まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



貴方の後ろに偽善者が。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


ざ・れいぶん。

* 土曜日ー。ですが、ちまっとお仕事。朝に出かけて、夜帰り。

*

ぴーす「あ。お帰りなさいませー」
猪名川「おかー。お邪魔しとるでー」
へむ2「ほ? おや、年末に姿くらましたっきり、とんと音沙汰の無かった猪名川君ではないかね。生きてたんだ?」
猪名川「・・・あのな。ボンに風邪がうつったらアカンから、有明の後は帰ってくんな、言うたんはあんたやろー?」
へむ2「確かに俺だが、ここまで音沙汰無いとは思ってなかったよ。てっきり、もっと早うに戻ってくるもんだと」
猪名川「やー。それがなー、うち帰ったらお母んにつかまってもうてなー。ちっとは家の手伝いしぃや、て」
へむ2「あ。なるほどな」
猪名川「ま、やけどようやっと五月の連休も終わったし。暇が出来たんで抜け出してきた。それにアレやろ? ボン、そろそろ立っちするんやろ? それは是非この目で見て、鶴来屋の下二人に自慢せんとな」
あずさ「・・・て、コラ(−−メ アンタまた、そんな波風立てる様な事を」
へむ2「つっか、俺でさえ見れるかどうか分からんもんをお前が見るんは俺が許さん。お前も付き合いやがれ、俺の仕事に」
猪名川「えー。うち、今回はずっとこっちに残っとくつもりやねんけど?」
へむ2「お前の都合は聞いてねぇよ居候。却下だ、却下」
あずさ「て言うか(−− アンタだけ見たら、後で二人から愚痴られるの私なのよ? 割に合わないからやめなさい」
猪名川「・・・うわー。二人揃って我が儘炸裂やー。ワガマンマー王子がここにおるー」
へむ2「走ーれヘーイゲンデーコボォカー。カザーンユッキーのーりこえてー♪ と、そんな懐かしい物はどうでもよろしい。とにかく、付き合ってもらうぞ?」
猪名川「ちぇー。しゃーないなあ、ほな、ボン。初立っちは、うちのおる土日にするんやでー?」
へむ2「俺のいる土日、と言いたまへ。けどまあホント、いつになるのかねぇ。いつになっても不思議の無い時期なんじゃけどー」

* で、帰ぇってうだうだしてたら日付が変わる、と。はいはい、とっとと寝ましょーか。

*

へむ2「ちなみに世界樹の方は全員ネクスト化完了の、あーんどレベル50突破済み。後10レベル上げれば目標クリアだ、頑張れ俺」
あずさ「・・・・・・(−− いいからレベル上げなんか後にしてとっとと進めなさいと。まったく」
猪名川「お。そーいややー、ネクストジェネレーションのネーミング、結局どないなったん?」
へむ2「ん? ああ、それかぁ。いや、色々考えたんだけどな、いいのが無くって。結局、頭文字ルールを採用したよ」
猪名川「頭文字ルール?」
まるち「はぁ(^^; あの、キャラクターさんの職業名と、お名前の、両方の頭文字を〜」
猪名川「あ。なるほどな、一緒にしたんか」
へむ2「うむ。これでキャラ名見ただけで職業が分かってとても楽。ホントはねー、ギルド名にちなんだ名前を付けたかったんだけど」
猪名川「ほほー。ちなみにそっちは何にしとるん? ギルド名」
へむ2「ネヴァーモア」
猪名川「ねばー?」
へむ2「ネヴァーモア。英語で書くと『Nevermore』。意味は『またとない』かな。辞書引くと『二度と再び何々しない』とかて出てくるけど」
猪名川「ほーん。なんでまた、そないな名前を?」
へむ2「特に意味は無い。ただ、世界樹って名前は六文字までしか入らないシステムなもんでな。その枠内で、それなりに印象的で、出来ればRPGの古典に由来するものを、と考えていった結果」
猪名川「結果?」
へむ2「うむ。結果、『古典』とゆーのだけが残って、ネヴァーモア。ムーンストーンは七文字だしさー、ブラックオニクスやファイヤクリスタルは言うまでも無く。ウィザードリィだって入らないんだぜ?」
猪名川「ん? 『ウ』『ィ』『ザ』『ー』『ド』『リ』『ィ』・・・あ、確かに七文字か」
へむ2「TRPGに目ぇ向けてメタルヘッドとかミドルアースとかも考えたんだけどな。でも、メタルヘッドはファンタジーRPGじゃあねぇしミドルアースはちょっと趣味に合わん。えー加減メンドくさくなったんでその辺でRPGは諦めた、てぇ寸法よ」
猪名川「ふむ。それで古典だけ残して・・・て。何の古典なん? それ」
へむ2「推理小説。と、言うとかなり語弊があるんだけどな。エドガー・アラン・ポォ先生のポエムだ。烏が鳴くのよ、『Nevermore!』って」
猪名川「ほーん。そうなん?」
へむ2「そうなん。実の所、俺はポォ先生の詩で知ってるのはこれだけなんだけどね。何つか、印象的な言葉で頭に引っかかってたのさー」
あずさ「で、そのせいで(−− 『ポォ先生の作品絡みでなんかいい名前付けれないか』とか『推理小説関係で何かないか』とかうるさかったのよね。一時期。かなり」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの。それは、あの、ですけど。そ、それほどでも無かったのではないかと〜」
あずさ「いや、うるさかった(−− て言うか、ゲームしながらぎゃいぎゃい言うのはやめて欲しいと思う。心の底から」
へむ2「だってゲームで使う名前なんだから、ゲームやりながら考えるのが一番自然じゃないですかばんばんばん! ま、とにかくね。結果的にゃあ全然関係ない、頭文字から適当に考えた名前一覧。まったく、つまんない話だよねー」
あずさ「はいはいはい(−− まあいいから、もう寝なさい。『寝る』って言ってから長いわよ、アンタ」
へむ2「おっと、失礼。じゃ、ぼちぼちホントに寝ましょーか」
あずさ「由宇。アンタもよ」
猪名川「へーい。ほな、また明日なー」

* て事で。んじゃお休みなさい、ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]