まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



過去形あいえぬじー。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


壁コン開始。

* 朝。

* ぐー。

-

* 昼。

* 今日は特にお仕事無し。でもま、一応職場に行って細かい事を色々と。

-

* 夕方。

* ちと眠いので、ぐー。

-

* 夜。

* さて。それでは今日から4月ですので。

*

へむ2「今月のえろげ話にいこーかと」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・新年度早々、この男は(−−」
へむ2「えー。でも、やる事ぁさっさとやっときませんとー」
あずさ「あーはいはい(−− じゃあとにかく、先月のまとめからやっちゃいなさい」
へむ2「うーい。んじゃ、ごー」

* 先月は、これだけえろげを買いました。

* 計2本の、これで先月までと合わせて計6本。やっぱ今年はえろげを買ってませんよ、おにーさん。

*

へむ2「良くない傾向ですね」
あずさ「いい傾向の間違いでしょ(−− で?」
へむ2「・・・あずささんとはどこまでも意見が平行線をたどってるよーな気がします。まーともかく、買った2本は両方未着手。過去積みからは『愛cute! キミに恋してる』『未来にキスを』と潰しましたからー」

* 現在、積みげはこんな感じ。

* なかなかこー、残り3本から状況が動きませんなあ。むう。

*

へむ2「まあ、えろげが月末にまとめて出るからー、ってのはあるんですが・・・」
まるち「そうですね(^^;大体いつも、月の前半で減って、後半で増えて〜、ですもんね」
あずさ「でも、月に2本しかプレイ出来てないのも事実よ(−− 3本以上プレイしてれば、絶対減っていくんだから」
へむ2「ぱぎゅー。そーなんですよねぇ・・・」
あずさ「て言うか、よく考えたらアンタ、1月終わった所で残り2本だったじゃない。何増えてんのよ、コラ(−−メ」
へむ2「えうー。それに関しては『Forest』に時間取られ過ぎたからってそん時OK貰ったじゃ無いですかー。今更蒸し返されてもー」
あずさ「やかましい(−−メ とにかく、今月は2本にまで戻しなさい。いいわね?」
へむ2「・・・あんまし良くないと思うのココロー。しくしく、でもまあ、頑張ってみますにょー」

* で、とりあえず今月の確定。

* 4/9発売物。

* プリンセスムーン 〜聖宝石騎士団の受難〜(MAIKA)

* おにーちゃんは、たいらはじめせんせいのえろまんががだいすきです。えろいの万歳

* とゆー訳で、お姫様で媚薬で堕落なこれを一発。今月のえろ担当ー。

-

* 4/23発売物。

* リアライズ(playm)

* 高橋パパなので。今月の読み物担当ー。

-

* さて。

*

へむ2「で、確定はこの2つとして。それ以外にも演出が気になる『Quartett!』とか、妙にえろっちそうな『魔女の贖罪』とか。戦うヒロイン犯られ系の『魔界天使ジブリール』とか同じく犯られ系でなおかつ俺のためにわざわざ3月から逃げてきてくれた『スイートナイツ2』とかが気になるのですが」
あずさ「・・・・・・(−− とりあえず、4月に延期になったのはアンタの為じゃ無い。絶対」
へむ2「えー?」
あずさ「反論は却下(−− で、その辺買って、4月の末に残り2本に出来る訳?」
へむ2「うむ。まあ、多分・・・無理?」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「えー。冗談抜きで真面目な話をしますと、来週『エンジェルメイド』クリア、再来週に『プリンセスムーン』クリアでその後半月使って『ジュエルスオーシャン』。それがギリギリ可能なラインかと」
あずさ「じゃ、今月は確定の2本だけね(−−」
へむ2「えー」
あずさ「えー、じゃないっ!!(−−メ
へむ2「ぱぎゅー」
あずさ「ぱぎゅーでもない(−−メ い・い・わ・ね?」
へむ2「・・・しくしくしく。おにーちゃん、こんなに頑張ってるのになあ。どうしてこー、あずささんは『じゃあ、もうちょっと積んでもいいわよ』とか言ってくれんのでしょうか。ねぇ?」
まるち「はわ? は、はぁ(^^; ええっと〜」
あずさ「そういう寝言は積みをゼロにしてから言いなさい(−−メ とにかく、確定2本だけね」
へむ2「えうー。じゃあ、もし、20日くらいまでに十分以上崩せてたら?」
あずさ「その時は別に買っても構わないわよ? でも、出来ないんでしょ?」
へむ2「・・・まあ、そうなんですけどー。でも、夢は持ちたいじゃ無いですカー」
あずさ「はいはい、じゃあいくらでも持ちなさい(−− しょせん夢だけど」
へむ2「・・・えうー」

* とゆー訳で、とりあえず今月は確定2本。もし積みがさくさく崩せるよーなら、そん時は追加で何か買う、とゆー事で。

-

* さてさて。

* じゃ、すっかり遅くなったので。後は、のへのへっとぐるー。

* ライアーソフト、今日は更新がいっぱい。まずサイト自体がリニューアルで、リーピチープ萌え。そして新作『Angel Bullet』と『サフィズムの幻想アン・エピック』のページが出来ていて、さらに壁紙コンテスト4月エントリー作品の公開が始まっとります。

*

へむ2「おお。さすがに強いですな、『腐り姫』」
まるち「そうですね(^^) 全部で53作品で、そのうち18作品が『腐り姫』さんですから〜」
へむ2「うち3作品は俺のだから除くー。つまり41作品中15作。大体1/3が腐ってる訳ですな」
あずさ「腐ってるとか言うな(−−メ に、しても・・・意外とキャノンボールとかは少なかったわね」
へむ2「そーね。腐りと同数くらい来るか思ったんですが・・・ひのふの、6作品。『Forest』より少なかったですな」
あずさ「サフィズムとか行殺とかも、ねぇ・・・」
へむ2「うん。もーちょい多いかと思ってたんですが・・・ただまあ、アレね。朗報が一つあるね」
あずさ「朗報?」
へむ2「ラブネゴ俺以外の投稿者がいた。ヘタすりゃゼロかと思ってたから、万々歳だ」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「おにーちゃんはラブネゴが大好きだー。だー。だー。一人エコ〜」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ、いいけど。で? 投票の方はどうすんの?」
へむ2「あ、うん。えーとね、投票、『期間中に一回だけ』しか出来ないみたいだからさ、もーちょっとじっくり考える。『お気に入り作品』選ぶだけならそんなに悩まないんじゃけどさー」
まるち「最優秀作品さんも選ばないといけないんですよね(^^;」
へむ2「うん、それが難問。後、自分の作品に票を入れるかどうかとゆーのも難しい」
あずさ「・・・は? 入れるの?」
へむ2「だって、1票も入ってなかったらさすがに悲しいじゃないですか」
あずさ「・・・・・・(−− いや、でも、自分で入れてその票だけしか無かったら一緒でしょ? 結局のところ」
へむ2「まあそーなんですけど、でも、見た目のイメージとゆー物がですな。それに、いくつかの作品はけっこー本気で気に入ってるですよ?」
あずさ「いや、まあ、それならそれで別にいいけど。でも黙ってればいいのに、そんな事」
へむ2「それは俺の流儀ではございませんー。黙って自分のに入れるくらいなら、堂々と言うて入れるわい」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、いいけど。別に」

* とゆー訳で、壁紙コンテスト開始ー。ま、自分に入れる入れないは半分冗談として、でもせっかくのコンテストですかnね。本気でじっくりと、来週の末くらいまで悩んでから投票しようと思いますにょ。皆様も、是非ー。

* ・・・と、そうそう。で、投票はともかく、出来りゃあ壁紙の感想、一言でも貰えると嬉しいっす。俺も壁紙作りは初めての経験なんでイマイチこー、分かってない所も多いですし。今後の参考にー。

-

* TOUCHABLEにて、新作『るな・るな!』の情報公開開始ー。つってもまあ、まだキャラ紹介だけですが・・・て。

『陵辱されそうになった時に助けてくれた主人公(裏人格)に恋をし、積極的にアプローチを仕掛ける』

* 裏人格って何デスカ(笑)<妹キャラ紹介

*

へむ2「てゆーか。裏なのに、凌辱から助けるんですか? 普通こー、凌辱する方なんであ」
あずさ「どういう普通よ、それは(−− まあ・・・確かに、『裏』とか言うとエキセントリックな人格の事が多いけど」
へむ2「実はさりげに、表がろくでなしで裏が好青年とか」
あずさ「・・・かなりあり得ないわね、それは。まあ、アレよ。きっと、助ける気が無かったのに結果助けちゃったとか、そんななのよ」
へむ2「ふぅむ。例えばこー、裏はケンカっぱやくって、単に野郎をどつき倒しただけだとか?」
あずさ「そんなんじゃないの? 分かんないけど」

* つ事でよく分かりませんが、主人公は二重人格な模様。多分こー、どっちかが純愛担当でどっちかが鬼畜担当なのでしょう。えろげ的に考えて(笑)

-

* ぱれっと。『愛cute! キミに恋してる』の誤字修正パッチが・・・て、おお。まさかホントに出るとわ

*

へむ2「今まで出た事無いのにねぇ」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、何もそこまで意外そうになさらなくても〜」
へむ2「いや、結構本気で意外だった。つか、出るなら1ヶ月以内に出ると思ってたし」
あずさ「そうねぇ。まあでもきっと、量が多くて今までかかっちゃったんでしょうね」
へむ2「む。確かにまあ、3MBくらいありますからな。かなり大変は大変だったんでしょうなあ」

* つー訳で、これからプレイされる方は是非ー。<パッチ当て>おにーちゃんはもう全部クリアしてるんで今更なのですが(笑)

-

* にゅ。

* であ、ここまで。夕方ぐぅぐぅ寝たせいでちっとも眠くないのですが(ぉ、とりあえず時間が時間なので布団に潜り込むですよー。

* お休みなさい。また明日ー。


60GBのこぴー中。

* 朝。

* ・・・結局寝れなかったので、諦めて鯖メンテしたりしてるうちに朝が来る訳ですが(ぉ

*

へむ2「うにゃ、ねむー」
あずさ「だったら夜に寝なさい(−−メ 日が昇ってから何言い出してんのよ、アンタは」
へむ2「にゃうー。でも、ほら、こー。バイオリズムってあるじゃないですカー。ついさっきまではステキにのーみそ回ってるお時間だったのですよー」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、やはり夜に眠られた方が〜」
へむ2「そーだねぇ。とりあえず、今晩は寝ようかぐー
あずさ「寝るな(−−メ て言うか、今寝るな。ほら、頑張って夜まで起きてなさい」
へむ2「にゃふー。早く来い来い夜の闇ー」

* まあ、とりあえず。お仕事行って来るですよー。

-

* 昼。

* 少しお仕事。

-

* 夕方。

* そして東京帰還。今月は夕方のひこーきがちと早い時間になってるので、結構のんびり秋葉回る時間があったり。

*

へむ2「しっかしなー。余裕があるのはいいんじゃけど、そんかしこのひこーきに乗れない確率も上がったよなー」
まるち「そうですね(^^; 本当にお昼を過ぎてすぐ、あちらを出ないといけませんから〜」
へむ2「幸い、今日は乗れたけどな。でもぶっちゃけ、午後に何か少しでも仕事が入ってるともうアウトだもんなー。切ない時間帯に設定してくれますよ、ホントに」

* で、買うもん買ったらとっとと帰宅。さて、我が家の鯖はどーなってるんでしょーかね、っと。

*

へむ2「・・・て、はて。少なくともログにゃあ何も残ってないなあ」
まるち「はわ? そうなんですか?」
へむ2「うん。で・・・HDDの方も、システム側は無事かぁ。結局、問題は何も無いなあ」
あずさ「そうなの? 何かエラーメッセージが出てる様に見えるけど?」
へむ2「それはミラー物置いてるHDDだから。そこがイカレても飛びはしないー」
まるち「はぁ(^^; では、あの、一体〜?」
へむ2「さあなあ。電源が一瞬落ちたとかそんなんじゃないか、つー気もするけど・・・よく分からん」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ただまあアレだ。ミラー物置いてるHDD、これだけエラーが出てると信用出来んからさ。とりあえずこれだけ新しいのに変えるべぇや。どーせぼちぼち、80GBじゃ足りなくなっとるしなー」
あずさ「・・・・・・(−− それはそれでどうかと思うけど。まあ、でも、確かにエラーが出てるのは気持ち悪いわね」
へむ2「うい。ま、今月のお小遣いも入ったとこですし、さくっと買ってきましょーや」
まるち「はぁ(^^; では、これからまた秋葉原に〜?」
へむ2「行く。つ事で、晩ご飯作って待っててくれたまいー」
まるち「あ、はい(^^; 行ってらっしゃいませ〜」

* とゆー訳で再び秋葉原。とりあえず、127GB以上のHDDは認識するかどーか分かんないんで120GBのを。うちのシステム上、一個だけ120GBになってもあんまし意味は無いんですが・・・<3台のマシンでデータミラーリングしてるので>まあ、残り2台もそのうち付け替えましょーやね。月イチくらいのペースで。

-

* 夜。

* で。買ってきたHDDをフォーマットして、データ総量60GBの延々コピー、と。

* ・・・うう。終わらねぇ(笑)

*

へむ2「3時間くらいかけて、まだ2003年の5月じゃのう」
まるち「はぁ(^^; えっと、残りは10ヶ月分くらいですね」
あずさ「・・・後4時間くらいはかかりそうね。何となく」
へむ2「いや、もっとかかると思う。思うけど・・・まあ、しょーがねぇやな。起きたら終わってると信じて、今日は寝ますカー」
まるち「そうですね(^^; サーバさん、頑張ってください〜」

* いやもう本気で、頑張れまい鯖。とりあえず20GBは終わってっから、後ほんの40GBだー(笑)

-

* にゅ。

* んじゃ、最後ぐるー。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。とりあえずメルマガのお詫びと、後明日のイベント情報〜。参加するには整理券が必要で、しかもその整理券は朝10時から配布、とゆー事ですので。俺の日記経由で情報知った人で整理券を手に入れられる人は(つまりこの時間まで起きてる訳ですから)ほとんどいないと思いますが(笑)、ま、早起き出来て興味のある方は、是非ー。

-

* D-Dreamメーカーコラム今回スタジオメビウスなんですが・・・

* ・・・野郎。完全に茶を濁しやがった。<ネタ振りに対して>えーい、つまらん(笑)

*

へむ2「もうちょっとこー、キワい話が聞きたかったのに」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・まあ、ここで表に出せるくらいならもうとっくにどこかでバレてるでしょ(−− そういうもんよ、世の中」
へむ2「むー。つーまーらーんーぞー」

* で、次回は13cmの中の人、と。今度は面白い話が聞けるといいなー。

-

* にゅにゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


うさぎたち頑張る。

* 実は、明日は田舎の方でじーちゃんばーちゃんの法事があるのです。

*

へむ2「とゆー訳で、里帰りをするのです」
あずさ「じゃあ、私も実家に帰ってるわね。その間」
へむ2「うい。月曜なり火曜なりにまた会いましょう、お嬢さん。んじゃまるち、俺らはひこーき乗ってお出かけしましょーか」
まるち「あ、はい〜(^^) それではあずささん、行ってまいります〜」
あずさ「はい、行ってらっしゃい。私も鍵閉めたら出るから」
へむ2「ん、よろしくー。では、れつごー」

* とゆー訳でお出かけふにふに。いい機会なので、ひこーきの中では『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』上巻をのんびりと。

*

へむ2「ふむ。なるほど、SNEでやってたバニーズ&バロウズのリプレイて、これが元ネタだったのな」
まるち「はぁ。そうなんですか?」
へむ2「うむ。うさぎは4までしか数えられない。ブルドーザーが出てくる。語り部がいる。超能力うさぎまでいやがる。どう考えてもそうですな」
まるち「はわ(^^; ちょ、超能力うさぎさんですか?」
へむ2「正確に言うと『予言うさぎ』ですがね。うさぎのくせにまー、生意気な」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「さすがに・・・薬草師とかエンジニアはいないけど。でも、猫に殴り勝てるうさぎはいるなあ。むう」

* ま、でも、その辺はさておき。ふつーにこー、息をもつかせぬアクション巨編で楽しいですな、これ。エル・アライラーも、(合間合間に逸話が挿入されるんですが)ホントに策士でステキです(笑)

-

* さて。

* で、田舎着いて親戚付き合いして、今日は一日お終い。後はぐるってお終いですにょー。

* すたじお緑茶、『巫女さん細腕繁盛記』のメインキャラCV発表。つってもまあ、キャラ紹介ページじゃあ、いちいち一人一人開いていかないと分かんないので、まとめて見るならすたっふ日記を参照で。それも面倒だー、つー人の為に引用しとくと、こんな感じですな。

香奈恵:鷹月さくらさん
悠彌 :楠鈴音さん
美咲 :金田まひるさん
サラ :みるさん
成実 :北都南さん
綾奈 :佐本二厘さん

* ・・・北都南さんがいるなあ。まひる姉さんもいるなあ。鷹月さくらさんもいるなあ。ふむ。

*

へむ2「今回なかなかに奮発してますな、声優さん。有名どころの方がいっぱいです」
まるち「そうですね(^^) お名前を聞いた事のある方ばかりですし〜」
へむ2「個人的にはこの中ではやはり北都南さんが。もっとも、それでもおにーさんのイチ押しキャラは綾奈ちんだがナッ!Σd(>ω<)
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「そうなんです。ま、でも・・・うん。世間様へのアピール度の高い、よい配役であないでしょーか」

* で、後、予約特典のパケもこーかい。うう、バックにカマいたちがいるのが何かいやーん(笑)

-

* にゅ。

* ほいであ。お休みなさいですにょー。


[卯月日記一覧] : 2004/04/04 : (コメントが3件あるにゅ)

うさぎたちもっと頑張る。

* 昨日に引き続きin田舎。昼に法事が終わって、あい帰宅。帰り道ではひこーきが遅れるわ電車が遅れるわ、なかなか『ふざけんなー』とゆー状況でしたが、まあそれはさておき。

*

へむ2「えー、帰り道では『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』下巻を読んでた訳ですが。本気でアクション巨編ですな、これ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「だってああた。ラスボスであるところの敵大将なんか、イタチ科のけものとタイマンはって勝ちますよ?」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「爪で敵の身体ずっぱり切り裂くしな。どこの肉食獣か君、って感じです」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「で、それを相手に一歩も引かずに立ち向かう味方の闘士の雄々しさといったらまー。いますぐ映画化しやがれコンチクショウって感じのカッコよさです」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと。ですけど、あの、確かこのうさぎさんたち、春からアニメになられるのでは〜?」
へむ2「あ、そーいやそでした。ふむ・・・ならまあ、映像化に関してはそれで良しとしますか。NHKなんで血塗れ度が下がるであろうあたりがちと難点ですがー」

* とゆー訳で、楽しい小説でございました&春からのアニメも楽しみです。えーと、確かBS-2で4/248時5分から。忘れずチェックだ、俺様ー☆

-

* にゅ。

* さて、で。うさぎたちの大冒険を大満喫して、今日はここまで。

*

へむ2「なんせ、飛行機と電車のせいで帰ってきたらもうすっかり夜でしたからナ!Σd(>ω<)」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「他の事をしてる時間などありゃしませんよー。と、根に持ってる事を再度アピールした所でー」

* あい、後はぐるっとぐるですにょ。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。今回はすせり様の誕生日祝いでございまふ。お祝いページ自体は『明日には閉じられちゃうと思います』との事ですので、チェックする方はお早めにー。

-

* にゅにゅ。

* んじゃ、ここまで・・・

*

へむ2「・・・と、そうそう。上で書き忘れましたがウォーターシップダウン。エル・アライラーの物語が実に物語りしてるのも良いですな」
まるち「はわ? は、はぁ(^^; ええっと〜?」
へむ2「ん、いや。詳しくは書きませんが、最後の最後でエル・アライラーが生まれる瞬間が見れるとゆーか。何つーか、うん。『物語』だわ、これ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「うん。まあアレね、まるちも読んでみると良い。俺は読み終わったんで、貸したげよー」
まるち「あ、はい〜(^^) では、あの、お借りしますね」
へむ2「うい。ま、のんびり読むと良いぞー」

* と、ゆー訳で。面白い物語を紹介してくれてありがとー『Forest』、とゆー気持ちを込めつつ、改めて今日はここまでー。

* お休みなさいですにょ。ぐぅ。


ぷろばチェンジに鯖チェンジ。

* 朝。

* お出かけー。

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* 帰宅ー。

-

* 夜。

* で、帰ってきたら新しいプロバからIDとパスワードが届いてたので、さっそくふにふにセッティング。まずは自分アクセス用ラインでお試しを。

*

へむ2「ふむ、それなりに速度は出ますな。ダウンロードの方は、ですが」
まるち「そうですね(^^) 今お使いになっておられるプロバイダさんと同じくらいは〜」
へむ2「んー。後はアップロードの速度が出るかとか、連続使用に耐えうるラインかどうか、ですが・・・ま、その辺やってみんとわかりませんやーね」
まるち「そうですね(^^; それは、あの、やはり〜」
へむ2「うい。ではさっそく、設定ちぇーんじ、っと」

* とゆー訳で、プロバが変わりました。<mirror1>これでしばらく様子を見て、で、その結果で次の手を考える予定ー。

* ・・・このまま何事も無く使えると楽でいいんだけどなあ。どーかなー(^^;

-

* にゅ。

*

へむ2「で、そっちとは関係無いんですがもう一つ。うぇぶ鯖も変えますー」
まるち「ええっと(^^; この日記を置いてあるサーバさんですね」
へむ2「うい。やー、最近、時々負荷がかかりすぎてアクセス出来ない状況が起こっててさー。いや、理由は俺が無節操に動的生成ページばっかり作るからなんですけど」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「のでまあ、その辺の効率化もちと図りますが。まずは緊急措置としてちょっといい鯖にちぇーんじ。CPU性能もメモリ量も格段にアップしますから、これでしばらくは大丈夫ですにょー」
まるち「はい〜(^^) それで、ええと、もう新しいサーバさんは準備なさっておられるんですよね?」
へむ2「うい。実は2/13には既に新鯖調達済みでしたからな、はっはっは☆」
まるち「は、はわ?(^^; そ、そんな頃からもう、でしたんですか?」
へむ2「おうよ。設定面倒だからしばらく放置してたけどナー」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、でも、ともかく。入れるべきソフトは入れた、移すべきデータも移した。後はDNS書き換えて、そっちに飛ばすだけですにょー」
まるち「あ、はい(^^; では、あの、もうすぐに〜?」
へむ2「ん〜〜・・・や、そですな。自分サイトのカウンタが明日には270万になりますし。意味は無いけどキリがいいから、そうなったら移るとしましょーか」

* とゆー訳で、明日にはDNS書き換えて新鯖に飛ばしまふ。<こっちへのアクセス>ただ、DNS伝播のタイムラグでしばらくは旧鯖に飛ぶ方もおられるでしょーし。混乱を避ける為に、明日一日は掲示板等への書き込みだけ避けていただけるよにお願いします。>皆様

* また、うちの鯖借りてる方たちのデータも新鯖に飛ばしてありますんで、そちらは普通にアクセスしていただいて問題無しです。きちんと設定もしてある・・・ハズですが、もし万が一アクセス出来ない等の問題がありましたら、その時はご連絡くださいー。>該当者

-

* にゅにゅ。

* つー事で。んじゃ、今日も最後はぐるー。

* ぱれっとかいはつにっしこーしん。あー、何か新しいシナリオライターさんが入ったみたいですな・・・て。

貴方は今lightで『Dear My Friend』作ってるハズじゃあ。

* ・・・何故そこにおるのですか。一体(笑)

*

へむ2「てゆーか。まさか『Dear My Friend』、ぱれっとから出る?」
まるち「は、はわ?(^^; そ、それは、あの、無いのではないでしょうか〜? lightさんの所で、紹介なさってる訳ですし〜」
へむ2「いや、その辺あんまし信用おけない。しかし・・・むー。どーなんじゃろかー?」

* かいはつにっし見ると企画がどうこう、とか言うてはりますので。違うよーな気はするんですが・・・でもそうなると、Dear My Friend』は今誰が作ってんの? とゆー問題も出てきますし。まさか同ペンネームの別人って訳でも無いでしょーし。はてさて、不思議な話ですなぁ(^^;

-

* hueうぇぶいろもん。春のイベント参加情報が公式に。詳細はまだ未定ですが、とりあえずメルマガにあった通りキャラフェスランブリングドリパ。場所はぜーんぶ有明ですな。

* で、後、トップで先週あったイベントの事がちみっと。こっちのレポートはまた後日ー。

-

* にゅにゅにゅ。

* であ、ここまで。明日も早いんで、とっととお休みなさいですにょー。


[卯月日記一覧] : 2004/04/06 : (コメントが2件あるにゅ)

たまにはコメを。

* ・・・何つーか、普通に面白そうな物を作るよーになりましたなあ、TinkerBell。ちっ、つまらん(マテ

*

へむ2「と、まあ、そーゆー事を。昨日の晩公開された『はなマルッ!』のデモ見ながら思う訳ですが」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・またいきなり、ヒドい事を(−−」
へむ2「おや、あずささん。実家に帰っておられるハズなのに、何故ここにいるのですかな?」
あずさ「それはね、アンタがこの日記書いてるのが夜だからよ(−− とっくに帰ってきてるわよ、そりゃ」
へむ2「ふむ。奥が深い」
あずさ「深くないっ!(−−メ に、しても何なの、いきなり」
へむ2「やー。だからさあ、家じゃえろげのデモ見れんし? こっち来た時にまとめて見る事にしてる訳じゃけど」
まるち「はい(^^; いつも、あの、そうですよね」
へむ2「です。で、その一環として『はなマルッ!』のデモを見てたらそーゆー感想が。昔の、出すゲーム出すゲーム速攻ワゴン行きだったTinkerBellかむばーっく」
あずさ「戻してどうする(−−メ いい事でしょうが、ちゃんと売れそうなゲーム作るのはっ!!(ばんばん)」
へむ2「おにーちゃんはけっこー好きだったのですよ、あの頃のTinkerBellのゲームが」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
へむ2「それがああた、こんな・・・いや、まあ、色々画面が動く割には平坦なデモなので、決して『極上のデモ』では無いのですが、それでも俺に購買意欲を起こさせるよーなデモを作るよーになるだなんて。おにーちゃん、喜んでいいやら悲しんでいいやらー?」
あずさ「喜んどきなさい、素直に(−−」
へむ2「ふむ。では喜んでみますか。わーい☆
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「え、ええっと〜(^^;」

* ちなみに、『極上のデモでは無い』と言いましたが、『月火水木金土日曜』とか『もっと君に近付きたい』のあたりは結構お気に入り。後、イントロの部分も普通に良いですな。

-

* さて。

*

へむ2「で。そーゆー風に、デモを見て。『ああ、たまにはコメディ物も買ってみようかなあ』とか思う訳ですが」
あずさ「それは・・・まあ、別に止める事でも無いし。好きにすればいいと思うけど(−− でも、せめて体験版やってから決めた方がいいんじゃないの?」
へむ2「あ、うん。体験版来週に公開だそーだから、これ買うかどうかはもちろんやってから決めるけどさ。ただ、ほれ。5月って俺、今んとこ予定がコメディ系のばっかなんよね」
まるち「あ、そう言えばそうですね(^^) 『巫女さん細腕繁盛記』さんと、『お願いお星様』さんですから〜」
へむ2「うい。ので、ここでもう一個、何かコメディ系を買ってコメディトライアングル。一年分のコメ系成分をここでまとめて摂っておこーかと」
まるち「は、はわ!? い、一年分ですか?(^^;」
へむ2「うん、一年分。何つかね、今年はもうこの後、コメディ物一つも買わない予感がするんよねー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・て、ちょっと待ちなさい。て言う事は何? 5月は3本買う気?」
へむ2「うい。2本じゃあ、ちと1年は保ちませんからな」
あずさ「・・・・・・(−− また、積みを増やす気?」
へむ2「や、それに関しては。4月頑張って減らしますので。どうかそれで勘弁してくれやがりなさいあずさ様m(_ _)m」
あずさ「あのね(−− まあ・・・そりゃ、ちゃんと減らすんなら別にどうこう言う気は無いけど。でも、判定は4月の末よ? そこで減ってなかったらダメだからね」
へむ2「うーい。であ、そーゆー予定でー」

* とゆー訳で、5月はコメディ月間に。『はなマルッ!』自体を買うかどうかはまだ未定ですが、でもまあこれがダメなら代わりに『まじれす!』なり『未来ドータームスえもん』なりを・・・て、あら? ムスえもんてシナリオに高尾登山氏ら嘘屋組が関わってたりするんですな。知らんかった(^^;

*

へむ2「・・・さりげに、あちこちでシナリオやってはるんですなあ。この方々」
まるち「そうですね(^^; 『カンブリアンQTS』さんでも、あの、そうでしたし〜」
へむ2「ふむ。ここは一つ、『5月は4本』にしてみてもいいかなあ」
あずさ「て、コラ(−−メ
へむ2「ああ、いや、待たれよお嬢さん。これに関してはですな、『アクチベーションシステムがどんな物か』とゆーのをチェックする目的もありまして」
まるち「はわ? アクチ・・・ええと?(^^;」
へむ2「アクチベーション。ネット経由の認証を利用した新しいえろげプロテクトですな」
まるち「あ、な、なるほど〜(^^; それで、あの、ネット接続版なんですね」
へむ2「そゆ事ですー。で、どんなシステムかイマイチ分かんないので。自分の目で確かめてみたいのですよー」
まるち「はぁ。な、なるほど〜(^^;」
へむ2「と、ゆー訳で。どーでしょ?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、そりゃ、あれも噂ばっかりで細かい事全然分かんないからそういう気持ちは分かるけど。けど・・・ねぇ」
へむ2「ま、今はいいっすよー。もしかしたら延期して6月に逃げちゃうかもしれませんし。正式に5月の検討する、今月末までにのんびり考えといてくださいませー」
あずさ「はいはい。まあ、考えとくわよ(−−」
へむ2「うい。とにかくいずれにしても、5月は確定コメディ月間とゆー事でー」

* さぁて、この中に何本当たりがあるかなー。3本4本買えば2本は当たってくれると思うんですが・・・はてさて、どーでしょか(笑)

-

* にゅ。

* で、今日は朝から起きだして一日お仕事。眠いんで、後はちまっとぐるってぐー。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。とりあえずAAの方は優秀賞貰えたんでお兄ちゃん的には大満足って感じですが、まあでもそれはさておき。

『今日の段階で、ハタヤマくんスリッパ希望メールは363通に到達してます』

* 万歳。

*

へむ2「すせり様に一矢を報いました! 報いましたよ!?」
まるち「は、はぁ(^^; ええっと、あの、そ、そうですね」
あずさ「はいはい(−− この調子で後140通、集まるといいわね」
へむ2「いーですなあ。希望が見えて来ましたよ、わははははー☆」

* いやー、次の更新が楽しみですなあ。きっとすせり様、たーんと悔しがってくださるですよー。わくわくですなあ、とっても(笑)

-

* にゅにゅ。

* であ、ここまで。今日はさくっとぶっ倒れるですよばたんきゅー。


メイド天使。

* 今日も一日お仕事でした。

-

* さて。

*

へむ2「・・・ふむ」
あずさ「何悩んでるのよ、今度は」
へむ2「や、我が家のトラフィック状況なんじゃけど・・・な」
まるち「はわ? あの、まさか、また何か〜?(^^;」
へむ2「何かー、つー訳じゃ無いんじゃけど・・・何つーかな。昨日の18時くらいから、いきなり転送速度が落ちた
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「・・・十分『何か』じゃ無い、それ。なに、何が起こったのよ?」
へむ2「んー。それがじゃな、一番考えられるのは」
あずさ「一番考えられるのは?」
へむ2「・・・ハブがへたったんじゃねぇか、なんじゃけど」
まるち「はわ?(^^; は、ハブさんといいますと、お家の・・・ですか?」
へむ2「うん。光終端装置と鯖を繋いでるハブ。実はさ、ミラー鯖の速度が落ちたんとまったく同時に、同じハブに繋がってる『家から外にアクセスする用のライン』もパケロスがごんと発生するよになったのよ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「それまでロス0だったのが、いきなり10%とかそんなな。で、そうなる前って高負荷状態が10時間くらい続いてたからさー。そのせいじゃないかなー、って気が」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「えっと・・・でも、例えば家の外に原因があるとか、そういう可能性は無いの?」
へむ2「あるかもね。ただ、それだと微妙に納得のいかん感じなんよなー。今のこの状況」

* まあ・・・でも、やっぱ分かんないですやねー。<原因がどこなんか>もしハブが原因なんなら、ハブ交換してみるなり一度ハブ抜いて直結モードで繋いでみるなりすれば分かるんでしょーけど。さて、どーした物やら。

*

へむ2「ちなみに。この際、外向きアクセスはADSLにしちゃう、つー手もあるんですけどね」
あずさ「コラ(−− またそういうお金のかかる事を・・・て、あら? ひょっとして、お金はかからない?」
へむ2「かからない。つか逆に、プロバ代が安くなるぶん月々のコストが減少。問題なのは速度が落ちる事。おにーちゃん的めらふぁっきんな話ですが」
まるち「はぁ(^^; で、ですけど、あの、最近のADSLさんは〜」
あずさ「十分じゃない、40メガとか出れば」
へむ2「出れば、な。出ない可能性も高いぞ? てゆーか、理論値なんか普通出んぞ?」
まるち「はわ(^^; それは、あの、はぁ」
へむ2「後な、下り速度はともかく上りが出ないのが好かん。何のかんので外鯖とデータの同期取るんに、上り速度がいるからなあ」
あずさ「う〜〜ん・・・まあ、それはそうかもしれないけど」
へむ2「ま、とりあえず。ホント、いっぺんハブ交換して様子見てみるべぇ。それで直るよならそれでオッケー、つー事で」

* 家帰ったらやっときますかにょ。それで本気で何の変化も無かったら、そん時は家の外、上流の方が原因、つー事で。

-

* さてさて。

* で、まあ、それはさておきえろげ。攻略がムズい、つー噂の『エンジェルメイド』をさっくりと。てきとーに選択肢選んでたら年上の人ルートに入ったっぽいんでそのまま進めて・・・

* ・・・・・・・・・・・・

* ・・・あれ。クリア出来ちゃったよ、おい。

*

へむ2「あっれー? 攻略、難しいんじゃなかったのか?」
まるち「はぁ(^^; 確かに、あの、そう聞いてますけど〜」
あずさ「一応・・・そのキャラは一番攻略簡単らしいけど?」
へむ2「ふむ。そーゆー事なんか? むー」

* で、次メインヒロイン。何となく選択肢のパターンが見切れたんでさくさくっと進めて、あい、こっちもクリア。

*

へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・」
まるち「え、ええっと(^^;」
へむ2「・・・なあ。ひょっとしてこれ、修正パッチで難易度下がってる?」
あずさ「さあ。そんなのは聞いた覚えが無いけど・・・でも、『その他スクリプトの修正』とかあるし。もしかしたら、そうなのかもね」
へむ2「う〜〜〜む・・・」

* とりあえず次、3人目。お、初めてのバッドエンドー。ふむ、では遡って、遡って、遡って。うい、フラグ立ちー。これで・・・

*

へむ2「・・・て、あら? ハッピーエンドっぽいけど、エンディングが流れんなあ」
まるち「そうですね(^^; これは、あの、やっぱり〜」
あずさ「ハッピーエンドじゃ無い? ひょっとして」
へむ2「無いんでしょうな。しかし・・・ストーリー的なポイントは全部押さえてあるっぽいから・・・あれか。ひょっとしてこー、えろシーンの選択肢に意味があるのか」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・え。そうなの? そんな事、あるの?」
へむ2「あるんでないかね。まあ、とりあえずやってみるべぇや」

* とゆー訳で、えろシーンの選択肢もふにふに・・・あ。ホントにこれでくりやー出来やがんの(笑)

*

あずさ「うわ。ホントに関係あったのね、そういう選択肢(−−」
へむ2「あったんですなあ。ふむ、確かにこーゆー選択肢までフラグ立てに関係してくるとなると、ちと面倒かなあ」

* 4人目。こっちもバッドエンドを経験しつつ、あい、クリア。

*

へむ2「さて。これで全員じゃの」
まるち「はわ?(^^; えっと、あの、もうお一人〜」
へむ2「ああ、そいつはいいんだ。だから」
まるち「は、はわっ!? そ、そうなんですか?(^^;」
へむ2「そうらしいぞ。攻略『ヒロイン』の分際でな」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「で、おにーちゃん野郎には一切興味が無いので。そいつはプレイせずに放置。セーブデータ拾ってきてフル化して、それでお終いですにょー」

* と、まあ、そんな風に。『攻略ムズい』って聞いてた割にはあっさりクリア出来て拍子抜けっつーか、これがクリア出来ないんは人としてどうよ、って感じなんですが・・・どーなんでしょ? 本気でこー、修正パッチで難易度修正されただけで最初はもっと難しかったんですかね?

*

へむ2「まあ、確かに? ちょっとどっかの選択肢でミスったらクリア出来ない仕様になってるから、『気が抜けなくて疲れる』つーのは分かるんですけどねぇ」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「でも、なあ・・・なぁ?」
あずさ「いや、そこで同意を求められても困るんだけど(−− でも、まあ、確かにちゃんとテキスト読んでればクリア出来そうには思うわね、これなら」
へむ2「うん。後、選択肢でセーブすっとシーンタイトルが分かるからな。半分くらいの選択肢はそれ見りゃどの選択肢選べばいいんか分かるし、そんなに難しくないと思うんじゃけどなあ・・・」

* あ、で、ゲーム自体の感想ですが。

* 背景は綺麗でした。演出も一部、特にカットイン方面で良い物がちらほらと。えろはしょせん和姦物なので俺には聞くな(ぉ システムは平均点やや使いにくい風味。シナリオは・・・どーでしょ? 何かふつー。立ち絵はちょっと良くない風味ですがイベント絵はなかなか。

* と、そんな感じでしょーか。演出方面が弱体化してる感じなのが残念ですな。

* つー事で。さて、これで残りは積み2本。明日からは頑張って『ジュエルスオーシャン』、プレイですにょー。

-

* さてさてさて。

* じゃ、最後ぐるー。

* TOUCHABLE、春のイベント参加情報ー。うい、4/25キャラフェスであ戯画ブース、寄ってみましょかね。

* で、後、何かすかんとチェック漏れしてましたが(ぉ、4コマ激情が更新済みで、第16話掲載。あー、ホントに触手が倍になってたらいいのになー(笑)

-

* にゅ。

* であ、そーゆー事で。お休みなさいですにょー。


25日目終わりは見えず。

* ・・・いや、まあ、話としては大分見えてきたんですけど。でも、うーむ。

*

あずさ「て、いきなりそれじゃあ何の事か分かんないでしょうが、全然(−−」
へむ2「うむ。つまりまあ、今日は一日『ジュエルスオーシャン』をやっていた、と、そーゆー事です。いや、一日つっても夕方からだから正確には半日くらいですけど」
まるち「そうですね(^^; ところで、あの、そろそろお時間の方が〜」
へむ2「んー?(ちらり) ふむ。明日は午前中仕事無いから多少は寝坊出来るとは言え・・・」
あずさ「寝なさい(−− そろそろ。さすがに」
へむ2「うう。でもなー。こーゆー中途半端な所で終わると、何かもやもやするって言うかー。もーちょっとこー、区切りのいい所で終わりたいと」
あずさ「その気持ちは分かるけど(−− て言うか、分かるから今まで黙って見てたけど。でも、全然区切りが付きそうじゃ無いじゃない、そのゲーム」
へむ2「そーなんですよねぇ。話が常に動き続けてるもんで、どこで切っても収まりが悪くって。どーしたもんやらー?」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、そうですけど。でも〜」
あずさ「さすがに、寝なさい(−− それとも、まさか徹夜する気?」
へむ2「ん〜〜・・・どーせ後半日働いたら土日休みなんですし、それでもいいんですけど・・・」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・えー。でも、まあ、うん。寝ましょかね、さすがに」
まるち「はい〜(^^; 是非、そうなさってください〜」
へむ2「うい。であ、ちゃきちゃきっとやる事やって寝ますにょー」

* とゆー訳で、現在『ジュエルスオーシャン』、ゲーム内時間で25日目なのれす。後一波乱・・・いや、二波乱くらいでその後はがんがんがーんと一気にクライマックスまで行きそな気配はあるんですが、さて。実際のとこ、後どれくらいかかるのやら(^^;

* ま、ともかく。とりあえずここまでのプレイ感想を散文的に、メモ。

* ・・・ラウル子爵〜。そーか、お前、そーゆーキャラだったんかい。うーむ(^^;

* は。すせり様の照れ怒った顔、いいなー(笑)

* ふむ、洋食系。フォークがお子さま握りになってるな、すせり様。

* うう。報われんのう、武原兄。

* ・・・て、ちょっと待てよこはきゅん。そこでその三択でそのリアクション、つー事は・・・君、ちうがくの一年生とか言わんか、それ(^^;

『死なす』
『殺す』
『ぶっ殺す』
『手加減はする』

* ・・・うーわー。ステキな選択肢だなあ、すせり様。最後がちょっと弱気になってるあたりがさらにステキだ(笑)

* しかし・・・何のかんの言うていい娘だよな、すせり様。金剛もそじゃけど、あれこれ言いつつきちんと一般人、守るしなあ。

* うう。この辺から戦闘がちょっと辛い。いや、全然負ける気配は無いんじゃけど、ちょっとルーチンワーク風味で切ないわ★ もうちょっとこー、『状況に応じてジュエルガイスト使い分けないといけない』みたいなのだったら良かったのになー。

* で、色々謎が明かされていく、と。でも、まだ、こー、何か大事なパーツが足らないなー。さて?

* うわ。キラかわえー

* うーわーうーわー。いいなー。この、『文字がブルブル揺れる演出』もシーンにマッチしててナイスだー(笑)

* と、ゆー所でセーブしてお終い。続きは多分、再来週ー。その頃には半分忘れてるだろうから(マテ、↑読んで思い出せー。>未来の俺

-

* にゅ。

* んじゃ、後一つだけぐるー。

* すたじお緑茶ー。イベント情報すたっふ日記更新で、とりあえず体験版は4/18のイベンツまでには間に合う模様ー。

*

へむ2「多分、ですが」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・まあ、体験版の声録りは終わったってあるし。普通に間に合うでしょ、『多分』じゃ無くて(−−」
へむ2「それはどうかな? 結構ギリギリ風味な気はしますが・・・ま、でもそれはさておいて。今回、声数は24000だそーですよ?」
まるち「はわ(^^; に、2万4千ですか〜」
あずさ「・・・て、数で言われても多いか少ないかよく分かんないんだけど?」
へむ2「んー。まあ、かなり多い・・・んでないかね? 例えば、1セリフが平均5秒だとすると全部で12万秒。だからえーと、33時間くらい?」
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「あ〜〜・・・なるほど、そう聞くと多いわね、確かに」
へむ2「仮に1セリフ3秒平均でも20時間じゃからな。結構・・・てゆーか、かなりの量じゃよ、そりゃー」
あずさ「編集とか、大変そうねぇ」
へむ2「大変じゃろね。多分泣きたくなると思うぞ、作業中」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、ともかく。大変でしょうけど、頑張れ緑茶の中の人〜」
まるち「あの、お身体にはお気をつけて。頑張ってください〜(^^;」

* で、後、『巫女さん細腕繁盛記』の予約キャンペーン協力店情報も更新。ちゃくちゃくと協力店が増えてるよーで、何よりですな。

-

* にゅにゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


魔法少女の手袋。

* 朝。

* ぐー。

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* あい、今週はお仕事ここまで。東京に帰りますにょ。

-

* 夜。

*

へむ2「さて。で、家に帰ってきた訳ですが・・・ふむ。現在のとこちゃんと速度が出てますな、まい家鯖」
あずさ「ふーん。そうなの?」
へむ2「うむ。pingによるロストチェックも問題無しだ」
まるち「はぁ。では、あの、ハブさんを交換なさるのは〜?」
へむ2「んー。また今度でいいじゃろ。今やっても多分、テストになんないからなあ」

* つー訳で、とりあえず放置。<家ねとわく>また速度落ちた時に、さくっと交換してみましょやね。

-

* さて。

* んじゃ、最後ぐるー。

* hueうぇぶいろもん暗躍中更新で、今回は4/3イベントレポートが。ふむ、このミニフィギュア、なかなかいー感じですな。発売されたらとりあえず1セット箱買いしとこかしらん(マテ

*

へむ2「で。後、春のイベントでは色々ネタ仕込んでるんでとっとと来やがれとゆー発言もあって・・・
まるち「はわ? あの、何か?」
へむ2「うむ、たった今。そう、たった今。大変な事に気付いてしまったよおにーさまわ」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ。あの、ええっと〜?」
へむ2「えーとじゃな。おにーちゃん、4/25キャラフェス行けねぇや(ぽりぽり)」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。その日はおにーちゃん、TRPGの日だわ」
あずさ「・・・ああ、そう言えばそうねぇ。でも、別にいいんじゃないの? 行けなくったって」
へむ2「何をおっしゃいますやらお嬢さん。あれに行かないとなると色々あってさあ大変。坊ちゃん一緒に遊びましょ、って感じですよ?」
あずさ「いや、訳分かんないし(−− て言うかだから、別にキャラフェス行けなくってもドリームパーティあるんだし。そっち行けばいいじゃない」
へむ2「いや、そりゃドリパには確定で行きますけど。何せ『フラワーズ』のサントラげっちゅせんとあきませんからナ!!Σd(>ω<)」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− だったら別にいいじゃない。何が問題だって言うのよ」
へむ2「うむ、まずは一つ。せっかく何かネタが仕込んであるとゆーのに、その初日に見に行けないとゆーのは何か悔しいじゃん? ねぇ?」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ、あの、ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−−メ また、そんなしょうのない事で」
へむ2「しょうもないとは失礼な。それにもう一つ、とても重要な事があるのですよ?」
あずさ「限りなくしょうのない事の間違いでしょ。で、聞く気もしないけど何なのよ?」
へむ2「ふっふっふ、聞いて驚け。キャラフェスに行けないとなると!」
まるち「はぁ(^^; キャラフェスさんに行けませんと〜?」
あずさ「・・・絶対聞いても驚かないと思う(−− まあ、言うだけ言ってみなさいよ」
へむ2「行けないとなるとー。ぬいぐるまー』の主題歌CDが買えないのですよ!? お兄ちゃん、大ぴんちっ!!
まるち「は、はわ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・・(−−メ やっぱりしょうのない事じゃない」
へむ2「なにをー。だってほれ、今のとこ予定だとキャラフェス以外じゃあキャララでしか買えんのですよ? この千載一遇のチャンスをですな!!(ばんばん)」
あずさ「あーはいはい、分かったから(−− でも、行けないんじゃどうしようも無いでしょ」
へむ2「ぱぎゅ〜・・・そうなんですよねぇ。うーむ、何とか来週、頑張って早帰りしてキャララ行くべきなのかしらん?」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、お仕事の方が〜」
へむ2「そーなんよなー。仕事が入ると行けないしなあ・・・う〜〜〜〜〜む」

* まあ、一応今の予定だと大丈夫なんですけど。<来週>でも、来週の事は来週になってみないと分かんないですからねぇ・・・はてさて、どーなります事やら。

-

* D-Dreamメーカーコラム今回は巨ちちの話なのでおにーちゃんは清々しくパス(ぉ 巨ちちスキーな人の為にリンクだけ張っときましょー(笑)

-

* にじこちゃんとこ、二次元ドリームマガジンVol.16の情報こーかい。今回の目玉は、掲載作品すべてを差し置いて。

嗅覚の次は触覚で!
『魔法少女の手袋つき!』

* ・・・これでしょうなあ、やっぱり(^^;

*

あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「え、ええっと〜(^^;」
へむ2「つまり。この手袋を装着してやれ、と。いや、ナニをとは言いませんが」
あずさ「やかましい(−−メ まったく、なんでこうろくでもない事ばっかり・・・(ぶつぶつぶつぶつ)」

* とゆー訳で。手袋自体の出来がどんなかは実物見てみんと分かりませんけど・・・でもま、皆様も話のネタに、是非(笑)

-

* にゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。

-

* ・・・と。一つだけぐる、追記。

* すたじお緑茶、『巫女さん細腕繁盛記』のスペック変更。HDDの推奨空き容量が3GB以上になりました・・・て、ああた(^^;

*

あずさ「・・・3GB?(−−」
へむ2「うむ。すたっふ日記によると『声数が2.5倍の高音質化でさらに倍』、結果ボイスだけで1.5GB、とゆー事なのですが」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、しょうがありませんね」
へむ2「ですな。ま、それにせっかくのDVDメディアオンリーなんですし。個人的にも3GBくらいならどーって事無い訳で、この際遠慮せず詰め込んでいただきましょう」
あずさ「それもどうかと思うけど・・・でもまあ、ハードディスクの空きが少ない人は低音質なボイスインストールで対応出来るみたいだし。問題は無い・・・かしらね?」
へむ2「そーね。ちゃんと声データがパックされてりゃ問題無いと思うよ」
あずさ「パック?」
へむ2「1ボイス1ファイルで無く、1つのファイルにデータまとめてある、つー事。これが出来てないと、FAT環境で泣き入る」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。緑茶のシステムがそれ出来てたかどうかは・・・ちょっとこっちじゃ分かんないんで、次山形行った時にでもチェックしてみよう。もし出来てないんだったら、プログラマさん死ヌ程頑張レ、ですな」

* と、ゆー訳で。皆様、HDDの空きにはご注意をー。

-

* にゅにゅ。

* であ、改めて。お休みなさいですにょー。


あの素晴らしい  をもう一度。

* と、言ってもあのすばの話じゃ無くて。いや、今日電車広告で見て初めて知ったんですけど。

『あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度』

* ・・・と、ゆー本が出るらしいです。4/28に。

*

へむ2「まあ、何です。色々こー、突っ込み所があるんですけど。例えば『著者のmico secret serviceって何やねん』とか」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「けどまあ、やっぱ一番言っておくべきはこれでしょな。うん」

* えー。

一体ナニに手ぇ出してるのか第三文明社

* ・・・つーか、何をとち狂った?

あずさ「サイト見る限り、堅っ苦しい本しか出してない出版社みたいなのにねぇ」
まるち「そうですね(^^; ですのに、何故、いきなり〜」
へむ2「まったく世の中、不思議がいっぱいですなぁ。うーむ」

* ついでにリンク。<日ペンの美子ちゃん公式サイト>現在既に4代目だったとは、ちょいビックリでございます。

-

* さて。で、まあ、それはさておき。

* 朝。

* 今日はお休み。なので、ぐー。

-

* 昼。

* お出かけ秋葉原。えろげ買ったり明日で閉店アソビット行ったり。

*

へむ2「うう。既にこー、店内に商品が残っとらんのう」
まるち「そうですね(^^; 以前の半分くらい、でしょうか〜」
へむ2「わびしいねぇ。わびしいけど、でもそれより何よりTRPG関連はどこに移転するのか。それをとっとと教えれー」
あずさ「あーはいはい(−− 来週になったら移転先全部オープンして分かるから。それまで待ってなさい、文句言わずに」
へむ2「ぱぎゅー。冗談抜きで取り扱い中止になる可能性もあるからさー。さっさとはっきりさせて欲しいんじゃけどね、その辺」

* とりあえず、最後のはなむけに『ロール&ロール』の5巻だけ買って・・・おや、今回秋田みやびの人の新リプレイが載ってるんだ。ほー。

*

へむ2「・・・て、話がそれとるな」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですね」
へむ2「では、話を戻して。とりあえずやる事やったんで、これからが本題です。うちの親がですなー、GPS欲しがってるのですよ。それも海外で使える奴」
あずさ「ふーん。じゃあ、今日はそれを探しに?」
へむ2「です。とーりーあーえーず(てくてく)、こっちの店でGPS売ってたはず・・・て、むう。日本地図がインストされてる奴しか無ぇな」
まるち「はわ? あ、ホントですね(^^;」
へむ2「むう。では、次はあっちの店・・・て、こっちも日本だけか」
まるち「はわわわわ(^^;;; こ、困りましたね」
あずさ「まあ、ここ日本だし。しょうがないんじゃないの?」
へむ2「む〜〜・・・まあ、確かにしょーがねぇか。日本じゃもんな、そりゃ日本のもんしか無いわなあ」
まるち「はぁ(^^; では、あの、どういたしましょうか〜?」
へむ2「んー? まあ、いつものよーに。『困った時はネット頼み』ですな。確か、そーゆーの扱ってるサイトがあったハズですし」

* とゆー訳で、目的不達成。にゅー、秋葉も意外と役立たずー(笑)

-

* 夕方。

* で、ネットでさくっと探してさくっと注文。<GPS>あい、かんりょー。

-

* 夜。

* んでんで。昼出かけた時に名刺用透明ポケットもこっそり買ってきてあったので、ちまちまとカード処理。む、東急ハンズで売ってた奴ぁちょっとサイズがでかいですな。

*

へむ2「むー。もう一種類の方がいい・・・かな? これだと余るし」
あずさ「でも、あっちだと少し足りないでしょ? こっちの方がいいんじゃないの?」
へむ2「うーん。俺的には、これだけ余られるよか少し足りないくらいの方が。ま、でも、今回のはテスト用だし、いっか」
まるち「そうですね(^^; 次作られる時に、あの、また〜」
へむ2「うん、そん時悩みましょーかね。とりあえずこれで『めろめろメロンパン』のテスト用カードは完成。『ときめきキムチ壺』の方も1セット揃えたし、25日は2つまとめてテストプレイしてきましょーかね」
あずさ「・・・・・・(−− その2つのタイトルが並ぶと、何か倍掛けで頭が痛いんだけど、私」
へむ2「おや。季節はずれの風邪ですか?」
あずさ「違うっ!(−−メ 暗に言って通じないんならはっきり言うわよ、コラ」
へむ2「うん、それ却下」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・えー。まあ、ともかく。そーゆー訳で、うん。25日はそーゆー予定ー」

* もしこー、間に合うよーならもう一個別の持ってくかも。こっちはまあ、形になるかどうかさえまだ分からんのですが。

-

* にゅ。

* んじゃ、最後ぐる。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。ハタヤマスリッパは現在373通ですが、締め切りが5/31に設定されてしまいました。

* ・・・まあ、締め切りのある方が緊迫感があって票が伸びそうな気はしますが。でも、後50日で127通。一日平均3通弱。ぬう、ちょっと厳しそうな気もー。

*

へむ2「とゆー訳で。こはきゅんも言うてますが、『もう少し』なのです」
まるち「そうですね(^^; せっかく、ここまで来たんですし〜」
へむ2「です。ので、今までメール出してなくて、でも『出たら買ってもいいかな』と思ってらっしゃる方は、是非ー」

* そしてスリッパ自体は別に欲しくないけど、でもすせり様は泣かしてみたいとゆー方も、是非ー(笑)

-

* にゅにゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


チーズケーキな一日。

* えー。今日は触祭に行こーかとか思ってた訳ですが、起きたらもう12時過ぎだったりする訳で。

*

へむ2「ふむ。今から行ってももう全部狩り尽くされた後ですな。以前の経験から言って」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・確かに、草一本残さず狩られてるでしょうね(−− ろくでもない話だけど」
へむ2「己が心に忠実に力を発揮しきる人類万歳、とかそーゆー言い方しましょう、お嬢さん。で・・・」
あずさ「するかっ!!(−−メ
へむ2「・・・で。まあ、今日狩れなかった分は後日同人ショップで狩る、とゆー事で。いいのは多分間違いなく、ショップ卸しがありますからナー」
まるち「そうですね(^^; おそらく〜」
あずさ「て、聞いてないし(−−メ まったくもう・・・」

* とゆー訳で、午前中はひたすらすやすやぴー。休日の朝を満喫したですよー。

-

* さて。

* で、午後はお出かけナンジャタウンチーズケーキ博覧会とかゆーを今やってるので、まあ行ける内に行っとこーかと。

*

へむ2「でもあれね(はむはむ) やっぱこー、ケーキは数食えんね」
あずさ「そうねぇ(もぐもぐ) チーズケーキはまだそんなに甘く無いから、マシはマシだけど・・・でもやっぱり、ね」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
へむ2「うん。甘いもんはちょっと・・・な。これが餃子とかならもっと種類食えるんじゃけどなー」
あずさ「これで5つ目。この辺で私、限界ね」
へむ2「うい、俺もぼちぼちやめとくー。で、これだけしか食ってないのに言うのも何じゃけど、あずささんや。どれが一番美味しかったですかな?」
あずさ「ん? そうねぇ・・・チーズケーキファクトリーって所のレアチーズケーキかしらね。あれが一番美味しかったと思う」
へむ2「おお、俺と同意見ですな。んじゃまあ、またイベント関係なく食いに行ってみますか、このケーキ屋さん」
あずさ「そうね。幸い東京のお店みたいだし、そのうちまた行きましょうか」
へむ2「うい。ではまあ、今日は一軒良いお店を開拓した、とゆー事で。それで満足して帰りますかね」

* や、これだけで帰っちゃうと『何しに池袋まで出てきたんだ俺様』って気にもなるんですが(笑) まあ、でも、正直人が多すぎるわ、お腹がくちくなりすぎてて他の事する気にならないわ、ですんで。招待券使ったから入場するんにお金もかかってませんし、とりあえずはいーですやね。うん。

-

* さてさて。

* んで、帰ってきた後はひたすらぐでー。休日の夜を満喫中でございまふー。

*

へむ2「うにゃー。これで明日、仕事が無きゃもっといいのにねぇ」
まるち「はぁ(^^; ですけど、あの、そうもまいりませんし〜」
あずさ「働きなさい。馬車馬の様に(−−」
へむ2「にゃー。あずささんは相変わらず、悪魔の様なお方だー」
あずさ「やかましい(−−メ て言うかほら、そろそろ寝なさい。明日も早いんでしょ」
へむ2「ういっしゅ。であ、今日はここまでー」

* お休みなさい。ぐぅ。


今日はぽかぽかいい天気。

* 朝。

* ねむねむお出かけ以下略ー。

*

へむ2「いやもうね。眠いったら眠いのですよー?」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「毎度毎度朝っぱらから・・・(−−メ えーい、いいからとっとと仕事行きなさいっ!!」
へむ2「ぱぎゅー。今週も変わらぬ一日から始まる変わらぬ一週間の予感ー」

* お天気も良く、今日はうららか平和です。ぐー。

-

* 昼。

* お仕事にゅー。

*

へむ2「・・・て、おや」
まるち「はわ?」
へむ2「むー。山形の方の仕事先から金曜仕事が増えましたにょんなメールが来ましたよ。がっでみゅ
まるち「はわ(^^; では、あの、金曜日のキャララさんは〜」
へむ2「行けませんな。当然の事ながら」
まるち「はぁ(^^; そ、それは、あの、残念ですね」
へむ2「そうですなあ。まあ正直、残念で済むかーいっ! って気分でもありますが」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「て、言ってもしょうがないでしょ(−− 諦めなさい」
へむ2「ぱぎゅー。おにーちゃん、『ぬいぐるまー』の主題歌CDが欲しいのニー。欲しいったら欲しいのニー」

* まあ、とりあえずはファンネル飛ばして対応しときますが。<キャララ>まったく、こんな大事な日に仕事を入れるだなんて、許し難い話ですなぁ(笑)

-

* 夕方。

* お仕事終了。にゅー、今日はホントに一日暖かいー。

*

へむ2「春ですなあ」
まるち「春ですね(^^)」
へむ2「いー天気ですなあ」
まるち「はい〜(^^) いいお天気ですね」
へむ2「あ〜。こんな日は桜でも見に行きたいもんですなあ」
あずさ「・・・て、もう散ってるわよ?」
へむ2「そーなんですよねぇ。しかしこー、山形の方は明日くらいに満開だそうですよ?」
まるち「あ、そうなんですか?」
へむ2「です。今日来たメールにそう書いてありました」
まるち「そうなんですか〜(^^) では、明日はお花見でも〜」
あずさ「そうね。仕事はどうしたの、とかあっちはまだ寒いんじゃないの、とかその辺は気になるけど・・・」
へむ2「仕事は半日で終わる予定。寒さは・・・先週の感じだとそれなりに大丈夫っぽ。のでまあ、夕方から近所回ってみましょーや」
あずさ「はいはい。ま、いいわよ」
へむ2「うい。であ、そーゆー予定でー」

* 明日雨が降らない事を祈りつつ。そいであ、帰宅です。

-

* 夜。

* んじゃ、最後ぐる。

* すたじお緑茶すたっふ日記更新。来週水曜ムービー公開予定でミラーぼしうちう、つー事ですのでその気のある方ぁメールれつごー☆

* で。

『プログラム : 1ファイル化、圧縮化、いずれも装備完了!』

* おっけい。

*

へむ2「とゆー訳で、24000ボイス、3GBでも問題無さそうですよ?」
まるち「良かったですね、ご主人様(^^)」
へむ2「うむ。システムがアレだとゲームの内容以前の段階で評判が落ちますからな。そうならないようで、何よりー」

* んで、後体験版ですが。とりあえずドリパキャラフェスで配布されるのはぽたぽた手焼きバージョンで数が少ない、との事。ですんで貰いに行かはる方はお早めにー。まあ、店頭配布やもあるみたいですので、そっちで貰える人はそっちでもいいかと思いますけど。

-

* にゅ。

* んであ。明日も早いので今日はここまで。お休みなさいですにょー。


にーまるまるよん最後のお花見

* 朝。

* いつものよーに、以下略。

*

へむ2「ねーむーいー
あずさ「えーい、毎日毎日(−− ちっとも『以下略』してないでしょうが、それは」
へむ2「そんな事はありませんよー? すごい技術で愚痴を10分の1くらいに圧縮して」
あずさ「やかましい(−−メ 大概にしとかないとぱっちり目が覚めるまで殴るわよ、コラ」
へむ2「そしてやりすぎて永眠。はっはっは、あずささんは限度を知らないお方だ☆」
あずさ「・・・・・・(−−メ 本気でやるわよ?」
へむ2「その『やる』はひらがなではなく漢字の方がふさわしいのではないかと思いつつゴメンナサイガタガタブルブル。どうか命だケはお助けヲーm(_ _)m」
あずさ「謝り方に心がこもってないっ!(−−メ
まるち「え、ええっと〜(^^; そろそろ、あの、お時間の方が〜」
へむ2「うい。んじゃぼちぼちのてのて行きましょーかね」
まるち「はい〜(^^;」
あずさ「あーはいはい(−− まったく、毎度毎度朝っぱらから(ぶつぶつ)」

* とゆー訳でお出かけです。うにゅー。

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* で、予定通り今日はこっちでのんびりお花見。てきっとーに近所の桜の咲いてる所をぶらぶらと。

*

へむ2「んー。ホントに満開ですなぁ」
まるち「そうですね(^^) 綺麗です〜」
あずさ「天気もいいし。良かったわね」
へむ2「そですな。ちょっち風が強いですが、まあこれくらいなら。さて、そいじゃ今年最後のお花見をのんびり楽しみましょーか」
あずさ「そうねぇ。さすがにもう、この後花見に行く事も無いだろうし。次は一年後ね」
へむ2「うむ。また来年も会えるといいな、桜。そん時ゃまた綺麗に咲いてくれーい」

* まあホントに近所をぶらぶら回っただけなんで、一面の桜並木〜、とかは無かった訳ですが。それでもそれなりにまとめて咲いてる所もあったりして、十分堪能。やっぱ綺麗ですやね、桜は。

-

* 夜。

* さて。じゃあ今朝は早かったし、明日も早いし。

*

へむ2「寝ますか」
まるち「そうですね(^^; ゆっくりお休みになってくださいませ〜」
へむ2「うい。そりゃあもうぐぅぐぅ休まさせてもらいますさー」

* つー訳で。お休みなさいませばたんきゅー。


ねごばとるー。

* 今日は一日お仕事でした。

-

* さて。

*

へむ2「とゆー訳で、これがラブネゴカードゲームなのですが」
あずさ「いや、『とゆー訳で』とか言われても(−− て言うかそれ、いつ作ったのアンタ」
へむ2「昨日の電車の中で8割、今日の仕事の後に残り2割。ちなみに一番手間のかかった作業は『ネゴバトルのセリフを全部書き出す事』でした」
まるち「はぁ(^^; あれは、あの、カードゲームさんのためだったんですね。私、てっきり壁紙さん用かと〜」
へむ2「いや、壁紙にも使えたら使いますけどね。でもそっちはとりあえず置いといてー、構想3ヶ月、制作3時間の力作です」
あずさ「・・・・・・(−− 力作って言うの? そういうの」
へむ2「言わないかも。でも3つか4つのボツアイデアを乗り越えて生まれてきたゲームですので、おにーちゃん的には結構愛着が」
あずさ「あーはいはい(−− で? どういうゲームなの?」
へむ2「うむ。まあ簡単に言うと、『UNO』系列みたいな?」
まるち「はぁ。『UNO』さんですか〜」
へむ2「うん。こー、フィールドに出てるカードと手持ちのカードの色を合わせて取っていく、そんな感じ?」
あずさ「? て、それ・・・『UNO』?」
へむ2「いや、話は最後までお聞きなさいお嬢さん。で、手持ちカードが残り一枚になった所でズビシっと『宣言』を行います」
あずさ「宣言?」
へむ2「俺とお前は同じ社会不適合者じゃないのか!!
まるち「は、はわっ!?」
あずさ「・・・あ?(−−メ」
へむ2「と、そーゆー風な。『決めゼリフ』とか言ってもいいですが、まあ、より素直に言うなら『ネゴバトル』ですな。この宣言を忘れた場合は爽やかにペナルティ
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜。そこが、あの、『UNO』さんっぽいんですね」
へむ2「そーゆー事ですな。ちなみに宣言は何でもいーですが、とりあえずカッコよく。『恥ずかしいが生きるためには仕方がない』とか『ヒロインとの恋愛は俺達の青春なんだ』とか」
あずさ「それのどこがカッコいいのよ(−−メ 大概にしないと埋めるわよ沈めるわよ落とすわよ」
へむ2「えー。だって本家ネゴバトルで出てきたセリフですよ、これ全部」
あずさ「だから何よ(−−メ」
へむ2「カッコいいのに〜。ま、でも、それが嫌なら別にオリジナルワードでもいいですよ? 例えば『死ぬより辛い恥がある』とか」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・て、いや、それはダメでしょ(−− それは、何て言うか・・・専用?」
へむ2「うん、基本的には鈴北氏専用。まあでもそれはさておき、とりあえずテストプレイに付き合ってくださいな」
あずさ「はいはい、付き合ったげるわよ(−− 具体的なやり方、教えなさい」

* つー訳で、テストプレイふにふに。まあ、カードの種類が多すぎたんで減らさなくっちゃね、とか、デザインも少し変えた方がいいな、とかありましたが、でもまあとりあえずそれなりに。これも25日持ってって、ちっくらプレイしてみましょーやね。

-

* さてさて。

* で、テストプレイの後はえろげ。とりあえず『プリンセスムーン』をクリアしましたが、遅くなっちゃったので感想等はまた明日。後は簡単にぐるっておしまいですにょー。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。うーわすせり様ずっけー

*

へむ2「・・・きたねぇ。締め切り前倒しにするとわ」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと〜」
あずさ「まあ、気持ちは分かるけど。でも、このペースなら5/9までには何とかなるんじゃないの?」
へむ2「どーかねぇ。なるかならんかギリギリっぽな所締め切り設定するあたりが実にすせり様、いやらっちー」

* とゆー訳で、ハタヤマスリッパ現在413通。後87通ですが、すせり様の陰謀で締め切りが早まったので残りはおよそ3週間。一日平均4通くらい来れば大丈夫、とゆー事ですが・・・ぬう。

*

へむ2「いざとなれば、俺も後2通くらい送ろう」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ、アンタの小遣いで買うんなら止めないけど、そりゃ」
へむ2「でもその前にー。もしこの先さらに締め切りが短くなるよーな事があったら、その時はすせり様を呪おう。こう、わら人形にこーんこーん、と」
まるち「はわわわわ(^^; そ、それはダメですよ〜、ご主人様〜」
へむ2「そのくらいやってもいい気はするぞー。てゆーか、そのくらい殺る気満点で挑まないと勝てないと思うー」
あずさ「何に勝つのよ、何に(−− まあともかく、来週の更新みれば大体見当つくでしょ、500行くか行かないか」
へむ2「ぱぎゅー。頑張れ世間の皆様ー。いざとなれば、本気で俺も後2通ー」

* で、後、キャラ人気投票も始まっとります。『1人1回のみ、しかもメールで』とゆー投票形式なんでちと盛り上がりには欠けそうですが、まあとりあえず。俺もゲームの方クリアしたら送っときますにょー。

-

* 自転車創業。何か5/4X68系イベントに参加しはるそーで。

* ・・・このご時世にX68系、とゆーのにシビレる物も感じるのですが、でもその日はドリパだったりする訳で。ぬう、行け・・・ないかなあ、やっぱり。

*

あずさ「10時から15時。まあ・・・無理でしょうねぇ。有明出るの、14時は過ぎるでしょうし」
へむ2「だよなあ。かといってこっちに行ってから有明行くとなると、到着が大分遅くなるし。はてさて、どーしたものやらー」

* もっとも、遅くなっても買うもんさえ買えればあんまし問題無いのですが・・・<ドリパ>ま、とりあえずは当日の気分で決めましょーかね。どっちから行くか。

-

* にゅ。

* であそろそろ眠さMAXなのでここまでー。お休みなさいですにょー。

* ぐぅ。


今日もジュエルス夜が明けて。

* 朝。

* ぐー。

-

* 昼。

* お仕事。

-

* 夕方。

* さて、仕事も終わった所で。

*

へむ2「つい後回しになってた嘘屋壁紙コンテスト。その投票をしようと思うのですよ」
あずさ「そうね。今月ももう半ばだし、忘れないうちにそろそろやっといた方がいいわよね」
へむ2「ただ問題は。未だに今月の最優秀作を選べてないとゆー事なのですが」
まるち「はぁ(^^; え、ええっと。ですけど、あの、皆さん、力作揃いですから〜。それは、あの、しょうがないかと〜」
へむ2「そーなんですよねぇ。む〜〜・・・」
あずさ「あんまり悩んでないで、ぱっと見ての印象だけで決めれば? 技術云々の話なんかはどうせ分かんないんだし、結局好き嫌いだけでしょ?」
へむ2「む、それもそうか。んじゃジムボゲードン橋の下蔵女たんか。どれかだな」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− またざっくりした表現を。いや、分かるけど」
へむ2「分かるならそれで良いでは無いですか。分からない人はこれを機会に壁紙コンテストを見ていただければこれ幸い」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「ちなみに、自分のに入れていいんなら『ジグソーぶちまけ滝みゆき』に入れる所なのですがー。がー」
あずさ「やめときなさい(−− 侘びしいから」
へむ2「うむ。さすがに、な。『お気に入り』の一つとしてはチェック入れとくけど、最優秀作は人のから選ぶべきだと思う俺。ので、上記3つのうちのどれにすべきか? 悩ましい所でございますね?」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、そ、そうですね」
へむ2「ボゲードンはネタとしてナイス。ジムはネタ半分俺がラブネゴ好きなんが半分。橋下蔵女たんはそのさりげなさと、ちゃんと水面に映ってたり波紋があったりとゆー細かさがナイス。全部『好き』の方向性が違うので、にんともかんとも」
あずさ「・・・とりあえず、その三つの中じゃあ橋の下が一番まともな理由に思えるけど。私には(−−」
へむ2「むー。確かに、『腐り姫』はまいベスト嘘屋ゲーでもあるしなあ・・・作品へのラブ修正を入れて、今回は蔵女たんかなあ」

* とゆー訳で、俺的最優秀作はその辺で。<橋の下>後は(自分の含め)合計16作ほどお気に入りを選んであい、送信、っと。はてさて、結果はどーなるかなー。てゆーか、それ以前の問題として参加者はどれくらいいるのかなー、これ(^^;

-

* 夜。

* んじゃ、えろげ・・・の前に、昨日やった『プリンセスムーン』、感想。

*

へむ2「えろかった。以上」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「まあ真面目な話をすると、ちょっとスキップが遅いだとか少しシステムが重いとか。立ち絵が微妙だとか塗りもあんまし良くないとかありますがー。しかしまあ、やっぱり魂砕かれて堕ちていくヒロインは良いな、と。そんな感じ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・えーと。何か、こー、具体的な反応が無いとおにーさんも寂しいのですが?」
あずさ「やかましい(−−メ 埋めるわよ、これ以上余計な口たたいたら」
へむ2「ぱぎゅー。殺気に満ち満ちてますわよお嬢様ー」

* ま、とにもかくにもえろいの万歳とゆー事で。やー、ほんに久しぶりにえろいえろげをしましたよ、おにーちゃん。満足満足(笑)

-

* さてさて。

* じゃ、改めて今日のえろげ。『ジュエルスオーシャン』、続きからー。

* おお、これが噂のヤクトカイゼルですか。これは・・・うん、確かに勝てませんなあ、普通にやってたら(^^;

* んー。すせり様、優しいなあ。てゆーか、うん。やっぱいい娘だ、すせり様。

* あ、ルート分岐場所っぽい。多分将来的にはこの辺でセーブしとくといいんだろーなー。今回はバッドエンド一直線な選択肢選んでっから、そもそも選択肢自体が出んけど(笑)

* で、バッドエンドのセーブデータ引き継いでまた最初から。おおー、高速スキップ、本気で高速だー。いいなあ、これ☆

*

へむ2「てゆーか。この高速スキップに戦闘スキップ組み合わせたら、共通ルートの踏破一瞬ですな」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですね」
あずさ「・・・何て言うか、ここまで高速だとゲームやってるんだか何だか分かんないわねぇ(−−」
へむ2「そですなあ。でも、時間はとっても大切です。幸い、話の流れはまだ頭ん中にばっちりありますし、今の内にさっさとフラグ立ててしまいましょー」

* てな訳で、今度のプレイは八方美人に。あっちでフラグ立てー、こっちでフラグ立てー。で、さっきのルート分岐部までたどり着き・・・て、あ、あれ? すせり様はともかく巫女さんがいないぞ?<選択肢

*

へむ2「あっれー? どっかで選択肢間違ったか? 俺」
あずさ「かもね。まあ、どうせ一瞬なんだし、途中からやり直してみたら?」
へむ2「む〜〜・・・ま、しょーがない。であ、巫女さんと会ったあたりからやりなおして・・・て、あ、あれ? 今度はこはきゅんがいなくなった。あれー? おかしいな、巫女さん以外の選択肢、一緒にしてるハズなのに」
まるち「え、ええっと〜(^^; あの、もしかして、ここの選択肢さんは4つまでしか出ないのでは無いでしょうか〜?」
へむ2「む? む? むむむ? そういう事・・・なのかな?」
まるち「はぁ(^^; そうなのでは無いかと〜」
へむ2「むう。て事は、この辺の選択肢をいじってみると・・・おお、ホントだ。メンツは変わっても確かに4人までしか出てこねぇ。しかも多分これ、上から好感度順じゃな」
あずさ「そう・・・ね。さっきの選択肢がああで、順序がこう入れ替わるんだから、そうなんでしょうね」
へむ2「ふむ。んじゃとりあえず全員分網羅する様、セーブを2種類作っとこーかね」

* でもその前にとりあえず、『このデータからバッドエンドに行かない』事を証明する為に眼鏡娘ルートクリア。そして改めて最初から進めて、セーブデータ2種類。これで後は、個別ルートをクリアするだけー。

* ・・・と、そーゆー事をやってたら、いつの間にやらもうな訳で。

*

へむ2「つまり、お兄ちゃんはもうへろへろだとゆー事です」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・ふぅ(−− まったく、明日は午前中仕事無いからって、好き勝手を」
へむ2「やー、でも出来れば今週中にクリアしときたいしー。てゆーか、来週はまた嘘屋壁コン用壁紙作りに費やしたいとか思うし、ねぇ?」
あずさ「あーはいはい(−− まあとにかく、今日はもう寝なさい。後は個別ルートだけなんだから、明日で出来るでしょ」
へむ2「多分ねー。ではお休みなさいばたんきゅーぐー
まるち「はわわわわ(^^; ご主人様、お休みになられるのでしたらお布団の方に〜」
へむ2「・・・うにゅ〜。ふらふら〜」
まるち「すぐそこですから〜。少しだけ頑張ってください、ご主人様〜(^^;;;」
へむ2「にゃ〜〜〜・・・」
まるち「が、頑張ってください〜〜(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− やれやれ、まったくもう」

* とゆー訳でとっても眠いので今日はここまでー。ぐるぐるやらはまた明日ー。

* お休みなさい。ぐぅ。


[卯月日記一覧] : 2004/04/16 : (コメントが2件あるにゅ)

『コールッ!!』

* ・・・と、聞くと真っ先に頭に浮かんでくるのはダービー・ザ・ギャンブラーだったりする訳ですが。でもまあそれはさておき。

*

へむ2「コールッ! 究極神竜、ジ・アダモス!!
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− いや、わざわざ叫ばなくていいから。普通に話を進めなさい」
へむ2「にゅ。とゆー訳で無事クリアしましたですよ、『ジュエルスオーシャン』」
あずさ「早かったわねぇ。個別ルートに入ってから」
へむ2「うむ。何せテキストの8割と戦闘のほとんどがスキップ出来ましたからな。実質、エピローグだけ見た様な物」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「もう少しこー、個別ルートに入って以降に各ヒロインの見せ場が欲しかったところ。てゆーか、美味しい所全部すせり様が持ってってるのがちとアレですな。いや、すせり様ファンの俺にとっては良い事なのですが」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「いいのか、コラ(−−メ」
へむ2「うん、全然問題無しだ。てゆーかすせり様、思った以上に真剣に『命』ってもんと向かい合ってていい感じ。さすが主人公は違いますな?」
まるち「はわ?(^^; え、ええっと〜。主人公さんは、あの〜」
あずさ「・・・主人公はあっちでしょ? そっちじゃなくて?」
へむ2「いやいや、これはどー見てもすせり様が主人公ですよ。ほら、本人もそう言ってるし」
あずさ「いや、言ってるけど(−− でも、それは何か違うでしょう?」
へむ2「何も違いがある物ですか。すせり様が言うのですからすせり様が主人公なのですよ。万歳」
あずさ「理由になってないっ!(−−メ まったくもう・・・」
へむ2「ぱぎゅー。ま、何ですな。他のヒロインの扱いの悪さにちと切ない物も感じましたが、それでも安易な奇跡に頼らなかったあたりが評価点。これで戦闘がもっと楽しいのだったら良かったんですけどねぇ」

* ちょっち単純作業過ぎましたやね、今回は。<戦闘>後、レベルアップの楽しみがあんまり無いってゆーか、あっと言うまにカンストするあたりがにゃんとも。しかも雑魚戦であっさりレベル上げが出来るから、結局最後は『みーんなレベルMAX』になっちゃいますし、ねぇ。

*

へむ2「あ、ちなみに。俺が一番好きなジュエルガイストは騎魔レギノス。何て言うか、盾として最上でございました」
まるち「はわ(^^; た、盾ですか?」
へむ2「うん。サイズ小さいからどこにでも置けるし、それなりに防御力あるからガードさせときゃ結構持つし。2体ほど用意しといて囮に使用。もちろん攻撃受けない時はこっちから仕掛ける攻性防壁。ナイス」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「カッコよさだけならジ・アダモスとか百影とかもいいんですけどねぇ。やっぱこー、使い勝手の良さでレギノス。何つか、この子にはとっても愛着があってフィギュア化しないかしらん? て気分ー」
あずさ「しないしない(−− 起きてるうちから夢見てるんじゃないわよ、すっとこどっこい」
へむ2「ぱぎゅー。ロードビラードあたりとセットで出してくれりゃあ、ほいほい買うのになあ・・・」

* ま、とりあえずこれにて『ジュエルスオーシャン』、無事フルコンプ。一周30時間とか脅されてたんでビクビクだったんですが、まあ、結果は全部合わせて30時間程でほっと一息。てゆーかありがとう、超高速テキストスキップ戦闘スキップ。さくっと終わったのは君らのおかげじゃよー(笑)

-

* さて。

* じゃ、今日は眠いので。とっととぐるって終わりです。

* hueうぇぶいろもん暗躍中更新で、4/21発売のテックジャイアンに『サムライジュピター』の情報が色々出るぞ、と。

*

へむ2「・・・は、いいんじゃけど。そうか、もう9ヶ月になるのか、制作発表から」
まるち「はぁ(^^; そうですね、確か、去年の夏でしたから〜」
へむ2「長かったのう(しみじみ) が、これでようやくサムライの内容が分かるとゆーものじゃよー☆」

* つー訳で乞うご期待。俺も明後日秋葉巡って、早売りのがあったら買ってきましょー。

* んで後、メッセージも更新。例の二次元ドリームマガジン手袋話があったり、キャラフェスのチケットぷれぜんつがあったり。色々あるんで要チェックですにょん。

-

* D-Dreamメーカーコラム今回SAGA PLANETSの中の人。

『今ホットなK○yさんのクラ○ドを全年齢で発売してしまった反省?なんかを語って頂こうかと思ったのですが恐くてできないので』

* ・・・うわー。それ、ホントにやったらすげー楽しそうなのに。残念(笑)

*

へむ2「ま、ホントの話題の『開発末期におけるスタッフの惨状?』も面白そうではありますけどね」
あずさ「・・・面白い、とか言ってられない位シャレにならない惨状だと思うわよ、私は(−−」

* つー訳で次回は開発末期のPurple software。さて、今度はどんな話が聞けるかなー。

-

* にゅ。

* であ、ここまで。ここ数日、睡眠時間削ってて超眠いのでー。今日は早めに寝るですよー。

* お休みなさい。ぐぅ。


[卯月日記一覧] : 2004/04/17 : (コメントが2件あるにゅ)

今日は土曜日。

* でもお仕事なのです。ふぁっきん

*

へむ2「とゆー訳で。週休二日を満喫するおにーさんとしては許し難い事なのですが、こうして働いてたりするのですよ。土曜だとゆーのに」
まるち「はぁ(^^; で、ですけど、あの、お仕事ですから〜」
あずさ「しょうがないでしょ(−− て言うか、そんな事言ってると刺されるわよ。週休ゼロ日や週休一日で働いてる人達に」
へむ2「週休一日はともかく週休ゼロ日は労働基準法違反だと思うー。ま、でもいーです。今日働く代わりに4/30休むー、つー話を取り付けましたからな」
まるち「あ、そうだったんですか?」
へむ2「うん。これで今年のゴールデンウィークは本気でゴールデンウィークですよー。4/29から5/5まで、一週間まるまる休みー☆」
まるち「そうなんですか〜(^^) 良かったですね、ご主人様」
へむ2「うむ、結果オーライ。さぁて、どうやって一週間過ごしましょうかねぇ」
あずさ「その前に目の前の仕事をしなさい。目の前の仕事を(−−」
へむ2「ぱぎゅー。であ、ふにふにとー」

* とゆー訳で今日もよく働きました。今週は忙しかったですな、俺様。

-

* さて。

* で、夕方東京帰還の家帰宅。帰ったら色んな物が届いてたりする訳で。

*

へむ2「まずはこれ。二次元ドリームマガジン手袋ですな」
あずさ「手袋って言うな(−− 定期購読してるのはあくまで雑誌でしょ」
へむ2「うんにゃ、今回に限りメインは手袋。雑誌はおまけです」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。言ってみれば雑誌の方はビックリマンチョコのチョコレートのよーな物」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「む。ナニヤラ真剣な目でこちらを見てるそこのお嬢さん。何ですか? 手袋、はめてみたいんですか?」
あずさ「んな訳無いでしょが(−−メ 埋めるわよ、手袋ごと一緒に」
へむ2「やあ、そいつは殺人予告とゆーヤツですな、セニョリータ。しかし俺もこんな事で殺されたんじゃシャレにならんので強制的に話題を転換してー。えー、この手袋なのですが」
あずさ「転換出来てないっ!(−−メ まったくもう・・・」
へむ2「まあまあ。で、この手袋なのですが。確かに『伸縮性ばつぐん』で、見た目よりかははるかに伸びるのですが・・・でも、それでもまだちょっと小さいですなあ。ほれ、指が入らない(ぴらぴら)」
まるち「はわ(^^; た、確かにあの、小さいですね」
へむ2「残念ですが、これでは使えませんな。と、なるとここはやはり、中にローション入れてぬるぬるにした上で女の子に装着してもらうのが一番えっちっぽくて良い使い方なのではないかと(ごすっ)」
あずさ「・・・殴るわよ(−−メ」
へむ2「・・・・・・(しくしく) もう殴ってる〜★」
あずさ「やかましい(−−メ あーもう、さっさと片付けなさい、そんなもの!!」
へむ2「ぱぎゅー。ま、確かに使えませんからな。しょーがないので、お蔵入りー」

* なお、今回もまた瞳先生は爽やかに犯られまくりですた。<二次元ドリームマガジンの小説>次回からは冴子先生も潜入操作開始で、多分えろ二倍。良い事ですな(笑)

-

* さてさて。

* んでもう一個、エスクードからはすせり様AAの賞品が届きました。参加賞の勾玉と、優秀賞のスタッフサイン入りうちわー♪

*

へむ2「ふむ。この勾玉は『アペンチュリン』つー石で、鉱物学的には水晶と同じグループに属します、と。つー事は、これも一応宝石なんですかね?」
まるち「さ、さあ。どうなんでしょうか〜(^^;」
あずさ「・・・気分的には宝石って感じじゃ無いけど? やっぱり、もうちょっとキラキラしてるのでないとダメなんじゃないの?」
へむ2「そなのかな? む〜〜・・・む。確かにこー、『アペンチュリン 宝石』でぐぐるとほとんど何も引っかかってこんの」
あずさ「でしょ? やっぱり、ねぇ」
へむ2「ふぅむ。残念じゃのう・・・」
あずさ「何。そんなに宝石が欲しかった訳?」
へむ2「いや、そーゆー訳じゃ無いんじゃけど。これが宝石だったら、『コールッ! 珍獣ハタヤマ!!とかやって遊ぼうかと思ってじゃな」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ、いいけど。別に」
へむ2「でも宝石じゃ無いとゆーんじゃそれも出来ません。残念ですな」
まるち「はぁ(^^; 残念ですね」
へむ2「うん、残念です。残念なので、とりあえず代わりに今日送られてきたのを全部使って三点セットミケぐるみアップも撮ってみましたですよ?」
まるち「は、はわっ!?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「えー。右手に炎の爪、左手に無敵の盾。胸に王者の証を装備した勇者様誕生の瞬間、とゆー所でしょうか?」
あずさ「黙れ(−−メ まったく、どうしてアンタはこういうくっだらない事にだけ情熱燃やすの」
へむ2「えー。結構カッコよく出来たと思ったのニー。ねぇ?」
まるち「は、はわ?(^^;;; え、ええっと〜」
あずさ「黙れっつってんでしょが(−−メ まったくもう・・・」

* いや、本気で結構カッコいいと思うんですが(笑)<勇者ミケ>ま、でも、その辺はさておき。賞品、どもありがとうございましたー☆>エスクードスタッフ様

-

* さてさてさて。

* じゃ、ラストぐる。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。人気投票はすせり様が一位、とゆー事で万歳。そしてハタヤマスリッパは現在465通、残りたったの35通とゆー事で万々歳

*

へむ2「わははははー☆ ダブルでナーイス!Σd(>ω<)」
まるち「良かったですね、ご主人様(^^)」
あずさ「この調子なら確実に500通越えそうね。まあ、そう言って油断するとギリギリ届かなかったー、とかいう事になりかねないけど」
へむ2「そですな。最後まで気を抜かず、頑張りまっしょー♪」

* で、人気投票の方はちょっとルールが変わって、ジュエルガイストは独立計算になりました。つまりキャラへの投票一回、ガイストへの投票一回で計二回投票出来る、と。んで、投票する時に『そのキャラを好きな理由』『好きなセリフ』も一緒に投稿してくれると嬉しいな、と。

* ・・・ふむ。そーゆー事なら来週また向こう行って、ゲームプレイ出来る状況になってから送りましょーかね。<人気投票>さすがに今はセリフきちんと覚えてないですし。

-

* にゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


カタマリダマシイ。

* 秋葉原ー。まずは人と会って、代理査収してもらった『ぬいぐるまー』の主題歌CDげっちゅ。

*

へむ2「で。その後は早売りのテックジャイアン無いかなー、と思って探してみたんですが・・・さすがに無かったですな」
あずさ「ま、正式な発売日は21日だし。しょうがないんじゃないの」
まるち「そうですね(^^; 明日でしたら、あの、もしかしたら〜」
へむ2「明日はおにーちゃん、多分秋葉に行けんのよ。だから今日ゲッツしときたかったんだけどねぇ」
あずさ「て、言ってもねぇ・・・まあ、来週まで我慢しなさい。どうしようもないんだし」
へむ2「ぱぎゅー。ま、確かにしょーがないんですけど、ね」

* で。その代わりっつー訳でも無いんですが、『面白い』と勧められたのでPS2の『塊魂』をげっちゅ。帰ってきてさっそくプレイをしてみた訳です、が。

*

へむ2「わはははは☆ 確かに楽しいや、こりゃ」
あずさ「・・・うわー。本気で何でも巻き込むのね、これ」
まるち「はわわわわ(^^; に、人間さんまで〜」
へむ2「楽しい。実に楽しい。シンプルな操作性、こっちが大きくなる事で今まで障害物だったのが獲物に変わる逆転性。そして獲物が巻き込まれた時のリアクション。やるなあ、ナムコ。さすがだぜー☆」

* とゆー訳で。今日は夕方から夜まで延々カタマリってて、他の事は何もしてないので日記はここまで(ぉ ああ、やりすぎて指が痛ぇ(笑)

-

* ほいであ。お休みなさいですにょー。


今日はお仕事一日中。

* 朝。

* いつものようにおっ出かっけにょー。

-

* 昼。

* お仕事にゅ。

-

* 夕方。

* あい。今日も一日、よく働きました。

*

へむ2「つーか今日は本気でよく働いたぞ、俺様。キミタチ、俺を褒めたたえなさい」
まるち「は、はぁ(^^; ええっと〜」
へむ2「働く俺様サイコー。むしろ神。と」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、お、お疲れさまでした〜」
あずさ「寝言言ってんじゃないわよ、すっとこどっこい(−− ほら、終わったんなら帰るわよ」
へむ2「むう、あずささんは反応がクールだ。そしてありがとう、まるち(なでなで) 君の言葉でおにーさんは大変癒されるよってゆーかどっかの巨ちち女に爪のアカを煎じて飲ませてあげたい気分です」
まるち「はわ(^^; え、え、ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−−メ 置いて帰るわよ、コラ」

* とゆー訳で帰宅です。ぐでー。

-

* 夜。

* で、帰ってきたらもう22時半だったりする訳で。さすがにこー、何もやる時間が無いので後はぐるぐるだけー。

* TOUCHABLEトップドリパの簡単な報告と、後4コマ激情更新。何つーか・・・すっかり馬鹿キャラとして定着しましたなあ、『あいあん・めいど』の主人公(笑)

-

* ぱれっと。こっちも4コマ劇場更新で第九話

* ・・・ふむ。26点かあ。まあ、何だ。頑張れおねーちゃん(笑)

-

* にゅ。

* であ、ここまで。明日も早いぞお休みですにょー。


指がくがくー。

* 朝。

* お仕事お出かけにょー。

-

* 昼。

* ・・・とか言いつつ、行ってみれば何も仕事が無い状況だったりする訳で(ぉ

*

へむ2「とりあえず、晩飯の買い物にでも行くかね」
まるち「あ、はい〜(^^) 今晩は何にいたしましょうか〜」
へむ2「んー。野菜。とにかく野菜。具体的な事はまかせた」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。では、あの、野菜炒めなどはいかがでしょうか〜」
へむ2「うむ、任せる。好きな様にしてくれい☆」
まるち「はあ(^^;;;」
あずさ「・・・少しは自分でも考えなさいよ、アンタ(−−」

* つー訳で買い物行って。

-

* 夕方。

* そして『塊魂』。家でやったデータは(メモリーカードの都合で)置いてきたので、また最初から。

*

へむ2「ま、一度クリアした面は特に苦労も無く行けるから別に全然問題は無いんですが・・・しかし何じゃな。凄いな。この、今日初めてプレイする面」
まるち「そうですね(^^; あの、何て言いますか〜」
あずさ「・・・ビル、引っこ抜いてるわね。この王子」
へむ2「うむ。10階立て以上のビルを軽々とな。何つか、シュールじゃのう」
あずさ「シュールって言うかお馬鹿って言うか。何か、アンタが良く見てる『モンティ・パイソン』のアニメ部分と同じノリしてるわよ、この辺(−−」
へむ2「む? おお、言われてみれば確かにそうじゃのう。なるほど、なら俺がこれ好くのも道理とゆー物ー☆」

* と、いうのが最終面をプレイするまでの感想。シュールさを余裕を持って楽しんでおりますな。

* そして最終面をプレイした感想は、こう。

発想のスケールに完敗。

* ・・・いや、あのですね。スタジアム引っこ抜くとかそーゆーのは聞いてたんで、そこまでは別にいいんですけど。でも、この王子。それにとどまらず島引っこ抜く渦潮引っこ抜くわ、あげくの果ては虹まで引っこ抜くとゆーステキぶり。いや、まさかそこまでいくとわー(笑)

*

へむ2「想像もしてなかったですよ。おにーちゃん」
まるち「す、スゴいです〜(^^;」
あずさ「・・・何て言うか、もう(−−」

* おまけにエンディングでは国引っこ抜くし(ぉ いやもー、本気でただただ圧倒されましたですよ、おにーちゃん(^^;

-

* 夜。

* で。クリアはしたんですが『塊魂』。かなり最低ランクのクリアだったので、さらなる成績を求めてやりこみ開始。ふと気が付けば2時だったりする訳で。

*

へむ2「うう。指が! 指が!! ガクガクじゃよー」
まるち「はわわわわ(^^; だ、大丈夫ですか? ご主人様」
へむ2「うむ、かなりマズいな。ずっとアナログキー押してた親指の腹なんざ感覚が変になってますよ、はっはっは☆」
まるち「はわ(^^;:: そ、それは〜」
あずさ「・・・・・・(−− アンタ、そんなので明日の仕事大丈夫なの?」
へむ2「あ、それはへーき。この程度でどうこうなるよなヤワな鍛え方はしてねぇよ」
あずさ「ホントに?(−−」
へむ2「ホントホント。それより、睡眠不足の方が問題ですな、今日の場合」
あずさ「て、分かってるならとっとと寝なさい(−−メ まったくもう・・・」
へむ2「うむ。であ、今日はここまで。続きはまた明日ー」

* つー訳で、時間が時間なので今日はここまで。後は軽くぐるってお終いです。

* すたじお緑茶、『巫女さん細腕繁盛記』の体験版情報公開。ほう、演出面では『顔ウィンドウ形式をより発展させ、動き回ったり、拡大縮小、更にカットイン、等々とにかく動かしています』ですか。

*

へむ2「ふむ。行殺みたいな感じになるのかな」
あずさ「どうかしらね。あれよりかは色々動きそうな気がするけど、なんとなく」
へむ2「ふぅむ。ま、いずれにしろ体験版をやってからですな」
まるち「そうですね(^^) ええと、それで、あの、体験版はお店の方に〜?」
へむ2「うむ。キャラフェスには行けないんで店舗配布の方に行ってげっちゅしてこよーかと。28日はダメですけど、30日は空いてますからな。その辺でさくっとー」

* んで後、予約キャンペーン協力店更新のトップで通販についての告知。5月になったら始まるそーですにょ。<通販>そしてすたっふ日記更新・・・て、あら。ゆーびさんが眼鏡かけてる。ほえー。

*

へむ2「伊達眼鏡、かな?」
あずさ「さあ。でも、天女なのよねぇ。この人」
へむ2「うん。だから眼が悪いとは思え・・・いや、でも、ゆーびさんだからなあ。何があっても不思議は無いか」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うん。何せゆーびさんですから」
あずさ「・・・理由になってる様ななってない様な(−−」
へむ2「なってると思ってください。はてさて、うーむ?」

* まあ・・・やっぱそれでも伊達眼鏡なのかなあ、て気はしますが。さて、どーなんでしょうかねぇ。うーみゅ。

-

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。キャラフェス&ゴールデンウィークのその他イベントに向けて、色々気合い入れて準備してる気配ですな。

* ・・・むう。緑茶キャラフェスの方にしか来んしなー。今回、キャラフェス行けんのが切ないよなあ。くそう(^^;

-

* にゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


カタマリカタマリ。

* 今日は一日お仕事でした。

-

* さて。

*

へむ2「とりあえず、カタマれ?
まるち「はぁ(^^; あの、お身体の方は大丈夫なのですか?」
へむ2「や、もちろん絶賛ボロボロ中ですよ? 指から腕にかけてがこー、わにゃわにゃと」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
へむ2「しかーし。ボロボロになってはいますが、それは同時に『高得点の為の攻略ルート』身体に叩き込まれているとゆー事。この隙にレッツらゴーしなきゃ!!Σd(>ω<)」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・素直に休む、って選択肢は無いのか、コラ(−−」
へむ2「にゃー。や、高得点取るとさ、『エターナルモード』つー時間無制限モードが開くのよ。今後の為に、これだけは開いておきたいのですよ、早いめに」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、それだけだったらいいけど」
へむ2「ありがとー。後、王様プレゼントも揃えたいし従兄弟も全員出したいしー」
あずさ「それだけだったら、って言ってるでしょ(−−メ 埋めるわよ。大概にしないと」
へむ2「ぱぎゅ〜〜・・・にゅー、まあ。とりあえず、キリのいいとこまでー」

* つー訳で今日も夕方からは延々『塊魂』。とりあえずエターナルモードは全部出して、王様プレゼントも出せるだけ出して残りは後3つ。もう少しだぞ、頑張れ俺ー。

*

へむ2「まあもっとも。とか言いつつ、まだ他にも従兄弟や流星、果ては『目指せアイテム収拾率100%』まである訳で。先は長いですな」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですね」
あずさ「・・・・・(−− とりあえず、いいから今日はもう寝なさい。まったく、明日仕事が無いからってこんな遅くまで」
へむ2「いや、仕事あってもやってたと思うぞ。多分」
あずさ「なお悪いでしょ(−−メ まったく・・・あーもー、いいから寝なさい、ほら」
へむ2「にゅ。じゃ、今日はここまでー」

* ここまでー。後は、いつものよーにぐるですにょ。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。ん、相変わらず人気投票、すせり様がダントツトップのよーで何より☆

* んで後、『ジュエルスオーシャン』のファンブックが出る事が決定したとか。まだ内容はとんと決まって無いよーですが・・・ま、のんべり期待。

-

* hueうぇぶいろもんトップやらメッセージやらイベント情報やらでキャラフェス情報が続々と。今回は黒木先生のサイン会がある模様・・・て、にゃにぃ?(汗

*

へむ2「むう。俺が行けないその時にー」
あずさ「ま、しょうがないでしょ。て言うか、『行かない』って決めたのアンタなんだし。自分で決めた事なんだから文句は自分に言いなさいよ」
へむ2「まったく正論すぎて反論も出来んぞあずささん。む〜〜・・・しょうがない、ドリパでもある事を期待するかぁ」
まるち「そうですね(^^; あるといいですね、ご主人様」

* まあ実際のトコ、整理券先着順つー事ですから。行っても多分無理だとは思うんですけど。<サイン会>そう思いつつも、やっぱ悔しいのココロでございます(笑)

-

* すたじお緑茶、『巫女さん細腕繁盛記』のデモむび公開。んー、キャラ紹介絵のところがアレなあたりが、ゆーびさんイカすー(笑)

* で、後、体験版配布情報も更新。大阪での配布が加わった、つー事で。これで関西の人も安心ですな☆

-

* にゅ。

* であん、ここまで。もう朝ですし、寝ますにょー。


寝て起きてカタマリ。

* 今日はお仕事ありません。つー訳で、一日ぐっすりエネルギーチャージ。

* 朝寝て、昼起きて、夕方寝て、そして夜。

*

へむ2「さて(むくり) ぼちぼち今日の作業を始めるか」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・今が一体何時だと思ってるのか、この馬鹿は(−−」
へむ2「ふむ。何時?」
まるち「あ、はい(^^; ええと、2時です〜」
へむ2「ふむ。作業するにはちょうどいい時間ですな」
あずさ「あのね(−−メ まあともかく、まずはご飯食べちゃいなさい。片付かないから」
へむ2「あーい。いただきまー」

* ご飯もぎゅもぎゅ。食べながら、色々ふにふに。『ジュエルスオーシャン』立ち上げてオートで流しながら人気投票用のセリフを探したり、『ラブネゴ』や『腐り姫』立ち上げて壁紙コンテスト用に使える絵を探したり。

*

へむ2「恐ろしい事にですな。もう来週なのですよ、壁紙コンテストの今月締め切り」
まるち「正確には後6日ですね(^^; 28日ですから〜」
あずさ「もっと正確に言うと5日よ(−− もう日付変わってるんだから」
へむ2「ふぅむ。それはつまり、そろそろ『塊魂』やんのやめてこっちにとりかからなくちゃいけない、とゆー事ですな?(ぷち)」
あずさ「とか言いながら、PS2の電源を入れるなっ!!(−−メ まったくもう・・・」
へむ2「はっはっは。まあ、とりあえずもう少しだけ。やれるとこまでやって、それでしばらく封印しますにょー」

* で、朝が来る、と(ぉ<『塊魂』やってるうちに>ま、さすがにこれくらいにしときましょーかね。これやってると本気で他の事が出来やしない(^^;

*

へむ2「ちなみに現在、『プレゼントが残り2つ、従兄弟が残り5人。流星は後1つ』とゆー状況。もう少しではあるんですけど・・・」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・えー。もう少しではあるんですけど、今の俺の腕ではちっとクリア出来ないのがいくつかございますので。まあ、うん、ここまでー」

* さて。んじゃもう朝なので(昼とも言いますが)、今日の日記はここまで。このまま明日の日記に続きます。


寝て起きてドタバタ。

* で、まあ、昨日から連続して起きてる訳ですが。今日は特に大した仕事が無いので問題ナッシング。

*

へむ2「会議が一つだけですか。具体的に言うと」
まるち「あ、はい〜(^^) 確か、そういうご予定だったと〜」
へむ2「うい。であ、ちょっくら仕事に行ってきまー」

* と、まあ、軽く仕事を済ませて、さて、夕方。

*

へむ2「ぐー
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・何をいきなり寝てるのよ、アンタ(−−」
へむ2「うにゃー。何か唐突に無茶苦茶眠くなったー。すぴー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− 不規則な生活してるから。まったくもう」
へむ2「くにゃー。ぐー」

* とゆー訳で、起きたらまたでした(ぉ

*

へむ2「ふむ。よく寝た」
まるち「はぁ(^^; お、おはようございます〜」
へむ2「ぐっもーにん。さて、早速だが晩飯を食ってやる事やろう」
まるち「あ、は、はい〜(^^; 少々、お待ちください〜」
あずさ「晩ご飯じゃ無くて朝ご飯でしょ(−− 今何時だと思ってるのよ」
へむ2「5時。しかしそんな言い争いをしてる時間は無いぞ、あずさ君。ほら、急いで作業じゃよー」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「ほら、急いで急いで。ハリーハリーハリーハリー!!
あずさ「あーはいはい(−−メ まったく、誰のせいで時間が無くなったと思ってるんだか(ぶつぶつ)」

* で、色々やる訳です。でもみら関連の色々とか『ジュエルスオーシャン』のキャラ人気投票とか嘘屋壁紙コンテスト素材確認申請とかそのまま壁紙作成とか。

*

あずさ「一応、確認の返事が来てから、の方がいいと思うんだけど・・・」
へむ2「そんな時間は無ぇ。実質、今日の仕事前と仕事後、さらには来週火曜の朝だけで仕上げんといかんからな」
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「はわ(^^; た、大変ですね」
あずさ「自業自得でしょ(−− 今日になるまで作業始めなかったのはこの馬鹿なんだから」
へむ2「まったく正論でこれまた反論が出来んぞ、あずさ君。まーでも、大丈夫よ。ネタとしては頭の中にあるし、一個は締め切りまでに出来るって」
あずさ「素材が却下されなきゃ、でしょ(−− されたらどうすんのよ」
へむ2「んー。一応、却下されそな素材は申請してないから大丈夫・・・だと思う。多分。それにまあ、されたらされたでそん時さー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・はぁ(−−」

* とまあ、そんな感じでドタバタしてる訳ですが。とりあえず、ぐる。

* すたじお緑茶体験版配布情報更新のすたっふ日記更新。ボイスの収録は後少し、だそーですが、その後そのボイスの編集作業っつー泣きたくなる物がある訳で。頑張れー(^^;

-

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新で、そこにあるよにイベント特設ページが出来てるよです。パスワードはイベントで名刺を強奪してください、と。うい、5/4には貰ってきましょー。

* あ、で、後、メールマガジンも来ました。特には新情報は無いですが、『サムライジュピター』の制作とイベントの準備で社内はかなりドタバタな模様。頑張れー☆

-

* 自転車創業。『空の浮動産X68版FM音源試聴曲公開

* ・・・うーわー。ホントにFM音源の音だー。時代への逆行ぶりが、超イカすー。思わずエンドレスで聴き続けちゃってますよおにーちゃん(笑)

-

* D-Dreamメーカーコラム今週Purpleの人。ふむ、何となくイメージはしてましたが・・・やっぱりかなりマシな方なんですな、Purpleは。<開発環境

*

あずさ「・・・あれでマシって言うのも」
へむ2「マシじゃろ?」
あずさ「まあ、そうだけど。でも、何か表現が(−−」
へむ2「他に言いようが無いし。ところでそれよかちょっと意外だったのが、『今回初めて体験版配布』かなあ。言われてみりゃあ確かに、今まではデモしか公開してなかった気はするけど・・・でも、もっと配布してる気がしてたよ。何となく」

* で、次回はぱれっとで新企画について。んー、うまく行けば新作の情報がぽろっと出たり・・・は、しないかな、やっぱり(^^;

-

* にゅ。

* んであ、ここまで。どたばたどたばたー。


ごっどさいだー。

* 今日は土曜日。にもかかわらず、一日お仕事でした。

* が、それはさておき。

*

へむ2「せんせぇっ! 何か知りませんがコミックバンチ『ゴッドサイダー』が復活してますっ!!Σ( ̄ロ ̄;)」
まるち「はぁ(^^; そ、そうみたいですね」
あずさ「・・・相変わらずジャンプ系の復刻が好きねぇ。この雑誌」
へむ2「まったくな。でも、まさか『ゴッドサイダー』が復活するとは思わなかったからビックリだぞおにーちゃん」

* つー訳で来週からしっかりチェキだ。忘れるなー。>俺

-

* さて。

* で、話戻して。今日は一日お仕事で、帰りは秋葉でお買い物。『リアライズ』とテックジャイアン6月号を購入してきましたですよー。

*

へむ2「ふむ(ぱらぱら) ふむ? あれ、ジュピター、何か塗り変わった?」
あずさ「え? ああ、確かになんか違うわねぇ。雑誌の最初の絵」
まるち「そうですね(^^; 何か、色の感じが〜」
へむ2「んー。あれかな、今回はうげ兄さんでなくCGチームの方で塗ってるとか。そんなのかな」
あずさ「かもね。まあもしかしたら、単に意識して色変えただけかもしれないけど」
へむ2「ふむ。ま、いいや。で、キャラ紹介で新キャラが紹介されてて、インタビューがあって。うむ、ねび氏も元気に監禁されてる様で、なにより☆」
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「・・・監禁って(−− せめて軟禁って言いなさい、軟禁って」
へむ2「えー。俺は自発的に監禁されてるんやて確信してるぞ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、いいや。で、ムービーはニトロに依頼してる、と。む、ならカコいいのが上がってきそうですなー☆」

* ・・・と、まあ、新情報はこれくらいですかね。<ジャイアンジュピター以外の情報だと、LiLiM新作が何か触手物っぽいぞ、とかあぼぱの新作がたくちかるなRPGだ、とか。有用な情報はそんな感じー。

-

* さてさて。

* で。そやってテックジャイアン読みながら、ふにふに壁紙コンテスト用の壁紙作りもやってる訳で。

*

へむ2「んー。とりあえずこれで9割方完成、な訳ですが・・・」
あずさ「が?」
へむ2「・・・微妙にこー、アクセントが足りない風味。何か後一つ、欲しいですな」
まるち「はぁ(^^; 後一つ、ですか〜」
へむ2「む〜〜〜・・・やはりこー、森を何とか画面に入れて(ぶつぶつぶつぶつ) よし、これでどーだ!!」
あずさ「・・・あんまり変わらない気がする。いや、まあ、確かにさっきのよりかはちょっとだけ良くなったと思うけど」
へむ2「いーんです。俺が欲しかったのはその『ちょっとだけ』なんですから」
あずさ「そう? まあ、いいんならいいんだけど」
へむ2「うい、んじゃこれでかんせー。後は一晩寝てからまた見直して、で、素材の使用許可が出るのを待って。そんで送るだけですにょ〜」

* とりあえず今月は一つー。<壁紙>目指せ、毎月欠かさず皆勤賞〜☆

-

* さてさてさて。

* んじゃ、最後ぐるー。

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。今回もまた、キャラ人気投票の話なんですが・・・

『騎魔レギノス 2P

* 先生っ! 俺が投票がカウントされてません!!Σ( ̄ロ ̄;)

*

へむ2「・・・ぬう。の方にはきっちりコメント入ってっから、メールは確実に届いてるんじゃけどなあ」
まるち「はぁ(^^; ええと、あの、うっかりミスをなさったのでは〜」
あずさ「メールでも出して言っときなさい。気になるなら(−−」
へむ2「うむ。次の更新の時にまだ直ってなかったらメールを出すとしましょー。何せ俺、1位でレギノス推してるんでポイントに直すと3ポイント。それが全部無駄になるのはさすがに惜しいですからな」

* で、すせり様はダブルスコアでぶっちぎり1位、と。さすがはすせり様ですな☆

-

* にゅ。

* であ、ここまで。お休みなさいですにょー。


キムチ壺とかラブネゴとかメロンパンとか。

* 今日は月イチRPGの日。てな訳でナイトウィザードしてきたりもする訳ですが。

*

へむ2「自作ゲームの方もテストプレイしてみましたですよ。3つ程」
まるち「はい〜(^^) いかがでしたか?」
へむ2「うむ。まず『ソヨンちゃんのときめきキムチ壺』ですが、これはぱーちーげーむとして気軽に楽しむにはいい感じ、とゆー評価を。ただ、も少しだけ数値的データのバランス取った方がいい、とゆー意見も貰ったので、その辺はまたちまっと改正」
まるち「そうなんですか〜(^^) では、あの、『ラブネゴ』さんの方は?」
へむ2「おう、そっちはなかなかウケましたよ? ただ、皆さん半分くらいはゲーム本体よりも、『怪しい決めゼリフ』探すのに熱中してたっぽいですが」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。いちおーこー、作中のネゴワード並べたリスト持っていったんですけどね。それをさらに組み合わせて、『漫画の世界に溺れていないで真実を見ろ!』とか」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、何と申しますか〜」
へむ2「実際のゲームん時はアレですな。『カードを出してから10秒以内に言う事』つールールを付けた方がいいかもー」
あずさ「・・・て言うか、素直に書いてある決めゼリフをそのまま使えば(−−」
へむ2「はっはっは。やー、ついつい、な。またこれが、ダメなセリフが多くって楽しいんだわ。すっごく」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、いいけど」
へむ2「で、まあ、なかなか楽しかった訳ですが。ただ、ぱっと見で分かりにくい、つーんがあってねー。デザインにはもう一考の余地があるかなー」
あずさ「あー。まあ、それはそうかもね。慣れるとそうでもないけど、最初はちょっと、ねぇ」
へむ2「もう少し何とかしたいと思うのココロ。ま、いずれにしろ来月の課題ですなぁ、その辺は」
まるち「そうですね(^^; それで、あの、ええっと〜」
へむ2「にゅ?」
まるち「え、ええっと〜(^^;」
へむ2「にゅにゅ?」
あずさ「・・・・・・(−− いや、だから。メロンパンの方はどうだったのよ?」
へむ2「む。ちゃんと『リンのめろめろメロンパン』と正式名称で呼んでください、あずささん」
あずさ「絶対嫌(−−メ 断る。心の底から。きっぱりと」
へむ2「ぱぎゅー。あずささんはワガママだー」
あずさ「やかましい(−−メ で? どうだったのよ?」
へむ2「あ、うん。とりあえずこれまたもうちょっとだけ数値バランス取った方がいいね、つーんはありましたが・・・でも、やっぱ本日一番の好反応でしたな。これが」
あずさ「へぇ。良かったわね」
へむ2「うん。のでまあ、後は修正かましてルール書き上げて、出来れば5/4ドリパん時にプレイサンプル版持っていけたらいいなあ、とか思ってたりもします」
あずさ「サンプル版?」
へむ2「夏のいろもん募集ん時に改めてデータの方送るつもりだし。だから今回はルールとかは特にネタ仕込まずに書いて、夏にまた正式版上げよーかな、と」
あずさ「・・・二度手間じゃないの? それ」
へむ2「二度手間よ。ただ、ほれ。5/5ってリンたんの誕生日じゃん? だから、それに間に合わせたいんよねー」
まるち「あ、なるほど〜(^^) リンさんへの誕生日プレゼントなんですね」
へむ2「そゆ事です。ま、ルール書くのって一番の手間だったりするんで間に合わない可能性もある訳ですが」
あずさ「・・・・・・(−−メ 寝言言ってないで気合い入れなさい。きっぱりと」

* と、ゆー訳でそれぞれ細かい修正は要りますが、まあぼちぼちと形になってきました。<かどげむ色々>来月くらいには多分まとめて完成するんで、まあそうなったら謎作業も含めて色々以下略。あれやこれやと企んでみましょかにょ、っと。

-

* さて。

* んで、家帰ってからはビデオに録っといた『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』見てみたり。えーと、どうやらこれ、イギリスで放映されたんのまんま移植っぽいんですが。

*

へむ2「・・・うわー。第一話でいきなりウォーターシップ・ダウンにたどり着きやったよ、この子ら」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですね」
へむ2「原作だとここまでで半分使ってるのにな。いいのか、そんなにざっくりで」
あずさ「いいんじゃないの。何か、こう・・・全然別物になってるみたいだし(−−」
へむ2「むう。確かにブラックベリがメスになってたりもするしなあ。別物、と思って見てた方が心の安定の為には良いのかもー」

* エル・アライラーの逸話があっさり流されたのも不満です。むう、もっとしっかりアニメ化せんかい、エゲレス人め(笑)

-

* にゅ。

* であ、もう遅いので今日はここまで。お休みなさいですにょー。


壁紙5月分。

* 朝。

* 今日は月曜、また平日。つまりお仕事に行かなければならないのです。

*

へむ2「眠い
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「あーはいはい(−− 後3日行ったらお休みだから。寝言言いながら寝てないでとっとと起きなさい」
へむ2「ぐー。そうだー。後3日だー。ぐー」
まるち「はわわわわ(^^; だ、だから寝ないでください〜」
へむ2「うにゃ〜・・・」

* ねむねむ。眼をこすりつつお出かけぐー。

-

* 昼。

* お仕事ー。ごぉるでんうぃーくに仕事が出来ない分、前倒しで色々入ってるので今日は大忙しー。

-

* 夕方。

* お仕事しゅーりょー、あい帰宅。帰り道では来月の壁紙コンテスト投稿用作品の最後のお手入れふにふにと。

*

へむ2「とりあえずこれで完成ですし、『素材使用オッケーにょ』の返信メールも来ましたし。今晩中に送っときますかにょ」
まるち「そうですね(^^) なるべく、お早い方が〜」
あずさ「向こうも処理が楽でしょうしね。送っちゃいなさい、さっさと」
へむ2「へいへい。ところでさー、あずささん」
あずさ「? 何よ?」
へむ2「やー。今月の投稿の締め切りて、実は29日だって知ってました?」
あずさ「え? そうなの?」
へむ2「うん。ほれ
まるち「あ(^^; 本当ですね」
あずさ「へー。私、てっきり『毎月28日が締め切り』なのかと思ってたんだけど」
へむ2「うん、俺もそう思ってたんですけどね。でも、実際には違った訳でー。でー。でー。エコー」
あずさ「・・・・・・(−− いや、エコーはいいから」
へむ2「コー。コー。コー。で、違った訳で。もしかしたらもう一個出来るかもなあ、とか思ったり思わなかったりしたり」
あずさ「はぁ? 無理でしょ?」
へむ2「・・・いや、そんな一言で切り捨てんでも。確かにこー、今日明日明後日はやってる時間無いですけど、でも明々後日は一日休みな訳ですし」
あずさ「そりゃそうかもしれないけど・・・でも、どうせ明後日って昼まで寝てるんでしょ?」
へむ2「うん」
あずさ「で、夕方まではダラダラしてるんでしょ?」
へむ2「うん」
あずさ「・・・・・・(−− 無理でしょ。どう考えても」
へむ2「にゅう。まあでも、夢はでっかく果てしなく。間ぁが良かったらもう一個頑張ってみる、とゆー事でー」

* ネタだきゃ頭ん中にあるんですけどね。<壁紙>でもそれだと素材をかなりちまちま加工しなきゃなんないんで時間が無いっつーか何つーか。

* ・・・何かこー、お手軽に出来るタイプのネタ無いかなー。むー。

-

* 夜。

* とか悩みつつ。でももう夜も遅くて時間も無いし、今日はぐるってお終いです。

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新。や、更新されたのは実はキャラフェスの前なんで今更見てもアレなのですが(笑)

*

へむ2「ふむ。大看板はホントにでかいですな」
まるち「そうですね(^^; お隣におられるうさぎさんよりも大きいですし〜」
あずさ「大体高さ2メートル、幅3メートルくらい?」
へむ2「でしょうな。どれ、5/4にゃあ現物を見てくるとしましょーかね」

* ま、それはさておきキャラフェスお疲れ様でした。連休中の残り2つのイベントも、頑張れー☆

-

* ぱれっと4コマ劇場更新。今回は第10話で・・・

* ・・・おーい。せんぱーい(^^; いかんよ、それはさすがにイヤミだよー(笑)

-

* おまけ。

*

へむ2「えー。某所某スレの方へ。何かタイミング逃したんでこっちに書いときますが、某天女様が近眼だって教えてくださって、どもありがとーございます」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・また、通じる人だけにしか通じない様な書き方を(−−」
へむ2「通じる人にだけ通じればそれでいーんですよ。確かにこー、言われてみれば以前どっかで『近眼』って設定読みましたよ。うん」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「や、言われるまでは本気で忘れてましたけど。ども、ありがとーございます☆」

* そしてもーいっちょおまけ。

* えー。何か最近たまに昔のえろげのデモがミラーされてるのは、単に某氏がこつこつ頑張ってる『昔のえろげも網羅しよう計画』が地道に進んでるだけですので、特に気にする必要ナッシング。ホントはこー、昔ゲームのは昔の公開日付に準じればいいんでしょうけど、さすがにあの辺公開日付のデータが無いし。

-

* にゅ。

* と、ゆー訳で。最後は通じる人にだけ通じればいい話題二連発でした。通じない人にはホントに通じなくていい話なので、分かんない人は気にしないでくだちぃ(笑)

* つ事で。

* んじゃお休みなさい。ばたんきゅー。


火の用心。

* 朝。

* 今日もお出かけ朝の5時。

*

へむ2「いってきまー・・・す?」
あずさ「・・・あら? 何か、焦げ臭い?」
へむ2「てゆーか、空が黒いな。ふむ、火事か」
まるち「は、はわっ!? か、か、火事ですか!?」
へむ2「じゃろ。まあもしかしたらどっかで季節はずれのどんと焼きやってるんかもしれんけど、まずそりゃあり得ま?」
あずさ「あ〜・・・そうね。まず間違いなく、火事でしょうね」
まるち「はわわわわ。ど、ど、どういたしましょう〜!?(>_<)」
へむ2「いや、だからこーゆー時はまず落ち着こうな、まるち。焦るのは最悪手だぞっつーかとりあえずアレだ、うちの嫁起こしてきて。万が一の時はらんなうぇいさせんとアカンから」
まるち「は、は、はい〜!(>_<) ただいま〜!!(ぱたぱたぱたぱた)」
へむ2「・・・さて、と。で、火元はどこじゃ?」
あずさ「南っ側のどこか。結構遠い・・・わよね?」
へむ2「そうなあ。あの煙の感じは『すぐ近く』じゃあ無いな。ただ、確実に1キロ圏内。えっと・・・(ぽてぽて) と、見えた。南の商店街か、そのすぐ北あたりじゃの」
あずさ「ああ、あの辺? ならここまでは火は来ないわよね。多分」
へむ2「多分な。消防車のサイレンも聞こえて来たし、これ以上の延焼は無いじゃろ、さすがに。つーか、アレでここまで延焼したらそん時ゃここら一体完全燃焼、ミラクル焼け野原の大惨事ぞ?」
あずさ「・・・そうよねぇ(−− まあ、大丈夫よね。きっと」
へむ2「多分なー。ただ、今日はやっけに風が強いから、もしかしたら煽られて大惨事かも」
あずさ「・・・・・・(−− そうならないといいわねぇ」
へむ2「うん。まあ万が一そうなった時でもちゃんと逃げれる様に、うちの嫁も起こしに行かせた訳で。後はもう、『人死にが出ません様に』と祈っておくしかあるまいよ」

* つー訳で祈りつつ、お出かけ。とりあえず電車の中では家鯖にping飛ばして、家が燃えてないかだけチェックですにょ。

-

* 昼。

* で、お仕事。今日もまた『連休前は忙しい』理論によって大忙しー。

-

* 夕方。

* お仕事継続ちう。

*

へむ2「つーか。今日は帰りが日付変わる頃になりそうじゃよ」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うん。飯もこっちで食ってくから、先帰ってていいよー」
あずさ「そう? じゃあ、そうさせて貰うわね」
へむ2「うい。先帰って先飯食って、先に寝ててくださいませー」

* おにーちゃんはお仕事。ふにふに。

-

* 夜。

* で、結局日付が変わってしばらくしてからお仕事しゅーりょー。

*

まるち「お帰りなさいませ〜。お疲れさまでした〜(^^;」
へむ2「ただいまー・・・て、先に寝ててくれて良かったのに」
まるち「はぁ(^^; で、ですけど〜」
あずさ「もうちょっと遅くなったら先に寝てるつもりだったんだけどね。まあともかく、アンタも早く寝ちゃいなさい。明日、早いんでしょ?」
へむ2「うん。んじゃま、さっさとやる事やって寝ますカー」

* つ訳でとっととぐる。

* すたじお緑茶、『巫女さん細腕繁盛記』の体験版配布情報更新。あーんど、体験版自体のパッチが出ました。『キャラフェスで配ったのはパッチ当てなくても大丈夫』つー注釈もあるんで、ぽたぽた手焼きのドリパ大阪バージョンのみが適応らしいですな。

*

へむ2「・・・他に適応って無いよな?」
あずさ「無いんじゃない? 店頭配布はまだ始まってないし」
へむ2「ん。じゃあまあ、そーゆー事で。大阪で貰った方は、どぞー」

* で、後、サイト公開三周年記念でちょっとだけトップ絵更新。せっかくの三周年が野郎キャラでどうする、とゆー気はしますが(笑)、まあでも今はマスターアップ前。しょーがないですやね。

* とりあえず、三周年おめー☆ コンゴトモヨロシクー(笑)

-

* hueうぇぶいろもんメッセージ更新で今度はドリパの入場チケットぷれぜんつ。締め切りがめっさ近いので出す気のある方はお早めにー。

-

* にゅ。

* であばたんきゅー。お休みなさいー。


明日からお休みー。

* 今日も一日お仕事でした。

-

* さて。

*

へむ2「で、明日からはお休みなので秋葉に帰ってきた訳ですが」
あずさ「・・・東京に帰ってきた、って言いなさい。一応(−−」
へむ2「ぱぎゅ。まあとにかく秋葉な訳ですよ。で、『空の浮動産』を買おうと思ったんですけど・・・」
まるち「もう、ほとんどのお店さんが閉まっておられますね(^^;」
あずさ「時間が時間だし。しょうがないわよね」
へむ2「うむ、9時ですからな。とりあえずとらのあなが開いてたんで寄ってはみましたが、残念ながらそこでは見つかりませんでした」
まるち「残念でしたね、ご主人様(^^;」
へむ2「まったくです。でもまあ、しょーがないので。明日か明後日、また来ましょー」
あずさ「はいはい(−− じゃあ帰るわよ、さっさと」
へむ2「うい。かーえりーましょー」

* とゆー訳で家帰ってきて。で、昨日今日と睡眠不足なので今日は早めに寝る予定で(いや、もう十分遅いですが)、ぐる。

* hueうぇぶいろもんイベントページにて5/3イベント5/4イベントのそれぞれ詳細が。とりあえず5/3は11時にいっぺん整理券を取りに来やがれとゆー事みたいですので、まあそれに間に合うよーに行ってみようかと。

#もっとも、入場列の長さ次第では行ってもその時間までに入場出来ない、つー事もある訳で、どうなるかびみょー。

* で、後、5/3は限定ランブリングカードも配るそーなんですがってちょっと待ってくださいセニョール。べーちゅさんじゃ無いんですか、これ(笑)<カードの右側の方

*

へむ2「・・・だよな?」
まるち「はぁ(^^; そ、そうだと思います〜」
あずさ「・・・他に色々キャラもいるでしょうにねぇ。何で、また(−−」
へむ2「まあ、べーちゅさんの世界征服計画の一環なんだとは思うが。しかし何つーか・・・大出世だな、おい」
まるち「はぁ(^^;;;」

* ま、とりあえず貰ってきましょー。<べーちゅさん>さて、一体どんな能力持ってるのやら(笑)

-

* エスクード、『教えて、すせりサマ!』更新。相変わらずすせり様がトップで何より、なんですが。

『珍獣スリッパのことを考えれば、まだまだ送ってない方達が、たくさんいるはずですわよ!』

* そっちもぼちぼち発表してください、すせり様。<ハタヤマスリッパ>もし万が一数が足りて無かったら追加で送る気満々なのですが。どーなのでしょーかその辺わ(笑)

-

* TOUCHABLEぺもぺもスタッフ日記とゆー名のスタッフ日記コンテンツが公開されました。相変わらず営業の人がいなくて大変そうですが、頑張ってくださいませー。

* ・・・しかしそうかー。スミスミさんもキャラフェスに来てはったのカー。改めて、こー、キャラフェス行けんかったのが悔しいっつーか何つーか。にゅう。

-

* にゅ。

* であ、ここまで。

*

へむ2「明日は休みじゃー。寝るぞー」
まるち「はい〜(^^) ゆっくり、お休みになられてください〜」
へむ2「おう。そりゃもう寝るさ、ぐうぐうとねー」

* つ訳で。んじゃ寝ますお休みなさいぐー。


今日はお休みー。

* つ訳で昼過ぎまで。ぐー。

*

はつね「お兄ちゃん、お早う(^^)」
へむ2「・・・にゅ?」
かえで「・・・お早う、ございます」
へむ2「にゅにゅ? あれ、はつねちゃんとかえでちゃん?」
かえで「・・・ゴールデンウィーク、ですから」
はつね「遊びに来たよ、お兄ちゃん(^^)」
へむ2「にゃ、そっかー。おはよ、そしてようこそー☆」
はつね「うん(^^) 連休明けまでよろしくね、お兄ちゃ・・・」
へむ2「そしてお休み。ぐー
はつね「え?(^^; お、お兄ちゃ〜ん」
かえで「・・・寝ちゃ、ダメです」
へむ2「にゅう(むくり) でも、今日は起きてもどこにも行かん予定じゃよー?」
はつね「あはは(^^; それでもいいからとにかく起きようよ、お兄ちゃん。もうお昼だよ?」
かえで「・・・ご飯も、出来てますし」
へむ2「うに。んじゃまあ、起きますか(ぽりぽり) お腹もすいたしね〜」

* ちう訳で起きて。そしてダラダラ。かどげむ周りの事ちっと考えてたり、壁紙作ったり。

*

へむ2「うーむ。一応、一個出来たけど・・・」
かえで「・・・けど?」
へむ2「気に入らん(きっぱり)
まるち「はぁ(^^; こちらの壁紙さんでは、ダメですか〜」
へむ2「どーもこー、な。もう少し・・・いや、もうかなり。何とかしたいと思うのココロ」
あずさ「はいはい(−− じゃあやっぱり来月回しね、それは」
へむ2「うむ。ここで中途半端なもん送るくらいなら連休使ってもーちょいマシなんに仕上げよう。その方がいいさねー」

* で、そうこうしてる内にすっかり夜になってたりする訳で。結局、本気で一日中一歩も外に出なかったですな、今日は(笑)

*

へむ2「うむ。これぞ正しい休日の使い方ー☆」
まるち「はぁ(^^;」
はつね「あ、あはは(^^;」
かえで「・・・明日は、どこかに」
へむ2「うん。明日は出かけようね、さすがに。アキバとかアキバとかアキバとか」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「で。すっかり忘れてたんですけどね、ぼちぼち4月も終わりなのですよ」
まるち「あ、はい〜(^^; そうですね、もう、後1日で〜」
へむ2「ですんで。ぼちぼち来月のえろげ購入検討もしておこうかな、と」
あずさ「あーはいはい(−− その前に今月の総括しなさい、総括を」
へむ2「うい。であさっそくー」

* 今月は、これだけえろげを買いました。

* 合計2本の先月までと合わせて今年は8本。相変わらずの月2本ペースでおにーさん的大ピンチ(マテ んで『プリンセスムーン』クリアの過去積みの方からは『ジュエルスオーシャン』『エンジェルメイド』と崩したんで、現在の積み状況は。

* と、2本のし。うむ。

*

へむ2「オーケー?」
あずさ「はいはい(−− この調子で全部崩しなさいね、さっさと」
へむ2「うむ、それは難しいかと思います。が、善処するフリはしましょう」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
はつね「フリなの? お兄ちゃん(^^;」
へむ2「うん。つーか、今月はちっとえろげ出来る時間が少ないんじゃないか、つー予想があってじゃな。正直、今のレベルをキープ出来るかどうかも(首ひねり)」
かえで「・・・そう、なんですか?」
へむ2「うーん。まだ分かんないんじゃけど・・・多分、ね」
はつね「そうなんだ(^^; じゃあ、やっぱり来月も買うの少ないんだね、お兄ちゃん」
へむ2「いや? それはきっぱし、4本くらい買っておこうかと」
あずさ「殴るわよ(−−メ 2本にしときなさい、2本に」
へむ2「えー」
あずさ「えー、じゃないっ!!(−−メ」
へむ2「えー」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
はつね「あ、あはは(^^; まあまああずさお姉ちゃん。お兄ちゃんも今月は頑張ったみたいだし」
かえで「・・・少しくらい、なら」
あずさ「・・・アンタたちね(−− そうやってアンタたちが甘やかすから」
へむ2「いや、そこはそれ、あずさお姉ちゃん。俺も頑張った事ですし」
あずさ「アンタにお姉ちゃんとか呼ばれるいわれは無いっ!!(−−メ あーも〜・・・じゃあ、3本。せめて3本にしときなさい、3本に」
へむ2「むう。まあ・・・しゃーないですな。であ3本、とゆー事で」

* て事で。来月の確定、まずは5/21発売物ー。

* 巫女さん細腕繁盛記(すたじお緑茶)

* 来月のお兄ちゃん的イチオシ。総プレイ時間が何か尋常じゃ無い量になってそなあたりがちょっち不安・・・てゆーか、時間の無いお兄ちゃん的にはいつプレイ出来るか分かんなくってアレなのですが(笑)、でもまあ作品自体は良い物に仕上がってそうなよっかーん。楽しみですにょ☆

-

* 5/28発売物。

* お願いお星様(PULLTOP)

* 28はこれのみ確定。体験版やった感じだと、ちょいエフェクトが重いっつーかゲームのテンポ崩してる気がしましたが、まあ、悪かぁ無いですな。前述の『巫女さん細腕繁盛記』と合わせて、5月は予定通りコメディ強化月間とゆー事で。

-

* んで、28日は後、『はなマルッ!』か『未来ドータームスえもん』のどっちかを。これは店行ってパケ見て、そんで魂に響いた方を買う事にしますにょー。

* ちう事で。来月は頑張って3本、いくですよー。

-

* さて。

* んじゃ。来月の購入検討も済んだ所で、ぐるー。

* すたじお緑茶トップ『ゴールデンウィーク休業について』。んー、いいオチですなー(笑)

* んですたっふ日記も更新。音声収録完了で、いよいよ開発も最終段階に入った模様。後少しです、頑張れー☆

-

* おまけ。

*

へむ2「ところで」
まるち「はい?」
へむ2「やー。来月の購入検討するんにいつものよにげっちゅ屋覗いてたんじゃけど、さあ」
かえで「・・・・・・?」
へむ2「いや。覗いてたんじゃけど。何で、こー、『ぷよぷよフィーバー』が18禁に入ってるのかな。これ」
まるち「は、はわっ!?(^^;」
あずさ「・・・は? 18禁?」
へむ2「うん。ほれ
はつね「あ(^^; ホントだ」
かえで「・・・そういう、ソフトだったんですか?」
へむ2「いや、違うと思うが。てゆーかほぼ確実に違うハズなんだけどな」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・あ〜(−− まあ、間違えたんでしょ。げっちゅ屋の中の人が」
へむ2「うーん。それが一番妥当な線だとは俺も思うんじゃけど・・・しかし、なあ」

* 何をどーしたらそーゆー間違いになるのか。不思議がいっぱいですな、世の中(笑)

-

* にゅ。

* であ、ここまで。今日もまたぐうぐう寝ますにょお休みなさいですにょまた明日〜♪

* ぐぅ。


今日もお休みー。

* ゴールデンウィーク万歳。

* とゆー訳で、お休み満喫旅に出るワタシ。

*

へむ2「朝早〜く〜目〜覚め〜た〜今日はいい天気ぃにょ♪」
かえで「・・・貴方と、ポチ連れて」
はつね「あの山目指そお〜(^^)」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、百歩譲って歌うのは許すとしても。『にょ』はやめなさい、『にょ』は」
へむ2「と、言われてもな。俺の頭にゃあの歌はもう『にょ』で刷り込まれとるからな」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「え、ええっと〜(^^; それで、あの、今日はどちらまで〜」
へむ2「おう、とりあえず新前橋。『巫女さん細腕繁盛記』の体験版貰うの兼ねて、旅に出よう!!
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「まったく・・・たかだか18禁ゲームの体験版貰うのにわざわざそんなトコまで行く必要がどこに(−−」
へむ2「だーかーらー、体験版口実に『旅に出る』んだってばよ。こーゆー旅は嫁と一緒じゃ出来んからな」
はつね「あはは(^^; お兄ちゃんの奥さん、こういう特に目的も無い旅行好きじゃ無いもんね」
へむ2「俺は大好きだぞ、無目的な旅。電車に乗ってのんびりトコトコ運ばれて、適当にぼへら〜っと飯を食う。人生の幸せここにありって感じです」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・はぁ(−−」
へむ2「まー何じゃあ。いーじゃん、こんな事でも無ぇと前橋って行かねぇし。せっかくだからのんびり観光して来よーや。ねぇ?」
かえで「・・・何か、美味しい物はあるんでしょうか?」
まるち「あ、はい〜(^^; ええと、あの、焼きまんじゅうさんとかが名物だそうです〜」
へむ2「うい。であその辺食ってくるとゆー事で。んじゃ、れつごー☆」

* てぇ事で、まずは上野から快速乗って1時間半の高崎着。そこで乗り換え・・・の、待ち時間を利用して駅内土産屋のんびりと。

*

へむ2「ふぅむ。この辺はダルマが名産ですか」
まるち「そうみたいですね(^^) 後、こけしさんも〜」
かえで「・・・あ」
へむ2「ん? どっかした?」
かえで「・・・初音」
へむ2「ほえ? お? おお! ホントだ。このこけし、『初音』って名前なのな」
はつね「え? あ、ホントだ〜(^^;」
へむ2「ふぅむ。いい街ですな、高崎(なでなで)」
あずさ「商品に勝手にさわらない(−− て言うか、『いい街』の判定基準に問題を感じるわよ、私」
へむ2「えー。いい街ですよね?」
はつね「え?(^^; え、ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「ええっと(^^; あの、そろそろお時間の方が迫ってますし、そろそろ〜」

* で、乗り換え新前橋。この駅付近のどっかにえろげ屋さんがあって、そこで配布が行われてるハズなのですが・・・お、あったあった。

*

へむ2「つーか。見事に駅前一等地ですな、この店。駅から一目で見える位置」
まるち「そうですね(^^; もう、本当に目の前で〜」
へむ2「ふむ。んーじゃ、配布が始まるまで後20分。店ん中でも冷やかして待ってま・・・にゅ?」
はつね「あれ?」
かえで「・・・配布、始まってるみたいですね」
へむ2「にゅにゅ。まだ配布時間じゃ無いのに・・・て言ってもまあ、誰が並んでる訳で無し、早く始めて困る人がいるで無し。いいのか、別に」

* てぇ事で、12時なる前に無事確保。<『巫女さん細腕繁盛記』の体験版>他にも一緒に、『3days』『Angel Wish』『ひなたぼっこ』の体験版を一緒に貰ってきたですよー。

-

* さて。

* で、これで『やんなくちゃいけない』必須の用事はしゅーりょー。後はのんべんだらりと過ごすだけ、なんで、蕎麦食ったり新前橋から前橋までぶらぶら歩いたりすぐ近くが伊勢崎なんが判明したんで帰りは東武線乗って帰ろうかと思ったら1本電車乗り遅れたんで今度は新伊勢崎までぶらぶら歩いたり

*

あずさ「・・・うう。無駄な時間が(−−」
へむ2「休日を満喫してるのだ、と表現して下さいあずささん。まあ、東武線が1時間に1本しか無いつーのはちと予想外でしたが」
はつね「あはは(^^; 結局まるまる1時間、遅れちゃったもんね」
かえで「・・・伊勢崎駅で、外に出なければ」
へむ2「うん、出なきゃ間に合ったんですけどね。まーでも、こーゆーのが旅の醍醐味とゆー物ですよ。最後に帳尻が合えばのーぷろぶれん☆」
まるち「そうですね(^^; 今日は、あの、お天気もよろしいですし〜。散歩をなさるには、良い日かと〜」
へむ2「そーゆー事です。歩くのは身体にもいいしね」
はつね「あはは(^^) そうだね」
あずさ「歩くんなら家の近所で歩けばいいでしょに(ぶつぶつ) なんだってわざわざこんな所で(−−」
へむ2「知らない街を歩くからいいんですよ、お嬢さん。てぇか、トラブルを楽しむココロの余裕は必要ですよ?」
あずさ「やかましい(−−メ あーもー、とにかく帰るわよ。ほら、電車も来たし」
へむ2「うい。んーじゃこれから2時間半、再び電車の旅でございますよ〜♪」
あずさ「・・・うう。やっぱり時間の無駄よねぇ。これって(−−」

* や、実際には考え事したり日記書いたりで結構有益に使えるのですが。<電車の中>ま、ともかくそーゆー訳で、夕方17時に首都圏到着のそのままアキバ。とりあえず『PC-9801ゲームリバイバルコレクション』つー本を購入しましたですよー。

*

へむ2「これ、『ソードワールドPC』が入ってますので。是非プレイしたいと思うのですよ」
あずさ「相変わらずその時期のゲーム好きねぇ、アンタ」
へむ2「まあ、青春時代ですからな。後、『ロードス島』とか『ラプラス』とかも是非プレイしたい。特に『ロードス島』はお兄ちゃん的非常に思い出深いソフトですからな」
まるち「はぁ。そうなんですか?」
へむ2「うむ。おにーちゃん、このゲームやってる時に始めてFM音源ボードを買ってな。で、始めてBGM付きでPC-98ゲーをやったのよ」
はつね「へぇ。そうなんだ(^^)」
へむ2「で。音が出るのにまずビックリ。そして音が出ると同時にゲームスピードが格段に落ちたのにさらにビックリした訳だ」
まるち「は、はわ?(^^;」
かえで「・・・スピードが、ですか?」
へむ2「うむ。まあ昔のパソコンじゃからなー。音処理の負荷で処理が追いつかなくなったんじゃろう、きっと」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「とゆー訳で。非常に思い出深いので是非プレイしなおしたいと思うのココロ」
あずさ「・・・思い出深いって言うの? それ(−−」
へむ2「言う。まーでもそれはさておき、次の買い物だ。FM音源繋がりで、『空の浮動産』X68k版を買いま・・・あれ?」
はつね「あれ(^^; 無いね、お兄ちゃん」
へむ2「むう? んじゃ、こっちの店に・・・あれ、こっちも無い。あれれー?」
かえで「・・・売り切れ、でしょうか?」
あずさ「それか、元々扱って無かったとか?」
へむ2「いや、それは無いと思う。無いと思うから・・・やっぱ、売り切れ?」
まるち「はわ(^^; そ、それでは、いかがいたしましょう〜?」
へむ2「む〜〜・・・まあ、しゃーないなあ。扱ってる店絨毯爆撃して探すっきゃ無いけど・・・でも、今日はもうダメだ。時間が無い」
あずさ「え? ああ、もうそんな時間?」
へむ2「うむ。うちの嫁との約束があっから、そろそろ行かんとな。続きはまた明日じゃー」

* 明日は取り扱いショップを全部回ってみよーかと思います。しかし、『ロストカラーズ』の時はここまでしなくても買えたのになあ・・・今回、出荷数が少なかったりするのかなあ。にゅう。

-

* さてさて。

* ま、でもそれはさておきアキバの後は、江戸東京博物館。何かここのレストランが改装されて昭和初期風モッダーンになったそーなので、嫁と待ち合わせて今日の晩ご飯はそこで食べる事にっておおう袴のおねーさんだー☆

*

あずさ「(ごすっ) 殴るわよ(−−メ」
へむ2「・・・・・・(しくしくしく) もう殴ってるじゃないですカー。てゆーか俺、まだ何も言ってなーいー」
あずさ「やかましい(−−メ 黙れろくでなし」
へむ2「にゃー。りーふーじーんー!!」
はつね「あ、あはは(^^; でもダメだよ、お兄ちゃん。奥さんと一緒に来てるんだからあんまり他の女の人見てちゃ」
へむ2「いや? 俺は女の人でなく袴しか見てないですが、何(どげしっ!)」
あずさ「・・・だから。殴るわよ(−−メ」
へむ2「・・・・・・(しくしくしくしくしくしくしくしく)」
はつね「あ、あは、あはははは(^^;;;」

* とゆー訳で、まあ料理自体は大してどーとゆー事無かったんですがオープンセールのせいかチンドン屋さんが店の前におりまして。その中の一人が袴のおねーさんでした。万歳

*

あずさ「・・・・・・(−−メ とことん懲りないわね、アンタ」
へむ2「にゃー! だから俺は何も言ってなーいー!!」
あずさ「やかましいっ!(−−メ 外のアンタも中のアンタも同じよっ!!」
へむ2「がー。納得出来ねー」
かえで「・・・納得、するべきだと思います。さすがに」
はつね「あはは(^^; そうだよね、どっちもお兄ちゃんなんだから」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですね」
あずさ「はい、4対1でアンタの負け(−− 猛省しなさい」
へむ2「うにゅー。不条理度100ですにょー」

* まあともかく。そーゆー訳でご飯も食べて、帰宅。んー、今日はホントにあちこち行って、良い休日でございました。満喫ー☆

-

* さてさてさて。

* で、夜。貰ってきた『巫女さん細腕繁盛記』の体験版をさっそく立ち上げて・・・て、あれ?

*

へむ2「あれ。バージョンが1.01じゃな、これ」
まるち「はわ? あ、ホントですね(^^;」
あずさ「へえ? じゃあ修正パッチが要るのね、それ」
へむ2「そゆ事ですな。ふむ、配布ので直ってる、つー話だったからこっちも直ってるかと思ったんですが・・・こっちの方がマスター出すん早かった、つー事ですか」
あずさ「そういう事なんでしょうね。まあ、さっさとパッチ当てちゃいなさいよ」
へむ2「うい。てぇ訳で、店頭配布版もパッチが必要みたいですのでー。貰った方は、当てると吉ですよー」

* んじゃ改めて。体験版を立ち上げて、さっそくゲームの紹介をくりーっく。

* ふむ。立ち絵が小さい様な・・・いや、これはサラたんが小さいから、それに合わせてる・・・かな?

* は、大猿。何故いきなり出てくるのか、君(笑)

* て、無視されてるしー(^^;

『このゲーム、選択次第で主人公はヘタレなダメ男にもなれば、男気あふれる漢にもなる』

* は。いいなー、それ☆<選択次第で>そーゆー事ならとりあえず最初のプレイでは超ヘタレてみる事にしましょー。多分バッドエンドじゃろけど(笑)

* ヒロイン3人勢揃い。ふむ、こうして見るとよく分かりますが、やっぱキャラに合わせて立ち絵サイズ変えてるんですな。良きかな。

* わーい、綾奈ちんだー♪

* お? 顔ウィンドウもサイズ変わるんだ。へー。

* ・・・いや、頭落とした釘を『素手でつまんで引っこ抜く』て。ちょっとマテ、ちょっとマテよヒロイン(^^;

* あー。綾奈ちんは和むなあ☆

* 巫女さんファイター♪

* で、この男は何者か。男が出てくるなんて聞いてねぇぞ?(マテ え? 主人公の親友? つーか悪友? あ、しかも立ち絵パターンまでありやがる。生意気な(笑)

* は。ゆーびさん可愛い☆

* は。綾奈ちんかわいー(笑)

* おお。何か面倒見がいいね、サラたん。てゆーかいいコンビだよ、綾奈ちんとサラたん。

* あ、はい、せんせー。サラたんのだだっ子パンチには立ち絵、もしくはイベント絵が欲しいと思います。是非(笑)

* ・・・鯖団子。背景の一発ネタじゃなくて、ちゃんと1エピソードになってるのか。うわー(^^;

* て、待てよ。待てよ、おい。ホントに鯖のすり身使うんか、鯖団子(^^;;;

* 以上で終了。えろシーン鑑賞はまた明日にするとして、今日はここまでー。

*

へむ2「ふむ。なかなか楽しいですな、これ」
はつね「立ち絵もよく動いて楽しいね、お兄ちゃん(^^)」
へむ2「そですな。気になる点と言えば、『選択肢出てる時にコンフィグ画面を開けない』とかその辺ですか。後、ごくごく一部の声優さんの読み」
あずさ「読み?」
へむ2「『猿候』とか『夕餉』とか」
かえで「・・・『えんこう』と『ゆうげ』、ですか?」
へむ2「うん。そう読むのが正しいと俺思うんじゃけど、ちと間違ってるぽいな、と。まあ・・・でもま、これくらいなら許容範囲でしょうな。特に『猿候』なんぞ、日常生活で使わんワードな訳じゃし」
まるち「そうですね(^^; 普通は、あまり〜」
へむ2「ま、体験版全部通してその二つくらいですからね。一応『気になった点』としては挙げておきますが・・・重箱つつくよなもんですな、こりゃ」

* ちう訳で全体的にはかなり良い感じ。特に綾奈ちんが想像以上にまぬけだったのが俺的にミラクルナイスでございました。良きかな(笑)

-

* にゅ。

* さてさてさてさて。んじゃーラストはぐるー。

* ライアーソフト壁紙コンテスト5月分こーかい。おお、投稿者が38人から61人に増えてますよ? 万歳

*

へむ2「うむ。どうやら順調に盛り上がってるよーですな」
まるち「そうですね(^^) 投稿作品さんの方も増えてますし〜」
へむ2「良かった良かった。前回唯一作品が存在しなかった『ピンク・パンツァー』の壁紙も今回出てきましたし、これでオールスター揃い踏み、ですな☆」

* ちう訳で、無事盛り上がってるよで何より。後は投票してくれてる人がどれくらいいるか、なんですが・・・そっちの発表は『連休明け』つー事でまだもーちょい先に。さーて、どうなってるかなー(^^;

-

* にじこちゃんとこで、『魔法少女アイ』原画集についての情報が。サインは先着90名、つー事でかなり無理っぽい気はしますがまあとりあえず、行くだけ行ってみましょー。<5/3

*

へむ2「・・・しかし。言っちゃあ何じゃけど、この『予約』て、サインだけ貰って実際は予約しない事が可能なよーな」
はつね「あはは(^^; そうだね。正式な手続きは後で郵便局に持っていってやって下さい、だもんね」
へむ2「どれだけの人がきちんと予約するのやら。まあ、わざわざサイン貰いに来る人達なんだからそれなりに大丈夫だとは思いますけど」

* で、うぇぶいろもんメッセージもそれ関連の話題で更新、イベント詳細ページにもこっそりそれ情報が追加されてるのかな・・・て、あれ?

*

へむ2「あれ?」
まるち「はわ? あの、どうかなさいましたか?」
へむ2「んー。いや、ブース番号が『7』に見えるなあ、と」
まるち「はあ。7だと思いますけど・・・あの?」
へむ2「いや。イベントおひさるの方では5番になってる気がするんじゃけど」
まるち「は、はわ?(^^;」
はつね「あ(^^; ホントだね」
へむ2「まあ・・・どっちにしろ行きゃあ分かるんじゃからいいけどさ、どっちでも」

* つーかどうせ事前にマップ確認なんかせんしな、俺(笑)<今見てるのも明日にゃ忘れてるし>とりあえず時間だけ気を付けて行けー。>俺

-

* あぼぱ、久々に更新・・・て。

・誠に勝手で申し訳ありませんが、弊社の内部処理及び調査等が 終了するまでの間、一時的にですが通販及び新作販売、広報業務を 停止させて頂きます。

・日頃から広報部屋のコンテンツをご愛顧頂きありがとうございました。
 諸事情により、今回を持ちまして閉鎖とさせて頂きます。

・システム管理者が変更になり再構築作業を行っております。  しばらくの間ご迷惑をおかけする事もあると思いますがご了承下さいますよう宜しくお願い致します。

* 一体何があったあぼぱ(汗

*

あずさ「・・・調査って。何よ、それ」
へむ2「分からん。分からんけど、ただ・・・」
かえで「・・・広報の人が、辞めたんでしょうか?」
へむ2「うん。それはまあ、間違いないんだと思う。思うけど・・・でも・・・」

* 一体全体ホントに何が。うう、大丈夫なのかなあ、あぼぱ(滝汗

-

* にゅ。

* であ、今日はこの辺で。お休みなさいですにょー。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]