まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



貴方の後ろに偽善者が。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


肉食猫科おねーさん。

* 朝。

* ねむー。

*

あずさ「だから。起きなさい(−−」
へむ2「先週は土曜日までお仕事だったから疲れが抜けきってない、とゆー解釈はいかがでしょうかぐー」
あずさ「・・・・・・(−− いいから。起きろ。さん。にい。いち」
へむ2「(がばっ!)さ、今日も気持ちのいい朝ですよ! お出かけしましょうお出かけってあああいきなり起きあがったから立ちくらみ〜」
まるち「はわわわわ(^^; だ、大丈夫ですか? ご主人様」
あずさ「まったくもう・・・(−− えーい、ほら、しっかりしなさい」
へむ2「にゃー。元々あずあずが脅すからいけないんだって思うのココロですよー?」
あずさ「やかましい(−−メ 元気になったんだったら、とっとと着替えて顔洗ってらっしゃい!!」
ぴーす「お着替えはこちらに! どうぞ!!」
へむ2「うい、ありがとー。であ、とっとと準備して行きまっしょー」
まるち「はい〜(^^) どうぞお気をつけて、行ってらっしゃいませ〜」

* て事でひこーき乗ってお出かけごー。今週はちょっくら寒さが和らいでる分、楽ですにゃー。

-

* 昼。

* お仕事ふにふに。

-

* 夕方。

* そしてへろりん。なんですが、頑張って『ToHeart2 XRATED』をやる私。今日は肉食系猫科の笑みを浮かべる姉系幼なじみを・・・おや。

*

へむ2「・・・珍しい物、見たなあ」
あずさ「・・・嫌いだったのね。あれ」
へむ2「そうかー。そうだったのかー。うむうむ☆」
あずさ「・・・・・・(−− コラ。何、その嬉しそうな顔」
へむ2「ん、いや。良い事を聞いたなあ、って」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・えーと。いや、別に、実際会った時には犬をけしかけて遊ぼう、とか思ってたりはしませんよ? ええ、思ってませんとも」
あずさ「嘘つけ(−− まったくもう・・・」
ぴーす「と、言いますか。あの、実際にそれをやると、多分、後で」
へむ2「いや、だから考えてませんって。ホント・・・あ、あら? あらら?」

* あらららら。雅史エンドになっちまいやがりましたよ、進めてたら。あきませんなあ、どこでミスったのやら。

*

へむ2「つか、アレか。途中のセーブデータからやり直したからマズかったのか?」
あずさ「そうね。どっかでフラグ立てそこねてるデータ使ったんでしょ、多分」
へむ2「にゅう。じゃあこの辺からなら・・・あー。でも駄目だ、変な事してアレになってもアレじゃから、やっぱ念のため最初からやり直すべー」

* つ事でいっとう最初から。完全に姉系幼なじみだけを狙い撃って今度はOKって何この三馬鹿

*

ぴーす「さ、三馬鹿? そ、それは、あの、失礼なのでは?」
へむ2「いや、俺としてはこれでもまだ抑えた表現なつもりなのですが。むしろこの表現で済ました俺を世界一心優しい男だと褒め称えていただきたい」
あずさ「・・・いや、気持ちは分からないでもないけど(−− でも『世界一優しい』はあからさまに嘘だからやめなさい」
へむ2「にゃあ。ヤだなあ、主人公の性格がアレでこんな三馬鹿が出てくるとなると、鬱陶しい話が展開していきそうだよ。未読スキップでもオンにするかなあ・・・」

* あ、でもさっくり終わった。<三馬鹿の出番>よしよし、それなら問題なーし☆

*

へむ2「そしてえろいな。猫科の姉」
ぴーす「・・・え〜〜〜っと」
あずさ「・・・・・・(−− 迷わずパス1しときなさい、ぴーす」
ぴーす「え? あ、は、はい!!」
へむ2「・・・ちっ。しかしさあ、これって元はコンシューマだよな? コンシューマ版、この辺どーゆーシナリオだったんだ?」
あずさ「知らないわよ、そんなの私たちに聞かれても(−− まあでも、ブラックアウトとかそんなんだったんじゃないの?」
へむ2「いや、ブラックアウトじゃ誤魔化しきれねぇだろ、これ」
ぴーす「では、あの、元からの構成が違いますとか?」
へむ2「かねぇ。かなぁ。でも、ここでえろシーンが入らんのは逆に不自然よ? 多少構成変えた所で・・・」
ぴーす「で、ですから。『多少』じゃ無くて大きく変わってますのでは?」
へむ2「・・・だったらそういう噂、少しは聞こえてきそうなもんなんじゃけどなあ。うーむ」

* ま、いいや。とりあえずクリア。<姉>途中まで戻って差分CGも回収して、これで残るは謎の少女と。

*

へむ2「・・・いるふぁー」
ぴーす「ま、まだです! まだ、あの、希望をお捨てになっては!!」
へむ2「ふふふふふ。そうだよな、希望は捨てちゃいけないよなふふふふふ。えろ回想が残り二枠しかなくっても、まだ可能性は0じゃないよなふふふふふしゃーーーっ!!
ぴーす「はぅわっ!? あああ、あのあのあの!!」
あずさ「て言うか、黙れ(−− 元々脇役なんだから、しょうがないでしょうが」
へむ2「心の底から切ない話ですよセニョリータ。あ、いやいや、まだ諦めちゃいけないぞー、俺。まだだ、まだまだ。うーふーふーふーふー
ぴーす「こ、怖いです! あの、その笑い方怖いです〜!!」
あずさ「・・・・・・(−− ふぅ。まったく、もう」

* にしても。何故にこの姉キャラは一人でえろCG枠13個も取ってやがりますか?<他のキャラはせいぜい3〜4枚だとゆーのに>つか、『下着の色違いくらいは差分データとしてCG一枠に収めるべきでわ?』と思うんですが、俺(^^;

-

* 夜。

* であ寝ます。お休みなさいぐー。

*

へむ2「あ、ちなみに今日は柄刀一の『3000年の密室』を。『もうちょい広く推理小説作家さんをチェックしてみよー』企画の一端なのですが・・・ううむ」
あずさ「気に入らなかった、って顔ね。それは」
へむ2「や、だって。話の8割が考古学の蘊蓄なんですものー。3000年前の密室にしたってさー、『ああ学者先生ってのはホントに専門馬鹿だなあ』つーだけの話だし。現代の方の事件は犯人が性に合わん。10年20年先がどーとかよー(ぶつぶつ)」
ぴーす「10年? 20年?」
へむ2「ほざきやがるのさー、犯人が。たく、仮に10年先がそうなったとして、だからどうした。『今』は関係無ぇだろがそんなもん。なあ?」
ぴーす「え? え? え? えっと・・・あの、よく分からないんですけど?」
あずさ「私たち、それ読んだ訳じゃ無いんだから(−− 言われても分かんないわよ、そんなの」
へむ2「ああ、そうだね。かと言ってネタバレ無しで語れる事なんざこんなもんだし、もういいや。とりあえずもう一冊別のシリーズ読んでみて、んで合わなかったら切るべぇよ」

* てゆっか『歴史ミステリ』つージャンルは初めて読んだ(多分)のですが、どーもこー。『犯人もう絶対とっくの昔に死んでんじゃから、いーじゃん別にどーでも』てぇ気分になっちゃうんですなあ、これが。

-

* うにゅ。

*

へむ2「さてと。んじゃ後は、colorsで『アイ2plus』の店頭ポップデータが出てるんでそれだけガメといて」
あずさ「だから寝なさい(−− 明日も早いんだし」
へむ2「うい、そのつもりでございますー。ほら、『夜』に入った所でそう宣言してますでしょう?」
あずさ「それからもうどれだけ経ったと思ってんのよ(−−メ」
へむ2「うむ。まさに光陰矢の如しですな」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「さあ寝ましょーやれ寝ましょー。て事でぴーす、お休み」
ぴーす「はい!(^^) お休みなさいませ!!」
へむ2「・・・夜でも元気だねぇ。まあ、ともかく」

* 改めて。お休みなさいぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]