まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



貴方の後ろに偽善者が。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


転生転職ディスガイア。

* 今日もお仕事ふに。でもってディス以下略。全員のレベルが25越えたので、さくっと第四話を終わらせて。

*

へむ2「て、おや、中ボスだ。生きてたのか、こいつ」
はつね「ちゅ、中ボス?(^^; そういう名前なんだ、この人」
あずさ「いや、表示はそうなってるけど。ちゃんと名前はあるのよ? 確か・・・ええと。何て名前だったっけ?」
へむ2「さあ? きっぱりあっさり、覚えてねぇ」
かえで「・・・覚えて、ないんですか」
へむ2「ない。。こいつに関して覚えてる事は、六倍強化の嫌な雑魚がいた。それだけだ」
かえで「・・・そう、ですか」
へむ2「まあ、いいさ。話進めていけばそのうち名乗るだろ・・・あ?」
はつね「あ(^^;」
かえで「・・・名乗る前に、戦闘に」
ぴーす「は、入っちゃいましたね。て言うか、主人公さん達、名前を聞く気がありませんよ!?」
へむ2「無いみたいじゃねぇ。まあ、俺も聞く気無いから、いいけど」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ。覚えてどうなるもんでもないしね。確かに」
かえで「・・・この後、出てくるかどうかも分かりませんし」
へむ2「うん。ま、とりあえず。奴、主人公に敗れて以来、『屈辱を糧に肉体を極限まで鍛え上げ』とか言うとるんで、こっちも本気で相手をしてあげやう。具体的には、遠距離から大次元断で一撃必殺。相手に行動さえさせないー」
ぴーす「え。せ、せめて、あの、あちらの方の必殺技、見てさしあげませんか?」
へむ2「ヤだよ。本気の相手には、本気で当たるのが礼儀ってもんだろう?」
ぴーす「は、はい。それは、あの、そうなんですけど」
はつね「でも、お兄ちゃん(^^; せっかく、『肉体を極限まで鍛え上げ』て必殺技編み出した、って言ってるのに。あの悪魔の人」
へむ2「うんうん。俺も頑張って大次元断を会得したよ。つまり、条件は五分と五分じゃろ?」
はつね「そ、そう・・・かな?(^^;」
かえで「・・・そう、かも」
あずさ「いや、絶対違うから(−− まあでも、好きにしなさいよ。わざわざ時間かけるのも、確かに馬鹿馬鹿しいし」
へむ2「うい。であ、さらっとなー」

* で、さらっと勝利のさらっと第五話、突入っと。

*

へむ2「・・・おや。ねえ、あずささん、あずささん?」
あずさ「・・・・・・(−− 限りなく聞きたくないけど、一応聞いてあげる。何よ?」
へむ2「うん。この世界には超魔王ってのがいるらしいですよ? つまり、それを照準にレベルアップしろと」
あずさ「しなくていい(−−メ はい、その話題終了。次行くわよ、次」
へむ2「ちぇー。いやま、しかしですな。真面目な話、ぼちぼちプリニー隊を転生させて別のクラスにしようと思ってるのですよ。それが必要な事なのは、認めてくださるでしょう?」
あずさ「それは・・・まあ、一応、ね(−− 確かに、魔物型が四人もいたんじゃあ不便だ、ってのは分かるけど」
へむ2「うい。ですから、転生転職。でもそーすると、レベルが1に戻る訳で。経験値稼ぎ必須、なのも分かってくださいますよね?」
あずさ「・・・・・・(−− 分かるけど。分かりたくないわねぇ、それは」
へむ2「でも分かってくださってありがとう。ちう訳で、転生させたら手持ちのダークロザリオ、全部レベル10にまで上げよーかと。その頃にゃ、転生させた連中もレベル30くらいにゃなってるでしょうしねー」

* とゆー訳でプリニー隊三人を転生させて、それから経験値稼ぎを始めたのです、が。

*

へむ2「ありゃ。思ったよりも早く、レベル30になっちゃったなあ」
かえで「・・・です、ね。やっぱり、住人レベルの高いアイテムは」
はつね「経験値の入りがいいね。その分、ちょっと敵も強いけど(^^;」
へむ2「そだねぇ。やっぱアレか、経験値稼ごうと思ったら『ちょっとは苦戦する』レベルの敵に挑まんとダメだ、つー事か。今までは安全を追ってたから、レベルの上がりが悪かった、と」
はつね「そうだね(^^; それで、お兄ちゃん。どうするの? レベル30になっちゃったけど」
あずさ「どうするにしろ、しないにしろ(−− もう3時だ、って事は認識しなさいね」
へむ2「うーい。そうなあ・・・とりあえず、シナリオの方もボス手前まで進めて。で、今日はそこで止めとこうか。どうするかは、明日以降に考えまっしょー」

* あいあい。では、さくっとな。んー、今回の敵は、何かと主人公の弱点を突いてくる、とゆータイプらしく。

『オ、オレさまは、なぜか、ムチムチした体の女が大の苦手なのだ・・・!!』

* ・・・ああ、ねぇ(笑)

*

へむ2「そうか。だからあの小悪魔娘を近くに置いとるのか、主人公。いいつるぺたっぷりだもんなあ、あの娘」
はつね「あ、あは、あはははは(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「ふむ。とりあえず、笑かしてもらった。あーんど、敵をベースパネルに投げればそいつを捕獲出来る、とゆーのも偶然ながらに判明した。そうか、こーやって味方を増やす方法もあったんだなあ・・・」

* まあ、これ以上仲間増やしてもあんまし意味無いんで今の所はやめときますが。<敵捕獲>でもま、今後仲間増やす気ぃになった時にはその辺も考慮せよ、ですなあ。うむ。

-

* にゅ。

* さて。そいでは今日はここまでー。

*

へむ2「あ、最後にちょっとだけぐる。えーと、Game-Style奢られコラムR更新で、今回銀時計。うん、言いたい事は分かんないでもないですが、でもFLASHオンリーなサイトはどーかと思うのよ。お兄ちゃんわ」
かえで「・・・重い、ですしね」
はつね「どこに何があるかも分かりにくいよね、やっぱり(^^;」
へむ2「うん。今は大分改善されて・・・て、改善されてこれかよ、つー気もしますが。まあとにかく、改善されたんだ多少はマシになってますけどね。それでもやっぱ・・・なあ」

* やはり軽さは正義だと思うのココロ。重いサイトは、(FLASH使ってる使ってないに関係なく)行く気になりませんからにゃあ。

-

* にゅにゅ。

* ほいであ。お休みなさい、ぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]