まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



逝ってこ〜い!
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


火入れ済ませて一週休み。

* 月曜日。まあ、幸いに今日は元々お仕事お休みでしたので。

*

へむ2「火葬とか、つつがなく。もっとも、まだいくつかやる事残ってるんで明日一日はこっちから申請出してお休み貰おう、と思ったら」
あずさ「今週いっぱい休んでいいよ、って言われたんですって? 向こうから」
へむ2「うん。ま、そう言ってもらえるならそりゃ幸い。なんせどっかで一度実家に帰って、弟のパソコン回りいじらんとあきませんでしたからなあ」
ぴーす「はいー。一応、あの、そちら、今週末のご予定ではございましたけれどー」
へむ2「葬式もそん時にあっから、どんだけ時間取れるやら。ま、そーゆー訳なんで、水曜はちっとおかんと一緒に実家帰ってくらぁ。一応日帰りの予定じゃけど、進捗次第じゃ一晩泊まってくるかも」
カニ子「て言うか、基本泊まってくるつもりでいーんじゃないカニか。パソコン以外にも、色々あるんカニ?」
へむ2「ま、な。色んな手続きが色んな方面でなんだかんだあるんで、人手があるに越した事ぁ無い。んじゃけど、それ含めてどの程度時間かかるか本気で分からんのでなあ。ま、どっちに転んでもいいや、くらいのつもりで」
まるち「はい〜。ですので、あの、お着替えも、一応準備いたしますね?」
へむ2「ういうい、ありがと。さ、じゃあ今日はもう寝ますべー」

* お休みなさい。また明日。

* ぐぅ。


宇宙刑事な予告編。

* 火曜。なんやかやと済ませて、後は子ども向けテレビ雑誌付属のDVDで新しいギャバンの宣伝見たり。

*

へむ2「・・・何つーか、演技力がちとアレげでないか。二代目」
あずさ「あー・・・そうね。こう、何て言うか。何よね」
カニ子「映画一本、ずっとこれなんカニか。ひょっとして」
へむ2「さて。それだと色々キツいもんがあるんじゃけど、まあでも初代ギャバン出るんだからそっち見てればいいかなあ。て、あれ? シンケンイエロー?」
まるち「はわ? あ、確かに、はい〜(^^; イエローさんの、お名前ですね」
ぴーす「わ。全然、気付きませんでしたー」
へむ2「あー。や、まあ、『宇宙刑事の相方』コスチュームなせいで、印象が全然違ってたからなあ。つーかゴメン、正直俺、コスチュームの印象だけしか残ってねぇ」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「・・・ま、目立つ服カニよねー。アレ」
へむ2「うむ、だが宇宙刑事シリーズなのでそれは仕方のない事なのだー。さて、じゃあもーちょいやる事やって、寝るべぇよ」

* ぐぅ。そして夜中に起きだしてきて、うにに。こーこーまーでー。


実家お泊まり人様パソコン。

* 水曜実家帰り。でまあ、先日『HDDレコーダーに記録したデータをお出かけ転送してパソコンで見る』事が可能である事に気がついたので。

*

へむ2「移動時間をフル活用で貯まってたスーパーヒーロータイムの消化です。やー、今まではお出かけ転送、PSPかウォークマンが必要や、思てたんで放置だったんですけどねぇ」
まるち「はい〜(^^) ですが、あの、マジックゲート、でしたか。それに対応した物があれば、大丈夫なんだそうで〜」
へむ2「これで今後は移動中にのうのう見れるという物です。何つーか随分と、溜まっておりましたからなあ」

* で、実家着いた後は弟のパソコンいじり。やれパスワードが見つからんだのIDが不明だの、多少ドタバタしましたが。

*

へむ2「なんとか、今日の内にやっといた方がいい事はしゅーりょー。後は明日の朝、少々やる事やって帰還かな」
まるち「お疲れ様でした〜(^^) あの、お茶をどうぞ〜」
へむ2「ありがとー。まあしかし、何ね。やっぱ人のパソコンは使いにくうて、いかんね」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はぁ。普段と、あの、違いますから〜」
へむ2「ま、Firefoxが入ってたのだけが救いかぁ。ここがIEだったら、またもう一段面倒でしたからなあ」

* つ事で。ほんじゃ今日は早めに寝るですまた明日。

* ぐー。


スーパーヒーロー愛ある限り。

* 木曜。帰還。

*

へむ2「で、帰り道でやっぱりスーパーヒーロータイムな訳ですが。事ある毎にドーナツ奪われるウィザード、哀れ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。二話三話で、結局、あの、一口も〜」
へむ2「そしてギャバンだ! ひゃっはー! いや、出てきたのは二代目なんで多少がっかりじゃけどさー」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
へむ2「あ、ギャバンの相棒はちゃんと認識した上で見れば確かにシンケンイエローでした。しかし何やな、君ら。今更宇宙人で驚くんじゃありません。君らの一つ前、一体何やったと」
まるち「あ、は、はい(^^; そうですね。あの、ゴーカイジャーさんですし〜」
へむ2「既にほとんど公式に、世界は繋がってる設定なのになあ。もー」

* で、そうこう言うてる内にラスト一週分。あ、冬の映画の宣伝も始まったんです・・・な?

*

へむ2「・・・ポワトリン?」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「いや。この宣伝に出てるコレは、ポワトリンではあるまいか。あ、知らない人はぐーぐるせんせー
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、はい。似ておられますね」
へむ2「あ、普通検索かけてみてもやっぱりそうだ。今度はポワトリンと競演って敵はイナズマンかーい。最近はもう、すっかりコラボばっかになっとりますなあ」

* と、見終わった所でちょーど東京着。てけとーにブラついてから、帰宅。

*

へむ2「ガンバの宇宙タイプが『激』に進化しました。ただいま」
ぴーす「お帰りなさいませー。お疲れ様でしたー」
あずさ「進化させたのね(−− させても、あんまりいい事無いのに」
カニ子「必殺が少し上がるだけ。カニよね。確か」
へむ2「うむ。けどまあ、進化させねぇと毎回戦い済む度に『進化させますか?』て聞いてくるらしいんで、メドいのよ。なんで少なくとも、メインで使うタイプの奴は『烈』まで上げる方針で。大会時機との兼ね合いもあるから、多少は難しい所ではありますけどねぇ」

* うにに。ほいじゃここまで、また明日。

* ぐぅ。


いつの間にやら特命5弾。

* 金曜。さて、ダイスオー特命5弾のカードがサイトで公開されてる訳なのですが。

*

へむ2「ふむ。今回のDXレアはレッドホークにメガシルバー、でもってキバレンジャーか」
カニ子「なんか微妙カニねぇ。て言うか、ゴーバスターズはDXレアにならないんカニか、もう」
へむ2「どーかなあ。まあ、前弾みたく『Gレアにすらならない』じゃあ無くなって、一応全員Gレア一枚ずつはついてるんで、まだマシ?」
まるち「はぁ(^^; 確かに、はい〜。それに、あの、今回は、新しいスペシャルパワーもついておりますし〜」
あずさ「その『新しいスペシャルパワー』の効果はどれくらいなのかしらねぇ。APアップ、ってあるけど、元々のスペシャルパワーでも発動すれば実質プラス40くらいにはなってるんだし」
へむ2「そうね、思うに『効果としては同レベルか下手したら少ないくらい、でも毎ラウンド必ず発動』じゃないですかねー。効果思い切りアップ、だとさすがに対人戦が破綻するし」
ぴーす「そう、ですねぇ。ニュースの方を見ましても、『エンターのメタウイルスに対抗出来るのはシャットダウンだけ』とありますしー。メタウイルスが毎ラウンド発動ですから、シャットダウンも、はい。毎ラウンド発動の可能性はございますね」
へむ2「ま、何にしても稼働はもう来週です。トレッタと、シャバ弾で経験値稼ぎモードに入ったガンバのせいで、特命四弾はほとんどプレイしなかったなあ」

* で、夜ばたんきゅー。朝起きだして、以下略ー。


秋になっても寝苦しく。

* 土曜日。ちょっくらお仕事。

*

へむ2「そして夜、ぐーすか寝てた訳ですが暑くて起きだしてきたおにーさんであります。なんでこんなに暑いんだくらぁ」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい〜。今日は少し、蒸しますね」
あずさ「雨のせいかしらね。でも、もう十月なんだけど」
カニ子「もーちょっと涼しくてもいいカニよねー。季節的には」
ぴーす「そうですねぇ。今年は、はい。例年に比べて、お暑い様でー」
へむ2「おのーれおのれガッチャマン。まあいい、目が覚めた所でちっくらスクリプトいじりでもすべぇ。ガンバのライダータイプ、新しいのが公開されたら半分自動的に過去のに適用出来る様にするだーよ」

* ふにふに。他にも細かい機能を足して、ほんじゃこれまでまた明日。

* ぐぅ。


二人揃うと大騒ぎ。

* 日曜。弟の葬式で、家族揃って大阪へ。

*

へむ2「もっとも、実際の葬式は明日ですが。で、ボンとうちの兄貴の子を一緒にお風呂に入れたら、想像を超えて大騒ぎな罠」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜。普段、あの、あまり無い事ですので〜。その、はい。テンションが、上がってしまわれたのかと〜」
へむ2「ま、そらそんなトコなんでしょーけど。やれやれ」

* ほい。じゃあ明日に備えて、これまで。

* ぐー。


帰りの電車はミド・リーロ。

* 月曜。お葬式済ませて、帰還。

*

へむ2「ちなみに帰りはグリーン車。まあ、急な話で普通の指定席が取れなかっただけなんですけど」
まるち「はい〜(^^; あの、三連休の、最終日でもございましたし〜」
ぴーす「混みますよねぇ。やはり、はい。えと、お帰りなさいませー。お疲れ様でしたー」
へむ2「ただいま。しかし何でしょう、ホテルのベッドよか眠り心地が良かった様な気がせんでもありません緑席。ま、疲れてたっつーんももちろん、あるんでしょーけど」
カニ子「ふーん? そんなに寝心地、良かったカニ?」
へむ2「うむ、なんか存外すかっと眠れた。まあその分お値段も高いんですが、まあでも。『疲れてる事が確定』な、旅行の帰りくらいなら、今後も使ってみてもいいかもしれませんね」
あずさ「まあ、それでもいいかもね。疲れ残して翌日仕事、っていうのも大変だし。何より、アンタももう若くないんだし(−−」
へむ2「HAHAHAHAHA、何の事やらー。さて、じゃあ二週分溜まってる写真の整理して、寝ますかねー」

* うにににに。まーたあーしーたー。

* ぐぅ。


100回カード使い切り。

* 火曜日。感覚的には随分久しぶりの、お仕事。

*

へむ2「なので少々、調子が狂っておりますな。ま、すぐに修正されるでしょーけど、て事で、ただいま」
まるち「はい〜(^^) お帰りなさいませ〜」
あずさ「お帰り。随分遅かったのは・・・遊んでたのね。仕事じゃ無くて(−−」
へむ2「うん、ガンバの経験値稼ぎしてました。で、100回セーブ可能なICカードも使い切り。新しいカードにデータコンバートしてきましたですよ」
カニ子「つまり、それだけお金使ったって事カニねー」
へむ2「はっはっは。や、でも、どーせカード買うのにある程度ぶん回すんです。その分が経験値になったんだ、と思えば」
あずさ「どっちにしろ無駄遣い(−− まあ、アンタのお小遣いだからいいけど」
へむ2「ま、今弾過ぎれば後は楽になるっすよー。さすがに、六タイプまとめて追加ー、とかは今後無いでしょーし、ね」

* うにに。ほいだばここまでまた明日。

* ぐぅ。


一応全員激進化。

* 水曜。超余談ではありますが、ガンバライドれんぞくボーナス

*

へむ2「あれ、実は最後に上がったパラメータだけが有効になるのな。そこまでの分、全部が有効な訳じゃなくて」
あずさ「は? そうなの?」
へむ2「うん、多分。少なくとも、今日俺が確認した限りじゃあそうだった」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか〜」
カニ子「・・・いや、おかしいんじゃないカニか、それは。お金余計に突っ込んでるんだから、全部上がるのが筋じゃないカニ?」
へむ2「おう。だからしょーじき、バグなんじゃね? と思ってもいるんじゃけど。いるんじゃけど、まあいいや。ぼちぼちれんぞくボーナスに頼る必要が無くなったんで、放置。気になる方は、ご自分で検証してみてください、いう事で」

* で。経験値稼ぎの結果、全部のタイプがよーやく『激』に進化完了。つっても、6タイプ中3タイプはまだレベル1のままなんで、もーちょい上げてからでないと前衛には使えん訳なのですが。

*

へむ2「とゆー訳で、レベルの上がってる宇宙と万能を前衛にてきとーに回すザマス。明日、時間があれば」
あずさ「はいはい(−− 飽きないわねぇ」
へむ2「いや、実を言うと今日、レジェンドレアのウィザードフレイムが出たので。回す意欲としてはかなり減退しております。手に入れてないの、これで後はウィザードウォーターだけじゃからなあ」
カニ子「今回はレジェンドレアも、いっぱい手に入るカニねー。さすが、回してる回数が違うだけの事はあるカニー」
へむ2「うん。でもしょーじき、ウォーターは要らんなあ、気分でいっぱいなので。そーね、レベル低い組を激の10まで上げて。でもってその頃にはいっとうレベルが上がってる宇宙が烈になってるじゃろーから、それをまた10まで上げて。そこまでいったら後はのんびりかなー。さすがに」

* ま、そんな感じで。後はスクリプトの方、レベルに応じたボーナスをきちんと計算に入れれる様にして、今日はこれまでまた明日。

* ばたんきゅー。


激から烈へと宇宙、キター。

* もくよー。宇宙タイプは烈進化。

*

へむ2「ただ、そっちに時間取られたせいで残りの激が目標の10レベルに届いておりませぬ。具体的には三つほどが、9止まり」
あずさ「なんだ。9なら別に、すぐじゃない」
へむ2「ま、ねー。ただ何つーか、周回繰り返してる内にじゃね。CPUが少しずつ少しずーつ強くなってて、結構経験値効率が悪くなってるとゆー」
カニ子「へー。そんなに強くなってるんカニ?」
へむ2「うむ。具体的にはゲキレツと身代わりの出現率がハンパねぇ。1ラウンド目でゲキレツ出されて2ラウンド目必殺受けたり、こっちの必殺を身代わりされたり。特に身代わりは、もちろん倒せない事もあるんじゃけど、倒せたとしても必殺技ダメージが減るんでつまり経験値が減る。あほう、必殺ボーナスを返しやがれコンチクショー」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、はい〜。身代わり防御が出ますと、ダメージは半分くらいになってしまいますので〜」
へむ2「しょーじき、難しいクリアのボーナスを捨てて普通難易度でやって、で、大ダメージ出した方がええんやないかと真剣に考えるレベルです。後、EXバトルが大変邪魔。ミッションクリア経験値が欲しいから星集めてっけど、これも無視してぶっちぎってもえーかもしれませんなあ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・どこで稼ぐんカニか。それだけぶっちぎって」
へむ2「答え、ボス戦。や、ボス戦の経験値は他の面とは桁違いに大量なのでー。そこだけに集中してもえーんやないかと思う今日この頃です。一度に、良くて2タイプまでしか経験値稼げんのが難点ではありますけどねー」

* して、よー考えたらスクリプトが『リング使ってスタイルチェンジした場合』に対応してなかったので、そこもうにうに改良を。まあリング自体のパラメータ上昇分はさすがに手動計算ですが、レベルボーナス自体は自動で変更にしとかんと、メンドくさいですからなあ。

-

* にゅ。

* だば完成したトコで、ここまで。ばたきゅー。


気力尽きつつぶん回し。

* 金曜帰還。でまあ、昨日からダイスオーが特命5弾になってるんでとりあえずぶん回してきた訳ですが。

*

へむ2「本気で高レアカードの排出がシブちんになっておりますな。ただいま」
ぴーす「お帰りなさいませー。はぁ、そうなんですかー」
へむ2「うむ、20枚くらい連続で低レアが続くとかザラ。しょーじき、ここまでアレだとぶん回すのやめてお店でごにょごにょネットでごにょごにょした方が遙かに楽だと俺断言。後まあ、ここんとこ他のが付加価値付きなんで、『カードを買う』でぶん回すだけー、てのはちょいと寂しいなあ」
カニ子「そーカニねー。経験値稼ぎだったりバトルだったり、他のはゲームのついでに集める、って感じカニー」
あずさ「その分、時間も食うけどね(−− その手のは」
へむ2「まあそーなんだけど。でもまあかなり本気で、回す気が無くなってくるダスよダイスオー。やっぱなあ。10枚に一枚くらいは入っててくれんとなあ。高レア」

* さて、で。色々思う事はある訳ですが、それはさておき色々と。まあでも明日はちっと早いので。

*

へむ2「寝ますか」
まるち「はい〜(^^; あの、はい、どうぞ、お休みください〜azて言うか、早くないから。もう(−−」
ぴーす「2時前、ですものねぇ」
へむ2「はっはっは。ま、細かい事はキニシナイ。おっやすみー」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、はい。お休みなさいませ〜」

* ぐぅ。


早朝秋ヨド夜花火。

* 土曜日早朝秋葉ヨド

*

へむ2「以下略。まあ簡単に言うと、クリスマスに向けての恒例行事、ですな」
あずさ「まあ、クリスマス近くなってからやると大変だしねぇ。でも、なんかベルト以外もある様に見えるんだけど?(−−」
へむ2「だってクリスマスプレゼントに何欲しがるか分からんのだから、その時になってソードガン探し回るの大変じゃないですか。えーやん、どーせなんかのイベントん時に渡す事にはなるて」
カニ子「・・・まあ、それはそーカニけど。でも、ライオーはどーなんカニか。こっちは別に、いつでも買えるカニよ?」
へむ2「バイクモードがそれなりにカッコ良かったので!Σd(>ω<) とゆーのは置いといて、いや、真面目な話今日発売って知らなかったのよ。で、整理券見て、あー今日出てるんだー、と。後は寝不足な朝の判断力が、ね?」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− 怒られたら、自分で何とかしなさいね?」
へむ2「まあ、最悪俺の小遣いから補填して俺の私物にしますさー。で、とりあえず隠しとこーね。ボンに見つからない様に」

* で、時間ぶっ飛ばして夜。今日は近所で花火大会がございますので。

*

へむ2「そちらに行って、たーんと写真を撮ってきましたよ。今回はいい場所でしたね?」
ぴーす「はいー。少し早めに出ましたので、そのおかげですかとー」
へむ2「三脚立てる余地もございましたし、久々に三脚撮影しましタワー。ま、おかげで300数十枚。後処理の方が大変なんですけどねー」

* と、考えつつ。朝が早かったんでばたんきゅー。写真整理はまた後日ー。


レジェンド300出会い系。

* 日曜日。例によってボンとお出か・・・レジェンドキュレムだぁぁぁぁっ!!Σ( ̄Д ̄;)

*

へむ2「と、ゆー訳でさっそくプレイ。三回目のチャレンジでゲットしてきましたよ、レジェンドキュレム」
ぴーす「おめでとうございますー。お坊ちゃまも、はい。すごく喜んでおられますね」
へむ2「うむ。やー、でも、『他にプレイしてる人がいる』中で高レアゲットチャレンジは精神的にすげぇプレッシャーがかかるね。後ろに並び直してる間に、他の子に取られるんでないかと」
カニ子「あ。ちゃんと並び直したんカニねー」
へむ2「いや、そこはきちんとせんと駄目だろ、さすがに。でまあ、出会えればこーして300円で取れる訳なのですよ。レジェンドクラスでも」
あずさ「出会えれば、ね(−− 出会えないんだけど」
へむ2「どーしよっかなー、最後のマスターレシラム。しょーじきもー、お店やネットで以下略、コースにいこかいな、な気分ではあります。いるかいないか確認の為に数回だけ回す、な作業も、積み重なると結構馬鹿にならん額ですからなあ」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、はい〜。一日三回、でも、三日続けば1000円近くになる訳ですし〜」
へむ2「ま、大会とかが近日にある訳じゃないんでまだ悩む余地があるんですが・・・いや、ホントは10月からあるハズなんですけどね!? いまだに開催店舗情報純カラですが!」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・まあ、ガンバライドの大会とかだって一週前になってようやく、とかそんなレベルだし。一緒なんでしょうよ、きっと(−−」
へむ2「もー。ま、いいや。何にせよ、レジェンドが手に入ったんでこれで随分きーらーくー。つかもーホントにね、ここまで長かったー」

* うに。ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


なりきり魔法でショータイム。

* げつよー。お仕事済ませて帰って来たら、ウィザードコートが届いてましたよセニョリータ。

*

へむ2「ほむ。思ってたよか、早くに届きましたな」
まるち「そうですね(^^) えと、一ヶ月、経ってませんかと〜」
カニ子「思ったよりも応募した人少なかったのか、向こうの人が頑張ったのか。どっちカニかねー」
あずさ「まあ、身長100cmから110cm、だしね。合わないからー、で見送った人もそれなりにはいたんじゃない?」
へむ2「つー事ですかね。もっとも、公式110cmいうても? 実際には、それ以上の子で普通に着れそうではありますが」
ぴーす「そうですね。お坊ちゃま、もう110は越えておりますけれどー。それでも、まだちょっと、服の方が大きく見えますしー」
あずさ「んー。でも、その辺は肩幅の問題じゃない? どっちかって言うと」
へむ2「ふむ。確かにまあ、ボンは横が足らん、いうのはあるかなー。ま、何にしろ。ボンも大喜びなんで、良きかな」

* で、昨日貼り忘れた花火写真をぺとりこ。ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


[神無日記一覧] : 2012/10/16 : (コメントが2件あるにゅ)

連続封印すぺさる系。

* かよー。なんでしょう、今日はそんなには回した訳じゃ無いんですが、何故かレジェンドクウガ、三枚目。<ガンバライド

*

へむ2「・・・どうせなら、持って無いウィザードウォーターが出れば良いものを」
あずさ「そうね。まあでも、その辺は交換とかなんとかで、何とかする気になればなんとかなるんじゃない?」
へむ2「まあねー。ま、週末当たりにその辺も考えてみましょかね、てぇ所で」
あずさ「ところで?」
へむ2「うん。や、先日のれんぞくボーナス云々の件なんですけど。ゴメン、アレ、間違ってた」
カニ子「あれ? そーなんカニ?」
へむ2「うん。実際には『最後のだけ有効』じゃなくて、『条件次第でボーナス完全消滅』です。アレ。今日、その辺確認取ってきましただよ」
まるち「は、はわ?(^^; え、あ、そうなんですか?」
あずさ「・・・て。さらに悪くなってるじゃない、それ(−−」
へむ2「うん。で、条件も大体見当ついた。アレだ、SPカード使うとれんぞくボーナスが封印されるんだ。バトルサポーターとかと一緒で」
まるち「あ(^^; な、なるほど〜」
カニ子「旧弾頼る人には新弾ボーナスは使わせない、て事カニか。つまり」
へむ2「うむ、基本的にはそーゆー方針なんでしょーな。でもなあ、だったら最初からそう言うとかんかい。つー話でやね、金出して買ったボーナスが一言も無しに消滅するのはおかしいだろうと」
まるち「はぁ(^^;;; それは、はい、確かに〜」
へむ2「もー。ま、いいけどさ。基本的にはボス戦の時、経験値アップの為に一回追加するだけじゃし。経験値さえ入るんなら他はどーでもいいっちゃどーでもいいし。そう、いいんじゃけどさー。いいんじゃけどさー」

* でもおのれ。ちう所で、ほんじゃこれまでまた明日。

* ぐぅ。


久々鍋物茸系。

* 水曜日。長野の方は大分冷え込んできましたので。

*

へむ2「今日は鍋でいくザマス。この冬、初鍋〜」
まるち「はい〜(^^) 今日は、キノコさん多めのお鍋です〜」
あずさ「ま、お野菜いっぱい摂れるし。あったかいし。冬の鍋は、いいわよね」
カニ子「そーカニねー。これで、コタツも出してあれば完璧カニー」
へむ2「そじゃなあ。とは言え、実際問題としてまだコタツ出すにゃあ少々早い気分。その辺はまあ、雪降ったら考える、にしますかねー」

* で、色々うにうに。夜更かししつつ、今日はこれまでばたんきゅー。

* ぐー。


秋の大会予定組み。

* 木曜。ん、ガンバトレッタも、秋の大会開催店舗情報がきましたな。

*

へむ2「ふむ、どちらも開催は今月27日から。ただし、ガンバの方は・・・うーん」
まるち「27日、28日には、あの、あまり近くのお店がございませんね(^^; 離れた所でしたら、ございますけれど〜」
カニ子「じゃ、その週はトレッタ一択カニねー。ところで、最新情報の所には『ポケエネ&地形確認表』公開、ってあるカニけど? 一体ドコにあるんカニ?」
へむ2「うむ、きっぱり不明だ。正直、更新情報だけ書いて実際のページの更新忘れてんじゃね? 疑惑ががががが」
あずさ「・・・なんだか、もう(−− 色々とこう、アレな所があるわよね。トレッタのサイトって」
へむ2「まったくなあ。ま、俺が見落としてるだけでどっかにあるんかもしれませんけどー」

* とか考えつつ、ばたんきゅー。でもって朝にいつものコースで、ほんじゃ今週ラストお仕事。ですはー。


平成初代かるてっと。

* 金曜帰り道。ちょいと経験値効率化の為、カード組み合わせ変えたんで確認の為、一回プレイ。

*

へむ2「したら。何故かレジェンドクウガさんがまた出たとゆー」
ぴーす「は? えと、お帰りなさいませー。はぁ、あの、四枚目、ですかー」
あずさ「偏ってるわよねぇ(−− なんでそんなに、好かれてるんだか」
へむ2「さて、何でなんだか。おにーちゃん、平成系ライダーはディケイドからだからクウガオリジナル、見てもないんじゃけどなあ」
まるち「はぁ(^^; でも、一応、あの、ディケイドさんのクウガさんは見ておられた訳ですし〜」
へむ2「後半になるにつれてどんどん加速度的に空気キャラになってくねこの子。くらいの感想しかございませんでしたが何か。ディケイドクウガ」
まるち「は、はわ(^^;;; えっと、あの、それは、あの、ええっと〜」
カニ子「まあでも実際、空気だったカニよねぇ。変身すらしなかった回とか、かなり多かった記憶カニよ?」
あずさ「そうね。後は・・・信頼と実績の、洗脳キャラ?」
へむ2「ああ、事ある毎に操られてましたなあ。と、その程度の印象なんですがまあいいや。とりあえず明日は時間あったら、余剰カード持って秋葉行きますべぇ。で、レジェンド水ザードをなんとかしてくる。うん。そういう方針でー」

* うに。ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


魔法の火水で全方位。

* 土曜。秋葉にて滞り無く。

*

へむ2「さて。これで、後衛に何を置いても『前衛レジェンドウィザード』とかみ合わせる事が可能になった訳です。レジェンド火ザードは攻撃と必殺、レジェンド水ザードは防御と体力。それぞれのダブルベストになってるので」
あずさ「・・・何て言うか。すごいはっきり、攻撃と防御に別れてるのねぇ。火と水」
ぴーす「そうですね。ウィザードフレイムさんは、本当に防御力耐久力が全然上がりませんしー」
カニ子「逆にウォーターは、全然攻撃が上がんないカニねー。まあ、レベル上げれば必殺は上がるから、まだマシカニけど」
へむ2「うむ、ウォーターなら前半耐えて、後半の一撃で決める戦略になるかな。もっとも、その為に必要な『先攻取る為のAP補正』が全然足らねぇんじゃけど」
まるち「はぁ(^^; 確かに、はい〜。ウォーターさんご自身は、そういったスキルを持っておられませんものね」
へむ2「スタイルチェンジで風、加えて後衛にAP特化を置く。それくらいかなあ、出来るのは。それでも、やっぱ総合では『特化』まではいかないんじゃけど」
カニ子「じゃ、フレイムの方がいいんカニかね。使うのは」
へむ2「いや、火ザードは火ザードで、やっぱりAP上がんないのよ? ただ、使った感じだと火ザードは『ゲキレツや追い打ちの発生率にあからさまに補正受けてる』から、必殺撃つ前に勝負決めれるかも。とかそんな感じ」
あずさ「ふぅん? そんなに補正、あるの?」
へむ2「だって2ラウンド連続追い打ちとか、普通に出すよ? 他の火タイプライダー使った時はなかなかそこまでは出ないんで、やっぱ現行ライダー補正はある。とは思いますねぇ」
カニ子「むー。贔屓カニ贔屓カニ、贔屓カニー」
へむ2「ま、いつものこった。つー訳で大会ではさて、どーしたもんか。安定して強いんはフォーゼ&メテオ組や思うんじゃけど・・・ウィザードは、こっからフレイムドラゴンリングでさらにゲキレツ発生率、上がるからなあ。うーん」

* ま、悩みどころ。大会は来週からなんで色々と考えつつ、ほんじゃこれまでまた明日。

* ぐぅ。


銀色戦士銀幕版。

* にちよー。今日は映画のギャバンを見に・・・あれ? 新しいギャバン、中身が宇宙人じゃなくて地球産ですよ? あれ? しかもなんか、訳分かんない三角関係物語が展開されてますよ? あれぇ?

*

へむ2「要らない。そんなドラマ、要らない。本気で」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、はぁ」
カニ子「まあ、フルアクションの方がいい気はするカニね。子ども向けに作るんだったら」
あずさ「子ども向けに作ってるかは、結構微妙だけどね(−− 初っぱな、いきなりモブの皆さんが血、流しながらバタバタ死んでいくし」
へむ2「『あの女が欲しいか。ならば死ね!』 すごいな宇宙人、訳分かんねぇ理屈だぜ!Σd(>ω<) いや、その人ゲットが任務だったからなんだろな、と、後になってからは理解出来るんじゃけど」
ぴーす「はいー。ただ、あの。別にあの方に関わらなくても、良かったんじゃないかという気はー」
あずさ「そうね。無視で良かった気はするわね(−− 一応、騒ぎ起こして陽動、っていうのも作戦ではあったんでしょうけど」
へむ2「陽動せんでも普通に目標達成出来そうだったけどナー。しかしアレね、あの事故が一年前で、そん時に初代ギャバンに拾われたいう事は。ゴーカイジャー映画ん時の帰り道あたりだったんだろうなあ。タイミング的には」
カニ子「そーカニね。で、そのタイミングで火星調査カニか。豪毅カニねぇ、戦隊世界の人間はやっぱり」
へむ2「そじゃな。別の世界・・・て言い張るには今までの色々からさすがに無理だし、うん。豪毅よな。大半をゴーカイ六人が引き受けてくれてっから楽にはなってんじゃろうけど、それでもザンギャックに攻め込まれてる最中なのに」
あずさ「でも、同じ世界ならなんでワームホールにそこまで拘ってるのか、不思議よね(−− ワープも何も、普通に存在してそうなのに」
へむ2「や、そこはそれ。きっとあの世界、デンジ転送システムがメインストリーム過ぎてそれ以外の転送システムはマイナー扱いなんスよきっと。え、ワームホール使ってワープ? 何その非効率。ぷぷ、ダッサーい。とか、きっとそういった反応が」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの。どういう方向で否定されましたかにつきましては、特に説明はございませんでしたので〜」
あずさ「・・・まあ。ほいほいワープしてくる人らがいる中で、わざわざ別のやり方、とか。そりゃ、世間ウケはしないわよねぇ(−−」
へむ2「ぶっちゃけ、車輪の再開発ですからな。まあでもしかし、正直この辺は枝葉の話。今回の映画、最大の問題点は」

* ・・・新世代ギャバンが、実に未熟とゆー事ですなあ。や、そら、『成長を描く』つーんは分かるんですけど。分かるんですけど。

*

へむ2「でも、『基本フルボッコされてるシーンしか記憶に残ってない』レベルなのはどーなのよ、と」
あずさ「あー(−− 勝つ時はいきなりレーザーブレードで一撃、だから印象に残らないのよねぇ。今回のバトル」
へむ2「うむ。しかもこー、先代様は実に安定。電子星獣ドルは超無双。と、比較対象が比較対象なんで、なぁ」
カニ子「確かに無双だったカニねー。あのロボドラゴン」
ぴーす「はいー。ドルさんお一人で、ええ。画面一面の敵部隊を、全滅させておられましたものねぇ」
へむ2「伊達さん・・・じゃ無かった、次世代シャリバンシャイダーもぶっちゃけ、『出てきて必殺撃って終わり』レベルの扱いだったしなあ。えいくそ、次世代陣の戦闘関連描写が弱すぎる。だからそんなドラマは要らん。要らんから、その分アクションに回せと。もー」

* と、がっくりしつつ、夜。外で晩ご飯も済ませて。最後にトレッタ・・・あれ? 中にマスターゼクロムがいますわ、この筐体。

*

カニ子「? 分かるんカニ? プレイもしてないのに?」
へむ2「ん。デモでな、『やせいの何々が現れた』の時攻撃側に出てくるポケモンは、『内部の出現待機テーブルに載ってる』ポケモンなのよ。で、マスターとスーパーは技が違うから」
あずさ「マスターなのも確実、と。ふぅん、便利なのね」
へむ2「うん。もっとも、16枚の内三枚だけ表示、なんで中に居ても見える確率は低いんですけど・・・まあでも、でもだからこそ見えた以上は頑張って取らなきゃなあ。今日は対ゼクロム用のデッキ持ってきて無いんで少々厳しくはあるんじゃけど、と? あやや」
まるち「はわ(^^; 正反対の位置に、『しんりん』が出ておられますね。えっと、あの、このどちらかが〜」
ぴーす「ゼクロムさん。と、なりますと、両方は選べませんから賭け、ですねぇ」
へむ2「うーん。ま、ボンの勘に賭けようか。選んで貰って・・・あれぇ!? レジェンドキュレムだ!Σ( ̄Д ̄;) キュレムが出た!!」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「え。あ、ホント。キュレムだわ」
カニ子「・・・じゃ、何カニか。マスターゼクロムとレジェンドキュレムが、両方一緒に待機中だった、って事カニ?」
へむ2「つー事ですな。ああえいくそ、どうする。対ゼクロムは持って来てねぇけど対キュレムはもっと持って来てねぇ。ああでも、しょーがねぇ。とにかく手持ちの最強で、対応〜」

* と、ゆー訳で頑張ったー。100円。そして後ろに誰もいなかったので、さらにもう一プレイで、マスターゼクロム。100円。

*

へむ2「・・・ふぅぅぅぅぅぅ。疲れた。つか、さすがに二連戦は、集中力が限界だ」
ぴーす「お疲れ様でした〜(^^; でも、あの、はい。取れて、良かったですね」
あずさ「かなり運にも助けられたけどね。両方ともにエクストラアタックが出たし、ゼクロムなんてただのモンスターボールだったのに何故か逃げなかったし」
ぴーす「体力0のゲットチャンス、って大きいんですね。思ってたよりも」
へむ2「そーね、体力がわずかでも残ってたらゼクロムには逃げられてたかな。その辺は何つーか、俺の運。て言うよりもボンが豪運なんでしょうなあ。きっと」

* と、ゆー訳で二枚目二枚目。<レジェンドキュレム&マスターゼクロム>しかし何ですなー、こやってレジェンドが二枚手に入ってる横で、マスターレシラムには一度も会った事が無い、つーんは。

*

へむ2「なんでこんなに嫌われてんだろうなあ。レシラムに。いやまあ、ブツ自体はネットで何とかしたから、いいんじゃけどさー」
あずさ「・・・アレじゃない? 普段から、『レシラムよりゼクロムの方がカッコいい』とか言ってるから。親子揃って(−−」
へむ2「え。いやでも、白より黒の方がカッコいいやん? 常識的に考えて」
カニ子「中二病乙、カニー。本気でそんな事言ってるから逃げられるんカニよ。白に」
へむ2「うにゅーん。しょうがねぇ、じゃあ次弾に向けて、しばらく『ホワイトキュレムよりブラックキュレムの方がカコいいよねー』発言は控えますか。次弾が白黒キュレムになるかは分からんのですけど、念のため」
ぴーす「そうですね。でも、あの、可能性は高いですかとー。キュレムさん、何かとプッシュされておられますし」
へむ2「最新ゲーム、白黒2のキャラだしな。と、ゆー訳で発言には注意しつつ、今日はもう疲れましたので」

* 写真整理だけして、ここまで。お休みなさい、また明日。

* ぐぅ。


GT大会予定立て。

* げつよー。お仕事つつがなく。

*

へむ2「で、週末に向けて色々考えるおにーさんな訳です。ただいま」
ぴーす「お帰りなさいませー。はい、あの、トレッタガンバライドの大会、ですね」
へむ2「うん。とりあえず土曜は近くでガンバやってねぇんでトレッタ確定。日曜・・・は、どっちもあんまいいトコ無いからなあ。強いて挙げるならトレッタじゃけど、ま、そこまで無理する事も無いかな」
あずさ「まったく全然カケラも無いと思うわよ(−− どうせこれからしばらくは、毎週毎週大会なんだし」
へむ2「ん。じゃあまあとりあえず、今週末はそんな感じで。トレッタだけだとアレね、デッキ考える必要無いから、楽ね」
カニ子「そーカニねー。とにかく強い方から順番に。で、問題無いカニよねー」
ぴーす「他の方と戦う訳ではありませんものねぇ。ゲット対象のポケモンさんも、ノーマルとスーパーだけですしー」
へむ2「ま、属性散らばす為にキュレムレシラムゼクロムで。で、ガンバの方なんですが・・・来週まで余裕がある事ですし、こっちはどーするかまた後日に考えますか。正直、来週発売のウィザードリングが手に入るかどうかで戦略、思い切り変わってきますからなあ」
まるち「そうですね(^^; あの、フレイムドラゴンなウィザードさんが、おそらくは、あの〜」
へむ2「うん、強い、ハズ。とは言えその為にはリングが必須で、後、同時発売もスリープリングも戦略的には欲しい所。なんでまあ、その辺手に入って実際に試してみてから、ですなー」

* うにゅ。では今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


獅子型変形操縦器。

* 火曜日。電車の中でスーパーヒーロータイ・・・あれぇ? 水木一郎御大だ。この博士。<今週のゴーバス

*

へむ2「なんでまた、御大が」
まるち「はぁ(^^; ええと、あの。おもちゃの方の音声をご依頼して、その流れで、という事だそうです〜」
あずさ「・・・まあ、最初から歌までセットの依頼だったんじゃない? とか思わなくもないけど。なんとなく」
へむ2「ははははは、そういうのは黙っとく方が吉だぞーう。で、その御大が声当ててるおもちゃがこちら、と。ふむ、コックピットモード、つーんはあるよーですが、『テレビに繋いで云々』遊びが出来る訳じゃあ無さそうですなあ」
カニ子「そーカニね。スロットル操作でどうこう、としか書いて無いカニー」
へむ2「・・・つくづく、ゴーオンジャーん時のハンドルブラスター買い損ねたんが悔やまれるのう。後、ボウケンドライバーとか」
あずさ「・・・・・・(−− アンタね」
へむ2「何か?」
あずさ「何かじゃないでしょ(−− もう」
へむ2「えーやん、これ系は浪漫なんやからー。さて、と。じゃあぼちぼち着きますし、一日働いてきますかねー」

* うにに。ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


目標達成激烈レベル。

* 水曜。さて、よーやく目標レベルに到達しまいた、っと。<ガンバ

*

へむ2「全タイプ、烈のレベル10以上。これで経験値稼ぎとしては基本ストップ、ですな。ボンが週末遊ぶから、ちまちま上がってはいくでしょうけど」
カニ子「んー。でもちょっと、意外カニー。てっきり、全部20まで上げるんカニかと」
へむ2「それも考えたんだけどなー。でもな? そうすると、その後入る経験値が全部無駄になるだろう? おお、何と忌まわしい! 経験値の無駄消費は、万死に値する」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「ま、もちろんいつかはカンストするんでその後は無駄になるんですけど。でも、出来るだけそれを引き延ばしたい、つーんが一つ。でもって、シャバ一弾のレジェンドレアが全部揃った、つーんがもう一つ」
あずさ「ああ。二弾になってから経験値稼ぎ再開して、今度は二弾のレジェンドが欲しい、って事ね」
へむ2「です。まあ手に入るかは運次第ですが、どーせならその方がいいでしょう、と。もう一つ、二弾の新タイプ育てるのに、牽引役として高レベルを多少は残しといた方が無難やね、つーんもございますし」
まるち「なるほど〜(^^; はい、あの、皆さんレベル1ですと、必殺技が弱くなってしまいますものね」
へむ2「うん。過去弾カードでいいのがあればそれ軸に育てりゃいいんですけど、そうじゃ無かった場合も考えとかなきゃなりませんからねー。つー事で、以上三つの理由により。この辺で止めとく方が無難でしょう。多分」

* うい。だばだばここまで、また明日。

* ぐぅ。


概要チェックde週末備え。

* もくよー。ああ、今度のトレッタ大会のポケエネ表、よーやく出ましたな。

*

へむ2「正確にいつ出たのかまではチェックしてませんが、まあヨロシ。と、良く見りゃサザンドライベントの方も、『トレッタステーション限定』なんですなー」
あずさ「? でも、サザンドラ取ってQRコード写すだけでしょ? どこの場所限定とか、出来るの?」
へむ2「さぁ? 分かりませんが、もしかしたらあのコードん中に筐体IDも埋め込まれてて、どこに納入した奴かチェック出来る様になってんのかもね。あるいは、中の設定いじる事で専用のコード発行出来る様になってるのか」
カニ子「どーなんカニかねー。ところで、大会の方はこれ、どこ狙えばいーんカニかねぇ」
へむ2「んー? そじゃなあ、参加シール貰うだけなら、しょーじきどこ狙っても一緒やねん、なんじゃけど」
まるち「合計60以上、ですものね。ただ、あの、上位入賞を狙うとなりますと〜(^^;」
あずさ「一応、水辺あたりがいいのかしらね。でも・・・狙った所で、ねぇ(−−」
へむ2「うん。強いポケモンが出てくるか弱いポケモンが出てくるかはまったく運な訳で、例えばオール水辺でも獲得ポケエネは最高267、最低150と大変幅広。ま、一応水辺と高原を目指しつつ、実際は臨機応変に。つーあたりですなあ」

* もっとも、まずは抽選乗り越えなきゃいけない訳で。そっちの壁の方がはるかに高いんですけどね、っと。つ事を考えつつ、ほんじゃこれまでまた明日。

* ぐぅ。


週末うっかり勘違い。

* 金曜日。お仕事終了明日準備。

*

へむ2「色々。つかまあ、うっかりしてた話なんですけど」
あずさ「近所の店にフレイムドラゴンリング買いに行ってたらトレッタの大会に間に合わない、だったっけ? 何やってんのよ、もう(−−」
へむ2「やー、開始時間を勘違いしてましてー。で、ボンと話合った結果朝イチでとりあえずヨド行ってみようかね、と。で、そこでゲット出来れば良し、出来なくてもまあ、ヨドならそれが確定する時間は早いので」
ぴーす「はいー。そこから、はい。他にお店に行かれるのも、大会に行かれるのも、可能ですものね」
カニ子「でも、なんか本人は大会行かないとか言い出してなかったカニ? なんか、やりたい事があるとか無いとか」
へむ2「言ってたねぇ。ま、本人がどーしても行かない、つーんだったらそれはそれで。ただまあ、明日になったら言う事変わってる可能性も十分ございますので」
まるち「そうですね(^^; あの、何をなさりたいのかは、はっきりとは教えていただけませんでしたけれど、あの、別に、朝一番で無くても良い様な雰囲気ではございましたので〜」
へむ2「大会済ませてからやりゃえーやん。が、通用するならそれで良し。ま、何にしてもとりあえず、どう転んでもいい様に一通り準備、でありますよー」

* つ事で、うにに。さて、ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


火ドラ抽選風不足。

* 土曜日朝ヨド。今日はボンも一緒なので、普段より遅め。

*

へむ2「なんでどーかな。ではありましたが、火ドラセット150個入荷の内、大体100個目。まあ、いい位置ではありますね」
あずさ「そうね。にしても・・・その待機列の中、ウィザードリングのガチャガチャ動かして待ち時間にどうぞ、とか。豪毅ねぇ(−−」
カニ子「おまけに回数制限も無かったカニー。いいんカニか、ホントに」
へむ2「うーん。ホントは今日の9時半からガチャ大会、つー告知だったからなあ。それより前に遊べるのはどうなのよ、つーか、それでもし万が一ガチャ大会の分のガチャが足りなくなったらどーすんのよ、つー気はしますが。まあでも、そのくらいは考えてやってるでしょう。多分」
ぴーす「そう、ですねぇ。えと、あの、おそらく、皆様そこまで買われる訳ではないと、そういう予想があるのではないかとー」
まるち「ご予算の方がございますものね(^^; 皆様、今日はおもちゃの方で使われるハズですし〜」
へむ2「ま、そうなんでしょうけど。で、ガチャの方はハリケーンが出ねぇぇぇっ! ではありましたが、そっちは来週食玩でも出るので。それで何とかする方向で・・・うん。まあ。何とかなると、いいですなあ」

* ちなみにハリケーンが出ない横で、ドライバーオンだけがばんばん出るとゆー(ぉ まあ、こっちは効果が『ライドパワーアップ』なんで大会用に確保しとくのはいい手ではあるんですけど。あるんですけど。でもまあ、もーちょっとこー。バランス考えていただけると良かったですなあ(^^;

-

* にゅ。

* んで、ヨドの後。なんだかんだでやっぱり大会行く事になったので、れつらごー。あーでも、そーですか。募集人数30人に対して、72人ですカー。<トレッタ大会

*

へむ2「相変わらず。相変わらずやな」
あずさ「で、結果アウト。まあ・・・2.5倍くらいだもんねぇ。倍率」
ぴーす「はいー。その、はい、しょうがございませんかとー」
へむ2「ま、次のチャンスに賭けましょー。今日の所は、てけとーに遊んでから帰る、いう事で」

* 事で・・・あ。しまった、おにーさん、勘違いに気がついた。

*

へむ2「アレだ。ボンがガンバの二人プレイやりたい、言うたんで判明したんですが、二人プレイの時て。プレイ前のICカード読み込みはあるけど、プレイ後のセーブは無いんですな」
ぴーす「です、ねぇ。ですので、はいー。大会の時も、『最初から最後まで同じバトルサポーターを持ったまま』プレイする事が、可能なんですね。その、『使った』情報がセーブされませんのでー」
あずさ「・・・つまり、キングダーク大暴れ?」
へむ2「てぇ事になりますな、多分。もちろんバトサポはゲキレツアタックで封じる事が出来るんで、必ずしも『いるから絶対有利』てぇ訳じゃ無いんですが・・・でも、SPカードの優位がかなり崩れた事に間違いは無いでしょう」
まるち「はい〜(^^; あの、キングダークさん、お強いですし〜」
へむ2「体力999以下だと、場合によっちゃ1ラウンド完殺とか出来ちゃうしなー。それだけの攻撃力を封じて、代わりに得られるメリットは、と考えちゃうとどーにもこー。や、これでフレイムドラゴンのゲキレツ上昇率が、『必ず1ラウンドでゲキレツ出る』レベルなら考えようもあったんだけどなー」
カニ子「実際には、2ラウンド目とか3ラウンド目でゲキレツ、な方が多かったカニー。アレ、1ラウンド目ゲキレツよりやっかいカニよねー」
へむ2「対処法が無いからな。つー訳で、やっぱりここはキングダーク捕獲して・・・あ、いや、一応他のバトサポの効果も確認してから決めるかー。何にせよ、うん。バトサポ利用の方向でー」

* んだば。ほんじゃ夜ばたんきゅーの、以下略ー。


週末連続とれったー。

* にちよー。昨日参加出来なかったんで、今日もトレッタ大会に。

*

へむ2「ま、今日の大会は年齢制限無し大会なんで? 参加人数がさらに跳ね上がる事は、最初から見えてたんですけどねー」
まるち「はい〜(^^; えと、あの、大体、120名だそうで〜」
あずさ「・・・まあ、子どもだけ大会で60人とか70人だったんだから?」
カニ子「納得のいく数字ではあるカニねー。納得はいくんカニけど、でも、かなーり絶望的な数字カニねー」
へむ2「まったくなあ・・・て、呼ばれたよ!?Σ( ̄Д ̄;) わぁ、びっくりだ」
まるち「はわわ(^^; えと、でも、あの、はい。良かったですね」
へむ2「そじゃね。ほじゃまあ、参加していくといたますか。幸いここは筐体二台で回すみたいですから、時間もそこまではかかんないでしょうしねー」

* て事で、参加賞シール&トロフィーポケモンゲットの、上位入賞者シールにはやっぱり今回も手が届かず。あかんなー、ボン。やっぱ『このポケモンには相性的にコレ』いうんが、まだちゃんと記憶出来ておりませんなー。

*

へむ2「ついでに言うと、最初に地形を選ぶ時点で『この地形だとアレだからこっちメインで』つー発想が出来ておりませぬ。それが出来てりゃあ、もーちょいポイント高く出来たでしょーに」
ぴーす「はぁ。でも、あの、はいー。お坊ちゃま、まだ幼稚園ですのでー」
あずさ「さすがに、小学校入ってからでしょ(−− そういうの考えられる様になるのは」
へむ2「かもしれんけど、もーちょい、こー、なぁ? ま、いいや。ほんじゃ後は普通にトレったりガンバったりしつつ、帰るべー」

* つ事で。ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


四大元素一通り。

* げつよー。さて、早いところでは今日から、店に食玩ウィザードリング2が並ぶハズ、なので。

*

へむ2「仕事行き帰りに、あちこちうろうろと。まあ、行きは完全に空振りだったんですけどねー」
カニ子「そりゃまあ、朝イチでは並んでないでしょ(−− 9時とか10時とか、それくらいにならないと」
へむ2「つー事ですかねぇ、やっぱり。帰りはこー、それなりにあちこちで売り切れた跡は見かけた訳ですが」
まるち「はい〜(^^; ですけれど、あの、一応、ハリケーンさん。一つは、手に入りましたので〜」
へむ2「うん、最低限の目標は達成出来ました。これで地水火風が揃って、ウィザードも全属性にチェンジ出来るとゆー物です」
カニ子「でも、結局使うのはフレイムドラゴン。そーなりそうな気がするカニねー」
へむ2「ま、ねー。そしてそうこうしてる内にハリケーンドラゴンリングが発売になって、ハリケーンはお役ご免。とゆー未来まで見える訳ですな」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
ぴーす「来月、ですものねぇ。発売は、確か、はい」
へむ2「フレイムドラゴンの例から言って、多分ハリケーンドラゴンも完全上位互換ですからな。ま、この一ヶ月の間に、てきとーに使われるといいね、つー事で」

* さて。でまあ一個は手に入った訳ですが、ハリケーンは稀少なAPアップリングでもありますので。カバンにこっそり常備しておく用に、出来ればもう一個欲しい所。つー訳で明日もあちこちお店を覗いてみよーと思うのですが、どーかなー。果たして、見つかりますかねぇ(^^;

-

* にゅ。

* つ事を考えつつ。ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


火ドラ獅子王風リング。

* かよー。いつものよーに、移動時間deヒーロータイム。

*

へむ2「えー。ライオーアタッシュ、万能説?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。イエローさんやブルーさんの事まで分かるんですね。ライオーさん」
カニ子「どんだけ紙一重な人だったんカニか。あの博士」
へむ2「紙一重のどっち側だろなー。で、ウィザードの方はフレイムドラゴン登場、と。何つーか、ドラゴンさんはツンデレですな」
あずさ「ツンデレ言うな(−− 普通に、『こっちを利用しようとしてる悪役』ポジションでしょ」
へむ2「でも、『最後には協力してくれる』が付きます。とは言え、状況次第じゃアレかなー。『主人公と分離して敵に回る』展開もあるかもね」
カニ子「んー。でもその場合でも、『ぶん殴ってもう一回取り込んだ後、協力してくれる』展開じゃないカニ? ラスボスにはならないカニよ、さすがに」
へむ2「ま、ワイズマンとやらがおりますからな。アレか、魔法石くれる謎の魔法使いか。どっちかがラスボスなんでしょうなあ、多分。いや、もしかしたらその二人、同一人物なんかもしれませんけど」
まるち「はわ?(^^; はぁ、あの、ですか?」
へむ2「可能性として、まだ否定はされておりませぬよ。完全に同一人物説、元々同一人物で分離した説、他人で師弟関係説、ライバル関係説。現状ではどれもあり得ますな」
カニ子「いっそ、完全に無関係説、っていうのはどーカニかねー」
へむ2「さすがにそれだけは無いと思うぞ? ま、でも、それが分かるのはまだまだ先なので。どう転ぶか、のんびり見てましょーやねー」

* で、お仕事。ほんで帰りに無事ハリケーンリング、ゲットぉー。

*

へむ2「行きしに無かったコンビニで、帰りには一箱丸々あったとゆー。なんでまあ、この辺は今日入荷なんでしょうな」
あずさ「ま、本来の発売日だし。そうなんでしょうね」
へむ2「じゃ、今後は月曜に東京で探して、見つからなかったら火曜にこっちで、ですなー。とは言え、見て回ったコンビニやらスーパーやらで入荷してないよ、なトコも多かったので。どこにあってどこに無いか。その辺の脳内マップの作成も、やっとかなきゃですなあ」

* 今後の効率化の為に。さて、ほんじゃこれまで、また明日。

* ぐぅ。


急な冷え込み神無な晦日。

* 水曜日。

*

へむ2「えー。外気温が10度を切ってる件について」
カニ子「なんか、急に寒くなったカニよねー」
あずさ「昨日まではまだ、そこまでじゃ無かったのにねぇ。まあ、明日から11月だし」
まるち「はい〜(^^; もう、あの、冬ですね」
へむ2「こっちの冬は初めてですからな。さて、どんだけ冷え込む事やら。とりあえず、今日はさすがに部屋の暖房もフルで動かしときましょーかねー」

* うにゅ。ちなみに明日の最低気温は1度だそーで、やー。ホント一気に、冷え込みましたなー。

* ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]