まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



れっつぷれいつー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


銀色戦士銀幕版。

* にちよー。今日は映画のギャバンを見に・・・あれ? 新しいギャバン、中身が宇宙人じゃなくて地球産ですよ? あれ? しかもなんか、訳分かんない三角関係物語が展開されてますよ? あれぇ?

*

へむ2「要らない。そんなドラマ、要らない。本気で」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、はぁ」
カニ子「まあ、フルアクションの方がいい気はするカニね。子ども向けに作るんだったら」
あずさ「子ども向けに作ってるかは、結構微妙だけどね(−− 初っぱな、いきなりモブの皆さんが血、流しながらバタバタ死んでいくし」
へむ2「『あの女が欲しいか。ならば死ね!』 すごいな宇宙人、訳分かんねぇ理屈だぜ!Σd(>ω<) いや、その人ゲットが任務だったからなんだろな、と、後になってからは理解出来るんじゃけど」
ぴーす「はいー。ただ、あの。別にあの方に関わらなくても、良かったんじゃないかという気はー」
あずさ「そうね。無視で良かった気はするわね(−− 一応、騒ぎ起こして陽動、っていうのも作戦ではあったんでしょうけど」
へむ2「陽動せんでも普通に目標達成出来そうだったけどナー。しかしアレね、あの事故が一年前で、そん時に初代ギャバンに拾われたいう事は。ゴーカイジャー映画ん時の帰り道あたりだったんだろうなあ。タイミング的には」
カニ子「そーカニね。で、そのタイミングで火星調査カニか。豪毅カニねぇ、戦隊世界の人間はやっぱり」
へむ2「そじゃな。別の世界・・・て言い張るには今までの色々からさすがに無理だし、うん。豪毅よな。大半をゴーカイ六人が引き受けてくれてっから楽にはなってんじゃろうけど、それでもザンギャックに攻め込まれてる最中なのに」
あずさ「でも、同じ世界ならなんでワームホールにそこまで拘ってるのか、不思議よね(−− ワープも何も、普通に存在してそうなのに」
へむ2「や、そこはそれ。きっとあの世界、デンジ転送システムがメインストリーム過ぎてそれ以外の転送システムはマイナー扱いなんスよきっと。え、ワームホール使ってワープ? 何その非効率。ぷぷ、ダッサーい。とか、きっとそういった反応が」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの。どういう方向で否定されましたかにつきましては、特に説明はございませんでしたので〜」
あずさ「・・・まあ。ほいほいワープしてくる人らがいる中で、わざわざ別のやり方、とか。そりゃ、世間ウケはしないわよねぇ(−−」
へむ2「ぶっちゃけ、車輪の再開発ですからな。まあでもしかし、正直この辺は枝葉の話。今回の映画、最大の問題点は」

* ・・・新世代ギャバンが、実に未熟とゆー事ですなあ。や、そら、『成長を描く』つーんは分かるんですけど。分かるんですけど。

*

へむ2「でも、『基本フルボッコされてるシーンしか記憶に残ってない』レベルなのはどーなのよ、と」
あずさ「あー(−− 勝つ時はいきなりレーザーブレードで一撃、だから印象に残らないのよねぇ。今回のバトル」
へむ2「うむ。しかもこー、先代様は実に安定。電子星獣ドルは超無双。と、比較対象が比較対象なんで、なぁ」
カニ子「確かに無双だったカニねー。あのロボドラゴン」
ぴーす「はいー。ドルさんお一人で、ええ。画面一面の敵部隊を、全滅させておられましたものねぇ」
へむ2「伊達さん・・・じゃ無かった、次世代シャリバンシャイダーもぶっちゃけ、『出てきて必殺撃って終わり』レベルの扱いだったしなあ。えいくそ、次世代陣の戦闘関連描写が弱すぎる。だからそんなドラマは要らん。要らんから、その分アクションに回せと。もー」

* と、がっくりしつつ、夜。外で晩ご飯も済ませて。最後にトレッタ・・・あれ? 中にマスターゼクロムがいますわ、この筐体。

*

カニ子「? 分かるんカニ? プレイもしてないのに?」
へむ2「ん。デモでな、『やせいの何々が現れた』の時攻撃側に出てくるポケモンは、『内部の出現待機テーブルに載ってる』ポケモンなのよ。で、マスターとスーパーは技が違うから」
あずさ「マスターなのも確実、と。ふぅん、便利なのね」
へむ2「うん。もっとも、16枚の内三枚だけ表示、なんで中に居ても見える確率は低いんですけど・・・まあでも、でもだからこそ見えた以上は頑張って取らなきゃなあ。今日は対ゼクロム用のデッキ持ってきて無いんで少々厳しくはあるんじゃけど、と? あやや」
まるち「はわ(^^; 正反対の位置に、『しんりん』が出ておられますね。えっと、あの、このどちらかが〜」
ぴーす「ゼクロムさん。と、なりますと、両方は選べませんから賭け、ですねぇ」
へむ2「うーん。ま、ボンの勘に賭けようか。選んで貰って・・・あれぇ!? レジェンドキュレムだ!Σ( ̄Д ̄;) キュレムが出た!!」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「え。あ、ホント。キュレムだわ」
カニ子「・・・じゃ、何カニか。マスターゼクロムとレジェンドキュレムが、両方一緒に待機中だった、って事カニ?」
へむ2「つー事ですな。ああえいくそ、どうする。対ゼクロムは持って来てねぇけど対キュレムはもっと持って来てねぇ。ああでも、しょーがねぇ。とにかく手持ちの最強で、対応〜」

* と、ゆー訳で頑張ったー。100円。そして後ろに誰もいなかったので、さらにもう一プレイで、マスターゼクロム。100円。

*

へむ2「・・・ふぅぅぅぅぅぅ。疲れた。つか、さすがに二連戦は、集中力が限界だ」
ぴーす「お疲れ様でした〜(^^; でも、あの、はい。取れて、良かったですね」
あずさ「かなり運にも助けられたけどね。両方ともにエクストラアタックが出たし、ゼクロムなんてただのモンスターボールだったのに何故か逃げなかったし」
ぴーす「体力0のゲットチャンス、って大きいんですね。思ってたよりも」
へむ2「そーね、体力がわずかでも残ってたらゼクロムには逃げられてたかな。その辺は何つーか、俺の運。て言うよりもボンが豪運なんでしょうなあ。きっと」

* と、ゆー訳で二枚目二枚目。<レジェンドキュレム&マスターゼクロム>しかし何ですなー、こやってレジェンドが二枚手に入ってる横で、マスターレシラムには一度も会った事が無い、つーんは。

*

へむ2「なんでこんなに嫌われてんだろうなあ。レシラムに。いやまあ、ブツ自体はネットで何とかしたから、いいんじゃけどさー」
あずさ「・・・アレじゃない? 普段から、『レシラムよりゼクロムの方がカッコいい』とか言ってるから。親子揃って(−−」
へむ2「え。いやでも、白より黒の方がカッコいいやん? 常識的に考えて」
カニ子「中二病乙、カニー。本気でそんな事言ってるから逃げられるんカニよ。白に」
へむ2「うにゅーん。しょうがねぇ、じゃあ次弾に向けて、しばらく『ホワイトキュレムよりブラックキュレムの方がカコいいよねー』発言は控えますか。次弾が白黒キュレムになるかは分からんのですけど、念のため」
ぴーす「そうですね。でも、あの、可能性は高いですかとー。キュレムさん、何かとプッシュされておられますし」
へむ2「最新ゲーム、白黒2のキャラだしな。と、ゆー訳で発言には注意しつつ、今日はもう疲れましたので」

* 写真整理だけして、ここまで。お休みなさい、また明日。

* ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]