まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



今までだって何とかなってきたじゃないですか。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


[長月日記一覧] : 2006/09/03 : (コメントが4件あるにゅ)

基本設定D80。

* 朝。

*

まるち「あ。おはようございま・・・はわ?(^^;」
ぴーす「・・・ええと。今日は随分と、眠そうですね?」
へむ2「うん、眠い。けどま、俺は一応寝てるのでまだましー」
まるち「はぁ(^^; と、おっしゃいますと、あの、奥様が?」
へむ2「うん。ろくに寝れんかったらしい」
まるち「はぁ(^^;;; で、ですか〜」
へむ2「とゆー訳で。これから数時間だけでもぐーすか寝てもらうべく、あー坊連れて降りてきた。降りてきたはいいんじゃけど、でも俺も眠い。とゆー訳で、後頼む(ぱたりこ)」
まるち「あ、はい(^^; 了解いたしました〜」
ぴーす「お任せください! ただ・・・ですけど」
へむ2「うん。今ミルクやって寝かしたトコなんで、言うてもやる事ぁほとんど無いと思う。まあ、ぐずりだしたらおしゃぶりでもくわえさせて、誤魔化したってくれーい」

* て事で。ぐー。

-

* 昼。

* 復帰ー。

*

へむ2「ほー。カニトリーナですってよ奥様」
カニ子「・・・そこで私の顔を見るのは、やめて欲しいカニよ?」
猪名川「あー、昨日のアド街やな。確か港北ニュータウン」
へむ2「うむ。このカニトリーナでカニを挟んで挟んで挟んでえぐる、と。スバラシイ発明ですな」
ぴーす「え。あの、挟むはともかく、えぐる、は違うんじゃないかと思います。はい」
カニ子「て言うか、挟むのもやめるカニー。あ、コラ! ネット注文しようとかしてんじゃないカニ!!」
へむ2「ちっ。まあとりあえず、公式の商品情報はここと。将来あー坊を海に連れていく事もあろうし、一応憶えておこう」
猪名川「何年先になるか分からんけどな、それ」
へむ2「まあそこはそれ、あくまで『一応』じゃから。さて・・・そいじゃ、ぼちぼち撮影散歩に行きますかね?」
まるち「あ、はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ〜」
へむ2「ん。まあ1時間くらいで帰ってくるよ。んっじゃねー☆」

* とゆー訳で。昨日買ったD80を持って、近所の河原までふーらふら。色々ぱしゃぱしゃ撮りましたが、とりあえず『手ブレ補正機能』『仕上がり設定』のチェック用データをまとめてこの辺に。

*

へむ2「一番上の6枚が広角端で撮った写真。次の6枚が望遠端で撮った写真じゃね」
ぴーす「ええと。それぞれ上段が『仕上がり設定:標準』、中段が『仕上がり設定:ソフト』で下段が『仕上がり設定:鮮やか』なんですね?」
猪名川「で、左が手ブレ補正有りで右が無し。ん〜〜・・・イマイチ、よう分からへんな?」
カニ子「そうカニねー。特に上の6枚、全然変わんないカニよ?」
へむ2「むう。や、まあ、確かに広角端だから。そもそも手ブレがほとんど発生してないと考えられる訳で。いやでもほら、それは縮小画像だから。上記のページの各写真にリンク付けられてる、オリジナル画像で見比べれば」
カニ子「やっぱり変わんないと思うカニー」
へむ2「・・・・・・」
猪名川「すまん。うちもそない思う。まあ、さすがに望遠の方ではちょい、違うとる気ぃはするけど」
まるち「そうですね(^^; あの、次の6枚は、さすがに、はい。左側の方が綺麗に見えますけど〜」
カニ子「けど、左もやっぱブレてるカニよ?その下にある『おまけ』の方がよっぽど綺麗カニー」
へむ2「うむ、それはじゃね。シャッタースピードが1/30秒くらいだと、被写体自体が風で揺れてブレるからであって。手ブレは補正出来ても風での揺れは補正出来んので、結果どーしてもブレが出る、と」
猪名川「・・・役に立っとるんやか、立っとらんのやか。いう話やなあ。そら」
へむ2「つっかね、簡単に言うと花見るな。手ブレの効果は、後ろでトランペット吹いてる若衆で見てくれ。な?」
猪名川「んー? あ、なるほどな。確かに、そこだけ見たら全然ちゃうな」
へむ2「うん。だから一応効果はあるんだよ、手ブレ補正」
カニ子「でもー。やっぱりそれでも、おまけの方が綺麗カニよ?」
へむ2「や、だからそれは手ブレ補正があろうが無かろが、適正な絞り値とシャッタースピードを選ぶ事はじゅーよーだよねって話な訳で。つか、実際に写真撮る時はこのモードだよ。やっぱそりゃ、ねぇ」

* で、もって。

*

へむ2「でさあ。仕上がり設定の方なんじゃけど・・・これは、どれがいと思うかね?」
猪名川「んー。せやなあ・・・『鮮やか』はまあ、夏の空っぽぉてええなあ、と思うけど」
カニ子「そうカニねー。花の色もハデハデっぽくて、私も好きカニー」
ぴーす「ええっと・・・ですけど、あの、ちょっと派手過ぎませんか? 私は、やはり、標準くらいがよろしいのではないかと」
まるち「そうですね(^^; あの、標準でも、十分にお綺麗ですし〜」
へむ2「うーん。確かに、そーなんだよねぇ。てゆっか、標準でも少し鮮やかすぎるんじゃねぇか、って思うくらい」
猪名川「ほな、ソフトにするんか?」
へむ2「んー。それもでも、な。いや、人物中心に撮るならそれでもいいんじゃろうけど。てか、本当はだから、対象によって適宜変更すべきなんじゃろうけど」
猪名川「何や。それでええんやったらそれでええやん」
へむ2「いや、でも、やっぱほら、基準を決めとかないとさー。『ここがど真ん中ストライク』つーんがはっきりしとらんと、コース攻める変化球は投げれんだろう?」
カニ子「そういう時は、ストライクゾーン全部を通る分身ハイジャンプえび反り魔球カニよー」
へむ2「大回転が抜けとるぞ。つか、なんでんなもん知ってんだカニ子」
猪名川「どっかのテレビででも見たんやろ、そら。それよりやー、話戻して基準決めたいんやったら『標準』やろ。そら」
ぴーす「ですねー。何と言っても、『標準』な訳ですし」
へむ2「うにゅう。まあ・・・そだなあ。そうするかぁ」

* そしてラストー。

*

へむ2「あい。じゃあ最後に大事な事を決めよう。記録モードをどうするか、だ」
猪名川「記録モード?」
へむ2「簡単に言うとJPEGオンリーにするかRAW+JPEGにするか、つー事だな。ちなみにJPEGにも色々あるけど、でもおにーさんは最大サイズ、最高画質以外は認めねぇ」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。そうですか〜」
へむ2「うむ。だからそこは考えなくてもよいよいよいよい。本気で、RAWで記録するかどうかだけ考えてもらえりゃよろしい」
ぴーす「はぁ。ええっと・・・」
カニ子「はいはーい、質問カニー。そもそも、RAWって何カニ?」
猪名川「つーか、メリットとデメリット聞かし。話はそれからや」
へむ2「うむ。RAWっつーんは完全に『素のデータ』で、メリットとしてはパソコンで加工するのに向いている。後、これ使ってると何となくプロっぽくてカコいい
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「・・・ええっと〜」
猪名川「・・・つまり、見栄か」
へむ2「いや、真面目な話、加工する気ならこれ以外ないよね、つーモードではあるのよ? ただデメリットとして、ファイルサイズを食うから記録枚数が減る、あーんど連写が効かない、つーんがあって」
猪名川「連写なあ。まあ、ファイルサイズはそらメディア変えたら済む事やからええんやけど・・・どれくらいに減るんや? 連写」
へむ2「最大で6枚まで、つー事になっとるな」
猪名川「ふむ。で、JPEGオンリーやったら?」
へむ2「公称23枚。でも、実際は多分100枚」
カニ子「? どういう事カニ?」
へむ2「SDカードに十分な転送速度があれば、おそらく何の問題も無く100枚まで行く。とりあえず23枚越えて撮り続けられるんは確認したし」
カニ子「へー。カードの転送速度も関係してくるカニかー」
へむ2「らしいぞ。で、だね。実際問題、100枚っつーたら30秒以上シャッター切りっぱなしにせんといかん訳で。それは普通の撮り方してる限り、まずありえねぇなあ、と」
ぴーす「つまり、事実上はほぼ無限、という事ですね」
へむ2「そうなるな。だからさー、さっきのページにおまけで載せた、『逃げる猫』写真。あーゆーのを撮る気なら、やっぱJPEGオンリーモードだよなー、とゆー」
カニ子「? でもアレ、全部で5枚カニよ?」
へむ2「いやそりゃ、今回は5枚で済んだけど。それで済まない事だっていっぱいある訳で、そーゆー時にも気兼ねせず撮りたいじゃんさー」
まるち「そうですね(^^; それは、あの、はい〜」
へむ2「ああでも、加工する気ならやっぱりRAWモードー。いやでもしかし、そもそも『撮った写真を加工する』とゆーのは一期一会の精神に反するのでは? とか考えるとJPEGオンリーでもいいような。でもせっかくだから、やっぱりRAWモードも使ってみたいー、と。まあそんな風に色々悩んでる訳よ。おにーさんは」
猪名川「・・・それは悩んどるんか? なんつか、『RAWモード使いたいんは物珍しいから』つーだけにしか聞こえんのやが」
へむ2「それはまったくその通りなので否定はいたしませんがネ!! でもほらー、よりよい画質で加工が出来ます、とか言われるとさー」
猪名川「加工、するんか?」
へむ2「よっぽど何かの理由があれば。基本的にはやっぱり写真って一期一会な物だと思うから、シャッター切った後には手ぇ入れたくないなあ」
猪名川「・・・やったらやー」
ぴーす「あの。とりあえず、JPEGモードで良いのではないでしょうか。あの、本当に大事な物を撮られる時とか、そういう時だけ切り替える、という事も出来る訳ですし」
へむ2「にゃー。でもなあ、そーゆーつもりでいると、結局切り替えないんよなあ。俺の性格的に」
猪名川「やから言うて、いじりもせんデータ撮っとっても意味あらへんやろー。ええやん、とりあえず軟弱にJPEGで。なんか気ぃ変わった時だけ、RAWにしときぃや」
カニ子「そうカニねー。話はよく分からなかったカニけど、それで全然問題無さそう、ってのだけは分かったカニよ?」
へむ2「うわ、カニ子ごときに断言された。でも・・・うん、確かになぁ。とりあえず、JPEGだけでいくかぁ」

* いじょ。まあホント、うちのボンの写真も今後は『連写で撮っておいしいトコだけ残す』つー場合が増えるでしょうし。連写が無制限に出来るんは大事ですやね。うん。そういう風に、納得しとくといたしましょー。

-

* 夕方。

* と、今後の方針が決まった所でちと仮眠。ぐー。

*

猪名川「あ。そない言うたら、バッテリーの保ちはどないやったんや? 結局」
まるち「あ、はい(^^) ええと、お出かけになられる前が78%で、お戻りになられた後が49%でした〜」
ぴーす「ですけど、あの。データをパソコンに転送される時、1時間ほど電源オンで放置されてましたから・・・実際にはもう少し、多分」
猪名川「ふーん。つー事はあの1時間半、100枚撮ったんで25%くらい、か。こまめに電源オフっときゃ、まあ一日歩き回る分くらいは保つ・・・かいなあ?」
ぴーす「そうですねー。それに、あの。新しいバッテリーも届きましたし〜」
猪名川「あ、もう届いたんや? ほなまあ、普通に一日出歩くくらいは完全大丈夫、やな」
まるち「はい〜(^^) そうだと思います〜」
猪名川「そか。まあ、うん。ほなまあ、あのにーちゃんが起きたら教えたりな、それ」

* ただ、やっぱバッテリーチャージャーでないと充電出来ないのがやや不便。出来るなら、一々取り出したくは無いんですけど、ねぇ。<バッテリー

-

* 夜。

* で。今日はアバウト徹夜ー。

*

へむ2「うちの嫁がね。やっぱ、あー坊と同じ部屋だとよく眠れんらしくて」
まるち「はい〜(^^; あきとさんのお声で、起きてしまわれるんですよね」
へむ2「うん。とゆー訳で、今夜のあー坊は居間。俺も同じくソファーで寝る、と。ぴーす、一晩付き合い、よろしくー」
ぴーす「あ、はい。ですけど・・・あの、大丈夫ですか? 明日はお仕事ですよね?」
へむ2「だいじょーぶ、明日の仕事は午前中で終わるから。それにまあ、寝るし。俺も」
ぴーす「そうですか? でも、あの、無理はなさらないでくださいね?」
へむ2「大丈夫だってばさ。つーか、その為に夕方仮眠取ったんだしなあ」
ぴーす「それは、そうかもしれませんけど・・・」
へむ2「へーきへーき、あー坊も最近は夜中二回ほど起きるだけで、後はずっと寝てるしな。その間俺も寝る。それで問題無しさー」
ぴーす「・・・はい。でも、あの、なるべくお仕事は、私にお申し付けくださいー」
へむ2「考慮しよう。じゃ、まるちも。お休みー」
まるち「はい〜(^^; あの、お休みなさいませ〜。ご主人様も、どうぞ、なるべく、お休みください〜」

* て事で、今晩はうちの息子の世話をしながら、まあぼちぼちと。とりあえずミルクもやり終わったんで、ここらでいっぺん寝ましょーね。

* お休みなさい。ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:


[00001] 2006/09/05 22:40:25
たぶんソフトの画像が
[投稿者: ちるそにあん ]

一番肉眼のイメージに近そうな気が。
少なくとも「鮮やか」は、色や陰影のメリハリが強すぎて、却って作り物っぽく見えてしまう(ハイビジョン映像ほどじゃないけど)。
まぁ平均すれば標準? ASA100と400の差くらいかなぁ。
同じところを銀塩でも取ってみるのもいいかも知れませんね。

ただ私は1/125メインだから、それとの比較が見たかった……いや、単なる個人的希望ですが(笑)。
つうか1/30なんて、昔ビデオも無い頃にTV画面撮る時しか使わなかった(^^;


[00002] 2006/09/06 01:23:36
うーん。
[投稿者: へむへむ ]

>一番肉眼のイメージに近そうな気が。

俺の好みだと、もう後ほんのわずか、ほんのわずかだけ「標準寄り」になってくれるといいんですけどねぇ。<ソフト
まあでも、そうですね。一度銀塩で同じの撮ってみますです。まあそれをネットにUpして比較ー、つー訳にはいかないでしょうが(スキャンの時点で微妙に色合い変わる事が予想されるので)、とりあえず自分の手元で、プリントアウトした画像と見比べてみようと思います。はい。

>つうか1/30なんて、昔ビデオも無い頃にTV画面撮る時しか使わなかった(^^;

俺は実は、居間までF90が内蔵フラッシュ持ってない+外付けスピードライトがやや接点不良で使いにくい、つー状況だったので結構よく使ってたりします(笑)<1/30秒とか1/8秒とか>まあ正直、1/30秒は俺の手持ちでブレが発生するかしないかギリギリレベル、だったんですが・・・VRのおかげで「結構気軽に撮れる領域」に入ってくれた気がします。ありがたい話ですねぇ。

#とか言いつつ。D80には内蔵フラッシュがあるんで、そもそも今後は1/30秒あんまり使わないだろな、つー予想も立ってたりはするのですが(笑)

ちなみに1/125秒の写真も、今後はぼちぼち撮ってく事が当然あると思います。なのでまあ、その時にでもー。


[00003] 2006/09/06 23:57:36
やっぱ何処までを写すかによりけりですね
[投稿者: ちるそにあん ]

確かに1/30のVR、1/250だと完全にピンボケな後ろの若者達もしっかり写っている上に、VR無しと違ってそのまた後ろの建物もぶれてない。凄いなぁ。

何だか欲しくなってきた(笑)。


[00004] 2006/09/07 02:01:55
欲しいと思った時がお買い時ー(笑)
[投稿者: へむへむ ]

と、背中を押してみる私(笑)

まあでも真面目な話、やっぱ手ブレ補正があると「三脚使わず撮れる」域が広がっていいですやねー。気軽に何でも撮れるよになるのは良い事です。うむうむ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]