まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



迷路の様な毎日を。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


四にいたる逆転。

* 朝。

* 早起きれつごー。で、うちの嫁が先日『逆転裁判4』をクリアしましたので。

*

へむ2「DS借りて、俺もぼちぼちとプレイ開始しとる訳ですが・・・や、何つーか。第一章からいきなり超ありえねぇ展開でおにーさんフォーリンラブ。何なんだ、この想像の斜め上度は」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「アリエナサス係数9.65とか表現したい気分です。つーか。いや、ネタバレはしない方針で行くので何も言えんのですが。その、なんだ。彼だよ、彼」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「あー(−− いや、言いたい事は分かるし、私も色々言いたい気分だけど。耐えなさい、そこはぐっと。言ったら、まだプレイしてない人の楽しみ削ぐから」
へむ2「分かってますとも! 分かってますが、ああ、うづうづ。つかもう、ホントに、ねぇ」

* スゲぇや。<逆転4>ねぇ?(笑)

-

* 昼。

* なうわーきん。

-

* 夕方。

* で、逆転4第二章。む、こっちは第一章にくらべると、まだちょっと普通ですな。

*

へむ2「つーか。ある意味、これが導入っつーか、序章?」
あずさ「そうねぇ。カガク捜査とかのチュートリアルはここで入るし。『これが』って言うか、『ここまでが』序章なんでしょうね、きっと」
へむ2「ほむ。そして、ほにゃららについての謎はやっぱり謎のまま。うう、気を持たせますのう」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、はい。本当に、一体何がどうなさったのでしょうか〜?」
へむ2「謎やねー、謎。正直、すっげ気になるんで一気にクリアしちゃいたい所ではあるのですけど。でも、まあ、なんだ」

* 今日はここまで、としときましょう。や、実は徹夜する気なら今晩一気に終わらせれると思うのですがー。でも、そこまで一気にやるんはちと、もったいないですしねぇ(^^;

-

* 夜。

* て事で、代わりにえろげだらだら。『いただきじゃんがりあんR』のストーリーモードを全クリアー。

*

へむ2「あー。まあ、CGやら回想やらにまだ空きはあるのですが。でも、いいや。これでクリア、つー事で」
まるち「はい〜、お疲れさまでした〜(^^;」
へむ2「いや、ホンマにな! ダブリー即ツモとかカマしてくる奴相手によく頑張ったよ、俺。自分を誉めてやりてぇ!!」
あずさ「はいはい、誉めたきゃ勝手に誉めときなさい(−− で、誉め終わったら寝なさい。もう遅いんだから」
へむ2「あーい。よしよし、偉いぞ俺。そしてお休みぐー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。お休みなさいませ〜」

* ちなみに、結局途中で一回しか落ちませんでした。<いたじゃんR>もーちょい落ちるかと思ってたので、まあ、意外っちゃ意外ー(笑)

-

* にゅ。

* んであ。おやすみゃみゃみゃいぐー。


最近なんでもUSB。

* 今日も今日とて逆転4。第三章を・・・あう。DSのバッテリーが切れたー

*

へむ2「うにゅう。さすがに保たんか、これだけの時間は」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。昨日も、あの、随分とプレイなさっておられましたから〜」
あずさ「しょうがないでしょ、そりゃ。とりあえず、家帰るまで我慢しなさい(−−」
へむ2「おにょれー。つっか、ACアダプタ持ってくるべきなんかねぇ。ちょっちハズしにくい位置に付けてるんで、出来ればケーブルハズしたくはないのですが・・・(ひょい) おひょ?」
まるち「はわ? あの、何か?」
へむ2「んー。いや、今電源コネクタの形状確認してみたんじゃけど。これ、USBのミニ端子あたりがハマりそうな気ぃしない?」
あずさ「USB? ああ、そうね。大きさ的にはそんな感じだけど・・・でも、『専用のACアダプタ使ってください』とも書いてるわよ?」
へむ2「まあそうなんですけど。でも(かちかち) あ、うん。あるわ、普通に『USBから充電するケーブル』が。検索すっと、色々ひっかかってくる」
まるち「はわ?(^^; あ、ほ、ホントですね」
あずさ「なんだ。そうなのね」
へむ2「そうだったみたいですね。じゃあちょっくら手持ちのUSBケーブルで・・・ありゃ? あ、ダメだ。これは合わない。ちょっとだけサイズが違う」
まるち「は、はわ?(^^;;;」
あずさ「・・・あらら。じゃあ、やっぱり専用のを買わなきゃいけない、って事なのねぇ」
へむ2「事なんですなあ。ま、つってもケーブル、たかだか800円弱しかしないみたいですし。帰りに秋葉でも寄って、買っていきますべぇよ」

* つ事で。今日は仕事も特に無いので、昼のひこーきで東京帰って秋葉原。USBな電源ケーブル(と、ついでにPSP用のケーブルも。これで旅行ん時にアダプタ持ってく必要がまったく無くなって大変便利)も無事ゲットして、そしてついでについでに足を伸ばしてソフマップ

*

へむ2「んと。LOSTSCRIPTがですな、4号店の店頭看板をばーんと占拠、だそうなのですよ。詳細はスタッフ日記にございますが」
あずさ「で。それをわざわざ見に行く訳ね、アンタは(−−」
へむ2「だって見たいじゃん。ついでに写真も撮るぜおーいえー(ぱしゃぱしゃ)」
まるち「はぁ(^^; ええっと、あの、ですけど〜。そろそろ、お帰りになられませんと〜」
へむ2「おおっと。そーでした、ちょい遅れてっから、とっとと帰りまっしょー」

* あい。つー訳で、帰宅ー。家帰ったらリビング用の新しい家具・・・つーか、物入れ棚が届いてたんでふにふに組み立て。

*

へむ2「やー。最近ねぇ、ボンがねぇ」
まるち「はい〜(^^; もう、あの、テーブルの上にまで手がお届きになられますから〜」
ぴーす「ちょっと、あの、どこに物を置いていても危険で。あ、ネジです。どうぞ」
へむ2「ありがと。まあ、まだテーブルの中央付近にまではさすがに届かんから? 俺のノートPCやらはそこに置くにしても。他の諸々はなぁ」
あずさ「どこかにちゃんとしまっとかないとね。て事ではい、さっさと手を動かす動かす(−−」
へむ2「へーい。でまあ、そやってテーブル片付ける目的もさる事ながら、最近はホント、部屋ん中どこでも移動してくるでなあ。時折ゴミ箱もいじってて、大変危険」
ぴーす「はいー。その都度、『めっ』してはいるのですが・・・やはり、おやめになってはいただけませんので」
へむ2「まあ、それはまだ九ヶ月ですからしょーがないかと。なので、物理的にゴミ箱隔離しておく、とゆーのがこの棚の第二目的な訳ですな。うし、後は取っ手とストッパー付ければおしまいー」
ぴーす「あ、はい。えと、取っ手がこちらで、ネジが・・・こちらですね。はい」
まるち「ストッパーの方も、こちらに準備してございます〜(^^)」
へむ2「あいあい、ありがとー。もう一息じゃけ、頑張ろうなー」

* で、とりあえず設置。どの引き出しに何しまうかとかは・・・疲れたので、また明日ー。

-

* にゅ。

* さて。ほいじゃ、ボンの夜ミルクも終わりましたので。今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


繋がる逆転劇。

* さて。今日は四連休、初日。

*

はつね「こんにちはー(^^)」
かえで「・・・また、お世話になります(ぺこり)」
へむ2「おー。いらっさい、いらっさい」
はつね「あっくーん☆ お姉ちゃんだよ・・・わ(^^; ど、どうしたの? おでこの所」
かえで「・・・あ。大きな、痣」
ぴーす「はぅ。す、すみませんー。実は、あの、昨日」
へむ2「階段昇りさせてたらコケたんですと。そりゃもー見事にコケっと」
はつね「あ(^^; そ、そうなんだ〜」
かえで「・・・痛く、なかった? あー君(すりすり)」
あずさ「まあ痛かったでしょうね、そりゃ。でも、私たちが帰ってきた時にはもうけろっとしてたし」
へむ2「てゆーか、見た目派手だけど大した傷じゃねぇよ、全然。本人はもう、怪我した事さえ憶えとらんのちゃうかね」
ぴーす「はぅぅぅぅ。でも、あの、すみませんでしたー」
へむ2「や、気にしなくてえーて。もちろん、『うんうん、これからは気をつけよーな』じゃけど。でも、怪我ぁするんは子供の仕事の内。この程度なら、笑ってすませるヨロシ」
ぴーす「はうー・・・」
はつね「わ、笑ってって(^^; そんな、お兄ちゃん」
へむ2「怪我しねぇ子供なんかいねぇよ。ま、とにかく。そーゆー訳でやね、君らがおらん内にボン、一階から三階まではいはいで昇れるよーになっとる訳で」
まるち「はい〜(^^) もう、とってもお上手です〜」
へむ2「うん。なので、せっかくだから見ていくヨロシ。まあ、別に今日でなくてもいいけど」
はつね「あ、うん(^^) 見せて見せて、あっくーん☆」
かえで「・・・じゃあ、まずは一階に(いそいそ)」
へむ2「・・・いや、別に今日でなくても、つーか。別に今でなくても、つー話なんじゃけど。ま、いっかぁ」

* て事でお休み満喫のんべんだらり。逆転4の方も、第三章を終わって第四章に突入、っと。

*

あずさ「おーい(−− それはいいから、そろそろ寝なさい」
へむ2「や、や! いや、それはちょっと待って! ぼちぼちクライマックスも近くて、ここで中断するのはちょっと!!」
あずさ「えーい(−−メ 子供みたいな言い訳してないで、とっとと寝る! 明日でいいでしょ、明日で!!」
へむ2「そうはおっしゃいますけどね!? 正直、頭が高速回転してる時ってのは、なかなか寝れない訳で・・・あ?」
まるち「はわ?」
へむ2「いや。のロ・・・あ。いや。あー。いや、そっか」
はつね「え? な、何なの? お兄ちゃん(^^;」
へむ2「いや。その、なんだ。今、俺の頭ん中で繋がった。ぶっさけると、ほとんど全ての真相が見えた」
ぴーす「え。え? え?」
かえで「・・・見え、ましたか」
へむ2「見えた。そして多分それは間違い無い。つまり。たった今、一番おいしい所が終わった
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「・・・ふぅ。しょんぼりだー!
はつね「わ(^^; しょ、しょんぼりって、お兄ちゃん」
へむ2「やー。せめて最後の法廷に入るくらいまでは引っ張って欲しかったのですが。ま、でも、いいや。よくよく考えたら、逆転シリーズって元々『真相は先に見えるけどそこに到達するまでの過程が大変』なゲームだった訳で。今回も、そのパターンを踏襲してるだけであろ」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、何でもいいけど。だから、とっとと寝なさいと」
へむ2「うん。真相が見えた以上は、急いでプレイする必要まったくナシ。つー訳で、寝ましょー寝ましょー今すぐ寝ましょー」
はつね「あはははは(^^; うん、お休みなさい、お兄ちゃん」

* て事で、ぐー。連休なんで、明日もおっ休み、ですじょー。


[皐月日記一覧] : 2007/05/04 : (コメントが2件あるにゅ)

これが最後の逆転法廷。

* 連休二日目。今日はうちの嫁の方のご両親がボンの初節句を祝いにやってきはりますので。

*

へむ2「はいはい。君らは夕方までお出かけねー」
はつね「あぅ〜(^^;」
あずさ「まあ、しょうがないわよね。で? 夕方まででいいの?」
へむ2「うん、それでおけ。とりあえず図書館行って本読むとか、河原行って遊ぶとかのまったり方向性で、どーぞ。行楽地は人でいっぱいでしょーからな」
かえで「・・・そう、ですね。じゃあ、図書館で」
あずさ「図書館・・・ま、いいわ(−− 図書館なら、エアコンも効いてるでしょうし」
へむ2「あー、もしもしお嬢さん。『本いっぱいの所には行きたくない』的オーラが出まくってますよ? そりゃあ、お嬢さんはほにゃららなので本嫌いなのは分かりますけど」
あずさ「やかましい(−−メ 誰がほにゃららかっ!!」
へむ2「あずささん。てゆーか、俺はほにゃららとしか言ってないので責められるいわれは無いと思うっ!!」
あずさ「うるさい黙れろくでなし(−−メ ほにゃららだろうが何だろうが、いい意味で言ってない事くらい分かるわよ!!」
かえで「・・・姉さん。落ち着いて」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; と、とにかく行こうよ、お姉ちゃん。あっくん、また後でね〜」

* て事で昼間はうにうにと。<初節句祝い>まあ、祝いっつーても取り立てて何をやった訳では無く、単純にボンを囲んで和気藹々しただけなのですががががが。

*

へむ2「まあでも、それはまだ本人が理解出来てませんから? 今年はしゃーないね、っつー事で。夕方からは」
まるち「そうですね(^^; あの、はい。来年は、きっと〜」
あずさ「大はしゃぎするでしょうね。ただいま」
へむ2「ん、おかえり。そしておにーさんはこれから『逆転裁判4』をやる。後の事はまかせたぜ!Σd(>ω<)」
まるち「え?(^^; あ、う、うん。でも、後の事って、何?」
かえで「・・・とりあえず、あー君の遊び相手、とか?」
へむ2「まあぶっちゃけその辺です。じゃ、よろしくー」

* さぁて。んじゃ、昨日の晩で当たりはついてますからちゃくちゃく行きますよー。<逆転4>最後の探偵パート済ませて、最後の法廷パートも済ませて、あい、くりあー

*

へむ2「うむ。まあ色々言いたい事はありますが、ネタバレ話はしない前提なので一つだけ。短ぇ
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「何つーか、ここからさらにもう二段くらいのミラクル逆転劇が欲しかった所だ。モノタリヌ係数3.8と言えよう」
あずさ「・・・その訳の分からない係数は何(−− て、言いたい所だけどまあいいわ。確かに、実質二日とちょっとで解けてるしねぇ。短いは短い気がするわね、実際」
へむ2「つーか、実際の長さよりも『話が本格的に動き出すのがかなり遅い』事が原因だと思うのだよー。せめてこー、後0.5章分ずつくらい前倒しにしていただければ(ぶつぶつ)」
ぴーす「はぁ。半章分、ですかー」
へむ2「うん。そうしてくれれば大分印象違った気がするんじゃけどな。ああ、そしてもう後一言だけ。今回主人公のオドロキ君は、やっぱりナルホド君に及ばない、と思うね。どこがどうとは言えんのじゃけど、どーもリアクションの芸人度が低いとゆーか」
はつね「げ、芸人度?(^^;」
へむ2「芸人度。くそう、カムバックだぜナルホド君&マヨイちゃんー」

* まあ、そう言いつつもそれなりには楽しんでるんですけどね。ただ、やっぱこー・・・ねぇ? 微妙に楽しみの『質』が変わった感じは、否めませんにゃあ。

-

* にゅ。

* と、感想をまとめた所で。今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


初節句コスプレ祭り。

* 連休三日目こどもの日。今日はスタジオアリスにボン連れてって、初節句の記念写真なんぞを撮っておこーかと。

*

へむ2「まあ、もっとも? 写真撮るだけなら、別に写真館に行く必要は無いんですけどねー。ただほれ、スタジオアリスにはいっぱい貸衣装があるそーなので」
ぴーす「はいー。初節句用のご衣装も、ちゃんとございますとか」
へむ2「うむ。なので色々コスプレさせて(どさ) ん? どさ?」
はつね「わぁあああ!? あああ、あっくーん!!」
へむ2「おひょ? おや、落ちてる。ボンが」
まるち「はわっ!? あ、あ、あ、あきとさん!?」
へむ2「よっこらせ、っと。ああ、はいはい。痛かった痛かったー(なでなで) で? ひょっとして、何。ソファーの背を乗り越えて、落ちた」
かえで「・・・た、多分。はい」
はつね「あ、あの。椅子に捕まって、えいってやったんだと思う。きっと。だ、大丈夫? あっくん」
へむ2「んー。や、泣かない泣かない、いー子いー子。うん、まあ、大丈夫だと思うよ?」
あずさ「・・・て、えらく冷静ね。アンタ」
へむ2「俯せに落ちてたからな。それと聞こえてきた音、落ちた位置等を考えるに、多分頭は打ってねぇ。一番疑うべきは『手足の骨折ってるかも』じゃけど、それもこの感じなら大丈夫だと思うよー?」
はつね「そ、そうなの? なら良かったけど・・・ごめんねー、あっくん(^^; お姉ちゃん達、ちょっと目を離してたから」
へむ2「てゆーか俺なんて完璧背を向けてたぜ? まっさか、腕力だけでそこまで身体引っ張れるたぁ思ってなかったからなあ(ぽりぽり)」
まるち「はい〜(^^; あの、本当に、力もお強くなられて〜」
へむ2「今後はもっと気ぃつけにゃなんめぇよ、っと。はーい、泣きやんだー。いい子いい子ー」

* とゆー訳で、朝から何かとドタバタした訳ですが。何はともあれ、昼からお出かけスタジオアリス。店内は撮影禁止、と聞いてましたので自分のカメラはバッグに仕舞って・・・お? おお?

*

へむ2「・・・おお。今気付きましたが、ビデオカメラはオッケーなんですな。実は」
はつね「え?(^^; そ、そうなの?」
へむ2「そう注釈に書いとるよ。実際ほら、あそこのお父ちゃんとか、ビデオカメラで撮ってるし」
まるち「はわ(^^; あ、ほ、本当ですね」
あずさ「なんだ。だったら持ってくればよかったわね、ビデオ」
かえで「・・・そう、ですね。せっかく、あるんですし」
へむ2「使ってないけどナー。いや、使ってないのはカメラ優先になってるせいで、しょーがないんじゃけど。まあしかし、そういう事であれば次の機会にゃちゃんと持ってきたい所ですな」
まるち「はい〜(^^; あきとさん、何を着られてもお似合いになられますし〜」
ぴーす「せっかくですから、はい。こちらでも、記録に残しておきたいですよね」
へむ2「うん。一年後には元データ貰えるらしいですけど、それまではお店管理ですから自由に使えませんしねぇ。ビデオで撮れるんなら、是非撮っちゃいまっしょー」

* ちなみに。今日はお祭り法被、金太郎、まわし姿と撮ったのですが、その中でも法被姿がえれぇ似合うの(笑)<うちのボン>特に後ろ姿がすげぇえー感じだったので、一才の時の記念撮影では是非、もう一度法被を着させて。是非ビデオにおさめときたい所ですにゃー☆

-

* にゅ。

* と、ゆー所で。んじゃ今日はここまでお休みなさい。ぐぅ。


連休最後は引きこもり。

* 連休四日目最後のお休み。

*

はつね「またしばらくお別れだね、あっくん(^^; お姉ちゃん、寂しいなー」
かえで「・・・次は、夏休み。三ヶ月も、先」
あずさ「・・・・・・(−− そんな目で見たってダメよ。学校は、ちゃんとサボらず行きなさい」
へむ2「と、学校サボりまくってるあずあずが言うのはいかがなものか。まあでも何だ、どっかの土日、一泊泊まりで来る、くらいはいいんじゃね? それならあずあずも文句言わんじゃろし。つか、言わんじゃろ?」
あずさ「そりゃ、お休みの日なら、ね(−−」
へむ2「うん。つー事で、まあ。六月の後半くらいに来るとよろしいんじゃなくって?」
はつね「あ、うん(^^; ありがとう、お兄ちゃん」
かえで「・・・予定、組んでみます。帰ったら、すぐ」
へむ2「うん。まあ六月後半なら、うちのボンも『立っち』してんじゃないかと思うしね。来るにゃいい頃合いジャマイカ、とゆー」
はつね「うん!(^^) 楽しみにしてるね、お兄ちゃん。あ、でも、あっくん。出来たら、お姉ちゃんが来た時に初『立っち』、見せてねー☆」
あずさ「・・・いや。それは難しいと思うわよ、多分」
まるち「そうですね(^^; 今のペースですと、はい。五月中に『立っち』なさるのではないかと〜」
はつね「分かってるよ〜(^^; 分かってるけど、でも」
かえで「・・・夢は、見ておきたい。って、思います」
へむ2「あー。まあでも、もしかしたら初『あんよ』くらいには立ち会えるかもしれんし。ま、ま。とにかく状況まかせじゃねー、その辺は」

* んで。今日は雨も降ってるので、家で一日のんべりと。写真の整理もするですよー。

*

へむ2「ってもまあ、大して撮っとらんのですが。とりあえず、今週の。秋葉で撮ってきたデコ写真が一番のネタっすかね」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「ちなみに14号店の方は片恋い一色でした。良し
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・かなりどうでもいい話ね。どっちも」
へむ2「あずあずは実にドライな方だー。てゆっか、あずあずにとってはどうでもいい話かもしれませんが俺的にはかなり重要だ、とゆーのを理解していただきたイッ!」
あずさ「却下(−− さ、そろそろ寝なさい。遅いから」
へむ2「・・・あずあずは本当にドライな方だー。まあでもしかし、確かにぼちぼち時間です。おやすみゃー」
まるち「あ、はい(^^; お休みなさいませ〜」

* て事でぐー。明日からはまたお仕事ですようにゃにゃのにゃー。


[皐月日記一覧] : 2007/05/07 : (コメントが2件あるにゅ)

破壊の嵐、後おニュー。

* 朝。

* お出かけごーごー。で、もっていつものよーに。

*

へむ2「うむ。これは一牌切るのにこれから三週かかる、な展開ですな。おそらく」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・で、しょうねぇ」
へむ2「ふぁっきーん。だから展開遅いってばよ、もう」

* や、何度も言うてる事ですが。もーちょい展開早くならんもんですかね、カイジ君(笑)

-

* 昼。

* お仕事みゃー。今日は短め。

-

* 夕方。

* 帰宅。ちなみにせっかくDS借りたので、今週からしばらく移動中には『世界樹の迷宮』をやる予定ー。まずは試行錯誤で色々と、っと。

-

* 夜。

* あ。ボンにパソコン壊されたー

*

まるち「は、はわっ!?(^^;」
ぴーす「え。え? え!!」
あずさ「・・・ああ。とうとう、やっちゃったのねぇ(−−」
へむ2「とうとうやっちゃいましたよー。や、前から俺のノートパソコンをばんばんやるのが好きな子ではあったのですが・・・液晶の方を思い切りどついてくれた結果、『本体と液晶を繋ぐヒンジ』のパーツがぱっきりと」
まるち「はわわわわ(^^; あ、あの、ぱっきり、ですか〜」
ぴーす「・・・あ、あれ? ですけど、あの、繋がってますよね? まだ」
へむ2「うん。壊れたのは留め具みたいな部分だけだから。まだ、一応は使える。一応は、なmuはぁ(^^;;;」
あずさ「でも、いつ本格的に壊れるかわかんないでしょ。それはさすがに」
へむ2「うむ。まあでも、こういう事もあろうかと思って半年前に新しいノートPC買って? で、絶賛放置してた訳じゃからなあ。いい機会じゃし、新しいのに乗り換えんべぇ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね。ちょうど、はい、よろしかったかと〜」
あずさ「いや、それは半年放置の時点でどうなのよ、って話だと思うんだけど。私(−−」
へむ2「下手にさっさと乗り換えてたら新しい方を壊されてましたですよ? と、良かった探しをするワタシ。まあとにかく、ちまちま設定すませますべぇよ」

* つ事で。ブラウザ入れて、メーラー移して。テキストエディタにアクセサリに。ATOKはプレインストールされてたんで、まあぶっちゃけこれだけ移せばとりあえず、用は足りるのですが。

*

へむ2「・・・うわー。ATOKの使い勝手が微妙に変わってて、やりにくー。おまけに変換の癖も違ってるから、もう、ねぇ?」
まるち「はぁ(^^; ですけど、それは、あの〜」
ぴーす「はいー。しょうがございませんかとー」
あずさ「慣れるしかないんだし(−− 素直にとっとと慣れなさい」
へむ2「ちょほー。まあでも、しゃーないやなあ。俺が慣れるのも重要じゃけど、ATOKの方も慣れろよー、俺に」

* で、ふにふに設定してたら遅くなったので今日はここまでお休みなさい。まだ設定済んでない所もいくつかあるはあるのですが、まあ、その辺はまた後日ー。

-

* て事で。ぐー。


世界のラビリンス。

* 朝。

* お仕事ごー。ああ、ちなみに昨日はあの後もなんだかんだで、結局一時間くらいしか眠れませんでしたよ?

*

へむ2「つまり一言で言うと、眠い
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
ぴーす「えっと。あの、大丈夫ですか?」
へむ2「ああ、これくらいならへーきだ。へーきだが、だがしかし。そもそも何故にそんな夜更かしする事になったかと言えば、新しいパソコンがフォルダの表示を全然覚えてくれなかったから。だーかーらー、俺はアイコン表示は嫌いなんだよ詳細表示に固定されろよばんばんばん! 何でソートするか、とかの情報はちゃんと覚えてるくせにどうして表示だけ直らねぇんだきしゃー!!
まるち「はわわ(^^;;;」
ぴーす「わ。わ。わ」
あずさ「いいから落ち着きなさい(−−メ て言うか、うるさい」
へむ2「にゃあ。まあね、そーゆー訳でね。結局フリーソフト一個常駐させて強制的に切り替える様にしましたがー。まったく、何が原因なんだか(ぶつぶつ)」

* ま、とにかく行ってきます。ごー。

-

* 昼。

* あい。そいじゃうにうに働きますよー。

-

* 夕方。

* ばたんきゅー。

-

* 夜。

* 復活。つっても、もうかなり朝に近くてあんまり時間もございませんので。

*

へむ2「とりあえず飯食って、で、『世界樹の迷宮』をやってるお兄さんでございます。第一階層の地下三階で先に進めなくなったので、この機を利用してザ・経験値稼ぎですよ?」
まるち「はぁ(^^; えっと、おはようございます〜」
あずさ「・・・・・・(−− ミッション引き受けたら先に進めるんじゃなかったの? そこ」
へむ2「おはやう。引き受ければね? でも、引き受けて敵をたおせると思います?」
あずさ「やってみなくちゃわかんないでしょ、そりゃ(−−」
へむ2「えー。だって、地下三階に徘徊してる強キャラに全然かなわないんですよ? これじゃあイベントボスにも勝てない、って考えるのが自然とゆー物」
あずさ「その特別な敵はよけていくのが前提でしょうが(−−メ どう考えても」
へむ2「うむ、確かによけて歩けるつくりにはなってますけどね。でも、だからとゆーて泣き寝入りするだけなのはおにーさんの主義主張に反するのです。見敵必殺! サーチアンドデストロイ!!」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− 相変わらず。この馬鹿は、もう」
へむ2「まあ、もっとも? 今時点でそこまでレベル上げる気は無いんですけどね、実は。でもま、酒場で貰えるクエストをクリア出来るくらいまでは、上げておきたい物ですよー」

* て事で。絶賛レベル上げ作業を続けつつ、今日はここまでー。

* ・・・に、しても。やっぱこー、新しいキーボード&新しいATOKは色々指に馴染まんで、やりにくいですなあ(苦笑)


色々挫折のラビリンス。

* 今日は朝から一日お仕事・・・の、予定だったのですが。行ったら仕事が中止になってて、一日フリーに。なので、空いた時間は『世界樹の迷宮』続きを・・・て、おや。

*

へむ2「あらま。ダメ元でアタックしたら勝てちゃったよ。例の地下三階の固定敵」
まるち「はわ? あ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。つー訳でしゃーない、倒せちゃった以上は話を先に進めるとしましょーか。ちっ」
あずさ「・・・なんでそんなに嫌そうなの。アンタは(−−」
へむ2「え? ソンナ事ハ無イデスヨー。だってほら、先に進めば進むだけ、経験値たくさんくれる敵が出てくる訳ですしね?」
まるち「はぁ(^^; それは、はい。そうですね」
あずさ「・・・・・・(−− 結局、経験値稼ぎがしたいだけに聞こえるわよ。それ」
へむ2「だからそれはあずあずの気のせいです、きっぱり。ま、とにかく。れつごーでさくさくっと次、行きますかにょー」

* ちう事でさくさく進めてミッションクリア。で、さらに先に進む前に他のクエストもクリアしとくべやー、と、色々受注。そして大概のクエストは気楽にクリア出来た訳ですががががが。

*

へむ2「・・・うおー。このクエストだけ、解き方が分からねぇー。てゆっか、とあるモンスターのドロップ品集めて持ってくるだけ、なんは分かるんじゃけど、そのモンスターがそれをドロップしてくれねー」
まるち「はい〜(^^; あの、はい。おかしいですね。以前は、あの、よく落としてくださったのに〜」
あずさ「・・・ねぇ。アイテムの説明に、『傷が付いたらダメ』ってあるし。ひょっとして、ダメージ大きすぎたら落とさないとか、そんな可能性、無い?」
へむ2「うん、それは俺も考えた。ので、後衛キャラだけで地道に殴ってもみたんじゃけど、さ」
あずさ「ああ。もう試したのね?」
へむ2「うん。でもダメだったー」
まるち「はぁ(^^;;; 本当に、はい。困りましたね」
あずさ「んー。じゃあしょうがないわね。攻略サイトでも見て、調べなさい(−−」
へむ2「えー。お兄さん、攻略サイトは見ずにクリアしたい、って思ってるんですけど?」
あずさ「そんな事言ったって、しょうがないでしょうが(−−メ さっきから二時間くらい延々とやって、それで分かんないんだから。これ以上時間かけたって無駄よ、無駄」
へむ2「うじゅー。しょうがねぇなあ、もう。じゃあちょっくら確認を(かちかち) んー。んー? ん。おお。なんと、魔法使って倒さないとダメらしいっすよ、セニョリータ」
まるち「は、はわ?(^^; あ、な、なるほど〜」
あずさ「なんだ。じゃあ、やっぱり『傷が付いたらダメ』なんじゃない」
へむ2「つー事ですな。いや、確かに言われてみりゃその通りなんじゃけど、それは盲点だったっつーか。真面目な話、魔法で殺しても傷は付くと思わね?」
あずさ「傷、って言うのが刀傷の事なんでしょ、きっと(−− て言うか、私に言われても困るわよ、そんなの」
へむ2「まあそーなんですけど。ふむ・・・しかし、そうか。そういう区別もあるんだなあ、このゲーム。今後のために、頭に入れとくといたしまっしょー」

* と、一段落した所で昨日に引き続きばたんきゅー。どーもペースが戻りませんやねぐーすかぴー。

-

* にゅ。

* そして昨日と同じく、夜起きだしー。世界樹も続けるザマスよー。

*

へむ2「は、がーん。しまった、キャラが一人死んだ状態で、敵倒しちまった!!」
あずさ「だから何(−− いいでしょ、アイテムですぐ生き返るんだし」
へむ2「やーん。『パーティ全員同じレベルで同じ経験値』つー、大変美しい構図が崩れちゃったじゃないですカー。でも、さすがにさっきセーブしたトコからここまで、無駄にするのはなぁ」
まるち「はい〜(^^; それは、ちょっと、あの、もったいございませんかと〜」
へむ2「だよなあ。とほほ、レベル25にしてイッツ・ア・ビューティフルワールドの終焉が!!」
あずさ「何がビューティフルワールドか(−− 元々キャラ入れ替え出来るタイプのゲームなんだから、そういう無駄なこだわりは捨てときなさい。最初から」
へむ2「しょぼーん。まあしかし、これで諦めがついたっちゃあついた訳で。ちょっと使いにくいダークハンター外して、代わりにパラディン入れてみるかのう。どーもパーティ全体の防御力に不安があるし、ねぇ」

* と、まあ。色々挫折をしつつも、うにうに進めて(そして新しく入ったパラディンもレベル20くらいまでは上げて)、飛竜の巣まで。ほむ、今日はこのくらいですかねぇ。

*

へむ2「この階で五日間過ごせ、とかいうクエストも出とるしのう。続きはそれクリアしてからのんびりと、か」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「まあ何だっていいけど(−− とりあえず、朝ご飯食べなさい。今日も朝から仕事なんだし、アンタ」
へむ2「あーい。じゃ、ホントに今日はここまでー」

* 続きはまた明日。さーよーおーなーらー。


世界樹の迷走。

* 今日は午前お仕事、午後フリー。ので、おにーさんは当然の様な顔で世界樹やってたりもするのですが。

*

へむ2「ついうっかり、『キャラは最高何レベルまで上がるのか』とゆー情報を仕入れてしまって超しょぼん、なおにーさんでございます。くっ、まさかそんな、低いレベルでカンストしてしまうとわー」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「まあ、『引退』なるコマンドを使う事でちょっとだけ強く出来る、とゆーかキャラチェンジみたいな事が可能なよーなのですが。でも、それも累積してかんみたいじゃからなあ・・・正直、やる気がやや減退ですよ?」
あずさ「だったらやめたら? 別に、止めないわよ?」
へむ2「やー。そこまで減退してる訳じゃあございませんのでー。ただねぇ、上限がそこだと、キャラの成長パターン考え直さなくっちゃいけない訳で。その辺、どーすっぺかなあ、と」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。スキルポイントの割り振りですね?」
へむ2「うん。なんせ初回プレイだけに、色々無駄なもんにもポイント割り振っちゃってますからなあ。上限がそこだと、望む最終形が得られない訳で」
まるち「はい〜(^^; ですけど、あの、それは確か、『休養』コマンドをお使いになられましたら〜」
へむ2「や、うん。それで変更可能なんですけど。でも、それやるとレベルが10下がる。それだけの価値はあるのか? それよりかはMAXレベルまで上げてから『引退』して新キャラ作成、の方がいいんじゃないのか? とか。うーむ、どうしたものやらー?」

* まあ、何にしても。全体的な成長計画をもっぺん考え直さにゃならん訳で。地下10階越えて第三階層に入ったあたりで経験値稼ぎをしつつ、頭悩ましつつ。夜になったら、ばたんきゅー

*

へむ2「そして起きたら朝ですにょー。本気でばたんきゅーだったんで、日記も書けてませんやはっはっは」
まるち「はい〜(^^; あの、お早うございます〜」
へむ2「おはやう。まあ、生活リズム戻すにゃちょーど良かったんじゃないか、つー事で。では、今日はここまでー」

* また明日。さて、それにしてもホント、世界樹の成長はどーしようかなあ。うみゅー。


ロストあいてむDay。

* 今日はお仕事会議のみ・・・あや?

*

へむ2「あれ。PHSが無い
まるち「は、はわっ!?(^^;」
あずさ「・・・なくした?(−−」
へむ2「かも。とりあえず(ぴっぽっぱ) 固定電話から掛けてみる、と」
あずさ「かかる?」
へむ2「かかる。だから壊れたりとかはしてない。けど・・・」
まるち「・・・・・・(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「・・・うむ。鳴りませんな」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。お部屋の中には、無い様ですね」
へむ2「て事は家に忘れたか、職場に忘れたか。はたまた空港で落っことしてきたか。三択ですなあ」
まるち「はい〜(^^;」
あずさ「まあ、とりあえず職場のは確認してきなさい、とっとと(−− 家の方は・・・まあ、帰ってからで構わないけど」
へむ2「つっか、職場にあれば家探す意味はナッシングですよ? て事で、行ってきまー」

* で、無事ロッカーの中で発見される、と。<PHS>うむ、上着脱いだ時に落ちたんですな、きっと。

*

へむ2「とゆー訳で、無事解決」
まるち「はい〜、本当に良かったです〜(^^;」
あずさ「て言うか(−− 気をつけなさいよ、ホントに。職場だったから良かったけど、これが外だったらどうするのよ?」
へむ2「うむ、気を付けましょう。では、おにーさんは会議に行ってくるですよー」

* んで、夕方。ひこーき乗って東京帰還。ちなみに世界樹の方ですが、半日考えた結果。

『とりあえず全キャラレベル45まで上げて、それから考えるべー』

* と、ゆー結論に。

*

へむ2「つまりザ・先送り」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・あのね(−−」
へむ2「いや、真面目な話ね。色々ややこしい特殊能力持った敵も増えてきて、ぼちぼち『状況に応じてキャラチェンジ』が必要になってきてる風なのよ。なんで、どんな状況になってもいい様に、今の内に全職業育てておこーかと」
あずさ「いや、そうじゃなくて(−− なんでレベル45なのよ? レベル40でも十分普通に戦えてるでしょうが」
へむ2「えー? いや、結構辛いっすよ? ここに出てくる亀、固くて固くてもー」
まるち「そうですね(^^; 結構、あの、一回あたりにお時間がかかってますし〜」
へむ2「ダメージがなかなか通らんで魔法頼りになってるだでなあ。つー訳で、まあちょっくら強化しておこうかと。この地下11階、『メインアタッカー二人入れとけばほぼノーダメージで雑魚が蹴散らせる』『それなりに経験値の実入りも良い』と、稼ぎに適した条件になってるんで」
あずさ「・・・まあ、そうかもしれないけど(−− でも、全キャラでしょ? まだ作ってない職業もこれから作って、なんでしょ? 時間かかるじゃない、それ」
へむ2「そのくらいは覚悟の上です。とにかく、ここで全員レベル45。この後もガンガン上げてってカンストした連中から引退させてネクストジェネレーションにバトンタッチ、とゆー計画ですので。スキルポイントの割り振りミスは、この第一世代ではもう気にしない事にいたしました」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですか〜」
へむ2「そうです。てっか、そうでないと多分最後の方で困った事になるんじゃないかな、と予想中。ただ最大の問題は、ネクストジェネレーションズの名前をどうすか、ですね。ファースト世代はてきとーに付けましたが、ネクストにしてラストな世代はもっと一貫性をもって付けたい所」
あずさ「好きにしなさい(−− まったく・・・やっぱり結局、無駄な経験値稼ぎに走るんだから。もう」

* 職業は九つ、キャラは当然九人。さぁて、それだけの人数でなんかちょーどいい物、なんかありましたかねぇ。うにゅう。

-

* にゅ。

* と、悩みつつ帰宅。で、ちょっと明日からまた子供連れて旅行に出かけるんで、その準備。

*

へむ2「うむ。問題はカメラをどういうシステムで持って行くか、なのですが。レンズ二本・・・は、邪魔だよなあ。やっぱり」
まるち「はぁ(^^; それは、はい。ちょっと、かさばりますかと〜」
へむ2「と、なるとオールマイティ型のVR18-200が基本か、やっぱり。最近は単焦点50mmで白黒を、が俺ブームなのですが」
あずさ「アンタの趣味は聞いてない(−− て言うか、子供撮るんだから白黒はやめなさい」
へむ2「楽しいのに! まあでも、うちの親とかに見せるんに白黒メインはやっぱり、な。で、VR18-200となるとやはりバランス的にはD80。ノイズリダクションを久々にオンにして使う方針で、ふむ。そんな物か?」
ぴーす「そうですねぇ。ちょっと、あの、持って行かれるにはサイズが大き過ぎるかとも思いますけど・・・」
へむ2「ああ、それは逆に問題ない。この組み合わせで持ってく時は例のガンホルスター型バッグ使って腰に下げるので。逆に、鞄の中が空いていいくらい」
ぴーす「あ、そうですか? それでしたら、はい。問題ございませんかとー」
あずさ「腰にぶらさげて、抱っこ紐で抱っこして。で、肩から鞄一つ? 大丈夫?」
へむ2「多分ね。それにまあ、駅まで行けば後は電車でゴー、飛行機でゴー、と、乗り物移動が続く訳じゃし。まあ、何とかなるよ?」
あずさ「そう? だったらまあ、いいんだけど」
へむ2「ん。じゃあそーゆー事で、この週末は久々VR18-200。やー、D80でズームレンズは、久しぶりだぁねぇ・・・と、あれ?」
ぴーす「はい?」
へむ2「いや。あれ?(ごそごそ) えーと、D80予備バッテリーは、どこ?
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・またなくしたの?(−− アンタ、今日は朝から晩まで」
へむ2「朝と晩だけ、って言ってください。えーと、バッグの中に入れてたハズなんですが・・・」
ぴーす「あ。あ、はい! 落ちてました、こちらに!!」
へむ2「おおっと。落ちてましたか、そりゃ失礼。ありがと、ぴーす」
ぴーす「いえー、どういたしましてー」
あずさ「・・・・・・(−− だから。なんでもかんでもぽいぽい落とすな、って言ってるのに。ああもう、どこまでもこのズボラ馬鹿はー」

* えー。とにかくまあ、バッテリーも見つかって準備も済んだので、今日はここま・・・あ、そーだ。ここしばらく世界樹にかまけててろくにぐるっとらんので、ざらっと簡単に。

* LOSTSCRIPTデコまんが。デコが金持ってるという事実に驚愕。そして緑茶、『片恋いの月』の通販開始。特典の書き下ろしテレカは申込者に人気投票して上位の二人、という事なので当然よねに。

*

へむ2「ところで。この人気投票、デフォ表示が『香津美』だったのを見て、『何故巫女繁?』と思ってしまった事実は秘密です。つか、緑茶ってメインヒロインの名前に『香』使うの好きだよな」
まるち「そうですね(^^; 『女神さま☆にお願いっ!!』さんの時が、香梨奈さんで〜」
ぴーす「『巫女さん細腕繁盛記』の時が香奈恵さんですね。はい」
あずさ「で、今度が香津美? 確かに、六本中三本が『香』。多いわね」
へむ2「六本っつーても、その内一本はファンディスク、一本はファンタジー世界なんで漢字使えず、ですからな。そう考える本気で率高ぇ。何かね、中の人に香りフェチでもいはるのかね?」
まるち「はぁ(^^; それは、ええと、どうなんでしょうか〜?」
あずさ「いや、仮に香りフェチ・・・とかいう表現があるのかどうかは知らないけど(−− そんな人がいたからって付けないでしょ、普通は」
へむ2「普通はそうかもしれませんが、えろげ業界は結構型破りの多い世界ですよー? ま、何にしても。皆様も、メーカー通販で買われる時は是非よねでよろしくっ!!Σd(>ω<) いや、メーカー通販、高いんですけどねー」

* で、最後。エスクードで、『彗聖天使プリマヴェールZwei』の情報公開。うを、プリマヴェールの顔が変わってルー(笑)

*

へむ2「てゆっか、だいぶ全般的に絵柄が変わった気がします。れとも先生、頑張ったー」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・あー。最初の告知の時は、ちょっと、アレなんだったっけ?」
へむ2「プラスチックみたい、とか色々言われてましたな。今となっては、手元に保存してないのがいっそ惜しいくらい」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「え、ええと。確か、顔が怖い、とおっしゃられてた?」
へむ2「ん? ああ、言うてますなあ、俺も。いや、当時の極めてストレートな感想だった訳ですが」
あずさ「あー(−− まあ、とりあえず。変わったんだから、忘れてあげなさい。その当時の事は」
へむ2「あい。では忘れて、そして発売は九月予定、と。ふふふ、楽しみですなー☆」

* いじょ。ほいでは今度こそ、お休みなさい。

* ぐぅ。


はじめて尽くしの小旅行・弐式。

* さて。で、今日はうちの親ん所に、ボン連れてお泊まりお出かけー。とりあえず、本州出るのは初めてですな。<ボン

*

ぴーす「・・・お坊ちゃま、飛行機も初めてですよねぇ。大丈夫でしょうか?」
へむ2「さぁ? 大はしゃぎするか大泣きするか、二つに一つだとは思ってるけど」
あずさ「まあ・・・行ってみなくちゃ分かんないわよねぇ。その辺って」
ぴーす「はぅぅぅぅ。大丈夫ですよー、お坊ちゃま。飛行機は、怖くもなんともありませんからねー?」
へむ2「ふむ。ああそうだ、ボンの話が出てきたついでに、久々数値的な成長報告でもしますかね。確か10日だったよね? 九ヶ月健診行ってきたの」
ぴーす「はい? あ、はい。木曜日でしたからー」
へむ2「うん。で、その時点で身長が73cm、体重が8.8kg、と。身長の方は、十ヶ月の子の平均値レベルだそうですなあ」
まるち「はい〜。ただ、体重の方は八ヶ月後半の平均値、だそうで〜(^^;」
あずさ「つまり背高のっぽさんなのよね、この子。まあ、範囲内だから問題無いみたいだけど」
へむ2「ノッポさーん。や、問題無い問題無いナッシングナッシング。ただまあアレよね、このノッポさんぶり。やはしこー、ボンの上昇志向から来とるのかねぇ」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。そうですね、あきとさん、高いところにお手をお伸ばしになられるのが大好きですから〜」
ぴーす「つま先立ちでテーブルに捕まって、とか、よくなさってましたからねぇ・・・」
あずさ「いや、影響あるの? それって(−− 全然関係無くて、単なる体質の問題な気がするんだけど」
へむ2「そういう夢の無い事言っちゃいけませんな、セニョリータ。と、ゆー所でんじゃ時間だ。行ってきまー」
ぴーす「あ、はい! 行ってらっしゃいませ!!」
まるち「お帰りを、お待ちしております〜(^^)」
あずさ「気を付けて行きなさいよー。普段ならアンタ一人が怪我するだけだけど、今日は違うんだから」
へむ2「・・・俺一人なら構わない、とでも言いたげですなお嬢さん。ま、ま、とにかく。明日まで留守番、よっろしく」

* て事でお出かけ、ごー。旅行中は日記書いてられんと思うので。その辺の事はまとめて、また明日ー。


ゆらゆら揺れるよ大吊橋。

* あい、旅行しゅーりょー。帰宅ー。

*

ぴーす「お帰りなさいませ! あの、お坊ちゃまは・・・あ、眠っておられますね」
へむ2「まあ、もう21時やからね。普段ならとっくに寝てる時間やし当然っちゃ当然ですな」
あずさ「じゃあ、お風呂どうするの? 今日は、無し?」
へむ2「で、いいんでないかと。とりあえず靴下と上着だけ脱がして・・・て」
まるち「はわ(^^; あ、お目覚めになられましたね、あきとさん」
へむ2「むう。おしゃぶり取ったのがマズかったか? でも、取らんと脱がせれんかったし。ま、いいや。起きたなら起きたで、速攻風呂入れよう。はい、準備準備」
ぴーす「は、はい! 今、すぐに!!」

* とゆー訳でボンを風呂に入れて改めて寝かせて、それから慌ただしく俺らの飯を済ませて。ああ、写真の整理も済ませませんとねー、て事でぽたぽたぽたぽた現像作業。つ事で、今週の写真はこの辺に。

*

まるち「お疲れ様でした〜(^^; えっと、向こうではこちら吊り橋さんに行かれたんですね」
へむ2「うん。おにーさんは高い所が苦手なのでいーやー。金属製とは言え本気で吊り橋なんでゆらゆら揺れるのがいーやー。足下から下が見えるのが超いーやー、でしたが」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「そ、そうですかー。えっと、あの。それで、お坊ちゃまの方はいかがでしたのでしょうか?」
へむ2「ボン? ボンはねぇ、全然気にしてない風味だったなあ。分かってない、つーか。ついでに言っとくと、飛行機に関しても似た様なもんだった」
あずさ「へぇ? じゃあ、泣かなかったんだ?」
へむ2「泣きもしないし、特に無茶苦茶興奮した訳でも無い。ほれ、ボンて座ってじっとしてるの嫌いやから? 離着陸時、『しっかり抱っこしておいてください』なあたりは『ボクを拘束するな! ボクは自由や、アイムフリーダム!て感じで暴れはしたんじゃけど。でもぶっちゃけ、普段と全然変わんないレベルの暴れ方
まるち「そうだったんですか〜(^^) それは、はい。良かったですね」
ぴーす「はい、本当にー。安心しましたー(ほっ)」
へむ2「何つーか、基本的にはまだあの辺は理解の外で、何も分かってないから怖くも無いし興奮もしない、つー事なんでしょうなあ。だから将来的にはまあ・・・まあ、また、変わってくるかもー」

* ちう事で。んじゃ疲れてる&明日は仕事なので今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


[皐月日記一覧] : 2007/05/14 : (コメントが2件あるにゅ)

世界樹4558。

* 朝。

* お出かけごー。んー、今週のカイジ君は。

*

へむ2「・・・なんか、当たり牌を切っちゃったげな描写ではあるのう」
あずさ「そう? そう見せかけて切ってない、だと思うわよ? 牌掴んだ所の絵も、すごい微妙だし」
へむ2「かな? かなぁ。まあ、そうかな。切った様に見せてホントに切ってたら、面白みが無いもんな」
まるち「はぁ(^^; そういう物ですか?」
へむ2「そーゆーもんだ。もっとも、そう深読みさせといて、さらにその裏で『ホントに切ってましたー』もありうる訳で。まあ、素直に来週待ちだぁねぇ」

* にしても。これで切ってない、だったら次戦に突入する訳ですがー。その場合、カイジ君はどう戦うつもりなのかのう。もう、策と呼べるもんなんか何一つ無いんじゃけど(笑)

-

* 昼。

* あいあい。ほであ働きますにょー。

-

* 夕方。

* 帰宅。世界樹は、とりあえず全キャラともレベルが45以上になったので? 経験値稼ぎは、一端ここでしゅーりょーです。

*

へむ2「ちなみに。ダメージ源として常にパーティに組み込まれてたメインアタッカー二人はレベル58まで行きました」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・ふぅ(−− あ、ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー。ええと、レベルアップ作業の方も、お疲れ様でしたー」
へむ2「いや。そこは一応『お仕事お疲れ様でした』と言うてくれるかね、ぴーすや」
ぴーす「はぅっ!? あ、す、すみませんでしたー」
へむ2「いやま、いーんですけど。しかし何だよなあ、地下11階で既にレベル58。カンストが見えてきちまう、つーんはシステム良くないわなあ。やっぱし」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「いや、それはアンタがレベルアップさせ過ぎなだけだから(−−」
へむ2「そんな事は無い! と断言しておきます。きっとみんな、この第三階層抜ける頃にはレベル50行ってたと思いますネッ!!」
あずさ「どこの『みんな』なんだか(−− ああもう、とにかく作業済んだんだから。さっさと進めなさい、話の方を」
へむ2「あーい。つ事で、明日からは再びシナリオ進行ですじょー」

* で、第三階層抜けたら、その辺でまたレベルアップ作業しますべぇ。メイン二人は・・・そこでレベルカンストなのかなあ、やっぱり(^^;

-

* 夜。

* うにゅー。疲れが取れてないのでざくっと寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


世界樹迷宮地獄変。

* 朝。

* なうなうにゃー。ふみゃ。

-

* 昼。

* はたらー。

-

* 夕方。

* ばたんきゅー。最近これが定番ですなぐーすかぴー。

-

* 夜。

* 復活世界樹。第三階層をさくさくっと抜けて、第四階層突入。でもその前に、『今まで行けなかった場所』に行けるよーになってるんでそっちをUターン探索・・・て、何この地獄ロード

*

まるち「はわ(^^;」
あずさ「・・・うわぁ(−−」
へむ2「何つーか。殺る気満点ですな、この階層」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、そうですね」
へむ2「メディーック! メディーック!! とか叫びたくなっちゃうぞお兄ちゃん。いやま、ちゃんとメディックパーティにいるんで? 大丈夫なんだけどさー」

* して、回る所は全部回ったんで、改めて第四階層。お、最後の職業の封印が解けた。

*

へむ2「うむ。ではここらで改めて、経験値稼ぎですな」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「さて、今度は何レベルで統一するか。現在、メインアタッカーがレベル62、それ以外の流動メンバーが52。んだからまあ、55が妥当?」
あずさ「素直に52にしとく、って発想を持ちなさい(−− 無理に55まで上げる必要、全然無いでしょ」
へむ2「えー。ま、いいや。じゃああずあずの意見を取り入れて、『この後経験値稼ぎに向いた場所が見つかるまで歩いて、見つかった時点での流動メンバーのレベル』まで、全員を上げるといたしましょう。さて、どこかいい場所、無いかいなー、っと」

* とゆー所で、んじゃ今日はここまで。まーたあーしーたー。


突入ネクストジェネレーション。

* お仕事うにうに。でもって世界樹。レベルアップにいい場所探して第四階層、あっち行ったりこっち行ったり・・・む、なんか主人公達の知らない所で陰謀が蠢いている。

*

へむ2「つーか。それならそうと、素直にそう言えやおっさん。そしたら俺かて素直にナニするのに」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「まったくこれだから秘密持ちはよう。言うてさえくれりゃあ何とでもなるのに、そないな態度取られるとね? こっちかて、ザ・37564以外の選択肢がなくなっちゃうのよー?」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・いや、まあ、気持ちは分かるけど(−− 分かるけど、まあ、色々事情があるんでしょ。きっと」
へむ2「あるんかしれませんけど。てゆーかあるんでしょうけど。だから言うて素直に殺られる気は毛頭ございませーん。さ、奴ら返り討ちにするべく、レベル上げますべぇ」
あずさ「・・・・・・(−− 別に、それが無くたってレベル上げるくせに」
へむ2「ふっふっふ。まったくその通りですが、ポイントはこれで大義名分が出来た事! いぇいっ!!Σd(>ω<)」
あずさ「何がいぇいか(−− まったく、もう・・・」

* て事で。とーりーあーえーず、流動メンバーを全員55まで(うろうろしてる内に結局その辺になりました)上げて、控えメンバーも55に・・・を。メインアタッカーのレベルがカンストした。

*

へむ2「ふむ。ではメイン二人は引退させてネクストジェネレーション、と。そして再び55まで上げるザマスよ」
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「はぁ(^^; あの、やっぱり、そこまでお上げになられるんですね」
へむ2「だってそうでないと使い物にならないじゃないか。てっか、再びカンストさせる所まで行くのが本来あるべき姿じゃないかね?」
あずさ「寝言ほざいてんじゃないわよ(−− て言うか、ここでネクスト世代までカンストさせてどーすんのよ、アンタ。まだまだ先は長いのに」
へむ2「んー。感覚的には長いよーな、短いよーな、なんですけどね。ただま、確かにカンストさせちゃうと意欲が萎えっからなー。メインは適当な所で止めて、流動&控えを先にネクスト化すべきなんだろうなぁ」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。あの、そうですね。その方が、はい、よろしいですかと〜」
へむ2「ん。じゃあ、第四階層のボス倒して先に進んで、で、次にレベルアップにいい場所見つけたらそう動く方針でー」

* まあ、もっとも? 今の場所でも、やろ思たら全員ネクスト化出来るんですけど。<なんぜメイン二人が出来てる訳ですから>でも、ここだとやっぱ時間がかかり過ぎちゃいますからねぇ・・・先に進んで、もーちょい効率のいい場所で、やりますべぇ。

-

* にゅ。

* と、ゆー訳でうにうに稼いで、メイン二人がレベル44まで来た所で今日はここまでお休みなさい。もう朝だけど、今日の仕事は午後からなので平気です(マテ

*

あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「えー。あずあずが何か言いたげですが、あえてそれには気付かない方針で・・・あ、と、そだ。まったく関係無いんですけど、思い出したので。すたじお緑茶の『片恋いの月』、マスターアップ。いぇい」
まるち「あ、はい(^^; そうみたいですね」
へむ2「毎度毎度の事ですが、マスターアップがかなりギリギリですよね緑茶って。水曜マスターアップで工場まで車飛ばして、とゆーのを過去に何度も見たよーな」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、何はともあれよろしよろし。既に通販申し込みも済ましてるんで、後は届くの待つだけですよー☆」

* んじゃ。改めてお休みなさい、ぐぅ。


銭力増強世界樹編。

* お仕事ー、の夕方帰宅。ひこーきがえっらい遅れたので、帰り着いたのも随分遅かった訳ですが。

*

へむ2「その分の時間は、全部まるまま世界樹やったりする訳やね」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「メインアタッカーのレベルを上げてー。地下20階に潜ってー。は、ここに出てくる森鬼強ぇ! これはあれか、つまりまだレベルが足りないと!!」
あずさ「だから寝言はやめなさい(−−メ 大体、強いかもしれないけど。だからって負けないでしょうが、アンタのパーティ」
へむ2「うむ。今はバードを連れてってるので生命力も技ポイントも歌の力でもりもり回復。長期戦に持ち込みゃ絶対負けねぇんでいーんですけどー。でも真面目な話、レベルはさておき銭が足りんのですよ。全然」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、そうですね。最近、お店さんの商品が高くなってまいりましたから〜」
へむ2「つーか。今まで数千のレベルやったんがいきなり7万とか18万とかどないやねん、つー話やね。高くなりすぎやっちゅーねん、ホンマに」
まるち「はい〜(^^;;;」
あずさ「・・・いや。それもだから、別に今揃える必要は無いんだし(−−」
へむ2「売ってる以上は買うのが正義だ!! まあ、いっぺん地下20階まで潜ってから戻れば? なんだかんだで、3万4万は銭入るしなあ。何とかなる、とは思うんだけどさあ」

* とか考えつつ。ちょっち戻って、途中の隠し扉(みたいな所)から別ルートを進んでみたり。ほむ、こっちは出てくる敵が強いですなあ。

*

へむ2「そして当然、良い物をドロップしますなあ。とゆー所で、ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー」
へむ2「良い物をドロップするので、イコール当然良い品物が更に店に並ぶ訳で。つまり、銭の問題はさらに深刻に」
まるち「はぁ(^^;」
ぴーす「は、はい? え、ええっと?」
へむ2「いやま、詳しい事は後でゆっくり説明したげるから、今は気にするな。で、俺のいない間何かありました?」
ぴーす「あ、はい。お坊ちゃまを、予防接種にお連れしました」
へむ2「ほぉ? 確か、今回は・・・注射だったよね?」
ぴーす「はいー。でも、意外とお泣きになられませんでしたー」
へむ2「ほぉ?」
あずさ「へぇ。それは意外ね」
ぴーす「はいー。あの、いえ、少しはお泣きになられたんですけど。でも、すぐに泣きやまれて」
あずさ「へーえ。なんて言うか、とてもアンタの子とは思えないわねぇ」
へむ2「うむ。俺は注射が大嫌いだからナッ!Σd(>ω<) ボンもさぞ嫌いかと思ってたんじゃけど・・・ま、そゆ所は似なくて良かったよ」
あずさ「そうね(−− 似てたら、どれだけ大変になった事か・・・」
へむ2「はっはっはっはっは。さて、それはさておき銭稼ぎですけどね。まあ、とりあえず飽きるまではやってみようかと」
あずさ「はいはい(−− もう好きにしなさい。て言うか、私は諦めた。アンタ止めるの」
へむ2「なんかものすごい言われ様ですよー? ですがま、許可もいただけた所で。んじゃ、ちっくらうにうに、頑張りますかにょー」

* うにうに。あい、んじゃ今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


ストローとデコと銭稼ぎ。

* 平日お休み。赤ちゃんグッズを買いに行ったりボンの世話をしたり、と、まあ普段通りのお休みな一日だった訳ですが。ふと思い立って、ボンに『ストロー付きのマグカップ』を与えてみた所。

*

へむ2「おお。ボン、いつの間にやらストローでお茶が飲める様になっとるねぇ」
まるち「はい〜(^^) お上手です、あきとさん〜」
ぴーす「はー。数ヶ月前は全然でしたのに・・・」
あずさ「成長してるわねぇ。アンタの子」
へむ2「ですね。や、コップ飲みがまだあんまし上手に出来ないんで、ストローも無理かと思ってたんですが・・・ふむ。想像以上にぐんぐん育ってるんやねー、君は」

* と、ゆー風にしみじみ感心したりした一日でもありました。まる。

-

* さて。

* で、それ以外には相変わらず珍妙デコまんがを眺めたり、世界樹の銭稼ぎをだらだら続けたりして、夜。ボンのミルクやりも済んだので、今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


[皐月日記一覧] : 2007/05/19 : (コメントが2件あるにゅ)

突然の雨とお買い物。

* えー。今日は、うちの父親が出張ついでに遊びに来たのでその相手をしたり、その後父親送ってくついでに、『父の日プレゼントで欲しい本があるからー』と頼まれたんでそれ探しに神田行ったり。

*

へむ2「で、さらにそのついでに秋葉に寄る、と。やー、デモミラー用のハードディスクが、既にいっぱいいっぱいでさぁ」
まるち「はい〜(^^; 確か、あの、残り4%ですとか〜」
へむ2「うん。まあ、実際には4%でも7GBはあるんで? 今月末までは保つと思うんですが・・・ま、でも、どう考えても今月まで、でしょうな」
あずさ「・・・で、しょうねぇ(−−」
まるち「はい〜(^^;;;」
へむ2「と、ゆー訳で。500GBのHDDを買い込んで換装する、と。でもアレよねー、今回はIDEで済ませましたけど。さすがにこのご時世じゃし? 次交換する時はS-ATAにせんとダメっすかねぇ、やっぱり」

* まあ、ミラー用のHDDは、交換の手間を考えて最初からリムーバブルケースに入れて運用してますので? 『まずS-ATAなリムーバブルケースを買う』『IDEからS-ATAに変換するインナーケースを使って今のHDDをそのまま運用』『S-ATAなHDD買ったらインナーごと入れ替える』つー手順を踏めば特に問題なく(そしてHDDを無駄にする事無く)S-ATAに変更出来るのですが。ですが。うう、でもやっぱ、面倒だー(笑)

*

へむ2「・・・まあ、この500GBがいっぱいになるまで、半年くらいはかかるじゃろうし。のんびり順番に、変えてきましょーか」
まるち「はい〜(^^; 頑張ってください、ご主人様」
へむ2「ちうか、ついでに交換して余った200GBをシステムディスクと換装したくもあるしな。とーりーあーえーず、その内適当にマシン一台用意して。それ使ってシステムインストしつつ、動作確認するとしますかにょう」

* ま、でもそれもまだ先の話。今日の所は家帰って休・・・おや、あ。

*

へむ2「めーーーーっ!? 何これ何これ、このいきなりなものごっつい雨はっ!?」
まるち「はわわわわ(^^; あの、あの、早く、あちらのお店さんの、軒先に〜」
へむ2「きゃーきゃーきゃーきゃーきゃー。今日の荷物はHDDと本やっちゅーねんどっちも雨はあかんねんあかんねんーーーっ!!」

* ・・・いや、ホントに。上記の『あ』と『めーーーーっ!?』の間くらいの時間感覚で、いきなり無茶苦茶な勢いの雨になったですよ?<今日の雨>何なんですか、一体。いつから日本は雨期のある南国になりましたか(笑)

*

へむ2「しょうがないので雨足が弱くなった瞬間を見計らってスーパーに飛び込み、ビニール傘買って帰ってきたおにーさんだ。ちなみにスーパーを出た時には既にほとんど雨がやんでた、とゆーのはボクとキミとの秘密だよ?」
ぴーす「は、はぁ。あの、お疲れ様でしたー。随分、あの、タイミングがお悪かった様で」
へむ2「ホンマにな。後ちょっと雨降るんが早かったら、駅出る前に傘買えたのに」
あずさ「まったくよね(−− 後ちょっと遅かったら、家に着いてたから傘買う必要すら無かったのに」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、せめて、スーパーさんの所まで、お天気が保ってくだされば〜」
へむ2「うん、そしたらとりあえず、雨ん中走る必要は無かったね。まあ、荷物が濡れなかったんだけが、幸いじゃよー」

* あー。まあでも、雨中ダッシュで疲れたのでくってり。今日は早めに寝るですよー。

* お休みなさい。ぐぅ。


3139ミルク飲み。

* あさー。

*

ぴーす「あらー。お坊ちゃま、今日は随分と遅くまで、お休みでしたね?」
あずさ「九時前。確かに、新記録ね」
へむ2「やー。昨日の晩、ねぇ。ミルク普段よりたくさん飲んだので、多分そのせいでないかとー」
まるち「はい〜(^^) 昨夜は、一時過ぎに、はい。310mlお飲みになっておられますから〜」
あずさ「300? へぇ、そんなに飲んだんだ?」
へむ2「つっか、最初190飲ましてね。そこで寝たから、ほ乳瓶洗ったんじゃけど。で、その後部屋に戻ってみたらハラヘッター、と」
まるち「はい〜(^^; また、お泣きになっておられて〜」
へむ2「なので、改めてミルク作って飲ませて、結果310と。そして腹がいっぱいだから今朝は遅くまで寝てたと。つまりボンは『腹が減ったら起きる』とゆー大変シンプルな作りになってる、とゆー事ですな」
ぴーす「は、はぁ。な、なるほどー?」
あずさ「・・・いや。別に、そんな、他の理由でも起きてくる時は起きてくるし(−− 別に、そんな単純な訳じゃあ」
へむ2「うむ、まあ冗談なのでキニシナイ。とりあえず、アレね。夜の睡眠時間が長くなるのはボンの成長の証、と。そう受け止めておきまっしょー」

* 寝る子は育つと言いますし。何より、夜はぐーすか寝てくれた方が俺ら楽ですし(笑) その調子で、どんどん夜に寝るよになるんやでー。な?>ボン

-

* 昼。

* 月イチTRPGの会に、とりあえず顔出し。ボンを連れてだと長居は出来ないんで、ホント顔出しただけですが。

-

* 夕方。

* ここしばらくの懸念だった散髪に、ようやく。ふう、やっと頭がすっきりしたー☆

-

* 夜。

* ・・・おや。今度は寝る前のミルク、390mlも飲みましたよ。<ボン

*

まるち「はわ〜(^^) あきとさん、すごいです〜」
あずさ「て言うか。そこまで胃袋、大きくなったのねぇ」
ぴーす「ですねぇ。昔でしたら、ほぼ間違いなくお吐きになられる量ですのに」
へむ2「ま、体も大きくなっとりますしね。胃袋も大きくなって、当然っちゃ当然。まあ、うちの嫁なんぞは『そろそろ卒乳も視野に入れる時期なのに、今更ミルクが増えても』と悩んどりますけど」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。後数ヶ月で、はい。確かに、ミルクをおやめになられる時期ですけど〜」
あずさ「でも、後二ヶ月はあるんでしょ? だったら、まあ」
ぴーす「はいー。その頃にはまた、状況も変わっておられるでしょうし」
へむ2「うん、多分ね。だからま、しばらくは状況まかせで飲みたいだけ飲ませるべー、ですな」

* と、ボンの話題に終始した所で今日はここまでお休みなさい。明日はまたお仕事ですわよぐーすかぴー。


雑誌情報アイ3。

* 朝。

* お出かけごー。今週のカイジ君は・・・うむ。やっぱり切ってなかったですか、当たり牌。

*

へむ2「で、次は一億六千万の勝負だ、と。どーするんじゃろなあ、一体」
あずさ「どうするのかしらねぇ(−− て言うか、なんとなくさらに次戦にもつれこみで三億勝負になりそうな気もするわね」
へむ2「かな? かなぁ。確かに、カイジの五巻六巻あたりでも『現在の貨幣価値で三億』相当までアップしてたし。今回もそーゆーノリになりそうな、ならなそうな」
あずさ「実際問題、三億くらいでないと盛り上がりに欠けるでしょ? 前回は七億勝負だったんだから」
へむ2「まあ、金額スケール的にはそうかな。と、なると? これから半年くらいかけて次の勝負済ませて、その間にカイジ君が何かひらめく、つー展開ですかねぇ」
まるち「はわ(^^; は、半年ですか?」
へむ2「それくらいはかかりそうな予感です。が、さて。どーなりますかいねぇ?(首ひねり)」

* ・・・とりあえず、勝負中断だけはありえないよなあ。となると、やっぱ三億勝負まで行きそーな気がするのですが。うーん。

-

* 昼。

* さて。んじゃお仕事を、にゃーにゃーにゃー。

-

* 夕方。

* 帰宅。途中で本屋に寄って、テックジャイアンをちょいと購入。

*

へむ2「えー。『魔法少女アイ3』の記事が4ページ載っててですな。それ目当てで買った訳ですが・・・あ、ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー」
へむ2「訳ですが。情報としてはかなり少なめ。まあ、あくまで『第一報』って感じですな」
あずさ「そうねぇ。4ページのうち2ページは見開きイラストだし、1ページはキャラ紹介。もう1ページはインタビュー。ところで、キャラ紹介にリンがいないわね?」
へむ2「インタビューの方で『出る』とは明言されてますから、単純に何かたくらんで秘密にされとるのでしょう。具体的にそれが何かは、ちと不明ですが」
まるち「はぁ(^^; そうですね。あの、これだけでは、ちょっと〜」
へむ2「うん。話としては2のバッドエンド・・・つーかダークエンドの一年後、になるそうなので。最悪、敵側に洗脳されての登場もアリかとは思っておりますが。ま、何にしてももーちょい情報待ちですなー」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「とりあえず。黒先生がお元気な様で何よりだ。そして、紫たんは今回もやっぱり酷い目に遭うっぽ。良きかな(うむうむ)」
ぴーす「は、はい?(汗」
あずさ「・・・・・・(−− いや。確かに、『彼女が危ない目に遭えば遭うほど、日常が壊されていく』構造になってる、ってあるし。酷い目には遭うんでしょうけど。でも、この書き方なんだから選択肢で回避も出来るとは思うわよ?」
へむ2「選択肢があったら、バッドエンドを選ぶのがえろげの道ダッ! これは決して譲れない!!」
まるち「はわ(^^;」
ぴーす「・・・え、ええっとー」
あずさ「・・・・・・(−−メ まったく、もう」

* で、発売時期はまだ未定、と。コメントによると来年頭だそーなんですが、でもまあしょせんコメントはコメント(笑) 素直に公式情報、待つとしますべー。

*

へむ2「ただし。colorsの開発陣がそのまま移籍して作ってる、とゆー事はイコールWebの更新は遅いとゆー事だと思ふ。過去の実績からしてなっ!Σd(>ω<)」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうなんですか?」
へむ2「そうなのです。つ事で、雑誌情報をほれほれチェックする必要がありましょう。最近とんと雑誌見なくなったんで、ちょい手間なんですけど、ね」

* ところで、一つ。インタビュー見る限り、アイ3の権利関係が移った、とゆーよりかはcolorsブランドそのものが新会社に移った、的な印象を受けるのですが。<この後もcolorsブランドからどんどん作品をリリースしていく予定、とかあるし>どうなんでしょうかね? その辺は。

-

* 夜。

* うだうだ。んじゃお休みなさい。

* ぐぅ。


世界樹カンスト三人目。

* 朝。

* お出かけごー。

-

* 昼。

* お仕事うにゃー。

-

* 夕方。

* ばたんきゅー。

-

* 夜。

*

へむ2「と、ゆー訳で。実に火曜日らしい火曜日やった訳やね、今日は」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。お早うございます〜」
へむ2「おはやう。そして遅い晩飯食って、これまた例によって例のごとくに世界樹やってるおにーさんなのですよ。アンダスタン?」
あずさ「何が(−− て言うか、朝っぱらから鬱陶しい。黙れ」
へむ2「あずあずにとっては起き抜けでも、俺に取っては起床後四時間良い感じ、なのです。ちなみに世界樹、銭稼ぎをしてる内にとうとうバードがレベルカンストしてしまいました」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「うむ。ので、てけとーなレベルまで鍛えなおしてる所なのですが・・・そうこうしてる内に、他のキャラも続々カンストしていくでしょうなあ」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はい。皆様、同じ様なレベルでしたから〜」
へむ2「まったくやれやれですナー。だからレベルのカンストはもっと上で設定しなさいと」
あずさ「アンタが余計な経験値稼ぎやお金稼ぎやんなきゃ済む事でしょうが(−− まったく、もう・・・」

* て事で。んじゃもう朝なので、今日はここまでまた明日。さ、今日もお仕事ですよー。


もくもく世界樹過半数。

* お仕事にゃ。で、もって世界樹、っと。

*

へむ2「えー。とりあえず現状としては、九人中五人がネクスト化した状態だ、と。加えて、その五人の内二人はさらにレベルカンスト、つまりこれ以上はホントにまったく成長出来ない、つーか成長させても意味のない状況な訳で」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「なので、その二人にはちょっとしばらくお休みしといてもらって。他のメンツ、特にネクスト化直後で弱いキャラを重点的に育てよーかと思うのですがー」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、はい〜」
へむ2「問題は。その抜けた二人がメインアタッカーだ、とゆー事ですネ。おかげでちょいとこー、戦闘力に欠けてよろしくない。雑魚相手ならともかく、強敵相手にゃどーもねぇ」
あずさ「きっぱり言わせてもらうと、『知った事じゃないわよそんなもん』なんだけど。それ(−− て言うか、アンタの無駄なレベルアップの結果の大変さなんだから、素直に自分でなんとかしなさい」
へむ2「うい。まあ、ネクスト組がレベル55とか60とかになればほっと一息、なんですけどねぇ。でもその頃には、残りの四人がネクスト化してやっぱりほれほれ、になるんだろうなあ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね、おそらく〜」
へむ2「ちょほほ。銭の方はなんだかんだで大体目標額まで貯まったんで、ぼちぼち先に進めたくはあるんですけど、ねぇ。でもレベルがある程度安定するまでは、無理かなー」

* と、ゆー訳でうにうにうにうに。<経験値稼ぎ>何つーか、今週いっぱいくらいはこの作業が続きそうな感じですやねー。

-

* にゅ。

*

へむ2「さて。と、言うてる間に日付も変わって数時間。ぼちぼち、寝るかねぇ」
あずさ「ん(−− そうしなさい、そうしなさい。ただでさえアンタ、最近リズムがぐちゃぐちゃなんだから」
へむ2「うーい。あ、でも最後に一つだけ。俺が世界樹にかまけてる内に、すたじお緑茶では『片恋いの月』のカウントダウンが始まってて、既に残り一日。手元にこそっと保存はしてあるんで個人的には問題ない物の、今更取り上げてもまったく意味が無いあたりが素敵ですね! HAHAHAHA!!」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− それで一体どういう反応が欲しいのか。この馬鹿は」
へむ2「やー。特に反応は要らんっちゃあ要らんのですが、まあでもそれはさておき今日のカウントダウンフラッシュはよねなのです。事あるごとに『非攻略キャラ』とののしられるあたりが哀れよのう」
まるち「はぁ(^^;:;;」
へむ2「つ事で。ほいじゃ、おっやすみー」
まるち「あ、は、はい〜(^^; お、お休みなさいませ〜」

* ぐぅ。


七彩世界樹フルオート。

* 今日もお仕事にゃー。

-

* さて。

*

へむ2「以下略」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「はいはい(−− つまり、今日も世界樹してたら日が暮れたのね」
へむ2「うい。まあもっとも? 今日は『仲間を呼ぶ敵』が出てきたら、一人だけ攻撃設定で後全員防御。適当に敵が増えた所でAボタンに重しのっけて後はフルオート、とゆーアバウト経験値稼ぎしてますので。実の所、手間はあんましかかっとらんのですが」
まるち「はい〜(^^; えっと、はい。確かに、ちょっとDSさんをいじられては、他の事をなさっておられましたね」
へむ2「他の事っつーか、えろげな。『七彩かなた』、とりあえず一周終わらせたんじゃけど・・・おのれ。あの小娘、やっぱり秘密持ちでやがった」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「ふぁっきーん。だからよう、何で世間にゃこーゆー秘密持ちが多いのだ。いいから言えよ、素直に。全部。がーーっ!!!
まるち「はわわわわ(^^;」
あずさ「やかましい(−−メ て言うか、訳分かんない事で怒るなっ! そうでないと物語が盛り上がらないんだから、しょうがないでしょうが!!」
へむ2「そんな物語上の都合なんぞわしゃ知らん。だからさー、お兄ちゃん、秘密持ち嫌いなのよ? その辺ちゃんと、考慮していただきませんとナー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「作り手さんがアンタの都合を考慮する必要が一体どこにあると(−− あーもう、いいからとっとと寝なさい。もう2時越えて・・・じゃない。3時近いのよ?」
へむ2「にゃ。では寝るとしましょー。お休み?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お休みなさいませ〜」
あずさ「・・・なんで疑問系なんだか。もう(−−」

* て事で。ちなみに現時点でネクスト化が九名中七名で、その連中は全員レベル50まで。まだネクスト化の済んでない残り二名も、とりあえずカンストまで後2レベル3レベル、つー状況ですので。<世界樹>ま、明日くらいには全員ネクスト化でしゅな。多分。

-

* にゅ。

* では寝ます。ぐー。


[皐月日記一覧] : 2007/05/25 : (コメントが3件あるにゅ)

トランスフォームがったーいーパワーアーップー。

* 今日はお仕事特に無し。て事で昼のひこーきでうにゃっと帰宅。帰る途中で写真館にも寄って、子供の日に撮ったボンの写真も受け取ってきたですよー。

*

へむ2「と、ゆー訳で。じゃーん、三面見開きボン写真ー☆」
まるち「はわ〜(^^) あきとさん、可愛らしいです〜」
ぴーす「はー。お坊ちゃまはやっぱり、笑顔が一番ですねぇ・・・」
へむ2「ま、赤ちゃんつーのはみんなそうだと思いますけどね。しかし、こーして身内で見るだけ、とゆーのは惜しい物があるな。結構」
あずさ「でも、ネットで公開するのはちょっと、って思うわよ? このご時世なんだし」
へむ2「うん。俺もちょっと心配なんで、ボンの写真は知り合いにしか見せん事にしてる訳ですがー。ま、リアル知り合いにゃあその内、リアルの場で見せとくとしますべぇよ」

* ちなみにこの子供の日写真、作ったんはこのマイフォトリミテッドとゆー奴で。一個作ってざっぱ二万。うむ、良いお値段ですな(笑)

-

* にゅ。

* さて。まあでも、それはさておいて。

*

へむ2「えー。なんかですな、この夏トランスフォーマーが実写映画化されるとかで、トレーラームービーが公開されとるのですが。うむ、なかなかカッコよくてよろしい」
あずさ「・・・カッコ、いい? ちょっと、なんていうか。ゴチャゴチャしすぎてる気がするんだけど」
へむ2「うん、確かにジャポネで一時期流行ったリアルロボット風だよね。俺ももーちょいアニメ的で構わないよなー、とは思うんですが、でもそれでもやっぱカコイイとおも。これで人間さえ出なければ
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「いや。ぶっちゃけコンボイ指令とメガトロン様とグリムロックさえ出てくれれば俺はそれで。下手なヒューマンドラマは要らんっつーか、もっと端的に言うとヒューマンは要らんので出てくるな」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− とりあえず。グリムロックは出ないと思うわよ? 多分」
へむ2「何ですとー。え、何で? だって俺のフェイヴァリットキャラですよ? て言うか、メガトロン様も裸足で逃げ出す最強キャラなんですよ?」
ぴーす「え。そ、そうなんですか?」
へむ2「どっちについて聞いてるのか分からんけど、前半なら言うまでも無し。後半も、作中でよくメガトロン様蹴散らしてたのでほぼ確定情報ですよ?」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうだったんですかー」
へむ2「そうなんです。ああん、あの『オレ、ぐりむろっく。トテモツヨイ』つーカタコトしゃべりがとても素敵だったのニー」
あずさ「やかましい(−−メ そもそも、メガトロン様が蹴散らされたら映画にならないって事実を認識しなさい、まずは」
へむ2「えー。そういう間抜けっぽな所もメガトロン様の魅力だったんですけどねぇ。ま、いいや。何にしても、この夏はちょーっと観に行きたい所ですやね、映画版『トランスフォーマー』」

* ・・・と、盛り上がっといてなんですが。しかしナニユエ、今更トランスフォーマーなんでしょか。<しかも映画で>確かに結構な人気アニメだったとは思いますけど、でももう随分昔のだしなあ。そんなにコンボイ司令が好きなのかなあ、アメリカ人(笑)

-

* にゅにゅ。

* あい。じゃあラストぐるー。

*

へむ2「んと。金曜なので、LOSTSCRIPTデコまんが。相変わらず妙なノリで結構好きなのですが、妙なノリついでに今まで取り上げてなかった話を一つ」
まるち「はわ? はぁ。えっと、なんでしょうか〜?」
へむ2「うん。いや、ソフトハウスキャラでちょっと前から連載されてる増刊劇場レボリューションがね。どういう位置付けなのかさっぱり分からないんで話題にも出さないまま生暖かく見つめてた訳なのですが」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ」
へむ2「訳なんですが。でも、何か普通に面白くていいなあ、と思う次第。ただ、それでもやっぱり立ち位置が分からねぇ。うーむ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「と、ゆーのが最近の俺の悩みの一つな訳やね。アンダスタン?」
あずさ「心の底からどうでもいいので理解してあげない(−− はい、もういいから寝なさい。言いたい事は言ったでしょ」
へむ2「・・・あずあずは相変わらず、冷たーい。けど、確かにぼちぼち寝ないとね、っと」
ぴーす「はいー。明日は、あの、土曜日ですけど、お仕事ですしー」
へむ2「土曜日なのにな。ま、しゃーないしゃーない。んじゃ、おっやすみー」
まるち「あ、はい(^^; お休みなさいませ〜」

* ま、そーゆー訳で。ぼちぼち寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


ざ・れいぶん。

* 土曜日ー。ですが、ちまっとお仕事。朝に出かけて、夜帰り。

*

ぴーす「あ。お帰りなさいませー」
猪名川「おかー。お邪魔しとるでー」
へむ2「ほ? おや、年末に姿くらましたっきり、とんと音沙汰の無かった猪名川君ではないかね。生きてたんだ?」
猪名川「・・・あのな。ボンに風邪がうつったらアカンから、有明の後は帰ってくんな、言うたんはあんたやろー?」
へむ2「確かに俺だが、ここまで音沙汰無いとは思ってなかったよ。てっきり、もっと早うに戻ってくるもんだと」
猪名川「やー。それがなー、うち帰ったらお母んにつかまってもうてなー。ちっとは家の手伝いしぃや、て」
へむ2「あ。なるほどな」
猪名川「ま、やけどようやっと五月の連休も終わったし。暇が出来たんで抜け出してきた。それにアレやろ? ボン、そろそろ立っちするんやろ? それは是非この目で見て、鶴来屋の下二人に自慢せんとな」
あずさ「・・・て、コラ(−−メ アンタまた、そんな波風立てる様な事を」
へむ2「つっか、俺でさえ見れるかどうか分からんもんをお前が見るんは俺が許さん。お前も付き合いやがれ、俺の仕事に」
猪名川「えー。うち、今回はずっとこっちに残っとくつもりやねんけど?」
へむ2「お前の都合は聞いてねぇよ居候。却下だ、却下」
あずさ「て言うか(−− アンタだけ見たら、後で二人から愚痴られるの私なのよ? 割に合わないからやめなさい」
猪名川「・・・うわー。二人揃って我が儘炸裂やー。ワガマンマー王子がここにおるー」
へむ2「走ーれヘーイゲンデーコボォカー。カザーンユッキーのーりこえてー♪ と、そんな懐かしい物はどうでもよろしい。とにかく、付き合ってもらうぞ?」
猪名川「ちぇー。しゃーないなあ、ほな、ボン。初立っちは、うちのおる土日にするんやでー?」
へむ2「俺のいる土日、と言いたまへ。けどまあホント、いつになるのかねぇ。いつになっても不思議の無い時期なんじゃけどー」

* で、帰ぇってうだうだしてたら日付が変わる、と。はいはい、とっとと寝ましょーか。

*

へむ2「ちなみに世界樹の方は全員ネクスト化完了の、あーんどレベル50突破済み。後10レベル上げれば目標クリアだ、頑張れ俺」
あずさ「・・・・・・(−− いいからレベル上げなんか後にしてとっとと進めなさいと。まったく」
猪名川「お。そーいややー、ネクストジェネレーションのネーミング、結局どないなったん?」
へむ2「ん? ああ、それかぁ。いや、色々考えたんだけどな、いいのが無くって。結局、頭文字ルールを採用したよ」
猪名川「頭文字ルール?」
まるち「はぁ(^^; あの、キャラクターさんの職業名と、お名前の、両方の頭文字を〜」
猪名川「あ。なるほどな、一緒にしたんか」
へむ2「うむ。これでキャラ名見ただけで職業が分かってとても楽。ホントはねー、ギルド名にちなんだ名前を付けたかったんだけど」
猪名川「ほほー。ちなみにそっちは何にしとるん? ギルド名」
へむ2「ネヴァーモア」
猪名川「ねばー?」
へむ2「ネヴァーモア。英語で書くと『Nevermore』。意味は『またとない』かな。辞書引くと『二度と再び何々しない』とかて出てくるけど」
猪名川「ほーん。なんでまた、そないな名前を?」
へむ2「特に意味は無い。ただ、世界樹って名前は六文字までしか入らないシステムなもんでな。その枠内で、それなりに印象的で、出来ればRPGの古典に由来するものを、と考えていった結果」
猪名川「結果?」
へむ2「うむ。結果、『古典』とゆーのだけが残って、ネヴァーモア。ムーンストーンは七文字だしさー、ブラックオニクスやファイヤクリスタルは言うまでも無く。ウィザードリィだって入らないんだぜ?」
猪名川「ん? 『ウ』『ィ』『ザ』『ー』『ド』『リ』『ィ』・・・あ、確かに七文字か」
へむ2「TRPGに目ぇ向けてメタルヘッドとかミドルアースとかも考えたんだけどな。でも、メタルヘッドはファンタジーRPGじゃあねぇしミドルアースはちょっと趣味に合わん。えー加減メンドくさくなったんでその辺でRPGは諦めた、てぇ寸法よ」
猪名川「ふむ。それで古典だけ残して・・・て。何の古典なん? それ」
へむ2「推理小説。と、言うとかなり語弊があるんだけどな。エドガー・アラン・ポォ先生のポエムだ。烏が鳴くのよ、『Nevermore!』って」
猪名川「ほーん。そうなん?」
へむ2「そうなん。実の所、俺はポォ先生の詩で知ってるのはこれだけなんだけどね。何つか、印象的な言葉で頭に引っかかってたのさー」
あずさ「で、そのせいで(−− 『ポォ先生の作品絡みでなんかいい名前付けれないか』とか『推理小説関係で何かないか』とかうるさかったのよね。一時期。かなり」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの。それは、あの、ですけど。そ、それほどでも無かったのではないかと〜」
あずさ「いや、うるさかった(−− て言うか、ゲームしながらぎゃいぎゃい言うのはやめて欲しいと思う。心の底から」
へむ2「だってゲームで使う名前なんだから、ゲームやりながら考えるのが一番自然じゃないですかばんばんばん! ま、とにかくね。結果的にゃあ全然関係ない、頭文字から適当に考えた名前一覧。まったく、つまんない話だよねー」
あずさ「はいはいはい(−− まあいいから、もう寝なさい。『寝る』って言ってから長いわよ、アンタ」
へむ2「おっと、失礼。じゃ、ぼちぼちホントに寝ましょーか」
あずさ「由宇。アンタもよ」
猪名川「へーい。ほな、また明日なー」

* て事で。んじゃお休みなさい、ぐぅ。


[皐月日記一覧] : 2007/05/27 : (コメントが2件あるにゅ)

十ヶ月マイナスいち。

* 日曜日。今日は我が家でのんびりと。

*

へむ2「で。ボンもいよいよ十ヶ月な訳ですわよセニョリータ」
あずさ「正確に言えば明日だけどね。十ヶ月」
へむ2「まあそうなんですが、でも明日は仕事ですからなあ。今日の内に祝っておこーかと思うのですよ」
猪名川「ん、仕事なんやったらその方がええやろな。何時に帰ってこれるか分からんのやし」
へむ2「つーか、かなりの確率でボンが起きてる時間にゃ帰ってこれねぇ予想です。と、ゆー事で、はい。話を戻して十ヶ月、なのですよー」
まるち「はい〜(^^) 本当に、あの、あっと言う間でしたね」
ぴーす「ですねぇ。十ヶ月・・・はー。時間の流れるのは、早いですー(しみじみ)」
へむ2「うん。振り返ってみれば一瞬ですが、毎日毎日は嵐の様な日々でございました事よ」
あずさ「ホントにねぇ。まあ、私たちは週の半分いないから? そうでも無い、って言えばそうでも無いんだけど・・・」
へむ2「うむ、毎日毎日偉いぞ、ぴーす(なでくりなでくり) なんせボンときたら、実にごんたくれですからなあ」
あずさ「・・・ホントにね(−− おもちゃは散らかす、本棚から本は引っ張り出す、最近は電話機をべちべち叩いたりもするし」
猪名川「電話機に限らず、なんでも叩くやんなあ。今日も見とったけど」
へむ2「おう。『何かを持って』『何かを叩く』の超大好きだぜー。俺から眼鏡奪って、その眼鏡で俺叩く、とかもデフォだし」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ。それは、あの、きっと、感触を確かめてらっしゃるのだと〜」
ぴーす「そ、そうですよー。それに、はい。そうやって成長なさっていく訳ですしー」
へむ2「うむ、それは分かってるんじゃけど、痛いんだよぺちぺちやられると。アレだよね、早いトコ言葉が通じるまで成長して欲しい所っすよね」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「ま、それはそうよね。早く二本足で歩ける様になって、言葉も分かる様になって」
へむ2「文明人にエヴォリューションしていただきたい所です。つっか、生まれた直後からあれだけイギリス紳士の血を引く者としてダンディな教育してるのになあ。なんでそれが身に付かんのかね、君は。んー?(つんつん)」
あずさ「・・・・・・(−− いや。それはアンタの教育が色々間違ってるって言うか。そもそもアンタ、イギリス紳士の血が一体どこに混じってると」
へむ2「魂の問題だとご理解いただきたいッ! てゆーか真面目な話をすると、食事中にな。椅子の上に立ち上がるのだけはやめていただきたい。落ちると危ないので」
ぴーす「あ、はいー。それは本当に、そう思いますー。最近は、お好きな物を食べられる時、その時だけは座っていただける様になったんですけど・・・」
へむ2「それ以外ん時は、すぐ他の物に興味が移って立ち上がっちゃいますからな。もう少し、食事その物に興味を持って欲しい所です」
ぴーす「はいー」
まるち「そうですね(^^; ですけど、あの、今日は初めて、たまごボーロをご自分の手で掴んでお食べになる事が出来ましたし〜。あの、掴み食いをなさる様になれば、少しは〜」
へむ2「うん。そう期待してるんですけどね、俺も」

* て事で。食事絡みでやや頭を痛めつつも、今日もすくすく成長中。<まいサン>体重の方も9kgまで増えて、表情なんかも豊かになって。やー、本当に大きくなりました(しみじみ)

*

へむ2「・・・と、ゆー日記を一応日付の変わったところでアップする。これでマイナスいちが抜けて、名実ともに十ヶ月〜♪」
猪名川「でも、日記タイトルはマイナスいち付きなんやな?」
へむ2「だって直すのメンドいし。さ、じゃあやる事やったんで、ぼちぼち寝ましょーか」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ〜」
へむ2「明日も朝からお仕事だー。ぐーすか眠って、鋭気を養うで・す・よー」

* ぐぅ。


寒暖の差をネタに間断無く歓談。

* 朝。

* お出かけごー。

-

* 昼。

* にゃうっとお仕事。

-

* 夕方。

* 帰宅。

-

* 夜。

* へめー。

*

あずさ「・・・へめー?(−−」
へむ2「うむ。『ああ、今日も疲れたなあ』の省略形だと思っていただきたい!」
あずさ「・・・・・・(−− どこをどう略したらそうなるのかと」
へむ2「心の目で見ると浮かんでくるんですよ、きっと。ところでさあ、今日はなんかやけに涼しかったね?」
ぴーす「そうですねー。お坊ちゃまも、はい。今日は長袖でしたー」
猪名川「昨日やか一昨日やかは確か、あちこちで猛暑日やらなんやら来てたハズなんやけど。今年もあいかわらず、変な天気やなあ」
へむ2「まったくねぇ。ただまあ、最近は毎年毎年デフォで異常気象なんで? これで却って正常だ、つー気もせんではないんですけど」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ。えっと、ですけど、それは、あの〜」
ぴーす「・・・ちょっと、違うんじゃないでしょうか? やはり、異常は異常かとー」
へむ2「んー。でも、正常と異常を決める根拠って『数』だけじゃしなあ。気象庁が何年分のデータため込んでるのかは知らんけど、ぼちぼち逆転してもいいんじゃね?」
あずさ「しないと思うわよ(−− て言うか、そりゃ毎年同じ様に異常なんならそれもアリかもしれないけど」
猪名川「実際には、毎年毎年手を変え品変え新手法、やからなあ。ま、『正常』にはならんやろ、どない考えても」
へむ2「えー。でも、『暑い時に寒い』『寒い時に暑い』とゆー寒暖の問題でくくれば?」
あずさ「暑い時にさらに暑い、とか寒い時にさらに寒い、とかもあるでしょ(−− はいはい、もういいから寝なさい。馬鹿話もして気が済んだでしょ」
へむ2「にゃ。まあでも、この時間まで起きてたんですから? どうせだったらボンの夜ミルクを済ませてから・・・お?」
ぴーす「あ。泣いておられますね、お坊ちゃま」
へむ2「うむ、ナイスタイミング。じゃ、俺ぁミルクやってから寝るよ。みんなもお休みー」
あずさ「ん(−− そうしなさいそうしなさい。じゃあね」

* て事でぼちぼちお休みゃぐー。今日は平和な一日でした。まる。


突入第五階層。

* 朝。

* のんびり。

-

* 昼。

* お仕事お出かけ。とか言いつつ、実は今日は何も仕事が無かったりするんですが。

*

猪名川「何つーか。微妙に無駄な事しとる気分やなあ、これ」
へむ2「そう言うな。あっても無くても、『そこにいる』のは俺の仕事の内なんじゃけ」
猪名川「いや、あんたはそうなんやろけど。やけど、何も無いのにうちがそれに付き合わされる、いうんがなあ」
へむ2「それはおまいが居候だから。いじょ」
猪名川「・・・扱い悪いなあ、うち。なぁ?」
まるち「はわ?(^^; は、はぁ」
あずさ「文句言わない(−− 別にアンタだけじゃないんだし」
猪名川「まあそうなんやけど。やけど何つーかこー、なあ」
へむ2「はいはい、いいから出かけるべぇよ。あんまのんびりしてっと、間に合わなくなるからナー」

* て事で。ほいであ、ごー。

-

* 夕方。

* そして世界樹。よーやく目標レベルに達した&買いたい物も買えたので、第四階層のボスをさくりとボコっていざ、第五階層・・・お? おひょ?

*

へむ2「ほええ。ああ、そーなんだ? はぁ、そういう事だったのね」
あずさ「・・・だったのねぇ。ちょっと、意外?」
へむ2「結構意外。ほーん。へーえ。へーえぇ。あ、読んでる人にはさっぱり分からんかと思いますが、ネタバレ防止の為、その辺はご勘弁ー」

* ヒントは『秋』とか『灰』とか。<いや、それは逆に分からなくなるだけじゃないか?>や、まさかねぇ。へーえ。

-

* 夜。

* で。第五階層の攻略を続けてる訳ですが。<世界樹>なんつかこー、この階層。いったり来たりでやたら手間がかかる上にエンカウント率がちょい高めだったりする訳で。

*

へむ2「・・・やー。レベルが上がる上がる」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。後2レベルで、上限に来てしまいますね」
あずさ「・・・・・・(−− また無駄な経験値稼ぎを、って言いたい所なんだけど。困った事に違うのよねぇ。今回」
へむ2「うむ。俺にその気は無かったんんじゃけど、これだけ効率が悪いとどーしても、な。また、今のパーティが『攻撃力低め&持続力も低め』だもんだから、一回の探索で奥まで行けずに一旦戻って再び、つーコースになっとるしなあ」
猪名川「つまり。パーティメンバー変えたらええんちゃうんか? それて」
へむ2「強いメンバーはもうレベルカンストしてっから、今入れると経験値が無駄になるだけなんだよ。俺的にはそういうのは嫌いなので・・・おひょ?」
あずさ「あら? 電話ね」
へむ2「はいはーい。もしもーし。ふんふん? はいはい。あーい(ぷち) 仕事が入ったから、ちょい行ってくらぁ」
まるち「はわ? い、今から、ですか?」
へむ2「です。この時間なんで、戻ってくるのは日付が変わった後かな。なんで、先に寝ててくれていいよー」
まるち「はぁ(^^; あの、は、はい〜」
あずさ「まあ、寝かせてはもらうけど。大変ねぇ、アンタも」
へむ2「や、これも仕事の内だし? てっか、こゆのがあるから『そこにいる』のも仕事の内な訳で。あんだすたん?」
猪名川「あー。了解了解、うちが悪かった。ほなまあ、頑張ってきぃやー」
へむ2「あいよー。ま、明日も仕事が無かったりするしな、実は。多少遅くなっても、平気ですともよー」

* ちう訳でれっつら。<お仕事>で、終わった時間も当然遅かったんですが、その後再び世界樹始めたんであっという間にになってたり(ぉ

*

あずさ「・・・アーンーターはー(−−メ」
へむ2「やあ。おはやう、あずあず」
あずさ「おはやう、じゃないっ! 何徹夜してんの!!」
へむ2「やー。キリのいいトコまで、と思ったらつい、ね。でも喜んでくれ! おかげでみんなレベルカンストしたぜ!!」
あずさ「やかましいっ!! 誰がそんな事、聞いてるかーーーっ!!(`皿´メ」
まるち「え、ええっと(^^; あの、ご主人様〜。せめて、あの、今からでも〜」
へむ2「うん。仕事ねぇし、昼まで寝かせてもらう。じゃあねー」
まるち「はい〜(^^; あの、どうぞ、ごゆっくりお休みくださいませ〜」
へむ2「ちう事で、さらば!!」
あずさ「あ、コラ!! あー・・・まったく、もう!(−−」

* では寝ます。ぐー。


後味悪いエンディング。

* 今日はお仕事特に無し。つ事で途中仮眠を取ったりしつつ、一日世界樹。とーりーあーえーず、第五階層の奥の奥、ラスボスを倒してうーわめっさ後味悪ぅー

*

へむ2「と、ゆーエンディングを迎えた訳だ」
まるち「はぁ(^^;」
猪名川「んー。確かにちょっと、なあ」
へむ2「ぶっちゃけた話をすると、おにーさんは既にレベルカンストしてる身なので? 後の興味は、最強装備を揃える事だけな訳よ。だからな、秘密持ち。そやって隠さず、つらつら言うてくれれば素直に帰ったものを」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・いや。言っちゃダメでしょう、そりゃ(−− 話の根幹なんだから」
へむ2「本人が気にしてる程、周りはきっと気にしてねぇぜ? だからね、最強装備の素材だけ渡してくれれば、俺はそれで武器防具買ってとっととこの街から離れてやるよ、と、そう言いてぇ」
猪名川「つーか。せめて選択肢なりなんなり欲しかったなあ。このエンディング迎える前に」
あずさ「あー。それはまあ、そうねぇ。『話し合う』って選択肢があれば、少しは、ね」
へむ2「まったく一方的に言いたい事言われてこれでは、おにーさん立つ瀬が無いとゆーものだよ。と、ゆー訳で。がっくししながら、先に進むとしますかにょう」

* て事で。最近のこんぴーたRPGはラスボス倒してからおまけがあるのが多いよね、と、先に進むおにーさん。どっからともなく沸いて出てきたドラゴン連中もボコって、はふ。疲れたので今日はここまでー。

*

へむ2「しかし、何だな。レベルカンストしてっと、敵倒しても成長しねぇから超つまらんのう」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、ですけど〜」
あずさ「・・・・・・(−− そこまで無理矢理レベル上げたんはアンタでしょうが。何を今更」
へむ2「んー。俺的にはそこまで無理したつもりは無いんですけどー。てか、真面目な話さあ。ドラゴン連中、むっさ強いのよ? レベルカンストの今この状況で、まあなんとか楽勝、ってレベルじゃからさー。下手に低いレベルで来てたらどーなった事か」
あずさ「楽勝、じゃないだけで勝てるでしょ(−− 多少弱くても」
へむ2「いやん。楽勝じゃ無いのはいーやー、てゆっか、下手に事故って一人死なれたらリカバリー出来ずに全滅だと思うのな。レベル低いと」
猪名川「まあ、せやな。ガチガチに防御固めてとるから楽勝やけど、あれで防御要員が一人でも倒れたら、思うとなあ」
へむ2「うむ、対強敵戦でそういうリスキーなのは好きじゃない。ので、レベルはこれで適正だとお兄さんは考える。考えるんじゃけど、でも経験店が無駄になって行くのを見るとあああああ。がっくし」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「せめてなあ。後20レベルか30レベルくらい上がってくれりゃあなあ・・・うじゅー」

* と、ゆーあたりで。んじゃ今日はここまでまた明日ー。にしてもホント、レベル上限が低いのは悲しいですはー。


迷宮攻略続行中。

* 今日はお仕事&世界樹&爆睡。いじょ。

*

へむ2「と、ゆー訳で。なんか起きたらもう朝だったりする訳よ」
まるち「はぁ(^^;」
猪名川「本気で爆睡やったなあ。晩飯も食っとらんのちゃうん? あんた」
へむ2「食ってねぇなあ。さすがに腹減ったんで、今から食おうか」
まるち「あ、は、はい〜(^^; すぐ、ご用意いたします〜」
へむ2「よろしく。そして世界樹ですが、一日かけてもおまけ階層のフロア、一個分も踏破出来てない罠。まあ爆睡のせいで時間短かった、つーんもあるんですけど、基本的にトライアル&エラーでないと先に進めんの作りになってるので」
あずさ「そうねぇ。面倒な構造よね、アレ(−−」
へむ2「敵もわんさか出てきますしナー。ああもったいないもったいない、経験値がもったいない」
猪名川「・・・なんや、もう一キャラくらい作って育てといた方がええんちゃうか、とも思うなあ。あるいは、素直に敵の出現率下げるアイテム使うとか」
へむ2「まだ揃ってないアイテムゲット、つー目標があるからそうはいかねぇよ。もう一キャラも・・・まあ、それでもいいっちゃいいんじゃけど。でも、せっかく『一職業一人』つー美しい形になってるのが壊れちまうのが悲しくもある」
猪名川「ま、それはせやねんけどな」
へむ2「なんで、なるべくならやりたくないにゃー。さて、と。んじゃもう一頑張りして、せめて次のフロアまでは行っておきますかにょー」

* て事で。ほであまーたあーしーたー。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]