まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



迷路の様な毎日を。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


ナンゴックくりやー。

* 今日はちっくらお出かけお仕事。1時間半車にゆられてよそに出向、んで2時間働いてからまた1時間半かけて帰ってくる、と。

*

へむ2「とゆー訳で。実働はあくまで2時間なのですが、傍目にはなんとなく丸一日働いていたよーに見えるおにーさんが今、帰ってきましたよー?」
まるち「はい〜(^^) お帰りなさいませ、ご主人様。お疲れさまでした〜」
へむ2「うん。いやまあ、疲れちゃいないんだけどな?」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。それでは、あの、ええと〜」
あずさ「や、真面目に対応しなくていいから、そんなの(−− て言うか、アンタも帰ってくるなり人を混乱させて喜んでんじゃないわよ」
へむ2「別に喜んでる訳でも無いんですけどねぇ。ま、いいや。とりあえず、これで今日のお仕事は全部終わったのでー」

* いつもの様にえろげ、『南国ドミニオン』。実は昨日の時点で各キャラの個別エンドは全部見てあったりするので、後はそれ以外のエンドを見るだけなのですが。

*

へむ2「・・・メンドくせぇんだよなあ、それが」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。ちょっち攻略サイトその他で調べてみた所、『情報値』って奴を高めないと『全員で脱出エンド』は見れないのな。で、その必要な情報値を、後最低でも400くらいは貯めないとダメらしい」
まるち「はわ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・で。その情報値って、一回の行動でどれくらい貯まるの?」
へむ2「そうなあ。一回で、つーか一日で5から10、って感じ?」
あずさ「て事は、後40日から80日? なんだ、それくらいだったら・・・」
へむ2「うん。でもね、それ以外にもおまけえろシーンを見ようと思うとまた別の情報値が必要だったりする訳で。最終的には100何十日か必要になるよね、って感じー」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、確かに、ちょっと大変そうですね」
へむ2「いやま、何とかはなるんだけどさあ・・・でも、ちょっちこー同じ事の繰り返しが辛いっつーか何つーか。うにゅー」

* とか悩みつつ、まあでもとにかくふにふに進めて・・・と、およ? おひょ? おお。わぁい、スライム姦だー☆

*

へむ2「・・・俺は今、投げ出さずにプレイ続けて本当に良かった、と、そう思っている。心の底から」
まるち「はぁ(^^; あの、はぁ。ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「さて。じゃあスライム姦見て元気になったので、頑張って続けますかにょう。ファイトぉ、俺」
まるち「はぁ(^^;;; はい、あの、が、頑張ってください〜」

* で、だらだら続けてエンディング制覇、と。アイテムとかHシーンとかは全部回収出来てないんですけど・・・ま、いいや。コンプ印つけて、ここまでー。

*

へむ2「ラスト総括。まあ何ですなあ、一言で言うと情報値と功績値の持ち越しがしたかったな、てぇ所ですか。スキルは持ち越せるんですけど、でも、それだけだとやっぱり序盤が、ねぇ」
あずさ「そうねぇ。最初はどうしても功績値上げてある程度ランク上げないと、食料集めとか大変だもんねぇ」
へむ2「うん。正直、このシステムだと繰り返しプレイよか『適当な所でセーブしてそっから分岐』の方が遙かに楽です。ヒロインも、全員同時攻略出来ますしねぇ」

* ちう訳で、ちと残念でした。それなりにはのへのへと楽しみつつプレイはしたのですが、もー一息。具体的にはそれこそ上で書いた『功績値の持ち越し』だけでもいいんでそういう繰り返しプレイ向きの要素を入れて欲しかったですにゃあ。

-

* にゅ。

* じゃ、とりあえずクリア出来た所で今日はここまで。後はさくっとぐるっておしまいですにょ。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。頑張ってますなあ、広報娘さん。

*

へむ2「とゆー訳で制作陣の皆さんも一度くらいは頑張って応えてあげるべきでないかと思う訳ですが、まあでもしかし、今忙しいのも多分間違い無く事実ですからにゃあ」
まるち「そうですね(^^; ええと、後一月半くらい、でしょうか〜」
へむ2「うん。発売予定日が7/29だから、マスターアップまではそれくらいでしょう。メーカー通販始めるくらいなんだから順調なんだとは思いますが・・・でも、『メールマガジンにコメント載せる余裕が無い』くらいにはせっぱ詰まってるのも見てとれる訳で。まあ、とにかく。頑張れー」

* 後、狂い咲き関連で一つ。げっちゅ屋情報に、『まだおひさるで出てない』CGが4枚ほど出ております。うむ、目隠しはそれだけでえろてぃくー。ナイス(笑)

-

* にゅにゅ。

* んであ、この辺で。寝ーるでーすよー。


神竜撃破。

* 今日は特にはお仕事無し。て事で、昼は久々に本屋をのんびり歩いてみたり。

*

へむ2「おや、サンデーGXに椎名高志先生の新作が」
あずさ「え? あらホント。久しぶりねぇ、サンデーで見るの」
へむ2「そですなぁ(ぱらぱら) ふむ、ホームズで吸血鬼物、ピート君のゲスト出演もありますよ。そしてヒロインはロリ、と。なるほどなるほど」
まるち「はわ(^^;」
あずさ「・・・何故そこを強調する?(−−」
へむ2「いや何となく。まあしかし、何ですなあ。椎名先生の漫画は相変わらず面白いと思うのですが、最近はとんと連載作品が見れなくておにーさん欲求不満。読み切りとか短期集中連載とかばっかですからにゃあ」
まるち「あ、でもご主人様〜(^^) 今年はあの、新しく連載なさるそうですよ?」
へむ2「ほえ? あ、そうなの?」
まるち「はい〜(^^) えっと、ご本人のサイトさんで、色々と〜」
あずさ「ふぅん? ああ、ホントね。『絶対可憐チルドレン』が今年の春に・・・て、今年の春?」
へむ2「何? 『絶対可憐チルドレン』? サイトの方はチェックしてなかったけど、そんな話になってたのかひゃっほう!
あずさ「あ、いや。だから、春って・・・もう、過ぎてない?」
まるち「はぁ(^^; あの、ええと、随分難航なさっておられる様で、連載開始がいつなのかは、ちょっと〜」
へむ2「なに、今年中に始まってくれりゃあお兄さん的にはオッケーだ。つか、あれが復活するっつーだけで大万歳。ところで『大万歳』って、『DAI-BAN-ZAI』とか書くと間違ったアジアっぽくて良いと思いませんか?」
あずさ「うん、その『思考と口を直結させて思った事全部しゃべっちゃう癖』は直しなさい。今すぐ。て言うか、間違ったアジアって何よ(−−」
へむ2「サイバーパンクとかに出てくる変なニッポンとかその辺の事ですがー。ま、でもそれは置いといて。楽しみですなあ、チルドレンの復活☆」

* で、夜。今度は久方ぶりに、ファイナルファンタジー5なんぞを立ち上げて遊んでみたり。

*

へむ2「とりあえず、現在位置はオメガ様のいる場所。そしてレベルは51。ぶっちゃけ、これでは勝てねぇなあ、と思う訳です」
まるち「はぁ(^^; そうですね、オメガさんはあの、お強いですし〜」
へむ2「ちうっかスピードで完全に負けてるあたりがどーにもこー(ぶつぶつ) しょーがないのでまあ、ストーリーを進めようかと思います。次元城クリアしてラストフロアのあたりまでー」
あずさ「・・・そこまで行くんだったら、素直にエクスデス倒して終わっちゃいなさいよ(−−」
へむ2「。まあでも、代わりに神竜は倒しておこーかと思います。奴はこー、珊瑚の指輪と飛竜の槍さえしとけばそんなに大した敵じゃあないですからにゃー」

* いやホント。<大した敵じゃ無い>レベル2オールドとかレベル3フレアとか使ってくるんでレベルの調整は必要ですけど、それさえ済んでいればかなり楽勝なんですよね、彼(笑)

*

へむ2「ちう訳で、あい、撃破っと。まあこんなもんだよな、しょせん神竜だし」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・しょせんとか言うし(−−」
へむ2「だってねぇ。オメガ様に比べれば、すっごいこー、ね。てゆっか、神竜に勝ててもオメガ様には勝てない俺様がいと悲し。にゅう、まだまだ修行が足りませんなあ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ラストフロアの敵は経験値落とさんしなあ。しょーがないから、次元城まで戻って経験値稼ぎしますカー」
あずさ「・・・だから、もうクリアしちゃいなさいと何度も(−−」
へむ2「何度言われても嫌なもんはいーやー。オメガ様倒さん限り、俺のFF5は終わらないのさー」
あずさ「・・・・・・(−− はぁ。まったく、もう」

* と、ゆーあたりで今日はここまで。んじゃ、最後ぐるってお終いです。

* hueうぇぶいろもん。もう日付が変わって6/3、とゆー訳で冴子先生@特命教師瞳お誕生日おめでとー、なトップ絵メッセージが。うい、先生、おめでとー☆

-

* エスクード。『英雄×魔王』の修正パッチ公開。とりあえずそんな大きい修正では無い様ですが、まあ当てといた方が良いでしょー。つか、当てとけー。>俺

-

* にゅ。

* ほいであ、ぐるも終わったので寝るです。お休みなさぐー。


世の中って想像以上だー。

* えー。まあ何と言いますか、おにーちゃんはこー、前々から『電脳警察サイバーコップ』のLDボックスを捜してまして。いや、ボックスの1は持ってるんですけどね? 2が手元に無くってー。

*

へむ2「で、まあそーゆー時はやふおくかのう、とゆー事で、サイバーコップ関連の出品があったら自動通知して貰えるよう、設定してある訳です」
あずさ「大概、外れだけどね。フィギュアとか、CDとか」
へむ2「うん。まあでも、それはしょうがないよねって思うの。だから、のんびり構えてた訳ですがー」

* 訳ですが。今日来た通知メールに、こんなのが。

『タイトル: 電脳警察サイバーコップ全話DVD全3巻』

* ・・・えーと。

DVD、出てたのカーッ!?
Σ( ̄ロ ̄;)

* うーわー。こげなもん絶対DVDにゃならねぇよなあ、って思ってたのに。世の中、ホントに想像以上だー(^^;

*

へむ2「とゆー訳で、これ。1巻の発売日が2005年の1月21日だそーなので、ホントに最近出たばっかなんですなあ」
まるち「そうですね(^^; でも、あの、良かったじゃありませんか〜」
へむ2「うむ。であさっそくAmazonで注文を・・・と、思ったんですがまあ、その前に秋葉行きますか」
あずさ「そうね。どうせ買うんだったら安い方がいいし、あっち見てからでも問題無いでしょ」
へむ2「うい。であ、土曜なり日曜なりに捜しに行く、とゆー事でー」

* ちう事で。しかし何ですなあ、これで我が家のLDプレイヤーの存在価値がさらに下落する事に。つか、引っ越してからこっち本気で一度もLDプレイヤー立ち上げとらんのですが、さて、どーした物やら(笑)

-

* にゅ。

* とか悩みつつ、まあそれはさておき一日ドタバタ働いて、夕方東京帰還。あい、今週も一週間よく働きましたー。>俺

*

へむ2「で、だ。今日は6月最初の金曜日。なんで、ぼちぼち今月のえろげ購入検討やっとかんとあきませんね」
まるち「そうですね(^^) では、あの、まずは先月のまとめから〜」
へむ2「うい。とーりーあーえーず」

* 先月は、これだけえろげを買いました。計3本。

* そして先月・・・は、えろげ買ってないので、先々月までと合わせて、これで今年の購入本数は計10本。つまりきっちり、月2本なペース。うにゅう。

*

へむ2「・・・少ねぇ」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「いいのよ、少なくって(−−」
へむ2「にゃー。良くないっておにーさん思う。思うけど、まあでもそれは置いといて購入えろげの中からは『侵蝕 〜淫魔の生贄〜』だけプレイ完了。後、積みの方から『メタモルファンタジーSP』『南国ドミニオン』と崩しましたのでー」

* 現在の積みはこんな感じー。

* 中身の入れ替わりはありますが、本数自体は変わらず5本。まあ、なんとかノルマクリアー、ですな。

*

へむ2「て事で。おけ?」
あずさ「はいはい(−− オーケーよ」
へむ2「じゃ、続いて今月の購入予定ー。今月は、最終週まで買うもんありませんー」

* ちう訳で、途中飛ばしていきなり6/24発売物。

* あやかしびとpropeller

* 音楽がファクトリーノイズだとかネタが人外だとかライターさん及び酒飲みの人がアレげでナイスだ(マテ とか色々理由はありますが、まあとりあえず結構気に入ってるので買う事に。後は和姦成分よか陵辱成分が多い事を祈るだけでございます。や、多分祈っても無駄だろなー、とゆーのも分かってはいるのですが(笑)

-

* 桜華キャリエール

* こっちは、素直に心輝桜が好きだから』とゆー事で。一つだけ、なんで静ねぇのキャラデザが変わってんだコンチクショウ、とゆー不満が無いでも無いのですが・・・ま、しょーがありませんやね、その辺は。

-

* いじょ。

*

へむ2「ちう訳で、今月は2本だけ購入予定ー。ああちくしょう、月平均が2本のまんまでちっとも増えねーっ!!」
まるち「はわ(^^; はぁ。あの、ですけど、無理にお増やしになる事も〜」
あずさ「て言うか、積極的に増やすな(−−メ むしろ減らしなさい、もっと」
へむ2「心の底から断る。いやむしろ、その意見とは断固として戦わせていただく。世の中、『数をこなして経験を積む事で初めて見えてくる物』があるのだ、とゆー事実を心に刻んでいただきたい」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− そりゃまあ、それ自体は否定しないけど。だけどアンタ、そのベクトルをもっと別の方向に、って言うだけ無駄ね。多分」
へむ2「うん」
あずさ「・・・はぁ(−− まあ、好きにしなさい。増やしたいなら増やしてもいいけど、無理して後で困るのはアンタなんだからね」
へむ2「うい。まあ実際、ここで無理して7月分買えなくなるのは問題ですからにゃー。無理は、しないです事よー」

* で、今月購入分も(先月に引き続き)全部メーカー通販申し込み済み、っと。最近、なんか店でえろげを買ってませんにゃあ、おにーさん。

-

* にゅにゅ。

* じゃ、最後ぐるー。

* TOUCHABLE、随分久しぶりに4コマ激情更新。新作の『侵蝕』ネタで・・・はっ! ゲーム本編よりも善人だ!!(笑)<メインヒロイン

*

へむ2「本編だとこー。『死んじゃうくらい気持ちよかったんだ・・・いいなあ』とか言いだしかねんキャラですからな。アレ」
まるち「はわ(^^; そ、そ、そうなんですか?」
あずさ「・・・いや、『いいなあ』ってアンタ(−−」
へむ2「や、実際ゲーム後半は本気でそーゆーキャラなんだってば、アレ。そしてそーゆー所が魅力な訳ですよー」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− 何なんだか、もう」

* ちなみに幻夢も本編より善人ですな。本編だとあれくらいは爽やかに見捨てますから、多分(笑)

-

* にゅにゅにゅ。

* ほであ。今日もここまで、お休みです。明日は休日なんで、ぐーぐー寝るですよー。

* お休みなさい。ぐぅ。


ミラクル・バルサス・ルルルルル。

* とか書くと、なんかどっかの魔女っ娘の呪文みたいですが。実際にはとても単純に、『サイバーコップDVD買ってきたぞー』及び『バルサスの要塞も出てたから買ったぞー』とゆー、それだけの事でございます。

*

あずさ「・・・・・・(−− まあ、色々言いたい事は無いでもないけど。とりあえず」
へむ2「ほいな。とりあえず?」
あずさ「最後の『ルルルルル』は一体どこから来たのか、説明してみなさい(−−」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「ほら。説明してみなさいよ、とっとと(−−」
へむ2「・・・えー。一緒に買ってきた、『ロール&ロール』の『る』?」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「・・・すみません。私が悪ぅございましたm(_ _)m て、いや、よく考えたら別に謝る事でも無い様なー?」
あずさ「そうね、謝る事じゃないわね(−− でも、私の気が晴れたからそれでオッケー」
へむ2「うわ、なんかすっごい納得のいかないセリフをー。ま、でもいいや、とりあえず買いたいもん買って、おにーさん今日は幸せですにょ、とゆー事で」

* で、家帰ってから久しぶりに『インサイダーズ』始めたら、これまで詰まってた所がさらっとクリア出来てあらビックリ。でも、そのちょっと先でもっと大ハマリしてうぎゃあ

*

へむ2「・・・かっしいなあ。VRAMのビザってのはどこで手に入るんだ? クシの持ち主が誰か、つーんは聞いたしー。取説のヒント集によると、その辺で手に入る筈なのになあ」
まるち「はぁ(^^; ひょっとして、あの、夜では進まない、という事は〜」
へむ2「えー。それはあり得ないって思う・・・思う・・・思うんじゃけど。にゅう。もしそうだったらまた最初からやり直さないといけないですよ?」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、そうなんですけど〜」
へむ2「多分、俺が見落としてる所になんかあんのよ。それは間違い無くそうだって思うんじゃけど・・・にゅ〜〜〜★」
あずさ「あー(−− まあ、とりあえず。今日は寝なさい、アンタ。もう4時よ?」
へむ2「明日は休みだから平気ー」
あずさ「・・・・・・(−−メ 寝なさい。今すぐ。て言うか、寝ないんだったら殴って寝かすわよ?」
へむ2「うにゃー! でもでもでもー!!」
あずさ「寝・な・さ・い(−−メ いいから」
へむ2「・・・うじゅ〜。あうー、もーやーもーやーすーるー」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、あの、やっぱりあまり夜更かしなさるのは〜」
へむ2「分かったよう、寝るよう。でも・・・あうー。何が悪いんだかー?」

* 最初からやりなおすのはさすがに避けたいので、原因は俺の見落としだ、とゆー事にしておきたいのですが。<VRAMビザめっかんない>でも、それならそれで、ホントに一体どこなんだか。にゅう。

-

* と、悩みつつ。まあとりあえず寝るです。お休みなさいですにょー。


到着・ロム古王国。

* 今日は日曜、お休みです。て事で、昨日に引き続き『インサイダーズ』を。

*

へむ2「で、お兄さん一晩寝て考えたんですけどね? やっぱり、ビザは基盤町で手に入る筈なんですよ」
まるち「はぁ(^^; やっぱり、あの、そうなんですか?」
へむ2「どう考えても、そうです。そもそもソフトウェア世界に旅立つ時のビザだって基盤町で貰ったんですし。VRAMへのビザも、やっぱりここで手に入るのが筋だと思うのです」
あずさ「う〜〜ん・・・でも実際、手に入ってないじゃない?」
へむ2「うん。だからですね、お兄ちゃんはちょっと考えたんです。ソフトウェア世界へのビザは、普通のRAMから貰いましたよね?」
あずさ「・・・え〜〜〜と」
まるち「すみません〜(^^; あの、随分前の事ですので、ちょっと、あの、その辺は〜」
あずさ「ゴメン。全然憶えてない」
へむ2「・・・おにょれ。まあとにかく、普通のRAM用LSIから貰ったんですよ。なら、VRAM世界へのビザはVRAM用のLSIが持ってると思いません?」
あずさ「あ」
まるち「はわ(^^; そ、そうですね。そう言われれば〜」
へむ2「だからですなー。まだ俺が行ってないLSI。入り口にロックがかかってるそいつらを片っ端から開ければなんとかなるんでないかと」
まるち「なるほど〜(^^) そうですね、確かに〜」
あずさ「・・・て。でも、ロック、どうやって外すのよ?」
へむ2「うん。その辺はこー、基盤町本気で隅から隅まで歩いてみればなんかめっかるんじゃないかと思う。てゆーか、よく考えたらおにーちゃん、スニーカー手に入れてから一度も基盤町に戻ってなかったんですよね。今まで」
あずさ「・・・あ。そっか、スニーカーがあれば壁越え出来るから、行ける場所増えてる筈よね、きっと」
へむ2「うん。つー訳で、ごー。端から端まで、あーるーくー

* で、歩いた結果、無事ビザを手に入れる事に成功。俺様万歳

*

へむ2「まあ、場所はVRAMじゃあ無くてちょい別の場所でしたが。しかしアレですな、3人の女王が1人にかさなって白女王にとゆーくだり、思わず涙がちょちょぎれますな」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・なんでよ?」
へむ2「なんでって。そりゃああた、『ああRGBで白なんだなー』とか、『そうかー、初代9801だからVRAMは4プレーンじゃなくて3プレーンなんだな』、とか。特に後半なぞ、懐かしすぎて懐かしすぎてもー。アナログ16色じゃ無くてデジタル8色なんですよ!?」
あずさ「・・・とか言われても。分かんないわよ、そんなの」
へむ2「分かれや。まあとりあえず、これにてホントにビザ騒動、しゅーりょー」

* んで。このビザ騒動の間におにーちゃんのキャラ、SPEED値(強さの値だと思ってください)が8000から21000まで上がってたので。その後がすっげー楽で楽でうひょひょひょひょ(笑) つ事で、もうさくさくーっとロム古王国まで到着れす。

*

へむ2「ま、でも今日のところはここまでですな。もう遅いし」
まるち「そうですね(^^; 明日も、あの、お仕事ですから〜」
あずさ「寝なさい。とっとと(−−」
へむ2「うい。であ、そーゆー事でー」

* やー。今日は昨日と違って、ぐっすり眠れそうですよー☆ て事でとっても心地よく、お休みなさいですにょー♪


さよなら98世界。

* あさー。

* お出かけー。ヤンマガー。カイジ君ー。

*

へむ2「うむ。相手とこっちの残り牌、及びカイジ君の捨て牌選択から考えるに、山場は14巡目ですな」
あずさ「そうね。そこで相手が六萬切ればカイジ君の負け、二萬か八萬ならカイジ君の勝ち、と」
へむ2「まあ、負けるよな。以上」
まるち「はわ(^^;;; いえ、あの、ですから、まだそう決まった訳では〜」
へむ2「こーゆー話の流れでカイジ君が勝てた事って無いと思う。ま、でも、まるちがそう言うならとりあえず、来週を待ちましょーか」

* や、絶対負けると思ってるんですけどね、俺(笑)<カイジ君>しかしまあ、どーなりますやら。

-

* ひるー。

* お仕事ー。働けー。

-

* ゆうがたー。

* あい。『インサイダーズ』、無事くりやー☆

*

へむ2「あー、楽しかった♪」
まるち「お疲れさまでした〜(^^) あ、お茶をどうぞ〜」
へむ2「うい、さんきーう。や、しかし何ですねぇ。昔のゲームですけど、楽しいですねぇ。これ」
あずさ「そう? 私から見てると・・・何て言うか、いつも経験値稼ぎに追われてた様に見えたんだけど?」
へむ2「ん、まあそりゃ追われてはいましたけどね。でも、謎を解く過程が凄くよくってねぇ。特に『テキストVRAMの謎』なんて、むっちゃくちゃ秀逸ですよ? いや、ネタバレになるんで詳しくは言いませんが」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、あの、随分お楽しみになられた様で〜。良かったです〜」
へむ2「ういうい、楽しみましたよー☆ ま、でもそれもここまで。さよならPC-9801の中の世界。おにーちゃんわわわわわ〜。現実世界ににににに〜。も〜ど〜る〜で〜す〜よ〜」

* とゆー訳で、随分長い事かかりましたが無事クリア。<『インサイダーズ』>や、ホント楽しかったですよ〜♪

-

* よるー。

* んじゃ、ここ数日分まとめてぐる・・・と、言いたい所ですが特にこー、言及する事も無い様な。や、TOUCHABLEで『侵蝕』のちょっとだけ機能追加パッチが出ましたにょ、とかソフトハウスキャラで『ダンシング・クレイジーズ』の発売日が告知されました(9/9だそーで)、とかあらEMU死んだですよ? とかはあるんですが(ぉ、まあどれもこれも深く追求する必要は無いよーな。てゆーか、とりあえず最後の一つに合掌

*

へむ2「まあ・・・ねぇ」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「諸行無常よね。世の中(−−」
へむ2「ですなあ。つ事で、やっぱひいきのメーカーさんは潰れない様に複数買いをデフォ、とゆー事で」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− それについては色々言いたい事もあるけど。とりあえず、言っても聞かないだろうから言わない」
へむ2「ご理解頂き恐悦至極ー。ま、でもホント、頑張れえろげ屋さんの中の人ー」

* ・・・と、ああ。それはさておき話を戻して『ダンシング・クレイジーズ』。発売日告知だけかと思ったらCGも公開されとりますな。半脱ぎ陵辱系がそれなりに多そうな気配で、おにーさんちょと嬉しい(笑)

-

* にゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


[水無日記一覧] : 2005/06/07 : (コメントが2件あるにゅ)

兄メカ。

* 今日はお仕事特に無し。と、言っても明日の仕事は朝からで、朝イチのひこーきで行くと間に合わなかったりしますので。

*

へむ2「夕方のひこーきでとっとと向こうに行っておく事にするのです。あ、でもその前に秋葉寄りましょーね?」
まるち「はい〜(^^) では、あの、少しお早めにお出かけになる、という事で〜」
あずさ「別に何か買う物があるで無し。寄らなくてもいいと思うんだけどね、私は」
へむ2「あるか無いかは行ってみないと分かりません。最近は秋葉行っても『目的の物だけ買って帰ってくる』つー事が多かったですからな。何かチェックし損ねの物があるかもー」
あずさ「はいはい(−− ま、いいけど。でも、秋葉原で時間使いすぎて飛行機に乗り遅れたりするんじゃないわよ?」
へむ2「うむ、気を付けましょう。ま、とにかくれーっつーらごー」

* で、『ミスター味っ子II』の2巻と3巻をまとめて買ったり、『アカギ』の17巻を買ったりと。まあ本屋を中心に、色々。

*

へむ2「・・・て、おや。なんかアカギ、今年の秋にアニメ化、とかありますな」
あずさ「え? あら、ホント。ふぅん、アニメになるんだ」
へむ2「なるんですなあ。まあせっかくだし、放映はチェックしてみようと思いますが・・・しかし、どんなアニメになるのやら。つか、一話まるまる使ってツモ一回だけ、とかになったらどうしましょう?」
まるち「はわ(^^; そ、それはあの、さすがに無いのでは〜」
へむ2「や、でもねぇ。アカギも、カイジほどじゃあ無いですけど結構間延びしてますからなあ。原作に忠実に作ると、そういう事もー?」
あずさ「・・・・・・(−− いや、さすがに原作でも一話使ってツモ一回だけは無かった様な。あ、いや、あったっけ?」
へむ2「あった。鷲巣がドラ12の親役満手をテンパった所で一度、な」
まるち「はわ(^^;;; あ、あったんですか〜」
へむ2「うん。まあさすがにあの一回だけだったと記憶してるけど、無かった訳じゃあ無い。ので、アニメでも下手したらそーゆー回があるかな、と」
あずさ「・・・あー(−− まあ、でも、アレよ。ほら、多分アニメ、鷲巣麻雀まで行かないし。せいぜい対浦辺戦まででしょ、きっと」
へむ2「そうね。全何話か知らないけど、多分そこか、もしくは対市川戦で終わるんでしょうねぇ」
あずさ「多分ね(−− だからまあ、大丈夫よ。きっと」
へむ2「うい。であそーゆー予想を立てた所で、実際どうなるかは秋を待つ、とゆー事でー」

* ちなみにアニメ化嫌な予想パート2。女キャラが出てくる。や、そんな事になったらそりゃもうアカギじゃ無ぇなあ、とゆー気はするのですが・・・でも、ありえないと言い切れないあたりがちょっとドキドキです(笑)

-

* にゅ。

* んで、秋葉の後は夕方職場にやってきてちとこまい用事片付け。それ済んでからは部屋に戻ってFF5、っと。

*

へむ2「・・・おお。おにーさん、初めて知りましたが」
あずさ「? 何をよ?」
へむ2「や。FF5って、ゾンビ状態を治す白魔法は存在しないんですなあ。ゾンビ状態になったの自体が初めてなんで、本気で今まで知らなかったですよ」
あずさ「へー。そうなの?」
へむ2「そうなの。まあ、だからと言ってどうと言う訳でも無いってゆーか、んなもん世間様にとってはどーでもいい事でしょうけど。でも、おにーちゃん的にはちょっとビックリだー」

* と、新しい発見があった所で今日はもう寝るです。お休みなさいぐー。


さいばーぎるてぃ☆

* 今日は一日お仕事でした。そして夕方ばたんきゅー。

-

* さて。

*

へむ2「で、だ。明け方になってから起き出してきたおにーさんなのでございますが」
まるち「はい〜(^^; お早うございます、ご主人様」
へむ2「おはやう。に、しても今日はこれからどうした物か?」
まるち「はぁ(^^;;; ええっと、それは、あの〜」
あずさ「・・・・・・(−− とりあえず、まずは顔を洗って。そしてご飯を食べなさい。で、一番大事な事だけど、ゲームを始めるな。時間を無駄に消費するから」
へむ2「・・・ちっ。であ、代わりにDVDを見」
あずさ「見るな(−−メ」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「えー。まあ、何です。とりあえずめち食ってぐるって。それから後の事はまた後で考えましょーか」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。では、お食事の用意、いたしますね」

* もぎゅもぎゅ。つ事で、ぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージといろよん更新。まあ、徹夜明けだとなあ。あの程度じゃ起きんわなあ、そりゃ(笑)

*

へむ2「ねぇ?」
まるち「はぁ(^^; そうですね、やっぱり〜」
あずさ「特にあそこ、地下一階らしいしねぇ。太陽の光が入らないと、どうしても、ね」
へむ2「とゆー訳で。まあヘッドフォンかまして大音量でダメ音楽流すとか、みぞおちにエルボーとか。もしくは外まで引っ張っていって路上に放置とか、そーゆー起こし方が良いのであないかと思われます。まる」
あずさ「いや、それはやめなさい(−− 特に路上。場合によっては警察が来るから」
へむ2「にゅ。そうですな、であ第一選択、みぞおちエルボー?」
あずさ「・・・されたいのか、アンタは(−− て言うか、アンタが起きない時にやっていいのか、それ」
へむ2「ダメ。まあとりあえずですなー。手段はさておき、あの状況だと『いっぺんちゃんと目を覚まして寝袋から出て顔洗う』まできっちりさせとかないと二度寝しちゃうと思います。真面目な話」

* で、メッセージの方ではようやく製作陣からのメッセージが。おお、努力が実りましたな。おめー☆>広報娘さん

* ・・・て、ところで『流血』って何さ?(^^;

-

* 蛇ノ道ハ蛇ソフト、『狂った教頭』の特別企画、断罪職員会議の詳細発表。まあ簡単に言うと『アンケートでシチュ決めてボイスドラマ作るよ』と。

*

へむ2「個人的にはいまひとつグっとくるシチュが無いのが難点ですがってゆーか、何故剣道娘がいるのに袴シチュが無いのか、強く問いつめたい気分でいっぱいです」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「とはいえ、こういう無駄な所に気合いの入った企画は好きです。のでまあ、ここは一つタカビーデコに投票しておく事にいたしまっしょー」

* ちなみにアンケート第一弾、『どのキャラ?』の締め切りは6/11。結構投票期間が短いので、参加しようかっつー方はお忘れなくー。

-

* にゅ。

*

へむ2「さて。とゆー訳でぐるも済んだ訳ですがー。これから、どうしましょうかね?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。他に何もなさる事が無いのでしたら、どうぞ、お好きな事を〜」
へむ2「と、まるち君は言うてくれとる訳ですが。さて?」
あずさ「・・・・・・(−− しょうがないわねぇ。確かにまあ、中途半端に余ってるし。ゲームでも何でも、好きにしなさい」
へむ2「うい。であ、今日もさっくりFF5〜。そして同時にパソコン立ち上げてサイバーコップDVD鑑賞〜。ひゃっほう、ミラクルなパワーだぜ!!
あずさ「るっさい(−−メ やるなら黙ってやりなさい、黙って!!」

* つ事で。んじゃ、今日はここまでまた明日ー。


オメガ様撃破。

* で、今日は朝からふにふにFF5やってた訳ですが。レベルが十分に上がったので・・・とゆーか、天の叢雲(刀系で一番強い・敵から低確率でしか盗めない)が6本揃ったので、まあもういいやー、って事でオメガ様を退治しに。

*

あずさ「6本? 4人の二刀流で、8本いるんじゃないの?」
へむ2「残り2本はブレイブブレイドと正宗だ。ブレイブブレイドはラグナロクより強い上に無属性、と、まさに最強の名を欲しいままにする剣じゃからのう。使わん手はあるまい?」
まるち「そうですね。確かに〜(^^)」
へむ2「ちなみにラグナロクは使わない。強敵と戦う時は属性無しオンリーがおにーさんの基本なので」
あずさ「いや、それはいいんだけど・・・正宗は? 何でよ?」
へむ2「あれはねぇ、装備してると行動順が最初になるんだわ」
あずさ「あ、そうなの?」
へむ2「そうなの。だから青魔法使いに装備させて一番最初にマイティガード。後はヘイスガかけて、魔法剣サンダガ物まね物まね物まね。そして乱れ打ち物まね物まね物まね。以上、対オメガ様戦術全てしゅーりょー。言葉で書くと簡単ですな」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうですね。言葉にする分には〜」
へむ2「実際には、準備が整うまでにオメガ様にボコられてしゅーりょー、つー事の方が多いんですけどね。ま、でも、これだけレベルを上げておけばー」

* て事で突撃。ちなみに装備アビリティは順番に、『乱れ打ち・魔法剣』『物まね・白魔法』『物まね・青魔法』『物まね・時空魔法』だった訳ですが。

*

へむ2「さて。そーゆー状況で、たった今乱れ撃ち持ってるバッツが消されました。戦場から。殺されたんじゃなくて消滅。この戦闘が終わるまでは何しても帰ってきません。俺様大ピンチだ」
あずさ「そうねぇ。まあ、でも、とりあえず魔法剣サンダガもかかった後だったし」
まるち「乱れ打ちさんの方も、あの、一度はコマンドが入った後ですし〜(^^;」
あずさ「このまま物まねしてれば何とかなるんじゃないの? 一応、今物まねしたら乱れ打ちになるんでしょ?」
へむ2「なる。が、一度でも他の行動を取ったらっつーか具体的には回復行動取ったらその後は乱れ打ちが使えなくなるな」
まるち「はい〜(^^; そうですね」
へむ2「攻撃力を減らして回復するか、それともこのまま押し切るか・・・と、ククルが死んだ。うむ、さらにピンチ」
あずさ「・・・うわ〜(−− 他の2人も、後一撃ね」
へむ2「ですな。下手に波動砲が来たら二人ともまとめて死ぬってゆーか、まあ、どうせ死ぬんだったら殴って死ね、とゆー事で。回復させずに、れっつ乱れ打ちー」

* で、何とかギリギリ打ち勝ち。ふぅ、やれやれ(汗ぬぐい)

*

まるち「おめでとうございます〜(^^)」
へむ2「ありがとう。さて、じゃあこれにてクリア、FF5はここまでとゆー事で」
あずさ「待て(−−メ いや待ちなさいちょっとコラ。ラスボス倒していきなさいよ、一応」
へむ2「・・・え〜?」
あずさ「・・・・・・(−− なんでそんなに嫌そうにするかな。アンタは」
へむ2「だってあいつ弱いんだもん。まあどーしてもっつーんならやりますが・・・ほら、死んだ。銭投げで瞬殺っすよ、彼」
まるち「は、はわ(^^; ほ、ホントですね」
へむ2「具体的には変形後およそ2ターン。いやもう、お金の力って偉大だねぇ」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はい。ちょっと、あの、何か違う様な気もしますけど〜」
へむ2「いいの、そういう事で。ちなみにこっちはノーダメージ。弱いよなあ、奴」
あずさ「アンタがレベル上げ過ぎてんのよ(−− まあとにかく、はいはい、お疲れさま。じゃあエンディング見て、お仕事行ってきなさい」
へむ2「へーい。んーじゃちょっくら、働いてきますにょー」
まるち「はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ〜」

* で、ちまっと働いて、夕方。今週は色々事情があって、一旦ここで東京帰還。家帰った後は、のんびりぐでー

*

へむ2「てゆーか、眠ぃ。朝が早かったからなー、今日は」
あずさ「早かったって言うか何て言うか(−− まあ、とりあえず寝なさい。眠いんなら」
へむ2「うい。じゃあまあ、もーちょいのんびりしたら寝ますかねぇ」

* て事で寝ます。お休みなさいぐー。


[水無日記一覧] : 2005/06/10 : (コメントが2件あるにゅ)

不敬罪。

* えー。その昔、『電脳学園II』とゆー脱衣クイズゲーがありまして。で、その中のとあるステージで、『婦警さんにいたずらすると不敬罪に問われる。○か×か』とかいった感じの問題が出た事がございます。

*

へむ2「具体的な文章はうろ覚えなんでちょっと違うかもしれませんが。てゆーか、漢字が『不敬罪』じゃ無くてまんま『婦警罪』だったよーな気もするのですが。まあ、大体そんな感じの」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、色々言いたい事はあるけど。とりあえず、だから何」
へむ2「いや。それとはまったく関係無い事なんですがー。本日サイトリニューアルされたぱんだはうすで、新ブランドこぱんだから出る『パトガール』の紹介ページが出来てましてね?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。えっと、それで、あの〜?」
へむ2「うん。で、それに書いてある『テーマは○警さん陵辱』とゆー一文にああ夢踊るなあ、と思った次第」
まるち「は、はわ?(^^; あ、え、ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「ああいや、先ほども言いましたが、特に今日の文章の前半と後半に関係は無いのですよ? あくまで『○警さん』。おけ、問題何も無し」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・その文章の上のタイトルには、『婦●さん』って書いてある様だけど?」
へむ2「うん、それはそう見えるだけのただのJPEG画像です。単なる模様であって文字では無いとご理解ください」
あずさ「出来るかっ!!(−−メ
へむ2「にゃー。あ、ちなみに『電脳学園II』DL販売なぞがあるよーです。ので、せっかくだし。気が向いたらそのうち再プレイしてみましょかねぇ」
あずさ「好きにしなさい(−− まったくもう・・・」

* で、話を戻してぱんだはうす。なんでも、ぱんだ本体の方はしばらく冬眠する』んだそーで。まあ・・・色々厳しいんだろうなあ、とは思いますが、とりあえずがんがれー。>中の人

-

* さて。

* で、今日はお休み&外は雨だったので。一日家にこもって『半熟英雄4』やったり部屋の片付けしたり。

*

あずさ「ようやく、アンタの部屋の机も使える様になったわね」
へむ2「うむ。これまではノートPC一つおけない机でしたからなあ」
まるち「そうですね(^^; ですけど、あの、これで〜」
へむ2「うい。これで自分の部屋にこもってへだらえろげ、とゆーのも可能になった訳です。まあ、こっちでえろげやるかどうかはまだ未定ですがー」

* で、後はのんびりぐるってみたり。

*

へむ2「・・・ふぅん? 沙枝、ゲーム化するんだ?」
まるち「はわ? あ、ええと、沙枝さんとおっしゃいますと、こちらの〜?(^^;」
へむ2「うん、そちらの。二次元ドリームノベルズの沙枝ちんの事ですがー。はて、しかし?」
あずさ「? 何悩んでるのよ。ゲーム化する、って言うか、何かありそうな事は前々から言ってたじゃない」
へむ2「や、そうなんですけど。でも、今度の二次元ドリームマガジン体験版が付く、とゆーのがどーもこー。現時点でそこまで話進んでる、つー事はどっかのえろげメーカーの1ラインが最低ここ数ヶ月これにかかりきりだった、つー事な訳で。はて、どのメーカーだ?」
あずさ「・・・さあ? それは私に聞かれても分かんないわよ」
へむ2「凌辱系メーカーで、なおかつその余裕があって、となると・・・むー」
まるち「ええっと(^^; あの、もしかして全年齢対応の一般ゲームさん、という事は〜」
へむ2「や、それ、あり得ねぇ。色んな意味でな」
まるち「はぁ(^^;;; やっぱり、あの、そうですか?」
へむ2「うん。しかし・・・ひょっとして、Black LiLithなのかなあ。『特務捜査官レイ&風子』の体験版も付く、ってあるしなあ。むー」

* ま、とりあえず来週になったら秋葉行って二次元ドリームマガジン買ってきましょう。さて、ホントにどこのメーカーでゲーム化だー?

-

* にゅ。

* とか悩みつつ、今日はここまで。明日はまた朝からお仕事なので、とっとと寝るですよー。

* お休みなさい。ぐぅ。


半熟ダンジョン。

* 朝。

* お仕事れつごー。

*

へむ2「・・・と。土曜日にひこーき乗って仕事に行くのは久しぶりですが。混んでますな、やっぱり」
まるち「そうですね(^^; やはり、皆さん、あの、お出かけになられるんですね」
あずさ「まあ、土曜日のこの時間から動けば丸々二日、観光に使えるしねぇ。加えて、仕事の人もそれなりにはいるんでしょうし」
へむ2「ですにゃあ。まあおにーちゃん、荷物検査はプラチナメンバー用のとこ使えるしー。今日はバス移動でも無いから特に途中でストレス溜まる事も無いし、人が多いからいうて不都合無いんで、いーんですけど」

* ・・・と、あ、いや、一つだけあったや。<不都合>人が多いせいで、俺が普段羽田の売店で買ってる朝飯が売り切れてました。がっでむ(笑)

-

* 昼。

* あい。んじゃ働きingー。

-

* 夕方。

* 東京帰還。秋葉・・・という時間でも無いので、素直に直帰ー。

-

* 夜。

*半熟英雄4』ー。本編そっちのけでダンジョンに潜り続けるおにーさんが今、ここに。

*

へむ2「や、一応真面目な話もしておくと。『経験値稼ぎはダンジョンで』とゆーのが説明書にも書かれてるくらいの基本技な訳で。おにーさんはただ、それに忠実なだけなんですけどね?」
あずさ「いや、そんな自己弁護はしなくていいから(−− アンタが本編そっちのけにするのなんて、いつもの事なんだし」
へむ2「ほぉ? 今日のあずささんはやけに物わかりがいいですね?」
あずさ「諦めてるだけよ(−− それに、経験値稼ぎっていっても今回はMAXまでやってる訳じゃ無いでしょ、アンタ」
へむ2「うん。さすがにそこまではー、と思うのでそれなりに適当な所で。まあ、7人全員揃ったら、改めて半熟レベルMAXまで持っていきますかにょ」
まるち「はぁ(^^; やっぱり、あの、最終的にはそこまで行かれるんですね」
へむ2「そりゃまあ。それに、半熟レベルがMAXになってもエッグモンスター用の経験値稼ぎはまだまだ続くんですしー。正直、半熟レベルMAXなんぞ『俺達は昇り始めたばかりなんだ、この果てしなく長い男坂を』程度の話ですよ?」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− そのまま『未完』で終わっちゃいなさい。この三点ネジ止め馬鹿」
へむ2「車田先生の次回作にご期待くださいー。ま、ともかく。半熟ヒロインのレベルもそれなりに上がったんで、今日はここまでー」

* そしてお休みなさい。ぐー。


半熟半熱。

* えー。今日、昼飯食いに出かけて中華屋さんの張り紙見て思った事なんですが。『冷やし中華』の事を『やっちゅー』って略しちゃダメですかダメですねそうですかがっくし。

*

まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・何を一人で話、完結させてるんだか(−−」
へむ2「んー。まあ、なんとなく。というかまあ、一種の弔い?」
まるち「はわ?」
あずさ「弔い?」
へむ2「数々のおねぃさんソングを作曲した、大佐こと中ノ目さんがお亡くなりになられたそうなのですよ。5月に」
まるち「は、はわっ!?」
あずさ「・・・あ。ホントだ」
へむ2「おねぃさんソングが好きだったおにーちゃんとしては悲しいっつーか惜しいっつーか。まあ、とりあえず、一分黙祷」
まるち「は、はい〜(>_<)」
あずさ「・・・・・・」
へむ2「・・・・・・」
まるち「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
へむ2「・・・・・・」
まるち「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
へむ2「あい。まあホント、数々の名おねぃさんソングを、ありがとうございましたー」

* 世の中、無情ですな(しみじみ)

-

* さて。

* と、感傷にひたりつつ。しかしそれはさておき、『半熟英雄4』。3人目の英雄を仲間にしてレベルアップレベルアップレベルアップ。この辺までくるとダンジョンの作りもけっこー複雑でもう大変。

*

へむ2「ところで、3人目の英雄は通称『半熱英雄』なのですが。これ、作中で突っ込まれるまで本気で勘違いしてましたですよ、お兄さん」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、はい。文字で見ますと、よく似てますから〜」
あずさ「半“熱”なのよねぇ。いや、同じ通称の英雄が二人いておかしいなー、とは思ってたんだけど」
へむ2「思ってたんですが、そのまま流してましたー。うむ、びっくりびっくり」

* で、半熱英雄がそれなりのレベルに上がったところで今日はここまで。続きは、また後日ー。

-

* にゅ。

* あい、そいじゃラスト、ちょっとだけぐる。

* 蛇ノ道ハ蛇ソフト、『狂った教頭』のアンケート第二弾、開始。凌辱されるキャラは剣道娘に決まったそうで、なら何故場所に剣道場が無いのかと小一時間以下略。

*

あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「えー。何か言いたそうなお嬢さんがいますがまあそれは置いといて。とりあえず世間の声は『校門』か『プール』の様ですな」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね」
へむ2「今回はかなり接戦なのでどっちに決まるか興味深いところ。おにーさん的にはその二つならまだプールを推したいところですが、さて?」

* とりあえず締め切りは6/14。さあ、どっちに転びますやら。

-

* えーと。すみません、『ユズレンジャー』に関しては、ここ一週間ほどで異様に欲しまり度が高まってるのを必死で押さえてる状況で、そうやって名指しされただけでも心が揺れるので勘弁してください。お願いですから(笑)

*

へむ2「てゆーかですな。何がアレかって、今月のえろげ購入検討をした時にこれが7月発売だと信じて疑って無かったとゆーのが。おかげですっかりチェック漏れしてて、もー」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「いいのよ、別に買っても。ただ、それで来月頭に積みが5本越えてたら、7月の購入は無しね(−−」
へむ2「それが問題なんだっつーの。でも・・・あーうー(頭かかえ)」

* ・・・この際、7月に延期しないかなあ(マテ<『ユズレンジャー』>そうすりゃ、全て解決なのニー(^^;

-

* にゅにゅ。

* であ、ここまで。明日からまたお仕事、お休みなさいですにょー。


残り9回かうんとだーん。

* 朝。

* お出かけー。

*

へむ2「で、月曜なので例によってヤンマガチェックのカイジく・・・うぉい。なんでいきなり『幕張』の作者が新連載始めてっかな、おい」
まるち「はわ?(^^;」
あずさ「・・・うわ(−−」
へむ2「(ぱらぱら)むう。多少絵は変わった気がするけど、物の造り自体は相変わらず全力で危険球っつーか何つーか。いや、島袋先生云々はとりあえず置くとして」
あずさ「置くな(−− て言うか、一番危険な所でしょうが、今回それ」
へむ2「ああいや、そでなくて。このページの一番の突っ込み所って島袋先生本人でなく読者投稿を装った、ページの下の『事後承諾だけど大丈夫っすよね?』の文字の方だと思うのね。俺」
あずさ「え? あ、うわ(−− ホントに書いてある」
へむ2「その辺がホントに何つーか。後、前フリを全て台無しにして一瞬で下品に着陸する展開とか、いやもう相変わらずだわ。色んな意味で」

* あ、ちなみにカイジ君は負けました。あっさりと。まあ予想された結果ではありますが・・・しかし、いまだに『指運』とか言うてるあたりが。いい加減、別のイカサマ疑うとか何とかしようやカイジ君。ねぇ?

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* お仕事しゅーりょー。秋葉寄って帰宅・・・の、つもりだったのですが。仕事が予定より遅くまでかかっちゃったので、諦めて素直に帰宅。

*

へむ2「こういう時、おにーさんは思うのです。とっとと開通せんかいつくばエクスプレス、と」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「あれが出来ればつくばから秋葉まで、むちゃくちゃ近くなるのニー。まったく、おにーさんの為にとっとと開業せんかいぷんすか」
あずさ「アンタの為じゃないけど開業するわよ、8/24に(−− だからそれまで、寝言ほざかずに待ってなさい」
へむ2「それまで後9回も、常磐線でつくば行かなくちゃならないのですよー? せめてこー、後1ヶ月ほど開業早くなりませんかね?」
あずさ「ならない(−− いいから黙って待ってなさいよ、ほんとにもう」

* まあ秋葉の事はさておき、通勤時間が劇的に短くなりますからねぇ。ホント、早よ開通して貰いたいものですよー。<つくばエクスプレス

-

* 夜。

* とりあえず今日はとっととばたんきゅー。また明日ー。


[水無日記一覧] : 2005/06/14 : (コメントが2件あるにゅ)

四つ目が通る。

* 今日も朝からお出かけーの昼間お仕事ーの夕方。とりあえず今日は早寝して朝起きする方針で、まずはとっとと『サイバーコップ』DVD第2巻鑑賞。

*

へむ2「これ見終わったら寝るとしましょー」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「にゅ? どうかしました?」
あずさ「あのね(−− 分かってる? それ、全部見終わったらもう夜の1時なのよ?」
へむ2「・・・あれ? そんなになります?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。2巻さんに、全部で12話入っておられますから〜」
へむ2「ふむ。つー事は一話25分計算で全300分。つまり5時間。なるほど」
あずさ「分かった?(−− 分かったなら、適当な所でやめときなさい」
へむ2「うーい。じゃ、半分の6話分見終わったら寝る、とゆー事で」

* じゃ、DVDを見つつ、ぐるー。

* すたじお緑茶、新作『プリンセス小夜曲』の情報公開。まだプロローグだけではありますが。

『こうなったら、僕は……悪になる!
 悪になって、ふくしゅーしてやるんだあっ!』

* うむ、ちょっと待て王子(笑)

*

へむ2「なんなんだ、そのいきなりのへっぽこぶりは」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・まあ、そういう傾向のゲームみたいだし。いいんじゃないの、それで」
へむ2「うん。確かにどっか抜けてる主人公はいつもの事ではあるが。なんていうかこー、『チミはあれだね、全身で突っ込み待ち状態だね?』とゆー感じがこれまた」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、総受け主人公らしいし。今回は」
へむ2「らしいねぇ。しかし・・・いや、まあ、いいや。とりあえず、詳しい情報はおいおい出てくるじゃろから、突っ込むのはそれ見てからな」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はぁ、はい〜」

* で、後、すたっふ日記イベント情報更新。今月の26日には大阪でドリパに参加、だそーです。行ける方ぁ、どぞー。

* ・・・ところで、このメイドさんは誰だ、一体(笑)

-

* 蛇ノ道ハ蛇ソフト。『狂った教頭特別企画アンケートの第三弾、開始。今度はキャラの服装で、きゃっほう剣道着(袴)の項目が出来てるZe!!

*

へむ2「うむ、投票。ぽちっとな」
あずさ「・・・・・・(−− 場所が校門で、なのに剣道着っていうのに何か違和感を感じないのか。アンタは」
へむ2「そんなささいな事を気にしてはいけませんよセニョリータ。つっか、校門で剣道着だったら『部活中に通りかかって』とか理由は付きます。気にするな」
あずさ「どこの剣道部が練習中に校門を通りかかるかっ!!(−−メ
へむ2「るっせえ。ランニングしてたんだとかなんとか何でもいいから適当に理由付けやがれ! 大事なのは袴だコンチクショー!!」
あずさ「アンタなぁっ!!(−−メ」
まるち「はわわわわ(^^; ま、まあ、お二人とも〜。少し、落ち着かれてください〜」

* ブラボー袴凌辱。ちなみに締め切りは6/17までですので、さあ皆様も袴に投票を。むしろ袴に投票を(笑)

-

* えー。例の二次元ドリームノベルズ、『魔法少女沙枝』がゲーム化するよー、つー話。実際のゲーム化作業をするのは新ブランドのよーで。

*

へむ2「・・・に、しても。なんて嫌な名前なんだ、このブランド」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「まだ引きずってんのか、アンタは(−−」
へむ2「そりゃーもう。くそう、お前なんか嘘天然で十分だ、と、条件反射で言っちゃうぞ、お兄さんは」
あずさ「言うな(−−メ
へむ2「にゃー。まあいい、とりあえず真面目な話をすると、18歳未満向けの退出リンクがキルタイムコミュニケーションになってるあたり、多分このブランドはキルタイムが出資してって待てコラ18歳未満をキルタイムに飛ばしてどうする!?
あずさ「・・・あ」
まるち「はわ(^^; そ、そう言えば、あの、少し不適切ですね」
へむ2「今日はもー、世の中突っ込み所が多くて多くておにーさん嬉しいわ。で、作品はCG40枚で2000円台、と。最近流行の低価格帯DL販売物ー、っぽいですな」

* 発売は夏予定。まあ、次号の二次元ドリームマガジンに体験版が付くそうですので、それ見てから考えますにょー。

-

* PULLTOP、『ゆのはな』の修正パッチ公開。ちょっと今更? って気もしますが、まあさておき。

*

へむ2「・・・『マウスの第四ボタン』と来ましたよ奥様。凄いな、俺の知らないうちにえろげシステムってそこまで進化してたんだっつーか、マウスってそこまで進化してたんだ。知らなかったよおにーちゃん」
あずさ「・・・て、アンタ(−−」
へむ2「にゅ?」
あずさ「いや、だから(−−」
まるち「えっと(^^; あの、ご主人様のお使いになられているマウスさんにも、あの、一応、第四ボタンさんは〜」
へむ2「え。嘘?」
あずさ「嘘ついてどうするのよ(−− ほら、マウスの真ん中にあるじゃない」
へむ2「・・・えーと。この、右ボタン左ボタンの後ろにあるちっちゃいのの事ですか?」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「えー。これ、ボタンだったんだ? 俺、単なる飾りだと思ってカケラも疑って無かったのですが」
あずさ「疑いなさい(−− まったくもう」

* や、本日一番の驚きでございました。<自分のマウスに四つ目が存在する>世の中、俺の知らない所で進化してるのですなあ(笑)

-

* にゅ。

* であ、ここまで。お休みですにょー。


めりでぃあー。

* 今日もぱたぱた働いて、で、えろげ。とーりーあーえーず、積みを減らすのが急務なので一番あっさり終わりそうな『MERI+DIA』から。ふにふにてけとーに進めてたら人外ロリルートに乗ったみたいなので、そのままゴー。

*

へむ2「ふむ。『バックで他のキャラがぼそぼそ喋ってる』演出の時、ちと声の音量が小さすぎますなあ」
あずさ「そうねぇ。あれが聞こえるぐらいまでボリューム上げると、他のがうるさすぎるし」
へむ2「後そうな。今回、演出が映画チックになってるんで出来れば要所要所に『ロングで撮った映像』が欲しい所ではありますな」
まるち「はわ? ロング・・・ですか?」
へむ2「うむ。遠景で画面の中に小さくキャラが見えるよーなのがな。ぶっちゃけて言うと第三章、木漏れ日の並木道を上から下にスクロールさせてくところ、あれ、最後は道を歩いてるキャラの姿が映るー、くらいまでやっていただくとよろしいかと思うのココロだ」
まるち「はぁ。なるほど〜(^^)」
へむ2「そんで後、クライマックスのバトルシーンにはもーちょいCGが欲しいね、と。つか、戦闘始まって激しくバトってるハズの所で、『主人公がランドルに静かに銃突きつけてるシーン』が入るのはちょっとなあ」
あずさ「あー。確かに違和感あるわね、あそこ」
へむ2「うむ。あ、違和感っつーとメガネスナイパーとかしましヒロインのバトルん所もな。片方が『上から撃ち下ろし』なのにもう片方が『水平にまっすぐ』つーのが何か変。ちゃんと射線は同じ角度にしといて欲しかったですにゃー」

* と、演出面での不満はそんな所で。逆に気に入ってるのは、『ゴスロリ娘がどアップでにやりと笑う』所と最後の方、『メイドさんが斜めっ飛びで画面の中に入ってくる』所。特にゴスロリ娘のどアップは、全編通して一度だけしか使われてない演出なので効果度高しー。

*

へむ2「で、人外ロリの次はかしましヒロイン、と。これでメインの2人は終了ですな」
あずさ「そうね。じゃ、今日はそれくらいにしときなさい。もう遅いんだし」
へむ2「うい。残りは、まーたあーしーたー」

* んー。とりあえずゴスロリ娘は気に入ってるんで最後に。ま、メイドさんからやるとしますかにょ。<明日

-

* にゅ。

* であ、後はぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新で、『狂い咲きヴァージンロード』のポスター公開。ただし、モザイク付きなんでどーゆーのだかさっぱり分かりません(笑)

*

へむ2「まあ、右下の赤い所が作品ロゴ、上部の赤いのがマリスなんじゃろなー、つーのは分かるんですが」
まるち「そうですね(^^; ですけど、あの、それだけでは〜」
あずさ「ま、いいんじゃないの。その内オフィシャルで発表される、って言うんだしそれまで待ってれば」
へむ2「や、そーなんですけどね。それはそれとして色々想像しときたいと思うのココロです。中央下の黒っぽい所が先輩かなあ。うーむ」

* で、17日発売の二次元ドリームマガジンにも情報が載る、と。こっちは元々買う予定なんで、買ったらチェックしてみましょー。

-

* ZyX。『雷の戦士ライディ』リメイク版、パッケージ販売凍結お知らせってうぉい

*

へむ2「・・・あー。まあ、何だ。この表現に一縷の望みをかけたい所ではありますが。でも、まあ、ほとんど無理なんだろうなあ。やっぱり」
あずさ「そうねぇ。『会社の方針で』ってあるし・・・難しいんでしょうね」
へむ2「とほほのほ。まあ何です、サイコロ3つ振って全部1が出るくらいの確率で、わずかに期待を持ってましょーか」
まるち「はぁ(^^; 216分の1、ですか〜」
へむ2「です〜。正直、これでもまだ確率高めに見積もり過ぎ、なんでしょうけどねぇ」

* 残念ですわー。本当に。

-

* ライアーソフト、『絶対地球防衛機メガラフター』のEXシナリオ公開。ゲームをプレイしてパスワードゲットしないと見れないシナリオなので、今現在の俺には関係無いんですが・・・とりあえず、メモメモ。

*

へむ2「ん。せっかくEXも公開された事ですし、『MERI+DIA』クリアしたら次は『メガラフター』やりますかね」
まるち「はい〜(^^) それがよろしいかと〜」
あずさ「まあ、どんな順番でやっても構わないとは思うけど・・・でも、そうね。タイミング良いし、やっちゃえば?」
へむ2「うーい。んじゃ、そーゆー順番でー」

* ちなみにEXシナリオのその2は明後日公開予定だそーです。こっちも、めもめもー。

-

* にゅにゅ。

* ほでや、ここまで。明日の為に今日も寝ますぜぐー。


ひねくれゴスロリ。

* 今日は特にはお仕事無し。て事で、『MERI+DIA』をがーっと。まずはメイドさんルートで・・・あ。このルートのゴスロリ娘、ひねくれっぷりが他のルートより高ぇ(笑)

*

へむ2「うむ、ステキだ☆」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ、何でもいいけど。そりゃ」
へむ2「何故か同意を得られていない様な気がするのは気のせいか。ステキでしょう?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。ええっと〜」
あずさ「・・・ふぅ(−− まあ、いいから。とにかく話を進めなさい」

* で、くりや。<メイドさんルート>うーん、話の落とし方的には、人外ロリルートやかしましヒロインルートより綺麗な気がしますにゃ。

-

* にゅ。

* で、その後はメガネスナイパールートやったり、おまけでバーテンダーエンド見たりして、最後にゴスロリ娘ルート、と。まあ何ですな、一言で言うとこのルートっつーかこの娘。

大変素晴らしいひねくれっぷりだ。
( ´∀`)

* 超ナイス。つーかむしろ、らぶ(笑)

*

へむ2「うむ、大満足☆ このルート一つでお腹一杯って感じだ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・はぁ(−−」
へむ2「シナリオ展開的にも、ハッキングバトルがあったり発掘兵器対発掘兵器のバトルがあったりして他より派手で俺好み。ちうっか、発掘兵器の主砲撃つあたり、演出がカッコいいと思うんじゃけどどうよ?」
まるち「あ、はい(^^; そうですね、はい〜」
あずさ「まあ、確かに。そこは認めるけど(−−」
へむ2「後、3人がかりで口々に人外ロリを責める・・・つか、突っ込みを入れるシーンもかなりステキだと思うのココロよ。全体的に他より気合いが入ってねぇか、このルート?」
あずさ「・・・・・・(−− さあ。どうかしらね」
へむ2「いや、入ってる。絶対気合い入ってる。おにーさんが決めました、そー決めました。とゆー訳でひねくれゴスロリ万歳
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まったく、もう」

* で、フルコンプっと。正確に言うと人外ロリのCG、差分が2枚ほど回収出来てないんですが・・・でも、それくらいは気にしない方針で。

*

へむ2「総括ー。まあ何です、立ち絵演出は相変わらず。でも、もーちょっと頑張って欲しい部分もアリ、つー事で」
まるち「はい〜。えっと、昨日仰っておられた、『ロングで撮った映像』ですね(^^)」
へむ2「うむ。キャラを大きく映す方だけでなく、あえて小さく映す技法とかその辺を勉強していただけるとお兄さん嬉しいって思うのココロ。あ、後、メガネスイーパールートで出てきた『キャラを白黒で表示』する演出。あそこはもっとデフォルメにするなり黒く縁取って周囲から浮かび上がらせるなりした方がいいと思うのですよ」
あずさ「まあ、そうねぇ。色が無くなっただけで、後は何も変わって無かったし、アレ」
へむ2「うん。とりあえず演出に関してはその辺で。シナリオについては・・・まあ、そですなあ。もーちょっと風呂敷広げてもいいと思うのココロ。せっかく発掘兵器が出てるんだから、世界がもっぺん壊滅するくらいの展開があってもいいんじゃ無いかと」
あずさ「待て(−−メ いやちょっと待ちなさい、それは」
へむ2「いーじゃん。どーせ25年前に一度滅びかかってるんだし、もっぺんあっても」
まるち「はわわ(^^; いえ、あの、それはちょっと〜」
へむ2「えー。でもさ、実際に滅びるかどうかはさておき、怪光線発射3秒前とか、そういう展開はあってもいいかと思うのなー。最終兵器が言葉でしか出てこない、つーのはやっぱ、ね」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「後、テキストね。誤字が多かったり日本語が微妙だったり。まあその辺はいつもの事ですけど、もーちょい修行ふぁいとぉ」

* と、ゆーあたりで。まあ色々言いましたけど、でも、ゴスロリルートが楽しめたんでおにーちゃん的にはかなり満足でございましたですよー(笑)

-

* にゅにゅ。

* で、『MERI+DIA』終わった後は『絶対地球防衛機メガラフター』、とりあえず第四話まで。

*

へむ2「は。泣いてるパスタさんとか簀巻きのリウとか、可愛いなー☆」
あずさ「・・・簀巻きが可愛い、っていうのもどうかと思うけど(−−」
へむ2「や、でも、実際可愛いですよ? 後、声優さんの演技的にも泣いてるリウとか泣いてるパスタさんとかいいなあ、と思うのココロ」
まるち「はぁ(^^; え、えっと。あの〜」
あずさ「だからアンタは何でそう偏ってるのかと(−− あーもう、突っ込むのも疲れるから突っ込まないけど」
へむ2「十分突っ込んでると思います。ま、でも、それはさておき今日はここまでー」

* 続きはまた来週。ちうっか、来週には終わらせませんとにゃー。<積み崩しの関係上

-

* にゅにゅにゅ。

* であ、ラスト。『サイバーコップ』見つつ、ぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージイベント情報更新で、とりあえずキャラフェスに出ますよん、と。

*

まるち「それ以外にも、ええと、キャララさんとかにもお出になられるそうで〜(^^)」
へむ2「うい。まあでもそっちはお兄ちゃん行けないので置いといて。なにげにマリスたんのコスプレ衣装も完成したみたいですな」
あずさ「そうね。トップで『新兵器』とか書いてるし、メッセージにも写真が少し出てるし・・・て、こんなパーツ、マリスに付いてた?」
へむ2「さあ? まあでも、マリスのあの姿ってまんま3次元の衣装には出来ないでしょうしねぇ。とりあえずその辺は、現物見てチェック、とゆー事で」

* とゆー事で。7/3キャラフェスには行ってみる事にいたしまっしょー。なんかえろげイベントに行くのも久しぶりですにゃあ。

-

* Game-Style居酒屋時間のムダ更新の第9回。今回は『ファンクラブってどうよ?』と。

*

へむ2「ん・・・まあ、でも、今回はどっちかってゆーと、ユーザーよりもメーカーの中の人への意見になっちゃってますなあ」
あずさ「そうねぇ。で、両方のファンクラブに入ってるアンタ的にはどうなのよ、ファンクラブについて」
へむ2「うむ。俺が一番望んでいるのは年会費がWebからクレジット振り込み出来る様にならんかなあ、だ。話の中でも出てるけど、FCの更新って結構気力がいってなあ。その最大の原因が、わざわざ郵便局なりなんなりから振り込まんといかんとゆー、その辺だったり」
まるち「なるほど〜。それは、あの、そうですね(^^;」
へむ2「まあもっとも、その辺の手間がおっくうで出来ないっつーのはもう、そのFCに対してそこまでの興味を持ってない、つー事じゃからねぇ。ふるいにかける意味では、郵便振り込みのままでいいんじゃろうけど、さ」
あずさ「そうねぇ。それにやっぱり、Webでクレジット、ってなると色々準備とか手続きとか、いるんじゃないの?」
へむ2「ま、ね。だから強くは主張しない。後はまあ、会報が遅れずに来ればそれでいいかな、と」
まるち「はぁ(^^; そうですね、時々、ちょっと、あの、お遅れになりますし〜」
へむ2「やっぱねぇ。ゲーム制作より早いサイクルで回してるから、色々キツイんだと思うのね。FCに手ぇ出さんメーカーさんも、その辺がネックになってるんじゃないかと思うのココロー」

* あ、ちなみにメールマガジンについては違うと思うですよ? アレの一番重要な要素は毎月出る事でメーカーが生きてるのが確認出来る事。さらに言うと制作が順調かどうかまで結構あれで読めるとゆー(笑)

#Webと違って、大抵『月一回・何日に発行』が決まってますから、それが守れないとゆー事はやっぱり中で色々難航してるんだな、と。まあFC会報が期日通りにくるかどうかで占うのと同じ感覚ですにゃあ。

* 後まあ、世の中恐ろしい事に『ネットへの接続は携帯がメイン』つー人もいますので。そーゆー人に情報投げるのもそれなりに意味あるんじゃないですかね。多分。

-

* にゅにゅにゅにゅ。

* ほであ、ここまで。『サイバーコップ』もDVD1枚分見終わったんで、寝ますにょー。

* お休みなさい。ぐぅ。


つよいぞぼくらのめがらふたぁ。

* 今日は一日働いて、で、夕方に東京帰還・・・の、予定だったのですが。色々と仕事が入ったので、結局南極大冒険、いやもとい、結局帰れない事に。

*

へむ2「とゆー訳で、しょーがないので『絶対地球防衛機メガラフター』の続きをやっているおにーさんでございます。おのれニャントロ星人め!!
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・本当に『しょうがない』とか思ってるか、アンタ(−−」
へむ2「思ってるよう。てゆーか、ここんとこなんか毎週の様に土曜まで働いてっから、今週は素直に金曜帰りがしたかったなあ、って思ってる」
まるち「そうですね(^^; ここ一月ほどは、ええと、ほとんどがそうでしたし〜」
へむ2「まあ、働きすぎた分は来週にでもまとめて休み取るべかなあ、とも思ってますけど。いずれにしても、おにーさんは予定外の仕事ですさんだ心をゲームで癒している所なのです。邪魔はしないでいただきたい」
まるち「はわ(^^; あ、は、はい〜」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「おおう。屈辱に打ち震えるメフィー=ラさんもかわええのう☆ 犯られるの、本気で嫌がっているあたりが、もー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−メ まったく、もう」

* で、ふにふにやってたらヒカリさんルートに乗ったみたいなので、そのまま進めて・・・て、わぁお

*

へむ2「・・・うわ。すげぇな。あの辺とかあの辺とかの設定がきっちり伏線として生きてきてるよ」
まるち「はい〜(^^; ちょっと、あの、びっくりしました〜」
あずさ「まさかねぇ。あの設定があんな風になってるなんて、ねぇ」
へむ2「びっくりびっくり。おまけに予想をはるかに越えて熱いしカコいいし・・・と。この辺もアレか? これからプレイする人の為には伏せといた方がいい情報か?」
あずさ「あ〜〜・・・そう、ね。そうかも。単なるお馬鹿ゲーだって思ってプレイした方が、落差が激しくていいかもしれないわね」
へむ2「にゅ。であ、この辺も伏せとくとしてってしまったそうなると書く事が無ぇ。にゅう、『ANGEL BULLET』の時もそじゃったけど、感想の書きにくい作品作ってくれはりますなあ、最近のライアーは」

* まあ、とりあえずこれだけ。『絶対地球防衛機メガラフター』、良いゲームです。いや、SLG&バトルム部分に関しては、『戦略的な失敗を戦術的に取り戻す事が不可能』とゆーあたり多少失敗してる気はするんですけど(笑)、それを差し引いても良い出来です。うむうむ☆

*

へむ2「よしよし大満足。さて、そいでは続いて七海さんルートに・・・」
まるち「あ、少々お待ちください〜。あの、お仕事先の方からお電話です〜(^^)」
へむ2「ほえ? あーもしもし。はい。はいな。はい? はぁ。あー、りょうかーい。分かりましたー(ぷち)」
あずさ「? 何だったの」
へむ2「うむ。ほれ、今俺がここにいる理由その2だ」
あずさ「その2? えっと・・・」
へむ2「つまり。今日の仕事が長引いて飛行機の時間に間に合わなかった、つーんが一つ。そんで明日も仕事が入ったからそれやってから帰るべぇ、つーのがもう1つ、じゃろ?」
あずさ「あ、そういう事?」
へむ2「そういう事。で、その理由その2である所の明日の仕事がですな。無くなった。いきなり」
あずさ「・・・は?」
まるち「はわ?(^^;」
へむ2「無くなった。まあ詳細は省くけど、シンプルに事象だけ述べるとそうなる」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− 何なの。それは。そもそもその仕事って、今日いきなり入ってきたんじゃなかったの?」
へむ2「うん。今日いきなり入ってきて、そしていきなり消え去った。ま、世の中そういう事もあらぁね」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、どーせ今日のひこーきには間に合って無かった訳じゃし。大勢に影響は無いからいいんじゃけどなー。とーりーあーえーず、仕事無くなった所で、心おきなくメガラフター、最後までやるカー」

* て事で『七海さん→リウ→パスタさん→EXシナリオ』とクリアして、あい、これにてフルコンプー。ネタバレ防止の為に詳細書くのは避けますが、や、良い出来のゲームでした☆

*

へむ2「そしてさらに一言。メガラフター燃え。もしくはメガラフター萌え〜♪
あずさ「萌えるな(−− て言うか、その書き方だとゲーム本体の事か中のロボットの事か分かんないわよ」
へむ2「リンク張ってなきゃロボの事だと思ってくれたまえ。や、この子がねぇ、いいんだ☆」
まるち「はぁ(^^; えっと、でも、ステキですよね、メガラフターさん」
へむ2「うん。カエルロボも別のベクトルでいい味出してるし、これに出てくるロボはいい感じじゃね、全面的に」

* とゆー事で。まあホント、ネタバレあんまししたく無いんで詳しい事は書きませんがー。前半『突っ込み所』として用意されてる物が後半できっちり、『伏線』として全部回収されてくあたりが大したもんだと思います。やって損はしないと思いますので、興味のある方ぁ、是非にー。

-

* にゅ。

* ほじゃ、ラストさくさくっとぐる。短めにー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新で今日のイベントレポが簡単に。

*

へむ2「ん? あれ、新しいコスプレ衣装・・・白いね。全体的に」
あずさ「そうねぇ。ひょっとして、マリスとは違う?」
へむ2「かも。まあ、もしかしたら人間に化けてる時の姿なのかもしんないけど・・・よく分かんないなー」

* ま、キャラフェスで直接見てきますべぇ。さて、何のキャラの何のコスなのやらー?

-

* ライアーソフト、『絶対地球防衛機メガラフター』のEXシナリオその2公開。その1も差し替えが入ってますんで、今朝までに落とした方はご注意を。

*

へむ2「で。後、キャラ人気投票も始まっております。おにーさんもさっそくメガラフターに投票だ」
まるち「はい〜(^^) えっと、締め切りは7/31だそうですので〜」
へむ2「うむ。つまりそれまで、6時間寝ては起き出す生活がまた続く訳ですな」
まるち「はわ(^^; えっと、いえ、あの、それは〜」
あずさ「・・・・・・(−− メガラフター。どう考えても上位は取れないんだからそこまでやる必要は無いでしょうに」
へむ2「うん、実は。だから個人的には今回、1日3票ペースでいいと思うんですけど。ただ、上位に投票してる人は大変でしょうなあ、と」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。そうですね。皆様、あの、頑張ってください〜」

* ちなみに、現時点でのトップはヒロインズを全て抑えてマーズ星人。EXシナリオでのけなげっぷりとか、票を集める要素がてんこ盛りあるのは分かるんですが・・・しかしまあ、それはさておき頑張れヒロインズ。ヒロインのメンツにかけて(笑)

-

* すたじお緑茶すたっふ日記更新。『プリンセス小夜曲』の主人公は総受けじゃなくてたまには攻めにも回るんだ、とかショタじゃないのもちょっとあるんだぞ、とゆー主張が。

*

へむ2「まあしかし、個人的にはそれよりそこで上がってるCGの代替テキスト、『ツンデレ牡丹』がちょっと気になるお年頃。はたしてどの程度のツンデレだと思いますか、お嬢さん」
まるち「は、はわ?(^^; あ、え、ええっと〜」
あずさ「知るわけ無いでしょそんなもん(−− て言うか、こっちに聞くな」
へむ2「にゃ。まあとりあえず、総受けで無いっつーのはちょっとビックリだ。本気で最後まで総受けで行くかと思ってたんですけどねぇ」

* しかし、受け攻めはともかくショタじゃ無くなってるあのCGは何なんですかねぇ。エンディングで成長した姿、なのかあるいはなんかの魔法なのか。はてさてー?

-

* 蛇ノ道ハ蛇ソフト、『狂った教頭特別企画のアンケート終了。無事に袴が通った様で、俺様万歳

* で、後、企画第二弾、『校則募集』も始まってます。猛り狂う妄想を抱えている方は、是非に(笑)

-

* にゅにゅ。

* ほであ、ここまで。お休みなさいですにょー。


かぶらも。

* 今日はすかっとお仕事無し。て事で、朝イチのひこーきで東京帰還ごー。

*

へむ2「・・・あ」
まるち「はわ? あの、どうかなさいましたか?」
へむ2「うん。いや、今ライアーの、メガラ人気投票に投票してて気が付いたんじゃけどね? 知らんうちにライアー鯖の時刻が合っとるわ」
あずさ「へ? あの、いつでもどこでもズレてた時刻が?」
へむ2「うん。ようやくNTPを入れたのか、事務所引っ越しの折に一念発起して直したのかは分かんないけど、とにかく直っとる」
まるち「へーえ。まあ、でも、良かったじゃない?」
へむ2「うむ。これで投票ん時に、『えーと表示されてる前回投票時間がこれだからそれにこんだけ足して云々、ちょうど今が6時間のハズじゃー!』とゆー計算をしなくて済むというものですよはっはっはー☆」

* まあ、そこまでギリギリのタイミングで投票しなきゃいいじゃろ、とゆー突っ込みは置いといて(笑) やっぱ時刻がちゃんと合ってるのは気持ちいいですな。うむ。

-

* にゅ。

* で、秋葉。本買ったり雑誌買ったり、おや、『ボードゲームキングダム』のVol.2も出てますな。

*

へむ2「とゆー訳で買って帰ってまいりましたボドキン2。ふむ(ぱらぱら) んー、『Kablamo』とかゆーロシアンルーレットゲーが面白そうですな」
まるち「はわ? ロ、ロシアンルーレットですか?(^^;」
へむ2「うむ。具体的にはこんなの。ちょっとステキなんで欲しいと思うんじゃけど、通販ページ『ヨーロッパからの発送の遅れにより、現在のところ入荷は7月上〜中旬となっております』とあるからのう。しばらくは手に入るまい」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、残念ですね」
へむ2「うむ。まあ、でも、7月にはおいおい入るんじゃろーし。そしたら通販するなり秋葉に買いに行くなり、してみまっしょー」

* 後、『Dancing Dice』とゆーのも面白そうです。こっちも、見かけたらー。

-

* にゅにゅ。

* で、後はビデオに録っといたガオガイガー見たり『半熟英雄4』やったして今日はここまで。休日を満喫しつつ、お休みなさいですにょー。


[水無日記一覧] : 2005/06/19 : (コメントが2件あるにゅ)

庭木を植えましょ玄関に。

* 今日はお休みー。て事で。

*

へむ2「えー。にも書きましたが、我が家の玄関横にはちょっと土の露出した空間がありまして」
あずさ「とりあえず砂利敷いたのよね。一月前に」
へむ2「うむ。で、そのまましばし放置してた訳ですが。てゆーか『ししおどし欲しいなあ』とゆー気持ちと戦ってたのですが」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、あの、やはり〜。ししおどしさんは、ちょっと〜」
あずさ「近所迷惑だからやめなさい(−− 結構うるさいのよ? あれ」
へむ2「分かってますよう。とゆー訳で、ようやく諦めもついたので代わりに岩置いたり木を植えたりする事に。いつまでも放置しとく訳にもいきませんからにゃあ」

* て事で。近所のガーデニングセンター行って、岩(つーかちょっと大きめの単なる石)とか木(いや、70cm程の小さな物ですが)を買って来て、置いたり植えたりふにふにと。

*

へむ2「ふむ。まあ、こんなもんかなー。石のおかげで何とか『そこはかとなく和風』な空間になったと自負してるのですが、どうか?」
まるち「はい〜(^^) あの、十分かと〜」
あずさ「まあ、和風よね。何となく、だけど」
へむ2「何となくで十分でさー。てゆーか、これ以上和風にするんだったら本気でししおどし買うよ? 俺」
あずさ「買うな(−− ところで、この木って何の木?」
へむ2「この〜木何の木気になる木〜。と、強引に話題を転換しやがりましたな、あずささん」
あずさ「るっさい(−− で、何よ?」
へむ2「うい。とりあえず名札によると『ネグンドカエデ』ってゆーらしいですよ? 検索してみた所、和名では『トネリコバノカエデ』とゆーとか」
あずさ「ふぅん。カエデなんだ、これ」
へむ2「です。おお、そー言やかえでちゃんは元気?」
あずさ「・・・アンタもまた、いきなり話題を変えるわね。元気よ、少なくともこの前帰った時は元気だった」
へむ2「うい。では、また夏休みには遊びに来てください、とお伝えください。カエデの木でお出迎えしますから」
あずさ「・・・・・・(−− なんか、何となく言葉で表現出来ない割り切れない気持ちがあるんだけど。まあ、いいわ。伝えるだけは伝えといてあげる」
へむ2「さんくすー。しかしまあ何ですな。我が家の玄関横も、ようやく完成ですにゃ」
まるち「はい〜(^^) 綺麗な玄関さんになったと思います〜」
へむ2「いや、良かった良かった。花壇の方にも一通り花を植えたし、これで我が家のガーデニングもじ・えんどー」
あずさ「終わってどうする(−− て言うか、これからも水あげたり肥料あげたり、世話したげなきゃいけないんだから。気を抜かないの」
へむ2「へーい。まあでも、今日の作業はさすがにここまでっつー事で」

* ししおどしについては・・・まあ、諦めたんですけど。うん、諦めたんですけど。でも、そのうちミニチュアこんなんを買ってきてリビングに置いておこーかと思います。まる。や、それを諦めたって言うのかどうかは置いといて(笑)

-

* にゅ。

* であ、今日はここまで。明日からまたお仕事、頑張りますにょー。

* お休みなさい。ぐぅ。


どっこい生きてた森の中。

* 朝。

* お出かけー。途中、例によってヤンマガのカイジ君。

*

へむ2「と、言っても今週はまた、『話の進まない回』な訳ですが」
あずさ「一応『謎の坊ちゃんに改めて借金要請』くらいはやってるわよ?」
へむ2「それ、進んでるうちに入りますか? ま、いいですけど。とりあえずこれで、何か交換条件出されるんでしょうなあ、カイジ君」
あずさ「そう? 何も言わずに気前よく貸してくるんじゃないか、って私は思ってるんだけど。もう既に『返せなかったら身体で返す』って言質は取られてるんだし」
へむ2「そーですけどね。でも、もーちょい何か条件出してくんじゃねぇか、って俺は思うのココロー」

* とゆー所で次週はお休み。続きは7月入ってからー。

-

* 昼。

* お仕事ばたばたー。

-

* 夕方。

* 帰宅。

*

へむ2「・・・メガラフタートランプが欲しいなあ」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「何をいきなり(−−」
へむ2「いや。メガラフターをネタにボードゲーム作るんだったら、やっぱり宇宙人ズになってネタやお金を集めるゲームにするべきだよなー』とかゆーのを考えてたらですな、何となく。トランプがいっちょあるとちょーどうまくいくのではないか、とゆー風に思考が行ってしまった訳です」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「うん。ちょーどこー、ヒロイン4人だし侵略宇宙人8人だし、で、4で割り切れやすいんだわ。このゲームの登場人物って」
あずさ「・・・そう言われれば、そうねぇ。確かに」
へむ2「男キャラも真一君に博士、カエルにクヒオとちょーど4人いるしなあ。ううむ」
あずさ「て、何でそこにカエルが入るか(−−」
へむ2「入るだろう!? 男キャラの中では重要度3番目だっつーか、ああそうだ。クヒオ外してメガラフター入れよううんそうしよう」
まるち「はわ(^^;;; はぁ、あの、はい。防衛軍の方で固める訳ですね?」
へむ2「です。ジョーカーはラスボスのピーかっこネタバレ防止の為伏せ字かっこ閉じるで2枚OKだしー。うん、ゲーム本体どうするかは置いといて、とりあえずホントに作ってみるかなあ。トランプ」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、好きにしなさい。その辺は」
へむ2「うい。であまあぼちぼちと、作ってみましょー」

* まあのんびり一月くらいかけて。<トランプ作り>てゆーかその前に本体のゲームをどうするか詰めような、俺。

-

* 夜。

*半熟英雄4』やりつつ、ぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新で、大阪イベントのレポートが。

*

へむ2「おお。もうポスター、店に張り出されとるのか」
あずさ「みたいねぇ。大阪で出てる、って事は秋葉原でもどこかには出てるんでしょうね」
へむ2「でしょうな。一度チェックに行きたい所ですが・・・次秋葉行けるんは早くて次の土曜じゃしなあ。それまでにはサイトでCG公開されてそうなよっかーん」

* で、来週は新潟、と。<colors出撃>なにげにあっち方面にcolorsが行くのは始めてな気がしますが・・・とりあえず、行ける方ぁ是非にー。

-

* すたじお緑茶、『プリンセス小夜曲』情報更新。キャラ紹介ページがオープンで、まずはメインヒロインっぽいエロ姫っと。

*

あずさ「違う(−−メ ちゃんと読みなさい、『エトロマス』でしょうが」
へむ2「や、だってその名前呼びにくいし。いーじゃん、分かりやすくエロ姫で」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「はわわわわ(^^; え、ええっと〜。あの、やはりそれは、ご本人が嫌がられるのでは無いかと〜」
へむ2「呼びやすいのニー。ついでに公式設定で『耳年増』って書かれてるくらいなんだからやっぱえろいんだろ、って思うのニー」
まるち「はぁ(^^;;; で、ですけど、あの、やっぱり〜」
へむ2「にゃー。まあいいや、じゃあ間を取って普通にリーナ姫、って事で」
あずさ「最初からそう呼んどきなさい(−− ホントにもう・・・」
へむ2「(ぽむ)ああそうだ、二つあわせてエロリーナ姫、とゆー呼び方は」
あずさ「埋めるわよ(−−メ て言うかむしろ自分で埋まって来なさい。桜の木の下に」
へむ2「桜は人のエキスと吸って咲き誇るー。ま、それはさておき、後イベント情報すたっふ日記も更新ー」

* ちなみにイベント情報にいた娘は、このリーナ姫だったんですな。おにーちゃん、どっかのメイドさんかとばっかり思ってたんですが(笑)

* ・・・と、あ。後、更新内容には書いてないんですが『プリンセス小夜曲』、ストーリーページも公開されとりますな。『どっこい、生きてた森の中!』とゆーフレーズがなんか妙に合ってていい感じー☆

-

* にゅ。

* ほであ、ここまで。明日も朝からお仕事ですにょー。


沙枝体験版。

* お出かけお仕事ー。つってもまあ、今日はあんましやる事無いんですが。

*

へむ2「とゆー訳で。時間もあるしせっかくこっちに来たんだしー、て事で二次元ドリームマガジンの付録で付いてきたゲーム版『魔法少女沙枝』の体験版をプレイしているおにーさんがここにいる訳です」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「プロローグが終わった瞬間えろシーンに飛ぶ作りが大変潔いっつーか何つーか。あるいは画面に『犯られたり犯られなかったり』と出た後『犯られなかったり』でっかいバッテンが付くあたりよく分かってるなあ、つーか。うむ、意外とちゃんとした出来になってておにーさんビックリだ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「価格が2000円台で、基本的には同人流通で流れる、ってありますからな。もっとへちょいもんかと思ってましたが、これなら十分以上にオーケーですわ。発売されたら、買うといたしまっしょー」

* ・・・これでブランド名嘘天然じゃ無ければなあ。正直、俺的に一番納得のいかない所はそこだったりする訳ですが。ううむ(笑)

*

へむ2「ま、でもそれはさておき。今回の二次元ドリームマガジンには色々情報があるってゆーか、なんかえろ小説のモバイル配信も始めるそうですよ。二次元
あずさ「・・・は?(−−」
まるち「はわ?(^^;」
へむ2「携帯でえろ小説ー、だそうです。独自ドメインも取ったみたいで、ここ。6月中旬開始だそうですが・・・まだ、始まってませんね?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。始まっておられないみたいです〜」
へむ2「個人的には俺、携帯でWeb見る習慣が無いんでモバイルで新作配信されると読めなくってちと悔しいのですがー。とりあえず、書き下ろしも週5本ペースで載る様です。興味のある方はチェックしてみられるとよろしいのではないでしょうかー」

* おまけ。えー、二次元には凌辱系えろげの情報ページがあるのですが、その中に『ついこないだ販売凍結になった』ライディがあるのがお兄ちゃん悲しくて悲しくてもー。発表が校了より後だったからしょうがない、つー理屈は分かるのですが・・・何かもう、色々と切ないですなあ(苦笑)

-

* にゅ。

* で、夕方ばたんきゅーして夜起き出して、そしてこれからまた眠る、と。いつものパターンを踏襲しつつ今日はここまで。

*

へむ2「・・・と、ああ、エスクードで『英雄×魔王』の新しい修正パッチが出てますな。忘れないうちに当てておきましょう」
あずさ「いいから寝なさい(−− んな事してないで」
へむ2「にゃー。まあ大した手間でもありませんし、そう仰らず。ぽちっとなー」

* じゃ、寝ます。お休みなさいですにょー。


完全絶叫ヴァージョン。

* 今日は一日お仕事ー。で、夕方東京に帰還する訳ですが。

*

へむ2「ちょっと時間が余ったので洗濯をしつつ『ゆのはな』をやってるお兄さんでございます。おや、ゾンビ娘には見えてるんですな、主人公の本来の姿が」
あずさ「みたいねぇ。さぞ、こう、大変な光景でしょうに(−−」
へむ2「大変な光景だろうねぇ。ところでこの会話。この娘、不治の病かなんか患ってて余命幾ばくもないんじゃないかとゆー気がしてならんのですが、そう決めつけていいですか?」
まるち「はわ(^^; いえ、あの、これだけではお決めつけになられるのは〜」
へむ2「にゅ。じゃあ確率73%で死にフラグが立ってる、くらいの認識で」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、なんでもいいけど。そりゃ」

* で、ゾンビ娘の後は電気屋が出てきて。最後は縦ロール、っと。

*

へむ2「おお。間抜けでお馬鹿でなおかつ鉄腕系。良いキャラだー、縦ロールー☆」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・いやもう、どこから突っ込んだものやら(−− とりあえず、縦ロール違う。その娘」
へむ2「俺内部では縦ロールで呼称が固定されているので今更変更は利かんのです。は、しかもものごっつい不憫。いいなーいいなー、好きじゃなー、この娘♪」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・はぁ(−− まったく、もう」

* とまあ、満喫した所であい、プロローグ終了の今日はここまで。続きは、また今度ー。

-

* にゅ。

* で、家帰ってみたらガオガイガーのTV版DVDボックスと主題歌全ヴァージョン入りCDが届いてたりする訳で。さっそくCDを聴くおにーさんです、うひょひょひょひょ☆

*

あずさ「・・・・・・(−− ねぇ。その前に、一つだけいい?」
へむ2「にょ? 何ですかな、あずささん」
あずさ「このCD。なんでケースの両面とか歌詞カードの背景とかにやたら叫びが入ってるの?(−− 『光になれ!』とか『勇者なら歌え!』とか」
へむ2「だってガオガイガーだから。以上、説明終わり」
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、何だか島本和彦先生の漫画さんみたいです〜」
へむ2「いやまったく同感だ。てゆーか島本先生の漫画にこの歌詞カード挟んでても本気で違和感が無い。凄いネッ!!」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい、そうですね」
へむ2「歌本体も言うまでも無くナイスだネ。特に完全絶叫ヴァージョン。歌詞全部くっつけて、間に絶叫を配置しまくる、とゆーこの企画。誰だ考えたの。そして誰だ承認したの」
あずさ「・・・考えたのは知らないけど、承認したのは監督でしょ。そりゃ(−−」
へむ2「だろうねぇ。ああでも、こうやって叫び並べるとよく分かるよ。ガイ兄ちゃんの叫びは他とレベルが違うなあ、やっぱり。血管切れそなこれが、もーステキでステキで☆」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、はい。力が入っておられますよね」
へむ2「うむ。ああもう、身もだえしちゃうぞお兄ちゃん♪」
あずさ「・・・・・・(−− 楽しそうでいいわねぇ。まったく」

* 後、歌唱指導付きカラオケヴァージョン全然歌唱指導になってないあたりもステキです(笑) いいなあ、これ。ホントに☆

*

へむ2「出来ればもっと大音量で聴きたいと思うおにーさんでございます」
あずさ「近所迷惑になるからやめなさい(−− それは」
へむ2「うい。ですから、次向こう行った時に。ヘッドフォンして、音が漏れない様にしてから全力で聴こうと思います。うひょひょひょひょー☆」

* あ、DVDボックスの方も当然順番に見る予定。いやいや、色々楽しみですにゃあ(笑)

-

* にゅにゅ。

* であ、寝る前にちまっとぐる。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。キャラフェスまで後およそ10日、つー事でチケットプレゼントやっとります。おにーちゃんは自分でチケット買う予定なんで応募はしませんが、せっかくですのでその気のある方は、是非に。

*

へむ2「後はイベントでの販売物とかその辺。トークもある様ですな」
まるち「はい〜(^^) お時間の方は、まだ決まっておられないみたいですけど〜」
へむ2「どうせなら午後がいいなあ。キャラフェス、朝は人が多すぎて行く気になんないし。14時とか15時とか、希望〜」

* ま、でも、とりあえずその辺は後日の情報公開を待つですよ。何時になるのかなー。

-

* すたじおみりす、『いただきじゃんがりあんR』のオープニングムービー公開。や、ムービー自体もよく動いて良いな、と思うのですがまあそれはさておき。

*

へむ2「・・・おにーさん、ここまでスタッフ名の読みとれないデモは久しぶりに見た様な気がするよ。うん」
まるち「はぁ(^^; そうですね、あの、脚本の方とか、グラフィックの方とか〜」
あずさ「本気で一瞬で流れるもんねぇ。その辺」
へむ2「まあ、OPだからな。『スタッフなんぞよかゲームへの期待盛り上げるんが先じゃゴルぁ』とゆーのは極めて正しい態度ではある。態度ではあるけど、ここまで割り切ってるたぁなあ」

* ちょっと感心。つっかURAさんの作るデモはいつも何か変な方向向いてて、ナイスだと思うのココロです(笑)

-

* にゅにゅにゅ。

* であ寝ます。お休みなさいぐー。


[水無日記一覧] : 2005/06/23 : (コメントが2件あるにゅ)

金髪ツインテール。

* 今日はお休みー。て事で昼まで寝たり、ダラダラ『半熟英雄4』やったり。

*

へむ2「うし。5人目の英雄もレベル17、と。これで全員レベルが揃ったし、じゃあぼちぼち次の面に進みま」
あずさ「却下(−− 今日はそこまでにしときなさい」
へむ2「・・・何故?」
あずさ「何故も何も(−− 何時だと思ってるのよ、今」
へむ2「22時過ぎ。まだまだ宵の口ですな」
あずさ「・・・・・・(−− 今から。次の面に進んだら。3時間とか、4時間とかかかるでしょう?」
へむ2「ん、どうだろう? ギリギリこー、2時間59分くらいで済むんじゃないか、って気がしてるんですが」
あずさ「ほとんど3時間でしょうがそれはっ!!(−−メ いいから、お風呂入って寝なさいっ!!」
へむ2「にゃー。であ、その前にぐるだけ〜」

* て事で、ぐる。

* すたじお緑茶、『プリンセス小夜曲』の情報更新。キャラクター2人目紹介で、今度は金髪ツンデレツインテール、と。まあ基本に忠実なキャラ造形ではありますが、基本すなわちこれ王道。やはり良い物でございますな(笑)<ツンデレツインテール

*

へむ2「しかも、です。このキャラ、ツンデレに加えてちょっとお馬鹿でしかもひんぬー。うむ、ナイス☆」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「とりあえず、現時点ではおにーさんのイチオシキャラだと宣言しておきたい。てゆーか、寄越せ。俺に」
まるち「はわ(^^;;; そ、そ、そう仰られましても〜」
へむ2「ダメか。ダメだとゆーのか」
まるち「はぁ(^^; いえ、あの、ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−− あー。とりあえず」
へむ2「にゅ? とりあえず?」
あずさ「黙れ(−−メ むしろ黙れ今すぐ黙れ。黙らないなら拳で一撃」
へむ2「・・・それは嫌じゃなー。ま、いいや。じゃ、今日の所は『とりあえずツバつけたー』だけ、とゆー事で」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・まったく、もう(−−」

* 後、えろへの免疫が無さげなあたりも良いポイントです。<金髪ツインテール>やー、からかい甲斐がありそで良いですなあ、この娘(笑)

-

* Game-Style。新ブランドもみじへの・・・とゆーか、田所のおっちゃんへのインタビュー、掲載。なんつーかおっちゃん、本質的な所では何も変わってない様で、何より(笑)

*

へむ2「つーかあれだ。おにーさん的にはいいぞおっちゃんもっとやれ、とゆー気分でございます」
あずさ「・・・アンタ、好きだからねぇ(−− 頭の悪いゲームとか、好き勝手にやってるゲームとか」
へむ2「だって元気が無い世界はつまらんじゃん。最近のえろげ業界はいささかユーザーフレンドリー過ぎるので、たまにはこれくらいユーザーの存在を気にせず突っ走ってくれる人がいてくれた方が俺嬉しい」
あずさ「はいはい(−− 別に言い訳とかその辺は要らないわよ、責めてる訳じゃ無いんだし」
へむ2「や、俺も別に言い訳してるつもりは無いんですけど。ま、とりあえず『SEX MACHINE』は買いましょう。清々しく田所のおっちゃんテイスト満載になってる様ですしー」

* ・・・ところで、この勢いで『電撃ナース』リメイクしてくれんかなあ、おっちゃん。や、もみじブランドの目指すもんとは全然方向性が違うんで無理っぽだとは思うんですけど。

-

* にゅ。

* んじゃ、ここまで。ご飯も食べて風呂も入って、やる事やったんでもう寝るれす。お休みなさいですにょー。


ぷりんせす・ぷりんせす。

* 今日は日帰りお仕事。て事で朝起きて昼出かけて夕方まで働いて夜帰宅。

*

へむ2「と、ゆー一日だったので。特に日記に書く事も無いのですな」
まるち「そうですね(^^; えっと、あの、通販で注文なされたゲームさん達が一応、届いてはいますけど〜」
へむ2「その辺、プレイ出来るんが早くて来週になりますからにゃあ。無理に今日取り上げる気にならないっつーか何つーか」
まるち「はい〜(^^;;;」
へむ2「ま、とりあえず。『今日は平和な一日でした。まる』とゆー事で」

* んじゃ、後はぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。

*

へむ2「で、そこにある様にですな。テックジャイアンに『狂い咲きヴァージンロード』の新しい情報が載ってますので、ちょーど今日買ってきたおにーさんとしてはチェックしてみてたりする訳です」
あずさ「・・・・・・(−− とりあえず、持って回った言い方はしなくていい」
へむ2「にゅ。ではストレートに。えー、敵キャラっつーかマリスへの求婚者。それの情報が出とります。まあぶっちゃけ簡単に言うと一人目は下品な変態、二人目は慇懃無礼な変態だそーで」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「なんてゆーか、男運無ぇなあマリス、って感じですが。まあでも、魔族だもんな。求愛行動が人間と違っててもしょーがあるまいて。うむ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「で・・・とりあえず、新しく出た情報で重要っぽいのはそれくらいかな。あ、後、マリスの叔父さんっていうのもきっぱり変態だと思う。多分」
あずさ「だーっ! 変態しかいないのかその世界はっ!!(−−メ」
へむ2「いないんでないかね。つか、変態が多い方が俺ら楽しい。とゆー訳で、もっとやれ魔族タチー」
あずさ「るっさい(−−メ まったくもう・・・」

* あ、後、広告の方でマリスの普段着姿(多分)も出ています。白いドレスみたいな奴。イベントで広報娘さんが着てるの、やっぱマリスのコスプレだったんですなあ。

-

* PULLTOP、新作『PRINCESS WALTS』の情報公開。これはまた、ちょっとPULLTOP物としては異色っぽいにゃあ、とゆー気もしますが、それはまあさておき。

*

へむ2「・・・なんか、今月情報公開されたえろげって妙にプリンセス物が多い気がしますよ? 緑茶の『プリンセス小夜曲』とかQ-Xの『姫さま凛々しく!』とかBlack LiLithの『奴隷メイドプリンセス』とか」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・最後のだけ、絶望的に方向性が違ってる気がするのは気のせい?(−−」
へむ2「気のせい。つーか話はまだ途中です。後、Psy-chsの『凌姫II 妖しく蠢く淫謀の円舞曲』なんかもあるでよ? ほら、これで2対2」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「アレですかねぇ。今年下半期は『お姫様が来る』流れなんですかねぇ。ひょっとして」
あずさ「知らないわよ、そんなの(−− て言うか、お姫様物なんか昔からあるでしょうが、それなりに」
へむ2「ま、そうなんですけど。でも、これだけまとめて情報公開が来ると、ちとはてな、な気分ですよー」

* あ、ちなみに『PRINCESS WALTS』の中ならルンルン姫が良いかな、って思います。個人的に。特に名前が覚えやすいあたりが好感度高くて良いですな(笑)

-

* にゅ。

* ほであ、ここまで。明日はお休み、ぐうぐう寝るですよー。

* ぐぅ。


サイバー力(ぢから)。

* 今日はお休みー。て事で一日『半熟英雄4』。サイバーエッグを持った6人目の英雄を仲間にして、延々レベルアップ作業をしてた訳ですが。

*

へむ2「うーがー。サイバーエッグ、弱すぎ〜」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、他のエッグモンスターさんに比べると、少し、あの、お力が足りないみたいですね」
あずさ「でも、その辺ってレベルが低いせいもあるんじゃないの? レベルが上がれば少しは・・・(ぱらぱら) て、無理そうねぇ。攻略本のデータ見る限り」
へむ2「うむ。基本的に防御力特化型モンスターの集まりになってるんで、攻撃力が総じて足らん。攻撃力が足らんから長期戦になるのに、体力回復能力を持った奴が一人もいない。加えて、防御力特化型のくせに言う程防御力が高くない。はっきり言うと、とても絶望的だ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・あー(−− まあ、でも、ほら。半熟レベルが15とか17とか19とかになればそれなりに攻撃力のあるエグモンも出てくるみたいだし。それまで頑張りなさいよ」
へむ2「そういう、さらに絶望的なセリフを吐くのはやめていただきたい。こんな速攻で死ぬ今の状況で、レベル15だの17だの19まで上げるのがどれだけ大変かー」
あずさ「それは分かるけど(−− でも、しょうがないでしょ。やるしか無いんだから」
へむ2「そうなんだけどさあ・・・あうー。サイバー力が足らんぞコンチクショー!!」

* とゆー訳で、下手すりゃダンジョン入って最初の戦闘で死亡、とゆーホントに絶望的な戦いを繰り広げて、一日がかりでなんとか半熟レベル15まで。これでまあ、この後はようやく少し楽出来そうです。ふぅ。

*

へむ2「あー。疲れた」
まるち「はい〜(^^; お疲れさまでした、ご主人様。あの、お茶をどうぞ〜」
へむ2「うい、ありがと。しっかし・・・本気で弱ぇな、サイバーエッグ」
あずさ「そうねぇ。基本的にこのゲーム、『戦闘で負けそうになったらエグモン出して仕切り直し』なのに、それが出来ないってはキツいわねぇ」
へむ2「やったらこっちが負けるからな。こいつの場合。で、それが出来ないせいで対エグモン戦がすごく少なくなる。結果、経験値のたまりがかなり遅い訳よ、これまた」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、大変ですね」
へむ2「大変さー。さらにおまけに、サイバーエッグ持ってる英雄は英雄自体が弱い。おかげで兵士の消耗も多くって、お兄さんしくしくり」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「あー(−− ま、でも、とりあえず。この後は楽になるんだから、気を取り直して頑張りなさいな。また来週に」
へむ2「うい、また来週に。今日は疲れたんで、ここまでー」

* あー疲れた疲れた。せめてレベル10くらいの所に使えるエッグモンスターが1人いればよかったんですけど、ねぇ。

-

* にゅ。

* ほじゃ、例によって最後ぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。今日は新潟キャララ、つー事でイベントレポートが。

*

へむ2「ふむ。結構人が入ってますな」
まるち「はい〜(^^) 土曜日ですのに、意外と〜」
へむ2「まあ、あっちではイベント自体が少ないんで、機会を逃さずにー、という人が多いのでしょう。きっと。しかし土曜でこれだけ来るなら日曜やればもっと来るじゃろになあ。なんでやんないんだ、キャララ
あずさ「そりゃアンタ。会場が取れなかったとか色々あるんでしょ、きっと」
へむ2「む、そうかも。まあしかし、とりあえずこれで新潟イベントもしゅーりょー。来週は東京でキャラフェス・・・て、来週? 早いな、おい」
まるち「そうですね(^^; もう、すぐです〜」
へむ2「行く準備、しとかねぇとなあ。うにゅにゅにゅにゅ」

* とりあえず身分証明に免許証と、後一応デジカメ。それくらいは準備、忘れない様にしとけー。>来週の俺

-

* にゅにゅ。

* であ、寝ます。お休みなさいぐー。


ヌルめの方程式。

* 今日は月イチTRPGの日。て事で例によって例の如く、スペオペヒーローズのセッションを。

*

へむ2「今回のてぇまは『24時間以内に解決しないと酸素切れで全員死ぬぞ』とゆー『冷たい方程式』変形版。まあ、『別に誰かを犠牲にしなくてもクリア可能』とゆー時点でだいぶヌルめの『冷たい方程式』なんですけどね」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、あの、どなたかを犠牲にしなくてはいけない、というのは、やはり、TRPGさんですと辛いのでは〜」
あずさ「後味悪いでしょうが。そんなの(−−」
へむ2「まーねー。だからヌルい方程式ではあるんですけど、でもま、宇宙物として一度はやっとかんといかんネタではありますからなー。時間切れになったら全員死ぬ、てぇ事で緊張感も持って貰えましたし、後、最後にきっちりオチも付きました。のでま、今回はこれで良しとゆー事で」

* ただ、唯一の反省点としてはアレですね。今回、一度も戦闘が無かった事。いや、ダイス目が異様に偏った結果そうなっちゃったんですが・・・ぬう。せめてどっかに固定戦闘イベント入れておくべきだったかもー(^^;

-

* にゅ。

* とか言いつつ、飯食って帰ってきたらもう22時。なんで今日はここまでー。寝マスにょ寝ますにょお休みですにょー。

* ぐぅ。


レベル18揃い踏み。

* 朝。

* お出かけー。今週はカイジ君載ってないんで、ヤンマガもパスー。

-

* 昼。

* お仕事ー。まあそれなりに、ふにふにと。

-

* 夕方。

* 家帰って、『半熟英雄4』。ようやく、本当にようやく、サイバーエッグのレベルも18まで上がってふぅこれで何とかOK、とゆー所まで。

*

へむ2「・・・しかし、どうすっかなあ。全員最大値のレベル20まで上げて、それからシナリオ進めるか。それとも、先にシナリオ進めちまうか」
あずさ「素直にシナリオを進めなさい(−− 全員レベル18あれば、本編じゃあほとんど負け無しでしょうが」
へむ2「ま、そうなんですけど。問題は、メインダンジョンの81階には封印が無くってそのまま次に進めてしまう事。『先に進める』のが分かっててそれを放置するのは、どーも趣味に合わないっつーか何つーか」
まるち「はぁ(^^; えっと、ですけど、あの、英雄さんももうお一人おられる訳ですし〜。あの、後でどうせまた、経験値を貯めに戻ってこなくてはいけない訳ですから〜」
へむ2「にゅう。それもまあ、そうなんですけど・・・うにゅー」

* と、まあ。そんな風に悩んでいるうちに、いつの間にやら晩ご飯の時間になってたので今日はここまでー(ぉ 続きはまた、週末になってから悩みましょう。

*

あずさ「結論を出しときなさいそれまでに(−−メ なんでわざわざ週末になってから悩むのよ」
へむ2「いや何となく。ゲーム画面見ながらでないと結論出ないかなー、とゆー気がしたりなんかしちゃったりして?」
あずさ「やかましい(−−メ いいから、週末が来る前に決めときなさいっ!!」
へむ2「にゃ。であ、そーゆー方針で。具体的には、サイコロ振って?」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、はい。それも、あの、立派な決定方法だとは思いますけど〜」
へむ2「じゃ、問題無しですね。それでごー」
まるち「はぁ(^^;;; え、ええっと、あの、えっと〜」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、何だっていいわよ。とにかく、決めときなさいね」

* 奇数だったら経験値稼ぎ続行、偶数だったらシナリオ進める、で一つ。金曜日になったらダイス振っときまっしょー。

-

* 夜。

* めち食って風呂入ってぐー。お休みなさいですにょー。


[水無日記一覧] : 2005/06/28 : (コメントが2件あるにゅ)

新潟経由仕事行き。

* 朝。

* 今日もお仕事、ひこーきでお出かけ、なんですが。

*

へむ2「・・・なんか、向こうの空港。えらい天気が悪いみたいですなあ」
まるち「そうですね(^^; 今、あの、『出発が30分遅れます』とアナウンスがありましたし〜」
あずさ「最悪飛ばないかも、とかも言ってるわねぇ」
へむ2「まあその辺は定番のセリフなんで頭から信じる必要は無いと思うのですが。しかし、セリフだけならともかく『天候調査の結果実際に出発が遅れちゃう』つーんはかなり本気でマズっぽじゃなあ」
まるち「はい〜(^^; 一応、あの、飛ばない可能性も考慮なさった方がよろしいのではないかと〜」
へむ2「うん。ただまあ、飛ばないなら飛ばないでそれはそれで、つーか。最悪なんはむしろ・・・あー。まあ、いいや。とりあえず流れにまかすべぇ」

* で、流れにまかせた結果。『飛行機飛ぶ→目的地の天候が悪く降りられない→東京に戻る訳でなく、新潟空港に着陸→貸し切りバスでこれから3時間以上かけてごー』とゆー事に。

*

へむ2「うむ。予想されるうちで最悪の結果ですな、これは」
あずさ「そうねぇ。どうせなら東京まで帰ってくれた方が早かったって言うか、なんて言うか」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、東京からお電車で、ですと4時間以上かかる訳ですから〜。あの、こちらの方が、少し〜」
へむ2「時間だけで言うとな。でも、『電車での4時間』『バスでの3時間』なら電車の方が楽だぞ。絶対」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、そうなんですけど〜」
へむ2「いいけどな。別に。今日は何も仕事無いしさー」
あずさ「不幸中の幸いよね、それが(−− これで仕事あったら、どうしたもんかと」
へむ2「や、どうしょうも無いですよ? それは」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ、そうなんだけど」
へむ2「ま、いーよいーよ。とりあえずのんびり、いくべぇ」

* とゆー訳で、今日は延々移動してるだけ、とゆー感じで現在進行形あいえんじー。まあ移動中は日記書いたり、次回のTRPGセッションの準備をしたりとそれなりに有意義には過ごしてるんですが、ああくそノーパソのバッテリーが足りねぇ

*

へむ2「さすがに、朝からひこーきの中で使ってバスの中で延々使って、となると保たんのう」
まるち「そうですね(^^; 一応、あの、大きいサイズのバッテリーさんには変えてあるんですけど〜」
あずさ「しょうがないでしょ。合計で5時間くらいは使ってたんだし、おまけにiPodの充電までしてるんだし」
へむ2「だってしゃふーる、バッテリー切れしやがるんですものー。ただでさえ暇なバスの中なのに、音楽無くなったらさらに暇じゃ無いっすか」
あずさ「どっちにしろ充電してる間は使えないんだし、大して変わんないでしょうが(−− て言うかほら、もう着くから。我慢しなさい、それくらい」
へむ2「にゃー。ひーまーひーまー暇ひーまー」

* 長距離移動バスは全座席にコンセントを付けるべきだと思います。まる。

-

* にゅ。

* で、職場に着いてみたら。実はさくっと仕事が入ってたりする訳で(ぉ

*

へむ2「・・・いや。入ってるのはいいんだけどさあ。何故それを朝連絡入れた時に言ってくれないのか、と思うおにーさん15の春である」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、連絡を頂いたからと言って、どうにもならなかった訳ですし〜」
へむ2「や、連絡さえ貰えりゃあ後10分くらいだけは早く着く方法があったんですが。まあ・・・でも、いいや。とりあえず俺働いてくるから、君ら先に部屋に行ってなされ」
まるち「はい〜(^^; お仕事、頑張ってください〜」
へむ2「ほいほい。まあそんなに大した仕事でも無し、さくっと終わらせてくるですよー」

* て事で最後はちまちま働いて、あい、一日しゅーりょー。今日は早寝するんで日記もここまで、また明日ー。

* お休みなさい。ぐぅ。


今週来週はオイソガ氏。

* 今日は一日お仕事でした。

-

* さて。

*

へむ2「で。明日も朝から一日お仕事なのですよ。つか、今週来週はやけに仕事が一杯で」
まるち「はい〜(^^; お疲れさまです、ご主人様」
へむ2「いやま、別にそんなむげに疲れる訳じゃねぇっつーかこのくらい疲れてもまあ仕事だから普通よね、って感じなんですが。しかし困った事に、えろげをする時間が無い。むう」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ。確かに、あの、今日もお早めにお休みになられませんと〜」
あずさ「て言うか、夜更かし禁止(−−」
へむ2「ぱぎゅー。心の底から納得いきませんナ、と強く主張したい所ですがまあしかし。とりあえず今月のノルマは達成してあるんで良しとしましょう」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「てゆーか、あずささんの意見を聞き入れてあえて夜更かしもせんと寝るんですから、9月のえろげ購入枠に関してはその分手心を加えていただきたいばんばん!」
あずさ「やかましい(−−メ 今月ゲームが出来ないのと、9月の購入枠と一体なんの関係があるかぁっ!!」
へむ2「実は8月、ろくでもない数の購入予定があるんです。ので、9月の枠を緩めていただかないとちょっと俺様大ピンチ?」
あずさ「知らないわよ、そんなの(−−メ て言うか、どうせいくらかは延期するんでしょ」
へむ2「・・・いや、そんなお嬢さん、身も蓋も無い。確かにまあ1つ2つは延期する思いますけど、だからと言って油断は出来ず。9月、買えなくなったら困るでしょー?」
あずさ「私は困らない(−−」
へむ2「俺が困るんですってば。人を困らせて楽しいんですか、お嬢さん?」
あずさ「・・・どの口でそういう事を言うか、この男は(−−」
へむ2「この口でー。まあでも冗談抜きでですな、ちょっとだけ考慮していただけるとありがたく。今年は全体的に買う量も減らしてる事ですし、一年のうち一回くらいは、ね?」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「ね? ね?」
あずさ「あー(−− その辺は8月末の状況次第! もしその頃、ちゃんと計画的に崩せてたら考えてあげない事も無いわよ」
へむ2「うい、あいがとー。んじゃ言質も取れた所で、そのまま流れで今月のまとめと来月の購入検討、やっちゃいますカー」

* て事で。今月は、これだけえろげを買いました。

* 計2本。先月までと合わせると今年は合計12本で、やっぱりきっちり月2本ペース。うにゅう。

*

へむ2「ぶつくさぶつくさああ少ねぇ。まあでもいいや、そんで、過去の積みからはー?」
まるち「あ、はい(^^; ええと、『MERI+DIA』さんに『絶対地球防衛機メガラフター』さんが終了なさってますので〜」
へむ2「ん。つまり2本きっちり入れ替わり、っつー事ですな」

* とゆー訳なので、現在の積みは以下の如く。

* 計5本で変わらず。あい、そいじゃ続いて来月の購入予定。来月もまた、月末まで買うもんが無いので途中をぶっとばして。

* 7/29発売物。

* 狂い咲きヴァージンロードcolors

* 言うまでもなくメーカー買い以下略。今度はまあ、最初からcolors主体なのできっちりたーんとえろシーンが入るでしょう。てゆーか入らんと許さん(笑)

-

* えろぼーん武礼堂

* こっちは何か変なノリで面白そうなので。パロディ満載なんで嫌う人は嫌うでしょうが、お兄ちゃんこーゆーの好きー。

-

* いじょ。今月も、また2本ー。

*

へむ2「・・・ああ、少」
あずさ「それ以上ぐちぐち言ったら殴る。爽やかに(−−」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「さ。晩ご飯にしましょうか(−−」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。では、準備いたします〜」

* まあしかし、上でも書きましたけど8月がやたら多いですからにゃあ。<えろげ購入予定>来月は我慢しますにょ。2本で。

-

* にゅにゅ。

* じゃ、最後ぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。あーんどすたじお緑茶イベント情報すたっふ日記更新で両方そろって来週のキャラフェス話ー。

*

へむ2「・・・て、ああ緑茶キャラフェスに参加するんだ。そりゃー良かった」
あずさ「でも、参加メーカー一覧には無いわよ?」
へむ2「これから載るんでしょ、きっと。しかしイベント4日前で新規受け付け可能ってスゴいな、おい」
まるち「はぁ(^^; そうですね、ちょっとビックリです〜」
へむ2「ホントにねぇ。ま、でも回る場所が増えるのは良い事です。さらっとテレカでも買いに行くといたしまっしょー」

* 後はなんぞ配布物あったら貰ってきますべぇ。あるのか無いのかまだよく分かんないですが。

-

* にゅにゅにゅ。

* ほであ、ここまでー。お休みなさいですにょー。


マイナス97匹。

* 今日も一日お仕事以下略。

*

へむ2「うにゃー(ぐでー)」
まるち「お疲れさまです、ご主人様(^^; 今日は、あの、昨日よりもお忙しかったみたいで〜」
へむ2「つーか妙にとらぶりゃーな一日でした。とってもとっても疲れたので、とりあえずまずは『サイバーコップ』のDVDを見るとしよう」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、はい。では、準備いたします〜」
あずさ「・・・素直に寝ようか、とかそういう発想は無いのか、アンタは(−−」
へむ2「もーちょっとで最終話まで見終わるのですよー。ので、ぼーっと画面を眺めながら気力を回復。いぇい?」
あずさ「・・・・・・(−− まあいいけど。そりゃ」

* とゆー訳で最終話まで。<『サイバーコップ』>やー、突っ込み所も山ほどあるけど、でもやっぱり(むしろ、『だからこそ』?)好きだなー、この番組(笑)

-

* にゅ。

* じゃ、ラスぐるー。

* ライアーソフト、新作『ぼーん・ふりーくす!』の情報公開。あーんど、それに伴って謎企画開始ー。

*

あずさ「・・・101匹ウラシルちゃん?」
へむ2「んにゃ、101匹、カッコマイナス97匹カッコ閉じるウラシルちゃん、です。つまり4匹ですな」
あずさ「・・・・・・(−− だったら最初からそう書きなさいよ」
へむ2「や、それを俺に言われても。まあともかく、そーゆー訳で変企画。新作のメインヒロインである所のウラシルちゃんを自分のサイトに招いて経験値を貯めさせよー、とゆー事ですな」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、経験値、とは、少し違う気がしますけど〜」
へむ2「うーん。でも、ただ単にサイトにCGのっけてそれを次の人にバトンしてー、だけじゃつまらないってゆーか。『ポイントが貯まるとなんか属性がくっつきます』くらいの事があってもいいんじゃないかと思ってもみたり」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、ですけど、『発売日まで』のルールですから〜。あの、何か特別な事があっても、ゲームさん本編には反映出来ないのではないかと〜」
へむ2「うむ、それが問題だ。ので、その辺は無理なんだろーなーと思いつつ、まあでもちょっとだけ夢見たいエンジェル隊。てゆーか受け取ったCGをさらっと加工して次の人渡す、とかしちゃダメなのかのう」
あずさ「ダメでしょそれは(−−メ そんないきなり収拾のつかなくなりそうな事、一体誰が許可するかっ!」
へむ2「・・・ちっ。まあいいや、とりあえず応募だけしときまっしょー」

* あ、応募はもちろんカニで。だってカニですし、さらに加えてスク水っぽい服ですし。ねぇ?(笑)

-

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。今週末のキャラフェスん時のタイムテーブル公開で、13時からポスター配布の14時からじゃんけん大会、と。

*

へむ2「じゃんけん大会では豪華景品もある様ですな。一応」
あずさ「一応、ね。アンタじゃんけん、勝てないけど」
へむ2「がっでむ。いやまあしかしそれは置いといて。なんか情報も出るっぽなので、そっちをメイン目的にして行ってみるといたしまっしょー」

* あ、ちなみに販売物情報も出とります。いや、おにーちゃん的にはそこに書いてあるもん全部持ってるんで、あんまし意味は無いんですけど(笑)

-

* にゅにゅ。

* であ、ここまで。おーやーすーみでーすにょーん、まーたあーしたー。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]