まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



過去形あいえぬじー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


魔物武器色々。

* 今日は一日お仕事でした。

-

* さて。で、今日も『ディスガイア』っとる訳ですが。

*

へむ2「・・・うーむ。ゾンビを呼び出して身を守らせる天使、つーのはいかがなものか?」
あずさ「て言うか(−− ゾンビに限らず魔物呼び出すって、アンタ」
へむ2「実は魔物と同類なんじゃあるまいか、この世界の天使って。まあいいや、それよりですなー、敵が弱いのですけど?」
ぴーす「はぁ。それは、ですけど、こちらのレベルが20台で、あちらは6とかですから。しょうがないのではないでしょうか?」
へむ2「うーむ。あんまし楽勝過ぎても面白くないのですが」
あずさ「・・・・・・(−− 何を我が儘ほざいてるのか。この馬鹿は」
へむ2「いや、我が儘と言われましても。にゅ〜〜・・・しょーがねぇ、またアイテム界に潜るかぁ」

* で、ふにふに。正直このゲーム、『どこまで強くしてから先に進めばいいか』の指標が存在しないので、ある意味大変やりにくい物があるのですが・・・まあ、そーですなあ。今回は、全員分の『インペリアル』をレベル10まで上げたら、先に進む事にしましょうかねぇ。

*

へむ2「その頃にはお金も貯まって、新しい武器も買えるでしょうし・・・はっ!? 武器屋に『あやしい触手』がっ!!!」
ぴーす「え」
あずさ「・・・あ?(−−メ」
ぴーす「わ。わ。わ。ほ、ホントです!? 『いろんなところをまさぐる触手です』・・・わ、わ、わ、わ、わーーーっ!!」
へむ2「おお、さらに上位には『きゅうばん』も。いやあ、いいなあ。このゲームの魔物専用武器って☆」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「惜しむらくは、これが最強装備じゃ無い、とゆーあたりか。将来的に手放さなきゃならないのがとても残念だ」
ぴーす「ざ、残念がらないでくださいー。あ、あの、これ、コンシューマゲームですから!! ぜ、全年齢対象ですよ!?」
へむ2「そこはそれ、脳内補完とゆー奴で。こー、主人公の部下のつるぺた小悪魔にあやしい触手でね?」
ぴーす「だだだ、ダメですダメです!! あ、そ、そうだ! あの、その話はパスで! パス1で!!」
へむ2「・・・この場合、パスは通用するのか? まあいいや、そこまで必死に言うならパスしてあげやうじゃないか」
ぴーす「は、はい! ありがとうございます!!」
へむ2「優しいお兄さんに感謝しまくりやがると良いぞ、っと。さて、そいじゃ経験値稼ぎ経験値稼ぎー」

* でもって、レベル27で今日は打ち止め。ふう、やっぱレベルアップのペースがかなり遅くなってきてますにゃー。

-

* にゅ。

* であ寝ます。ばたんきゅー。


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]