まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



れっつぷれいつー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


たまには朝から更新にゅ。

* 今日は珍しく朝から日記更新です。

*

あずさ「・・・朝?」
へむ2「まだ午前中なのでそういう事にしておきなさい」
あずさ「・・・まあ、いいけど(−−」
へむ2「別にね? 朝、日記Upしようとしてそのまま忘れてて、で、タイトル変えるの面倒だからそのままUpしようとか、そゆ訳じゃありませんからね?」
猪名川「いや、そんなわざとらしい墓穴掘らんでええし。いくらホンマの事や言うたかて」
へむ2「だから違うと言うに。ヤダナァ、ボクガソンナマヌケナコトヲスルワケナイジャナイデスカ」
猪名川「はいはい。まーええから、さっさと本題入りやー」
へむ2「・・・しくしく。みんながボクを信じてくれませんわ。しくしくしく」
あずさ「自分の事『ボク』なんて呼んでる時点で本気で言ってないのがバレバレでしょ(−− いいからさっさと進めなさい」
へむ2「むう。付き合い長くなると反応に初々しさがなくなって困るよなあ(ぶつぶつ) もうちょっとステキな反応してくれてもええやんなあ、まるち?」
まるち「はわ?(^^; え、ええっと、あの、はぁ、そ、そうですね」
あやか「じゃじゃーん! そんな時にはこのワ・タ・シ!!」
へむ2「を?」
あずさ「あやか?」
せりお「皆様、お早うございます」
まるち「あ、せりおさん。おはようございます〜(^^)」
へむ2「・・・て、何で君らがここにおんねん? つーか、何しに来た?」
あやか「出番確保!!Σd(>ω<)
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
猪名川「・・・・・・」
へむ2「何つか。ストレートやな、君(−−」
あやか「だってー、私最近全然出番無かったしー。たまには、ね♪」
へむ2「いや、せやかて。君、がっこは?」
あやか「自主休校。いーじゃない、どうせ何年も通ってるんだから授業の内容分かってるし」
へむ2「そらまあループ時間の住人じゃからなあ、君ら。しかしえーんかい、ええとこの嬢がそないな事して」
あやか「あっはっはー♪ 気にしない、気にしない♪」
へむ2「・・・気にしろよ、少しは」
猪名川「まあ、ええやん。来てもうたもんはしゃーないんやし」
へむ2「むう。確かにそりゃそーだけど・・・」
あやか「あ、そうそう。今日はね、もう一人連れてきてるの」
へむ2「もう一人?」
すばる「あの〜。お久しぶりですの〜」
へむ2「おや? すばるたん?」
すばる「はいですの〜。何だかよく分からないうちに連れてこられてしまいましたの〜」
へむ2「よく分からないうちにて。はい?」
すばる「朝、練習してたらいきなり後ろからがつんとやられましたの〜。それで、気が付いたらここでしたの〜」
へむ2「・・・はぁ。さいですか」
すばる「不覚でしたの〜★ 気配に気付かなかったですの〜」
あずさ「・・・ねぇ。あやか?」
あやか「ん? 何ー?」
あずさ「これって、拉致とか誘拐とか言わない?(−−」
あやか「やーねぇ。単に友達誘って遊びに来ただけじゃない」
猪名川「後頭部にがつんは?」
あやか「実践練習。格闘家同士の友情ってステキよね?」
へむ2「ホントに友情なんかい、おい(−−」
あやか「友情よ? だって私たち友達だもん。ねぇ?」
すばる「はい? お友達・・・なんですの?」
あやか「ほらね!!Σd(>ω<)
へむ2「限りなく全力で疑問形やった気がするが。あんまし無茶したらアカンぞ、嬢」
猪名川「せやでー。あんまし無茶するとこの阿呆と同じレベルになるでー?」
へむ2「て、何故そこで俺を指さす(−−」
猪名川「あんた、昔あずやん拉致ってきとるやん」
あずさ「おまけに脅迫までされたわね(−−メ 妹たちの身が可愛かったら、って」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「ねぇ?(−−メ」
へむ2「・・・まあ、とりあえずその件については置いといて(目そらし) えー、我が家へようこそすばるたん。くつろいでいって下さい」
すばる「はぁ。お邪魔いたします、ですの」
へむ2「まあ、あやか嬢も。とりあえずお酒でも飲みたまえ。冷えてないビールがあるから」
猪名川「いや、昼間っから人に酒勧めるんはどうか思うで?」
あずさ「て言うか、未成年にお酒勧めるな(−−」
あやか「ちょっと待ってよー。それよりも、ビールが冷えてない事の方がよっぽど重大な問題だと私思うんだけど・・・」
へむ2「はっはっは。まあ、単なる嫌がらせだから気にするな。ところで、さっきからまるちとせりおの姿が見えんが」
猪名川「ああ、あの二人やったらあっちで何や話しこんどるでー」
へむ2「ほえ?」
まるち「そうなんですか〜。ぴーすさんは今、ロシアに行っておられるんですね(^^)」
せりお「はい。あちらでカーシャさんと二人、元気に『おでかけ』をなさってるそうです」
まるち「楽しそうですね(^^) 私も、一度行ってみたいです〜」
せりお「そうですね。その内、長瀬主任にお願いしてみると良いかもしれませんね」
まるち「はい! その時はせりおさんもご一緒に、是非〜(^^)」
へむ2「・・・ふむ。楽しそうじゃのう」
あずさ「そうね。まあ、邪魔するのも悪いし。しばらく二人にしといてあげましょ」
へむ2「じゃな。んじゃまあ、こっちはこっちで話進めますかー。何やすっかり脱線してまいましたけど」

* つー訳で話を戻して。朝からデモ関連を一つ、さくっと。

* TOUCHABLEの『あいあん・めいど〜恋のご奉仕大作戦〜』。冬の有明で配ってたデモCDの公開許可を貰いましたんで、さっそくミラーしますた。高解像度版が127MBの低解像度版が40MB。天天さんの歌声が相も変わらず癒し度マキシムでステキです☆ てゆーかだから、何でこんな歌詞なのに癒し系になるんでしょーか、この方の声わ(笑)

-

* にゅ。

* んじゃまあ、とりあえずこんだけで。続きはまた夜にー。

-

* 夕方ー。まずはデモ関連もう一つ〜。

* 公爵で本日、『末期、少女病』のデモが公開・・・されるハズなんですが。おや? まだUpされてませんな(笑)

* まあでも、ミラーの方は『今日の17時以降なら公開していいにょ』て言われてるんで公開しときまつ。サイズは31MBですにょ。

-

* さて。

* そいじゃプレイバックプレイバック。時間戻して普通の日記。

* 朝。

* 今日もひこーきで山形お出かけです。何か羽田空港、やたらめったら沖縄行く若者が多かったんですけど・・・今日て、あっちで何かあるんですかね?

*

あずさ「さあ?」
猪名川「修学旅行・・・に、してはちょいカッコがはっちゃけすぎとるなあ、あの子ら」
まるち「それに、修学旅行ですと時期が少し〜(^^;」
へむ2「う〜〜〜む。何なんじゃろ?」

* ネットでちこっと検索もしてみましたが、特にイベントらしいイベントも発見出来ず。はて? ホントに何なんでしょね?

-

* 昼。

* もりもりお仕事です。

-

* 夕方。

* ちょっとした都合で久しぶりに『莢〜背徳の迷宮〜』を引っ張り出してプレイしてみたり。えーと、『愛撫×5+顔射×5』でオッケー、と。ふむふむ(謎メモ)

* やー。でも久々にやってつくづく思うんですけど、これ、いいですなあ。莢たんが堕ちていく姿見てるとこー、何て言うか。すっごい心が和みますですよ(笑)

*

へむ2「うん。やっぱり名作ですよ、これ。うんうん」
まるち「はぁ(^^;」
あやか「あっはっは。相変わらずえっちねぇ、アンタって☆」
へむ2「えっちとは失礼な。男の子だったら触手えろで心和ませるのは当然の事ですよ?」
あずさ「そんな訳があるか(−− この・・・」
すばる「えっちなのはいけませんのーーーーっ!!!
へむ2「おわっ!?」
すばる「えっちなのはいけない事ですの!! だからダメですのーーーっ!!!」
へむ2「むう。相変わらずえっちな事に厳しいですな、すばるたんは」
猪名川「まあ、全年齢版やからなあ、一人だけ」
へむ2「惜しいよなあ。せっかく黒髪ロングでなんだから、あんな事やこんな事是非やりたいですのに」
すばる「大影流奥義! 地竜走破!! ですのーーーーーっ!!!」
へむ2「うっぎゃーーーーっ!!
猪名川「うわ、とっとっと。危ないやんスの字。うちらまで巻き込まれる所やったやんか」
すばる「えっちなのは! いけませんのーーーーっ!!!」
へむ2「・・・ううううう。だからってこれはやりすぎだと思いますのよ?」
まるち「だ、大丈夫ですか? ご主人様(^^;」
へむ2「ううっ。何とか生きてる〜」
あやか「ダメねぇ。ジャンプすれば避けれる、って分かってるんだから避けないと」
へむ2「出来るかぁっ!! 君らと一緒にせんでくれるか、格闘一筋娘」
あやか「そんなに難しくないのに・・・」
へむ2「難しわい(−−メ 座った体勢からそのままジャンプなんぞ、ツェペリさんレベルの体術やないか」
猪名川「あれ? そない言うたら、まるちは何で無事やったん? 避けれてへんやろ?」
まるち「あ、はい。あの、ええと、何ででしょう?(^^;」
すばる「地竜走破は人間の固有振動数にあわせてありますの。ですから、人間以外には効きませんのよ?」
猪名川「おお(ぽん) そない言うたらせやったなぁ。ん〜〜・・・人間にしか効かん、のやな?」
すばる「はいですの」
猪名川「なあなあ。やったらやー、宇宙人には効くんかなあ?」
すばる「はい? 宇宙人さん・・・ですの?」
猪名川「そそ、宇宙人」
すばる「さあ。やった事無いから分かりませんの〜」
猪名川「やったらや、やったらや。試してみぃひん?」
あやか「試すって言っても。宇宙人なんて・・・あ」
あずさ「・・・何を考えてるかと思えば(−− 実験台なんかにはならないわよ、私は」
猪名川「えー? やってやー、将来エルクゥが攻めてきた時、スの字の技が役に立つんか立たへんのか知っときたいやん」
あずさ「いいのよ、あれははつねのシナリオ進めない限り攻めてこないんだから(−− とにかく、私は実験台になんかならないからね。どうしてもやりたい、って言うんだったらちづる姉にでもかけなさい」
猪名川「いや、そないな命知らずな事はさすがにうちもようやらんで?」
あずさ「だったら、素直に諦めなさい(−−メ」
猪名川「ちぇー。詰まらんなあ」
あずさ「・・・埋めるぞ、コラ(−−」
せりお「皆様。お食事の用意が出来ました」
猪名川「あ、もうそないな時間か? ほな、ご飯にしよか」
あやか「わーい♪ ごっはん、ごっはん♪♪」
すばる「わぁ、美味しそうですの〜☆」
せりお「ありがとうございます。冷めないうちにお召し上がり下さい」
あやか「はーい♪ じゃあ、いっただっきまーす☆」
へむ2「・・・て、こら〜。食事は俺を助けてからにせんかい、そこの娘たち。俺様、地竜走破のせいで起きあがれんのだぞ?」
あずさ「・・・だから、何でアンタはそう偉そうなの(−−メ そのまま転がしとくわよ、そういう態度取ってると」
へむ2「すみません、俺もせりおの作った料理食べたいんで起こして下さい。お願いしますあずさ様m(_ _)m」
あずさ「最初から素直にそう言ってればいいのよ(−− じゃ、まるちちゃん。手伝ってくれる?」
まるち「あ、はい〜(^^)」
へむ2「ふにゅ〜。ありがとー」
あずさ「はいはい(−− じゃ、後は一人でやんなさい」
へむ2「ういうい。まあ、後は多分大丈夫ですにょー」

* とゆー訳で晩ご飯もぎゅもぎゅ。ふにゅ〜、お腹いっぱいですにょ☆

-

* さてさて。

* んじゃまあ、晩ご飯も食べ終わりましたし。ちょっと今日は眠いんでいっぺん寝ますにょ。起きれたら、また夜にお会いしましょー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]