まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



クリーンなクリリン。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


個人的にはレゴよりダイヤ。

* 土曜日。今日はお馬さん公園に行ったりもしましたが、基本的にはおうちの中。ダイヤブロックでずーっと遊んでおりました、つー感じ。<ボン

*

へむ2「誕生日に、お父ちゃんお母ちゃんからのプレゼントー、いう形でごそっと数を増やしましたので。ブロック」
ぴーす「はいー。それ以来、はい。毎日この様な感じですー」
はつね「よっぽど気に入ったんだねー、あっくーん(^^)」
かえで「・・・それに、しても。特殊な形の専用ブロックって、多いんですね。意外と」
あずさ「そうね。そのせいでまあ、一個何か大きなの作ったら他のは作れなくなるとか。500個セット買っても、まだ不便ねぇ(−−」
へむ2「うん、でもそれは専用ブロックでカッコよく作ろうかと思うからですわよ? いーんですよ、こんなのは四角の普通ブロックで魂の赴くまま、フリーダムに作れば」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、確かに、普通のブロックさんだけでも、色々な物が作れますよね」
カニ子「よーし。じゃあカニ作るカニよカニー。その赤いブロック、寄越すカニー」
へむ2「それは俺が使うので、却下だ。てきとーに、がっちゃんがっちゃん車を作るよー」

* ちなみにボンも、単純な物なら自分で考えて色々作れる様になってたり。<ブロック>何つーか、頭の中身も手先の器用さも、ぐんぐん成長しておりますナー。

-

* にゅ。

* つ事で。ほいじゃ寝るですまた明日ー。

* ぐぅ。


[葉月日記一覧] : 2009/08/02 : (コメントが2件あるにゅ)

今日の主役は光太郎。

* 日曜日。なんかボンがシンケンジャー見たくねぇ、と言い出したので、今日はテレビを見ずにお出かけ談義。

*

へむ2「ちなみに『見たくない』理由は、『ボクがシンケンジャーなんやから、テレビで見なくてもいいんじゃなぁい?』だ、そーで」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; そうだねー、あっくん、いつも『ボクはシンケンレッド!』って言ってるもんねー」
カニ子「いやいやいやいや、でもその理由はどうなんカニか。て言うか、私が見たいんだから見せるカニよー」
へむ2「とか言われてものう。まあ、多分夕方になったら意見変わってっから、とりあえずそれを待て。そして、今日のお出かけ希望はプール、だそうなのですが」
かえで「・・・でも。お外は、雨、ですから」
ぴーす「屋外型のプールは、ちょっと、行けませんねぇ。それに、あのー・・・」
あずさ「一番近くの、普通のプールはどう? って聞いたらすごく微妙な顔された(−− そりゃまあ、遊べるのは小さな子供用プール、しか無い場所だけど」
へむ2「うん、ゴメン。どーもね、流れるプールがいいらしいのよ、ボン。ただねぇ、屋内型で流れるプール、となるとねぇ」
まるち「はい〜(^^; あの、あまり、ございませんよね。特に、あの、交通の便の良い所、となりますと〜」
ぴーす「基本的に皆さん、電車とバスを乗り継がなければいけない場所ですしねぇ。あ、北区の元気ぷらざさんなどは、いかがでしょうかー」
へむ2「ふむ? ふむ。ここならとにかく王子に出て、で、そっから南北線で二駅、か。そーね、王子に出るまでがちょっと時間かかるけど、でもまあそんなにむさくさかかる訳で無し。うん。じゃあ今日は、そこにしてみましょーかねー」

* ちう訳で、行ってきました屋内プール。流れるプールでたっぷり遊んで、ボンもすっかりご満悦、ではありますが。中に食事施設が無いとか、その辺がネックかなあ。むー。

*

へむ2「つーか王子の駅でパンでも買っていくべぇや、と思ったら。あっこ、駅前にはパン屋が無いのなー」
かえで「・・・喫茶店、みたいな所や。ファーストフードのお店なんかは、いっぱいあったんです、けど」
はつね「パン屋さんは、歩道橋渡って斜め向かいまで行かないと無かったね(^^; あそこだと、地下鉄の駅とは反対方向になるからちょっと、不便」
あずさ「最初から近場で買っていくべきだったわね、パン。後はそうね、『入場制限がある』くらい混む、っていうのもネックかしらねぇ」
カニ子「そうカニねー。意外と人、来る物カニー」
ぴーす「まあ、雨でしたから。それは、あの、そのせいで、普段より多かったのではないかとー」
へむ2「つーか、真面目な話それはどこ行っても同じくらいは混むと思うんだぜー。むしろ、入場制限のおかげで入ってからまったり出来た、と思うべきでは」
まるち「そうですね(^^; 流れるプールも、はい。すいすい動けるくらいには、余裕がございましたし〜」
へむ2「ま、次行く時はホント、家出てすぐにパン買っちゃいましょう。後、一応他にも候補になりうる施設がございますので? そっちもまあ、気分次第で行ってみるとしますかのう」

* つ事で。で、帰ってきたらボンも『シンケンジャー見るー』に変わってましたので、さっそく鑑賞。今回は、二話構成の第一話。パワーアップアイテムを巡るお話、なんですが。

*

へむ2「・・・えー。いや、うん。その、なんだ。殿様のパワーアップ姿、初お目見えはCMで。とゆーのは間違ってると思うんだ。うん」
はつね「あはは(^^; そうだよねー、次回予告見る限り、来週には出るんだから」
かえで「・・・本編登場までは、待って欲しかった。ですね」
へむ2「何だろうこの先走りっぷり。ダイカイシンケンオーもイカテンクウバスターも、そして秘伝解析機インロウマルも。後一週だけ、待てんかったもんかのう」
あずさ「そうね。でも、私的にはディケイドの方、ディエンドのアレっぷりの方がどうかと思う。なんなの、アレ。何考えてんの、アレ(−−」
カニ子「・・・単なるさびしん坊じゃ無いカニか? あれって、ひょっとして」
あずさ「かもしれないけど、迷惑すぎ(−− まったくもう・・・」
へむ2「はっはっは、そぉんな脇役のやる事なんぞ、もうさらっと流すが良いぞー? つーか、今日の主役はどう考えてもブラック&RX。つーかダブル南光太郎。まさか、並んでのダブル変身シーンが見れるとはー」
はつね「あ、うん!(^^) カッコ良かったね、変身シーン!」
へむ2「最近のライダーは、あの変身時のリキの入りっぷりっつーか溜めっぷりが少なくていけません。そしてダブルライダーキックもカコよかったですが、ただそれに関してはキミの必殺技はキックちゃうやろオイ、とゆー気もしないではなし」
かえで「・・・? そう、なんですか?」
へむ2「ブラックはともかく、RXの必殺技は基本リボルケインだよ。後、轢き殺し。キックしたトコなんて、ほとんど見た記憶無いぞ?」
はつね「え? ひ、轢き殺し?(^^;」
へむ2「うん、ライドロンでこー、ばーん! と。ああ、ブラックもロードセクターでよくやってましたけどね。はね飛ばし」
かえで「・・・・・・」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; そ、そうなんだ〜」
へむ2「うむ。ああそうそう、後アレだ。仲間居なくなって一人で戦う云々言うてましたが、違うだろう。RXには他にもちゃんといるだろう、仲間。アクロバッターが」
かえで「・・・アクロ、バッター?」
へむ2「バイクです。が、生きてます。元々はバトルホッパーいう名前だったんですが、RXになってアクロバッターに名前変えて復活しました。大変けなげ。ある意味ブラックからRXにかけての最大の萌えキャラ。いや、あの当時、萌えとかいう言葉は無かった訳ですが」
まるち「そ、そうなんだ〜(^^;;;」
へむ2「うん。今回出てこなかったのが大変悲しいお兄ちゃんここにあり。ああ、ちなみに語る気ならまだまだまだまだ言う事があるのですが?」
あずさ「うん、却下(−− とりあえず、次回はアマゾンの世界。それだけ言っておしまいにしときなさい」
へむ2「ちぇー。ま、いいや。そんなこんなで、では、今日はここまで、また明日ー」

* お休みなさい。ぐぅ。


青の呪いに見切りをつけて。

* 朝。

* ごー。カイジ君は相変わらず、坊ちゃんの小説話が続きます。

*

へむ2「・・・でもさあ。うん。真面目に言わせてもらうけど、文章力無いよね。坊ちゃん」
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「そうね。無いわよね(−− 私が見ても、分かるくらい」
カニ子「いーんじゃないカニー? 世の中、携帯小説とかだってあるカニ。だったら坊ちゃんのだって、ありカニよー」
へむ2「はいはい、スイーツ乙。いやまあ確かに、世の中文章力がアレでナニでも小説家出来ちゃったりする訳で? こんなんでもえーんかしれんけど、さぁ」

* ああ、もちろん本編話はまったく進んでおりません(ぉ<カイジ君>話が進むんは、早くて秋かなー。下手すると、冬かもー。

-

* 昼。

* お仕事。

-

* 夕方。

* 帰宅。

-

* 夜。

* 今週末からは里帰り、つーかうちのおとんおかんの所にボンの顔見せ。なので荷物の準備をしとかにゃあきませ・・・おーわブルースクリィィィィィン

*

へむ2「・・・またしても。青の呪いが」
まるち「は、はわわわわわわ(^^;」
ぴーす「はぅ。ま、またですかー」
へむ2「うん、まただ。そしてやっぱり駄目だ、このネットブック。新しいの、買おう」
あずさ「・・・えー(−−」
はつね「うーん(^^; でも、しょうがないんじゃない? パソコンの調子が悪いと、お兄ちゃん困るし〜」
かえで「・・・何が。原因、なんでしょうか?」
へむ2「分かんないなー。分かんないけど、感覚的にはやっぱりメモリ回りだとおも。しかもモジュール変えても直らねぇんで、多分マザボに載ってる部分のメモリ回路。いいよ、もう。ちょーどVaioWが発売になる頃じゃし、素直にそっちに買ーいーかーえーるー」

* と、ゆー事で嫁の許可も取りました。<買い換え>里帰りが済んだら、さくっと店に行くなりネットで注文するなりして、買いますべー。

-

* にゅ。

* つ事で。では旅行の準備も済ませた所で、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


FFRでJフォーム。

* 朝。

* れつごー・・・あ。羽田空港での搭乗口、北の端から南の端まで変わってやんの。

*

へむ2「極端から極端に走るのヤメレ、と俺は言いてぇ。そして加えて、こっちのラウンジロビーはBBモバイルポイントの電波が届いてなくていけません」
まるち「はい〜(^^; ですけれど、あの、HOTSPOTさんの方が、届いておられるみたいですので〜」
あずさ「・・・て言うか、こっちがあればBBの方、要らないんじゃない? 空港の中、どこでも繋がるみたいに見えるんだけど」
へむ2「そうですなあ。まあでも、一応北の端で届くかどうか、ちゃんと確認してからにいたしましょう。で、それで届く様ならホント、BBの方切っちまいますかねぇ」

* 最近は、空港でしか使ってないですからな。<BBモバイルポイント>ここで使わなくなりゃ契約してる意味もないですよ、っと。とりあえず今日の所はもう時間がないんでまた後日、北の方まで歩いていって、HOTSPOTの電波をチェックするといたしまっしょー。

-

* 昼。

* お仕事どたばー。

-

* 夕方。

* しゅーりょー。そして明日から三日間、臨時の嵐になる事が確定した訳なのですが(ぉ<お仕事

*

へむ2「・・・本当なら、かなり平和な予定だったんじゃけどなあ」
まるち「はぁ(^^; あの、そ、そんなに臨時のお仕事、たくさん入られたのですか?」
へむ2「んー。そうね、とりあえず特に木曜日がヒドいな。最悪、エンドレスで朝までだ」
まるち「は、はわ?(^^; あ、朝までですか〜」
へむ2「ま、『最悪』ですがね。予定通りだと21時くらいには終わるんじゃないかしらん。いや、正式な予定が決まるんが明日なんで、まだどう転ぶか分からんのですけど」
あずさ「何それ(−− 予定でも21時て」
へむ2「困ったもんですよねー。しかも加えて、金曜日も時間までに終わるかどうか分かんない、と」
まるち「はわわわわ(^^;;; で、ですけれど、あの、土曜日には〜」
へむ2「うん。土曜にゃ旅行に出かけっから、いざとなりゃ金曜深夜に寝台で、ですな。ああ、列車の席が空いてるかどうかも確認しとかんとなあ。明日にはやっとくべー」

* と、まあ。かなりうんざりがっくしさん。とりあえず明日明後日は本気で夜まで拘束な可能性が高いんで、食料も買い出ししときませんとにゃー。

-

* 夜。

* て事で買い出し行って。ついでに、『幼稚園』やら『テレビマガジン』やらも買って来てみたり。

*

へむ2「やー。今はボン用に『めばえ』買ってんじゃけどさー。これ、付属のペーパークラフト作るのが結構大変でねぇ。どーせなら『幼稚園』あたりを買った方が、子供が自分で作れる様に簡単にしてあるんじゃないか・・・と、思ったのですが」
カニ子「んー。でも、あんまし変わんない感じカニよー? おまけのペーパークラフトは、やっぱりお父ちゃんお母ちゃんが作る感じカニー」
あずさ「それに、やっぱりもう少し大きな子供向け、って感じねぇ。内容的に考えて」
まるち「そうですね(^^; 『テレビマガジン』さんの方も、付録は、やはり、あの〜」
あずさ「・・・結局どこまで行っても、親の方で作る。になりそうねぇ。まあ、小学校に入ったら、少しは違うんでしょうけど」
カニ子「今だと、絶対途中で破いちゃうカニねー。まだまだまだまだ、『自分で』は無理カニよー」
へむ2「にゅう。しょうがねぇ、んじゃしばらく『めばえ』を続け・・・お。ファイナルフォームライドディケイドォー。でやんの」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「いや。『テレビマガジン』の付録の小冊子に映画の情報が載ってんじゃけどさ、それによるとですな。ディケイドがファイナルフォームライド、面倒だから以後FFRと称しますが。FFRすると、でっかいディケイドライバーになるんだと」
あずさ「・・・でっかい?」
カニ子「・・・ディケイドライバー、カニか?」
へむ2「うむ。ほら、ブレイドがブレイドブレードになったり、キバがキバアローになったり。あるいは響鬼がヒビキオンゲキコになったりと、FFRすると形変わるやん? 今回」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね」
へむ2「でね? その、ディケイド版。が、ジャンボディケイドライバー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− で。どうするの、その大きいディケイドライバーを。いや、ブレードだったりアローだったりは武器だからまだ分かるんだけど。ちなみにオンゲキコはなんであんなのに変わるか本気で分かんないんだけど。ディケイドライバーが大きくなって、それで一体何をどうすんの」
へむ2「うん。どーやら、Jの身体を乗っ取る様です」
カニ子「J? て、誰カニ?」
へむ2「誰て。仮面ライダー、J!! この親指と人差し指で『J』の形を作った姿がキメポーズ! な事で有名な、Jですが?」
カニ子「知らないカニよ。誰カニか、そのライダー」
へむ2「あら。知りませんか? 唯一、巨大化出来るライダーなんですけど」
カニ子「へーえ、巨だ・・・て、巨だ!? 今、巨大化って言ったカニ!?」
へむ2「言ったよー。巨大化するよー。だから『ジャンボ』で『J』なんですよー。当時から、きっぱり色物扱いでしたけどねー。ま、でも、シリーズ放送じゃあ無くて、単発企画物だったあたりが救いかなー。らららららー」
まるち「は、はわ(^^; そ、そ、そうなんですか〜」
あずさ「うん、とりあえず歌うな(−− それで、なんだかとっても頭が痛いんだけど。その巨大化で、大きなディケイドライバーで、身体乗っ取って、って事は、つまり」
へむ2「いえーす。大きなディケイドが誕生するみたいですよ? 夏の映画」
あずさ「・・・・・・(−− ああ。そう。そうなんだ。やっぱり」
へむ2「はっはっは。ま、まともな見所もいっぱいある感じですので? 加えてこんな色物まで詰め込んであるあたりを考えますに、多分最初から最後までクライマックスですよ、今回の映画。多分ね」

* ところでちょっと余談。この『テレビマガジン』付録の小冊子。死神博士の正体までもがきっぱりはっきり書いてあったりするのですが。いいのか、そんなの書いて。そりゃ公式でもボカしつつ、分かる様に書いてるけどさー。でも、一応ボカして書いてある物をはっきりと、いうんは、ねぇ?(^^;

-

* にゅ。

* とゆー訳で微妙納得のいかない物を感じつつ。明日も朝からオイソガ氏、ですので。今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


倍増電気喰い。

* 水曜一日お仕事うにゃー。

*

へむ2「と、ゆーのはさておきですな。DSi、電源繋いで起動状態のまま放置してたらバッテリーが空になってたりする訳です。これが」
あずさ「・・・なんでACアダプター繋いでてバッテリーが空になるのかと、小一時間(−−」
へむ2「うん、それに関しては『DSi本来のアダプタでは無く、DSliteのアダプタに変換コネクタかまして使ってた』からで、ファイナルアンサー。てっきり同じ規格だと思ってたんですが、違ったんですよねぇ」
まるち「はい〜(^^; あの、DSliteさんの方が『5.2V 450mA』で、DSiさんの方が『4.6V 900mA』でした〜」
へむ2「机の下潜り込んでアダプタ外すのが面倒だったから変換コネクタ、だったんですが。そしてスタンバイ状態ならちゃんと充電出来てましたので? 今までは、全然気付かなかったとゆー」
まるち「はい〜(^^;;;」
カニ子「電流が倍、って事は、倍電気を食ってる、って事カニよねぇ。電気食いなんカニね、DSi」
へむ2「そだねー。画面輝度下げて、音声切って無線も切って、ってやってるのに、それでもなお『450mAでは足りない』っつーレベルな訳で。どーこでそんなに、電気食ってやがんだかー」

* ちう訳で、ACアダプタ差し替えた上でただ今絶賛充電中。まあこまめにセーブしてたからさほど被害があった訳でも無いんですが、でも俺の苦労の経験値を返しやがれコンチクショウ(笑)

-

* にゅ。

* では、明日も(仕事の開始が)早くて(終わるのが)遅いので。とっとと寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


今週山場も無事終了。

* お仕事しゅーりょー木曜日。何のかんので頑張った結果、予定よりも微妙早いくらいの時間に終わりますたー。

*

へむ2「だがその分、密度アップでおにーちゃんは疲れた。ぷしゅー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お疲れ様でした〜」
あずさ「お疲れ様。で、明日はどうなの? 大丈夫?」
へむ2「うーん。真面目な話、多分飛行機では帰れねぇ。運が良ければ新幹線で帰れるかも、じゃけど・・・多分六割くらいの確率で、寝台じゃなあ」
まるち「はぁ(^^; では、あの、土曜日は、大変ですね。朝、お家に戻られて〜」
カニ子「そこから1時間くらいでまた旅行に出発、カニか? なーんか忘れ物、していきそうカニねぇ」
あずさ「していくでしょうね(−− 準備、全部終わってる訳じゃ無いんだし」
へむ2「しょーがねぇじゃん、予定では前日晩にゆるりと帰宅出来る筈じゃったんじゃからさー」

* ま、でも、ひこーき乗れる確率も、一割くらいはございますので。加えて、新幹線でなら一応夜の内に帰れる訳で。まあ、まあ、最後まで希望は捨てずに頑張ろーと思います。まる。

-

* にゅ。

* では寝ます。ばたんきゅー。


一割失敗三割成功。

* 金曜日。結局昨日は、あの後朝の4時になってから『やり直し』が入るとゆー、大変アレげな結果になった訳なのですががががが。

*

へむ2「おかげでおにーちゃんは大層眠うございます。ふぁっきん」
まるち「はい〜(^^; あの、はい、朝から本当に、お疲れ様でした〜」
あずさ「ま、でも、おかげで・・・いや、『おかげ』じゃ無いとは思うんだけど。でも、そこで厄を落とせたんだ、って思えば」
へむ2「いや、ホントに厄が落とせたんだったら、飛行機で帰れてますって。わずか10分差でひこーき逃して、電車で帰ってるこの現状。厄が落ちきったとは、言えんなあ」
あずさ「寝台よりかはマシでしょ(−− 元々飛行機で帰れる可能性なんか一割だったんだし、三割が取れたんなら上等よ。これなら一応、日付が変わる前に帰れる訳し」
カニ子「ホントに『一応』カニけどね。それより、『どうせ飛行機間に合わないんだから適当に旅行してから帰りたい』って言う、私の意見が即却下されたのは何故か、そこを追求したいカニ!(どん!)」
へむ2「いや、別に俺は止めとらんが?」
あずさ「私も止めてないわよ。ただ、『私は』妹たちほっとくのも何だから帰るわよ、って言っただけで(−−」
カニ子「私一人で旅行出来る訳無いじゃないカニ!(どんどん!) そこは空気を読んでもらわないと困るカニよ!?」
へむ2「うん、黙れ寂しんぼ白血球。列車のダイヤくらい自力で読める様になってから旅行を主張するが良い良い良い良い良い。それくらいはおめぇ、紳士淑女のたしなみよ?」
あずさ「いや、アンタもアンタで、そんなたしなみは無いから(−− まあ何にしてもそろそろ時間・・・よね?」
まるち「あ、はい(^^) そろそろ、はい。ホームの方に向かわれた方がよろしいですかと〜」
へむ2「ん。じゃあまあ、行きまっしょー。でもって今日の分の日記は、とっととアップしときますべぇ。家帰ってからだと、多分気力が無くなってますかんな」

* ちう訳で。適当に電波が届く所に着いた所で、はい、アップ。でもってとりあえず、電車の中でも寝ときますべぇ。今週一週間は、ホントに色々ちかれましたからナー。

* ぐぅ。


時間差後攻定価組。

* 土曜日。では、旅行に行ってきまー。

*

へむ2「ちなみに嫁とボンは昨日の内にお出かけだ。ひこーきが、今日から一切の割引が無くなるコンチクショウ期間なのでナッ!Σd(>ω<)」
はつね「あはは(^^; お盆だもんね〜」
かえで「・・・でも。本当に、嫌なタイミング、ですよね」
あずさ「足もと見てるわよね(−− まあ、向こうは向こうで言い分があるんだろうけど」
へむ2「そりゃあるはあるだろーよ。あるだろうが、それに正面から付き合うのは大変切ない。ので、嫁とボンは安いお金で先行ゴー。俺は定価で後からゴー。そういう予定を今回は立ててみた」
ぴーす「はいー。それで、あの、ご旅行の間の事なんですけど・・・」
あやか「じゃじゃーん☆ 呼ばれて飛び出て、私参上!
へむ2「呼んでねぇ。つーかうん、分かったから帰れあやぽん。ぴーすをメンテに連れていくのね?」
あやか「ぶー★ 相変わらず、私の扱いわーるーいー」
へむ2「だから扱い良くして欲しかったらせりおを連れてきなされと」
あやか「ぶーぶーぶー。あ、旅行が済んだら交代でまるちね。放っておくとほんっと、メンテに来させないんだからー」
へむ2「はっはっはっはっは、それにつきましては前向きに善処を続けておりますが、まあごにょごにょ。とりあえずぴーす、行ってらっしゃい」
ぴーす「はいー。それでは、あの、ちょっとお暇を、いただきますー」
カニ子「さて。それで私たちは、どーするカニかね? 一週間、暇カニよー」
はつね「そうだね(^^; あっくんも居ないし、せっかくだから、どっか遊びに行こうか」
あずさ「まあでも、今から宿とるのも難しいしね。近場で日帰り、でいいんじゃない?」
かえで「・・・近場。美術館、とか、博物館とかは、どうでしょう? 遊園地とかは、混んでますし」
カニ子「えー。私はもうちょっと、遊べる所がいいカニよー」
へむ2「んー。だったら間を取って、カガク系の博物館に行けばいいんジャマイカ。意外と結構、楽しいよ?」
あずさ「却下(−− そういう所は子供でいっぱいでしょ。今、夏休みなんだし」
へむ2「ぬ? ぬう。それはまあ、そーなんですが」
まるち「ええと(^^; あの、お話の所、申し訳ありませんが〜」
へむ2「おひょ? あ、時間がマズい?」
まるち「はい〜。そろそろ、あの、お出かけになられませんと〜」
あずさ「ん、まあ、行ってらっしゃい。こっちの事はこっちで考えとくから、気にせずに」
へむ2「うーい。じゃあまあ、ちょっくら行ってきまー」
まるち「留守の間の事、よろしくお願いします〜(^^) それでは〜」

* つ事でごーの、ドタバタ移動して無事合流。では、来週の木曜日まで。おにーちゃんは、のんびり休暇モードに入りますですよー。


クウガで空気な逆見せ場。

* 日曜お休み継続ちう。うちのおとんの家にはビデオを始めとするレコーダー系が、何一つございませんので。

*

へむ2「シンケンジャーは時間的にパス。そしてディケイドは、『クウガ空気読まNeeeeeeee!』『ヒス子、理解遅ぇ』『いや、それはさすがにどうなのよ>鳴滝のおっちゃん』の、三本でお送りいたします」
まるち「はわ(^^; そ、それは、あの〜」
へむ2「ん? なぁに? 『クウガ、せっかく変身するも見せ場すらなく終了の方が良かったですか?」
まるち「は、はわわわわわわわ(^^;」
へむ2「いや真面目な話、『アマゾン&クウガvs怪人二人』つー組み合わせで戦ってたのに、怪人を二人ともアマゾンが倒しちまう、つーのはいかがな物かと。おかげでクウガ、逆に敵の見せ場に利用されただけで終わっちまったじゃねぇかよ。なんなんだ、『クウガ返し』て」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい。『ファイズ返し』とかもなさっておられましたね」
へむ2「うん、だから対ライダー用に特化した怪人なんでしょーけど。でも、それを見せつける為だけに利用されてどうするよ、と。ほんっとにクウガってば、アレげな立ち位置だよなあ・・・」

* で、今日はうちの兄貴一家と合流して、一緒にカドリードミニオンまでお出かけゴー。さすがに子供が三人いると、色々大騒ぎやねー、いう事で。

-

* 夜は疲れてばたんきゅー。朝になってからぽちぽち日記を書いて、では、ここまでー。


プール日よりなafter小雨。

* げつよーび。平日にお休みだと人生、幸せが感じられますね?

*

へむ2「でもって、今日は日吉原レジャープールなる所に行ってきました。公式サイトが無いみたいなんで、リンク先はぐぐる先生の検索結果ですが」
まるち「はい〜(^^) 最初は、あの、ちょっとお天気がよろしくなかったですけれど〜」
へむ2「うん、入って一時間くらいで晴れてきて、結果的には今日行って良かったかな、と。そしておにーちゃんは疲れたので寝ます。おやすみー」
まるち「はわ(^^; あ、は、はい〜。お、お休みなさいませ〜」

* ぐぅ。


3Dだよシンケンに。

* 火曜日。今日はディケイド&シンケン映画を見に行きましたよ3Dだぜいやっふー。

*

へむ2「なんです、が。実際に行ってみたら、小さい子供用の3Dメガネは無かったとゆー落とし穴。おのれ」
まるち「はい〜。あの、チケット購入の際にお聞きした時には、『ある』というお返事だったんですけど〜(^^;」
へむ2「納得いかん話だよ、まったくねぇ。あ、映画自体は楽しめましたよシンケン。どう考えても一話分丸々ぶっ飛ばしてるっつーかその分ナレーションで済ましてるだろキミ、とゆー圧縮ぶりではありましたが」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。最初のナレーションで、『戦いは三日三晩続いていた』でしたものね」
へむ2「ま、でも逆に言えば『最初から最後までクライマックス』だった訳で。後、キョウリュウマル活躍のシーンを始め、確かに3Dの効果も存分に出てて良かったかな、と」

* でもってディケイドの方についてはアレですなあ、とりあえずガラガランダとイカデビルは猛省せよ、と言いてぇ。なんだそのギャグ映画(笑)

*

へむ2「なぁ?」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「まあ、ネタバレいくないんでこれ以上具体的な事は言いませんが。でもホント、一部きっぱりギャグ映画。そしてやっぱり、Aパート要らない病発動ちう。おにーちゃん、1号2号が出てきた後の15分だけでいいですー」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、ネタバレにならないレベルだとその程度で。後はそーね、リボルケインがちゃんと光の剣だったよ! やったね!! くらいですかねぇ」

* つーか、TV版はどんだけ予算ケチってたんだコンチクショウ(笑)<RXの世界でリボルケインがただの棒だった>ただ特殊効果重ねるだけの筈なのに、ねぇ(^^;

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日もここまでまた明日ー。

* ぐぅ。


遊園地系インドア派。

* えーと、今日は火曜日? あ、水曜日か。

*

へむ2「と、曜日感覚が無くなるくらいのんびりしてるおにーさんなのでありますが。今日の予定は、セイントレジャー城島高原パーク。その後はうちのおかんの勧めで湯布院に行って、のんびりホテルでまったりと、の予定です」
まるち「はい〜。ただ、あの、ちょっとお天気の方が〜(^^;」
へむ2「うん、予報では一日曇りなんですけどねー。ま、行ってみなけりゃ分かりません。つ事で、ごー」

* ごー。と、したら、やっぱり午前中は雨だったりする訳で。まあしょーがないので、パーク内にあるおもちゃ王国に入って、トミカで遊んだりシルバニアで遊んだりのんびりと。そして午後になったら晴れたんですが、やっぱりおもちゃ王国でザ・インドア派(ぉ

*

へむ2「結局カートに一回乗っただけで、後はほとんど全部おもちゃ王国だったなあ。まあ、ここのおもちゃ王国は金かからんからえーんですけど」
まるち「そうですね(^^; それに、あの、遊園地さんにも、『入場券』で入りましたので〜」
へむ2「うん、無駄金は使ってねぇわな。ただまあ、ホント。ボン、おもちゃ王国が大好きだよなあ・・・」

* ま、もう少し大きくなれば遊園地アウトドア派になるんでしょーけど。とりあえず、今日はここまでまた明日。

* ホテルに電波が届いてて良かったねー、いう事で。ぐぅ。


夏の休みも一区切りin2009。

* 木曜日。旅行は終了、お休み継続。

*

へむ2「ちう訳で、ただいまー」
はつね「お帰りなさーい。こっちは大雨で、大変だったよ〜(^^;」
かえで「・・・そちらも。結構、雨には祟られたみたい、ですね」
へむ2「うん。なんのかんのでほぼ毎日、パラパラと降ってはいたかなー。ま、土砂降りとかは無かったんで、まだマシなんですけど」
まるち「はい〜(^^; 結局、最終日の今日も、はい。降ったりやんだり、でしたし〜」
あずさ「ま、天気の事だししょうがないわよね(−− とりあえず、お疲れ様」
へむ2「どいたまー。とは言えまあ、さすがに約一週間。旅行疲れも結構溜まってはいるので、今日はぼーっと過ごして、とっとと寝るといたしませう。取り溜めた番組も、確認は明日じゃのう」
カニ子「えー? 今日、見ないのカニ?」
へむ2「さすがに元気が無ぇんだってばよ。戦隊映画、一個一個は短いとは言え、全部見るとなるとそれなりに時間は食いますからのう」

* つーか、多分明日だけでは処理しきれませぬ。<撮り溜め>一日全部、チェックに使える訳じゃあ無いですからのう。

-

* にゅ。

* とか考えつつ。とーりーあーえーず。

* ばたんきゅー。


呉越同舟激臨闘者。

* 金曜日。今日はシンケン見て、ガオ映画見て、ゲキ映画見て、と。撮り溜め映像、のんびり消化。

*

へむ2「ふむ。ガオからゲキまでの六年間で、なんか映像技術がぐいんと上がってる感じですな」
かえで「・・・そう、ですね。デジタル化、が、進んだんでしょうか?」
あずさ「なんでしょうね、多分。にしても・・・相変わらず、ゲキレッドのセリフはよく分かんないわねぇ(−−」
はつね「あはははは(^^; ネイネイでホウホウ、だもんね〜」
へむ2「うむ、それについてはおにーちゃん既に諦めた。それより、リンカメレオン必要無くね? のあたりの方が、俺的には気になるとゆーか何とゆーか」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。確かに、左腕に付いておられるだけでしたね。カメレオンさん」
へむ2「別にリンライオンだけでいいじゃねぇかよ呉越同舟ゲキリントージャ。まあ、『一人だけハブるんもかわいそうやん』つー事なんでしょうけど、ねぇ」

* で、昼からはボンがやっぱりお出かけしてぇ、とゆーのでおもちゃ王国。旅行から帰ってきたばっかやっちゅーのに、実に元気でございます。

*

へむ2「つーかホントに好きだよな、ボン。おもちゃ王国が」
ぴーす「お帰りなさいませー。やはり、はい。おもちゃがいっぱいで、楽しい場所ですのでー」
へむ2「おやぴーす、お帰り。て事はまるちは、もう行った?」
まるち「あ、いえ(^^; あの、ご挨拶をしてから、と思いまして〜」
へむ2「そか。じゃあ行ってらっしゃい。帰りはいつ頃?」
まるち「ええと、やはり、来週の中頃になるのではないかと思います〜。ですので、あの、来週のお仕事の時は、あの、申し訳ございませんが〜(^^;」
へむ2「ん、いやいや。まあその辺は仕方がない事ですので。うん、とりあえず、行ってらっしゃい」
まるち「はい〜(^^; すみません、では、はい、行ってまいります〜」

* ちなみに今日は、結構混んでおりました。<おもちゃ王国>さすがはお盆っちゅーか何ちゅーか、土日な明日明後日は、もーっと混雑するんでしょうねぇ。お休みに上京してきたお父ちゃんお母ちゃんは、大変だー。

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日もここまでまた明日。

* ぐぅ。


秘伝5bit解析器。

* 土曜日。今日はボンが起きるなり『公園に行きたい』だの『朝ご飯はパン屋さんでパン買って外で食べたい』だの言い出したので、とりあえずお出かけ。

*

へむ2「でもって適当に遊んだ後、秘伝解析器インロウマル買って帰宅ー。ホントはもーちょい公園で遊んでから帰る予定だったんですが、本人が早く帰りたいと」
はつね「あはは(^^) 公園よりも、インロウマルとシンケンマルで遊びたかったんだねー」
かえで「・・・インロウマル。30種類以上、ディスクを認識出来るんですね」
へむ2「うん。正確には31種類+1、ですな」
あずさ「プラス1?」
へむ2「ビットが立ってねぇ時は単に『秘伝ディスク』て言うだけですので。で、5bit。だから32から1引いて31」
ぴーす「はぁ。あ、なるほどー。本体に付いている、この五つの突起で判定してるんですね」
カニ子「ほー。その突起でどうやって・・・て。引っ込むカニね。この突起」
あずさ「・・・ああ。なるほど。それで、秘伝ディスクの裏の、ネジ止めしてる所を。引っ込んでる所と、出てる所があるから」
へむ2「そーそーそー。それで突起を押して、全部で5bit31種類。大変アナログなシステムであると言えましょう」
はつね「あはは(^^; でも、うん。下手に精密な物だと、壊れるかもしれないし。いいんじゃないかな、それはそれで」
へむ2「まあねー。それにまあ、おかげで、『手動で突起押して全音声を確認する』も出来ました。出来ましたが、しかし、『ダイカイオー!』の声は、一体どの秘伝ディスクと対応するのでしょう? 不思議不思議」
かえで「・・・? 普通に、ダイカイオーディスク。じゃ、無いんですか?」
へむ2「それは『海老ディスク』なのよ。入れて確認してみたけど」
かえで「・・・そう、なんですか?」
へむ2「なの。だから不思議不思議。まあ、本編で出てこない、おもちゃオンリーの何かがこの先出る・・・いう事なんかもしれませんけど、ねぇ」

* 他にも殿様名乗り音声だとか、ゴールド名乗り音声だとか。<インロウマル内部音声>どれと対応するんですかねぇ、この辺は。

-

* にゅ。

* とか考えつつ。明日は朝から晩までドタバタなので、今日はここまでお休みなさい。ちょーっと、睡眠時間が足らないですよー。

* ぐぅ。


空振り気分な日帰り学会。

* 日曜日。今日は朝イチ新幹線で、日帰り学会れっつらごー。

*

へむ2「インフル騒ぎのせいで五月予定だったんががすっとズレて、お盆のウザいこの時期に。正直、もーちょい考えるべきじゃないのか運営委員。とゆー気はする」
はつね「あはははは(^^; そうだよね、そのせいでお兄ちゃん、帰りの新幹線が取れなくて遅い時間になっちゃうもんね」
ぴーす「まあ、本来ですと三日間のご予定ですので。明後日お帰りでしたら、大丈夫だったとは思うのですが・・・」
へむ2「夏休み直後のこの時期に、さらに学会休みなんぞ取れっけー。故に一日で切り上げて、日帰り。まあ諸々の事情により明日が休みになったんで? その気になりゃあ明日まで向こうで参加して、それから帰る。も出来るんじゃけどさー。けどさー。でも、それだと荷物が増えるから、嫌」
あずさ「はいはい(−− まあとりあえず、行ってらっしゃい。お休み」
へむ2「俺は新幹線乗るまで寝れねぇよコンチクショウ。まあでも、君らは寝てください。まだ5時だし」
はつね「うん(^^; さすがに、もう一度寝させてもらうね。お休みなさい。行ってらっしゃーい」
へむ2「うい。じゃ、行ってきまー」

* ・・・で、行ってみたら。今日は午後からだったとゆー大変なオチが(ぉ いや、新しいタイムテーブルをカケラも確認しなかった俺が悪いんですが、なんか改めてチェックしたら、バシバシ講演中止になっててすげぇスカスカなスケジュールになってやんの(^^;<学会

*

へむ2「おかげですごい空振り感だ。ただいま」
ぴーす「は、はぁ。あの、はい、お帰りなさいませー。それは、あの、ええと」
あずさ「・・・お疲れ様。って言うべきか、この間抜け。って言うべきか。悩む所ねぇ(−−」
カニ子「問答無用で馬鹿カニか。で、いいと思うカニよー。なーんで、確認しとかないカニ?」
へむ2「やー。日付移したとは言え、やる以上はきっちりやる事全部やるだろ、て思ってたのよ。おまけに今回最大の目的だった、『機器メーカーさんに直接文句をねじ込む』も、機器展示は明日から、というオチで超不発。業者経由じゃイマイチ埒があかんから、あの使い勝手の悪さを直で突っ込んどきたかったんじゃがのう」
はつね「あはははは(^^; でも、ホント、せっかくあんなに朝早くから起きて出かけたのにねー」
かえで「・・・正直。すごく、新幹線代がもったいない、気がします」
へむ2「いやま、学会出張費は職場持ちなんで、実の所その辺はまあ、まあ。将来的な事考えるなら学会に出席した実績もちょこちょこ残してかにゃならんかったりするし、行った先で専門書も買ってこれたし。収穫が無い訳じゃあ、無いんじゃけど、ねぇ」

* でも気分的には、とってもにゃふー。つ事でがっくししながら、とっとと寝るですまた明日。

* にゃふふふふー。


カイゼン解消Gロッソ。

* 月曜お休み最終日。今日はシンケンショーを見に行くザマスよ。

*

へむ2「休み確定したんが土曜日なんで、そっから速攻チケット取って、でもその時点で後ろ四列しか空いてなかったとゆー。ま、今回は『後ろから見た時どうなるか』の確認兼ねてたんで、ちょーどいいっちゃあちょーど良かったんですけどね」
あずさ「前行った時は前の列で見て、壁に映す映像がちょっと変な感じになってたのよねぇ」
ぴーす「はいー。あの、前の列ですと下から見上げる形になりますので。壁の段差、と言いますか、通路の所でどうしても途切れる事にー」
へむ2「うん。だから今度は後ろで見るべ、な訳です。まあ、さすがに後ろ四列は後ろ過ぎるとは思うんですけど・・・」
カニ子「真ん中くらいがいいんじゃないカニかねぇ。言っても仕方ないカニけど」
へむ2「ま、行ってみて確認してみて、すべてはそれからですナー。でもっていい位置推測して、次からはちゃんと早めにチケット取っておきますべぇよ」

* つ事でシンケン。わぁお、黒子さん、萌えルー

*

へむ2「そして司会のお姉さん、キターーーーーーー!! やった、これで勝つる!」
あずさ「あ。前は壁に直接映してた映像。ちゃんとスクリーン降ろしてそこに映す様にしてるわね」
カニ子「おおー。これなら、『段差で変』になったりしないカニよー」
へむ2「おおおおお、さらに烈火大斬刀、キターーーーーーーーーーーッ! しかも早変わり!Σd(>ω<)」
はつね「わ(^^; い、今ホント、見えなかったよ〜。いつ、シンケンマルから取り替えたの?」
かえで「・・・一瞬。目くらましがあって、その時に」
へむ2「ははははは、やっぱりでけぇ分映えるぞ烈火大斬刀! アクションメインになって、ドラマが少ないのもいい感じだぜひゃっほう!!

* そしていっとう最後も、変にグダグダせずに綺麗に盛り上がって終了。うむうむ、前回行った時に不満だった所が、全部解消された感じですうよいえっふー☆

*

カニ子「まあでも、声が違うのはやっぱり違和感カニかね。しょうがないカニけど」
へむ2「うむ、そこはしょうがないと諦めよ。が、そこ以外は実に満足であるぞはっはっはー。そして映像の不満が解決された以上、後ろの席を取る意味はカケラも無くなったねぇ」
あずさ「そうね。とは言え、前三列は握手会の時に強制的に席移動させられるから」
かえで「・・・四列目以降、が、いいですね。でも、もしかしたら、その一番前の方よりも」
はつね「うん(^^) 通路を一つはさんだ、『二つ目のブロックの一番前』の方がいいかもね。あそこの通路で、今回殿様がチャンチャンバラやってたし〜」
へむ2「だねー。今後も多分そういう事があると思うし、後、一番前だとちょっと見上げがキツくなったりもするしね。全体見通せる距離でなおかつ遠すぎず、という条件も満たすから? 是非、その列を取りたいと思う」
かえで「・・・はい。ただ、その為には、やっぱりチケットを、早めに」
カニ子「取っとかなきゃいけないカニねー。今回みたいに、二日前申し込みじゃあどうしようもないカニー」
へむ2「うむ、次回からはチケット発売直後にとっとと購入済ませとこーと思う。いやでもホント、不満点の改善っぷりに感心した! あーんど、これはシンケンの間だけの話で、次の戦隊からは関係無くなるけど。『最後の一本締め』に観客が参加出来るのは大変良い事だ、と思う」
はつね「あはは(^^) そうだね、気持ちいいよね、あれ」
へむ2「是非次の戦隊以降も、なんかそーゆー参加出来るアクションを入れてもらいたい所やねー。と、ゆー所で。今回の感想、おしまいー」

* で、後は昆虫展見に行ったりおもちゃ王国で遊んだりして、帰宅。帰ってからはドタバタしつつ、昨日のシンケンディケイドを視聴。

*

へむ2「・・・んー。シンケンはさておき、ディケイドが何か、普段にもましてアレげなシナリオだった気がする。いや、真面目な話」
カニ子「突っ込み所、満載だったカニねー。そもそもアレは、本当に『本当の友情』だったカニか?」
あずさ「・・・正直、納得いかないわよね。そこまであっさり信じれる程、心の交流あった?」
はつね「うーん(^^; 無かった、様な気はするね。なんとなく」
へむ2「なんだろうこのもやもや感。そして事ここに至っても、鳴滝のおっちゃんの正体が一切不明な訳ですが。映画の方でもほにゃららら、だったし」
ぴーす「はいー。後二週で、本当に、すべての伏線、回収出来るのでしょうか?」
あずさ「出来そうにないけど、どうなんだか(−− ま、とりあえずは再来週、待ちましょうか」

* つーか、『映画でも明かされなかったいくつかの謎』が、テレビ放送で明かされるとは到底思えないのですが(^^; ホントにどこに着地するんですかねぇ。ディケイド

-

* にゅ。

* ま、いいや。とりあえず今日はここまで、明日から仕事。

* ・・・ふぅ。お休みなさい、ぐぅ。


ローギア出発休み明け。

* 火曜日お仕事れっつらゴー。とは言え、基本的にまだ『みんなが交代で夏休み取ってる』期間なので。

*

へむ2「今週はかなり楽ちんです。その分、来週以降にどさっと来る訳なのですが」
あずさ「まあ、リハビリ期間としてはちょうどいいんじゃないの? 来週大変なのは、とりあえずさくっと諦めなさい(−−」
へむ2「とほー。ま、でも実際淡々と仕事こなしていくしか無い訳で。とりあえず、今日の所は体力回復のためにとっとと寝るといたしましょう」
カニ子「えー? もう寝るカニかー?」
へむ2「一週間安穏と過ごしてたキミと違って、お兄さんは疲れているのだよ。つー訳で、お休みー」
あずさ「て言うか、言う程早くないし(−− カニ子も、早く寝なさいよ?」

* つ事で。ぐー。


愛に死するはゾンビさん。

* 今日はのんびり水曜日。いつもこうなら、いーんですけどねぇ。

*

へむ2「と、はかない希望を抱きつつ。限りなく久しぶりに、『LOVE&DEAD』開始です。ゾンビかわいいよゾンビー」
あずさ「ゾンビって言うな(−− いや、ゾンビなんだけど」
カニ子「人外が多いカニね。ライアーのヒロインには」
へむ2「お前が言うな人外白血球。いやしかし、でもしかし。どーかね実際のトコ? そこまで人外、多いかね?」
あずさ「さぁ? でも、スチームパンクシリーズはみんな人間だったし、実の所はそんなに多くないんじゃない?」
へむ2「ふむ。そじゃなあ、とりあえず普通に思い出せるのは・・・フォクシィさんに、蔵女たん。モコに勇気にパスタさん。そんなトコかぁ?」
あずさ「モコ? ああ、モコ(−− アレもヒロインに入るんだ」
へむ2「個別エンドがあるんだから十分ヒロインでございますがな。後、シナリオ途中でクローン体だと判明するとか、作品終了後ブルマ神になるとか。そーゆーキャラもいるんですが、そちらはいかがいたしましょう?」
あずさ「最初の時点で人間扱いなのは人間にしときなさい(−− で、全部で五人? 意外と少ない?」
カニ子「・・・あれ? そうカニね。もうちょっと、多い気がしてたんカニけど」
へむ2「まあ、ただの人間でも規格外が多いからそう思うんジャマイカ・・・と。そうこう言ってる内に、ヒロインルートの両方から転がり落ちたっぽ」
あずさ「んー? バッドエンド?」
へむ2「か、もしくはゾンビルート。もーちょい進んでみないと分かりませんが、まあ、今回は『内容に関係無く全部一番上の選択肢を選ぶ』を実行中ですからな。バッドエンドでも、それはしょーがないよねー。いう事で」

* ・・・あ。でも、ホントに乗ったっぽい。<ルート>なんか、ゾンビさんが妙にクロックアップしてらっしゃる(笑)

*

へむ2「ふむ。で、クリアして、『この主人公の分の』CG鑑賞が25点、シーン鑑賞が5点かぁ。なかなか先は、長そじゃのう」
あずさ「そうね。でも、今日は寝なさい(−− もう日付変わったし」
へむ2「あーい。さてさて、次はどうしようかなー。とりあえずこの主人公の分、先に済ませるか。それとも残り二人の主人公のを進めてみるか。うーん」

* ま、次やる時に決めませう。<ねくすとルート>今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


シフトアップで週なかば。

* 木曜日。今日は昨日よりかは、オイソガ氏。

*

へむ2「そして明日は、今日よりさらにオイソガ氏。まあ、リハビるにはちょうど良いと言えましょう」
あずさ「そうね。ま、頑張りなさい」
へむ2「うーい。何ちゅーても来週になったらいきなりトップギアなんが確定ですからな。今週の内にペースを戻しておきませんとね、っと」
カニ子「ところで、今日はゲームをしないカニか? まだ1ルート、クリアしただけカニよ?」
へむ2「うん、今日はちょっちお疲れなのでパスだ。本日これより先は、ただのんべんだらりとするザマス」
カニ子「・・・そうやってダラけてるから、どんどん積みが溜まるんカニよ? まったく、もっと真面目に生きるべきカニー」
あずさ「いや、ゲームに没頭するのは『真面目に生きる』って言わないから(−− ま、適当な所で寝なさいよ? 明日は早いんだし」
へむ2「あーい。ま、てけとーに一段落した所で寝るですはー」

* つ事で、てけとーにダラダラしつつ、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


一本よりも三本で。

* 金曜お疲れ夕方帰還。とりあえず、今週は乗り切りましたー。

*

まるち「お帰りなさいませ〜(^^) 今週も、お疲れ様でした〜」
猪名川「お帰りー。お邪魔しとるでー」
へむ2「やぁ、まるち、おかえり。メンテの方はどうだった? 猪名川。おひさ。今年は夏前に来なんだから、どーしたんか思うてたら」
猪名川「やー。どうせあんた夏前は旅行やー、いうし。そこで押しかけるんも何やなあ、思うてな。とりあえず、一段落したトコで顔だしてみた訳やけど」
へむ2「ふむ。それはお心遣い、ありがとう。で、やっぱ秋まで?」
猪名川「つーか、気ぃが向くまでやな。よろしゅう」
へむ2「うーい。ま、好きにしてくらはい。で、まるち?」
まるち「あ、はい(^^; はい、あの、特に問題は無く〜」
へむ2「そか、それはよろしゅうございました。んでぴーす、留守中になんか、変わった事はありましたかな?」
ぴーす「あ、はい。いえ、はい。特には、何も」
かえで「・・・あー君が。今週はやけに、三本締めが大好きだった、くらい?」
はつね「あはは、そうだね(^^) こないだのシンケンジャーショーからずっと、毎日やってたもんねー」
あずさ「へぇ。あれ? でも、あのショーの時って一本締めじゃなかった?」
へむ2「んー。それは察するに、一本締めだと物足りないんではないかと。三本締め自体は、シンケン映画で見とるしな」
猪名川「ほぉ。一度見ただけで憶えたんか、三本締め」
はつね「賢いよー、あっくん(^^) 最近はなんだって、憶えるよ〜」
カニ子「『一ヶ月以上前に一度だけ』行ったお店とかでも、意外と憶えてたりするカニよね」
あずさ「初めて行った場所でも『ここ来た事ある』とか言うから、半分くらいは当てにならないけどね(−− まあでも、随分成長したわよ、やっぱり」
猪名川「ほーお。さすが三歳児、ぐんぐん伸びとるんやなあ」
へむ2「おう、伸び率高ぇよ、ホント。最近は色々いっぱしな口もきくし、なかなか侮れないんだぜー?」

* つ事で。では、今日もここまでまた明日。

* ぐぅ。


ガンバるクルマとネコの街。

* 土曜日。今日は池袋行って、トミカ博

*

へむ2「何分夏休みの土日だったんである程度の混みは覚悟してたのですがー。意外と、思ったよりかは空いてましたね?」
カニ子「そうカニねぇ。やっぱアレカニか。この時期はみんな、もう夏休みの宿題に追われててお出かけしないカニか?」
へむ2「いやー、夏休みの宿題は31日までやらないのがデフォだろ。単に、インフル警戒で控えた親が多かっただけじゃね?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ宿題云々はおいといて。インフルは確かに、そうなんでしょうね」
猪名川「? なんや突っ込みが甘いな。今日のあずあずは」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; それは、ほら」
かえで「・・・姉さんも。宿題は、最終日にまとめて。な、人ですから」
あずさ「失礼ね!? やる気はあるのよ、やる気は! 単に予定通り進まないだけで!!」
猪名川「・・・それはやる気あるとは言わんのちゃうかと、小一時間」
へむ2「はっはっは、違うぞー。やる気が無い訳じゃ無くて、あずあずは単に頭が足りないだけだぞー?」
あずさ「アンタはさらに失礼ね!? て言うか、埋めるわよ。コラ(−−メ」
へむ2「はっはっはっはっはー。ま、冗談はこれくらいにしておいて。とりあえずボンも十分楽しんでたよーで、良かったかな、と」

* で、その後はちょっとだけナンジャタウンに入ったり、初めてガンバライドで遊んでみたり。そんな感じで一日終了、また明日。

*

へむ2「やー。ガンバライドの方はルールとか全然知らずに始めたんで、最初すっかり戸惑いましたが」
ぴーす「はいー。途中、ボタンを連射する所とか、タイミングを合わせる? 所ですとか、ございましてー」
まるち「戦術、とかもございましたし。あの、少し、難しかったですね(^^;」
へむ2「つーかよう分からん、と言うのが正しい。他にも相性だのスペシャルカードだのあってカードの組み合わせやら考えんとアカンみたいですし」
猪名川「せやな。少なくとも、三歳児に出来るもんやあらへんな、あら」
はつね「小学生の、それも高学年の子向きかな。やっぱり(^^;」
へむ2「じゃね。つー訳でとりあえず数年はボンにはさせない方針で。後アレだ、ナンジャタウンもねぇ。冷静になって考えてみるに、ボンが出来るアトラクションはほとんど何も無いよな、と」
カニ子「んー。スタンプ探すのとかなら、出来るんじゃないカニ?」
あずさ「やめときなさい(−− あそこ暗いし、入り組んでるし。すぐ迷子になるわよ、きっと」
ぴーす「はいー。ちょっと、はい。危険ですかとー」
へむ2「うん。だからこっちも数年は、封印。将来的には、ボンが遊ぶ。お母ちゃんはその間リラクゼーションでのんびり、とか出来る様になるんでしょうけど、ね」

* ま、どう考えても小学生以降。池袋は嫁の実家に行く時に通る街ですので? ナンジャタウンが使える様になってくれれば、結構色んな意味で楽だったんですが。

-

* にゅ。

* とりあえず。今日はここまで、お休みなさい。

* ぐぅ。


決戦殿様大一番。

* 日曜シンケン。うを、殿様かっけー☆

*

カニ子「おおおおおおー。ぱし、ざしゅっ! カニよー」
はつね「すごいすごーい(^^) さすが、殿様だね!」
あずさ「あ、あら? でも、裏正、折れちゃったわよ? まさかこれで十臓、退場?」
かえで「・・・滝、じゃないですけど。崖から、水のある所に落ちる、のは」
猪名川「生存フラグやわな。どない考えても」
へむ2「ですよねー。まあ、次出てくる時は味方になってんじゃないですかね? 裏正の代わりに、なんか曰くのある刀手に入れて」
ぴーす「はぁ。そうですね、はい。まだ26話ですし、ここで退場・・・というのは、ちょっと」
あずさ「・・・かしらね? まあ、かしらね」
猪名川「やと思うでー。やけど、味方になるんはどないやろ? 別の刀手に入れてさらにパワーアップした『敵』になる、いう可能性もある訳やし」
カニ子「その場合はラスボス化カニね。多分」
へむ2「ふむ。まあその可能性もあるかとは思うけど・・・んー。賭ける?」
猪名川「賭けよか。うち『敵』」
カニ子「あ、じゃあ私も『敵』カニー」
あずさ「私は・・・んー。今回はどっちとも判断が付かないんで、パス」
はつね「あはは(^^; 私も、ちょっとパスかな。分かる時には、こっちに居ない気がするし〜」
かえで「・・・右に、同じ」
へむ2「ふむ。まるちとぴーすは?」
まるち「はわ?(^^; あ、えと、あの、はい。では、お味方で〜」
ぴーす「私も・・・そうですね、はい。『味方』で」
猪名川「む。そないなると、三対二でバランス悪いな。あずあず、やっぱ賭けへん? 『敵』で」
あずさ「えー(−− しょうがないわねぇ、じゃあ『敵』。ただし、掛け金はジュース一杯とかそんなのよ?」
へむ2「まるちもぴーすも飲めねぇよ、ジュース。けどまあ、とりあえずその100円レベルで。さて、どう転びますかねぇ?」

* とか考えつつ。とりあえず今日はお馬さん公園行ったりなんだかんだ。あ、ディケイドの方は、なんやボンが見たがらなかったんで保留です。

*

へむ2「明日も『見ないー』て言われたら、そん時ゃ夜にこっそり見よう」
ぴーす「はいー。ですけれど、あの。明日はお仕事、ですよね?」
へむ2「うん。でも17時くらいには帰ってこれる予定なんで、それから・・・あー。その前に、見せる?」
ぴーす「はい、あの、お坊ちゃまが『見る』とおっしゃれば、ですけど」
へむ2「ん、おけおけ。じゃあまあ、ボンが先に見ちゃった場合もやっぱり夜にこっそりと、いう事で。今日は写真の整理やなんやかやで、時間が無くなっちゃいましたからにゃあ」

* つ事で。では、今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


流血大風呂敷。

* 朝。

* ごー。

-

* 昼。

* お仕事。

-

* 夕方。

* 帰宅。晩ご飯の前に、ボンがソファーから転がり落ちて棚の取っ手で頭切って、ちとドタバタ。

*

ぴーす「わ、わ、わ、わ、わ。おおお、お坊ちゃま、だだだ、大丈夫ですかー!?」
はつね「血、血が出てるよ!? 血が出てるよ、お兄ちゃん! どうしよう!?」
へむ2「あー。いや、いいから落ち着きなされ君ら。ボン、とりあえず血を拭こう。まるち、ウェットティッシュ、取ってー」
まるち「あ、は、はい〜。ど、どうぞ〜」
へむ2「ありがと。はいはい、ボン、じっとしてー。怪我はどこかなー?」
かえで「・・・あ。ここ、ですね。髪の毛で、隠れてますけど」
へむ2「ふむ。そーだね、そこだね。で・・・他の所は、特に怪我は無し、と」
ぴーす「だ、だ、大丈夫ですか?」
へむ2「んー。そーね、すごいシンプルに言うと」
あずさ「シンプルに言うと?」
へむ2「うん。唾でも付けときゃ治るよこんなもん。いじょ」
ぴーす「・・・は?」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「ぶっちゃけ、『転んで膝すりむいた』とかいうのと怪我のレベル、変わらん。頭の怪我は、怪我のレベルに比べて出血量が多いから大事に思えるだけです。ほら、実際既に、血、止まりかけてるし」
ぴーす「は、はぁ。え、と。あ。た、確かに〜」
へむ2「後はアレだ、念為で風呂入った時にでも超・じゃかじゃか水洗いして感染予防しときゃヨロシ。しかしなあ、ボンもなあ。だから、『危ないよ危ないよそれはやめようね』てこっちからずっと言うとったいうのに」
猪名川「やめへんかったなー。で、結果これや」
へむ2「まあ、こういう軽い怪我通して、危険を学んでいくからいいんですけどねー。いいんですけど、でもまあ。この取っ手はやっぱりちょっと危険だったね。前々から気にはなってたんじゃけど」
はつね「そうだね(^^; 角がちょっと、ツンツンしてるもんね」
へむ2「この際だから、外しとくかあ。で、ホームセンターにでも行って、なんかいいのがあったら付け替えちまいますべぇ」

* つ事で。まあホント、これを機会に学びなされ、ボン。<ソファー回りの危険>何度落ちても落ちても、ちーっともソファー登り、やめないんだもんなあ(^^;

-

* 夜。

* で、結局ボンは見なかったので、夜にこっそりディケイドォー。

*

あずさ「・・・て。ちょっと、この期に及んで、新キャラが出たわよ?」
カニ子「・・・どこまで風呂敷広げ続けるつもりカニか。この人らは」
ぴーす「本当の敵は大ショッカーじゃ無い、とかおっしゃられてましたねぇ。一体、あの、どういう事なのでしょうか?」
猪名川「まさに『この期に及んで』やな。来週最終回やいうのに、何言い出すんやホンマ」
へむ2「つーか、映画できっぱり大ショッカーと戦ってたのに何を今更。と、俺は言いてぇ。後、鳴滝のおっちゃんの正体が不明のまま終わりそうな気配がぷんぷんしてるのですが、その辺如何に」
かえで「・・・映画の方でも。結局、分かりませんでしたものね。正体」
へむ2「うん。本気でたためるんかねぇ? この風呂敷。」

* ま、とりあえず来週待ちで。では、今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


お外はすっかり秋の風。

* 火曜日れつごー一日お仕事。まあでも、定時に終わってるだけ今日は楽。

*

へむ2「そして何やすっかり涼しゅうなっとりますな。こちら」
カニ子「そうカニねー。昼の間はそうでもないカニけど、日が落ちた瞬間いきなり風が冷たくなったカニよー」
猪名川「すっかり夏も終わりやな。なんや今年の夏は、やけに短かった印象やねんけど」
あずさ「そうね。東京・・・は、ともかく。こっちの方は、本格的に暑くなったのが八月入ってから、だしねえ」
へむ2「うむ。おかげで野菜とか米とかがとんと育ってないとか何とか。夏が短いのはお兄ちゃん的には嬉しい事ですけど、代わりに農家の人は大変だー」
まるち「はい〜(^^; あの、もう少しだけ、お暑い日が続いてくださった方が〜」
猪名川「とは言え天気の事やから、なかなかそうもいかんわな。最近はもう、毎年天候不順っつーか何つーか」
へむ2「ホンマにね。極端から極端に走って安定しないよねー。てぇ感じでさぁ」

* とりあえず、窓を開けてればエアコンも要らない今現在。とは言え開けっ放しで寝ると風邪をひくので、きっちり閉めてお休みなさい。

* ぐぅ。


予定は未定で予想内。

* 水曜日。今日は2時間、予定オーバー。

*

へむ2「とは言えまあ、2時間で済めばマシな方っつーか、予想よりもかなりマシっつーか。ここんトコ、水曜日は毎度毎度ろくでもなかったからなあ」
まるち「そうですね(^^; あの、お戻りになられるのが21時過ぎですとか、そんな日が多かったですし〜」
カニ子「夜にまた仕事にゴー、とかもあったカニよね」
あずさ「ま、お疲れ様。お茶でも飲む?」
へむ2「いただきます。でまあ、これで今週の山場も無事乗り切れた、とゆー事です。多分。おそらく。ぱはっぷす。めいびー」
猪名川「予定では、やな」
へむ2「そう、予定では。まあ多分、アクシデントはもう無いと思うんですけどねー」

* とりあえず、疲れ癒しにぐてぐてーん。てけとーに頭休めにパズルなぞを解いてたら、ついうっかりと、この時間。

*

あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「うん。言いたい事があるならどうぞ。あずささん」
あずさ「言った(−− もう。とっくに。日付が変わる前に」
へむ2「はっはっはっはっはー。じゃ、寝ますか」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。お休みなさいませ〜」

* うにゃ。ぐー。


太鼓でWなお買い物。

* 木曜日。今週は土曜日仕事で金曜日仕事無し、という状況なんで今日の時点で一旦帰還、なんですが。

*

へむ2「なんやかやで仕事終了が大変ギリギリになってしまいますた。はい、皆さん、だーっしゅ」
まるち「はわわわわ(^^; は、はい〜」
あずさ「のんびり言ってないで、アンタも急ぐ(−− ほらほらほらほら!」
へむ2「ういす。では、だーっしゅ!」
猪名川「にしても、よう間に合うたなあ。うちはもう、てっきり無理かと」
カニ子「そうカニねー。今日は電車帰りでファイナルアンサー、って思ってたカニよー」
へむ2「うん、俺もその気だったんだけどね。でもギリギリだけど車出してくれる、とゆーので。じゃあ頑張ってみましょーか、いう話ですナー」

* もっともチケットレスでスキップOKになってから、15分前縛りが無くなりましたので?<空港>実の所、かなーりギリギリまで粘っても大丈夫にはなってるのですが。ま、何にしても間に合って良かったね、ちう事で。

*

へむ2「ちう事で。ただいまー」
はつね「お帰りなさい、お兄ちゃん(^^; あっくん、今の今まで起きてたんだけど・・・」
かえで「・・・お父さん、帰ってきたね。な、会話の直後に。寝てしまいました」
へむ2「あらま。ま、でも、早寝は良い事なので良しといたしませう。どーせ明日の朝には顔あわすんじゃし」
ぴーす「そうですね。お帰りなさいませー。あの、お茶でもお飲みになりますか?」
へむ2「いただきましょう? そして荷物が届いていると思うのですががが」
ぴーす「あ、はいー。あの、『VAIO W』、届いておりますー」
はつね「太鼓の達人も一緒に届いたよ。でも、収録曲がなんだかとっても少ないの(^^;」
かえで「・・・あー君が出来そうなのが。二〜三曲しか、ありません」
へむ2「ほえ? あららららら。なんだ、もっといっぱい曲入ってると思ってたのに」
まるち「はわ(^^; あ、ゴーオンジャーさんのお歌とかは、入ってなかったんですね」
あずさ「・・・みたいねぇ。入れとけばいいのに。それくらい」
へむ2「つーか、ええからネット配信してください曲データ。いう気分ですな。歌一曲うん百円、とかにしとけば、結構みんな買うでしょーに・・・と、でもまあそれはさておき。新しいパソコンの、基本セットアップを済ませてしまいましょー。自分カスタマイズはまた後日、ですけど、まずは使える様にしとかんとねー」

* つ事でふにふに。なーんか無線LANが繋がらないんでルータの方のファームウェアあぷでとしたり、パーティションが一つしかないんが気にいらんかったんでパーティション変更したり、と。そんなこんなですっかり夜中。

*

へむ2「ん。じゃあ今日はここまでですな。アプリインストールやらはまた明日、いう事で」
まるち「はい〜(^^) お疲れ様でした〜」
へむ2「出来れば九月中にはおニューパソに切り替えたいトコですねー。別に、仮面ライダーに合わせる、いう訳じゃあないんですが」
猪名川「合わせるんやったらガワ、塗装せんとな。真ん中でこー、黒と緑にピシっと」
あずさ「やめなさい(−− 限りなく見た目が悪いから」
はつね「あはははははは(^^; そうだね、ちょーっと、パソコンには合わないよねー」
かえで「・・・仮面ライダーにだって。決して、似合ってる訳じゃあ」
へむ2「ま、動けば少しはマシに見えるよ。多分。ちう事でー」

* では寝ます。お休みなさい、ぐぅ。


お待たせしましたジェネリック。

* 金曜お休み。今日はボンの希望でお馬さん公園行ったりもしましたが、まあでもそれはさておいて。

*

カニ子「い・よ・い・よ! ダウンロード版『ぼーん・ふりーくす!』が販売開始カニ! 名付けてジェネリック版カニよーーーっ!!Σd(>ω<)」
あずさ「ジェネリック・・・って、どういう意味だったっけ?」
ぴーす「はぁ。え、と。色々意味はございますが、この場合は・・・生物学での『属』という事でしょうか?」
へむ2「いやー、違うだろ。多分『ジェネリック薬』とかと同じ意味合い。てか、『ジェネリック薬って言葉から逆行性にイメージされるジェネリック』の意味、だと思うぞ?」
かえで「・・・ジェネリック、薬。確か、安いお薬、ですよね?」
まるち「あ(^^) ダウンロード版でお安いから、という事でしょうか?」
へむ2「うん、多分それは一因。後は、ちょーっと要素も増えてるんで、その微妙な差も『ジェネリック薬』のイメージですかねー」
猪名川「なるほどな。で、その追加要素が『ゲームバランスの一新』『DNA追加』、と。ミッション・・・は、まあ、この書き様やとDNA追加の一環、やなあ。多分」
カニ子「追加要素だけでも十分買いカニよ! 私が、あのキャラやこのキャラに変身するカニ〜♪ 過去作品が好きな方は、さあ、今すぐダウンロードカニ!!」
かえで「・・・なんだか。ディケイドの映画、みたいな煽りですね」
へむ2「あ、それだ。なんかデジャブがあったんですが、そーですね。うん、お祭り企画だ。同じ系統の」
猪名川「ふむ。『カメンライド、フォクシィ』とかやるんやな。カニ子が」
はつね「あはは(^^) じゃあ、色んなキャラがファイナルフォームライドで変形したりもするんだ?」
へむ2「・・・やだ、それ、ちょっと見たい。剣に変形するフォクシィさんとか、銃に変形するセーラとか」
猪名川「乗り物系に変形するヒロインは多そやなー。戦車とか、ウルメンシュとか」
へむ2「む、いや、しかし待て。蔵女たんは何に変形する事になる? その場合」
かえで「・・・蔵、とか?」
はつね「そ、それはどうかなあ?(^^; えーと、変形して樹里さんになる、とかじゃ駄目? 電王はモモタロスに変形する訳だし〜」
へむ2「それはカケラも変形してねー。が、でもそれもアリだな。確かに」
カニ子「・・・えーと。いや、そういう話題で盛り上がられても困るんカニけど。と、とにかく本日発売ジェネリック版、カニ! みんな、買うカニよー!!」

* つ事で、とりあえず俺も購入。もっとも、いつプレイ出来るかは分かんないんですけどねー。

*

へむ2「なんせ新作積みまくりじゃからな。今」
まるち「そうですね(^^; あの、やはり、あちらを優先なさるべきかと思いますし〜」
猪名川「まあ、新イベント以外は基本ぶっ飛ばしで構わん訳やしなあ。いっそ、ノートにインストして移動中に、とかどないやろ?」
へむ2「うん、それも考慮はしております。とは言え、やっぱ人に見られんのが確定な環境で無いとちょっとアレ、なので。ま、ノートにインストしてこっち帰ってきてる間にー、でもえーんですけど」
ぴーす「そうですね。ただ、こちらでも、やはり、夜だけ、になるかとは思いますが」
はつね「昼間はあっくんが『お父さん、お父さん』だもんね(^^; 無理だよね〜」
かえで「・・・そもそも。教育上、良く無いですから。あまりこちらでは、ちょっと」
へむ2「ま、こっちでやる場合はえろシーンは確実に総飛ばしです。パッケージ版でいっぺん見てるし、目的はカニ子の各キャラコスプレ絵な訳やし」
猪名川「やな。まあ、てきとーに考えときぃや」
へむ2「うい。てけとーに考えて、てけとーなタイミングでプレイしときまっしょー」
あずさ「はいはい(−− じゃ、話まとまった所で寝なさいね。もう、日付も変わってる訳だし」
ぴーす「明日もまた、お仕事ですしね。お疲れ様ですー」
へむ2「いえいえ。じゃ、ぼちぼち寝ましょうか。お休みー」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ、ご主人様〜」

* ほではでは。ぐー。


行って帰ってばたんきゅー。

* 土曜日お仕事日帰りゴー。まあ何ちうか、やっぱ週に二回5時起きかますとキツいはキツい訳で。

*

へむ2「夜、ボンを寝かしつけた後そのままばたんきゅー。起きたらこの時間ー」
はつね「あはは(^^) おはよう、お兄ちゃん」
かえで「・・・お疲れ、だったんですね」
あずさ「て言うか、別にいいのよ? もうこの時間なんだし、わざわざ『昨日の』日記書かなくっても(−−」
へむ2「はっはっはっはっは。まあそれはそーなんですが、でもそこはそれ。やっぱ抜けると気ぃ悪いじゃん、なんとなく」
まるち「はぁ(^^;」
猪名川「ま、分からんでもあらへんけどな。そないな気持ちは」
カニ子「そうカニねー。一度抜ければ後はどーでもよくなるカニけど、最初の一回は嫌カニよねー」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「ま、いーじゃん。別にそんな時間食うもんでも無い訳じゃし、ねぇ」

* どっちかってぇと時間くうのはサイトチェックやらメールチェックやらですな。てぇ事で、そっちの作業をこれから開始。日記はこれまででございまふ。まる。


畳む気の無い風呂敷話。

* 日曜日。今日は久々、ゲーム会。

*

へむ2「の、前にシンケンジャーを見ていく予定だったのですが。ボンが見たくない、とゆー」
はつね「あっく〜ん(^^; お姉ちゃんも、見たいんだよ?」
かえで「・・・なんだか。朝は、『見たくない』が、多いですね」
猪名川「つーか、『他のもんで遊びたい』が先に来るみたいやなあ。テレビより遊び優先、いうんはまあ、健全な証拠なんやろうけど」
あずさ「ま、夕方には見る気になってるでしょ、多分。その頃には私たち、いないけど(−−」
はつね「もう夏休み終わりだもんね(^^; 帰らなきゃ」
かえで「・・・次は。冬休みに、また」
へむ2「うん、またねー。それとあずあず、誕生日おめでとー」
あずさ「・・・ありがと(−− じゃ、とりあえず行ってらっしゃい。私たちも、適当な時間には出るから」
へむ2「うーい。じゃ、ぼちぼちと、行ってきまー」

* つ事でお出かけ。昔はボン、ゲーム会のたびに泣いてた(どーも大きなお兄ちゃん達がいっぱいいるのは怖いらしい)ものですが、今日は特にそういう事も無く。俺らがゲームしてるのを、膝の上で一緒に見て楽しむ、つーのも多少は出来る様になってたり。

*

へむ2「うむ。もーちょい大きくなったら、子供向けゲームは一緒に出来るよーになりそですね。と、ゆー所で、ただいまー」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー。お坊ちゃまも楽しかったですか? ですか? そうですかー」
まるち「はわ〜(^^) それは、はい。よかったです〜」
へむ2「ま、さすがにドイツゲーまではまだまだ時間かかりそですけどねー。でもシンプルな子供向けゲームなら、もう少しで。てぇ感じ。と、まあ、でもその話はちょっとこっちに置いといて」
猪名川「置いといて?」
へむ2「うむ。向こうで話題にあがったんですけどね? なんか、今日のディケイド大変ひどかったらしいですぞ?」
ぴーす「・・・は?」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「そりゃもう全員。皆様、口を揃えてそうおっしゃるのです」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
カニ子「・・・そんなにヒドいんカニか? それは、ちょっと、逆に見てみたいカニねー」
へむ2「うむ。ちう訳で、見ましょう。まずはシンケンからですけどねー」

* と・い・う・こ・と・で。あ、シンケンの方は今週よりもむしろ来週の方が大インパクトっぽいんで感想割愛ー。そしてディケイド。Aパートが終わっても全然話が収束していく気配がありません! Bパート。『本当の戦いはこれからだ』フラグがバシバシ立ち上がってる感があります!!

*

へむ2「そして全部ぶん投げての終了、キターーーーー!!! やだ、本気で『冬の映画』に全部投げて終わった!」
カニ子「・・・て言うか。夏の映画が無かった事にされてないカニか。これ」
ぴーす「・・・です、ねぇ。あの、はい。どう考えても、あの。このお話の前にも、後ろにも。入り様がございませんかとー」
猪名川「あー。後、なんや。クウガ。あんたは敵に操られるしか能がないんかい、とか。本家ライダーが出てくるんやったら今までのディケイド版ライダーてホンマなんやってん、とか。なんやろう、これ。この突っ込み所しかない最終回は」
へむ2「それはね、謎が何一つ解明されてないからだよ? 解明されないから突っ込む以外に手が無い。ただそんだけ」
猪名川「・・・なんやかなあ。ホンマに」
へむ2「はっはっはっはっは。いやしかし、どーしたもんかね。ものすごいモヤモヤ感はあるんですけど、だから言うて冬の映画見に行く気になるかっつーと」
カニ子「なんないカニね(きぱ) またシンケンジャーと同時上映なら、見に行かないでもないカニけど」
へむ2「・・・なんよなあ。今度はオールライダーって訳でもねぇし、単体で見に行くだけの価値が見いだせないっつーか何つーか。ただ、見に行かないなら見に行かないでこのモヤモヤ感をどーすんの、つー」
猪名川「ん。まあその辺は、レンタルでええんちゃうんか? どーせ映画の後何ヶ月化で、DVD化やろ?」
へむ2「む? む、そうだな。そうするかぁ。映画でうん千円使うんは、あまりにも馬鹿馬鹿しすぎるからなあ・・・」

* やー。まあ風呂敷畳みきるのは無理だろうと思ってましたけど。思ってましたけど、まさかここまで投げっぱなしジャーマンだとは(苦笑) せめてもうちょっとこう、ねぇ?(^^;

-

* にゅ。

* と、まあ色々心に思う事のある一日だった訳ですが。とりあえず、今日の所はとっとと寝ます。お休みなさい。

* ぐぅ。


白い光のサポーター。

* 朝。

* ごー。久々ヤンマガ、カイジ君。

*

へむ2「・・・て、あ。俺、一話読み飛ばしとるわ。どっかで」
カニ子「お? ホントカニね。なんか二本同時に刺す、とかいう話になってるカニー」
へむ2「ふむ。まあでも、逆に言うと『そんだけ』ですな。読み飛ばした話の中で、進展した部分いうのは」
まるち「はぁ(^^; そうですね、はい。他には、特に、ございませんかと〜」
猪名川「・・・展開、遅いからなあ。無いやろなあ、そら」
へむ2「ま、何にしても。とりあえず来週で『坊ちゃんの小説編・完』みたいな煽りが載ってますし。これでよーやく、よーやく、本編が動き出しますかねぇ」

* ・・・動き出さなかったりしてな(ぉ つーか本気で三週くらい心理描写だけで進めそうな気がせんでもないあたりが、何つーか(苦笑)

-

* 昼。

* はたらー。

-

* 夕方。

* お仕事終了、秋葉原。

*

へむ2「やー。うちのプリンタが、何かと目詰まり起こす様になってですなー。ぼちぼち新しいのに買い換え時期か、てぇ感じではあるのです・・・が」
猪名川「が、やな。イマイチこー、ピンとくるもんがあらへん言うか何つーか」
まるち「あまり、大きいのは駄目なんですよね(^^; あの、置き場所的に〜」
へむ2「うん。で、無線LANが使えなきゃ駄目。まあ、EPSONのであれば純正プリンタサーバがあるんで、USBオンリーでもなんとかなるはなるんですけど。けど、出来れば線は少ない方がいいしなぁ」
猪名川「無線LAN内蔵やったら、電源一本で済むしな。やけど・・・なあ。二つ三つ候補はあるんやけど、どれも痛し痒しやし」
へむ2「うーむ。まあ、今の奴をもーちょい誤魔化し誤魔化しで使ってみますか。ノズルクリーニングガンガンかませば、しばらくは保つでしょう。多分」

* つ事で、特に何にも買わずに帰宅。一年後には無線LANモデルも増えてると思いますので? 頑張ってそこまで、保たせたい所なのですが、さぁて。どう転びますやらー。

-

* 夜。

* む。ライアーで『白光のヴァルーシア』、サポーターサイトの募集が始まっておりますな。

*

へむ2「とりあえず応募しとこう。ぽち」
カニ子「それはいい事カニけど、『漆黒のシャルノス』はクリア出来るんカニか。ヴァルーシア発売までに」
へむ2「うむ。鋭意努力、とだけ答えておく。それに関しては」
まるち「はぁ(^^;;;」
カニ子「・・・まったくもー。困ったもんカニよねぇ」
ぴーす「え、と。順番を飛ばして、先に『漆黒のシャルノス』をプレイされれば確実、だと思われますがー」
へむ2「それは主義主張的にちょっとにゃー。まあ、レイルはさすがに別っこ計算させてもらいますが、現在進行形の『LOVE&DEAD』、シャルノスの後の『水スペ(略)』。そこまではクリアしてからヴァルーシアに望みたい所」
ぴーす「は、はぁ。それは・・・はぁ。あの、はい、では、頑張ってくださいませー」
へむ2「うむ、出来うる限りで頑張らせていただきましょう。では、そーゆー所で、今日はここまでまた明日ー」

* 明日も早いですよ。お休みなさい。

* ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]