まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



前後の記憶がないみう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


ヤンマガ以外も読んでます。

* 朝。

* いつものよーにバイトにお出かけお出かけ。途中でヤンマガも査収にょ。

*

へむ2「ですが、それはちょっとさておき。少し、ジャンプの話をしましょう」
まるち「ジャンプ・・・ですか?」
へむ2「そそ、少年ジャンプ。つーかジョジョですな」
まるち「はぁ、なるほど。何か、あったんですか?」
へむ2「あった、つーか何つーか。ここ数週間暴れてる敵スタンドの能力がきちんと解説されただけなんですけどね。それによると、とにかく絵という絵が実体化して、そんでその絵が好きな人の魂を抜き出しちゃうらしいですよ」
まるち「はぁ、精神じゃなくて魂だったんですね」
猪名川「・・・なあ、あずやん?」
あずさ「何? 由宇」
猪名川「うち、あれがあの後何言い出すか何となく見当が付いたんやけど」
あずさ「奇遇ねー。私も大体見当付いたわよ(−−」
へむ2「ま、あの世界では精神と魂はほぼ同義語ですが。で、ですな。魂抜き出された人間は『ストーリー通りの行動』しか取れない。ストーリーから外れた行動は全部無効になっちゃうみたいです」
まるち「はい。そうみたいですね」
猪名川「あずやんもか? ほなやー、具体的にはどのネタで来るか、賭けへん?」
あずさ「いいわよー。それじゃ私はちぃちゃんね。月曜日だし」
猪名川「うちはやっぱミントちゃんやな。昨日の引きずってる見たで」
へむ2「と、ゆー事は、です。今の所あの攻撃食らった人間はみんな死んじゃうエンドに向かってますけど。仮にそうじゃないエンドであっても、『ストーリーが終わった後の話』は展開されない、とゆー事だと思われます」
まるち「そう・・・ですね。本から出てこられたキャラクターさん達はお話が終わった後のお話はお知りにならないでしょうし(^^;」
あずさ「ん。じゃあ、いくら賭ける?」
猪名川「せやなあ。奮発して2000ペリカ!」
あずさ「オッケー。受けたわ」
へむ2「つまり、どう転んでもストーリーの範疇でしか動けない訳で。後日談を構築する事も出来ん訳で。と、ゆー事はです! 妹姫ときメモに代表されるギャルゲーにハァハァしてる人たちがあの攻撃を食らうと、萌えキャラが目の前にいるのにえろい事が出来ないとゆー事に!! ああっ、何て恐ろしい!!!
猪名川「て、あ、あら?」
あずさ「・・・これはちょっと、意外な展開ねぇ」
へむ2「と、ゆー訳で。いやー、良かったなあ俺様。えろげにハァハァしてて! と、おにーさん心の底から思った次第です」
まるち「・・・はぁ(^^;」
へむ2「ま、もちろん? えろげ言うても色々ありますから、あんましアレなゲーム(*1) のストーリー実体験させられるのは困りますけど。そこはそれ、俺の萌えから鑑みて、アイたんが堕ちていくのを見ながら死んでいくとか、蔵女たんに食われて赤い雪になるとか、そゆ方向に進むと思われます。や、幸せですネ!Σd(>ω<)」
猪名川「・・・しもた。そないきよったか」
あずさ「うーん。『ストーリーに忠実に』って所をもっと重視すべきだったわねー。『その辺は妄想で補う!』とか言い出すかと思ったんだけど」
猪名川「せやなあ。うちもそない思とったんやけど・・・甘かったみたいやな」
へむ2「具体的には、ラスボスに負けてアイたんが以下略なあのシチュとか。森の中で蔵女たんが脇役ども食ってるあのシチュとか。やー、あゆのが実体験出来るなら、お兄ちゃん死んであげてもいいですよ?」
まるち「だ、ダメですよ〜、ご主人様(^^;」

* まあ冗談はさておき。このスタンド一体あれば日本壊滅くらい簡単に出来ますよねぇ。何て恐ろしいスタンドなんでしょ(笑)

*

猪名川「・・・まあなあ。『好きな絵』があったらその時点で抵抗不可能なスタンドやさかいなあ」
あずさ「子供の頃から漫画読んで育ってる、10代20代30代の人はもうアウトね、多分」
へむ2「しかも、抜け出す元になる漫画その他が街に満ちあふれとるからのう。とりあえず秋葉原は一瞬で壊滅するやろな」
猪名川「ポン橋もな(−−」
へむ2「抱き枕部部員も全滅でしょうな。なんせいつも抱いて寝てる枕からモノホンが実体化してくる訳ですし。それに対抗出来るとは思いませぬ」
まるち「・・・? ですけどあの〜、そういう場合ってどうなるのでしょうか?」
へむ2「にょ? 何が?」
まるち「はぁ。あの、実体化されたキャラクターさんは元のストーリー通りに動かれるんですよね?」
へむ2「そうですな。で?」
まるち「でしたらあのー。抱き枕さんに使われてる『絵』ってオリジナルな物が多いですし。そういった、『ストーリーの無い』方達はどの様に動かれるのでしょうか?(^^;」
へむ2「・・・にょ?」
あずさ「そうねぇ。言われてみれば確かに、動き様が無いわよねぇ。そういう絵って」
猪名川「せやなあ。まあ、可能性としては『そういうのは実体化しない』か『実体化しても動かない』、あるいは『元のゲームなりアニメなりのストーリー通りに動く』てとこやろなあ」
あずさ「ゴッホの自画像の攻撃は、ゴッホの人生トレースだったわよね? だったら、キャラクターの『人生』を実体験、って可能性もあるんじゃない?」
へむ2「ほう。するとさくらちゃんになって知代ちゃんにおもちゃにされるとか。ナコルルになって天草四郎にとっ捕まってえろ調教受けるとか。そーゆーのが実体験出来る訳ですな?」
猪名川「せやなあ・・・て、それ両方ともオフィシャル設定ちゃうやん(−−」
へむ2「あれ? ちゃいましたっけ?」
あずさ「全然違うわよ(−−メ 二つとも公式にはえっちな事は何も無いでしょ」
へむ2「むう。俺内部では公式設定だったんですが・・・ま、いいや。とにかく、あのスタンドが発動すると日本は危険がピンチだ、とゆー事ですよー」

* まあ、実際にはそーゆー背景ストーリーの無いのは動かなそう・・・あ、いや。よく考えたら道路標識とかも動いてましたな。むう、んじゃひょっとしてそーゆーのは自由に動かせるんでしょうか? だったら楽しいんですけど(笑)

-

* さて。

* 話をヤンマガに戻して、今週のちぃちゃん。せっかくの巻頭カラーなんですが、今回の話のメインはちぃちゃんでなくバイトの後輩です。がっでみゅ。

*

へむ2「んで、よーするにあのバイトの後輩とてんちょーしゃんの恋愛がどーゆー展開だったか、のお話だった訳ですが」
あずさ「てんちょーしゃんて言うな(−− それじゃ別のに思えるでしょうが」
へむ2「てんちょーしゃんのーお使いにゅ〜♪」
あずさ「いや、だから」
へむ2「で、かいつまんで言うとですな。告白しておっけーされてらっきー、でもてんちょーしゃんはバツイチらしいにょ! 前の奥さんはどんな人だったのかにょ? このでじこ様が直々に品定めしてやるから光栄に思うがいいにょ! と、まあそんな話だった訳で」
あずさ「・・・どうあってもその呼び方をやめる気は無いのか(−−メ まあいいわ。で?」
へむ2「にょ?」
あずさ「いや、だから。その後は?」
へむ2「いや、ここで今回の話は終わりっすよ?」
あずさ「あ、そうなの?」
へむ2「うん。その後てんちょーしゃんの昔の奥さんがパソコンだったのを調べて知った、みたいな事は匂わせてますけど、基本的にはこれだけです。察するに、それでてんちょーしゃんと喧嘩別れしたんでしょうな」
猪名川「・・・なあ。ちょっと待ってや」
へむ2「にゅ? 何ですかにゃ?」
猪名川「何でそれで喧嘩になるん? てんちょーしゃんの前の奥さんやったパソコンて、もう壊れとるんやろ?」
へむ2「ですな。話の流れからして」
猪名川「せやったら、別に二股かけとる訳やなし。何が問題なん?」
へむ2「知らんがね。どーせあの娘が、『私とパソコンとどっちが大事!?』とか小一時間問いつめたんやろー?」
猪名川「どっちが大事て。そんなん、『両方大事』て答えになるやろ、普通」
へむ2「うむ。過去の想い出は想い出で大事。でも、今好きになった人も大事。それは十分両立しますにゃー」
あずさ「まあ、でも、相手は人間じゃなくてパソコンだからねぇ・・・」
へむ2「関係ねぇだろ。人間だろがパソコンだろが、本人が納得して嫁に迎えたんならそりゃ他人がどうこう言う事じゃねぇし、そもそも昔誰と付き合ってようと今は自分を選んでくれとるんやし。それだけで十分やろ」
あずさ「それはまあ、そうかもしれないけど。気になる人は気になるのよ、きっと」
へむ2「納得いかねぇなあ、おい。そんなしょーもない事気にしたあげく、『やっぱり人間の女の子よりパソコンの方がいいんですか』かぁ? やっぱどう考えても単にこの娘が」
あずさ「ストーップ!! こらこら、推測で人の悪口言うんじゃないの(−−」
へむ2「むう。まあ確かに、実際にどういう経緯で別れる事になったんかはまだ判明しとらんからの。今日の所は控えるとしましょう」

* ま、来週にはその辺、分かるでしょう。もしホントに俺の推測通りな事やってやがったら、その時は思う存分けなしてあげよー(笑)<後輩娘

* あ、ちなみに話は全然変わりますが。今週のすももちゃんは実にいい感じでした。えー教育受けとるのう、この娘(笑)

-

* 今週のカイジ君。

おっちゃん轟沈。

* ・・・合掌(ちーん)

*

へむ2「で、来週はお休み。再来週から、カイジ君のリベンジですな」
猪名川「やな。元手は80万。これを最低6000万、やけど・・・」
へむ2「多分、アレですな。最後はやっぱりカイジ君が『沼』にチャレンジするんでしょうから、6億ですな、最終ラインは」
あずさ「そうね。でも、『沼』にチャレンジする元手が必要だからねー。やっぱり、そこは6000万くらいかしら?」
へむ2「おっちゃんが5000万で失敗してますからの。それよか多めにしたい所ですにゃー」
猪名川「つーか、6000万稼いでじゃあこれで帰ろうか、いう所でまたカイジ君、何やひらめくんちゃうか? あの『沼』攻略の為のイカサマ」
へむ2「十分考えられますな。そんで今度は逆におっちゃんをパートナーにして6億ゲット。儲けた金は折半でおっちゃん万々歳。そんな話の流れが綺麗そうですな」

* 実際にどうなるかは再来週以降のお楽しみ。うーん、やっぱ『三週連載、一週休み』のペースはじれったいですなぁ。

-

* 昼。

* 今日のお仕事は9時開始、13時過ぎ終了の4時間ちょい労働。

* さ、残りの時間は寝て過ごしますにょ〜。

-

* 夜。

* 帰ってきました。眠いのでとっとと夜ぐる。

* 仮面商会『復讐ノススメ』デモ公開。サイズ8MBでミラー済み。何かコーデックが必要みたいで、自動DLのかからん人はこっち行ってゲットしてにょ、との事です。

-

* GAMESPOTマイ・ハーベスト『アイドル雀士スーチーパイIII』デモ公開。サイズ15MBでこっちもミラー済み。ええ、だってスーチーパイ立派なえろげーですから。ポリシーに従ってちゃんとミラーしませんとー(笑)

-

* すぺじゃにで『電脳妖精エルファン』の情報更新。何や色々更新されてみたいなので、この機会にじっくりチェック。ふむふむ、パートナーになるのはこの三人と。むー、おねぃさんのキャラがいませんな。おねぃさんはパートナーに出来ないのかちら? だったら寂しいけど・・・でも、こっちには中にはパートナーになるエルファンもって書いてるしなあ。期待してもいいのかもー。

* そんで、戦闘に負けると服が破れると。それだけですか? その後に陵辱は無いんですか? それによって購入意欲は大幅に変わってくるんですが、どうよ?

* ・・て、ダメか。『HPが0になったらゲームオーバー』ってはっきり書いてあるなあ。むう、ゲームオーバーでなく陵辱シーンが欲しいのにー(笑)

* 敵は結構愉快でいいですな。特にこいつ、なんとなくツボ入り(笑)

* 肝心のえろシーン。ふぅむ、巫女さんが襲われてたり触手だったりとそれなりにツボは押さえてますが・・・

* ・・・どうもこう、寸止め臭が漂いますなあ。回避したい所ですが・・・ま、多分これがおねぃさんの復帰後第一作ですし。それだけの理由で購入してみますかね(笑)

-

* ライアーソフトで『ピンク・パンツァー』情報更新。キャラ紹介が出来ましたにょ。また、ラブネゴの人気投票の結果も発表されております。えー、分かってた事ではありますが。

うわーん! 俺の勇気嬢が三位だよう!!(泣)

* ・・・くそーう。次こそはー、次こそはー。

#いや、多分もう次の機会はありませんが(笑)

* まあそれはさておき。ちょっと話は変わりますがついでに。おーい、もう3月も終わろうとしてますけど、『サフィズム』おまけシナリオはどうなりましたかー(笑)>ライアー

-

* ZERO『はじいしゃ』Q&A公開。とりあえずデモは4月上旬公開、いう事でまた鯖が混みますなあ。早いうちに情報ゲットしてデモ落とせりゃいいんですが。

* んで、それはさておき。え〜〜〜〜〜と、こんなQ&Aも。

Q8.メインライターが代わったって本当ですか?

いいえ、メインの担当者は誰一人代わっていません。当然、シナリオだけでなく、企画・原画・音楽等も『はじるす』と同じメインスタッフが仕切って開発を行っています。
なお、能力不足の為に開発から外されたお手伝いスタッフはいますが、これは今回に限ったことではありません。<ゼロワン(仮)>

* ・・・う〜〜〜〜〜ん。某所での某氏の記述と思いきし食い違うんですが。どっちが正しいんでしょうねぇ。

* ま、部外者が騒いでもあんましいい方向には転がらん話だと思うんで、某所にはリンク張らずにしばらく静観を。ゲームが発売されて、そのテキスト比較して。そしたらホントにメインライターが変わってないのかどうか、判断が付くでしょうから、それからまたちこっと言及してみましょうかねぇ。

* とりあえず、3/25にZEROがこういう事言ってたぞ、とゆーのを将来思い出せ。>未来の俺

-

* うにゅ。

* んじゃ、今日はここまでー。

-

* ・・・と、いかん。大事な事忘れてた(汗

* えーと、本日うち、20万ヒットしました。皆様、ホントにいつもありがとうございます。

*

まるち「ありがとうございます〜(^^)」
あずさ「ホント、いつもありがとう、皆さん」
猪名川「これからもよろしゅうになー」
へむ2「いやー。しかし、20万いくよな日が来ようとは」
あずさ「・・・世の中って不思議よねぇ」
へむ2「うむ、不思議ですね。でも、だからこそ世の中は楽しいんですよ? 密林の奥に生息する不思議生物を追え! 隊員が目撃した謎の物体とは!?」
あずさ「黙れ。まあ、でも、前半は確かにそうかもねー」
猪名川「せやな。何が起こるか分からんから明日が楽しいんやし。世ん中にも少しは不思議があった方がええわなー」
へむ2「ですな。今日も不思議明日も不思議。毎日楽しい事ばっかりですにゃー」
猪名川「・・・そういう言い方するとまるでたいやき君みたいやな」
へむ2「まーいーにーちーまーいーにーちー楽しい事ばかり〜♪」
まるち「なーんーぱーせぇんが、ぼくのすみかーさー(^^)」
あずさ「・・・たーまーにーはーえーびーでーもー食ーべーなーけーりゃ(−−」
猪名川「塩み〜ず〜ばーかーりーじゃふやけてしーまーう♪」
へむ2「ああっ! いきなり三番までとばした!!」
あずさ「やかましい(−− そうやって楽しんでばっかりだったら最後は釣られて食べられちゃうんだから。少しくらいは気を引き締めなさい」
へむ2「うにゅう。あずさ君はシビアですなあ」

* まーでも、確かに人間、浮かれすぎると躓いちゃう物ですので。ここは一つ初心にかえって、さあ、明日からも『なんとなく、てきと〜』の精神で頑張ったり頑張らなかったりするといたしましょー(笑)

*

猪名川「・・・何やそのろくでもない初心は」
へむ2「うむ。物事を長続きさせる為には肩の力を抜いた方がいいよ、とゆー教えに従ってですな。そう、言うなれば波間に揺れるクラゲのよーな」
あずさ「力抜きすぎだ、それは(−−」
へむ2「むう。クラゲの触手使ったえろっていいと思いません?」
あずさ「何でいきなりそんな話になる!?」
へむ2「いや、連想で。ほとんど透明な触手が女の子の身体の上をうねうね。毒の代わりにこー、媚薬をちくり、ちくりと注入してですな」
猪名川「・・・いや、もうええ。それくらいにしとき(−−」
へむ2「にゅう。これからがいい所ですのにー」
あずさ「いやもういいから。寝言言うんなら寝なさい、アンタ」
へむ2「むう? 別に寝言言ってる気はないですが?」
あずさ「・・・だからぁ(−−メ」
まるち「あ、あの、ご主人様(^^; ですけど、あの、もう夜も遅いですし〜。やっぱり、お休みになられませんか?」
へむ2「にゅ、そぉ? まあ、まるちがそう言うんだったら」
まるち「はい〜。もうお休みしましょう、ご主人様(^^;」

* まあ、つまりは『無理をしない』つー事ですな。<初心>こんな風に、オチをつけれない時はつけずにそのまま放置したり、とかゆーふーに(笑)

-

* さて。

* んじゃ、そーゆー訳でお休みなさい。


(*1) クソゲーは言うに及ばす。他にも『君望』の体験版『だけ』を実体験させられる、なんかなったらすごく嫌でしょうねぇ・・・


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]