まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



人生テトリス模様。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


めるくりうす・ぷりてぃ(違います)

* えー。今日は有明冬祭りだったり、にも関わらず雪が降ったりで何かと大変だった訳ですが、まあそれはさておき。

*

へむ2「今日のメインはこれ。『SEVEN BRIDGE』の体験版でございます」
猪名川「有明で配布されたやっちゃな」
へむ2「ネットで配布も始まってますよ? ちょいサイズは大きいですけどね」
まるち「そうですね(^^; 276MBです〜」
猪名川「・・・の、くせしてボイス無しなんやなあ。これ」
へむ2「音楽100MB、CG100MB、その他は全部合わせて100MB、って感じですからなあ。声つきだと500MB越えてしまった事でしょー。多分」
あずさ「でしょうねぇ。でも、体験版でこれだと製品版って一体どれくらいになるのかしらね?」
へむ2「んー。まあ、背景データとかBGMデータとかはこれ以上はあんまし増えないんでしょうし。イベントCGの声の、で考えあわせて全部で2GBくらいじゃ無いっすか?」
かえで「・・・そう、ですね。それくらいは、きっと」
へむ2「嘘屋的にはかなりの大作ですな。つか、体験版の時点で既に濃いぃの。密度がぎっちぎちなの。プロローグと第一話の後半しか入ってないんですけど、既にそこらのえろげ1本分くらいプレイした気分ですよ、おにーちゃんわ」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。そうなんですか〜」
へむ2「しかもこの時点でもう、事前情報では想像も出来なかった展開がわらわらとー。まさかこー、こんな所でメルクリウス・プリティ気分を感じれるとは思わなかったですよおにーちゃんわ」
かえで「・・・・・・? メルクリウス?」
はつね「て、何? お兄ちゃん」
猪名川「むかーし昔のDOSゲーやな。錬金術の秘法を使って瓶の中の妖精を育てる、いう・・・て、ちょい待ちぃや、なんでそないなもんが。つか、ひょっとして育てるんか? 妖精」
へむ2「いや、育てません。ただこー、何て言うか、錬金? そのテイストがね? すごくね? そこはかとなくわずかにね?」
あずさ「・・・どっちなのよ。凄いのか、わずかなのか」
へむ2「どっちかっていうとわずか。ただ、おにーさん的にはなんか凄く刺激される感じで。思わずこー、プレイしながら『わー、メルたんだー』とゆーつぶやきが。このままSLG画面が出てきそうな幻覚が」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「中村先生の絵はえっちくて萌えるね!?
まるち「は、はわっ!?(^^;」
猪名川「・・・その『中村先生』は中村哲也先生やのうてメルの中村博文先生の事やな? なんかややこしいから、ちと表現変えた方がええ思うんやが」
あずさ「て言うか、アンタもそうだけどメルとかメルたんとか言うな(−− それはそれでまた別のものみたいでややこしいでしょうが」
かえで「・・・大魔女、メルクリウス?」
へむ2「きゃのんぼーる。メルたんらぶー」
はつね「あ、あはは(^^; もう、どっちの事言ってるのか分かんないよ、お兄ちゃん」
かえで「つかまあ、ややこしなったから話戻そか。濃いぃんやな?」
へむ2「です。とっても」
猪名川「で、まあ、それはええとして、おもろいんか?」
へむ2「うん、俺的にはかなり。ただ、今回かなり『読み物度』が上がってるんでってそうそう。肝心な事を言い忘れてました」
あずさ「? 肝心な事?」
へむ2「なんと! 今回初めて、ライアーのシステムにオートモードが搭載されました!!」
あずさ「え!?」
猪名川「何ぃ? うわ、ほんまや! コンフィグ画面にオートスピードの設定がありよる!!」
はつね「ホントだ〜(^^) 良かったね、お兄ちゃん」
へむ2「うむ。出来ればこの新エンジンを『Forest』に逆搭載するパッチをくださいって気分ですがまあそれは置いといて! 後、現時点ではスピードを『LOW』に合わせると速くなって『TOP』に合わせると遅くなるとゆー不思議仕様になってますがそれもミラーついでにもう向こうには伝えてあるんで置いといて!!」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
へむ2「まずは万歳。これで効果音系の演出をクリックで飛ばしてしまう危険さようなら。で、このオートモードが搭載された結果『読み物度』がおもいきし上がっているのですよー」
猪名川「ま、そらそやろな。オートやと自動的に進むんを読んでるだけ、になるんやから」
へむ2「うん。だから、『自分でクリックして進めねぇとゲームじゃねぇぜ!』とゆー向きにはちと合わないかもしれません。このゲーム」
猪名川「んー。まあ、でも、そゆ時は素直にオート使わんでクリックすればええだけやしなあ。別にそれで問題はあらへんねやろ?」
へむ2「ま、ね。ただ、おにーさん的にはこのゲーム、自分のペースに速度調整した上でオートで流すのを推奨したい。強く。絶対、その方がいいと思う」
かえで「・・・そう、なんですか?」
へむ2「うん。『Forest』ん時にも言うた気がするけど、あれとかこれとかのテキストってテキスト自体に『リズム』があるのな。で、クリックする事でそのリズムが阻害される。だから、オートモードの方がいいと思う。俺は」
猪名川「ふむ。そないな傾向はあるかもしれへんなあ。確かに」
あずさ「まあでも、みんながみんなそう思う訳じゃ無いしねぇ。『絶対』っていうのはどうかと思うわよ?」
へむ2「うい。だからまあ、実際には皆さん御自分で体験版なり製品版なりをプレイなさってみて合うを思う方をどーぞ、ですけどね。ただ、俺的には是非オートでどうぞ、と言いたいですにゃー」

* つ事で。まあともかく、興味のある方は体験版をどーぞ。ただ『音声有り体験版を後日公開予定』つー事ですので、そっちまで待つのも手だと思います。その辺は、どぞお好きな方をー。

-

* にゅ。

* さて。そいじゃメインの話が終わった所で、他の話。

*

へむ2「とりあえず、まずはライアー繋がりで年末時間のムダ。今回もまたへだらに飯食ってへだらに色々と話をしてきましたが・・・『2時間』つーのは短いですなあ。やっぱり」
猪名川「まあ、飯食って酒飲んでエンジンがかかるんに大体1時間はかかりよるからなあ。そっから40分50分でノリようなった所で終了、は辛いやろな。確かに」
へむ2「出来れば、次の機会には前の時みたく3時間になってくれるといいな、と思います。まあ、そんな感じで」
はつね「それで、お兄ちゃん。今回はどんな話してきたの?」
へむ2「ん? んー。まあ、色々と。例えば、Game-Style奢られコラムは毎回奢られてばっかりなので、ぼちぼち負けないと面白くないっすよねわっはっはー、とか」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− アンタはまた、そういう」
へむ2「ちなみに、その話の時の話相手はGame-Styleの編集長」
猪名川「て、うぉい。マテや編集長」
へむ2「や、まあ、編集長的にも『このまま浅野さんが勝ち続けるとヤラセに見えるんじゃないか』つー懸念があるみたいでねぇ。ただ困った事に、浅野さんをコテンパンに出来る勝負項目が思いつかんのですよ、これが」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「今までの経緯を見るにどうもギャンブルではダメっぽいしー。いっそ『鉄腕がっちゅ!』で、とかゆー話もしたんですけど、みりすのインタビューも終わってますしねぇ。うーむ」
はつね「あ、あはは(^^; えっと、ほ、他にはどんな話をしたの? お兄ちゃん」
へむ2「にゅ? あーうん、そうね。他には『クッキングファイター好はイカすゲームだぜ!』とか」
あずさ「はぁ?」
猪名川「・・・なんでそないな話になるかな、このにーちゃんわ」
へむ2「まあ、色々とありまして。ライアー関係ではそーですな、ファンディスクの読参子のエンディングは全部で8つある、とか。てっきり6つだと思ってたんで、改めて分岐調べ直しませんとにゃー」
かえで「・・・そっちは、なんだか普通のお話、ですね」
へむ2「ま、そーゆー色んなレベルの色んな話を色々としてきた、いう事ですよ。楽しゅうはあったんですけど、でもやっぱり2時間は短かったですにゃー」

* 特に今回、途中でお店のおねーさんがサービスでフラダンスを踊る、とゆー時間があったりしたもんで、実際に使えた時間は2時間よりも短かったり。いやまあサービスに文句を言うのもアレなんでいいんですけど、でも三次元より二次元な人たちの集まるイベントでそれは、ちと浮いてた気もしますにゃあ。うん(笑)

*

へむ2「で、後は有明で貰ってきた配付物話ー。『SEVEN BRIDGE』体験版はまあ最初に話したんでおいとくとして、後、『MERI+DIA』の体験版とか『侍ジュピター』のポスター・チラシとか貰ってきたですよー」
猪名川「体験版の方は260MBくらいにプラス店頭デモムービー、ポスターはトップ絵のアレで・・・チラシも、あんまし新しい情報は出てへんな?」
へむ2「霈のCGが一枚にジュピターと雪風が戦ってるCGが一枚。新情報としてはそれだけですかねぇ。ちと物足りなくはありますが、まあ今後に期待。で、『MERI+DIA』体験版の方なんですが・・・えーとその、なんだ」

* いや、まだ最初の方しかプレイしてないんですけどー。その、既に地上は大分水没済みだったり、イコノスタスの壁の目的が『水没した土地を囲って中を排水するための物』だったりしてですね? ぶっちゃけ、こー。

サイトの説明と全然別物じゃねぇか、これ。

* て、感じなのですよー(笑)

*

へむ2「はるかに設定、まともだぞ。こっちの方が」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「水面上昇の原因も、人工衛星の落下って『発表された』だけで、実際には違うっぽいですし。つか、ちゃんと世界の住人、『衛星一個で何が変わるかい』鼻で笑ってるし」
猪名川「おお。そら確かに、まともな地球の住人ぽい反応やな」
へむ2「おまけに何か、月で古代遺跡が発見されてますよ? そっから出てきた技術で宇宙開発がされてますよ? そういった情報がサイトに何も出てないのは何故ですかっつーかこれ書いた人間、ちょっと出てこい。なぁ?」
まるち「は、はわ(^^; ええっと、それは、あの〜」
へむ2「いやまあ、本気で言ってる訳じゃ無いんで気にするな。ただ、ちゃんとゲームの設定で書いてれば俺含めあちこちからSF的突っ込みを受ける事も無かったろうに、って思ってるだけよ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、ともかく。後、立ち絵演出は健在でそれ以外にも色んな演出効果が追加されてる、と。現時点で分かるのはそれくらいですなー」

* つ事で。ちょい時間が無いので、今日はここまで。体験版の続きはまた明日か明後日にやりますにょー。

-

* にゅにゅ。

* んじゃ、最後一個だけぐる。

* light、連日の『ぬいぐるまー』修正パッチ更新。ペースが速ぇな、おい(笑)

*

へむ2「今回は、起動しなかった人用のパッチ。なんとなく修正内容的に画面操作関連の修正が入ってそですので、もしかしたら我が家でおかしいのも直るかもしれませんな」
猪名川「さあ。どないやろなあ」
あずさ「やってみないと分かんないわよね、その辺は」
へむ2「うい。つ事で、次向こう行った時に試してみるといたしましょー」

* 直ってたら儲け物なんですが。さて、どーでしょうかねぇ。

-

* にゅにゅにゅ。

* 以上。そいじゃ、お休みなさいですにょー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]