まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



パニック系。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


ゲヘナ先生の次回作にご期待ください。

* や、それは『第一部・完』じゃなくて打ち切りな時のアオリ。<タイトル。

-

* と、ゆー突っ込みはさておき。

* 今日は月イチTRPGの日。とゆー訳で、一日うにゃーと遊びing。

*

へむ2「にゅー。ただいまー」
まるち「はわ(^^; あ、お、お帰りなさいませ〜」
ぴーす「あ、あの? お声の方が、随分?」
へむ2「や、まあ、今日は一日しゃべりっぱじゃったからなあ。これくらいは、そりゃ」
まるち「はぁ(^^;;; あの、ええと。のどのお薬を買っておきましたので、あの、とりあえずこちらをどうぞ〜」
へむ2「ん、あんがと(ひょいぱく) まあでも、その甲斐あってかなりきちんと『第一部・完』っぽい話になりましたですよ?」
まるち「そうなんですか?(^^) それは、はい。良かったです〜」
あずさ「・・・ちなみに。どんな話だったの? 具体的には」
へむ2「んー、そうね。前半はNPCな猫娘と首無し死体殺人事件をフレーバーに使って進めつつ」
ぴーす「く、首無し?」
へむ2「後半は、天使と邪霊の狂った愛を。や、PC達が見事に天使の思惑通り動いてくれたので、結果的にはハッピーエンドでしたな。天使にとってだけは」
あずさ「・・・だけ、なのね?(−−」
へむ2「だけじゃないかな。邪霊が蘇って、街の地下に埋もれてた空中庭園も蘇ったから街の人たち大パニックだし」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「PC達は、『ラスボスにぶち殺された上、獄に放り込まれる』つー結果になったから? ハッピーエンドどころか、そもそも今を生きのびるので精一杯な状況な訳だしね」
ぴーす「え」
あずさ「殺された・・・て(−−」
へむ2「あ、いやいやいや。ちゃんと呪い付きで生き返らせときましたよ? 制限時間付き。それまでにラスボスを倒さないと死ぬ呪い。おーいぇー♪
あずさ「おーいぇー、じゃないっ!!(−−メ えーいまた、ろくでもない」
へむ2「はっはっはっはっは。誉め言葉を受け取っておきましょう、セニョリータ☆」
ぴーす「ほ、誉め言葉? なんですか?」
あずさ「絶対違うと断言しておく(−− いくらダークファンタジーだからって、もう」
へむ2「はっはっは。いやまあでも、真面目な話。今回のパーティ、『一芸専念』型のキャラクターが多くってさ。それだと『いざ弱点を突かれた時に本気でなんにも出来なくなる』とゆーのを身体で知っといて欲しくてねー。ラスボス戦にかこつけて、すっげぇ嫌らしく攻めてみましたー」
まるち「はぁ(^^;」
ぴーす「・・・えっと。あ、でも、それは大事な事、ですよね?」
へむ2「ですよ。ま、これで皆さん色々考えるでしょーし。シナリオの方でも、天使のねーちゃんが邪霊と融合してこれで死ぬまでずっと一緒。『あら、私は幸せよ?』とうっすら微笑む、とゆーシーンを演出出来て俺満足。目的は大体果たせたので、結果おーらいおーらいはっはっは」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「融合・・・死が二人を分かつまで、ですか? な、何だか、それだけ聞くと純愛っぽいですね」
へむ2「や、俺は100%純愛物語のつもりでいるよー? ただ、ちょっとその恋愛が他の人にとって超迷惑なだけー」
ぴーす「・・・あ、ええと。だ、だけですかー。だけ、なんですね。そ、そうですかー」
へむ2「うむ。まあでも、片方が邪霊なんだからしょーがないよな。屍山血河の上に築く愛の城、とゆーのもそれはそれで良かろうさ」
あずさ「良くないわよ(−− まったくもう・・・そういう事考えさせると、ろくでもない事ばっかり思いつくんだから」
へむ2「や、元々邪霊が絡んだ時点でろくでもない事絶対確定、な世界ですので。文句はゲヘナAnの世界観そのものに言っていただきたいと思うー」
あずさ「やかましい(−−メ 素直に邪霊が暴れてうひゃー大変、なシンプル話でも作っときゃいいでしょが」
へむ2「そんな話の何が楽しいというのカー。てゆっか、邪霊が小細工好きなのも実は世界観の内。ま、いずれにしてもこれで第二部は『数ヶ月後。獄に飛ばされた享受者達はようやく脱出の糸口を掴んだ』とゆー所から始める事が出来る訳で。間が空く理由も出来たし、良しとしましょーや」

* ちゃんちゃん。ちう訳で、来月からしばらくTRPGの方はお休みー。嫁の出産も近いですし、子供が産まれたら産まれたで色々ドタバタするでしょし。まあ再開は、本気で秋以降ですにゃー。<ゲヘナAnキャンペーン

-

* にゅ。

*

へむ2「あい。んじゃ寝ますかね」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ〜」
ぴーす「どうぞ、ごゆっくりお休みください!!」
あずさ「・・・ねぇ。でも、その声で仕事の方、本当に大丈夫なの?」
へむ2「だいじょーぶよ。一晩寝ればそれなりに回復するじゃろし、そもそも俺の仕事はそんなに声出さなくてもなんとかなるし」
あずさ「そう。なら、まあ、いいんだけど」
へむ2「ん。であそーゆー事で、お休みぐー」

* 明日は仕事だお休みぐー。のど飴なめつつ、寝るですよー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]