まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



過去形あいえぬじー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


秋葉始め。

* 今日は1月2日。皆様、ナイスな初夢は見れましたでしょうか?

*

はつね「お兄ちゃんはどんな初夢見たの?」
へむ2「んー? や、目ぇ覚ましたら半分忘れちゃったんだけど・・・とりあえず、踏切で自動車事故が起こってた」
まるち「はわ?(^^;」
へむ2「で、飛行機が空から落ちてきた。確か落ちてきた場所がどっか特殊な場所で、これは何らかの作為があるに違いない、と推測した覚えが」
猪名川「・・・何の夢見とんやろなー、このにーちゃん」
へむ2「で、さらに阪神競馬場で地震が起こってな。そのせいでせっかくステイゴールドが一着だったのに審議になっちゃってさあ。勝ち運無ぇよな、ステイゴールド」
あずさ「注目するポイントが大分ズレてるわよ、アンタ(−−」
へむ2「まあその辺はさておいて。とにかくこれは何かの陰謀に違いない、ってんでチームの仲間と調査に出る事に。チームメンバーが誰やったかは覚えてないんですけど、どっかの変身ヒロインが居たよな気がします。何となく」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか」
へむ2「んで、現場着いて。阪神競馬場のぶっ潰れた屋根見ながらお茶漬け食べよいう話になってえ?(^^;;;」
かえで「・・・なんで、そんな話になるんですか?」
へむ2「さあ。で、女性陣に米買ってきて〜、って頼んだらホントに米買ってきはってなあ。コンビニご飯で良かったんじゃけど」
はつね「あはは(^^) それで?」
へむ2「で、しょうがないから米炊いて、炊きあがったところで時間切れで目が覚めた。そんな初夢だった訳ですがこれは夢博士、いい夢でしょうか? それとも悪い夢でしょうか?」
あずさ「知るか馬鹿(−− て言うか、誰の事だ夢博士って」
へむ2「んー。希望くんのお父さん?」
あずさ「黙れ(−−メ とにかく、夢診断がして欲しいんだったらもっと分かりやすい夢を見なさい。鷹が出てくるとかナスを食べてるとか」
へむ2「んな事言われてもにゃー。自由に見る夢選べるなら苦労しませんがな」
はつね「あはは(^^) それはそうだね」
猪名川「(ぽん)どやろ? 『ナスマンに追いかけられつつ富士の樹海を逃げまどい、最後は鷹に食われる』いうんは」
まるち「はわ?(^^;」
へむ2「いや、どやろ? て、何がよ?」
猪名川「や、これやったら分かりやすいかなー、思て。これ、ええ夢やろか悪い夢やろか?」
へむ2「ふむ。それは難しいのう・・・俺的には良い夢ちっくに思えるが」
かえで「・・・悪い夢、だと思います」
はつね「でも、富士山も鷹もナスも出てるよ?」
まるち「ええっと(^^; ですけど、食べられちゃってますし〜」
あずさ「いや、それ以前に『ナスマン』って時点でもうダメでしょ(−−」
へむ2「むう、三対二。どうやら悪い夢らしいぞ?」
猪名川「そかー。残念やなあ」
あずさ「何がだ、何が(−− そもそも実際にそういう夢見た訳じゃないでしょが、アンタ」
猪名川「そらまあ、なあ。やけどどうせやったらええ夢の方がええやん」
あずさ「えーい! 見た夢だけ話しなさい、見た夢だけ!!」
へむ2「うむ。だからステイゴールドが審議の結果二着に降着でやね」
あずさ「アンタの夢は話さなくていいっ!!!(−−メ・・・我が儘ねぇ、あずさ君」
はつね「あはは(^^) そうだね」
あずさ「はつねっ!! そこで同意しないっ!!!」
はつね「え?(^^; だ、だってお姉ちゃん」
へむ2「まあとにかく。そーゆー訳で俺様の初夢はそーゆー夢だった訳ですが、皆様はいかがでしたか?」

* まあ、じゃぱにーず初夢は便利なもんで、『いい夢なら正夢、悪い夢なら逆夢』つー事になってますからどんな夢でもおっけーなんだとは思いますが。とりあえず皆様、悪い夢が正夢にならない様、良い一年を。

-

* さて。

* 今日は今年初めての秋葉原。何か正月の早よからえっらい人混みでかなり鬱陶しかったですが、それはさておき今年も運試し。げっちゅ屋行って福袋げっちゅです。

*

あずさ「・・・一万円も出してまた無駄な物を(−−」
へむ2「まあ、おみくじみたいなもんだし、これ」
猪名川「凶しか入ってへんおみくじか?」
へむ2「もしかしたら末吉くらいが入ってるかもしれないおみくじです。今年一年の秋葉系吉凶を占うにもってこいだと言えましょう」
はつね「て、ほとんど凶しか無いんじゃないの?(^^;」
へむ2「だからこそ秋葉占いにもってこいなのですよ。秋葉原に吉など無いのですからー」
まるち「な、何だか凄い事仰ってますね、ご主人様(^^;;;」
へむ2「いーのいーの。さ、そいじゃあ開封してみましょうか、福袋」

* そゆ訳で。んーと、中に入ってたのはゲームが三つと後、グッズ。ゲームは、具体的にはこんな感じですた。

* ちなみに、げっちゅ屋の福袋ですんでそれに敬意を表して、リンク先はオフィシャルじゃなくげっちゅ屋新作カレンダーに張ってます。だからどーだこーだと言う訳ではありませんが。

*

へむ2「ふむ。意外と・・・マシ?」
猪名川「せやなあ。まあ、真ん中はさておいて、他はな」
あずさ「しょせん福袋、にしてはずいぶんまともな物が入ってるわねぇ」
へむ2「てゆーか、『ラブリーラブドール』が入ってるのが逆に納得いかね。これは君、ここに入ってて良い物では無いぞ?」
猪名川「て、あんたまだプレイしとらん癖に」
へむ2「しとらんけど。でも、ついぞこないだ出たばかりだとゆーのに。いきなりこれは無いじゃろ?」
かえで「・・・もう、4ヶ月になりますけど。出てから」
あずさ「でも、特典テレカ付きで放出する事は無いわよねぇ。置いとけばまだ売れる事もあるでしょに」
まるち「あの〜、皆様?(^^;」
へむ2「にょ?」
まるち「あの、福袋なのですから〜。『当たり』が入っていた、と、そうお考えになられてはいかがでしょうか?(^^;」
はつね「そうだよ〜。お兄ちゃん達、『ハズレしか入ってないハズ』って思ってるからおかしくなるんだよ(^^;」
猪名川「・・・だって、福袋やで?」
へむ2「つーか、げっちゅ屋やぞ?」
まるち「そ、それはそうですけど〜〜(^^;;;」
はつね「もしかしたら、今年はいい物用意したのかもしれないじゃない、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「むう。それはありえないと思うけどなあ・・・ま、いいや。とりあえずグッズの方も見て、そっから考えてみましょうか」

* とゆー訳で、今度はグッズ。こっちも、カウントしてみたら三つ入っておりました。具体的にはこんな風。

* ・・・え〜〜〜〜〜〜〜と。

* 貴様1000個限定生産の分際でまだ残っとったんかい。マウスパッド

*

へむ2「つーか。俺、去年も同じの福袋でげっちゅしとるんですけど?」
まるち「はぁ(^^; そうですね」
あずさ「・・・まだ残ってたのねー。このマウスパッド(−−」
猪名川「まあ、一昨年ほぼ一年かけて売れんかったもんが去年になって売れるとは思えんしなあ。しゃーないんちゃう?」
へむ2「しゃーないかもしれんけどなあ・・・こんな、あからさまに在庫処分なもんが入ってると何つーか。やっぱげっちゅ屋げっちゅ屋やな、いう気分になりますな」
猪名川「やな。つー訳でやな、やっぱさっきのゲームも『当たり』ちゃうで、はつねっちゃん」
はつね「あ、あはは(^^;;; そうみたいだね」
へむ2「ふむ。ま、でもいっか。正直、もっとろくでもないセットが来るんも覚悟しとったしな。この程度で済むんなら十分末吉レベルやろ」
かえで「・・・そうなんですか?」
へむ2「そゆ事にしときましょ。ラブドールミケぐるみと、まあそれなりにオッケーなもんが二つも入ってましたからね」

* もっとも、ラブドールにしろミケぐるみにしろもうすでに一個持ってる訳で。二つ持ってても意味が無いっちゃ意味無いんですけど・・・まあ、その辺はあえて無視する、つー事で(笑)

* ま、とにかく。そんな感じで、今年の運試しもしゅーりょー。この結果通り、秋葉とは適当にスカ掴まされつつ、でものんびりまったり一年間お付き合いしていこーと思います。まる。

-

* さてさて。

* んじゃ、今日はちょっと風邪気味なのでこの辺で。年賀メールの返事とか掲示板の返事とか滞ってますが、今脳味噌働いてないんで御免なさい。

* そいでは、お休みなさいですにょー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]