセレナリア』、ただいまとっても期待ちう。後、煽り文句の文字がふらふらしてる所が何かとってもいい感じですな、これ。妙にお気に入りー。

-

* にゅ。

*

へむ2「とゆーあたりで。じゃ、また寝ましょうか」
ぴーす「そうですね。明日もお早いですし」
あずさ「て言うか、明日は普段より1時間早いのよ? その辺、分かってるわよね?」
へむ2「うい、分かってますよー。だから寝るのですー」
ぴーす「はいっ! お休みなさいませ!!」
へむ2「ういうい。じゃ、そーゆー事で」

* 再びお休みなさい。ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]