まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



れっつぷれいつー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


まっするえいくな朝ダッシュ。

* 火曜日。わーお寝過ごしたー

*

へむ2「と、ゆー訳で(ぜぇはぁ) 超ダッシュげふんげふんごほごほ」
まるち「は、はわわわわ。あ、あの、だ、大丈・・・夫、ですか?」
猪名川「いや、まるちもキツそやから黙って深呼吸しときて。つーかまるちはともかく、あんた鍛え方が足らんなー」
へむ2「るっせぇ。うー」
猪名川「はいはい、ほな解説うちからな。飛行機には絶対間に合わん時間やったんで新幹線ダッシュ。最寄り駅までも、上野駅でもダッシュかまして何とかギリギリ、なー」

* つ事で今日は大々変。まあ結果的には『(俺の遅刻に関係無く)午前の仕事が諸々の事情により中止』になってたんで? 幸い、仕事の方に影響は無かった訳なのですが。

*

へむ2「超ダッシュのおかげで12時には向こうの駅に着けてたしな。ちなみに後数分遅れてたら、こっち着くんが1時間遅れてたとゆー」
猪名川「その辺、乗り継ぎの関係上しゃーないわなー。にしてもあんた、あずやんおらん様になった瞬間寝坊て。戻って来たら、怒られるでー」
へむ2「いや、あずあずが居ても居なくても寝坊する時は寝坊する訳なのですが。つーか、猪名川。お前だって寝坊したやん」
猪名川「うちは単なる付き合いで、仕事しとる訳ちゃうしなあ。あ、ところでカニ子は置いてけぼりな訳やけど。なんや、寝坊した時て大抵一人置いてけされとらんか? カニ子て」
へむ2「だってあいつ、寝起き悪ぃんだもん。まったく、一人幸せそうに寝やがってよう(ぶつぶつ)」
まるち「はぁ(^^; あの、えっと。今朝は本当に、申し訳ありませんでした〜。私が、あの、きちんと起きていれば〜」
へむ2「いや、別にまるちだけのせいじゃないのでその辺は。にしてもホントになあ。年に数回、寝坊があるよなー。そうならん様、あれだけきっちり目覚ましもかけてるとゆーのに」

* ちなみにおにーちゃん、現時点で既に筋肉痛の兆候が。<朝の超ダッシュにより>なんで電気屋行ってマッサージ椅子&温泉でぐにゃー、もこなしてはきましたが、でも、明日明後日にはきっついのが来るんだろうなあ。多分(^^;

-

* にゅ。

* ちう事で、へろへろになりながら。今日はここまで、また明日。

* ぐー。


半分ライダー青黄色。

* 一日お仕事水曜日。

*

へむ2「青と黄色、だそーな」
まるち「はわ?」
猪名川「? 何の話や?」
へむ2「いや。本屋行ったついでに子供向けテレビ雑誌の表紙見てきたんですけど。仮面ライダーW、最後の変身フォームがそーゆー大変派手派手しい色だったのですよ」
まるち「はわ(^^; あ、そ、そうなんですか〜」
へむ2「名前はルナトリガー。ああ、検索してみると結構前からネタバレ情報としては流れてたんですなー。お兄ちゃん、今日の今日まで知りませんでしたが」
猪名川「ま、アンタはライダーの方は基本情報追ってへんからなあ。映画の方も、サイクロンジョーカーとヒートメタルしか出てこんかったし」
へむ2「なんですよねー。そしてこのルナトリガー、青と黄色・・・ああ、検索結果見た感じじゃ黄色じゃなくて金色みたいですね? の、配色が派手すぎて目に痛いのですがどうしましょう?」
猪名川「知らんがな、んな事言われたかて。つかやあ・・・真面目な話、W、見るん?」
へむ2「さぁ? しょーじき、ボンが見ねぇ気がするのよねー、ライダー。ディケイドも結局、最後の方は全然見ようとしなかったしさー」
まるち「そうですね(^^; あの、はい。最終回は、まだ見ておられないのではないかと〜」
へむ2「Aパートが人間ドラマだけで展開していくのが良くないのだとおにーちゃん推測。だから一応一話は見るけど、その後は状況次第。場合に寄っては即切り、かなあ」

* と、そういう事を考えつつ。自転車の整備をしたり、ちょいとちまちま小手先工作してたらあっという間にこの時間。ぼちぼち寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


[長月日記一覧] : 2009/09/03 : (コメントが5件あるにゅ)

秋の夜長の無駄思考。

* 今日もお仕事木曜日。にしても、細かい延長延長が積み重なって結局昨日よりも長時間働く羽目になっているのはどういう訳かと小一時間。

*

へむ2「問い詰めたいおにーさんがここにいる訳ですよセニョリータ。あんだすたん?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、お疲れ様でした〜」
へむ2「いえいえ。そして秋の夜長に考え事をしていたら、すっかりこんな時間になっちゃったりもするのです」
猪名川「やー。まあ考え事はええんやけど、その内容がディケイドの最終回は何であんなにモヤモヤするんか』いうんはどんなもんやろ。そこまで考え込むよな事でもあらへんやろに」
へむ2「だーってさぁ。いや、色々理由は付くのよ? 理由は付くんじゃけど、でもどれもなんか本質的な物じゃ無いよな気がしてなあ」
猪名川「かもしらんけどな。やけど、さすがにもーちょい早めに寝るべきちごたかー?」
へむ2「はっはっは、その辺は秋の夜の魔力とゆー事で。ちなみにモヤモヤの原因ですが、とりあえず定番理由は『謎全放置』。でも実際最大の原因は『平成ライダーズがまったく人の話を聞こうとしない事、ではなかろーか、と。あの問答無用ぶりがすごい違和感を醸し出してて何つかこー。いや、俺は平成ライダー見てないんで、もしかしたら連中は基本ああいう連中なのかもしれませんが!」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、考えても詮無いことなんですけどねー。では、朝になったんで寝ましょーか」

* つ事で。お休みなさいまた明日。

* ぐぅ。


ドタバタもーどで日が暮れて。

* お仕事以下略金曜日。でもって今週は、明日もお仕事だったりしますので。

*

へむ2「今日もお泊まりー。明日の仕事は朝イチなので、とっとと寝るとしますかのう」
まるち「はい〜(^^; あの、昨日が随分、遅かったですので〜」
猪名川「遅かったっつーか一回りして早かったっつーか。ま、何にしたかて寝とき寝とき。もう日付も変わっとるしなー」
へむ2「ほーい。ちなみに今日もなんやかやでかなりドタバタしてたので、特に日記のネタがありません。故に今日はここまで、また明日」

* ぐぅ。


寿司屋の金さん大人気。

* 土曜日お仕事昼帰還。でもって、なんや今日は近所の公園で町内会のお祭りがあるそーなので。

*

へむ2「とりあえず、晩飯済んだらみんなで行ってみましょー。が、その前に」
猪名川「その前に?」
へむ2「なんや、サカナマルの調子が変、とか聞いたのですが?」
ぴーす「あ、はいー。あの、音が、ちゃんと鳴らなくなりまして。ノイズみたいな音で、繰り返し、ざ、ざ、ざ、とだけー」
へむ2「ふむ。なるほど」
カニ子「あらら。壊れたカニか?」
へむ2「そうなあ。中の回路がおかしくなった可能性もありますが・・・まあ、とりあえずドライバー」
まるち「あ、はい〜。どうぞ〜」
へむ2「ありがと(かちゃかちゃのかちゃかちゃ) んー。でも、『電池をいっぺん抜いてまた入れると一瞬だけちゃんと音が出る』な。単純に電池切れじゃね?」
ぴーす「え。あ、そ、そうなんですか?」
へむ2「電圧低下で動作不安定、つーのはよくある話ではありますので。ただ、アルカリ電池じゃからなあ。普通、そこまで電圧下がってりゃあその後すぐ完切れしそうなもんなんですけど。ま、とにかく替えてみますべ。単四ー」
まるち「はい〜。あの、はい、どうぞ〜」
へむ2「うい(かちゃちゃのちゃ) あ、やっぱり直った」
ぴーす「はわー。じゃあ、本当に電池が切れかけてただけなんですね」
猪名川「ちゅーこっちゃな。やけど、切れるんやったら素直にうんともすんとも言わんよにしてくれたらええのに」
へむ2「そうね、その方が分かりやすいですけど、でもまあそれはそれで面倒なんでしょう、多分。それより俺的には、たった三ヶ月で電池使い切ったとゆー事実の方がちょっとアレでソレなんですが」
まるち「はぁ(^^; そうですね。ですけれど、あの、単四電池でしたから〜」
ぴーす「基本的に容量が、ちょっと。ただ、はい。お坊ちゃまが毎日の様に遊んでおられた、というのも確かに〜」
猪名川「シンケンゴールド好っきゃからなあ。ボン」
カニ子「最近は、自分の事『シンケンゴールド』って呼ぶカニよね」
へむ2「呼ぶね。こっちから本名で呼びかけると、すごい不思議そうに『ボク、シンケンゴールドよ?』って返してきたりもするね」
まるち「はい〜(^^; あの、シンケンレッドさんもお好きなんですけど、ゴールドさんは、はい。もっともっと、お好きな様で〜」
へむ2「ま、男の子にはよくある事なんでえーんですけどね。さて、じゃあサカナマルが直った所で後顧の憂い無く。お祭りにれっつらごー、しますかねー」

* つ事で。まあお祭り自体はホント小さな物なんで特に何をいう事も無く。そしてボンってば、帰ってきてお風呂の中で子供用のちっちゃいプール(50cmサイズの丸い奴)を背負いながら自分の事を『カメシンケンゴールド』と呼ぶ有様。うーむ(^^;

*

へむ2「なお、『亀折神はピンクなんちゃう?』て訊いたら、『亀折神って言ってないよ? カメシンケンゴールドよ?』って返されました。いやそりゃ、確かにそれはその通りなんですけどー」
まるち「はぁ(^^;;;」
猪名川「・・・しかし、カメシンケン。一体どこから、そないな発想が」
へむ2「さぁ? 前に同じ遊びしてた時は普通に『カメさん』言うてたんですけどねー。なんにしてもホント、ボンは寿司屋が好きでございますの事よー」

* いやホンマにな(笑) そしてそーゆー状況なので、明日になったらきっと提灯侍が欲しいと言い出すに違いない、と思いつつ。今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


提灯侍大御用。

* 日曜シンケン。今日は提灯侍ダイゴヨウの登場だぜいぇっふー!Σd(>ω<)

*

へむ2「はい。という訳で定番、AI自立型サポートロボの登場でございます。前作ゴーオンの時はタイヤでしたが、今回は提灯。紛れもなく提灯。どこから見ても提灯。身体縮めて敵の攻撃避ける、とかするあたりが蝶・サイコ−☆」
まるち「はぁ(^^;;;」
猪名川「あー。まあデザインからして言うまでも無い思うけど、制作者はシンケンゴールドなー。前回のアレで寿司恐怖症になってもて、変身出来んくなったから代わりに、いう話で」
カニ子「あっさり治ってたカニけどね。結局」
へむ2「や、その辺はおじいちゃんグッジョブ、と言うべきであろー。そして提灯以外の見所としては殿様。お化け屋敷と早変わり大筒モード。特に早変わりはイカすなあ、と思たよ」
猪名川「最初は変形さすんにアレだけ苦労しとったのにな。それが今では一瞬、いうんやから強うなったで、殿様」
ぴーす「でも、それでもまだ昔のシンケンジャーさんには及ばないんですよねぇ。今回の敵の方が、あの、おっしゃいます事には」
カニ子「口三味線じゃないのカニ? あれって」
へむ2「やー。三味線する意味は無ぇ思うんで、ホントだろ。つまりどんだけ強かってん初代様、いう話で。真面目な話、初代様の力ちょっと借り受けるだけでスーパー化出来ちゃう訳じゃしなあ」
猪名川「映画な。おまけに、や。最初に作った折神が恐竜折神やった、いう事はあの時点でシンケンオーおらんかった、いう事やしなあ」
へむ2「うむ。つまり、巨大化した敵も生身でブチ殺してた、と。そういう事が推測される訳です」
まるち「はわわ(^^; はぁ、あの、はい。そ、そうなりますね」
猪名川「・・・本気でどんだけ強かったんや。初代様」
へむ2「とこまでもー。いやま、実際の所は巨大化敵には恐竜折神が単身突っ込んでって『オレ、グリムロック。とても強い』をやってたのかもしれませんが・・・・でも、恐竜折神作成前にも絶対アヤカシと戦ってるハズだしなあ。初代様」
カニ子「そうカニねー。脂目マンプクの部下にも、アヤカシの一人や二人は絶対いたハズカニよー」
へむ2「と、ゆー事で。やはり初代様は生身で一刀両断していた物と思われます。いじょ」

* そして来週は、提灯が家出。すげぇ、まさか登場二話目でいきなり家出とわ(笑)

*

へむ2「戦隊物に自我持ったロボは多いですが、ここまでアクの強い奴は初めてです。いや、俺は10年ブランクがあるんで、もしかしたら俺の知らんトコにはいたんかもしれませんが」
猪名川「いや二話目でいきなり、はさすがにおらんやろ。多分。それより、うちとしてはえー加減エンディングにゴールド入れたれや、と」
ぴーす「はいー。映画の方との連動の、エンディングが前回で終わりましたから・・・今回からは、と思っていたのですが」
カニ子「『五つの』とか歌ってるからゴールド入れれないんカニよ。歌を変えるべきじゃないカニ?」
へむ2「そうじゃのう、後期曲、とか変更してもえーんじゃないかと思わなくは無し。てぇ所で、では次。今日から放送開始のー」

* 仮面ライダーW・・・なんですが。でも、Aパートの途中でやっぱりボンが『もう見ない』と言い出したので(ぉ 途中ぶっ飛ばして、いきなり戦闘シーンをば。うわ、ルナメモリきめぇ

*

猪名川「・・・ゴムゴムの実?」
カニ子「ゴムゴムの実、カニねぇ。どう見ても」
へむ2「もしくはダルシム。て、割れたーーーー!?Σ( ̄Д ̄;)
まるち「は、はわわわわわわわ(^^;」
ぴーす「・・・わ。ほ、本当に半分ですよ? 真ん中から」
へむ2「・・・うわー。これはホントに、想定外。どこまで本気で半分ライダーなのかしら。この人たちってば」
猪名川「つーか、身体がどうなっとるんか聞きたいトコやなー。まあ、聞くんはヤボやと分かってはおるんやけど」
へむ2「うむ。さてしかし、どーした物か。俺的にはそこまで悪印象じゃあ無いっつーかそれなりに好印象なんじゃけど、ボンがなあ。来週以降、『見る』て言うてくれるかどうかが、うーん」

* さすがに、自分一人で夜にこそっと見る、つーんは嫌ですからのう。<つーかぶっちゃけ、夜はそこまで時間無し>まあ、昼に散歩に行って、おもちゃ屋寄った時にはWのおもちゃCMに結構釘付けでしたから? 『見る』て言い出す可能性もそれなりにはあるのですが・・・はてさて。ホント、どーなりますやら。

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日はここまで、また明日ー。

* ぐぅ。


ひかりサポート47。

* 朝。

* お出かけヤンマガカイジ君。坊ちゃんの小説話がようやく終わ・・・もとい、一区切り。

*

へむ2「・・・カイジ君の読んでるページが、どう見ても『本の真ん中辺』なんですが?」
猪名川「とは言え、話としては終わってもおかしゅうないあたりまでは来とるしなあ。絵的に終わってない風に見えるんは、単に間違い、いう可能性も。いやま、どっちにしたかて、まだしばらくはこの本絡みの話が続くんやけど」
カニ子「そうカニねー。坊ちゃんの自分語り開始、って感じカニー」
へむ2「ぶっちゃけ、『実話』なのは完全に想定内じゃけどうでもええ事なんじゃけどなあ。自分語りの後、ようやく今回の勝負話が動き出すのか。あるいは小説の残りの話が始まるのか。さてさて、どーなるのやら」

* もし小説の残り話があるなら、勝負話はどー考えても冬以降になりますからのう。さすがにそれは引き延ばし過ぎだろ、って感じなんで無いと信じたいトコですが・・・でも、その辺信用出来ませんからなぁ。カイジ君は(^^;

-

* 昼。

* あい。んじゃお仕事ー。

-

* 夕方。

* 帰宅。

-

* 夜。

* ん。ライアーサポーターサイト企画の、サイト一覧が出ておりますな。

*

へむ2「では、うちでもバナー掲載開始。そしてとりあえず、初手は47サイト、と」
猪名川「ソートかけれるよになっとったり、随分見やすうなったな。リスト」
へむ2「うん、やんばるさん頑張ったー、という事ですな。その頑張りに見合う様、こちらもなんか仕込みたい所ではあるのですが・・・イマイチネタが考えつかなくて、うーん。サポーターサイト募集の時からこっち、ずっと考えてはいるんですけどねぇ」
カニ子「だーかーら、とりあえずまずは積みを崩すカニよ。でもって『白光のヴァルーシア』が出たら速攻でプレイして感想を書くカニ。『感想・考察』ジャンルなんだから、それしか無いカニよ?」
へむ2「そりゃまあそうなんですが、でもそれだとゲーム出るまで何も出来る事が無いやんか」
まるち「そうですね(^^; 『プレイしてから』となりますと、はい〜」
ぴーす「発売前に出来る事は、デモや体験版の感想を書く事、くらいでしょうかー。それも、あの、素材が出てから、になりますけど」
猪名川「つか、デモ以外にも色々情報は出る訳でやな。まずはそこら辺おっかけるのが第一歩やろ。どない考えたかて」
へむ2「ま、そーなんですけどね。でもそれだけだとイマイチなんちうか、盛り上げ感に欠けるとゆーか。んー」
猪名川「はいはい。でもとりあえず、まずは第一歩をきっちりやろや。今日の更新はサポーターサイト以外に、イベント絵人物紹介、括弧CV情報含む括弧閉じる、なー」

* まあ、ネタはぼちぼち考えるといたしましょう。何も考えつかない可能性も結構高かったりいたしますが(ぉ

-

* にゅ。

* つ事で。では、今日はここまでまた明日。

* ・・・先週は寝坊しちゃったから、明日はさすがに寝坊しない様、気合れませんとにゃあ。頑張れ、明日の俺。


でんでんででんでかんとだき。

* 朝。

* ごー。今日はちゃーんと、起きましたー。

-

* 昼。

* て事でお仕事、ドタバタと。

-

* 夕方。

* 疲れを癒しにいつものコース。<電気屋&温泉>マッサージ椅子に揉まれてる時に沈没しかけた、とゆーのは疲れてるのでしょう。やはり。

-

* 夜。

* なのでとっとと寝ますべー。でもその前に、ちょっと気が向いたのでぐぐる先生。

*

へむ2「やー。先日やね、嫁と『美味しいおでんが食べたいねー』いう話をしてですな。でも、うちの近所におでん屋さんって無いのよね」
猪名川「まあ、専門店はなあ。居酒屋でおでんも出してまっせー、いうトコならいっぱいあるんやろうけど」
カニ子「『おでん屋 東京』・・・はぁ、それなりには数があるんカニね。大半は遠い所カニけど」
へむ2「うん。ぶっちゃけ東京西っ側エリアには行く気になれねぇんで、半分はいきなりアウトオブ眼中だ。あーんど、ボンを連れてくつもりなら居酒屋系は超アウトー。最低でも、ランチタイムに開いてる所で無いとなあ」
猪名川「・・・それはいきなり条件厳しすぎやなあ。基本的には酒出す店ばっかなんやし」
まるち「そうですね(^^; ええと、あの、東京駅の近くにある、『こなから』さんとかはいかがでしょうか〜? ランチメニューも、ございますし〜」
へむ2「ふむ。確かになかなか良さげ・・・ではあるけれど。やっぱ写真見る限り、『おっとなっ向きー』って感じじゃのう。うーむ」
猪名川「まあそら、基本大人相手やからなあ。あー、この『新橋 お多幸』とかいうの。なんやお持ち帰りもあるみたいやから、いっそその辺で買うて帰るだけ、いうんはどないやろ?」
へむ2「ほ、お持ち帰り? ほー。ほほー。それはいいね。確かに」
カニ子「『お多幸 お持ち帰り』・・・あ、新橋店だけじゃなくて、他の所にある店でもお持ち帰り出来るんカニね」
へむ2「ふむむむむ。じゃあまあその内、一番行きやすそうな所に行ってみっかな。で、いきなり買って帰るも良し、自分だけ一口食ってみるも良し。いつ行けるかは分かりませんが、ま、てけとーにタイミング見計らってー」

* あい。じゃあ検索も済んだ所で、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


沈没熟睡夜が明けて。

* 一日お仕事水曜日。まあでも、今週はかなり楽。

*

へむ2「だったんですが、だけどやっぱりばたんきゅー。結局日記は起きてから、とゆー」
猪名川「まあ、日記だけやけどな。寝る前に出来へんかったんて」
へむ2「うむ。ぶっちゃけ特に書くネタが無いからどうすべかなー、と思ってる内に沈没した、いうだけだったりする訳ですよ。て事でキミタチ、ネタを出しなさい。今すぐ」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ」
カニ子「今のこの会話でいいじゃないカニ。いつもだって、何も無い時は大抵こんな感じだったカニよ?」
猪名川「やな。今日もこれから仕事なんやし、素直にそれで済ませとき」
へむ2「ちぇー。ま、いいや。じゃあご飯にしましょうか、朝ご飯」
まるち「あ、はい〜(^^; すぐ、はい、ご用意いたします〜」

* はもはも。て事で今日っつーか昨日も、ここまでー。


おそらくは、今年最後の夏果実。

* 木曜日。今日は定時に終了・・・な予定が、さくっと追加で仕事が入って、結局南極夜遅く。

*

へむ2「そしてのんびり飯を食ったらもうこの時間。切ない話でごぜますのう」
まるち「はい〜(^^; あの、本当に、お疲れ様でした〜」
猪名川「ま、とりあえずデザートにスイカでも食い。スーパー閉まる直前の安売り34円カットスイカやけど」
へむ2「うむ、ありがとう。にしても何ですな、今年はあんましスイカ食わんかったですな。振り返って考えてみるに」
カニ子「そりゃ、夏が短かったからじゃないカニ? 東京はともかく、こっちは暑かったの、ほとんど『八月だけ』だったカニよー」
猪名川「ちゅーこっちゃな。おかげで何や、今年は米の出来もイマイチやとか」
へむ2「らしいねぇ。涼しいのは個人的にはえー事なんですが、食糧事情的にはちょっとアレ。もう少しこー、お天気にもバランスいうもんを考えてもらいたいトコですナー」

* とか考えつつ。明日は朝が早いので、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


男の浪漫だ秘密基地。

* 金曜日。今日も追加でプラスアルファが来たりしましたが、なんのかんのでまあ、なんとか。<定時に帰還

*

へむ2「ギリギリだったけどナー。つ事で、ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー」
あずさ「お帰り。お疲れ様(−−」
へむ2「お、あずあず。ただいま。お帰り」
あずさ「ただいま。で、アンタは何をいきなり寝坊してるのかと小一時間(−−」
へむ2「はっはっはっはっはー。や、そんな先週の話を今更おっしゃられましても、ねぇ?」
猪名川「ま、一応は反省済み、な話ではあるわな。今週はちゃんと起きたんやし」
まるち「はい〜(^^; あの、ですので、その」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。今後は気をつけなさいよ?」
へむ2「らじゃー。して、こちらで何か変わった事はありました?」
ぴーす「あ、いえ。特には」
へむ2「ん。じゃあまあボンを寝かしつけに行きますか。それが済んだら、晩ご飯ね」
カニ子「えー。先に食べてちゃ駄目カニ?」
へむ2「うん、悔しいから駄目だ。大人しく待っていたまへ居候っつーか、待ってないとのーろーうー
カニ子「むー・・・しょうがないカニねー。早く寝かしつけてくるカニよー」
へむ2「その辺はボンに言うてくれたまへ。んじゃなー」

* つ事で、ボンの寝かしつけ。最近は寝部屋でも『遊びたいー』になる事が多いんですが、まあ適当に段階ふんでクールダウンさせる事で大体いつもの時間にはぐっすりと。ちなみに、毛布を使って秘密基地を作る事も憶えましたよザ・男の子。

*

あずさ「・・・憶えたって言うか。アンタが教えたんでしょ。それって(−−」
へむ2「うん。そうですが、それが何か?」
あずさ「・・・・・・(−− まったくもー。余計な事を」
猪名川「んー。まあでも確かに、男の子やしなあ。ほっといても、いつかは勝手に憶えた思うけど」
あずさ「せめて小学校上がってからにしなさいそんなもん(−− 最低でも、幼稚園とか」
へむ2「それやともう半年後なんやから、大して変わらんやないですかー。もっとも、毛布で作ると暑いんで? 潜り込んでも、しばらくすると出てきちゃうんですけどねー」

* まあ、健全に成長してて何より。ちう所で、では今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


KRだよアカレッド。

* 土曜日。今日は雨なので、公園遊びはやめてボンの冬服お買い物。

*

へむ2「で、行って帰ってきた訳です、が」
猪名川「が? どないかしたんか?」
へむ2「が。トリガーマグナムがですな、変なデザインなのですよ」
あずさ「・・・は?」
猪名川「何なんや、いきなり。トリガーマグナムトリガーマグナム・・・ああ。半分ライダーの銃かいな」
へむ2「うむ。具体的にはこの辺の写真が分かりやすい。なんで銃身折れてんだ、つーかむしろ前後逆に持った方が安定するだろこれ、みたいな」
まるち「はぁ(^^; そうですね、ちょっと、はい。前が重そうですかと〜」
へむ2「ま、店で見てきたCMによると? 『必殺技を撃つ時』はこおの折れてる部分をかっちゃん、とまっすぐにするんで、多少はマシになるんですが。でもその時、『今現在銃口になってる部分』が斜め上を向く、とゆーこれまたちょっち歪んだフォルムにですなー。えーとどっかに写真ないか。写真」
ぴーす「あ、えと、はい。では、画像検索で・・・え、と。こちら、でしょうかー。少し、あの、ボケておりますけど」
カニ子「・・・おおーう。確かに、黒い部分が斜め上向いてるカニねぇ。なんで素直に、『青い部分に隠れる』様にしないカニ?」
猪名川「んー。それやろ思うと青い部分の上っ側に穴空けんとアカンから、ちゃうか? それはカコワルイて思たんやろ、多分」
へむ2「それがカコワルイと思えるんでしたら銃身の重心バランスももー少し考慮していただけませんかマイスター。ねぇ?」

* と、そーゆー事を考えつつ。帰ってからは、夏に放送されたボウケンジャーの映画をようやく鑑賞。左手のショベルカーがやっぱ超強ぇ、とか、勢いだけで押し切ったよアカレッド、とか。あるいはわーいゴレンジャーストームだ−。とか、そういう感想もごぜますが。

*

へむ2「うわっ! カメンライドしたーーーっ!?Σ( ̄Д ̄;)」
猪名川「・・・つーのがまあ、一番の感想かな。やっぱ。いやま、実際はカメンライドとはちゃうんやけど」
ぴーす「こちらの方が、時期がお早いですからねぇ。それに、あの、カードも使っておられませんし」
カニ子「て言うか、そもそも仮面ライダーじゃないカニよー。あえて言うなら、アカライド? カニ?」
あずさ「いや、せめてレッドライドとかに・・・それはそれでゴロが悪いわね。やっぱり」
まるち「そうですね(^^; それに、あの、『カメンライド』も、決して英語ではございませんし〜」
へむ2「うむ、やっぱ素直にアカライド。やっぱアレかのう、うん十周年特別企画のお祭りモード、となると、同じよな発想になるのかのう?」
猪名川「ま、同じ会社なんやしな。そらまあ同じ発想になるやろけど・・・やけど、やはりここは『アカライドに注目した大ショッカーが作り出したシステムがカメンライド』とか繋げるべきやないかと。ファンの妄想的に考えて」
へむ2「すごい科学的に考えて、とゆー奴ですな。まあ確かに、これを元に発展させてファイナルフォームライドを開発、とか考えればアカライドにファイナル系が無い理由付けも完璧とゆーもの。いぃぃぃやっはー!」
あずさ「何が『いぃぃぃやっはー!』なんだか(−− て言うか、無理にこじつけない」
へむ2「あずあずは少年の夢が足りなイー。ま、何にしてもやっぱ、勢いのあるもんは楽しくてヨロシ。ごちそーさまでしたー☆」

* つ事で。これにて、夏放送された戦隊物の映画は全部鑑賞。後、ちょうど今日に放送されたレスキューフォースの映画が残ってたりもするのですが・・・ま、こっちはその内こっそり見ますかね。ボンはどーも、レスキューフォースにはあんまし興味が無い様ですし。

-

* にゅ。

* あい。じゃあそーゆー事で、今日もここまでまた明日。

* ぐぅ。


家出も夜も逆光も。

* 日曜シンケン。今日は提灯侍の家出話ー。

*

へむ2「な・ん・で・す・が。一番の見所は夜の逆光名乗りシーンですかねぇ。やっぱり」
カニ子「カッコ良かったカニねー。なんであんなに都合良くライトがあるんカニか、とも思うカニけど」
猪名川「そら、黒子さんが準備したんやろ。こっそり」
ぴーす「そうですねぇ。おそらく、はいー」
あずさ「後は・・・『も』かしらね。見所、って言うか、ポイント」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、はい〜」
へむ2「はっはっはー。ピンクってば、もう、ねぇ。例のアレも相変わらず、つーかホント相手を選ばんねキミわ、ちう感じじゃし」
猪名川「ま、そーゆーキャラやからな。で、続いて半分ライダーの方やけど」
へむ2「ああ、そっちはリボルギャリーがカコ良かった。今回は感想、それ一択で良いと思う」
あずさ「ま、そうね。少し特撮・・・って言うかCG合成が安っぽいかなー、とも思わなくは無いけど」
ぴーす「ですけれど、今週はお坊ちゃまも最初から最後まで、ちゃんと見ておられましたしー。やはり、はい。アクション多めで、よろしかったのではないかとー」
へむ2「終わった後で聞いたら『楽しかった』て言うてたしの。ちう訳で、今後もこのノリでグイグイ行ってもらいたい所でごぜますなー。是非に」

* つ事で。で、今日は近所で子供御輿が出るのでそれに参加したり、それが済んだ後は夕方までばたんきゅーしたり。そんな感じで一日終了、また明日。

* ぐぅ。


再生かぷりろー。

* 朝。

* ごー。カイジ君は予定調和の坊ちゃん語り。とは言えちょっと反論されたくらいでいきなり逆上するあたり、坊ちゃんまだまだ底が浅い。

*

へむ2「ま、でもそのおかげで一気に話が進みそうな感じではあります。一応」
猪名川「一応、な。何つーか、『本番前の軽いジャブ』的空気がぷんぷんしとるんやけど」
カニ子「それに、来週はまたお休みカニよ。全然、『一気』じゃないカニー」
へむ2「いやまあ、それはそーなんですけど。でも、坊ちゃんの小説なんぞが続くよりかははるかにマシだと俺様断言。出来れば軽いジャブとは言わずに、このまま本番勝負になだれ込んでいただきたい物ですにゃー」

* さてさて。どんな物が出てきますやら。<再来週>出来ればホントに、一気勝負だといいんだけどなー。

-

* 昼。

* ぽすごと。

-

* 夕方。

* 帰宅。今日はちょい遅め。

-

* 夜。

* で。実は我が家には前からわがままカプリロが居て、でも全然使ってなかったのですが。

*

へむ2「だってバッテリー容量がえれぇ少ないんだもん。アレ」
まるち「はい〜(^^; ええと、8時間の充電で、1時間だけ。ですね」
あずさ「・・・せめて充電が4時間で済めば、ねぇ」
ぴーす「そうですねぇ。それに、あの。『充電が済んだらなるべくすぐにACアダプターを外さなければいけない』というのが、ちょっと、不便ですかとー」
へむ2「うむ。バッテリー劣化を防ぐため、なんでしょうが。なんでしょうが、でももうちょっと考えていただきたかった。と、ゆー訳で不便なので単に置物として飾ってあった、んですけど」
猪名川「やけど、ボンに見つかってもうてんな。こないだ」
へむ2「です。で、『遊びたいー』いうんで久々に充電しようかと思ったんですが、そしたらACアダプタがどこにも見つからない罠。どーも大掃除の時にうっかり捨てちゃったらしく」
あずさ「で、しょうがないんだネットオークションで落としてきた、と。無駄金よね(−−」
へむ2「や、ジャンク品落としましたから? フルセット数千円で手に入ってるんで、むしろコストパフォーマンスいいねとほめていただきたい。ちなみにうちのカプリロもちゃんと動く保証が無かったんで、最悪落としたジャンクとのニコイチを考えてたんですが・・・とりあえず、ちゃんと動いてるっぽいですね?」
まるち「はい〜(^^; 最初は、あの、エラーを出しておられましたけど、一度メモリクリアされてからは、はい〜」
ぴーす「ただ、あの。まだ動作チェックが完全には済んでおりませんので、もしかしたら、あの、どこかが」
猪名川「ま、その辺は実際に動かしてみてからやわな。つまり、充電済んでから、と」
へむ2「だからやっぱ8時間は長ぇよセニョリータ−。一応起動する以上、壊れてるとしてもせいぜいどっかの関節モーターレベルだとは思いますけどね。思いますけど、まあ、とりあえずその辺のチェックはまかせた。帰ってきてから、結果を聞かせてくだちぃ」
ぴーす「はいー。おまかせくださいー」
へむ2「ん。じゃあそーゆー事で、今日もここまでー。ちなみにライアーで『白光のヴァルーシア』情報が追加されてっから明日以降にまたチェックだぜ俺様ー」
カニ子「そんな『ついで』みたいな言い方はやめるカニー! て言うか、今すぐチェックするカニよー!!」
へむ2「うんゴメン、そんな時間も気力も既に無い。明日もまた、5時起きですからのう」

* つ事で。ほいじゃ寝るですまた明日。

* ぐぅ。


みっちりお仕事ばるしあ予約。

* 火曜日。今日もお仕事、みっちりと。

*

あずさ「お帰り。お疲れ様」
へむ2「ただいま。やーホント、疲」
カニ子「そんな事より、『白光のヴァルーシア』のFC通販受付が始まったカニよ!? さあ、さっさと予約するカニーーー!!」
へむ2「やっかましい。いやま、予約はしとくけどさあ。しとくけど、俺のセリフを遮るんじゃありません」
猪名川「ま、何にしてもホンマお疲れさん。今日はのんびり予定なハズやったのにな」
へむ2「予定はあっさり変更になるから困りますー。とりあえず、お腹空いたんで晩ご飯にしましょーか」
まるち「はい〜(^^) すぐ、はい、ご用意いたしますね」
へむ2「よろすく。じゃあまあその隙に、予約済ませときますかねー」

* ぽちっとな。では、かなーりお疲れでごぜますので。今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


今日もお磯が青画面。

* 水曜日。今日もオイソガ。

*

へむ2「とか書くと、なんかFFの魔法みたい・・・ってネタは、前に使ったっけ?」
あずさ「使ったと思うわよ(−− なんとなく記憶があるから」
へむ2「そか。ではそこからさらに発展させて、何か別のネタを生み出してみる、というのはいかがでしょう?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、別に止めないけど。でも、一人でやりなさいよ?」
へむ2「えー。手伝っていただけないんで?」
あずさ「きっぱり断る。心の底から(−−」
カニ子「て言うか、特に思いつかないカニよ。なんかあるカニ?」
まるち「はわ?(^^; あ、いえ、あの、特には〜」
猪名川「まあ、いきなり言われたかて思いつかんわなあ、そら。つーか感覚的には『オイソガ』やと無理。もうちょい変形させた上でこねくりまわして、それでギリギリ何とか、いう感じちゃうかと」
へむ2「ふぅむ。じゃあしょーがない、諦めるといたしませう。て事でとりあえず、ご飯ー」

* はもはも。で、ダラダラしてたらこの時間。途中またパソコンが青画面出したりして、ぼちぼちホントにおニューに移行せんとあきませんのう。

*

へむ2「とは言え真面目な話、『サードパーティ製のACアダプタ』がまだ出てない、つーんがあって移行はまだ無理なんですけどね。おニューパソコン」
猪名川「純正品は高いからなあ。ちょいと、数買う気にはなれへんわな」
あずさ「本体6万、ACアダプター合計3万とかいったら馬鹿だしね。さすがに(−−」
へむ2「うん。まあどーしても、てぇ事になったら規格の合う『他のメーカー用ACアダプタ』買って来てコネクタだけ付け替える、でなんとかなるんですけどね。けどまあ、もうしばらく待てば出るとは思うしなあ」
まるち「はい〜(^^; さすがに、あの、出ない、という事は無いのではないかと〜」
カニ子「でも、もう一ヶ月カニよ? 出るならとっくに出てるハズじゃないカニ?」
へむ2「そーなんですけどー。でもまあ、もうちょっとだけ待つ。で、その間にちまちま設定だけ進めとく。そんな感じでー」

* つ事で。では、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


無線プリンタEPSON系。

* 今日もみっちり木曜日。

*

へむ2「おかげで仕事以外に何も出来ない日が続いている訳ですが。でもとりあえずそれはさておき、EPSONから無線LAN内蔵のプリンタがようやく発売になる様ですね」
猪名川「ほぉ。そらタイムリー、つーか良かったなあ。こないだ買わんで」
まるち「はい〜(^^) ええと、無線LANの付いておられるのが、EP-902AEP-802APX-502Aの三機種ですね」
あずさ「んー。実売価格が安くて二万、高くて四万って感じね。正直、一番安いのでいいんじゃないかって気はするんだけど」
へむ2「うーん。でも一番安いPX-502Aは給紙カセット付いてない&インクが四色&インク詰まり低減機能が無い、と、かなり能力的に削られておりますからのう。個人的には、間を取ってEP-802Aに手を出したい所」
カニ子「そうカニねー。記事の中でも、それが一番の『おすすめモデル』ってあるカニよ」
猪名川「まあ、ネックは値段が『三万前半』いうそれだけやからな。しばらく待ってちょっと値段が落ちてから買うか、あるいはポイント使うか」
へむ2「そじゃねぇ。とは言え待った所で一万と変わってこねぇじゃろうから発売直後に買うのもアリ。いずれにしても今使ってるプリンタの調子見ながら、ちょーっとタイミングを図ってみましょかねー」

* まあ、待った甲斐はありました。ちう所で、では今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


こだわりポケットばーばりー。

* 金曜日。今週は明日まで仕事なので、帰れず。

*

へむ2「ちう訳で、この時間を利用してちょっと買い物に行ってまいりました。や、今使ってるジャケットっつーかブルゾンっつーか、とにかくそーゆー上に羽織る用の服がいよいよ本格的に壊れてきましたので」
あずさ「そりゃ、10年以上も使ってりゃあねぇ(−− 壊れもするわよ。ろくに手入れもしてないんだし」
猪名川「春夏秋と、ほとんど毎日着とるしな。もっとも、とどめになったんは『エスカレーターにファスナーが引っかかって取れた』やから? 手入れとはあんまし関係あらへんかったりもするんやけど」
へむ2「むしろろくに手入れしなくても10年保つこの耐久性をほめるべき。すごいな、バーバリーって」
カニ子「まったくカニー。でも、よくこんなブランド物持ってたカニね? 全然、イメージと合わないんカニけど」
へむ2「ほっとけ。まあもっとも、このジャケットは大学時代にうちのおかんが買ってくれた物で? 俺自身はほんの数年前までブランド物だとは知らなかった、とゆーオチが付くんですけど」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜。お母様が来られた時に話題になって、それで初めて、だったんですよね」
猪名川「・・・バーバリーチェック、有名やのにな」
へむ2「知らんがな。で、今言うた通り知らんかった訳なのですが。でもこれが、出来がえーんですよ。『裏地がほとんど無いから軽い&夏でもそれなりには涼しい』とか、『サイドポケットが斜め開きのスペースと上開きのスペースの二重構造になってる』んで手も突っ込めれば荷物も入れれるぜー、とか」
あずさ「ポケットに手を入れて歩く癖は直しなさい、とりあえず(−− て言うか、そのポケットのこだわりのせいで新しいのに買い換えられなかったんでしょ。今まで」
猪名川「ま、あんまりあらへんからな。サイドポケットがそないな二重構造になってる奴て」
へむ2「つーか本家バーバリーでも既にそーゆータイプのは生産してないっぽいぜひゃっはー! いや、同じのがあれば一番手っ取り早いよなー、と思って検索かけてはみたのですが」
あずさ「そりゃそうでしょ、10年も前のモデルなんだから(−−」
へむ2「うん。な・の・で、諦めて他のを探す訳なのですが。これが本気でなかなか無いっちゅーか、正確に言うと『薄手でそういうの』がなかなか無い。みんなそれなりに分厚かったり、裏地付きでもこもこしてたりと、もー」
カニ子「だって、もう秋カニよ? 薄いのが欲しかったら、夏前で無いと駄目カニよー」
まるち「そうですね(^^; そろそろ、あの、冬物も出始めておりますし〜」
へむ2「いーから俺の為に常に夏物は用意しておきなさいばんばん。で、結局妥協の結果裏地一枚プラスで、でもポケットはほぼ注文通りなのをしまむらで買うてきた訳です。ザ・1980円
あずさ「わー長持ちしなさそー(−− 後、せめてもう少しマシな色は無かったのかと」
へむ2「無かった(きぱ) その辺がやっぱり、しまむらしまむら。ちなみにこれを買うた後、別の店で3980円のを見つけたんですがそっちはちょい保留しておきました。一応この1980円を着てみてから考えよー、いう事で」
猪名川「せやな。さすがに、着もせんで捨てるんはどないか思うし」
カニ子「捨てる前提カニか。いきなり」
猪名川「いや、やって着ぃへん、いう事になったら、なぁ? 他に誰か着れる訳でもあらへんし」
へむ2「そじゃのう。ま、でも一応は『着続けるつもり』でチェックしてみたいと思う。出来れば来年の夏前まで保たせて、今度こそ夏用薄手をゲットだぜー、ちう事で」

* あい。じゃあ今日もここまで、また明日。

* ぐぅ。


[長月日記一覧] : 2009/09/19 : (コメントが4件あるにゅ)

やっぱり難航新ブルゾン。

* 土曜日お仕事うにゃうにゃと。で、昨日買ったブルゾンなのですが。

*

へむ2「うん。『裏地の感触がちょっと好かない』『見た目以上に暑い』『ポケットの口が小さくて財布出し入れの度にかなり四苦八苦』と、一日着ただけで問題点が続々出てですな」
猪名川「ふむ。まあやけど、『暑い』んは、なぁ。これからどんどん寒うなっていく訳やし」
あずさ「裏地も我慢しなさい(−− どうせ直接触れてるのは、腕だけでしょ」
へむ2「確かにね、その二つはねー。まだ我慢出来るんじゃけど、でも三つ目は三つ目は大変問題。ちなみにどのくれいアレかっつーと、『片手だと財布の取り出しが出来なくて、もう片方の手でポケット下から引っ張っとかないと駄目』レベル。これでは使い物になりませぬ」
まるち「そうですね(^^; ちょっと、それは、はい。不便ですかと〜」
へむ2「内ポケットが斜め開口じゃ無くて上開口なのもちょっとなー。つか、ものごっつ正直に言わせてもらうと、前のブルゾンが俺ニーズにベストマッチ過ぎだった訳ですよ。あまりにも」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「なんだあの過不足無い超素敵ぶり。アレをどっかのテーラーに持ってってオーダーメイドで同じの作ってもらおうかしらん、とか思わず思っちゃうレベル。つー訳で、とりあえずまた別のを探そう。来週まで探してめっからんかったら、例の3980円に手ぇ出す、いう事でー」

* ちう訳で、あちあちしながら帰宅。帰ってから、ネットで検索かけてみるもやっぱりえーのは見つからず。うにゅう。

*

ぴーす「・・・この時期ですからねぇ。やはり、はい」
カニ子「素直に3980円で夏前まで保たすカニよ。どーせ冬の間は着ないんだから、実質三ヶ月四ヶ月だけの我慢カニー」
あずさ「て言うか(−− だからまずポケットこだわりを無くしなさい、アンタの場合。薄い厚い関係無く、アンタの言う『ポケット二重』ってだけで、ほとんど候補が無くなるんだから」
へむ2「うじゅー。いやま、俺も最悪は斜め開きポケット無しで我慢せんとアカンかなあ、と思ってはいるんですけど。いーるーんーでーすーけーどー。うー」

* ・・・ま、とりあえずもーちょい探してみるですよ。今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


殿様ハブられチョウチンオー。

* 一日遅れの連休スタート。まあ連休なんで嫁の実家に帰ったりもする、のですが。

*

へむ2「でもその前にシンケンジャー。今週はお話的には黄色と青の学生編。おもちゃ的には侍合体チョウチンオー。いや、ダイゴヨウとシンケンオーが手足換装可能、いうんは前におもちゃの箱見て知ってはいたんですけど」
猪名川「・・・やけど、まさか単なる偶然で合体、やとは思わんかったなあ。てっきり、ゴールドがまた何か仕込んどったんかと」
へむ2「まあ、そもそも『手足換装に何か意味があるの?』って感じだったし(−− 『偶然でした』って言われた方が、よほど納得出来るっ言うか、何て言うか」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「うん。個人的にはこの換装の意味って、『冬のvsゴーオンジャー作品で炎神達と手足換装する前振りじゃね?』って深読みしてはいるんですけどねー。少なくともこれで、獅子折神無しでも合体出来るの確定した訳じゃし」
カニ子「炎神達とは相性良さそうカニよね。折神達」
ぴーす「炎神さん達の方も、はい。多少の無理でしたら、気合でなんとかしてしまいそう・・・ですしねぇ」
へむ2「ま、今の所はホント単なる深読みって言うか妄想でしかありませんけど。けど、『やりかねん』と思ってるおにーさんがここにいます。いじょ」

* ちなみに手足を換装する関係上、今回殿様はハブられ。なんつーか、実に珍しい展開でありましたー(笑)

-

* にゅ。

* で、半分ライダー見た後は里帰り、ゴー。

*

へむ2「ライダーの感想は銭投げ。そしてヒロインいらんなー。そんな感じ」
まるち「はぁ(^^;;;」
猪名川「まあ、フィリップのキャラが立ち過ぎとるからなあ。左の方もハードボイルド憧れ探偵として、きっちり立ち位置確保しとるし」
あずさ「とは言え、片方は家から出てこないし。外での話を展開するのに、まあ、いらないって事は無いでしょ。やっぱり」
カニ子「でも、ヒロイン降板になってもなんとかなるレベルカニよね。これって」
へむ2「ははははは、まあ実際降板とかは無いと思いますけどねー。メインターゲットの子供は騒動自体知らんし、お父ちゃん衆はえろに目くじら立てたりせんし」
猪名川「いや、問題は腐のつくお母ちゃん衆やねんけどな? て、まあええから行ってき。もう11時過ぎとるでー」
へむ2「おっと。んじゃまあ、行ってきまー」

* つ事で。帰りは明後日予定でございまふー。


K66着ぐるまー。

* 里帰りなう。ところで昨日、池袋通りかかった時にアムラックス寄ったらケロロ軍曹の着ぐるみ劇エコゲリオンとかやっててなんぞこれ、だった訳なのですが。

*

へむ2「ちなみにちゃんと暴走しました。ザ・原作オマージュですな」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「ただ、個人的にはだったら拘束具も外さんかい、と強く言いたい今日この頃。そしてその後、移動中に電車の中にサカナマル忘れててんやわんや、とゆー」
まるち「はい〜(^^; あの、駅員さんにお伝えして、それで、はい。次の駅で回収していただいて、事なきを得ましたけれど〜」
へむ2「ま、気ぃつけんとあきませんね、いう事で。昨日はそんな日でありました、まる」

* そして今日はムーミンの家にのんびりごー。てけとーに遊んで一日終了、また明日。

* ぐぅ。


残りわずかな銀連休。

* 連休なう。里帰りはしゅーりょー。

*

へむ2「そして帰り道、おもちゃ王国寄ってボンを遊ばせてきたおにーさんでございます。池袋からだと地下鉄三駅で、うちから行くより遙かに便がいいあたりが何つーか」
ぴーす「お帰りなさいませー。お疲れ様でしたー」
あずさ「お帰り。にしても、おもちゃ王国? 混んでたんじゃないの、今日なんか」
へむ2「んー。意外とそうでも無いって言うか。いや、確かにちょっと多めではありましたけど、普通に遊ばす分には別に問題無しっつーかそれなりに余裕ありっつーか」
猪名川「ほー。その程度なんか、混み具合て」
へむ2「うん。少なくとも、お盆の週末に比べれば遙かにマシでした。しょせんはシルバーウィーク、という事でしょうか」
ぴーす「はぁ。え、と。行楽の秋ですので、野外にお出かけになられた方の方が多かった・・・のでしょうか?」
まるち「かもしれませんね(^^; あの、東京ドームシティさんご自体は、結構混んでおられましたし〜」
へむ2「マジクエストが30分待ちとか、そんな感じでしたな。後は遊園地部分もそれなりに混雑・・・あ。て事はつまり、カップルが多かったという事ですな。家族連れよりも」
あずさ「・・・ああ。なるほど(−−」
カニ子「・・・特に理由がある訳じゃ無いカニけど、そう聞くと『おのれー』て思うカニね。なんとなく」
猪名川「はいはい、しっと団乙。で、連休はもう一日ある訳やけど。明日はどないするんー?」
へむ2「そうなあ。俺的には寝て過ごしたい所じゃけど、ボンが許してくれんじゃろー、多分。なんでまあ、朝になってからボンの意見聞いて、適当に決めるさー」

* とりあえず今日は寝ます。お休みなさい、ぐぅ。


下町激走グランプリ。

* 連休最終日。ボンがちょっと鼻風邪ひいたので、今日は遠出はせずに買い物だけ。後、先日TV放映されたレスキューフォースの映画をようやく見ましたよ・・・て、舞台は本気でまんま立石かーい。

*

猪名川「ま、同時上映のグランプリの方やけどな。舞台が立石なんは」
あずさ「・・・ああ。本社所在地なのね。タカラトミーの」
へむ2「うむ。一応漢字は変えてあるみたいじゃけど、あの溢れるザ・下町感。現地ロケじゃろ、どう考えても」
まるち「はい〜(^^; おそらくは、あの、はい〜」
ぴーす「・・・柴又帝釈天、も通りましたねぇ。あちらも、あの、間違いなくー」
へむ2「うん、帝釈天に行く途中の商店街だネ、ありゃ。なんなんだろう、この地域密着っぷり。うーわー」

* そして本編。こちらの見所は言うまでもなく世界消防庁長官。と言うか本郷猛。おーいえー☆

*

猪名川「・・・相変わらず、画面に出るだけで持ってくなあ。全部」
カニ子「て言うか、いっそ最初から自分で戦うべきじゃないカニか。世界消防庁長官」
あずさ「まあ、怪我アピールもあったし。後、さすがにお年だし。一戦で戦い続けるには、って事なんでしょ。多分」
へむ2「でも、強化服のプロトタイプ作成っつーか実験台はどう考えても長官本人がやってます本当にありがとう以下略。いやでもホント、ライダー1号だけでおにーちゃんは満足です。それ以外の見所いうと、『スーパーレスキューマックス、あの手足で武闘派!?Σ( ̄Д ̄;)』くらいでしょうか」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、はい〜」
ぴーす「・・・メインの攻撃手段が、『殴る蹴る』でしたものねぇ。ちょっと、はい、意外でしたー」
へむ2「本編見てないお兄ちゃん的には本気でサプライズでありました。あの体型だと、ビーム一斉射撃くらいしかないと思ってたんですけどねぇ」

* ちなみに必殺技はドリル。<スーパーレスキューマックス>外観はさておき、男の子心の分かったよいロボットでございますな(笑)

-

* にゅ。

* つ事で。では、連休終了明日からお仕事。うにゃっとなりながら寝るですよー。

* ぐぅ。


銀のリハビリ二日間。

* お仕事ドタバタ木曜日。まあでも実際の作業量はさておき、気分的には結構気楽。

*

へむ2「何ちうても、今週は明日でおしまいですからナ」
まるち「はい〜(^^) 明日のお仕事が終われば、また土曜日、日曜日です〜」
カニ子「どーせだったら、お休み取っときたい所だったカニね。今日と明日」
あずさ「そうね。そしたら一週間以上お休み、になってた訳だし」
へむ2「実は土曜仕事の分の代休が溜まってっから、その気になったら休めたんですけど。でも、代わりがめっからんかったちう話なのでしょーがござせん。普通に働きますわよー」
猪名川「ま、今ボンの体調も悪いしなあ。どうせ遠出出来へんねんから、そこで平日休み権消費すんのももったいないやろ」
へむ2「ですね。風邪自体は大した事無いんですが、ちょい結膜炎も併発してますしの。よその子にうつしたら悪いんで、しばらく間ボンは基本、おうちの中でござーい」

* つ事で。では、今日はここまで、また明日。

* ぐぅ。


四日で二日でまた二日。

* 金曜お仕事夕方帰宅。明日はまた、お休みですよー。

*

へむ2「とは言え、問題はボンの体調。ただいま」
ぴーす「お帰りなさいませー。はい、あの、随分良くなってはおられるんですが・・・やはり、はい。ここは大事を取って」
あずさ「ま、遠出はやめるべきよね。どう考えても」
へむ2「ですよねー。とりあえず本人の意見を聞きつつ、てけとーに近場でなんとかいたしますかぁ」
まるち「はい〜(^^; それが、はい。よろしいかと思います〜」
カニ子「て言うか、普通に公園とかでいいんじゃないカニ? 別にそれで問題無さそうカニよ?」
猪名川「せやな。風邪自体はほとんど治っとるみたいやし、結膜炎の方もしっかり手洗いさせとけば、そんなひどい事にはならんやろ」
へむ2「砂場遊びん時くらいかな、お目々ごしごしで悪化する危険がありそなんは。ちう訳で、公園行く事になったらその辺に気をつけておきまっしょー」

* でもって後はうだうだと。特に何事も無い、平和な一日でありました。

* まる。


限界気分な青画面。

* 土曜日。今日は結局、予想通りに公園へ。

*

へむ2「で、まあたんと遊ばせてきた訳ですが。外で遊ぶ時間が長いとボン、お風呂の後に『家のおもちゃで遊びたい』てゴネるんよなあ」
ぴーす「はいー。もう少し早くにおっしゃっていただければ・・・なのですが」
あずさ「て言うか、今日なんかは家出たのが遅めだったんだから。出る前に遊んどけばいいのにねぇ」
猪名川「まあ、まだ『一日の時間の割り振り』いうんが理解出来へんのやろ。なんのかんの言うても、まだ三歳やしなあ」
まるち「そうですね(^^; あの、やはり『目の前の楽しい事』にお気をとられてしまうみたいで〜」
カニ子「一日の終わりになってから、『そう言えばアレやってなかった!』て気が付くんカニよね。大体」
へむ2「うむ。まあ出なかったら出なかったで、日が暮れてから『やっぱり出たいー』って言い出すんですけどね。この辺の時間感覚が身につくのは、どの年代あたりになるのかなー」

* とか考えつつ。日記書いてたら、今日もまた青画面が出て、ぎゃーす

*

へむ2「・・・やっぱぼちぼち本気で、おニューPCに移行せんとあきませんのう」
まるち「はい〜(^^; ちょっと、あの、青画面の回数が増えてきている感じですし〜」
へむ2「実は左クリックの反応も悪くなってきてるのよな、ここ数日。とは言え、W専用のサードパーティ製ACアダプタはいまだ出てくる気配無し。うーむ」
猪名川「まあ・・・この際、ボルト数だけ合わせて買うてもうてもええんやないかと。アンペア数大きゅうても、いきなり壊れたりはせんやろ?」
へむ2「うん、普通は壊れん。俺の気分の問題として、『なんかヤじゃなー』てだけ。とは言え・・・うん。やっぱ、そうも言うてはられんかな。この調子だと」

* と、ゆー訳でネット通販、ぽちっとな。<暫定アダプタ>来週には届くでしょーから、いよいよ本気で移行作業、開始しますべぇ。もっとも、ニューPCは山形の方に置いてきてるんで、向こう行くまでは何も出来んかったりする訳なのですが(ぉ

-

* うにゅ。

* では今日はここまで。また明日。

* ぐぅ。


ハイパー殿様恐竜乱舞。

* 日曜シンケン。今回はクサレ外道衆の残党が、という事で、恐竜折神再登場。

*

猪名川「まあ、相手が誰か確認する前に恐竜ディスク出しとったから? 実は関係あらへんけどな、クサレ外道衆」
ぴーす「そうですねぇ。単に、はい。罠があるのが分かっていたので全力を出す為にディスクを持っていった、というだけですかとー」
カニ子「むしろ、何で今まで使わなかったカニか。って話カニよね。これ」
あずさ「その辺は、使いこなす為にまたモヂカラ修行が必要だったとか。そんな感じじゃない? 設定的には」
へむ2「ですよねー。なんせ恐竜ディスク使うだけでハイパーシンケンレッドになれる訳ですし。つーか力のほんの一部を借り受けるだけでスーパーよりも強くなれるてどんだけ強かったんですか初代様。いう話で。そりゃあ、殿様も画面に映らない所ですごい修行が必要だった事でしょう。ええ、そりゃもう」
猪名川「と、納得しとくんが人の道、いう所ではあるな。にしても何やなー、マジで強いな、恐竜丸。本気で殿様無双やったで、今回」
まるち「そうですね(^^) それに、あの、名乗りのシーンですとか、格好良かったです〜」
へむ2「うん、見栄切りにしてもカメラワークにしても、さらに一段とこなれてきた感じで大変グッド。ゴーオンの時とはまた違うベクトルで、『スタッフさんノリノリやなー』と感じさせてくれる良い映像でありました。まる」

* でもって半分ライダー。こちらは、今回初めて作中で『仮面ライダー』の呼称が出てきたり。あーそう言えば、今までは単に『ダブル』としか言ってませんでしたねぇ。

*

猪名川「なるほど。世間が『謎のヒーロー』に対して付けた仮称が『仮面ライダー』なんやな」
へむ2「うむ、むしろ原点回帰風味で俺様的には好感触だと言えましょう。そして今回、ちょっと思ったんですが。今回、敵のボス級がえらいFFチックですね?」
あずさ「あー。言われれば、確かに。ファイナルファンタジーに出てきそうなデザインよね、特に長女とか」
カニ子「・・・全体攻撃とか、嫌らしい攻撃してくるタイプカニね。きっと」
猪名川「加えて状態異常もオプションでプレゼント、やな。多分」
へむ2「だよねー。ま、何にしても結構面白いですよ、ダブル。日記に表記するにあたって、『W』一文字だと見にくいしかと言ってカタカナで『ダブル』だとイマイチ垢抜けないし、というのが最大の問題点ではございますが」
まるち「はわ(^^; はぁ。えっと、あの、もしかして、ですからずっと、『半分ライダー』さんと?」
へむ2「うん。それが一番個人的に落ち着く書き方なのれす。とは言えいつまでもその表記もアレなので・・・まあ、『ダブル』って書くかなあ。来週からは」

* と、決めた所で今日はここまで。明日からは通常業務秋の陣。うにゃー気分でありますな。

* ぐぅ。


青の呪いが深化中。

* 朝。

* うにゃうにゃゴーの、カイジ君。あ、やっぱ本筋とは別のちんまい勝負でやんの。<今週から始まる奴

*

へむ2「・・・これで冬突入は確定か。モノホン勝負が動き出すの」
まるち「そうですね(^^; あの、最低でも六週間は、このお話が続くでしょうし〜」
猪名川「六週間、いうか休み入るから八週間やわな。二ヶ月」
へむ2「真面目な話、ぼっちゃんの主張は『人間ってそういう物』。カイジ君の主張は『そういう人もいるけどそうじゃない人もいる』じゃからなー。この勝負でカイジ君の意見を証明する事は可能でも、ぼっちゃんの意見を証明する事は出来ねぇぞ?」
あずさ「・・・よねぇ。この勝負の結果がアレでも、実際カイジ君は前に『そうじゃない人』に会ってる訳だし」
カニ子「そうカニよねー。負けたって変えないカニよね、意見」
へむ2「つまりそもそも無意味な訳だ。だからこんなもんは飛ばしてさっさと本編進めなさいと。もー」

* もー。困ったもんでございます。

-

* 昼。

* ぽ仕事。

-

* 夕方。

* 帰宅。

-

* 夜。

* 今日も今日とて青画面。あーんど、今日は再起動途中に固まる、とゆーおまけ付き。

*

へむ2「・・・ふぅ」
ぴーす「・・・本当に、はい。ちょっと、あの、限界を、感じますね」
猪名川「まあ、もっぺん再起動でとりあえず復活はしたんやし、まだマシやろー。とりあえず向こう行ったら、速攻設定済まし。新しい方」
へむ2「うん。とりあえず入れとくべきソフトの最新版を今の内にDLしておいて。明日明後日、さくっとインスト出来るよにしておきますべーよ」

* ああ、後、ドライバのたぐいも準備しときませんとな。最近は使うソフト類も大分減ったとは言え、やっぱおニューの準備は色々メンドくさくはございます。うにゅ。


えこえこEdyぷれぜんつ。

* 火曜日どたばた。でまあ、それはさておいて。

*

へむ2「先日書類送ったエコポイントのですな。Edyへの交換処理が、どうやら無事に完了したよーですよ?」
あずさ「へぇ。確か、八月の末くらいに書類不備で一回返ってきてたから・・・」
カニ子「そこから一ヶ月。お役所仕事にしては、意外と早かったカニねー」
へむ2「うむ。まあ正確に言うと、実は先週の段階でEdyに交換する人はサイトにログインして追加処理してね』つーメールが来てたりしますので。お役所仕事はそこまでの三週間。残り一週間はEdyに情報が渡ってからの処理、とゆー事ですな」
まるち「はい〜(^^) ええと、確か二万円分、交換されたんですよね」
へむ2「です。まあ手数料に100円引かれるんで実際には19900ですけど。まあでも、とりあえず臨時収入。さて、なーんに使いましょうかねー」

* もっとも、『完全に俺個人の小遣い』とゆー訳じゃあ無いので?<家電購入のおまけである事を考えると>出来れば家族で使える物系。もしくはボンのおもちゃ系を買うべきではあるのでしょうが・・・んー。約二万円。イ・マ・イ・チ、ぱっとひらめく物が無いですにゃー。

*

あずさ「まあ、奥さんと相談して決めれば? 別に急ぐ話でもないんだし」
へむ2「そうですにゃー。て、あ。いかん、そーいや夜の電話した時、ついでにその話もしようかと思ってたんだ。100%忘れてたけど」
まるち「はぁ(^^; あの、ですけれど、はい〜。明日もまた、お電話される訳ですから〜」
猪名川「ま、忘れんかったらそん時やっとき、いう話やわな。忘れんかったら」
へむ2「忘れそうじゃなー。ま、いいや。極力忘れない様に努力をしつつ、まずはヨドのサイトでも覗いて、欲しいもん探しますべー」

* て事でうだうだしつつ、今日はここまでまた明日。

* ぐぅ。


蒸気のチカラ、蒼と白。

* ぎっちりお仕事水曜日。まあでも、それはさておいて。

*

へむ2「ライアーソフトで。『蒼天のセレナリア』のDL販売が始まりましたな」
あずさ「もうダウンロード版が出たのね。時間が経つのは、早いわねぇ」
猪名川「三年やからな、いつの間にやら。とは言え、追加要素は何も無し、いう事やから・・・」
カニ子「パッケージ版持ってる人は、特に買う意味無いカニね。代わりに、追加要素のある『ぼーん・ふりーくす!』DL版を買うといいと思うカニ!」
へむ2「いや、そっち買いたい人はもうとっくに買ってっだろ、多分。しかしなあ、DL版で『パッケージ版からの追加要素がある』のは腐り姫ぼんふりだけ、とゆーのは一体どういう状況だ。つーか無駄に優遇されとらんか、ぼんふり
カニ子「それだけ人気があるって事カニ!Σd(>ω<) 多分!!」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。あえて、突っ込まないけど」
へむ2「はっはっは、夢想が過ぎるな、カニ子は」
猪名川「ま、夢見るんは悪い事ちゃうしな。とりあえずカニ子には夢の中で遊んどいてもろうて、その間に次の話題、いこか」
へむ2「おう、もう一個ライアー。『白光のヴァルーシア』のでもむびが出ましたよ。綺麗系のムービーですが、おにーちゃん的にはちょっと不満かな」
まるち「はわ? あ、そ、そうなんですか?(^^;」
へむ2「うん。だっておめ、このムービーを予備知識無く見たとして。蒸気の力を感じ取る事が出来るかね?」
猪名川「あー。そら無理やな、確かに」
へむ2「まあ、舞台が未知世界側ですから? 蒸気色が薄いのは仕方の無い事なんですけど。仕方の無い事なんですけど、でもやっぱり少々不満です。ワタクシ」
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜」
へむ2「改めて振り返ってみるに、そして蒸気的に考えて、蒸気王は実に良い絵ヅラでごぜました(しみじみ) 彼に匹敵するインパクトのキャラなりアイテムなりが出てきてくれる事を、おにーちゃんは切に望むものでありますよー」

* とか考えつつ。おニューPCの設定をぽちぽち進めて、ついでにデータの転送も開始。転送には時間かかるのも見えてるんで、指示だけ出してパソコンには働いててもらいつつ。私ゃ寝るですまた明日。

* ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]