まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



クリーンなクリリン。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


今年最後のえろげ話、にーまるまるよん編。

* 朝。

* さて。今日もまだまだ、お仕事ですよー。

*

へむ2「とゆー訳で朝から起きて仕事に行くおにーさんだ。偉いな、俺」
あずさ「どこがよ(−− この時期に仕事してるのは、ものすっごく普通の事でしょうが」
猪名川「まあ、せやなあ。普通の仕事納めは明後日やったり明々後日やったりするんやし」
へむ2「そういう現実は突きつけないで頂きたい。まあともかく、れっつらごーですよー」
まるち「はい〜(^^)」
はつね「頑張ってね、お兄ちゃん(^^)」

* て事で行くです。ごー。

-

* 昼。

* であ、働きますにゅー。

-

* 夕方。

* ちょい遅くまで働いて、帰宅。

*

へむ2「さて。で、ですな。今年ももうぼちぼちおしまいな訳ですよ」
かえで「・・・そう、ですね」
へむ2「なので、今月のえろげまとめと来月の購入検討をやっておきたいと思うのです。今のうちに」
かえで「・・・・・・はい」
へむ2「今、微妙に沈黙が長かった!Σ( ̄ロ ̄;) 自分ルールの書きテキスト形式を崩してまで!!」
かえで「・・・すみま、せん」
あずさ「いや、謝らなくていいから(−− て言うか、アンタも人の妹に対していきなりセクハラ発言かますなっ!!」
へむ2「にゃー。しかしですな、あずささん。やはりえろげ話総括は必要な訳で」
あずさ「一人でやってなさい、そんなもん(−−」
へむ2「むなしいじゃないですか、そんなの。俺様のハートにマインドブリザードが吹き荒れてショック死したらどーするんです」
あずさ「・・・・・・(−− 馬鹿か。アンタは」
へむ2「にゅう。失礼な」
かえで「・・・大丈夫、です。私、頑張りますから」
へむ2「にょ? あ、いや、話振っといて何じゃけど、無理はしなくていいのよ?」
かえで「・・・大丈夫、です」
へむ2「そう? んじゃあ・・・まあ、まずは感想書き忘れてた、『です☆めた』話から。無理そだったら、言ってね?」
かえで「・・・はい」
猪名川「んー。なんや知らん、うちら相手ん時と態度ちゃうなあ。差別ちゃうんか、それて」
へむ2「えろげ同人作ってるよな猪名川相手に手加減は要らないって思う。心の底から。て事でそんな寝言は切り捨てて、さくっと行ってみましょー」
猪名川「うわー。差別や差別ー。あずやん、うちら差別されたで?」
あずさ「私をそこで仲間に入れるな(−−メ て言うか、どうであれ私を話に巻き込むな。まったくもう・・・」

* て事でさくっと『です☆めた』話。まあ、CGとかシステムとかには特に言及する点見つからないんで主にシナリオとかそっち系についてなのですが。

*

へむ2「基本的に、テキストはかなり楽しいです。ある意味妄想暴走空回り系のキャラばっかりなので」
かえで「・・・そう、なんですか」
へむ2「うん。でも、シナリオ自体は簡単に言うと絶望一直線。話が進むにつれて『こりゃもーどーしょーもねぇなあ』感がどんどん強まっていくってゆーか」
まるち「はぁ(^^;」
かえで「・・・そう、なんですか」
へむ2「なのです。まあねぇ、そもそも一番最初の主人公の選択が致命的ですからねぇ。あそこから安易に回復されても、それはそれで困るんですが」
かえで「・・・悪魔と、契約したんですよね。確か」
へむ2「しましたしました。それも騙された訳でなく、自分の意志で。だから、その結果どんな事が起ころうとそれは受け入れなきゃいけない訳で、そういう意味ではきっぱり自業自得。同情の余地なぞまったく少しも全然無い訳ですよ」
かえで「・・・自分で選んだ道、ですからね」
へむ2「ついでに言っとくと、この主人公は『頑張ったフリ』をしてるだけです。死にたくない死にたくないボク頑張ってるよ、とは口では言いますが、実際のところあんなのは努力でもなんでもありません。逃げてるだけです」
まるち「はぁ(^^; ええっと、ですけど、あの〜。あの方も、ボロボロのお身体でその、必死で〜」
へむ2「同じ所で足踏みしてるだけですよ、あんなの。まあ、もう明日の朝日も迎えられないだろう、つー状況下でも足踏みをやめない筋金入りの優柔不断さにはある意味敬意を表しますが・・・自分と向き合う努力をしない奴はダメです。やっぱり」
猪名川「んー。厳しなあ、今回は」
へむ2「ああいう思考形態嫌いなんだよ、俺。『他人を傷つけたくない』つーのも『自分が傷つきたくない』の裏返しなんが見てとれるしなあ・・・」

* とゆー訳で、個々のテキストっつーかヒロインとの掛け合い見てる分には楽しいんですが全体的な感想としてはどーもこー。ヒロイン達は可愛いですし、即死選択肢も緊張感を高めてくれていいんですけど、でもやっぱり主人公がアレだと、おにーちゃん的には馴染めませんにゃあ。

*

へむ2「つかアレだよなー。あの一人ボケ一人突っ込みの才能といい、身も蓋もなくプライド捨てれる潔さといい。ほんの一つ、歯車がかみ合えばえろげ主人公的ウハウハな毎日が待ってるのにな、この主人公」
まるち「は、はわ?(^^; あ、はい。ええっと〜」
かえで「・・・18禁ゲームの主人公、です。今でも」
へむ2「いやそうなんですけど。でもこー、何て言うか、ねぇ?」
猪名川「まあえろげにも色んなもんがある、ちゅーこっちゃな。鬱ゲーワールドに生まれてもうたんやろ、この主人公は」
へむ2「惜しいよなあ。馬鹿ゲーワールドに生まれてたら、そりゃもうイカす主人公になったじゃろーに」
猪名川「せやなあ。なんせもう死ぬすぐ死ぬこれから死ぬ、とか言いつつウェイトレスさんコスについて熱く語れる様な男やし」
へむ2「うむ。水に触れたら死ぬ、て分かってて命がけでスク水えろ敢行、が出来る漢ですからな。実に惜しい」
はつね「わ(^^; そ、そうなんだ?」
へむ2「そうなんです。こと、えろに関しては一切の妥協無く突き進む漢っぷりですよ?」
はつね「あ、あはは(^^; そ、そうなんだ〜」
へむ2「だから何でその精神力を生きる事につぎ込めないのかと小一時間。つか、血ぃくらい根性入れて飲めや、にーちゃん。なぁ?」

* いやホント、惜しい。後、今回は演出面にあんまし見るべき点が無かったのも残念。まあ、その辺さっぴいても十分面白いは面白いんですけど・・・でも、やっぱりもー少し、主人公の性格が前向きだとよかったですにゃあ。

-

* にゅ。

* と、『です☆めた』の感想はそんな感じで。んじゃ、続いて今月のえろげ、まとめです。

* 今月は、これだけえろげを買いました。

* 計4本。先月までと合わせて、今年は結局34本ですにゃ。

*

へむ2「て事で。目標通り、月3本以下のペースを守れましたですよ?」
まるち「はい〜(^^) おめでとうございます〜」
へむ2「はっはっは。もっと褒め称へタマエ。この俺を!!」
はつね「あはははは(^^) うん、スゴいね、お兄ちゃん」
かえで「・・・来年も、頑張ってください」
へむ2「おう! お兄ちゃんは頑張るよ〜☆」
あずさ「・・・・・・(−−」
猪名川「あずやーん。ここは余計な事言うより、いい気にさせてそのまま来年も目標守らせた方が得やでー?」
あずさ「分かってるわよ、そんなの(−− にしても・・・ほんっと調子に乗るわね、あの男は」

* で、過去積みの方から『です☆めた』を崩したんで、今の積みげはこんな感じ。

* 計3本。まあリミット内なので、問題無しー。

*

へむ2「OK?」
あずさ「はいはい(−− いいわよ、それで」
へむ2「うい。では、さっそく来年1月の購入検討に行ってみましょー☆」
かえで「・・・はい。でも」
へむ2「にゅ?」
かえで「・・・あるんですか? 買う物」
へむ2「無い。実はこー、何一つ」
まるち「はぁ(^^; えっと、ご予定のゲームさんが、全部2月に延期になったんですよね」
へむ2「困るっつーの。今1月に残ってるので一番面白そなんは『処女はお姉さまに恋してる』なんじゃけどさあ。俺、どーもああいう世界観には馴染めんし。と、なると本気で買うもんが無いんよなー」
はつね「あ、あはは(^^; そうなんだ」
へむ2「なんです。まあでも、『何も買わない』つーのもそれはそれで立派な購入検討。のでまあ、その方向でいってみよーかと思うのですよ」
かえで「・・・そう、ですね。それに、1月はお引っ越しの準備も」
へむ2「うん。その辺の絡みもあって素直にノー購入でファイナルアンサー、といたしましょー」

* 年の頭から何も買わない、つーのも切なくてヤなんですけどねー。でもまあホント、しゃーないですやねー。

-

* にゅにゅ。

*

へむ2「さてさてさて。で、後ついでに今年の購入えろげ、その総括をやっておこうかと思うのですがー」
かえで「・・・はい。今年は、どんな感じでしたか?」
へむ2「んー。あんましハズレを引かず、当たりはそれなりに。数絞ったせいで、そういうつまらない結果になってしまいましたな」
あずさ「つまらないとか言うな(−−メ て言うか、ほぼ最良の結果でしょうが、それは」
へむ2「まあそーなんですけどね。しかしこー、一年に一本くらいは豪快なハズレ引いとかんと勘が鈍るっつーか何つーか」
まるち「はぁ(^^;」
猪名川「えーやん。勘が鈍ったらいくらでも引けるで、ハズレくらい」
へむ2「いや、引きまくるのもそれはそれで困るんですが。まあともかく、そーゆー訳で。『結構いいもんばっかし引いたなあ』とゆーのが今年の感想。んでそん中でもトップに来るのはやっぱり『Forest』、ですかねぇ」
猪名川「あー。まあ、納得やな」
あずさ「合う人にはとことん合うゲームだしねぇ。合わない人にはホント、全然合わないけど」
へむ2「次点は『巣作りドラゴン』、三位は『らくえん』。それぞれ『自分だけの武器』をしっかり使いこなしてゲームを作ってるあたりが好印象」
猪名川「せやなあ。確かに色々独特やわな、その辺3つは」
へむ2「うい。まあもっともこの3つに限らず、今年は全体的にえろげが多様化。色んな武器が出てきたなー、って印象なんですけどね。でも、その武器の習熟度っつーか完成度の高さでこの3つを推したいと思います。おにーちゃんわ」

* ま、いずれにしても当たりが多かったのは良い事です。来年も、良いえろげに出会えますよーに☆

-

* 夜。

*

へむ2「麻婆味噌汁
はつね「え?(^^;」
まるち「は、はわ?(^^;」
かえで「・・・・・・?」
あずさ「・・・・・・(−−」
猪名川「何なんや。一体」
へむ2「いや。晩飯の味噌汁飲んでたら、何の脈絡もなくそーゆーワードが浮かんできてじゃな。どー考えても辛くて飲めない味噌汁になるじゃろーに、もしかしたら美味しいのかもしれんとちょっとドキドキだ」
まるち「はぁ(^^;;;」
はつね「あ、あはは(^^; なんだったら、作ってみようか? お兄ちゃん」
へむ2「いや、いい。多分ハズレだろうと分かってるから」
かえで「・・・そう、ですね。さすがに」
猪名川「やー。そうとも言い切れんみたいやで?」
へむ2「にゅ?」
猪名川「ほれ。こないなレシピが」
へむ2「にゃにぃ?(汗 うわ、本当だ。麻婆味噌汁って書いてやがるよ、きっぱりくっきり」
まるち「はわ(^^; あ、あったんですね、そういうお料理」
はつね「あったんだね(^^; 知らなかったよ、私」
へむ2「まったくまったく。やー、ほんとにもう世の中って」
かえで「・・・奥が、深いです」

* まあもっとも、俺がイメージしてたのは和風テイストな味噌汁だったんで、ちょっとこれは違うんですけど。<麻婆味噌汁>でも、世の中って侮れませんにゃー、いやマジで(笑)

-

* にゅにゅにゅ。

* であ、最後に駆け足ぐる。

* すたじお緑茶。クリスマス絵の壁紙バージョン公開の、すたっふ日記更新。

*

へむ2「後、秘密の場所も更新されてますな。年内の更新はこれでラストかな?」
あずさ「でしょうね。明日から冬休みらしいし」
へむ2「うい。であ、そーゆー事でー」

* ちなみに緑茶の新作は年明けてからぼちぼちと、だそですにょ。さて、次はどんなゲームがくるのかなー☆

-

* ぱれっと。『MERI+DIA』のイベントCG更新。メイドさんのえろーすシーンが出てるのですが・・・これは一体どういう状況なのかなあ。むう(笑)

*

猪名川「可能性いち。後ろの二丁拳銃ねーちゃんに気付かれたくなかったら声を出すな、げっへっへ」
へむ2「可能性そのに。あえてそういう場所で露出プレイで大興奮。でも、この表情だけ見てるとどっちでも無さそじゃのう」
猪名川「やなあ。自分で言うといてなんやけど、凌辱系のシーンとはとても思えんし」
へむ2「にゅう。よく分かりませんにゃー」

* で、後、サンプルボイスも公開。今はちと聞いてる時間無いんで、こっちはまたそのうち、ゆっくりと聞事にいたしましょー。

-

* Sincere。『です☆めた』の修正パッチVer1.02公開。一部、音声に不具合があったのを修正、っと。

*

へむ2「他に、テキストの不具合も直ってるそうじゃけど・・・んー。『土踏まず』が『ふくらはぎ』て表記されてたんも、直ったんかのう」
猪名川「あ? なんや、そないなんがあったんか?」
へむ2「うむ、悪魔が足でナニしてくるシーンでな。ナニを踏みつけにされてるハズなのにふくらはぎふくらはぎと出てきて、まあ以下略」
猪名川「ナニをナニて言われてもよう分からんがな。いや、うちは分かるけどやー」
へむ2「分かるなら突っ込まない。はつねちゃんの健やかな成長の為に、わざわざ表現をぼかしている俺の努力をなんだと思ってるのかね、君は」
はつね「え?(^^; わ、私?」
へむ2「うむ。はつねちゃんにはこういう微妙な会話を受けて、ちょっぴりえろーす道を歩んでいただきたいと」
あずさ「待ちなさい(−−メ て言うか待てコラ」
へむ2「は。何でしょうか、あずささん」
あずさ「・・・・・・(−−メ 今なんて言った。アンタ」
へむ2「は。ワタクシ、何か言いましたでしょうか?」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「えー。はつねさんはつねさん、ワタクシ、何か言いましたかね?」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; え、ええっと〜。とりあえず、あの、うん。何も聞かなかった事にしておくね。私」
へむ2「と、ゆー事だそーですが。あずささん」
あずさ「・・・まったく、もう(−−メ 次人んちの妹に対してろくでもない事言ったら、殴るわよ。かなり全力で」

* て事で。まあ音声ミスがあるのも一ヶ所だけなんですが、それでもミスは直ってるに越した事は無いでしょうし。これからプレイされる方は是非、どうぞ。

-

* にゅにゅにゅにゅ。

* ほであ、ここまで。明日も早いんでとっとと寝るですよー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]