まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



パニック系。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


花の命は短くて。

* や、タイトルはいつものよーにてきとーに頭に浮かんだもんを書いてるだけなんで特に意味は無いんですが。とりあえず、今日もお仕事ふにふにしゅーりょー。

*

へむ2「苦しきことのみ多かりき、でしたっけ?」
あずさ「・・・そうやって、話題を変えた直後にいきなり戻すのはやめなさい。混乱するでしょが(−−」
へむ2「にゅう。で?」
あずさ「知らないわよ、私に聞かれても」
へむ2「にゅ〜。あずささんってば相変わらずお馬」
あずさ「あ?(−−メ
へむ2「・・・おば。おば。おーばーろーど級?」
あずさ「全然意味が分かんないわよ(−− まったくもう・・・」
へむ2「一個大隊のメックを収容可能〜。で、花と苦しみですが」
あずさ「だーかーらー、知らないっつってんでしょが(−−メ」
へむ2「うにゅう。ま、いいや」
まるち「はわ(^^; よ、よろしいんですか?」
へむ2「大した問題じゃないし。つーか本気で知りたきゃてきとーに検索でもかけりゃ分かる事だし」
まるち「そ、それは、はぁ。そうですけど〜(^^;」
へむ2「つー訳で、今日の本題。さ、いってみましょー☆」
あずさ「あーはいはい(−− やるならとっととやっちゃいなさい」

* ちう訳で、昨日言うた通り『フラワーズ』、途中感想のまとめを。

* シナリオ。

* に、関してはまだエンディングを全部見てないので保留。この先の展開次第で評価が変わると思うので。

* ただ、まあ、テキストそのものに関してはいい感じ。ひっじょーに独特の書き方ですんで馴染めない人も出るかとは思いますが(笑)、でも、『ゲームのリズム』とか『ゲームの雰囲気』にはよく合ってます。下手をすれば『主人公の単なる鬱々モノローグ』になりかねない内容を、上手く処理してると思いますにょ。

-

* CG。

* 最初の方の水色のっぺり背景はさておき(笑) ほかはまあ、いい感じですた。<背景>キャラ絵も、まあ・・・まあ、馴染めば大丈夫(ぉ もうちょっと、塗りに根性入れて欲しかったですけどね(^^;

-

* システム。

* セーブヶ所が20ヶ所で少ない、オートモードが無いのが残念。後、ちょっとバックログが使いにくい。

* と、ちらほら欠点も見えますが、まあでも取り立ててどうこう言う程でも無いでしょう。ユーザーインターフェイス的には必要最小限のものは満たしてるかと。

* UI以外だと、『立ち絵を表示したままスクロールさせる機能』多分無いっぽい、つーのが残念ですかね。後述しますが、立ち絵演出結構頑張ってますので。スクロール機能があれば、もっといいもんになったろーなー、と、思います。

-

* 演出。

* さて、これが今日の話のコア。このゲーム、なかなか演出が良いです。まあ、『画面』つー名の空間をデザインする能力ではProject-μに及ばず、立ち絵演出では(特に奥行き表現能力の面で)ぱれっとに及ばず、てぇ感じではありますが、それでもよく練られたカメラワークにテンポの良さ。『立ち絵を連続で変化させて感情の揺れを表現する』手法やなかなか珍しい立ち絵の透過処理。加えてシーンにマッチした音楽に、何より白眉は効果音。おにーちゃん的総合評価は、かなり高うございますよ?

*

へむ2「特にねぇ。効果音はいいなあ」
あずさ「そうね。18禁ゲームじゃああんまり聴けない様な効果音も多いし、いいタイミングで入るわよね」
へむ2「うん。あの効果音のおかげでゲームがきゅっと締まるのな。音楽も何げにえー感じじゃし、さすが音屋さんが制作に絡んでるだけありますな」
まるち「そうですね(^^) 何だか、耳に残る音楽です〜」
へむ2「まあ、何じゃあ。Project-μのが『フィルム撮影な映画』的演出のゲームだとすれば、これは8mmビデオ全盛時代の映像作品ぽ、って感じですかね。渋みの点では負けますが、代わりにちょっとフットワークが軽い感じ。これはこれで、ね?」
あずさ「・・・また、分かる様な分からない様な例えを(−−」
へむ2「はっはっは、安心しろ。俺にも正確な差はよく分からん」
あずさ「て、コラ(−−メ」
まるち「はぁ(^^; ええっと、それでは、ぱれっとさんは?」
へむ2「んー。あそこのは、何つーかじゃぱにーずドラマ的。まあ、でも、より正確に言うなら『2Dゲームの表現能力の正統進化』ですかね? どこまでいってもゲームだなあ、つー気がします」
まるち「はぁ、そうなんですか〜(^^)」
あずさ「いや、まあ、それは置いといて(−− で? 結局、結論は?」
へむ2「にゅ。や、冗談抜きで一度見ておく価値のある演出だと思いますよ? 細かい所まで、丁寧に作ってありますしねー」

* つ事で。まあ、わざととは言え、色々えろげのお約束破りまくってる作品ではあるんで手放しでお勧めはしませんけど。でも、体験版やって笑えた人でしたらやって損は無いと思います。ので、まあ、皆様。よろしかったら体験版だけでも一度プレイを。何度も言うてますが、俺様の穴掘りの為に、是非(笑)

-

* にょ。

* さて。で、まあ、お勧めしといて何ですけど。

*

へむ2「冷静に考えて、これ、売れてねぇだろうなあ、と思うのです」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「ものごっつ正直に言うて。ハッタリが効いて無いんですよ、これ」
あずさ「ハッタリとか言うな(−− せめて宣伝活動とか販促活動って言いなさい」
へむ2「似たよなもんです。よーするに、発売前に人様のハートをアグレッシブにげっちゅする為の爆弾が無いんですよ、これ」
あずさ「まあ、そうね。でも、基本的には地味な作品だし。それは仕方が無いんじゃないの?」
へむ2「まあねー。これの良さて、スルメみたいなもんじゃからな。噛めば噛むほど味が出てくるんじゃけど、ぱっと見がよろしくないんよなあ」
あずさ「絵も、まあ、いわゆる今の売れ線じゃ無いしねぇ」
へむ2「そですな。つか、一見へたれ絵に見えてしまうあたりが何とも。ゲームやってくと馴染む、つーか逆に今の売れ線絵よかこっちの方がゲームに合ってるなあ、て思えるんですけど」
あずさ「まあ・・・でも、それはやらないと分かんない事だしねぇ」
へむ2「大体なー。パッケージやらストーリー紹介見た時に、ただのどこにでもある純愛ゲーにしか見えないつーんも弱点よなー(ぶつぶつ) 『他のそれ系ゲームと比べた時のウリは何?』つーんが見えてこねぇんじゃもん」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、その為に体験版さんが〜」
へむ2「あるけどさー。やっぱ、100MBオーバーはなあ。元から興味のある人は落としてくれるけど、興味の無い人はわざわざ落とし・・・は、するかもしれんけど」
あずさ「そうね。アンタみたいに貯めるのが趣味ー、って人もいるし(−−」
へむ2「や、俺はそれなりにプレイしたりデモ見たりしてますよ? でもまあ、それは置いといて。落としても、プレイしてくれんと思うの」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はぁ。そうかもしれませんけど〜」
へむ2「後ねぇ。あの体験版、俺が白眉、つーた効果音が入ってないのな。アレ入れなくてどうするー?」
まるち「はわ。は、はぁ(^^;;;」
あずさ「そうね。それと後、やっぱり発売日が悪かったと思うわよ。9/26、色々出たし」
へむ2「そですな。純愛系だと『月は東に日は西に』と『天使のいない12月』ですか。その二大巨頭のせいで、そっち方面の需要がほぼ満たされてた感がありますからな」
あずさ「こう言っちゃ悪いけど、話題のなりかたが全然違ったしね(−− 良くも悪くも、『話題になったのが売れる』業界だし」
へむ2「うにゅー。そですよねぇ・・・何か、こー、飛び道具の一つでもあれば、変わったじゃろになあ・・・」

* あー。

* 何か、冷静に分析してたらしょんぼりしちゃいましたが。えいくそ、とにかく俺は『D.i.G 2』がやりたいのです。その為に『フラワーズ』、せっかくいいゲームなんだから売れてr.に金落としやがれ、コンチクショウ(笑)

-

* にょにょ。

* あい、じゃあ感想まとめが済んだところで。今週のお仕事は今日まで。東京に帰りますにょー。

*

へむ2「つーか。実はお兄ちゃん、明日から旅行なのですよ」
あずさ「え? ああ、もう明日からなのね?」
へむ2「うん。で、ですな。物は相談なのですが、あずささん」
あずさ「? 何よ?」
へむ2「うん。実はですな、この旅行。とりあえず俺と嫁との二人だけで出かけようかなー、とか考えてたり考えてなかったり」
あずさ「・・・へぇ? 珍しいわね?」
へむ2「ま、そーゆー時もあります。ですんで、旅行の間まるちを預かっててくれませんかね?」
まるち「はわ? あ、わ、私もですか?(^^;」
へむ2「うん。すまんねぇ、まるち」
まるち「あ、いえ(^^; それは、はい、ご主人様がそう仰られるのでしたら〜」
あずさ「へぇ。本気で珍しいわねぇ。新婚旅行の時にも連れてったくせに」
へむ2「ま、そーゆー時もありますよ。で、どうざんしょ?」
あずさ「いいわよ、別に。でも・・・それだったら、私も実家帰ってて、いい?」
へむ2「うい、もちろん。俺んち居てもあんまし意味無いっしょ、あずささん」
あずさ「無いわね。じゃあ、私、このまま実家帰るわよ?」
へむ2「うーい。まあまた来週、こっち来てくださればいいですから」
あずさ「はいはい。じゃ、まるちちゃん、行こうか?」
まるち「あ、はい(^^; ええと、それでは、ご主人様〜」
へむ2「うい。行ってらっさい、まるち」
まるち「はい〜。行って来ます〜。あの、ご主人様も行ってらっしゃいませ〜(^^)」
へむ2「あーい。んじゃねー」

* で、帰宅。明日の旅行の準備もありますので、今日の日記は後ちょいぐるって、お終いです。

* えろげ屋さんとかその近辺。

* Russelで、『Theガッツ! 5』の・・・つか、ガッツシリーズ5周年記念キャンペーンのお知らせ

* ・・・・・・・・・・・・

* すみません。何かものすっごく目眩がするんですが。いいのか、こんなもんキャンペーンの景品にして(笑)

-

* Project-μ、『銀の蛇 黒の月』の情報更新。キャラ紹介が増えました、っと。

* ・・・順調に開発は進んでる様ですが、でもこの調子だと発売はいつ頃になるのかなあ。何かまだまだ先っぽいんですが・・・う〜〜〜〜ん(^^;

-

* スミスミさんとこで、『壺中天』通販開始なお知らせ。にゅ、イベント売りするか思ったんですが、先に通販なんですな。近い内に申し込みしときませんとー。

-

* 日記系。

* さんきゅーふぉーゆあ話続き。えーと、メーカーの「ナカナカヤルナ」の部分がさんきゅーに、というご意見を頂きました。にゃるほど、なかなか納得いくのですが・・・

* ・・・でも同時に、バグてんこもりのゲームを出して『さあ、解いてみやがれ』とか言ってるえろげメーカーの姿が脳裏に浮かんできて戦々恐々だったり(笑)

#まあもっとも、この場合ゲームクリアしても友情が芽生えないばかりか最後にさんきゅーが出たらCDぶち割りたくなると思うのですが(^^;

* 後、えろげだと「playing」が別の意味になりそうだからとゆーご意見も頂いたのですが、それはそれで逆によりいっそうさんきゅー以下略が必要なよーな気もしまつ。ええ、何となく(笑)

-

* にょにょにょ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]