まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



過去形あいえぬじー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


夏の日射しにご用心。

* ぽたぽた以下略夕方帰還。途中秋葉へー、の予定だったんですが、なんかボンが体調崩したー、いう連絡が入ったので素直に直帰する事に。

*

へむ2「まあ、つーても帰り着くのは夜ですから。その時間になって出来る事ー、いうんはたかが知れてる訳ですけど」
あずさ「でもだからって、アンタが遊んで帰るのは問題でしょ(−− やっぱり」
まるち「はい〜(^^; あの、奥様も心配なさっておられるみたいですので、あの、出来れば〜」
へむ2「や、うん。だから別に俺も遊んで帰る気は無くて素直に帰る訳なのですけど、ただまあ。今日寄れなかった分の埋め合わせは、なるべく早い内にどっかでしとかんとなあ。と、そういう話でございますー」
カニ子「パソコンの電源、買わなきゃいけないから、カニ?」
へむ2「それもあるけど、それだけじゃ無くて。実は、あどえすのUSBコネクタのカバーをどっかで落として無くしてるのよ、俺。なんで、そっちも買わんにゃー、とゆー」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「あ? いつの間に、て言うかどこで無くしたのよ、一体(−−」
へむ2「さぁ。よく分からんのですが、そもそもコネクタカバーがすっげチャチくてすぐ外れるのがアカンねん、いう話でさー。ま、最悪ネット通販であさればいーんじゃろうけど、こんなもんで送料発生するのも馬鹿みたいだしなー。秋葉で済むなら、秋葉で済ましてぇ」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はい〜」
へむ2「で、後はD700一度触ってこんとなー、くらいですか。買う気もそれだけのお金も無いんですけど、でも触りたいですので」
あずさ「・・・・・・(−−」
カニ子「買う気も無いのに、触りに行くのカニ? て言うか、触ったら欲しくなるんじゃないのカニ?」
へむ2「かもしれんが、さすがに本気で買えねぇよ、30万オーバーは。逆に、買えないからこそ安心して触りに行けるってもんでな」
カニ子「そういう物カニか?」
へむ2「そーゆーもんだ。ま、とにかく。その辺全部、秋葉のヨドで済む話ですのでー。余裕が出来たら、ちゃちゃっと行ってきますべよー」

* でも今日は直帰。で、ボンですが・・・ふむ。まあ、普通に熱中症ですな、こりゃ。

*

はつね「え? で、でも、今日はあっくん、じゃぶじゃぶ池で水遊びしてたんだよ?」
かえで「・・・それ、でも、なるんですか? 熱中症、に」
へむ2「んー。その辺は何つーか、じゃぶじゃぶ池いうても浅いっしょ? 今日どこに行ったんか知らんけど、多分」
ぴーす「あ、は、はいー。あの、お坊ちゃまのお膝くらいまで、でしたー」
へむ2「だったらまあ、十分あり得るわなー、って感じー。全身浸かってるならともかく、足だけだと、やっぱり、ねぇ」
猪名川「むう。そういうもんなんか」
へむ2「そういうもんだ。特にちっちゃい子供は、ねぇ」
ぴーす「はぅぅぅぅ。そ、そうなんですかー。あの、その、す、すみませんでしたー」
へむ2「いやまあ。夏だしそーゆー事もあるよねー、って話ではあるんですけど。それに、具合悪くなってからはすぐ連れて帰って水とかもちゃんと飲ませてたんしょ?」
はつね「う、うん(^^; それは、ちゃんと。でもあっくん、その後吐いちゃったりもしたから〜」
かえで「・・・あまり、水分は摂れてない、かもしれません」
へむ2「や、でも今診た感じゃあ、大分良くはなってるよ。このまま『寝かせる→起きたら水分摂らせる』を繰り返してりゃあ、明日には良くなるさね。多分」
ぴーす「はぅぅぅぅぅぅぅ。本当に、あの、すみませんでしたー(><)」
へむ2「や、次から気を付ければそれでいーよ。しかし・・・何じゃなあ。やっぱこーゆー時の為に、点滴セットの一つくらい、家に置いておくべきなんかのう。うーむ」

* 点滴一発ぶちこんでやりゃあ、かなーり楽になりますからなあ。<こゆ脱水系の症状は>なんで、置いとくといざって時に大変便利なのですが、でも、個人でその辺購入・管理するとなるとちとメンドかったりしますのでー。さて、どーしたもんですかねぇ。

*

へむ2「・・・まあ、ちょっち購入に関しては職場で聞いてみるか。点滴ボトル以外は、なんか方法がありそな気がするしな」
あずさ「? ボトルはダメなの?」
へむ2「や、あれは多分医薬品なんで、正式に薬局通さんとアカンかと。でも駆血帯とか酒精綿とかは、通販があった・・・ハズ」
猪名川「ほぉ。あるんか、通販」
へむ2「うむ、看護婦さん向けの通販雑誌に載ってた気がするだよー。なのでとにかく、来週あたりにちまっと確認取ってみる。一式全部揃える事が可能な様なら・・・まあ。ちょっち、本気で考えてみるといたしまっしょー」

* つ事で。では、ボンの様子をチェックしながら今日もここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


3で300で700な。

* 土曜日ー。ボンの調子も、朝には回復。

*

へむ2「とは言えまあ、病み上がりですからな。今日は外へはお出かけせずに、一日家でー・・・の、つもりでいたのです、が」
猪名川「・・・『外に出せー、外に出せー』て言うとるなあ。ボン。さっきから」
ぴーす「そう・・・ですねぇ。あの、えっと。ど、どういたしましょう?」
へむ2「うーん。まあ、そんだけ元気になったんだったら出してやってもえーんでないかい、とは思う。ただまあ、何のかんの言うても病み上がりじゃけ? その辺は考慮してじゃなー」
はつね「うん(^^; 無理はダメだよね、やっぱり」
かえで「・・・朝から、お出かけして。一番熱い時間は屋内、が、いいですね」
あずさ「そうね。今ならまだ一応『曇り』だし。今の内に外遊びは済ませて、昼ご飯くらいから後は建物の中がいいわよねぇ」
へむ2「うむ。そしてついでに言うと、昨晩で脱水対策いざって時用イオン飲料をごそっと使っちゃった訳で。その分を補充しとかなきゃな、とゆーのもある」
猪名川「ふむ。つまり買い物行こやー、いう話やな?」
カニ子「じゃあ、錦糸町でいいんじゃないカニ? 素直に」
へむ2「うん、それが妥当でしょーな。錦糸町のアカチャンホンポを核にして、後はまあ色々と軽めに。そんな感じで、計画立てますべー」

* つ事で。まあ、軽めにして早めに帰ってきたら、帰ってきた瞬間から『もっぺん外に連れてけー』言われて夕方再び近所の公園までボン連れてく羽目になったりもする訳ですがー。ま、でもそれはさておいて。

*

へむ2「えー。せっかく錦糸町行ったんで、ヨド寄って触ってきましたわよD700。ちなみにあどえすのコネクタカバーの方も訊いてみたんですが、『店頭には無いんで直接WILLCOMに言うてくれ』言われてですなー。何つーか、やっぱり役に立たねぇコンチクショウ」
まるち「はわ(^^; はぁ、でも、あの〜」
あずさ「しょうがないでしょ(−− 全部のパーツ置いておける訳でも無いんだし」
へむ2「だったらもっとちゃんと、『無くならない』よにしっかりしたパーツ作りやがれやWILLCOMってなもんです。まったくもー」
猪名川「はいはい。えーから話戻し、話。脱線しとらんで」
へむ2「うむ。では話を戻してD700ですが、おにーさん的にはD3D300D700。シャッターフィール、とゆー観点からそう採点いたします。つーか、シャッターフィール以外については全然チェックしてません。今回」
はつね「あんまり時間も無かったもんね、今日は(^^;」
へむ2「うむ。けど、おにーさんがカメラに関して最も重視してるのがそのシャッターフィールですのでー。ま、結論から言うと余計な物欲が発生しなくて良かったね、ですか」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「つまり、シャッターフィールが良かったら買う気だった訳ね。実は(−−」
へむ2「いや、良くても買えない。そうなると物欲だけ昂進してもんもんもんになるからどーしよーかなー、てぇ話だった訳ですけど。でもそうならなかったんで良かったね、とゆー」
はつね「あはははは(^^; そ、そうだったんだ〜」
かえで「・・・それは、はい。良かったですね、本当に」
へむ2「うん、いや、ホンマにな。ではそーゆー感じで、無事に罠を切り抜けた所でー」

* 今日はここまで、お休みなさい。

* ぐぅ。


地下の歴史と塩の効能。

* 日曜朝のゴーオンジャーアキラメ悪いなヒラメキメデスー。

*

へむ2「そして決まり手は。この辺が何つーか、やっぱりゴーオンジャーだよねぇ」
はつね「あはははは(^^; でも、うん。納得は出来る・・・かな?」
かえで「・・・出来る、様な。出来ない、様な」
猪名川「んー。納得出来る出来ない以前に、仮にも炎『神』て名乗ときながらこの手の事態に対して役立ち度が塩以下、つー時点で『何やっとんねん炎神』て突っ込みたい気分やわな。うち的には」
あずさ「話の都合なんだから、そういう事は言わないの(−− マシンワールドの神なんだからヒューマンワールドじゃあ無力なんだな、とでも思っておきなさい」
へむ2「えー。ヒラメキメデスはそもそも、マシンワールドの住人ですけど?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、それは置いといて」
カニ子「いいのカニか。置いといて」
あずさ「無理矢理にでも置いときなさい(−− あの状態になったらマシンワールド関係無くなるとか、そういう解釈でもいいけど」
猪名川「どういう解釈したかて、炎神どもが役立たずなんは変わらん思う訳やが。ま、でもそれは置いといて、や。来週はいよいよ、映画の方が公開やなあ」
ぴーす「はいー。是非、あの、お坊ちゃまをお連れしてー」
へむ2「うん、見に行きましょーね。多分近くでもやってる思うんで、なるべく早い目に。ただ、公開直後はさすがに混んでるかもー、なんで? 行くならやっぱり、再来週かなー?」

* お盆の頃なら、多少は人も減ってる気がしますので。まあボンが最後まで見てられるか? とゆー問題もあるはあるんですけど・・・でも、まあ。その辺は行ってみなきゃ分かりませんから、ねぇ。

-

* にゅ。

* あい。では、来週以降の先の話はとりあえず置いといて。

*

へむ2「今日の話に戻すかの。えー、今日もやっぱりやんなるくらい良い天気、でしたので」
まるち「はい〜(^^; 今年は、本当に、はい。良いお天気が続きますよね」
へむ2「暑いっちゅーねん熱いっちゅーねん。なので基本屋内系、で色々考えた結果、ボン本人の意見を入れて地下鉄博物館に行ってまいりました。や、東武博物館でも良かったっちゃあ良かったんですけど」
カニ子「でも、あそこは大概目新しさが無くなってるカニー。ぶっちゃけ、使いすぎカニよー」
へむ2「うむ。それがあるので、目新しい地下鉄博物館だ。幸い、錦糸町から葛西までは直行バスが出てる事が判明したんでナー」
あずさ「バスだと文句言わないからねぇ、あの子。ただ、30分40分かかるんでちょっと、やっぱり遠いは遠いけど」
へむ2「何、遠くても文句言われないなら問題無しです。混み具合も『そこそこ』レベルで十分遊べましたしねー」
ぴーす「はいー。お坊ちゃまも喜んでおられましたし、こちらもまた、あの、その内ー」
へむ2「うん。つか、今度は近くの江戸川区プールガーデンまで含めて、丸一日コースで行ってみよーかねー、って感じー。あっこは水遊びおむつでも入れるらしいですので、ボンのプールデビューっつー事で」

* と、まあ。そんな感じで色々予定を立てつつも、えー加減疲れましたので今日はここまで、お休みなさい。

* ぐーすかぴー。


夏の暑さと雷と。

* 朝。

* うにゃゴー。眠すー。

-

* 昼。

* ぽたぽたぱたぱた。今日はちょい短めー。

-

* 夕方。

* 帰還。にしても何つーか、仕事早く終わった日は早く帰れる訳で、それはもちろん良い事、ではあるんですけど。

*

へむ2「暑い。すげぇストレートに言うと」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい〜。このお時間ですから〜」
あずさ「一番暑い時間帯だもんねぇ。でも、だからって涼しくなるまでどこかで涼んでいく、っていう訳にはいかないでしょ(−−」
カニ子「て言うか、この後ずっと暑いカニよー。日が落ちたら少しはマシになるカニけど、でもやっぱりやっぱり暑いカニー」
へむ2「ま、それも確かにそーなんだけどな。でも、直射日光の有る無しではやっぱり違うと思うおにーさんだ。まったく、なんでこんなに暑いんだかー」

* とりあえず、夏。早よ終われ

-

* 夜。

* お。とか言ってたら、雨ですな。しかも雷付きー。

*

へむ2「ふむ。こーゆー雷の時は、稲妻を撮りたくなる訳ですが・・・でも、今出るとぐしょ濡れになるなあ。多分」
はつね「うん(^^; 雨、結構強いし。やめた方がいいと思うよ?」
あずさ「て言うか(−− アンタが濡れるのは勝手だけど、窓を開けると部屋の中まで濡れるからやめなさい」
へむ2「にゅー。ま、真面目な話俺が濡れるのは別に構わねんじゃけど。でも、カメラとレンズは濡らしたく無いですし。やはり今回は、様子見カー」

* まあでも、この雨のおかげで少し涼しくなりました。ふぅ、やれやれ。

-

* さて。

*

へむ2「で、ちと雑談なのですが。どーもねぇ、やっぱりあどえすの方が、少しアレなのですよ」
かえで「・・・少し、アレ?」
カニ子「とか言われてもさっぱりカニー。何なにか、一体」
へむ2「んー。つまり、どーも調子がよろしくない、と。時々、ハングアップしてるしなあ」
ぴーす「え? あ、そうなんですか?」
へむ2「うん。後、二〜三日ほっとくと使用メモリ量が増大しまくって大変アレな事になる。まあ、一日一回リセットかけるよにすりゃいいんじゃろうけど・・・まあ、ちょっとその辺まで含めて、また一通り見直していきたいと思う」
あずさ「またぁ?(−− どんだけ時間かける気なのよ、それに」
へむ2「俺だってかけたくねぇよ。でも、今のままだと本気で少し、なぁ。ので、ちょっち色々たくらんでみたいと思うおにーさんなのさー」

* つ事で、明日からまたちまちまいじってみよーと思います。<あどえす>システムの手入れもそうなんですが、後、メーラーの方もやっぱり見直す必要があるかも、なので。今週は多分、それで潰れちゃいますかねぇ、やっぱり。

*

カニ子「・・・ふぅ。やっぱり、嘘つきカニー。嘘つきがここにいるカニよー」
へむ2「あーもーるっせぇ。しょうがねぇだろ、電話に下手にハングアップされまくると、いざって時困るんだからさー。ただハングアップするだけならともかく、こいつ、ハングするとUSB給電機能がちゃんと働かなくなるしさー」
はつね「あ(^^; そうなんだ?」
かえで「・・・それは。困ります、ね。確かに」
へむ2「朝起きて、充電容量が9%とか出てた時の絶望感ときたらもー(ぶつぶつ) と、ゆー訳で早急に色々いじる事にする。出来れば明日明後日中に終わらせたい所ではあるけれど・・・どーかなー。うーん」

* むー。ま、とりあえず今日の所は他のメーラー、いくつか落とし直しといて。でもって寝るです、お休みなさい。

* ぐぅ。


夏の休みの風物詩。

* 朝。

* れつごー。今日は何だか、やけに混んでおりますな。<羽田空港

*

へむ2「夏休みだからか。やっぱり」
あずさ「て言うか、『お盆が近いから』でしょ。みんな里帰りなのよ、きっと」
まるち「そうですね(^^; 先週は、あの、ここまで混んではおりませんでしたし〜」
カニ子「にしても、こんな朝早くからみんな元気カニねぇ。もっと惰眠を貪ろうとか、思わないカニか?」
へむ2「俺は心の底から思ってるゼ!Σd(>ω<) とゆーのはさておき、まあ、朝早くに動いた方が着いてから時間有効に使えるとか、朝イチの飛行機しか席残ってなかったとか。ああ、後、朝イチだと子供達が飛行機の中で寝てくれるから、つーんもアリか」
まるち「あ、そうですね(^^) 確かに、あの、このお時間の飛行機さんですと、朝は5時起きとか、6時起きとかになりますし〜」
へむ2「確実に寝るネ、子供らは。とゆー訳でまあ、この時間に動くのはやっぱり、動くなりの理由があるんだろーよ。多分ね」
カニ子「むー・・・そういう物カニかー」
へむ2「世のお父ちゃんお母ちゃんは大変なんじゃよー。飛行機はなー、特になー。離陸着陸時の拘束、気圧の変化、乗り物酔い。種々諸々の、トラブルの種がうまってますからなぁ」

* 正直な話、『速い』以外には何もメリットが無いと思ってるおにーさんでございます。<子連れにとっての飛行機>せめて、離陸着陸時の拘束時間がもーちょい短くなってくれりゃあ、ねぇ(^^;

-

* 昼。

* まあでも、さておき。今日もどたばた、お仕事です。

-

* 夕方。

* あどえすごちゃごちゃ。環境改善の基本コンセプトは定まったので、明日からは実際のスクリプト打ち、始めるですよー。

-

* 夜。

* でも今日はもう寝ます。お休みなさい。

* ぐぅ。


あどえす不調の適当Day。

* 昼間お仕事夕方ドタバタ。今日は一日、事も無し。

*

へむ2「問題は、あどえす回りが思った程進まなかった事くらいか。とは言え、明日も朝イチでお仕事じゃからのう」
まるち「はい〜(^^; あの、どうぞ、お早めにお休みになられてください〜」
あずさ「て言うか寝なさい(−− 今すぐに」
へむ2「にゃー。ま、寝るは寝ますけど、さて、その前に。今日の日記のタイトルをどーしましょー、とゆー」
あずさ「適当につければいいでしょ(−− いつもみたいに」
カニ子「いっそ、『カニシルの優雅な一日』とかはどうカニか!」
へむ2「黙れヒキニート。全然優雅じゃねぇだろがお前の一日は」
カニ子「引きこもってなんかないカニ! 毎週毎週、連れ出されてるカニよ!?」
あずさ「・・・ニートの方は否定しないのね。カニ子(−−」
へむ2「出来ないんだろ。稼いでないからな、自分で」
カニ子「そ、そんな事はどうでもいいカニよ! それより、タイトル、どうカニか!!」
へむ2「だから豪却下だコンコンチキ。ま、適当につけますかぁね。何も無い平穏な一日、つーんもよくある話でごぜますしー。そゆ時はいつも適当だったんスから、ねぇ」

* つ事で、てきとーに。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


イチから手直しHQ。

* ぽたぽたお仕事。とかやってたら、土曜日仕事が舞い込んできておにーさんぐんにょり

*

へむ2「・・・前の土曜日仕事の分の代休。まだ取ってないんじゃけどなあ」
まるち「そうですね(^^; あの、ここしばらくはずっと、お忙しかったですし〜」
あずさ「ま、でも仕事だし。頑張りなさい(−−」
へむ2「いや、頑張るけどさあ・・・頑張るけど、でも、やっぱ気分的に、なぁ」

* まあ、とりあえず八月いっぱいは忙しいのほぼ確定ですので。九月になってから、まとめて取りますかの。<代休>てきとーに三連休なり何なりと組み合わせて、平日旅行としゃれこんでみるとか。そんな感じでー。

-

* にゅ。

* で、あどえす。メーラーをHDMobiMailに変えて、とゆー方向で調整を続けてたのですが、何と言いますか、こう。どうにもこうにも気に入らない。ので、またメーラー差し替えて環境をイチから構築する事に。

*

まるち「は、はわわわわ?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
カニ子「どうしてそう、無駄な労力かけるカニか。て言うか、何がそんなに気に入らないのカニ?」
へむ2「色々。基本画面でプレビューが見れんとか、URLがそれなりに入ったメールを開こうとすると妙に時間食うとか。後は、自力で受信メール消すのがメンドい。そんな感じ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「特に致命的なんがメール開く時のトロさかなあって感じなんですけど。ああ、後、音やら振動やらの細かい調整が出来ない、いうんもあったなぁ」
カニ子「えー。そのくらい、どうでもいいんじゃないカニー?」
へむ2「だって夜とかにピロピロ鳴られるとうるさいじゃんよー。と、ゆー訳で今度はnPOPQを試してみる事にする。こちらはプレビュー画面がちゃんとあったり、音ファイルの代わりにスクリプト指定してやりゃ受信完了時に自動的にそれを動かしてくれたり、と、なかなか良い感じ。まあ、もちろんいい事だけじゃあ無いんですけど」
あずさ「あるのね(−− やっぱり。悪い事が」
へむ2「きっぱりございます。最大のポイントは『ソフトキーに対応してない』事で、二番目が『未読数を外から読み取る手段が無い』事。いや、もしかしたらちゃんとあるのかもしれませんけど、少なくとも俺はまだ見つけてございません」
まるち「はぁ(^^:::」
あずさ「はいはい(−− ま、好きにしなさい。時間が無くなって無くのも、どうせアンタなんだしね」
へむ2「うーん、泣きたくは無ぇなあ。まあでもとにかく、色々いじってみるさー。うまくいけばそれで良し、うまくいかなり様なら・・・まあ、まあ。そん時は、そん時だぁねぇ」

* で、ごちゃごちゃ。一段落した所で、さすがに今日はもう、寝るですよー。

*

へむ2「結局未読数の問題は何も解決しとらんのじゃけどね。でも、もうこの時間だしー」
まるち「はい〜(^^; あの、どうぞ、お休みになられてください〜」
へむ2「うい。起きたらまた、続きしますべぇ。なーんかありそなもんなんじゃけど、さ、あ、てー」

* まあとにかく。お休みなさい、ぐぅ。


帯に短しQHQ。

* お仕事ぱた。で、もって。

*

へむ2「あ〜〜・・・やっぱり何をどーしても、nPOPQでは未読数が取り出せん。加えて、『外から強制的に巡回』させた場合には必ずアクティブになって、大変ウザい」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「本体の機能で自動巡回させる分には、バックグラウンドで動いてくれるから問題ないんだけどな。と、その辺を考え合わせると・・・やっぱ、HDMobiMailに戻すべきなんかなあ。うーん」
あずさ「・・・どこまでも回り道、って言うか(−− ぐるぐるぐるぐる、同じ所回ってるわねぇ」
カニ子「ホントカニー。一週間かかって、何も解決してないカニよー」
へむ2「だってさー。どれもこれも、帯に短したすきに長しって感じでさー。もー最悪、QMAIL3に戻るべきかしらん、とか思っちゃってますよおにーさんわ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「別に難しい事要求してる訳じゃ無いのに(ぶつぶつ) 別に有料でも構わんからさぁ、なーんか都合のいいメーラー、無いもんかねぇ」

* 愚痴愚痴。と、延々いらってたら、メモリが足んねぇよとかゆーて色んなもんが起動しなくなる罠。おいおいおーい。

*

へむ2「・・・あー。状況から察するに、これはつまりnPOPQHDMobiMailのどっちかが悪さをしている、とゆー事やね。今朝方も同じ状況になってたし」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、リセットなさってから、たった半日で、というのは〜」
あずさ「無かったもんねぇ、今まで。で、どうすんの(−− いきなり片方、選択肢が無くなったみたいだけど」
へむ2「うん、確かにこれはもうダメだ。ダメだけど、『実際にどっちが悪いのか』が分かんないので、とりあえずまずHDMobiMailだけ使って一日過ごしてみる。で、リセットかけて今度はnPOPQだけで一日、と」
カニ子「途中でおかしくなった方が犯人カニね」
へむ2「つ事ですな。ただ・・・相乗効果、とゆー可能性も無いでは無いので。つかもー、やっぱアレなのかなー。本気でQMAIL3に戻すべきなのかなー。あれ、エラーダイアログが異常にウザい事以外は、あんまし欠点が無いからなー」

* ただ、それが尋常じゃ無いんですよねぇ。<エラーダイアログのウザさ>それを考えると、正直戻りたくは無いんですが・・・うーん。いっそ、標準のメーラー使う事も視野に入れとくべきなのかなあ。うみゅみゅみゅみゅー。

*

へむ2「・・・・・・(−− まあ。適当な所で悩むのやめて、寝なさいよ。私たち、もう寝るからね?」
カニ子「その前に一つ、ぐるぐるカニー。ライアーで、『漆黒のシャルノス』が告知されたカニよー。スチームパンク三部作の、三作目カニ!」
あずさ「ああ、そうみたいね。あまりシリーズ物やらないライアーにしては珍しいって言うか、まあ、ライターさんの趣味なんでしょうけど」
カニ子「発売は11月予定カニ! さあ、それまでに積んでるゲームを全部クリアするカニー!!」
へむ2「あ? ああ、はいはい。とりあえず本気でライアー作品スタックし過ぎてるんで、優先でやっていくけどな。いくけど、でも今は目の前の問題だ。さて、本気でどーしたものか」
まるち「はぁ(^^; でも、あの、もう遅いですので〜。あの、今日は、そろそろ〜」
へむ2「んー。うん、まあ、寝るけど。でも、もうちょっとだけ。ね?」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・だから(−− 適当な所でやめときなさいよ。ホントに」

* でも、もそっとだけごちゃごちゃ。なんのかんので細かい修正をしつつ、今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


Q完成まで後一歩。

* 土曜日お仕事ふにゃふにゃぺー。夕方帰還で、秋葉原。

*

へむ2「で、一応WILLCOM屋に寄ったんだけどな。あどえすのUSBコネクタカバーは、やっぱり置いてないんだと」
ぴーす「お帰りなさいませー。それは、あの、残念でしたね」
はつね「お帰りなさい(^^; 今週も、なんだか大変だったみたいだね」
かえで「・・・お仕事の方も、ですけれど。アドエスの、方も」
へむ2「やー。仕事の方は拘束日数が長かっただけでそーでもなかったんじゃけどさー。あ、ちなみにメモリ食いの犯人も判明したですよ?」
あずさ「昼にはもうおかしくなってたわよね。ホントに半日でアウト、って感じ」
へむ2「うん。て事でHDMobiMailは捨て捨て。まあ実際には『ttmailtmailHDMobiMail』ってぇ流れで動かしてるから? ほんとーにHDMobiMailが悪いのか、それともその前段階で悪いのか、についてはちと不明なんじゃけどさー」
ぴーす「はぁ。ですけど、あの、ttmailtmailに関しましては、他のメーラーの時でもお使いになっておられたのでは?」
へむ2「他の時は『ttmailHDMobiMailtmailのテスト機能使用』、になってるんだよ。だから、ttmailはさておきtmailについてはまだ100%疑い晴らす訳にはいかないネ、ってそんな感じー。ちなみにHDMobiMailは本体を終了させても、その後どんどんメモリ使用量が増え続けるので。いっぺん立ち上げたら、本気でアウトー」
はつね「そ、そうなんだ〜(^^; でも、本体終了させてるのに、なんで?」
へむ2「さて。感覚的には、ttmail以降の呼び出し経路の途中どっかで、何かが無限ループに陥ってるんじゃね? てぇ感じではあるのですが・・・まあ、何にしても。使えん以上はさくっと削除。原因追及してられっほど暇じゃあねぇからなあ」
カニ子「一週間無駄にしといて言うセリフでもないと思うカニー。て言うか、アドエスで一ヶ月以上無駄にしてるカニー」
へむ2「違う。それは『無駄にしてる』から『暇が無くなった』んだ。発想が逆ってるぞ、カニ子」
はつね「あはは(^^; えっと、でも、じゃあ、結局nPOPQ・・・だったっけ? を、使う事にしたんだ?」
へむ2「うん。とりあえず未読数が分からない、に関してはちょっとだけフォローの方法が見つかったので。それでいいかなー、と」
ぴーす「え? あ、見つかったんですか?」
へむ2「見つかった。『タスクトレイに未読数を表示する』いう設定があってねー。でも、何故か全然表示してくれなくてねー。うーん、て、状況だったんじゃけど」
かえで「・・・表示、してくれる様に、なったんですね?」
へむ2「やー。それがね、そうも言い切れなくて、って言うかちょい微妙な話で。これ、『新着メールが来た時にnPOPQがアクティブじゃなかったら未読を表示する』あーんど、『一度nPOPQを開いたら問答無用で未読表示が消える、とゆー、そーゆー仕様でねー」
まるち「はい〜(^^; ですので、あの、最初はよろしいんですけど〜」
へむ2「一度開いて、その時見なかったらダメだっつーか。後、アクティブ時に手動でゲットしてもやっぱり表示してくれないっつーか」
はつね「そ、そうなんだ?(^^; それは、ちょっと、困るね」
へむ2「うん。まあ、スクリプト組んで、外から巡回の直後に最小化するよにしたから? 一応、使えるは使える・・・んじゃけ・・・ど・・・」
かえで「・・・・・・?」
へむ2「ど。む、いや、今ちょっと閃いた。SendCommand使えばもっとスマートに出来るやもしれん」
カニ子「せんどこまんど? カニ?」
ぴーす「はぁ。高度なコマンドを送る・・・ですか」
へむ2「うむ。えーとなんだ、ソースソース。どっかにソース。む、とりあえず元になってるnPOPのソース、発見。で、巡回のコマンドナンバーはいくらだ。一体」
まるち「は、はわわわわわわ?(^^;」
へむ2「ああ、うん。resrc1.hの中に書いてあるな。『ID_MENUITEM_RECV』40001で、『ID_MENUITEM_ALLCHECK』40050。うむ」
はつね「え、え、え(^^; えっと、な、何? それ」
へむ2「だからコマンドIDだってばさ。これを直接SendCommandnPOPQに叩き込んでやれば・・・(ちゃかちゃか) お。やったー、最小化のまま巡回が出来たー☆」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ。よ、よく分かりませんけど、おめでとうございます〜」
かえで「・・・ぱち、ぱち、ぱち」
へむ2「や、ありがとうありがとう。これで『アクティブになってウザい』問題も解決ー。後はホント、未読の問題だけなんじゃけど、なぁ」
あずさ「もういいんじゃないの(−− 最小化のまま巡回出来るなら、何か届いた時には分かる、って事でしょ? だったら後は、とにかく開いた時には見る、で」
へむ2「や、それはそうなんじゃけど。でも、このままだと『未読があるよ』表示に使ってるLEDを自動で消す方法が無くってなー。だから何らかの方法で、未読0をゲットして消すよにしたいんじゃけど・・・うーん」
はつね「そうなんだ(^^; 消えないのは、うん、困るよね」
へむ2「まあ、手動でなら消せるんで、とりあえず手動で、なんですけどねー。ちょっと、こー。もう後一歩なんですから、なんとかしたい所ではありますナー」

* つ事で色々ふにふに。でもうまくいかないまま、遅くなっちゃったので今日はここまでお休みなさい。

* ・・・もうちょっとなんじゃけどなあ。おにょれ。


姫と遊具とLAN環境。

* 日曜朝のゴーオンジャー。相変わらず黒はおいしいなっておまいは身内にもバレとんかーい。>青

*

あずさ「・・・て言うか。世間全体にバレてるんじゃないの? 正体(−−」
カニ子「そうカニねー。もう100%知れ渡りじゃないカニ?」
はつね「あはははは(^^; 隠す努力ってしてないもんね。本当に、全然」
かえで「・・・まあ。ガイアークの皆さんには、もう、とっくの昔にバレてる訳、ですし」
へむ2「そりゃそーだけどよう。つか、それなのに身内さらって人質にー、とか考えんあたり、ガイアークの三大臣は人がいいのか単に間抜けなのかって貴方ナンデスカー、ケガレシアさまー」
まるち「は、はわ(^^; はぁ、あの、確かに今、『ケガレシア姫』とおっしゃっておられましたね」
あずさ「・・・て。なんで、姫が大臣なんかやってんのよ」
へむ2「てゆーか王制だったんかい蛮機族って。俺、三大臣より偉い奴が出て来たのなんぞ、ついぞ見た事無いんじゃけど」
ぴーす「はぁ。でも、あの、『王子』様もおられるみたいですからー。あの、やはり、王様もおられるのではないでしょうか?」
かえで「・・・いる、んでしょうね。これから、出てくる、のかも」
へむ2「えー。既に半分過ぎてるこの状況から、さらに出て来ますかね? うーん」

* とか悩みつつ。まあでもそれはさておいて、来週はベアールVの恋愛話だとか。ぬう、まさかそーゆー方向に話が行くとはー(笑)

-

* にゅ。

* で。昼間はお出かけ公園へ。幸い今日は曇りで涼しかったので、上千葉砂原公園に行って、大型遊具に再ちゃれーんじ。でございます。

*

へむ2「前来た時は、暑くて熱くてとてもじゃねぇけど遊具に触れんかったからなあ」
まるち「はい〜(^^) ですけれど、今日は幸い曇っておりますので〜」
はつね「そうだね(^^; ただ、ちょっと、この遊具は、あっくんにはまだすこーしだけ、早いかなー。やっぱり」
かえで「・・・足が。隙間から、すっぽり落ちますね」
ぴーす「そうですねぇ。場所によっては、身体全体が落ちかねませんし・・・やはり、ちょっと、はい」
カニ子「て言うか、どう見ても小学生以上対象カニよ。これ」
へむ2「そじゃねー。とは言うてもきっちり一周してっからなあ、ボン。もちろん『俺フォロー付きで』ではあんじゃけど・・・でも、それなりには楽しめてるんじゃね? とゆー」
あずさ「まあ、混んでさえ無きゃ、ね。そうしてアンタが入ってフォロー出来るから大丈夫だし、楽しめるんでしょうけど。でも、やっぱり基本的にはすべり台だけにしといた方がいいと思うわよ。この遊具」
へむ2「うーん。とは言え、その辺はボン本人の気分次第、ではあるからなあ・・・ま、ま。適当に大怪我だけはせんよに、注意深くフォローしときましょーね、とゆー事で」

* でもって後はポニーに乗ったり交通公園で豆自動車や三輪車や自転車に乗ったり。もちろん水遊びなんかもしたりして、昼過ぎに離脱。やっぱ遊べるもんが多くって、便利な公園でこざいますやなあ。ここ。

*

へむ2「なので遊具がちょい危険だから行かない、とゆー選択肢は無いと思うんだ。やっぱり」
はつね「あはは(^^; そうだね。確かに便利な公園だよねー、ここ」
かえで「・・・特に。ポニーに乗せて貰えるのは、近くではここだけ、ですよね?」
へむ2「うん、俺の知る限りはねー。や、東武動物公園とかでも乗馬はあるんじゃけど、そゆ所は大概年齢制限付きなんで」
まるち「はい〜(^^; あの、二歳のお子様でも普通に乗せてくださるのは、近くでは、はい。本当に、こちらくらいですかと〜」
へむ2「この溢れるアバウト感が大変下町空気で大好きだー。て事で涼しい日を見計らって、またちょこちょこ来ようと思います。まる」

* で、もって夕方は例によってボンの世話で追われーの、夜は夜でなんだかんだドタバタと。

*

へむ2「・・・と? そーいやさー」
ぴーす「はい? あ、はい、何でしょうか?」
あずさ「口動かさずに手を動かしなさい(−− 旅行の準備、まだ済んでないんだから」
はつね「明後日からだもんね(^^; 明日はお兄ちゃん、お仕事だからまた忙しいし〜」
へむ2「うん、今日中に済ましとかんとねー、なんじゃけど。でも作業しながらでいいから聞きなさいよ、ちょっと」
あずさ「はいはい(−− アンタも作業しながら話なさい。で、何?」
へむ2「うん。あどえす関連でぐつぐつ煮えてたから気付かんかったんじゃけどさー。なんかさ、猪名川居ない事ね? 昨日から」
かえで「・・・あ」
はつね「あ(^^; ゴメン、お兄ちゃん。言い忘れてた〜。あのね、由宇お姉ちゃんね、お友達の所にしばらく泊まり込むって」
かえで「・・・アシスタントを頼まれた、んだそうです」
へむ2「ほぉん? いや、別に普通に理由があるんならそれでええんじゃけどさ。てゆーかまあ、この時期なんである意味当然ではあるんんじゃけどさ」
はつね「あはは(^^; ゴメンね、お兄ちゃん」
へむ2「いえいえ。ホントにふっと、気になっただけでございますのでーっと。うし、じゃあ準備はこれで終了。なんか忘れ物無いかどうか、各自明日の晩までじっくり考えておく事ー」
はつね「はーい(^^; 頑張りまーす」
あずさ「無いと思うけどね。しょせん二泊三日だから、大した量じゃ無いし」
へむ2「そう言うてても抜けるのが旅行の準備ってもんじゃよー。ので、油断は大敵。ちゃんと一晩、しっかり考えておく事ー」

* つ事で、今日はここまでです。最後に、ちょっとだけ余談ー。

*

へむ2「えー。昨日の引き続きであどえすnPOPQ話なのですが。一応世間様へのフィードバックとして『ID_MENUITEM_LAN』40143、とゆー情報も投げておきたいと思います」
まるち「は、はわわ?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− 日本語で。しゃべりなさい」
へむ2「いや、十分日本語だっつーの。つまり、このコマンドを発行すれば普段ダイヤルアップ接続なnPOPQを一時的にLAN接続優先モードに変える事が出来て、その状況で新着チェックしてやれば無駄なダイヤルアップが無くなるね、とゆー話。で、最後にもっぺんコマンド再発行でいつも通り。いぇい」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「ま、もっとも? WILLCOMメール自体はダイヤルアップでないと接続出来ないよになってますんで、あくまでもWILLCOMメールをトリガーにして、他のサーバのメールを自動受信する』つーやり方してる人にしか意味の無い話なんですけどね、これ。はたして世の中に、そういうやり方してる人がどれだけいます事やら」
はつね「あはは(^^; あんまりいなさそうなんだ?」
へむ2「んー。やっぱね、普通はWILLCOMメールオンリーか、普通のメールオンリーか。あるいは併用してても、WILLCOMメールと普通のメールの管理はまったく別物、か。そのどれかかだと思うのよ、やっぱりね」
ぴーす「それは・・・そう、ですねぇ。そういう方の方が、多そうに思いますー」
へむ2「うむ。つー訳でどれだけ需要のある情報かは分からんのじゃけど、でもこの手の情報はWebでダダ流ししとくのが礼儀とゆー物じゃろう、やはり。おにーちゃんも、Web情報を色々ぐぐってその結果、今のあどえす環境を構築出来た訳なんじゃから」
まるち「そうですね(^^; あの、もしかしたら、どなたかのお役に立つ事になるかもしれませんし〜」
へむ2「立たん可能性の方が遙かに高いけどナー。ま、でもダダ流しはダダ流し。後はぐーぐる先生におまかせさー」

* あい。では、ホントに寝ますお休みなさい。

* ぐぅ。


メール運用トラブル仕様。

* 朝。

* お出かけご・・・む?

*

はつね「おはよう、お兄ちゃん。どうかしたの?」
へむ2「むー。いや、nPOPQなんですが、新規メールを受信してない様な」
あずさ「あ?(−− 何、またトラブル?」
へむ2「いや、トラブルっつーか何つーか(ちゃかちゃか) ああ、うん、そうだ。サーバの方で古いファイルを自動的に削除するよにしとるんじゃけど。そのせいでメール番号がズレて、新規分が受信出来なくなっとるんじゃなー」
ぴーす「はぁ。え、と・・・」
へむ2「うん、サーバはリストコマンドに対して『100通しか無いよー』て返す。nPOPQは『手元にもう100通あるから、じゃあいいや』いうて動作をやめる。結果受信出来ない。いじょ」
まるち「はぁ(^^; な、なるほど〜」
へむ2「ふむ。nPOPなシリーズは複数PCで同期取って使うのに向いてる、て聞いてたから、てっきりMessage-IDあたりを利用して自動的にその辺認識してくれるんだ、とばっかり思ってたんじゃけど。違ったんじゃなあ」
あずさ「・・・・・・(−− つまり。トラブルじゃ無くて、仕様?」
へむ2「つー事ですな。なるほど、だから『メールをファイルに保存しない』『起動のたびにイチから全部取ってくる』いう設定がある訳だ。複数PCで完全同期が取りたけりゃ、素直にそういう手を使え、と」

* とは言え、それをやると一旦読んだメールが毎回『未読メール』になっちゃって結構ウザかったりもしますのでー。さて、どーしたもんですか、ね。

-

* 昼。

* ぽ仕事。これが済んだら、明日から夏休みー☆

-

* 夕方。

* 色々お試し帰り道。まあ、どーせあどえす、毎日夜中に再起動かけてるんですしねぇ、てぇ事で。

*

へむ2「とりあえず。メールを保存しないよにして、で、再起動と同時に改めてメールを取ってくる。もちろんそれに合わせてサーバの方でも古いメールの削除を行う。と、そんな感じでいくのがえーんでないかね、と」
あずさ「はいはい。ま、好きにしなさい(−−」
カニ子「にしても、ほんっっっっっとーに面倒な機械カニねー。そこまでやんなきゃまともに使えないなんて、変じゃないカニ?」
へむ2「うーん。まあ、その辺はなぁ。俺が多少標準から離れた使い方してるから、いうんもあるんで何とも。でもってだ、基本的にメーラーは常駐させっぱにしてっから、俺が普通に使う分にはこれで基本問題無いハズ。ただ、一個だけ問題点を挙げるなら」
あずさ「・・・・・・(−− あるんじゃない。問題」
へむ2「いや、そーなんですけど。で、何が問題かっつーと、つまりこれだと毎日毎日全部のメールが『未読』状態になる事。さすがにそれだとホントの新着が分からなくなるんで、なんとかしたいと思うんだ」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。そうですね」
へむ2「まあ、フィルター機能がありますから? それを通して、古いメールは開封済み、にするのがいいんでしょうけど・・・ふむー。さて、どーしたもんかいな、っと」

* とりあえず『Date』を使って、前日以前のを全部開封、とかいうのも考えたんですが。でも、これだと何故かうまくいかず。正確には、同じ日付でもひっかかるメールと引っかからないメールがあったりして、ふむー?

-

* 夜。

*

へむ2「と、ゆー訳でやね。最終的な結論としては、鯖の方で古いメール削除する時に、残ったメールのヘッダ情報書き換えて対応するべや、とゆー事に」
はつね「そうなんだ〜(^^; でも、それだとまた色々スクリプトとか、書かなきゃいけないんでしょ? 大変だね」
へむ2「やー。別にそんなに大変でも無くて、ぶっちゃけスクリプト自体は30分もあれば書ける。読んで正規表現で必要な所ひっかけて、でもって書き戻すだけじゃからなあ」
かえで「・・・そう、なんですか。それは、不幸中の幸い、と言うか。良かったですね」
へむ2「うん。ただまあ、そーやってサーバの方で対応せんといかん、つー時点でやはしあどえす側、基本的に『かゆい所に手が届いてない』んだよなあ。ここしばらくはメーラー話ばっかりじゃけど、それ以外の分野でも結構そう。もう少しこう・・・なんとかならんもんですかねぇ。うーん」

* ぶつぶつ。ま、でもとりあえずスクリプトは書き上げて、テストも済ませて。後はしばらく実地で運用して、なんかトラブル出ないか見るだけですよ、っと。これがねー、うまく行けば、手動でメール削除する必要がほとんど無くなって、すげぇ便利になるんですけど。

*

へむ2「ま、でもなんかもっぺんくらいトラブル起こりそうな気もせんではなし。なんとなく」
まるち「は、はわ(^^;」
はつね「あはははは(^^; 信じてあげようよ、お兄ちゃん。今度こそうまくいくって」
へむ2「と、言われましてもねぇ。いや、確かに、問題になりそうな所は全部ツブしたハズなんじゃけどさー」
かえで「・・・ハズ、でも、信用出来ない、ですか?」
へむ2「出来ない。今までもツブしたつもりで、妙な所から問題噴出ー、を繰り返してきたからなあ。ので、ここは慎重な態度で事にあたりたいと思う」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、何にしてもホント、これでしばらく様子見さー。もう一個だけスクリプト書く予定ではあるんじゃけど、それは旅行が済んで運用テストも済んで、それからでないと落ち着いて出来ないかんねー」

* つ事で。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


2008年夏旅行。

* 今日からお兄ちゃん、夏休みー。つー訳で、二泊三日で那須高原あたりに旅行に行ってくるザンス。

*

へむ2「と、ゆー日記を朝の内にUpしておくつもりだったのですが、ドタバタしてて出来なかったとゆー」
はつね「あはは(^^; でもほら、朝は忙しかったから〜」
かえで「・・・朝ラッシュの時間よりも、前に出なければいけませんでしたし」
へむ2「うん、今日が平日だっつーのをすかんと忘れておりましたからな、計画立てた時は。もーちょい余裕があるハズだったのですよー」
あずさ「忘れたアンタが悪いのよ、それは(−− まあ、日記は夜にでも、落ち着いてからUpしなさいな」
へむ2「ネットに接続出来ればナー。最悪、『どれも繋がらない』可能性があるので」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。可能性はございますけど〜」
カニ子「どれかは繋がるんじゃないカニ? さすがに」
へむ2「どーかな。とりあえず現時点でPHSは爽やかに繋がらん。行動範囲全てのエリアでザ・圏外」
はつね「え? あ、そ、そうなんだ?(^^;」
へむ2「うむ。ちなみにPHSっつーかあどえす関連でもう一つ言っとくと、やっぱりトラブっとる。奴」
はつね「え(^^;」
まるち「は、はわわわわ?(^^;」
あずさ「・・・また?(−−」
カニ子「て言うか。何度目カニか、一体」
かえで「・・・でも。実は、昨日の予測、通り?」
へむ2「そーね、普通に当たった事になりますねー(投げやり) ちなみにどーゆー状況かとゆーと、『新着メールを取りに行く→カウント番号的には、確かに新着の分までカウントしてる(てゆっかヘッダまでは確実に落としてる)→でも、何故かメール本体を落としてこない』とゆー」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
ぴーす「・・・え、と。でも、あの、一体、何故、その様な事に?」
へむ2「さぁ。いっとう怪しいのは俺がメールヘッダの書き換えでなんかミスってる、なんじゃけど。実際、nPOPQが残してる『LastMessageId』いう項目がですな、なんかすっげぇ中途半端な所で止まってて、やな感じー」
ぴーす「はぁ。中途半端、ですかー」
へむ2「うん。書き換えたメールの最初とか、最後とか。そういうキリのいい所で止まっててくれりゃあまだ分かるんじゃけど、実際は全然そんな事が無いとゆー。まあ、いつも同じ所で止まるんで、そのメールかその次のメール削除すれば何か分かるんかもしれんけどさー」
はつね「あ、あはは(^^; よく分かんないけど、本当に『妙な所』から問題が出てくるんだね。その機械」
へむ2「俺の使い方の問題もございますがねー(さらに投げやり) ま、とにかくですな。ネットに繋がる環境になったら、ちょっち色々いらってみますべよ、また。繋がったらねー」

* で、一日ぽたぽた観光を。今日はトリックアートの迷宮だとかSLランドだとか、クラシックカー博物館だとかをぐるっと回ってみましたですよ。徒歩で(ぉ

*

あずさ「・・・・・・(−− あのさぁ。やっぱり、レンタカーかなんか借りるべきじゃないの? 免許、持ってはいるんでしょ?」
へむ2「持ってるけどおにーさんはペーパードライバーなので、以下略。つか、地図で見ると近そうに見えたんだけどなぁ」
はつね「そうだね(^^; でも、実際には今日で、4kmとか歩いてる訳だし〜」
かえで「・・・それも。荷物を全部持ったまま、ですから」
へむ2「先に旅館に荷物だけ置かしてもらうつもりだったんだけどな、ホントは。それが出来なかったのが見誤りその二って感じー。ただねぇ、最後はいい事があった。それだけははっきり行っておく」
まるち「あ、はい〜(^^) あの、最後にタクシーさんをお呼びしようといたしましたら〜」
ぴーす「クラシックカー博物館の方が、はい。『すぐ近くだから』とおっしゃってくださってー」
へむ2「自分の車で送ってってくださいましたー。いやもうホント、おにーちゃん旅行の度に『ご当地の気の良いおっちゃんおばちゃん』の世話になってる気がいたします。拝んじゃおうかしら、もう」
はつね「あはは(^^) うん、本当に助かったよね、あれは」
へむ2「ありがたやありがたや。と、まあ、そんな感じで。へばりながらも、おにーちゃんは良い旅行を満喫中でございます。まる」

* あ、ちなみにネット接続の方ですが、G-Call(中身はイーモバ)が繋がってくれたのでまあそれで。ちょっと速度が出なくて面倒なんですが、一応やりたい事くらいはこれで出来るかな、と。

*

あずさ「はいはい(−− で、どうだったのよ、メールの方は」
へむ2「うん。さっき言うたMessageIDのほれほれは、削除してみたらその一個前で止まるよーになりました。つまりある一定の範囲、具体的に言うと『テスト済ませて実運用に入った』時点で書き換えられたファイルが全滅なんだと思われます。最後のこまい修正でエンバグでもしましたかね、俺」
ぴーす「はぁ。ですけれど・・・何か、その様な事、なされてましたでしょうか?」
へむ2「分かんない。分かんないけどでもまあ、とりあえず全面的に書き換え方式変更してみた。これで明日再チェックしてみて、それで動く様になってれば良し。なってなければ・・・まあ、さすがに面倒だから続きは家帰ってから。と、そんな感じじゃねー」
はつね「直ってるといいね、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「そだねー。ま、何にしても続きはまた後日。んっとにねぇ、どこまでつっかかるんだか、この子は」

* あい。そいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


少し離れたハイランド。

* 旅行二日目。今日は那須ハイランドパークに行ってきますた。うちらが泊まったホテルからはちょい離れた場所にあるんで、最初は普通にバスでも使って行くかね、な予定だったのですが。

*

へむ2「でも昨日で疲れたしー。バス亭まで歩くのも面倒だしー、と、ゆー訳でさらっとタクシー移動に変更ー。ただま、行きはそれで済んだんですけど」
あずさ「・・・帰り、どうしようかしらねぇ。タクシー乗り場は、一応あるんだけど」
はつね「でも、『みんなが帰る時間』以外はタクシー止まってない、って言ってたよね(^^; 受付の人が」
カニ子「商売っ気無いカニよねー。観光地として、どーなんカニか、それ」
へむ2「うん、まあ気持ちは分からんでもないが、でもその背景には『それで困らんくらい、ほとんどみんな自家用車で来てる』いうんがあるんだろうしなあ。しょーがないはしょーがない、んじゃろう。多分」
まるち「そうですね(^^) あの、駐車場もとてもお広いですし、あの、それだけ皆さん、お車で来られている、という事ですかと〜」
へむ2「うむ。なんでまあしょーがないんでバスで帰るかね、ってぇ気分。なんじゃけど、でもこれがまた14時の次は17時、つーワイルドな時刻表なのよなあ。困った事に」
まるち「はい〜(^^;;;」
へむ2「間にもう一本くらい欲しい所であるの事よ。16時くらいにあれば、悩まずに済んだのに」
ぴーす「そうですねぇ。でも、あの、ええと。やはり、14時のバスでお帰りになられるのがよろしいのではないかとー」
かえで「・・・17時のバスだと、夕食の時間に、間に合いませんし」
へむ2「・・・そうなんよなあ。ま、しゃーないか。素直に14時ので、帰るべよ。幸い朝は早めに出ましたから、14時帰還でもボンの遊んでる時間自体は、結構十分ですしねー」

* て事でとっとと帰還して、後はホテルの中のキッズルームで遊ばせ遊ばせ。実際問題として俺の体調もそんなに良くは無いですので。無理はしなくて、まあ、正解。って感じでございまふ。

*

へむ2「さて。でまあ後は普通にご飯で普通にお風呂で普通に夜、っと。やる事やったんで、俺らもとっとと寝ますかねー」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ、ご主人様〜」
かえで「・・・明日は。一日曇りで、少し涼しいみたい、ですね」
へむ2「そか、そりゃー良かった。昼の暑さで体調崩す、つーパターンでしたからな、ここしばらくは」
あずさ「いや、アンタの場合はメインが寝不足(−− いいからさっさと寝て、しっかり身体治しなさい」
へむ2「へーい。ま、何にしても旅行は後一日。明日も悔いの無い様しっかり遊ぶっつーか、ボンをしっかり遊ばせるですよー」

* つ事で。ほいじゃ明日の体力チャージの為、今日は早くに寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


那須高原でも不憫な子。

* 旅行最終日。今日はりんどう湖ファミリー牧場に行ってボートで遊んだり、動物さん達と触れあったり。後、ちょーどゴーオンジャーショーもやってたんで、見てきましたですよー。

*

へむ2「まあ、出来自体は60点か70点か、そんな所だった訳ですが。それはさておき、やっぱり黒は不憫な子。おにーさん、涙がほろりと」
はつね「あはははは(^^; 他の四人に比べて全然短かったよねー、見せ場」
かえで「・・・そもそも。あれが、本当に見せ場だったのか、どうか」
カニ子「て言うか、あそこはスコップバンキの見せ場だったカニよー。どう考えても」
あずさ「そうねぇ。スコップバンキの新必殺技・・・って、そんな大したもんでも無かったけど(−− の、試し打ちに使われただけだもんねぇ。黒の人」
へむ2「もう、ねぇ。いやまあ、そういう役どころっちゃあ役どころなんで、しょうがないんじゃろうけどさー。でももーちょいだけ何とかしてやれんもんかのう。黒」

* で、夕方に新幹線乗って帰宅、と。でまあぶっちゃけった話、ボン連れて泊まり旅行に出かけると、普段の倍は疲れる訳で(ぉ

*

はつね「あはは(^^; 荷物も多いし、しょうがないよね」
ぴーす「はいー。それに、お坊ちゃまも、まだ、『大人しく』は出来ませんからー。やはり、あの、色々とー」
へむ2「とりあえず、外に出ると『抱っこー抱っこー』で、全然自分で歩こうとしない。つーんから早よ卒業してくれりゃあ、それだけで大分違うんですけどねぇ。ま、でもとにかく寝るべ。つーかばたんきゅーするべ。今日もとっとと」
まるち「あ、は、はい〜(^^; あの、はい。どうぞ、ごゆっくりお休みになられてください〜」
へむ2「うーだー。明日明後日は、きっと筋肉痛じゃよー」

* にゃふ。つ事でぼちぼち、さん、にぃ、いち、ぜろ。

* ばたきゅー。


朝から晩までハイテンション。

* おにーちゃん夏休み継続中。しかし何やね、昨日まで旅行やったいうんに、君は朝から元気やなー。>ボン

*

へむ2「何故に。朝の6時台から起きだしてるのかね、この子は」
はつね「あはは(^^; まあ、あっくんは夜寝たもの早かったし〜」
ぴーす「早かった・・・様な、いつも通りだった、様な。あのお時間でしたら、後30分くらいは寝てられても不思議は無い、と思うんですけど」
あずさ「まあ、まだ旅行の興奮が残ってたんでしょ、きっと(−− 何にしても、朝からお世話、お疲れさん」
へむ2「ふふふ。その言葉はありがたくいただいておきますが、でも本番はむしろこれからですぜー? 『お外ー、お外ー』て言うてるのをだましだましこの時間まで引っ張ってきた訳ですが、さすがにぼちぼち限界風味ですので」
かえで「・・・しかも。『こーえん、こーえん』ですね。あー君」
カニ子「この暑いのに公園カニかー。今日は35℃とか言ってるカニよ? 天気予報」
へむ2「心の底から絶望的だー。が、まあ、しょーがないんでとりあえずチャリで連れ出す。なるべく日陰走るよーにして、木陰の多い公園行って。で、まあ、何とか・・・なると、いいなあ」

* つ事で。あちあちの中、頑張ってお出かけした訳ですがー。ボンってば、家出て10分後には寝てたりする訳で(ぉ いやま、朝早かったし、自転車で走ってる分には風吹いてきてで気持ちいいしー、いうんは分かるんじゃけどさー(苦笑)

*

へむ2「て事で、とりあえず浅草まで走ってきたよ。隅田川沿いには、首都高の影で涼しい&平坦な道があるので」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お、お疲れ様でした〜」
はつね「浅草まで行ったんだ(^^; 大変だったね、お兄ちゃん」
へむ2「いやまあ。ぶっちゃけ移動自体はそんなに大変じゃあ無かったんですけど、とにかく水分足りんでぐにょーん、ですわー。で、浅草から戻ってきて南千住で水分補給&LaLaテラス利用してクーラー効いた中でうろちょろ、と。一番暑い時間はそれで切り抜ける事が出来たんで、まあ、結果オーライだったかな」
あずさ「で、その後公園? 行ったのよね、水遊びの洗濯物、出てたし」
へむ2「うん。ボンがやっぱり公園に行きてぇ、と主張するので同じく南千住の天王公園寄って帰ってきましたですわよ。で、これがまた、『もう遅いから帰るよー』言うても『ボクまだ遊ぶー』なんよなあ」
はつね「そうなんだ〜(^^; あっくん、本当に元気だねー」
へむ2「ホンマにどこから出てくるんでしょーね、あんだけのエネルギー。昼寝の時間以外は、遊びっぱなんだもんなあ」

* ちなみに夜は夜で、やっぱり家の中にあるミニすべり台で遊び倒しの、さらに寝ぼけて起きだして『すべり台ー』。いやまあ、ある意味ここまでくれば見上げたもんではありますけれど(^^;

*

へむ2「なぁ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
はつね「あはははは(^^; うん、筋金入りだよね、あっくん」
かえで「・・・すべり台は、逃げないから。って、言って聞かせてるんです、けど」
あずさ「『今』遊びたいんでしょうねぇ。やっぱり」
へむ2「うむ、二歳児とゆーのはそゆもんらしいからな。とにかく『今』やりたい、待ってなんかられへんー、と」
カニ子「どこまで我が儘カニか。二歳児」
へむ2「しょーがねぇだろ、そゆ段階を踏んで、徐々に徐々に分別がついてくるんだからさー。とは言え、さすがに身が保たん。旅行のダメージも回復しきってねぇし、とにかく今日もとっとと寝るべー」
あずさ「て、言うにはもう十分以上に遅いけどね(−− ま、でも、とにかく寝なさい。明日も明日で、大変なんだから」
へむ2「あいさー。んじゃ寝るよ、お休みー」
まるち「はい〜(^^; あの、本当に、どうぞ、なるべくお身体をお休めください〜」

* つ事で。お休みゃみゃみゃみゃ、また明日。

* ぐぅ。


俺の名前を言ってみろー。

* さて。おにーちゃんは先日から言うてる様に、現在夏休み中な訳ですが。

*

へむ2「訳ですが、今日はお仕事です。超納得いかねー
かえで「・・・です、よね。お休み、ですのに」
はつね「あはは(^^; 結局、全然お休み出来なかったよね、お兄ちゃん」
ぴーす「ご旅行に行かれて、昨日は一日お坊ちゃまのお相手をされて。結局、明日だけ、ですねぇ」
へむ2「その『明日』も、なんのかんので多分出かけるけどナー。そもそも、先週の土曜日も仕事が入って、ただでさえ夏休み削られてるとゆーのに。さらに飛び込みで今週も入れてくるたぁどういう了見だ。かーっ!!」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お気持ちは、よく〜」
カニ子「よく分かるけど、それに付き合わされるこっちの身にもなってもらいたい所カニ。なーんで、私まで行かないといけないカニか」
へむ2「黙れ居候。お前には不幸をそっとお裾分けだコンチクショウ」
あずさ「『不幸』とか言ってると、私もきっぱり付き合うのやめるわよ(−− ほら、いいからとっとと出かけなさい。時間無いんだし」
へむ2「だーもー。んーじゃちょっくら、行ってくらぁ」
はつね「うん(^^; 行ってらっしゃい、お兄ちゃん」
かえで「・・・行って、らっしゃいませ。お気を、つけて」

* つ事で、一日うだうだと。で、まあ家帰ってからはばたんきゅーしてたりもしたのですが、でもまあそれはさておいて。

*

へむ2「ボンが。自分の名前を言える様になりましたー♪」
はつね「わー(^^) すごいすごい、あっくん、すごーい!!」
カニ子「おー。大したもんカニねー」
かえで「・・・賢い、賢い(ぱちぱち) まだ、二歳になったばっかり、なのに」
あずさ「まあ、実際には『名前言ってる』って言うより、『旅行の時に貰った名札の事を言ってる』みたいだけど、ね」
へむ2「うん、名札が欲しくて名前を連呼ー、ではあるんですけどね。でも、ちゃんと自分の名前だってのもある程度は理解してるっぽじゃよ。もうしばらくしたら、ちゃんと『お名前は?』に対して名前、言えるんじゃね?」
まるち「はい〜(^^) きっと、はい。もう、すぐにでも〜」
ぴーす「そうですね、二歳になられてから・・・その、うまく言えないんですけど。おしゃべりの『質』が変わってきた気がいたしますしー。おそらく、はい。すぐにー」
へむ2「うむ。二語文の出も増えてきた感があるし、ちゃんと会話出来るよになるのも、ホント、もーちょいじゃねー」

* やー。でも、本当にいきなり言える様になって。<名前>お兄ちゃん、ビックリですわー☆

-

* おまけ。

* ・・・えーと。いや、お兄ちゃん今日初めて知ったのです、が。

*

へむ2「動くのかよPPC版。てゆっか、そっちが推奨だったりするのか、ひょっとして」
まるち「は、はわわ?(^^:」
かえで「・・・・・・?」
あずさ「何の話よ(−− いきなり」
へむ2「いや、MortScriptなんですけど。世間様じゃあToggleDisplay関数がちゃんと動いてるのにうちじゃあ動かないからおかしいなー、おかしいなー、て思ってたらやねー、実はスマートフォン版じゃなくてPPC版入れれやーいう話で」
ぴーす「はぁ。え、と、ですけど。アドエスさんは、スマートフォンなのでは?」
へむ2「なんじゃけど。でも、PPC版もちゃんと動くんだ。今インストールして確認した」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「そうなんだ。けど、色々納得いかねぇっつーか何つーか。そりゃ、確かにPPCはPPCなんじゃろうから、間違ってはいないんじゃろけど・・・うーん」

* でもやっぱり納得いかねー。何なんだホントに、一体(笑)

-

* にゅ。

* とか愚痴りつつ。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


黄色い悪魔と多難なメール。

* 日曜朝のゴーオンジャー。先週から引っ張ってたニゴール王子が変態だと判明した上に一話で退場、だったりするのですが(ぉ それはさておき超ヒデぇ。<ベアールV

*

へむ2「悪魔か。あの小娘は」
はつね「あ、あはははは(^^; えっと、うん。ちょっと、可愛そうだったね。相手の、あの人」
へむ2「人じゃあ無いけどナー。で、後、マジお久しぶりっすキャリゲーターさん。何ヶ月ぶりだろう、作中で声聞いたの」
あずさ「『作中』じゃ無いでしょ(−− 『次回予告』なんだし」
かえで「・・・たまに。ナレーション、とか、やっておられませんでしたか?」
へむ2「やってたっけ? でも、少なくともメイン、もしくはメインに近い立ち位置でキャリゲーターが出てくるのはシリーズ通して三回目だよね。多分」
カニ子「登場の時、G6の時。そうカニねー、次で三回目カニー」
へむ2「どんだけ影が薄いねん。と、心の底から突っ込みたいおにーさんがここにいる。てゆっか、一応来週は『メインに近い』前提で話してるけど、下手したら予告だけで本編に出てこなかったりするかもな。キャリゲーター」
まるち「は、はわ?(^^; そ、それは、あの、さすがに無いのではないかと〜」
へむ2「分からんぞー? キャリゲーターのないがしろにされっぷりは尋常じゃねぇからなあ、ゴーオンジャー。本気でガチ無視される可能性、37%と俺はみた」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
はつね「あはははははは(^^; えっと、うん。でも、2/3は大丈夫、って事だよね? 37%なら」
へむ2「大体はねー。さて、実際にはどーなりますやら。来週に期待、ですナー」

* つ事で。で、後はなんだかんだとドタバタして、夏休み終了ー。明日からは、平常運転でございます。

*

へむ2「・・・ふぅ」
あずさ「はいはい、ため息つかないの(−− 後、そろそろ寝なさい。もう遅いわよ」
へむ2「あーい。と、そうそう。ここしばらくその余裕が無かったんで放置してましたが、ここらで中間報告を。あどえすのメール絡み問題ですが、やっぱり上手い事いってません」
はつね「あ(^^; やっぱり、ダメだったんだ?」
へむ2「うん。ちょこちょこ設定変えていらってるんですが、どーにもこーにも。何つーか、ひょっとしたら直接ファイルを消すんで無くて、ちゃんとメールサーバ経由でファイル消さんとアカンのかなあ、とかそんな事も考えております」
ぴーす「はぁ。直接消すのでは、何か、問題があるんですか?」
へむ2「もしかしたらメールサーバ用ソフトの内部に何かデータがストックされてて、それとの整合が取れなくなってるのかなあ、とか。あくまでも推測なんで何とも言えませんが」
ぴーす「・・・はぁ。なるほどー」
へむ2「ま、何にしても解決まではもーちょいかかりそうです。て事でそっちは一旦そこまでで、後、もう一個別の話を」
かえで「・・・別の、話?」
へむ2「うん。いや、UKTenkiで自動的に天気予報ゲットする、な話なんですけど。先日話に出したSendCommand使えばもっと楽に出来るんじゃね? とゆー事で調べた。『巡回』のIDは40014なので、それ叩き込んでやれば起動時巡回をオンにする必要、一切ナッシング」
まるち「あ、そうなんですか〜(^^) それですと、はい。随分と〜」
へむ2「うん、iniファイル書き換えの必要が無くなって、すげぇ楽になる。つー訳で、そっち関連のスクリプトも書き換えといた。ここしばらくのあどえす話の中じゃあ、それが唯一の朗報じゃあねー」

* と、ゆーあたりで。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


あどえすいぢりグローバル。

* 朝。

* ごー。

-

* 昼。

* お仕事。今日は昼過ぎまでで、即帰宅。

-

* 夕方。

* ばたんきゅー。

-

* 夜。

* 復活。あーんど、あどえすいぢりエンドレス。とりあえずメールの方はやっぱりダメなんで、とりあえず一度全削除→POP鯖ソフト起動し直し。

*

へむ2「で、鯖の方に『受信後一定時間で自動削除する』つーオプションがございましたので。それを有効化しておいた、んですが」
かえで「・・・それで。うまくいくと、いいですね」
へむ2「うん。とりあえず『一定時間』は『二日』に設定しておいたんで、結果が出るのは水曜の夜。どーなるかはまだ何とも言えませんが、まあ、いずれにしてもしばらくは待ち、つー事で」

* で。続いて今度はサスペンド関係。レジストリの『HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Power』、そん中の『BattPowerOff』を(ついでに『WakeupPowerOff』もかな? 『ExtPowerOff』に関しては最初から0なんで関係無し)0にしてやりゃ自動パワーオフが働かなくなるらしいんで、それをまずはオフにして。で、自力でサスペンド制御をしてみる事に。

*

へむ2「まあ、常駐して状態監視して、適当な所でPowerOffかますだけですので? 別に難しくはないんですが、問題はCPU負荷とメモリ使用量がどれくらいになるか、だなぁ」
ぴーす「はぁ。でも、そんなに、なりますか?」
へむ2「わかんね。けど、MortScript絡みは思ってるよりメモリを食う印象だ。特に常駐させてっとじわじわ消費量が増えてくよねー、つー感じでなぁ」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか〜」
へむ2「まあ、一日毎にリセットかけるんじゃけ、それだけ保ってくれればいいんじゃけど・・・んー。ひょっとしてローカル変数使わん方がいいのか? オールグローバルなら余計なコストが減るから(ぶつぶつ)」
カニ子「相変わらず大変カニねぇ。よく分かんないカニけど」
へむ2「ホントにね(−− て言うかやっぱり、使い方に問題があるんじゃないかと。世間様はそこまで困ってない風なんだし」
はつね「あはははは(^^; でも、ほら、やっぱり、お兄ちゃんが、『自分で一番使いやすい』様にするのも大事だろうし〜」
あずさ「かもしれないけど(−− でもねぇ、もう一月半になるんだし。いい加減なんとかした方がいいと思うのよ、本気で」
へむ2「何とかしたいのは山々だー! が、その為にはもーちょい色々試してみる必要がある訳で。とりあえず、ホントに、オールグローバルで書き換えてみっかね、一発」

* ふにふに。まあでも、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


光環境あと一歩。

* 朝。

* ふにゃふにゃしながら、れっつらごー。

-

* 昼。

* お仕事。の、前に、実は最近ここいら辺にも光ケーブルがやってきましたので。

*

へむ2「とりあえず工事だけ、やっといてもらう事にする。ちなみにプロバイダのサービス切り替えタイミングは月頭なので、つまりこれから二週間程は繋がんない」
カニ子「えー!? 聞いてないカニよ、そんなの!!」
へむ2「言ってないからな。つか、別に固定回線繋がらんでも困らんからさー」
あずさ「そうね。G-Callはちゃんと繋がるんでしょ?」
へむ2「うん。なので普通にアクセスする分には問題無し。ただ、ちょっと電波状況が良くないんで速度はそんなに出ないけど、でもまあADSL分くらいは出てるしねー。と、そーゆー話ですな」
カニ子「なんだ。だったらいいカニー。まったく、驚かせるんじゃないカニよー」
へむ2「おまいが早とちりしただけなんだっつーの。さて、じゃあ工事も終わった所で。おにーちゃん、仕事に行ってくらぁ」
まるち「あ、はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ、ご主人様〜」

* て事で働きんぐ。午後はいっぱいいっぱいー。

-

* 夕方。

* ばたんきゅー。

-

* 夜。

* 復活。つってももう朝なので。

*

へむ2「今日の日記はここま・・・おや。G-Call、付けっぱにしてたら死んでやがんな」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「どうやら、長時間の連続接続には耐えれない様ですよ? まあ、多分いっぺん外して付けなおせば・・・ああ、うん。直った直った」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、はぁ。お直りになるのでしたら、はい〜」
へむ2「うん、大した問題じゃあ無い、けどね。でもま、光が来るまではちゃんと寝る前にパソ落としとけ、ゆー事ですな。こりゃ」

* つ事で改めて、今日はここまで。。あーでもホント、久しぶりによく寝たー☆


一日あどえすほぼ完了。

* 今日はお仕事特に無し。とゆー訳で、一日あどえすいぢりをしてた訳なんですが。

*

へむ2「えー。一つ、判明しました。あどえすで何か妙に使用メモリが増えていく現象、アレ、MortScriptのせいでもHDMobiMailのせいでもなくて、Todayアイテムのせいでした。まる」
まるち「は、はわわ?(^^;」
へむ2「Today・・・つまり、デスクトップ画面ですな。それに、まあ色々表示させてた訳なんですけど。ふと思い立ってその辺全部外してみたら超安定。メモリ使用量も、全然増えてきゃせんのですよ。これが」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− つまり。アンタがさんざん言ってた事は、きっぱり的はずれだった、って事ね?」
へむ2「つーか、罪の無いソフト達に疑いをかけるよーな事して心の底からゴメンナサイだ。ちなみにTodayアイテムのどれが悪かったのか、については現在一個ずつ登録しなおしてってチェック中。まあ、多分あの辺やろなー、いう想像もついてはいる訳ですが、一応ちゃんと確認しませんと、ね」

* て事でのんびり確認しつつ、スクリプト打ちふにふにと。以前からの懸案だった『メール着信LEDが自動で消えない』問題については、もう今はサスペンド用スクリプトが常駐で回ってますので。素直にそれに機能追加で、『アクティブなウィンドウ名を監視してメーラーが開いたらコマンド飛ばしてとっとと消す』とゆー事に。

*

へむ2「nPOPQで正しい未読数をゲットするのは無理だと、心の底から思ったおにーさんである。外からつっついてどーにかなる感じ、全然無いんだもんよう」
あずさ「はいはい(−− まあ前から分かってた結論よね、それって実は」
へむ2「身も蓋もない事を言うなー! ホントに、あずあずには夢が無い」
あずさ「やかましい(−− て言うかだから、アンタは無駄に時間を使いすぎだと」
へむ2「ほたっといてください。確かに未読数はゲット出来ませんでしたけど、その代わりもう一個の懸案だった『単なるトリガーに使ってるWILLCOMメールを、未読数に数えない』方法に関しては擬似的になんとか出来ましたー、だ。それだけでも悩んだ甲斐があったとゆー物です」
カニ子「擬似的? カニ?」
へむ2「うむ。WILLCOMメールだけにメールが届くのは、つまりActiveSyncや無線LAN接続から外れて一発目のダイヤルアップ受信の時だけなので。つまりそん時だけ、着信音や振動、LEDの制御をしない様にすればいい訳よ」
カニ子「へー。そんな事が出来るカニか」
へむ2「うん、ActiveSync中とそうでないときの判別はつくので、まずそこでフラグ一つじゃろ。後はActiveSync中にメール受け取ったらそれを記憶しとく、で、両方のフラグが立ってる場合だけ着信音その他オール無視、とゆースクリプトを書いた。テストもして、うまくいくのも確認済みー」
まるち「そうなんですか〜(^^) それは、はい。おめでとうございます〜」
へむ2「ありがとう。まあこれが出来るのも『着信音を鳴らす代わりにスクリプトを走らせる』事が出来るnPOPQの仕様のおかげ。いやほんと、ありがたやー、ありがたやー」

* で、後は。やっぱりメール鯖側でファイル削除があると、受信メールがその分だけ飛んで届く事になるので。もうすっぱり鯖側自動処理は諦めて、あどえす側で削除処理を突っ込む事に。

*

へむ2「nPOPQで削除マーク付けて、そっから削除してやりゃあ、さすがにその後もちゃんと受信するだろう、と思う訳だが。問題は、手動でやんのはメンドい、てぇ事だなー」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ」
へむ2「なので。こっち側でもやっぱり自動処理を突っ込む事にする。どーせ一日一回再起動なんじゃけ、そん時突っ込んどけば問題なかべー」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はいー」
あずさ「・・・・・・(−−」
カニ子「どこまでも横着カニねー。別に手でやったって、大した手間じゃないカニよ?」
へむ2「ヤなんだよ、メンドいのは。て事でそれ用スクリプトを書く。『再起動時に動かす』前提であれば、データファイルから未読既読のデータも引っ張り出せるし、んだから・・・そうな。『未読分+10』通くらい残す様にして、後は削除。そーゆースクリプトにしますかねぇ」

* つー訳でさらにふにふにと。<スクリプト打ち>ああ、そうそう。同時進行でやってたTodayアイテムの確認の方ですが、こっちは『スケジュール表の内容をTodayに表示する』ソフトが悪さしてたんだ、と確定いたしました。ぬう。

*

へむ2「・・・ある意味、一番どーでもいいっちゃどーでもいい物なんで? さっくり削除、で済むは済む、んじゃけど」
あずさ「けど?(−−」
へむ2「やー。Todayに出てこない、となると、多分俺は一切スケジュール表を使わなくなるなあ、と、ゆーのがございましてね? まあ、使わんなら使わんでも、まあ、なんですが・・・うーん」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。ですけれど、あれば便利ですものね、スケジュール表さん」
へむ2「うん、忘却の彼方に落ちてた予定を引っ張り出すのに大変役に立つので。だから、出来れば表示させときたいんですけど、ねぇ」
カニ子「別のソフトは無いのカニ? 他のじゃ、表示出来ないカニか?」
へむ2「さて。ぶっちゃけその辺はまだ俺の知識が全然及んでないトコなので、調べてみん事にはにんともかんとも。ただなあ、さすがに今日はもうちょっとアレなので」
あずさ「そうね(−− 寝なさい、今日はもう」
へむ2「うん。だから、明日またちまっと探してみるー。それでいいのが見つからなかったら・・・まあ、しょうがないんでアキラメじゃねぇ。しょせんは、スケジューラーじゃし、なぁ」

* あい。ではでは、今日はここまでまた明日。まあでも、今まで抱えてたあどえす回りの案件はほぼ解決しましたし。後は、気楽なもんですやぁね。

* つ事で。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


メール完了残りは後日。

* さて。では今日もお仕事・・・あ? また受信に失敗してやんの。<あどえすメール

*

へむ2「は、はわわ?(^^;」
カニ子「またカニか。またカニかー」
あずさ「・・・・・・(−− 何なの。アンタのそれは、一体」
へむ2「それは俺が言いたいセリフですわよセニョリータ。んー・・・まあとりあえず、telnet使って直でサーバ、叩いてみるかね。その結果見てから、ちょっち、考えるべー」

* つー訳で、ふにふにと。うん、やっぱりサーバにはちゃんとメールがあって、RETRでちゃんとデータも引っ張ってこれっていやちょっと待てー

*

へむ2「・・・なんで。LISTの1に、そんな新しいのが入ってる。てゆっか、17通あるのに最新が4に入ってるとゆーのはどーゆー了見か、一体」
まるち「は、はわ?(^^; え、ええっと?」
へむ2「いや、せやからやね。えーとなんだ、ちょっと待て(かちゃかちゃ) ああそうだ、直接ディレクトリを『ls -f』で見た順番と一致する。つまり、メル鯖の方が一切ソートせずに渡してきてるんだ、メールを」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ。つ、つまり、あの〜?」
カニ子「よく分かんないカニ。もっと分かりやすく言うカニー」
へむ2「あー。せやからやな、Maildir形式、つーんでメール保管してると、『メール1通が1ファイル』になんねん。で、ファイル名自体にはタイムスタンプが入ってるから、普通に名前でソートしてやったら時間順に並ぶねん。でもな? ファイルシステムに記録されてる順番、に読み出すと、順番狂うねん。何でか言うと、一旦削除されたファイルの場所に新しいファイルが入るから」
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜」
へむ2「で。このメール鯖ソフトは、そのソートをやってくれへんねん。やから、新しいファイルが小さな番号ん所に入るねん。でもってnPOPQの方は『ボクは何番まではもう読んでるからそっから後しか見ぃへんでー』て言うねん。結果、新しいメールが読めない、いう事になんねんよ」
カニ子「ほー。そういう仕掛けだったカニかー」
あずさ「・・・で、まあ、理屈は分かったけど。何とか出来るの? それって」
へむ2「まあ、出来るっちゃ出来る。まず一番簡単で、かつ問題あるのが『削除する時にメールを残さない』やり方。ディレクトリん中が空になれば、次はまたイチから順に書き込んでくれるかんね」
カニ子「ふーん。でも、問題なんカニ?」
へむ2「だって全削除だと未読まで消えるだろ。て事で二番目が、前に使ってたヘッダ書き換えシステムを少し改良して『一旦ファイルを別のディレクトリに移して、それから順番に戻してくる』やり方。これも一番と一緒で、一旦空にすれば以下略、じゃからね」
あずさ「んー。それで出来るんだったら、それでいいんじゃないの? 何となく、簡単そうだし」
へむ2「うん、簡単。でも一番素直で気持ちのいいやり方は、『メル鯖ソフトのソースにパッチかましてソートしてくれるよにする』だと思うんだー。今後の事を考えると、トラブルの種は極力無くしといた方がいーし」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ、あの、それは、はい。そうですけど〜」
あずさ「・・・出来るの? そんなの」
へむ2「普通にソースは転がってるから、出来ると思うんですけど。まあ、とりあえず中覗いてから考え・・・て、はりゃ? ありゃ。ちゃんとソート用関数、元から存在しとるなあ」
まるち「はわ?(^^; え、あ、そうなんですか?」
へむ2「うん。でも動いてない・・・あ、そうか。『SORT_MAILDIR』いう変数定義してやらんと動かん訳じゃな。で、その為にはCFLAGSに『-DSORT_MAILDIR』つー指定してやる必要があって。あ、でも、Makefileん中にそれ用オプションが無い。役に立たんportsだなー」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「何だかよく分かんないけど、相変わらず一筋縄じゃいかないカニねー。呪われてるんじゃないカニ?」
へむ2「なに、Unix絡みならこの程度は普通に解決出来るんで、呪われてるとは言わんよ。とりあえず・・・と。仕事の時間も迫ってるし、素直に『setenv CFLAGS -DSORT_MAILDIR』ってやって、無理繰り通しちまうかな。まずは」

* つ事でようやく問題解決。<あどえすメール>ただ、仕事の後でも色々調べたのですがどーも上記のやり方以外で『SORT_MAILDIR』をスマートに設定する方法がよく分からず。つーかconfigureを追ってったのですが、何をどー見てもそこに設定が無い、とゆー。うーん。

へむ2「・・・ま、いっか。とりあえずsetenvで何とかなる事は分かったんじゃし、それで」
まるち「はい〜(^^; あの、特に問題がある訳でもございませんし〜」
へむ2「いや、問題っちゃあ問題なんだけどね。次入れ直す時またトラブルかもしれませんので」
あずさ「憶えておきなさい(−− それは素直に」
へむ2「teapop入れる時はCFLAGSに『-DSORT_MAILDIR』を設定する。ちぃ、おぼえた! って、よく考えたらteapop、テスト導入で入れただけじゃから元より標準インストシステム括弧俺仕様括弧閉じるに入ってねぇよ。なんかトラブルが起こる前に、インスト手順まとめてどっかに入れとかんとにゃー」
あずさ「はいはい(−− にしても、なんでそんな変な仕様になってるのよ? メールなんて、時間順で飛んでくるのが普通なんじゃないの?」
へむ2「んー? ああ、そりゃアレだ。『Maildir形式』って時点で、『IMAPとの併用』が多分前提に置かれてるから。つまり、『IMAPで運用しててサーバに数千通から万を超えるメールが溜まってる』状態でソート、なんてやってられっけー、とゆー」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、それは、はい〜。あの、それだけたくさんですと、お時間もかかってしまいますし〜」
へむ2「下手すりゃソートしてる間にタイムアウトだ。だから基本はソートしない、になってるんだと思われる。それにまあ、やっぱ受信した時点で全削除っつーパターンが多いしな。ソートせんでも問題ないっつーか何つーか」
あずさ「・・・なるほど? そういうもんなのね」
へむ2「そーゆーもんです。さてと、じゃあまあメール問題が解決した所で・・・と、ああ、これで削除も鯖まかせに出来るんじゃし、そっちも変更しとこー(かちゃかちゃ) 昨日書いたあどえす側での削除スクリプトももう要らねぇや。ぺい、消しっ!」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「・・・こうして、時間が無駄にドブに捨てられていくんカニねー。て、スケジュール表の話はどうなったカニ?」
へむ2「うん、それはこれからだ。ちなみに全然関係無いけど、レジストリ書き換えでバックライトの輝度変更した後は、SetBacklightを発行してやる事で即時に輝度変更出来る事が判明しました。うむ」
あずさ「何をいきなり(−− て言うか、何よそれ」
へむ2「いや、画面の明るさの話ですけど。今までは変更した後、『一旦ToggleDisplayで画面オフにした後オンにする』か、『キー押下イベントを発生させる』かせんとアカンくてちと煩わしかったのよ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「あまりに煩わしかったんでどーしたもんかと思ってたんじゃけどなー。でも、これで気分はすっきりだ。まあもっとも、ホントはSetBacklightが普通に動作してくりゃあそれで済む話、だったんだけど、ね」

* 困った事に、あどえすではバッテリー駆動時の設定をきっぱり無視してくれるのですなー。<SetBacklight>そのせいでレジストリ直いじりだった訳ですが、まあでもこれで。またもう一つ、懸案解除でございまふ。

-

* さて。

* で、今日は上で言うた通りスケジュール表関係を探す予定だったのですが。ちょい気が向いたので、自力お手軽目覚ましスクリプトを作っておく事に。

*

へむ2「やー。世間にある目覚ましはねぇ、イマイチ趣味に合わなくてさー。つか、俺的にはもっとお気軽でいいのよ? 普通の目覚まし時計みたいに、『今日、これから寝て起きる』タイミングで一回だけ鳴ってくれればそれでおけ。あ、一回っつても、スヌーズはしてね。五分に一回」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、はい。それで十分、お役には立ちますかと〜」
へむ2「で、設定が気楽ならなお良しだ。鳴る時間も0分か30分かのどっちかで十分なんじゃし」
あずさ「・・・せめて10分単位で鳴る様にしといた方がいいんじゃないの?(−− 細かい調整効かないじゃない、それじゃあ」
へむ2「いや、いい。どーせ細かく調整した所で、一発目じゃ起きれん(きぱ) それよか頭ん中で、『スヌーズ何回目ー』て数えてた方がマシ」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− いや。まあ、いいけど。そりゃ。アンタがそれでいいなら」
へむ2「うん、俺しか使わんのじゃけ俺が良ければそれでいーんです。つ事で賛同して貰えた所で、ちゃくっと作っちゃいますかねー」

* つ事で。まあそれなりにさくさくとは出来上がる訳ですが、『Mp3ファイルくらいは自由に選択出来る様にするかなー』と、導入したSelectFileの使い勝手が異様に悪くて、うーん。カーソル右で深いフォルダに潜っていけないだとか、フォルダにファイルが一個しか無い時はこれまたカーソルでファイル選択する事が出来ないだとか。何なのかしら、この仕様。

*

へむ2「タップがほぼ必須ときましたわよこの方ってば。アレかなあ、一度選んだファイルは記憶する様にして、で、基本はその記憶リストから選ぶ、にした方がいいのかしらん?」
あずさ「いや、それは好きな様にすればいいと思うけど(−− でも、今日は寝なさい。そろそろ」
へむ2「んー? て、まだ日付変わっ・・・おや」
カニ子「もう4時カニよー。気付いてなかったみたいカニけど」
へむ2「・・・やー(ぽりぽり) せいぜいいってても2時だ思ってましたわよはっはっは。じゃ、そーゆー事ならさっさと寝ましょう。この目覚ましスクリプトの試し打ちもせんといかん事ですし」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい〜。どうぞ、ごゆっくりお休みください〜」
へむ2「SelectFileが使いにくい分に関しては、また後日対策を立てましょう。一つのフォルダに集めるなり、リストファイル作ってそん中から選ぶなり。対策はいくらでもありそうな気がしますし、ねぇ」

* あいあい。ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


地道な作業で最適化。

* お仕事以下略夕方帰還。ついでに、目覚ましスクリプトの改良もふにふにと。

*

へむ2「んー。m3uファイル作って、そっから読み込むよにした・・・は、いいんじゃけど。設定画面起動までに4秒もかかるよになってしまいましたよセニョリータ」
まるち「はぁ(^^; 4秒、ですか?」
あずさ「いいじゃないそれくらい。別に(−−」
へむ2「えー。4秒は遅いっすよやっぱりー。せめて2秒以内に収めたいと思うおにーさんなのですよ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「せっかちカニねー。目覚ましなんて、そんな急いで設定しなきゃいけない物でも無いカニよ?」
へむ2「その辺は気分の問題だなぁ。とは言え、MortScriptが起動してスクリプトの解析を済ませる』までに1秒弱かかってっからなー。2秒は難しいじゃろなあ、やっぱり」

* でも頑張って、3秒まで縮めました。<起動時間>変数をもーちょい整理してー、ってやれば後少しは早くなりそな気もするのですが・・・まあ、でも、大きくは縮まりませんかね。こっから先は、さすがに。

*

へむ2「つー訳で、2秒は無理っぽいのじゃよー。ただいま」
はつね「あはは(^^; お帰りなさい、お兄ちゃん」
猪名川「おかー。今週もお疲れさーん」
へむ2「いえいえ。て、おや、猪名川。戻ってきてたかね」
猪名川「イベントも終わったしなー。ま、秋くらいまではまた世話んなるな」
へむ2「へーい。で、話は変わりますが。ボンの方はいかがでしたかね? なんぞ変わった事、あった?」
ぴーす「あ、はいー。え、と。変わった事、と言いますか、あの、夜、お休みになられるのがー」
あずさ「遅い?」
ぴーす「・・・はいー。なかなか、お休みなさいませんでー。どうしても、あの、遅くなってしまう事が」
はつね「それと、歯磨き嫌いも酷かったよね(^^; 今週は」
かえで「・・・後、は。やっぱり、『お外、お外』で」
へむ2「ふむー? ふむ。まあ歯磨きはさておき、他のはエネルギーがあり余ってる、つー事なんじゃろうけど・・・でも、やっぱ夜は早寝してもらわんとなあ。少しは」
はつね「うん(^^; せめて後一時間、って思うんだけど」
かえで「・・・なかなか、です」
へむ2「うーん。まあ、でも。その辺はもうだましだましで、少しでも早めに寝てもらえる様誘導するっきゃないなあ。とりあえず、明日は外に連れ出して。なるべく歩いてもらうべー」

* つ事で。では、今日はここまでお休みな・・・と、ああ、そうだ。

*

へむ2「いかん、一つ忘れてたよ。ライアーで、『漆黒のシャルノス』についての情報が出た、事についても言及しておこうじゃないかね」
あずさ「て、言ってもまだ大した情報、出てないけどね。まあ、小出し?」
猪名川「せやな。やけどまあ、これからでも分かる事は結構ある訳やし」
カニ子「そうカニねー。とりあえず、インガノックとは随分結びつきがありそうだってのが分かるカニー。主人公が、Mカニよ?」
はつね「うん(^^) セレナリアインガノック、よりもインガノックシャルノスの方が近い感じだよね」
へむ2「黄金瞳とかいう単語も見えるしナー。まあ、お話的にはちゃんと単体で完結してるからインガノックやってなくても大丈夫、であろう事は確信してますがね。でも、やってたらやってたであちこちで『にやり』と出来るんだろうなー。多分」
かえで「・・・そう、ですね。おそらく」
へむ2「ん。では言いたい事言ったので、改めて今日はここまででー。あ、ちなみにサルーテの通販も届いたんですが、さすがに聴いてる余裕が無いのでまた来週。向こう行ってから、のんびり聴くザマスよー」

* あいあい。ほいじゃここまで、お休みなさい。

* ぐぅ。


バスに揺られて幼稚園。

* 土曜日お休み、さて、今日は。

*

へむ2「えー。とりあえず前提条件の話をすると、近所に・・・近所に? いや、『近所』じゃあ無いかもなー」
はつね「そうだね(^^; バスで20分とか30分とかかかるし〜」
かえで「・・・でも。便は、いい場所。ですよね?」
あずさ「まあ、バス停降りたらすぐそこだったしねぇ。本数もそれなりにある路線だし、便が悪いとは言わないけど」
カニ子「けど、近所じゃあ無いカニね。どう考えても」
へむ2「そだね。とゆー訳で訂正、近所じゃ無いけど同じ区内の幼稚園で、未就園児クラスやってるトコがございまして。ああ、未就園児クラスいうんは、文字通り『未だ就園していない児童』、つまり二歳児とかその辺対象にしたクラスなんですけど」
ぴーす「はいー。内容は、幼稚園毎に違う様ですので、ちょっと、あの、よくは分かりませんけど」
へむ2「うん。だからとりあえず内容調べてみよーかね、とゆー事で資料請求してみたのですが、そのやりとりん中で『今日、幼稚園で小さなお祭りやってますからどうぞ』とゆー話があってですな。と、そこまでが前提。おけ?」
まるち「はい〜(^^) それで、はい。行ってみられる事になさったんですよね」
へむ2「です。まあお祭り自体はスーパーボールすくいだとかくじ引きだとかのホントささやかな物だったんですけど、でもそれはおいといて。せっかく幼稚園に来たので、庭の遊具で遊ばさせていただきました」
はつね「小さな子向けになってて良かったよね。あの遊具(^^)」
かえで「・・・普通の、公園のは。ちょっと、あー君には幅が広すぎたり、ですけど」
あずさ「アレならまあ、落ちる心配もあんまり無いからいいわね。さすがその辺、『幼稚園』だけあるって言うか」
へむ2「うん。つ事で、遊び勝手も良さそうだし。ちょっと本気で、未就園児クラスの事も考えてみたいと思う。一回90分で月一度、とゆー話でしたからそんなには負担にならない・・・んじゃないかと思いますしねぇ」
はつね「だね(^^) 毎日とかだと大変だろうけど、月に一回だけなら〜」
あずさ「集団生活経験させるのも大事でしょうしね。いいんじゃないの。一回か二回、とりあえず参加させてみても」
へむ2「うん。ま、一応ちゃんと資料が届いてからまた考えますけどねー。とりあえずは、前向きに検討するっつー事で」

* つ事で。で、後は色々細かい事をふにふにと。今日は涼しくて、過ごしやすくて良かったですにゃー。

* お休みなさい。ぐぅ。


それでも明日がアルデンテ。

* 日曜朝のゴーオンジャー。うわ、ヨゴ様出奔した!?Σ( ̄Д ̄;)

*

かえで「・・・やっぱり。普通の大臣と、副大臣の関係じゃあ、無かった?」
はつね「そうだね(^^; もしかしたら、本当に、血のつながりがあったのかも〜」
猪名川「つーか。本気で、な狙いがあるんやないかと。今回の黒も、なあ」
へむ2「うむ、『かわいいな』じゃねぇよ黒。お前は何か、そんなに『黒×緑』な同人誌を書いて欲しいのか?」
カニ子「『緑×黒』かもしれないカニよ?」
あずさ「やめなさい、そういう会話は(−− にしても・・・ひょっとして、アイキャッチのレースでバルカが勝ったのって、ひょっとして今日が初めて?」
へむ2「ん? ああ、そうかも。100%断言は出来んけど、見た憶えは無いな。今まで」
猪名川「あ、そうなん? なんや、均等割りちゃうんや、これて」
ぴーす「そうですね。ちゃんとカウントはしておりませんが、やはりスピードルさんが一番多くて、後はベアールさんとか、バスオンさんとか。そんな感じですー」
へむ2「まあ、キャラクター的に考えて手ぇ抜いて走ってそなキャラじゃからのう、バルカ。その辺考慮してー、の事じゃないかね。やっぱり」

* で、今週からはエンディングも緑バージョンでアルデンテ。あ、ちなみにキャリゲーターですが、ナレーション以外のセリフは一つだけ。G9に合体した状態を除く、つまり単体での登場は2秒だけ、とゆー結果でした。うむ。

*

へむ2「ちーっす。マジお疲れーっす、キャリゲーターさーん」
猪名川「心の底からイヤミやな。あんだけの出演で誰が疲れるんかと」
はつね「あ、あは、あはははははは(^^; ちょっと、うん。少なかったね、出番」
かえで「・・・せめて、もう少し。何とか、ならなかったんでしょうか?」
あずさ「いや、違うでしょ。『何とかした』結果が『セリフ一つ』だったんでしょ、察するに」
カニ子「そうカニねー。普段だったら、『セリフ無しでいきなり合体』だったパターンカニよ、あれは」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、ええっと〜」
ぴーす「・・・確かに、入る必要もあまりなかったセリフですし、普段でしたら、はい。その通り、なんでしょうけど」
へむ2「やー。本気でどこまでも空気なキャリゲーターさんにおにーさん心の底からほろりと涙が。ここまで来てなおこれ、いう事は。きっと最後まで、トコトン空気扱いなんだろうなあ・・・」

* いと、哀れ。合掌(ちーん)

-

* さて。

* で、まあ昼間は適当にお出かけの、夜はボンの寝かしつけに結構手こずり。つーか夕方あんだけ『眠いー眠いー』言うてたのに、なんでキミは夜になるとそんなにテンション上がんねん、と。

*

へむ2「そう言いたいお兄ちゃんである。おかしいよねぇ、眠いハズなのに」
はつね「うん(^^; でも、寝ないんだよね。あっくん」
かえで「・・・でも。前みたいに、泣いて暴れたりはしませんでした、し」
カニ子「少しは落ち着いてきた、って事カニかねぇ?」
へむ2「どーだろ。またぶり返すんじゃないか、と思ってはいるんじゃけど・・・ま、何にしても。疲れたから、もう寝るべぇ」
まるち「あ、はい〜(^^; はい、あの、お休みなさいませ、ご主人様〜」

* つ事で。ほいじゃ寝るですまた明日。

* くぅ。


雨降りお出かけLED。

* 朝。

* お出かけゴー。今日もお外は雨模様。

-

* 昼。

* お仕事ぽたた。諸々の事情により午後の仕事がキャンセルになったので、昼過ぎに帰還ー。

-

* 夕方。

* 帰宅。なんですが、帰ってすぐにボンが『お外ーお外ー』と騒ぎ出したので、再び外出。まあ適当に、近所のスーパーまでお買い物。

*

へむ2「雨なのにな」
はつね「雨なのにね(^^; でも、あっくん。ちゃんと自分で歩いて行ったし〜」
かえで「・・・傘も。結構、上手にさせる様になりました」
あずさ「ついこないだまで出来なかったのにねぇ。そういう所も成長してるのね、やっぱり」
ぴーす「はいー。ただ、あの。出来れば、レインコートも着ていただきたいのですけれど」
へむ2「蒸れるからヤなんだろうな、多分。まあ、えーんですけどね。今日はそんな大した雨でも無かったし。て言うか、ヒドい雨ならそもそも出さないし。ボンがどんだけ泣きわめこうと」
まるち「そうですね(^^; あの、お風邪をひかれてはいけませんから〜」
カニ子「でも、その内きっと雨の中飛び出す様になるカニー。嵐になったら大喜びカニよー」
へむ2「うむ。それはまあ、男の子だからな」
はつね「あはは(^^; そうだね、男の子だもんね。台風とか雷とかは好きだよね、きっと」
へむ2「誰でも一度は通る道。でもそーゆーのは小学校入ってからにしてくれたまへ。それまでは許さんよ、っと」

* つ事で。出たり入ったりちょっちドタバタしたんで、ぐでーん。

-

* 夜。

* うだうだ。どーしても解決しときたい問題が一個だけ残ってるんですが、どーにもうまく行かず。うーん。

*

あずさ「アドエス?
へむ2「あどえす。メール受信時の青色LEDの制御がどーにもこー、でなぁ。いや、tmailってソフト使えば出来るんは分かってるんじゃけど、ちと重いんでなあ。もー少しなんとかならん物かと思うおにーさんなのだよ」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
へむ2「うん。まあ気にするほどの重さじゃ無いのも分かってんじゃけど、LEDの制御だけの為に立ち上げる、にはちょっと。まあ本来が着信音やらバイブやら、その辺の制御も出来る物なんで? 全部まとめてtmailでやりゃあいいんじゃろうけどさー」
カニ子「やればいいなら、やればいいんじゃないカニ? 何か問題でもあるカニか?」
へむ2「やー。今までは何や知らん時々音が出なくなったりとかして、微妙トラブル風味だったのよ。もっとも、環境が安定した今なら問題無いんかもしれんけど・・・けど・・・むう。やっぱ一度、その辺確認してからにするか。それで問題無いなら、問題無いんじゃし、なあ」

* と、ゆー訳で素直に全部tmail使う環境に切り替えて。これで一日二日おいてみて、安定してる様ならまあ、まあ。ですにゃー。

-

* にゅ。

* ほいじゃ一通り落ち着いた所で、今日もここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


あどえすいぢりも一旦くろーず。

* 朝。

* ごー。

-

* 昼。

* お仕事。

-

* 夕方。

* まだまだお仕事継続中。

-

* 夜。

* にゃふー。

*

へむ2「と、ゆー訳で。今日もよく働いて疲れたので、とっとと寝ようと思うおにーさんなのですが」
まるち「はい〜(^^; どうぞ、はい、お早めにお休みください〜」
へむ2「うん、そのつもり。でもまあその前に、また一区切りって事で現状報告会といきましょうか。あどえすの」
あずさ「・・・別に、報告してくれなくてもいいのよ?(−− 昨日の今日なんだし」
猪名川「せやな。LEDがどうこう、て聞いたばっかやで?」
へむ2「まあそうかもしれんが、進展があったのでつらつら流しておこうじゃないかねセニョリータ。とりあえずtmailで音が出ないー、問題については『現在時刻を見て再生制御を抑制する』設定を消す事で普通に解決いたしまいた。なんだかよく分からんが、引っかかっちゃってた模様」
猪名川「ほーん。それはバグ? それともあんたの書きミス?」
へむ2「さて。もうどっちでもいいやー、気分だったのでチェックもしてねぇ。そもそも時刻制御に関しちゃスクリプトの方でやってるんで、tmail側でやる意味無かったんじゃし」
猪名川「あ? なんや、そうなん?」
へむ2「うん。鳴る鳴らないの場合分けは全部スクリプトの方で済ませてるのよ、俺。だからまあ、tmail側の余計な制御は要らないよね、つー事で余計な設定全消去。ただまあ、それでもやっぱりスクリプトクリックから実際のアラーム起動まで4秒かかるんで? 重いは重いわなー」
あずさ「4秒て(−− 我慢しなさいよ、それくらい」
猪名川「つーか。別に何秒かかったかて構わんやろ? 直で携帯いじっとると時以外は、『自動で受信に行って、全部済んだら鳴る』んやから」
へむ2「まあねー。しかも俺の場合、『nPOPQが最前面に出てる時はホントに何も鳴らさない&LEDもつけない』、でやってっから? タイムラグが気になる画面いうんは、本気でほとんど無かったりするのだよ。これが」
あずさ「だったら全然問題無いでしょが(−− 何、アンタそんなどうでもいい事の為に、昨日うんうん唸ってたの?」
へむ2「うん(きぱ) たとえ『見えてないから気にならない』話であっても、起動が遅いのはおにーさん嫌だ。理想は、クリックから1秒以内に速攻起動。これやね」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「ほんっとに、我が儘カニねー。どうでもいい事なんかどうでもいいんだから、それよりとっととエロゲーやるカニよー」
へむ2「済まんな、明日まで待て。今日はさすがに無理」
カニ子「・・・ホントに、明日出来るのカニー?」
へむ2「や、あどえす設定がこれでほぼ完全に終了したからなあ。予定表のToday表示に関しても、実は『予定を表示する期間』を『無制限』から『一ヶ月』に下げればそれでおけ、らしい事が判明したし」
まるち「はわ? あ、そうなんですか?(^^;」
へむ2「うん、実は、やー、色んなソフト試したんじゃけど、どーにも気に入るのが無くってさー。結局ぐるっと一周して元のdyScheduleいうんに戻ってきてね? で、そこでふと思い立って設定いらってみたらいきなり解決しやがんの」
まるち「はぁ(^^; えっと、でも、はい。それは、おめでとうございます〜」
へむ2「ありがとう。まあ一ヶ月だと、俺の場合『ほとんどいつも予定は一個だけ表示』になっちゃうんで? ちょっと寂しくはあるんですけど、ね」

* でもまあ、背に腹は替えられません。これで安定するんだからそれでよし、とゆー事で。

*

へむ2「これにて、あどえすの環境設定ほぼ終了ー。細かいバグ修正とかはまだ多少入るでしょうけど、大きな作業はホントに何もナッシング、だ」
あずさ「はいはい、おめでとうおめでとう(−− じゃ、もう寝なさい。遅いわよ」
へむ2「あーい。まあでもホント、これでメールからsshから音聴きから地図確認まで、なんでもかんでもあどえすでお手軽に出来る様になりました、っと。苦労はしたけど、こっからは随分便利になるハズ、ですわー」

* 多分(微妙弱気) と、ゆー所で今日はここまで、お休みなさい。

* ばたきゅー。


完了、と言う度に問題が出てくるこの不思議。

* 朝。

* あーよく寝・・・おや。またメールの受信が何か変だな。<あどえす

*

あずさ「・・・・・・(−−」
カニ子「いー加減言い飽きた気もするけど、またカニか。またカニかー」
へむ2「まただよコンチクショウ。しかし・・・ふむ?すげぇシンプルに、メール取得位置の初期化が出来てない気がする。はて、再起動直後、メーラーが絶対立ち上がってないタイミングでini書き換えしてるから、んなハズ無いんじゃけどなあ」
猪名川「ハズ無いけどなってる、いうんやったらそらその『ハズ』が間違っとんやろ。まあとりあえず、見ながら再起動かけてみぃや。普段は夜中自動実行やから見てへんのやろ? 再起動画面」
へむ2「つーか、リセットスクリプトん中でバックライトオフにして、起動スクリプトの最後にバックライトオンしてっから手動再起動の時だってきっぱり見てませんが、何か? まあ、バックライト制御はずして見てみますかね。とりあえず」

* つ事でかちゃかちゃぽちっとな。ん? あら。何や知らん、いっとう最初にnPOPQが立ち上がってますなあ。

*

へむ2「ふむ? スタートアップの中身を空にしても立ち上がるんで、スクリプトの方の問題じゃあない。他のソフトが悪さしてる訳でも無い。純粋に、システムが呼び出してる、と?」
あずさ「・・・何なの。それは。一体(−−」
へむ2「さて。そう言われても困っちゃうのですが・・・あ。あ、いや。分かった。lightmailだ」
猪名川「ライトメール?」
へむ2「うん。簡単に言うと『相手の電話番号指定して直で短文メールを飛ばす』いう、WILLCOMのPHSにくっついてくる機能なんですけど。これを先日、nPOPQ起動スクリプトと差し替えたのよ。俺」
まるち「はぁ(^^; つまり、あの、そのライトメールさんが、最初に起動なさって〜」
へむ2「る、という訳じゃね。アクティブなライトメール画面が出てなかったから気付いてなかっただけで、実は常にバックグラウンドで立ち上がってた、とゆー事ですな」
まるち「はぁ(^^;;;」
猪名川「・・・何やかなあ。つか、なんで差し替えてんねん。そんなもん」
へむ2「んー? うん、それは語り出すとちょい長いんじゃけど。順番に言うとやね、まずレジストリの『HKEY_CURRENT_USER\Software\Sharp\PhoneStatus』に、『Status4』いう値があんねん」
猪名川「はぁ、さよか。ほんで?」
へむ2「で。これにね、『1』放り込んでやると、青色LEDが着くねん。つまりフクザツな事考えんでも、すごい簡単にLEDの制御が出来んねん」
猪名川「ほほー。そらまた、便利やないかい」
あずさ「・・・て。それが分かってるんだったら、なんでアンタは昨日一昨日、あんなに」
へむ2「や、それはもちろん問題があるからですよ。つまりやね、この『Status4』は、正式には『ライトメールの未読数』を表す値であって。だからこそ未読を表す青色LEDが着く訳なんですけど、でも同時にタスクトレイにライトメールアイコンが現れる、とゆー事でもあるのな」
猪名川「なるほど。まあ、納得出来る仕様やな」
カニ子「そうカニねー。むしろ、出なきゃ変って感じカニー」
へむ2「変でも構わんから消してくれって感じなんですけどね、俺的には。正直ね、これさえ消えてくれりゃあ、LEDの制御は本気でこの『Status4』まかせに出来るのよ。本来のライトメールなんぞ、俺ぁまず間違いなく使わんのじゃからさー」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい〜。よそのメーカーさん相手には、ご利用出来ないみたいですし〜」
カニ子「おんなじWILLCOMの間だけ、カニかー。それは確かに、使い勝手悪いカニね」
へむ2「つーか俺の回りでWILLCOM使ってるのって、ぶっちゃけ嫁しかおらんのでな。普通に電話かけるなり、普通のメール飛ばすなりでもう十分。だから『Status4』の有効利用をしたいんじゃけど、でもアイコンが消えない。消えないのはムカ。おまけに間違えてクリックしちゃうと、実はこのライトメールて通常の手段じゃあ終了させれない。めがっさムカつー。と、そんな感じ」
まるち「はぁ(^^::: な、なるほど〜」
へむ2「だから次善策として、『ライトメールの代わりにnPOPQが立ち上がる』よにしてあったんじゃけどねぇ。でも・・・こういう副作用があるんなら仕方ございませんな。しゃーないから却下、いう事で」

* ぽちっとな。と、あ、そーだ。後、『一日一回自動リセット』を、『一週間一回自動リセット』に変えとくザマス。ぼちぼち、それでOKなくらいには安定したと思いますので。

-

* 昼。

* お仕事。今日は少なめー。

-

* 夕方。

* そーいやすかんと忘れてたので、あどえす『電話』画面の背景の差し替え作業をふにふにと。まあ別に、凝ったもん作るつもりは毛頭ございませんので? 元々の素材を活かしつつ、極めて簡単な物を。

*

猪名川「んー? アケルなんやな、素材」
へむ2「うん、今回はForestしばりっつー事で。Today画面でネズミの騎士様、使ってますしねー」
カニ子「なんでそこでぼんふりって言えないカニかー。私の方が、絶対映えるカニよ?」
へむ2「や、寝言は寝てから言え白血球。つーかお前を背景画像にするくらいなら、素直にまるちを背景にするわい」
まるち「は、はわ?(^^;」
カニ子「差別カニ! 差別カニよ!?」
へむ2「るっせぇ。俺の趣味で作るもんなんじゃけ、俺の趣味で選ぶ。異論は一切認めない」
あずさ「・・・て、趣味で選んでアケルなの?てっきりアンタの事だから、刈谷さんでも選ぶのかと」
へむ2「ああ、その辺は立ち絵の横幅の問題。刈谷さんはすっきりしすぎてて、ちと寂しいのさのよいよい」
あずさ「そういう物なの? まあ、アンタがそう思うんなら、別にいいんだけど」
猪名川「えーんやけど、騎士様にアケル。何つーか、微妙『腐』仕様やなー」
へむ2「ほっとけ。真面目な話、『シルエットだけ』で使うにはちと向かんのよ、えろげキャラのおにゃのこってなぁ。かといってちゃんと描画があると、テキストと重なった時に極めて見にくくなる訳で。ある意味、苦肉の策なのよなー。騎士様にしろ、アケルにしろ、ね」

* と、そうこう言ってる間にはい、おしまい。<背景画像>出来ればボタン画像も変えたい所ではあるんですが、さすがにそんな時間は無いので。この辺で素直に妥協、するですよー。

-

* 夜。

* ・・・と、うお。いかん、今度は一個、バグっつーか嫌な仕様、はっけーん。

*

へむ2「大変だ。nPOPQって、自力で接続に行った時にレジストリを書き換えてくれないよ」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「いや。ふつーにダイヤルアップすると、とあるレジストリが書き換わるよーになっててやね。だからそれを見て、接続中かどうか判断するスクリプト書いてたんじゃけど」
猪名川「ほぉ。つまり、それがうまいこと動かん様になった訳やな」
へむ2「なった訳だ。そのせいで、nPOPQが接続に行ってる最中でも問答無用でサスペンド。結果当然エラーを起こして、さらにそのエラーのせいでその後の自動受信が全部失敗、とゆー」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。こ、困りましたね」
へむ2「うん。まあ、素直にConnected使えば接続してるかどうか分かるみたいなんで? そう書き換えるしか無いかなあ、って感じではあるんじゃけど。でもこれまた困った事にこれ、単体だと『どういう経路で接続されてるか』が分かんないのよね」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「だからその辺をこっちで何とか判定してやらんとアカンのじゃけど。ん〜〜・・・いい手が思いつかんから、とりあえず『他の接続がある時はレジストリだけを見る、他が無い時はConnectedつー手でいくかなあ。あんまし綺麗な方法じゃあ無いんで、好かんのじゃけどねー」

* で、他にも色々細かい修正があったりして。結局全部終わった時にはこの時間。うじゅー。

*

カニ子「・・・やーくーそーくー」
へむ2「すまん。許せ、カニ子」
カニ子「はーどーおーしーたーカーニー。て、心の底から言いたいカニけど。でももういいカニよー。どーせこんな事だと思ってたカニ〜( ̄ヘ ̄)」
あずさ「はいはい、やさぐれないの、カニ子も(−− で、アンタは寝なさい、とりあえず」
へむ2「あーい。にしてもホント、何でかなあ。完了したー、て思うと、なんか変な所から変なトラブルが沸いて出るんだよなあ、あどえすって」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、はい。今までも、何度か、似た様な事が〜」
へむ2「にゃー。とは言え、さすがに今度ばかりは大丈夫、だと思ってるんだけどねぇ。けど・・・ねぇ」
猪名川「ま、明日になってなんも無かったらホンマに完了やろ。やからとりあえず寝ぇて。今悩んでてどーなるもんでもないんやし」
へむ2「やね。じゃあそーゆー訳で、お休みー。また明日ー」
まるち「はい〜(^^; お休みなさいませ〜。どうぞ、あの、ごゆっくりお休みください〜」

* ・・・ふぅ。あー、んじゃホントに寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


リハビリ上海いい笑顔。

* お仕事ぽたた。で、何や知らん、しばらく使ってるとやっぱり音が出なくなる、と。<あどえす

*

へむ2「ふむ。まあとりあえず、音を出すのは自前スクリプト、tmail使うのはLED制御だけ、とゆー状況に切り替えておきますか(かちゃかちゃ) これで問題なく数日使える様なら、原因はtmailですなあ」
あずさ「そうね(−− にしてもホント、毎日何かトラブル起こすわね。アドエスって」
猪名川「まあ、同じ所でぐるぐる回ってるだけー、いう気もするけどな。音が出んのかて、根本的な対策は何一つとっとらんのやし」
へむ2「そーね。結局の所手を変え品を変え、トライアル&エラーで『一見、ちゃんと動いてる状態』を見つけてるだけですからナー。根本的な所までいじるには、環境も無いし資料も無い。だからしょーがないっちゃしょーがないんですけどねー」

* と、設定変更済ませた所で、今日はホントにしばらくぶりで、えろげなぞ。お題はもちろん『マスクドシャンハイ』で、あ、ピンルーの笑顔、いいなー(笑)

*

へむ2「そして笑顔で心が和んだ所で、今度は大変シュールな光景が。うーむ」
まるち「は、はわわわわわ(^^;」
猪名川「ほー。とんでもない事になっとるの、上海」
へむ2「うむうむ。そしてなかなかに熱い展開。だがしかーし、その後のこのシーンのチハ坊にCGが無いのは間違っている。スタッフには猛省を促したい所やね」
カニ子「そんなマニアックなCGを誰が欲しがるカニか(−− 文章描写だけで満足するカニよー」
へむ2「いや、言っちゃ悪いがかなり需要はあると思うぞ? ライアーファンなら、多分全員大喜びだぜー?」
あずさ「全員って言うな(−− それなりの数がいるだろう事は認めるけど」
へむ2「いーじゃん、ニアリーイコール全員で。と、そゆ事言ってる間にボス戦だ。ゴー」

* そして残りHP、いちで勝利。うおー、めがっさ危ねー(^^;

*

へむ2「・・・て、おや。まだバトル、続くのか」
猪名川「続くんやな。まあ、話的にもまだ伏線、回収し終わっとらんしな」
へむ2「ん。じゃあもーちょい頑張りますかね。ちーと相手のHPが多くって、やっかいですけど」

* まあでも、結構順当に勝利して。乳のでかい娘ルート、これにてしゅーりょー。そしてお次はおまけシナリオ・・・は。ナニカシラ、このすっげ馬鹿馬鹿しい代物わー(笑)

*

へむ2「うわっはっはっはっはっはっは。やー☆ うひょひょひょひょ(ばんばんばんばんばん!)」
あずさ「・・・・・・(−− 相変わらず、って言うか何て言うか。一応確認しとくけど、これってFC通販の特典、よね?」
猪名川「やったと思うけどな。さすがにこんなもん、一般向けのおまけには出来んやろ」
まるち「そうですね(^^; あの、ライアーソフトさんの、過去の作品をいくつかプレイなさっておられませんと、あまり楽しめないかと思いますし〜」
へむ2「はっはっは、実にユカイユカイ。そしてカニ子ってば実に毒が過ぎる。うむ」
カニ子「うぇ? あ、あれは私じゃなくてカニよ! 私の本体カニ!! そ、、それに何て言うか、しょ、しょうがないんカニよー。その、生い立ちとかそんなのが、だから、その、し、仕方ないんカニ!!」
猪名川「まあ確かに、ライアー史上で五本の指に入る悲惨な生い立ちではあるはな。おまけにほにゃららなルートでは結局・・・やしなあ」
あずさ「そうね(−− そういう意味では確かに、仕方がないんでしょうけど」
カニ子「だ、だから私を責められても困るカニよ!?」
へむ2「うむ、責めてはないから安心しろ。ただ、堕ちたもんじゃのうヒロイン、と思ってるだけなので」
カニ子「お、堕ちてないカニ! 堕ちてないカニー!!」
あずさ「はいはい、それくらいにしときなさい(−− にしてもホント・・・好きよねぇ。こういう話」

* はっはっはっはっは。さ、じゃあよく笑った所で、後はメガネの幼なじみルートをちょっとだけ進めて、今日はおしまいまた明日。

*

へむ2「の、つもりだったのですが。ふと気が付けば、フルコンプして朝、になってたりするとゆー」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい。朝、ですよね」
へむ2「おかしいなあ。いや、途中でやめれなかった理由は明白で、『バッドエンドへの分岐部』がむさくさ後半にあったから。ここまできたんだったらもう最後までいっちまえー、とゆー」
あずさ「それは分かるけど、でもだったら幼なじみルート終わった所えでやめときゃ良かったでしょ(−− 何を最後までやってるんだか」
へむ2「やー。だってここまで来る共通ルートはさっくりぶっとばせるからあんまし時間かからんしー。それに間あけると、戦闘のコツ忘れちまうんでまた手間取るかなー、いうんがあってさー」
カニ子「確かに、今日も最初の方は随分苦戦してたカニよね。後半はさくさくだったカニけど」
へむ2「最初はね、宝貝の配置の事すかんと忘れてて、回復スキル一切無しで戦ってたから。後半は回復させつつ粘ってりゃあその内チャンスが来るんでそこで一気に、いう感じー。それでも幼なじみルートのラスボス戦は少しキツかったけど」
猪名川「相手も回復使いやったからな。あのバトルは。それもこっちにダメージ与えつつ自分は回復、いうめっさタチ悪い奴やったし」
へむ2「大概にして欲しいもんですな、まったく。まあ、勝ったからいいんじゃけどさー」

* て事で。<フルコンプ>ちなみに俺的に一番良かったシーンは乳のでかいむすめの凌辱シーン。二番目がピンルーの笑顔。うむうむ、この二つは大変ステキでありました。

*

へむ2「つーか、今回は全体的に『いい笑顔』のキャラが多かったと思うネ。個人的には大変満足であるの事よ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・いい笑顔、ねぇ(−− ま、いいんだけど、別に」
猪名川「んー。ほなまあまとめも済んだみたいやし、寝よかー。あ、うちは昼過ぎまで寝てるから、アンタは仕事、頑張りやー」
へむ2「何、俺も仕事は昼からなので、昼前まで寝るよ。にしても、やっぱ始めると時間食うからいかんね。えろげは」

* とは言え、積みが過ぎてるのでまだまだ頑張らんといかん訳ですがー。<えろげ>とりあえず次は『LOVE&DEAD』。目標、九月の中旬が終わるまで。そんな感じで、頑張れ未来の俺サマー。

-

* にゅ。

* では寝ます。お休みなさい、ぐぅ。


二日遅れで90話。

* 今日もお仕事夕方帰還。帰りのひこーきは結局一時間程度遅れやがって、心の底からコンチクショウ

*

へむ2「ANAはほんとーに役に立たんなあ。と、ゆー訳でずるずる遅れて、ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー。あの、お疲れ様でしたー」
はつね「お帰りなさい。やっぱり、雨のせい?(^^;」
あずさ「みたいよ。天気が悪くて羽田空港混雑で、とかアナウンスが流れてたから」
猪名川「羽田空港と関係あらへん所でも遅れたけどな。ちょーど離陸ん所で、空港周辺気流の状態が悪くー、言うて」
へむ2「まったくもー(ぶつぶつ) ま、でもいつまでも愚痴ってても話が進まんので、先に言いたい事言っとくよー。んとね、nPOPQですけど、取得位置の初期化しなくっても、ちゃんとサーバ上のデータと同期してくれる事が判明しました」
かえで「・・・・・・?」
へむ2「ああ、つまり。サーバで削除すれば、勝手にそれを追随してくれる、いう事です。再起動処理とか、そういうのは一切要らない」
はつね「あ、そうなんだ?(^^; じゃあ、前にちゃんと動かなかったのって、ええと、サーバーの方でどうこう、っていうあっちの方の話のせい・・・だった?」
へむ2「と、いう事になりますな。そしてそれに伴い、リセットかける必要もほぼ完全に無くなった、と言えましょう。まあ、ほかにどんなトラブルが潜んでるか分かりませんから? もーちょい様子は見ますけど、ね」

* つ事で、いよいよ本格的に安定化傾向に入った感じー。<あどえす>この調子でとっとと完全安定化、してくれるといいですなあ。

-

* にゅ。

* で、別話。ここ二日ほどはドタバタしてたんでついつい話題にし損ねてたのですが。

*

へむ2「Nikonが。D90を発表しましたね」
まるち「はい〜(^^) 今度は、あの、動画撮影が可能なんだそうで〜」
はつね「デジタル一眼レフでは初めてなんだってね(^^) すごいね〜」
猪名川「まあ、コンデジに追いついただけ、いう話もあるけどな。一眼では最初やー、いうだけで」
へむ2「そーね。ついでに個人的には動画機能はあっても使わないんで、要らない。と、俺的にはその辺が素直な感想ではあるんじゃけど、でもしかし。同時に、ここしばらくのNikonホント次から次へと先手打ってるなあ、とも思う。真面目な話、大したもんだぁねぇ」
ぴーす「そうですねぇ。この一年でD3D300D60D700、そしてこのD90と、合計五機種も発売なさっておられますしー」
へむ2「うん、しかもそのそれぞれが、明確にターゲット層を狙い撃ちしておられる。何つかね、ホントすごいね。去年から今年にかけてのNikonの攻勢っぷりは」
猪名川「せやなあ。やけど、さすがにそろそろよそのメーカーの反撃も始まる頃なんちゃうんか・・・て、ああ。やから今、『デジイチ初の動画機能』なんか」
へむ2「だと思うよー。よそに追いつかれる前に一歩先に行く、を、この一年体現し続けてる感じだ。で、さらに何か、来年の二月には重大発表があるそじゃし。その内容次第では、またデジカメ業界、何か大きなうねりが生まれるのかも、ね」

* ・・・とゆーか、ひょっとしてNikonの株を買うなら今がチャンスか、とか思わなくも無し。いや、買う金は無いんですけど(^^;

*

へむ2「なぁ?」
まるち「はぁ(^^;」
猪名川「ま、確かにチャンスはチャンスかもナー。その二月の発表次第では、大ゴケする事になるやろけど」
かえで「・・・今は。いくらくらい、なんですか?」
ぴーす「あ、はい。えっと・・・3500円くらい、ですね。上がるのであれば4000円は越えるのでしょうし、ええと、500円に1000を掛けて、50万? ですか?」
へむ2「そーだね、1000株買って350万。それが400万越えるか越えないか。そんな感じになると思われますんで、つまり今株を買っておけば将来的にはD700が一台くらいは買えるかな、と。まあホント、元手が無いんで夢想は夢想なんですけどねー」

* と、夢を見た所でえー加減遅いですので。今日はここまで、お休みなさい。

* ぐぅ。


東映太秦サムライワールド。

* 土曜日ー。今日は朝から、ボンが『お外に連れてけ連れてけゴーオンジャーゴーオンジャーお外でゴーオンジャー』と騒ぐので。まあ良い機会やし、いう事でえやっと劇場版を見に行く事に。

*

へむ2「ホントはねー。嫁も一緒にー、いう話だったんですけど。でも今日はちょっち都合が合わんので、アウト」
猪名川「まあ。嫁はんはそこまで劇場版に興味ある訳ちゃうしな。見れへんかったらそれはそれで、言うてたんやし」
あずさ「て言うか。そもそもアンタが『見たい』って言い出さなきゃ、普通に平日に行ってそれで済む話、だったんだけどね(−−」
へむ2「何ぃ!? 俺に見るなってぇのかコンチクショウ!!」
はつね「あはははは(^^; まあまあ、お兄ちゃん」
かえで「・・・落ち着いて、ください。それに、そろそろ、お出かけ、いたしませんと」
へむ2「おおっと。そーじゃね、そろそろ出ないと上映に間に合わん。つー訳で、あずあず」
あずさ「何よ(−−」
へむ2「お誕生日、おめでとう」
あずさ「え? あ、私? あー・・・ああ、うん。ありがと」
へむ2「どいたましー。や、今言っとかんと多分忘れるかんね、いう事で」

* で、映画館。幸いにして席も無事に取れ、ボンも特に騒ぎ出す事も無く(初めての映画館なんで少し心配してたんですが)、なかなかよい環境で上映開始。<劇場版ゴーオンジャー>いきなりのG9グランプリから始まって、舞台は太秦映画いやもとい、サムライワールドへ。

*

へむ2「そしてネタバレを避ける為いきなり上映後に時間軸を飛ばしますが。まあ結論から言うと、ぎゅっと詰まった面白い映画やったね、と」
はつね「うん(^^) テンポも良かったし、わ、わ、わ、って思ってる間に、あっという間にクライマックスだったし〜」
かえで「・・・あっという間、は、本当にあっという間、だったんです、けど」
猪名川「いや、これがほんまに物理的に『あっという間』やってんな。ゴーオンジャーとキバで合わせて二時間、いうからてっきり半々なんや思うてたんやけど」
へむ2「うむ、実際はゴーオン35分にキバ70分。いや、ちょっと10分くらいこっちに寄越せよヒキコモリライダー。なんで倍も取ってんだよお前」
はつね「あはははは(^^; でも、ほら、逆に35分だったから、あれだけ『ぎゅっと詰まってた』んだし〜」
ぴーす「そうですねぇ。キバさんの方はちょっと間延びしてらしたと言いますか。お坊ちゃまが、途中で『つまらないから出るー』と仰ったくらい、でしたしねぇ」
まるち「はい〜(^^; ただ、あの。普段、私たちはキバさんの放送を、見ておりませんので〜」
かえで「・・・見てたなら、違った、かも」
へむ2「どーかなー。仮に見てたとしても、劇場版は基本的に『人間ドラマ』やったからなー。結局のところ、ボンは『つまんないー』て言い出してたに100ペリカ」
あずさ「で、しょうねぇ。まだその辺が理解出来る年じゃあ無いし」
カニ子「でも、やっぱり35分は短すぎって思うカニー。普段のテレビ放送の、たった1.5倍カニよ?」
猪名川「やな。しかもその1.5倍に、二話分くらいの内容。おまけにきっちり全員分の名乗りから見せ場から入ってて、さらには謎の炎神大将軍、やもんなあ。ぎゅっと詰まってるにも程がある、いうもんやで」
へむ2「まったくまったく。なんせキャリゲーターにセリフがあるくらい、『全員分の見せ場アリ』じゃからな。スタッフさんの苦労が忍ばれる、てなもんさーはわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・いや、そこが判定基準なのもどうかと(−− 分かるはそりゃ、分かるんだけど」
はつね「あはははははは(^^; でも、うん。ホント楽しかったよね、ゴーオンジャーは」
へむ2「ゴーオンジャーはナー。キバに関してはやはり、余計な人間ドラマを盛り上げすぎに感じられる。普段放送見てない身としては、ね」

* まあ、向こうの想定には無いのかもしれませんが。<放送見て無くて、映画だけ見に来る>でもそれならそれで、『ゴーオンジャーだけ廉価価格』を作ってくれよ、と。 1800円払って35分で出るのがあまりにももったいなかったんで最後まで見ましたけどさー。でも、正直、ねぇ?(苦笑)

-

* にゅ。

* でもって映画の後はボンを公園で遊ばせたり、お昼寝させたり。いつものよーにドタバタしながら夜になる、っと。

*

はつね「えっと(^^; お兄ちゃん、明日は朝からお出かけだよね?」
へむ2「うん。ゲーム会ですから」
かえで「・・・じゃあ、今の内に。この夏も、お世話になりました(深々)」
へむ2「ああいえいえ、特にお構いも出来ませんで。夏休みも、もう終わりじゃからねー」
はつね「うん(^^; ありがとうございました、お兄ちゃん。また、今度は・・・冬休み、かな? 出来れば、どこかの三連休で来たいんだけど」
へむ2「うーん。ちょっとこの秋の三連休は、なんだかんだでドタバタしてるかも。嫁の実家に里帰り、とかもあるもんで」
はつね「うん、知ってる(^^; だから無理は言わないけど・・・もし、どこかで大丈夫な時があったら、教えてね?」
へむ2「あいあい。ではまあ明日、気を付けて帰ってください。ちなみにあずあずも、帰るんよね?」
あずさ「そうね。いつも通り、戻らせてもらうわ。一度」
へむ2「あい。まああずあずも、気を付けて往き帰りしてくらはいなー。と、ゆー所で」

* ほいじゃ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


アンタッチャブルで相棒で。

* 日曜朝のゴーオンジャー。今日は黒がメインの話・・・はいいんですが、変身後の状態で官憲に捕まる正義のヒーローは初めて見たよーな、前にもいたよーな(^^;

*

猪名川「つーか。アンタッチャブルなんかい、ガイアーク。関わったら左遷させられるて、一体どないな警察やねん」
あずさ「・・・平和を守るつもり、無いのねぇ(−−」
はつね「あはははははは(^^; で、でもほら。そんな設定でも無いと、正義の味方って〜」
かえで「・・・銃刀法、違反とか。色々、と」
へむ2「いや、だから官憲の目に触れない所で暗躍するのが正義の味方って物なのですが。そしてもう一個突っ込みたいのが『相棒』。すげーストレートに言わせてもらいたいんですけど、君ら全員『キャリゲーターも相棒』や、いうんを忘れてるやろ。きっぱりと」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。出てこられませんでしたね、キャリゲーターさん」
カニ子「でも、相棒が二人とか言ったら、ややこしくなるだけカニよ?」
へむ2「かもしれんが、しかしなあ。あ、で、次回はとうとう10体目のロボット登場だそーです。多分武器になるタイプ」
ぴーす「はいー。いよいよ、二桁に突入ですねぇ・・・」
へむ2「ですね。ま、おもちゃ売らんとアカンねんから、その辺はしょーがないとゆー事で」

* 事で。でもまあしかし、後20話少々を残して10体目。最終話までに、まだ少々は増えそうな雰囲気ではありますなあ(^^;

-

* にゅ。

* で、昼間はゲーム会にれっつらごー。結構久しぶりだった&着いた時からねむねむだったせいで、ボンは『こわいー』と大泣き状態に(ぉ

*

へむ2「まあ、昼寝させて気分転換にお外で公園遊びさせて。で、その後は落ち着いて、中で遊んでたんですけどねー」
まるち「はぁ(^^; そ、そうだったんですか〜」
ぴーす「・・・皆様にお会いするのも、初めてではございませんのに。忘れてしまわれてたのでしょうか?」
へむ2「うん、忘れてたっぽいよー。まあ、二ヶ月以上あいてますからのう」
猪名川「そら忘れもするわな。毎日、なんや新しい事憶えとるんやし、ところてんで」
へむ2「つー事ですな。ちなみに今日は予想外に暑くなったんで、じゃぶじゃぶ池でも遊ばせてきたのですがー。どーもそのせいで、少し風邪引きっぽい。ので、明日はちょっと注意して見てあげてくらさい」
ぴーす「あ、はいー。それは、はい。了解いたしましたー」
へむ2「ん。じゃ、そーゆー事で、今日はここまでまた明日ー」

* ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]