まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



逝ってこ〜い!
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


200と80、悩みんぐ。

* 朝。

* ぐー。

-

* 昼。

*

まるち「えっと・・・今日はあきとさん、4430g、ですね(^^)」
カニ子「順調カニねー。あ、お菓子貰うカニ(ぱりぽり)」
へむ2「やってくるなりいきなりそれかザ・カニ子。まあいいや、俺ら出かけてくっから、留守番頼む」
カニ子「? どこ行くカニ?」
へむ2「お買い物。ミルクとかまた買い込んでこんとな」
まるち「はい〜(^^; 後一週間分くらいしか、多分、あの、ありませんから〜」
猪名川「よう飲みよるもんなあ。ま、ほな、行ってきー」
へむ2「あいあい。んじゃよろしくなー」

* て事でお出かけ。ごー。

*

へむ2「うむ。D80のシャッターは、D200に比べるとやや鈍い・・・つか、微妙に野暮ったい感じだな」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
へむ2「うむ。後、問題点としてはボディが小さくなってるせいで『ボディ支える右手とレンズ操作する左手が当たる』事。及び『一旦シャッターボタン押してからでないと絞り調整が出来ない』事、だな。ふむー」
ぴーす「・・・ええっと〜」
へむ2「翻ってD200の欠点は、まあボディが重い事。そしてこれは雑誌からの情報であって自分で確認した事じゃないけれど、バッテリーの保ちがD80より悪い事。後は値段か」
まるち「そうですね(^^; あの、はい。8万円近く違う訳ですし〜」
へむ2「ふむー。しかも、D200は記録メディアがCF。SDなD80に比べて、やっぱこっちでも余計に銭がかかる、か」
ぴーす「そうですねー。あの、ですけど、それよりも」
へむ2「くっ。ボディの小ささは慣れるとしても、でも絞り調整は真剣に問題だ。俺、ほとんどの場合で絞り優先オートしか使わんからなあ」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「ああくそ、それにそれに。そもそも最大の問題点として、DX18-135Gレンズがまだ発売されてないんだよなあ。うがー、どうせなら新レンズー。寄越せ! 今すぐ俺に寄越せ!!」
ぴーす「いえ、あの、そちらは二週間後に発売ですから。そんな、無茶をおっしゃられましても」
へむ2「うわーん。ええい、どうした物か? いっその事、ボディだけ買って今のF90で使ってるニッコールレンズを装着? 18-135Gレンズも12月になりゃ単体発売される訳だし」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。それもよろしいかと思いますけど、ですけど、あの、それだとおそらく、余計に〜」
ぴーす「お金がかかると思います。あの、ですけど、ですから、それよりもですね。そろそろ、お買い物の方を」
へむ2「うにゃー。ああくそ、80にするか200にするか。80にするなら果たして今の70mmで妥協するのか135mmが出るのを待つか。それが問題ダー」
ぴーす「・・・いえ、ですから。お買い物の方を、そろそろ〜」

* いや、真面目な話。カメラとしての総合的な完成度なら、D80の方が実は上だと思うのです。<D200よりも>ただ、いくつかのポイントでやはり気に入らない物がある。それが大変、悩ましいですにゃー。

-

* 夕方。

*

へむ2「と、ゆー訳でな」
猪名川「・・・いつまで経っても買い物から帰ってこぉへん思うたら。またそないな所で引っかかっとったんかいな」
カニ子「こっちは結構大変だったんカニよ? その間」
へむ2「や、それはその為に君らを残したので文句を言わずにキリキリ働いてくれい。で、だ。今のF90のレンズは、さすがにかなり古いからな。使える、とは言え、やはりD200D80に永続的に付けとくもんじゃあ無い訳よ」
猪名川「まあそら、せやろけど。何年前のレンズなんや、あれ?」
へむ2「本体ともども、少なくとも10年以上前。ただ、10年前のであってもいまだにちゃんと使えるあたりが一眼レフの持つ素晴らしさと言えよう」
猪名川「いっそ使えんくなっとったら余計な事悩まんでも良かったのに、つー気もせんではあらへんけどな。やけどまあ、とにかく10年や。それは再利用せんでもええやろ、さすがに」
カニ子「そうカニねー。10年とか言ったら骨董品カニよ、もう」
へむ2「いや、白血球の寿命スパンで物を語るな甲殻類。カメラの世界じゃ10年20年は普通に現役だ。10年前のカメラなんかザラに世間に転がっとるわい」
カニ子「そうなのカニ? みんな物持ちいいカニねぇ」
へむ2「カメラっつーんは人生の相棒だからな。でだ、話戻してこれからどーするか、なのだが」
カニ子「あ、はいはい。その前に一つ質問カニ」
へむ2「ん? 何よ?」
カニ子「そもそも、お金あるのカニ? ずっと無い無い、って言ってたはずカニよ?」
へむ2「うむ、なんだかんだで実はこっそり20万ほど用意出来た。ただ問題は、20万で結構いっぱいいっぱい、つー事だな」
猪名川「なんや。やったらD200は最初っから論外やん。あれ、本体だけで20万やろ?」
まるち「あ、はい(^^; それは、あの、はい。そうなんですけど」
へむ2「そこはそれ。だから、とにかくボディだけ買って。改めて銭が溜まるまでレンズはF90のでしのぐ、とゆー手が。記録メディアの分だけ足が出るけど、それくらいならまあ、なんとか」
カニ子「・・・それはまた、随分としみったれた話カニねー」
へむ2「るっせぇ。とーにーかーく、それで延々悩んでる訳よ。真面目な話、D200のボディが大きくて重いっつってもたかだか830g。今のF90より軽い訳で。俺的には全然問題にならんのな」
猪名川「つ事は、後はバッテリーの問題だけか」
へむ2「うむ。とゆー訳で、どうしよう?」
猪名川「・・・とか聞かれてもなあ」
カニ子「困るカニ。けどまあ、私だったら安くて新しい方買うカニよ」
ぴーす「そうですねー。あの、バッテリーの保ちは結構大事な要素だと思いますしー。私としても、あの、はい」
へむ2「にゅう。まるちは」
まるち「はわ?(^^; あ、はい。あの、私は、ええと。あの、どうぞ、ご主人様の納得のいかれる様に〜」
へむ2「・・・うにゅう」
猪名川「まあ、なんや。とりあえずやなー、仮にD80買う事に決まったかて。そん時かて、どーせ買うんは135mmのレンズが出てからやろ?」
へむ2「うむ。それはまあ、間違い無くな。わざわざ70mmで止める理由、何一つ無いし」
猪名川「やったらや、急ぐ事あらへんやん。二週間あるんやし、じっくり考えぇや」
へむ2「うーむ。まあ・・・そうするか、ねぇ(しぶしぶ)」

* さて。ホント、どーしたもんですかねぇ。D200か、D80か。うーん。

-

* 夜。

* とか悩みつつ。今日はもう寝るですお休みなさい。

*

へむ2「ちなみに、今日は。うちの嫁が『耳栓したまま寝る事で夜ちゃんと寝れるかどうか』を試したい、とゆーので。徹夜モードは無しな」
ぴーす「あ、はい。了解しました」
まるち「それでは、ご主人様(^^) お休みなさいませ〜」
へむ2「うん。じゃ、そーゆー事で」

* ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]