まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



東方へ行こう、そうしよう。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


予定は未定な12時間。

* 水曜日。今日は朝から晩まで、一日中。<お仕事

*

あずさ「お帰り。今週は楽なんじゃなかったの?」
へむ2「『予定では』ねー。ただいま」
まるち「お帰りなさいませ〜(^^; あの、本当に、お疲れ様でした〜」
へむ2「ま、予定は未定にして決定にあらず、って奴ですわな。ほんとーなら、15時くらいにゃ終わってた筈なのですが」
カニ子「それが21時カニか。6時間オーバーカニねー」
へむ2「ダブルスコアで延びたとも言います。ちう訳で疲れたので、とっとと飯食って寝ますべー」
まるち「あ、はい〜(^^; すぐ、あの、ご用意いたしますね」

* ちう訳で、はもはももしゃもしゃちょっくらぼー。本気でかなり疲れましたので、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


アドオン良いトコ悪いトコ。

* 木曜日。お仕事したり、買い物したり。でもってFirefoxの3.5が正式公開されてたので、とりあえず突っ込んでもみたり。

*

へむ2「そしてTabMixPlus動かNeeeeeeeee!! になる訳ですな。恒例行事として」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜。他にもいくつか、動かなくなったアドオンさんがございますね」
あずさ「て言うか(−− 分かってるんだから、待てばいいのに。対応するの」
へむ2「ま、そーなんですけどねー。『3.5は高速化した』つー話だったので、つい誘惑に負けて。それにまあぶっちゃけ、俺の使い方で問題があるのはTabMixPlusと、後はせいぜいRedirectRemoverくらいですからなあ」
あずさ「そうかもしれないけど(−−」
へむ2「とりあえず、何だぁ。代わりにTabControlあたりを入れといたザマスよ。こっちは3.5に既に対応してるみたいなんで」
カニ子「うー。でもこれ、使いづらいカニー。タブ閉じた時に、右のがぱっと表示されて、あんまり気分が良くないカニー」
へむ2「いや、その辺はTabMixPlusでも、表示される時は一瞬表示されてたんで大して変わらんのだが。変わらんのだが・・・まあでも、確かにちょっち、表示時間が長いなー。アドオンの違いのせいなんか、それとも3.5に上げたせいなんか。もし3.5に上げたせいだったら、TabMixPlusに戻しても変わらん事になる訳じゃけど」
カニ子「それは困るカニー。すぐ左のタブに切り替わってくれないと、嫌カニよー。て言うか、なーんで本体にその機能が無いカニ?」
へむ2「知らん。が、なんか開発者にそーゆーポリシーがあるんだろう、きっと。とりあえず、どーせ近い内にTabMixPlusも対応する筈なんじゃけ、それまで我慢してなさいよ」
カニ子「むー・・・しょーがないカニねぇ」
へむ2「この辺が何つーか、アドオンの悪い所よねー。本体のバージョンが上がる度に、毎度毎度対応非対応の問題が出てきて、もー」

* まあ、便利な機能とのバーターではあるんですけど。<悪いトコ>とりあえず、てきとーに環境構築も済んだんで、今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


ぐるり一巡また東武。

* 金曜日。今日はお仕事午前中・・・の、予定だったんですが結局プラスアルファで、夕方まで。

*

へむ2「なので結局帰還は夜です。後、やっぱり耐えきれなくなったのでTabMixPlus開発版をさっさと入れちまう事にいたしました」
カニ子「あるんだったら、最初っから入れとくカニよー。昨日はホント、不便だったカニー」
へむ2「出来れば正式版まで待ちたかったのよ、お兄ちゃん的には。と、ゆー所で、ただいま」
ぴーす「はい、お帰りなさいませー。今週も、お疲れ様でしたー」
へむ2「いえいえ。ところでですね、ちょっと首都圏お手軽家族旅行ガイド的な雑誌を買ってきましたので。今度の三連休どこに出かけるか、検討しましょー」
ぴーす「あ、はいー。え、と。ですけれど、あの。東武動物公園では、駄目なのですか?」
へむ2「あっこねぇ、遊園地の近くにほとんどホテルが無いんだわ。いっとう近い所は既に満室だったりするし」
ぴーす「あ。そうなのですかー」
あずさ「て言うか(−− この時期になってから『七月の連休』の宿を取ろう、っていうのが間違ってるんだと思う。いっぱいになってるでしょ、そりゃ」
へむ2「まあねー。それはそうなんですが、でも今日まですっかり忘れてたんだもん。ま、とりあえず色々、調べてみよーじゃないですか」

* で、色々ごちゃごちゃ考えて。ボン本人の希望はスパリゾートハワイアンズだったりもしたんですが、そこは遠いしやっぱり宿も取れないし、とゆー訳で。

*

へむ2「うん。結局東武動物公園。それも日帰り。ぐるり一巡して戻って来て、そんな感じ」
まるち「はい〜(^^; あの、はい。東武動物公園さんでしたら、あの、そんなに遠くはございませんし〜」
あずさ「とは言え、日帰りってなるとやっぱり少ししんどいけどね。あそこ、一回りするだけでも結構時間取るし」
へむ2「なんですよねぇ。プールで遊んで、砦で遊んで。加えて犬コーナーとか動物園とか、もちろん本命遊園地とか。だから出来れば二日がかりにしたかったんですが・・・ま、しょーがござんせん。なるべく行くトコ絞って、なんとか『朝イチから夕方まで』で収めましょう」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「最悪、二日連続でゴー、とかゆー手もございますしね。ま、ま、とにかくそげな感じで。三連休は、久々の遊園地ですよー」

* つ事で。では、予定も立った所で。今日はここまで、また明日。

* ぐー。


海産折神軟体系。

* 土曜日お買い物。今日は烏賊折神なぞを買ってきますた。

*

カニ子「て、敵襲! 敵襲カニ! 軟体生物が攻めてきたカニーーーーッ!!」
へむ2「あー、落ち着け甲殻類。ボンの誕生日には、海老折神買ってくる予定じゃし」
カニ子「くっ。それならまあ、何とか二対一カニね」
あずさ「うん、折神と自分を同格で考えてるのはどうかと思う、色んな意味で(−− にしても・・・舵木折神に烏賊折神。この後の予定が海老折神、って、ホントに海産物ばっかりねぇ」
ぴーす「そうですねー。サカナマルも、はい。お魚ですし」
へむ2「いや、それは流れに任せたら何故かそうなっただけで、他意はない。鯛が居ないので他意が無い。HAHAHAHA!!」
まるち「は、はわわ(^^;」
へむ2「・・・・・・(−− ふぅ。ま、とりあえず晩ご飯にしましょうか、そろそろ」

* つ事で、着々増殖中。<折神獣>今の所舵木と烏賊だけで、直接『合体』が出来ないのが難点ですが・・・まあ。海老買えば合体出来るし、それで何とか、つー所ですかねー。

-

* にゅ。

* ではここまで。お休みなさい、また明日。

* ぐぅ。


大海王、キターーーー(゜∀゜)ーーーーッ!!

* 日曜恒例シンケンジャーいきなり何さらしてくれよんじゃディエェェェェンドッ!!!

*

へむ2「と、ゆー憤りはさておき。今週は海老折神が大活躍でございます。海老ちゃん、ロボにも変形してなんと全部で四モード。まずは基本形態が」
カニ子「二本のハサミが必殺技なダイカイオー・ヒガシ! カニ!Σd(>ω<)  これはロボットのフォルムもちょっと横長だし、『カニ』だと思っていいんじゃないカニ!!」
ぴーす「いえ、あの、あちら、海老のハサミですのでー。え、と。それで、おそらく防御に優れている・・・のだと思われますが。団扇を持たれた方が、『ダイカイオー・ニシ』ですね」
まるち「はい〜(^^; それで、あの、二本の刀をお持ちの方が、ダイカイオー・ミナミさんです〜」
へむ2「攻撃力特化、という事ですな。そして今回は出てきませんでしたが、烏賊折神と合体するイカダイカイオーがダイカイオー・キタ。キタキタキタキターーーーーー!Σd(>ω<) 東西南北だぜわっふぅ!」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−メ 名前付けた奴、ちょーっと出てこーい。いや、出てきなさい。いいから」
へむ2「は。設定上は間違いなくシンケン寿司がゴッドファーザーですが、何か」
あずさ「そういう事を言ってるんじゃないっ!(−− スタッフよ、スタッフ! 誰か止める人、いなかったの!?」
へむ2「はっはっは、馬鹿だなあ、あずあず。こんなもんは、ここまで来たら立ち止まった方の負けですよー? 止まるなら、もっと前の段階で。あんだすたん?」
あずさ「あー!(−− もー!!」
へむ2「はっはっはっはっはー。でも残念な事に、来週はお休みー。もっとも、来週再来週はディケイドシンケン世界にやってくる、つーお話ですので?」
ぴーす「はいー。シンケンジャーさんはお休みですけど、ディケイドさんの方で、はい。ご活躍なさいますね」
まるち「えっと(^^) 来週のディケイドさん、再来週のシンケンジャーさん、再来週のディケイドさんの順でご覧ください、との事です〜」
カニ子「でも、予告見る限りだと再来週のシンケンはなんかディケイドとは関係無い話っぽいカニー。『ディケイドディケイドシンケン』の方がいいんじゃないカニ?」
へむ2「んー。その辺は来週のディケイド見てから、ですな。どーせ録画したの見てるんじゃし、その辺は臨機応変に対応するといたしまっしょー」

* なお、余談。先週のディケイドでクウガは洗脳されちゃった訳ですが、その『洗脳された』とゆー事実を誰にも気付かれないまま、今週のお話終了&洗脳解除になってしまいますた。

* ・・・どこまでも空気よのう。哀れな(笑)<クウガ

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


まったり気分でダイジェスト。

* 朝。

* 月曜もーにん。カイジ君は今週も坊ちゃん語りで、以下略。

*

あずさ「・・・来週は、ギャンブルで初めて『生』を実感したとか、そういう話になるのね。きっと」
カニ子「鉄板カニねー。正直、それ以外思いつかないくらい鉄板カニー」
へむ2「まあ、ギャンブルそのものじゃ無くてそれによって死んでく人間の顔を見て、とゆー展開も無くはないけどな。ただ・・・どっちにしろ、さしたる差は無いわな。展開的に考えて、カイジ君が反発覚えて以下次号、になるのは見えてるんじゃし」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい〜」
あずさ「やっぱり、もう少し展開早くていいんじゃないかって思うわね。せめて、さっさとゲームの内容くらいは」
へむ2「ですねー。いまっだに、内容についての話は一切無いんだもんなあ」

* まあ、いつもの事と言やぁいつもの事なのですが。<展開遅い>何はともあれ、れっつらごー。

-

* 昼。

* お仕事。

-

* 夕方。

* 帰宅。今日はかなり早めー。

-

* 夜。

* まったり。

*

へむ2「平和に時間が過ぎてゆく。この優雅な時間を大事にしたいと思うおにーさんであるの事よ」
あずさ「うん、言い方変えたら『何もせずにダラダラ過ごしてる』ってだけよね。それ(−−」
へむ2「はっはっは、あずあずは実に物の見方が穿ってらっしゃる。それにまあ、何もしてない訳じゃ無いんですよ?」
あずさ「・・・ふぅん?(−− じゃあ、何してるのよ?」
へむ2「お茶を飲んでます」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「とゆー訳で。おかわり」
ぴーす「あ、はいー。あの、はい、すぐにお持ちいたしますー」
へむ2「まあ真面目な話としては、多少調べ物を。うちのBDレコーダーには自動CMカット機能が無くて、常々不便してましたので。その辺、何とか出来ないかなー。とゆー」
カニ子「ああ、確かに不便カニよねぇ。何とかなるのカニ?」
へむ2「んー。『録画1』に関しては、『ダイジェスト再生・時間長め』がほぼCMカットと同義らしいです。なのでそっちはそれでOK、なのですが・・・」
ぴーす「はぁ。つまり、あの、『録画2』ではお使いになれないのですね? あ、お茶、お持ちしましたー」
へむ2「ありがとう。そしてイグザクトリィ、その通りでございます。まあ録画2に入ってる奴は基本的に『どーでもいい』物ばっかりなのですが、逆にどーでもいいからこそCMカットを積極的に入れたい訳で。ま、もーちょい色々、調べてみるとしますかねぇ」
あずさ「・・・・・・(−− 結局、何も解決出来てないって言うか。無駄な時間過ごしてただけじゃない。もう」

* つーか、『30秒飛ばしボタン』があってくれりゃあ、半分はそれで解決なんですけどねぇ。<CMカット>録画2だと自動チャプターも入りませんし、なかなか困ったものでございますの事よー。

-

* にゅ。

* つ事で悩みつつ。今日はここまで、また明日。

* うにゅー。


ライダー合わせのW系。

* 火曜日お仕事長々と。とりあえず12時間にはいかなかったんでまだマシですが、もう、ねぇ。

*

へむ2「やれやれだ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お疲れ様でした〜」
へむ2「どいたま。ところでですな、なんかSONYが今度、ネットブックを出すとか」
あずさ「ふぅん? ネットブック?」
へむ2「です。型番は今度の仮面ライダーと同じで、『W』。性能的にはごくごくふつーのネットブックですが、画面サイズが『1366×768』と大きめなのがポイントですかね」
カニ子「へー。おっきいんカニか」
へむ2「ん、正確にはおっきい、ちゅーか『細かい』ですな。物理的な大きさ自体は変わんないんですけど、表示出来る情報量が大体1.7倍になります」
カニ子「ほほぅ。かなり違うカニね、それは」
へむ2「うん。正直普通ネットブックの縦600だと『ダイアログのボタンが押せない』とかゆー困った事象もございますでな。お兄ちゃん的には買い換えを検討したい所・・・なんです、が」
あずさ「が?」
へむ2「やー。さっき家に電話したついでに嫁にちょろっと話をしたら、さっくり『買うな』と言われてしまいました。おのれ」
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「ああ、まあ、そりゃ、ねぇ(−− 二月に買ったばっかりなんだし、今のパソコン」
へむ2「そうは言いますけどねぇ。このネットブック、一日数回はアプリケーションが突然死するとゆー不思議仕様なので。そのストレス、ならびに画面の小ささから来るストレスを考えると、十分価値があると思うのですが」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「いや、仕様って(−− 何それ」
へむ2「言うてませんでしたっけ? これねぇ、なんか妙なタイミングで、何故かひょこっと終了コードが飛ぶっぽいのよ。正直原因についてはまったくもって不明なのですが、とにかく落ちる。音も無く」
カニ子「・・・壊れてるんじゃないカニ? それって」
へむ2「うん、メモリが変になってるとか、そーゆー可能性も大なんだけどね? 何にしても、大層不便は不便な訳で。最悪、自分の小遣いで買っちゃおうかのう。とゆー気もしないでは無し」
あずさ「えー(−−」
へむ2「いや、ネットブックなんで定価で買っても6万程度で済みますし。ま、でも、とりあえずは発売になってから。実機触って、実売価格調べて。その結果次第ですやねー」

* まあ今月はボーナスも出ますしねぇ。ちょっち本気で検討しておきたい所存、とゆー所で、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


秘伝太巻き。

* すいよーび。ここんトコ水曜になると何かとアレげな話が展開されてたりもするのですが。<お仕事>でも今週は、久しぶりに順調一直線だったりする訳で。

*

へむ2「おかげでまったり出来ました、っと。ところでですなー、太巻光輪てありますやん? 海老折神の」
まるち「はわ? あ、はい(^^; 前回の放送で、はい。海老折神さんが投げておられましたね」
あずさ「・・・・・・(−− シンケンゴールド関係の。色んな物の。ネーミングセンスは。どうかと思う。本気で」
カニ子「もう慣れるしか無いって半分諦めついたカニー。それに、そろそろ打ち止めじゃ無いカニ? さすがに」
へむ2「ゴールド関係はそうかもな。で、その太巻きなのですが。や、今日本屋で子供雑誌の裏表紙の広告見て知ったんですけど、アレ、おもちゃの方では秘伝ディスク使って再現出来るよーになっとるんですな」
カニ子「へー? そうなのカニ?」
へむ2「うん。海老のハサミが、ちゃんといいサイズで挟める様になってるんだと。ただまあもちろん海老折神には海老ディスクしかついてないので? 海老セットした上で太巻光輪出したかったら他の秘伝ディスク付きおもちゃを買ってNE! とゆー話なのですが」
まるち「は、はわ(^^;」
カニ子「・・・商売上手カニねぇ。相変わらず」
へむ2「うむ。その辺さすが30年以上やってるだけの事ありますわなー、って感じー。ま、海老折神だけ買う子もそうはいないじゃろうし、ええんですけど」
まるち「はぁ(^^; そうですね。あの、お家にも、烏賊折神さんと舵木折神さん、後、サカナマルさんの秘伝ディスクがございますし〜」
へむ2「サカナマルのは正確には、秘伝ディスクバックルのおまけですけどね。でもホント、この『単体でも遊べるけどフルで遊ぶにゃ他の秘伝ディスクが必要』つー構成が。個人的には上手だな、って思う次第」
あずさ「上手って言うな(−− その分、お金が吸い取られるんだから」
へむ2「はっはっは、それはそうなんですけどねー。やー、世の中のお父ちゃんお母ちゃんは、大変だー」

* とかゆー事を考えながら。今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


LとかYとかDS話。

* 木曜日。がっでぃーむ

*

へむ2「・・・DSの。Lボタンが壊れた
まるち「は、はわわわわ?(^^;」
へむ2「いや、原因は分かってるんだ。『世界樹の迷宮II』でキャラレベルアップの為に、ひたすらLボタンをかちかちかちかちかちかちかちかちしてたから。で、接触が悪くなったんじゃなー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。ほんっっっっとに、ひたすらやってたもんねぇ。話も進めずに。本気で単なる経験値稼ぎだけ」
カニ子「でも、実はここ一年ほど放置だったカニよね。『世界樹II』」
へむ2「うむ、去年の七月にあどえす買って、それの設定に追われたせいでついつい、おざなりにな。そして一旦やめると再開に気力がいるんで、結局ずるずると。でも先日ようやく再開して、なんとかレベル79までもってきたトコじゃったのにのう」
あずさ「いい機会だし、レベルアップ諦めれば?(−− レベル70でも普通にクリア出来るゲームなんだし、って言うか、普通はレベル70で上限なんだし」
へむ2「レベル上限でキャラ引退させるとレベルが30に落ちる代わりに上限が1だけ上がるんだぜきゃっふー。それをかける12キャラで延々回さにゃならんのだからまったくこの世は地獄だぜフゥーハハハー。でもまあ、アレよ? 仮に経験値稼ぎやめるとしても、Lボタンが使えないのはひっじょーに困るのよ?」
まるち「そうですね(^^; あの、何かとお使いになられますし〜」
へむ2「まあ、どー考えても接点がアレげな事になっただけなんで、バラしてスイッチ交換してやりゃ直るんだけどな。ただ問題もいくつかあって、まず普通のドライバーじゃ開かないんだ。DS」
カニ子「またそういう仕様カニかー。前の炎神ソウルといい、世の中変なネジが多いカニねぇ」
へむ2「開けさせたくないんだよ、だから。向こうとしては。とゆー訳でY字ドライバーっつーんが必要になる訳なのですが、これは現在家には無いと。秋葉行きゃあ売ってるんですが、秋葉に行かなきゃいけないと。つまり、どんなに早くても週末までは放置しなくちゃいけないよ、っと」
まるち「はぁ(^^; あの、それは、はい〜」
へむ2「で、さらにさらに。スイッチ自体はさてどんなやねん、とゆーのも問題。この辺とかこの辺の分解写真で、基盤の端っこに写ってる奴がそうなんじゃけど・・・これ、どのメーカーのなんて型番だぁ?」
あずさ「知らないわよ。そんな事聞かれても(−−」
へむ2「ですよねー。画像から察するに5mmくらいの大きさで横押し、なマイクロスイッチなんですが・・・うーん」
まるち「ええと(^^; あの、普通に修理にお出しになる訳には、いかないんでしょうか〜?」
へむ2「えー。たかがマイクロスイッチの交換で修理ー?」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。だ、駄目なのでしょうか〜?」
へむ2「いや、駄目とは言わんけど。言わんけど・・・むー。とりあえず見積もり2000円、か。そんなに高くは無いけど・・・高いな。やっぱり」
あずさ「どっちなのよ(−− 一体」
へむ2「メーカーに出したらこんなもんだろそりゃ、って意味で高くない。でも自分でやったらもっと安くあがるやん、とゆー意味で高い。でもまあ、今回はスイッチ探すんが面倒じゃしな。とりあえず、投げてみるかぁ?」
あずさ「そうしなさい、そうしなさい。アンタ、秋葉原むやみにうろつく時間の余裕なんか、ないでしょ(−−」
へむ2「そうなんですよねぇ。しゃーないかなあ、素直に・・・あ、いや、もとい。ちょっと待った(かちゃかちゃ)」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「あー。いや、うん。ふと気が付いたんでヤフオク覗きに行ったんじゃけどな。うん。あるわ。LRスイッチ。それなりに、色々と」
カニ子「へーえ。また妙な物までそろえてるカニね、ヤフオク
へむ2「うん、妙に細かい所に手が届くよね、っと。後、ついでに思い出した。Y字ドライバーも近所のホームセンターで売ってたわ、確か」
まるち「え(^^; あ、そ、そうなんですか?」
へむ2「うん、おぼろげに記憶アリ。つー訳で、道具も揃う、パーツも揃う。メーカー修理に出す意味は全然まったく、無いですな」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・えー(−− でも、自分で直したらアンタ。その後、保証って効かなくなるんじゃないの?」
へむ2「俺は元々、メーカー保証に頼った事なぞほとんど無いですよ。つー訳で、うん。問題無いんで自力でなんとかしちゃいましょう。それが済むまで、『世界樹II』のレベルアップはまたお休み、いう事で」

* 事で。にしてもまあ、ほんの総計数ヶ月カチカチカチカチやった程度で壊れるとは。DSも、意外と耐久性が無いですなあ(^^;

-

* にゅ。

* んではまあ。レベルアップ作業も出来ねぇし、明日もまた朝イチで早いし、なので。今日はここまで、また明日。

* お休みなさい。ぐぅ。


秘伝食玩タブレット。

* 金曜日。今週のお仕事、ここまでー。

*

へむ2「そしてひこーきはまた遅れる訳やね。相変わらず、役に立たねぇ」
あずさ「はいはい、愚痴らない(−− ただいま」
ぴーす「はい、お帰りなさいませー。今週もお仕事、お疲れ様でしたー」
へむ2「いえいえ、どいたま。ところでですな、こんなものが売ってたのでちょっと買ってきてみますた」
ぴーす「はい? え、と・・・はぁ。『秘伝ディスクタブレット』ですかー」
へむ2「うん。つい先日、秘伝ディスクの商売戦略については話題にしたばっかりなのですが。おもちゃ買わんでもこーしてディスクだけ手に入れられるよにしてくれてるあたり、結構良心的やねぇ。と、認識を新たにしたおにーちゃんでございますの事よ」
ぴーす「はぁ。あの、はいー。一つ300円程度でしたら、おもちゃ買われるよりもお安いですし。お父様お母様も安心ですね」
カニ子「でも、ちょーっと作りが安っぽいカニー。烏賊折神のとか、折れないんカニよ?」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、やはり、『タブレット』ですので〜」
へむ2「折れる様には作るんは無理やねん、いう話ですな。ま、とりあえずせっかく買いましたので。うちでも海老折神買った時には、太巻光輪として活躍していただくといたしまっしょー」

* つ事で。では、今日はここまで、また明日。

*

へむ2「ほんとーは、DSの修理済ませたかったんですけどねー。残念ながら、またパーツが届いてなかったとゆー」
まるち「はい〜(^^; あの、昨日発送してくださった、との事でしたので〜。てっきり、今日には届いてますかと〜」
あずさ「ま、明日には届くでしょ。多分」
へむ2「うん、多分ね。つか、届かなかったらそん時は郵便事故を疑わなきゃいけないレベル。大丈夫だとは思うんですけどねー」

* ほでは。ぐー。


昇天DS。

* 土曜日。前の家の光回線工事に立ち会ったり、DSのLスイッチを交換したり。

*

へむ2「お。メイン電源スイッチが折れた
ぴーす「・・・は?」
まるち「は、はわわわわっ!?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− あ? 壊した? ひょっとして?」
へむ2「うん。ちなみにスイッチを直接いらってやっても電源入らないんで、なんか他にもどっか基盤を破損したっぽい?」
あずさ「・・・・・・(−−メ 馬鹿? 馬鹿なの? 馬鹿なんでしょう、アンタ」
へむ2「はっはっは、自分でやる、って決めた瞬間からあり得る未来として想定されていた事象ですよ。さーて、ボクラのヨドバシで今、実売価格はいくらかなー☆」
あずさ「だーっ!(−−メ アンタは、もう!!」
カニ子「・・・まさか、わざと壊したんじゃないカニよね?」
へむ2「いや、いくらなんでもそんなもったいない事はせん。ふむ、iが19kでliteが17kか。いっそiでもいいかなあ、気分じゃけど・・・うーん」

* いや、えー加減WEPを切りたいんですよねー。<無線LAN>まあ、嫁のDSもありますから? しばらくはどっちにしろ、切れないんですけど。

*

へむ2「ふむ。でもまあやっぱ、iにしとくか。将来を見越して」
あずさ「あーあーあーあーあー(−− 好きにしなさい、もう。でも、自分のお金で買うのよ?」
ぴーす「ええと。あのー、一応確認なのですが。改めてメーカーさんに修理をお願いする、という訳には」
へむ2「何その『普段イキがってる不良がフルボッコにされて警察に泣きつく』みたいな恥ずかしい話。俺が自分の意志でやったんだから、どんな結果が出ようが俺が責任取る。いーじゃん、それで」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうですかー」
へむ2「で。もちろん俺のお金で買うんで、心配ご無用ですよセニョリータ。とりあえず月曜日はちょっと早めにお仕事終わりそーなんで、その足で秋葉行って買ってきますかねー」

* つ事で。まあ結果としては最悪ですが、とりあえず世の中『失敗もせずに大きくなる子はいません』いう事で。今日の事を教訓に、次バラす時はもーちょい気をつけてやろうと思います。まる。

-

* にゅ。

* ではここまで。お休みなさい、また明日。

* ぐぅ。


戦隊ライダー・アヤカシ変。

* 日曜日。実はおにーちゃん、昨日から風邪ひいてまして。今朝起きたら、それが結構悪化してる罠。

*

へむ2「なので、ぷっちんプリンを解禁するべぇ。と、思って家の前のコンビニ行ったのに、売ってなかったりする訳なのですよ。これが」
まるち「はい〜(^^: あの、ですので、はい。他のプリンさんを、いくつか〜」
ぴーす「後で、あの。スーパーの方で、買ってきておきますね」
へむ2「よろしくー。この朝イチの時間で無きゃあ、今すぐにでも行くんじゃけれど。開いてねぇもんなあ、今」
ぴーす「はいー」
あずさ「・・・・・・(−− 一応言っておくけど。だから、ぷっちんプリンで風邪は治らないと」
へむ2「その様な意見はきーこーえーまーせーぬー。さ、じゃあぐってりしながら、ディケイド見ますかねー」

* て事で鑑賞。今週は、ディケイド達がシンケン世界にやってきましたよ、ゆー事で。

*

へむ2「・・・何をヒスっておられるのかしら、あの夏みかんは。更年期障害?」
あずさ「そんな年じゃ無いでしょ(−− 単にディケイドがいなくなりそうでどうとかこうとか、そんな事なんじゃないの?」
カニ子「それよりも!(どん!) カニのハサミっぽいのを持った変なライダーが雑魚扱い、っていうのはどういう了見カニかーーーっ!!」
へむ2「いや、アレはフォルムから何からあからさまに雑魚だったが。つーか、ライダーなの? アレ」
ぴーす「どう・・・なんでしょうか? えと、あの。あ。あ、はい。『仮面ライダーシザース』さんみたいですね。こちらが、あの、画像ですー」
へむ2「えー。あ、ホントにマジでライダーでカニでやんの。すっげぇ悪役デザインなのに」
カニ子「・・・APは3000で『契約モンスターの中では一番弱い』。おおおおお、これは一体どういう事カニか! カニ差別カニカニ差別カニーー!!」
へむ2「は、はわわわわ(^^; い、いえ、あの、『実際のAPはかなり上がっていると思われる』ともございますし〜」
あずさ「て言うか、うるさい(−− で、ディエンドがなんか余計な事ばっかりしまくってくれてるんだけど?」
へむ2「うむ、ろくでなしだなディエンド。しかし他人でも普通に使えるってそれはどうなんだディエンドライバー」
ぴーす「変身まで、普通にお出来になるみたいですしねぇ。安全装置、とかは無いのでしょうかー」
へむ2「なんつーか、三途の川のタイムリミットも解除出来とるみたいだし。よく分からん機構だよ、ディエンドライバー」

* ちう所で、今週はここまでー。<ディケイド>なんか予告見る限り、来週はディケイドが烈火大斬刀持って殿様が代わりにブレイドブレード、とかゆー武器交換イベントがあるよーで。定番っちゃあ定番の展開ではありますが、なかなかやっぱ、燃えますなー。

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


iのセカイの弓戦隊。

* 朝。

* お出かけゴー。わぁーお、こらまた斜め上な。<カイジ君

*

へむ2「・・・小説ときましたよ。ぼっちゃん」
あずさ「・・・まさか、そんな話だとは(−− でも、アレよね? 『これで認めて貰えたら、親の金じゃ無くて小説が面白かった証拠』っていうのは違うわよね?」
へむ2「うむ。たとえば編集者に鼻薬かがせるとか、たとえば出版された本をまとめてごっそり買い入れるとか。『親の金』を使えばそういう事が簡単に出来てしまうからのう」
カニ子「でも、あの親がそんな事にお金使うカニ? 正直、そんな無駄金出す様には見えないカニよー」
あずさ「うーん。でも、あの坊ちゃんがあれだけポケットマネー持ってる所を見ると、ねぇ」
へむ2「使っててもおかしくない、とゆー気はする。まあ、何にしてもとにかく、今週はその坊ちゃんの小説の内容紹介・序盤編でしゅーりょー。次の三週は、作中に出てきたゲームの話で終わっちゃうんだろうなあ」
まるち「そうですね(^^; ただ、あの〜。そちらが、今回カイジさんのなされるゲームにもなるのではないか、と〜」
カニ子「なるカニか? なるカニかねぇ」
あずさ「んー。確かにぼっちゃん、似た様なゲームは既に過去にやった事あるんでしょうけど・・・でもこれ、もう一人参加者いないと出来ないし。どう考えても」
へむ2「まあ、坊ちゃん自身が危険に身をさらす訳が無いですからな。と、ゆーのを考えると微妙なトコですが、とりあえず。その辺は一週休みの三週の、さらに一週休みでプラス一週。ああ、お盆休みも挟むから、下手すりゃさらに一週追加で合計七週? 後の、話をマテ。ですなー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜」
あずさ「・・・・・・(−− ふぅ。数字にすると、ホント。展開の遅さが、分かるわねぇ」

* 夏終わるっちゅーねん。<七週後>ねぇ?(笑)

-

* 昼。

* ぽすごと。

-

* 夕方。

* 帰宅、途中で秋葉原。予定通りにDSi、購入ー。

*

へむ2「と、ゆー訳で『世界樹II』を再開しよーと思う訳ですが。ちょっと仕切り直し、とゆー事で、ただいま」
ぴーす「お帰りなさいませー。えと、仕切り直し、とおっしゃいますと?」
へむ2「やー。今まで『バード5人組で経験値アップ・前列は剣・後列は弓』で戦ってた訳なのですが。そこを『五人とも弓』に変えようかと。今手に入るもん同士で比較すると、弓の方がはるかに強いので」
あずさ「高いけどね(−− その分」
カニ子「一個23万円、三個で大体70万円カニー。あっという間に貯金がふっとぶカニよー」
へむ2「うん。そうなんですが、でもそこはそれ。とりあえず今手元に100万あるので買えるは買えるし。この後も経験知稼ぎ続けてりゃあ、多分200万円300万くらいは普通に貯まるし。じゃあまあ、いいかな、と」
まるち「はぁ(^^; そうですね。ここまでで六分の一、というお話でしたから〜」
へむ2「もっとも、各キャラの最高装備揃えよう思たら一人当たり60万くらいは普通にかかる訳で。かける12で720万。300万あっても全然足らないよ、とゆー話は合ったり無かったり、するんですけどねー」

* ま、でも、その分は経験値稼ぎ終わってから貯めますべ。<足りない金>とりあえず、今の所は戦力強化で経験値稼ぎを楽ちんに。

-

* 夜。

* ばたんきゅー。ちょっち本気で疲れてたので、朝までぐーすか日記はそれから。移動途中にアップして、今日はここまでまた明日ー。


連日ばたんきゅー。

* 火曜日。一日お仕事、以下略ー。

*

まるち「お帰りなさいませ〜(^^; あの、お疲れ様でした〜」
へむ2「ただいま。うん、真面目な話、ここんトコ毎週の様に21時コースだったりする訳で。どーかと思うんだ、それは」
カニ子「大変カニねぇ。最近はそんなに仕事、多いのカニ?」
へむ2「最近色々事情もあって、ちょっとなー。とはいえせめて19時までには終われんもんかと。そう強く主張したいお兄ちゃんがここにいる」
あずさ「はいはい(−− ま、さっさとご飯食べて、さっさと寝ちゃいなさい。明日も早いんだし」
へむ2「へーい。にしてもホント、余裕が無くって困りものですやねー」

* はぐはぐ。そしてばたんきゅー。二日連続、起きたら朝で。今日もここまで、また明日。

* うにゃーん。


夏の予定の3D。

* 水曜日。今日も一日、お仕事以下略。

*

へむ2「まあ、昨日よりかは早い。昨日よりかは」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、そうですね。昨日よりは、随分〜」
あずさ「仕事始まったのも早かったけどね。昨日より」
へむ2「うむ、つまり実労働時間では今日の方がちょっぴり長い、とゆーお話ですな。おかげでおにーちゃん、元気が無い訳よ。あんだすたん?」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「さあ、そこで質問カニ! 積みを崩す元気はあるカニか!?」
へむ2「ある訳ねー。分かって訊くなよ、おまいも」
カニ子「・・・ふぅ。やっぱり今週も、約束破りカニー」
へむ2「だーってしょうがねぇだろが、最近ホントに何かと忙しいんじゃからさー。と、ゆー所でちょっと余談。シンケン夏の陣の事なのですが」
あずさ「夏の陣? ああ、映画?」
へむ2「です。や、今回の映画、フルデジタル3Dなんですけど。実はですなー、3Dで見れる映画館て、ほんの一握りなんですな」
カニ子「え? あ、そうなのカニ?」
へむ2「うん。具体的にはこの辺参照、ですが。ほとんどの映画館では2D上映だとゆー」
まるち「は、はわわ(^^;」
あずさ「・・・蘇我に丸の内に新宿に練馬。首都圏、それだけ?」
カニ子「それだと・・・行けそうなのは、せいぜい丸の内くらいカニねぇ」
へむ2「うむ。ただ、俺的にはちょっと別の選択肢もあって。実は大分にもあんのね。3Dな映画館
あずさ「へぇ? 東京でもあんまり無いのに、大分に?」
へむ2「うん。なんで、そっちに里帰り・・・まあ正確には里帰りじゃ無くて『現在そっちで暮らしてるうちの親に会いに行く』ですが。まあとにかく、どーせ夏休みには大分行くんでそのついでに見てくっかなあ、と。幸い、場所もパークプレイスでごぜますし」
まるち「あ、パークプレイスさんなんですね(^^) でしたら、はい〜。あそこは屋内遊戯場がございますので〜」
へむ2「うん。ボンを遊ばせる名目で、あっち行くたびに一度は寄っておりますからなあ。今回もどーせ、どっかで一度は行く筈なのですよ」
あずさ「んー。じゃあまあ、いいんじゃないの? 見てくれば」
カニ子「えー。自分たちだけ3Dカニかー? ズルいカニズルいカニ、それはズルいカニー」
へむ2「いや、だったらおまいも自分で丸の内行きゃいいじゃん。俺が里帰りしてる間に」
カニ子「・・・お? お(ぽむ) そー言えば、そうカニね」
あずさ「いやいやいやいや、どうせ行くなら新宿に行きなさい、アンタは(−− 実家、そっちでしょうが」
カニ子「どーせお盆の頃は会社休みで誰もいないカニよ、きっと。そんな所に一人で帰っても寂しいカニー」
へむ2「そらそーだ。とは言え実際にはお盆ちょい前なんで、まだ誰かはいそうな気がするけど・・・ま、いいや。んじゃホントに、向こうで予定が合えば見てきます。予定が合わなかったら、帰ってきてから東京で見る、いう事で」
あずさ「ん、了解。じゃあまあ、見たら連絡ちょうだい。そしたらこっちもこっちで、見とくから」
へむ2「へーい。では、予定も定まった所で。今日こそは、ばたんきゅーせずに」

* 普通に日記をアップして、普通の時間にお休みなさい。

* ぐぅ。


良くも悪くもルックな話。

* 木曜日。今日は久しぶりに、お仕事時間内終了。

*

へむ2「とゆー訳で夕方からはいつものお出かけ&お買い物してきた訳なのです、が。自転車の後輪が、歪んでしまいました」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「あ? 歪んだ?(−−」
へむ2「うん。すっ転んだ折にちょい負荷がかかりすぎたみたいで。こー、回転状態上から見ると、右に左にふらふらしてるのがよく分かる、とゆー」
まるち「は、はわ、はわわわわ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− アンタねぇ。て、じゃあ、何? 自転車押して帰ってきたの? 帰り」
へむ2「いや? 普通に乗って帰ってきましたけど?」
あずさ「・・・はい?」
カニ子「あれ。歪んだんじゃないのカニ?」
へむ2「歪んだよ? でも、それと乗れる乗れないは別の話でしょう?」
まるち「は、はわ(^^; え、あ、そ、そうなんですか?」
へむ2「んー。上から見るとふらふら、とは言いましたが。横から見るとまだ一応円形保ってますので? ちょっと歪みがヒドすぎる所だけ手でぐりぐり直してですなー、大ざっぱに回る様にして回してきましたが、何か」
まるち「はぁ(^^; そ、そ、そうでしたか〜」
カニ子「・・・意外とアバウトって言うか、妙な所で頑丈なんカニね。自転車って」
へむ2「そんなもんだべ、日本のチャリは。とは言え、歪みは歪みを呼びますからな。多分次にもう一回強い衝撃受けたら駄目ね。完全に歪んで使えなくなると思う」
あずさ「て言うか、すぐに修理に出しなさい(−− そんなのん気な事言ってないで」
へむ2「んー。そうは言うてもこの辺、開いてんだか閉まってんだか分かんねぇ寂れた自転車屋さんしかねぇんですもの。後、後輪フル交換、てなると実は結構なお金がかかるので。そうまでする価値があるのかどーか、とゆー。しょせん一万少々で買ったルック車ですからのう、これ」
カニ子「へぇ? そんなにお金、かかるんカニ?」
へむ2「タイヤ部分、つまりチューブとガワの部分ですな。そこ変えるだけで3000円とか4000円ですよ? 金属部分がそれより安い訳ゃねぇので、結局万前後になると踏んではおりますががががが。ま、何にしてもとりあえずは色々調べる方針で。その間、自転車は騙し騙し使うといたしまっしょー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「いや、だからまずは素直に自転車屋さんに持って行きなさいと(−− まったくもー・・・」

* まあでも真面目な話、秋まではこのまま保つと思うのです。<自転車>ただ冬になりますと、この辺一面雪で転倒率がぐっと上がりますからにゃあ。そうなったら、さすがにぼちぼちアウトかな、っと。なんで、それまでにはなんとかしたいと思います。まる。

-

* にゅ。

* ではここまで。また明日ー。

* ぐぅ。


三歳直前ゆり戻し。

* 金曜日。お仕事終了、夕方帰還。

*

へむ2「そして言うまでも無く、今週も飛行機は遅れくさった訳ですが。毎週毎週ナチュラルに遅れくさって、脳みそ膿んでんのかあの馬鹿虫どもは」
あずさ「はいはい、愚痴はいいから(−− で、こっちはどう? 何も変わった事、無かった?」
ぴーす「お帰りなさいませー。えっと、あの。お坊ちゃまがー」
へむ2「にょ? ボンがどーかいたしますたか?」
ぴーす「はいー。あの、今週になってから、おねしょとかお漏らしがちょっと、多くなっておりまして。昨日や今日なんかは、うんちまでお漏らしにー」
へむ2「ほえ? おやまあ」
カニ子「んー? 珍しいカニね。うんちお漏らしなんて、もう随分やってなかったんじゃなかったカニ?」
まるち「そうですね(^^; あの、確か、はい。ここ二ヶ月ほどは、全然〜」
ぴーす「はいー。ですので、ちょっと、あの、心配で。ご病気・・・じゃ、無いですよね?」
へむ2「むう。いや、話聞いただけだと断言は出来ませんが、でも感じ的には違うんちゃいますか、いう気はします。おむつ外れは進んでは巻き戻ってを繰り返す、と聞いておりますし、ただそんだけなんじゃないスかね?」
ぴーす「でしょうか? でしたら、あの、よろしいのですけど」
へむ2「ま、明日一日様子見てみますさ。多分まあ、大丈夫だとは思いますけどねー」

* 後まあ、なんか食事の時に妙なグズり方する様になったとか。<ボン>全部まとめてちょっと精神的に不安定になってんじゃないかっつー気がせんでもないですが、とーりーあーえーずーは、ちゃんと見てからいう事で。

-

* にゅ。

* では今日もここまで。また明日ー。

* ぐぅ。


結構久々おもちゃの国へ。

* 土曜日。もろもろの事情により、今日も速攻ばたんきゅー。

*

へむ2「ちゅー訳で翌日起きてから日記を書いている訳ですが。面倒なので気分だけ時間を巻き戻しますきゅるるるる。はい、『今日』は土曜日ね」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「はいはい(−− で、『今日』は朝から晩までおもちゃ王国行ってきたのよね。おしまい」
カニ子「本気で他に、言う事無いあたりがポイントカニねー」
ぴーす「昨日は3時間×2で6時間、ほぼきっちりおもちゃ王国でしたからねぇ。戻って来られてからはすぐご夕食でしたし、その後はすぐお休みになられてますしー」
へむ2「ははははは、『お休み』まで書いちゃうと、もう『今日』が『今日』じゃない事がバレちゃうぞー? ま、なんにしてもそーゆー事で。ぼちぼちシンケンジャーのお時間ですし、今日はここまでまた明日ー」
あずさ「・・・・・・(−− アンタもきっぱり、バラしてるじゃないの。『今日』が『今日』じゃないって。もう」

* つ事で。ではここまでー。


夏だプールだ遊園地。

* 日曜日。シンケンジャーは、先週に引き続きディケイドクロスオーバーちう。

*

へむ2「ふむ、なるほど。前回ディケイドでなんでナナシ連中しか出てこんかったのか思うたら」
カニ子「あれ、ディエンドもどきが呼び出したナナシだったんカニねー」
あずさ「つまり、ディエンドとシンケンゴールドの戦いはあれより結構前だった。て事なのね」
ぴーす「そうですね。でも、そうなりますと・・・ディエンドさん、怪我されたままで随分長い間、倒れてらしたんですねー」
へむ2「あいつはきっぱり自業自得だけどな。さて、で、この続きのディケイドで、クロスオーバー編解決、な訳ですが・・・」
まるち「はい〜(^^; でも、あの、ちょっとお時間の方が〜」
へむ2「ですよねー。て事で、ディケイド見るのは明日まで延期。電車の時間がございますので、ちゃちゃっと準備をして出かけまっしょー」

* ちう訳で。今日は東武動物公園に行くのれすれすれす。こーえん行って、プール入って、てけとーに動物さんも見て、後は遊園地で遊んで帰ってくるですよ、と。

*

へむ2「そして上半身日焼けでぎゃーす。うーん、ほとんど曇りだったのになあ。なんでこんなに焼けてるんだか」
あずさ「夏の日差しを甘く見過ぎ(−− それより、一つ聞きたいんだけど」
カニ子「なんか、妙なコスプレした人がちょろちょろ居たカニ。アレは一体、何カニか?」
へむ2「知らん。知らんが調べた結果、これらしい。よくは分からんが、まあ、俺からは一言だけだ。この暑いのになあ
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜。特に、あの、お顔までかぶり物された方は〜」
ぴーす「・・・あの後、お倒れになられたりはしてませんでしょうか。ちょっと、心配ですー」
へむ2「俺なら一分も保たずに投げます(きぱ) ま、何にしても実に東武動物公園らしく、夏休みなのに結構平和な空きっぷりでごぜました。人混み嫌いなおにーちゃん的には、まあ、何よりー」

* ではでは。日焼けの痛みをこらえつつ、今日もここまでまた明日。

* 明日もお休みで何より。ぐぅ。


アタックライドゥ、レッカァダイザントォ。

* 月曜祝日。今日は『東京タワー(昨日寝る前)』『おもちゃ王国(朝起きた後)』『プール(起きて昨日買った浮き輪見た後)』とボンの意見が変遷しまくったあげく、近所のプールに行ったら『足入れるタイプの浮き輪は使えません』でぎゃーす、だったりする訳です。

*

へむ2「そしてその後、ボンと俺だけで別のプールに行ったらやっぱりそっちもその手の浮き輪は駄目ですよ、と。まあ教訓。足入れるタイプの浮き輪は最初から買うな。いじょ」
はつね「あはは(^^; 大変だったね、お兄ちゃん。お帰りなさい」
かえで「・・・今年もまた、お世話になります(ぺこり)」
へむ2「うい、いらっさいはつねちゃんにかえでちゃん。でまあ、このままだと今後もこゆ事が続くであろう事が予想されましたので。帰りに新しく、普通の丸浮き輪を買ってきましたですよ」
あずさ「その方がいいでしょうね(−− 最初のプールでも、すごいダダこねてたし」
カニ子「二つ目のプールではどうだったんカニ? やっぱり、ダダこねてたカニ?」
へむ2「んー。こねてたっちゃあこねてたけど、それより何より、な。もう夕方にさしかかってたせいで、『寒いー』と。なんでほとんど遊ばずに出てきちゃったい」
まるち「は、はわ(^^; あ、でも、はい。最初のプールさんは、屋内でしたけど〜」
へむ2「うん、二つ目は屋外でしたからな。まあしゃーないない、いう事で」

* いう事で。では時間をちょいと巻き戻して、ディディディディディ、ディケイドォー。

*

へむ2「は、シンケンジャー編ラスト。おにーちゃんは大変久しぶりにクウガが変身した所を見ました。いやまあ、三話から先しばらく見てなかったんで、半分はそのせいなんですけど」
カニ子「でも残り半分は本人のせいカニ。少なくとも、ここ七週は一回も変身してなかったカニよー」
ぴーす「です・・・よねぇ。はい、あの、私。あの方が本当にクウガさんだったのか、その。少し、疑問に思っていた所でしたー」
あずさ「名前で『ユウスケ』としか呼ばれないしね、作中じゃあ(−−」
へむ2「お兄ちゃんの頭の中では、最近すっかり『クウガのクウは空気の空』とゆーワードが定着していたのですが。まあでも、今週はけっこーええ感じで活躍したと言えましょう。空気の名はキバーラに譲っても良いくらい」
はつね「あはは(^^; そうだよね、ほとんど出番無いよね、キバーラ」
かえで「・・・スパイ、みたいな役回りですから。目立たない様に、しているの、では」
へむ2「やー。奴がそこまで考えてるとは思えねぇんじゃけどな、っと。後はまあ、烈火大斬刀とブレイドブレードがやっぱり圧巻だったとか。『セカイが仮面ライダーに浸食されてる』んだか『仮面ライダーがセカイに浸食されてる』んだか分かんねぇよ見てる限り、とか。ああ、鳴滝のおっちゃんは言う事がワンパターンなのでぼちぼち新しい芸を身につけなさいね、とか。そんくらいですかねー」

* そして次回はとうとうRXのセカイ、あーんど大ショッカーも登場、とゆー事で。いよいよ、本格的に話が動き出してきましたにゃー。

*

へむ2「ちなみにサイトの方の予告を見るに、仮面ライダーXも登場するよーです。ホントに同一セカイに現れるのか、単にアポロガイストの回想シーンなのかは分かりませんが」
かえで「・・・回想、じゃ無い様には見えます。なんとなく、ですけど」
ぴーす「そうですねぇ。背景とかが、あの、普通に、『今』の世界に見えますー」
へむ2「ふむ。とは言え、なんかアポロガイストがパーフェクター持ってるみたいですし。となるとXは変身出来な・・・あ? パーフェクター? なんでパーフェクターなんだ?」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「いや。パーフェクター、と言えばXの変身アイテムなんじゃけど。でも、確かシリーズ後半で再改造受けてアイテム無しで変身出来るよーになった筈なのよ、X。だから今のXは使ってない筈なんじゃけど・・・あれー?」
ぴーす「はぁ。え、と。あの、『パーフェクターを心臓に移植すれば』という記述がございましたので、あの、そちらが成功した世界・・・という事なのではないでしょうか?」
へむ2「お? ふむ、覚えてなかったけどそんな設定があったのか。じゃあそういう事なんじゃな、きっと」
あずさ「て言うか(−− 設定見る限り、そうでなきゃ死んでるじゃない。絶対。だから間違いなく、そういう事なんでしょ」
へむ2「ふむー。む、とりあえず、了解。そしてXも、既にマーキュリー回路で変身する様になってるとゆー解釈で良いのでしょう。ならまあ、回想じゃなくてちゃんと変身して現れるかな。X」

* と、予想した所で、実際どうなるかはマテ来週。そして怒りの王子ことバイオライダーや悲しみの王子ことロボライダーもちゃんと出番がある様で楽しみー。特にバイオライダーのチートっぷりはすさまじいですからな。その辺も是非、オリジナル通りの強さで再現していただきたい物です。

* ・・・いや、バイオライダーがあの強さのままだったら、ディケイド要らないんじゃね? だったりもしますので。そのままは無理かとも、思うのですが(笑)

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


最近すっかりばたんきゅー。

* 火曜日お仕事オイソガ氏。まあでも、ここしばらくの平均よりかはマシかなー。

*

へむ2「でも、やっぱりお疲ればたんきゅー。最近、このパターンが多いですね」
まるち「そうですね(^^; あの、はい、やはり、疲れが溜まっておられるのでは〜」
あずさ「アンタももう若くないって事でしょ(−− おはよう」
へむ2「失礼な人だね君はっ!? おはよう。そしてお前もとっとと起きれ、カニ子」
カニ子「うにゅー。おーきーてーるーカーニーよー・・・くぅ」
あずさ「や、寝てる寝てる(−− いいから顔洗って、シャキっとしてらっしゃい。ほらほら」
カニ子「ん〜〜・・・(ぽてぽて)」
へむ2「さて。じゃあ飯食って日記書いて、それからとっとと仕事行きますかねお兄ちゃんは、問題は、日記に書く事がこれまた何も無いとゆー事なのですが」
あずさ「適当に書いてなさい(−− はい、ご飯」
へむ2「うい、いただきまー。ではてきとーに書いて、ここまでー」

* もぎゅもぎゅ。そいでは、行ってきまー。


雲の上にて欠けたる物は。

* 水曜日。今日は日食Dayだったりするのですが、おにーちゃんはお仕事ですので。

*

あずさ「それ以前に、おもいきり曇ってたけどね。この辺」
まるち「そうですね(^^; ですので、あの、お仕事がお休みでも、無理でしたかと〜」
カニ子「まあでも、世の中30万かけて南の島まで日食見に行ったあげくに暴風雨、とかいう人たちもいるカニよ。それに比べりゃ、全然マシなんじゃないカニ?」
へむ2「ま、『見れなかった』だけで他に特に失った物がある訳じゃ無いですからな。そーゆー意味では確かに余裕でスルーOK、な話ではあるのですが・・・でもまあ。やっぱり見たいは見たかったかな。日食」
まるち「はい〜(^^; ただ、あの、部分日食でしたら、この先も何度かございますので〜」
あずさ「2012年には金環食がある、ともあるわね。まあ、狙うならその辺?」
へむ2「狙えるならね。先の事は分かんないので、まあその辺は近づいてから考えましょう。とりあえず、ボンにも一度くらいは見せてあげたいトコですしねー」

* とかそーゆー事を考えつつ。うだうだ過ごして、今日もここまでまた明日。

* ぐぅ。


青の呪いの突然死。

* 木曜ドタバタ。まあぶっちゃけ、今日も書く事無いのです。

*

へむ2「とゆー訳で日記どうすべっかなー。と、思ってる内にすかんと寝てしまった、とゆー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、おはようございます〜」
あずさ「結構いつもの事でしょ(−− ま、適当に書いときなさいよ」
へむ2「そうですなあ。じゃあ適当にわぁおブルースクリぃぃぃぃン
まるち「は、はわわ?(^^;;;」
カニ子「お。またカニか」
へむ2「うむ。なんのかんので二ヶ月にいっぺんくらいのペースで唐突に青出しやがるねこのネットブック。アプリケーションクラッシュの件もあるし、アレかなあ。やっぱメモリ回りあたりに、何かトラブル抱えてるんですかねぇ」

* とは言え、1GBのから2GBに途中で交換してるんですけどね。<メモリモジュール>でもその前後でトラブル風味が変わらない、とゆーあたりがにんともかんとも。マザボなのかなあ、問題点。

-

* にゅ。

* とか悩みつつ、今日はここまで。しかしマザボだとホントにどうしょうも無いよなー。うーん。


夏のヒーローCS編。

* 金曜日。今週のお仕事、ここまでー。

*

へむ2「とゆー訳で、秋葉に寄ってから返ってきたおにーちゃんでございます。大変残念な事に、ダイカイオーはまだ売ってませんんでした。おのれ」
あずさ「ま、発売日明日だしね(−− しょうがないでしょ」
はつね「お帰りなさい(^^; うん、明日。あっくんに気付かれない様に、買いに行かなきゃね」
へむ2「気付かれたら、間違いなくお誕生日会の前に『これ何ーこれ何ー』になりますからのう。せめて当日までは、こっそり隠しておきたい所」
かえで「・・・です、ね。ところで。色々、届いてます」
カニ子「『紅殻町博物誌』カニ!(どん!) さっさとプレイするカニよー!!」
へむ2「うむ、善処はするが期待はするな。で? こっちは? あ、CS放送の情報誌か」
ぴーす「はいー。えと、『スーパーヒーローMAX2009』というのがあるそうですー。東映チャンネルと、テレ朝チャンネルと、ファミリー劇場の合同企画、だそうでー」
へむ2「ほぉ? ほぉほぉ。んー・・・でも、シンケンディケイドの1話から20話一挙放送、は、あまし見る意味無いしな。ライダーの映画もイマイチ見る気にならんし、後東映チャンネルは有料なのでちょっと悩み所。あ、でも、テレ朝チャンネルで結構戦隊映画が豊富だね。これは見よう。特におにーちゃん、前々からアカレッドが気になってたので」
はつね「あ、アカレッド?(^^;」
へむ2「うむ。『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』に登場する謎の戦士でな。あらすじ見ても詳しい事が分かんないんで、気になって気になってもー。DVDを買おうか買うまいか、ちょっと真剣に検討してた所だったのです」
まるち「はぁ(^^; そ、そうだったんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− せめてレンタルで済まそうって思いなさい。そんなもん」
へむ2「そうは言われましてもねぇ。ま、でもせっかくタダで放送してくれるとゆーのですから。忘れず、録画しておきましょーね?」
まるち「あ、は、はい〜(^^; ええと、放送は、八月の七日ですので〜」
かえで「・・・来週の末には。録画予約、出来そうですね」
へむ2「おけーい。では、忘れずに。来週になったら、教えてくらはい」
まるち「はい〜(^^)」
あずさ「だからそういうのは自分でちゃんと憶えておきなさいと(−− ほんっとにもう・・・」

* つ事で。やー、CS放送見れる様にしといて良かったなあ、うち(笑)

-

* にゅ。

* では寝ます。お休みなさい、ぐぅ。


なんか久々隅田の花火。

* 土曜日。まあ何ちゅーか、うちのボンは今月28日が誕生日なんですけど。

*

へむ2「当然その日は平日な訳で。おにーちゃんはおらん訳ですよ、おうちに」
ぴーす「はいー。ですので、はい。明日、お坊ちゃまのお誕生日会を〜」
あずさ「・・・ちょっと思ったんだけど、言い方としては『誕生パーティー』の方が一般的じゃない? それ」
ぴーす「え? あ、そ、そうですか?」
へむ2「や、どっちでもじゃね? それよりも、ですな。つまり明日が誕生会で」
カニ子「んー。ぐぐる先生に聞くと、100万件80万件カニー。ぶっちゃけ、どっちでもいいんじゃないカニ?」
へむ2「・・・いや、だからどーでもええっちゅーに。話戻して、つまり誕生会でうちのおとんおかんが来る訳よ、今日の午後から一泊で。だからやなー、簡単に言うと、出てけキミタチ。いじょ」
はつね「あはははは(^^; ちょ、ちょっとその言い方はヒドいよ〜、お兄ちゃ〜ん」
かえで「・・・お部屋の都合、とか。分かってる、んですけど」
へむ2「うむ、ゴメン。思わずカニ子相手の対応になっちゃいましたよワタクシ。まあでも真面目な話、そういう事情なので。明日の夜まではちょっくらみんなで、どっか遊びに行ってきてくらはい」
はつね「はーい(^^) あ、でも、お兄ちゃん。今日の隅田川の花火大会、行くんだよね?」
へむ2「うい。ですのでまあ、何だったらその時は合流して一緒に」
はつね「うん!(^^) 楽しみだねー、あっくーん。花火だよ、花火〜」
かえで「・・・つい一昨日。足立の花火も、見ましたけど、ね」
へむ2「俺が逆にほとんど見た事無いんだよなー、足立の花火は。ボンの方がよっぽど良く見てるやん、とゆー」
まるち「はい〜(^^; あの、あちらは、平日ですので〜」
へむ2「おにーちゃんお仕事中ー。ま、何にしてもとにかく、今日は隅田の花火です。これ見に行くのも、何やかやで結構久しぶりではありますナー」

* もっとも、近くまでは行かないんですけどね。<花火見物>ほら、本気の花火会場は、ちょーっと人が多すぎますので。

*

へむ2「ので。今回は、南千住の川べりから。さすがに近隣住民の皆さんはよく分かってらして、ちゃーんと屋台も出てるとゆー」
かえで「・・・第二会場の方は見にくいですけど。第一会場なら、普通に、見れますね」
あずさ「下手に近くに行くより、このくらいの方が見やすくていい気もするわね。もっとも、近くは近くで大迫力だから、いいんでしょうけど」
へむ2「かもしれませんが、お兄ちゃん人混みきらーい。このくらいの方が、気楽でえーですやん。ねぇ?」

* と、ゆー訳で、花火大会でした。まあ見に行ったおかげでボンの就寝時間が遅れてちょっとてんやわんやだったりもしたのですが、年に数回の事ですんでまあ、いいかな。とりあえず今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


殿な執事と夢コラボ。

* 日曜日。ボンの誕生日会はつつがなく終了ー。

*

へむ2「そしておじいちゃんおばあちゃんズからはシンケンマルとダイカイオーをいただきました、っと。シンケンジャー関連で固めておけばほぼ確実に喜んでくれるので、ある意味楽ではありますね」
はつね「あはは(^^) おかえりなさい、お兄ちゃん。あっくんも、楽しか・・・あ、あれ?」
かえで「・・・寝てます、ね。あー君」
へむ2「うん。何や知らん、今日はやけに眠たがり。まあ体調悪いのと、外がやたら暑いのと。そのせいかとは思うけど・・・とりあえず、もーちょい寝かせておきますべ」
ぴーす「あ、はいー。では、あの、お昼寝お布団の方をー」
へむ2「うん、よろしく。ちなみにダイカイオーは、シンケンオーと合体してダイカイシンケンオーになるんですよ? そしてその時、猿折神と亀折神は丸まって腰に移動。ぶっちゃけ、君ら付いてる意味あるん? 状態になる事が判明しますた」
まるち「は、はわ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「ダイカイオーの説明書によるとナッ!Σd(>ω<) ま、とりあえず八月中には本編にも登場するだろうからそれをマテ。そしてシンケンの話題が出たついでに、本日分の放送についての話も、済ませておくといたしまっしょー」

* つ事で、日曜シンケンジャー。今回はことはの話、と見せかけて、実の所は殿執事。いーぃやっほぉぉぉぉっ!!Σd(>ω<)

*

へむ2「と、悶えてる腐の付くお母ちゃん達がいっぱいだと思うのです。今日は」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「まあ、否定は出来ないカニね」
あずさ「そもそもタイトルからして、狙ってるしね(−−」
はつね「あ、あは、あはははは(^^;」
かえで「・・・でも。それだけじゃ、無くて。イエローと殿様の仲も、少し、進展した様な気が、します」
へむ2「ギャップ萌えで腐の心を揺らしておいて、その心の隙を突いてカップリングを推し進め。試合巧者ですね、スタッフ様は」
あずさ「試合巧者って言うのか何て言うのか(−− いや、別になんだっていいんだけど」
へむ2「はっはっは。そしてなんやテレ朝本社で、ヒーローランドっていうのもやるみたい・・・なのです、が」
カニ子「正直、ちょっとイマイチって言うか、もうちょっと大きい子向けっぽいカニー。なりきりコーナーには100cmの衣装しかない、ってあるカニしねぇ」
へむ2「うむ。ですので、、行くとしても来年ですな。今年はボンにはお口チャックで、知らぬ存ぜぬを通しましょう」
ぴーす「そうですねぇ。多分、あの、混んでらっしゃいますでしょうしー」
へむ2「ま、無理して行く場所じゃ無いよね六本木、と。そして続いてディケイドの方ですが、とりあえずちょっと待てパーフェクター。いじょ」
まるち「は、はわ(^^;」
へむ2「俺の知ってるパーフェクターはあんな形違うー。そしてああいう形でブラックが出てくるとは思わなかったんでちょっとビックリだ。来週はさらにブラックとRXのコラボ、いう事で。うん、ある意味これも、夢コラボー」

* と、ゆー所で。では来週を楽しみにしつつ、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


夏の暑さと湿度の高さ。

* 朝。

* うにゃゴー。うん、だからさー。

*

へむ2「暑ぃんだよ、朝っぱらからコンチクショー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、夏ですので〜」
あずさ「文句言わない(−− 夏が暑いのは当たり前でしょ」
カニ子「問題なのは、その暑い中なんで私が付き合わなきゃいけないのか、って事だと思うカニ(ぶつぶつ) 朝はクーラーの効いた部屋でぐーぐーぐー、なキホンテキジンケンを私の手に! カニー」
へむ2「黙れ白血球。後、基本的人権にんなもんは含まれとらんっつーかそれはむしろ妖怪権だ。鬼太郎的に考えて」
あずさ「クーラーは含まれてないと思うわよ。鬼太郎的に考えたとしても(−−」
カニ子「出てくるだけで背筋ひんやり、なんだから存在自体がクーラーみたいな物カニよー。一家に一台常備出来ない物カニか」
へむ2「じゃぱにの家には座敷童が標準装備なんじゃけそれで我慢すれ。アレは見ても背筋ひんやりはせんが」
カニ子「うー。ニホンの夏を涼しくする為に、日本妖怪っはもっと頑張るべきカニー」
へむ2「絶対数が少なくなってんじゃけ無茶言うな。後、あいつら基本的に昼は働かないんであんまし意味が無ぇとも言っておく」
カニ子「はっ!? ひょっとして、妖怪がいなくなったのが地球温暖化の原因カニか!?」
あずさ「うん、絶対違う(−− いいからもう、さっさと歩きなさい。電車乗ったらクーラーあるわよ、クーラー」
へむ2「ぎぶみーくぅぅらぁぁぁぁ。ま、ホント、ちゃきちゃき行きますか。ここでうだってても、暑くなるだけですからナー」

* つ事で。あ、今週のカイジ君は予想通り坊ちゃんの書いた本の内容紹介でした。特に見るトコ無し。まる。

-

* 昼。

* ぽすごと。職場はクーラー効いてるから、いいですなー。

-

* 夕方。

* 帰宅。帰りは雨で、気温はちょっと下がったものの湿度が上がってむっしむしー。これはこれで、嫌な物でありますなあ。ふぅ。

-

* 夜。

* ふらふらばたんきゅー。

*

へむ2「・・・眠い」
はつね「うん(^^; 寝よう? お兄ちゃん」
かえで「・・・明日も。早い、ですから」
ぴーす「あの。どうぞ、お休みになられてくださいー」
へむ2「にゃー。とは言え、まずは明日の準備を済まさんとねぇ。つー訳で、頑張って起きルー」
あずさ「はいはい(−− まあさっさとやる事やって、それから寝なさい。遅くまで起きてても、いい事なんか何一つ無いんだから」

* つー訳で、準備を済ませて他にもうだうだ。と、やってたらすっかり眠気も去ってしまったのですが(ぉぃ、まあでもとりあえず寝ますです。お休みなさい、また明日。

* ぐぅ。


えらい久々27。

* 朝。

* ひこーき乗って、お仕事ごー。

-

* 昼。

* ぽにゃぽにゃわーきん。

-

* 夕方。

* で。先日アレしたうちの自転車、なのですが。

*

へむ2「何つーかですな。乗ってると、後輪から破滅の音がしてくるよーになりました。特に走り始めの瞬間」
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
カニ子「・・・何カニか。破滅の音って」
へむ2「ぎゃり、とか、めき、とかそんな感じの音ー。軸が歪んでっから負荷がかかってんだな。ほっとくと近いうちに折れる、多分」
まるち「はぁ(^^;;; そ、それは、あの、困りますね」
へむ2「うん。ので、しょーがないんで新しいチャリを買って来ようと思います。おけ?」
あずさ「・・・ま、しょうがないわね(−− にしてもホント、もう少し大事に乗りなさいよ。自転車」
へむ2「んー。多少事故っただけであって、それなりに大事には乗ってたんですけどねぇ。少なくとも、この一年で一度もタイヤ、パンクさせてないし」
あずさ「結果壊してたら『大事にしてる』って言わない(−− まあとにかく、買ってらっしゃい。なるべく、安いのね」
へむ2「らじゃー。とは言え変速必須、タイヤは太い方がいい、が条件ですから。それなりの価格にゃあ、なると思いますけどねー」

* て事で、あちこち回ってみてさっそく購入。お値段、諸々込みで25kー。

*

へむ2「そして今回は27型にいたしますた。代わりにシティサイクル寄りになったので、変速が七段しかございませんが」
あずさ「十分でしょ、七段あれば(−− にしても・・・27? 26じゃ無くて?」
カニ子「前の自転車は、26だったんじゃないのカニ?」
へむ2「ですよ? でも、それは単に26型しか売ってなかったからであって。おにーちゃんは昔から、『出来れば27型』希望なのですよ」
カニ子「ほー。そうなのカニ?」
へむ2「27型はタイヤがでけぇ分、一漕ぎした時に進む距離が長いですからな。結果、巡航速度が上がっておにいちゃん楽ちん。ただねー、やっぱ普通は自転車屋、26インチがほとんどですから。なかなかねー、27だとええのんが見つからんのですよ、これが」

* ちなみに大学ん時以来になります。<27自転車>まーホント、今回は条件満たす27があって、実に僥倖でごぜました。

-

* 夜。

* ではばたんきゅー。ぐー。


追加で帰ってまた追加。

* 水曜一日お仕事ぱたぱた。まー何つーか、水曜日はやっぱり水曜日。

*

へむ2「なんだかなー。と、ゆー気分でございます。ただいま」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お帰りなさいませ〜」
あずさ「お帰り。まあいいじゃない、今日は定時ちょっと過ぎくらいで帰ってこれたんだし(−−」
へむ2「まあそうなんですが、でも『やり直し』自体は発生してる訳で。毎週毎週必ず発生する、とゆーのは勘弁していただきたい所でございます」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「にゃー。ま、とりあえずちょっくら息抜きして。で、晩ご飯にしますべー」

* て事でもぎゅもぎゅ晩ご飯。あ? 電話? 職場から? またやる?<やり直し>あーあーあー、そーですか。

*

へむ2「とゆー訳で。行ってくらぁ、仕事」
まるち「は、はい〜(^^; あの、はい、行ってらっしゃいませ〜」
カニ子「また、って、二度目のやり直し、って事カニか?」
へむ2「そゆこった。一度だけでもうんざりなのに、二度とかナニソレ。な気分ではありますが。まあ、働いてきます。とりあえず」
あずさ「ん(−− まあ、お疲れ様。頑張ってらっしゃい」
まるち「あ(^^; あの、お帰りは、いつくらいになりそうなのでしょうか〜?」
へむ2「んー? そーね、この時間だから早くて日付が変わる頃。遅ければエンドレス。そんな感じなんで、まあ、適当に先に寝ててくらはい」
まるち「はわわ(^^; は、はい、あの、なるべくお早めに終わります様、お祈りしております〜」
へむ2「そーね、早いといいねー。て事で、行ってきまー」

* 行って帰ってまた行って。まあ幸い、結構早めには終わりましたけど。まったく、ぐんにょりでごぜますよー。

-

* にゅ。

* んでは。お休みなさい、ぐぅ。


四桁3と三桁3s。

* 木曜お仕事今日は平穏。毎日こうだといーんですけどねぇ。

*

へむ2「と、ゆーのはさておき。Nikonが本日、D300Sなるカメラを発表したよーですね」
あずさ「・・・アンタのD300と、何か違うの? これ。て言うか、まさか買うとか言い出さないわよね?(−−」
へむ2「んー。動画が撮れる様になったのと、連射速度が上がったのと。後まあ細々使い勝手を上げましたー、って感じ? まあぶっちゃけ、動画撮らんお兄ちゃん的には特に買い換える意味は無し。故に買う気はまったくございません」
あずさ「ん(−− それなら、良し」
カニ子「なんかD3000とかゆーのも出てるカニ。これはどうなんカニ?」
へむ2「ああ、それはエントリーモデルだ。正直、だからややこしいからもう少し型番ルールを考えなさい君ぃ、と言いたいおにーちゃんがここにいる」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、はい、てっきり、D300Sさんと何か関係がおありなのかと〜」
へむ2「同日発表で、両方「3」持ちですからなあ。そりゃそういう誤解も起こるでしょう。後、VR18-200のIIも出たよーですが、こっちもズームロックボタンが付いただけで目立った変化は特に無し。今年のNikonは何つーか、細かいリニューアル主体でしのぐ充電の年っぽいですなー」

* つ事で。ではうだうだしつつ、今日もここまでまた明日。

* ぐぅ。


第四弾白。

* 金曜お仕事夕方帰還。あ、PHS忘れてら(ぉ

*

あずさ「・・・アンタは(−− また、そういう間抜けな事を」
へむ2「やー。だって充電台に置くと意識から抜けるんですものー。ま、土日月だけなんで、そんなに困る事は無い、筈」
まるち「そうですね(^^; あの、週末お出かけの時に、もしかしたら、ですけど〜」
カニ子「基本的には使ってないカニよね。PHS」
へむ2「夜にボンに電話する時くらいですからなあ、まともに『電話』として使うのは。ま、来週じゃ無くて今週だったのが、まだ幸いー」

* 来週だとそのまま夏休み突入、で、一週間以上使用不可、になっちゃいますからな。<PHS>ま、来週はホント、忘れない様しっかり持って帰ってきますべー。

*

へむ2「つ事で。ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー。え、と。ライアーさんから、会報が届いておりますー」
へむ2「うん、ありがとう。まあ詳しくは後で見るとして、とりあえず新作が発表された様ですね?」
カニ子「『白光のヴァルーシア』カニ! スチームパンクシリーズの第四弾カニよ!」
かえで「・・・蒼、赤、黒ときて、白。第五弾は、どの色になるのでしょうか?」
はつね「緑、とかかな?」
へむ2「んー。緑は『緑色秘本』とかで使ってる、結構世界の根幹に関わる色なんでどーかな。五行的に考えるなら残りは黄色ですが、世界観的に五行にこだわる必要も無いしなあ」
カニ子「いっそ金とか銀はどうカニ?」
あずさ「て言うか。第五弾が出るかどうかなんて分かんないんだし、今悩む事でもないでしょ。それ」
へむ2「ふむ。まあ、それもそうかな・・・と、おや。裏表紙はぼんふりDL版の制作が遅れててゴメンナサイ』か。なるほど、さすがカニ子の出ている作品だ。扱いが悪い」
カニ子「どーゆー意味カニかそれはーっ!! おおおおお、遅れてるのには理由があるんカニ! それだけしっかり作り込んでるんカニよ!!(どんっ!)」
まるち「あ、あは、あはははは(^^; えと、うん。他のお仕事とかもあって忙しい、ってあるし、うん。もうちょっと、かかるみたいだね」
かえで「・・・追加要素。入れなければすぐ、なのに」
へむ2「まあそこを頑張って入れたいんだろう。そーゆー意味では『愛されてる』訳じゃけど・・・ねぇ」

* あ、後ついでに。『白光のヴァルーシア』の次になる二十七弾、女相撲物の告知も出ておりました。<会報>まあ告知だけで、詳しい情報は全然無いんですけど・・・しかし、もう二十七弾かあ。個人的にっつーか気分的には、二十作品記念の『ラウンド・ア・ゴー!ゴー!』が出たのがついこないだ、みたいな感じですのにねぇ。早いなあ、ホント(^^;

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]