まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



レッツゴーバディ!(行くゼ相棒!)
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


週をまたいでカラナクシ。

* にちよー。なんやかや用事を済ませつつ、ルカリオ6Vオスメス、カラナクシ6Vオス、作成かんりょー。

*

へむ2「・・・長かった。特にカラナクシ」
ぴーす「そうですね。先週からですものね」
あずさ「いや、先週からって言っても(−− 週末にしかやってないんだから実質三日でしょ」
へむ2「や、そーなんですけどー。そーなんですけど、気分的にね? で、まあ、アレだ。これで『怪獣』『ドラゴン』グループのフカマル、『陸上』『妖精』グループのクチート、『水中1』『不定形』グループのカラナクシが完成した訳で。残りは『植物』『鉱物』のテッシード、『人型』『虫』のバルビート、『飛行』『水中3』のアーケン。この辺の6Vオスを作れば、ほぼ全部のグループを網羅する事が出来る訳です」
カニ子「んー。でも、その辺って作る意味ってあるんカニかね?」
へむ2「うむ、実はあんまし無い。後一ヶ月せん内にポケムーバ−が解禁されるんで、そしたら街に6Vメタモンがあふれるでな。したら、片親はみんなメタモンでいい訳じゃし」
あずさ「・・・だったら。別に作らなくても(−−」
へむ2「一つ。多分無いけど、ムーバで6Vメタモンが送れない、弾かれる可能性がある。二つ、街にあふれるから言うて手に入るとは限らん。いや、多分大丈夫じゃけど、可能性は考慮せにゃ。三つ、ムーバ解禁はバトル祭inジャンプフェスタの後なので、そこまでにパーティ作っとこうと思うと今いるポケモンで何とかする必要がある。と、大体その辺の理由による。おけ?」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい〜。確かに、ムーバ−さんはクリスマスですものね」
へむ2「です。おけ?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。そういう事なら、そりゃ、まあ、分からないでもないけど」
へむ2「ま、俺も別に、残りのタマゴグループ全部作ろかいう訳じゃないんで。つーかいっとう必要な所はこれで出来たんで、後は余裕があればね、って感じでありますよー」

* あい。だばこれまでの、また明日。

* ぐー。


そこそこ充実特殊組。

* 月曜。今日はラルトス&ゴースを育てて、サーナイト&ゲンガーへ。

*

へむ2「これで、特殊アタッカーはある程度数が揃った訳で。次は物理アタッカーなんですが・・・んー。誰を育てましょうかねぇ」
ぴーす「そう、ですねぇ。今は、ええと。物理はガブリアスさんだけですのでー」
カニ子「それと被らないタイプがいいんカニかねー。ドラゴン地面抜き、ってなると、やっぱり岩とか鋼カニかね?」
へむ2「後は炎ですかな。や、結構真面目な話、炎タイプいないと色んな局面でキツくてなー。今まではリザードンが仕事してくれてたんじゃけど、そっちはメガ石ごとボンの方に行っちゃったし」
あずさ「代わりにXの、貰ってくればいいんじゃないの?」
へむ2「うーん。そっちはそっちでボン、普通に旅パーティに組み込んでるんで貰ってくるのはちょっとねぇ。まあ、いいさいいさ。とりあえず、その内またなんか考える。炎タイプはそれなりに数も多いんで、何かいるだろう。多分。おそらく。ぱはっぷす。めいびー」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい〜。あの、バシャーモさんとかも、はい。おられますし〜」
へむ2「うん。まあ格闘タイプは今回、フェアリーに弱いせいで使いにくくはあるんですけど、っと。まあ、とりあえずはアレだ。岩鋼組って事で、定番のバンギラス・ボスゴドラ。後まあ、それとは外れるけど強さに定評のあるギャラドス。まずはその辺あたりを作ってくとしますべぇ」

* つ事で。だばこれまでの、また明日。

* ぐー。


鋼に苦しむローテーション。

* 火曜日れつごー。サーナイトとゲンガーの微調整を行いつつ、バトルハウスでローテーションバトル。

*

へむ2「ローテバトルは交代が気楽なんで、『どの相手に効果抜群が取れるか』を実感といて把握するには多分このバトル形式が一番楽ちん。なお、戦闘結果を一言で言うと、『サーナイさんもゲンガーもとにかく鋼相手がアウト』ですな」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「うん。まず効果抜群取れる技がほとんど存在しない上に、サーナイトはフェアリータイプなんで鋼が弱点、ゲンガーは毒技が鋼相手に完全無効なんで間違えて出すと一ターンのロス。そんな感じ」
カニ子「あらら。そりゃ確かに、ちょっとキツそうカニねー」
へむ2「まあ、苦手なタイプはどのポケモンにも存在するからしょーがないっちゃしょーがないんだけどな。さてしかし、こうなってくるとやっぱり炎タイプが欲しくなるなー。炎が無いと効果抜群取れる範囲がどーも狭くていけませぬー」

* とか考えつつ、スーパーローテの34戦目で実質ほぼ敗北の、ギリギリ勝利。まあ、このメンバーだとこんなもんですかのう。

*

へむ2「ん。とりあえず続きは、別のポケモン育成してメンバー入れ替えしてから、にしますか。今のメンバーだと、多分次で負けるし」
あずさ「・・・て言うか、今のってホントに勝ってるの? こっちの方が先に全滅したんだけど?」
へむ2「うん、でも相手もガブの『さめはだ』で反撃ダメージ受けて死んだので。この場合はこっちの勝ちになるんだそーですよ」
カニ子「へーえ。そうなんカニかー」
へむ2「なのだよ。いやもうホント、ガブはとってもお役立ち。みんながみんなガブ入れる、つーんも納得いく強さですはー」

* あい。ではバトルをやめて、ヨーギラスの育成をしつつ。途中限界ばたんきゅー。朝に起き出して、こーれーまーでー。


理想6V幼ギラス。

* すいよー。今日の収穫は、6Vヨーギラス三体に5V理想個体ヨーギラス五体。

*

へむ2「まあ、良く出た方ですか」
あずさ「十分でしょ(−− 6V三体出てれば」
カニ子「むしろ、十分以上カニよねー。メスの6Vはともかく、オスの6Vは使うところ無いカニー」
へむ2「子供産ますだけなら6Vフカマルで代用効いちゃうからなあ、オスは。なんでいっそ6V、バトルに放り込むかな、とか考えなくも無いんじゃけど、放り込む意味も無いのよね。これが」
まるち「そうですね(^^; あの、理想個体さんとの違いは『特攻』だけですので〜」
へむ2「物理技オンリーのバンギラスだと一切使用されない能力値だっつーね。ま、とりあえず俺のボックスには6Vをつがいで残して、余った一体はボンの方に移してなんかの時用に置いておく。そげな感じでー」

* で、続いてココドラ生産。こっちは5V個体のメスが出来たところで、時間切れ。日付も変わったし眠くもなったし、って事でばたんきゅー。理想個体ココドラは、明日ですなー。


特性二種類ボスゴドラ。

* もくよー。ココドラ、特性『いしあたま』の方も『がんじょう』の方も、理想個体かんせー。

*

へむ2「次はギャラドス・・・ですが、その前にヨーギラココドラ、基礎ポイント振りとレベルアップ済ませて完成させますかねぇ」
あずさ「まあ、その辺は好きにしなさい。どうせ一日ズレるだけなんだし」
カニ子「一日一系統、理想個体が完成してるカニからねー。まあ、ギャラドスもきっと一日カニよね」
へむ2「多分な。ギャラっつーかコイキングは孵化にかかる時間が一番短いポケモンじゃし」
まるち「あ、そうなんですか〜(^^) でしたら、はい。本当に、一日ですね」
へむ2「特に遺伝させにゃならん技も無いっつーかどーも遺伝で憶える技自体が無いみたいだしな、ギャラドス。つー訳でその次の事もぼちぼち考えとかにゃならん訳ですが・・・んー。とりあえずまあ、欠けてる炎ポケって事でバシャーモ。作るだけは作ってみるとしますかねぇ」

* まあ、オスメス比が偏ってるんでメンドくさいんですけど。<バシャーモ>ついでに色々遺伝させんとアカンもんも多いですから、とりあえず手間を省く為にGTSで適当に交換して遺伝済みの個体をある程度集めつつ。してたら遅くなったんで、今日はこれまでまた明日。

* ぐー。


炎格闘遺伝技。

* きんよー。さてしかし、基礎ポイント振りと気楽に言いましたが。

*

へむ2「具体的には、どの能力値にどれだけ振ったものか。ボスゴドラもバンギラスも、『何も考えずに攻撃素早さ全ぶっぱ』的キャラじゃ無ぇしなあ」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
へむ2「基本的にスピード遅い組なんで、素早さに振ってもあんま効果が無いのよ。攻撃に振るんはもちろん有効なんじゃけど・・・んー。この二体は基本要塞型だから、どっちかってぇと守り固めるべきちがうかなあ」
カニ子「て事は、HPとか防御とか特防カニか」
へむ2「うむ。ただ、防御は基本値が十分高いんで、振るならHPと攻防か。問題は、それで攻撃力が足りるかどうかなんじゃけど」
あずさ「その辺は作ってから考えたら? 今考えても、どうせ分かんないでしょ?」
へむ2「まあねー。どのくらいでどのくらいのダメージ、つーんはまだ実感として身についてませんからな。じゃ、とりあえずHP特防全ぶっぱでー」

* あ、でもアレだ。HP特防だと、基礎ポイント振りがえらいメンドい。まとめて群れバトルでー、とか考えた時に、効率いい場所がありゃしねぇ。

*

へむ2「よし、アレだ。さわやかに後日送りにしよう」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「だって今日はメンドいことする気分ちーがーうー。なんで、帰りの電車ん中では代わりに、遺伝技憶えさせたメスアチャモ作りをしましょかねー」

* まあ、こっちはこっちでメスが生まれてくる確率低い&夢特性を遺伝してなきゃ意味が無いからさらに確率下がる、ではあるのですg。

*

へむ2「それでも、V気にしなくていいんで一周で一体は生まれてくる訳です。ただいま」
ぴーす「はいー。お帰りなさいませー」
へむ2「で。二周かまして遺伝技四つ、伝達かんりょー。後は理想個体作るだけ、ですが、まあそれは後回しだ。戻って、まずは基礎ポイント振りを・・・ふぅぅぅぅ」
あずさ「だー(−− うっとうしいわね、もう」
へむ2「だってほんとーにメンドくせんだもんよ。まあ・・・しょーないんで、明日は頑張りますかねぇ」

* 明日ね、明日。つことで、今日はこれまでー。

* ぐぅ。


計算間違いボスゴドラ。

* 土曜日。数が多いんでとりあえず分けて、まずはココドラを進化させつつレベル50まで・・・あれ?

*

へむ2「あれれ? ありゃ。レベル50まで上げても、必要な技憶えない」
まるち「は、はわ?(^^;」
カニ子「? そーゆーのは、ハートのウロコで思い出せるんじゃないんカニ?」
へむ2「や、そのつもりだったんだけど・・・ありゃりゃ。ヘビーボンバーはレベル57、メタルバーストはレベル74まで上げんと覚えてくれねぇや」
まるち「は、はわ〜(^^;;;」
ぴーす「えっと・・・です、ねぇ。進化させずに、ココドラのままでしたら、レベル43とレベル50で憶えるみたいですけど〜」
へむ2「もう進化させちゃって、なおかつその後セーブ済みだからなあ。も、どーしょーもねぇな」
あずさ「そうね。改めてもう一体、とかいうのも馬鹿馬鹿しい話だし」
へむ2「うむ。ただなあ、出来れば対戦用ポケモンはレベル50で止めときたい、つーんもあってなあ。あー、でも、ココドラレベル50が必要だと、どう転んでもレベル50ボスゴドラは無理なのか」
カニ子「レベル50で技を憶えてコドラ。そっからいきなりボスゴドラ・・・は、無理なんカニよねぇ」
へむ2「うん、もっぺんレベル上げんと無理。だから最低51になるんで、結果50では止めれんのだから一緒・・・あ? ああ、でもそーか。レベル技は『両親がともに憶えてれば子供に引き継がれる』んじゃから、最初から必要な技全部憶えさせた状態で子作り始めりゃ良かったのか」
カニ子「お? おー。そーいや、そんなルールもあったカニねー。どーせレベル上げりゃ憶えるんだから、必要あるんカニかこれ。とか思ってたんカニけど」
ぴーす「こういう時の為、だったんですねぇ。はいー」
へむ2「うじゅー。まあでも、今から作り直すんはさすがにメンドい。将来的に、暇が出来たら作り直してもいーけど、とりあえず今はレベル上げで対処、じゃなあ」

* とか考えつつ、さすがにレベル74までは手間がかかるのでテンションだうーん。夜はそのまま沈没で、まーたあーしーたー。

* うじゅ。


一式完成ダブル用。

* にちよー。さて、ボスゴドラ。特性『いしあたま』の方はメタルバースト要らんので、途中でその二体はヨーギラスと交代。バンギラス育てに入る訳ですが、まあでもその前にチェックをば。

*

へむ2「んー。バンギラスがレベル50越えで憶える技は、『じしん』『ストーンエッジ』『はかいこうせん』『ギガインパクト』。ふむ、全部技マシンで憶えれる技じゃな」
ぴーす「えっと・・・です、ね。はい。ですので、今度は進化させても大丈夫ですかとー」
へむ2「じゃねー。では安心して、ヨーギラス育て・・・あれ? あれ、でもちょっと待てよ」
カニ子「? どうかしたカニ?」
へむ2「ん。いや、ちょっと気になったんじゃけど。あ、うん。アレだ、そもそもサナギラスがバンギラスに進化するのに、『レベル55が必要』だわ。レベル50止めは絶対出来ねぇ」
まるち「はわ(^^; あ、そ、そうなんですか〜」
へむ2「うむ。ま、しゃーねぇしゃーねぇ。技はともかく進化条件はどーしょーも無いんじゃし、ボスゴドラと並んでこの二体は50越え状態でボックス保管じゃねー」

* と、ゆー訳で多少がっくししながらレベル上げ。後はちょっくらお家の大掃除なんぞもしつつ、一日終了また明日。

*

へむ2「なお、夜の内にボンの方に諸々転送済ませましたので。よーやくこれで、ボンがダブルバトルの練習始めれるとゆーものです」
あずさ「結局、使うのはバンギラス?」
へむ2「とりあえずはね。ま、うまくいかない様なら他のポケモンにチェンジするっつー事で。竜王戦はまだ一月以上先ですし、調整時間はありますからにゃあ」

* あい。だばそーゆー事で、お休みなさい。

* ぐぅ。


鉱物植物テッシード。

* 月曜。うし、テッシードの6Vオスと、『素早さが0、それ以外5V』の、ある意味別の意味での6Vオス個体、かんせー。

*

あずさ「素早さが低いのは・・・意味があるの?」
へむ2「一部のポケモンっつーか一部の戦術には。例えば、トリックルーム使用前提のパーティとか」
ぴーす「そうですね。トリックルームを使いますと、『素早さが低い順から行動』になりますのでー」
カニ子「極力遅い方がいい、って事カニねー。後、ギルガルドなんかも遅い方がいいって聞いたカニー」
へむ2「うむ。ギルガルドは下手に素早く行動しちゃうと、防御が下がった状態で相手の攻撃受ける事になりますからな。あえて先に攻撃させて、その後反撃。で、そーゆー『遅い方がいい』ポケモンは鉱物グループに入ってる事が多いんで、テッシードの素早さ0は作っておきたかった訳ですな」
まるち「なるほど〜(^^) では、はい。出来て、良かったですね」
へむ2「うん。て事で、せっかく出来たんだからギルガルドもおいおい作っておくとしましょー。その前にやる予定のもんも色々たまってますから、もーちょい先の話になりますけどねー」

* あい。だばこれまでの、また明日。

* ぐぅ。


ダブル色々ボスゴドラ。

* 火曜日。移動中はバトルハウスに入り浸って、スーパーダブルバトルでボスゴドラの色んな方を延々試してたのですが。

*

へむ2「いっとう安定するのがメガボスゴドラにメガシンカさせる型・・・なんですが。現実問題として、この型は使えませんなあ。メガ枠、他に回す予定ですし」
あずさ「んー。でも、それで安定するならメガ枠、こっちに変えてもいいと思うんだけど?」
へむ2「やー。バトルハウスの事だけ考えたらそーかもしれませんが、でもこれ、目的は竜王戦用パーティの検証なんで。そっちで使える形にしとかんとあんまし意味がないっつーね」
カニ子「まあ、そーカニね。でも、それ言い出すと実際のトコどーなんカニかねー。検証の役に立つんカニかね、バトルハウスって」
へむ2「うむ、きっぱり言うと実は微妙だ。何故なら、バトルハウスは『こっちのメンツは連戦中は固定』『相手はこっちのパーティ見て有利な相手をぶつけてくる』いうルールだからな。対人戦とは全然違う」
まるち「そうですね(^^; あの、他のプレイヤーさんとのバトルでしたら、最初にお互いのポケモンさんを見せ合うところから始まりますし〜」
へむ2「相手の手持ち見て、こっちはさて、どれを先発に選ぼうか。いうあたりから既に勝負が始まってる訳やね。そこを負け確で始めろっつーんは・・・あー。でもアレか、相手はメガシンカ使ってこねぇからな。その分のハンデとしちゃあ、ある意味適当は適当なのか。メタられスタートっつーんは」
あずさ「ああ、そう言えばそうね。こっちはメガシンカ、相手は無しなんだから、そりゃあ普通にやればこっちが勝つわよね」
へむ2「うむ。じゃあまあしょーがねぇか。理不尽感は尽きんけど、とりあえずメタられについては飲み込もう。それにまあ、真面目な話? メタってくれるおかげで自分のパーティの『バランスが悪いトコ』がはっきり分かるんで、ある意味ありがたい話でもあるしなー」

* なお、現状だとやっぱり『炎技が無い』のが一番のネックだとはっきり分かりマッスル。次点で格闘。その二つが無いせいで、相手が山ほど鋼タイプ出してきて、もー。

*

カニ子「・・・バシャーモ作ればいいんじゃないカニかね。それだったら、素直に」
へむ2「まあねー。そうなんじゃけど、バシャーモはどーも耐久が足りないイメージでなー。後、先発で出すなら物理アタッカーより特殊アタッカーがいいのよ」
あずさ「ふぅん。そうなの?」
へむ2「先発は何かと相手の特性『いかく』で攻撃下げられる事が多いので。とは言え、あんまりいい特殊アタッカーっていないので、うーん。どうしよっかねぇ」

* とか悩みつつ。仕事済ませて一日終わって。今日もこれまでまた明日。

* ぐぅ。


冬の季節に鯉の王。

* 水曜。うじゅ、とうとう雪が降ってきましたなー。

*

へむ2「まあ、まだ積もるほどじゃない・・・つーか、仮に夜に積もっても昼には溶けるよね、レベルですけど」
あずさ「そうね。ただ、これからはどんどん寒くなるでしょうしねぇ」
カニ子「いよいよ、本格的に冬カニねー」
まるち「そうですね(^^; あの、皆様、どうぞ、お風邪などひかれません様に〜」
へむ2「うむ、極力暖かく過ごすとしましょー。で、それはさておきギャラドス理想個体の作成に入ったおにーさんであります。どーもね、炎タイプどーすっか、いまだに決まらん」
あずさ「またそういう(−− いいからとにかくバシャーモ作りなさいよ、もう」
へむ2「や、だってさー。バシャーモはどうも決め手に欠けるっつーか何つーか、考えてくと『きあいだめ』で急所率上げた上で『バトンタッチ』使ってガブリアスに交代。で、ガブに急所率上げるアイテム持たせとけば『全部の攻撃が急所に命中』になるから、実はこの方が強いん違うんかこれ。とかそーゆー事を考えちゃって」
カニ子「んー? 普通に強そうカニよ? いいんじゃないカニか、をれ」
へむ2「まあそうなんじゃけど、そうなると『炎技結局どこ行った』つー状況になるので。後ねぇ、実はこー。このやり方、上級者相手だとガブに交代したターンに相手が『ほえる』『ドラゴンテール』等の強制交代技投げてきて、結果積み上げた急所率上昇が全部おじゃんよね。とゆー」
まるち「は、はわ?(^^; あ、え、ええと。はぁ。そ、そうなんですか?」
へむ2「やー。俺ならそーする、多分そーする。とか考えると、急所型の構成もちょい微妙。で、型が決まらんからイマイチ作る気力がわかない。そんな感じでありますよ」
まるち「はぁ(^^;;; な、なるほど〜」
あずさ「でも、そんな事言ってたらいつまで経っても何も作れないでしょうが(−− 延々、どうしようどうしようのうっとうしい話だけ聞かされるこっちの身にもなりなさい」
へむ2「にゃあ。わーかーりーまーしーた、じゃあギャラドス済んだらとりあえず作りますぅー。ま、作ってみんと分からん事も多いでしょーしね」

* あい。だばギャラドスっつーかコイキングの理想個体が何体か生まれたところで、今日はこれまでまた明日。明日は生まれた理想個体に基礎ポイント振ってレベル上げて、の育成作業でごぜますよー。

* ぐぅ。


鯉を阻むは電気竜。

* 木曜日。さて、ほんじゃギャラドスに基礎ポイント振りを・・・ありゃ?

*

へむ2「はて。どーゆー事だ、これは」
まるち「は、はわ?(^^;」
カニ子「んー。どーかしたんカニ?」
へむ2「うむ。や、今『攻撃の基礎ポイントが上がる敵』と群れバトルしたんだけどな? バトってふとスパトレ画面を見たら、何故かHPの基礎ポイントが上がってんの」
まるち「は、はわわ?(^^;」
カニ子「あれ。ホントカニね」
へむ2「んー? あ、でも、攻撃も上がってはいるな。んー・・・あ、分かった。アイテムの効果を勘違いしてたんだ、俺」
あずさ「アイテム?」
へむ2「うん、『パワーなんちゃら』って名前のアイテム装備させてっと、『対応した基礎ポイントが多めに貰える』んだけどさ、俺、てっきりそれって『対応した基礎ポイントの敵』を倒した時だけブーストされる、んだと思ってたのな。要するに、HP上げる効果が発動するのはHPの基礎ポイント持ってる敵と戦った時だけだと」
まるち「はぁ(^^; えっと、つまり。そうでない時も、効果が?」
へむ2「つー事ですな。敵倒したら、その種類に関係なくパワーなんちゃらの効果は必ず発動。で、一体倒すごとに4の、群れバトルだから五倍で20。さらにポケルスで倍になってるので計40。群れを倒せば必ずそれだけは上がると」
あずさ「ああ、なるほどね。確かに、そんな感じの上がり方してるわね」
へむ2「ふむふむ。つまりアレだ、今まで『必要な基礎ポイント持った敵出てこねぇぞコンチクショウ』とか愚痴りながら出てくるまでやってたのはまったく意味が無かった、いう事ですなー。ああ、無駄な時間過ごしてた」

* おにょれ。まあでも、とりあえず新たに判明した事実によりギャラ育てはさっくり完了。で、バトルハウスでシミュレーション。

*

へむ2「・・・て、ダメだー。ギャラは電気が四倍ダメじゃから、相手がデンリュウ出してきた時点でかなりアウト。そしてデンリュウは竜王戦の仮想的の一つなんで、これに弱いのはマズい。極めてマズい」
あずさ「まあ、そうね。でも・・・実際の所、どうなの? デンリュウ使ってくる人とか、いるの?」
へむ2「うん、微妙。デンリュウは地面が弱点なんで、ガブリアスにはほぼ勝てない。ので、別のドラゴンをチョイスする人が大半だと思われます」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、でしたら〜」
へむ2「いやいや、そういう状況だからこそ、あえて。つー人も絶対少しはいるですよ。なんで、仮想敵から抜く訳にもいかんし。んー、どーしたもんですかいねぇ」

* とか悩みつつ。色々構成変えてみるも、どーもうまくいかず。してる内に遅くなったので、今日もこれまでまた明日。

* ぐぅ。


レート復活お試しバトル。

* 金曜日。バシャーモ孵化させつつ、帰還。

*

へむ2「・・・なんじゃけど。タマゴ50個割って、メスが二体だけっつーんはどーゆー事かなあ。ただいま」
ぴーす「お帰りなさいませー。はぁ、あの、また随分と、確率が偏ってる様でー」
あずさ「八体に一体、だったっけ? 一応、データとしては」
へむ2「そう聞いてるんですがのう。で、夢特性遺伝させる必要があるんで、実際に使えるメス個体は一体のみ。それも2Vで、今使ってる3V個体より下。ふぅぅぅぅぅぅぅぅ」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい〜。それでは、交代していただく訳にもまいりませんね」
カニ子「まあ、その内ぶり返しがくるんじゃないカニか。さすがに」
へむ2「だと思うけど、まあでも続きは明日だな。今日はアレだ、ここ二週間ほど諸々の事情で停止されてたインターネットの公式バトル、レート戦が再開しましたので。そっちでちょっくら、バトってみるですよー」

* て事で七戦。内、三勝。ふむ、なるほど。

*

へむ2「戦略とか気をつけなきゃいけないポケモンとか。色々参考になりますな、やっぱり」
あずさ「そうね。でも・・・これって、『同じくらいの強さの人』と当たる様になってるのよね? 基本的に」
へむ2「うん。だからまあ、もちろん強い人はまったく違う構成になってるハズで。まあでも、そゆのは強くなれたら悩みます。竜王戦は小学生限定だから、んな小学生でそこまでレートの高い子はいなかろうよ、いう予想もありますし」
カニ子「どーなんカニかね? 小学生でも強い子は強・・・あー、でも、レート上げるにはたくさんバトルしないといけないんカニよね。多分」
へむ2「そそ。だからプレイ時間の関係もあって、小学生くらいはどっちかっつーと低いレートにいるハズ。だから、とりあえず今のこの環境に慣れる。慣れて、余裕が出来たら他の事考えますべぇよ」

* あい。ほんじゃ今日もこれまで、また明日。

* ぐー。


週末厳選やや不調。

* 土曜日。年末恒例イルミネーションで飾り付け、をやってる公園に夜、見物に行ったりしつつ。

*

へむ2「厳選は続くよどこまでも。とりあえずバシャーモ、オスメス比の関係でメスが4Vから上がりませぬ。1/8タイプのポケモンはメンドいですなあ、もう」
ぴーす「そうですねぇ。あの、特性の問題もございますしー」
カニ子「今日は生まれたメス、全部通常特性だったカニからねー。まあでも、理想個体は生まれてるんだからいーんじゃないカニか」
へむ2「まあねー。俺の分ボンの分予備と計三体。なんで、バシャーモについては一旦ここまで。次は、さすがにぼちぼち手ぇ出してみますか、てぇ事で、ガルーラに行くっすよー」
あずさ「強いらしいわね。ガルーラ」
へむ2「うん、メガシンカすると実にろくでもない攻撃力を発揮するらしいっすね。正直、定番過ぎて逆に手ぇ出す気が無くなるザ・反抗心。ではあるのですが、まあそうも言うてられんしなあ」
カニ子「負けたらおしまい、カニからねー。竜王戦
へむ2「うむ。ただまあ、ガルーラでメガ枠使っちゃうとメガリザが使えなくなるんでな。それ考えると、実際に採用するかどうかはちょい微妙。メガリザのお役立ちっぷりも、捨てがたい物がありますからなあ」

* て事で、まずは6V目指して。で、それと平行で、ボンの方でも6V親作り。

*

へむ2「今作ってるのはアーケン。で、その後バルビート作れば、『水中2』以外全部揃うねん。その『水中2』も、タマゴ生まれる速度にだけ目ぇつぶればギャラドスでいけるしなあ」
カニ子「つまり、もうちょっとで全部揃うって事カニかー」
へむ2「うむ。まあ、その『もうちょっと』が遠いんじゃけどな」
まるち「そうですね(^^; 先ほどから、あの、ガルーラさんも、アーケンさんも、5Vどまりですし〜」
へむ2「後はランダム引くだけなんだけどなー。まあ、この週末にはなんとかしたい所でありますな」

* とか考えつつ、今日はここまで。また明日。

* ぐぅ。


好調不調孵化厳選。

* にちよー。久々のゲーム会に出かけつつ、朝夜使って孵化厳選。

*

へむ2「ガルーラが。150個以上タマゴ割ったのに、6V出やがらんのです」
まるち「はい〜(^^; でも、あの、アーケンさんは〜」
あずさ「6V、出たしね。その後のバルビートなんか」
カニ子「6Vと3Vでやってたのに、一巡目でいきなり6Vだったカニよねー。まあ、全部ひっくるめて考えたら運良かった方じゃないカニか」
へむ2「ええ、ええ、そりゃあまあ、これで全部のタマゴグループの親が揃いましたありがとうございます! てなもんですけんどね。でもなー。だから言うて6V5Vで150オーバーで6V出ねぇってのはさすがにどうなのよ、と」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、確かに、はい〜」
ぴーす「確率的には、ええと。2.8%くらいの確率で、生まれてくるハズですものねぇ」
へむ2「メスしか生まれねぇ種族だから、なんかランダムに偏りでもあるのかなー。とりあえず、ちっとV抜け場所の違うガルーラと入れ替えてみるべぇ。それでもまだ生まれてこなかったら、どーしてくれやがりましょうかねぇ」

* ぐちぐち。では、また明日チャレンジで、今日の所はお休みなさい。

* ぐー。


ようやく誕生6Vがーる。

* げつよー。移動時間に三周分回して、よーやく誕生6Vガルーラ。

*

へむ2「合計九巡、225体。なお、6Vですが二体まとめて生まれた模様」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか〜」
カニ子「やっぱり、偏ってるんカニかねぇ。確率」
ぴーす「そうですねぇ。でも、はい。いずれにせよ、これで、はいー」
へむ2「うん。一体を新規親にして、もう一体はボンのトコ。対戦用ポケ、普通は5V運用なんですが・・・ガルーラはちょーっと特殊技撃つ機会も多そうなので」
あずさ「だから、6V? 贅沢ねぇ(−−」
へむ2「ま、えーやないですかとりあえず既に生まれてるんですし。なお、実はVじゃなくてU、要するに個体値30ですな。それでも、実際のステータス自体は一緒になる模様」
カニ子「あ、そうなんカニ?」
へむ2「うん、レベル50の時は個体値、2で割って小数点以下切り捨てた分が実際の増加分になるので。だから『努力値振らない』前提だとVとUは一緒なんですな、これが」
あずさ「なんだ。だったら別に、5Vとか6Vとか狙わなくてもいいじゃない」
へむ2「や、そこはそれ。『努力値振る時は違いが出る』つーんが一つ、『Vはジャッジさんで簡単に判定出来るけどUの判定はめんどい』いうんがもう一つ。Uはレベル上げて実際のステータス見てみないと判定出来ませんからな」
まるち「そうなんですか〜(^^; それは、はい。確かに、たくさんのポケモンさんを調べるのは、大変ですね」
へむ2「うん。まあ、見えない個体値が『奇数か偶数か』だけなら実は『めざめるパワー』のタイプ判定で分かるんで、そこでまずフィルター。で、パスした奴だけチェック、つー形で多少は簡略化出来るんですが。つか、その方法で一応特攻Uの個体、一つは用意してございます」
あずさ「・・・その言い方からして、使うつもりは無いのね?(−−」
へむ2「状況次第。とりあえず6V親で回してみて、新しいのが生まれてこなかったら使う。生まれてきたら6Vで。さすがに、6V親同士ならさっくり生まれてくるハズなんで、まあ、うん。ここまで来たら妥協したくないなー。つーのもございますし、ねぇ」

* とか考えつつ。とりあえず、ボンに渡すガルーラの基礎ポイント振りとレベル上げを優先。した結果遅くなりましたので、6Vガルがもう一体生まれるかどうかは、まーたあーしーたー。

* てぇ事で。ぐー。


運の悪さとうっかり忘れ。

* 火曜日れつごー。ガルーラの6V個体はえらいあっさり、それも二体まとめて出たのでちょっと欲かいて、もう一体作ろうかと思ったら。

*

へむ2「そこから四巡、100個タマゴ割って一体も生まれてこないとゆーね。ガルは何ですか、俺にケンカでも売っとんですか」
まるち「はぁ(^^;;; いえ、あの、決してその様な事は無いのではないかと〜」
あずさ「て言うか、アンタが欲張るのが悪い(−− そんだけの話でしょ」
へむ2「だってー、6Vではあるものの、片方は特性が希望のと違ったから現状使えないんですものー。将来的にゃあ『とくせいカプセル』で特性変更出来るよになるから、無駄にはならんのですけど」
カニ子「にしても、どーしたもんカニかねー。ここでやめるのも、100個分の時間が無駄になってしゃくカニけど」
あずさ「そういって、ずるずる続けて出なかったら無駄が増えるだけでしょ(−− 素直に切る事考えなさい」
へむ2「うーん。そうは言うても、基礎ポイントの振り方変えた個体作ってそっちも試したい、いうんがありますからなあ。まあ、明日一日。どーせ次に何育成するか決まってませんし、後一日だけガルに付き合って。6Vが出ても出なくても、そこでしゅーりょー。いう事で」

* あい。じゃあ後は、ボックスに溜まりまくってる孵化余りをミラクルで放出しつつ。今日もこれまで、また明日。

* ぐぅ。

*

へむ2「・・・と、書いて。最後、日記Upする操作を、きっぱりすっかり忘れてた訳ですよ」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ミラクル交換中に通信エラーが出てえいコンチクショウ、と気を取られたところですかんと抜けた模様です。ま、そーゆー事もありますよね。世の中」
あずさ「はいはい(−− まあ、とっととUp済ませて、仕事行きなさい」
へむ2「あーい。じゃ、ぽちっとなー」

* んでは。ごー。


ようやく完了6Vがーる。

* すいよー。相も変わらず、確率をザ・下回りやがりますなコンチクショウ。<ガルーラ

*

へむ2「まあでも、一応6Vが一体は生まれましたんで、最低ラインはクリアって事で」
まるち「はい〜(^^; お疲れ様でした〜」
へむ2「いえいえ。で、まあ、基礎ポイント振りやレベルアップもおいおい済ますとして。さて、次に孵化させんのは、何にしましょかね」
カニ子「んー。有名どころだと、なーにが残ってたカニかねぇ」
あずさ「そうねぇ。よく聞くのは、ファイアローとかギルガルドとか?」
へむ2「ふむ。確かに、その辺は作っておきたい所ではありますが・・・うん、じゃね。とりあえずアレだ。『ひこう』グループん中にゃファイアロー筆頭にエアームド、バルジーナ、プテラ、シンボラーといますので。その辺を順番に作ってってみるとしましょーか」

* て事で。だばこれまでの、また明日。

* ぐー。


飛行グループまず一つ。

* 木曜日。なんやかやしつつ、6V親と4V親とでバルチャイ作り。

*

へむ2「なお、4V親はGTSでゲットした外国個体ですので。うまく行けば色違いが生まれるかもしれませんね」
カニ子「『国際孵化』って奴カニねー。確か、1/600とか1/700とか、それくらいの確率で生まれるんカニよね?」
へむ2「と、ゆー話でありますな。まあ、バルチャイっつーかバルジーナは別に、そこまで思い入れのあるポケモンじゃあござんせんので。生まれればいいなー、くらいの気分で、別に『出るまでやるぞ』つー訳じゃ無いんですが・・・あら? このバルチャイ、6Vだ」
まるち「はわ(^^; い、いきなりですか〜」
へむ2「うん、いきなり初巡の頭からですよ。普通ならまあ、この6Vに親を入れ替えて続きの孵化を行う所ですが・・・」
あずさ「でも、それだと国際孵化ってのにはならないのよね?」
へむ2「なりませんな。つー訳で、6V4Vのまま続行。まあこのままでも、5Vはぽんぽん生まれてきますから特に問題無いですしねー」

* て事で。6Vの後も適当に孵化させてたのですが、さすがに色違いは生まれてこず。ま、対戦で使う5Vはきっちり生まれてきたんで、まあいいかな、と。

*

へむ2「あい、しゅーりょー。次はファイアロー行くか、あるいはプテラシンボラーエアームド。ああでも、プテラはメスが手元にいるかどうかすら確認してねぇし、シンボラーはサファリで夢個体捕まえにゃならんし。まずは、ファイアローかなー」
カニ子「で、いいんじゃないカニかねー。使うか使わないかはともかく」
へむ2「うむ。じゃあまあ、そーゆー方針で。もっとも、日付変わっちゃったし実際にやるなあ明日以降ですけどねー」

* だばここまで。ぐー。


イカサマ防御バルジーナ。

* 金曜帰還。でもってファイアローは、まず遺伝技を全部(つっても現状二つだけですが)遺伝させにゃなりませんので、まずはその作業をして。んでから、6V5Vで孵化開・・・あら。またしても初巡で6Vが。

*

あずさ「・・・・・・(−− 何。何なの、その6V率」
カニ子「ガルーラで出なかった反動、カニかねぇ」
へむ2「反動っつーか、本来の確率に戻っただけ、とゆー気がします。本来6V5Vなら3%弱なんじゃけ、そら出てもおかしゅうはなかろーよ」
あずさ「まあ、そうかもしれないけど(−− でも、昨日も6V4Vで出してるでしょ」
へむ2「運命に導かれてるんですな、多分。ま、いずれにせよせっかくの6Vです。親差し替えてもう一巡回し・・・あ、いや、ダメだ。その前にミラクル交換でもしてボックス空けんと、余裕が無ぇ」
まるち「あ、そうですね(^^; もう、随分いっぱいたまっておりますし〜」
へむ2「普段ならミラクルやってる時間が惜しいんで全部逃がすんだけどな。でも、ちょっと気が向いたのでこの週末は流します。ま、ちょいと早めのクリスマスプレゼントって事で」
あずさ「プレゼント・・・になるのかしらねぇ?」
へむ2「相手によってはなんないだろな。ま、いいよいいよ。なんなくても、俺の自己満足にはなりますからにゃあ」

* ただまあ、ミラクル交換にゃあ安定したネット接続が必要なんで、帰りの電車ではちょいと無理。なんで家着いてから流す事にして、電車の中ではバトルハウス。新しゅう作ったガルーラとバルジーナの使い勝手を確かめるザマスよー。

*

へむ2「と、ゆー訳で帰り道バトってた訳ですが。うん、ダメだな。バトルハウスはやっぱり、竜王戦のシミュにはならん」
ぴーす「は、はぁ。そうですかー。えと、あの、お帰りなさいませー」
へむ2「ただま。何つかねぇ、的確にこっちの弱点突いてくるのはいいんじゃけど、的確過ぎて『実際にはんなパーティ無ぇだろよ』つー組み合わせばっかになるとゆー。やっぱアレじゃね、人間相手に戦わんといかんね。うん」
カニ子「じゃ、やっぱレートカニか」
あずさ「に、なるでしょうね。他に当てもないし」
へむ2「ん。じゃあまあ、ミラクルの前か後か。時間的には前の方がいいかな。とにかく、何戦かやってみるといたしまっしょー」

* て事で。んー・・・ふむ。それなりにいい感じでは回りますが、うん。やっぱり、先発ニャオニクス+バルジーナでは、ちっとばっかし決定力に欠けますのう。

*

へむ2「メイン火力が『イカサマ』で、『相手の攻撃力に依存』じゃからなあ。相手がアタッカーならいいんじゃけど、『居座って悪さする』タイプの耐久型だとどーしょーもないっつーか何つーか」
カニ子「そうカニねー。特に、さっきのバトルはザ・泥仕合だったカニー」
ぴーす「お相手の方、先発の両方が耐久型でしたものねぇ。ああいう時は・・・どうすれば良かったのでしょう?」
へむ2「うーん。後ろに控えてるアタッカー二人に交代・・・が、定番じゃろけど、相手が『あまえる』使ってこっちの攻撃下げまくってくれてたからなあ。下手に交代しちまうと、にっちもさっちも行かなくなってた可能性が」
あずさ「・・・ろくでもない試合よねぇ、ホントに(−− アンタもアンタで、麻痺ばっかりばらまいてたし」
へむ2「麻痺とひるみでまひるみの型、がとりあえず俺的基本ですが何か。が、まあ、バルジーナ運用するんなら、火傷入れた上で『いばる』を使う型の方がいいんでしょうなあ。つまり、パーティ構築の基本からやり直さなきゃいけないと。ふむー」
まるち「はわわ(^^; でも、それは、ちょっと、大変そうですね」
へむ2「うん。ただ、『イカサマ』はさておき、相手の道具を無効化する『はたきおとす』はすっげー役に立ってくれたんよなー。加えてバルジーナ、耐久性能はホンマピカイチじゃし。ただ捨てる、いうんは、うーん。もったいないんよねぇ」

*

* つー訳であれこれあれこれ考えつつ。とりあえず、今日はこれまでまた明日。

* ぐぅ。


遺伝面倒どらぴおん。

* どよー。

*

へむ2「まあ、なんです。昨日からの悩み、結論としては『はたきおとす』は強い。でも『イカサマ』にこだわる必要は無いよね。てぇ事で」
カニ子「つまり、バルジーナから『イカサマ』抜いて、他の技入れようって事カニか」
へむ2「それか、バルジーナを別のポケモンに変えるかじゃな。バルジーナと似た様な耐久型で、なおかつある程度の攻撃力を確保出来て、そして必須条件は『はたきおとす』を憶える。そーゆーポケモンをおにーさんは希望です」
まるち「はぁ(^^; えっと、それは、はい。ですけれど、あの〜」
あずさ「・・・いるの? そんなポケモン(−−」
へむ2「んー。さすがに同レベルの耐久で、つーと難しそうですけど、そこを妥協して考えるならドラピオンあたりですかね。実際にどの程度耐久あるかは、作ってみないと分かりませんが」
ぴーす「そうですね。数値的には、それなりに差がありますから同じ様に、とはいかないでしょうけれど、はい。それでも、十分に耐えられる様でしたらー」
へむ2「したら採用ですな。だば、まずは遺伝・・・て、遺伝させときたい技、結構いっぱいありますな。しかも、それぞれ別のポケモンからしかこない、と。うーわメンドくさー」

* て事で。メンドいながらもちゃきちゃき進めて、遺伝完了3V個体。後はこれを6V親と組み合わせて、特攻抜け5V完成を目指す、と。まあ、明日には完成してますやねー。

* ぐぅ。


存外さっくり三連勝。

* 日曜日。今日はジャンプフェスタの中でやってる、ポケモン三連勝バトルに。

*

へむ2「で、俺は一戦目でいきなり負けた訳ですが。ボン、勝ち残ってますのう」
ぴーす「そうですねぇ。これで、はい。三戦目ですのでー」
カニ子「このまま勝ち残れるカニかねー。ここからじゃ、有利なのか不利なのかも分かんないカニけど」
あずさ「どうかしらねぇ。相手は・・・高校生くらい? だから、難しいんじゃないかと思うけど、って、終わったみたいね」
まるち「あ(^^) どうやら、お勝ちになられたみたいです〜」
へむ2「ん、じゃね。クリア商品のポスター、貰ってるし」
カニ子「おー。大したもんカニねー。正直、勝つとは思ってなかったカニー」
へむ2「ホンマにな。つーか、ここで負けさせて『慢心は禁物。竜王戦に向けてもっと頑張ろーね』と、そういう方向性で考えてた俺の計画が台無しな訳なのですが」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。でも、あの、それだけお強かった、という事ですので〜」
へむ2「まあそうなんじゃけど。んー・・・ま、いっか。その辺は素直にレートで負けてもらうといたしまっしょー」

* で。三連勝で勝つと、『ステージでゲストの人と戦う事が出来るかもしれない抽選券』が貰えるので、ステージの方にも参加。一回目のステージはともかく、二回目のステージは参加者多数で全員立ち見、そうなると背の関係上ボンはまったく前が見えなくなるので、しょーがなく抱っこで観戦。ステージの間ずっとなので、つーかーれーたー。

*

へむ2「なお、抽選は当たりませんでした」
あずさ「まあ、ステージ両方合わせて五人だけだったしねぇ。しょうがないわよ」
ぴーす「です、ねぇ。はいー」
カニ子「抽選は、いつもいつも一番の壁カニねー。やっぱり」
へむ2「こればっかは努力のしようもねぇからな。さてさて、竜王戦の抽選は、どーなりますやら」

* とか考えつつ。ずっと抱っこで疲れたのでばたんきゅー。朝起き日記で、さて、今日はどーしましょかねー。


銀行開設後二日。

* 月曜祝日。昨日がお疲れだったので、今日は結局イベントには行かない方針で。

*

へむ2「まあ、ちょいと買い物に出たくらい。しかし何ですなー、いよいよ明後日のクリスマスにゃあポケバンク、解禁ですよ」
カニ子「そーカニねー。これでようやく、ゲームの方のボックスが空くカニー」
あずさ「いっぱいだもんねぇ(−− 今」
へむ2「うむ、タマゴ孵化用に一個だけは空けてあるけど、それ以外はほぼ完全に埋まってっからな。これを全部ネットに放り投げてボックス空けれる、いうだけでも価値はある。後はまあ、BWの中古カートリッジは手に入れてあるんで、過去伝説も一応は使える様になるザマスよ。使わんけど」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「大会ですとか、インターネット対戦ですとか、そちらでは使用禁止ですものねぇ。元々、はい。使える場所自体が、少ないですかとー」
へむ2「ネット使わん直接バトルだけじゃからな。でもってそんだけの為にわざわざ伝説入れるのも、なあ。つー訳で、過去伝説は基本観賞用。そげな感じでありますな」

* まあいずれにせよ、はやく来い来いクリスマス。だばこれまでの、また明日。

* ぐー。


鋼育成なっとれー。

* かよー。移動時間にナットレイ。<育成>なっちーの、『ジャイロボール』つー技は『相手が自分より素早い程ダメージが上がる』ので、対戦で結構使えそ・・・あ、でもダメだ。

*

へむ2「バトルハウスで模擬戦ってみたらアレですよ。ほら、相手麻痺らせると、『時々行動出来なくなる』以外に『相手の素早さが1/4に下がる』つー効果が発動するから」
あずさ「ああ。ダメージが減るのね、『ジャイロボール』の」
へむ2「悲しくなる程に。つー訳で、麻痺メインの今の俺パーティにはちと採用出来ませんなー。ま、その内夢と浪漫にあふれる鋼統一パーティでも組んで、その中で活躍してもらうといたしましょう」
まるち「はぁ(^^; 夢と浪漫、ですか〜」
へむ2「や、基本的にどれかのタイプ統一パーティってのは浪漫ですよ。弱点も統一されるって事ですからな」
カニ子「まあ、そうカニねー。鋼パーティだと、炎とか地面相手にあっさり全滅くらいそうカニー」
へむ2「うむ。なのでサブタイプで区別化必須。とりあえず、地面無効のエアームド。炎等倍のエンペルトあたりが候補ですかねぇ。エンペルトは、ムーバ−使わんと手に入らんのでちとアレですけど」

* とか考えつつ。一日夜まで働いて、さあようやく終わるぞ、とゆー所で、緊急お仕事一個追加。

*

へむ2「なので、帰ってきたらもう3時とかそのレベルですよセニョリータ」
まるち「はい〜(^^; お疲れ様でした〜」
へむ2「うん。こっから風呂入ってなんやかや。ま、とっとと寝るとしましょーか」

* 寝れる時間は短いですけどね、っと。ぐー。


バンク開設ムーバ−後日。

* すいよー。今日からポケバンク解禁、XYでボックスを圧迫してるポケモン達をネットに放り投げることが出来ますよ。

*

へむ2「まあ、八割方エラーで繋がらんのですけど」
まるち「はい〜(^^; でも、あの、今日は、はい。皆様が、たくさんアクセスされてますでしょうから〜」
カニ子「ま、しょうがないカニよねー。二日か三日経てば、少しはアクセス減るんじゃないカニか」
へむ2「だろうな。つー訳で、ポケムーバ−使って過去作からポケモン連れてくるのはまた後日。今日の所は頑張ってバンクを繋げて、ソフトの中のボックスを空けるだけ、にしておくザマス」
あずさ「それがいいでしょうね。べつにまあ、急ぐ話でもない訳だし」
へむ2「うむ。でだ、とりあえず一番ボックスを圧迫してる、『カロス地方のポケモンの最終進化段階フルコンプ』コーナー、よーするに図鑑埋めコーナーだな。これは全部預ける訳ですが、そうすると、実は一つ問題がございます」
まるち「はわ? え、あ、そうなんですか?(^^;」
へむ2「うん。ここを空にするとですなー、『ミラクルなりGTSなりで貰った、他人IDのポケモン』がほとんどいなくなる訳です。そーすると、ミアレシティのIDくじに当たる確率が激減するのですよ」
あずさ「まあ、そりゃそうでしょうね。て、問題ってそれだけ?(−−」
へむ2「ですよ。あのIDくじは二等三等の景品が『ポケモンの技を出せる回数の最大値を増やす』アイテムで、しかもそのアイテムは普通のプレイではなかなか手に入らんのです。故に、それを安定供給する為にですな、三等の『下二桁』は全部揃えておくべきなのです。なのですよ」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
カニ子「んー。でも、そんなに使うカニ? 対戦見てても、大抵技使い切る前に勝負が付くカニよ?」
へむ2「大体はな。だが、最大値が『5』の技をメインウェポンにしてるポケモンも何体かいる訳で、そーゆーポケモンはやはり多少上げときたい。相手が特性『プレッシャー』だったりすると消費が倍になるんで、素のままだと三回しか技出せん事になるしな」
カニ子「ああ。三回は確かに、問題カニねー」
へむ2「つー訳で、だ。ちょっとサファリで適当なもん乱獲して、全部ミラクルに流しマッスル。で、ID手に入れるだけ手に入れる。今日はそういう方針でー」

* て事で。時間かけつつちまちま交換続けて、まあそれなりに。<ID下二桁>さすがにまだ全部は揃ってないんで、明日ももーちょい交換ですなー。

* ぐぅ。


IDこつこつ下二桁。

* もくよー。職場の送別会に出席したりしつつ、合間の時間にミラクル交換。

*

へむ2「で、残り三つっつー所までID集めたザマスよ。もっとも、完全に下二桁コンプしようと思うと、こっからが大変なんですけど」
まるち「そうですね(^^; 単純に考えまして、あの、3%ですから〜」
あずさ「でも逆に、IDくじにあたる確率は97%でしょ(−− いいんじゃないの、別にコンプしなくても」
へむ2「まあねー。つー訳で、後は気が向いた時に適当にミラクル。ほんでその内揃えばいいね、くらいの気分で。そして後、余談ではありますが。お試しでポケムーバ−起動してみたら、やっぱりエラー吐きまくり、ちっとも繋がらなくてわーらーたー。一日経ってもなんも変わってやしねぇ」
カニ子「まあ、大本のバンクが配信停止になってるくらいカニからねー。まーだまだ、みんな押しかけてるんカニよ。きっと」
へむ2「じゃろうなあ。ま、急ぎゃあせんからえーっちゃええんじゃけど、でもそうなるとこの待ち時間を利用してまたなんか育成しときたい所よな。ナットレイを活躍させる為に、鬼火ばらまく『いたずらごころ』ヤミラミでも育成しよかしらん」
あずさ「アンタ『いたずらごころ』好きよね(−− まあ、強いのは分かるんだけど」
へむ2「先手取って状態異常ぶち込めますからなー。ただ、今後はニャオもヤミも、同じく『いたずらごころ』持ちのボルトロスに先手で『ちょうはつ』ぶち込まれて機能停止する事が増えそうであります。今シーズンのスペシャルバトルとか今度の竜王戦とかではボルは使えねぇんで、とりあえず今はまだその辺の心配、いらんのですけどね」

* とは言え、いずれは考え直さにゃなりますまい。<『いたずらごころ』仲間の運用>とか考えつつ、ほんじゃこれまでまた明日。

* ぐー。


ようやくまともにポケムーバ−。

* 金曜。一応今日で仕事納めですが、年末待機仕事があるのでこの週末は長野暮らし。

*

へむ2「なんで、代わりにボンと嫁がこっちに来ております。で、ボン、さっきからポケムーバ−をやっとるのですが・・・ふむ? なんか、エラーが全然出ませんなあ」
ぴーす「そうですねぇ。最初、ムーバ−をダウンロードするまでは何度か出ましたけれど、その後は、はいー」
へむ2「よーやく、配信停止の影響が出たカニかねー」
まるち「そうですね(^^) おそらくは、はい〜」
あずさ「停止で新しい人が増えない、前に落とした人も落とし終わった。そんな感じなんでしょうね、きっと」
へむ2「ふむ。では今のうちに俺も、移せるだけは移してしまうといたしましょう。まあ、ムーバ−、『ボックス1をバンクの転送ボックスに転送する』事しか出来ないアレげな仕様ですので? 転送に時間かかるから、全部はさすがに無理でしょうけどねー」

* なんせこー、『BW入れてムーバ−起動→転送後XYに入れ替えてバンク起動→転送ボックス空けた後BWに再び入れ替えてBWでボックス整理→ムーバ−』つーサイクルが必要ですからな。<ボックス一つ転送するのに>せめて、BW側でどのボックス転送するか自由に選べる様にしてくれりゃあ、一手間省けますのにねぇ(^^;

-

* とか考えつつ。夜ばたんきゅーの、朝。待機仕事が既に入ってるので、ほいじゃれっつらごー。


ムーバ−転送一通り。

* 土曜日。お仕事済ませて、夜はぽーけばーんくー

*

へむ2「で、とりあえず俺の方の転送は済ませたんですがね。んー」
あずさ「結構、転送出来ないポケモンがあったわね。これってやっぱり?」
へむ2「そうね。改造・・・の、可能性がそれなりにあるとは思いますが。思いますが、でも世の中見てみますと『正規物なのに通らねぇ!』とか。そういう声があふれてたりしますでなあ」
カニ子「カニねー。なーんか、配布ポケモンが送れないとか、よく見るカニー」
ぴーす「ええと。IDが自分のものでないと送れない、とか、そういう情報もー」
へむ2「んー(かちかち) いや、送れたもんの中にゃあ別の人のID持ったポケモンも混じってっから、自分の以外アウトって事は無かろうよ。ただ、送れなかったメロエッタとか、親の名前が『えいがかん』だったりするんでなあ。この辺は、さすがに改造では無いんでなかろーか」
まるち「はぁ(^^; そうですね。ええと、それは、はい。映画の時に配布された、ポケモンさんではないかと〜」
へむ2「うん、そう思える。ま、いずれにしても送れないもんはしょーがござんせん。所詮は中古で買ったカートリッジ、中のポケモンに思い入れがある訳でなし。将来的にアップデートで送れる様になれば良し、ならなくてもまあ、それはそれでっつー事で」

* でも、中にはずっと育ててきたポケモンが送れなくてがっかりしてる人もいるでしょーし。もしホントに正規のもん弾いてるんでしたら、とっとと何とかしてあげて欲しい所でありますな。

-

* にゅ。

* とか考えつつ。だばこれまでの、また明日。

* ぐぅ。


転送完了BW。

* 日曜。ボンの方のポケムーバ−も、無事にBWからXYへ転送かんりょー。

*

へむ2「まあ、やっぱり転送出来ないポケモンはいますけんど」
カニ子「しょーがないカニねー。にしても、エラー無しだとら意外とあっさりだったカニね。転送」
へむ2「うん、メンドくさいはメンドくさいけど、最初ほどの苦労はありませんでしたな。最初からこのサーバ状況であれば、世間の文句もさほど多くなかったろうになあ」
あずさ「なんで最初から、このくらい頑張っとかなかったのかしらね(−−」
へむ2「甘く見てたんだろうな。さて、で、です。とりあえず転送が済んだので育成に戻りたい所ですが・・・何作りましょうかね?」
ぴーす「はぁ。え、と。何か、お作りになりたいポケモンさんは?」
へむ2「今んトコあんまりいないのよなあ。とりあえずさりげに高Vメタモンは手に入れてるんで、性別不明グループからフリージオは作るかね、なんですけど・・・現状、竜王戦ぱーちーのメンツ入れ替えに使えるか、つーと厳しい物があってですな」
まるち「はぁ(^^; えっと、確かに、はい〜。もう、大分決まっておりますものね」
へむ2「作り替えるとしたら、軸になってるドラゴンをガブから別のに変えるかなあ、くらい? でもそれもなー。結局なんのかんのでガブ安定、ではあるからなあ。うーん」

* 悩みつつ。夜ばたんきゅーの朝以下略。さてさて、ホントどーしましょかねぇ。


年末まったり育成中。

* げつよ。ボンと嫁は一足お先に東京帰還。

*

へむ2「俺はもー一日、待機仕事。まあ、言うてもかなり平和な待機なんで気楽ではありますが」
まるち「そうですね(^^) 土曜日のお仕事が済まれてからは、特に何もございませんでしたし〜」
へむ2「ま、平和なのは良い事です。では、家の事はまかせました」
ぴーす「はいー。それでは、お先に失礼いたしますー」
あずさ「ん。じゃあ私たちも行くわよ」
カニ子「・・・うう。毎年恒例、年末年始の奉公カニねぇ」
あずさ「大晦日と三が日だけなんだから大した事無いでしょ(−− 年がら年中ダラけてるだけなんだから、たまには働きなさい」
カニ子「とほほー。カニー。じゃ、行ってくるカニー」
へむ2「いってら。帰りは四日よね?」
あずさ「の、予定。多分かえでとはつねも一緒に来るけど」
へむ2「ほいほい。んじゃ、良いお年をー」

* で、朝にボンと嫁を見送った後はのんびりと。とりあえず以前にやりかけて、ちょいと放置中だったラッキーの育成なぞをしつつ。

*

へむ2「ボーマンダ、はどうだろう?」
まるち「はぁ(^^; ええと、竜王戦、ですか?」
へむ2「うん。ガブを抜いてマンダ。マンダは特性が『いかく』なんで相手の物理攻撃力を下げる事が出来っから、それでガブの攻撃耐えて返り討ち・・・あ、アカンわ。計算してみたら、それでも一撃死の可能性が高ぇ」
まるち「はわ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「うん。んー・・・HPに基礎ポイント最大まで振って、それでなんとか一発耐えれるレベル? あかんなー、ダブルバトルじゃけ、相方が『てだすけ』使ってくるとか、普通に攻撃技集中されるとか。それだけで落ちちまやぁ。うーん」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はい。困りましたね」
へむ2「よーするに、ガブより遅いのが問題なんだよなみんな。かと言ってガブより速い竜なぞオンバーンくらいしかいねぇし。うーん・・・」

* 悩みつつ、育成しつつ。だばこれまでの、また明日。

* ぐぅ。


にーまるいちさん今年も終わり。

* かよー。東京戻って、そのまま嫁の実家れっつらゴー。

*

へむ2「でまあ、このまま年越しな訳です。今年も、いよいよおしまいですなー」
まるち「そうですね(^^) 今年も、お世話になりました〜。来年も、よろしくお願いいたします〜」
へむ2「いえいえ、こちらこそ。で、ですな。まあ今年も終わる訳ですけど、終わる前にポケモンBW、全種揃って無改造ー、とか、XYに転送可能ー、とかウタってるのをもう、オクで買っちゃおうかと」
まるち「はわ?(^^; はぁ、あの、また、お買いに?」
へむ2「うん。いやね、ケルディオとかメロエッタとか、転送出来んかったやん? で、転送出来んかったもんは適当に伝説でも放出して、GTSで手に入れりゃいいやー、って思ってたんですが。どうもね、GTSじゃ手に入らんらしいのよ、その辺」
まるち「はわわ(^^; あ、そ、そうなんですか?」
へむ2「うん。どーもね、『配布されたポケモン』はGTSやミラクルに出せないフラグがくっついてるんだそうで。ほら、前にポケモンセンターで貰ったマーイーカも、GTSには出せませんて注釈ついてたやん?」
まるち「あ(^^; た、確かに〜」
へむ2「だもんで、配布オンリーの幻ポケモンは手に入れる方法が無いっぽいのよねー。再配布されるのを待つか、あるいはポケセンとかで赤の他人に話しかけて交換を頼むか、つーのを考えてたら、すごいメンドくさくなった。馬鹿野郎、俺に対人コミュニケーション求めるんじゃねぇ、的な」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「なんで、もう金の力でそこらの懸念は解決だ。この辺のオクに出てるのは改造じゃ無いにしてもデータコピー品ではあろうから・・・つーか、『XYに転送出来るの確認済み』つー時点でコピー確定だわな。なんで倫理的にどうかっつーんはあるんじゃけど、見知らぬ他人とのコミュを強いられるより百億倍マシだ。どうせ、対戦にゃ使わねぇから誰に迷惑かける訳で無いしな」
まるち「はぁ(^^; お使いには、なられないんですか?」
へむ2「俺、正直言うて『自分でタマゴから孵したポケモン』以外にはあんまし興味ない。ボンはまあ、辻対戦で伝説パーティくらいは使って遊ぶじゃろけど、どうせそん時ゃ相手も子供で伝説パーティだ。勝っても負けてもほほえましいもんじゃけ、えーじゃろ。別に」

* つ事で、ぽちっとな。<落札>よし、これで年明けからは、気分すっきり孵化厳選に集中出来るとゆー物です。そーですな、次は本気で、鋼統一パーティでも作ってみますかねー。

*

へむ2「先日作ったナットレイ。メガ枠にボスゴドラ。地面無効のエアームド。炎に強いぞエンペルト。このままだとまだ物理に偏りすぎなので、特殊アタッカーとしてジバコイル。これで五体か」
まるち「ですね(^^) 後、ポケモンさん、お一人です〜」
へむ2「ふぅむ。と、なると・・・んー。サポート専門クレッフィ。立ち回り重要ギルガルド。600族だぞメタグロス。鋼最速アイアント。この辺が候補になるか思うけど、さて。どーすっかねぇ」

* ま、とりあえずまずは全部作ってみましょーか。だば、各ポケモンの技構成なぞを考えつつ。今年もこれまで、また来年。

* ぐー。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]