まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



あなたは2014年01月から数えて 00000004 人目のお客様です
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


蒸気の王と勇者王。

* 前略ディスガ後略ー。

*

へむ2「はうっ!? うわ、『固定グラフィックのある仲間』って他のクラスに転職出来ねぇ!?」
まるち「はわ(^^;;; ほ、ホントですね。主人公さんも、悪魔さんも〜」
あずさ「天使も当然ダメだから・・・何。まともに転職出来るのって、結局プリニー隊と僧侶だけ?」
へむ2「とゆー事になりますな。つっか僧侶は俺が勝手作った仲間なんで、つまり『ストーリー上仲間になるキャラ』で転職可能なのはプリニー隊の三人だけ、とゆー事ですな。現時点では
まるち「はぁ(^^;;; 意外と、あの、少なかったんですね」
あずさ「そうねぇ。まあでも、元々戦場に出れるのは十人まで、だし。そんなもんじゃないの?」
へむ2「にゅおー。えいくそ、どうすっかなあ・・・つか、どうしょうもねぇなあ、もう」

* て事で、しょーがないので転職させずにそのまま行く事に。<野郎仲間>まあ、靴履かせて移動力上げりゃあそれなりに使えるんでいーんですけど・・・おにょれ、この計算外野郎めー(^^;

-

* にゅ。

* でもって。今週のお仕事は今日までなので、さらっと帰還の途中で読了。<『夏と冬の奏鳴曲』

*

へむ2「うむ。『20年前の事』がまったくきっぱり想像通りだった、とゆーのが非常に残念。加えて、最後微妙にオカルトに逃げてるあたりがどうもにゃー」
あずさ「・・・ああ、やっぱりオカルトな訳?」
へむ2「オカルトだなあ。こちとら『人智の及ばぬ世界の不思議』なぞには興味無ぇんだよ、ぺっ」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
へむ2「とゆー訳で、推理小説としてはむしろびみょー、と判断しておく。最後のメルカトル鮎のセリフも、『すべてを解決する』つー程すっきり明快な物じゃ無かったし、なあ」

*

* と、そんな感じで。まあ『世界観に酔う分にはこれ、いいんだろうなー』とも思うは思うんですが・・・やっぱ、おにーちゃん的にはどーも、ねぇ。

-

* にゅにゅ。

*

へむ2「さて、そしてまい我が家に帰ってきたおにーちゃんである。あ、ただいま」
ぴーす「はいっ! お帰りなさいませ!!」
へむ2「ういうい。で、何か変わった事ありました?」
ぴーす「あ、はい。あの、お荷物が届いております!」
へむ2「荷物? ああ、はいはい。『アイ2plus』の通常版と、ガオガイガーのアクションフィギュアですな」
ぴーす「え? いえ、フィギュアではなくDVDですけど・・・」
へむ2「おまけでアクションフィギュアがついてるのですよー♪ て事で、わーい(がさごそ)」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「じゃじゃーん☆ ほーら、三体揃い踏みー。でも、腕パーツの付け替えが結構力いるぞっつーかなかなかちゃんとはまらないぞー」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、ちゃんとヘルアンドヘブンも出来るんですね、このアクションフィギュアさん達」
へむ2「うむ。ただし、そのパーツは最も付けにくい。両手がくっついてるからのう」
まるち「はわ(^^;;; そ、そ、そうですか〜」
へむ2「後はまあ、顔がちょっと小さすぎるかな。と、そんな所かな、気になる所は」
ぴーす「えっと・・・ちょっと、バランスも悪くありませんか? あの、前後の」
へむ2「ん? ああ、そじゃねぇ。ガオファイガーあたりは気を付けないと倒れるかも。ジェネシックは大丈夫なんじゃけどな」
まるち「はい〜(^^; えっと、ジェネシックさんは、あの、踵に爪がありますから〜。それが、あの、支えに」
あずさ「・・・て言うか。やたら足が大きいわね、ジェネシックって(−− 他の二体と比べると」
へむ2「そーですなあ。まあしかし、それくらいは許容範囲内。とりあえず三体とも、守護神として俺の部屋に飾っておきましょー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜」
あずさ「・・・はぁ(−− いや、まあ、いいけど。そりゃ」

* でもって。

*

へむ2「さて。んで、今度は『アイ2plus』の通販特典、『黒木のしょんべん』ですが・・・ぬう。本気でテキスト、ほとんど全部にモザイクがかかってますなあ」
ぴーす「そうですねー。これでは、あの、何の事だか?」
あずさ「微妙に何カ所か、かかってない所があるけど・・・これはかけ忘れ、よねぇ。多分」
へむ2「さて? かかってない所のほとんどはあまり意味の無いテキストですからなあ。わざとかけなかった、つー可能性も無いではないですが・・・でも、やっぱかけ忘れかな。まともに意味が読みとれるテキストも一ヶ所、あるし」
まるち「はい〜(^^; この、ええと、アイさんとリンさんの、ですね」
へむ2「うん、そのラフ絵だ。とりあえずこれから読みとれるのはリンは今度もやっぱり下水で酷い目に逢うんだな、と。それだけか?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。おそらく〜」
あずさ「でも、しょせんネタ帳だし。実際に採用されるかどうかは分かんないわよ?」
へむ2「それも問題だー。いや、でも、ええ! リンと下水は切っても切れない関係ですしね!? きっと今度もある、って信じてますよ?」
ぴーす「え。そ、それは・・・そ、そうなんですか?」
へむ2「そうなんです。俺が今そう決めました」
ぴーす「は、はぁ。そうなんですかー」
へむ2「ちくしょう、それにしてももーちょい、文字部分読みたいよなあ・・・CGからでも『リンが真面目なカッコしてる。異界での姿?』とか『なんかデコ娘がいますよ、デコ娘が。リゲルおっきくしたよな感じの』とか『ハンマーもいますよ?』とか『紫も出てくるっぽいなあ。多分』とか『・・・で、結亜は?』とか。色々分かる事はあるはあるのですがー」
あずさ「・・・微妙に偏った意見がいくつかあった気がするけど。今(−−」
へむ2「気のせいです。で、まあ、読みとれる事はあるのですが、でもやっぱ絵だけだとなー。くそう、もーちょい情報をー。てゆっか、とっとと正式発表出来るまで製作進行ぷりーず、ですな」
まるち「そうですね(^^; 早く、あの、分かると良いのですけど〜」
あずさ「ま、でも、焦らず待ってなさいよ、その辺は(−− 焦った所で、何がどう変わる訳でも無いんだし」
へむ2「にゅう。そうですなあ・・・しゃーない、本気で腰すえて待つといたしましょーか」

* 今年中に発売・・・は、今の感じだと難しそうな気がしないでもないので。『今年中に発表があるといいなあ』くらいで。だいじょーぶ、来年くらいならまだ子供小さいから、俺まだ普通にえろげ買えるしー(笑)

-

* にゅにゅにゅ。

* で、ぐる。まずは上記関連でhueうぇぶいろもんトップ絵メッセージ更新。

*

へむ2「んー。ちょっとマユの、目が怖いか?」
ぴーす「う。そうですね、少し〜」
まるち「あ(^^; ご主人様、ご主人様〜」
へむ2「にゅ? ほい、何か?」
まるち「ええと(^^; あの、後、うぇいぶ・いろもんさんも更新なさっておられます〜」
へむ2「ほえ? あらホント、第四回が増えてますな。内容は・・・あ、声だけだから聞かんと分からねぇ。つ訳で俺聞いてっから、君らちょっと10分くらい時間潰しといてー」
まるち「はわ?(^^;」
ぴーす「え。そ、それは、あの、え? え? え?」
まるち「はわわ(^^; ど、どうしましょうか、ぴーすさん」
ぴーす「は、はい。あの・・・ど、どうしましょう?」
あずさ「・・・・・・(−− そういう時は。ぶっ飛ばせばいいのよ、全部。こうやって」

* あい。とゆー訳で、約10分後。

*

へむ2「んー。とりあえず、メガネっ娘?」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・何なの。いきなり(−−」
へむ2「ああ、いや。うぇいぶ・いろもんの中で、『Web担のいるかちゃんってユーザーさん的にはどんなイメージですか?』ってあったので。素直に見たまま、メガネっ娘だなあ、と」
まるち「はぁ(^^; な、なるほど〜」
あずさ「・・・・・・(−− いや。確かにアイコンとかではメガネかけてるし。そりゃ違うとは言わないけど、でもそれはいくらなんでも『見たまんま』過ぎない?」
へむ2「んー。でもさあ、広報娘の挙げた選択肢が外人系だの宇宙人系だの、ザ・突っ込み所満載な物しか無かったもんで。さすがにその中から選ぶんは悪い気が」
ぴーす「え。う、宇宙人、ですか?」
へむ2「ああいや、まあネタなのでそう引かないよーに。で、後は特典である所の『黒木のしょんべん』の紹介、と。そんな感じでございましたー」

* と、あ。後、4コマの方も更新されましたな。うん、一人Webラジオは大変だろうけど、頑張れー。>広報娘

* ・・・でも、その名前はカッコよくないと思うぞ、やっぱり(笑)

-

* ライアーソフト。新作『蒼天のセレナリア』の情報更新色々と。とりあえず、蒸気王めらステキー(笑)

*

へむ2「このイベント絵なんかああた。さすが主人公! って感じですよね」
あずさ「いや、主人公違うから(−− 主人公は手前の、赤毛の娘だから」
へむ2「えー」
あずさ「えー、じゃないっ!(−−メ まったく、もう・・・」
へむ2「はっはっはっはっは。に、してもアレですな。ストーリーサンプルからして、『こちら』が『ギア・アンティーク』、『あちら』が『ブルーフォレスト』とゆー認識でよろしい?」
ぴーす「え。そ、それは・・・」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい。確かに、このCGさんとかは、その、雰囲気が、ですけど〜」
あずさ「でも、それが『あちら』とは限んないでしょ(−− 『こちら』にだって獣人はいる訳だし」
へむ2「まあそーなんですけどね。でも、やっぱスチームパンクと言えば俺ら世代にはぎゃーあんてぃー。その上青森要素まで入ってるならなおステキ、と思う次第さー」

* てゆっか本気で、『ギア・アンティーク』のルールブックをどっかで買い直そうか、と、最近思ってるおにーちゃんでございます。ちくしょう、いつ無くしたのかなあ、前持ってたルールブック。

*

へむ2「・・・と、いやいかん、話がそれた。えー、話戻して『蒼天のセレナリア』ですが、ユーザー参加企画の告知も出てますな」
まるち「あ、はい(^^) ええと、今回は『トレーディングボイスパズル』だとか〜」
ぴーす「ええと。一つのボイスドラマを34分割して、それでそれを一つずつ。で、皆さんで集めるんですね」
あずさ「一番早く集めた人と、後は完成させた人から抽選で五人に景品プレゼント。つまり、友達が多い方が有利なのね?」
へむ2「ちう事ですな。ただまあ、34個ともなると普通知り合いだけでは集まりませんのでー。ま、積極的に人様にメール出せる人が有利、と。そうなりますか」
ぴーす「ですねー。ただ・・・」
へむ2「にゅ? ただ?」
ぴーす「あの。これですと、どなたかが34個集めた時点で、そこから他の皆さんも全部集まる事になりませんか? いきなり」
へむ2「・・・む? むう。確かに、『コピーして渡す』形式だとそうなるなあ」
まるち「あ(^^; そう言えば、あの、そうですね」
へむ2「むう。となると、各参加者に34個ずつファイル渡して、で、他の人とやりとりする時は『必ず交換』を義務付け? でも、それも守ってもらえるかどうか?」
あずさ「まあ、ズルをする人はかならずいるでしょうけど・・・でも、そこはファイル名を全部変えるとかやれば、何とかなるんじゃないの?」
へむ2「なるカナ? カナ? うーん」

* んー。ま、いいや。詳細についてはまた後日、つー事なので素直にそれを待ちましょうか。<企画>はてさて、一体どーゆー形式になるのかな、っと。

-

* にゅにゅにゅにゅ。

* であ、ここまで。今日もぐーすか、寝るですよん。

* お休みなさい。ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]