まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



貴方の後ろに偽善者が。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


VRと80と。

* 朝。

* あー。なんか久しぶりに、『お休みの日の朝』起きてるよーな。

*

まるち「そうですね(^^) ここしばらく、ずっとお休みの前日は徹夜なさっておられましたから〜」
ぴーす「この時間は寝ておられましたよねー。あの、朝ご飯をどうぞ」
へむ2「ありあと。いやもー、こーゆー朝ご飯な時間に朝ご飯食うんも結構久しぶりのよーな(はもはも) あ、でさあ」
まるち「はい? あ、はい。何でしょうか?」
へむ2「うん。飯食い終わったらね、秋葉行こうと思うんだ。今日」
まるち「はわ? 秋葉原、ですか?(^^;」
へむ2「うん。さらに具体的に言うなら、ヨド
まるち「はぁ(^^;;;」
猪名川「・・・カメラか。カメラなんやな?」
へむ2「うむ。あっこやとさ、標準レンズキットだけじゃなく、色んなレンズと組み合わせて展示してあるやん? やからまあ、行って色々試してみて、いっそこの際、ええのがあったら純正レンズに拘らんでもええかなー、と」
ぴーす「そうですねー。確かに、はい。純正でなければ、少しお安くなりますよね」
へむ2「うん。のでまあ、とりあえず見に行きたいなー、と。どう転ぶかは分かりませんけどね」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。了解いたしました〜。では、お店さんの開くお時間になりましたら〜」
猪名川「や、ちょい待ち。まるち、あんたは留守番や」
まるち「は、はわ? え、あ、る、留守番、ですか?(^^;」
猪名川「まるちやと、いざって時の抑止力にならんやろー。一応、このメンツん中の年長者としてや。ここはうちが行く」
へむ2「んー? 年長っつー事なら、一応俺の方が上だが」
猪名川「あんたや意味があらへんやろ。自分で自分、止めれるんかー?」
へむ2「うん、そんな無茶を言われては困るな。君、何年俺と付き合っとるのかね?」
ぴーす「・・・はぁ。無茶、なんですかー」
猪名川「やろ? やから、うちが行く。でもって、金はぴーすに預けとき。衝動買いせんよに」
ぴーす「あ。じゃあ私も行くんですね。はい、了解しましたー」
へむ2「うーむ。なんかおにーさん、とことん信用されとらん気がするんですが・・・」
猪名川「気がする、んやない。信用しとらんのや。この手の事に関しては、きっぱりと」
へむ2「・・・気がするんですが。ま、いいや。とにかくまあ、れっつらごーで行きまっしょー」

* て事でお出かけ秋葉原。ごー。

-

* 昼。

* そして到着。ヨドー。

*

へむ2「あ。『AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G』だわーい♪
猪名川「て、ちょお待てちょお待てコラ! 高い、それ高いて!!」
ぴーす「・・・あのー。サードパーティ製の安いのを探す、おつもりだったんじゃないんですか?」
へむ2「や、そのおつもりでしたけど。でも、やっぱ、ねぇ? ほらこれ、何つーてもVR付きだし!」
ぴーす「はぁ」
猪名川「とか言われたかてそもそもうちら、VRいうんが何やか知らん。それよりやー、やから高いんやて、それ」
へむ2「そりゃだって、VRだもん。あ、ちなみにVRってのは手ブレ補正機構の事でね? いやもちろん、『手ブレ補正なんぞに頼っちゃいけねぇ』ってのは正しいんじゃけど。大変正しい意見なんじゃけど。でもほら実際、300mm望遠ともなると、やっぱ手ブレ補正が欲しくなる訳で」
ぴーす「? 200mm、ですよ?」
へむ2「デジタルの200mmは35mm版換算だと300mmになるんだよ。詳しい理由は俺も知らんが」
ぴーす「え。そ、そうなんですか?」
へむ2「うん。1.5倍にして計算する物らしい、何故か。でさぁ。これ一本あったら、ほとんどの場面で撮影に困らんから便利だなー、と思うのココロ。しかもこれに搭載されてるVRはVRIIだから、なんと四段分もの補正効果があるんですよ!?」
猪名川「やから言われたかて分からんっつーに。つかやなー、真面目な話そないな事はどうでもええねん。今重要なんは、あんたにそれだけの予算が無い、つー事やろ?」
へむ2「え? いや、金なら足りるじゃろ? まあ、D80買えば、の話じゃけど」
猪名川「足らへんやろー。D80、本体だけで12万するんやから」
ぴーす「レンズの方は・・・8万と8千円、ですか。ですから、8千円ほど予算オーバーですね」
へむ2「そのくらいなら俺の小遣いから追加で出すー。ほーら全然、問題無い」
猪名川「いや、そら、本体とレンズだけやったらそうかしれんけどなあ・・・」
ぴーす「あのー。他にも、記録用のSDカードですとかー」
へむ2「んー? それはポイント分で足りるだろ? 本体レンズで20万、その10%がポイントになるんじゃから」
ぴーす「え」
猪名川「・・・あ? ああ、そない言うたら、せやな」
へむ2「やろ? やから、D80を買う』つー条件なら全然問題無しだ。加えてこのレンズ、ズームリングが大分前の方にあるから昨日言うてた『手と手がぶつかる』つー問題も解決出来るし。後、『新しいレンズがまだ発売されてないー』問題も、もっといいレンズ買うんだから全然問題になんないよね?」
猪名川「まあ・・・そう、かいなぁ?」
へむ2「だから後残る問題は、『絞り変更がシャッター押してからしか出来ない事』、及び、ちょっちこのレンズでかいから、D80に付けると微妙にバランスが悪い事。ふむー、どうした物か」
ぴーす「・・・ええと。ですけど、あの、D200とのセットですと7万円ほど、オーバーしますしー。それは、もう、こちらのレンズをお買いになられるんでしたら、さすがに」
へむ2「うーん。まあ、そうだねぇ。つかあれかなー。かなり品薄で、同じヨドバシの通販でさえ二ヶ月待ちなこのレンズ。それがこの場にあって、しかも本体込みでほとんどきっちり予算通り、つーんは・・・天の声、なのかねぇ。やっぱり」
猪名川「あー。まあ、つー事にしとき。この際。下手に気ぃ変わって『D200買うー』とか言われても、うち困るし」
へむ2「ふぅむ。まあ、そうだな。そもそもD80、まさに俺のために作られたかの様なタイミングと価格帯な訳で。それにこれが良いカメラだっつーんも間違い無いし。買っちゃうかねぇ、さくっと」

* て事で。

*

へむ2「あーい。そーゆー訳で、こちらが本体とレンズになりまふ。手前にあるF90は大きさの比較対象用ね」
猪名川「で、実際に箱から出して組み立ててみたんがこれとかこれとかこれやな。確かに・・F90と比べるとちょお、な」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。少し、レンズが大きすぎる感じですね」
へむ2「まあ、元々D200用に作られたレンズじゃからのう。D80じゃあ微妙にバランス悪いんはしょーのない所なんじゃけど。でもまあ、実際に構えるとこれが意外と気にならんのな」
猪名川「どれ?(ひょい) ん〜〜・・・せやな。カメラ構える、つーよかレンズ構える、つー感じやけど」
へむ2「や、望遠系レンズ付けた時ってなあ基本的にそーゆーもんだし・・・て、あや? D80ってバッテリーチャージャーでないとバッテリーに充電出来ないのか。あやややや、そりゃいかんね。てっきり、バッテリー放り込んだまま充電出来ると思ってたのに」
まるち「はわ? あ、ほ、ホントですね(^^; 本体用の電源コードは別売り、とございますし〜」
へむ2「いかんなあ。そうなると、やっぱもう一個バッテリー買ってかんと。つーか待て、そもそもその状況だと、今現在この時点では初期設定を済ませとく、とかメニューを確認する、とか出来ない?」
ぴーす「あ、はい。無理ですね。まず、充電が済むのを待ちませんと」
へむ2「うがー。しょーがない、んじゃその間に説明書を読みつつ、バッテリーの注文をって公式でも売り切れてやがるコンチクショウ
まるち「はわ?(^^;」
ぴーす「わ。あ、ええと・・・多分、D80本体についてくるバッテリーの方に、はい」
猪名川「生産ライン取られとんやろなあ。まあ、適当にネット通販あさったらどっかで売っとるやろ。どっか適当なトコで注文しときー」
へむ2「しょうがねぇなあ、もう(ぶつぶつ) つーか道理で、ヨドがバッテリーの同時購入勧めてこなかったハズじゃよー」

* まあ、急ぐ訳じゃ無いからいーんですけど。<バッテリー>でも、こーゆー所で躓かされるとは思ってなかったですよ。ふんとにもう(笑)

-

* 夕方。

* あい。バッテリーのチャージ、かんりょー。

*

へむ2「で、とりあえず自分カスタマイズ自分カスタマイズ。絞り優先モードでの絞りコントロールも、実はメインダイヤルに割り当てる事が可能だと分かって俺万歳。まあ、やっぱシャッターボタン押してからでないとダメなんは変わんないんですけどね」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。ですけど〜」
へむ2「うん。メインダイヤルになっただけでも大分使いやすくなるんでこれで良しとする。つー事で、じゃあ明日は撮影旅行に出かけよっかー☆」
ぴーす「え。ご、ご旅行、ですか?」
へむ2「うん。いやま、正確に言えば『撮影散歩』だけどさ。とりあえず近所の河原にでも行って、何枚か撮ってこよーよ」
ぴーす「あ、は、はい。そういう事でしたらー」
へむ2「とりあえず広角側に望遠側。画質のノーマルとソフト。後、VR機能の有りと無し。最低それくらいは撮り比べてみたいにゃー。んー、楽しみ〜♪」

* ああそだ、後、バッテリーの保ちもチェックしましょーね。公称は『2700枚』ですが、実際に撮る時ってのはもっと無駄に電気使ってる訳で。さて、どれくらい保つのかなー。

-

* 夜。

* でもって。今日も徹夜をせずに、寝るのれす。

*

カニ子「んー。あー、よく寝たカニ☆」
へむ2「て、今まで寝てたんかいおのれわ。えーい、俺はもう寝るのだ。お前に構ってる暇は無いほれしっしっし」
カニ子「うわ。いきなり、随分な扱いカニー」
へむ2「こんな時間まで寝てるお前が悪い。文句があるならもっと早起きしたまへ」
カニ子「うわー。あ、とりあえずご飯が欲しいカニ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。では、少々お待ちください〜」
へむ2「・・・反省する気が無ぇなコンチクショウ。まあいいや、本気で俺は寝る。んじゃなー」

* て事で。んじゃお休みなさい、ぐー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]