まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



東方へ行こう、そうしよう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


今日こそ『マーズ・アタック!』を(予定)

* 結局昨日の実験は失敗でした。ぱぎゅ〜。

* んで、ばたんきゅーして起きて昼。

*

猪名川「・・・ううううう。もう半荘や〜!」
せりお「まだ続けるのですか?」
猪名川「やかましい! 負けたまんま終われるかーい!!」
せりお「ですが、このまま続けても由宇さんがトータルでプラスに浮上する確率は0に近いと思われますが」
猪名川「うるさいうるさーい! やる言うたらやるんやー!!」
へむ2「・・・まだやっとったのか、君ら」
まるち「あ、おはようございます、ご主人様(^^)」
ぴーす「おはようございます!」
あずさ「いや、由宇がねぇ・・・やめさせてくれないのよ」
あやか「いい加減勘弁して欲しいんだけどねー」
猪名川「やかましい! せりお! お前、ホンマにサテライトサービス使とらんのやろな!?」
せりお「はい。利用していません」
猪名川「ホンマか!? ホンマにホンマか!?」
せりお「はい。本当です」
あやか「せりおが嘘つく訳無いじゃない。その質問も何回してるのよ」
猪名川「う〜〜・・・とにかく、もう半荘やー!」
へむ2「・・・猪名川君。一体どんだけ負けとんかね、君」
猪名川「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
あやか「・・・・・・」
せりお「・・・・・・」
まるち「・・・・・・」
ぴーす「・・・・・・」
へむ2「何故全員黙る(−−」
まるち「ええっと(^^;」
ぴーす「その、えっと・・・た、たくさんです」
へむ2「いや、そんな3までしか数えられない人みたいな答えはいいから。具体的には?」
あずさ「ちょっと、その、私たちの口からは・・・由宇が可哀想だし」
あやか「一応言っておくけど、『もうやめたら?』って途中で何回も忠告したのよ、私たち」
へむ2「いや、だから具体的にはいくらよ?」
せりお「・・・16bitだとオーバーフローするくらいです」
へむ2「・・・はい? マジ?」
あやか「あ、言っちゃった」
まるち「あ、で、でも、17Bit以内には収まるくらいですから〜(^^; えっと・・・収まりますよね? せりおさん」
せりお「はい。大丈夫です」
猪名川「・・・ううううう」
へむ2「マジなんかい(−− 何でそんなに負けてんだ、お前」
猪名川「だって、せりおがやなあ・・・何か無茶苦茶強いねん、あいつ!」
へむ2「・・・せりおが? ふぅん、そうなん?」
あずさ「ええ。おかげで私は順位落ちして今トータル2位よ(−−」
あやか「私、3位のままー。でも、トータルプラスになったわよ♪」
へむ2「つー事は、猪名川一人マイナスで4位? ふむ・・・」
猪名川「ううううう。せやから、あれはきっとサテライトサービスで!」
へむ2「せりおはそんな事で嘘つかねぇよ。猪名川〜、お前、もうやめれ。そゆ精神状態ん時にやったかて勝てんで、麻雀は」
猪名川「せやけどやなぁっ!!」
へむ2「いいから、いっぺん寝れ。寝て頭すっきりさせて、続けるにしろやめるにしろ、それから考え」
猪名川「・・・う〜〜〜〜」
へむ2「踏ん切りがつかんみたいやな。しゃーないなあ、ほな、ちっとそのカード、貸して」
あずさ「え? これ?」
へむ2「そそそ。適当に5枚か6枚か」
あずさ「? 何だか分からないけど、はい」
へむ2「ん、さんきゅ。んじゃ・・・(じょきじょき)」
猪名川「あ! 何しよんねん!!」
へむ2「見ての通り、カードをハサミで切ってる。これでもう、麻雀は出来んなあ」
猪名川「あああああ、なんちゅう事しよんねん!!」
へむ2「こうでもせんとお前、やめへんやろ。ほれ、どーしても続けたかったら家帰って麻雀牌引っぱり出し」
猪名川「お、おのれは・・・(わなわな) しゃーない、帰るで! あずやん、あやか、せりお!」
へむ2「おっと。せりおはしばらく俺に付き合ってもらうんでダメだ」
猪名川「何やとぉ!?」
へむ2「これから秋葉にサウンドボード買いに行くんでな。せりおについてきてもらうのさ〜。あやかー、少しせりお借りるで〜」
あやか「あ、うん。それはいいけど・・・えっと、でも、私そろそろ帰ろうかな、って」
猪名川「あかん! ぜーーーーったいあかん!! もう一戦するまでは帰さへんでーーっ!!!」
へむ2「・・・と、まあ、こういう事なので。悪いけど猪名川に付き合ってあげてくれんかね?」
あやか「しょうがないわねぇ(苦笑) まあ、どうせ今家には誰もいないから、いいけど」
へむ2「誰も?」
あやか「ちょっとね。姉さんがヨーロッパに旅行に行ってるから」
へむ2「へぇ。つー事は、ひょっとしてセバスチャンも?」
あやか「もちろん、ついていってるわよ。さもなきゃ、こんな一晩遊んで朝帰りなんか出来ないわよ」
せりお「すでに朝でさえありませんが」
あやか「いーのよ、そんな細かい事は。それじゃ、私たち戻ってるけど。お風呂とか、貸してね?」
へむ2「あ、悪い。今ちっと風呂場、物置になっちゃってるんでダメだ。うちの近くに銭湯があるから、そっち行ってくれい」
あやか「銭湯? ふぅん。おっけー、それじゃね」
あずさ「じゃ、私たちも戻りましょ、由宇」
へむ2「ちゃんと寝るんやでー、お前等」
猪名川「分かっとるわい。寝てすっきりして、今度こそ勝ったるーっ!!」
へむ2「・・・やれやれ。さて、んじゃせりお、ちっと付き合ってぇな」
せりお「はい、了解しました」
まるち「えっと、ご主人様。私たちは・・・?」
へむ2「ん? まるち達自身はどうしたい?」
まるち「えっと・・・」
ぴーす「わ、私は秋葉原、行ってみたいです!!」
へむ2「ん、じゃあおいで、ぴーす。で、まるちはどうする?」
まるち「・・・そうですね。私も行きます〜(^^)」
へむ2「うし。そいじゃ行こうかね、秋葉原に」

* とゆー訳でこれから秋葉です。が、その前に一つだけ。

1ch.tv、ただ今全板403。

* ・・・何かどうも、裏で色々あったんでないか、てぇ話ですがよく分かりません。でも、いよいよ終焉の時が近いよーです。

* 合掌。

-

* 秋葉原。

* とりあえずパーツ屋で適当なサウンドボード購入した後あっちこっちふらふら。

*

せりお「・・・あの」
へむ2「にゅ?」
せりお「サウンドボードを買う為に、私を連れてきたのでは無かったのでしょうか? 何もお手伝いいたしませんでしたが」
へむ2「いや、あれ単なる口実。せりおまで帰っちゃうと多分猪名川、寝ずに続き始めちゃうし」
まるち「そうですね、多分(^^;」
せりお「なるほど。了解しました」
へむ2「まあ、後、ちっと聞きたい事もあったしな」
せりお「何でしょうか?」
へむ2「え〜と・・・ま、ちっとゲーセンにでもいこっか」
まるち「? 何故ですか?」
へむ2「いや、まあ。とりあえずひ・み・ちゅ☆ な会話がしたいのでだ。まるち君、ぴーす君、ちっとゲームで遊んできたまえ」
まるち「・・・はぁ(^^; ひ・み・ちゅ☆ ですか」
へむ2「うむ。最近は何か犬のお散歩ゲームなんかもあったりするから、ちっとやってみるがよいぞ。犬、散歩させた事って無いよね?」
ぴーす「あ、はい。無いです」
へむ2「む。んじゃまあ、楽しんできたまい。まあ、しょせんヴァーチャルではあるけどな。それなりに楽しいぞ」
ぴーす「はい! 楽しんできます!!」
へむ2「・・・いやまあ、そんなに気合いを入れなくても。まあ、ほかにも色々、遊んでおいで〜」
まるち「はい〜。それでは、私たちは先に行っています(^^)」
へむ2「ういうい、後で迎えにいくよん。さて、ほいじゃせりお君」
せりお「はい。何でしょうか?」
へむ2「昨日は楽しかった?」
せりお「・・・分かりません。ですが・・・」
へむ2「が?」
せりお「・・・いえ、何でもありません」
へむ2「そか。んじゃ、質問変えてみよう。途中で帰りたい、って思った?」
せりお「いえ。そんな事はありません」
へむ2「ん。ならきっと、楽しかったんだよ。多分ね」
せりお「・・・そうなのでしょうか?」
へむ2「多分ね。少なくとも、俺はそう信じたいな、って思ってるよ」
せりお「・・・はい。それで、秘密の話、というのはこの事だったのでしょうか?」
へむ2「いやまあ、これもそじゃけど。もう一つあるんだわ」
せりお「はい。何でしょうか?」
へむ2「せりおさあ、今朝・・・って言うか、昨日からやってた麻雀で勝ってたんやて?」
せりお「はい」
へむ2「で。ひょっとして、あの麻雀カードの裏が見すかせてたんでねぇ?」
せりお「どういう意味でしょうか?」
へむ2「いや、あのカードさぁ、古いし。あちこちに小さな傷とか汚れとか付いてるし。それ記憶すりゃ裏からでもカードが何か分かるなあ、と。せりおならそれが出来るんでないかい?」
せりお「はい。可能です。あのカードの場合ですと、およそ90枚が裏からでも判別出来ます」
へむ2「じゃろ。で、やってた?」
せりお「・・・はい」
へむ2「そか。やっぱしなあ(ぽりぽり)」
せりお「・・・私のとった行動には、問題があったでしょうか?」
へむ2「いんや。別に自分でキズつけた訳じゃないし、特に問題にはならんよ」
せりお「・・・・・・」
へむ2「どっちかってぇと、サテライトの方にばっかし気ぃ取られててその可能性を考えんかった猪名川が悪いな」
せりお「・・・そうなのでしょうか」
へむ2「博打に限って言えばそうだよ。だからまあ、せりおが気に病む必要は無いけど・・・とりあえず、今晩の勝負に使う麻雀牌にはほとんどキズが付いてないから、それ、使えんよ?」
せりお「はい。了解しました」
へむ2「どうよ? それでも勝てる?」
せりお「はい。由宇さんの打ち筋は把握しましたから。少なくとも、負けはしないと思います」
へむ2「おー、力強い返事だ。すごいすごい(ぱちぱちぱち)」
せりお「いえ、それほどの事ではありません」
へむ2「・・・で、何でそこまで猪名川マトにかけてんのかね?」
せりお「・・・はい?」
へむ2「自覚してなかった? せりお君、昨日から猪名川狙い撃ってるみたいじゃん」
せりお「いえ、その様な事は・・・ありません」
へむ2「だって、猪名川一人沈んでるんじゃろ? それってせりおが狙い撃ったからでないの?」
せりお「・・・いえ。単に由宇さんが私のアタリ牌を掴む確率が偶然高かっただけです」
へむ2「そっかい? まあ、それならそれでもいいけどさ。ほいじゃ、何で今も猪名川の名前出したのさ?」
せりお「・・・分かりません」
へむ2「昨日の猪名川の我が儘っぷりにムカついた?」
せりお「そんな事は・・・ありません」
へむ2「別にいいのよ。ムカついた時はムカついたって言っても。それは普通の感情で、悪い事じゃないよ?」
せりお「・・・・・・」
へむ2「あずさを見てごらん。実に感情に忠実に、言いたい事は言ってるじゃろ?」
せりお「・・・ですが」
へむ2「ん?」
せりお「・・・まるちさんは・・・そういった感情は持たれないと思います。私には・・・分かりませんが」
へむ2「まるちはまるち、せりおはせりおさ。別に無理、しなくてもいいんでない?」
せりお「・・・・・・」
へむ2「ま、いいさいいさ。とりあえず、ゆっくり考えてごらん。昨日のこと、今日のこと。色々ね(なでなで)」
せりお「・・・はい」
へむ2「そいじゃま、行こっか。まるちとぴーすが待ってるよ」
せりお「・・・はい」

* と、そんな事を考えつつ、現実の俺は二次元ドリームマガジン二次元新刊を買うのでした。思考と行動の乖離がステキだぞ俺様(笑)

* で、まあ二次元ドリームマガジンの感想は例によって正式発売日である2/16まで待つ事にします。が。

* 少しだけ、内容とあんまし関係ない所で突っ込みを。えー、今回裏表紙が『グリーン・グリーン』DVD版の宣伝だったりするのですが、それにこのよーな煽り文句が。

GROOVER“ウガ”ゲドマガ」を応援しています。

* ・・・え〜〜〜と。

何やってますかぐりぐり

* それじゃソフトの宣伝か二次元ドリームマガジンの宣伝か分かりませんがな。つーかゲドマガってああた(笑)

* ちなみにもいっこ。88Pの羽沢先生インタビューの注釈から少し抜粋。

二次マガ:
二次元ドリームマガジンの正式略称名。「ニジマガ」でも「二次マガ」でもどっちでもOK。たまに「ゲドマガ」と略する人がいるけど、彼らはかわいそうな人たちなので、そっとしておいてください。

* ナイスコンビネーションだ、にじ美ちゃん&ぐりぐり(笑)

-

* で、その後はがっこ戻ってふにふに。家に帰ったらもう22時ですの。

*

猪名川「よっしゃ! 帰ってきよったな!!」
へむ2「うわ。いきなりかい、猪名川」
猪名川「あったり前やん! アンタ帰って来るん遅すぎや、言うねん」
へむ2「しゃーなかろ。色々あったよってなあ」
猪名川「ま、ええわい。ほな、始めるでー!」
あずさ「はいはい、分かったからあんまし大きな声出さないの(−−」
へむ2「んー、じゃあまあ、頑張ってき。俺はサウンドボード入れ換えしてっから」
まるち「あ、お手伝いします〜(^^)」
ぴーす「えと、えと、私は・・・麻雀の方のお手伝いしてきます!」
あやか「ん、ありがと。それじゃ、お茶入れてくれる?」
ぴーす「はい! すぐお持ちします!!」

* とゆー訳で、ふにふにサウンドボード入れ換え。あーんど、『腐り姫』立ち上げテスト・・・おお! ちゃんと声が出ますよー!!(笑)

*

へむ2「うし。これで『腐り姫』、プレイ出来るね」
まるち「良かったですね、ご主人様(^^)」
へむ2「うむ、良かった良かった☆」

* でも、今日はプレイせず。『マーズ・アタック!』をまず見ますの〜☆ 今日見ないときっとまた一週間以上見ないと思いますの〜(笑)

-

* とゆー訳で、見終えました、『マーズ・アタック!』。えー、そですね。まずやっぱり、

火星人の謎科学最高!

* でしょーか。やる事なす事怪しすぎですアンタら(笑)

* 地球人側は民間人のタフさと政府関係者のお馬鹿っぷりがいい対比になってますな。も少し疑ってかかりなさい、色々と(笑)

* ストーリーはステキにB級。て言うか、大筋ではまんま昔のSF映画。まあ、監督がそれをベースに作ってるんでから当然ですが。でも、細かい所では色々遊びが入ってたり現代風にアレンジしてたりするんで、昔SFに思い入れが無い人でも面白く見れるでしょう。

* んで。

* ・・・人が問答無用でバタバタ死んでいくところが素晴らしいです。多少ネタバレになりますが、あの首だけカップルも他の映画だったら最後は助かってハッピーエンドなんじゃないかしらん。この映画ではざっくり死んでますが(笑)

* そーゆー問答無用さに加えて、まー火星人達の楽しそうなこと楽しそうな事。お前ら絶対遊んどるやろ(笑)

* 演出も、一言では言えませんがかなりいいなあ、と思う次第です。えーと、まあ、何だか言葉がまとまらなくなったんでそろそろ感想終わりますが、えーと。そですね、同じ『宇宙人侵略』ネタの映画で比較させてもらいますと、『インディペンデンス・デイ』の億倍面白いとお兄ちゃん思いますですよ。特撮とかはどチープですけどね(笑)

* ま、とりあえずそんな所で。

-

* さて。

* ほいじゃぐる。

* まず。みなみおねぃさん日記から、例のコムちゃん降板記述が削除されました。いやすでにローカルで保存済みなのでいいんですが。そしてこーゆー書き込みが。

やっちゅー!!長崎ですっ!!
この度は、皆さんにいろいろご心配をおかけしてしまって本当に申し訳ありませんでした。
みなみん、退院!!いたしましたー!元気になりましたのでご安心下さいませ〜。
とりあえず今月いっぱいは、お仕事もセーブしつつ、たんぶるとのんびり過ごします(笑)。
なので、やっと書き込み再開できます。
そして!!来月からは、またバリバリお仕事がんばります!
皆皆様、どうぞよろしくお願いいたしますっ。
そして。
2/8に書き込みしました、『コムちゃん』に関連した内容の日記ですが、所属事務所であるイエローテイルの社長より指示をいただき、削除させていただきました。
詳しくは、近日中に社長の方より今回の件についての報告がありますので

http://www.R-BANANA.com/

の方をご覧下さいませ。

* まあ後半についてはさておき。

みなみおねぃさん、退院おめでとう!

* これからは倒れない程度に、でもバリバリ頑張ってください(^^)

* そして、上に書いてあるとーりイエローテイルからの正式発表がありました。余計な部分かっとばして、肝心なところだけ。

コムちゃんねる様のご意向として、「コムちゃん」を始めとする各キャラクターのイメージチェンジを行いたいとの御希望があり、それをお受けする形で、弊社の方より、イエローテイル所属の長崎・和田の両名は、「初代コムちゃん・ミケ」を「引退」するということにさせていただきました。今後両名はOGとして、様々な場面でご協力させていただくことになっておりますし、コムちゃんねる様も「長崎・和田バージョン」で皆様に親しんでいただきました作品については、引き続き販売を行われるとのことです。

* 他にもいくつか理由は挙がってますが、結局げっちゅ屋の意向により』降板なのは間違いないよーです。そして、その理由はコムちゃんのイメージチェンジ、と。

* ・・・コムちゃん、別に何も設定変わってないんですけどね。一体何のイメージを変えたいんでしょうねぇ。つーかそれって汚れ声優じゃダメだって言う意思表示だって思っていいですか?

* まあ、いいです。これをもってとにかく一連の出来事は決着でしょう。げっちゅ屋の正式発表は無いまま、ね。後は、ソフトが売れるか売れないか、それだけですな。

-

* んで、ゲーム屋ぐる。

* RusselWAFFLEの新作、『特別接待』新デモ公開。サイズ17MB。繋がりゃしませんが。

* ・・・えーと、とか言ってる間にWAFFLEオフィシャルでもデモが公開されました。こっちはサイズ18MBですが、まあ多分同じ物なんでしょう。だからこっちだけミラー

* ・・・しかし何つーか。役にたたねぇな、Russel(笑)

-

* ぐりぐり。どうやらグリグリ新聞第4号が配信されたようです・・・

* ・・・て。

うちには来てませんよ?

* むう。おっさんおっさん言ってたから登録抹消されたんでしょーか。とりあえず、『来てないにょ!』のメールを飛ばしてみますが・・・もし、それでも来なかったらどうしましょ?(笑)

-

* 日記系。

* ・・・あ。何か今日は8/1の日記へのアクセスが多いなあ、と思ったら。

しまった、バレた(笑)

* むう。せっかく深く静かに潜航してたのニー。つーか俺、前に抱き枕の事日記に書いてたんですな。すっかり忘れてましたが(笑)

*

まるち「あの、何故、そんな、潜航なんかを(^^;」
へむ2「いや、特に意味は無かったんじゃけど。抱き枕部創立の段階でバレてなかったから、何となく」
まるち「はぁ。何となくですか」
へむ2「ほら、アレだよアレ。街歩いてて警官見かけたら咄嗟に身を隠したくなるでしょう? それと一緒で、とりあえず回避行動を」
まるち「あの、その例えはどうかと思うのですが(^^;;;」
へむ2「・・・なりませんか?」
まるち「はい〜。私は別に〜」
へむ2「むう。おかしいなあ」
まるち「おかしくないと思います〜(^^;」

* まあそれはさておき、よろしくです皆様(笑)

* ・・・と、そうだ。うちにはマルチしかいませんので、記載の方はそれでよろしくです〜。>部長

-

* さてさて。

* ほいじゃお休みなさい。

-

* あ、ちょっと追記。ぐりぐり秘密日記が更新されてますにょ。

■GROOVERはゲドマガを応援しています!■
ほら、由一君や昇一先生も本出してるし。
つー訳でウガ、いや、にじ子ちゃんを応援してます。
というような気持ちをうわっつらで込めました。

* ・・・ああ、シナリオのヤマグチノボル氏ってやっぱ山口昇一さんだったんですか。今まで確証が持てなかったんですが、情報どうもありがとうございます(笑)

* 後、ぐりぐりminoriと組んでギャルゲーコミケでまた何か怪しい事やるそーです。残念ながら俺は行けんのですが・・・何やる気でしょか一体(笑)


名前を入れるにゅ:
タイトルを入れるにゅ:
本文を書くにゅ:



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]