まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



貴方の後ろに偽善者が。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


[弥生日記一覧] : 2006/03/13 : (コメントが2件あるにゅ)

黒い後家蜘蛛。

* 朝。

* 今日も今日とてお出かけ・・・にょ?

*

へむ2「・・・雪?」
あずさ「雪ねぇ」
まるち「雪ですね(^^;」
ぴーす「はわー。今日は寒くなる、って聞いてましたけど・・・」
へむ2「や、寒くなりすぎだっつーの。昨日はおめ、東京最高気温19度ですじょ?」
まるち「はい〜(^^; えっと、ですけど、三寒四温と言いますし〜」
あずさ「またあったかくなるわよ、すぐに。そう信じてとっとと出かけなさい(−−」
へむ2「信じた所で今日寒い事実になんら変わりはない訳ですがー。ま、いいや。行ってきまー」
まるち「はい〜、行ってらっしゃいませ〜。お身体には、あの、お気をつけください〜(^^;」

* あ、ちなみにヤンマガ、カイジ君の方は今週もほとんど進展ありませんでした。ぐんにょり。

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* 帰宅。あい、今日もよく働きまいた。

*

へむ2「で、行き帰りのお供は『黒後家蜘蛛の会1』。久しぶりにカー作品以外の洋物推理ってゆーかアシモフせんせー
ぴーす「アシモフ先生? えっと、それってひょっとして、『ロボット三原則』の先生ですか?」
へむ2「ですよ。まあもっともロボット三原則自体はおにーさん好きじゃねぇっつーか、あんなもん考えっから洋物ロボはみんな『人間に反逆する存在』になっちまうんだよ。逆説的に」
ぴーす「え。え、それは・・・そ、そうなんですか?」
へむ2「そもそもあの三原則は、ロボットに対する恐怖心の発露みたいなもんじゃからのう。それに対して、じゃぽねのロボ娘のおお、何とフレンドリーな事よー」
あずさ「ロボ娘って言うな(−− にしても、なんでアシモフ先生は推理小説なんか書いてんのよ? SF作家なのに」
へむ2「基本的に多芸な人じゃからのう。他にも俺らの知らない所で色んなもん書いてはるそーじゃけど、まあいいじゃん。面白い推理小説やSF書いてくれるなら細かい事はどーだって」
あずさ「まあ・・・そうかもしれないけど」
へむ2「とにかくですな。うん、面白かった。各話のオチっつーか『最後の一言』が、実に良い感じですなー」

* ただ惜しむらくは、『聖書の表記云々』等のちょっち日本人にはあんまし縁の無い知識がいくつか必要だった所。まあ、ちゃんと作中では解説されてるんで読み物として読む分には問題無いんですけど・・・でも、こういうのはちょっとだけ悔しいですにゃあ。自分で推理する事がそもそも不可能なので(笑)

-

* 夜。

* ぐるー。まとめてー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。んー、この形の切り抜きで、答えは明日。

*

へむ2「ホワイトデー関係か。察するに」
ぴーす「ですねー。何となく、ハートの形の切り抜きに見えますし」
へむ2「と、そーだ。ホワイトデーと言えば、本日緑茶200万ヒット感謝トップ絵が出たんですけどね」
あずさ「? それが何よ?」
へむ2「いやー。これの公開を一日遅らせて、明日にしちまえばヒット記念だかホワイトデートップ絵だか分かんなくなって、ツンデレ姫への嫌がらせとしてステキだったのではないかと思った次第」
まるち「は、はわ?(^^; い、嫌がらせってご主人様〜」
へむ2「や、だってー。あのツンデレ姫って実に『漢』だし。それはそれで似合ってて良いのではないかと思うのココロだ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「そして再び話を戻す俺。や、ついそのまま流してましたが、うぇぶいろメッセージで以前あった謎のメッセージ『くろしょん』。あれ、『2plus』通常版の特典の事だったんですな」
ぴーす「あ」
あずさ「・・・ああ。そうね、確かに。すっかり忘れてたけど」
へむ2「つーか先週は『ディスガイア』に時間取られてて色んな事を見逃してる気がするおにーさんだ。いかんねぇ、こんな事では」

* んでラスト。ぱれっとでは4コマ劇場第10話こーかい。いい味出してるなあ、最後のコマの妹(笑)

-

* にゅ。

*

へむ2「さぁて。んじゃ、寝ますか〜」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ〜」
へむ2「しかしアレだよなー。ここんとこ、月曜日って帰ってきたらもう何する時間もありませんー、つー事が多いよなー。ううむ」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。そうですね」
あずさ「諦めなさい(−− 仕事なんだから」
へむ2「とほほのほ。まあいいやー、明日も早いんで、遅れず起こしてくれたまへー」
ぴーす「はいっ! おまかせください!!」
へむ2「・・て、そういう風に張り切ってると寝過ごすんよな。世の中って大体」
ぴーす「は、はい? いえ、あの、そんな事は!!」
あずさ「世間がみんなアンタと一緒だとか思うな(−−メ て言うか、アンタは張り切ってようが張り切ってなかろうが寝坊するでしょ。ほっとくと」
へむ2「うむ、それは間違った情報に基づく誤解とゆー物です。て、いや、そんな事はどうでもよくて。とにかく、まかせましたじょー?」
ぴーす「あ、は、はい。大丈夫です、寝過ごしたりはいたしませんから!!」
へむ2「ういうい。であそーゆー事でー」

* お休みなさい。ぐぅ。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:


[00001] 2006/03/15 21:59:52
アシモフ先生のミステリーなら
[投稿者: エム ]

「ユニオン・クラブ奇譚」もオススメですぜ。ミステリーを30編つめこんだ素敵な一冊。なにしろ各話が短いので、心情描写とか社会性とかは一切ナシってのが素晴らしい。「黒後家」のノリがお好みならばこちらも是非。なかなか売ってないですけど


[00002] 2006/03/15 22:57:14
ほほう。
[投稿者: へむへむ ]

>なにしろ各話が短いので、心情描写とか社会性とかは一切ナシってのが素晴らしい。

それはなかなか良さげな。問題は。

>なかなか売ってないですけど

これですか(^^;

まあでも、創元推理なら探せばどこかに落ちてる気がします。ので、探してみますですよー。ども、ありがとございます☆



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]