まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



パニック系。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


[卯月日記一覧] : 2002/04/17 : (コメントが3件あるにゅ)

二次元の日。

* 今日は4/17ですので。

*

猪名川「隔月恒例! 二次元ドリームマガジンの感想コーナーーーーーッ!!!」
あやか「わー(ぱちぱちぱちぱち)」
せりお「(ぱちぱちぱちぱち)」
あずさ「・・・て、何でアンタらここにいるの」
猪名川「や、ほら。例の『晒し上げ』の件でやな。なんや面白そうやん?」
あやか「いやー、いきなり由宇が訪ねてきてね? 誘われたのよ、私」
せりお「私は、あやか様付きのメイドですから」
あずさ「いや、アンタ達二人はともかく。何、由宇、わざわざそんな事の為に神戸から出てきたの?」
猪名川「おもろい事があるんやったらどこやかて行くでー♪」
へむ2「別にそんなに面白い事でもないと思うのだが。まーいいや、とにかく始めよっか。まずは過去のデータだ、まるち」
まるち「あ、はい(^^) ええっと、第1号の感想がこちらで、第2号の感想がこちらです〜」
せりお「そして、第3号の感想がこちらですね。記述ルールも、いつも通りですか?」
へむ2「いつも通りですにょ。んじゃ、さっそく・・・」
猪名川「レディ・ゴーーーーッッ!!Σd(>ω<)
へむ2「・・・何でこんなにテンション高ぇんだ、こいつは」
あずさ「さあ。徹夜明けなんじゃない?」
猪名川「(ちっちっち)甘いなあずやん。今でうち、78時間起きとるで」
あずさ「威張るな、そんな事(−−」
へむ2「て言うか、世界がぐにゃりと歪む前に寝れ、こんスットコドッコイ」
猪名川「うわ、ひっど〜。原稿に追われる中、無理に時間作って来てやった親友に対して言うセリフかいな、それが」
へむ2「誰が来いと頼んだか。て言うか誰が親友か。」
猪名川「うち。うちうち」
へむ2「黙れウチウチゼミ。まだ夏にゃ早ぇんじゃけ、コンクリの下に埋まって時を待ってろ」
あやか「・・・ウチウチゼミ?」
猪名川「ウチウチゼミ。日本全国、人の住める場所で有ればどこにでも生息している。セミと名が付いてはいるが、実際には昆虫でなくほ乳類である」
へむ2「その生態は謎に包まれているが、年に二度、8月と12月になると突如帝都を目指して移動を開始する事が知られている」
あずさ「て、コラ(−−メ 待ちなさいアンタら」
へむ2「そうだぞ猪名川。冗談はたいがいにしておきたまえ」
猪名川「うわ。うち一人が悪いんかいな?」
へむ2「当たり前じゃないか。なあ、あずさ君?」
あずさ「アンタも同罪だ(−−」
へむ2「がーん。うわーん、あやえもーん! あずあずが虐めるよーう!!」
あやか「・・・いや、そんな事言われても。どう考えても自業自得じゃない?」
へむ2「ががーん。うわーん、まるち〜!!」
まるち「あ、は、はい(^^; ええっと、あの、元気を出してください、ご主人様」
へむ2「ううっ、まるちは優しいねぇ。よしよし、お礼に頭をなでてあげよー(なでなで)」
まるち「あ、あ、ありがとうございます〜(^^)」
猪名川「あ、えーなー。うちもなでるー(なでりこなでりこなでなでなでなで)」
まるち「はわわわわわわ(^^; あ、あの、もう少し普通に〜」
へむ2「がうっ! まるちは俺のだから猪名川はなでるんじゃないっ!!」
猪名川「ケチな事言うないや〜。ええやん、これくらい」
へむ2「だーめー」
猪名川「えーやーん。なあなあなあ、うちとアンタの仲やんかー」
へむ2「はぁ? どんな仲だ、一体」
猪名川「深い仲ー♪」
へむ2「はっ! 一体ナニが深いな・・・」
あやか「不快な仲?」
あずさ「んー。腐界の中」
あやか「じゃ、迂回」
あずさ「歌い」
あやか「うまい?」
へむ2「・・・・・・」
猪名川「・・・・・・」
あずさ「ウザイ」
あやか「うざ・・・うざ・・・うがい!」
あずさ「薄い」
あやか「あー、もう! えーと、えーと」
へむ2「・・・て、一体何やっとるんですか、そこのお嬢さん方」
あずさ「ん? いや、暇だったから」
へむ2「暇だったからってアンタ。何でそんな訳わからん事を」
あずさ「だから、暇だったからよ。ねぇ?」
あやか「そーそー。だって始めるー、って言っときながらちっとも始めないんだもん」
へむ2「みゅう。猪名川ー、おまいのせいでみんなが退屈してるでないかね」
猪名川「うわ。うち一人が悪いんかいな?」
へむ2「当たり前じゃないか。なあ、あずさ君?」
あずさ「アンタも同罪だ(−−」
へむ2「がーん。うわーん、あやえもーん! あずあずが虐めるよーう!!」
あやか「・・・て、またループするの?」
へむ2「・・・ちっ、気付かれたか」
せりお「普通、気付くと思いますが」
へむ2「いや、だって現に気付いてない人が二人ほど」
あずさ「別に気付いてない訳じゃないわよ(−−メ」
猪名川「うちかて気付いとったで! ・・・で、何が?」
あずさ「本気で寝なさい、アンタ(−−」
猪名川「何言うてんねん!? うちはまだまだ元気やで!!??」
あずさ「心の底から信用出来ないから黙りなさい。あーもう、いいからとにかく始めるわよ!」
猪名川「はーい。ほな、隔月恒例ー♪」
せりお「二次元ドリームマガジン、感想コーナー」
へむ2「始まるにょーーっ!!Σd(>ω<)
あずさ「・・・まったくもう。やっとね(−−メ」
あやか「て言うかせりお。何でコールに参加してるの?」
せりお「はい。まるちさんに代わっていただきました」
まるち「はい〜、せっかくですから〜(^^)」
あやか「ああ、そうなんだ。良かったわね、せりお」
せりお「はい」
あずさ「・・・良かったの? ホントに??」
へむ2「て言うかキミら。キミらがそこでいつまでも雑談しとったら始めれへんがな」
まるち「あ、す、すみません〜(^^;;;」
あやか「あーゴメンゴメン。もう黙るから」
へむ2「にょ。んじゃ、れっつごー♪」

* とゆー訳で、異様に前フリが長くなりましたが二次元ドリームマガジンの各作品の一言感想のコーナーです。やー、ホントに4号が出るなんて、1号が出た当初は99%の人が考えてなかった快挙ですよー(笑) これからもこの調子で頑張ってくだちぃ☆

* んで、まずは連載作品。5作品中4作品が最終回を迎えております。次号から一体どうなるんでしょ?

* 『くノ一淫闘帖』(綾守竜樹/B-RIVER)

* えろキーワード:蟲・強制発情・口淫・墜ちる

* 今回はヒロインの巴ちんでなく、薊様が犯られるお話。例によって強制的に発情させられた上で淫術勝負を行う羽目に陥って、口使って攻撃するも逆襲を受けて陥落、と。期待を裏切る事の無い、非常に使い勝手の良い作品に仕上がっておりますな(笑)

* なお、この『くノ一淫闘帖』。5月上旬に単行本化だそーです。いぇーい♪

*

へむ2「しかも、4割〜5割加筆訂正されるそうですよ?」
猪名川「・・・ただでさえ濃いぃんになあ」
あやか「この上、さらに書き足しするの?」
へむ2「するんでしょう。何か、前号から今号にかけての部分で豪快にはしょられてるえろシーンがあるみたいですし。まあ、後への伏線なんかもしれませんけど、ここで加筆、と考えれば十分納得いきますな」

* しかし、ホンマに『みっちり』って言葉の異様に似合う小説になりそうですな、この単行本(笑)

-

* 『大江戸エルフ無頼帳』(羽沢向一/せんばた楼)

* えろキーワード:乳・レズ・ふたなり・強制発情・乱交

* みゅー、ちょっと駆け足。えろ部分は正味半分で、残りは話を落着させるのに使われております。まあ、小説としては正しい構成なんでしょーが、正直納得いきません(笑)

*

へむ2「やっぱしこー、あのエルフのねーちゃんが堕ちる話、見たかった思いません?」
猪名川「同意求められても困るけどやな。せやけど、仮にページが全部えろやったとしても、多分そないな話にならへんで?」
へむ2「そーなんですよねぇ。羽沢先生、メインヒロイン堕とすの苦手、つーか嫌いみたいですからねぇ」
猪名川「最後は正義が勝つ、いう話ばっかやもんな」
あやか「ふーん。そうなんだ」
へむ2「メインヒロインが墜ちて終わったのって『サンダークラップス2』くらいでないかい。万歳、ストーリーテラー」
猪名川「せやけどあれも3での逆転が前提での堕ちやったしなあ。つーかアレ、メインヒロインちゃうやろ。あのシリーズのメインヒロインてフレアやんか」
へむ2「そらまーそですが。でも、俺スノーウィングのへにゃちょこぶり、結構好きっスよ」
あずさ「いや、その辺別にどうでもいいけど。話、ズレてるわよ?」
へむ2「おおっと。まあそーゆー訳で、俺様羽沢先生の書く堕ちるヒロインが見たいなあ、と思う訳ですよ、うん」

* その結果小説自体がダーク系のバッドエンドを迎える事になっても全然俺は気にせんのですが。やっぱ、こーゆー意見ってメジャーにゃなれないんですかねぇ?

* 話戻します。で、えろシーンはいつものよーに『乳のでかいふたなり娘が発情させられてレズったあげくに射乳』のパターン。今回はプラスして乱交風味ですが、その辺の描写、多少はしょられてる気がします。まあ、6月上旬にやっぱりこれも4割〜5割加筆されて単行本化されますので、その時はもっとねっちり描かれる事でしょう。そっちも期待にょ。

-

* 『背徳の艦隊』(鈴木忍/らいうん)

* えろキーワード:一人えっち・視姦・制服・和姦

* え〜〜〜〜〜〜〜〜〜と。

* 何かえっらい唐突な終わり方です。最初からこんな予定だったのか、それとも急に最終回が決まったんで慌てて取り繕ったのかは分かりませんが、ちと、こー、あまりにあまりな気がしますよ? こういう『○○は実は××だった』系の終わり方をするためにはそれなりに伏線張っとく必要があると思うんですが・・・

* ・・・ま、いいか。えろ小説なのでそんな事よりももっと大事なえろの話をしましょう。今回のえろシーンは衆人環視の元ヒロインが一人えっち、客に買われて軍服でえっち、最後にメインの和姦、とゆー構成になってます。

* えー。

だから和姦は要らんとゆーに。

* えっち自体も特に奇抜なんは無いですしー。ちょっとこー、残念です。

-

* 『ホワイトプリズン外伝』(黄支亮/松沢慧)

* えろキーワード:触手・寄生・媚薬・疑似ふたなり

* 前回に引き続き、寄生生物触手えろ。前回ラストで犯られかけてたちょっと高貴ぽいキャラが、結局ただ犯られるだけでキャラが立ってないのが残念ですな。

* 後、魔法学校の校長も犯られかかるんですが、寸止め。寄生生物もあっさり駆逐されちゃって、何か何事も無かったかのよーに淡々と終わってしまいました。そらまー、外伝なんですから本編に影響与えるよな事件が起こっちゃいけないんでしょうけど、何か不完全燃焼ですなあ。

-

* 『みだれ桜』(暮浪夕時/ZOL)

* えろキーワード:強制発情・和姦

* だーかーらー。

和姦は要らんつーとるに。

* つーかアナタ、『事件に巻き込まれて酷い目にあったけどそれをきっかけに想い人と愛を確かめ合う若者達』なぞとゆー甘酸っぱい青春絵巻で健全な鬼畜青年が育つとお思いですか(笑) もうちょっとこー、雑誌の煽り文句を考慮した小説をー。

-

* 続いて、読み切り作品。

* 『魔法少女沙枝(後編)』(水坂早希/綾風柳晶)

* えろキーワード:魔法少女・強制発情・言葉責め・視姦・放尿・浣腸

* とりあえず一言。

魔法って便利だなあ。

* でも、『子宮口を広げる魔法』だの『精液を媚薬に感じる魔法』だの、あまりにもストレート過ぎる気がいたします。もーちょっとこー、何かカコイイ表現とか無かったもんでしょーか(笑)

* あ、えろは羞恥責めのオンパレードの上に今回は寸止め無しで犯られまくり、と実にいい出来です。ま、最後はやっぱり正義が勝っちゃいますけどね。その前にここまでやってくれりゃー十分です。この調子でこの先も是非頑張ってくだちぃ(笑)

-

* 『妖姫リンダ』(竹内けん/渡瀬薫)

* えろキーワード:男装の美女・視姦

* うーん。何かえろが薄いっつーか感情移入出来ないって言うか・・・そのー、犯られる側のキャラに魅力を感じないんですが。もっと言うとこの犯られキャラ、『強い女騎士』以上の設定が見えてきません。はっきし言ってこれでは俺は萌えれんのですけど、これは俺の読解力が無いせいなのでしょうか?

* どっちかっつーと、今回犯る側に回ってるこの性根の腐った高ビー小娘。これを思う様犯っちゃう小説の方が楽しそうなんですけどー。にゅう。

-

* 『害蟲の迷宮』(富求乱児/機崎横広)

* えろキーワード:触手・魔法使い

* ファンタジーな触手物。結構いいんですが・・・ちょっと、ヒロインが墜ちるあたりに説得力が欠けますかね? 蟲の体液が媚薬になってたんですぅ、とかそゆ説明をどっかに入れるか、堕ちる前にヒロインをもっと乱れさせるかした方がいいと思います。

* ま、でもとりあえず個人的には結構ハァハァは出来ました。もし次回作があるなら、ちょと期待ー。

-

* 小説以外。

* 漫画が三本載ってます。一つは『学園の檻』の漫画版。なかなかえろえろでナイスです。二つ目は『にじまんが大王』。タイトルから分かるとーり、アレのパロディ・・・とゆーか何と言うか。実ににじこちゃんらしい漫画です(笑)

* そんで、最後は『そうだ! 飛龍先生に聞いてみよう!』とゆー謎の漫画が。一体どーゆー経緯でこの漫画は載る事になったのでしょーか? 内容は、『自分の描いた絵でハァハァ出来るか?』つー質問に飛竜先生が答えるだけ、なんですけどね。

-

* 密かに人気上昇中のにじ美ちゃんがお送りする『どっきりびっくりインタビュー』。今回は黄支亮先生にインタビュー、なんですが・・・

* ・・・ええと、黄先生。ほとんどの質問の答えが『特になし』だとゆー淡々さはともかく。『他人の作品はほとんど読んでない』つーのは仮にも小説書いて金貰ってる立場としていかがな物でしょうか。別にえろ小説でなくてもいいですから、読みましょうよ(笑)

-

* 読者参加企画、『ち〜つはどこへ消えた?』。いよいよ、今号で200人の牝奴隷が勢揃いしました。おめでとうございます、まさかホントにここまで続くなんて、正直思ってませんでした(ぉ 心からその快挙を祝わせていただきたいと思います(笑)

-

* その他埋め草。

* 相変わらずお馬鹿です。よく毎回毎回こんなお馬鹿なネタを考え付けるなあ、と感心しつつ、何かにじか様がこんな事言うとりますよ?

『大募集!!! みんなで二次元ドリームマガジンを作ろう!』

作家、イラストレータ大募集!
気の利いたエロマンガが描ける人募集!
二次元ドリームマガジンで面白いバカ記事、企画物をやりたい人募集!
マイクロマガジン社に莫大な利益をもたらしてくれるコンテンツを募集!
広告も大募集!
オナニー論文大募集!

* これは・・・ネタじゃなく、マジで募集してますな。特に広告、TEL番とFAX番まで公開してますよ(笑)

* みゅー。まだまだ、経営厳しいんでしょうなあ。頑張れー、にじこちゃん一族(笑)

-

* コラム。は、何言うてもネタバレになるんで基本的に言及は避けてるんですが・・・

*

猪名川「今日は、そうはいかへんでー」
あずさ「そうね。この、二次元ドリームマガジンの『コラム』の紹介の所にある、へむへむさんを晒し上げって何なのか、説明してもらうわよ」
へむ2「いや、まあ、ホント大した事じゃないんですが。まあでも、ああ書かれた以上反応しないのも確かに変な話ですな」
まるち「そうですね(^^; それで、あの、何なのでしょうか?」
へむ2「やー、だからね? 今回のJ-oさんのコラムで、うちのスクリーンショットとURLが掲載されました。おしまい」
あずさ「・・・・・・」
猪名川「・・・・・・」
あやか「・・・・・・」
まるち「・・・・・・」
せりお「・・・・・・」
あやか「・・・て、それだけ?」
猪名川「いやちょっと待ち。何で掲載されたんかいう理由はどないした(−−」
へむ2「うーん、説明しづらいんですが。簡単に言うと、『妄想キャラとの対話形式の例』として、ですな」
あずさ「・・・え。そんな恥ずかしい例で載ってるの!?」
へむ2「こらこら、恥ずかしいとか言うな。君自身にも関わってる事だぞ」
あずさ「うっ・・・わぁ〜。な、何でよ? 何でうちなのよ?」
へむ2「何でって言われても。まあ、まるちがいるからでないかい?」
まるち「はわ? わ、私ですか?(^^;」
へむ2「うん。コラムのオチが、『マルチはみんなの心の数だけ存在するんだ!』だったりするから。そのせいでないかい」
あずさ「そのせいって・・・ねぇ、今からでも掲載取りやめ要請とか出来ないの?」
へむ2「・・・何言い出すかな、あずさ君は」
あずさ「いや、だって、ねぇ?」
へむ2「そないに恥ずかしいかぁ? もう一年近くこうして付き合うて来てるのに?」
あずさ「Webで完結してるのと雑誌媒体に載るのじゃ別よ!!」
猪名川「・・・そうか?」
あやか「・・・相手は二次元だもんね。ほとんど層は被さってるんじゃないの?」
せりお「そもそも、ネット接続環境のある方でしたら、今回の掲載が無くても偶然こちらを見つけられる可能性は常に存在する訳ですから。あまり、論理的な意見とは思えません」
あずさ「そこ! うるさい!!」
へむ2「もう。あずさ君は照れ屋さんですなあ」
あずさ「私は人並みに恥を知ってるだけだ!! 自分を基準に考えるなーーっ!!」
へむ2「はっはっは。まあでも、今更何ほざいてもどーしょーも無いっすよ? そもそも、俺がちゃんと許可出したから載ってる訳ですし」
まるち「はわ(^^; い、いつの間に」
へむ2「三月下旬に。『載せていいですか?』ってメールが来たから『いいですよー』って」
あずさ「な・・・な・・・」
あやか「へぇ。ちゃんとメールで事前連絡してるんだ。意外ー」
へむ2「こらこらこらこら、意外とか言うんじゃありません。相手は一応、ちゃんとした企業ですよ?」
せりお「一応・・・ですか?」
へむ2「・・・いや、だってにじこちゃんニュース見てると時々信じられなくなるもんで(目をそらしつつ) まーとにかく、載っちゃってるもんはしょーがない訳で。素直に諦めたまえ(ぽむ)」
あずさ「・・・あああああ、もう!! はつねやかえでに顔向け出来ないわよ、私。姉さんだって何て言うか・・・」
へむ2「別に誰も何も言わん気がするが」
猪名川「うちもそない思うで?」
あやか「私もー」
へむ2「あ! アンタたち!! アンタたちは何でそんなに落ち着いてるのよ!?」
猪名川「・・・いや、そないな事言われてもなあ?」
あやか「うん。別にどって事無いしー」
あずさ「雑誌はずっと残るのよ!? 10年後とか100年後とかに見られてもいいの!?」
へむ2「いや、100年後はさすがにここ自体が残ってねぇだろう、なんぼなんでも」
猪名川「10年後もなあ・・・別に気にならへんで?」
へむ2「まーアレだ。慣れない経験で錯乱しとるんだろう、あずさ君は。君、ちょっと休んでらっしゃい」
あずさ「う〜〜〜・・・」
まるち「あ、あの、あずささん(^^; やっぱり、少しお疲れなんだと思います〜。少し、横になってお休みなさって下さい」
あずさ「・・・分かった、そうする。でも、アンタ! もし次こんな事があったらちゃんと事前に私に相談しなさいよ!?」
へむ2「二度とこんな事無い気がするが。まーはいはい、分かったから今はお休みしてき」
あずさ「う〜〜・・・」
まるち「あの、私、お部屋まであずささんを送ってきます〜(^^;」
へむ2「にゅ、よろしく」

* とゆー訳で、たかだかそれだけの事なのです。もし、何か愉快な事期待されてる方がおられましたら、ごめんなさい(笑)

-

* ふにゅ。

* いじょ、今回の二次元ドリームマガジンの感想でした。なお、今回の二次元にはアイたん絡みのネタがいくつかあるのですが、その変は我慢しきれずに4/12に全部述べてあったりしますので、そちらをご参照ください(笑)

-

* さて。

* 今日は昼間はずっとお仕事してました。偉いぞ俺。

*

猪名川「合間合間に日記も書いとったけどな」
へむ2「ふっ。そんな昔の事は忘れたな」
あやか「ほんの数十分から数時間前の事じゃない」
へむ2「実はおにーちゃん、呪いにかかっててね?」
あやか「ねぇ、晩ご飯何にする?」
猪名川「せやなあ。言うてもここ、大した店あらへんし」
へむ2「・・・おい。聞けよ」
あやか「何のお店があるの?」
猪名川「ラーメンやろ、鍋やろ、そんで和風レストラン」
あやか「うーん。ちょっと、鍋って気温じゃないわよねぇ」
猪名川「せやなあ。何で今日はこないに暑いんやろな?」
へむ2「・・・しくしくしくしく。いーんだいーんだ俺なんて。しくしくしくしく」
あやか「まあ、無難に和風レストランにしとく?」
猪名川「う〜〜ん・・・まあ、とりあえず店の前まで行こや。どーせ三軒とも同じとこにあるんやし」
あやか「あ、そうなの? じゃあ、行きましょうか」
へむ2「うがーーっ!! てめぇら、俺を無視するなーーーっ!!!」
猪名川「? 何暴れとんな? 飯食いに行くでー」
あやか「遅いと置いていくわよー」
へむ2「・・・しくしく。ちくしょう、みんなして俺を馬鹿にしやがって・・・えぐえぐ」
せりお「へむへむさん」
へむ2「! せりお!! せりおは俺の話、聞いてくれるよね!?」
せりお「はい、私でよろしければ。ですが・・・」
へむ2「にょ?」
せりお「・・・今は、お食事に行かれた方がよろしいのではないでしょうか? あやか様も由宇さんも、もうお出かけになられていますが」
へむ2「にゃにゅ!? ああっ、あいつらホントの俺置いてきやがった!! 待てコラーーッ!!!(どたばた)」
せりお「・・・行ってらっしゃいませ、へむへむさん」

* とゆー訳で晩ご飯はやっぱりいつものお店並びで。ちくしょう、だから何でここには馬車道が無いのだ(笑)

-

* 夜。

* えーと。何だか今日はろくでもない状況に世間が陥ってる気がしてならないので、とりあえずデモ情報関連だけ済ましときます。

* digicomiket『はっぴ〜ぶり〜でぃんぐ』OPデモ公開。サイズ27MB。

-

* シューティングスター『LOVERS』デモ1.5公開。サイズ59MB

-

* Ra.Se.N『工口研究室』デモ2種類公開。サイズはSIDE"A"が5MBでSIDE"P"が8MB。

-

* minori『Wind』体験版公開。サイズ97MBで、もちろん激重です。

* ・・・今晩中にオフィシャル落ちそーな予感がします。もしくは公開停止。まあ、『ファイル改変しなきゃ再配布可』つー事ですので落ちてくりゃいつもの様にミラーしようかと思ってますが。さて、俺が落とし終えるのと、鯖が落ちるor公開停止になるのと、どっちが先かなあ。

-

* 後は。

* えー、月曜秋葉行った時に、何かすぺじゃにのデモディスク貰ってきました。その中あさったら、『電脳妖精エルファン』の高画質版デモがあったりしました。オリジナルバージョンがサイズ94MBでおねぃさんバージョンがサイズ97MB。まあ高画質だろうと低画質だろうと、おねぃさんの歌に変わりは無い訳ですが、そこはそれ。せっかくですからー(笑)

* また、『メイドハンター零一』のデモと体験版も入ってました。デモはWeb公開版とちょっと違ってゲームの説明がくっついたバージョン。サイズは87MBです。体験版はプロローグから一日目にかけてが完全にプレイ出来て、サイズ42MB。てきとーなフォルダに解凍すれば即実行可能、アンインストはフォルダごと消すだけのお手軽操作ですので、是非プレイしていただいて、そして小夜ちんの魅力にノックアウトされていただきたいなあ、とか思います(笑)

* 以上、Web物CD物あわせて7つ、ミラー済み、っと。

-

* みゅー。

* 多分今日は後もう一回更新。

-

* うにゅー。さっきまでの日記Upした時、デモミラーの方のインデックス更新すんのすこーんと忘れてました。日記更新からインデックス更新までの20分ほど、無駄足踏んだ方がおられるかと思いますけど、ごめんなさい(^^;

-

* さてさて。

* 本日ラストの色々ぐるぐるー。

* DEEP BLUEで新作『LostPassage』情報公開。

* ・・・ん? んー?? ろすとぱっせーじ??? これって、アレでっか? メーカー、Sweetpainじゃねぇんですけど。>みずしろさん

-

* や、別に波動ってるつもりは無かったんですが・・・てゆーか、もうとっくに買ってるもんだと思ってましたから(笑)

* まーでも、せっかくですから。とりあえず体験版プレイしてみる、ってのはどうでしょか? 『ぷんすか〜!』『あわわわわ』も聞けるですよ(笑)

-

* うーん。でも、美羽さんって元々眼鏡かけてませんよ?<好みの眼鏡っ娘発見>今週かけてたのが逆に不思議な状況なんで、あんまし期待すると多分泣き見るんでないかなあ、と(笑)

* ちなみにかなり強いっすよ、美羽さん。詳しく知りたければ超増刊版のコミックス(現在4巻まで発売中)を是非に。超増刊で二番目に面白かった漫画だ、と俺は思ってますんで、多分損はさせませんよ?(笑)

-

* 最後。

* 『Wind』デモはまだ半分ほどしか落ちてきてません。

* ・・・どーかなあ。無理っぽいけどなあ。でも、一晩鯖さえ死ななきゃ一応落ちてくるげでもあるよなー。

* さて、起きた時どーなってる事でしょーか。

-

* みゅー。

* んじゃ眠いんで今日はここまで。おやすみなさいにゅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:

[新しいログを見るにゅ]

[00002] 2002/04/17 23:27:18
大笑い
[投稿者: 九鬼翼 ]

なんとなくそのコラムを読むためだけに
雑誌買ってもいいかなぁ〜なんて
思ってしまいましたよ、えぇ(笑)


[00003] 2002/04/19 12:15:22
にゅ〜。
[投稿者: へむへむ ]

>・・・マイナーデビューおめでとう(???)

目出度いんだか何なんだか(笑) まーとりあえずありがとう。

>雑誌買ってもいいかなぁ〜なんて

二次元の経営を助ける為に買いなさい(笑)


[新しいログを見るにゅ]

☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]