まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



前後の記憶がないみう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


メール完了残りは後日。

* さて。では今日もお仕事・・・あ? また受信に失敗してやんの。<あどえすメール

*

へむ2「は、はわわ?(^^;」
カニ子「またカニか。またカニかー」
あずさ「・・・・・・(−− 何なの。アンタのそれは、一体」
へむ2「それは俺が言いたいセリフですわよセニョリータ。んー・・・まあとりあえず、telnet使って直でサーバ、叩いてみるかね。その結果見てから、ちょっち、考えるべー」

* つー訳で、ふにふにと。うん、やっぱりサーバにはちゃんとメールがあって、RETRでちゃんとデータも引っ張ってこれっていやちょっと待てー

*

へむ2「・・・なんで。LISTの1に、そんな新しいのが入ってる。てゆっか、17通あるのに最新が4に入ってるとゆーのはどーゆー了見か、一体」
まるち「は、はわ?(^^; え、ええっと?」
へむ2「いや、せやからやね。えーとなんだ、ちょっと待て(かちゃかちゃ) ああそうだ、直接ディレクトリを『ls -f』で見た順番と一致する。つまり、メル鯖の方が一切ソートせずに渡してきてるんだ、メールを」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ。つ、つまり、あの〜?」
カニ子「よく分かんないカニ。もっと分かりやすく言うカニー」
へむ2「あー。せやからやな、Maildir形式、つーんでメール保管してると、『メール1通が1ファイル』になんねん。で、ファイル名自体にはタイムスタンプが入ってるから、普通に名前でソートしてやったら時間順に並ぶねん。でもな? ファイルシステムに記録されてる順番、に読み出すと、順番狂うねん。何でか言うと、一旦削除されたファイルの場所に新しいファイルが入るから」
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜」
へむ2「で。このメール鯖ソフトは、そのソートをやってくれへんねん。やから、新しいファイルが小さな番号ん所に入るねん。でもってnPOPQの方は『ボクは何番まではもう読んでるからそっから後しか見ぃへんでー』て言うねん。結果、新しいメールが読めない、いう事になんねんよ」
カニ子「ほー。そういう仕掛けだったカニかー」
あずさ「・・・で、まあ、理屈は分かったけど。何とか出来るの? それって」
へむ2「まあ、出来るっちゃ出来る。まず一番簡単で、かつ問題あるのが『削除する時にメールを残さない』やり方。ディレクトリん中が空になれば、次はまたイチから順に書き込んでくれるかんね」
カニ子「ふーん。でも、問題なんカニ?」
へむ2「だって全削除だと未読まで消えるだろ。て事で二番目が、前に使ってたヘッダ書き換えシステムを少し改良して『一旦ファイルを別のディレクトリに移して、それから順番に戻してくる』やり方。これも一番と一緒で、一旦空にすれば以下略、じゃからね」
あずさ「んー。それで出来るんだったら、それでいいんじゃないの? 何となく、簡単そうだし」
へむ2「うん、簡単。でも一番素直で気持ちのいいやり方は、『メル鯖ソフトのソースにパッチかましてソートしてくれるよにする』だと思うんだー。今後の事を考えると、トラブルの種は極力無くしといた方がいーし」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ、あの、それは、はい。そうですけど〜」
あずさ「・・・出来るの? そんなの」
へむ2「普通にソースは転がってるから、出来ると思うんですけど。まあ、とりあえず中覗いてから考え・・・て、はりゃ? ありゃ。ちゃんとソート用関数、元から存在しとるなあ」
まるち「はわ?(^^; え、あ、そうなんですか?」
へむ2「うん。でも動いてない・・・あ、そうか。『SORT_MAILDIR』いう変数定義してやらんと動かん訳じゃな。で、その為にはCFLAGSに『-DSORT_MAILDIR』つー指定してやる必要があって。あ、でも、Makefileん中にそれ用オプションが無い。役に立たんportsだなー」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「何だかよく分かんないけど、相変わらず一筋縄じゃいかないカニねー。呪われてるんじゃないカニ?」
へむ2「なに、Unix絡みならこの程度は普通に解決出来るんで、呪われてるとは言わんよ。とりあえず・・・と。仕事の時間も迫ってるし、素直に『setenv CFLAGS -DSORT_MAILDIR』ってやって、無理繰り通しちまうかな。まずは」

* つ事でようやく問題解決。<あどえすメール>ただ、仕事の後でも色々調べたのですがどーも上記のやり方以外で『SORT_MAILDIR』をスマートに設定する方法がよく分からず。つーかconfigureを追ってったのですが、何をどー見てもそこに設定が無い、とゆー。うーん。

へむ2「・・・ま、いっか。とりあえずsetenvで何とかなる事は分かったんじゃし、それで」
まるち「はい〜(^^; あの、特に問題がある訳でもございませんし〜」
へむ2「いや、問題っちゃあ問題なんだけどね。次入れ直す時またトラブルかもしれませんので」
あずさ「憶えておきなさい(−− それは素直に」
へむ2「teapop入れる時はCFLAGSに『-DSORT_MAILDIR』を設定する。ちぃ、おぼえた! って、よく考えたらteapop、テスト導入で入れただけじゃから元より標準インストシステム括弧俺仕様括弧閉じるに入ってねぇよ。なんかトラブルが起こる前に、インスト手順まとめてどっかに入れとかんとにゃー」
あずさ「はいはい(−− にしても、なんでそんな変な仕様になってるのよ? メールなんて、時間順で飛んでくるのが普通なんじゃないの?」
へむ2「んー? ああ、そりゃアレだ。『Maildir形式』って時点で、『IMAPとの併用』が多分前提に置かれてるから。つまり、『IMAPで運用しててサーバに数千通から万を超えるメールが溜まってる』状態でソート、なんてやってられっけー、とゆー」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、それは、はい〜。あの、それだけたくさんですと、お時間もかかってしまいますし〜」
へむ2「下手すりゃソートしてる間にタイムアウトだ。だから基本はソートしない、になってるんだと思われる。それにまあ、やっぱ受信した時点で全削除っつーパターンが多いしな。ソートせんでも問題ないっつーか何つーか」
あずさ「・・・なるほど? そういうもんなのね」
へむ2「そーゆーもんです。さてと、じゃあまあメール問題が解決した所で・・・と、ああ、これで削除も鯖まかせに出来るんじゃし、そっちも変更しとこー(かちゃかちゃ) 昨日書いたあどえす側での削除スクリプトももう要らねぇや。ぺい、消しっ!」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「・・・こうして、時間が無駄にドブに捨てられていくんカニねー。て、スケジュール表の話はどうなったカニ?」
へむ2「うん、それはこれからだ。ちなみに全然関係無いけど、レジストリ書き換えでバックライトの輝度変更した後は、SetBacklightを発行してやる事で即時に輝度変更出来る事が判明しました。うむ」
あずさ「何をいきなり(−− て言うか、何よそれ」
へむ2「いや、画面の明るさの話ですけど。今までは変更した後、『一旦ToggleDisplayで画面オフにした後オンにする』か、『キー押下イベントを発生させる』かせんとアカンくてちと煩わしかったのよ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「あまりに煩わしかったんでどーしたもんかと思ってたんじゃけどなー。でも、これで気分はすっきりだ。まあもっとも、ホントはSetBacklightが普通に動作してくりゃあそれで済む話、だったんだけど、ね」

* 困った事に、あどえすではバッテリー駆動時の設定をきっぱり無視してくれるのですなー。<SetBacklight>そのせいでレジストリ直いじりだった訳ですが、まあでもこれで。またもう一つ、懸案解除でございまふ。

-

* さて。

* で、今日は上で言うた通りスケジュール表関係を探す予定だったのですが。ちょい気が向いたので、自力お手軽目覚ましスクリプトを作っておく事に。

*

へむ2「やー。世間にある目覚ましはねぇ、イマイチ趣味に合わなくてさー。つか、俺的にはもっとお気軽でいいのよ? 普通の目覚まし時計みたいに、『今日、これから寝て起きる』タイミングで一回だけ鳴ってくれればそれでおけ。あ、一回っつても、スヌーズはしてね。五分に一回」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、はい。それで十分、お役には立ちますかと〜」
へむ2「で、設定が気楽ならなお良しだ。鳴る時間も0分か30分かのどっちかで十分なんじゃし」
あずさ「・・・せめて10分単位で鳴る様にしといた方がいいんじゃないの?(−− 細かい調整効かないじゃない、それじゃあ」
へむ2「いや、いい。どーせ細かく調整した所で、一発目じゃ起きれん(きぱ) それよか頭ん中で、『スヌーズ何回目ー』て数えてた方がマシ」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− いや。まあ、いいけど。そりゃ。アンタがそれでいいなら」
へむ2「うん、俺しか使わんのじゃけ俺が良ければそれでいーんです。つ事で賛同して貰えた所で、ちゃくっと作っちゃいますかねー」

* つ事で。まあそれなりにさくさくとは出来上がる訳ですが、『Mp3ファイルくらいは自由に選択出来る様にするかなー』と、導入したSelectFileの使い勝手が異様に悪くて、うーん。カーソル右で深いフォルダに潜っていけないだとか、フォルダにファイルが一個しか無い時はこれまたカーソルでファイル選択する事が出来ないだとか。何なのかしら、この仕様。

*

へむ2「タップがほぼ必須ときましたわよこの方ってば。アレかなあ、一度選んだファイルは記憶する様にして、で、基本はその記憶リストから選ぶ、にした方がいいのかしらん?」
あずさ「いや、それは好きな様にすればいいと思うけど(−− でも、今日は寝なさい。そろそろ」
へむ2「んー? て、まだ日付変わっ・・・おや」
カニ子「もう4時カニよー。気付いてなかったみたいカニけど」
へむ2「・・・やー(ぽりぽり) せいぜいいってても2時だ思ってましたわよはっはっは。じゃ、そーゆー事ならさっさと寝ましょう。この目覚ましスクリプトの試し打ちもせんといかん事ですし」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい〜。どうぞ、ごゆっくりお休みください〜」
へむ2「SelectFileが使いにくい分に関しては、また後日対策を立てましょう。一つのフォルダに集めるなり、リストファイル作ってそん中から選ぶなり。対策はいくらでもありそうな気がしますし、ねぇ」

* あいあい。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]