まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



東方へ行こう、そうしよう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


三連休もお終いでつ。

* 朝。

* 今日で三連休もお終い。ですので、大阪お気楽紀行も今日までです。

*

へむ2「と、ゆー訳で俺は東京に戻る訳ですが」
猪名川「んー。ほな、またなー」
へむ2「やっぱり君は大阪に残るかね、猪名川君」
猪名川「そらまあ、うちこっちの人間やし」
へむ2「そか。まあ仕方あるまい。では、粉砕を!!」
猪名川「粉砕を!!Σd(>ω<)」
あずさ「・・・なんでそういう挨拶になるかな、この二人は(−−」

* とゆー訳で、帝都に向かって出発でつ。

-

* 昼。

* 途中、ノートPCのACアダプタ忘れて取りに帰るとゆーアクシデントが発生して予定より1時間以上遅くなっちゃいましたけど、なんとか無事に帝都に到着。ふぅ、やばかった(汗

*

まるち「新幹線に乗る前で良かったですね、ご主人様(^^;」
あずさ「て言うか、忘れるな。馬鹿(−−」
へむ2「ぱぎゅう。やー、忘れてるって教えてくれてありがとうおかーさん、って感じですな。もしこのまま忘れて帰ってたら、とってもデンジャラスな事になってるトコでしたよー。今後は、こういう事の無いよーに」
あずさ「ん。気を付けなさいね(−−」
へむ2「や、こーゆー事の無いよに、予備のアダプタ買っておこーかと思うのですが?」
あずさ「・・・殴るぞ(−−メ」
へむ2「むう、ダメっすか?」
あずさ「ダメに決まってるでしょうが!! ホントにもう・・・(−−」
へむ2「ぱぎゅう。にゅ〜、でももし次こんな事があったら〜」
あずさ「無・い・よ・う・に・気・を・付・け・な・さ・い!!」
へむ2「ぱぎゅ〜。うー、分かりましたよう」

* まあそれはさておき。東京着いてからは秋葉経由で二次元ドリームマガジンを買って帰還。にゅ、今回は小説が少な目なのがちょっと悲しいですが、でも載ってるのはみんな揃ってなかなかいい感じですな。例によって例のごとく、詳しい感想は17日の正式発売日に。

*

へむ2「ただまあ、一つだけ」
まるち「はい。何でしょう?」
へむ2「・・・ええっと。前号、時間の都合により次号に続くだった水坂先生のインタビューの続きが載ってないんですが?」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「あ。ホントね、目次にも何も書いてないわ」
へむ2「むう。ページ割の関係で入らなかった・・・のかなあ?」

* ・・・まさかと思いますけど、ただ単にすっかり忘れてただけ、とか言いませんよね?>にじこちゃん だったら大笑いしますですよ、俺(笑)

-

* 夕方。

* よく考えたらもうとっくにヤンマガ出てるよなあ、とゆー事に気が付いてしまったのでコンビニでヤンマガ査収。

* てな訳で、今週のちぃちゃん。例の『ちぃちゃんに出来ない事』ですが、今回明かにされました。えー、簡単に言うと。

『ちぃちゃんの起動スイッチはアソコの奥にあるんでえっちする度に記憶が初期化されて今のちぃちゃんはいなくなっちゃうよ』

* と。

* ・・・・・・・・・・・・

本気でえろ関連かい、おい。
(−−

* いや、予想の範囲内ではありますけど。まさかホントにそゆ手に出るとは思わなかったですよおにーさん(笑)

*

へむ2「つー訳で。ここはやはり手と口と素股でっ!!」
あずさ「だからそういう事を大声で言うなーーーっ!!!(−−メ
へむ2「や、でもさあ。現実的にそれが一番みんなが幸せになれる妥協点だと思うんですけど?」
まるち「え、ええっと〜(^^; そ、そうなんでしょうか?」
へむ2「だって、ちぃちゃんの記憶失わさせる訳にはいかんべ?」
まるち「それは、はい。そうですね(^^;」
へむ2「だったら、主人公君にガマンしてもらわんとなあ。あ、そだ。手口股だけでガマン出来ない、つーんならどうよ? この際後ろ専門になっちゃうってのは?」
あずさ「・・・アンタな(−−」
へむ2「だってそれで万事解決じゃん。ちぃちゃん経験無いんやし、それが普通だって教え込めば、信じるぞ?」
まるち「そ、それはそうかもしれませんけど〜(^^;;;」
あずさ「でも、そういう問題じゃ・・・」
へむ2「無い、って思う? 本気で?」
あずさ「・・・・・・」
へむ2「正直、ちぃちゃんの気持ちとかその辺一切考慮せずに、主人公君の事だけ考えるんやったらこれで問題無い思うよ? 冗談抜きでな」
あずさ「・・・まあ、そりゃ、そうかもしれないけど」
へむ2「ちぃちゃんの方もなあ。最初から『えろは後ろの穴が標準よ?』て言うとけば『主人公にぜんぶあげる事が出来ない』とかそゆ余計な悩み持たんで済むんでええ絵思うんやけどなあ。ダメかね?」
まるち「ど、どうなんでしょうか?(^^;;;」
あずさ「・・・やっぱり、何か間違ってる気がする(−−」

* つ訳で。俺的にはけっこー本気で後ろ専門化をプッシュしたい所です。みんな幸せになれる思うんですけど・・・ダメなんですかねぇ、そーゆー話の展開わ。

* と、あ、そうそう。もう一つ、大事な事が。なんかフレイヤ曰く、『ちぃちゃんには感情が無い』そーですよ。感情がある、いう噂は『感情があったら人間と一緒やから好きになってもええよね?』いう人間の願いが生み出したなんやそーで。まあ、フレイヤが言うてるだけで、それがホントか嘘かは分かりませんけどね。

-

* 今週のカイジ君。

* 今回はカイジ君がどうやって釘調整用のゲージ棒をすり替えたか、の解説話。上の階から通風口通してすり替えてた、つー事で、うん、予想通りですな。

* で、その解説が済んだ後、カジノ店長は疑われてもいいからブロックを発動する事を決意。カイジ君は『ブロックが発動される前に三段目のクルーンに行け!』と祈りつつパチンコを打ち続け・・・て、あら? ブロック封じの策、もう持っとらんのカイジ君?(笑)

*

へむ2「むう。カイジ君らと一緒にカジノに来たにーちゃんが居たから、あのにーちゃんが何か電波妨害の装置でも持ってるんかなー、とか思ってたんですけど」
まるち「違うみたいですね、この感じですと(^^;」
あずさ「でも、じゃあ、何しに来たのかしらね、あの人」
へむ2「何しに来たんかねぇ。ま、とりあえず来週を待ちますか」

* もっとも、多分来週は、『ブロック発動直前に滑り込んだ玉が三段目のクルーンに到達』つー所で終わって、あのにーちゃんの出番は無い思うんですけど。それとも、やっぱり何か策秘めてるんかなあ? カイジ君。

-

* 夜。

* えろげちょいとやってたらすっかり遅くなりました。てな訳で寝ます、お休みなさい。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]