まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



貴方の後ろに偽善者が。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


アルタイ山脈の車窓から。

* 結局、昨夜は第二章・第二の橋アルタイブリッジの終わりまで。<『SEVEN BRIDGE

*

へむ2「む〜〜〜・・・」
猪名川「んー? どないしたー? 何悩んどんやー?」
へむ2「いや、なあ。これ、今で二章分しか終わってねぇんじゃけどさあ。実際のところ、この二章って起承転結の『転』だよなあ、って思って」
猪名川「転? そか? やってまだ、登場人物全然出揃っとらんで? 橋かてまだ二つ目やし」
へむ2「それはそうなんだけどさあ。でも、主人公の気持ちの持ちようの変化とか、どー考えても物語的には『転』だと思うのな。少なくとも、俺ピューターの物語予測回路は『後橋を二つ渡ったところでエピローグが最適の長さ』と告げとるぞ?」
猪名川「いや、あんたピューターの話されても。それ、根拠はあんたルールやろ?」
へむ2「もちろん、俺ルールオンリーだ。でも、そんなに大きく外してない自信もあるぞ? 大体この第二章、てぇまが『死と再生』よ? 並の英雄譚ならクライマックスにくるあたりのネタよ? それをこんないきなり持ってきて、その後どう話続けるのさ?」
猪名川「や、でもやなあ。大元の元ネタ物語ひもとくなら、これはおもいきり序盤に来んといかん訳で」
へむ2「ってもおめぇ。あの物語、あの後はほとんど『戦って戦って戦って殺されました』しか無ぇじゃん」
猪名川「や、まあ、それもそなんやけど」
へむ2「とゆー訳でだ。この後、やたら駆け足になるとは聞いてるけど・・・個人的にはそれって、単に物語の尺に比べてキャラ数と試練が多すぎるせいじゃねぇか、とか思うのな。いいじゃん、試練なんか3つ4つで」
猪名川「やー。それやと、ちょい見栄えが悪いやろ。やっぱこー、ヒーローとしては5つ以上の試練はクリアしとかんと話が安っぽくなるっつーかやな」
へむ2「気にしなくていいと思うんだけどなあ、そんなの。う〜〜〜〜〜〜〜む」

* と、ゆーのが現時点での感想。まあ、全部クリアしたらまた感想も変わるかもしれませんけど。

*

へむ2「でまあそれはさておき! スカサハ怖ぇぇぇぇっ!!(´Д`;
猪名川「・・・あー。まあ、魔女やしなあ」
へむ2「同じ魔女でも、メルたんの3倍くらい怖いんですが!! そしてエマの寝ぼけ眼は可愛いナッ!!Σd(>ω<)」
猪名川「またコロっと話変えよるし」
へむ2「怯えるジェーンも可愛いな。て言うか、怯えた時の声って『巫女さん細腕繁盛記』のサラとまったく等質で個人的にはほのぼのー」
猪名川「う〜〜〜〜ん・・・」
へむ2「そして最後に一つ。ちょっと待ちやがれカイ。その登場シーンは、どうよ? なあ?」
猪名川「とか言われても。いやま、確かにどこのヒーローの登場シーンやねん、とは思たけどやな」
へむ2「特に音楽がな。とりあえずその辺の事も、現時点での感想に追加しとくですよー」

* 続きはまた来週。にゅう、今週中に終わらなかったのがちと残念っつーか、来週大変だぁ。

-

* さて。

* で、今日は午前中で終わるよな小さな仕事しか無かったんで、さくっと昼の飛行機で東京帰還。なんか東京は大雪なんだそーで。

*

へむ2「おかげでひこーき、遅れてしまいますた」
猪名川「まあえーやん、遅れただけで済んで。朝の飛行機なんぞ飛ばんかった聞くで?」
へむ2「うむ。まったく、東京って雪に弱いよなあ」
猪名川「そらしゃーないやろ。普段降らんのやし」
へむ2「に、したってたかだか数センチで。まあ、でも、いいや。とりあえず早よ帰ってこれた事ですしー」
猪名川「ん。アキバ、行こかー」
へむ2「行く行くー。でもその前にー」

* ちょっとだけ、ぐる。

* hueMOSAIC。カウントダウンボイスラストワンでそれ連動のうぇぶいろもんトップ絵更新。ちなみにこの更新と被さったせいでうぇぶいろで祝ってもらえてませんが(笑)、『サンダークラップス!』のまこちゃん。今日が誕生日ですな。

*

へむ2「て事で、とりあえずおめー☆ そして話を戻して『侍ジュピター』。えー、何つか、いきなり修正パッチが出てますな」
猪名川「なんや、素のままやと見れんえろシーンがあるらしなあ」
へむ2「ダメだろそれ。あかんぞー、延期したんやからバグはきっちり取って出さんと」
猪名川「まあ、逆に延期したよって時間のうなったー、いう話なんやろけどなあ。実際のところは」
へむ2「その辺の事情も理解は出来るが。でも、見れないえろシーンがあるってのはよくないぞー。ぞー。ぞー」
猪名川「エコー。ま、ともかくや。セーブデータも使えんくなるみたいやし、これからプレイしはる人は先に当てときやー」

* て事で。その辺の突っ込みも兼ねて、とりあえずアキバで黒木先生のサイン会行ってきまふ。んじゃ、続きはまた夜にー。

-

* にゅ。

* で、行ってきました秋葉原。そして買うもん買って、やる事やって、即帰宅ー。

*

まるち「あ、ご主人様〜。お帰りなさいませ〜(^^)」
へむ2「ただいまー。で、まい我が家の片付け具合はどんなですかな?」
まるち「はい〜(^^) えっと、台所さんとか、リビングさんとかは〜」
あずさ「簡単に言うと、アンタが『自分でやる』って言った所以外は終わってるわよ・・・て、コラ(−−メ なんでアンタ、また荷物増やしてんのよ?」
へむ2「うむ、それは秋葉に寄ったから。てゆーか、サイン会参加するのに製品購入が必要なので、これは仕方のない事なのですよ?」
あずさ「仕方が無いとか言うな(−−メ まったくもう・・・」
まるち「はぁ(^^; ええっと、つまりあの、『侍ジュピター』さんのサイン会に行ってこられたんですね」
へむ2「うい、行ってきましたー。黒木先生、意外と元気だったので俺様安心。最悪、無理なスケジュールがたたってぶっ倒れてるんじゃないかとも思ってたんですが」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
猪名川「いや、ぶっ倒れとったらそもそもサイン会なんぞ企画せんやろ。最初から」
へむ2「ま、そりゃそーなんですけど。でもほら、無理をしてる可能性とゆーのも」
あずさ「あーはいはい(−− その辺はとりあえずいいから。それよりアンタ、さっさと自分の部屋の片付けしなさい。アンタの部屋だけ、物がまだ全然片付いてないんだから」
へむ2「うーい。んじゃ猪名川、やろかー」
猪名川「・・・やっぱうちも手伝うんか。あの部屋」
へむ2「とーぜん。だってその為に君は生まれてきたのだから!!」
猪名川「そんな人生うち嫌やー。ま、でも、しゃーない。ほな、やろかー」
まるち「あ、私もお手伝いいたします〜(^^)」
へむ2「うむ、よろしく。ではれつごー」
あずさ「はいはい(−− まあ晩ご飯は作っといてあげるから、頑張りなさいね」

* ちう事で、今日も帰るなり新居の片付け。とーりーあーえーず、場所を空けん事には作業も出来んので。

*

へむ2「まずは段ボール、全部無くすぞー」
猪名川「うーい。ほな、分類は後回しでええんやな?」
へむ2「うむ。大体どの種類の本はどこらへんー、つーのだけ指示するから、その場所にまとめて投げといてくれたまい」
まるち「はい〜(^^) おまかせください〜」
猪名川「で、本以外はどないするんやー?」
へむ2「簡単に出せるもんは出す。中がごちゃごちゃしてるもんはとりあえず口だけ開けて置いといてくれい。後でまとめてやる」
猪名川「りょーかい。ほな、さくっと行こか」

* そして夜中まで。<片付け>おかげで何とか残り段ボールが10数個、つー所まで片付いたですよー。

*

へむ2「とても疲れたけどな。むしろ限りなくと表現したいくらいに」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい。お疲れさまでした〜」
猪名川「さすがに、今日はここまでやなー。明日にはまあ、片付くやろ」
へむ2「とりあえず段ボールはな。その後にも結構色々やらんといかん事がある気ぃはするけど・・・ま、いい。明日の事は明日考えよう」
猪名川「やな。とりあえず寝よや、とっとと」
へむ2「うい。気力が無ぇので、ぐるもまた明日ー。さっさとばたんきゅ〜するですよ〜」
まるち「はい〜(^^; どうぞ、あの、ごゆっくりお休みになられてください〜」

* じゃ、そゆ事で。

* お休みなさい。ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]