まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



今日も一日元気です。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


ザ・ゲーム。

* 朝。

* ぐー。

*

あずさ「・・・よく寝るわねぇ。ホントに(−−」
まるち「そうですね(^^; きっとお疲れなんですよ、ご主人様」
あずさ「それがものすごく納得いかないんだけど、私。何か疲れる事してる? こいつ」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと。日曜日からずっと、毎朝早くに起きられてましたし〜」
あずさ「その分、夕方仮眠とったりしてたでしょうが」
まるち「はぁ(^^;;; そ、それは、あの、そうですけど〜」
あずさ「納得いかないわねぇ。まったく(−−」

* ぐー。

-

* 昼。

* 起きました。そして今日は仕事が無いので、適当に雑用をふにふにと。

-

* 夕方。

* んで部屋戻って、『Forest』ごー。

* 2月。

* うむ。やはりお子ちゃまだな、マユズミ。

『そいつは呪いで、そいつは宝。
 力を持つけど縛られる。
 魔法ってなァ、そういうもんです』

* おお、それはまさに魔法ですな。好きだなー、そーゆー設定。

* うわ。アケル、ナイスー☆

* わはははは。あー、ホントにだー、アケルー(笑)

* うーむ。やはり良いなあ、ナガツキ。

* ・・・て(汗 おーい、怖いよアマモリー。

* うわ。ムーンライトって、『それ』なんか(笑)

-

* 3月。

* む。静かに、静かに話が紡がれていきますな。とりあえず、キーワードだけ頭に留めー。

-

* 4月。

* そして話は動き出す、っと。しかしナガツキ、いいタイミングで登場したなあ、今回(笑

* は、でもけーこちゃんてば、さらにナイス(笑)

『そのアイディアが理屈に合ってたりとか、
 でなけりゃ単におもしろくっても、
 魔法のパワーが働くんじゃないかな〜?』

* ほぉ。なーるほど、つまりアレだ。TRPG的世界な訳ですな、ここは。ゲームマスター言いくるめれたら勝ち、と(笑)

* ・・・いや、だから。あーまーもーりー(^^;;;

-

* 5月。ん、この辺から『何月何月』の表記もやめましょーか。ネタバレ防止と、後、メンドいから(笑)

* んで。

『伝えるときには、伝えるヒトの意志が必ず入ってしまうからね
 それなら、受け取る側の意志だって、もっとたくさん入ってもいいはずだとトルンガは考えた』

* ほほう。これは・・・多分、このゲームのコンセプトに繋がるセリフなんでしょうな。多分。ふむ、記憶留め。

* は。刈谷さんのねぼけ声、なんかステキだ(笑)

* む、しかもえちぃぞ。ナイスだ刈谷さん。

* うわ。

* ・・・すげぇな、オベロン王のこの話。ほぼ全部のセリフで韻が踏まれてるっつーかミュージカルってるぞ、おい(笑)

* うわぁっ!!

* うーわーうーわーうーわーうーわー。刈谷さん、ナイスー☆

* てゆーかアマモリって・・・アマモリって・・・うーん、アマモリだなあ(^^;

* うおおおおおおおお。いいねいいねキャプテーン。<ディプロマシーとかスコットランドヤードとか以下略>ナガツキ嬢、今度一緒にプレイしましょう。是非(笑)

* 騎士リーピチープ。ウサギの神エル・アライラー。この辺読んだ事無いんよなー。今度、読んでみようかなー。

* そしてザ・ゲーム。これは・・・このルールは・・・キツいなあ。

*

へむ2「てゆーか。概算だけどな、9割方死ぬぞ、このルールだと多分」
まるち「はわ(^^; きゅ、9割ですか〜?」
へむ2「むしろ約10割と呼んでも良い。てゆーか殺す気で仕掛けてるだろ、森」
あずさ「まあ、もともとそういう目的な訳だし。でも、ギフト使えばなんとかなるんじゃないの?」
へむ2「いや、ならんだろ。特にこー、アケルや刈谷さんのギフトじゃあどーしょーも無いと思うぞ、俺」
あずさ「う〜〜〜ん・・・まあ、確かに今のギフトだとそうかもしれないけど。でも、ほら、またギフト交換があったりして」
へむ2「かねぇ? いや、でも、それでも無理っぽいんじゃけどなあ・・・」

* まあともかく、続きー。

* うん、マユズミ。君は子供だ、間違いなく。エル・アライラーの言葉にはちゃんと耳を傾けろよ?

* ふむふむ。なるほど、ここで『今までバラバラだった物語』に軸が通って一つになる、と。ここから物語の核心に向けて動き出す訳ですな。

* で、航海記のあたりまで進めて今日はここまで。や、航海記がやたらバッドエンドに突入するんで、えらく時間食っちゃったい(^^;

*

へむ2「とりあえずですな、これからプレイされる方に少しだけ助言しておきますと。『鈴の音に注意しろ』ですかね」
あずさ「選択肢選んだ時に時々鳴るのよね。鈴」
へむ2「うん。鳴らないのもありますが・・・でも、鳴るのがある場所ではそれを選んでいかないとフラグが立たない予感。ここ、やたらめったら選択肢多いので注意です、皆様」

* に、しても・・・この航海記、最後の方の選択肢で状況がだいぶ変化するなあ。さて、どの状況から先に進めたものか。悩みどころですなぁ。

* ま、でもともかく。今日はここまでー。

-

* 夜。

* そして寝る前に、少しだけぐるー。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』のコーナー更新・・・て、ちょっと待てぃ(汗

*

へむ2「3つだけか!? 3つだけしか無いのか、すせり様のAAて!!」
まるち「はぁ(^^; そ、そうみたいですね」
あずさ「・・・しかもそのうち2つは原画の人のなのね(−−」
へむ2「うむ、満太郎先生のは何つかこー、すせり様に対する限りなくゆがんだ愛が見えていいですなっていやそれは置いといて。実質こー、外からの応募が俺のだけとゆーのはいかがな物かバンバンバン。何故誰も送らない!?」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと〜」
あずさ「・・・まあ、色々事情があるんでしょ、みんな(−− 忙しいとか、AA作った事が無いとか」
へむ2「その辺は愛でカバーです、愛で! 愛さえあれば世の中なんだって出来ます!!」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− じゃあ、アンタもこはくAA作ったげなさいよ。愛で」
へむ2「。え〜〜〜〜〜〜と・・・いや、こはきゅんは何だかAAにしにくくって(目そらし)」
あずさ「そら見なさい(−− 世の中、愛だけじゃ出来ない事なんかいくらでもあるのよ」
へむ2「うう。何だかあずささんがすさんでるー」
あずさ「やかましい(−−メ とにかくまあ、改めて告知もあった訳だし。さすがに増えるでしょ、少しは」
へむ2「そうだといいんですけどねぇ・・・うう、どうなりますやらー」

* てゆーか。今回の更新内容だと新しく見た方は分かんないと思いますが、このAA大賞にはちゃんと賞品があったりもします。ので皆様、物欲をたぎらせてれっつらごーですよ、れっつらごー(笑)

* にゅ。

* んで後、ハタヤマスリッパの方も更新。現在78通で、残り422通、と。

*

まるち「ま、まだまだ先は長いですね(^^;」
へむ2「うむ。いやだがしかし、ここ2日で1.5倍になったと考えればー?」
あずさ「夢見るのはやめなさい(−− ここから確実にペースは鈍るんだから」
へむ2「ぱぎゅー。ま、そーなんですけどねー」

* でもやはり男の子として、夢は見たいのです。とゆー訳で皆様、是非にー(笑) あ、おっと、こちらでは既に。ご協力、どーもありがとーございます☆

-

* にゅにゅ。

* んじゃ、ここまで。お休みなさいですにょー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]