まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



クリーンなクリリン。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


もちべーしょんダウン。

* 朝。

* お出かけぐー。

*

へむ2「・・・と。えーと、で、今週は?」
ぴーす「はい、今週は私が! 先週はまるちさんでしたから!!」
へむ2「ん、そか・・・て、あずあずがお留守番する、という可能性についてはハナからアウトオブ眼中?」
まるち「あ、はい(^^; ええと、あずささんがお出かけになられる、というのは昨日のうちにお聞きしてましたので〜」
あずさ「アンタの生活態度矯正月間よ(−− 今月は」
へむ2「うにゅう。まあいいやー、じゃ、行きましょーか」
まるち「はい〜(^^) それではぴーすさん、お家の方、よろしくお願いします〜」
ぴーす「はいっ! 行ってらっしゃいませ!!」

* で、ヤンマガー。カイジ君は・・・あー、『三好と前田が何故裏切ったか』つー話ですか、今回は。

*

へむ2「なるほど? 二人とも、カイジ君がまだお銭をたーんと持っている、と店長に吹き込まれて信じた訳だ」
あずさ「んー。まあ確かに、七億から勝った訳だしねぇ。信じたくなる気持ちも分からないではないけど」
へむ2「けど、脳味噌ユルいよな。二人とも」
まるち「はわ(^^; そ、それは、あの〜。い、言い過ぎではないでしょうか?」
へむ2「んにゃ、ユルい。そもそも、もしホントに五億からの金手に入れてたらあんな生活しとらんわい。カイジ君」
まるち「そ、それは(^^; えっと、世を忍ぶ仮の姿だと思われたのでは〜」
へむ2「いや、それはカイジ君の事が分かってないセリフだよ、まるち。カイジ君はなー、大金手に入れたら即他の博打に手ぇ出して身ぐるみ剥がれるタイプの男じゃよ?」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、言い方はアレだけど。実際の所そうでしょうねぇ。多分」
へむ2「そんな大人しく韜晦してられっ程大人物じゃ無ぇってばよ。つーか基本的にはカイジ君、完璧ダメ人間なんだと理解しといて欲しいよなー。ホント」

* まあでも、無理か。三好も前田も、カイジ君とまともに知り合ったのは班長打倒を誓い合った時。つまり『博打モード』のカイジ君の姿しか知らないんだもんなー。うにゅ。

-

* 昼。

* お仕事くにゃー。

-

* 夕方。

* まだまだくにゃー。

-

* 夜。

* んで帰宅。今日の移動のお供は森博嗣、『夏のレプリカ』

*

へむ2「うむ。何つーかどうでもいい謎でしたな。以上(ぱたむ)」
まるち「は、はわ? どうでもいい、ですか?(^^;」
へむ2「うん。正直どーでもいい。まあ具体的な理由としては・・・あー、うん。これくらいは言うてもネタバレにならんか思うから言うけど、俺がこれ読んでて一番最初に感じた疑問は『誘拐犯がお兄ちゃんの事を一切合切無視してるのはなぁぜ?』だった訳で。そこから演繹してくと、何をどう転がしてもヤな結末しか出てこない、とゆー予想が立っちゃったのな。いきなり」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「で。そのヤな結末になって、『ああ可哀想だね』と登場人物に感情移入出来るか、つーと全然出来ん訳で。正直、『うん、君らはもう好きにして?』気分なんで、モチベーションが全然上がらないっつーかむしろぐんぐん下がっていくってゆーかいっその事ザ・ブルーインパルス?」
あずさ「何なの、それは(−− 全然意味分かんないわよ、そのたとえ」
へむ2「母さん全然分かんないわよ!? て、いや味っ子ゴッコしてる場合じゃ無くて。とにかくそんな感じで、頭使う気にもなれなかったんで半分投げながら読んでた訳ですがー。結局、最後までヤな結論から抜けれませんでした。うう、ぐんにょり」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「何つかなー。こーゆーしょーもない人達のしょーもない犯罪が読みたくて推理小説読んでる訳じゃ無ぇんだこちとら。も少しこー、なぁ?」
まるち「はわ(^^; あ、え、ええっと〜」
あずさ「そう言われても(−− 困るわよ、こっちも」
へむ2「うにゅー。ま、いいやー。今回のに関してはいつもの小娘がほとんど出てこなかった分読みやすかった、と。そこだけ評価して、俺的にはしゅーりょー」

* て事で。『やっぱモチベーションの維持って重要だよなー』と思う今日この頃でした。まる。

-

* さて。

* そしてぐる。えー、まさにそれが問題な訳でしてー(笑)<とめどなく時間を吸い取られる>あまり時間取られ過ぎるとえろげが出来なくなって本末転倒だなあ、と。

*

へむ2「とは言え、せっかく勧めていただいた訳ですし。何より、他に買う物が無い。ちう訳で帰り道にブックオフ寄ってるお兄さんでござーい」
まるち「他のお店さんはもう閉まっておられますし、ここに無ければ週末ですね(^^;」
へむ2「ですね。正直、その為だけに秋葉行くのは面倒なので・・・おや。二階堂黎人の『人狼城の恐怖』がこんなところに」
あずさ「・・・・・・(−− いや。探す物が違うでしょう、それは」
へむ2「常に探求する心を忘れない俺様ステキー。て、第二部だけ無ぇよ!?Σ( ̄ロ ̄;)
まるち「はわ? あ、ホ、ホントですね(^^; 第一部、第三部、第四部だけです〜」
へむ2「おにょれふぁっきん。まあしかし、ある物だけでも買っていくべぇ。ここで買いそびれると、多分またしばらくは出会えませんからなあ」
まるち「はい〜(^^; それが、あの、よろしいかと〜」
あずさ「あーはいはい(−− それよりほら、はい。『ディスガイア』」
へむ2「おや、ありましたか。であ買ってって、明日からちまちまやってってみるといたしまっしょー」

* ちなみに『ディスガイア』に対する俺の知識は、『アイテム界つーのがあってそこで武器を鍛えられる』てぇそんだけ。せっかくですので、一周目はそれ以上の情報を入れずにふにふにやってみるですにょん。

-

* あい。んじゃ後はえろげ屋関連。

*

へむ2「えーと。うぇぶいろもんメッセージが更新されてて、情報公開はほんとに後少しっぽ。で、一方『ヴァリスX』は正式に特集ページオープン、と。3/17からBB5で先行発売だそーですよ、お嬢さん」
あずさ「・・・・・・(−− だから?」
へむ2「うん。つまり誰か人柱ぷりーずれつごー。まあもっとも、ここの右端見る限りではどー考えても『一繋がりの話を五つに分割したADVです』ですので。人に勧めるのはどうかと思うんですけどねはっはっは」
あずさ「分かってるなら勧めるなっ!!(−−メ まったくもう・・・」
へむ2「や、まあ、お試し版もあるみたいですしね? タダなら誰かがやるんじゃないかなあ、と」
あずさ「自分でやりなさい、自分で(−−メ」
へむ2「・・・いやぁ。なんかプレイしたら色々と大切な物を打ち砕かれそうな予感がしてモチベーションがみるみるダウ、あ、いやいやいやいや」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「えー。まあ何です。本気でその気のある方ぁ、是非どぞー」

* とりあえずワタクシはヴァリスヒストリーでも見て和んでよーかと思います。こーして改めて見ると、ホント昔の絵ですなあ(笑)

-

* さてさて。

*

へむ2「で、まあ、今日はもう遅いので寝ようかと思うのですがー。でもその前に、ただいま」
ぴーす「は、はい? あ、はい、お帰りなさいませ!!」
あずさ「・・・寝る寸前のタイミングで言う事じゃないでしょう、それは(−−」
へむ2「やー。帰ってる途中からぐるぐる始めてたせいで、言うタイミングが。で、今日は何かありました?」
ぴーす「いえ、特には何も。奥様も、お元気です!!」
へむ2「そかそか。であその調子で、明日以降も留守番よろしくー」
ぴーす「はいっ!!」
へむ2「ん。じゃあ寝ましょー今寝ましょーすぐ寝ましょー。お休みなさい、ぐー」

* ぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]