まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



今までだって何とかなってきたじゃないですか。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


頑張れセリオ。

* お詫び。

* 今日も電気工事で鯖落ちてました。ゴメンナサイ。

* ・・・て言うか、どーして事前に一言教えてくれんのかなあ。うみゅう。

-

* ま、それはさておき。

* 今日のお仕事。

* 12時半開始。13時20分しゅーりょー。そのまま昼の飛行機で帰還。

* ・・・たったこれだけの為に朝の早よからひこーきで山形まで飛んでってる自分に萌えー(なげやり)

*

へむ2「まあいいんだけどさ、仕事だし。余った時間寝てりゃいいんだし。でも、行き帰りの交通費、もったいないよなあ・・・」
はつね「そうだね(^^; 飛行機代で3万円以上かかってるもんね」
へむ2「しょせん人の金、自分の懐が痛む訳でもないから気にしなきゃいいんだけどな。あーでも、何か不条理にゅー」

* まあ不条理はさておき。せっかく早く帰って来れた事ですし。秋葉行ってふにふにゲームのお買い物。結局購入予定の3本、全部買っちゃいましたけど・・・どうかな。当たりかなー、ハズレかなー。

* て、その後がっこ行って鯖復旧作業。何か明日も工事がある、って言うんでこの週末は工事しない部屋にマシンを待避させてきました。ついでに少しマシンをいじって・・・

*

へむ2「・・・おわ」
まるち「おわ?」
はつね「わ」
へむ2「わわわわん。わー、凄い事に気が付いてしまいましたよ俺様(笑)」
はつね「? 何なの、お兄ちゃん?」
へむ2「うむ。鯖再起動ん時になーんかキーボードエラーが出まくるなー、と前々から思ってたんですけど。キーボードコネクタのピンが2本ほど折れて曲がってますよ、これ」
まるち「はわ(^^; あ、ホントですね」
へむ2「いやー、気ぃ付かんかったなあ。つーか、よくこれで今までちゃんと動いてたな、これ」
はつね「そうだね(^^; なんでちゃんとキーボード、打ててたんだろうね」

* いや本気で謎なのですが。キーボードコネクタってそんなに無結線端子多かったでしたっけ?

-

* ふに。

* ほいじゃぼちぼち、帰宅っと。

-

* とか言いながら結局がっこでぐーすか寝てたり。眠いにゅ眠いにゅぐーすかにゅ〜♪

*

へむ2「とゆー訳で起きたらもう日付が変わってましたので。最萌トーナメントの方も結果が出てたりした、のですが」
まるち「・・・せりおさん、負けちゃいましたね(^^;」
へむ2「うむ。非常に残念です。残念ですが、同時にちづるさんおめでとう、の気持ちもあったりします。フクザツですな」
はつね「あはは(^^) 両方応援してたもんね、お兄ちゃん」
へむ2「まあ仕方ないです。こうなった以上、後は一意専心、ちづるさんを応援するだけ。頑張れー」

* 次の千鶴さんバトルは3/5、と。忘れずチェキしませんとー。

-

* さて。

* ・・・とりあえず飯でも食いに行きますかにょ。牛丼と親子丼とただの弁当と。どれがいいかにゃー。

-

* ご飯食べ終わってぐる。

* ゲーム屋系。今日も色々デモが公開されております。ぶろぉどばんどな時代ですなあ(しみじみ)

* たまソフト『世界ノ全テ』デモちょこっとバージョンアップ版公開。サイズは変わらず13MBで一応ミラーもしときました。ファイル名一緒なんで落とすときは前のを上書きしないように(いや、してもいいとは思うんですが)注意してくだちぃ。

-

* Sweetpain『ぱいんハウス』デモ公開。サイズ19MBにょ。

-

* viewsArkの新作『青春18ラヂオ』デモ公開。例によって分割されてるんで全部出てから・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* views? あれ? views・・・うわっ! そーいや俺、『ガイア』デモの事、おもいきし忘れてる!!Σ( ̄ロ ̄;)

* うっわやべ。あれ、公開されたの21日だったからなあ。その後のアイたんハァハァでもう、100%すこーんと抜けてましたですよー(笑)

* ちう訳で改めて。『ガイア -Save the Earth-』デモ、分割されてるのを統合して23MB、っと。

-

* SITH『魔法のしっぽな』デモ公開。サイズ6MBにょ。

-

* フライングシャイン『DoNoR』体験版公開。Willでも同じのが公開されてますにょ。サイズ40MB。DirectX8.0aが必要ですにょー。

-

* UNCANNY『金の瞳*銀の瞳』デモ公開。プレムービーその1、って事はその2とかもそのうち出るんですかねー。とりあえずサイズ11MB。

-

* digicomiket『はっぴ〜ぶり〜でぃんぐ』デモ公開。サイズ37MB。

-

* うい、デモ関連はここまで。全部ミラー済み、っと。

-

* デモ以外。

* ぐりぐりにゅー。期間限定でボーカルコレクション試聴サービスが始まったにゅ。聴くにゅ、聴くにゅ。秘密日記の方では『3月はムービー祭りじゃあっ!』ていう叫びが上がってるにゅ。GAMESPOTでゲリラ的に公開、って言ってるので注意にゅー。

* ・・・て、いや、あそこ文字ちっちゃいわなんかやたらごちゃついてるわで新着情報探すの面倒なんですけど。だからゲリラとか言わずにオフィシャルでもちゃんと情報流してください。お願いですから(笑)

* 後、世間様には関係ありませんけど。うちに配送されてなかったグリグリ新聞が二週間遅れで昨日、再送されてきました。ハブられてた訳じゃなかったんですな、俺(笑)

*

へむ2「で。また愉快な打ち上げ旅行してますなあ、この方達」
まるち「そうですね(^^;」
へむ2「まあ、このステキなえろさ加減。是非そのまま次回作にぶつけてください。楽しみにしてますからー」

* あ、でも薔薇野郎全開なゲームは勘弁してくださいね(笑)

-

* 。某トーナメント支援用に、トップに愉快な物が掲載されています。とりあえず全部の写真をローカルに保存済み(笑)

* ・・・つーかケロQケロQで愉快だな、おい。本当に何やってるんだろう、この人タチ(笑)

*

へむ2「ちなみに未確認情報ですが。この鯖着ぐるみ、朝方秋葉に出没してたらしいですよ」
はつね「あ、あはは(^^; そうなんだ」
へむ2「漢だよなあ・・・いやホント」

* その漢っぷりに免じて、次の作品は買ってあげよーかと思います。だからとっとと次回作出しやがれ(笑)

-

* 日記系。

* うい、ほいではまた都合のいい日が決まりましたらご連絡くだちぃ。<ゲーム引き渡し

* うりゅ。まあ確かに、脳内補完の為の演出って一面はあると思います。ただ・・・それがメイン、って考えるにはちょーっとこう、違和感が。何て言うのか、colors本来の傾向からいったらあそこでもーちょい直接的な表現出してるよなー、と、そんな気がしてなんないんです。

* まあ、その辺はあくまで俺の直感と偏見でなされる推測ですし。実際の所は本人にでも聞いてみないと分かんないんですけど。

* えー、ダメですか?(笑)<結亜萌え>あの娘もあちこちで蛇蝎のごとく嫌われててほんのちょっぴりだけ可哀想。なんで少しだけでもー、と思ったんですが(笑)

* むう。確かにちんたら長いだけと言われると反論出来ないですが。瞳先生、あの半分の長さに圧縮して凝縮してくれればもっといい作品になったと思いますしー・・・て、あ、いやそれはさておき。デフォ買いにならないのは分かるんですよ。ただ、『勇気』って言葉に『?』って思っただけでしてー。

*

へむ2「つーか何て言いますか。colors突撃に勇気が必要だったらTinkerBellのデフォ買いなんか出来ないなあ、と。俺的にはそんな感じで」
まるち「は、はぁ(^^; そうですか」
へむ2「うむ。だってあそこ、シナリオなんざ小学生の作った話並ですし。えろだって別に無茶苦茶濃い訳じゃないし。かと言って馬鹿ゲーか、っていうとそうでもないし」
はつね「・・・なんでそれなのにいつも買ってるの? お兄ちゃん(^^;」
へむ2「いやぁ。宿敵ですから。奴らが潰れるか、俺が買うのをやめちゃうか、先になった方が負けな」
はつね「もう(^^; 何でそんな勝負に持ち込んでるのよー」

* ・・・すみません、何か考えてる内に単に自分の感覚が『デフォ買い』ってもんに対してでっかいズレを起こしてるだけ、つー気がしてきました。忘れて下さい(笑)

-

* ふむふむ、なるほど。<触手えろシーン解説>むー、最後壊れないのはまあまだ寛容な精神を最大限に発揮して許してあげようと思わない事も無いことも無いですが(つまり許さない)、結局『人間中心』なえろ絵になってるあたりは非常にがっでみゅですね(笑)

* まあ、とりあえずそういうのであれば、買ってまでは確かめなくていいよな気がします。どうも情報、ありがとうございましたー(笑)

-

* おや、風邪ですか。お気をつけてー。早く治ってアイたんにハァハァ出来る事をお祈りしています(笑)

-

* さてさて。

* ほいじゃ、ぼちぼち電車も動いてますし、今度こそ家に帰りますかにょー。


えろげを積まないために。

* とゆー訳で、今日はアレでナニなのですが。

*

はつね「て、何のことだかさっぱり分からないよ、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「ふむ。つまりですな、今日は気分がアレでナニなのです」
まるち「あの、それではやっぱり分かりません、ご主人様(^^;」
へむ2「つまり。よーするに今日は今日はあんましえろげをやる気分じゃない、ってぇ事です」

* が。

* ・・・・だからっつーてゲームしないとどんどん積まれていくだけですし。ちょっと気合いを入れてゲームにょ。幸い、なんかどーか分かりませんけど、今日は家工事が少しだけ残ってるので午前中は出かけられませんしー。その間に一気にうりゃっと。

* まずは、『巫 -かんなぎ-』をインストしてふにふに。うーむ、あんまし楽しくないにょー。前半で出てくるギャグだか何だかも寒いにょー。

* でも、その辺はどーせ最初から期待してなかったんで素直に目ぇつぶって後半へ・・・うわ、懇切丁寧に出てきやがるプレイの『ヒント』むっちゃ萎え。

* ・・・まあ、親切ちゃあ親切なんだけど。そゆヒントは正直いらなーい。せめてこっちがヒント求めた時だけ出てくる様にしてくれよう。

* とにかくまあ、覚悟決めてロリえろコースへ。うう、えろシーンがちっとも楽しくないよう、これ。しくしく。ここまでツボはずしなえろばっかじゃあお兄さん悲しくってしくしくしくしく。

* 結局最後までツボ入りなシチュの無いままエピローグへ・・・

* ・・・・・・・・・・・・

あほぉっ!!(怒)

* くぉらぁっ!! ちゃうやろ!? そのエピローグ部分! そこだけピックアップしてゲーム作らんかあっ!!! せっかくのせっかくのナイスシチュ、エピローグでさらっと流すだけですますやなんてどーゆー了見ならゴルぁっ!!

*

はつね「ちょ、ちょっと落ち着こうよ、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「だってはつねちゃん! せっかくの!! せっかくの!!!」
はつね「ええっと、その、分からないけど分かったから。ね?(^^;;;」
へむ2「がるるるるるるるる。しぎゃーーーっ!!
まるち「ご、ご主人様(^^; せめて日本語で〜」
へむ2「あああああ、このやり場のない怒りをどこにぶつければーーーっ!?」

* とりあえず巫女さんにぶつけてみる事にしました(ぉ

* ・・・う〜〜〜ん。こっちもあんましえろが楽しくないなあ。うみゅみゅみゅみゅ。ざくざくすすめて、あっという間にエピローグ。

『TRUE END』

* ・・・・・・・・・・・・

* ぱぎゅ? あの、このろくに余韻も無ければ面白みもへったくれもないこれが『TRUE END』ですか? つーか主人公、以下略になってますのに。え? はぁ、そーゆー『仕様』なんですか。

* みゅう。何だかなあ、もう。他のルートもいちお、少しだけ試してみましたけど。ぜーんぜん楽しくないっつーか盛り上がりに欠けるっつーか。『絶対服従型過激陵辱AVG』ってゆーからもっとえろえろな上に人間の尊厳を踏みにじりまくる展開期待してましたのにー。がっくしですわー。

* まあとにかく、これはもう本気でどうでもいいのでアンインスト。

-

* 続いて今度は『特別接待』を。ふむふむ、前半で全員一回は犯っとかないとゲームオーバー。けど、いっぺん犯っちゃうともう我慢汁メーターが増えなくなるみたいですな。つまり、ギリギリまで貯めてから犯れ、と。後半に入っちゃうともうあとはひたすら犯りまくるだけで何も悩む所は無し。えろは前半は基本的に一人えっち鑑賞で後半は犯りまくり。両方それなりにえろいですな。

* でも、本気で我慢汁メーター貯めてー、とか、情報集めて変態モードにー、とか、そういうのは攻略チャートでも見ないとやる気になりません。だからいっぺん最後までクリアした所で『仮完了』マーク付けて封印、と。

*

へむ2「う〜〜む。昨日買ってきたゲームはどーもこー、イマイチですなあ」
あずさ「『しすたぁエンジェル』は?」
へむ2「アレは何かハイテンションで疲れそうなんでちょっと後回し。今日の気分でやるゲームじゃないですにょー」
まるち「はぁ、そうですか(^^;」

* つーかさすがに昨日買ってきたゲームが今日すでに全部アウト、とかいう状況は嫌です。だから間あけますにょ(笑)

-

* ほいで。

* アリスから『大悪司』の通販おまけ、『殺ちゃんの滅殺ウィミィ兵』が届きました。もう3ヶ月も前の事なんですっかり忘れてたんですが、ちゃんと作ってたんですね(笑)

* で、せっかく届いたんでふにふにプレイしてみたり。うーん、ちっとやりにくいですなあ、これ。左右の方向キーが無茶苦茶小さいんで、ちょっと遊んでるとすぐ左手が痛くなってしょうがないっす。大体、左右キーしか使わんゲームの分際で上下キーがついてるつー仕様がよろしくない。上下キーなくしてその分左右キー大きくしてくれよう(笑)

* まあ、それ以外は結構楽しいんですけどね。ちっと改造して外付けジョイパッドでも付けようかしらん。

-

* うに。

* ゲームしてその後何だかんだしてるうちに夜になっちゃいました。どーもこー、気力減少してる、つーか純粋に眠いので今日はもう寝る事にします。久々に爆睡したいですにょー。

-

* ・・・と、そうそう。ビデオ予約だけはしっかり入れておきませんとー。ぱにょぱにょぷちこ録らなきゃー。


[弥生日記一覧] : 2002/03/03 : (コメントが3件あるにゅ)

3月3日はミミーの日。

【魔法少女ミミー】(まほうしょうじょ・みみー)
本名野々原美々。2204年、新東京市に生まれる。
10才の時ドリームランドの妖精ナナと出会い、以後魔法少女ミミーとして活躍。世界征服を企むネオブラック団の陰謀を粉砕した。
ネオブラック団最後の作戦によりこの世界とドリームランドが融合してからは、二つの世界の架け橋として世界平和に貢献、数多くの紛争を解決に導いた。
2222年、復活したブラックミミーと相打ちになり死亡。享年18才。

*

へむ2「とゆー訳で、23世紀中頃には彼女の功績を讃えてミミーの日が出来るんじゃないか、とおにーさん妄想中です」
はつね「・・・出来ないんじゃないかなあ(^^;」
へむ2「むう? だって、国民的英雄ですよ? てゆーか、彼女が居なければ何度世界が滅んでる事か!」
まるち「いえ、あの、そういう問題では無いのではないかと思います〜(^^;」
へむ2「ちなみに3月3日生まれなので名前が美々。同時にこの日は彼女が初めて魔法少女になった日であり、彼女が死んだ日でもあります」
まるち「いえ、ですから、あの(^^;」
へむ2「彼女の功績を讃え、その理念を忘れない様にするには極めて相応しい日だと思いませんか!?」
はつね「・・・ええっと(^^;;;」
へむ2「あ、そうそう。話は全然変わりますが彼女、変身すると普通は18才の姿になっちゃうんですけどね。ブラック団との最後のバトルん時は魔力吸われておっきくなれないんで12才の姿のままで戦ってたとゆー。ステキですな」
はつね「お兄ちゃ〜〜ん(^^; それくらいでやめておこうよ〜」
へむ2「むう。これからが楽しいのにー」

* ちなみに『3月3日はヒナ祭り』とかいうネタも考えたんですが。立川雛乃嬢の功績を讃えて、カラーひよこを街に解き放ってそれを捕まえるお祭り、とゆー(笑)

*

はつね「・・・誰なの? 立川雛乃って(^^;」
へむ2「うむ、彼女は2756年生まれで」
はつね「ゴメン。やっぱりいいや、お兄ちゃん(^^;;;」

* とまあこんな感じで。今日も俺様元気です(笑)

-

* さて。

* そいでは、元気になった所でビデオに録っておいた物を色々見ますにょー。

* まずはぱにょぱにょぷちこ、今日は『バタバタ時報屋さんにょ!』。でじこらが時報の鐘を突くお話、なのですが・・・

大雑把な時計だな、おい。

* 紐ひっぱったら1時間進みますよこれ。長針に何の意味も無いんですが、いいんですかこんなんで。つーかそもそも時報が鳥まかせってナニゴトですか(笑)

* ・・・デジキャラット星人ってアバウトな時間感覚で生きてるんだなあ(しみじみ)

* そいで次回は『芸術ってたいへんにょ!』、と。

* 今週のぷちこ。

* 時計の紐に飛びつくぷちこに萌え。

* おすまし顔で『仕事をしていると時間は早く過ぎるにゅ』とか言ってるぷちこ、さらに萌え。

* 疲れてぐるぐるお目々なぷちこ、らぶ。

* うむ。今週は久々にいい感じでしたにゅ(笑)

* うさだ。

* やっぱり出番は以下略(ぉ

-

* 今週のギャラクシーエンジェル。第九話。

* ・・・ええっと。その、何だ。とりあえず、このアメコミ調の絵は、何(笑)

*

へむ2「つーか何ですな。今回はいつもに増して変な話ですなあ」
はつね「そうだね、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「いやもう、どう反応すればいーんでしょーかねぇ、これ」

* てかその、ただでさえ常識無しなエンジェル隊の連中が、普段の10倍くらいの常識無しになってるんですが。さすがに行きすぎてませんかこれ。

* まあ、ネタ一つを勢いだけでぶんまわす。極めてギャラクシーエンジェルらしいお話っちゃお話ですが・・・どーしたもんかなあ、ホントに(笑)

* 第十話。

* あ。

* ・・・触手えろだ。

* えー。

* その、何だ。とりあえずですな。全力で脳内補完、開始(爆)

*

へむ2「ふむ。ミントちゃんはこーゆー機械触手よりもバイオ系触手の方が恐怖心を煽れていいみたいですな!」
はつね「あ、あはは(^^; そうなんだ」
へむ2「あああああ、それにしてもミントちゃんの縛りが甘ぇ!! もっとこう、ほら!!!」
まるち「・・・もっとこう、と言われましても〜(^^;」
へむ2「ヴァニラ嬢の足に絡みついてるそれも! ほら、わきわきっと!!」
はつね「・・・あ、あはは(^^;」
へむ2「えーいノーマッド! 俺と変われ今すぐーーっ!!」

* とゆー訳で脳内補完に忙しいので普通の感想は簡単に。

天然言われて怒るな嘘天然。

* いじょ。

-

* 夜が更けました。なので夜ぐるにょ。

* JELLY BEAN『PRIVATE ROOM』デモ公開。サイズ22MBにょ。

-

* ニトロプラス『鬼哭街』ショートデモ公開。サイズ6MBにょ。

-

* ぐりぐりの次回作(タイトル未定)予告デモ、GAMESPOTで公開。サイズ5MBにょ。

* とりあえず全部ミラー、と。

-

* デモ以外。

* 引き続きぐりぐりにて。暴れ祭りの情報がまとまられ・・・

* ・・・あれ。俺、勘違いしてました? 3/8って、ひょっとして(いやひょっとしなくても)金曜日ですね? 土曜日でも日曜日でも無いですね?

*

へむ2「ダメじゃん。それじゃ前売り券買えないじゃん(笑)」
はつね「そうだね(^^; 金曜日はお兄ちゃん、朝から出かけてお仕事してるもんね」
まるち「えっと、ですけど、当日売り切れにならなければ・・・」
へむ2「いや、売り切れるだろ? 普通」
はつね「ふ、普通かなぁ?(^^; 確かに、売り切れそうな気はするけど」
へむ2「まあ、しょうがない。こーなったら当日券にでも賭けますかあ」

* とりあえずそれはさておき。何か、バッチグーダンサーズもまだ募集している模様です。身体に自信のある方は応募してみられてはいかがでしょーか(笑)

-

* 創美研ガム日記更新。

* ・・・何でおすすめサイト紹介なんかしてますかこの方々は(笑)

-

* すたじお緑茶おまけページで明日から『リディア番外編』公開予定、だったんですが・・・

3/4(月)からリディア編の配信を予定しておりましたが、元々のデータがネットで配信するようには考えられていなかったため、思いのほか容量が大きく配信できるようにマイナーチェンジするため予定を二週間遅れさせていただきます。
変換に二週間も掛かるわけねーだろと突っ込まれそうですが、実はその作業のためのスケジュール調整が上手く行かずでして…(汗) 大変申し訳ありません。

* との事。うむ、それでこそ我らが緑茶。いい感じのへたれっぷりです(笑)

* ただし。

*

へむ2「えー、その番外リディア編。CD版のが今、俺の手元にある訳ですが」
まるち「はぁ。ありますね」
へむ2「これに入ってるデータは、全部合わせて50MBです」
まるち「? はい、そうですね」
へむ2「ですが、実はそのうち38MBはただのOPデモであって、リディア編とは関係ありません」
まるち「・・・はぁ(^^;」
へむ2「つまりリディア編に限れば容量は12MBしか喰ってない訳ですよ」
はつね「えっと。でも、ほら、CD-DAでBGMが入ってるとか(^^;」
へむ2「CD-DAで入ってるのは2曲だけです。それも3分のが1曲、2分のが1曲。そのままWAVEで取り込んでも50MBくらいですな」
はつね「・・・ええっと(^^;」
へむ2「ま、でもここを小さくするべく、現在変換かけてるんでしょーね。そーゆー事にしといてあげましょう、うんうん」

* まあこーゆー所まで含めて。 バーチャルネットアイドル 俺様はすたじお緑茶を応援しています(笑)

-

* WAFFLE。さっくり『特別接待』修正パッチが出ました。まあ発売日当日で無かった事だけ良し、って感じー。

* ・・・しかし、バックログ機能がこの時期に出る修正パッチで初めて搭載される、ってのも何だなあ。最初から付けときゃいいのに(笑)

-

* 日記系一つ。

* うに? 大悪司おまけCDに関しては、『ご迷惑おかけしたからお詫びに作成しましたにょ』て書いた紙が一緒に入ってませんでしたか? だから間違いなく『最初から入ってる予定』じゃあ無かったと思いますが。

-

* ぱぎゅ。

* もうぼちぼち日付も変わりますが、何となく気分が乗ってきたので、デモでも見ますかにょー。

-

* てな訳でデモをまとめて見た訳ですが。それに言及する前にちっとぐる追記。

* CROWD『オブリガート』体験版公開。サイズ37MB。

-

* viewsで公開中の『青春18ラヂオ』デモ。全部落ちてきたので統合。サイズ25MB。

* んで、とりあえず2つともミラー済み。

-

* で、ぐる追記が終わった所でデモ部活動ー。今日のは長いっす(笑)

* Milkyway うぃず Voice

* 320×240で画質は良し。ゲーム内容は・・・分かる様な分かんない様な。大雑把にはもう内容知ってるゲームなんで、イマイチ俺では判定が下せません。

* んーと。んで。

* とりあえず、ころみ様ナイス。と、そこだけ誉めておきます。

* ・・・何かねぇ。素材詰め込みすぎってゆーか、『どこが見せたいのか』のピントが合ってない気がするですよ。BGMもなんつーかメリハリに欠けますし。

* で、後ですね。デモの内容とは全然関係ないんですけど、ちょっと気になってるんで聞いていいですか。この一番最初に出てくる高田由美チックな声をしたヒロイン、一体誰? 俺は確かに『いちご打』しかやってないハンパもんですけどー。でも全然覚えがねっすよ、この嬢(笑)

-

* DoNoR

* 640×480で画質良し。ゲーム内容は・・・とりあえず、途中でアニメが入る、ってぇのは分かりました。それ以外はよく分かりませんが。

* んで、そですね。演出はまあそれなりでないかなあ、と思いますが絵自体がかなりアクが強いですなあ。この絵でえろシーンされても、俺はなんとなく萎えそうです(笑)

*

へむ2「で。一つ気がかりな事があるんですけど」
まるち「? 何でしょうか?」
へむ2「このヒロイン。まさか寸止めえろしか無いんじゃねぇだろな?」
まるち「・・・さ、さぁ?(^^;」
へむ2「何っかなー。こー、『犯られるけどそこで助けが入ってだーいぎゃーくてーん』げな雰囲気が漂ってるんよなあ。『そのまま墜ちてバッドエンド』の臭いが全然無いんじゃけど」
はつね「あはは(^^; もしかしたら、そうかもしれないね。分からないけど」
へむ2「う〜〜〜む・・・どーもこー、ヤだなあ」

* とりあえず、その辺がはっきり判明するまでは回避ー。

-

* 忘レナ草

* 320×240で画質良し。ゲーム内容は表示されてる文章見ればおぼろげに分かってきますが・・・でも、『何でわざわざ病院にいる娘たちとえろせにゃならんのか?』つー疑問は解消されませんな(笑)

* 生きる為にえろが必要。人の命をくらって自分が生き延びよう。まあこの設定自体はどうこう言いませんが、だからそれだったらそこらの風俗のねぇちゃんとやってりゃいいじゃんよ(笑)

* 話がそれました。デモに話を戻して。

* ・・・う〜〜ん。人外ロリ。デコ助。キャラ的にはかなりいいんですが・・・やっぱり、声優さんがなあ。もーちょい、こー、虚無感漂う言い方は出来ませんか?

*

はつね「それ、デモの感想じゃないよ、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「む? そう言えばそうですな」
はつね「あはは(^^) で、デモはどうだったの?」
へむ2「にゅ、えーと、そですな。キャラの個性は一目で理解出来ますし、作品の雰囲気もちゃんと伝えられてます。えろシーンも一瞬だけ挿入して期待感を醸し出す事に成功してるかと。つまり、おおむねいい感じです」

* でもやっぱり人外ロリが(以下略)

-

* 弱肉

* EXE形式の640×480で画質良し。

* ・・・ええっと。まあ、一言で言うとB級ホラー映画。そんなノリです。

* そして大事な事ですが。

* どうも、これに出てくる化け物は人間を喰う事しか頭にないただの獣なよーです。人外と女の子のえろ。そーゆーのは一切期待出来ないと思われます。

* ・・・・・・・・・・・・

* ふざけるな馬鹿ぁっ!!(泣)

* まったくもー。何考えてんでしょーかこの人タチ(笑)

-

* めいでんブリーダー

* サイズ320×240・・・つーか正確には320×180ですな、表示されるエリアは。画質はちょっと悪めです。

* で。

* えーとその何だ。

かわいいですなこの娘ら。

* とても3D物とは思えんかーいらしさです。特に『ひろってください』の辺りなんかぐっはぁ、ですよ(笑)

* キャラのかーいさを除いても出来はいいかと。俺、『Forget me not』が表示されるあたりの演出好きですよ。今日見たデモん中で一番出来がいいかもー。

-

* コミックカフェ

* デモ2つ目。やっぱりリアルプレイヤー物なんで画面小さくて画質悪いです。んで、内容は女の子紹介。

* ・・・う〜〜〜ん。デフォルメ絵なんかかなり俺好みですし、ゲームも結構面白そうではあるんですけど・・・基本的に、俺向きのゲームじゃ無さそうなんですよねぇ。うーみゅ、でも面白そうだし。この際買っちゃうかなあ。うみゅみゅみゅみゅ。

*

へむ2「と、まあこーゆー風に。買うか買うまいか悩ませてくれる。これが本来のデモのあるべき姿という物ですな」
まるち「はぁ(^^; そうですか」
へむ2「最近どーも買う気を萎えさせてくれるデモが多くってなあ。こーゆーのを見るとほっとするよ、お兄ちゃんは」
はつね「でも、ゲームは買わないんだ?(^^:」
へむ2「いや、悩んでるんだけどね。う〜〜〜みゅ」

* 22日までにもっぺんくらいデモか、体験版か出ませんかね? どーもこー、どっちにするにしても決め手に欠けてて(笑)

-

* Valentine Memories

* 本家sightでまともに情報が出てないんでJ-NODEので上記リンクは代用。

* んで、画面サイズは320×240。画質はまあ・・・そこそこ良し。ゲームの内容はさっぱり分かりませんが、タイトルからして2/14前後の騒動なんでしょう。多分。

* 特に見る所無いです。次。

-

* 魔法のしっぽな

* 色々出てますがまとめて一言。

何か粘土細工の人形が動いてるみたいです。

* 画質とかそーゆーの以前に、これではダメだと思います。もちょっと物の質感を勉強してくだちぃ。いじょ。

* ちなみに、GAMELEX版のデモムービーはオフィシャル版と画質・画面サイズが違う上にちょいと長くなってます。別に見る価値があるとは思いませんが、一応違うよ、つー事で。

-

* まいむ

* デモじゃなくて体験版ですがもろもろの事情によりプレイ。

* んー、そーですなあ。それなりにコミカルで面白いかと。いや、ちと字が小さかったんでちゃんとテキスト読んではいないんですけど(ぉ、キャラの表情豊かですし。

* でもま、妹物には興味無いんで。触手えろだけ確認してしゅーりょー。俺的にはもうこれで十分ですが、妹物が好きな人ならゲーム本編買っても損は無いんじゃないかなあ、と思います。まる。

-

* 雪のとける頃に…

* 320×240で画質は・・・ちっともやもやしてる所があるのはわざとですかね? まあ、よく分かりませんが基本的には結構良し。何か、所々実写っぽい絵が入ってるあたりが金かかってないアニメのエンディングチックで萎えますが(笑)

* ゲームの内容はこれだけだとよく分かりません。演出面では、まあそれっぽい雰囲気出すのに成功してますんで悪くは無いと思いますけど。最後の方、一瞬でぽんぽん画面が切り替わる所で無影灯と一緒に普通の洗面所が出てたりするんはどーゆー効果を狙ってるんかよく分かりませんな(笑)

#まあ、ホントに『それっぽい』雰囲気が出りゃいいや、って事なんでしょうけど。

* 他には特に言及したい所も無いです。次。

-

* 姫三昧

* 画面320×240。画質ちょっと悪し。ゲーム内容。状況はよく分かりませんが調教物だ、ってぇのは分かります。まあそれだけで十分かと。

* 後、困った事にえろシーンにはアニメがあるよーです。うぐぅ。

* 演出面とかで見るべきところはありません。次。

-

* 世界ノ全テ

* んーと、のとちょっと変わってるハズなんですけど・・・あ、キャラの紹介ん所がちっと違うみたいですな。でも、デモの印象が変わる訳でもないので感想はパスにょ。

-

* ぱいんハウス

* 画面320×240で画質良し。ゲーム内容は・・・さて? どんなでしょう? 妹ゲーだってのは分かるんですが。

* えー、まああんまし見る所の無いデモですが。歌がちょっとナチュラルにへたれてるのと、正拳突きかましてるお嬢さんの表情が何かいい感じなのでちょっぴりお気に入りです。

* ・・・ところで、一番最後に出てくるルリルリ顔のお嬢さんは何者かしら? ヒロイン4人の中にはいないよーですが。

-

* ガイア -Save the Earth-

* えー。

(いぇーーーい♪)

『くじけないで まーけないでね 愛をもちましょ♪』

* ・・・くらり(←目眩がした)

* あ、いや、ちょっと立ち直って。えーと、画面320×240、画質は悪くって、ゲーム内容は。

『アフロも素敵な、マッスル神様が!』

* ・・・そんなゲームです。つまりお馬鹿って事さ。

* 具体的に説明すると、そーですねぇ。何か、『すごいよ! マサルさん』『ボボボーボ・ボーボボ』『ワールドヒーローズ』(雑君保プ先生のアレね)を混ぜて3で割らないみたいなイメージがあります。いや、ちっとも具体的じゃない上にパーフェクトに俺の主観の話でアレですが。

* で、それに加えて上記の如く、一点の曇りもないへたれソング。しかも一人じゃなくて二人で歌ってますよこれ。あーもう、そんなに俺にゲーム買ってもらいたいかそーかそーか買ってやるよコンチクショウ(笑)

* ま、単純にデモの完成度、つー面から見たらまだまだですけどね。一辺くらい見ておくと楽しいと思います、このデモ(笑)

-

* 金の瞳*銀の瞳

* 画面サイズ480×360で画質良し。ゲーム内容は・・・うーん、ファンタジー物で勇者と魔王が居て。何でそこからいきなり闘技場に売られる話になるんでしょーか(笑)

* ま、何だかよく分かりませんがとりあえずADVみたいです。それげな話が展開されてそれげな結末を迎えるんでしょう。多分。

*

はつね「て、何の事だか分からないよ、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「いや、俺もよく分かってないんでさあ」
まるち「・・・ご主人様〜(^^;」
へむ2「ま、そーゆー何となくなゲームとしか思えません、てぇ事で」

* ちなみに・・・えーと、デモ中では女性キャラ喋ってるんですけど。最後に出てくる必要HDD容量は200MB。まあ、今はあくまで予定ですし、デモに声があるからって言って本編に声があるとは限りませんが、何だかなあ(笑)

-

* はっぴ〜ぶり〜でぃんぐ

* ・・・これもか。えーと。

(はい!)

『ちょっとせ〜の〜び〜して〜 ひいたール〜ジュ♪』

* 俺を殺す気デスかアナタタチ。

* とりあえず画面サイズ640×480の画質良し。ゲーム内容はえろ版『天使のしっぽな模様です。

* んでまーこれがいい感じにへたれてて。どーもこー、ピンポイントで狙われてるっつーか何つーか。わーったよ買えばいいんじゃろ買えばコンチクショウ(笑)

* ・・・で、まあそれはさておき。どーもこれ、OP歌ってる人の一人がころみ様に思えるんですけど。俺の勘違いですかねぇ? 何か、ヘッドフォンで聴いた時に後頭部に来るちりちり具合がころみ様にクリソツなんですが・・・う〜〜〜ん。

-

* PRIVATE ROOM

* ・・・どうでもいいけどここのサイトはどーしてこう、目的の情報が探しにくいのか。てゆーかちゃんと人に物見せる気あるのか一体。

* で。

* デモはEXE形式。実際のゲーム画面使ってゲーム内容の紹介してます。だからまあ、ゲームの内容はよく分かるんですが。

* あー。

* まあ、必要ない所で色々凄いのは分かりましたが。その、何だ。見てて異様にムカツクから何とかして下さい(−−

* 正直、見るだけ無駄って感じです。次。

-

* 鬼哭街

* サイズ320×240で画質ちょっと悪し。

* で、まあ短いんでゲームの内容とかは分かんないですが。何つーか、カコイイですな、これ。女の子が金の瞳な生首抱えてる所なんか本気でワクワクっすよー(笑)

* ちう訳で、ゲーム本編への期待感も鰻登りに。いいデモですにゃー。

-

* GROOVER 2ND(仮)

* サイズ384×288。えらいハンパな(笑)

* で、画質もいいんですが何せ時間は26秒。ゲームの内容はさっぱり分かりません。なーんか螺旋でカコヨサそう、つー気はするんですけどね。もーちょい情報出てみないと何とも言えないですなー。

-

* 青春18ラヂオ

* サイズ320×240の画質良し。内容は・・・えーと、潰れかけラジオ局を舞台にしたアドベンチャー? でも、何か『充実のタクティカルボードゲーム』とかゆー文字も見えるんですが(笑)

* まー良くは分かりませんが。とりあえずメインヒロインがデコ助です。うむ、かなりいい感じ(笑)

* で、惜しむらくは俺向きのゲームじゃ無さそうだ、ってところ。でも、まったりしてていい感じのデモですし。そーですなあ、短髪好きで青春物好きで乳はでかい方がいい、とゆー方のツボにははまるんじゃないでしょーか。どうでしょ?>誰にともなく

-

* いじょ、合計20個。あーよく見たなあ、俺(笑)

*

へむ2「で、およそ1/3がいい感じのデモ。まーこのヒット率なら満足すべきですかねー」
はつね「そうだね(^^) 後半の追い上げが凄かったよね」
へむ2「うむ。前半にろくなんが無かったからなあ。一時はどーなる事かと思ったけど、まー良かった良かった」

* さて、んじゃ、もっぺん『ガイア -Save the Earth-』のデモ見て心和ませてから寝ますかにょー。お休みなさい。


一日平穏。

* 朝。

* 今日は月曜日なので、いつものよーにヤンマガ査収してふにふにと。

*

へむ2「でも、今週はカイジ君載ってないからつまらないにゅー」
はつね「あはは(^^) しょうがないよ、お兄ちゃん」
へむ2「うむ、しょーがないっちゃしょーがないんだけどな。でもなあ」
はつね「でも?」
へむ2「いや、今はもう『天』も最終回迎えちゃって、福本先生仕事減ってるハズなんじゃけど。その分、こっちを毎週連載にしてもらう訳にはいかないのかしらん?」
まるち「それは・・・やはり、出版社さんが違いますし〜(^^;」
へむ2「むう。やっぱダメなんかのう」

* しかし何ですな。ちっと話がそれますがまさか本当にアカギが死ぬとは。最終回迎えた今でも、何だか信じられませんよおにーさん。

* ま、それはともかく今週のちぃちゃん。

* にゅー、相変わらず主人公はしょーもない事に悩んでいるよーです。お前、ふつーのパソコンの事さえ全然知らねぇんだからちぃちゃんが『Chobits』だろーとそうでなかろーと関係無いじゃんさー。素直にちぃちゃんをちぃちゃんとして受け入れろと前々からあれほど。つーか、おまいが悩んでっと話が進まんからよう、てきとーな所でさっくり割り切って、とっとと話進めれ。

* ・・・てぇか、ホントに何度考えても分からねぇ。ちぃちゃんが『Chobits』かどうか、てのはそんなに悩む様な所かぁ?

-

* 閑話休題。

* まあ、そーゆー毎週のように愚痴ってる疑問はさておき。

* 今日は、電車が何や架線故障とやらで遅れまくりやがりました。がっでみゅ。

* お陰で遅刻しそうになってわたわたバイト先に駆け込んだら、予定の仕事が無くなってて一日寝てるだけで良くなりました。お休みなさい。

* ・・・今日の俺の運勢は良いんでしょうか、悪いんでしょうか(笑)

-

* 昼。

* そんな訳でぐぅぐぅと寝たりちょっとだけぐるったりまたぐぅぐぅと寝たり。ぐぅぐぅ。

-

* 夕方。

* 眠いので家帰ってきてとっとと睡眠。

-

* 夜中。

* 起きました。ちょっとぐる。

* 自転車創業『あの、素晴らしい  をもう一度』体験版公開。て、言っても知らない人が多いでしょうし俺も正直詳しくは知らんのですが(笑)、X68k最後の市販ゲームのリニュ版だそーです。サイズ60MBで多分非18禁・・・の、ハズ。

*

へむ2「まあ、2800円つー博打な値段設定ですし。ゲーム内容も面白そうではあるんで買う気でいたりはするんですけどね」
はつね「・・・でもこれ、普通のお店で売ってるの?(^^;」
へむ2「ばお〜とらNA-VIにゃあるってよ。つまり同人ショップを回れば大丈夫、と」
はつね「・・・あ、あはは(^^;;;」

* まあとりあえず、せっかくの体験版ですから近いうちにプレイしとこーかと思います。まる。

-

* artifact『下天の光はすべて犯人』デモ公開。サイズ7MB。

-

* GAMESPOTminoriの新作、『Wind』デモ公開。サイズは高画質版が41MBで低画質版が13MB。

-

* 以上3種4つ、全部ミラー済み、っと。

-

* デモ以外のゲーム屋ぐる。

* colorsアイたん+修正パッチ公開。フルスクリーンにした時リフレッシュレートが変更されちゃうのを修正。困っておられる方はどーぞー。

-

* Triangleスイートナイツ情報更新。イベントCGが追加されました。

* えー。

触手率高ぇ。

* 大変素晴らしい事だと思います。この調子で頑張って下さい(笑)

-

* ぐりぐりー。暴れ祭りの時の入場方法が追記されました。チケットに書いてある整理番号順に入場、つー事で朝から並ぶとかそーいった事は一切無意味に。正しい判断ですな。

* で、後秘密日記の方では『ぐりぐり歌をカラオケに登録するべく暗躍中』との情報が。うに、応援ハガキくらいは出さん事も無いので頑張ってくだちぃ。

-

* 日記系その他。

* はっはっは、当然じゃないですかー(笑)<そういう反応>アレを見たらそーゆー風に思うのが人間とゆー物ですよー(笑)

* ちなみに、俺は穴はともかくとしてせめて『服の下に潜り込む』くらいの表現は期待したかったですなー。日曜朝の番組でもそれくらいは出来ると思うのですが(笑)

-

* はぁ、ミントの日ですか。そりゃ知らなかったですが、しかし一体どんな理由で3/10が(笑)

*

へむ2「まあ、せっかくですからお祝いしますかね。ミントちゃん誕生日分かんないし、代わりに」
はつね「代わりになるのかなあ(^^; まあ、でも、お兄ちゃんがお祝いしたいなら、すればいいと思うよ」
へむ2「うむ。じゃあ3/10はそーゆー日、とゆー事でー」

* 情報、どーもありがとうございましたー(笑)>吉田さん

-

* いやぁ、問題無いんじゃないでしょか?<ゲーム紹介見ずにデモだけ鑑賞>そもそも、デモだけ見てゲームがどーゆーのか大体分かる、様でないとデモ本来の意味が無い訳ですしー。それに毎月20本も30本もえろげが出てるこの状況じゃあ、いちいち全部のゲーム紹介なんて見てたらシャレにならん時間がかかりますし。

*

へむ2「てな訳で、デモ見て気に入ったらゲーム確認、でいーんじゃないでしょうか」
はつね「そうだね。私もそれでいいと思うな」
へむ2「まーこの方法だと、デモ出さないタチなメーカーのチェックが出来ない、ってぇのが難点ですが・・・」
まるち「最近はそういうメーカーさんも少ないですもんね(^^;」
へむ2「少ないながらにあるけどな、ま、でも少数派じゃから、あまり気にしなくてもいいかなあ」

* ・・・ところで、あのデモの一周を義務と言われると非常にツラい物があるんでないかと思うのですが。いや、いろんな意味で衝撃なのは事実ですけど(笑)

-

* 最後。

* 半村良氏、死去。

* ・・・合掌。また一つの時代が終わったなあ、って気分です。

-

* んじゃ、今日はここまでー。


[弥生日記一覧] : 2002/03/05 : (コメントが2件あるにゅ)

頑張れ千鶴さん。

* とゆー訳で。

* 今日は葉鍵板最萌トーナメント、千鶴さんと緒方理奈嬢の対決です。これに勝った方が決勝進出ですにょ。

* えー。

頑張れ千鶴さん。

* 偽善者で、料理の腕が殺人的で、騒動を悪化させる事が何げ得意で、うっかりさんで。でも、いつも妹達の事を思って頑張っている。そんな千鶴さんが俺は大好きです。だから、頑張れ。

*

へむ2「とゆー訳でまあ、トーナメントももう大詰め、準決勝最終試合な訳ですよ」
はつね「お姉ちゃん、勝てるかな?」
まるち「どうでしょうか? 理奈さんの方の応援も盛り上がってますし〜」
へむ2「ま、勝敗はしょせん結果に過ぎません。大事なのはみんなの熱い想いですよ」
はつね「・・・そうだね、うん(^^)」
へむ2「だから、俺らはせいいっぱいちづるさんを応援しましょう。それが俺等に出来るたった一つの事だから」
まるち「そうですね(^^) 頑張ってください、ちづるさん!」
はつね「お姉ちゃん、がんばれー(^^)」
へむ2「頑張れ頑張れちづるさん。ふぁいとぉー!」

* と、言いつつ俺のなけなしの一票を千鶴さんに。勝てるといいな、いいな。

-

* さて。

* まーそれはさておき、今日は実験なので朝から学校ですにょ。たぶんまた一日仕事ですにょー。

-

* 夜。

* まだ学校です。何か実験は今のところうまく行ってるチックです。

* ま、それはさておきちこっとだけぐる。

* minori。何や気が付いたら『デモをミラーした人は連絡くれにゅ』とか出てました。うーみゅ、そゆのはデモがUpされる前からゆーといて下さいませんと。デモ出てから言われたんじゃあ、その、何です。気付くのが遅れます。

* ・・・つーか、現にこーしてほぼ丸一日気付いてない俺様がいる訳ですが(笑)

*

へむ2「さて。どーしますかねぇ」
はつね「連絡してあげたら? お兄ちゃん」
へむ2「いやぁ、何つーかさぁ。すごく今更感が漂っててねぇ。ほれ、さすがにぼちぼちみんな落としきってる頃じゃろ?」
まるち「いえ、あの、まだ必要な様ですが(^^;」
へむ2「ほえ?」
へむ2「あ。いつのまに(笑) ふむ、そいじゃあ・・・て、何か代わりに『連絡くれにゅ』な表示が無くなってるな」
まるち「は、はわ? 無くなってますね(^^;」
へむ2「んー。つー事は、もうミラーサイトはこれ以上無くていい、って判断した、てぇ事ですな」
はつね「そ、そうなのかな?(^^;」
へむ2「だって必要なら書いとくだろ。てぇか俺、連絡メールの宛先なんぞ覚えちゃいねぇし。それ消されたらこっちから連絡のしよう無いじゃんさー」

* とゆー訳で、今まで通りうちはまったりのんびりと。ネットの片隅でこっそりデモをミラーして生きていきますにょ(笑)

-

* 裸足少女で『ミスティック・リポート』情報更新。イベントCGその2が出来ました。ステキに触手です、やっほう♪

* いやー、一時期は妖怪物の分際で寸止めと和姦しか無いんじゃないかと恐れおののいてましたが。ホント、良かった良かった(笑)

-

* ライアーソフト。今日は『腐り姫』修正パッチのUp予定日です。が、まだUpされてません。

とっととUpせんかい。

* つーかそれ以前に、サフィズムのおまけシナリオはどーしたー。ぼちぼち公開じゃなかったのかー(笑)

-

* ふにゅ。

* まだまだ夜は長いですにょ。まったりまったり。

-

* 夜遅く。

* まだ学校です。そしてぐる。

* 葉鍵板最萌トーナメント

千鶴さん、勝利。

* ・・・よしッ!(静かに、でも力強く)

*

へむ2「いやー、勝ちましたな」
まるち「勝ちましたね(^^)」
へむ2「さすがは柏木の長女ですなー。強い強い」
はつね「あはは(^^) そうだね。強かったね、お姉ちゃん」
へむ2「これでちづるさん、葉系最萌ヒロインですなー。おめでとー」

* 残すは決勝戦、まじかる☆さゆりんとの真・魔王対決のみ。千鶴さん、頑張れー(笑)

-

* ゲーム屋ぐる。

* アンダームーン『姫三妹』体験版公開。ファイル9分割されてて合計で83MBくらい。まーそれはいいんですけど。

重い。

* いや、落としましたけどね。全部。でも、もーちょいこー、回線の太さや鯖の能力の考慮に入れてデモの類は公開しなさいと前々からあれほどゆーてますのに。どーして出来ませんかそれが(笑)

* とりあえず、ミラー済みにょ。

-

* 日記系その他。

* んーと。日付が変わったちょい後くらいにうち、17万ヒットしたよーです。皆さん、いつもありがとうございます。

-

* あー、なるほど。<ミントの日>いや、語呂合わせかなあ、とも考えはしたんですけど、3/10から『ミント』に繋がるいい語呂が俺には思いつけなかったもんで(笑)

* おかげで疑問が一つ解消しました。ありがとーございます☆

-

* はっはっは、放送コードに引っ掛からない上に人様の妄想を著しく刺激する良いシチュですよネ!Σd(>ω<)<服の下に潜り込んで>とゆー訳で、日曜朝からハァハァしてもそれは人間として正しい行為ですともー(笑)

*

はつね「・・・違うんじゃないかなあ(^^;」
へむ2「何!? どこがっ!?」
はつね「いや、どこがって聞かれても困るけど(^^;;;」
へむ2「だったらいいじゃないか。はつねちゃんだって服の下でうねうねうねってるの見たいと思うでしょう?」
はつね「私は見たくないなあ(^^;」
へむ2「むう!? 何故!!」
はつね「だから何故、って言われても(^^; 日曜日の朝はもうちょっと健康的な方がいいんじゃないかなぁ」
へむ2「えー? だって、日曜朝っておんぷたんハァハァとかメテオさんハァハァとかあるいは特撮物で幼女が襲われてるのを見てハァハァとか。そーゆー時間帯でしょう?」
はつね「・・・・・・(^^;」
まるち「あの、ご主人様(^^; それは少しあの、偏っておられるのでは」
へむ2「むう。おかしいなあ・・・」

* ちなみに、俺自身はミントたんハァハァ一筋であっておんぷたんハァハァとかはしてませんので。お間違えなくー(だから何だ)

-

* えー? こっちの世界は来たら来たで心地よいですよ? つーか、アイたんにハァハァするにあたって触手は非常に重要なファクターだと思うのですがいかがですか(笑)

* ま、いつだってこの世界、門戸は開いておりますので。気が向きましたらどうぞー(笑)

-

* 最後。

* みなみおねぃさん日記から。えー、なんでもおねぃさん。今後はライブ活動禁止だそーです。

* ・・・・・・・・・・・・

* ぱぎゅ? え。え。え。ええっ!?Σ( ̄ロ ̄;)

* じゃあ何ですか? 今後おねぃさんに会える機会は激減すると? うわー。

ボクらからおねぃさんを奪おうとする悪の秘密結社が暗躍してるよママン!!

* ・・・まあ、そゆ冗談はさておき。実際にはおねぃさんの体調を気遣って、って事なんでしょうけど。何だかぱぎゅ〜って感じですわー。しくしくぽん。

-

* ふみゅ。

*

へむ2「ところでさー、はつねちゃん」
はつね「何? お兄ちゃん」
へむ2「あずさ君はいつになったら帰ってくるのかね?」
はつね「え。お兄ちゃん、聞いてないの?(^^;」
へむ2「うむ。その内帰ってくっじゃろ思てたからなあ。なーんも聞いてない」
はつね「・・・私、お兄ちゃんが知ってると思ってたから、聞いてないよ?(^^;」
へむ2「にゃんれすと? 俺、はつねちゃんには何か言って出てったんだとばっかり」
はつね「聞いてないよ〜(^^; じゃあ、お姉ちゃんがどこに行ったのかも知らないの?」
へむ2「知らない。まるちは何か聞いてる?」
まるち「あ、いえ。私もご主人様が知っている物だとばかり(^^;;;」
へむ2「みゅう。困ったねぇ・・・」
はつね「どうしようか? お兄ちゃん」
へむ2「そうじゃなあ。まあ、今日はもうこんな時間だし。明日になっても帰ってこなかったらどーにかして探すべぇ。しかし、何やってんのかのう、あずさ君」
はつね「何やってるんだろうね、ホントに(^^; もう一週間くらい経つのに」

* ・・・そうか、もう一週間経つのな。まだ3日くらいのつもりだったよ、俺(笑)

* ま、それはさておき今日はここまでー。


[弥生日記一覧] : 2002/03/06 : (コメントが2件あるにゅ)

小一時間問いつめ(略)

* えー。いきなりですがぐるぐるから。

* ライアーソフト『腐り姫』修正パッチとOPデモ公開。

* まあ、3/5公開予定のくせに実際に公開されたのは3/6だったとかその辺はさておき。その、まあ、何だ。

だから落ちてこねぇよ。

* ・・・あのさあ。俺、『回線がアレなままだったらどうしよう?』って笑い話にしましたけど。しましたけど、それはつまり『ちゃんとした回線の鯖にあげろやゴルぁ!』つー意味であって。ホントにそんな手ぇで笑い取って欲しかったんじゃないっすよ?

*

まるち「えと、ですけどあの、もしかしたら『ちゃんと帯域を確保したけどそれ以上にアクセスが多かった』のかもしれませんし〜(^^;」
へむ2「どのくらいアクセスがあるかちゃんと推測出来んかった時点でアウト、つー気はしますがまあ、確かに向こうがやるべき事をやってるのであれば文句を言うのは筋違いじゃな」
まるち「そうですよ〜。ライアーさんも一生懸命・・・」
へむ2「と、断言するのはまだ早い。まずチェックしてみようではないかね、その辺」

* とゆー訳で色々チェック。まず、DL用鯖はHosting Corporationなる会社が提供しているレンタル鯖サービスにて確保されてます。んで、ここのレンタル鯖の帯域ですが、FAQによりますと。

Q. 使用帯域はどうなっているのか?
A. 占有帯域オプションを付与されていない場合帯域保証はありませんが、Celeron サーバ で1〜1.5Mbps、Pentium III サーバで2〜2.5Mbps、Dual Pentium III サーバで3〜3.5 Mbpsを基準としています。

(中略)

基準帯域を超える状況を当社が確認した時点で即時帯域を調整することはありませんが、頻繁に超える状況が継続している場合は、やむを得ず調整させていただくことはあります 。

* ・・・・・・・・・・・・

*

へむ2「まあ、一応フォローはしときます。最高級なPenIV鯖はもとより、どの鯖でも帯域保証をオプションで設定する事は可能ですので。そのオプション入れてさえあれば上記の基準帯域は意味が無くなりますな。つってもしょせん10Mbps止まりですが」
まるち「は、はぁ(^^;」
へむ2「で、まあ最大限に好意的に解釈して10Mbpsオプションが入っていると想定します。これに1000人がアクセスかけたとして、一人頭10Kbps。実際には理論値まで出る事ないでしょうけど、まあ理論値近くまで出たとして丼勘定で1KB/s。さあ、この速度で40MBのデモを落とすのに必要な時間は?」
まるち「え、えっと・・・40000秒ですから、666分。およそ11時間ですね(^^;;;」
はつね「で、でも、ほら、ファイル分割されてるし・・・」
へむ2「ファイルが分割されている、イコール一人当たりのアクセス要求は増加する。イコール、アクセスに行ってもコネクション確立できなくて蹴られる可能性が高まる、ですな」
はつね「・・・あ、あはは(^^;」
へむ2「まあもっとも、そもそも1000アクセスを同時処理出来る設定になってるのかどうか、てぇ問題もありますし、上のはしょせん机上の空論ですけどね」

* ・・・問題は、実際のDL速度が机上の空論にはるかに追いついていないとゆーところでしょうか(遠い目) 1時間かけて100KB落ちてこない、ってなあ何だかなあ。単純計算で(分割ファイルを利用したとして)全部落ちてくるんに100時間以上かかるんですが、それってどうよ。

*

へむ2「あー。もー。何かどんどんささくれてきましたよおにーさん」
まるち「お、落ち着いてください、ご主人様(^^;」
へむ2「落ち着いてるそー。落ち着いてささくれてる」
はつね「それ、落ち着いてるって言うの?(^^;」
へむ2「言う。別にヒートアップしてる訳じゃないかんね」

* とりあえず、最後に言いたいこと2つだけ。

* 一つ。

デモは体験版に入ってるのと同じ、って言うんだったらそのデモを流用する方法を示しといてください。

* 具体的には『デモのファイル名をどう変えてどのフォルダに置けばいいのか』ですな。それさえ示しといてくれれば体験版持ってる人はCDから吸い出すでしょうし、ミラーしてくれる人だって出てくるかもしれません。そーすりゃその分本家からのDLが減って楽になりますしー、いい事づくめだと思うんですが。

*

へむ2「つーか、実はその辺て素直にゲームのEXEファイルダンプするなりなんなりすればさっくり分かるんでしょうけど。今俺、まだがっこにいるんでチェックが出来ないんですよね(ぽりぽり)」
はつね「あはは(^^; 家帰ったら調べてみようね、お兄ちゃん」
へむ2「うむ。しかし問題は、今日も帰れるかどうか分からないとゆー点ですな」
まるち「・・・帰れるといいですね(^^;;;」

* とりあえず再掲・うちの『腐り姫』デモミラー。もしチェックする気のある方がおられましたら、どうぞ。で、うまく行ったら『どのフォルダに何てファイル名で突っ込んだのか』を教えて頂けると幸いです(笑)

-

* んで、二つ目。

修正パッチだけ先に落とさせんかぁっ!!
(−−メ

* デモはまだ無くてもなんとかなります。我慢すりゃいいだけですから。でも、修正パッチは当てたら今までのセーブデータは使えなくなるわ既読情報はクリアされるわ色々変更点が多いでしょーが。で、そゆ状況だとふつーは『修正パッチを当てるまではプレイせずに置いておこう』ってなります。データがクリアされるの分かっててプレイ続ける人間はそうはいません。だから修正パッチは発表したならすぐ落とせる状況でないとダメなんですってば。てばてば。

-

* いじょ。かなーり愚痴っぽくなっちゃったんでこの辺で。

* ・・・はぁ、やれやれ。

-

* あ、追記。

* ささくれながらライアーのBBS見て回ってたら、『腐り姫』修正パッチの方はりぺあさんとこでも公開されてるのを発見しました。さっそく落としてうちでもミラー。どうもありがとうございました。>りぺあさん

-

* 夜。

* 結局、日付が変わるあたりで無事家に帰って来れました。とゆー訳で、さっそく腐りちぇーーっく。

*

へむ2「ふむ。と、言ってもプログラムさえ手元にあればそう大した問題じゃないですな。エディタで開いて.mpg検索して、ほい、出来上がり」
はつね「えっと・・・この、001.mpgってのがそうなのかな?」
へむ2「多分ね〜・・・って、なんか002.mpgってのも見えますな。あれ? どっちだ?」
まるち「とりあえず、両方試してみませんか?(^^;」
へむ2「にゅ。そうじゃの」

* とゆー訳で試してみました。結論。

002.mpg001.mpgの順に連続再生。

* デモが再生されるのはゲームを立ち上げた時とタイトルに戻った時・・・かな。初回起動時(蔵女たんの笑い声から始まるアレですな)はデモは流れない、と。ファイルが無ければそこをかっ飛ばすだけなので、体験版デモを代用する時は素直にkhime320.mpg001.mpgに名前変えて腐り姫フォルダ内のmovフォルダに突っ込めばOK、と。

*

へむ2「ちなみにー。当然と言えば当然ですが、むびファイルの中身なんか全然チェックしてませんので。何か他のデモを001.mpgにリネームして突っ込んだらそのまま再生されますな」
はつね「あはは(^^) そうみたいだね」
まるち「・・・ですけどあの、『ガイア』のデモをテストに使うのはその、少し問題があるんじゃないでしょうか?(^^;」
へむ2「いや、ちょうど手元にあったし。まーあんましその辺気にしない事にしようじゃないか、はっはっは(笑)」

* とりあえず、002.mpgは多分ライアーの社名ロゴが入る予定だったんだろうなあ、と推測されるので、しばらくB2Kに入ってたのを流用する事にしますにょ(笑)

-

* さて。

* ほいじゃ晩ご飯食べて、修正パッチ当てて。久々に腐りますかにょー。

-

* 時間が無いので、腐りながらぐるぐるー。ああっ! 蔵女たんのえろシーンが! えろシーンがッ!! ああっ、ステキーーーッ!!!

*

はつね「・・・ぐるぐるするのか、ゲームやるのかどっちかにしようよ、お兄ちゃん(^^;」
まるち「と、言いますか。そのシーン、何度も見られてますのに(^^;」
へむ2「何度見ても実によろしい! ああっ、俺も蔵女たんに喰われてぇ!!

* いやまあそれはさておき。

* TEATIME『めいでん☆ブリーダー』ゲーム紹介デモ公開。hp.exeの方がそうなんですけど・・・まだ、リンク先が間違ったままですな(笑)

* とりあえず直リンもしときますんで、何でしたらこちらから落としてくだちぃ。上のページから落とす時は、mb_op.exeが落ちてきたらまだリンクが直ってない証拠ですので、ご注意を。サイズは10MBです。

-

* DARK SIDE『秘密』デモ公開。サイズ15MB。

* 以上2つ、いつものよにミラー済み。

-

* 日記系。

* いやぁ、だってデモが溜まってたもんですから(笑)<何故一気にデモチェック>まあ、お忙しい時は無理をなさらずにー。

* ・・・て言うか、KKIさんみたいにテキスト用意した方がいいっすかね? 俺も。

-

* うに、アンインストが必要なのは『初回版を同封の修正パッチを当てずになおかつセーブをした場合』だけですから、普通にパッチ当ててから始めた人には関係ないんでないかとー。まあ、何や誤解されやすい書き方してるなー、とは俺も思いますが(笑)

-

* うーん。でも、そーゆー検索ってこないだの日曜のに関係なく、むかーしからありますよ? 少なくともうちには、去年の8月からこっち、ばしばしと飛んできてますが(笑)

*

へむ2「とゆー訳で、やはりギャラクシーエンジェルと触手は切っても切れない関係だと!」
はつね「そ、そうなのかなぁ?(^^;」
へむ2「だって、うちに飛んでくるギャラクシーエンジェルがらみの検索、1/3は触手ネタですよ?」
はつね「・・・それは、何かバイアスがかかってる気がするよ、お兄ちゃん(^^;」

* ちなみに、俺はその手の検索する時はgoogleのキャッシュだけを見に行きますので。そゆリファを人に残したりはしませんよ?(笑)

*

へむ2「ところではつねちゃんにまるち君」
まるち「はい、何でしょうか?」
はつね「何? お兄ちゃん」
へむ2「んー。ほら、やっぱり日曜朝はハァハァするものみたいですよ?」
はつね「・・・・・・(^^;」
まるち「・・・ええっと(^^;」
へむ2「ねぇ?」
はつね「うーん。困ったね、まるちちゃん(^^;」
まるち「困りましたね(^^;」
へむ2「何故困・・・ああっ!!
まるち「は、はわ? どうなさいました?」
へむ2「蔵女たんがOS巻き込んで固まったーーっ!!
まるち「はわ? あ、ホントですね」
はつね「・・・ゲームしながらぐるぐるしたりしてるからバチが当たったんだよ、お兄ちゃん」
へむ2「うえーん!! せっかく蔵女たんにハァハァしてたのにーーーっ!!(泣)」

* つーかパッチ当てる前に飛んだ事無いのに。何でいきなりパッチ当て直後に飛びますか(笑)

*

へむ2「まーとりあえず、飛んだ物は仕方がない。再起動するとして、とゆー訳で日曜朝はハァハァするものだと」
はつね「あ、話戻るんだ(^^;」
まるち「ええっと(^^; でも、やっぱり、日曜日はその〜。せっかくお休みなんですから、朝からどこかにお出かけするとか」
へむ2「て、都産貿とか?」
はつね「・・・お兄ちゃ〜〜ん(^^;;;」

* これ以上話してても平行線なので強制終了(ぉ でも、日曜日ってこーやって考えてみるとろくでもない曜日ですな、ホント(笑)

* 42度の熱。んー、そりゃ出ない訳じゃないですけど。でも、それだけの熱が出る病気って両手で数えきれるくらい少ないっすよ(笑)

* で、その手の病気はみんなとってもデンジャラスですので。出たらとっとと救急車呼んで病院にかつぎ込まれてくだちぃ(笑)

-

* 結亜萌えは何故少ないか。その理由は簡単です。みんな、その結亜の『変化』を見る前に結亜ウゼぇぇぇっ!! と、そーゆー反応が完成しちゃうからです(笑)

*

へむ2「つーか、最初の『結亜ちゃんアタック』でダメな人はもうアレルギーが出ちゃうみたいですな」
はつね「・・・ちょっと、可哀想だね(^^;」
へむ2「まーね。ほんのちょっと、微妙にベクトル変えるだけで結亜も普通の萌えキャラになれると思うですけどねー」

* 後はまあ、どうしても立場上アイたんと比較されちゃうから、ってのが原因でしょうね。それでも、無印アイたんの時と比べれば結亜萌えな人はだいぶ増えましたし。それでとりあえず良し、とゆー事にしといていただけませんか?(笑)

* で、触手の良い食い合わせを他に知らない。では、とりあえず『』を是非ー。最後の方になってすっかり壊れちゃう莢ちゃんとか、いーですよー(笑)

-

* ふみゅ。

* 再び蔵女たんのえろシーンに到達(セーブしてなかったんでまた最初からなのですな)、クリアした所で今日はここまで・・・て、あ。盲点がONになってねぇ(爆)

* てな訳でもっぺんやり直しー。なんだかなあ、もう(笑)

*

はつね「ところで、お兄ちゃん」
へむ2「にゅ?」
はつね「お姉ちゃんの事は?(^^;」
へむ2「・・・おお(ぽん) 何か連絡あった?」
はつね「忘れてたでしょう、お兄ちゃん(^^; ダメだよ、そんな事じゃあ」
へむ2「はっはっは、まあまあ。で、どう?」
はつね「ううん。何も連絡無かったよ」
へむ2「そっかー。どこ行ったんかねぇ、あずさ君」
まるち「あの、ご主人様(^^;」
へむ2「うにゅ? なぁに?」
まるち「あの、実は昼間、少し研究所の方にお願いしまして。せりおさんとぴーすさんがどこにおられるかは調べてもらったんですが」
へむ2「にゅにゅ? ああ、そっか。あの二人は衛星リンクがあるから居場所が分かるのね」
まるち「はい〜、そうです〜」
へむ2「にゃるほろ。で、どこ?」
まるち「はぁ、それが(^^; あの、どうやら由宇さんの所らしいのですが」
へむ2「・・・あ?」
まるち「おそらく、ですけど〜。反応はそのあたりから、だそうです〜」
へむ2「・・・そうか。分かった、んじゃ電話だ」
はつね「え? この時間に?」
へむ2「あいつなら絶対起きてる。さくっとごー」
まるち「はぁ(^^; それでは・・・(ぴっぽっぱ)」
猪名川「(がちゃ)この電話はただ今使われておりません。ご用の方は普通の時間にお掛け直しください。つーかこないな時間に電話かけてくなや、アホ(−−」
へむ2「どうせ起きてんじゃからいいじゃんよ。で、聞きたい事があるんやけどな」
猪名川「(電話)・・・前振りもなんも無しで本題かい。何やねんな?」
へむ2「うむ。そっちにうちの若いんが行ってるじゃろ?」
猪名川「(電話)あん? あずやんらの事か?」
へむ2「うむ。おるんじゃろ?」
猪名川「(電話)いや、もうおらんで? 夕方出ていきよったけど?」
まるち「はわ?(^^;」
へむ2「はぁ? マジで?」
猪名川「(電話)嘘ついてどないなんねんな。何や、『決勝戦の前祝いするのー☆』とか言うていきなり出ていきよったけど」
へむ2「・・・決勝戦?」
猪名川「(電話)決勝戦。そない言うとったで」
はつね「・・・ひょっとして、お姉ちゃん達、ちづるお姉ちゃんの所に行ったんじゃあ(^^;」
へむ2「やー、多分間違いなくそやろ。何やっとんかなあ、あいつら」
猪名川「(電話)大分酔っとったみたいやからなあ。勢いだけで動いとんちゃうかー?」
へむ2「酔っとったて。う〜〜〜む、困った連中じゃのう・・・なあ、あいつら、ひょっとしてずっと酒飲んどったん?」
猪名川「(電話)いや、来てすぐ飲んで、そんでその後は神戸観光したりしとったんやけど・・・昨日からはまた大宴会状態やったな」
へむ2「・・・準決勝か。まあ、気持ちは分かるけどやなあ・・・あー、とにかくまあ、もうそっちにはおらへんねんな?」
猪名川「(電話)おう、おらんでー」
へむ2「そっか。あんがと。ほなまあ、原稿頑張りやー」
猪名川「(電話)おおきに。頑張るでー・・・て、うちが原稿書いてるて、よう分かったなあ?」
へむ2「だってそんな理由でも無かったらおまい、一緒になって酒飲んどるやろ」
猪名川「(電話)・・・そら、ちゃうとは言わんけどやな」
へむ2「ま、とにかく頑張りぃや。ほななー」
猪名川「(電話)あいよー。ほななー(ぷちっ)」
へむ2「さて。そーゆー訳で、どーやら連中、飲んだくれたまま鶴来屋に向かってるみたいじゃよー」
はつね「・・・私、朝になったらちづるお姉ちゃんに電話しとくね(^^;」
へむ2「うむ。強制送還する様に伝えてくれたまえ。いい若いもんが何を一週間以上ものんべんだらりとしてやがるんだか」
まるち「えっと(^^; 卒業旅行のおつもりなのではないでしょうか?」
へむ2「あずさはともかくあやかはまだ卒業じゃねぇだろが。まったくもー」
はつね「あはは(^^) でも、私も学校お休みしてここにいるし。それと一緒で、たまには刺激が欲しいんだよ、きっと」
へむ2「むう。確かに、たまにはそういうのも必要じゃけどなあ・・・まあいいや。とにかく、帰ってきたら小一時間説教じゃ」
はつね「あはは(^^; あんまりお姉ちゃん叱らないであげてね、お兄ちゃん」

* はい、タイトル話に帰着した所で今日はここまでー(笑)

* ・・・と、そうそう。『腐り姫』デモは半日がかりでよーやく10%くらい落ちてきました。つーかリトライ回数が9999回を越えてたりもしやがるんですけど。早い内に何か手ぇ打ってくれんと暴れますよお兄ちゃんわ(笑)

-

(2002/03/07追記)

* うひょ。んな事言うてたら何かいきなり軽くなりましたよー。<『腐り姫』デモ鯖>何か3時間で残り90%全部落ちてきやんの(笑)

* つー訳で、デモも(分割版の方だけですけど)全部落ちてきたので寝る前にとり急ぎミラー。何となく専用インデックスページも作ってみたり。ついでにまい鯖セカンドの方でもミラーしてありますんで何でしたらそちらもご利用をー。

* ・・・で、今4KB/sくらいかあ。<あっちの鯖>むー。まあ、そんだけ速度が出れば、後は根性一つで何とでもなりそうな気がしますが(笑)、でもまあ、とりあえずライアーに『ミラーしましたにょー』ってメールしときますかねぇ。

-

* ふみゅ。ほいじゃおやすみなさい。


久しぶりに『アレ』関連の話題でも。

* ・・・何やコンビニ行ったら『冷やし中華はじめました』とかでっかく貼りだしてあって、思わずその場で滑って転んで大分県、なノリだったりする今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。

* つーか少しは季節感ってもんを大事にせんかい、セブンイレブン(笑)

-

* ま、それはさておき。

* えー。げっちゅ屋でー、新コムちゃんのサンプルボイスが公開されました。

* ・・・まあ、俺も立場上、何言うてもちっとアレですのであまり何も言う気は無いのですが。そうですか、これがげっちゅ屋の考える『6歳のかわいいコムちゃん』ですか。ふぅん。

*

へむ2「とか言いつつ。実は、ミケの方がよっぽど気に入らんかったりするんですけどね。違う! 『くにゃー』はそんな言い方じゃない!! てゆーか、何でサンプルボイスに『コムちゃんしか世界を救えないんだよ!』が無い!?」
はつね「あはは(^^) ミケの口癖だったのにね」
へむ2「まったくもう。どーもこー、ピントがボケてる気がしてなりませんよ。今更な意見かもしれませんけどー」

* 後、他のみんなはサンプルボイス3つなのにゆかたんだけ1つ、とゆーのも納得いきませんな。差別だ差別、おのれら自分ところの公式コスプレイヤーをもーちょい大事にせんかい(笑)

-

* 次。

* んーと。hueからメールマガジンが届いてました。内容は・・・ちょっと今回薄いんですけど、とりあえずアイたん+のアンケートハガキを送ると、そのお返しとして壁紙DL用のパスワードが貰えるそーです。ゲーム買ってまだアンケートハガキを送っていない方はこの機会に是非に。てゆーか、とっとと送ろーなー(笑)>俺

-

* んで。

*

へむ2「実はですな。気が付いてしまったのですよ」
まるち「はい?」
はつね「何を? お兄ちゃん」
へむ2「うむ。確定申告、行かんとあかんのですわ」
はつね「あ(^^; そっか、15日が締め切りなんだったっけ」
へむ2「そそそ。でも、15日ギリギリだとすごく混むからさあ。出来れば今週中に行っておきたいよねー、とゆー事で」
まるち「そうですね(^^) それでは、確定申告の書類、持ってきますね」
へむ2「ういうい、よろすく。しっかしなあ、俺、毎年この時期になると思うんやけど。配偶者控除、欲しいよなあ」
はつね「あはは(^^; ダメだよお兄ちゃん。そんな理由でお嫁さん欲しがったら」
へむ2「いやー、扶養者控除でもいいんじゃけど。ね、はつねちゃん。うちの子にならん?」
はつね「もう、お兄ちゃんてば(^^; ダメだよ〜、そんな事したらうちの扶養者控除が減るから、ちづるお姉ちゃんが困るもん」
へむ2「むう。そっかー、ちづるさんも大変だよなあ・・・」
まるち「ご主人様〜。持ってきました〜(^^)」
へむ2「お、ありがとー。源泉徴収票は?」
まるち「それもあります〜(^^)」
へむ2「ういうい。ほいじゃ計算しますかねー」

* つーか、源泉徴収票だけで確定申告書が書けるあたり、実に控除の無い生活送ってるのがバレバレですな俺様(笑)

*

へむ2「大体、これだけ控除の無い生活なんじゃからよう。ホントは確定申告の必要性なんかほとんどないんじゃけど(かきかき)」
はつね「お給料を2カ所以上で貰ってるんだから仕方ないよ、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「うむ。あーメンドくせぇ。この辺統合する方法って無いもんかのう・・・(ぴっぽっぱ) と、結果出た。今年は12Kくらいよけいに払えばおっけーじゃな」
まるち「それじゃ、さっそく行きましょうか(^^)」
へむ2「うむ。とっと行って、とっとと済ますべぇ」

* てな訳で、これから税務署行って来ます。ぱぎゅ〜。

-

* 昼。

* とりあえず確定申告済ませました。そんで、ちょっと気が向いたんで通り道にある生涯学習センターに寄ってみたんですが。えーと、ここの視聴覚室。

何でFMーTOWNSがありますか。

* ・・・一瞬目を疑っちゃいましたよワタクシ。ほんっっっとにうんずのソフトが置いてあって、それを借り出して遊べる様になってるんですけど。一体いつから時間が止まってますかこの空間は(笑)

*

へむ2「とゆー訳で、謎の空間を堪能してきた訳ですが。いやー、まさかうちからチャリで7〜8分な場所にこんなもんがあったとは」
はつね「て、今まで行った事無かったの?(^^;」
へむ2「うん。だって生涯学習センターなんぞに用は無かったし。しかしここ、プラネタリウムはあるはアマチュア無線ルームはあるわ。なーんか、お金のかけ方が妙だよなあ(笑)」

* いや、実は『パソコンルーム』みたいな所もあって。そっちにはiMacがずらずら並んでたりもするんですけどね。

* ・・・それだけiMacがあったらうんずなんかいらんじゃろーに。捨てろよ(笑)

-

* さて。

* それはそうとして、昼出歩くと目がしぱしぱして痛いです。鼻もぐじぐじしてくしゃみが止まりません。うう、やっぱ昼間に出歩くもんじゃないですなあ。しくしく。

*

へむ2「やっぱアレね。人間、昼寝て夜動く方が身体にいいんじゃないカナ」
まるち「そ、それは違うと思いますが(^^;」
へむ2「だって、夜の方が花粉の飛びは少ないチックだよ?」
まるち「花粉はそうかもしれませんけど〜(^^;;;」
へむ2「とゆー訳で、俺は寝る。寝るったら寝るー」
まるち「あの、まだお昼過ぎですよ?(^^;」
へむ2「やー。寝るのー。お目々しぱしぱして痛いから寝るのー」
はつね「・・・もう。しょうがないなあ、お兄ちゃんは(^^;」

* いや、冗談は抜きにして。結局何だかんだで昨日から寝れてないので、この辺で寝ておきます。お休みなさい。

-

* ・・・て、一つ忘れてた。forte『Ethos 〜天使の降る場所〜』デモ公開。サイズ23MBでミラー済みー。

-

* んじゃ、お休みなさい。

-

* 夜。

* 寝る前にPHSを充電器に差し込んで置いたら、何か目覚めた時にはバッテリーが空になってやがったりしたのですがナニゴトですか一体。

* つーか時刻設定までリセットされやがってますし。何なんだ一体。

*

へむ2「うーむ。謎じゃのう」
まるち「一体、何があったんでしょうか?(^^;」
へむ2「さあ。充電してるハズが放電しまくってたんじゃろう、とは思うけど、なんでそうなってたのかは分からんなあ」
はつね「コンセントが外れてたとか・・・そういう事も無いんだよね?」
へむ2「うん。もしそうだったら充電ランプつかんからね」
はつね「うーん。何なんだろうね、一体(^^;」
へむ2「ま、よくは分からんけどとりあえず時刻設定やりなおしといて再充電、と。ところでさあ、あずさ君帰ってきた?」
まるち「いえ、まだです〜(^^;」
はつね「・・・あのね。何か、うちでちづるお姉ちゃんにこっぴどく叱られてるみたい(^^;」
へむ2「ほえ。そなの?」
はつね「何か、ぐでんぐでんに酔っぱらってたどり着いたらしくて。あやかさんと一緒にお説教されてるって、かえでお姉ちゃんが(^^;」
へむ2「うーむ。何やってんのかのう、あの連中。ま、いいやぁ。明日にはさすがに帰ってくるんじゃろ?」
はつね「うん、多分」
へむ2「うし。んじゃまあ、帰ってきたら俺からもお説教してやろー。小一時間なー」
はつね「あはは(^^; お手柔らかにね、お兄ちゃん」

* ま、それはさておき夜ぐる。

* GAMESPOT『鬼哭街』デモロングバージョン公開。サイズ17MB。

-

* ・・・他にも、何ヶ所かデモや体験版が公開されてるげな痕跡のある場所があるんですが。揃いも揃って鯖落ちしてやがるので詳細が掴めません。

* がっでみゅ。

-

* 日記系。

* あ、お帰りなさーい。今後ともよろしくー。

* ・・・しかし、何かいきなりちよりちゃんが焼き餅やきまくりそうなシチュエーションですな(笑)

-

* 最後。

*

へむ2「ふむ。実はですな、の『腐りデモミラーしたにゅ』なメールを出した件、ライアーからお返事が来てまして。しかも驚くべき事にちゃんとしたまともな文章の」
まるち「驚くべき事に、ってご主人様(^^;」
へむ2「いや、だってライアーだし。おちゃらけたメールが返ってきたらそれはそれで楽しいよな、と思ってたのですが。てゆーか、心のどこかでそーゆーふざけたメールを期待していたおにーさんと致しましては、ちょっと欲求ふまーん」
はつね「もう、お兄ちゃんてば(^^; 向こうだって会社なんだから、ふざけちゃいけない時はふざけないよ〜」
へむ2「・・・『欲求不満』を略して『よっきゅん』とか言っちゃダメかな?」
まるち「・・・はわ?」
はつね「何でいきなりそんな話になるの?(^^;」
へむ2「いや、今唐突に思いついたので。で、どうよ?」
はつね「・・・誰にも分からないから、ダメだよお兄ちゃん(^^;;;」
へむ2「そっかぁ。とゆー訳でまあ、ちょっと残念かなあ、と。てゆーか、向こうから貼られてるリンクに『Multi Inside.』の文字がある以上、ディレクトリ遡っておそらくうち日記もチェックしたんだと思うんですけどー」
まるち「けど?」
へむ2「・・・あの、俺がいきなりアヤつけしてる日記読んでこれだけちゃんとしたメールが返せるあたり、大人だなあとか思う次第ですよ」
まるち「・・・・・・(^^;;;」
はつね「あ、あはは(^^;」

* いや、別に嫌みでも何でもなくて。俺が当事者なら『うるせぇ、ほっとけばかー! ウワァァァァン!!』とか心の中で泣きながら2chのてきとーなスレで叩きでも始める所ですよ、ホント(笑)

-

* ま、それはさておき。ちゃんとしたデモが手に入った所で今日も腐りますにょー♪


[弥生日記一覧] : 2002/03/08 : (コメントが2件あるにゅ)

愛のハリケーンミキサー。

『世界を攪拌するミキサーを!』

* ・・・いいなあ、レズの王子様。思わずファンになっちゃいそーだよおにーさん(笑)

*

へむ2「とゆー訳で、今朝もステキに腐ってた訳ですが」
まるち「あまり腐ってる事と関係無い気がします、ご主人様(^^;」
へむ2「いやいや。何つーか主役級の大活躍ですよレズの王子様。最初のプレイん時は声が出なかったんで気が付かなかったんですけど、あっちこっちでまー、大暴れしてやがりますな」
はつね「あはは(^^) そうだね、出番多いね」
へむ2「惜しむらくは鼎さんの出番が少ない事ですか? いや、まだ全然途中なんでもしかしたらこの後でばしばし出番があるのかもしれませんけど」
まるち「ど、どうなんでしょうか?(^^;」
へむ2「どうなんでしょうね。ま、その辺は後日のお楽しみとゆー事で」

* とりあえず時間切れになったのでおかーさんが腐り始めた所で今日はここまで。あー、おかーさんの一人えっちシーンは背徳感に溢れてていー感じですなー(笑)

-

* さて。

* 朝からえろえろな物を見て心和んだところで、バイトにゴー。途中、ひこーきの中で来年の確定申告ん時どんだけ金ぶんどられるのかの試算もしてみたり。

*

はつね「? 来年?」
へむ2「うん、来年。ほら、俺さー、四月から仕事増えるから。多分来年はろくでもなく金ぶんどられるハズなんよねー」
はつね「でも、源泉徴収とかいうので、大体は最初に引かれてるんじゃないの?」
へむ2「やー、それがねぇ。今年の給与全部合計すると多分税率が変わるんだわ。だから、上がった税率分まるまる取られると思うんよねー」
はつね「あ、そういうものなんだ」
へむ2「うん。源泉徴収はそれぞれの給与額に対してしか計算されとらんからね。で、合計額がこんだけになって所得がこうなってー。控除は例によって基礎控除と社会保険分しか無いから大体100万でー」
まるち「えっと、残ったこれに20%ですか?」
へむ2「うん。0.2かけて33万引くー。そっからさらに2割弱減らせるから・・・」
はつね「・・・110万円くらい?」
へむ2「じゃなあ。うっわ、高ぇ
まるち「いえ、あの、ですけど、ここから源泉徴収の分は引けますし。実際にはもう少し(^^;」
へむ2「それでも大体60万から70万は追加で払わんといかんのだぞ。つまり月あたり5万か6万。えーい、それだけの金があったらえろげーが6本は買えるのに!」
はつね「あはは(^^) ダメだよお兄ちゃん。何でもかんでもえっちなゲームで換算したら」
へむ2「じゃあ牛丼が200杯は食えるぞ、というのはどうか。つまり一日6杯牛丼を・・・て、うわ! そう考えたら何かむっちゃ損してる気になってきた!!」
はつね「もう(^^; いいじゃないお兄ちゃん、月5万払ったって、それ以上にお給料は増えるんでしょう?」
へむ2「うん、増えるよ」
はつね「だったら・・・」
へむ2「そこはそれ。ほら、手間かけて申告書書いて、そんでお金まんまぶんどられるのって何か悔しいしー」
はつね「しょうがないなあ、もう(^^; それじゃ、何か使えそうな控除が無いか、調べてみる?」
へむ2「て、何かある?」
はつね「えっとね・・・生命保険控除、ってのがあるよ。最高で10万までだけど」
へむ2「むう。10万じゃあ焼け石に水じゃなあ・・・でもま、この機会に入っておくのもいいかな」
はつね「そうだね。お兄ちゃんももう大台に乗っちゃったんだし、少しは先の事も考えないと」
へむ2「大台って言うなー!! むきーーーっ!!!」
はつね「あはは(^^) まだ吹っ切れてなかったんだ」
へむ2「むききききー。でもさ、生命保険てどこでどうやって入る訳?」
はつね「え?」
へむ2「よーするに、何屋さんで扱ってるの? とゆー。俺、見た事ねぇんじゃけど」
はつね「え、えっと(^^; 保険屋さん・・・じゃないかなあ、やっぱり」
へむ2「保険屋さんってどこにある訳?」
はつね「し、知らないよ私(^^; お兄ちゃん、それくらい自分で調べてよ〜」
へむ2「むう。それはノストラダムスの予言に秘められた謎を解明するのと同じくらい困難な作業ですよ。この四行詩は原発事故の事を示していたんだ!!」
まるち「いえ、あの、普通に検索すれば普通に見つかるのではないかと思うのですが(^^;」
へむ2「いやん。そこは『何だってーーーっ!?』と返してくださいませんとー」
まるち「はわ? あ、すみません(^^;」
へむ2「ま、いいや。で、他になんかいい控除ある?」
はつね「あ、うん。えっと・・・寄付金控除とか医療費控除とか。でも、これだと税金は減るけど、結局それ以上にお金出さなきゃいけなくなるのかな」
へむ2「あ、そりゃダメだ。他には?」
はつね「えっと・・・後は、お兄ちゃんが今年中に結婚して配偶者控除を貰うくらい?(^^;;;」
へむ2「・・・何故そこで汗笑いになるのか小一時間。まあいいけど」
はつね「あはは。ごめんね、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「いや謝るんじゃありません。何かさらにキツいぞ、それ」
はつね「え、あ、ごめん(^^;;;」
へむ2「だーかーらー。まあいいけどさぁ。で、他には?」
はつね「う〜〜ん・・・もう、他には無いんじゃないかなあ」
へむ2「にゅう、使えんのう。えろげー控除とかPC控除とか無いんかい」
はつね「・・・あはは(^^;」
まるち「そういうのは、やはり生活必需品ではありませんから〜。控除の対象にはならないんじゃないでしょうか?」
へむ2「いや、しかしですな。ほら、えろげを買うのはイコール今日の飯にも事欠くえろげ屋さんの生活を扶養してるのだ、と、そーゆー考えは出来ませんか?」
はつね「出来ないと思うよ、お兄ちゃん(^^;」
まるち「と、言いますか。別に全部のええと・・・そういうメーカーさんが生活に困ってらっしゃる訳じゃありませんし(^^;」
へむ2「むう。DOS時代はそーゆーメーカーさんばっかりだった気がするんですけどねぇ・・・」

* 上記会話は一部偏見が混じっております。ご注意下さい(笑)

* とりあえず、『月10万くらいは税金用に積み立てていかないとねー』と結論が出た所でバイト先到着。今日もふにふに働きますにょー。

-

* 昼。

* 今日は午前中2時間働いてその後3時間寝てさらにそこから3時間働いてしゅーりょー。

* ・・・最近、バイトに行くと必ず睡眠時間がオプションで付いてきてる気がしますな。いい事なんだか悪い事なんだか(笑)

-

* 夜。

* とっとと家帰ってきました。

*

へむ2「ただいまー」
ちづる「お帰りなさい。お久しぶりです(^^)」
かえで「・・・お邪魔しています」
へむ2「はや? ちづるさん? なんでこっちに? えと、かえでちゃんもこんばんは」
ちづる「ええ、あの子達が途中で寄り道とかしない様に、監視を兼ねて」
へむ2「あやややや。それはお手数お掛けしました」
ちづる「いえ、少しこちらに用事もありましたから。お気になさらないでください(^^)」
へむ2「すみませんねぇ。で、その困った子らはどこに?」
あやか「はーい、こんばんわ〜」
あずさ「・・・ただいま」
せりお「今晩は、へむへむさん」
ぴーす「どうも、お邪魔しています!」
へむ2「お、いたいた・・・て、何かへにゃへにゃじゃなあ、君ら」
あやか「あははー。いやー、48時間飲んだくれ大会に続いて24時間お説教トライアスロンだったからさー。さすがにちょっとねー」
へむ2「そうか、それは大変だったな」
あやか「そうなのよー。大変だったのー」
へむ2「んじゃ、それに加えて後小一時間、小言短距離走な。頑張れ」
あやか「えー? 嘘ぉ!?」
へむ2「えー、じゃねぇよ。こちとらおまいらが連絡もよこさんかったせいで色々せんでいい心配しちまったんだから。その分文句言わせれ」
あやか「・・・へぇ。心配、してたんだ」
へむ2「おう、心配するだけならタダやからな。ナンボでもやったるぞ」
あずさ「タダってアンタ(−− それは本当に心配してるの?」
へむ2「してるしてる。おにーちゃん夜も眠れない生活してたのよ? 昼寝てたけど」
あずさ「・・・やっぱり心配してた様には聞こえないわよ?」
へむ2「気のせいだ。ほら、ちょっとそこに座りなさい、君ら。ぴーすにせりおも」
ぴーす「あ、は、はい!」
せりお「・・・はい」
あやか「ええっと・・・座れ、って言われても、もう座ってるけど?」
へむ2「こーゆー時は座れ、言うたら正座せい、ゆー事です。ほれ、ぴしっとし」
あやか「う〜〜・・・分かったわよう」
あずさ「何で私がアンタに小言言われないと・・・(ぶちぶち)」
へむ2「お黙んなさい。いいですか、そもそも君らは未成年なんですから。そら、若い時は人間無茶するもんやけど、世の中限界いうもんがあってやな(くどくど)」
はつね「・・・お姉ちゃん、頑張ってねー(^^;」
へむ2「あ、はつねちゃん。ご飯先に食べといてねー。長くなるからー」
はつね「あはは、長くなるんだ(^^;;;」
ちづる「それじゃ、お言葉に甘えて私たちはご飯にしてましょうか。お腹、すいたでしょ?」
はつね「あ、うん。あ、でもご飯の準備が・・・」
ちづる「大丈夫、準備しといたから(^^)」
はつね「え。お、お姉ちゃん、料理したの!?」
ちづる「そ、それがね(^^; そうしたかったんだけど時間がなくて。そこでお総菜買ってきて並べただけになっちゃったんだけど・・・ごめんね」
はつね「う、ううん。全然大丈夫だよ! え、えと、おかずはそれで、ご飯は?」
かえで「・・・大丈夫。私が炊いておいたから」
はつね「そ、そうなんだ。ありがとう、かえでお姉ちゃん(^^;」
ちづる「さ、それじゃいただきましょ」
まるち「私、お茶お入れしますね(^^)」

* 和気あいあい。とゆー訳で晩ご飯です。

-

* 晩ご飯食べ終わって夜ぐる。同時にまったり腐ってみたり。

*

あやか「・・・まったりなんかしてないわよう。しくしく」
へむ2「うむ、お疲れさま。とりあえず言いたい事言ったので俺はすっきりだ」
あずさ「ろくでなしか、アンタ(−−」
ちづる「あずさ。ダメでしょ、そんな口のききかたしたら。貴方達が悪いんだから」
あずさ「う・・・」
へむ2「はっはっは、まあまあちづるさん。俺は気にしてませんからー」
ちづる「そうですか? すみません(^^;」
へむ2「あずさ君は照れてるだけなんですよ。はっはっは」
あずさ「誰がだ!?」
ちづる「あら。そうだったの? あずさ」
あずさ「違う! 断じて違う!!」
あやか「・・・私、もう帰る〜」
へむ2「うい、お疲れ。家帰ってぐっすり休んでおくれ・・・て、もう夜遅いけど、大丈夫?」
あやか「大丈夫〜、迎え呼んだから。それじゃあね〜」
はつね「元気出してね、あやかさん(^^;」
まるち「また、遊びに来てくださいね(^^;」
あやか「うん。それじゃねー」
せりお「それでは、失礼します」
ぴーす「どうも、お邪魔しました!」
へむ2「ほーい、ばいばーい」
あずさ「・・・それじゃ、悪いけど私も今日は先に休ませてもらうわ。さすがに疲れたし」
へむ2「ふむ。まあしゃーあんめぇ、おやすみ」
あずさ「おやすみ。それじゃ」
へむ2「さて。ほいじゃま、俺等もとっととぐる済まして寝ますかね」
ちづる「そうですね(^^) あまり夜更かしはよくありませんし」
へむ2「ういうい。ほいではー」

* まずはゲーム屋系。

* GAMELEX『Doki!Doki!お医者さんごっこ』&『凌辱痴漢地獄』&『Milkyway うぃず Voice』デモ公開。つっても全部前にオフィシャルで公開されてたんと中身は一緒みたいなんでミラーはしませんが。

-

* スクランブルハウス『まお〜っ娘クライシス』体験版公開。サイズ32MB。

*

へむ2「うーん。何か愉快な事が書いてますな」
はつね「? 何が?」
へむ2「うむ。使用許諾ん所にやね、いわゆる著作権がらみの事が書いてあるんじゃけど。この書きようだと、自分で使いさえしなけりゃ第三者への配布やら販売やらしてもいいみたいに読めちゃうぞー」
はつね「・・・えっと、そうなのかな(^^;」
へむ2「せめて2行目に『リバースエンジニアリング云々』が入ってなきゃ、この行に書いてある行為は使用許諾に関係なく著作権法で禁止されてます、が通用すると思うんじゃけどな」
まるち「リバースエンジニアリング、って逆アセンブルとか、そういう物ですよね?」
へむ2「うん。それは著作権法じゃあ禁止されてねぇからなあ。それが同列に扱われてる時点で、こりゃ単なるローカルルール、守れない人は『使うな』ってだけになっちゃうな」

* とりあえず、著作権がらみは使用許諾とは別に項目作っといた方がいいですよ、と忠告しつつ、えーと何がいいたいかとゆーと。『転載禁止』を明言するんなら、デモ公開当日丸々一日鯖落とすよな真似をするんじゃねぇ、と、そー言いたい訳ですな。ちゃんと責任持って負荷に耐えれる鯖使わんかい(笑)

(2002/03/09追記) うに、気が付いてなかったんですけど修正パッチと修正済みバージョンの体験版が公開されてました。ご注意を。<上記体験版

-

* イリュージョン『Battle Raper』デモ公開。サイズ12MB。

* とりあえず、以上ミラー済み、っと。

-

* すぺじゃにで新作『電脳妖精エルファン』の主題歌公開。

* ・・・え〜〜〜と。オリジナルバージョンとロックバージョン、二つが公開されてるのですが。

何なんだこのおねぃさんの扱いは。

* ちょっとお兄さん色々と納得いきません。まあ、大変おねぃさんらしいと言えばおねぃさんらしいんですけど(笑)

* とりあえず、聴く時はオリジナル→ロックの順で聴く事をお奨めしときますです。まーお暇がございましたら、一度是非に。

-

* 林組。なーんか、『次々回作は真面目な(暗い?)シナリオでも書こうか』とか林様がほざいてます。

* ・・・えーと、無理な方に1000ペリカ(笑)

-

* アージュスタッフひとりごち。んーと、13日の21時から、ちよれん後夜祭での売り切れグッズの追加販売が始まるそーです。手に入れ損ねて悔しい思いをされてる方はダッシュかけてみられてはいかがでしょーか。

-

* その他。

* 二次元ドリームノベルズ新作情報が出ました。発売日は『好評発売中』・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* ちょっと待ちなさい、にじこちゃん。せめて発売日の前日までには情報出す様にしましょーよー(笑)

* あ、ちなみに新作はメイド物で、紹介読む限り前半はよさげな雰囲気も醸し出してるんですが・・・どーも、最後は愛が勝って終わりそうです。がっでみゅですな(笑)

-

* そして。

* 葉鍵板最萌トーナメント。いよいよ、決勝戦の開始です。

* ・・・ここまできたら、もう何も言う事はありません。

頑張れ千鶴さん。

* 俺の最後の一票を、貴女にささげます。

*

へむ2「はい。とゆー訳で始まりましたー。お祭りですよお祭り♪」
まるち「すごいですね(^^; 始まって1分くらいでスレッドが一つ埋まってます〜」
へむ2「まあ、もともと800超レスがあったから、実際の書き込みは100かそこらじゃけど・・・凄いね、うん」
はつね「新しいスレッドも5分で100越えてるよ、お兄ちゃん(^^;」
へむ2「つーか10分で200越えてるな(笑) どうですか、ちづるさん。みんな、萌え萌えっすよ!」
ちづる「あ、えっと(^^; その、皆さんあまり無理はなさらないでくださいね」
へむ2「も〜、ちづるさんてばー。ちづるさん、もう葉の最萌ヒロインの座を獲得してるんですから。もうちょっとばーんと!!」
ちづる「そ、そう言われても困ります(^^;」
へむ2「やーもう、ちづるさんてば偽・・・あ、いやいやいや。奥ゆかしいんだからー♪」
ちづる「・・・あの、今、何か言いかけませんでしたか?」
へむ2「いえ全然まったくそんな事は少しもございません。とにかく、泣いても笑ってもこれが最後。皆さん、れっつごーーっ!!Σd(>ω<)」

* て、言ってるうちに現行スレは400を突破してたりします。みんな、アツいぜ(笑)

-

* とりあえず今日はここまで。明日起きた時どうなってるか、楽しみですわ〜♪

-

* ちょっとだけ追記。

* ・・・あの〜〜〜、俺、全然気にしてなかったんですけど。ひょっとして今、GAMESPOT『サクラ大戦4』CMムービー、落ちてこなくて世間様困ってますか?

* 俺が落とした時はちょっとほっといたらさくっと落ちてきたんで、まー大丈夫じゃろー、つーてその後爽やかに忘れさってたんですが(笑)

*

へむ2「つーか、えろげーじゃない物におにーさんあんまし興味が無かったりしましてね?」
ちづる「もう(^^; ダメですよ、そんな事じゃ」
へむ2「うにゅう。でも、えろげ以外にまで手を出すとこれがまた膨大な量になっちゃうんですよ。だから、あんまし普段は気にしないミラーしない様にしてるんですけどー」
はつね「でも、何だか本当に繋がらないみたいだよ、お兄ちゃん」
まるち「しかも、週末・・・明日にはきっと、『Wind』の高画質版デモも再公開されるんですよね?(^^;」
ちづる「そしたらもっと繋がらなくなっちゃいそうですね」
へむ2「いや、それはさすがに再公開見合わせるのではないかとワタクシ愚考するのですが」
はつね「そうだね(^^; でも、今繋がらなくて困ってるのは、結局変わらないんじゃないかなあ」
へむ2「多分ねー。まあ・・・んじゃまあ、やりますか。需要があるかどうか分かんない、てぇかこんな日記の一番下に書いてどれだけの人が気付くか分かりませんけど(笑)」

* とゆー訳でこっそりミラーしてあります。まーお困りの方がおられましたら、どぞ。


誘おう、何処までも。

※お詫び※
今日のタイトルは『決勝戦!!』になる予定でしたが、腐り加減がマキシムに来たので急遽こーなりました。ごめーん。

*

あずさ「・・・て、一体誰に対して謝ってるんだ、アンタ」
へむ2「そりゃもーもちろん、ちづるさんですがな。ごめんなさーい!」
ちづる「あ、いえ、別に気にしてませんから(^^)」
へむ2「ううううう、すみませんねぇ。俺が不甲斐ないばっかりに。しくしく」
はつね「不甲斐ない、っていうのは少し違うんじゃないかなぁ(^^;」
へむ2「まーとりあえずそれはさておき。よーやくエンディングに到達しましたですよー、『腐り姫』。はにゃ〜」
ちづる「良かったですね(^^) どうでした?」
へむ2「いやいや。中盤から終盤にかけてのみんなの腐り具合もこー、背筋から後頭部にかけてゾクゾクがざわざわな出来でしたが」
かえで「・・・ゾクゾク美」
へむ2「びーびー言うなぁっ! あ、いや、ゴメンかえでちゃん。そのセリフ聞くと条件反射で」
かえで「・・・ごめんなさい」
へむ2「いや、あの、今のは俺が悪かったですから。えーとあの」
あずさ「そーそ、この馬鹿が自分が悪いって言ってるんだからそれでいいのよ(ぺしぺし) かえでは別に何も気にしないでいいわよー?(ぺしぺしぺし)」
へむ2「たーたーくーなー! なんであずさにやられにゃならんとやー!!」
あずさ「うるさい、黙れ。人の妹いじめてこの程度で済むんだから、感謝しなさい(ぺしぺしぺしぺし)」
へむ2「うがーーっ!!」
ちづる「もう、二人とも(^^; ダメよ、喧嘩しちゃあ」
かえで「・・・仲良く喧嘩?」
はつね「あはは(^^) とーむーとむとむにゃーご♪」
まるち「じぇりー、じぇりー、じぇりー、ちゅー(^^)」
あずさ「いや、だから何で歌うの二人とも」
へむ2「て言うか、よく知ってるなあ。そんな古いの」
はつね「有名だから(^^)」
へむ2「ふむ。まあ確かにそりゃそうかも」
あずさ「て、いやそんな事はどうでもよくて。誰が仲良く喧嘩してるって!?」
かえで「・・・あずさ姉さんと」
はつね「お兄ちゃん」
あずさ「違う! 断じて違ーうっ!! 誰が!(べしべし) こんなのと!!(べしべしべしべし)」
へむ2「だから叩くなー!!」
ちづる「もう(^^;;; そのくらいでやめておきなさい、二人とも」
へむ2「はーい。で、エンディング見た訳ですよ、エンディング」
あずさ「・・・くっ。またそうしていきなり話変えるし」
はつね「いいじゃない、お姉ちゃん(^^; で、どうだったの、お兄ちゃん?」
へむ2「うん。見たのはええと・・・『腐爛』ですか。そーゆーエンディングなんですけど。やー、蔵女たん、かーいいですな」
まるち「そうですか。良かったですね(^^)」
へむ2「うん。あまりにかわいいからさあ。思わずこー、喰らいたいってゆーか、喰らってあげたくなるですよー」
はつね「た、食べるの!?(^^;」
へむ2「うーん。まあネタバレになっちゃうんであまりちゃんとした説明は出来んのですけど(ぽりぽり) とにかくまあ、俺は蔵女たんを喰らってあげたい。俺の望みを叶える為に俺が出来るのはそれだけだろなあ、と思う訳です」
まるち「はぁ、そうなんですか(^^;」
へむ2「でも、喰らった瞬間逆に蔵女たんに喰らわれる事になるだろうなあ、てのも分かっちゃう訳です。結局そうなると俺の願いは叶えられん訳で。中盤・・・いや、ゲーム始めた最初の頃からその辺ずっと悩んではいたんですけど」
あずさ「悩む事なのか、それは。て言うか、アンタの願いって、何」
へむ2「それはネタバレになるから言えんのや、つーに。で、まあ手詰まり状態だったんですが、そこで迎えたのがこのエンディング。俺の願いがほぼそのままで叶った感じです」
ちづる「そうなんですか。良く分からないですけど、良かったですね(^^)」
へむ2「ええ。まあもっとも、却下された選択肢その1ならもっと良かったんですけどね。とにもかくにも、俺の叶えられない願いが叶った訳で。えーと、そう。この言葉を贈りたいですな。『ありがとう』、と」
あずさ「ありがとう?」
へむ2「ありがとう。誰に向かって言ってるのかは自分でもよく分かんないけどね。ただ、感謝の気持ちを示しておきたいんですわ。何かにね」

* 問題は、この一番の望みをいきなり最初のエンディングで見ちゃったせいで他のエンディングを見る気にならないてぇ所でしょーか。やー、記憶を失うのがもったいなくってー(笑)

*

へむ2「とは言え、このエンディングを見た後はとっとと記憶を失うべきですな。話の流れ的には」
あずさ「て、聞かれても。見てないから分からないわよ、私」
へむ2「ふむ。まあそりゃそーだ」

* とりあえず、最後の選択肢で変わる『落果』なエンディングを回収しておいて。ちょっと間をおいてから、また記憶失いますかねー。今は余韻に浸っていたいですにょー。

-

* さて。

* それはそうとして、葉鍵板最萌トーナメントの方はいよいよ佳境。スレを4つ以上使い潰して、もうどっちが優勢なんやらさっぱり見当もつかん状況です(笑)

* でも、後1時間ちょっとでその戦いにもケリが付きます。泣いても笑っても。だから最後にもう一度。

頑張れ千鶴さん。

* 勝敗はしょせん結果に過ぎませんが、それでもせっかくここまで来たんだしー。出来れば優勝をその手に。頑張れ!!

-

* 23時です。

* ・・・とうとう、決着です。結果は。

  • 千鶴さん:1133票

  • さゆりん:1051票

* 1133票対1051票で、千鶴さんの勝ち。

* ・・・・・・・・・・・・

よっしゃあっ!!
Σd(>ω<)

* あー。すっげぇ嬉しいです。何か、うまく言葉にならないですけど。

*

へむ2「おめでとう、ちづるさん!!」
はつね「おめでとう、お姉ちゃん(^^)」
あずさ「おめでとう!」
かえで「・・・おめでとう」
まるち「おめでとうございます〜(^^)」
ちづる「みんな、ありがとう。でも、まだ、あまり実感湧かないんですけど(^^;」
へむ2「いやいやいやいや。とりあえず、お祝いしましょう。ケーキも買ってありますからー♪」

* とゆー訳でケーキを食べつつ。改めておめでとう、千鶴さん。そして、このお祭りにリアルタイムで立ち会えた事を俺は幸せに思います。ありがとう、葉鍵板住人の皆様。楽しかったですー☆

* ・・・しかし、双方1000票越えってアンタら。熱すぎです(笑)

-

* さてさて。

* 今日は腐ってたり萌えてたりでろくにぐるってる暇が無かったのでこれからまったりと。

* ゲーム屋系。

* DEEPBLUE『背徳者の小夜曲』体験版公開。サイズ58MB。

-

* Sweetpain『ぱいんハウス』体験版公開。サイズ15MB。

-

* 後、スクランブルハウス『まお〜っ娘クライシス』体験版の再修正版が公開されました。ま、修正版で動いてる人は別に当てなくてもいいみたいですが。

* いじょ、全部ミラー済み。

-

* げっちゅ屋売れ行きランキング。まー別にネタにする事でも無いっちゃ無いんですが、(3/8の時点で)僕らのアイたん10位にいるのちょっと嬉しくて(笑)

*

へむ2「つーかですな。同日発売のばいなりやどかりより上にいるですよー。うひゃひゃひゃひゃ☆」
あずさ「・・・世の中、何か間違ってるんじゃないか、って気もするわねぇ」
へむ2「いやいや。世間は正しく物を見ている、とゆー事でしょー(笑)」

* ちなみに、この結果日々変わっていくので後で見た人用に今日の結果をちと転載しておきますが。えーと、2/7〜3/8の通販ランキング、こんな感じです。

  • 1位 マブラヴ 初回限定版 (アージュ)

  • 2位 月陽炎 千秋恋歌 (すたじおみりす)
    3位 妻みぐい (ALICESOFT)
    4位 うたわれるもの 初回限定版 (Leaf)
    5位 Wind −a breath of heart− (minori)
    6位 はじめてのおいしゃさん (ZERO)
    7位 LOVERS〜恋に落ちたら・・・〜 (ジェリーフィッシュ)
    8位 はじめてのおるすばん (ZERO)
    9位 Milkyway2 初回限定版 (Witch)
    10位 魔法少女アイ+ (Colors)

* ・・・上位10個のうち、発売されてないゲームが7つとゆー状況はいかがなものでしょーか。そんなに先月のゲーム売れてねぇのか、おい(笑)

-

* feng『knot』発売延期のお知らせ。3/29から発売日未定に変更です。

* えー。何て言いますか。雪の呪いとゆー噂があったりするのですが、ここの延期。本家雪みたいにならない事を祈っております(笑)

-

* アナルファクトリー アナログファクトリー。えーと、元PILの田所氏が起こした新しいメーカーなんですが。コンセプトが脱ソフ倫でデビュー作が『実姉妹』、扱いは同人ソフトで登場キャラステキにこみパもどきとゆー、大変色んな意味で突っ込み甲斐のある物に仕上がっております(笑)

*

へむ2「で。何かねー、雑誌に記事も宣伝も載せてもらえねぇらしくて。本人が2chに宣伝に来てたりする訳ですよ(笑)」
あずさ「・・・う〜〜〜〜ん」
へむ2「専用スレも立ちました。とゆー訳で、それを記念してちょっとこーしてネタにしてみてたりする訳です」
はつね「あはは(^^;」
へむ2「まあ、興味のある方は御自分で情報のチェックを。オフィシャルへのリンクは↑に貼ってますし、2ch行くならスレタイトル『エロゲ界に新風? 有限会社アナログファクトリー』ですのでそれで検索をー」

* えー、俺自身は。初回版に付いてくる、っていう『お兄ちゃんロックンロール』『お兄ちゃんブルース』が大変気になるので、月曜日にでも郵便局行って通販申し込もうと思います。店頭販売はされるかどうか分からないですからねー(笑)

-

* ・・・と。おっと、そんな事言ってるうちにぱにょぱにょぷちこの時間です。一旦ぐる中断して、見るにょ、見るにょ。

-

* 今週のぱにょぷちー。タイトルは『芸術ってたいへんにょ!』で。

* ・・・でじこ、まだ鐘突きの仕事しとったんかい(笑)

* ちょっと意外でしたが。まあ鐘突きしながら絵ぇ描いてる人のお手伝い、と。あー、ちょっと白目がいい感じ(笑)<でじこ

* で、後は淡々と特にはじける事もなく進んでしゅーりょー。そんなに無茶苦茶面白い訳じゃないですけど、こーゆーどことなくまったりした話は嫌いじゃありません。まーいいんじゃないでしょーか、こゆのも。

*

へむ2「ところで」
まるち「はい?」
へむ2「最近、端役どもが普通の語尾で喋りやがるのですが。納得いきませんよおにーちゃん」
はつね「あはは(^^; まあ、変な語尾考えるのも大変なんだよ、きっと」
へむ2「まーそうかもしれんけど。しかしなあ・・・あの星の連中はみんな変な語尾じゃなかったのかよう」

* とゆー訳で、端役にもぜひ変な語尾を喋らせてください。お願いですから(笑)

* そいで次回は『魔法のドレスでパーティーにょ!』、と。

-

* 今週のぷちこ。

『よーするに何を描くか決まってないにゅ』

* あー、どきっぱり核心を突いてますな、ぷちーこちゃん。ナイス(笑)

* 応援の後の白目、イイ!!v(・∀・)

* 水鉄砲で子供追い払うぷちこ、最高。

* うにゅ、そんな感じで今日はここまで。ちなみにうさだは本気で影も形も以下略。もうこれで何週連続出てないんでしょーか(笑)

-

* さてさてさて。

* 終わったところで再びぐる。日記系。

* おや、おめでとーございます。<2周年>えー、それはさておき、また近い内に10個近くデモを見ると思うので、大変でしょうけど頑張ってくださいませー(笑)<デモウォッチ更新

*

あずさ「・・・容赦が無いわねぇ、アンタ」
へむ2「いや俺が容赦無いんじゃなくてな、世間が容赦無いんよ。なんでこー、ぱんぱかデモが出るかねぇ?」
はつね「えっと、やっぱり4月に出るゲームが多いからじゃないかな?」
へむ2「うーん。でもさあ、その辺予定のゲームって、どーせ半分は5月以降に延期するぞ? だから、その辺のゲームのデモて、もーちょい後にならんと出んと思うんじゃけど」
はつね「あ、あはは(^^; それはそうだけど」
ちづる「まあ、最近のゲームはデモが付くのが普通、になってるみたいですし(^^) 絶対数が増えているんですよ、きっと」
へむ2「ですかねぇ。確かに最近、どんなゲームにだってデモ付いてきますけど・・・そっか、やっぱそうなのかな」

* まあ、次回からは簡単に更新出来る様にウォッチ用htmlソースも併記しとこーかと思いますので。頑張ってくだちぃ(笑)

-

* ひょえ? 『百鬼』デモ? あ、あれ? そんなの出てましたっけ??

* とゆー訳で、吉田さんところを見てわたわたと。elfのページを見に行って・・・あ、ホントに出てる(笑)

* むう、気が付いてなかったですよー。てな訳で、『百鬼』デモ、サイズ26MB。遅れましたがミラー済み、っと。

-

* えーと。他のは分かるんですが未夢たんって誰ですか? 俺の知識に無いんですが(笑)

* ・・・つーか、日曜18時って何かやってましたっけ?

-

* さて。

* ほいじゃ、今日はここまでー。


ミントの日。

* 朝にょー。

*

へむ2「とゆー訳で」
あずさ「今日はミントちゃんの日だー、とか言い出すのね(−−」
へむ2「先に言うんじゃありません、あずさ君。とゆー訳で」
はつね「吉田さんに教えてもらったもんね」
へむ2「いやだから先に言うんじゃありませんと。とゆー訳で」
ちづる「お祝い、なさるんですね(^^)」
へむ2「・・・ちづるさんまで〜。しくしく」
ちづる「あ、ごめんなさい(^^;」
まるち「でも、あの、ご主人様。お祝い、って何をどうするおつもりなんですか?」
へむ2「うむ。まずは」
かえで「・・・テレビの時間」
へむ2「・・・だーかーらー。どーしてそー揃いも揃って先に言うのかね。しくしくぽん」
あずさ「泣くな、鬱陶しい(−− で、ギャラクシーエンジェル、見るのね?」
へむ2「ああ、見るさ! 見ればいいんだろうどチクショウ!!」
あずさ「・・・別に、見なくてもいいのよ?」
へむ2「ごめんなさい見たいんです見せて下さい。てゆーか、リモコンよこせー!!」
あずさ「嫌。まあ土下座して頼むなら考えてあげない事も無いわよ?」
ちづる「もう、あずさ(^^; ダメよ、そんな意地悪言っちゃあ」
へむ2「そうだそうだー。あずさ君のいじわるー。いぢめっこー」
あずさ「黙れ(−−メ まあでも、しょうがないわねぇ。ほら」
へむ2「わーい♪ んじゃ、ぽちっとなー☆」

* とゆー訳でギャラクシーエンジェルです。

* 第十一話。

* ・・・また何か、ろくでもない状況じゃなあ。ロストテクノロジーって、こーゆー妙なシチュ話作るには便利でいいよなあ(笑)

* て、今、珍走団とか言わなかったか、君(笑)

* うわ、ホントに珍走団だ(笑)

* うーん。ミントちゃんに萌えるべきか、それともミントちゃんに萌えるべきか。悩む状況じゃなあ。

*

あずさ「日本語になってないわよ、それ(−−」
へむ2「いや、まあ、見た人には分かると思うんですが」
はつね「あはは(^^; そうだね」
へむ2「まあ、分かりにくいんでしたら。『ミントちゃんに萌えるべきかそれとも沢城嬢に萌えるべきか』と言い直すと分かりやすいかと」
まるち「・・・それはやっぱり、見ておられない方には通じない言い様だと思います〜(^^;」

* で、オチ。あー、みんなが赤い雪にー(違います)

*

へむ2「ま、そこそこ面白い話ではありましたな。しかし・・・」
かえで「・・・しかし?」
へむ2「いや。そのー、何だ。こーやってさあ、色々入れ替わってると」
はつね「と?」
へむ2「・・・声優さんの上手い下手が一目瞭然ですな」
まるち「・・・ええっと(^^;」
へむ2「まあ、あえて誰が上手い下手は言いませんけど。ミントちゃんって上手ですな」
あずさ「言ってるじゃない。いきなり(−−」

* なお、今回作画も微妙にヘタレてた気はします。ネタのインパクトにまぎれてあんまし気にはなりませんけど(笑)

-

* 第十二話。

* 今回はフォルテさん話。ほー、フォルテさんって昔は短髪だったのか。あーいやそれはともかく。

ミントちゃんが出てません。

* ・・・おのれ(笑)

*

へむ2「まあ、フォルテさん話ってシブくていいんですけどねー」
あずさ「1シリーズに1話はあるのね、こうやってフォルテさんしか出てこない話」
へむ2「やっぱり人気のテコ入れではあるまいか」
まるち「人気のテコ入れってご主人様(^^;」
へむ2「いや、まあ、こーゆー話が好きなだけなんかもしれませんけど。スタッフさんが」

* でもやっぱり、せっかく今日とゆー日にミントちゃんが出てこなかったのは納得がいきません。謝罪と賠償を(笑)

-

* さて。

*

へむ2「それじゃあ、次はDVDでもー」
ちづる「あの(^^; 私たちはそろそろ・・・」
へむ2「あにゃ? もうお帰りですか?」
ちづる「ええ、そろそろ帰りませんと」
へむ2「そうですかぁ。ちょっと寂しいですよー、最萌女王様」
ちづる「もう(^^; その呼び方やめて下さい。ちょっと恥ずかしいです」
へむ2「うにー。だって最萌女王なのにー」
はつね「あはは(^^) それじゃお兄ちゃん、私もお姉ちゃんと一緒に帰るね」
かえで「・・・失礼します」
へむ2「うにゃー。そっかー、みんな帰っちゃうんだー」
まるち「また来て下さいね、皆さん」
はつね「うん、またね。まるちちゃん(^^)」
かえで「・・・春休みになったら」
へむ2「うん、是非来てね、かえでちゃん。あずさもかえでちゃん達が来るのを待ってるよ」
あずさ「て、やっぱり私は帰っちゃダメなの?」
へむ2「何を当たり前の事を今更。君の家はここじゃナイか、まいはにー。ハハハハハ!」
あずさ「寝言言ってると本気で帰るぞ、コラ(−−メ」
はつね「あはは(^^) あずさお姉ちゃん、お兄ちゃんの事、よろしくね」
ちづる「あんまり失礼な事しないのよ、あずさ」
あずさ「う〜〜・・・分かったわよ、はいはい(−− それじゃ私、みんなを東京駅まで送ってくるから。アンタはDVDでも何でも見てなさい」
へむ2「ほーい。んじゃみんな、またー」
ちづる「はい(^^) 失礼します」

* とゆー訳でふにふにDVD鑑賞です。ミントちゃん話をまとめてー♪

-

* 昼。

* そーゆー訳でDVDをふにふにと。

やっぱりミントちゃんはかーいいなあ。

* と、改めて力強く認識。今日はいい一日でした(笑)

-

* 夜。

* デモを見たり体験版をやったり。感想はまだまとまってないで後回しですが、とりあえずその結果、うちでミラーしてた『DoNoR』体験版ファイルが壊れてた事が判明(爆)

* ・・・ええっと(ぽりぽり) とりあえず、ちゃんとしたのに差し替えておきましたが。今までにうちから落とした方、ごめんなさい。

*

へむ2「まーやっぱし、落としたのは一度チェックせんとあきませんなあ」
まるち「そうですね(^^;」
へむ2「今後は注意しますにょ、とゆー事でー」

* しかし、一体どっこで壊れたんでしょうねぇ・・・うみゅみゅ。

-

* で、まあデモ見を一時中断して、夜ぐる。

* SAGA PLANETS『鬼医者』デモ公開。あー、言うまでもありませんがVA系の鯖。激重です。

* ・・・てぇか、アンタら確か『13日に鯖交換するんでもう重い鯖ともおさらば』とかゆーてたろう。何でそれまでデモ公開が待てませんか(笑)

* とりあえず、何とか落っことせたのでミラー。サイズ18MB。まったく、何でたかだか18MBのもんに2時間以上かけんといかんのやら(ぶちぶち)

*

へむ2「うわっ! とか言ってたらデモ公開停止されてやんの。やっべぇ〜」
まるち「ギリギリでしたね、ご主人様(^^;」
あずさ「・・・て、でもまだファイル自体が消された訳じゃないわよ? 直リンクだったらいけるし」
へむ2「にゅ? あ、ホントだ。そか、表からのリンク消しただけか」
あずさ「今落としかけてる人はそのままで。でも新しいアクセスはご遠慮下さい、って事ね。後何時間残しておく気か知らないけど」
へむ2「ですな。ま、とりあえず俺は自分が落とせさえすればそれでいーや(笑)」

* てな訳で、多分本家のデモ再公開は13日以降だと思われます。

-

* ライアーソフト『サフィズムの舷窓』おまけシナリオ第3弾公開。つっても画像データだけでシナリオデータはまだ公開されてませんが。

* まあ、シナリオデータは3月中旬公開予定、とゆー事なので、今のうちに画像だけ落っことしてわくわくしながら待つのがよろしいのではないかと。

* 正規の配信協力サイトさんがたくさんありますのであんまし必要ないとは思うんですが、一応うちでもこっそりミラー、と。

-

* 日記系。

* あー、やっぱりそーゆー反応が出ましたか。<こみパもどき>個人的には、何つーか『電撃ナース』の頃の田所氏テイストが感じられてほのぼのした気分になるんですが。まあ気になる人はやっぱり気になりますやね(笑)

*

あずさ「て言うか、アンタは気にならないのか。あさひちゃんがあんな事やこんな事やられるゲーム見て」
へむ2「いやあ、だって同人ゲームだし
あずさ「・・・ああ、そう(−−」
へむ2「つかね。実際の所、絵がパクリなだけでキャラ設定は全然違うだろ。いや詳しい情報出てないからはっきりは言い切れないけどさ、多分ね」
あずさ「まあ・・・それはそうだと思うけど」
へむ2「だったら、別にどうとも思わんな。あさひちゃんをあさひちゃんたらしめてるのは絵だけじゃないからね」
あずさ「・・・う〜〜〜〜ん」
へむ2「田所氏もねぇ、確信犯みたいだし。多分、絵はクリソツ、でも中身は全然違うゲームに仕上がってると思うよー」

* つー訳で、わざとこの絵柄にしてるのは『絵にウェイトの置かれまくった今のえろげー業界への皮肉』じゃないか、って気はするのですが。まあ、どーせホントに店には並ばない気がしますし。あの絵なのが気にいらないんなら無視するんが一番だと思うですよー(笑)

-

* にゅ? 用意しなくていいですか? はぁ、そう仰るんでしたら用意しませんが・・・

* ・・・でも、何かデモ・体験版がまた20個近く溜まってるんですけど。近いうちにそれだけまとめてごそっと感想あげるつもりでいたりするんですけど。本当にいいんでしょうか?(笑)

-

* にゅ。とりあえずここまでー。またデモ見に戻りますにょ。

-

* 日付が変わった所で。

* えー。今日のエロゲーブランド最萌トーナメントは。

colors VS. ivory

* です。

* ・・・強敵です。皆様の清き一票を、是非。あ、もちろんcolorsに、ですよ?(笑)


[弥生日記一覧] : 2002/03/11 : (コメントが2件あるにゅ)

いつもと違う月曜日。

* もろもろの事情により今日はバイトが無くなったので、代わりにがっこ行ってふにふに作業にょ。

*

あずさ「もろもろの事情? 私がいない内に、何かあったの?」
へむ2「いやー、実はな。今日、ちと人手が足らんから仕事に来てくれないか、と先週末に某所から頼まれたんだと思いねぇ」
あずさ「て、アンタ月曜日はバイトがあるでしょうが。断りなさいよ」
へむ2「まあそうなんじゃけど。一応、今日のバイト先に確認してみたらやね」
まるち「今日は、何もお仕事が無いんだそうです(^^;」
へむ2「で、それやったらさあ、どーせ行っても俺、寝てるだけやん?」
あずさ「寝るな(−− まあ・・・でも、確かにそういう状況なら、よその手伝いに行っても別に誰も困らないわね」
へむ2「じゃろ? だからさあ、俺、お休み貰って手伝いに行く事にした訳よ」
あずさ「? じゃあ、何で行ってないのよ?」
へむ2「うむ、それがね。なんやかんやで結局ドタキャン喰らっちゃってやー。行かなくていい事になっちゃったんよね」
あずさ「・・・何それ」
へむ2「ま、世の中色々あるやーね、つー事で」

* まあ、がっこでやるべき作業もちょっと遅れてたんで、丁度いいっちゃ丁度いいんですが。とりあえず、お出かけ途中にやっぱりヤンマガ査収。まずは、今週のちぃちゃん。

* ・・・えー、主人公とケーキ店長のごにょごにょ会話から察するに。どうやらこの世界のパソコンにはデフォルトでえろ機能が搭載されている模様です。なるほど。

*

へむ2「具体的にゆーと、この世界のパソコンにはみんなえろ穴が付いている、と」
あずさ「そういう言い方をするなぁっ!! あああああ、アンタなあっ!!!」
へむ2「やー、だってそういう事じゃろ。パソコンに詳しゅうないケーキ屋店長ですら、パソコンを『そーゆー風に使う事もある』って知ってるんじゃし。オプションでのうてデフォで搭載されてる、って見るべきじゃろ」
あずさ「そ、それはそうだけど!! そうじゃなくて、え・・・あ、穴って言い方するなーーっ!!」
へむ2「むう。そこで言いよどむ様ではまだまだだよ、あずさ君。まあでも、お兄ちゃんは優しいから言い換えてあげよう」
あずさ「何がまだまだだ!? て言うか、アンタのどこが優しい!!」
へむ2「全部。とゆー訳で、この世界のパソコンはみんなハードウェア的にその手の機能を完備している、と」
まるち「はぁ(^^; そうみたいですね」
あずさ「・・・まったくもう。最初からそう言ってれば、私だってまだ少しは我慢してあげたものを・・・」
へむ2「言葉変えただけで内容は変わってねぇんだけどな。まあいいや、で、ハード的にはおっけーだけど、多分ソフト的には制限がかかってるんでしょうね」
まるち「そうですね(^^; やはり、18才以下の方にはお売りできません、とかそういう事になっているのではないでしょうか?」
へむ2「まあそうでしょうね。そんできっと色んなタイプのソフトが存在するんですよ。女王様黄金水セットとか口では嫌がりながらも身体は感じちゃうセットとか」
あずさ「・・・どうしてもそういう話をしないと気が済まないのか、アンタは(−−」
へむ2「だって普通そうだろ。こーゆーろぼ娘が世の中に蔓延してて、しかもそれにえろ機能が付いてるとなったら、絶対えろ関連は充実するって」
あずさ「そりゃそうかもしんないけど」
へむ2「やー、間違いなくそうだって。てゆーか、アレだよな。この世界のロボ娘って『パソコン』だからさあ、つまりこのえろ機能ってリアル3Dえろげって事だよな」
まるち「・・・ええっと(^^;」
へむ2「は! つー事はきっと触手セットとかそーゆーのも!!」
あずさ「黙れ(−−メ 人が黙って聞いてれば・・・朝からえろ妄想に浸るなーーっ!!」
へむ2「むう。朝の軽い頭の体操ですのにー」
あずさ「いいから黙れ、三段ロケット馬鹿(−−」

* 怒られたので次。今週のカイジ君。

* ・・・むう。おっちゃんがどーやって玉をクルーンに運んだか、が判明したんですけど。

*

へむ2「何や、センサーの無い横から入れてますよ、おっちゃん」
あずさ「うわ、ぬる。普通、こんな所から入る様な作りにする?」
へむ2「あずさ君はギャンブル絡みになると何か容赦ないですな。確かに、普通はこんな所から入る様に作らんとは思いますけど。つーか、多分それが出来ない様に作ってはあったんだとは思いますよ」
まるち「ものすごい偶然で、うまくいってるだけみたいですし(^^;」
あずさ「まあ、そうみたいだけど・・・それでもねぇ」
へむ2「まあいいじゃないっすか。これで話がちょっとだけ盛り上がる訳ですし」
まるち「ちょっとだけ、なんですか?(^^;」
へむ2「だって勝てねぇだろ、おっちゃん。どっちにしたって」
あずさ「そうねぇ。ここで勝っちゃったら、色々張ってある伏線が無駄になっちゃうもんね」
へむ2「つーか、あーゆー顔でギャンブルしてっとまず間違いなく勝てん。おっちゃん、頭の上で死兆星が輝いてっぞー」

* とりあえず、来週再来週くらいで『沼』の話は決着がつきそーです。しかし・・・はてさて、その後はどーゆー話の展開になるんでしょーか。

-

* さて。

* とか何とかやってるうちにがっこに到着。んーと、がっこに来ちゃうと串制限で2chにゃ書けなくなるのでこっちで私信を。

* 某スレの571氏へ。『水月』のデモはどーせその内Webで公開されるでしょうから、それを待ちます。何か、デモ見た人の感想読んでもそんなに大したデモじゃないみたいですし、急ぐ必要をあんまし感じない物で(笑)

* でも、お気持ち、どもありがとございますー。

-

* さてさて。

* ほいじゃふにふに作業開始ー。今日はのんびりにょ。

-

* 昼から夜。

* ビデオ編集しながら、空き時間にダラダラと。

*

へむ2「うーみゅ。やはりivory、地力がありますな。最初は少しだけcolors有利っぽかったんですけど、何かじわじわ追いつかれてるチックですよ?」
あずさ「・・・て、ああ。最萌トーナメントの話ね。いきなり言うから何かと思ったら」
へむ2「俺様にとっては今日の最大イベントですが、何か? てぇか、こーゆー時に串規制で書き込めない、見てるだけ、ってのもツラいですなあ」
あずさ「いいじゃない。どうせアンタ、もう投票済ましてるんだから」
へむ2「そりゃそーですけど。でも、てきとーにふぃよふぃよとメーカースレでダベるとかですな、書き込めたら書き込めたで気ぃ紛らわす事が出来るじゃないですかー」

* とゆー訳で、ドキドキが加速中なので日記更新して気を紛らわしてみたり。皆様、よろしかったら今日のエロゲーブランド最萌トーナメントcolorsivory戦。colorsに清き一票をー。アイたんが萌えキャラであるとゆー証明の為に!!(笑)

*

へむ2「と、言っても。アイたんの事を知らない人の方が多いんですよね、やっぱり」
あずさ「まあ、そうでしょうね」
へむ2「とゆー訳で、アイたんの紹介の為にオフィシャルにちとリンクを張ってみましょー。まず、カコイイアイたん激カコイイアイたん。これを見てアイたんに惚れていただきたい」
あずさ「・・・いや、激カコイイの方はどうかと思うけど」
へむ2「いいんです。あれがアイたんの本質ですから。あ、そうそう。こっちのアイたんもいいですねー」
まるち「そうですね(^^) 静かですけど、かっこいいですね」
へむ2「また、えろアイたんも見ていただきたい。まだまだ抑えめなサンプルしかWebにゃ無いですけど。ゲーム本編ではもっとえろえろですよ?」
あずさ「・・・まあ、確かにそれはそうだけど」
へむ2「とゆー訳で、これだけではアイたんの良さは伝わりきりませんけど。ちょっとでも気に入られたら是非にー」

* おまけ。我らが触手天使、宮広のえろサンプルも。宮広もまたえろくて萌え萌えでいいですよ?(笑)

* 後2時間。さあ、結果はどうなるでしょうか。どきどき。

-

* とゆー訳で23時を越えました。今日のトーナメントの結果は。

  • colors: 128票

  • ivory: 100票

* とゆー訳で、colorsの勝ち。

よっしゃあっ!!
Σd(>ω<)

* うひょひょひょひょ。わーいわーい♪

*

あずさ「はしゃぐな、馬鹿(−−」
まるち「まあまあ、あずささん(^^; 今日くらいは大目に見てあげてください」
あずさ「・・・まったくもう。あーはいはい、良かったわね」
へむ2「うむ! これで無事一回戦突破!! 数々の支援と投入された方、ぐっじょぶ!!Σd(>ω<)
まるち「おめでとうございます、皆様(^^)」
へむ2「さあ、二回戦はアージュと対決だーーーっ!!!」
あずさ「・・・・・・」
まるち「・・・・・・」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・アージュ?」
まるち「ですか?(^^;」
へむ2「うん、多分。明日にならんと確定はせんけど、今旬のアージュが負ける事はなかろ」
あずさ「・・・そう。今、旬の、ね」
まるち「・・・・・・(^^;」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「強いわね。きっと。すごく」
まるち「・・・ええっと(^^;;;」
へむ2「ど、どうしよう?(汗」
あずさ「いや、どうしようもこうしようも。当たって砕けるしか無いんじゃないの?」
へむ2「ううっ、砕けたくないなあ・・・でも、さすがに相手が相手だからなあ・・・」

* でも、確かにぶち当たるっきゃ無いんですけどね。何とか・・・なるかなあ?

*

あずさ「まあ、それはともかく」
へむ2「にょ?」
あずさ「・・・とっとと作業に戻りなさい(−−メ」
へむ2「ぎくぎくりん。さぼってたの、バレてました?」
あずさ「当たり前でしょが。5分に一回リロードしてんじゃないわよ(−−」
へむ2「みゅう。しょーがありませんな。そいじゃ、頑張りますかにょー」

* 多少他にも言いたい事があったりするのですが。とりあえず、ふにふに作業にょ。

-

* 5時にょ。

*

へむ2「とゆー訳で、ビデオ編集してると時間が経つのが早くていけませんな」
あずさ「て言うか、どうすんの。この時間にまだ終わってなくて(−−」
へむ2「まあ、このペースなら後5時間で終わるよ〜。どっちにしろ今日・・・火曜日な。も、実験で帰れねえし、水曜朝までには仕上がるさー。のーぷろぶれんのーぷろぶれん♪」
あずさ「・・・頭がハイになってるわね、アンタ(−−」
へむ2「まーにゃー。でもねぇ、ちょっと問題もあるのよ」
まるち「はぁ。何が問題なんですか?」
へむ2「うむ。どーやら、世間ではライアーからのFC会報がぼちぼち届いてるらしいのじゃよー。とーぜん、うちにも届いてるハズで。読みたいにゃー、と」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか」
あずさ「我慢しなさいよ。帰れないのはアンタが悪いんだから」
へむ2「だって! 某所からやね、身長30cmのロボ娘とかとか、そんな魅力的な言葉が聞こえてくるんですもの! どんな内容なのか確認したいじゃん! 特に蛸!! どんな状況ですかサイズはどのくらいですか出来ればその身長30cmのロボ娘に絡みついて以下略な展開きぼーん!!!」
あずさ「黙れ(−−メ どうしても触手話に持っていかないと気が済まないのね、アンタって」
へむ2「いやぁ、ちょっと誘導されましたし。とゆー訳で、蛸が出てくるなら当然触手物な展開になると思われます。今日は何度も言うてますよに串規制くらってるんで、そっちには書けませんがー(笑)」
あずさ「・・・どこの事かバレバレね、某所って(−−」

* とゆー訳で、今日は触手ネタで始まって触手ネタで終わる一日でした。まる。

-

* で、最後にちょとだけぐるネタ。

* 戯画『Ripple』OPデモ公開。サイズ10MB弱。いつもの様に以下略ー。

-

* アージュマブラヴ情報更新。茜たんだそです。

-

* んじゃ、とりあえず今日の日記はここまでー。編集の続きするにょー。


[弥生日記一覧] : 2002/03/12 : (コメントが2件あるにゅ)

厄災の火曜日。

* えー。ついさっき。

ノートPC落っことしてHDDがクラッシュしました。

* 大ピンチです。

*

あずさ「・・・馬鹿(−−」
へむ2「うにゅう。反省してるからそう責めるな」
あずさ「本当に反省してる? アンタ、これで2度目でしょ? 落とすの」
へむ2「してるってば。まーそれはとりあえず」
まるち「復旧は出来そうなんですか?」
へむ2「うーん。可能性はあると思うんじゃけど・・・いずれにしろ、家帰ってからでないと出来ねぇなあ」
まるち「そうですか。復旧、出来るといいですね(^^;」
へむ2「そうじゃねぇ・・・出来るといいなあ(遠い目)」
あずさ「でもその前に、まず家に帰らないとね」
へむ2「うむ。今日は実験の後再びむびいじりの予定じゃったけど、急遽予定変更で家帰るとしますかね」

* 帰還予定時刻は23時くらい。さて、どーなります事やら。

-

* 夜。

* 予定より遅れて、家に帰ってきました。

*

へむ2「さて、ここで一つ状況を確認してみよう。まず、ノートPC落っことした」
あずさ「それで、起動しなくなったのよね(−−」
へむ2「うむ。だが、HDDを認識しない訳でなくて、起動途中で止まる、そゆ感じ。スキャンディスクでも34%の所でぴたー、っと止まるので、生き残ってる所はある、と十分考えられる訳よ」
まるち「でも、学校でマシンを借りてつないでみた時は認識しませんでしたよね?」
へむ2「うむ。だがまあ、あのマシンもちょっと変な感じだったしな。マシンを変えれば十分可能性はあると思うのじゃよー」
あずさ「まあ、ねぇ・・・」
へむ2「しかも俺、システム領域とデータ領域パーティション切って分けてたし。うまく行けば、壊れてるのはシステムだけでデータは無事、かもしれん。つーか、俺様さっぱりバックアップ取ってねぇのでデータが無事でないのはひっじょーに困るぞ」
あずさ「それはバックアップを怠ったアンタの責任。困っても自業自得でしょ」
へむ2「だって! ここでデータが飛んでたら、最萌トーナメントで収集した千鶴さん支援画像とかアイたん支援画像とかが!!」
あずさ「黙れ(−−メ いーからとっととチェックしちゃいなさい」

* とゆー訳で、家マシンにハードディスクつっこんでチェック。おお! ちゃんと認識しますよ!! データもほとんど無事ですよ!!! やったぁっ!!!!

*

へむ2「てな訳で、やはりこの世に神はいたよーです。つーかやっぱし世界は俺様の味方だな」
まるち「良かったですね、ご主人様(^^)」
あずさ「・・・ちっ」
へむ2「そこ。なんか今舌打ちしなかったか?」
あずさ「別に。で、どうすんの、このハードディスク」
へむ2「うーん。フォーマットしなおせば使えそうな気もせんではないけど・・・確実にイカレてる部分もあるしな。やっぱもう、捨てるっきゃねぇじゃろ」
あずさ「やっぱり? で、それじゃハードディスクの無くなったこのバイオは?」
へむ2「・・・まあ、それも色んな意味で限界じゃしなあ」
まるち「限界、と言われましても(^^; 確かに、キートップは一つ外れてますし、バッテリーの保ち時間もずいぶん短くなってますけど〜」
あずさ「背の部分も汚れまくってるしね。まあ、全部アンタの扱いが酷い証拠よね」
へむ2「いや、二年間毎日のよーに持ち歩いてたらそーなるて、普通。で、もう何度もバラしててあちこちネジも無くなってるし」
あずさ「バラすな。て、言いたいけど・・・それはもう仕方ないわね。いちいち修理になんか出してらんないし」
へむ2「性能的にもなあ。CPUがセレの233だか266。メモリは64MBときたもんだ。さすがに、最近ちょーっときついわ、この性能」
あずさ「そうね。じゃあ、やっぱり?」
へむ2「やっぱり。まあ、しょーがねぇやね」
まるち「でも、少しかわいそうです〜(^^;」
へむ2「うーん。まあでも、しょーがねぇやね。PCMCIAスロットが一つしか無いからルータにもならんしなあ・・・」

* とゆー訳で。

2年間どうもありがとう、まいマシン。

* 君と日本中あちこち旅した想い出は忘れないよ、せにょりーた。これからはゆっくり余生を・・・

* ・・・て、いや、今のところ何をどう考えても置物にしかならんな(爆)

* うーん、まあ、気が向いたらHDD入れてあげるんで、そしたらまったり余生を過ごしてくれい、まいフレンド(笑)

-

* さて。

* 今日はなんか普通の日記を書いてない気がしますが、状況が状況なのでここまでー。


おニューのマシンで水曜日。

* とゆー訳で。

* 昨日お亡くなりになった俺様ばいおちゃんの代わりに、今日からはにゅーまっすぃーんです。

*

へむ2「と、まあそーゆー訳ですので。3ヶ月前に買って放置してたにゅーマシンを引っ張り出してきました」
まるち「ようやく、その子の出番なんですね(^^;」
あずさ「私はまた、このままずっと使わない気かと思ってたわよ(−−」
へむ2「いや、俺もその可能性はあるかと思ってたんですけどね?」
あずさ「思うなーっ!! 使わないんなら買うな、って前々から言ってるでしょうが!!」
へむ2「(ちっちっち)勘違いしちゃあいけねぇな、あずさ君」
あずさ「あ? 何がよ?(−−」
へむ2「あんたは日本じゃあ、二番だ」
あずさ「黙れ。で、何が勘違いだって言うのよ?」
へむ2「・・・あい変わらずノリが悪いなあ、あずさ君。つまりやね、使う気はある。ただ、ほら、世の中ってままならない物でしょう?」
あずさ「それが普段、世界は俺様の味方とか言ってる人間のセリフか(−− 正直に白状しなさい。アンタ、ただ単にマシンの設定するのがめんどくさかっただけでしょ」
へむ2「いや、その通りなんですけどね?」
あずさ「・・・やっぱりね(−−メ」
へむ2「いやちょっと待て俺の弁明も聞け。これさあ、OSがWin2000やん? 俺、NT系って触った事無いから、多分色々設定で躓く思うんよねー。つーか、実際一日仕事になっちゃったし」
あずさ「まあ、それは確かにそうだけど」
へむ2「で、ここしばらく何やかやで忙しかったからさあ。なかなか丸一日つぶす気になれんくてねぇ」
あずさ「忙しいぃ? 腐ったり腐ったり腐ったりしてた癖に?」
へむ2「えろげの方が優先順位は高いのでそれは仕方がないのです(どきっぱり) とゆー訳でですな、実はそーゆー俺を見かねてメアリーちゃんは自殺したのではないかと」
まるち「・・・は?」
あずさ「誰。メアリーって」
へむ2「もちろん、昨日死んだばいおちゃんの戒名ですが何か?」
あずさ「・・・・・・」
まるち「ご主人様(^^; いきなり言われても分かりません〜」
へむ2「安心しろ、俺も3分後には忘れてるから。とゆー訳で、俺様ににゅーマシンを使わせるために、あえて自ら死を選んだのではないかと。さすがに使えるマシンが無くなりゃ新しいのに向かいますしー」
あずさ「それは100%アンタの妄想だと断言しておく。て言うか、都合のいい解釈するな。あれは単純にアンタのミスよ(−−」
へむ2「その辺は見解の相違という事にさせていただきたく思います。ま、それはさておき。これからよろしくなー、にゅーマシン(なでなで)」

* にゅーマシンのスペックやら設定で苦労したところやらは、俺以外の人にとってはどーでもいい事でしょから日記の最後の部分で。とりあえずは久々にゆったりとぐるぐるしてみますにょー。

-

* そんな訳で夜ぐるにょ。

*

へむ2「えーと、まず。うち、昨日18万ヒットしてたよーです」
まるち「いつもありがとうございます、皆様(^^)」
あずさ「今後ともよろしくね」
へむ2「いやホント、いつもありがとです、皆様」

* そしてゲーム屋ぐる。

* だいぶネタとして遅いですが、スクアドラ・ディ『まいむ』体験版その2公開。サイズ12MB。

-

* スクランブルハウス『まお〜っ娘クライシス』デモ公開。サイズ19MB。

* 以上の二つはミラー済み。

-

* viewsArkの新作、『青春18ラヂオ』デモ音声付きバージョン公開。分割ファイルなので全部そろったらまたネタに。

-

* GAMESPOT『Wind』デモ高画質版公開。サイズ20MB。超高画質版をミラーしてるんで、これに関してはミラーしない方針で。

-

* デモ以外。

* アナルファック(すでにこの呼び方で世間に定着してる模様)ことアナログファクトリー。まー色々と騒動があったんですけど。結局CG全書き換えでやり直しとゆー結末に。詳しい騒動の内容に関しては特に触れませんので、興味のある方はご自分で。問題は、その結果田所氏が『今回のお詫びとして、キャンセルをされたお客様にも、ゲーム発売日に初回特典の音楽CDを無料で送付させていただきます』とか言い出した事です。うーん、そのCDがタダで貰えるとなると、ゲーム買う理由が何も無くなるんですが俺様(笑)

*

へむ2「ねぇ?」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか」
あずさ「・・・買う理由が無くなるんなら買わなきゃいいのに、って言っても聞かないのよねぇ、アンタ(ため息)」
へむ2「うむ。キャンセル手続きするんがメンドくさいですから」
あずさ「その面倒くさいか面倒くさくないかですべての行動が決定されるシステムは何とかならないのかアンタ。まあ、別にいいけど」
へむ2「うむ、何ともなりません。とゆー訳で、そのまま購入しますけど。どーせならそゆ事言わずにいてくれた方が嬉しかったですよ、おにーさんわ(笑)」

* で、その初回特典CDに収録される歌ですが。現在試聴可能になっております。残念ながらメイドさん程の破壊力(特に声的な)はないですが、歌詞はやっぱりダメダメです(笑)

* まあ、興味のある方は是非一度。

-

* ぐりぐり秘密日記より。暴れ祭りのチケット、『夜の部は結構出てるんですが、昼の部があんま売れてない』そーです。て、

まだ完売しとらんかったんかい。

* てっきり初日完売だろうと思ってたからチェックもしてなかったのに(笑)

* ま、でもそーゆー事なら。ぴあに行く暇が取れたら買いに行きますかねー・・・と、そんな事言うてるうちにまた更新が。なんか暴れ祭りビターでスウィートでフールな方々も参加して体験版を配るんだそーです。ただ、どのくらい配るかは不明、昼の部で全部はけたら夜の部の方ごめんなさい、とゆー事で。

* ・・・体験版だけ貰って帰る人が何人か出そうな予感もしますが(ぉ、昼の部、すばらしいテコ入れですな(笑)

-

* ライアーソフト。新作『ピンク・パンツァー』の情報公開。ジャンルは『おんなのこ教育SLG』で原画が・・・あら、二次元でおなじみのせんばた楼氏じゃないですか。うーん、俺、この方の絵って乳のでかいねーちゃんしか見た事無いんですが(いや、元の小説に乳のでかいねーちゃんしか出てこないせいなんですが)、果たしてライアーの好きな乳無し娘はじょーずに描けるのでしょーか(笑)

* ・・・て、あれ? 今回、ひょっとして乳無し娘、いない??

*

へむ2「むう?」
あずさ「悩むな、そんな事で(−−」
へむ2「いや、だってシナリオにロリ大王がいるのに・・・うーん、ま、いっかぁ」

* ついでに話を変えて。えーと、家帰ったらライアーのFC会報が届いてたんですが。それに載ってた新作ラフ絵に、俺が話聞いて想像してた通りの蛸に犯られる身長30cmのロボ娘があったりして、おにーさん大変幸せです。つーか偉いぞライアー

* その調子で是非思いきしえろえろな触手えろを。寸止めだけは無しにして下さいねー(笑)

* あ、後、痛いのよりかは女の子が感じてる方が触手物としてウケがいいです。それも是非是非ご一考をー。

-

* 日記系ぐる。

* うい、俺も別に予定入ってませんからOKですー。<3/30か31>また、詳しい時間とか決まったらお知らせください。

* ・・・で、それはそうとして。その入手出来るかどうか分かんない関連商品て、CHU!じゃ無くてピュアの方っすよね? だったら俺、持ってますけど(笑) いります?

#ちなみにCHU!の方はその手の店行けばまだざくざくあるんでないかと思いますが。

* も一つ。

* サフィズムおまけシナリオは、『画像を協賛サイトで公開、シナリオデータはライアーソフトでだけ公開』って形なので、多分統合形式は出ないと思います。まあ、公開から一月くらい経ってアクセスが落ち着いたらやってくれるかもしれませんけど(笑)

-

* ふむ。なるほど、あれだと微妙ですか。<短髪>で、フォルテさん子供の頃だといい感じ。なるほどなるほど、大体どのくらいがいいのか理解出来ました。今後の参考(何のだ)にさせていただきます(笑)

-

* て、プレイしてたんですか(笑)<トワイライト・デュアル>うーむ、だったら十分触手erの素質あり、とゆー気が。ほら、こちらでも突っつかれてますしー。さくっとこー、落ちてきませんか。こっちの世界へ(笑)

-

* うにゅ。

* 何か忘れてる気が・・・あ、そうだ。エロゲーブランド最萌トーナメント、昨日はアージュフェアリーテールの対戦だった訳ですが。

アージュ、負けました。

* ・・・いや、すっげ意外だったんですけど。まーとにもかくにもこれでcolorsの二回戦の相手はフェアリーテールに決定。強敵は強敵ですが、もしかしたら何とかなるかもしれません。

* 何とか・・・したいですね。うん。

-

* とりあえず、ぐるぐるはここまでー。

-

* さてさて。

*

へむ2「で、話を戻しまして。今日からにゅーまっすぃーんな訳ですよ。ちなみに、やっぱりばいおだったりします」
あずさ「・・・どこまで行ってもVAIOから離れられないのねぇ、アンタ」
へむ2「いや、俺の要求を満たすマシンで一番安かったのがこれだったもので。しょうがないですよ?」
まるち「これで三台目ですね、ばいおさん(^^;」
へむ2「やー、だって軽いし、この娘。ひくい、かるい、ぺったんこ。ほそい、うすい、B5サイズだよお兄ちゃん。1.35Kgだよお兄ちゃん。て感じで」
あずさ「どういう感じだそれは(−− て言うか、そのはじめてシリーズみたいな言い方はやめなさい」
へむ2「分かりやすいと思いません?」
あずさ「思いません(−−メ」
へむ2「みゅう。まあそゆ訳で、PCG-SR9C/Kを買った訳です。中古で13万。発売から1年半経ったマシンでこの値段、ってのが安いのか高いのかは分かりませんけどー」
あずさ「CPUはモバイルPenIIIの700。メモリは増設してあって128MB、なのよね?」
へむ2「うん。そんでHDDも20GBありますしー。俺の望む エイエソ スペックはほとんど満たしてるので、まあいいかな、と」
まるち「CD-ROMやフロッピーがありませんけどね(^^;」
へむ2「その辺は先代ばいおちゃんが残してくれたのがあるからだいじょーぶ(笑) ま、欲を言えば、専用LANコネクタかPCMCIAスロットがもう一つ、欲しかったですけどね」
あずさ「今はLAN繋いでると他の何もつながらないもんねぇ。もっとも、繋ぐ必要もあまりないけど」
へむ2「いや、えあえっじなうなぎ放題を繋ぐ計画があるんでー。そん時、いちいち入れ替えるのは面倒かな、って」
まるち「そうですね。両方一緒に使えるといいんですけど(^^;」
へむ2「USBなLANで、って手もあるんだけどね。とにかく、その辺は今後の課題かなー」

* やーでも、メモリが倍、CPUが3倍とかゆーとさすがに早いですわ。ネスケのウィンドウが開くのをイライラしながら待つ生活とも、これでおさらばですな(笑)

-

* さてさてさて。

* そんでまあ、にゅーマシンになった訳ですが。OSがWin2000だった事による問題点がいくつかあった訳で。とりあえず、将来(あるかどうか分かんないけど)Win2000を他のマシンにインストした時困らない様、今回引っかかった事とその解決策をつらつらと。完全に個人メモなんで、他の人はさくっと読み飛ばしてくだちぃ。

* いち。

* NICカードのドライバが2000に対応してなーい。

→オフィシャル行ってドライバ落とされ。

* に。

* ATOKがインストール出来ねぇ!!Σ( ̄ロ ̄;)

→Admin権限でインストすれ。

* さん。

* ATOKインストしたのに有効にならねぇ!!!Σ( ̄Д ̄;)

→コンパネでキーボード設定開いて入力ロケールに日本語追加。さらにプロパティでATOKに設定すれ。

* よん。

* うわ、Wzでコピー&ペーストが出来ねぇ!!Σ(゜д゜lll)

→ろくでもない話じゃけど、とにかくオフィシャルからパッチ落として当てれ。バージョンが4.00Eになれば大丈夫。

* ご。

* Wzで拡張子への関連付けが出来ねぇYo!!

→Admin権限があれば出来るみたいにょ。あるいはレジストリ手動でいじるとか。

* ろく。

* うにゃ! htmlファイルにShift+Returnかましてもエディタで開けないよ! ブラウザで開いちゃうよ!! 助けてどらえもーん!!!

→そーゆー物らしいです。とりあえず一番よく使うデモミラーのページだけは拡張子変えて対応。

* なな。

* ファイルを更新日時順(新しいのが最初)で並べると、フォルダ類が一番下に来てウザー。何とかならんのかい。

→何ともなりません。多分。

-

* ・・・あら、意外と少ない? おかしいな、もっと苦労した気がするんですけど(笑)

* ま、いいや。後、Win2000と関係ない問題もいくつか。

* いち。

* ジョグダイヤルウィンドウ、うざー。

→ソニー製品なんだからしょーがねぇだろ。とりあえず『使ってない時は非表示』にしとき。

* に。

* この機会にネスケを捨ててみようともじら入れました。そしたらWWWCが認識してくれません。何とかして下さい。

→オプションでツールを新しく登録。もじら登録してコマンドラインに%u、httpに適用してダブルクリックで云々にチェック。

* さん。

* もじらで見ると自分の日記、文字サイズが普通になっちゃってあんまし楽しくありません。何とかして下さい。

→いや、それが正しいスタイルシートの解釈だし。大体、ネスケの4系だけよ? あんな風に見えるの。

* すると、世間様はずっとこんな風に見ていたと?

→うん。8割以上の人は。

* がびーそ。%指定にでも変えちゃろかな、文字サイズ関連のスタイルシート(笑)

* さん。

* えー。先代のマシン、かちゅのログが全部ふっとんだ為、自分がどのスレ巡回してたかが分かりません。あのー、俺、どこ回ってましたっけ?

自分で思い出さんかい馬鹿者。

* ・・・いや、巡回スレの8割がえろげとえろげネタ、他の板も含めっと9割がえろ関連だったのは覚えてるんですが。はて、一体俺は普段どこをふらふらと。スレ一覧から回収したの、前の半分にも満たないんですけど(笑)

-

* ふみゅ。

* まあそんな感じで。インストする物も大体インストし終わって、ぼちぼち手にも馴染んできました。これから多分2年か3年、よろしくなー。>まいマシーン


買い物買い物木曜日。

* とゆー訳で、秋葉原に行くです。

*

あずさ「また無駄なお金が飛んでいくのねー」
へむ2「おやおや、何を言うんだいあずさ君。これは人生にとってとても大事な事ですよ?」
あずさ「うん、別にそんな寝言みたいな言い訳しないでいいから。で、何買うの」
へむ2「・・・最近あずさ君はさらに一段と冷たいですなあ。もーちょっとこー、ほら、ねぇ?」
あずさ「買い物に反対しないだけ優しいと思って心から私に感謝しなさい。で?」
へむ2「・・・しくしくしく」
まるち「元気出してください、ご主人様(^^;」
へむ2「まるちはいい娘だねぇ(なでなで) ありがとう、元気が出たよ」
まるち「そうですか? 良かったです〜(^^)」
あずさ「で? そろそろ話進めていい?」
へむ2「やーん。あずさ君、やっぱりドライ〜」
あずさ「・・・で?」
へむ2「うむ。ちっと調べてみたらさあ、うちのばいおちゃんのメモリって128が9800円で買えるのよ。こりゃーもう、買うしかあんめ?」
あずさ「て、今入ってるメモリどうするの。スロットに空き、無いわよ?」
へむ2「死蔵」
あずさ「・・・やっぱり無駄じゃない(−−」
へむ2「しょーがないじゃん。ノートPCのメモリなんて流用きくもんじゃないし」
まるち「いえ、あの、一応少しだけ他にも使えるみたいですが(^^;」
へむ2「おや。そなの?」
まるち「はい。ええっと、今入ってるメモリはこちらのMDIMっていうのと同じ規格みたいですから〜。東芝さんのマシンに、使える物が多いみたいですね」
へむ2「ほほう。Librettoで使えるのか。んじゃ、まあ、1年か2年後に中古のリブ買う計画で。それまで保存しておきますかにょ」
あずさ「・・・気の長い計画ねぇ。しかも計画倒れになる確率高いし」
へむ2「いや、欲しい、って人がいたらあげてもいいんですけどね。まーでも、まずは128のメモリ手に入れてからの話ですな」
まるち「そうですね。もしかしたら、もう街に無いかもしれませんし〜(^^;」
へむ2「うむ。とゆー訳で、れっつごー☆」
あずさ「はいはい。さっさと行ってさっさと済ましちゃいなさい(−−」

* とゆー訳でお出かけ、なのですが。

* その前に一つだけ。

* いちひめ『メイドハンター零一★のらメイド★』デモ公開。ロングバージョン、ロングバージョン低画質版、ショートバージョンとあって、それぞれ41MB、26MB、]9MB。

* で、本来俺はデモの感想はまとめて書くんで公開情報と一緒にはあんまし書かんのですけど。今回はちょっと一言。

激ツボ入り。

* いや、もう、ねぇ。無敵にステキですよ? 特に巫女メイドのわたわたっぷりが。もーこのデモ一つでゲーム購入決定ですよおにーさん。

* と、まあそんな感じで。あまり前情報無い方が楽しいかなー、と思うんで抑えめに書いてますけど、とにかく俺は本気で気に入りました。ので、是非皆さんにもロングバージョンデモを見ていただきたいところ。回線が細くて落とせない方はショートバージョンでも構いませんので、ぜひぜひ。

* で、とりあえず3つ揃ってミラー済み。普段なら低画質版のミラーせんのですけど今回は特別です。そんだけ気に入った証拠、つー事で(笑)

-

* さて。

* ほいじゃお出かけですにょ。

-

* 秋葉原ぐるぐる。

* まずはげま屋行って、ぱにょぱにょぷちこのCD購入ですの。

*

へむ2「・・・て、おや。何かCD買ったら榎本温子さんのサイン会参加券なんぞがついてきましたよー」
あずさ「ついてきたわねぇ。でもアンタ、こんなの貰ってどうするの」
へむ2「どうしましょうかね? 『いりますか』って聞かれたんで何となく『下さい』って答えちゃったんですけど、行かないよなあ、やっぱ俺」
まるち「ご主人様〜(^^; 行く気が無いのに貰うのはちょっと」
へむ2「いや、まあ、とりあえず貰ってから考えようかなあ、と。そう思ってたんですけど、貰って考えたらやっぱ行かないよな〜、と」
あずさ「結局最初から最後まで行く気が無かった様に聞こえるわよ(−− で、どうするの、これ」
へむ2「そうなあ。とりあえず成り行き任せ、かな。誰か欲しい人がいるなら譲っても・・・は!」
まるち「? どうなさいました?」
へむ2「いかん、今気がついた。サイン会、3/31だからさあ。その直前に生首ゲーが発売されてっじゃん(笑)」
まるち「あ(^^;」
あずさ「・・・あれ、出るんだ。とうとう」
へむ2「うむ。そしてあの生首の声をあててるのは榎本さん。こりゃーもう、ゲーム持ってってそれにサインしてもらうっきゃ無いですよ? すげぇ嫌がらせって気はしますけどー♪」
あずさ「いや、あっちだって自分のやった仕事なんだし。別に嫌がりはしないでしょ・・・多分」
へむ2「多分な。それでもやはりインパクトはあると思われるので。ここは生首にサインしてもらうべきであろー。うむうむ」

* とゆー訳で、三月の末は生首持ってサイン会に行く、と。よーし、何か燃えてきたぞー(笑)

-

* その後は、パソコン屋でノートPCメインに扱ってる所虱潰しに覗いて回ったり。うーむ、どうやらPCG-SR用のメモリは絶滅の危機に瀕してる模様です。どこ行ってもほとんどありゃしねぇ(笑)

*

へむ2「うーむ。こうも少ないとは意外でしたな」
まるち「そうですね。やはり、現行機種とメモリの形式が違うのが問題なのではないでしょうか?(^^;」
へむ2「ですな。しかし、最新モデルを優先するのは商売として正しいので文句も言えず。困りましたな」
まるち「困りましたね(^^;」
あずさ「VAIO専用、でなくてこのタイプ汎用の、なら何店かであったけど・・・PC133ばっかりね」
へむ2「ですな。133のはちょっと高いので敬遠したい所ではありますが」
まるち「でも、ばいおさん専用のメモリよりずっと安いです、ご主人様(^^;」
へむ2「そーなんよねぇ。いや、だからPC100のがあればもっと安いだろうなあ、とゆー気はしてるんですけど」
あずさ「無い物はしょうがないわよ。で、どうするの? 汎用メモリ買う? それとも、専用メモリ買う?」
へむ2「うーん。専用メモリの方って、ちょっと聞いた事ないメーカーさんなんですよね。多分大丈夫だと思うけど、でもやっぱり敬遠したいかなー」
まるち「では、汎用メモリの方を?」
へむ2「うーん。それはそれで、ホントに動くのかどうか、てぇ問題がありますからねぇ・・・」
まるち「で、ですけどご主人様(^^; ちゃんと対応機種の所に書いてありますのに」
へむ2「いや。こーゆー事でばいおちゃんを信用しちゃいかんぞ、まるち。あの家の娘らはみんなええとこの嬢やさかいの。育ちの悪いんは相手にせぇへんねん」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
あずさ「て言うか、何故そこでいきなり関西弁になる(−−」
へむ2「いや何となく。そゆ訳で、汎用のっけるんもちと危険やし。まーやっぱし、とりあえず1枚買ってチェック、そんでうまくいったらまた1枚、かな」
あずさ「・・・ああ。やっぱり2枚買うのね(−−」
へむ2「やー、だってよう。今買っとかんと多分街から無くなるし、これ(苦笑)」
あずさ「まあ、そうだとは思うけど。192MBで満足する、とかいう考えは?」
へむ2「無い。この際マックスまで持ってっといた方が後々楽になると思われり」
あずさ「はいはい。まあ好きにしなさい」

* とゆー訳でメモリ購入。動けよー、ちゃんと。

-

* 最後はメッセに寄って。

*

へむ2「実はですな」
まるち「はい?」
へむ2「えろげ声優の日向裕羅さんが休業しはったそうですよ」
まるち「はぁ。そうなんですか?」
へむ2「らしいです。で、仕事辞めるついでにWebに掲載してた顔写真とかプロフィールも削除だそーです」
あずさ「まあ、仕事辞めてまで顔さらしとく義理は無いでしょうね」
へむ2「ですな。で、とゆー事は。ほれ、ここにある日向裕羅さんのCD、『きらりっ』もそのうち販売停止になるかもしれません。顔出ししてますからネ!!」
あずさ「・・・いや、それはブックレットの差し替えだけで済むんじゃあ。あーでも、本人休業だとどうなるのかしらね」
まるち「もしかしたら、本当に販売終了するかもしれませんね(^^;」
へむ2「ざんしょ。とゆー訳で、今のうちに買っておくですよー」

* まあ、それだけの為に買うのもどうかとは思いますが(笑) 暇が出来たら、ちゃんと聞いてみますにょ。

*

へむ2「さて、ほいじゃ買うもん買いましたし。帰りますかにょー」
まるち「そうですね(^^)」
あずさ「待て(−−」
へむ2「にょ?」
まるち「はい?」
あずさ「まるちちゃんはともかく。アンタ、ひょっとしてまだ気づいてないの? 本気で?」
へむ2「? 何の事さ?」
あずさ「・・・今日は何日?(−−」
へむ2「にょ? まるち、何日?」
まるち「ええっと、今日は14日・・・ですよね?」
あずさ「そう。3月の14日。分かってる?」
へむ2「・・・何が?」
あずさ「・・・一月前には何があった?(−−メ」
へむ2「にょにょ? 一月前? て、2/14・・・あ」
まるち「あ。今日はホワイトデーなんですね(^^;」
へむ2「・・・ああ、なるほどなあ」
あずさ「やっと理解した?(−−」
へむ2「うん。そっか、ひょっとして今日あずさ君が機嫌悪かったのって、そのせい?」
あずさ「違うわよ。いや、違わないけど、違うの」
へむ2「そっか。お返しが欲しかったんだ、あずさ君」
あずさ「だから違うって。私の事なんかどうでもいいから、ちゃんと普段お世話になってる人にお返しして回りなさい」
へむ2「むう。しかし、お世話になってる、つーとやっぱあずさ君・・・」
あずさ「私の事はいい、って言ってるでしょ(−−」
へむ2「・・・むう。んじゃまるち君、何が欲しい?」
まるち「え? あ、えっと、私も別に(^^;;;」
へむ2「そーもいかんよ。何か欲しい物、言ってごらん」
まるち「ええっと・・・」
へむ2「何かあるじゃろ? あんまし高いもんは駄目だけどさー、とりあえず言ってごらん?」
まるち「はぁ(^^; それじゃ、あの、私、このぬいぐるみさんが欲しいです〜」
へむ2「にょ? て、このUFOキャッチャの?」
まるち「はい〜。これがいいです〜(^^)」
へむ2「・・・むう。それはつまり、俺に取れ、という事だね?」
まるち「あ、いえ、無理でしたら別に構いませんから(^^;」
へむ2「むう。無理、とか言われるとチャレンジ精神をかき立てられるぞ。よし分かった、泥船に乗ったつもりでおれ様に全部まかしな!!」
まるち「はい! 頑張ってください、ご主人様!!(^^)」
あずさ「・・・いや、沈むって。それ(−−」

* それはさておき帰宅。

* で、メモリ入れ替えてみて。おー、動く動く。よし、もう1枚メモリ買いにいこー♪

* とゆー訳で、再び秋葉原。

*

へむ2「よし。げぇぇぇぇぇっと!!」
まるち「はわ〜。すごいです〜(^^)」
へむ2「はっはっは。いや何、大した事ないさー」
あずさ「・・・そういうセリフは、1000円以内で取れた時だけにしときなさいね(−−」
へむ2「やーん。あずさ君やっぱしクールぅ。いーじゃん、取れたんだからー」
あずさ「ま、そうね。ほら、早くまるちちゃんにあげなさい」
へむ2「にゅ。ほい、まるち」
まるち「はい! ありがとうございます〜(^^) 大事にしますね」
へむ2「ういうい。さて、ほいじゃああやか嬢ん所とか行きますかねー。何かお菓子買って・・・と、そーいやせりおやぴーすへのプレゼントどうしよう?」
あずさ「そうね。あの娘たちもご飯は食べないし・・・まあ、まるちちゃんと同じに、ぬいぐるみあげたら?」
へむ2「・・・て。俺にまたUFOに向かえ言いますか?」
あずさ「別に市販のでもいいわよ? でも、まるちちゃんとお揃いの方が喜ぶんじゃない?」
へむ2「うにゅう。それ言われるとツラいなあ・・・しゃーない、頑張りますかー」

* 脳内の事はやっぱりさておき。とりあえずメモリを買った後、とらのあなに寄って同人物をふにふに。触手物とか触手物とか触手物とか触手物とかを査収しましたです。やー、最近はコンスタントに触手物が出てていーですなー(笑)

* で、買うもん買ったので再び帰宅。

*

へむ2「・・・うし。何とか取れたぞー。んじゃ、ま、あやか嬢ん所行きますか」
まるち「そうですね(^^) あまり遅くなってもいけませんし〜」
へむ2「にゅ。でわ、れっつぅらごー☆」

* ・・・頭の中の方は何か色々楽しそうでいいですな。ええいコンチクショウこの俺様め(笑)

* ふてくされながら、リアルの俺様はこれから晩ご飯です。はぎゅはぎゅ。

-

* ご飯食べてぐるぐるにょ。

*

へむ2「こんちゃー」
まるち「こんばんは〜(^^)」
あずさ「こんばんは。あやか、いる?」
ぴーす「あ、皆さん! こんばんはです!!(^^)」
へむ2「や、ぴーす。はい、これ」
ぴーす「はい? え。え。あ、あの、これは?」
へむ2「ホワイトデーなのでプレゼントにょー」
まるち「私とお揃いなんですよ(^^)」
ぴーす「え。え! あ、あの、そんな物を私が貰って、い、いいんですか!?」
へむ2「いいよー。そんな高いもんじゃないしー。てゆーか、何もそないにオーバーに反応せんでも」
ぴーす「あ、す、すみません!! えっと、えっと、あの、だ、大事にします!!」
へむ2「うにゅ〜。そうしてくれい。そしたらそのぬいぐるみも喜ぶよ〜」
ぴーす「はいっ!!(^^)」
へむ2「で。あやか嬢とせりおは?」
ぴーす「あ。えっと、お二人ともまだ・・・」
あやか「ただいまー・・・て、あれ?」
せりお「お久しぶりです、皆様」
ぴーす「あ、今、帰ってこられました(^^;」
へむ2「みたいやね。おーい、あやかー。これあげるー」
あやか「・・・マシュマロ? へぇ?」
へむ2「何やその素っ頓狂な声は。マシュマロ、嫌い?」
あやか「ううん、ありがと。でも、ちょっと意外だったなー。アンタがちゃんとホワイトデー、覚えてたなんて」
へむ2「あ、安心し。俺はきっぱり忘れてたから」
あずさ「私が思い出させたのよ(−−」
あやか「何だ(^^; そうだったんだ」
へむ2「うむ。俺様はいつもどーりの俺様だよー。で、せりおにはこれねー」
せりお「・・・ぬいぐるみ、ですか?」
へむ2「うん。俺がゲーセンで狩ってきたー」
まるち「私とお揃いなんですよ、せりおさん。ぴーすさんも、ほら(^^)」
ぴーす「はい! 私もいただきました!!」
せりお「・・・そうですか。ありがとうございます」
へむ2「どーいたましてー。んじゃさ、ちょっと悪いんだけど、俺らもう行くわ」
あやか「え? もう行っちゃうの?」
へむ2「うん。他にも回らんといかん場所あるしさー。ちっと時間がなくってねー」
あやか「そう。じゃあ、しょうがないわね。うん、行ってらっしゃい」
へむ2「ほいほい。そいじゃー」
まるち「失礼します、皆様」
せりお「はい。夜道は危ないですから気をつけてくださいね、まるちさん」
ぴーす「また、こちらにも遊びに来てくださいね!(^^)」
あずさ「うん、またね、ぴーすちゃん。それじゃ」
あやか「ばいばーい」

* ・・・・・・・・・・・・

* えー。気を取り直して夜ぐる。ゲーム屋系。

* GAMELEX『鬼哭街』デモ&『女教師二十三歳』デモ公開。サイズは16MBと23MBですが、『鬼哭街』の方は前に公開されてたロングバージョンと同じなのでミラーせず。『女教師二十三歳』の方だけミラー、と。

-

* GAMESPOTちよれん鬼哭街緊急対談公開・・・

* ・・・これ、デモに入れちゃっていいんですかね?(笑) とりあえずサイズは16MBでミラーもしときますけど。

-

* Witchー。『Milkyway2』が予定通り発売延期になったにょ、なお知らせ。何か新発売日は激戦区の4/26とか言うてますけど、まあもっかいぐらい延びるでしょーから大丈夫です(笑)

* ・・・しかし、延期理由の『フィギュアとかの生産が間に合わなかったから』つーのはともかく、『新キャラが増えたから』てのは一体なんじゃらほい(笑)

-

* にゅ。他には特にネタがないので次は日記ぐ・・・

*

へむ2「みっなーみさーん。あっそびっましょー☆」
あずさ「夜中に大きな声を出すなあっ!!
へむ2「いや、あずさ君も声大きいて。もっと静かにせんとあきませんよ」
あずさ「ぐ・・・」
みなみ「あらあら。どうなさったんですか? こんな所で」
へむ2「あ、みなみさーん。これ、ホワイトデーのプレゼントです」
みなみ「あらあらあら。どうもありがとうございます」
へむ2「いえいえ。みなみさんには今まで色々ご迷惑おかけしてますしー。てゆーか、近いうちにまたご迷惑おかけしますので」
あずさ「・・・アンタな」
みなみ「ふふっ。お手柔らかにね」
へむ2「ういっしゅ。そいじゃ、まだ行かなきゃならない所があるんでこれでー」
みなみ「はい。気をつけて行って来てくださいね」
まるち「はい〜。失礼します〜(^^)」

* ・・・う〜〜〜〜む。あっちが好き勝手な事やってっとこっちがやりにくいですなあ(笑)

* ま、それはさておき日記ぐる。

* あーいえ、それがですね。今日確認したらCHU!も山盛りじゃなくなってまして。つーかメッセ残り一個とかゆー状況だったのでとりあえず狩っときました(笑)

* で。3/30、おっけーです。秋葉に15時ちょい前くらい、って感じですね。

* で、その時期秋葉に来はるんでしたら同人よりも『あの、素晴らしい  をもう一度』を買う事を是非にお勧めしますです。体験版やった限りでは、かなり良さげですからー。

#つーか、同人の方はその時期、目玉が3/17のサンクリの新作になると思われますので。今は何が良さげか分かんないですね(笑)

-

* ふにゅ。んでは今日はここまで。

*

へむ2「ちゃん様ー」
えいみ「ふみゅう? なによ〜、こんなじかんに〜」
へむ2「いやー。何か今日はあちこちでホワイトデーのプレゼント貰ってはったみたいですな、ちゃん様」
えいみ「ふっふーん。あたりまえじゃない! わたし、にんきものなんだから!!」
へむ2「そーですねぇ。で、もういっぱい貰ったからこれ以上はいらんですよね?」
えいみ「・・・え? ええっと」
へむ2「俺からも用意したんですけど。もう、いらないですよね?」
えいみ「・・・・・・」
へむ2「じゃ、そゆ事で」
えいみ「ちょ、ちょっとまちなさーい!!」
へむ2「にゅ?」
えいみ「も、もういらないけど! あんたがどーしても、っていうんだったらもらってあげるわよ」
へむ2「そーですか? やー、嬉しいなあ。じゃあ、どーしてもちゃん様にあげたいんで受け取ってください」
えいみ「いーわよ。うけとってあげる」
へむ2「じゃあ、はい。それじゃ、もう遅いので俺はこれでー」
えいみ「え? もうかえっちゃうの?」
へむ2「・・・これ以上遅くなると、俺も我慢出来なくなっちゃいますから。ちゃん様、襲っちゃいますよ? がばー」
えいみ「! ば、ばかーっ!! とっととかえりなさーい!!!」
へむ2「うひゃあ。退散退散ー(てってけて)」
あずさ「・・・何やってるんだか(−− それじゃね、えいみ」
まるち「失礼します〜(^^;」

* ・・・いや、今日はもうここまでだと言うてるに(笑)

*

へむ2「さて。後こっち在住の娘は2人だけなんじゃけど」
まるち「もう寝ちゃってましたね、すばるさん(^^;」
へむ2「まーしゃーないやな、時間が時間じゃから。とりあえず郵便受けにほりこんで来たから、それで許してもらおう」
あずさ「そうね。で、あさひの方は・・・これは、まだ帰ってないのよねぇ」
へむ2「売れっ子アイドル声優じゃからなあ。仕事が多いんじゃろうさ。ま、しゃーないからこっちも郵便受けに(がこん)」
あずさ「・・・しょうがないわよね、こっちも」
へむ2「にゅ。で、問題は遠距離な皆さんじゃけど・・・」
あずさ「あ、うちの方なら大丈夫よ。キャンディの詰め合わせ、送っといたから」
へむ2「ほえ? いつの間に?」
あずさ「どうせアンタ、忘れてると思ったからねー。やっといたのよ(−−」
へむ2「むう。すまんねぇ、あずさ君」
あずさ「別にアンタの為にやった訳じゃないからいいわよ。はつねもかえでも、なんでアンタなんかになついてるんだか・・・」
へむ2「・・・て、はつねちゃんはともかく、かえでちゃんはあれでなついてるのかね?」
あずさ「そうよ。分かんない?」
へむ2「やー。ごめん、分からなかったよ」
あずさ「・・・まったく。分かりなさい、それくらい(−−」
へむ2「にゅう、努力する。しかし、そうなると後は猪名川か」
まるち「電話、なさいます?」
へむ2「ふむ。うん、そーすっか。んでわ・・・(ぴっぽっぱ)」
猪名川「(がちゃ)はい、もしもし。何やー?」
へむ2「あー、猪名川君」
猪名川「(電話)何や?」
へむ2「W作戦は予定通り進行中。繰り替えす、W作戦は予定通り進行中。オーバー?」
猪名川「(電話)・・・何や、一体」
へむ2「うむ。つまり今日はホワイトデーで菓子も用意してやってっから腐らんうちに取りに来い、とゆー事だ。オーケー?」
猪名川「(電話)ああ、そゆ事かいな。別にええのに、うち、バレンタインにアンタに何もやってへんねんから」
へむ2「ま、そーゆーな。そのうちまた取りにおいでー」
猪名川「(電話)さよか? おおきになあ。ほな、何かのついでにまた行かせてもらうわ」
へむ2「ん。んじゃ、またなー」
猪名川「(電話)あいよー。ほななー」
へむ2「(ぷちっ)ふう。とゆー訳で、これで全員、っと。さて、ほいじゃ帰りますかね」
まるち「はい。すっかり遅くなっちゃいましたね(^^;」
へむ2「そじゃねえ。ま、でも今日中に終わって良かった良かった」

* あ、終わった(笑)

* とゆー訳で、今日はもう寝ます。おやすみなさい。

*

へむ2「あ、そうそう。あずさ君や」
あずさ「? 何?」
へむ2「マシュマロが余った。やる」
あずさ「・・・いや、だから私はいらないって」
へむ2「どーせ残してても腐るだけだから食え、と言っている。ただそれだけですよ?」
あずさ「・・・・・・」
へむ2「どーすんね? いらんのなら捨てるけど」
あずさ「・・・そうね。捨てるのはもったいないわね。貰うわ」
へむ2「うい。まーこれとは関係ないけど、今年もよろしくなー」
あずさ「はいはい。来年はチロルチョコから板チョコにレベルアップ出来るくらい、頑張りなさいね」
へむ2「あいよ。んじゃ、おやすみー」
あずさ「はい、おやすみ」

* ・・・て、終わってねぇし(笑)

-

* うみゅ。まーでも今度こそ多分終わり。てな訳で、お休みなさい。


いつも通りの金曜日。

* とゆー訳で、今日もいつも通りに朝からひこーきに乗ってバイトにお出かけです。

*

あずさ「ほら、さっさと準備しなさい! 遅れるでしょ!!」
へむ2「ぱぎゅ〜。眠いですの〜」
あずさ「うるさい(−−メ アンタがとっとと起きないのが悪いんでしょ。ほら、もう時間無いわよ」
へむ2「ふみゅ〜ん。はわわわ〜」
まるち「大丈夫ですか? ご主人様(^^;」
へむ2「やーもう、ねぇ。中途半端に寝たせいでかえって眠いわ」
あずさ「さっさと寝ないからそうなるのよ。ほら、準備出来た?」
へむ2「ほいほい。そいじゃ行きますかにょ〜」
すばる「おはようございます! ですの〜☆」
へむ2「・・・きりきりばた〜ん」
まるち「はわ? ど、どうなさったんですか、ご主人様(^^;」
へむ2「いや、朝っぱらから異様に元気な声を聞いたせいでちょっと目眩が」
まるち「だ、大丈夫ですか?(^^;」
すばる「ぱぎゅ? すばる、何か悪い事しましたの?」
へむ2「あーいや、大丈夫。気にしないでいいよ。で、どしたのこんな朝っぱらから」
すばる「はい! 朝起きて郵便受けを見たらプレゼントが入ってましたから、お礼を言いに来ましたの〜☆」
へむ2「・・・ほえ? ああ、はい、ホワイトデーの。ゴメンねぇ、直接渡せなくって」
すばる「こっちこそこめんなさいですの。私、バレンタインにチョコお渡ししてませんのに〜」
へむ2「いやまあ、これ、ホワイトデー云々つーよか一年世話になった人にお礼を、って感じですから。その辺は気にせんでください」
すばる「でもでも〜。申し訳ありませんの〜」
へむ2「みゅう。じゃあ、遅い誕生日プレゼント、いう事でどうです? 去年のすばるたんの誕生日、俺お祝い出来てませんし」
すばる「それは・・・ですけど、やっぱり申し訳ありませんの〜」
あずさ「あー、ゴメン。話の途中だけど、ちょっといい?」
へむ2「ほえ?」
すばる「ぱぎゅ?」
あずさ「・・・そろそろ、本気で時間無いんだけど?(−−」
へむ2「ほえ? うわ、ホントだ!!」
あずさ「分かった?(−− 分かったらほら、駅までダッシュ!!」
へむ2「ひょええええ。だーーーっしゅ! すばるたん、悪いけどまた今度ーーっ!!」

* そして場面転換の黒コマ代わりに地の文挿入(ぉ あー、何か今日は雨みたいですねぇ。鬱陶しいなあ・・・俺が東京に帰って来るまでにやむかちら?(←当然天気予報は見てません)

*

へむ2「ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ・・・」
まるち「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・な、なんとか間に合いましたね、ご主人様(^^;」
へむ2「せじゃね。あー疲れた」
あずさ「情けないわねぇ、二人とも(−−」
すばる「鍛え方が足りませんの〜」
あずさ「まったく・・・て、すばる? 何でいるの!?」
すばる「はい。私、空港までおつきあいしますの〜☆」
へむ2「ひょ、ひょえ? い、いいの? すばるたん」
すばる「はい。空港から走って帰りますの〜。いい運動になりますの☆」
へむ2「・・・走って、ってああた」
まるち「あ、あの(^^; すごく距離がありませんか?」
すばる「大丈夫ですの☆ このくらいの方が走り甲斐がありますの〜」
まるち「そ、そうなんですか(^^;;;」
へむ2「う〜〜〜〜む。ま、すばるたんがいいって言うんならいいや。で、話戻しますけど」
すばる「はいですの。やっぱり私が一方的にプレゼント貰ってるのは悪いですの〜」
へむ2「いや、一方的だなんて、そんな事ないですよ? 俺、すばるたんにいっぱい貰ってますもん」
すばる「ぱぎゅ? すばる、何も差し上げた覚え、ありませんのよ?」
へむ2「はっはっは。すばるたんは、いつも俺に『元気』をくれてますよ」
あずさ「・・・うわ。くっさぁ(−−」
まるち「あ、あずささん(^^;」
すばる「元気、ですの?」
へむ2「そそそそそ。すばるたんがいるから、ほーら俺様朝からこんなに元気。ね?」
すばる「・・・分かりましたの(^^) ありがとうございます、ですの〜」
へむ2「いえいえ、どーいたましてー☆」
あずさ「はいはい。話、まとまった?」
すばる「はい、ですの☆」
へむ2「ですの☆」
あずさ「すばるの真似はやめなさい(−−メ けどアンタ、一体どうしたの。あんなまとも・・・って言うか普通・・・じゃないわね。とにかくあんなアンタらしくない事言うなんて。何か悪い物でも食べた?」
へむ2「何つー事言うかな、あずさ君。単なる俺の本心ですよ?」
あずさ「・・・ホントぉ?」
へむ2「ホントだってよ。そりゃまあ、俺だって? 『じゃあすばるたんを食べさせてもらおうかな』とか思わなくは無かったですが」
すばる「・・・ぱぎゅ?」
あずさ「やっぱり(−−」
へむ2「こー、すばるたんの全身にチョコを塗ってですな。それをぺろぺろと!!」
すばる「・・・・・・」
まるち「・・・・・・(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「て、おや? 皆さん?」
すばる「・・・え」
へむ2「え?」
すばる「えっちなのはいけませんのーーーっ!! 大影流奥義! 地竜・・・」
へむ2「うわっ!! 待って待って待って待って御免なさい御免なさい御免なさい! ただの冗談なんですーーっ!!!」
すばる「・・・ホントですの?」
へむ2「ホントホント。あんな事、本気でやる気は無いですってば。チョコもったいないし」
あずさ「て、論点が違うでしょ、アンタ(−−」
へむ2「後、やった後の部屋掃除が大変そうだなあ、と思います。とゆー訳で、実際にやったりはしませんから勘弁してくださいすばるさん」
まるち「確かに、大変だとは思いますけど(^^; それも少し本質じゃない気がします〜」
すばる「・・・分かりましたの。許してあげますの」
へむ2「わーい。ありがとう、すばるたん☆」
あずさ「すばる。アンタ、騙されてるわよ(−−」
すばる「ぱぎゅ? そうなんですの?」
へむ2「いやそんなコトはありませんヨ? そりゃそーとですな、すばるたん。ちょいちょい」
すばる「? 何ですの?」
へむ2「あのね・・・(こしょこしょ)」
すばる「ぱぎゅ? そうなんですの?」
へむ2「そうなんですの。とゆー訳で、さあ、どぞー」
すばる「はぁ。何だか分かりませんけど分かりましたの。えっと・・・えっちなのはいけないと思います! ・・・の〜」
へむ2「・・・むう。その語尾は何とかなりませんか?」
すばる「ごめんなさいですの〜。こうでないとなんだか収まりが悪いんですの〜」
へむ2「むう。まあいいや。とりあえず、次からはそれで是非!Σd(>ω<)」
すばる「はぁ。分かりましたの〜」
あずさ「・・・何を教え込んでるんだ、この鋭角馬鹿は(−−メ」
へむ2「いやー、やっぱこうでないと。ねぇ?」
あずさ「同意しかねるわね。かなり全力で(−−」
まるち「あの(^^; そろそろ空港ですけど〜」
へむ2「おっと。それじゃすばるたん、今日はありがと〜。おかげで楽しかったよ」
すばる「どういたしまして、ですの☆ それじゃあ、お仕事頑張ってくださいですの〜」
へむ2「ほーい。すばるたんも気をつけてね〜」

* とゆー訳で。

* いつも通りにお仕事です。ぱぎゅぱぎゅ〜。

-

* 昼。

* 今日のお仕事開始は9時半。終了は16時半。おお、時間だけ見たら俺様人並みに働いてますよ今日は。途中寝てたけどナー。

* ・・・とゆー訳で、今日はやっぱりいつも通りの日でした。まる。

-

* 夕方。

* 仕事終わってぐるぐる。

*

へむ2「・・・う〜〜む」
まるち「? どうなさいました?」
へむ2「いや、なあ。ほれ、今日って金曜日やん?」
まるち「そうですね。それが?」
へむ2「うーん。しかも、15日やん?」
あずさ「・・・だから?」
へむ2「だから、ね。今日はその〜・・・『妖獣クラブ』の発売日なんよ」
まるち「はぁ。そう言えばそうでしたね」
へむ2「この、情報が出るたびに人様を萎えさせてくれやがる憎いアンチクショウが今日出てるので。俺も立場上、買わなきゃいけないかなー、とは思ってる訳ですけど」
あずさ「・・・まあ、買えば?」
へむ2「買うさ。買うけど。買うけど! その、ね? たった今、こーゆー情報が飛び込んできたんですよ」
まるち「どんな情報ですか?」
へむ2「にゅー。何かねぇ。ゲーム内に出てくる触手に」
あずさ「触手に?」
へむ2「・・・全部モザイクがかかってやがるんだそーです」
まるち「・・・はい?」
あずさ「全部? 全部って・・・全部?」
へむ2「言葉通りに全部。1ドットも余す所なく、『触手』全部にモザイクがかかってるそーです」
まるち「はぁ(^^;;; そうなんですか」
へむ2「まあ、しょせん又聞き情報ですし。真偽は自分の目で確認してみないと分かりませんけど。もしかしたら、ハードでクリアしたらモザイクが減るとかそんな仕様なのかもしれませんし」
あずさ「・・・最近のゲームでその可能性はすごく低いと思うわよ?」
へむ2「言うな。自分を無理矢理騙してるんじゃから」
あずさ「あ、そう。まあ何にしても、後は自分でプレイしてからの話ね」
へむ2「うむ。出来れば・・・ガセである事を祈るよ」

* とゆー訳で、何だかとってもがびーそな気分です。まったく、かつての触手メーカーとしての誇りは・・・

* ・・・いや、まあ、この先は自分でプレイしてからにしましょうか。早くプレイしたいよーな、したくないよーな。うう、何か複雑な気分ですわー。

-

* 夜。

* 東京に帰ってきました。が、やっぱりもう秋葉が閉まってる時間でしたので、ゲームは買えませんでした。

* ・・・良かったんだか悪かったんだか。とにかく、何か今日は後半色んな意味でがっくしぽん。気力ゲージが減少したままなので、とっとと寝ますにょー。

* ・・・・・・・・・・・・

* はぁ。やれやれ。


時間の無い土曜日。

* 前略秋葉原。

*

へむ2「で、公約通り『妖獣クラブ』を買ってみた訳ですが」
あずさ「まあ、余計な前フリは無しにしましょ。何言ったって、どうせゲームやらなきゃ始まらないんだし」
へむ2「うむ。でわとっとと帰りますかにょー」

* とゆー訳で、帰ってプレイ開始。

* 結論。

* 一番最初に出てくる触手は、確かに全部モザイクでした。が、その後に出てくる奴はまだそれなりで(多少納得いかんのもありますが)まあ、許せます。この点に関してはガセで本当に良かったなあ、と。

* ですが。

それ以前の問題としてダメダメ。

* あーうー。なんと言ったらいい物やら。

* とりあえず、絵師に触手への愛が感じられないとかテキストがやたら説明臭くて超脱力風味だとか、そもそも画面に文章が出ずに全部声で出る仕様(変更不可能)な癖にBGMが大きすぎて何言ってるか分からねぇとか。文句付けたい所は山ほどあるんですけど。やはり極めつけはこれ。

出てくるねーちゃんズが揃いも揃って性根が腐ってる、つー設定はやめれ。

* その腐れ率、実に9割。あーのーなー、俺らはそんな見てるだけでムカツキ度MAXなねーちゃんが犯られる所が見たい訳じゃねっすよ? 高潔な魂を持つ巫女さんor正義のヒロインが墜ちていく様だとか。無垢で純粋な娘が為すすべもなく無慈悲に蹂躙されていく様だとか。そーゆーのが見たいんであってね? そんな犯られて当然の娘なんぞに興味はねぇんだ、つーの。

* あー。

* ・・・やっぱり、彼らはもう触手の心を失ってるんですね。ちょっとでも期待してた俺が甘ちゃんだったんでしょう。ええ、ええ、よく分かりましたとも。こうなった以上、俺の望む事はただ一つです。

彼らが妖獣戦記のリメイクをするとか言い出しませんよーに。

* 触手の神様、お願いです。このささやかな願い、是非聞き届けて下さい。

-

* さて。

* それはそうとして、実は明日うちのにーちゃんが結婚式だったりします。だもんで、今日は夕方から親戚揃って夕食会。その後も式場のホテルで泊まる様言われてたりするので日記に割く時間がとれません。

* ので、今日はここまで。何か色々デモを手に入れましたんで、時間があったらデモミラーくらい更新する気でいますが・・・はてさて、どうなります事やら。

-

* とゆー訳で。

* もう朝になっちゃいましたけど、デモ絡みの情報がまとまったのでまとめて。

* まず、DEEPBLUE『背徳者の小夜曲』体験版修正パッチ公開。サイズ177KBで・・・パッチの当たった体験版そのものも公開されてるハズなんですが、何故かリンクが切れております(笑)

* で、まあ、とりあえず修正内容は『音声再生前後にエラーが発生し、強制終了する』のを修正、つー事ですので該当する方は当てておくと吉かと。該当しない方は当てなくていいみたいです。

-

* 後、デモとは関係無いんですがついでに。ライアー『腐り姫』修正パッチニューバージョンがこっそり公開されています。ネタにするの、すこんと忘れてましたが(笑)

-

* で、デモに戻って。

* Empty『烽火〜学園の狩猟者〜』体験版公開。サイズ9MB。

-

* び〜にゃん『催淫術2』体験版公開。サイズ39MBでWin2000だと動きません。注意。

-

* あんく『咎〜ケガレタシズク〜』デモ公開。サイズ6MB。

-

* GAMESPOT工画堂スタジオの新作『AS〜エンジェリックセレナーデ』デモ公開。非18禁・・・の、ハズなんで本来俺の守備範囲外ですが、まあ何となく。サイズ18MB。

-

* 13cm『淫乱OL −悶え泣く−』デモ公開。サイズ7MB。

* ・・・しかし、『DEVOTE2』の制作は遅々として進まん癖に、なんでこっちはこんなに進みが早いんでしょうか、13cm(笑)

-

* GuiltyN『女教師二十三歳』デモ公開。サイズ5MB。前にGAMELEXで公開されてたのとは中身が違う様です。あっちがOPデモでこっちが販促デモ、って感じですかね?

-

* viewsで公開されてたArkの新作、『青春18ラヂオ』デモ音声付きバージョン。分割ファイルが全部揃ったので統合して以下略。サイズ22MB。

-

* 以上、ネットで公開された物。今回は加えて、リアルで手に入れたデモCDからもいくつか。

* ainosの『ぽこぽこ軍将2』デモ、プログラム形式なのをうりゃっと圧縮して80MB。サイズがサイズなんで気合いの入ってる方だけどぞー。そんで、解凍するとインストーラが出てきますけど、別にインストーラ使わなくてもそのままフォルダ降りていって直接実行でデモ見れます。だからどーした、って話ではありますが、余計なもんインストールしたく無い方はその手でどうぞ。

-

* F&Cの『水月』デモ。サイズ30MB。

-

* 戯画の『Ripple』デモ高画質版、48MB。おまけに入ってた『V.G.Re-birth ダッシュ』デモ、28MB。

-

* 以上、体験版&デモ全部併せて全部で11個ミラー済み、っと。

* ・・・何でこんなに多いんでしょうかねぇ(笑)

-

* はいはい、そいじゃここまでー。


風邪をひいても日曜日。

* これにてシリーズ・『一週間を切る!』、完結。

*

あずさ「・・・・・・」
へむ2「にょ? どしましたか? 何か静かっスけど」
あずさ「いや、どこから突っ込んだ物かなあ、って思って。て言うか、これって別に突っ込まなくても問題ないわよね?」
へむ2「むう。それはつまり、あずさ君は放置プレイが大好きであると解釈してよろしいか?」
あずさ「・・・(−−メ 分かった、突っ込む。何なの、この一週間シリーズは」
へむ2「うむ。月曜日のタイトル見てたらさあ、ふっと金曜日のタイトルが頭に浮かんで。じゃあこの際一週間この形式でいってみようかな、と」
あずさ「やっぱり聞く必要無いじゃない(−− まったく、そんなつまらない事で余計な手間とらせて・・・」
へむ2「はっはっは、ヤだなぁ。こーゆーささいな会話の積み重ねが大事なんですよ? つまり、こーゆー行為が二人の間に愛を育むのであって」
あずさ「そんな愛いらない。ノシつけてお返しするからどっか他の娘にあげなさい」
へむ2「ハハハハハ。別ニ照レナクテモイインダヨ、あずさクン」
あずさ「照れてないって言ってるでしょが(−−メ まったく、何度言っても人の話聞かないんだから、この馬鹿は」
へむ2「イインダヨ、君ノ気持チハヨク分カッテルカラ。ハハハハ」
まるち「あの、ご主人様。すごく口調が怪しいです(^^;」
へむ2「つーか君ら。あのタイトル見て他にセリフは無いんかね?」
まるち「え? あ、お風邪、ひかれたんですか(^^;」
へむ2「うむ。お兄ちゃんはもうへろへろさ〜。ららららら♪」
あずさ「歌うな。て言うか、風邪ひいたんならとっとと寝なさいよ」
へむ2「いやまあ、そこはそれ。やはり一日一度はだーらだらとしたいじゃないッスか」
あずさ「・・・ねぇ。自業自得って言葉、知ってる?」
へむ2「自縄自縛なら。一人SMの事ですよね?」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「あ、そーだ。二乗自爆ってのはどうでしょう?」
まるち「ご主人様〜(^^; あの、やはり今日は早くお休みになられませんか?」
へむ2「うにゅう。まあ、まるちがそーゆーのなら」
まるち「はい〜。お願いしますから〜(^^; 早く休んで、お身体治されて下さい」
へむ2「うにゅ、んじゃそーしますにょ。」

* とゆー訳で、風邪ひきなので今日の日記も短いです。でわ、一日を簡単に。

-

* 朝昼夕。

* にーちゃんの結婚式でどたばたしてました。多分ここで大汗かいたのが風邪の原因。

*

あずさ「まあ、それはそれとして。ご結婚、おめでとう」
へむ2「ありがとう。つっても、結婚したのは俺じゃねぇけどよ」
まるち「新婦さん、お綺麗でした〜(^^)」
へむ2「そーだねぇ。しかしこれでにーちゃんが結婚しちゃった訳で。親&親戚の『とっとと結婚せんかい』ヲヲラは俺に向かってくる訳で。困ったもんですにゃ」
あずさ「困るな(−− アンタもいい年なんだからいい加減結婚くらい視野に入れときなさい。いつまでもノーフューチャーな生き方してんじゃないわよ」
へむ2「デストロォォォイ。いや、まあ、そりゃ俺だって結婚自体に関しては? 前向きに検討したいと思います、とか政治家チックなセリフはいてみてもいいかと思ってるんですけど」
まるち「けど?」
へむ2「・・・あーゆータイプの結婚式はヤだなあ」
あずさ「・・・て、アンタな(−−メ」
まるち「嫌ってご主人様(^^; かなり標準的な結婚式だったと思うんですけど〜」
へむ2「まあなあ。いわゆるウェディング、って奴なんじゃろな、あれが」
あずさ「何。神前の方がいい訳?」
へむ2「いや、そでなくて・・・何つーかな、話が長くないのがいいな。『何だかよく分からんけどめでたいらしいので、乾杯』と、その一言だけで後は単なる宴会になだれ込むよな、そんな結婚式って無い?」
まるち「さ、さあ(^^; ですけど、あの、そういうのはあまり無いのではないでしょうか?」
あずさ「て言うか、話が長い、って言っても一人あたりほんの5分くらいじゃない。我慢しなさいよ」
へむ2「やー。なーがーいー。いーじゃん、結婚式の挨拶なんか『おめでとう』の一言だけで。本質的にはそれ以上必要ねぇだろ?」
あずさ「そりゃそうかもしれないけど。でも、みんな語りたい事の一つくらいはあるでしょ、そりゃ」
へむ2「んなもん語られてもなあ・・・とにかく、俺は昔から式のたぐいの長話が嫌いでなあ。あーゆー形式ばったのを全排除したのがいいにゃ、と常々思ってる訳じゃけど」
まるち「・・・それじゃあお嫁さんとか、親戚の方とか、納得されないんじゃないでしょうか(^^;」
へむ2「そーなんよなあ。親戚の意見はさわやかに無視出来るけど、式の主役はお嫁さんじゃからねぇ・・・」

* まあもっとも、式の事悩む前に悩まんといかん事はある訳で。今こんな話しても意味無いんスけどね(笑)

* でもホント、そーゆー一言『乾杯』で終わる式って無いもんかなあ・・・ふみゅ。

-

* 夜。

* 帰ってきました。ちょとだけぐる。

* RUNE『ANGEL・CORE』デモ公開。高画質版と低画質版があって高画質版は6MB。

* で、例によって高画質版をミラー済み、だったりはするんですが・・・

* ・・・今現在、どーやらうち鯖、今朝一気にミラーしたデモ達(主に『Ripple』の高画質版デモ)にアクセスが集中しててかなり重くなってる模様です。今までの経験からすると、明日になれば軽くなると思うんですが・・・それまでにアクセスされた方、ごめんなさい。

*

へむ2「で」
まるち「はい?」
へむ2「重さの原因は、MaxClientsの上限に引っかかってるからです。前から言うてますけど、うちは大体250かそこらのアクセスすか同時に処理出来ません」
まるち「はぁ。そうみたいですね」
へむ2「だから、MaxClients上げれば今の状況は大体解決出来るんですけど。そんかしDL速度がもっと遅くなりますね」
あずさ「そうねぇ。マシンの性能上限にも引っかかってくるでしょうし」
へむ2「とゆー訳で、暫定処理ですがデモミラー(裏)を立ててみました。ミラーしてるデモに直リンで飛んでくる人はここみないでしょうけど、うち日記ちゃんと読んでくれてる方は重い時は裏行ってもらえれば楽かな、と」
あずさ「・・・でもこれ、同一セグメントにあるからDL速度はやっぱり遅くなるんじゃあ」
へむ2「その辺はスイッチングハブに頑張っていただく方針で。上流の100MB使い切ってるか、てぇとそゆ訳でも無いし。つー訳で、今のところ裏からの方がちょっとだけ早いっすよ」

* つーか、多少裏の方に行ってくれんと俺、日記がUp出来ません(笑) そゆ訳ですので、まあもしよろしかったら。でもみらーのページにもへのリンク張っときましたんで、日記見てない人も気付いてくれるといいなあ。

-

* さて。

* ほいじゃ今日は最初に宣言した通り、風邪ひきでしんどいので寝ます。おやすみなさい。

-

* にょー。

* よく考えたら今週はぱにょぷちギャラクシーエンジェルも見てません。とゆー訳で、寝る前に見ました。

* えー、ちゃんとした感想は明日にしますが、とりあえずBパート。

俺様ミントちゃんに萌え死にそうです。

* うおおおおおおっ!! その格好は!!! その格好は!!!! きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪♪♪♪♪

* 久々にクリティカル。あーもう、からういなあ、ミントちゃんわっ!!

-

* とりあえず吼えたかったので吼えました。具体的に何がどうだったのかはまた明日ー。

* おやすみなさい。


ぱっぱぱぱぱぱぱ、ぱっぱ。

* ぱふ。

*

へむ2「みんな、盲点の時間だよ(ささやく様に)」
あずさ「・・・また今朝は普段にも増して訳が分かんないわねぇ」
へむ2「うむ。何せ俺にも分かってないからな。てーんちょーしゃーんのー、おーつかーいにゅー(ブルース調で)」
あずさ「何故歌う。て言うか、何でブルース調!?」
へむ2「さあ。頭に浮かんだもんをそのまま口にしてるだけなんで、俺にもよう分からん」
まるち「あの(^^; ひょっとしてお身体の方、かなり調子がよろしくないんですか?」
へむ2「にゅー。よかぁ無いなあ。ちょっと熱があって頭が痛くて吐き気がして歩いてっとぶっ倒れそうな気分になる程度だが」
まるち「た、大変じゃありませんか〜(^^;」
へむ2「まあ、仕事は出来るから大丈夫。とりあえず、れっつぅらご〜」

* とゆー訳で、バイトにごーです。いつもの様に途中でヤンマガも査収して、今週のちぃちゃん。

* んー、今週はちぃちゃんは脇役。主人公のバイト先の後輩がメインのお話です。

* で、その後輩、どーやら昔ケーキ屋店長と付き合ってたらしく。その時店長が後輩の為に作った服をちぃちゃんが着てるのを見て、『人間の女の女よりパソコンがいいんですか!?』と。

*

あずさ「・・・女の女?」
へむ2「『女の子』の事だと思われ。写植の指定間違えたんですな」

* まあそれはさておき。うーん、それって人間がどうこう、パソコンがどうこうって問題でなくて。

単に君に魅力が無ぇだけだと思うんだけどどうよ?(ぉ

* そーやって人様の話もろくに聞かんでぎゃーぎゃー騒ぎまくる態度じゃアナタ、愛想つかされても仕方ないんじゃないかちら? 前々からワタクシ主張してますが、いいから人の話はちゃんと聞かんかい。

* とゆー所で今週はおしまい。来週はアニメ化直前記念で巻頭カラーだそうですにょ。

-

* 今週のカイジ君。

* おっちゃんがゲロ吐きながらひたすらパチンコ打ってました。

* そんで、三段目のクルーンに玉がいった所で今週はおしまい。おそらくこれが最後のチャンスだと思われます。まー期待はしてないけど、頑張れおっちゃん。

-

* 昼。

* バイト先に着いた頃にはさらに体調が悪化してたので、まずは風邪薬処方してもらったり。こーゆー時便利だなあ、病院勤務って。

* そんで9時半から12時まで働いて今日のお仕事しゅーりょー。後はぐーすか寝てまちた。

-

* 夕方。

* だいぶ体調は良くなりました。薬の力って偉大だなぁと心の底から思いつつ、帰宅。

-

* 夜。

* 晩ご飯は卵粥を。あー、今日は朝からお腹の調子が悪くてろくに飯が食えなかったんで、染み渡りますなー(しみじみ)

*

へむ2「つーか、こゆ時で無いと食べないけどさあ。お粥っておいしいよねぇ」
あずさ「そうね。て言うか、やっぱりお米っておいしいのよね」
へむ2「まったくまったく。やー、お兄ちゃん、お粥があったらご飯何杯でもいけそうですよ?」
あずさ「・・・だったらお粥ライスでも食べてなさい、アンタは(−−」

* いや、冗談抜きでそのうちチャレンジしてみてもいいよーな気が(笑)<お粥ライス>覚えてたら明日にでもやってみよっと。

-

* さて。

* 晩ご飯食べて夜ぐる。まずはゲーム屋系。

* スクアドラ・ディ『まいむ』体験版まろみVer.公開。サイズ10MB。ちなみに『諸注意』によるとDirectX8.0a以降が必要っぽいんで注意です。

-

* すたじお緑茶『女神様』リディア番外編公開。サイズ10MB。

* は、いいんですけど。えー、この番外編って元々CDで配布されていた奴でして。『容量が大きすぎるからこのままじゃ公開出来ないにょ。マイナーチェンジするんで待っててにょ』とゆー訳で、本来3/4に公開される予定が今日まで延びてた訳ですが。

* ・・・結局、音データはCD-DAのまま。音楽聞きたい人は女神様のCDを入れてね、とゆー事に。つまり、変更点はCD再生トラックの指定を変えただけではないかと。

* ・・・・・・・・・・・・

何故それだけに2週間もかかりますかアナタ。

* 一体この2週間何してたのか、ちっとこっち来てはっきり答えやがりなさいコラ(笑)

*

まるち「あの、でも、もしかしたらCD無しでもプレイ可能な様にするのに・・・」
へむ2「元からCD無しでプレイ可能ですが、何か?」
まるち「・・・ええっと(^^;」
あずさ「プログラム本体も、何も手が入ってないわねぇ・・・」
へむ2「うむ、ファイルコンペアもかましてみましたが、変更があったのはスクリプト部分だけです。ホントに何やってたんでしょか、この2週間」

* まあ、好意的に考えるなら次回作の準備に忙しかった、となるんですが・・・どーなのかなあ。次回作、動いてる気配がまだ無いんですけど(笑)

-

* Studio e・go!『雪のとける頃に…』ミニシナリオ公開。主人公らが引っ越してくるあたりのエピソード、だそーです。サイズ28MB。

-

* いじょ、3つミラー済み。

* そいで後、viewsSELFISHの新作『Wish 〜 終わりゆく世界で 〜』デモ公開。いつものよーに分割されてるので、全部公開されたらまたネタに。

-

* 日記系その他ぐる。

* 日付が変わる直前くらいにうちサイト、19万ヒット。いつもありがとうございます、皆様。

-

* んー、いや、直リン自体は別にいいんですけど。ただ、その結果目的のもんが落ちてこなくなる、ってのは双方ともに不幸かなあ、と。そゆ訳ですんで、今後は今みたく裏ミラーの方にもリンク張っといてもらえれば嬉しいです。>俺ニュースさん

* ・・・しかし、世の中『Ripple』のデモを見たがる人があんなにいたんですな。その方が意外ー(笑)

#ユニークIP計算で1200ほど。別にそこまで気合いを入れて見んといかんデモでも無いと思うんですが(笑)

-

* おお、プレイされましたか(笑)<『』>はっはっは、ステキだったでしょー。何せ同じ人らで作った商業の『マテリアル・ガール』よりもよく出来ていると世間で評判げふんげふんげふん(笑)

* で、埋まらないCGは・・・ええと、どっかのステージ終了時にあるパラメーターがある値以上か以下だった見れる(←全然特定出来てません)んですが・・・まあ、明日まで待ってもらえりゃ攻略データくらい出せるかと。今は覚えてませんが。

* なお、嫌悪感0のエンディングに関しては『あーゆーのもあり』だとゆー事で(笑)

-

* うーみゅ、別に俺、受け渡し即離脱を考えてる訳でなくて。単に本気で何も考えてなかっただけなのですが(笑)

* まあ、あの時点では30日夕方以降の予定が確定してなかった、てのもあるはあるんですけど。基本的に状況に流されるままに流されてみようかな〜、と。

* で、今はもう30日、確定で夜まで他に用事入らない事になりましたのでー。ゆっくり話するならお付き合いしますよん。

-

* とりあえずぐるぐるここまで。後は昨日一昨日のテレビ話ー。

* ぱにょぱにょぷちこ。今回は『魔法のドレスでパーティーにょ!』。久々にでじこがお姫様っぽい事をします。そこにミケとリンナがやってきて、正体を隠すためにでじことぷちこが仮面をかぶってお出迎え。そっかー、すっかり忘れてましたけどでじこってお忍びで街に出てたんでしたっけ(笑)

* まあ、前半はそこそこ楽しかったです。後半、つーかオチはあんまし面白くなかったですが。

* んで、次回は『たのしい時間をつくるにょ!』と。

* 今週のぷちこコーナー。

* あー、ぐるぐる巻きにされてるぷちこ、かーいー(笑) 執事にケリ入れるぷちこもいいですなー☆

* そしてうさだは今回もやっぱり以下略。このまま最後まで、もう出番無いんですかねぇ(笑)

-

* ギャラクシーエンジェル、第十三話。

* ・・・いいのか、そんなオチで? てゆーか、本気でシャレにならん自体だと思うのですが。いいのか、おい(笑)

* ところで、やっぱり今回の事件、悪いのは全面的に嘘天然だと思います。てめぇ、やっぱ銀河壊滅の為に送り込まれた刺客じゃろ(−−メ

* 第十四話。

* ヴァニラ嬢、変。

* でも、それはさておき。

ミニギャラ激萌え。

* ああっ!! ミントちゃん、その着ぐるみ、サイコー!!! や〜〜〜ん、おまけに白目だし〜〜〜☆

『ほーねつーきカールビーを食ーべるでにょん♪』

* きゃー。いいなあ、ミントちゃん(笑)

* おまけ。

* 3/27に『ギャラクシーエンジェル オリジナルサウンドトラックZ』が出るそーです。

* が。

* 何故そのCMのバックに流れるのが『戦えぼくらの×××』ですか。それはそのCDにこの歌が収録されてるんだと解釈してよろしいんですか。だったら防御不能で買い決定なんですけど(笑)

-

* うにゅ。

* ほいじゃ今日はここまでー。さーて、ちょっと刺激されたので久々に『』プレイしてから寝ますにょー(笑)


おかゆライス。

* 忘れない様に覚え書き。つーかタイトルに書く事で自分を追いつめてみたり(ぉ

* てな訳で、後で腹減ったらちゃれーんじ。>俺様

-

* さて。

*

へむ2「それはそうとして。えー、今日は」
猪名川「まっるちっのたーんじょーうびー♪」
へむ2「温泉帰って家の手伝いでもしてろ温泉子パンダ。つーかいつ来た、おまい」
猪名川「ついさっきー♪」
あやか「おめでとねー、まるち〜」
せりお「おめでとうございます、まるちさん」
まるち「あ、はい。ありがとうございます、あやかさん、せりおさん」
へむ2「うわ、嬢まで。いつの間に」
あやか「ついさっきー♪」
せりお「正確には、37秒前です」
へむ2「むう。セキュリティがなってませんなマイ我が家」
猪名川「まあ、合い鍵持っとるからなあ、うち。他にどないなセキュリティかましても意味あらへん思うで?」
へむ2「・・・返せよ。鍵」
猪名川「まるちちゃん、おめでとなー♪」
まるち「はい、ありがとうございます、由宇さん(^^)」
へむ2「うわ、聞いてねぇし。えーい帰れ帰れ、とっとと帰って家の手伝いでもしてやがれこの財政難娘が!!」
猪名川「あ、それな。こないだ金持ち酔っぱライダーがよーさん銭落としてってくれたんで大解決。こっち来る銭くらいは余裕やで」
へむ2「むう? 何ですと?」
あやか「・・・ねぇ。その金持ち酔っぱライダーって」
猪名川「その節はどうもありがとなー、酔っぱライダースーパー1(ぽん)」
へむ2「むう、スーパー1か。そら確かに金持ちやな」
あやか「ちょっとー。何よそれー?」
あずさ「・・・ひょっとして、由宇、ぼったくり?」
猪名川「失礼な事言うたらアカンな。うちはあんたらがうまいもん食いたい、言うからうちで最高の料理と酒用意しただけやで。あ、ついでに部屋もいっちゃんええのやったけどな」
へむ2「つまりお値段もそれにあわせて最高やった、と」
あやか「ちょっとー。聞いてないわよ、私そんなの」
猪名川「何言うてんねんな。アンタ、ちゃんと明細みて金払うとるやん」
あやか「あの時は・・・ちょっと酔ってたからちゃんと見てないし」
へむ2「いやあやか嬢、そらーちゃんと確認せんかったアンタの負けやで」
あやか「む〜〜〜〜・・・」
へむ2「まあ、いいや。とりあえずその辺はさておき、おめでとう、まるち」
あずさ「おめでとう、まるちちゃん」
まるち「はい〜。ありがとうございます、ご主人様。あずささん(^^)」
へむ2「で、誕生日プレゼントなんじゃけどね」
まるち「あ、いえ、そんな。私はみなさんのお気持ちだけで〜(^^;」
へむ2「いやいや、それではこっちの気が済まん。とゆー訳でやね、まるち君。何か願い事を言ってごらん」
まるち「は?」
へむ2「願い事を言ってごらん。俺に叶えられる事なら何でも叶えてあげよーじゃないか」
猪名川「ほぉ。アレにしてはええ事考えとるみたいやなあ」
あずさ「・・・単にプレゼント考えるのが面倒くさかっただけにも思えるけど?」
あやか「あっはっは、そうかもねー」
へむ2「そこ。うるさいから黙りなさい。で、どーかね、まるち君」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、何でもよろしいのでしょうか?」
へむ2「おう。俺に出来る事ならねー」
まるち「それでは、あのー。今日一日、ご主人様の看病をさせていただけますか?(^^)」
へむ2「・・・にょ?」
まるち「ご主人様、まだお身体の方、完全には治っておられませんよね?」
へむ2「みゅう。そらまー、確かに。でも、結構元気ですよ?」
まるち「駄目ですよ〜。風邪は治りかけの方が大事なんですから〜(^^;」
へむ2「うにゅう。いやしかし」
まるち「ですから、寝てないと駄目です〜(^^)」
へむ2「・・・むう」
まるち「それで、その間のご主人様のお世話を、私にさせて下さい。駄目でしょうか?」
へむ2「いや、まあ、駄目じゃないけど・・・」
まるち「じゃあ、お願いします(^^)」
へむ2「・・・むう。分かりました」
まるち「はい。それではお薬飲んでお休みしましょうね、ご主人様(^^)」

* とゆー訳で、今日は一日寝てました。ぱぎゅ〜。

*

猪名川「・・・ところでやな」
あずさ「何よ? 由宇」
猪名川「・・・暇やな、うちら」
あずさ「・・・そうね」
猪名川「せっかく来たんになあ・・・まるちはアレに付きっきりやし。やる事あらへんやん」
あやか「まあ、しょうがないわよ。とりあえずお酒でも飲んでなさい。ほら」
へむ2「何やうちら三人揃うといつでも酒飲んでる気ぃすんなあ。嫌やわぁ、うちの清純派のイメージが狂うやん」
あずさ「・・・誰が清純派だって?(−−」
あやか「そうよー。清純派って言うのは私みたいなのを」
猪名川「言わんと思うで、うち」
あやか「わ。ひどーい」
猪名川「似た様な事うちに対して言うてるやろ、アンタも。あ〜〜・・・それにしても、暇やなぁ」
あずさ「・・・暇ねぇ」
あやか「また麻雀でもするー?」
猪名川「・・・いや、うちはええわ。なあせりおー、何やおもろい事あらへん?」
せりお「はい。どういった物をお望みでしょうか?」
猪名川「やー、暇がつぶせるんやったら何でもええんやけどな」
せりお「では、ボードゲームやカードゲームなどはいかがでしょう?」
猪名川「何か持ってんの?」
せりお「いえ、私は。ですが、へむへむさんが持っておられる筈ですので」
あずさ「あー、そう言えば何か色々持ってたわねぇ。やってるの見た事無いけど」
あやか「まあ、ボードゲームなんてある程度人数がいないと面白くないしねぇ。で、どんなゲームがあるの?」
猪名川「まー何でもええわ、いくつか面白そうなん持ってきてー」
せりお「はい。承知いたしました」

* と、ゆー会話を受けて久しぶりに家の押入あさってみたのですが。

* ・・・ええっと。

『上海トレーダー』『スコットランドヤード』がありませんよ?

* う〜〜〜みゅ。なくすのは痛いんですが、あの辺。俺・・・ひょっとして誰かに貸しましたっけ? ちょっとこー、覚えが無いんですが、心当たりのある方がおられましたら一言連絡くだちぃ。>リアルで付き合いのある知り合いの方

* ま、単に奥に埋まってるだけ、って可能性もあるんでもーちょい元気になったらまた探してみますが。はて、ホントにどこ行ったのかなあ?

-

* 夜。

* とゆー訳で、晩ご飯はおかゆライスです。

*

まるち「・・・本当に、それでよろしいのですか?(^^;」
へむ2「うん。やっぱねぇ、一度くらい食べてみたいじゃん?」
まるち「はぁ(^^;;; それでは、ご用意いたしますね」

* とゆー訳で、証拠写真。これだけだと画面が真っ白で面白くないので比較対照にマヨちゃん付きも。

*

まるち「・・・あの、本当によろしいのですか?(^^;」
へむ2「て、もうここまで準備しちゃったし。今から食べないなんて言ったらもったいないお化けが出てきますよ?」
まるち「それはそうですけど(^^;」
へむ2「ま、そーゆー訳で。んじゃ、いただきまーす(ぱく)」
まるち「どうですか? お味の方は?」
へむ2「・・・・・・」
まるち「あの?」
へむ2「・・・味がしねぇ」
まるち「はぁ(^^; やっぱり、そうですか?」
へむ2「いや、正確に言うとほのかな味はあるんじゃけど。何つーのかな。すっげ微妙
まるち「そうですか(^^; あの、それでどうなさいます?」
へむ2「あ〜〜〜・・・そうなあ。醤油とか塩こぶとか、持ってきて〜」
へむ2「はい。すぐお持ちしますね(^^)」

* まあ、そゆ訳で味はともかく。一つの食材で二種類の食感が味わえる、つーのは結構面白いですな。上にかけるのを白粥でなく卵粥だの梅粥だの、少し味の付いたのにすれば結構おいしい料理になるんではないかと。白粥でも醤油なりなんなりで味付けすればおっけーですな。

* ・・・しかし、そんな余計な味を付けずにおかゆライス食べれるんだから、あ〜る君ってやっぱ偉大だなあ(笑)

-

* さてさて。

* ちょっと元気になったところで夜ぐる。

*

猪名川「おー、やっと起きてきょったかー」
へむ2「おう。て・・・何やってるん、君ら」
あやか「んー? 暇だからねー」
あずさ「借りてるわよ、これ」
へむ2「いや、そらええんやけど。何で君ら、今更『スペースエンペラー』なんぞを?」
あずさ「今更、って言われても。私たちは適当に面白そうなのやってるだけだし」
猪名川「さっきまでは『ホラー・ナイト』やっとったんやけどなー。やっぱあーゆーんはせりおが強すぎてアカンわ」
へむ2「まあ、論理思考がすべてやからなあ、あれは。で、『スペースエンペラー』はどうよ?」
あやか「結構面白いわよー。なんて言うか、この身も蓋も無さが」
猪名川「せやな・・・て、うわ! ブラックホール!!」
あずさ「あ、らっきー。それじゃさっそく・・・て、こんな時にスペースアメーバだし(−−」
あやか「あっはっは。二人とも普段の行いが悪いから・・・あ゛」
せりお「超新星ですね、あやか様」
猪名川「ほっほ〜。さすが普段の行いのいい方は違いますなあ」
あずさ「ホントにねぇ。さすがだわー」
あやか「う、うるさいわね! せりお、やっちゃいなさい!!」
せりお「・・・申し訳ありません。貿易カードを引きましたので、今回は攻撃出来ません」
あやか「ああん、も〜。タイミング悪いわねぇ」
へむ2「いや、つーか君ら。それは単にカードの混ぜが足らんだけ・・・まあ、いっか」

* とりあえずゲーム屋系。

* ainos『ぽこぽこ軍将2』デモWeb版公開。サイズ28MB。

-

* GAMESPOT『ANGEL・CORE』デモ公開。えっと・・・にオフィシャルで公開されたのと比べてですね。高画質化されてはいますが、その分画面が小さくなってます(笑)。

*

へむ2「具体的に言うと、画面サイズが大体1/4に」
猪名川「・・・つーか、ホンマに中央部分切り取っただけやな? これ」
へむ2「うむ。メディアプレイヤー2枚開いて重ねてやっとよく分かるけど、ホントにカケラも縮小せんで切り取っただけですな」
あずさ「・・・何だかなあ(−−」
あやか「で、何。しかもいきなり公開停止になってんの?」
へむ2「なってますな。WMVの方はまだ公開されてますけど、MPGの方はあっさりアウトだすよ」
あずさ「最近そういうのが多いわね、GAMESPOT
へむ2「まあ、何かと話題沸騰な作品のデモばっか公開してますからねぇ。しゃーないですわ」

* で、そゆ状況のところで。ぐりぐりな人が『今日GAMESPOTにデモ渡してきたYo!』とかゆーてたり。うーみゅ、来週は来週でまた混雑しますな、GAMESPOT鯖(笑)

#つか、俺が入手する前にぐりぐりむびが公開停止されたらどーしよーかと今からドキドキです(笑)

* ま、それはともかくいつものよーにミラーする物はミラー済み、っと。

-

* デモ以外。

* エスクード

ちょっと待て満太郎。

* あえて呼び捨てで。毬藻がかわいそうだと思いなさい、少しは。てゆーか、そんなはとっとと捨てなさい。本気で危険ですがな、それ(笑)

* なお、後日リンク先を見られる場合は、3/19の『毬藻観察記 第5話』を探してくだちぃ。

-

* 日記系その他。

* カトゆー家断絶さんの所から、ミントちゃんハァハァ要チェック。

* 発売は4月予定、忘れるな。>未来の俺

-

* ういっす。15時にフレッシュジュース屋前・・・て、あの電気街改札口にあるアレですよね? りょーかいしました。

-

* もちろん俺もあ〜る君を想定していましたが(笑)<おかゆライス>まあ、味については上の方参照、とゆー事で。適度に味付けさえすれば、結構おいしかったですよ。

* 身体の方はまあ、何となく復活チックなのでご安心下さい(笑)

* さて。

* ぼちぼちいー加減本気でデモと体験版が溜まりまくってるので何とかしないとなあ、と思いつつ、今日はここまで。

*

へむ2「ところで、君はいいのかね。こんな夜遅くまで男んちで遊んでて」
あやか「うーん。でも、春休みだし」
へむ2「・・・俺はなあ、あんまし君がそゆ事してるとセバスチャンがなぐり込んできそうでヤなんだけどな」
あやか「あ、安心して。ちゃんとアリバイ工作はしてるから」
へむ2「う〜〜みゅ。そのうちバレそうなんじゃがのう」
あやか「あはははは。いいじゃない、それもスリルがあって♪」
へむ2「長瀬一族の絡んでくるスリルはきっぱりご遠慮申し上げたいのだが。ま、いいやあ。明日にはちゃんと帰りなさいね」
あやか「はいはい、それじゃ、おやすみー」
せりお「おやすみなさい、へむへむさん」
へむ2「ほいほい。あ、そーだ。まるちー、今日一日ありがと」
まるち「あ、いえ、どういたしまして〜(^^)」
へむ2「ん、そいじゃね〜」

* おやすみなさい。


今日はデモを見る日にしよう。

* と、言いつつその前に。ちこっと街に出て電撃大王を買ってきました。今月はいよいよ『あずまんが大王』が最終回。あー、時の経つのは早いもんですなあ(しみじみ)

*

へむ2「ま、ひっじょーに綺麗に終わっていい感じなんじゃないでしょうか、大王」
あずさ「・・・そういう言い方をするとまるで雑誌自体が終わるみたいに聞こえるからやめなさい」
猪名川「まあ、ある意味最初から終わってた雑誌やけどな」
あやか「あっはっはー。そうねー」
あずさ「・・・アンタらな(−−」
へむ2「まあ冗談はさておき。いい終わり方ですやね、これ」
まるち「そうですね(^^) 何だか、すごく心が温かくなります〜」
猪名川「笑ってさよなら、やもんな。ええなぁ」

* とゆー訳で。まあ『あずまんが大王』自体は綺麗に終わってていいなあ、と思うんですが。これでもう『よつばスタジオ繁盛記』が読めなくなるかと思うとおにーさん、本気で残念で仕方がありません(笑)

* 夏開始予定のあずま先生の新連載(・・・て、アレなのね)でも是非おまけ連載してもらいたい所なのですが。駄目かなあ。

-

* で、あずまんがのついでに新連載のげま屋漫画もぱらぱら読んで。

* あー。12才でも小学生でも。

うさだはやっぱり不幸だなあ。

* ・・・大変心が和みますな。やはりうさだはいい娘です(笑)

-

* さて。

* 帰ってきてぐる。ごちゃごちゃ色々と。

* ぱぎゅ? マジっすか!?Σ( ̄ロ ̄;)<D.O. の次回作TOUCHABLE製>うわ、ホントだ。TOUCHABLEって書いてある。うわー、うわー、俺、妖獣クラブのアレっぷりにいー加減愛想が尽きてD.O.の事、完全に見限ってたもんで全然新作チェックなんかしてなかったですよ。情報、どうもありがとうございました(^^;

* で、TOUCHABLE製とゆー事になればもちろん買いますです、はい。ですんで、もし事前に声優さん情報が出なかったらご報告しますね〜。

-

* にじこちゃん、2月末の新刊じょーほー。発売日は21日・・・て、明日ですな(笑)

* 内容は吸血鬼メイド陵辱物。ラストは全員惨殺エンドである事を望みます。つーかせっかく吸血鬼なんだからそれくらいやんなさい(笑)

-

* ぐりぐり。次回作のタイトルが『Gonna Be ??(仮称)』に決まったそーです。読み方は『ガナビー??』ですって。公式サイトも準備中、つー事で着々と動いてはりますな。頑張れー。

-

* んで、デモ公開情報まとめて。

* viewsで公開されてたSELFISH『Wish 〜 終わりゆく世界で 〜』デモ、分割ファイルが全部公開されたので統合して以下略。サイズ24MB。

-

* GAMESPOTぐりぐり『グリーン・グリーン』DVD版デモ公開。高レート版が23MB、低レート版が12MB。結構気に入ったので高レートも低レートも両方こっそり置いておきます。ナローバンドな方も是非に。

-

* すぺじゃに『電脳妖精エルファン』デモ公開。サイズ20MB。

* えー。

* 感想は後で書きますが、それだと間に合わん気がするので一応先に警告しておきます。デモ自体は普通ですが、流れてる歌はおねぃさんのロックバージョンです。なので、覚悟を決めて見てくだちぃ(笑)

-

* R.A.N Software『Rainy Blue - refrain -』デモ再公開。DVD版の発売に併せて、って事ですね。サイズ14MB。

-

* STONE HEADS/PIL『女郎蜘蛛〜真伝(まことがたり)〜』デモ公開。Flashなのでサイズは0.6MB、見るのにMacromediaFlash5Plug-Inが必要、つー事でご注意を。

-

* GAMELEX『青春18ラヂオ』デモ&『はっぴぃ〜ぶり〜でぃんぐ』デモ公開。『はっぴ〜』の方は前にどこぞで公開されてたのと一緒なのでパス。『青春』の方は・・・何や、『最後のイベント絵だけ違う』とかゆーびっみょ〜な差がありやがりますので一応ミラー。ほとんど変わんないんですけどね。

* あ、サイズは25MB。

-

* いじょ、全部で・・・いくつだ? とにかくミラーするべき物は全部こっそりミラー済み。

-

* さてさて。

* ほいじゃ、デモ見ますにょー。

-

* うにゃ、ちょっとだけぐる追記。

* ガールズソフトウェア『コミック カフェ』デモその3公開。リアルプレイヤー物でサイズは2MB。やっぱりこっそりミラー済み。

-

* で、デモと関係なくもう一つ。んー、ちょーっと複雑な気分ではありますが、げっちゅ屋。4/12に大阪に『なんば店』オープンだそーです。

* ・・・まあ、関西在住の方は一度くらい行ってみられてもよろしいのではないかと。まだ住所とかは全然分かんないんですけどね。

-

* ほい、そいじゃ話戻してデモ感想。今回から一定レベル以上で気に入ったデモには(☆)を付けてみる事にしましたにょ。まあ、『気に入った』つっても色んな理由があるんで単純にこれついてるからいいデモ、って訳じゃないですけど、付けとけば後で自分で見返す時楽なもんで。

* んじゃ、スタート。

* 下天の光はすべて犯人

* 画面サイズ320×240で画質最悪。んー、何て言いますか。PC-6001mkII版スペースハリアーをほーふつさせる四角さですな(笑)

* ゲーム内容は大体分かります。妖魔ハンター物、つーか端的に言うと出来の悪いドリームハンター麗夢って感じ。それも全年齢版じゃなくて性魔王が出てくるオレンジ版のほーの(笑)

* で、デモの感想ですが。悪い所としては、デモが終わった風に見せかけて終わらない所。んー、なんて言えば分かりやすいですかねぇ。これ、『三つのデモを一つにまとめた』みたいな作りになってるんですよね。そんな事せずに、最初の歌が終わった所でデモ終わらせといた方がいいと思うんですが。

* で、それだけだと何なのでいい所も。まず、歌は結構俺好みです。俺好みなので当然へたれてますが、結構カッコいいです(笑)

* そいで、途中でえろシーンサンプルも入るんですが、そこでヒロインのロリ眼鏡娘がちゃんと眼鏡をかけたままなのもポイント高く(ぉ 貧乳っぷりもですな、最近流行の『完全にナイチチ』でなくてホントに『小さい』って感じの所がなんかいい感じです(笑)

* ま、いずれにしろ画質の悪さが全てを台無しにしてますけどね。これでちゃんとした画質だったらまだ販促になったでしょーに。

-

* Wind -a breath of heart-

* 画面サイズ640×480で画質はさすがに綺麗です。で、演出も緩急の付け方が上手でよく出来たデモだな、とは思います。が。

ゲーム内容が分かりません。

* つーか、

俺はこれ見てゲーム買いたいとは思いません。

* ・・・これがアニメのOPだ、つーんならそのアニメは見てみたいな、って思うんですけどねぇ。んー。何つーか妙に完結してて、こっちから手を出せる余地が無いなあ、つー、そゆ印象が。何かねぇ、多分その辺がゲーム向きじゃないと思うんですよね、俺。

-

* 秘密

* EXE形式。なので画面サイズは640・・・いや、ひょっとして800×600ですか? まあそんな感じなんで画質はいいです。起動するとメニュー画面になって、『体験版』とかほざきやがるのでちょっとビックリしますが(笑)、中身はただのオートデモ。

* 内容は各キャラ紹介&えろシーン一つづつ紹介。特にどうと言う事のない内容ですな。

-

* めいでん☆ブリーダー

* 画面320×240。画質はそこそこ。で、ゲーム紹介用デモなのでさすがにゲームの内容はよくわかります。どうやらSLG画面で能力値をあげて、芸を披露するのが目的なよーです。

* ・・・ひょっとして、ホントにペット扱いですかこの娘ら(笑)

* まあでも、それなりには面白そうですし、チビキャラのちまちまして動きも結構可愛いかなあ、と。買うか買わないかはまだ微妙ですけどね。

-

* Ethos 〜天使の降る場所〜

* 画面320×240の画質・・・ちょっと悪い? ゲーム内容は良く分かりません。

* つーか、ちっとも印象に残らないデモです。次。

-

* 鬼哭街

* 画面320×240の画質はあんまし良くないですな。ゲーム内容は、懇切丁寧に説明してくれてるので良くは分かるんですが、ちょっとナレーションうざいっす(笑)

* まあ、それでも主人公とかかなりカコイイし、女の子達はみんなロボ娘だったりするし。やー、いい感じなんですけどねぇ。

* ・・・すみません。今、俺、ちょっとこれ見ると某所で話題の『電光石火鬼哭ガイ』が頭に浮かんできちゃって大爆笑。まともに見れんので次いかしていただきたいと思います(笑)

-

* Battle Raper

* 画面320×240で画質はそれなりに良し。

* えー。

何かホントに戦ってやがります。

* どーやら、『格闘ゲームとエロゲーの融合』とかいうお題目は本気だったよーです。でも、デモにえろは無し。服が破けるシステムとかそこら辺もちゃんと見せて下さい、どうせなら(笑)

-

* サクラ大戦4〜恋せよ乙女〜

* 非18禁作品なので俺の守備範囲外ですがまあ一応。

* 画面720×480で画質良し。ゲーム内容は・・・正直よく分かるとは言い難いですけど、まあ、今更サクラ大戦にそれ求めるのもアレですし15秒CMなんだから限界もありますし。何か女の子が妙な人型機械に乗って戦うんだな、とだけ分かればそれでおっけーで無いでしょうか。

* とりあえず、やっぱり光武は格好いいなあと、それだけで俺的にはおっけい。

* ああ、後、さくら君は相変わらず凛々しくっていいですな。うん。アカレンジャーは出て来なくていいけどナー。

* ・・・つーか君ら弱いのに。わざわざ巴里から出てくる必要、あんの?(笑)

-

* 百姫

* 画面400×300、画質悪し。ゲーム内容は・・・うーんと、廃墟になった無人島でアドベンチャー。きっと陵辱があったり陵辱があったり陵辱があったり陵辱があったり陵辱があったりしながら謎を解いていくのでしょう。

* それなりには雰囲気の出てるデモですが、なんていいますか・・・いわゆる『CG』な部分と『3D処理』な部分の落差が激しいですね。違和感がありまくりです。下手にキャラの絵出さすに最後まで通した方がいい感じになると思うんですが・・・そうもいかんのですかねぇ。

* ま、結構謎が謎謎してて楽しそうではあるんですけど。買う気にまではなれないですね。

-

* 鬼医者

* EXE形式で640×480、画質良し。ゲーム内容、細かい所はさておきとにかく陵辱系。

* で。

キャラ多すぎ。

* ・・・そのせいで一人一人の印象が薄いです。いや、まあ、ゲーム本体がそうなんだからデモに文句付けても始まりませんけど。これだと誰も印象に残りませんなあ。

* 演出に関してもソツ無くまとまってはいますけど、特に目を引く所もなく。次のデモ行きましょうか。

-

* Ripple

* Web版は320×240で画質悪し。CD版は640×480で画質良し。ゲーム内容はよう分かりません。

* えー、で。世間で話題沸騰のこの歌ですが。俺の耳にはまだ破壊力が足りなく聞こえます。こー、はじけ方が足らん、つーか音楽と調和しすぎ、つーか。ん〜〜〜、極めて惜しい感じです。

*

へむ2「あー。つーかアレか。歌はともかく、合いの手が静か過ぎるんだな、これ」
あずさ「・・・静か?」
へむ2「静か。『いえーい』のとこなんか他の音が聞こえないくらいまではじけてくれんとお兄ちゃん寂しくっていかんよ」
あずさ「う〜〜〜ん・・・まあ、アンタの趣味からしたらそうかもしれないけど」
へむ2「とにかく、こじんまりとまとまりすぎなんよなあ・・・もっと馬鹿やってくれりゃあいいのに」

* んで、歌の事はそれでおいておいてデモ本体。ゲーム紹介デモとしては赤点ですが、歌のプロもムービーとしては合格でないかと(笑) 歌に合わせてきっちり仕上げられてて好感度Upです。

* ただ・・・ただ・・・う〜〜〜、デモの出来自体とは関係ない話なんですけど〜、ちょっとこー、どーしても言っておきたい事が二つ。まず一つ目。

赤毛ポニテ出てくるな。

* いや、別にポニテが悪い訳じゃなくて単にキャラの名前知らんからそう呼ぶだけですが。ものごっつ正直言わせて貰って、このキャラだけ何つーか造形的な『質』が違います。そりゃー、ゲンガーが違うからしゃーないっちゃしゃーないんでしょうけど、もんのすげー違和感。なまじっかパケ絵が普通なだけに立ち絵のインパクトときたらそりゃーもう。何とかして下さい、ホンマ。

* で、二つ目。

ロリキャラ二人のえろシーンはどーした。

* ・・・ひょっとして攻略対象じゃ無いんですかこの二人。だったらそれはそれで詐欺だと思うんですが、ど^ーですか(笑)

* まあ、色々書きましたがとりあえずこの辺で。次いきましょう。

-

* まお〜っ娘クライシス

* 画面320×240、画質あんまし良くないです。で、ゲーム内容は大体分かります。なんせナレーションがほとんど全部説明してくれてるもんで(笑)

* で・・・そうですねぇ、演出的にはそんな目を引く所は無いです。歌を思い切りないがしろにしてナレーションが入ってきやがるあたりなんかは珍しいっちゃ珍しいですが、個人的にはもっとちゃんと歌を流していただきたい所ですな。けっこーいい感じのへたれソングに思えますので(笑)

-

* メイドハンター零一★のらメイド★(☆)

* ロングバージョンとショートバージョンがあって両方画面は320×240の画質はあんまし良くないです。えーと、ショートバージョンはロングバージョンから一部抜き出し、になってるので今回は言及せず、ロングバージョンの方だけで。

* ・・・とは言う物の、何から言及した物でしょうか。えーとえと、んじゃまず、リアルタイム突っ込みを。ほい、スタート。

* 前半。

* 何だそのローマ字の字幕は(笑)

* いや、『帝国/同盟』って言われても。えーと、銀英伝?

* 『メイド砲』って何なんだ、『メイド砲』っておい(笑)

* ・・・やっぱり銀英伝?

* 後半。

* 首輪ー、首輪ー。

* あー、パタリロ走りな巫女メイド、ナイス(笑)

* デフォルメ巫女メイドもいいなあ。ぷんすかぷんすか。

* おー、チャイナメイドの構え、何かカコイイ。

* でもニャン♪

* 巫女さんの生ちちー、生ちちー(笑)

* えーと、下でパラパラ踊ってるメイドダンサーズが非常にいい味出してると思うのですがいかがですか?(←誰に聞いているのか)

* おお、ナースメイドの目つき、凶悪でグッド(笑)

* ドリルー、ドリルー♪

* わたわたー、わたわたー。巫女メイドわたわたー♪

* ないワン!

* ふむ。えろも結構濃そうですな。

* おしまい。

* ・・・え〜〜〜と、つまり。かなり本気で気に入りましたよ俺様。やー、ゲーム内容は『ある日空からメイドさんが降ってきて大騒動』くらいっきゃ分かんないんですけどね。こんだけ愉快ならもうおっけーですよ俺的には(笑)

* 長くなったのでこの辺で。次。

-

* 女教師二十三歳(☆)

* えーと、オフィシャルで公開されてたのとGAMELEXで公開されてたのがあって。えーと時系列に従ってまずはGAMELEX公開版から。

* 画面サイズは320×240で画質良し。ゲーム内容は・・・ええと、『原作:綺羅光』って時点で個人的には大体分かっちゃうんですが(笑)、まあその辺差し引いてもCGと画面に出てくる文字だけで十分理解は出来るかと。つまりとにかくえろえろで陵辱だとか墜ちるだとかそー言った単語がよく似合うお話、つー事ですな。

* 演出的には特に見るものがある訳じゃありませんが、ある意味人様の購入意欲を刺激するデモですな。つか、えろくてナイス。

* 次、オフィシャル公開版。

* 画面サイズは320×240。画質はかなり悪し。あーでも、こっちのデモ、めっちゃカッコえ〜。

* いや冗談抜きで。情報の出し方が上手、つーか『字』の使い方が上手。そんで緩急の付け方も上手です。俺がこういう『かかかーん』って感じの映像が好きなんもありますけど、それ抜きにしてもかなり上手だと思いますにょ。

* 惜しむらくは画質が悪すぎて字はともかく絵は何が何だかわかんなくなってる所ですか。高画質版が欲しいなあ、これ。

* 後、最後の

『駄目なのよ・・・一緒に、墜ちていくしかないの、先生が・・・ずっとついていてあげる』

* つーセリフも雰囲気が出ててナイス。うーん、買う気無かったんですけどデモに免じて買っちゃおうかなー、これ。

-

* 咎〜ケガレタシズク〜

* 画面320×240の画質結構良し。ゲーム内容は・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* ・・・歯車?(ぉ

* すみません。他に印象に残らないです。次。

-

* AS〜エンジェリックセレナーデ

* これも非18禁ですがなんとなく。

* 画面320×240の画質それなりに良し。ゲーム内容は記憶をなくした? にーちゃんがどーにかこーにか。歌がどーにかこーにか。うーん、よく分かんないですけど最後は感動的に終わるんでしょう。多分。

* 特にどうという事の無いデモだとは思いますが、最初の黒バックに文字がわらわら出てくる所。そこでミックスされてる色んな声がいい感じですな。意味が取れそうで取れなくて。

-

* 淫乱OL −悶え泣く−

* EXE形式で640×480の画質良し。内容はえろえろ。それ以上でもそれ以下でも無いですな(笑)

* 主人公が三人いて、誰を選ぶかでシナリオが変わる、つーあたりがちょっとだけ面白そうです。少し癖のある絵なんでその時点で人を選ぶかとは思いますが、ワゴンセールでなら買っても損しないかなー、ってそんな気がしますね(笑)

-

* 青春18ラヂオ

* 今回は音声付きバージョン。音声無しバージョンの感想はこっちに。

* で。

* 画面320×240の画質良し。基本的には音声無しバージョンと同じ・・・つーかホントに声が入っただけなんですけど。うーん、声が入ったせいで逆に画面の動きがせわしなく感じられますなあ。これ、声が無い方がいいと思います。

* 他には特に変更点も無いのでこの辺で。また、音声無しのCDちょっとだけ入れ替えバージョンに関してはホントに最後のえろCGが普通のCGに変わってるだけなので特に言及しません。しっかし、なんだってこんなに『ちょっとだけ変更バージョン』作ってるんですかねぇ?

-

* 水月

* 画質はいいです。が。

妙な画面サイズはやめれ。

* 何なんだ、640×320って。何考えてこんなサイズにしたのか、ちょっと担当者出てきて説明しなさい。このせいでうちのデスクトップじゃちゃんと見れねぇんだぞ(笑)

* で、ゲーム内容。良くは分かりませんが、ループ物か前世物。そんな所じゃないかなあ、って気がします。

* デモは謎だけふりまいて終わってますが、まー多分ゲーム前半もこんな感じなんでしょう。そゆ意味ではゲームの紹介として的確なんかもしれませんが、これではおにーさんの興味は引けません。とりあえず、あの孕ませ希望娘が人外なのか人間なのか。それだけでもはっきりさせてもらいたい所ですな。それによって対応が変わりますし。

*

猪名川「人外やったら?」
へむ2「基本的に滅殺する方針で」
あやか「人間だったら?」
へむ2「基本的に滅殺する方針で」
あずさ「・・・変わらないじゃない(−−」
へむ2「いや待て。それは違う」
あずさ「何がよ?」
へむ2「人外を滅殺するのは愛故の行動である。が、人間を滅殺するのは愛以外に根ざした行動であるぞ」
あやか「そういう物なの?」
へむ2「そういう物だ・・・て、あやか嬢。何で君、ここにいるかね。帰れ、つったろーが」
あやか「いや、ほら、一応挨拶してから、って思ってたら、デモ見に熱中しちゃうし。しょーがないなー、って思ってる内に寝ちゃってね? さっき起きてきたのよ」
へむ2「むう。しょうがねぇなあ、んじゃ夜が明けたら帰りなさいね」
あやか「はいはい。夜があけたらねー」

* ちなみに後1時間ちょっとしたら太陽が昇ります(ぉ なーんでこんなに時間がかかってるんでしょか(笑)

* てな訳でちょっとスピードアップして、次。

-

* V.G.Re-birth ダッシュ

* 画面240×180の画質かなり悪し。なーんでこの画面サイズでこの長さでこのファイルサイズでこんな画質なんだか・・・

* で、ゲーム内容。これだけだとよく分かりません。が、キャラの紹介も無きゃそもそも竹内と新キャラとレイミしかまともに出てきてねぇ、つーあたりで、手を抜きまくった代物である事はよく分かります。

* ・・・まあ、どーせ特典だけで売るつもりなんでしょうけど。もーちょっとこー、誠実なお仕事した方がいいんでないかい、と遠くから小さな声で忠告だけしておきたいと思います。まる。

-

* ANGEL・CORE

* オフィシャルで公開されてたのは画面640×360で画質悪し。GAMESPOTで公開されてたのは画面320×184で画質良し。

* なんですが、GAMESPOT公開版はオフィシャル公開版デモの中央部分だけを切り出した代物で、正直こーゆートリミングはよろしくないとおにーさん思います。画面の隅にだって情報はあるんですからー。むげに切り取っちゃ駄目っすよ。

* とゆー訳で、オフィシャル公開版だけ見て評価。まずゲーム内容。えーと、部隊は戦争中のどっかの国で? 運命に素直に従ったり逆らったりしながら必死に若者達が生きているよーです。きっと何人かは死ぬのでしょう。ジャンルが『ミリタリーADV』とか出てるんでアドベンチャーなのは間違いないみたいですな。

* で。

* ・・・う〜〜〜ん。ヒロインだと思われる娘さんの軍服が脱げた後の目つきが結構好きなんですが、他には特に言及すべき所も無いですね。次。

-

* ぽこぽこ軍将2

* EXE形式、640×480の画質良し。Web版だとちょっと演出がカットされてるんでCD版の方で話進めます。

* で。

『はーじーめーてーかーんーじーたーふーしーぎーなーでぃすてぃねいしょーん♪』

* ・・・グッド!Σd(>ω<)

* えー、この『今回の生け贄』とか言われてる眼鏡で貧乳で横お下げなお嬢さんがなかなかナイスです。一部えろシーンで眼鏡はずしてる上に髪おろしてるのが納得いきませんが、まあそれでもこの娘の為だけにこのゲームを買う、とゆーのもいいでしょう(笑)

* あ、デモ自体は半分作中のアニメの紹介みたいになってるんでそんなに面白くないです。ゲーム紹介としてはばっちりなんですけどね。

-

* Wish 〜 終わりゆく世界で 〜

* 画面320×240で画質かなり悪し。

* で。

* ・・・むび起動するといきなり、

『26万8千443ワードの膨大なシナリオ』

* とか出てきやがります。タイトルその他よりも先に。よ〜っぽどテキストに自信があるよーです。ほっほ〜。

* とゆー訳で、その自慢のテキストがどんなものか、デモに流れてる文章を書き写してみました。だってオフィシャルには何の情報も無いから分からないですし。一部、どうしても読みとれなかった部分もありますが、大体こんな感じの文章です。

20XX年、日本政府は突如現れた“魔物”と呼ばれる異形なる姿、人知を越えた能力を持つ生き物に遭遇、その大きな犠牲の代償に、“魔物”の一部の生け捕りに成功した。

その後、政府の特務機関は極秘裏に民間の研究所と提携し、あるプロジェクトを始動する。それは先の魔物の体組織から抽出した未知のウイルスを人間に投与する事によって人工的に超進化させる計画(プロジェクト“HI”:Human Infinity)であった。

同時に、プロジェクト発足当初から失敗実験体を葬りさる暗殺部隊(通称:魔女狩り部隊)が設けられた。事故による民間人へのウィルス感染が認められた場合、その手段、○○を問わず、“除去”する事が許可されている。彼らは、特殊製腕輪型探知機により感染者を割り出し、人知れず速やかに暗殺(魔女狩り)を繰り返すのだった。

* えー。

* とりあえず、『その大きな代償』の『その』は何を指してんだよとかわざわざ『超進化』なんて造語を使う必要あるんかなあとか全角英字ってどうよとか一つの文章内で『ウイルス』と『ウィルス』、両方使われてるのってマズくねぇかとか『特殊製』って言葉はあんまり使わないんじゃないかなあとか、ぱっと見ただけでも突っ込みたくなる所があるのですけどワタクシ。

*

へむ2「まあ、全部細かい所ではあるけど。けど・・・」
猪名川「・・・細かい所をちゃんと出来ん人間に長文書かすも、なあ」
あやか「でも、エロゲーのテキストなんて、ちゃんと書けてない物がそれなりにあったりしない?」
へむ2「あるよ。誤字脱字なんてザラだし、正直その事自体は責める気無いさ。無いけどよう」
あずさ「ああまで自信たっぷりに売りにするんだったら、ちゃんとしたテキスト書いて貰いたいわねぇ」
へむ2「そゆ事ー」

* まあ、しょせんこれだけの文章からの推測ですし。俺の国語力だってそう誉められたもんじゃないですから見当はずれな事言ってるかもしれませんし。ゲーム本編ではすごくナイスな文章なのかもしれませんよね。うん。

* ・・・ちなみに、ウィルス使ってあーだこーだやる様な危険な『極秘実験』を、『事故で民間人に感染が起こる』よな管理の甘い環境でやるんじゃねぇ、と言った設定に関する突っ込みはやめておきます。はいはい、いいゲームになるといいですね。

* あ、デモ自体は特に見るところの無い物でした。次いきましょ、次。

-

* グリーン・グリーン(☆)

* DVD版のOP。画面384×288・・・て、また変なサイズを(笑) まあ、4:3ですから問題はないですけど。

* で、画質良し。ゲーム内容は・・・う〜ん、これだけだとちょっと分かりにくいですかね? 何か学園物で緑の多い場所が舞台で、ってのは分かると思うんですが、それ以上は難しい気が。

* ま、でも俺、こーゆーきゅいきゅい動くデモ、好きです。ピンボケやモザイクの使い方も効果的で、『見せたい所』に視線を集中させるのにかなり役に立ってるかと。

* ・・・う〜〜〜ん。しかし何ですな。これ見てて思うんですが、やっぱりこー、ぐりぐりって面白そうですよねぇ。俺もとっととプレイしないとなあ・・・プロローグやったまま、ほっぽらかしてるもんなあ(苦笑)

* うにゅ、まあそれはさておき次。

-

* 電脳妖精エルファン

* ・・・ええっと。

おねぃさんがサイコー過ぎてデモが頭に入ってきません。

* いやマジで。とりあえず音消して絵だけ見る事で解決しましたけど(笑)

* えー、で。画面は320×240の画質は良し。ゲーム内容は大体説明してくれましたんで分かります。ネットの世界に入って『ネットカイザー』とかいうんと戦うんですな。

* デモ自体は・・・まあ、そんな大して語る所は無いんですが・・・一つだけ。

歌とカケラも合ってません。

* 合わす努力を放棄した、つーより、このデモって本来オリジナルバージョン用に作られてるだろって感じです。それを急遽ロックバージョン用にちょっとだけ作り替えたー、って感じでー。

* ・・・スタッフさん、ロックバージョン聞いてる内におねぃさんに洗脳されたんでないかなあ(笑)

*

へむ2「いや、冗談抜きでさあ。このロックバージョン、ずっと聞いてるとオリジナルバージョン聞けんくなるよ」
あずさ「・・・分かったから、もう聞くのやめて次行きなさい(−−」

* 結構本気でマズいので、次、行きます(笑)

-

* Rainy Blue - refrain -

* EXE形式、640×480の画質良し。えーと、線画に色塗ったりする所とかけっこーいい感じのデモではあるんですが、ごめん、さっきがさっきだったもんで今頭に入ってきません(笑)

* ま、ふつーのインパクトなふつーのデモだ、つー事で。あ、ゲーム内容はよく分かんないです。

-

* 女郎蜘蛛〜真伝(まことがたり)〜

* FLASH物。んー、画質はいいですが、これって画面サイズはどう測ればいいのかな。とりあえず640×480くらいなサイズに見えます。

* で、ゲーム内容も大体は分かります。大正な世界で調教物。絵は昔と変わってる・・・と思いますがちょっと記憶があやふや。イベントもエンディングも増えてるとかで、別物の心構えでプレイした方がいいかな、と。

* 後は特に何も無いデモです。次。

-

* コミックカフェ(☆)

* デモその3。今回もやっぱりリアルプレイヤー物で、ええいだからおにーさんリアルプレイヤーは嫌いだと(笑)

* ま、とりあえず見て・・・

『いーつもーおかねなーくてー♪ いーつもーおなかすーいてー♪』

* 大敗北。

* すみません、俺が悪かったです。ゲーム、買わさしていただきます。やー、まさかそんなステキなへたれソングを隠し球で持ってはったとわ(笑)

* あ、デモ本体ですが。画面は小さくて画質も良くは無いです。ゲーム内容はこれだけじゃよく分かりませんが、まあもう3つ目のデモなのでそれは気にしなくてもいいでしょう。

* 個人的には歌とデフォルメキャラのコミカルさとで十分満足なデモでした。

-

* いじょ、全部で・・・ええと、いくら見ましたか俺? えーと、ちょっと後でまとめますんで、とりあえずここまでUp。一辺風呂にでも入って頭すっきりさせないと数える気にもなりゃしませんや(笑)

-

* とゆー訳でお風呂入ってさっぱりした所で数えてみました。えー、今日見たデモの数は28個、と。

* ・・・・・・・・・・・・

* ええっと、俺、前にデモ見たんが3/3なんですけど。そん時確か溜まってる貯金全部吐き出した筈なんですけど。何でそれからたかだか18日かそこらでこんなにデモが溜まってるんでしょーか(笑)

* うーむ。なんぼなんでもこー、溜まりすぎ。いや、俺の怠慢だけでなく、世間のデモ公開度が確実に上がってますよ? これはやっぱり・・・一週間に一度くらいはデモ見る癖、付けといた方がいいんですかねぇ。

*

へむ2「ちなみに、実は今日のでは省きましたが他に体験版も5つか6つ」
あずさ「・・・無かった事にしときなさい(−− て言うか、せめて今日は忘れときなさい」
へむ2「むう。やっぱり?」
あずさ「そこまでやってたらまたろくでもない時間がかかるでしょうが。やめときなさい(−−」
へむ2「にゅ。じゃあまた、時間のある時にー」

* ま、それはさておき。以上、今日のデモ部活動でした。まる。

*

あやか「うん、それじゃあ、ちょうど朝にもなったし、私たち帰るわねー」
へむ2「おお、ゴメンねぇ、こんな時間まで付き合わせて」
あやか「あはははは、気にしないでー。私が寝ちゃったせいもあるんだし」
へむ2「そぉ? すまんねぇ、ほいじゃ」
あやか「はーい・・・て、せりおは?」
へむ2「あれ? そーいや、夜も姿見なかったねぇ」
まるち「すみませ〜ん(^^; ちょっと、私がせりおさんと話し込んでいたもので(^^;」
せりお「・・・申し訳ありませんでした」
あやか「あ、せりお」
へむ2「何、ひょっとして一晩ずっとまるちと一緒に?」
まるち「すみませんでした(^^; あの、色々とせりおさんに教えていただいていたものですから〜」
せりお「いえ、私こそ」
へむ2「そっかー。良かったねぇ、せりお(なでなで)」
せりお「申し訳ありませんでした」
あやか「ううん、気にしないでいいわよ、せりお。よかったわね」
せりお「・・・ありがとうございます」
あやか「さ、それじゃ帰りましょ。ね?」
せりお「はい、あやか様」
まるち「また遊びに来て下さいね、あやかさん、せりおさん(^^)」
あずさ「またね、あやか、せりお」
へむ2「セバスチャンにかぎつけられない程度に、また遊びにおいでなー」
あやか「はーい、それじゃね〜♪」
せりお「失礼いたします、皆様」
へむ2「・・・ふにゅ。さて、ほいじゃあやか嬢らが帰った所でー。俺らも、出かけますかねー」
あずさ「そうね。もう時間だし・・・ああもう、結局徹夜なのよねぇ」
へむ2「すまんのう、あずさ君。もーちょい早よ終わるか思うたんじゃけど」
あずさ「もういいわよ、済んだ事だし。ほら、せめて朝ご飯食べてから出かけなさい」
まるち「あ、それじゃすぐ準備いたしますね(^^) ・・・ええっと、あの、由宇さんは?」
へむ2「ああ、猪名川は事情により先に出てる。だから俺とあずさの分だけでいいよ」
まるち「そうなんですか? 分かりました、それでは〜(^^)」
へむ2「さって、それじゃあ、飯食ったら拗ねてるであろーお姫様向かえに行きますかねー。くっくっく♪」
あずさ「この悪魔(−−メ 素直に祝ってあげればいいのに」
へむ2「やー。せっかくだから、驚かせるのー♪ くっくっくっくっく、楽しみー♪」
あずさ「・・・まったくもう(−−」

* はい、それじゃあここで日付切り替え。以下、明日の日記(もう今日ですが)に続くー。

-

* ・・・と、そうそう。忘れてたので最後に一つ。えーと部長様、ホントにデモウォッチ用のテキスト書かなくって大丈夫ですか? 何やったら俺、ホンマに自分の分くらいは自分で書きますけど? 正直、28個って大変ざんしょ?(笑)


一日遅れの誕生日。

* とゆー訳で、昨日は詠美ちゃん様のお誕生日でした。

*

へむ2「(ぴんぽーん)えーいみちゃーん、あーそびーましょー♪」
あずさ「・・・・・・」
まるち「・・・・・・」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・出てこないわねぇ」
へむ2「むう。えーいみちゃーん!(ぴんぽーん) あーそびーましょー!!(ぴんぽぴぽーん)」
まるち「ご、ご主人様(^^; あの、連打は」
へむ2「えー!(ぴぽぴぽぴぽーん) いー!(ぴぽぴぽぴぽぴぽーん) みー!(ぴぽぴぽぴぽぴぽぴぽーん) ちゃー!(ぴぽぴぽぴぽぴぽぴぽぴぽーん)」
えいみ「うるさーい! あさっぱらからなんなのよ、ばかーーーーっ!!!」
へむ2「やあちゃん様、おはようございます〜」
あずさ「いや、そこで何も無かったかの様な顔で話進めるのもやめなさい、アンタ(−−」
へむ2「さ、行きましょうかー♪(がしっ)」
えいみ「え? え? ちょ、ちょっとどこつれてくのよー!?」
へむ2「まあまあ、その辺は行ってのお楽しみー(ずるずる)」
えいみ「はなしてよーーっ!! ひとさらいーーーーっ!!!」
へむ2「はっはっはー。楽しみですね〜♪」
あずさ「・・・今日はまた一段と人の話聞いてないわね、あれ」
まるち「と、言いますか、わざと聞こえないフリをされてますね(^^;」
あずさ「まあいいわ、私たちも行きましょ、まるちちゃん」
まるち「あ、はい〜(^^)」

* とゆー訳で、浅草橋。

*

へむ2「じゃーん。到着〜♪」
えいみ「・・・ふみゅう? なに、ここ?」
へむ2「ふっふっふ。ちゃん様のお誕生日をお祝いするために! 今日はこれだけの方がお集まり下さってます!!」
えいみ「・・・へ?」
あずさ「『一日遅れの誕生日』って言ってね。今日はえいみが主役なんだって」
えいみ「・・・・・・」
へむ2「とゆー訳でー。お誕生日おめでとうございます〜♪」
えいみ「・・・・・・」
へむ2「ちゃん様?」
えいみ「おそいわよ、ばかーーーっ!!!
へむ2「はっはっはっはっは、ごめんなさ〜い。ほら、プレゼントも用意いたしましたんで、お許し下さいえいみちゃん様」
あずさ「・・・偉そうなんだかへりくだってるんだか。何だか妙な余裕があるあたりが癪にさわるわね」
まるち「まあまあ、あずささん(^^;」
えいみ「わ、わたしのたんじょうびなんだからプレゼントよういするなんてとうぜんよ! そ、そんなのじゃごまかされないからねー!!」
へむ2「にゅう。じゃあ、どうすれば許していただけますか?」
えいみ「え、えっと・・・」
へむ2「分かりました。んじゃ、後でいい所ご案内しますからー。それでどでしょ?」
えいみ「いいところ?」
へむ2「いい所。どですか?」
えいみ「・・・わ、わかったわよ。でも、つまんないところだったらひどいからね!!」
へむ2「ほいほい。んじゃ、ほら、みなさんがお待ちですよ。ささ、あちらに」
えいみ「う、うん・・・」
猪名川「ちょーっと待ったぁっ!!
えいみ「ふみゅ? あーーっ!!
まるち「あ、由宇さん」
猪名川「ふっふっふ。勘違いしたらアカンでー、えいみー」
えいみ「な、なにがよ?」
猪名川「今日ここにおる連中の半分は、アンタの為やない。うちの為に集まっとるんや!!」
えいみ「な・・・なにいってんのよー!! きょうは、わたしの・・・」
あずさ「いや、あのね。由宇の言ってる事も本当なの」
えいみ「ふみゅ!?」
あずさ「会場の半分はね、『同人一直線!』って言って、由宇のイベントなの」
えいみ「・・・ふみゅう?」
猪名川「つー訳でや! 今日はうちとアンタのタイマンやでー。盛り上がった方が勝ちなー。くっくっくっくっく」
えいみ「な・・・なによなによー!! まけないんだからーー!!」
猪名川「へっへーん。うちかて今日の為に色々準備して・・・」
みなみ「あらあら。だからって机の上に登っちゃ駄目でしょ、由宇ちゃん」
猪名川「ま、牧やん!?」
みなみ「悪い子は、出禁にしちゃおうかしら♪」
あずさ「・・・うわ」
猪名川「すんまへんごめんなさいうちが悪かったです許して下さい南大明神様」
みなみ「分かればいいのよ、由宇ちゃん。皆さんも、ちゃんとルールを守って楽しんでいって下さいね♪」
へむ2「ういっす。やー、今日は大変でしょうけど頑張ってくださいね、みなみさん」
みなみ「大丈夫ですよ。皆さん、いい人ばっかりですもの。へむへむさんも、楽しんでいって下さいね」
へむ2「はーい。そいじゃ、さっそく楽しませていただきますにょー」

* いや、実際の会場はかなりマターリした良い空間だったんですが(笑)

* とにもかくにもふらふらと。久々の同人イベントだったので空気を満喫しつつ、何故か一番最初に買ったのギャラクシーエンジェル』の同人誌だったりしたのは秘密です(笑)

* で、買うもん買って離脱。

-

* 昼。

* とりあえず秋葉原。新装開店な駅ビル行って本屋チェックなんぞをしてみたのですが。

使えませんなあそこ。

* みゅー、なんて言いますか、『広く浅く』な品揃えでちょっとマイナーなもん探すとめっかりません。そらー、いわゆるおたく向け商品のスペースは広いですけど・・・広いだけですな。

* 一番アレだなあ、って思ったのが新書サイズえろ小説のコーナー。えろげーのノベライズばっか置いてあって、二次元ドリームノベルズ一冊も置いてありません。

* ・・・・・・・・・・・・

* あれ、今のライトエロ小説業界では一応売れ筋なんですけど。何考えてやがるんでしょーかこの店わ(笑)

-

* その後は浅草へ。H.A.R.Eさんとこ読んで今日ゲームマーケット2002なる物があるのを知ったので・・・て、おお。今読み返して気付きましたが出店されてはったんですね(笑)

*

あずさ「気付きなさい。最初読んだ時に(−−」
へむ2「いやー、あの時は徹夜明けで眠かったし。区民会館、九階、って読んだ後ゲームマーケット2002のリンクに飛んじゃったんでさあ」
あずさ「・・・まったくもう(−−」

* いやすみませんでした。ま、それはともかく会場の中をふらふら。古本買ったりオリジナルゲーム買ったり。個人的にヒットだったのは『ソード・ワールドレーティング表うちわ』だったりしますが(笑)

* こっちもまったりした、いい空間でした。まる。

-

* 夕方。

* まだ浅草です。

*

猪名川「おーい、連れて来たでー」
へむ2「おー、猪名川さんきう。んじゃ、いきましょーか、ちゃん様」
えいみ「どこいくの?」
へむ2「すぐそこっす。ほら」
えいみ「・・・わ」
まるち「わ〜、桜並木です〜(^^)」
猪名川「おー、すっかり満開やなあ」
あずさ「春ねぇ。もうすっかり」
えいみ「・・・・・・」
へむ2「これをちゃん様に見せたくてですな・・・ちゃん様?」
えいみ「・・・・・・」
あずさ「何か、見入っちゃってるわね」
猪名川「魂吸い取られとるなあ。おーい、えいみー(ぺしぺし)」
えいみ「ふ、ふみゅ!? な、なにするのよー!!」
へむ2「まあまあ、ちゃん様。せっかくやからこの桜の下、歩きません?」
えいみ「・・・うん」
へむ2「ん、そいじゃ行きましょー。みんなもねー」
まるち「は〜い(^^)」

* とゆー訳で、隅田公園はただいま桜満開、とっても綺麗でいい感じです。あー、もう春なんですねぇ(しみじみ)

-

* 夜。

* 夕方、家帰った後寝てました。夜中復活。

-

* まったり夜ぐる。

* えーと、まず、『大空寺アンテナ』『markunアンテナ』『すーすーアンテナDX』と補足されてるのを確認しました。今後ともよろしくです、皆様。

-

* ゲーム屋ぐる。

* んー、今日はデモ絡みの情報が何もありません。わ、なんて珍しい(笑)

* アージュ。トップが『涼宮遙さんお誕生日おめでとう』になってるのはさておき、何か5/5に有明の逆三角形でちよれん大サーカス開催だそーです。むう、また人の集まりそうな事を・・・て、まあいいか。場所が場所だし、その日有明に人が集まるならその分他の同人イベントの人混みが緩和されて楽だし(笑)

* とりあえず俺はその日ミントちゃんにハァハァしにいくので有明にゃ行けませんが。うーん、アーゲちゃん物マヨちゃん物だけ誰かに頼んでみたい所ですな。

-

* エスクードスタッフ伝言板『ようやくおまけCDマスターアップ』の書き込みが。届くのは4月上旬になる模様。やー、楽しみ楽しみ☆

* ・・・で、まあそれはそうとして。会社の決算、頑張れー(笑)>スタッフ様

-

* 日記系ぐる。

* おお、デモウォッチ更新お疲れさまです(^^; まあ、ホント、忙しい時は言うてもらえましたら自分で書きますので。無理をなさらずー。

-

* うにゅ、ちなみに俺は20回か30回見てようやく登場キャラの身長その他が表示されてる事に気が付きました(笑)<どんなデモだったっけ>いや、気が付いただけで覚えてられんのですが(笑)<おねぃさんの歌声に情報が洗い流されて

*

へむ2「で、かすかに残った記憶によるとじゃね。身長の単位がセンチドットで体重の単位がメガキログラムだったりするんですが。この電脳天使達は一体どんな素材で出来てるんでしょうね?」
あずさ「いや、電脳天使って言うと別の物になるから。せめて電脳妖精くらいにしときなさい(−−」
猪名川「それやとサイバーフェアリーになってまわんか?」
へむ2「いやまあ何でもいいんだけどよ。とにかくセンチドット。ルール的にはこれって1/100ドット、って事だよな?」
あずさ「いやぁ、普通に『ドット』って思ってていいんじゃない? 何かそんなまともな事考えてるとは思えないわよ?」
猪名川「せやなあ。あるいは純粋にネット世界の仮想単位、って思うか。せやないと体重の方の『メガキログラム』て何が何やか分からへんし」
へむ2「ふむ。まあ、確かにそうかも」
まるち「あの〜、ご主人様(^^; ちょっとよろしいでしょうか?」
へむ2「にょ? 何、まるち?」
まるち「はぁ(^^; あの、私、単位よりも身長140センチドットの妖精さんと40センチの妖精さんの体重がほとんど変わらない事の方が気になるんですけど〜」
へむ2「にょにょ?」
猪名川「ん〜? 140センチな妖精の体重が35で・・・」
あずさ「・・・身長40のが32ねぇ」
へむ2「むう。電脳世界の人間はホントに一体どんな素材で出来てやがんじゃろうな」

* オチも無く終了。ところで全然関係ない話ですが、3/29発売予定のサイバーフェアリー、未だにオフィシャルが工事中つーのはさすがにいかがなものでしょーかアップルパイ様(笑)

-

* ふにゅ。

* 朝になったのでここまでー。


アイと勇気の物語。

*

あずさ「・・・何だこのタイトルは」
へむ2「いや、今日のタイトル思いつかないな〜、って悩んでる時、ちょうどボクらのステキなドリル少女の歌が耳に飛び込んできた物で。そこからインスパイアされて一つ物語を」
あずさ「何がインスパイアか(−− まったく、ろくでもない事ばっかり考えて・・・」
へむ2「おお? 内容を聞きもしないうちにろくでもない事と断言しますか?」
あずさ「断言するわよ。当たり前じゃない」
へむ2「うわー。カケラも疑いを持ってませんな、あずささん」
あずさ「いい加減アンタの思考パターンも読めてるからね(−− 間違いないでしょ」
へむ2「ふぅむ。なるほど、これが目と目で通じ合う、って奴ですか?」
あずさ「嫌な言い方するなぁっ!! あー気色悪い(−−」
へむ2「はっはっは。あずさ君は相変わらず照れ屋さんですナ」
あずさ「照・れ・て・な・い(−−メ 大体、あんな書き方したら誰にだって分かるでしょうが!!」
へむ2「ふむ。とゆー事ですが、分かります?」
猪名川「んー? アイたんが出てるんやろなー、いうんは分かるけどやな」
まるち「それ以外は、ちょっと(^^;」
へむ2「だ、そうですが?」
あずさ「・・・(−−メ えーい、もういい!! とにかく黙れーーーーっ!!!」
へむ2「きゃー! あずさ君がキレたー!!」

* とゆー訳で、いつもの様にほえほえしつつ、今日も朝からひこーきでバイトにお出かけですにょ。どーでもいい事ではありますが、今日の飛行機は異様に揺れますにゃ。

* ・・・て、ひょっとして、今日ってものすごく風が強いですか?(←だから天気予報を見なさいと)

*

まるち「ところでご主人様。どんなお話なんですか?」
へむ2「にゅ?」
まるち「あのー、タイトルの」
へむ2「ああ、あれ。そりゃーもう勇気嬢が触手責めされてる所にアイたんが」
猪名川「(ぽん)あーなるほど、触手つながりやねんな」
へむ2「そそそ。そんでアイたんのカコいいシーンを一発入れてですな。でもその後やっぱり捕まっちゃって返り討ちに」
あずさ「だから黙りなさい、馬鹿(−−」
へむ2「・・・問題は、勇気嬢が霊体だもんでアイたんとレズらせられないな、と」
あずさ「だ・ま・れ(−−メ」
へむ2「にゅう。あずさ君、つめたーい」
あずさ「やかましい。寝言は寝てから言いなさい」
へむ2「ふむ、んじゃ寝ますかにょ。とゆー訳でまるち君、そーゆーお話ですが、分かりました?」
まるち「はぁ(^^; ええっと、あの、はぁ。分かりました」
あずさ「だからろくでもない事だ、って言ったでしょ(−−」
まるち「はぁ。あ、いえ、あの、えっと(^^;;;」
へむ2「にゅ。んじゃお休みなさい」

* 今日のバイトは仕事始めが13時。なので午前中はお仕事がありません。

* ま、いつもの事ですけど。そーゆー訳で昼まで、お休みなさい。

-

* 昼。

* 仕事が12時半からに早まったのでちょっと早めに起動。

*

へむ2「は、さておき。どうだろう、触手に調教完了された勇気嬢アイたんに憑依して操りえろ、という展開は」
猪名川「て、まだネタ引きずっとったんかい」
へむ2「うむ。で、どんなもんじゃろうか?」
猪名川「それ・・・うちが答えんとあかんの?」
へむ2「いや、別に誰でもいいんじゃけどな。とりあえず今目の前にいるし」
猪名川「・・・さよか。せやなあ、せやけどアイたんやったら憑依されても操られる事無いんちゃう? 何や他人を身体ん中に入れるん慣れてるみたいやし」
へむ2「む。それは確かに」
猪名川「はいはい、ほなまた出直しといでー」
へむ2「うぐぅ。みゅ〜、アイたん勇気嬢を絡ませるいい方法は無いものかのう」

* さて、そいじゃお仕事ですにょ。

-

* 夕方。

* 今日の仕事は4時間でしゅーりょー。余った時間で二次元新刊を読んでたり。えー、吸血鬼物でメイド物で眼鏡娘物。とりあえず感想を一言で言いますと。

お前らみんな犬の餌だ。

* ばーい、アーカード。てぇ感じです。何スかこのへたれた吸血鬼どもは。特にヒロイン。200年以上吸血鬼やってる癖に婦警以下の覚悟の出来て無さってナニゴトですか。何でアンタ食屍鬼ども皆殺しにして心痛めてますか。何で自分を犯してる野郎が食屍鬼になってたくらいでショック受けてますか。ああた自分が人外、闇の眷属だ、つー自覚はありますか?

* 能力的にもダメダメ。たかが20人の食屍鬼&ほんの数日前吸血鬼になったよな雑魚集団相手に余裕の無い戦いするわ血ぃ吸ったら自分の意志に依らず狼に変化しちまうわ。そのくらいの自己コントロールも出来ねぇ様じゃあ、アンタの生きてきた200年はまったくの無駄だとか言わざるを得ませんよ?

* 後、吸血鬼の分際でベッドで寝てやがるとか昼出歩いてやがるとか朝日浴びても死なねぇとか。色々突っ込みたい所も多いのですが何か書いてる内に異様に疲れて来たのでパス。ふみゅ〜、せっかく吸血鬼物なのになあ(ぶちぶち) もっとこー、だくだく血の流れる物期待してたのになあ。読んだ人の9割以上が引くよな猟奇に満ちた物だったら良かったのに(ぶちぶちぶちぶち)

*

あずさ「いや、それ、商売にならないし(−−」
へむ2「みゅう。でも、だったら吸血鬼にする必要無いじゃんさー。やっぱほら、吸血鬼って特殊な存在ですよ?」
あずさ「そりゃまあ、そうかもしれないけど」
へむ2「だからー、吸血鬼メインに持ってくるんだったらもっとこー、ねぇ?」
猪名川「ま、ええやん。何か大人の事情でも働いたんやろ。そない思い」
へむ2「みゅ〜〜・・・ま、いいかぁ。んじゃちょっと話題をズラしてですな、別の話をしましょう」
まるち「はぁ。どんなお話でしょうか?」
へむ2「いや、あのね。新作紹介に、『本文中より抜粋』言うて文章が載ってますやん」
猪名川「この、『冗談半分で〜』で始まるこれやな?」
へむ2「それそれ。その文章がですな」
あずさ「これが、どうかしたの?」
へむ2「・・・これ、本文の中に無いんですけど」
猪名川「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
まるち「・・・は?(^^;」
へむ2「無いの。この文章。128Pから129Pで展開されてるシチュで使われてたんだと思いますけど。文章変わってて、もう本文中に無いの」
まるち「は、はぁ(^^;」
猪名川「・・・何やそれ?」
へむ2「いや、まあ、忙しいんじゃろうし。ちょっとしたミスなんじゃろなー、とは思うんですけど。でも、『本文中より抜粋』って書いてある物が本文に無い、つーのは社会通念上あんましよろしくないんじゃないかと」
あずさ「まあ・・・確かに、あまり良くないかもね」
へむ2「とゆー訳ですのでにじこちゃん。出来ればとっととちゃんと本文にある文章に差し替えをー。まあ、本文に無いから言うて怒る人もおらんとは思いますけど(笑)」

*

* 言いたい事言った所で最後にまた別の話を。サイトのトップにも出てますけど、何か『株式会社マイクロデザイン』、4月から『株式会社マイクロマガジン社』に社名変更するそーです。『出版社としての性格を明確に反映した新社名のもと、より充実した出版を行ってまいります』との事ですが・・・ええと、この名前は一体どんな『出版社としての性格』を反映してるんでしょーか(笑)

*

猪名川「マイクロフィルムで雑誌配布、とか?」
あずさ「いや、どっかのスパイじゃないんだから」
へむ2「む。『妹苦労魔雅神』とか当て字してみるのはいかがか」
あずさ「どういう意味だ、それは(−−」
へむ2「ええと・・・妹に苦労をかける雅な魔神?」
あずさ「・・・自分で言ってて何か間違ってるな〜、とか思わない? アンタ」
へむ2「いや、まあ、世界は広いし。そーゆー魔神の一柱や二柱くらいいてもいいかな、と」
あずさ「で。その魔人と出版と、何の関係があるのよ?(−−」
へむ2「・・・さあ?」
あずさ「あーもう! そういう妙な事ばっかり考えてないで普通に考えなさい、普通に!!」

* まあ、メジャーじゃない領域に光を当てて、くらいの認識でいいんじゃないか、って気もしますが。どうなんでしょうね? ホントの所は。

-

* 夜。

* 帰ってきて上記の日記をUpしようとリンクチェックしてたら、何かにじこちゃんが愉快な事を言うてますのをめっけましたので全引用(笑)

■大、大、大募集!■

3月21日の「スーパーニュース」(フジテレビ)で、万引野郎が捕まるシーンが放送されたらしい。で、なんと万引きされた本が二次元ドリームノベルズだったらしいのよ! ムキー! 私はその番組を見逃してしまったので、録画していた人はこちらにご連絡ください!

あ、あとニュースサイトの管理人さんへ。「二次元が万引きされて、それが全国に放送された」というのはネタ的にとても面白いと思いますので、このチャンスを逃さないで、さっさとリンクを貼った方がよいかと思います。

* 俺も是非見てぇ。<そのニュースの録画>うわー、どなたかホントに録画された方、おられません? おられましたら是非是非見せてくだちぃ(笑)

* とゆー訳で、取り急ぎここまでUp。後はゆっくりぐるぐるにょ。

-

* 夜ぐるにょ。

* ゲーム屋系。

* U・Me SOFT『汝、その無垢なる魂で夜を彷徨うなかれ』デモ公開。ファイル分割されてるんですがめんどくさいので統合してサイズ18MB。えーと、そんでミラーしてるんですけど、日本語ファイル名はちょっとこー、困りますのでファイル名をNanji_demo.mpgに変えてます。オリジナルのファイル名は汝魂demo.mpgですんでまあ、よしなに。

-

* パプリカ『RE☆さいくりんぐDay's』製作進行情報更新。うーん、こうやって情報出してくれるのはなかなか好感が持てますし、ほのぼのしてていい感じなんですけど。

* ・・・よく考えたら、『2月には絶対出せます!』とか言うてた人たちが、この時期になって大きなバグが発覚とか言うたらあきませんよねぇ(笑)

* とゆー訳で、その辺相殺して俺的メーカー評価は上げもせず下げもせず。とにかく、まずは頑張ってゲーム完成させてくだちぃ(笑)

-

* 日記系。

* おお、お誕生日ですか。もう日付変わっちゃいましたけど(笑)、おめでとうございますー☆

-

* いやぁ、そもそも俺がちゃんと読んでませんでしたし(笑)<ブースNo.書き忘れ>まあ、また何かの機会がありましたらそん時は是非に(^^)

-

* ふみゅ。

* ほいじゃ、今日はここまでー。

*

へむ2「む。ゆらぎと化した事により肉体を得た勇気嬢アイたんを罠にかけて、というのはどうか」
猪名川「・・・まだ考えとったんか、アンタ」
へむ2「うむ。どんなもんじゃろうかー」
猪名川「どんなもんじゃろか、言われても。勇気嬢アイたんに返り討ちにされて終わりちゃう? アイたん、手加減なんかせぇへんやろ?」
へむ2「ぐが。ううううう、そいじゃそいじゃ、まずアイたんを捕まえて身動き取れなくして、それからゆっくり調教完了した勇気嬢が触手責めを!!」
猪名川「・・・それは勇気嬢の「らしさ」が全然出ぇへんのちゃうか? 極端な話、それは責め側誰でもええ、ちゅうこっちゃろ?」
へむ2「がびーそ。そう言われると確かに・・・ああっ! どうすれバインダー!!!
あずさ「寝なさい。素直に(−−」

* という訳で、お休みなさい。


[弥生日記一覧] : 2002/03/23 : (コメントが2件あるにゅ)

桜巫女。

* ぼへら〜、と桜を眺めてたらそんな言葉が浮かんできたりする今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。

*

へむ2「はい、とゆー訳で今日ものんびりお花見です。雨降ってきやがったけどナー
まるち「降水確率、0%だったんですけどね(^^;」
猪名川「・・・言うとくけど、うちのせいやあらへんで?」
へむ2「お黙り雨女。とは言え、確かに猪名川チックな雨の降り方やあらへんしなあ。するとあずさ君のせい!?」
あずさ「何でそうなる(−−メ 単に天気予報が外れただけでしょ。騒ぐんじゃないわよ、それくらいの事で」
へむ2「にゅう。しかしですな、せっかく桜見に来たのにー」
あずさ「しょうがないでしょ。空も明るいし、すぐやむわよ、これなら」
へむ2「うにゅう。そいじゃまあ、どっかに避難してやむの待ちますかにょ」
猪名川「せやなー。ところでアンタ、『桜巫女』て、何や元ネタある?」
へむ2「いや、単に桜の下に巫女さんがおったら似合うやろなー、思ただけ、やねんけど・・・あれ? 言われてみれば、どっかで聞いた事ある気が」
猪名川「やろ? うちも何や聞いた気がするんやけど」
あずさ「まあ、誰でも思い付きそうな組み合わせ、ではあるけど・・・」
まるち「とりあえず、検索されてみられてはいかがでしょうか?」
へむ2「にゅ、そじゃの。んじゃ、検索ー」

* で、判明しました『桜巫女』

メビウスの発売予定ソフトじゃねぇか。

* ・・・鬱だSNOW。

*

へむ2「あー、嫌なもん思い出しちゃいましたよお兄さん」
まるち「嫌な物、ってご主人様(^^;」
へむ2「だって君。1997年発売予定で未だに発売されてないどころか作ってる気配さえ無いよなもん・・・いや、まあ、いいや。メビウスがらみの事には口を出すまい」
猪名川「・・・まあ、雪が無事に出てからやな。あそこに関しては何言うにしても」
へむ2「うむ。出ればまだ期待が持てますからな」
猪名川「せやなー。出れば、な」
あずさ「・・・出れば、ね」

* 危険な話になってきたので終了(笑)

-

* さて。

* それはさておき秋葉原。今日はCD屋なんぞに行ってみたり。

*

あずさ「ねぇ、ちょっと。アンタ、熱でもあるの?」
へむ2「何だいきなり。何故そんな質問が出る」
あずさ「いや、だって、アンタがクラシックのコーナーに寄るなんて」
へむ2「・・・何かものすごい失礼な事言うてないかあずさ君。俺だってクラシック聞く事くらい」
猪名川「あるんか?」
へむ2「無いよ」
あずさ「て、アンタ(−−メ」
へむ2「まあ待てあずさ君。確かに俺はクラシック聞かんけど、必要があればコーナーにくらいは寄るぞ」
猪名川「必要?」
へむ2「うむ。ほれ、先週うちのにーちゃん結婚式やったやん」
あずさ「そうね。それで?」
へむ2「そん時のビデオの編集をやね、俺がやる事になってるんで。そのBGMに使う音楽を探しに来たんじゃよー」
あずさ「・・・ああ、なるほど」
猪名川「何やー、アンタの事やからまた妙な所からBGM引っぱり出すんか思とったんやけどな」
へむ2「個人的にはそれでもええんやけどな。えろげのへたれソングとか」
あずさ「いや、やめときなさい、それは(−−」
へむ2「うむ。いちおー一生の記念やからなあ。ちゃんと仕上げとかんとあかんな、と俺も思わない事もない事も無し。とゆー訳で、ここにBGMを探しに来た訳である。が」
猪名川「が?」
あずさ「何よ?」
へむ2「・・・いや、今、俺、非常に困ってるんじゃけど。あの『ちゃーちゃーちゃちゃーちゃーちゃーちゃーちゃーちゃーちゃちゃららん』て曲。タイトル、何?」
猪名川「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
へむ2「つーか、具体的にどこのコーナー探せば見つかるのかね、あの音楽は」
あずさ「いや、そんな事私たちに聞かれても」
猪名川「タイトルは・・・『結婚行進曲』なんやないか思うんやけど、どこにあるか言われてもなあ」
へむ2「むう。役に立たん娘らじゃのう」
あずさ「やかましい(−−メ アンタにそんな事言われる筋合いは無いわよ!!」
猪名川「つーか、しゃーあらへんやろ(−− 普段の生活であんなん聞かんのやから」
へむ2「うにゅう。じゃあ一体俺にどうしろと言うのかね、君たちは!!」
あずさ「・・・何でそんなに偉そうなんだアンタ(−−」
猪名川「知らん知らん。うちら知らんよって自力で何とかし」
へむ2「何ですと!? 何て無責任な!!」
あずさ「元々私たちの責任じゃないでしょ!?」
まるち「あ、あの、皆様(^^; ちょっとよろしいでしょうか?」
へむ2「にゅ?」
猪名川「何や、まるち?」
まるち「はぁ。あの、お探しになってるのはBGMに使う音楽・・・ですよね?」
へむ2「うん、そよ?」
まるち「でしたらあのー、こちらの本格的なクラシックのコーナーで無しに、あちらの『実用』コーナーの方がよろしいのでは無いでしょうか?(^^;」
へむ2「にょ? 実用?」
まるち「はい。あの、式典用とか運動会用とか。そういった目的別に音楽を集めたCDがあちらに(^^;」
猪名川「・・・あ。ホンマや」
あずさ「あるわねぇ。結婚式の音楽ー、ってCDが」
へむ2「むう。俺様の探してたのはまさにこれですよまるちさん。偉い偉い(なでなで)」
まるち「あ、ありがとうございます〜(^^)」
あずさ「・・・て言うか、最初からこっち来てなさいよ、アンタ(−−」

* 何はともあれCDゲット。ふーん、『結婚行進曲』って何種類かあるんですねぇ。他にも結婚関連の音楽いくつかあるみたいですし、さて、どの音楽使いますかにょー。

-

* さてさて。

* その後はがっこ行って色々ふにふに。上記のビデオ編集だとかがっこマシンのハードディスク整理だとか。何だかんだで結構時間くいますにょ。

* で、とかやってるうちに23時が来たので今日はおしまい。帰りますにょ。

-

* 日付変わったあたりで帰宅。今日は土曜日なので晩ご飯食べてそのまま今週のぱにょぱにょぷちこにゅ。

* 今までのパターンから行けば、今回からまたOPの絵が変わるハズ、ですが・・・変わってませんな。むう。でじこも未だに鐘突き仕事してますし。はて、いつまでこのシリーズなのかしら?

* ま、それはさておきタイトルが『たのしい時間を作るにょ!』。えーと、いきなり脈絡もなく時間旅行者が現れて(笑)、そんでわがままを。

『何だか分からないけど、ごめんなさいにょ』

* うわっ! でじこが理由も分からず謝ってる!!Σ( ̄ロ ̄;)

* うわー。一体何があった、でじこ。お前はそんないい子じゃないだろう(笑)

* で、何だかんだでほのぼのと。『HAPPY! SMILE! HELLO!』のC/W曲、『情熱のPARADISE』のお披露目なんかもあったりしました。

『時計のーはーりーがーすーすむの止めたりでーきるー♪』

*

へむ2「ザ・ワールド!?Σ( ̄ロ ̄;)
あずさ「いや黙れ、ウィルソン・フィリップス上院議員馬鹿(−−」
猪名川「・・・どっちかっつーと『最後のエメラルド・スプラッシュ』の方が合うてる気がするけどなあ」
へむ2「これがせいいっぱいです、受け取ってくださいジョースターさん。しかし、今日のあずさ君の突っ込みは分かりにくいのう。何であんな脇役を」
あずさ「やかましい(−−メ アンタなんかあれでお似合いよ」
へむ2「うわー。すっごい悪口言われた気分ですよおにーさん」
猪名川「て言うかやな。何でここでジョジョ談義になっとんや?」
へむ2「さあ? 普段止める人が率先してジョジョ話してるからじゃないっスか?」
あずさ「な・・・私のせいにする気!?」
へむ2「いやだって事実だし。何か、問題が?」
あずさ「一番最初に口火切ったのはアンタでしょう!?」
へむ2「いつもの事じゃん。俺が何でもかんでもジョジョ話に結びつけるのなんて」
あずさ「そ、それはそうだけど!!」
まるち「あ、あの(^^; もう夜中ですから〜。あまり、大きな声は」
へむ2「そうだぞー、あずさ君。夜中は静かにしませんと」
あずさ「こ・・・この男は・・・(ふるふる)」
まるち「ご主人様も、あまりあずささんを刺激なさらない方が(^^;;;」
へむ2「みゅ。ほいじゃ話戻しますかにょー」

* つー訳で次回は『怪盗デ・ジ・キャラット団参上にょ!』、と。ちなみにげまえくは来週最終回だそーです。4月から『ゲーマーズシアター』になる事はすでに判明してるので終わる、言われても茶番ですが(笑)

-

* 今週のぷちこ。

* バナナの皮にすべって転ぶぷちこ、ちょお萌え。

* 今回の話はこれだけで十分元が取れております。つーかむしろこれが全て(笑)

-

* うさだ。

* もちろん出番無し。このまま忘れ去られていくのかなあ。

-

* さてさてさて。

* 最後に夜ぐる。

* aias『幻夢館』デモ&ムービー2種類公開。サイズはデモが24MB、ムービーAが20MBのムービーBが19MB。えーと、デモはEXE形式で、ムービーAとムービーBがWMV形式で入ってます。他にもストーリーやキャラ紹介も見れますな。

* つー訳で、WMV形式で構わない、って人はムービーの方は落とさなくてもいいと思います。

* で、後、GAMELEXで同じく『幻夢館』のムービーAと同じの? が公開されてるんですが・・・何故かファイルサイズがでかいです。はて? ぱっと見ホント、ムービーAと何も変わんないんですけど。何が違うのかなぁ?

-

* GAMESPOTぐりぐりのボーカルCD、『鐘ノ音ラバー』の販促デモ公開。サイズ11MB。

-

* BaseSon『ONE2〜永遠の約束〜』デモ公開。サイズ21MB。

* いじょ、全部ミラー済み。

-

* そんで。

* えーと。今日のエロゲーブランド最萌トーナメントは、すたじお緑茶minoriの対決です。とゆー訳で。

* minoriでは『ということで、投票はお早めに(何の?)』、緑茶では『某所で投票もして欲しいかな〜と』と、双方ともにオフィシャルの更新があったりします。ステキですね(笑)

* まあ、俺様緑茶ファンですのでminoriの更新に関してはおざなりに紹介するとして(ぉぃ、緑茶の方をちょっと詳しく。えーと、まず前述のすたっふ日記が更新、そしてトップ絵が更新されて、イベント参加の告知スタッフ募集の告知が出てます。

* ・・・最後のスタッフ募集ってあたりが実に緑茶らしくていいですな(笑)

*

へむ2「ちなみにトップ絵とかすたっふ日記のラフとか。これが次回作とは限らない、ってあたりもこれまた緑茶らしいですなー」
猪名川「・・・らしい、つーか何つーか。まだ次回作がちゃんと決まってへん、言うんはどないなん?」
へむ2「いや、とっても緑茶らしいと思うぞ。ただ、なあ・・・さすがにこの次回作開発状況はどうかと思うな(笑)」

■ 新企画開発状況〜 ■

発売予定日 : 今年の初冬辺りかな

シナリオ : 始まっておりませんね
原画 : ラフ始めました。
CG : まだまだです。
プログラム : やっとフ○バ見終わったらしいです。
音楽 : 眠っております。
その他 : 企画中です。

次回作はどんなの?
形になったら発表します(^^;

* 確かに、以前の状況と比較すっとこれでも格段の進歩です(ぉ が、いきなり発売予定日延ばしてんじゃねぇ。

* この時点で『今年初冬』とか言うとったら今年中に出ませんがな。何とかしてください、ホンマ(笑)

-

* ま、そーゆー訳で相変わらずへっぽこな緑茶ですけど。でも、よろしかったらエロゲーブランド最萌トーナメント緑茶に一票、入れてあげてくだちぃ。相手は強敵、minoriですし〜。

#いや、それにしては不思議と善戦してるんですけどね(笑)

* 皆様の清き一票を。是非に。

-

* ふみゅ。

* んじゃ、お休みなさい。


[弥生日記一覧] : 2002/03/24 : (コメントが2件あるにゅ)

大戦略もどき。

* タイトルに関してはまた後で。や、もしかしたら書かないかもしれませんが(マテ

-

* で。

* 今日は日曜なのでギャラクシーエンジェルを見るです。あーはいはい、皆様。ある程度付き合いのある方はもう分かってくださってると思いますがいつもの行きますよいつもの。だから逃げる方は今のうちに逃げて下さいね(笑)

* とゆー訳で。

-

* さん。

-

* にぃ。

-

* いち。

-

* ごー。

-

* きゃ〜〜〜〜〜♪♪♪ ミントちゃんのスクールみじゅぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪♪♪♪♪♪

* あ、嘘天然。邪魔だからのけ。はいはい、今日はお前なんぞにかかずらわってる暇はカケラも無いですからね?

* そしてもう一度。

-

* さん。

-

* にぃ。

-

* いち。

-

* ごー。

-

* きゃーーーーーーーーっ!!! ミントちゃんが怯えてる〜〜〜♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

* やーん。ミントちゃんってやっぱバイオ系のネタに弱い〜〜〜♪ いーなーいーなー、ミントちゃんやっぱいーなー♪

*

へむ2「とゆー訳で、バイオな触手モンスターに犯られるミントちゃんを是非!!」
あずさ「・・・頭の中だけにとどめておきなさい、そういうのは(−−メ」

* とりあえずあのスクールみじゅぎの裾といわず脇といわず、ありとあらゆる所から触手が潜り込んで以下略とゆーシチュエーションを脳内補完しつつ。ステキだミントちゃん。

-

* 閑話休題。

* えーと。↑の文章からどうやって『普通の感想』に繋げようかなあ、としばらく悩んでたんですが、どーにもこうにも繋げようが無いので強制的に戻します(笑)

* そーゆー訳で今日のギャラクシーエンジェル、第十五話はミントちゃんスクールみじゅぎ話でした。や、フォルテさんも人間を超越していて楽しかったですけどね。やっぱメインはミントちゃんでしょう。うむうむ(笑)

-

* そして第十六話。

ステキに黒いぞミントちゃん。

* フォルテさん&蘭花もナー。いや、まさか本当にアレをぶち殺すとは思いませんでしたよおにーさん(笑)

-

* で。

*

へむ2「今回が十五話十六話。とゆー訳で、来週最終回ですよ、もう」
まるち「そうですね(^^; 全十八話ですし〜」
へむ2「残念ですにゃー。最近エンジン全開で暴走してて楽しいのにー」
あずさ「ま、いいじゃないの。代わりに4月5月と関連グッズ山ほど出るみたいだし(−−」
へむ2「うむ、オリジナルサントラは出るわボーカルアルバムは出るわミュージッククリップは出るわ。DVD初回版にはノーマッドがついてやがるわ。相変わらず人から金を吸い取る術に長けてますな、奴ら」
まるち「何だか、GBA版のゲームも出るみたいですしね(^^;」
あずさ「そしてそれにまんまとはまるのよねー、アンタ(−−」
へむ2「うむ。まったく躊躇する事なく落とし穴にはまる所存である。各員、心してかかるがよい」
まるち「は、はぁ(^^;」
あずさ「・・・はぁ(−−」

* 最終回は・・・予告を聞く限り、やっぱり訳の分かんない話になるみたいですにゃ。よきかなよきかな、それでこそギャラクシーエンジェルです(笑)

-

* さて。

* 落ち着いた所でちょっとぐる。

* えー。すたじお緑茶エロゲーブランド最萌トーナメントに向けて再び更新。むう、普段もこんなペースで更新してもらえんもんかのう(笑)

* ま、それはさておき。おまけページで、昔『Aria』なる一号で潰れたえろげ小説誌に載ってた女神様☆番外編が掲載されております。これで番外編は全部Webで見れる様になりましたにょ。

* そんで後、すたっふ日記も本日二回目の更新。こんな内容ですにょ。

うお、書き忘れておりました、パソコン誌『TECH GIAN』にて、ウチの原画家村正たてお『麻雀群娘伝HYLANDIA』にて原画しております。いつ何月号かを聞き忘れたので多分来月か再来月くらいなのか…あ〜、また『へっぽこブランド』とか言われそうですな…><; 追って書くって事でお許しを。

* おーい、何か日本語がおかしいぞー。そんな事だとまたホントに『へっぽこ』って言われちゃうぞー。て言うか、他の誰が言わなくても俺が言うぞー(笑)

-

* とゆー所で、エロゲーブランド最萌トーナメントも残り6時間。ぼちぼちラストスパートです。ので皆様、まあホントよろしかったらでいいんですけど、是非緑茶に清き一票をー☆

-

* 最萌トーナメント、結果出ました。

164対137でminoriの勝ち。

* ・・・みゅう。残念。

*

まるち「惜しかったですね(^^;」
へむ2「惜しかったですにゃ。投票結果のグラフ見ますと、スタートダッシュはタメだったんですけどねぇ」
猪名川「まあ、しゃーないわな。何やかんや言うても、まだ一作しか出してない中小メーカーなんやし」
へむ2「いやそれは相手も一緒なのだが・・・て、おや、おかえり猪名川君」
猪名川「ただいまー。ほい、おみやげー」
へむ2「うむ、あんがと。都産貿はどやった?」
猪名川「まあ、いつも通り、って感じやなー。少なくとも、うちはまったり過ごしたでー」
へむ2「さよか。そらー良かった・・・て、いやまあそれはさておき。そーゆー訳で負けちゃったですよ緑茶。残念ですな」
あずさ「でも、いい勝負じゃない?」
へむ2「うん。いい勝負なんですけどね。やっぱアレかなー。新作が決まってるところと決まってないところの差が出ましたかねー(笑)」

* とりあえず、皆様お疲れさまでした。緑茶に入れて下さった方、ありがと〜☆

-

* 夜ぐる。

* アナルファックことアナログファクトリー。『実姉妹』の新しいキャラ絵が出ました。もうすっかり普通の絵になっちゃいましたな(笑)

-

* ギャラクシーエンジェル絡みで二つ。

* むう、予測されてますよ俺の行動が。何かくやちぃですわー(笑)

-

* Zで正式名称みたいですよ。<TV版ギャラクシーエンジェルゲーマーズエクスプレスの方ではこんな宣伝が流れてますし(笑)

『ギャラクシーエンジェル第二期シリーズのビデオとDVD発売決定! その名もギャラクシーエンジェルZ!!』
『何か、強そうですねぇ』
『でもさぁ、なんでZなんだい?』
『もう終わりって意味なんじゃないですか?』
『でもZの後はグレートとかGTとかってお約束みたいな物があるみたいだし』
『おーおー、ダブルゼットってのもあったしねぇ。いや、あれはゼータだっけ』
『何の話をしてるんですか!』
『神のみぞ知る』
『何だかよく分かりませんが、1巻は5月25日発売です! ・・・でも、何でZなんだろ』

* ・・・本気で第三期シリーズは『ぐれーと』とか付けるつもりなのに300ペリカ(笑)

*

へむ2「む! とか言った直後に何じゃけど、『ギャラクシーエンジェル乙』とゆーのはどうか!」
あずさ「・・・いや、どうか、って言われても」
まるち「何でいきなり漢字なんですか?(^^;」
へむ2「いや、形が似てるからさあ。そーゆー方向で」
猪名川「形が似てればええ、てもんでも無いやろに(−−」
へむ2「そうは言うけどやな。あの人らこゆの好きそやし・・・て、あーーっ!!
まるち「は、はわ? どうなさいました?」
へむ2「分かった。きっとこの『Z』って、『2』をひねくった結果なんだ!!」
まるち「・・・あ(^^;」
あずさ「・・・そうね。それくらいの事考えそうね、あの人たちなら」
へむ2「するとアレじゃな。第三期シリーズは『3』をひねって『Σ』とかじゃな、きっと」
猪名川「いや、もしかしたらロシア語の『З』かもしれへんで? 読み方知らんけど」
へむ2「むう、しかしそれはあまりにあからさま過ぎるし。『Σ』の方が名前としちゃカッコええやん」
猪名川「まあ、せやけどな」
あずさ「どっちにしても、そもそもまだ第三期シリーズがある、って決まった訳じゃないし。決まってからでいいんじゃない? 悩むのは」
へむ2「まあねー。とりあえず『Z』にしてもホントに『2』って決まった訳じゃないしねー」

* でも俺内部では確定。あー、謎が解けてすっきりしました(笑)

-

* さてさて。

* 話を戻して。今日は一日ゲームをしてました。今週発売になった、大戦略もどきこと、r.戦略娘です。以下、感想。

*

へむ2「まあ、色々突っ込みどころはあるんですけど。やはり戦闘システムから語るのが筋ってもんでしょう。もどき物ですから」
あずさ「いや、もどきってアンタ。確かに名前はアレだけど・・・断言しなくても」
へむ2「だってホントにもどきだぞ、これ。ユニットのレベルはEから始まってD、Cって上がっていくし。歩兵でないと都市占領できないし。戦闘画面もまんま昔の大戦略チックだし。首都の周りでしかユニット生産出来ない、って所も・・・まあ、これは普通そじゃけどさ、とにかくあちこちの初代大戦略テイストが」
あずさ「う〜〜〜ん・・・でも、違う所もあるんでしょ?」
へむ2「うん。ゲームが複雑になる要素は全部排除されてますな。おかげで簡単は簡単なんですが・・・いや、でも、せめて兵員輸送車くらい欲しかったぞー」
猪名川「何や。無いんか?」
へむ2「無い。おかげで敵の首都までえっちらおっちら歩兵が歩いていかんとならんくてなあ・・・超電撃作戦とか出来んのよ」
猪名川「そらつまらんなあ・・・(ぱらぱら) ふぅん、せやけど間接攻撃はあるんやな」
へむ2「おう。おかげで『戦車で壁作って後ろから間接攻撃で敵全滅』とゆー基本パターンが使えて楽しいぞ。もっとも、誤爆せぇへんからドキドキ感に欠けるけどな」
あずさ「誤爆を期待してるのか、アンタは(−−メ」
へむ2「誤爆は間接攻撃の醍醐味だぞ。で、まあそれはさておき。ちょっと気になってる事があってさあ」
まるち「はぁ。何でしょうか?」
へむ2「うん。このゲームね、首都の周りの都市でしかユニット生産が出来ん訳よ」
まるち「はぁ。さっきもそうおっしゃってましたね」
あずさ「それが?」
へむ2「うーん。ところがね、実は自分とこの首都の周りだけやなくて、敵首都周りの都市でもユニット生産が出来るんよね、これ」
まるち「・・・は?」
へむ2「だからぁ、敵首都の近くの都市占領するやん? そしたら、そこでユニット作れる様になるんよ」
猪名川「・・・アカンやん、それ」
へむ2「うん、アカンねんけどな。多分バグやと思うんやけど。けどな? 俺のおぼろげ〜な記憶やと、このバグってオリジナルの初代大戦略にもあったよーな気が」
猪名川「あったんかいな!?」
へむ2「いや、はっきりは覚えてへんねんけど。何か、あったよな気がするんよなあ・・・初代や無かったかもしれんけど、かなり初期の大戦略で」
あずさ「・・・ホントに?」
へむ2「うーん。確証は持てない。けど、昔も同じ事で突っ込み入れた覚えがかすかにあって。で、もしそれがホントやったとしたら、すごいリスペクトぶりだなあ、って思ってさあ」
猪名川「・・・バグなんかリスペクトせんでもええがな(−−」

* とゆー訳で、気になりますので。昔の大戦略にそんなバグがあったかどうか、知っておられる方、おられませんかね? 何分DOS時代でもかなり初期のゲーム・・・つーか下手したらDOSでさえ無かったんでないか、って時代のゲームですので、今となってはほとんど資料が無くって(笑)

-

* ま、それはさておき。続いてゲーム自体の感想を。他に誰もやってねぇだろ&ネタバレしてもほとんど問題ない内容なんで特にネタバレ規制はかけません。悪しからず。

* まずはプロローグで状況説明。ま、あって無きがごとき設定なんでざっくりパスして。注目すべきはキャラの名前ですな。主人公の名前がスズキ。最初に出てきた女性キャラ二名の名前がタナカヤマダと、ある意味とても斬新な名前がついております。ステキだ(笑)

* で、第一話。『希望への開戦』

* 初めてだけあって超簡単なマップです。ざっくりクリアしてアドベンチャーモードに復帰。ふむふむ、『勝った国の司令官は負けた国の司令官に好き放題出来る。代わりに略奪とかそういう事はしない』ですか。えろげらしい設定ですな。どれ、そいじゃここでセーブ・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* あ?

セーブ出来ねぇ!!
Σ( ̄ロ ̄;)

* うわー。セーブやロード、戦闘画面でしか出来ないでやんの。確かに、面と面の間にはえろシーンしか無いですし、えろシーン自体は回想で見れるし。これでいいのかもしれませんけど、何だかなあ(笑)

#あ、もちろんアドベンチャー部分に『選択肢』とかいったものは一切ありません(笑)

* ま、いいや。そいで最初の生け贄は妹系キャラ。どれ、まず胸を見せてもらって・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* ・・・はい?

それで終わり!?
Σ( ̄ロ ̄;)

* ちょ、ちょっと待って下さいセニョリータ。『何でも好きなことしていい』つー設定なのに、何でそこで終わりますか? え? 男だったらそのままばーんと・・・はい? え? 一人あたり5面クリアしないと最後まで見れない? むう、何て面倒な事言いやがりますか(笑)

* しょうがないので第二話。『ガーラ進攻』

* 戦闘はやっぱヌルいので語る事はありませんにょ。で、えろシーン。

ぱんちゅ脱いで下見せて、おしまい。

* ・・・次、行きましょうか。

* 第三話。『地上戦本格化』

* いきなり全裸にして抱きついて、でも何もせずおしまい。

* ・・・・・・・・・・・・

* えー。このふにゃチン野郎とか全力で罵倒してもいいですかこのへたれ主人公。つーか罵倒させろコンチクショウ(笑)

* 第四話。『飛べ航空部隊』

* ここで初めて航空兵力投入。ふむ、戦術の幅が広がりますな。

* ・・・いや、その必要も無いくらい敵は弱いんですが(笑)

* えろシーンはお口でご奉仕。ほ〜、一応『勃つ』んですな、この主人公。上半身には性欲のカケラも無さそうなのに。やはり下半身は別物なんじゃなあ。

* 第五話。『ガーラ占領』

* ようやく膜ぶちぬきました。何でこんなに手間かかるんだか(笑)

* で、ここで一国占領。次からは別の国と戦争です。少しは歯ごたえが出るといいな。

* 第六話。『恐怖の人海戦術』。

* 今度の敵は歩兵をメインに使ってくる様です。それも数多く。しかも、こっちの歩兵はただの『歩兵』なのに相手の歩兵は『戦闘工兵』レベル。装甲車ごときでは相手出来ませんし、戦車で攻撃しても地形効果によってはこっちが負け。まあ、間接射撃や航空兵力での爆撃を多用すれば負ける事は無いですが・・・はっきり言って、面倒くさいです。数が多すぎるんだよう、数が(笑)

* そしてえろシーン。

何もせんうちから帰ろうとするな主人公。

* ・・・貴様、えろげの主人公としての自覚は無いんかい。主導権取られまくってんじゃねぇぞコラ(笑)

* 第七話。『怒濤の人海戦術』。うひー。さらに多いよう、敵が(笑)

* えろシーンではやっぱり主人公何もせず。女の子がひとりエッチしておしまい。あのなあ。

* 第八話。『地獄の人海戦術』

* ・・・・・・・・・・・・

* 勘弁して下さい。いや、はっきり言って数が多いだけで弱いんですけど。でも、だから逆に単純作業になってツラいっすよ旦那。

* えろはお口でご奉仕。やっぱ受け身だな、主人公。

* 第九話。『無限の人海戦術』

* 助けてママン。

* ううううう、シンドいよう。しくしく(泣)

* あ、えろは女の子が自分で穴二つにバイブ突っ込んだ上でお口でご奉仕。主人公、お前存在価値無いぞ、ホント(笑)

* 第十話。『最後の人海戦術』

* ようやく最後です。でも、今までの倍くらい敵に生産力があります。しくしくえぐえぐ。

* あ、えろの方ではようやくぶち込みました主人公。よーやくかい。

* 次からは別の国。うう、楽な国だといいなあ。

* 第十一話。『薔薇の女王』

* 今度の敵は戦車メイン。マップが小さくなったのもあって、めっちゃ楽。

* えろの方では出てきたのはいわゆる女王様タイプのおねーさん。で、そのおねーさんにお口で品定めされておちまい。本当にひたすら受け身じゃなあ、この主人公。

* 疲れたので今日はここまで。感想として完結してなくてアレですが、ほぼ間違いなく最後までこんな調子だと思われます。購入検討されてる方(いるのか?)はご注意を(笑)

-

* ふにゅ。

* んじゃ、お休みなさい。


ヤンマガ以外も読んでます。

* 朝。

* いつものよーにバイトにお出かけお出かけ。途中でヤンマガも査収にょ。

*

へむ2「ですが、それはちょっとさておき。少し、ジャンプの話をしましょう」
まるち「ジャンプ・・・ですか?」
へむ2「そそ、少年ジャンプ。つーかジョジョですな」
まるち「はぁ、なるほど。何か、あったんですか?」
へむ2「あった、つーか何つーか。ここ数週間暴れてる敵スタンドの能力がきちんと解説されただけなんですけどね。それによると、とにかく絵という絵が実体化して、そんでその絵が好きな人の魂を抜き出しちゃうらしいですよ」
まるち「はぁ、精神じゃなくて魂だったんですね」
猪名川「・・・なあ、あずやん?」
あずさ「何? 由宇」
猪名川「うち、あれがあの後何言い出すか何となく見当が付いたんやけど」
あずさ「奇遇ねー。私も大体見当付いたわよ(−−」
へむ2「ま、あの世界では精神と魂はほぼ同義語ですが。で、ですな。魂抜き出された人間は『ストーリー通りの行動』しか取れない。ストーリーから外れた行動は全部無効になっちゃうみたいです」
まるち「はい。そうみたいですね」
猪名川「あずやんもか? ほなやー、具体的にはどのネタで来るか、賭けへん?」
あずさ「いいわよー。それじゃ私はちぃちゃんね。月曜日だし」
猪名川「うちはやっぱミントちゃんやな。昨日の引きずってる見たで」
へむ2「と、ゆー事は、です。今の所あの攻撃食らった人間はみんな死んじゃうエンドに向かってますけど。仮にそうじゃないエンドであっても、『ストーリーが終わった後の話』は展開されない、とゆー事だと思われます」
まるち「そう・・・ですね。本から出てこられたキャラクターさん達はお話が終わった後のお話はお知りにならないでしょうし(^^;」
あずさ「ん。じゃあ、いくら賭ける?」
猪名川「せやなあ。奮発して2000ペリカ!」
あずさ「オッケー。受けたわ」
へむ2「つまり、どう転んでもストーリーの範疇でしか動けない訳で。後日談を構築する事も出来ん訳で。と、ゆー事はです! 妹姫ときメモに代表されるギャルゲーにハァハァしてる人たちがあの攻撃を食らうと、萌えキャラが目の前にいるのにえろい事が出来ないとゆー事に!! ああっ、何て恐ろしい!!!
猪名川「て、あ、あら?」
あずさ「・・・これはちょっと、意外な展開ねぇ」
へむ2「と、ゆー訳で。いやー、良かったなあ俺様。えろげにハァハァしてて! と、おにーさん心の底から思った次第です」
まるち「・・・はぁ(^^;」
へむ2「ま、もちろん? えろげ言うても色々ありますから、あんましアレなゲーム(*1) のストーリー実体験させられるのは困りますけど。そこはそれ、俺の萌えから鑑みて、アイたんが堕ちていくのを見ながら死んでいくとか、蔵女たんに食われて赤い雪になるとか、そゆ方向に進むと思われます。や、幸せですネ!Σd(>ω<)」
猪名川「・・・しもた。そないきよったか」
あずさ「うーん。『ストーリーに忠実に』って所をもっと重視すべきだったわねー。『その辺は妄想で補う!』とか言い出すかと思ったんだけど」
猪名川「せやなあ。うちもそない思とったんやけど・・・甘かったみたいやな」
へむ2「具体的には、ラスボスに負けてアイたんが以下略なあのシチュとか。森の中で蔵女たんが脇役ども食ってるあのシチュとか。やー、あゆのが実体験出来るなら、お兄ちゃん死んであげてもいいですよ?」
まるち「だ、ダメですよ〜、ご主人様(^^;」

* まあ冗談はさておき。このスタンド一体あれば日本壊滅くらい簡単に出来ますよねぇ。何て恐ろしいスタンドなんでしょ(笑)

*

猪名川「・・・まあなあ。『好きな絵』があったらその時点で抵抗不可能なスタンドやさかいなあ」
あずさ「子供の頃から漫画読んで育ってる、10代20代30代の人はもうアウトね、多分」
へむ2「しかも、抜け出す元になる漫画その他が街に満ちあふれとるからのう。とりあえず秋葉原は一瞬で壊滅するやろな」
猪名川「ポン橋もな(−−」
へむ2「抱き枕部部員も全滅でしょうな。なんせいつも抱いて寝てる枕からモノホンが実体化してくる訳ですし。それに対抗出来るとは思いませぬ」
まるち「・・・? ですけどあの〜、そういう場合ってどうなるのでしょうか?」
へむ2「にょ? 何が?」
まるち「はぁ。あの、実体化されたキャラクターさんは元のストーリー通りに動かれるんですよね?」
へむ2「そうですな。で?」
まるち「でしたらあのー。抱き枕さんに使われてる『絵』ってオリジナルな物が多いですし。そういった、『ストーリーの無い』方達はどの様に動かれるのでしょうか?(^^;」
へむ2「・・・にょ?」
あずさ「そうねぇ。言われてみれば確かに、動き様が無いわよねぇ。そういう絵って」
猪名川「せやなあ。まあ、可能性としては『そういうのは実体化しない』か『実体化しても動かない』、あるいは『元のゲームなりアニメなりのストーリー通りに動く』てとこやろなあ」
あずさ「ゴッホの自画像の攻撃は、ゴッホの人生トレースだったわよね? だったら、キャラクターの『人生』を実体験、って可能性もあるんじゃない?」
へむ2「ほう。するとさくらちゃんになって知代ちゃんにおもちゃにされるとか。ナコルルになって天草四郎にとっ捕まってえろ調教受けるとか。そーゆーのが実体験出来る訳ですな?」
猪名川「せやなあ・・・て、それ両方ともオフィシャル設定ちゃうやん(−−」
へむ2「あれ? ちゃいましたっけ?」
あずさ「全然違うわよ(−−メ 二つとも公式にはえっちな事は何も無いでしょ」
へむ2「むう。俺内部では公式設定だったんですが・・・ま、いいや。とにかく、あのスタンドが発動すると日本は危険がピンチだ、とゆー事ですよー」

* まあ、実際にはそーゆー背景ストーリーの無いのは動かなそう・・・あ、いや。よく考えたら道路標識とかも動いてましたな。むう、んじゃひょっとしてそーゆーのは自由に動かせるんでしょうか? だったら楽しいんですけど(笑)

-

* さて。

* 話をヤンマガに戻して、今週のちぃちゃん。せっかくの巻頭カラーなんですが、今回の話のメインはちぃちゃんでなくバイトの後輩です。がっでみゅ。

*

へむ2「んで、よーするにあのバイトの後輩とてんちょーしゃんの恋愛がどーゆー展開だったか、のお話だった訳ですが」
あずさ「てんちょーしゃんて言うな(−− それじゃ別のに思えるでしょうが」
へむ2「てんちょーしゃんのーお使いにゅ〜♪」
あずさ「いや、だから」
へむ2「で、かいつまんで言うとですな。告白しておっけーされてらっきー、でもてんちょーしゃんはバツイチらしいにょ! 前の奥さんはどんな人だったのかにょ? このでじこ様が直々に品定めしてやるから光栄に思うがいいにょ! と、まあそんな話だった訳で」
あずさ「・・・どうあってもその呼び方をやめる気は無いのか(−−メ まあいいわ。で?」
へむ2「にょ?」
あずさ「いや、だから。その後は?」
へむ2「いや、ここで今回の話は終わりっすよ?」
あずさ「あ、そうなの?」
へむ2「うん。その後てんちょーしゃんの昔の奥さんがパソコンだったのを調べて知った、みたいな事は匂わせてますけど、基本的にはこれだけです。察するに、それでてんちょーしゃんと喧嘩別れしたんでしょうな」
猪名川「・・・なあ。ちょっと待ってや」
へむ2「にゅ? 何ですかにゃ?」
猪名川「何でそれで喧嘩になるん? てんちょーしゃんの前の奥さんやったパソコンて、もう壊れとるんやろ?」
へむ2「ですな。話の流れからして」
猪名川「せやったら、別に二股かけとる訳やなし。何が問題なん?」
へむ2「知らんがね。どーせあの娘が、『私とパソコンとどっちが大事!?』とか小一時間問いつめたんやろー?」
猪名川「どっちが大事て。そんなん、『両方大事』て答えになるやろ、普通」
へむ2「うむ。過去の想い出は想い出で大事。でも、今好きになった人も大事。それは十分両立しますにゃー」
あずさ「まあ、でも、相手は人間じゃなくてパソコンだからねぇ・・・」
へむ2「関係ねぇだろ。人間だろがパソコンだろが、本人が納得して嫁に迎えたんならそりゃ他人がどうこう言う事じゃねぇし、そもそも昔誰と付き合ってようと今は自分を選んでくれとるんやし。それだけで十分やろ」
あずさ「それはまあ、そうかもしれないけど。気になる人は気になるのよ、きっと」
へむ2「納得いかねぇなあ、おい。そんなしょーもない事気にしたあげく、『やっぱり人間の女の子よりパソコンの方がいいんですか』かぁ? やっぱどう考えても単にこの娘が」
あずさ「ストーップ!! こらこら、推測で人の悪口言うんじゃないの(−−」
へむ2「むう。まあ確かに、実際にどういう経緯で別れる事になったんかはまだ判明しとらんからの。今日の所は控えるとしましょう」

* ま、来週にはその辺、分かるでしょう。もしホントに俺の推測通りな事やってやがったら、その時は思う存分けなしてあげよー(笑)<後輩娘

* あ、ちなみに話は全然変わりますが。今週のすももちゃんは実にいい感じでした。えー教育受けとるのう、この娘(笑)

-

* 今週のカイジ君。

おっちゃん轟沈。

* ・・・合掌(ちーん)

*

へむ2「で、来週はお休み。再来週から、カイジ君のリベンジですな」
猪名川「やな。元手は80万。これを最低6000万、やけど・・・」
へむ2「多分、アレですな。最後はやっぱりカイジ君が『沼』にチャレンジするんでしょうから、6億ですな、最終ラインは」
あずさ「そうね。でも、『沼』にチャレンジする元手が必要だからねー。やっぱり、そこは6000万くらいかしら?」
へむ2「おっちゃんが5000万で失敗してますからの。それよか多めにしたい所ですにゃー」
猪名川「つーか、6000万稼いでじゃあこれで帰ろうか、いう所でまたカイジ君、何やひらめくんちゃうか? あの『沼』攻略の為のイカサマ」
へむ2「十分考えられますな。そんで今度は逆におっちゃんをパートナーにして6億ゲット。儲けた金は折半でおっちゃん万々歳。そんな話の流れが綺麗そうですな」

* 実際にどうなるかは再来週以降のお楽しみ。うーん、やっぱ『三週連載、一週休み』のペースはじれったいですなぁ。

-

* 昼。

* 今日のお仕事は9時開始、13時過ぎ終了の4時間ちょい労働。

* さ、残りの時間は寝て過ごしますにょ〜。

-

* 夜。

* 帰ってきました。眠いのでとっとと夜ぐる。

* 仮面商会『復讐ノススメ』デモ公開。サイズ8MBでミラー済み。何かコーデックが必要みたいで、自動DLのかからん人はこっち行ってゲットしてにょ、との事です。

-

* GAMESPOTマイ・ハーベスト『アイドル雀士スーチーパイIII』デモ公開。サイズ15MBでこっちもミラー済み。ええ、だってスーチーパイ立派なえろげーですから。ポリシーに従ってちゃんとミラーしませんとー(笑)

-

* すぺじゃにで『電脳妖精エルファン』の情報更新。何や色々更新されてみたいなので、この機会にじっくりチェック。ふむふむ、パートナーになるのはこの三人と。むー、おねぃさんのキャラがいませんな。おねぃさんはパートナーに出来ないのかちら? だったら寂しいけど・・・でも、こっちには中にはパートナーになるエルファンもって書いてるしなあ。期待してもいいのかもー。

* そんで、戦闘に負けると服が破れると。それだけですか? その後に陵辱は無いんですか? それによって購入意欲は大幅に変わってくるんですが、どうよ?

* ・・て、ダメか。『HPが0になったらゲームオーバー』ってはっきり書いてあるなあ。むう、ゲームオーバーでなく陵辱シーンが欲しいのにー(笑)

* 敵は結構愉快でいいですな。特にこいつ、なんとなくツボ入り(笑)

* 肝心のえろシーン。ふぅむ、巫女さんが襲われてたり触手だったりとそれなりにツボは押さえてますが・・・

* ・・・どうもこう、寸止め臭が漂いますなあ。回避したい所ですが・・・ま、多分これがおねぃさんの復帰後第一作ですし。それだけの理由で購入してみますかね(笑)

-

* ライアーソフトで『ピンク・パンツァー』情報更新。キャラ紹介が出来ましたにょ。また、ラブネゴの人気投票の結果も発表されております。えー、分かってた事ではありますが。

うわーん! 俺の勇気嬢が三位だよう!!(泣)

* ・・・くそーう。次こそはー、次こそはー。

#いや、多分もう次の機会はありませんが(笑)

* まあそれはさておき。ちょっと話は変わりますがついでに。おーい、もう3月も終わろうとしてますけど、『サフィズム』おまけシナリオはどうなりましたかー(笑)>ライアー

-

* ZERO『はじいしゃ』Q&A公開。とりあえずデモは4月上旬公開、いう事でまた鯖が混みますなあ。早いうちに情報ゲットしてデモ落とせりゃいいんですが。

* んで、それはさておき。え〜〜〜〜〜と、こんなQ&Aも。

Q8.メインライターが代わったって本当ですか?

いいえ、メインの担当者は誰一人代わっていません。当然、シナリオだけでなく、企画・原画・音楽等も『はじるす』と同じメインスタッフが仕切って開発を行っています。
なお、能力不足の為に開発から外されたお手伝いスタッフはいますが、これは今回に限ったことではありません。<ゼロワン(仮)>

* ・・・う〜〜〜〜〜ん。某所での某氏の記述と思いきし食い違うんですが。どっちが正しいんでしょうねぇ。

* ま、部外者が騒いでもあんましいい方向には転がらん話だと思うんで、某所にはリンク張らずにしばらく静観を。ゲームが発売されて、そのテキスト比較して。そしたらホントにメインライターが変わってないのかどうか、判断が付くでしょうから、それからまたちこっと言及してみましょうかねぇ。

* とりあえず、3/25にZEROがこういう事言ってたぞ、とゆーのを将来思い出せ。>未来の俺

-

* うにゅ。

* んじゃ、今日はここまでー。

-

* ・・・と、いかん。大事な事忘れてた(汗

* えーと、本日うち、20万ヒットしました。皆様、ホントにいつもありがとうございます。

*

まるち「ありがとうございます〜(^^)」
あずさ「ホント、いつもありがとう、皆さん」
猪名川「これからもよろしゅうになー」
へむ2「いやー。しかし、20万いくよな日が来ようとは」
あずさ「・・・世の中って不思議よねぇ」
へむ2「うむ、不思議ですね。でも、だからこそ世の中は楽しいんですよ? 密林の奥に生息する不思議生物を追え! 隊員が目撃した謎の物体とは!?」
あずさ「黙れ。まあ、でも、前半は確かにそうかもねー」
猪名川「せやな。何が起こるか分からんから明日が楽しいんやし。世ん中にも少しは不思議があった方がええわなー」
へむ2「ですな。今日も不思議明日も不思議。毎日楽しい事ばっかりですにゃー」
猪名川「・・・そういう言い方するとまるでたいやき君みたいやな」
へむ2「まーいーにーちーまーいーにーちー楽しい事ばかり〜♪」
まるち「なーんーぱーせぇんが、ぼくのすみかーさー(^^)」
あずさ「・・・たーまーにーはーえーびーでーもー食ーべーなーけーりゃ(−−」
猪名川「塩み〜ず〜ばーかーりーじゃふやけてしーまーう♪」
へむ2「ああっ! いきなり三番までとばした!!」
あずさ「やかましい(−− そうやって楽しんでばっかりだったら最後は釣られて食べられちゃうんだから。少しくらいは気を引き締めなさい」
へむ2「うにゅう。あずさ君はシビアですなあ」

* まーでも、確かに人間、浮かれすぎると躓いちゃう物ですので。ここは一つ初心にかえって、さあ、明日からも『なんとなく、てきと〜』の精神で頑張ったり頑張らなかったりするといたしましょー(笑)

*

猪名川「・・・何やそのろくでもない初心は」
へむ2「うむ。物事を長続きさせる為には肩の力を抜いた方がいいよ、とゆー教えに従ってですな。そう、言うなれば波間に揺れるクラゲのよーな」
あずさ「力抜きすぎだ、それは(−−」
へむ2「むう。クラゲの触手使ったえろっていいと思いません?」
あずさ「何でいきなりそんな話になる!?」
へむ2「いや、連想で。ほとんど透明な触手が女の子の身体の上をうねうね。毒の代わりにこー、媚薬をちくり、ちくりと注入してですな」
猪名川「・・・いや、もうええ。それくらいにしとき(−−」
へむ2「にゅう。これからがいい所ですのにー」
あずさ「いやもういいから。寝言言うんなら寝なさい、アンタ」
へむ2「むう? 別に寝言言ってる気はないですが?」
あずさ「・・・だからぁ(−−メ」
まるち「あ、あの、ご主人様(^^; ですけど、あの、もう夜も遅いですし〜。やっぱり、お休みになられませんか?」
へむ2「にゅ、そぉ? まあ、まるちがそう言うんだったら」
まるち「はい〜。もうお休みしましょう、ご主人様(^^;」

* まあ、つまりは『無理をしない』つー事ですな。<初心>こんな風に、オチをつけれない時はつけずにそのまま放置したり、とかゆーふーに(笑)

-

* さて。

* んじゃ、そーゆー訳でお休みなさい。


(*1) クソゲーは言うに及ばす。他にも『君望』の体験版『だけ』を実体験させられる、なんかなったらすごく嫌でしょうねぇ・・・


[弥生日記一覧] : 2002/03/26 : (コメントが1件あるにゅ)

だらけた一日。

* 今日は何となくだら〜っとしてました。一日、ほとんど何もしてません。昼にちょっと秋葉に行ったくらい?

*

あずさ「だらけてても秋葉には行くのか(−−」
へむ2「いや、ほら。今日はCDがフライング発売されるから。それだけ買いに」
あずさ「そんなの、秋葉でなくても買えるでしょ?」
へむ2「・・・いやぁ、それはどうじゃろ? ギャラクシーエンジェルの方はともかく、ぐりぐりのCDは何となくこの辺のCD屋じゃ扱ってない気がするよ?」
あずさ「それは・・・そうかもしれないわね、確かに」
猪名川「つかやー、ちょっと聞いてええ?」
へむ2「にゅ?」
あずさ「何よ?」
猪名川「この辺て、そもそもCD屋あるん?」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
まるち「・・・そう言えば、見かけませんね(^^;」
へむ2「いや、まあ、待て。確かに俺は家の近所でCD屋を見かけた覚えは無いが。しかし、それは単に俺の見落としとか単に俺の行動範囲が狭いだけとかそーゆー可能性が」
猪名川「まあ、あんたがそれでええんやったらええんやけどな? うちはちょっと気になっただけやし」
へむ2「うーむ。駅前には間違いなく無いけどやな、商店街ちゃんと見ればCD屋くらい・・・あるといいなあ」
あずさ「まあ、この辺住宅街だしね。無くても別に仕方ないとは思うけど」
まるち「それに、電車に乗ればほんの数駅で大きな街に着きますし〜(^^;」
へむ2「いや、電車に乗るんやったら秋葉まで行くて。電車に乗らんでええ行動圏内でCD屋・・・うみゅみゅみゅみゅ」
あずさ「悩んだって始まらないでしょ(−− 気になるんだった今度本気で探してみなさい」
へむ2「みゅう。そうしますか」

* で、それはさておき、買ってきましたギャラクシーエンジェルのオリジナルサントラ。期待どーり、『戦えぼくらの×××』が収録されております(笑)

* が、しかし。

*

へむ2「・・・何つーか、最後に爆発音が入ってないとちょっと寂しいですな、これ」
猪名川「せやなあ。爆発音ありのばっか聞いとったさかいなあ」
あずさ「で、結局ロボットの名前は分からないのね?」
へむ2「分からないですな。どっかにこっそり書いてあるとか無茶苦茶小さな音で入ってるとか。そーゆーのも期待してたんですが、残念ながら無い様です」
猪名川「残念やなあ・・・」

* まーでもその代わり(て訳でもないですけど)、2番が聞けますし。インストカードは妙に愉快ですし。金出した価値はあったかと。

* んで。

* も一個CD買ってきました。ぐりぐりのボーカルアルバム。こっちはもー、何て言うか。

bamboo氏大暴れ。

* もしくはバッチグー大暴れ。そう言った内容になってて愉快ですな。あー、これ聞いてるとぐりぐりがやりたくなりますなあ・・・うみゅみゅ。

*

へむ2「とか言いながら、『戦略娘』をプレイする俺様であった。まる」
あずさ「・・・何故?(−−」
へむ2「いや、自分でもよく分からん。別にえろくもねぇし、戦闘だってかなりヌルめでそんなに面白い訳じゃねぇんだけどよ」
猪名川「ほな、何でや?」
へむ2「さあ。分かんない。分かんないけど、推測してみるに。多分、これを途中で放棄するのは何かに負けた気がするんだと思うのよ」
まるち「何かって・・・何ですか?」
へむ2「んー。何だろうね?」
あずさ「何なんだ、それは(−−」
へむ2「だからよく分からんのやて」

* いやー、ぐりぐりもせにゃならんなあ、とずっと思ってはいるんですけど。せめて来月中には少しだけでも進められると・・・いいなあ。

-

* 夜。

* そんな事をしてたらあっという間に一日終了です。後はぐるでもして寝ますにょ。

* GAMESPOTで公開されてた『アイドル雀士スーチーパイIII』デモ、何か圧縮に失敗してたらしくて公開停止。正しく圧縮しなおしたのが改めて公開されとります。新しい方はファイル名がpai3_02.mpgでサイズが20MB、っと。

-

* APPLE PIE『電脳妖精〜サイバーフェアリー〜』デモ公開。WMV形式でサイズ7MB。

-

* TinkerBellのサイトリニューアル。どうやら俺の知らない内に開発が二系統化してたみたいです。チーム・ザット某組だそーで、今度の『必殺!さとみアタック!』はチーム・ザットの方が開発。某組の方では『多淫症候群』なるゲームを作成中だそーです。

*

へむ2「ふむ。つまり、『ちょっぴりダーク系』が某組、『明るいコメディ系』がチーム・ザットと。そゆ風に別れたと見ていいですかね?」
あずさ「私にそんな事聞かれても困るけど。でも、まあ、新作だけ見てるとそんな気がするわね」
猪名川「・・・なあなあ、それよかおもろいもん見かけたで?」
へむ2「にょ?」
猪名川「TinkerBellだけやのうて、BlueBell駒屋までサイトリニューアルしとるでー」
へむ2「はい? 何で今更。両方ともとっくに中身のねぇブランドやのに」
まるち「はわ。でも、本当にリニューアルされてますね(^^;」
へむ2「これは・・・要するに、サイバーワークス系でイメージ統一したかっただけね。きっと」
へむ2「むう。しかし、何もわざわざ・・・おまけに駒屋の方、製品紹介の所に『BlueBell製品の紹介をしています』とか書いててソース流用したのバレバレだし。何だかなあ」

* まーいいんですけど。で、話戻してTinkerBell『必殺!さとみアタック』体験版公開。サイズ29MB。

* 以上、全部ミラー済み。

-

* すたじお緑茶〜。トップがお花見仕様になってます。後、すたっふ日記も更新。『次回作の原画は、前に違うって言ったけとやっぱりホントは村正たてお氏』と、突っ込みどころのありまくる内容になっております(笑)

* そんで次回作開発状況もちょっとだけ更新。この状況から、こんな風に変化しました。

■ 新企画開発状況〜 ■

発売予定日 : 今年の初冬辺りかな

シナリオ : 始まっておりませんね
原画 : 花粉症に悩まされているようです。
CG : チーフはFIVA買ってほくほく、新人君はさ○ら4、さとちゃんはお○ティ。
プログラム : 今はMS○隊を見ているらしいです。
音楽 : 眠っております。
その他 : 企画中です。

* ・・・何だか微妙に状況が後退してるよーな気がせんではないですが(ぉ、まあ、とにかく早いとこ企画固めて、動き出してくだちぃ。気長に待ってますから(笑)

-

* ガールズソフトウェア『コミックカフェ』すぺさる企画のはっぴょー。

* えー、すぺさるの1が『初回版買ってレアグッズを手に入れよう!』で、特製コースターとかクリアファイルとかバッジとか。ふむふむ、こっちは初回版に同封されてるんですな。買いさえすれば手に入る、と。

* で、すぺさるの2が『アンケートに答えてスペシャルCDを手に入れよう!』と。こっちはアンケート出さんといかん訳ですな。ふむふむ。

* んで、スペシャルCDの内容は・・・

『なんとお好みのキャラクターがあなたの名前で呼びかけてくれる、世界でたった1枚のメッセージCDが 各キャラクター10名様、総計60名様に当たります!』

* ・・・むう(笑)

* えーと、声優さん、声優さん、声優さんは誰々ですか〜、と。む、発見。えー、出演されてるのは紫苑みやびさんに乃嶋架菜さん。北都南さんに岩田由紀さん。そんで夏野向日葵さんと白井綾乃さんかぁ。

* ・・・・・・・・・・・・

* とりあえず、ゲーム買ったら送りますかね、アンケート葉書。うん(笑)

-

* colors、つーかhueスタッフ募集のお知らせにょ。まあ、普通の役職はともかくとして、この↓

丁稚君 15万〜能力により考慮  
 ゲーム制作に関するアレコレに携わりつつ、ゲーム製作以外のアレコレ
 もこなせるそんなアナタを募集中。WEBデザインなんかできると尚可。

* 丁稚君っていいなあ、何か呼び方が(笑)

* また、hueからはメールマガジンも届きました。ので、肝心な所を抜粋。

ゲーム雑誌「パソコンパラダイス」様にて4月発売号より短期連載の続報です
内容の方向が決まりました。
「魔法少女アイ」で少し触れているアイとメグそれぞれのプロローグみたいなのを予定しています。

「魔法少女アイ」をやったこと無い人も楽しめる内容にします。

詳しい内容は「パソコンパラダイス」をご覧下さい。

そりゃぁ〜、エロ有りッス!!。

* とゆー訳で、パソコンパラダイス、要ちぇーっく。ささ、皆様も是非に!(笑)

-

* エロゲーブランド最萌トーナメント。今日から二回戦突入です。二回戦最初の勝負は、ライアーotherwise。なかなかいい勝負になりそうですにょ。頑張れライアー、そしてこの際ですからオフィシャル支援としてサフィズムおまけシナリオの公開をー(笑)

-

* ふにゅ。

* んじゃ、寝ますにょ。


世間との乖離を感じる時。

『もし、美少女ゲームのヒロインが突然あなたの前に現れたら…?』

* 撃つ。

* とゆー訳で、『電撃萌王』を買いました。

*

あずさ「撃つなーーーーっ!!!
へむ2「・・・何で?」
あずさ「な、何でってアンタ。死ぬでしょ!?」
へむ2「・・・誰が?」
あずさ「誰がって。その、出てきたゲームのヒロインに決まってるじゃない」
へむ2「それはつまり、萌えキャラと言う事ですね?」
あずさ「・・・まあ、そういう言い方も出来るわね」
へむ2「じゃあ大丈夫。俺が今萌えてるキャラの中に、撃たれたくらいで死ぬ奴ぁいねぇ。例えばアイたんとか蔵女たんとかネ!Σd(>ω<)」
まるち「・・・あの、ミントさんは?(^^;」
へむ2「ゲームじゃないし。それに、作品見てれば分かっけど、ミントちゃん撃たれてもちゃんとよけるぞ?」
猪名川「確かによけとるなあ、何度も。ほなやー、うちは?」
へむ2「何だ? お前、自分が萌えキャラや思とったんか?」
猪名川「何やとコラ(−−メ アンタ、仮にも一作品のタイトル張ったうちの事なんや思とんや」
へむ2「猪ノ坊温泉魔界別館当主。ハリセンいっちょで魔界の獣を狩ってきて客に食わす豪傑。天使よりも強いぞ! って感じだが、何か?」
猪名川「ぐ・・・そ、それはやなあ・・・」
へむ2「とゆー訳で、お前やったらハリセンに気ぃ込めて弾丸はじき返すくらい出来るやろ。どっちにしろ撃たれても死なねぇじゃん」
猪名川「そらせやけどやな。何や、納得いかんなあ」
あずさ「いや、ちょっと話それてるし。確かにアンタの萌えキャラだったら死なないかもしれないけど。でも、だからっていきなり撃っちゃダメでしょ」
へむ2「何でだ。『ゲームの中から現れた』よなもんどー考えても妖魔怪魔の類ではないか。ならとりあえず先制攻撃かまさんと」
あずさ「悪魔かアンタ(−− 友好的な相手かもしれないでしょうが」
へむ2「・・・あのな。『萌えキャラ』の姿取って現れる、って時点でどう考えてもそれは罠だぞ。もしくは獲物を誘い込む餌。うかつに気を許すとばっくりいかれますですよ?」
あずさ「だーっ! もしかしたらアンタらの煩悩から生まれた新種の妖怪かもしんないでしょ!?」
へむ2「だったらなおさらの事だ。俺の煩悩から生まれた存在なら、確実に戦闘系。銃で撃たれたくらいじゃ絶対死なんから問題なし」
あずさ「ええい、ああ言えばこう言う・・・(−−メ」
まるち「あ、あの(^^; そもそも、何で『電撃萌王』さんで『ゲームのヒロインが現れたら』なんですか?」
へむ2「いや、そーゆーゲームの広告が載ってたもんで、つい」
猪名川「・・・ほな、ひょっとして本題とは関係あらへんのか? これ」
へむ2「まったく全然ない。単に目に付いたからふらっと言及してみただけ」
あずさ「だーっ!! アンタって奴は!!!」
へむ2「まあ落ち着け、あずさ君。これから本題に入るから」
あずさ「・・・ホントね? ホントにホントね!?」
へむ2「ホントにホントだ。でわ、ごー」

* とゆー訳で、一通り『萌王』、読んでみた訳ですが。うーん、一番萌えたのが『一撃必虫!! ホイホイさん』だった、とゆーあたりがこー、何ともかんとも。

*

へむ2「つーかより正確に言うと、ホイホイさん以外に萌えを感じた場所がほとんど無いのですが」
猪名川「・・・まあ、その辺は感性の問題やからなあ。別に世間に迎合せんとあかん訳ちゃうし」
へむ2「いや、迎合する気なんかカケラも無いんじゃけどな。単にそうかー、こーゆーのが今の主流なんかー、思ただけで」
あずさ「いや、世間って決まった訳じゃ。これは電撃の考える萌えの形ってだけだし」
へむ2「とは言え、電撃は今の萌えの主流の一つではあるしな。まあ、それなりに世間受けする物を作ったと見て差し支えはあるまい?」
あずさ「まあ、それはね」
へむ2「じゃあ、俺がマイナー街道爆進中なだけなんだろう。おかしいなあ、俺なんて単にロボ娘殺戮狂気があればそれでいいのに」
あずさ「・・・最後の二つがダメなんだと思うわよ(−−」
へむ2「あ、後触手も」
あずさ「黙れ、このスプリングセール馬鹿(−−メ」

* まー冗談は抜きにして。袴娘の一人もいないよーなもんを『萌えの王』とは認めたくないんですが俺様。どーも取り扱いジャンルが微妙に狭くありませんかこの雑誌(笑)

-

* さて。

*

へむ2「と、話題変換したフリをして話を元に戻します。ホイホイさんの事なんですが」
猪名川「何やそれ!?」
へむ2「まあ細かい事は気にせずに。やー、ホイホイさん、いーですよねぇ」
猪名川「・・・いや、ちょっと待ち。話題の変換にうち、ちょっとついていけんかったから少し時間寄こし」
へむ2「あいよ。じゃーその隙にホイホイさんの説明しておきましょうかね。電撃読んでない人の為に」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「えーと、ホイホイさんは身長10cmくらいのロボ娘です。感情はありません。で、お仕事はゴキブリ退治。ちっちゃな身体で家の中を走り回り、あの黒い悪魔をやっつけてくれます」
あずさ「・・・いれば便利は便利、って気がするわね、それ」
へむ2「で、漫画は電撃大王本誌で地道に連載されとる訳ですが。今回、萌王の方にはホイホイさんのスペック一覧が。やー、ニードルランチャーとか重機関銃とか、そゆ言葉を見るとわくわくしますね?」
猪名川「うちは近接兵器のスクリューナックルとか、そっちの方が好っきゃけどな」
あずさ「あ、由宇。復活?」
猪名川「よーやく馴染んだよってな。で、それがどないかしたん?」
へむ2「いやー、だからさー。こーゆースペック表みて、例えば『ハンドガン二丁持ちで中距離戦闘に特化したホイホイさんを!』とか、『拡張バッテリー背負わせてスナイパーライフル、超遠距離に特化したゴルゴ13の様なホイホイさんを!』とか考えるのって楽しくね?」
猪名川「いや、まあ、そら楽しいけど」
へむ2「じゃろ? だからさー。お兄ちゃんさっきからどっきどきのわっくわくでさー。あー。ホントに発売されませんかねぇ、ホイホイさん。そしたらお兄ちゃん、速攻買っちゃいますよ?」
あずさ「・・・この物欲魔神は(−−」

* いや、でも、この娘が30kなら俺じゃなくても買っちゃいますって、普通。もー間違いなく(笑)

-

* さてさて。

* まーホイホイさんはともかく。今日は一日、『戦略娘』をやってました。何や知らん、やめれないんスよねぇ、これ。そんな、特に面白い訳でも無いのに(笑)

* とゆー訳で、時間が無くなったんで日記は簡単に。後はちょっとだけぐるしておしまいです。

* ぐりぐり秘密日記で。何か、暴れ祭りのチケットが意外に余ってる模様です。むう、んじゃ、本気でチケット買いに行ってみますかねぇ。しかしチケットぴあとゆーのはどこにあるのであろーか。うみゅみゅ(←普段使わないんで本気で知りません)

* んで、後、祭りん時の出し物がさらに。

■暴れ祭出し物情報■
minoriさんの他にNitro+さん、新鋭メーカーのFengさんもひと肌脱いでくださるそうです。ありがたや、ありがたや。

* ・・・え〜〜〜と。ニトロはともかく、fengんな事してる間があったらとっととゲーム作らんかいとかゆー突っ込みがあちこちから入りそうな気がするんですが。いいのかなあ(笑)

-

* アージュ『マブラヴ』発売延期のお知らせ。はい、4/26からの脱落組、第一号〜。

*

へむ2「つか、出来ればこれを契機に各社ともちょっぴり延期していただきたい所ですな」
猪名川「4/26、ビッグタイトルが山ほど並んどるからな(−−」
へむ2「もーちょっと減ってくれませんとねぇ・・・まあ、俺が買うのなんて限られてますが、あんましビッグタイトルが多いと街の人混み率が跳ね上がるので秋葉行く気がなくなるんですよね」
猪名川「せやな。後10本くらい、延びてくれるとええなあ」

* ま、えろげ業界ですから? ほっといても5本くらいはは延びるとは思うんですけど(笑)、まーもーちょい延びてくれるといいなあ、いう事で。

* ・・・と、そうそう。そんで『マブラヴ』の新しい発売日は6/28だそーです。何だかんだで、最初の予定から半年延期ですな。

-

* むう、失礼な。二次元ドリームマガジンは、Vol.3で雑誌化もしてしかも年間購読受付も始まってたりして、少なくとも制作側は一年以上続ける気満点の将来有望な雑誌ですよ?(笑)

*

猪名川「・・・続ける気満点やから続く、いうもんでもあらへんけどな」
へむ2「はっはっは。そういった事実からは目を背けたまえ、猪名川君」
あずさ「いや、ダメでしょ。目ぇ背けちゃ(−−」

* とりあえずー。二次元ドリームマガジンとじゃ全然系統が違う訳ですし。どーせ比較するんでしたら同じ萌え系雑誌の『otomeX』とでも比べて下さいよー(笑)

*

猪名川「それはもう潰れとる!!」
へむ2「失礼な。あれは単にまだ2号が出て無くて、出す予定も立ってなくて、出す予算も無くて、出す人間もいないだけだぞ。多分」
あずさ「・・・全然ダメダメじゃない(−−」
へむ2「やー。でもまあほら、はっきり休刊になった訳じゃないし。もしかしたら5年後くらいにいきなり復活するかもですな」
猪名川「いや、せぇへんせぇへん(−−」

* ま、その辺はさすがに冗談にしても。でもホント、二次元ドリームマガジンは世間が思ってるよりかは長く続くと思いますよ?

-

* うにゅ。

* んじゃ、朝になったのでここまでー。


らすとばたりおーん。

* とゆー訳で、今日も『戦略娘』です。明日か明後日くらいには感想もまとめなきゃな〜、と思いつつ、ゲームをやるのに手一杯でその余裕がありません。とほほのほ。

-

* さて。

* それはさておき、今日、ぼへら〜っと自分の所のアクセス解析を眺めてたら、『アーゲちゃん』で検索かけてきた方がいはりました。ちょっと興味を覚えたので、検索結果を見に行ってもみました。

* えー。

何で全部で35件しか引っかかりませんか。

* アージュ、と言えばFC会員申込者がが2万人もいるよーな、そんな言ってみれば今ブームな会社ですが。そのマスコットキャラ(断言)の知名度がこんなに低くていいんですか、ばんばん。

* 比較:『マヨちゃん』検索→567件

*

へむ2「ねぇ!?」
あずさ「いや、『ねぇ』とか言われても」
猪名川「しゃーないやん。スタッフひとりごち見てへん人間は知らんで、アレ」
あずさ「見てても知らない人いそうよね。最近全然続き載らないし」
へむ2「むきー。納得いかねー!!」
あずさ「・・・て言うかさぁ。そもそもあれ、マスコットキャラじゃないでしょ?」
へむ2「なんですと!? 何故その様な世迷い言を!!」
あずさ「だって。ちよれん祭りのポスターでマヨちゃんやモーラと並んで描かれてるのもアーゲちゃんじゃないし」
猪名川「バナーにもおらへんなあ」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「ね? 表向きは全然顔出してないわよ、アーゲちゃん」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「納得、いった?」
へむ2「うわーん! アージュの馬鹿ぁーーーーっ!!!(どたどたどた)」
まるち「ご、ご主人様!?」
猪名川「あ。逃げよった」
まるち「ど、ど、どうしましょう?(おろおろ)」
あずさ「お腹すいたら帰ってくるわよ。ほっときなさい」
まるち「で、ですけど〜」
あずさ「大丈夫大丈夫。すーぐ戻ってくるわよ、どーせ(−−」

* あまりに悔しいので、ローカルでこっそり作ってる『アーゲちゃん全話抜粋html』でもUpしてアーゲちゃん布教でもしようかと思ったんですが。アージュ著作物引用ガイドラインによると画像はともかくテキストの使用は不許可だとか。むう、残念。あのテキストが無いとアーゲちゃんの魅力半減なのに(笑)

*

へむ2「とゆー訳で、速攻断念した次第である。無念」
まるち「あ(^^;」
猪名川「・・・帰ってくるの早すぎやせんか、あんた」
あずさ「ほら。言った通りだったでしょ(−−」
へむ2「まーその辺はともかく。アーゲちゃん、あんなにかわいいのに。何故こうも世間に知られてないのでしょうか?」
猪名川「せやからやな、さっきも言うたやん。スタッフひとりごち見てへん人間は知らん、て」
へむ2「でもさー。好きなメーカーにスタッフ日記とかあったら、普通チェックしねぇ? 新作やイベントの情報が出る事かてあるんやし」
猪名川「まあ、そら確かにそやけどやな。だからって誰もがチェックしてるか、言うとしとらん思うで?」
あずさ「個別のメーカーサイトは回らずに、ニュースサイトだけ回って重要な情報だけをチェック、って人も結構多いでしょうしね」
へむ2「みゅ〜〜〜〜。アーゲちゃんかわいいのに、かわいいのに。しくしくぽん」

* まあそういう訳で、俺様はアーゲちゃんを応援しております。皆さん、茜ちゃんハァハァとかのついでで構いませんから、ちょっとだけアーゲちゃんの事を気に留めてあげてください。お願いですから(笑)

-

* はい、んじゃ後はぐるぐるです。

* スクアドラ・ディ『まいむ』体験版静バージョン公開。サイズ16MB。

-

* ZOOM『脅迫』デモ公開。サイズ15MB。リアルプレイヤー物ですにゃ。また、GAMELEXでは同じデモのAVI版が公開されてます。こっちは23MB。

* また、GAMELEXでは『ANGEL・CORE』デモも公開されてますが・・・オフィシャルのと一緒ですな、これは。

* てな訳で、いつものよーにミラー済み。GAMELEXのはファイル名がかぶるんでdemo.exeからdemo_kyouhaku.exeに名前変えてありますにょ。

-

* デモ以外。

* TinkerBellの次々回作、『多淫症候群』のゲーム説明が出ました。えー、何々。

■テーマ
自慰倒錯テイストのより倒錯度合いを深めたディープな作品

* ちょっと待て(汗

* ・・・そうですか。あの一人スパイラル急降下墜落娘の系統ですか。うわー(笑)

* 期待していいんだか期待しちゃいけないんだか。何かこー、かっなり複雑な心境ですけど、まあ、えろいのは間違いないでしょう。うん。頑張ってくださいTinkerBell様(笑)

*

へむ2「問題はー、あの系統だとえろさ云々以前にあまりにも突っ込みどころが多くて大変疲れる、とゆー事なのですが」
猪名川「・・・まあ、今度のはあそこまで急降下で墜落はせんやろ。多分」
へむ2「だといいんですけどねぇ。まあ、今回は最初から堕ちてるっぽいんで、確かに急降下ぶりは心配しなくていいかもー」

* ちなみに、その突っ込みどころ満載のステキさ爆裂のえろげー、『自慰倒錯』ですが。何か、今度DVDで出るそーです。単にメディアがDVDになっただけなのか、それともノベル形式に変わってるのか、その辺はよく分かんないんですけど。

* で、だからどうした、って言われると困るんですけど。まあ一応、情報の垂れ流し、とゆー事で。

-

* エスクード。『3周年記念おまけCD』を3/27に発送した、とゆー事で明日か明後日には届きそうです。わくわく☆

-

* はーい、そいじゃここまでー。最近、生活リズムが狂いまくってるんでぼちぼち直しにかかりませんと(苦笑)


今日も元気に秋葉原。

* 今日はバイトがお休みになったので昼から秋葉にお出かけです。

*

へむ2「とゆー訳なので。さあ! 秋葉にえろい物とかえろい物とかえろい物を買いに行きましょう!!」
あずさ「三回も同じ事繰り返すな(−− 一度言えば十分でしょうが」
へむ2「はっはっは。これは勢いを付ける為のおまじないですよ。んじゃ、ごー!」

* と、外に出た所で。

いきなり雨が強くなったり。

* ・・・・・・・・・・・・

*

へむ2「出かけるの、後にしよう。うん」
猪名川「弱ッ!!Σ( ̄ロ ̄;)
へむ2「やー。雨嫌いー(ぢたばた) やむまでお外出ないー」
あずさ「・・・まったくもう。子供か、アンタは(−−」

* とゆー訳で、上の文てーせー(笑) 今日はバイトがお休みになったので夕方まで寝てました。そっから秋葉にお出かけです。

*

猪名川「で、結局何買うん?」
へむ2「にゅ。まずは韓国生首ゲー日本語版ですにゅ」
あずさ「・・・そう。ホントに買うのね、アレ(−−」
へむ2「多分買う『だけ』になっちゃいますけどね。それでもやはり、人として買わねば。せーぶ・じ・あーす!!」
あずさ「何が『Save the earth』か(−− やりもしない癖に」
へむ2「いやぁ、なかなかその時間も取れなくってねぇ。やらんといかんゲームが溜まりすぎてますよ?」
猪名川「この一週間、『戦略娘』にかかりっきりで他のもん出来へんかったもんな」
へむ2「まあ、実はこっそり『催淫術2』もクリアしてたりするんですけどね。いずれにせよ、まだまだ積みが激しいのも事実です」
まるち「今、どれだけ積まれてるんですか?」
へむ2「さあ。その辺は後でまたチェックしてみましょう。今は買い物ですにょ」
猪名川「せやな。他には何買うん?」
へむ2「にゅ。もいっちょせーぶ・じ・あーす買いますにょ(笑)」
猪名川「・・・何やそれは」
へむ2「『ガイア』ですにょ。ステキな お店の店長さんにゃの 馬鹿ゲーの予感がしますにょ♪」
あずさ「? そう言えばステキなお店で思い出したけど。今日はあれも発売日?」
へむ2「発売日ですな。いや俺は買いませんけど。公平さを醸し出してるフリをするために話題にだけあげておきましょう」
猪名川「フリだけかい(−−」
へむ2「フリだけだ。とゆー訳でにゃのげっちゅ、本日発売ですにょ。どなたか買われた方がおられましたら、感想聞かせていただけると幸いですにょ」

* で、後は色々と背中押されたので『コミックカフェ』買って、これで今週&今月のえろげー査収終了。後で今月どれだけ買ったのか、まとめてチェックしておきましょー。

-

* んで。

* その後は128K対応なえあえっじを査収したり『Push』査収したりしてから帰還ルートに。そしたら何かマップの前にやたら人が並んでたり。むう、もう20時だ、つーのにナニゴトですか? こりゃ。

*

猪名川「んー、店員さんがおったんで聞いてみたでー」
へむ2「お、ナイス。で、何て?」
猪名川「何かなあ、『Wind』体験版の配布列らしいで」
へむ2「・・・ああ、なるほど。そゆ事かい」
あずさ「しかし、もうだいぶ遅いのに。みんな元気ねぇ」
まるち「そうですね(^^; 雨も降ってきましたのに」
へむ2「まあ、今の注目作ですからにょ。気持ちは分かるんですが・・・とりあえず、俺もいっちょ貰っておきますか」
あずさ「え。並ぶの?」
へむ2「体験版配布なら動き出したらすぐだよ。購入列と違って、ボトルネックになるとこ無いし」
猪名川「まあ、そらせやわな。まだ列動いてへんけど、もう時間やよってそれもすぐ動き出すやろし」
へむ2「じゃろ。だから大して時間かからん。それにまあ、この時間にじゃすとなうで俺様が立ち会わせた、いう事は俺に貰って行け、いう天の配剤じゃろ」

* とゆー訳で体験版貰ってきて帰宅。

*

はつね「お帰りなさい、お兄ちゃん!!(^^)」
かえで「・・・お帰りなさい」
へむ2「ほにゃ!? あ、あれ? はつねちゃんにかえでちゃん? 何で? いつ来たの?」
かえで「・・・ついさっきです」
はつね「春休みだから、遊びに来たの(^^)」
へむ2「あ、いや。それは分かるんじゃけど・・・いや、いきなりだったから」
はつね「うん、お兄ちゃん驚かせようと思って(^^) 驚いた?」
へむ2「そりゃーまあ。あー、うん。そっか。うん。いらっしゃい、はつねちゃん、かえでちゃん」
はつね「はーい。お邪魔しまーす(^^)」
かえで「・・・お邪魔してます」
へむ2「はい、ゆっくりしていって下さい(^^) ところで、晩ご飯食べた?」
はつね「ううん、まだ。お兄ちゃんと一緒に食べようと思って」
まるち「あ、それじゃさっそく準備しますね(^^)」
はつね「あ、私も手伝うよ、まるちちゃん(^^)」

* 帰ってからは晩ご飯食べたりごちゃごちゃ謎作業したりしながら、まずはせっかくなので『Wind』体験版起動。

文字スピードが遅いので1分経たずにやんぴ。

* ・・・最近、すっかり遅い物に対して耐性が無くなってしまった俺様です。でも、文字速度最高にした時くらい一瞬で表示してくれよう(笑)

* とりあえずお風呂が沸いたので一旦ここまで。

-

* お風呂あがってまたーりと。ちょっとでもみらー関連の話を。

* まずこっちから。えー、そゆー訳で上記のごとく、秋葉で『Wind』体験版ちょっぱらってきた訳です。が。

*

へむ2「これを下手にミラーするとろくでもなくアクセスが来て、自分サイトが見れなくなるのではないか、とゆー恐れが(笑)」
あずさ「・・・十分、あり得るわね」
へむ2「とゆーか、かなり本気で超でぃんじゃーな予感に襲われてますよ俺様。何が困るかって、自分の日記自分で見れなくなると、過去の記憶やら未来の予定やら記憶を呼び覚ますのが難しくなってですな」
あずさ「覚えてなさい、それくらいは(−− まあでも、わざわざ日記見に来て下さってる方にも悪いしねぇ」
へむ2「うむ。とゆー訳でですな、今回ちょっと普段と形変えて、とりあえず裏でだけ公開する事にしました。こっちが専用インデックスです」
まるち「はぁ。一括で圧縮したのと分割のがあるんですね」
へむ2「みゅ、90MBくらいありやがるのでとりあえず用意しました。で、裏の方ならアクセスが殺到しても俺は全然困りません。日記を読むのにも影響無しなので普段来てくださってる方に迷惑もかけずに済みます」
猪名川「体験版落とそ、いう人は接続蹴られて泣くかもしれんけどな」
へむ2「その辺はもー、さすがに今回はあきらめていただきたい。両方で公開したってどーせ大して変わんないし、何よりこれはあくまで『こっそりミラー』です。この程度のヌルさが本来お似合いですにょ(笑)」

* ま、そんな訳で、ホントにこっそりひっそり、でだけミラー。いや、いちおー表の方にもデータだけはあるんですけどね(笑)

#上述の事情によりリンクは張りませんが。でも、裏アドレスから表アドレスが類推出来る方はご自由にどぞ(笑)

* まあ、しばらく様子見て、アクセスが落ち着いてるよーなら、普段と同じ形式でミラーリストに載せてみますにょ。

(2002/03/31追記) minoriに怒られたので上、消しましたにょ。今はもうリンク先に飛んでもページは存在しません。通常ミラーも当然なしですにゃ。

-

* そいで、もいっちょ別ネタ。

* F&C『水月』デモWeb版公開。サイズ11MB。

* こっちは普通にミラー済み、っと。

-

* さて。

*

へむ2「にゅー。ほいじゃ、今月買ったゲームのまとめをしますかにょ!」
まるち「はい(^^) それではまず、3/1発売分から」
へむ2「にゅにゅ。さて、俺は何買いましたかな?」
あずさ「何故人に聞く(−− 自分で覚えてなさいよ」
へむ2「はっはっは、まあまあ。で?」
あずさ「まったくもう・・・でも、私は知らないわよ? その頃温泉行ってたし」
へむ2「おや? そーいやそーでしたな。んじゃはつねちゃん、俺、何買ったっけ?」
猪名川「・・・どーあっても自分で思い出す気は無いんやな」
はつね「あはは(^^; えっとね、お兄ちゃんがその日買ったのは、『巫 -かんなぎ-』に『しすたぁエンジェル』、それに『特別接待』だよ」
まるち「そうですね。3本買われて、その内2本はちゃんとプレイされてますね(^^)」
猪名川「ふーん。意外とプレイ率高いやん」
へむ2「うむ。しかし、一番面白いのだけプレイしてないのではないか、とゆー気がするのう」
はつね「あはは、そうかもね(^^) それで3/8は何も買ってないよ、お兄ちゃん」
へむ2「ふむ、なるほど。ありがとう、はつねちゃん」
はつね「どういたしまして、お兄ちゃん(^^)」
へむ2「では次、15日行こうか。ほれ、あずさ君、妹のステキっぷりを見習って君も思いだしたまえ」
あずさ「だーかーらー。自分で思い出しなさい、って言ってるでしょうが(−−メ アンタはその日、『妖獣クラブ』しか買ってないわよ」
へむ2「あれ? そだったっけ? 『戦略娘』は?」
まるち「あの、それは22日に延びました、ご主人様(^^;」
へむ2「あらららら。そーいやそだね、『催淫術2』と一緒に買ったんだし」
あずさ「まったく・・・はいはい、その2本が22日購入よ」
猪名川「? 『あの、素晴らしい  をもう一度』はどないしたん? あんた、あないにやる気満点やったんに」
へむ2「・・・聞くな。買い損ねた」
猪名川「は?」
へむ2「一瞬で売り切れて買えなかったの。俺、金曜バイトやからファンネルに頼んどったんやけどな。何や、各店舗とも20部ずつくらいしか入ってのうて瞬殺されたらしい」
猪名川「あららぁ。せやったんか」
へむ2「セカンドロットは4月中旬だそうだ。あーもう、今度は買い損ねん様、通販申し込んどくぞー」
あずさ「はいはい。で、今日29日が『ガイア』に『コミックカフェ』ね。だから全部で・・・8本?」
へむ2「みゅ、生首はえろげーとしてカウントしないんで、そうなりますな。で、積みゲーはどれくらい?」
かえで「・・・全部で、3本です」
へむ2「ふむ。つー事はプレイ率62.5%つー事ですか。しかも今日買ったのはまだプレイする可能性があるし。おお、意外とやるじゃん、俺♪」
あずさ「どこがだ(−− そういうのは、プレイ率を100%にしてから言いなさい」

* 結局、1月2月の結果と併せて現在積みゲーが9本。よしよし、まだ二桁に突入してませんよ? 偉いぞ、俺(笑)

-

* さてさて。

* 後はぐるぐるしておしまい。

* まず、日記系から一つ。

* うにゅ、お誕生日おめでとうございます〜。

* ・・・ところで話変わりますけど、『』の埋まらないCGは見れました? に話出た後、俺もつい他のゲームに走っちゃって放置気味なんですけど、まだなんでしたら誕生日プレゼント代わりに攻略情報でもまとめよか思うんですが(笑)

-

* 後はえろげ屋ぐる。

* 僕らのすたじお緑茶すたっふ日記が更新されて、新企画の一つである『天使&悪魔物』の登場キャラ、悪魔ちゃんのラフと簡単な紹介が載りました。こんな感じ。

『右は企画中の天使と悪魔の悪魔ちゃんです。気弱で、赤面症、貧乳〜というキャラです(謎)』

* 萌え。

* うむ、やはり悪魔娘はこーでないと!!(笑)

*

あずさ「いや、それは何かが全然違うし(−−」
へむ2「えー? だって、悪魔娘ってこーゆーもんでしょ?」
あずさ「それは限りなく歪んだ世界で限りなく歪められた認識よ。悪魔って言えば普通怖いもんでしょが」
へむ2「(ちっちっち)それは違うよ、ナルホド君」
あずさ「誰がナルホド君だ!?」
へむ2「悪魔でなく、悪魔娘。その差を理解していただけませんかね?」
あずさ「こ・・・この馬鹿は(−−メ」
猪名川「まーせやけど、こーゆーんはえろゲやらえろ漫画に出てくる悪魔の基本パターンの一つや、いうんは事実やで。ミスマッチなとこがええ、いうやっちゃね」
へむ2「まさにその通りだよ、猪名川君。やー、新作、楽しみですなー☆」

* とか言いつつ、これがホントに新作になるかどうかがまだ分かんないんですよね(ぉ おーい、いい加減どっちの企画が次の新作になるのか、はっきりさせてくださいよー(笑)

* あ、後、4/21発売の『テックジャイアン』でゲンガーの村正たてお氏が絵ぇ描かれてるみたいなんで、要チェック。>未来の俺。

-

* 創美研ガム日記更新・・・と言っていいものやら。とりあえずこれからは『短くてもなんとか毎日更新しようとおもいますぉ』つー事なので、頑張れガムたん。

-

* 。今日はエロゲーブランド最萌トーナメントで二回戦、とゆー訳で、またまたやってくれました。今度は『鯖くんスキーに挑戦』だそーで。意外に、つーか結構上手でビックリですにょ(笑)

-

* さくらねこ。新作、『逢魔ぷち怪討伝』の主題歌が公開されました。聴いてみましょう。

愛してる夢見てる♪(ぽえぽえ!) キスしてる笑ってる♪(ぽえぽえ!)
泣いている叫んでる♪(ぽえぽえ!) あなたのことを愛してるったら!

* ・・・あ〜〜〜。ええ感じや(笑)

* また、声優さん情報も公開されたよーです。春野日和さんにおねぃさん椎名泰子さんに歌織さん、そして草柳順子さん。それぞれどんなキャラ担当されてるかはリンク先参照。とりあえず春野日和さんのキャラは袴娘ですにょ。

* ・・・・・・・・・・・・

* そこはかとなく、狙われてる気がします俺様(笑) むう、今まで完全にアウトオブ眼中でしたけど、購入検討してみますかあ。

*

へむ2「つか。これ、キャラ紹介が色々こー・・・何て言うか、その、さりげにろくでもないですよ?」
はつね「なんなんだろうね、この『ヒヨコ戦隊・ピヨレンジャー』って(^^;」
猪名川「・・・女教師の『何度エッチしても処女膜が再生してしまう程度の再生能力しか持っていません』つーんもなあ」
へむ2「いかん。これは・・・声優さん絡みのもんが無くても俺が買わんといかん系のゲーム、つー気がしてきましたよ、おにーさん」

* とりあえず発売は5月予定。来月の後半になったらまた検討してみましょう。

-

* うにゅ。

* んじゃ、明日は庄田さんと約束がありますし、遅れない様にさっさと寝ますにょ。お休みなさい。

*

あずさ「待て(−−」
へむ2「にょ?」
あずさ「寝る前に、明日必要な物を全部揃えておきなさい。アンタ、朝はぎりぎりまで寝てるんだから」
かえで「・・・約束はお昼過ぎなんじゃ?」
あずさ「こ・の・馬・鹿・は!(ぺしぺしぺし) 昼まで寝るのよ!! ほっといたら!!!(ぺしぺしぺしぺしぺしぺし)」
へむ2「はっはっは。痛いじゃないか、やめたまえヨあずさ君」
あずさ「やかましい! とにかくほら、さっさと揃える!!」
へむ2「ふっ。安心したまえ、あずさ君。ゲームはここにほら、ちゃんとまとめてあるのサ!!(きらーん)」
猪名川「お〜〜(ぱちぱちぱち) 偉い偉い、やれば出来るやん」
へむ2「ふっふっふ。その調子でもっと俺様を崇め奉れいぃっ!!」
猪名川「・・・(−−メ 調子にのんな、アホ(すぱーん!!)」
へむ2「ふみゃ! みゅう、でも、安心したっしょ? あずささん」
あずさ「・・・CDは?(−−」
へむ2「にょ?」
あずさ「CDも2枚、持っていくんでしょ。どこにあるのよ?」
へむ2「・・・にょ?」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「待て。いや、ちょっと待て。今探し出すから!!」
あずさ「まったくもう・・・ほら、それじゃ私はあっちの方探すから。アンタはこっち探してなさい」
へむ2「へーい。みゅう、しかし一体どこへ(ごそごそ)」
まるち「あ、お手伝いします、ご主人様(^^;」
まるち「私も(^^; えっと、お姉ちゃんの方手伝うね」
かえで「・・・私も」
猪名川「ええ娘やなあ、はつねちゃんもかえでちゃんも。頑張りやー、みんなー」
へむ2「て、お前も手伝わんかい、コラ(−−メ」

* いや、まあ、とりあえずめっかったんですけどね、CDも。しかし、何でほんの数週間前に見た物が行方不明になるのやら。謎ですにょ(笑)

-

* でわ、今度こそお休みなさい。


電車の中からえあえっじ。

* えーと。

* 昨日の続き、って訳でもないですが、情報。

新ブランド作りました。

* 名前は『鱚』。読み方は『きす』

* ・・・まあ、それ自体は別にごく普通の事なんですけど。えーとその、何て言うか。

全部ネタじゃねぇだろうな?(汗

* いや、こう言っちゃ悪いかもしれませんが。何つーか、この方達からはそのー、ウケるためなら何でもするぞ、つー匂いがするのですが(笑)

*

猪名川「一応、『ネタやない』て書いてはあるけどなあ・・・」
へむ2「分からんぞ〜。それまで含めて壮大なネタなんかも」
あずさ「それは・・・無いとは思うんだけどねぇ」
はつね「そうだね(^^; いくらなんでもそこまでは」
かえで「・・・一足早いエイプリルフール?」
へむ2「かもしれん。まあ、もーちょい様子を見ますかにょ。おにーちゃん、何か素直に信じる気になれませんですよ(笑)」

* つーか、新ブランド立ち上げてる間ぁがあったらとっとと『虚街奇譚』つくらんかい、とゆー気もします。ホントに出るんでしょうか、アレ(笑)

* あ、ちなみに。トーナメントでは、勝ちました。これで三回戦でも鯖くんの活躍が見れますにょ(笑)

-

* さて。

* それはそうとして、今日は庄田さんにゲームを渡す約束があるので秋葉にお出かけです。

*

あずさ「結局、ギリギリの時間になるんだから・・・(ぶちぶち)」
へむ2「いーじゃん。ギリギリだけど間に合うよ。この電車に乗れたなら後は遅れる要素無いし」
あずさ「そりゃそうだけど。でも、家出る時ドタバタするでしょうが」
へむ2「はっはっは。いーじゃん、それくらい」
あずさ「良くないわよ(−− ドタバタするとアンタ大抵なんかミスするでしょうが」
へむ2「はっはっはっはっは。心配性ですな、あずさ君は」
あずさ「あーんーたーが! 間抜け過ぎるだけでしょうが!!(−−メ」
はつね「あはは(^^; 相変わらずだね、お兄ちゃんもお姉ちゃんも」
かえで「・・・・・・(くいくい)」
へむ2「にょ? 何、かえでちゃん」
かえで「・・・両手が、空です?」
へむ2「ほえ? 両手? 俺の?」
かえで「・・・はい」
あずさ「え?」
まるち「あ」
はつね「あ(^^;」
猪名川「・・・あ〜あ(−−」
あずさ「あ、アンタ!! 今日受け渡しするゲーム、どうしたの!!!」
へむ2「えーと。おかしいな、確か家出る前はこの手に持ってたハズなんだけど(わきわき) ありませんよ?」
あずさ「ありませんよ、じゃなーい!! ど、どこで無くしたの!?」
へむ2「まあ、落ち着きたまえあずさ君。とりあえず、今は無い。まわりを見ても落ちてないから、今ここ、電車の中で落とした訳じゃあない」
あずさ「そんなのは見れば分かるわよ!! だから、どこで落としたの!!!」
へむ2「えーと。ホームでは落とした可能性が無いし」
猪名川「ホーム着いたら電車が来とったよって、すぐ乗ったもんなあ」
へむ2「改札を通る時、定期出すんで手ぇ離した・・・可能性も無いな」
まるち「そうですね(^^; あの時、何かを手から離したりはしませんでしょうし」
はつね「て言うかお兄ちゃん、その時にはもう無かった気がするよ?(^^;;;」
へむ2「むう。と、ゆー事はだ。つまり、家出る時から持ってなかった、とゆー事だな」
猪名川「何でやねん。出る直前に荷物チェックしとったやん、あんた」
へむ2「待て待て待て。思い出したぞ。あれだよあれ、ほら、靴履くんにいっぺん荷物置いて。そんで靴履いたら立ち上がって鍵を手に取った。うん、そこで『何かを手に取る』とゆー予約行動がクリアされたせいで荷物の事すこーんと忘れちゃったんだな」
まるち「・・・ご主人様〜(^^;」
はつね「お兄ちゃん・・・それは、あまりにも間抜けだよ〜(^^;;;」
あずさ「こ・・・この、大馬鹿ーーーーーーっ!!!
猪名川「えいみー。いや、本気で間抜けや思うで、うちも」
まるち「な、なんでそこでえいみさんのお名前が?(^^;」
猪名川「ん? やー、ほら、大馬鹿てきたから、なんとなく」
へむ2「ふむ。枕詞とゆーやつですな」
あずさ「何落ち着き払ってんのよこのスペシャルミラクル馬鹿!! とっとと取りに戻りなさーーーーいっ!!!」
へむ2「・・・いや、そう言われても。電車が次の駅に着かん事には何も出来ないですよ?」
あずさ「うるさいうるさいうるさーーいっ!! とにかく、とっとと何とかしなさーーーーいっ!!!」

* まあそゆ訳で。次の駅で降りて家帰ってブツ取って再び秋葉へ。そのせいで結局15分くらい遅れてしまいました。すみません(^^;

*

へむ2「と、まあ、こーやって書くとまるででっちあげネタみたいに聞こえますが。問答無用で実話です。手から離した物は爽やかに存在を忘れ去る、俺様の面目躍如、つー所ですな」
はつね「・・・ダメだよお兄ちゃん、忘れたら(^^;」
あずさ「て言うか、開き直るな(−− 何が面目躍如か」
猪名川「つーかやな、そうやって実話や主張する程嘘くさくなる気もするで?」
へむ2「そうは言うてもなあ。こんなん、聞いてすぐホントやて思えへんやろ。俺が荷物手放してから靴履いて立ち上がるまで、ほんの10数秒しか経ってへんねんぞ?」
猪名川「まあ、確かに普通それで忘れへんとは思うけどやな」
へむ2「じゃろ? 俺だって人がこないな事言うとったら嘘かネタや思うぞ」
あずさ「・・・そんな嘘かネタとしか思えない事を実際にやるな、馬鹿(−−メ」
へむ2「はっはっは、まあまあ。電車の中に忘れるよりかは家に忘れた方が被害は少ないだろう?」
あずさ「それはそうだけど、そういう問題じゃなーいっ!!!」
へむ2「そういう時は、『忘れたけど気が付いてよかった』って考えるの♪」
あずさ「『よかった探し』もやめなさい(−−メ」
へむ2「れっつ、ぽじてぃぶしんきーん!!」
あずさ「アンタのはポジティブじゃなくて単に現実逃避だ!」
へむ2「・・・むう。あずさ君、何でもかんでも否定して。じゃあ俺にどうしろって言うんだい?」
あずさ「反省しなさい、反省を(−−メ」
へむ2「反省だけなら猿でも出来ますが?」
猪名川「つまりあんたは猿以下やと」
へむ2「失礼な! 俺だって反省くらい出来ますよ?」
あずさ「えーい、もうアンタの寝言は聞き飽きた!! とにかく、とっとと反省して、次から二度とこんな事はしないと誓いなさい!!」

* 無理です(断言)<誓い

* まーでも、さすがにちょっと今日のは間抜けやなー、と自分でも思うんで、今後は少しだけ気を付ける事にしますにょ(笑)

-

* さてさて。

* 昼の事は後で書く事にして、現在夜の22時過ぎ。電車の中からえあえっじで接続してぐるぐるしながら日記書きです。テストとして、このまま日記Upしてみますにょ。

-

* ・・・と、書いた所でバッテリーが切れる罠(笑)

* みゅう、えあえっじで常時接続はいいんですけど、やっぱりその分電源消費も増えてるよーで。これではちと、実用には耐えれませんなあ。LLLバッテリーでも注文しようかなあ。

* はい、んじゃ電源のある場所に帰って来た所で、改めてここまであーっぷ。

-

* 時間戻して昼。そーゆー訳でちょっと遅れて秋葉着。そっからさらに、庄田さんさんの顔が分からなくて(会った事無いんだから当然ですな)さらにしばらくうろうろ、とゆー一幕があったんですがその辺割愛(笑)

*

へむ2「つーかですな。よく考えたら前もってPHSの電番メールでもしときゃ良かったんですよね」
猪名川「・・・まったくその通りやな。何でせぇへんかったん?」
へむ2「うむ。理由は簡単で、今までまったく全然思いつかなかったからである。やー、普段あんましメール使わん生活してるもんじゃけねぇ、つい」

* で、まあそれはさておき。

* 実は出会って挨拶が済んで、最初の話題が『おねぃさんロックンロール』だったりするのですが。これは一体どーゆー事なのでしょうか(笑)

* ・・・おねぃさんって偉大だなあ(笑)

* で、その後は庄田さんちゃん様が書かれてる通り、秋葉一通り回ってからNecca行ってだらだらと。なかなか楽しい時間ではありましたが、Neccaにとっては、ろくに注文もせずに居座る悪い客ですね。俺ら(笑)

* そんで、19時過ぎ解散。その後はちょっと秋葉戻って少し買い物した後、池袋へ。

*

あずさ「て、こんな夜遅くになんでこんな所に」
へむ2「うむ、はつねちゃんとかえでちゃんに夜遊びを教えてあげようと(ごすっ)」
あずさ「・・・殴るぞ。本気で(−−メ」
へむ2「えうー。殴ってから言った〜」
あずさ「まだ本気じゃないわよ。次は本気で殴る、って言ってるの(−−」
はつね「あ、あはは(^^; で、お兄ちゃん、ホントは何なの?」
へむ2「うむ。ここにはナンジャタウンいうのがあってですな」
はつね「うん、あるみたいだね。それで?」
へむ2「や、そこでね? 中に隠されてるスタンプ108個集めると一年間入場券やらがやたら安くなるスーパーナンジャビザ、いうのがあってさあ」
かえで「・・・だから?」
へむ2「ん、それでね? 前持ってたパスポートが今月切れた訳よ。だから、この前新しいのにチャレンジしたんじゃけど、そん時は一日じゃあ全部集めきれなくてねぇ」
猪名川「・・・つまり、うちらに手伝え、言うんやな?」
へむ2「ぴんぽーん。やー、今月中に全部集めないと、またスタンプの場所が変わるんでさあ」
あずさ「だったら明日行けばいいでしょうが。何でわざわざこんな夜になって(−−」
へむ2「はっはっは、理由は簡単。これ、すごく疲れるんだわ。ずっと歩いてないといかんわ、すげぇ分かりにくい所にスタンプが隠されてるから集中力使うわで。一日2時間くらいが限度なのよ」
あずさ「だから何よ? それと今日行くのと、何か関係がある訳?」
へむ2「うむ。つまり、明日一日では集めきれない可能性が異様に高いので、今日もやっておこう、とゆー」
あずさ「・・・ああ、そう(−−」
猪名川「て、つー事はひょっとして明日もやるんか?」
へむ2「今日集めきれなかったら、そうなりますな」
猪名川「明日はうち、覚醒夜5やで?」
へむ2「うん、知ってる。行ってらっしゃい」
猪名川「何やー、アンタ来ぉへんの?」
へむ2「行けたら行く。行けなかったら行かない。まあ、神様にでも祈っててくれい」

* とゆー訳で、20時過ぎから閉園までの2時間弱、ナンジャタウンをぐるぐる歩いて、やっぱり全部は見つからず。むう、残念。

*

まるち「でも、スタンプ、新しく3つ見つけました〜(^^)」
へむ2「うむ、大成果である。ありがとう、はつねちゃん、かえでちゃん☆」
はつね「あはは(^^) でも、あずさお姉ちゃん達も頑張ってたし、お礼ならあずさお姉ちゃん達にも言ってあげてね」
へむ2「うむ。よくやったぞ、あずさ君、猪名川君、そしてまるち」
あずさ「はいはい、どーいたしまして(−−」

*

* ・・・しかし、やっぱ疲れますわ、これ。一年間のお金節約の為に頑張りますけど(笑)

-

* で、時間軸を現在に戻して。

* そーゆー訳で夜中。ちょっと今日は疲れたので後はデモ関連だけでおしまいですにょ。

* シューティングスター『LOVERS〜恋に落ちたら…〜』店頭デモ公開。サイズ37MB。

-

* DISCOVERY『人妻×人妻1.5』デモ公開。サイズ16MB。

* いじょ、両方ミラー済みにょ。

-

* んじゃ、お休みなさい。


[弥生日記一覧] : 2002/03/31 : (コメントが2件あるにゅ)

怒られまちた。

* 朝、起きたらminoriからメールが来てました。

* と、だけ書けばまあ後は説明不要な気もしますけど。よーするに先日の体験版ミラーに関して怒らりた訳で。

*

へむ2「もっとも、こんな事してればいつかは来るだろうなー、と確信はしてましたが。でもみらーやり始めて半年。早かったのか遅かったのか・・・とりあえず一件目、と」
あずさ「まあ、それはどうでもいいから。で、消すの?」
へむ2「そりゃ消しますよ。著作権的にゃグレーぶっちぎって黒な自覚くらいありますし、言われりゃ消すしか無いですわな」

* つー訳で、今から消しますにょ。とりあえずそんだけ、告知です。

-

* さて。

* それはそうとして、今日は日曜日なのでギャラクシーエンジェルです。

*

へむ2「しかも最終回。悲しいですなー」
はつね「しょうがないよ、お兄ちゃん(^^;」
あずさ「まあ、DVDで新しい話がどうせ出るし。いいじゃないの」
へむ2「まーにゃー。そいではー」
かえで「・・・始まります」

* 第十七話。今回は嘘天然話な模様・・・あ、蘭花イカす(笑)

*

へむ2「で、ふむ。嘘天然が大凶運ですか。珍しく元設定通りな話ですな」
はつね「そうなの? お兄ちゃん」
へむ2「うむ。あの娘はとにかく運が極端から極端に振れるんだ、と前に水野のおっちゃんがゆーとりました。だからこーゆー揺り返し話はアリでしょう」

* ・・・とは言え、この凶運。

すっげ迷惑だなおい。

* 凶運なら凶運で、自分でだけ被ってりゃいい物を。他人まで巻き込むんじゃねーよ(笑)

* まあ、やっぱり自分の手を汚さず他人を使うミントちゃんが見れたんで、とりあえず良し、っと。

-

* 第十八話、最終回。

* きゃ〜〜〜♪ ミントちゃんの制服がトレーディングフィギュアバージョンに〜〜〜♪♪♪

*

へむ2「なるほどー。あのトレーディングフィギュアはこの伏線だったのか!!」
あずさ「いや、それは逆だと思うんだけど(−−」
はつね「そうだよね(^^; きっと、フィギュアに併せてアニメの方、作ったんだよね」
へむ2「ま、どっちでもいいです。とりあえず、前に撮ったフィギュアの写真、再掲しときましょう。左から二番目がトレーディングフィギュア版ですな」

* そんで、エンジェル隊お色直しが済んで本編へ。

* ・・・え〜〜〜〜〜〜〜と。

コメント不能(汗

* ちょ、ちょっと何ですか? 今日のこの、視聴者おいてけぼりのはじけっぷりは。いや、えーと、どっから突っ込めばいいんでしょう、俺(笑)

*

へむ2「とりあえず、何とか気を取り直してこれだけ。またそういうオチかーーいっ!!
はつね「あはは(^^; 前の時と同じ様なオチだね」
あずさ「・・・本気で第三期シリーズやる気じゃない? この人たち」
まるち「かもしれませんね(^^;」
かえで「・・・ノーマッド、かわいそう」
へむ2「いや、アレの扱いは結構いつでもあんなもんだけど。どっちかってぇと蘭花嬢の方がかわいそうな気が(笑)」
はつね「そうだね、豚はちょっと(^^; でも、何で豚なんだろうね?」
へむ2「きっと制作スタッフが蘭花いぢめるの好きなんだろう。しかし・・・う〜〜〜む、ホントに何だったんだ、今回の話は」

* なお、今回二話ともヴァニラ嬢がやたらイカしてたのを最後に言及しておきます。つーか第二期シリーズ、全体的にヴァニラ嬢に力が入ってた気がしますな(笑)

-

* さてさて。

* そいじゃ、朝ご飯食べてお出かけですにょ。

-

* ちょっと時間かっとばして夕方。昼の事は後で書くとして、とりあえず謝罪を。

* えーと、デモミラー。昨晩書き換えたつもりでローカルしか書き換えてませんでした。今まで気が付かなかったですよー。ごめんにょ(^^;

* で、ついでにデモ公開情報。

* すたじおみりすで新作『SinsAbell〜緋昏し空の遠く〜』の情報公開&デモ公開・・・て、何かいきなり『むび中に誤字があったにゅ』て差し替えられとりますな(笑)

* とりあえず修正前のも手元にゃあるんですけど・・・ま、いいや。普通に修正後のみミラー、と。サイズ18MB。

* ところで、新作情報トップにあるEnterの文字。何かwebradio.htmlとかゆーファイルにリンク付けられとるんですけど。何ですか? これ。今の所リンク先は存在せんよーですが。

-

* にゅ。

* ちょいと眠いんで少し仮眠ー。

-

* 夜。

* 起きました。つー訳で時間戻して昼。

* 昨日に引き続きナンジャタウンへ行きました。

*

へむ2「さて。残りスタンプは3つ。2つがマカロニ広場で1つがもののけ番外地です」
まるち「もののけ番外地のが、どうしても見つからないんですよね(^^;」
へむ2「うむ。前回も前々回もそこで体力を消耗してしまったのが敗因だと思われます。とゆー訳で、今日は作戦を変えてマカロニ広場から行きましょう。えいえいおー」
はつね「えいえいおー!(^^)」
かえで「・・・お〜」

* とゆー訳で勢いを空回りさせつつ探索開始。見つかる時はけっこー簡単に見つかるもので、そんなに苦労せずにマカロニ広場はクリアです。

*

へむ2「よーしよしよし。後は何回チャレンジしてもめっからんもののけ番外地だけですにょ!」
あずさ「・・・あそこ、暗いからすごく探しにくいし、疲れるのよねぇ(−−」
へむ2「まったくもってその通りですが。しかし、ここまで来て一つだけめっからなくてアウト、つーのはあまりにももったいない。ここは不退転の覚悟で頑張りますにょ!Σd(>ω<)」
まるち「はい! 頑張りましょう!!」
あずさ「・・・ううっ。私も由宇と一緒に都産貿行くべきだったかしらねぇ」

* とにもかくにも、覚悟を決めてもののけ突入。いざとなったら人に聞きまくって教えて貰う所存です(笑)

* で。

探索始めて5分で発見。

* ・・・・・・・・・・・・

*

まるち「お、おめでとうございます、ご主人様(^^;」
へむ2「あ、うん。ありがとう。しかし・・・」
はつね「・・・何で、見つからなかったんだろうね、昨日(^^;」
へむ2「おっかしいなあ・・・何度も何度も何度も何度も何度も何度も見てるのに、この辺」
あずさ「まあ、いいじゃない。見つかったんだから。それより、この後どうするの? 予定よりだいぶ早く終わっちゃったけど」
はつね「遊んでいく? お兄ちゃん」
へむ2「むう。はつねちゃん、そのセリフはもっと色っぽく言って(ごずっ)」
あずさ「でも、今日は人が多いしねぇ。遊んでいく、って言っても待ち時間長くて疲れそうよ?」
へむ2「・・・殴った〜。あずさ君が殴った〜。かなり本気で殴った〜(泣」
あずさ「うるさい、黙れ(−−メ」
かえで「・・・大丈夫ですか?」
へむ2「ううっ、かえでちゃんは優しいねぇ」
あずさ「かえでも、そんな馬鹿は放っておきなさい(−− で、どうすんのよ?」
へむ2「しくしくぽん。あずさ君は優しくないねぇ」
あずさ「・・・で、どうすんの?(−−メ」
へむ2「みゅ。確かに人が多すぎてアレですんで、外出てお昼にしましょう。ここの地下に確か、おいしいオムレツ屋さんがあるですよー」

* つー訳でラケルに行って遅いお昼ご飯。なんですけどそれはちょっとさておき。

*

へむ2「・・・うわぁ。ねーねー、あのウェイトレスさんさあ」
はつね「? どうかしたの? お兄ちゃん」
へむ2「いや、その。あのお嬢さん、左右の三つ編みおさげに眼鏡ですよ」
あずさ「・・・だから何だ(−−」
へむ2「いや、ほら。なんて言うか、あーゆーお嬢さん見ると妙に嬉しくなりません? うわー、まだ日本に生き残ってたんだ」
はつね「生き残ってたってお兄ちゃん(^^;」
へむ2「だって! 最近の若い娘ってば髪の毛染めたりパーマあてたり!! あーゆー素朴な娘って見ないんですもん!!!」
はつね「それはそうかもしれないけど(^^;;;」
へむ2「いやー。何て言うかこー、セーラー服来て図書室で本読んでる姿がすっごくよく似合いそうですよねぇ。いいなあ(わくわく)」
かえで「・・・三つ編みが、お好きなんですか?」
へむ2「いや、好きか、って言われるとそーでもないんじゃけど。ただ、いいなあ、って」
あずさ「この腐れダメ人間が(−−メ」

* やー、食事も美味しかったですし。しゃーわせ(笑)

-

* さてさてさて。

* 再び夜。そーいや今週のぱにょぱにょぷちこの感想書いてなかったなあ、と思い出したのでさっそく。今週は『怪盗デ・ジ・キャラット団参上にょ!』。新シリーズ突入で、でじこらが悪人から物を盗む正義の怪盗団に。

『待ってられないのが泥棒ゲマ!』
『ここまでおいでみゃ〜♪』
『怪盗デ・ジ・キャラット団は誰にも捕まえられないにょ!』

* 語尾だけで正体がバレそうな気がします俺様(笑)

* で、よい子の怪盗団の人気に嫉妬したデジデビルが余計なちょっかいかけてきて。でも、最後はやっぱり返り討ち。いつものパターンですが・・・

* ・・・今回、何か時間が長くねっすか? 気のせい?? いつもってOP歌込みで5分で終わってた気がするんですが・・・本編だけで今回、5分以上あるよーな。はて?

* ま、それはさておき。次回は『キレイなものってなにかにょ?』と。

-

* 今週のぷちこ。

* 盗んだお金を空から一心不乱に撒いているぷちこ、ナイス。

-

* うさだ。

* やっぱり出番無し。せめて子供役としてなんか使ってあげればいーのに(笑)

-

* 最後に。

* ぱにょぱにょぷちこのDVDの宣伝が流れたので見てみました。1巻は12話収録で初回特典には全4巻収納DVDボックス。

* ・・・てぇ事は、ひょっとして全部で48話もあるんですか? これ(笑)

-

* にょ。

* 後はぐるぐるー。

* 日付が変わる直前くらいにうち、21万ヒットでした。いつもありがとうございます、皆様。

-

* ゲーム屋。

* IMAGECRAFT『I-DOLL〜アイドル〜』OPデモ公開。サイズ16MBでミラー済みにょ。

-

* で嘘企画。俺はぐりぐりのが一番馬鹿で好きですな(笑)

* ・・・しかし、なんでこーゆー日に嘘つき本舗に更新が無いんでしょーか? おかしいなあ、一番喜んでやりそうなのに(笑)

-

* すたじおみりす。『アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局』が開局です。あーなるほど、新作『SinsAbell〜緋昏し空の遠く〜』のトップにあった謎のリンクは、これのソースファイル流用したからなんですな(笑)

-

* にゅ。

* んじゃここまで。再びお休みなさい。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]