まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



今までだって何とかなってきたじゃないですか。
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


空気と鉄と郵便と。

* 朝。

* えー。まあ、まずはとりあえず。

*

へむ2「寝室のですな。エアコンが壊れたのですよ」
まるち「は、はわ?(^^; え、あ、あの、エアコンさんが、ですか?」
へむ2「うん。や、昨日の晩から室外機がやけに異音を発するなー、と思ってたのですが。朝起きたらきっぱり止まってて、エラーランプが点滅してる。とゆー状況に」
まるち「は、はわわわわわわ(^^;」
猪名川「あららー。そらまた何つーか、ご愁傷様。やなぁ」
へむ2「うむ。で、そのエラーランプが点滅してる時は速攻販売店に連絡入れろやー、と、説明書にございましたので。さくっとメールは投げといたんですが、さて。いつ頃修理が来るかなあ」
あずさ「・・・まあ、少なくとも今日は来ないわよねぇ。多分」
へむ2「来ないね、絶対。販売店の修理依頼ページには『翌日以降』とあったので」
まるち「はぁ(^^; それでは、あの、今日は確かに、はい〜。えっと、あの。ですけれど、そういたしますと、あの、今晩は〜」
へむ2「うん。寝室にはエアコン以外に暖房が無いですし、一応家ん中総ざらいすれば移動可能な暖房としてはちっちゃなハロゲンヒーターがあるものの」
ぴーす「はぁ。ですけれど、それは、あのー。お坊ちゃまのいるお部屋でお使いになられるのはー」
へむ2「うん。ボンが火傷する可能性があるんで豪却下であるあるあるある。て事でとりあえず、出てけ。そして部屋を空けろ、猪名川にカニ子。ボン、そっちで寝かすから」
猪名川「何ぃっ!? つってもまあ、しゃーないか。そないな事情やったらなあ」
カニ子「えー。でも私、出てって行く場所、無いカニよ?」
へむ2「そんな事は知ったこっちゃねぇ、と言いたい所じゃけど・・・猪名川?」
猪名川「あー、はいはい。ま、同室のよしみや。うちが面倒みたる、一緒に」
へむ2「うむ、よろしく。つー訳で、夕方までに荷物をまとめるが良いぞ白血球」
カニ子「・・・う〜〜〜。しょうがないカニねぇ、もう。漫画とか、借りてっていいカニ?」
へむ2「おう、空きなだけ持ってけ持ってけ。ただし、そのまま古本屋に売ったりするなよ?」
カニ子「しないカニよっ!? 一体私の事、どんな目で見てるカニ!!」
へむ2「どん欲な白血球、という目ですが、何か」
カニ子「そ、それは確かにそうだけど・・・ち、違うカニよーーーっ!!」
あずさ「はいはい、いつまでもカニ子からかって遊んでないの(−− それより、今日はお出かけするんでしょ」
へむ2「おっと、そうでした。君らも出てくんはお出かけ済んでからでいいからね?」
猪名川「へいへい。ま、とりあえず準備しよかー」

* ちなみに結論から言うと、『早くて5日』でごぜました。<販売店からの返事>えーい、この寒空の下、暖房器具の故障を速攻直しに来れんとは。まったく役に立たねぇなあ、HITACHIってばよう(^^;

-

* 昼。

* で、まあそれはともかく。今日はせっかくの『平日お休み』なので、休日だったら行けなさそうな所に行く事に。具体的には、大宮の鉄道博物館なんですが。

*

へむ2「ま、どう考えても休日はねー。人が多いの確定ですから・・・て。ナニこの人の群れ
猪名川「おわ。いきなり行列かいな」
まるち「は、はわわわわ(^^; えっと、あの、はい〜。あの、正面の食堂さんは、はい。ちょっと、すごいですね」
あずさ「あー(−− まあ、食事時だしねぇ」
へむ2「いや、でも今日は金曜日ですよ? 平日なんですよ?」
ぴーす「は、はいー。ですけど・・・あの。展示の方は、はい。一応、それなりですかとー」
へむ2「いや、そっちはそうかしれんけどなあ・・・うーむ。どうなっとるんだ、世の中一体」

* いやホントにな(笑)<どうなってるのか>まあ、察するに? 世の鉄っちゃんなおとーさん方が、子供を口実にやってきてるのだと思うのですが。に、しても金曜日ですよ金曜日。なんで金曜日なのに、こんなに休みの人が多いのかー(^^;

*

へむ2「まあしかし。確かに楽しい空間ではある、ここ。展示車両もむっさ多いしな」
ぴーす「はいー。お坊ちゃまも、はい。喜んでおられましたしー」
猪名川「シミュレーション系もかなりの数、置いとるしなあ。まあ、うちらは今回、そっちには手ぇ出さんかった訳やけど」
あずさ「人、多かったからね(−− 何、普通の山の手線でいきなり30分待ちって」
カニ子「もう少し、何とかして欲しかったカニー。て言うか、私やりたかったカニよー」
へむ2「そうじゃのう。まあ・・・うちの場合、ボンがまだその辺理解出来る年じゃねぇからな。まだ、どーでもいいっちゃどうでもいい話、なんじゃけど・・・でも、うん。何とかして欲しい所じゃね。ボンが大きくなるまでには」

* つ事で。やー、まあ、将来的にはもー少し、人も減るんでしょうけどねぇ。でもアレかなー。大宮はうちから行くのも遠かったりしますし、しばらくの間は東武博物館にでも通うかなー。ここなら、かなり近いですしねぇ。

-

* 夕方。

* 帰宅。でもってボンの世話をぱたぱたしつつ。

*

へむ2「あー。α900(仮称)α350α200の記事が出てますなあ」
猪名川「ほぉ。本気で今年は『α頑張る』な年になりそやな、っと。ん、ほな準備出来たし、うちら行くなー」
へむ2「あいあい。すまんのう、ホントに」
猪名川「ま、しゃーないわな。ほな、また来週ー・・・て、来週中には直るやろ? さすがに」
へむ2「多分な。じゃ、カニ子も。あまし猪名川に迷惑かけん様にナー」
カニ子「はーい、カニ」
まるち「あの、本当に申し訳ありません〜(^^; どうぞ、あの、お気を付けて〜」
猪名川「あー、まあ、気にすなて。ほななー」
へむ2「うーい。にしてもホント。頑張ってるなあ、Sony。今年は色々、巻き返しがなるかしらん?」

* あ、後おまけ。俺の知らん内に(ぉぃ D80のファームがあぷでとされてたんで、そっちもさっくりインストール、と。現状で困ってる訳でも無いんですが、やっぱこゆのは出たらさっくり入れときませんとにゃ。

-

* 夜。

* さてさて。とりあえずボンを寝かしつけた所で、前の家行って鯖交換、っと。特にトラブルも無く完了して、これでうち鯖、久しぶりに完全復活ー。

*

へむ2「そしてPostfixは普通に動く事が判明。つまり、ここにあるこの一台だけでのみ、動かない」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はぁ」
ぴーす「・・・おかしいですねぇ。なんでなんでしょうか?」
へむ2「うむ、何でなんだろうね? ちなみにコンパイルされたファイルをコンペアしてみたんですが、両者は完全に一致。動く方も動かない方も、まったく差が無い訳やね」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「何なの(−− それはホントに、一体」
へむ2「分かんねぇ。けど、一致する以上コンパイルエラーとかじゃあ絶対無くて。つーか、原因はPostfixの中じゃなくて外にあるっつー事なんだと思うんですが・・・何なんだろうなあ。一体」

* 謎。つー訳であーだこーだ。原因がなんなのか、色々々々試したあげく。

*

へむ2「うぎゃあ。なんか知らんが、今いらってる鯖とは関係ない、メインのプライベート鯖が吹っ飛んだーは、はわわわわっ!?」
あずさ「・・・・・・(−− 何なの。ホントに、一体」
へむ2「さあ。感覚的には熱暴走・・・でも、そこまで熱持ってないしなあ。何とも言いがたい」
まるち「は、はぁ(^^; あの、えっと。それで、あの、だ、大丈夫なんでしょうか? あの、サーバーさん」
へむ2「いやま、大丈夫は多分大丈夫なんじゃけどんどさぁ。でも・・・何つーか、俺が気力が萎えた。とても」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「・・・えっと。それは、はいー。あの、お気持ちは分かりますー」
あずさ「て言うか(−− 萎えたんならちょうどいいから、寝なさい。もう遅いんだし」
へむ2「うん、そうしようと俺も思う。思うんじゃけど、でも一応プライベート鯖の復帰まではやっとかんとな。これがよみがえってくれん事にはうち、外に繋げる事さえ出来んでなあ」

* だうー。あーうー、まあそんな訳で。復旧させた所で、今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


柔らか筆と見た目のカンケイ。

* 土曜日お休み近所の散歩。ところでおにーちゃん、実は『赤ちゃん筆』を作ろうと、半年ほど前からちょこちょこ床屋に行ってはボンの髪の量チェックをしてもらってたのですが。

*

へむ2「本日よーやくOKが出まして、無事に作れる事になりましたー。あ、『赤ちゃん筆』自体についての解説は、ぴーすよろしく」
ぴーす「あ、はい。赤ちゃん筆・・・胎毛筆、とも言いますけど、は、言葉通り。一度もカットをした事の無い、赤ちゃんの髪の毛を使って作った筆の事ですー」
あずさ「ハサミを入れてない、自然の状態の髪の毛先の柔らかさを生かして、って話よね。まあ、ホントに筆として使う人は少ないみたいだけど」
まるち「はい〜(^^) あの、基本的には、記念品ですかと〜」
へむ2「うむ、ぴーすのみならず皆様解説ありがとう。でまあ、ボンはちょっと髪の毛少なめだったので? 床屋さんで取ってもらった後は、随分と髪の毛短くなっちゃった訳なのですが・・・何つーか。結果、随分と男の子ー、な顔になったねぇ。ボン」
まるち「あ、はい〜(^^) とても、はい。お元気そうに見えますし〜」
へむ2「て言うか。元気が過ぎて、むしろ『いたずらっ子』の顔に見えると思う。私は(−−」
へむ2「ああ、それは多分正しい。うん、確かにいたずらっ子顔だ、ボン。もっとも顔だけでなく、実際にいたずらっ子なんじゃけど」
ぴーす「はぅ。い、いえ、それは、あのー。お坊ちゃまは、ちょっと、好奇心が旺盛なだけではないかとー」
あずさ「・・・いや。好奇心が旺盛なのも、そりゃまあ事実だけど」
へむ2「でもいたずらっ子なのも事実だと思うぞ。ま、そやって成長してるんじゃから、いいんじゃけどさー」

* つ事で。ちなみに筆の完成には一月二月かかる、つー事なんで、まあ春くらい。大層柔らかい筆に仕上がる、と話には聞いているのですが、さて。実際にどんな感じになるのか、楽しみでございますナー。

-

* にゅ。

* であここまで。今日はドタバタしつつも、平和な一日ではありました。まる。


今年の恵方は南南東in2008。

* 日曜日。おや、今日は雪ですな。

*

まるち「はわ〜(^^; あの、はい。こちらでは珍しいくらいに、随分と〜」
ぴーす「去年は暖冬でしたし、ここまで積もるのは・・・久しぶり、ですねぇ」
あずさ「ま、そうは言っても数センチ、だけどね。こんなの、大した事無いハズなのに」
へむ2「うむ、北国の人感覚ではそーでしょうな。でも東京だと、これで電車とか遅れまくるんだぜ。きっと」
あずさ「で、しょうねぇ(−− もう、軟弱な」
まるち「はわわわわ(^^; いえ、あの、でも、それは〜」
へむ2「ま、基本的な雪対策の度合いが違いますからなあ。と、まあでもそれはさておいて。買い物、行きますかね」
ぴーす「あ、はいー」
へむ2「ホントはねー。こーゆー天気の時にゃあ家に引きこもっときたい所なんですが。でもま、しゃーないですやねー」

* とりあえず、恵方巻きだけは最低買っとかなきゃなんないですし。<買い物>後、ベビーフードなんかもストック減ってるから出来れば買い足しときたいですし。

*

へむ2「つー訳で、やっぱ普段通り錦糸町まで行って帰ってきた訳ですが。一つ、嫌な事実が判明しました! 判明しましたよ!!」
ぴーす「はいー。あの、お坊ちゃまは、今日は長靴でお出かけだったんですけど」
あずさ「・・・脱げまくったわねぇ。長靴(−−」
へむ2「うむ。まさかあそこまで脱げるとは思わなかった、ってゆーか。いや、本人が歩いてる間は脱げないんじゃけどさー」
まるち「はい〜(^^; ですけど、あの、抱っこの時ですとか、ベビーカートにお乗せした時ですとか〜」
へむ2「そう、『足が宙に浮いた時』に落ちるのですな。これがもー、すぽすぽすぽすぽすぽすぽと」
まるち「はい〜(^^;;;」
あずさ「まあ、ほかの靴と違って、どこも締まってないからねぇ(−− しょうがないは、しょうがないんだけど」
へむ2「でも、もーちょいどーにかなってもいいと思うんだー。履かせ直す端から、ぽいぽいぽいぽい落ちるんだもんなあ・・・」

* まあ、サイズが合ってないのも一因かと思うので。<長靴落ち>ちょっと大きめの長靴も買ってはきているのですが、さて。これで解決・・・しますかねぇ? うーん。

-

* にゅ。

* とか悩みつつ。まあでもそれはさておいて、今日は節分ですので。

*

へむ2「・・・・・・(もぐもぐ)」
あずさ「・・・・・・(むぐむぐ)」
ぴーす「・・・・・・」
まるち「・・・・・・(^^;」
へむ2「・・・・・・(もぐもぐもぐ)」
あずさ「・・・・・・(むぐむぐむぐむぐ)」
ぴーす「・・・・・・」
まるち「・・・・・・(^^;;;」
へむ2「・・・ぷぅ。ごちそーさま」
あずさ「ん、ごちそうさま(−− ところで、毎年の事だけど。別にいいのよ? アンタ達は黙らなくても」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい〜。ですけど、やはり〜」
ぴーす「その、雰囲気的に・・・どうしても」
へむ2「はっはっは、みんなで同じ方向向いて押し黙って巻きずしを食う、とゆーある意味異様な光景ですからな。気持ちは分かりますけどねー、と。それはそうと、お茶ちょーだい」
まるち「あ、はい〜(^^;」
あずさ「異様とか言うな(−− アンタがやりたい、って言うから、わざわざ付き合ってあげてるのに」
へむ2「だって俺的には子供ん頃からやってる節分の行事なんですもの。続けたいじゃん、伝統は」
あずさ「豆はまかなかったくせに(−−」
へむ2「すみません、それは単純に買い忘れました。後まあ、一応理屈付けとして、『まいた豆をボンが拾って食べて誤嚥したら嫌じゃん』とゆーもの、アリ」
ぴーす「そうですねぇ。ちょうど、はい。危険なサイズですし」
へむ2「ので、ボンがもーちょい大きくなるまでは豆まきは無しだ、この際。なのでその代わり、という意味でも、恵方巻きは毎年続けていきたいと思う」
あずさ「はいはい(−− まあそりゃ、いいけど。別に」

* あい。では伝統も守った所で、今日はここまでお休みなさい。

*

へむ2「・・・と。いや思い出した、寝る前に一つ。一昨日の鉄道博物館で撮った写真、一応こちらに置いときますね。あんまし数が無い上に、特に面白くも無い写真ばっかですが」
まるち「は、はわわ?(^^;」
ぴーす「はぁ。あの、はい。数が少ないのは、あの、基本的にお坊ちゃまばかりお撮りになられている訳ですからー」
あずさ「子供が写ってないのが少ない、のはしょうがないでしょ。面白い面白くないの方はどうだか知らないけど(−−」
へむ2「やー。改めてこうして見てみると、『もう少しなんとかなったんじゃないか』的気分がひしひしと。まあ、ボンの動向気に掛けながらちゃっちゃか撮りなんで? しょうがない面もあるんですが・・・でも、もーちょい、なぁ?」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「て事で、『もう少し頑張りましょう』判子をぺたん。来週はお泊まりお出かけじゃし、久々にD300も出す予定じゃし。ちょーっくら、気合いを入れときますべぇよー」

* では改めて。

* お休みなさい。ぐぅ。


つくば沿線ぶらり旅。

* 朝。

* ごー。

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* 早い時間の帰り道。移動のお供は先週から引き続きで、『狐罠』。んー・・・まあ、いちおーちゃんと仕掛けもあるにはあるのです、が。

*

へむ2「ぶっちゃけると、真ん中イラネ。最初と最後だけでいいや、つーんが俺感想」
まるち「は、はわ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「何ちうか。や、まあ、この作者さんのは大抵そーなんですけど、どーもウェッティに過ぎるとか。後、今回は微妙に内容が社会派だとか、そんな感じで。あ、でも、途中で出てくる刑事達はいい感じかなー。特に年とった方」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・ふぅ(−− まあ、いつもの事だから今更何も言わないけど。相変わらず偏ってるって言うか何て言うか、もう」

* で。今日は途中でちょっと寄り道、ぶらり旅。つくばエクスプレス沿線で、どっか子連れで行ける良い場所は無いかにゃー、とゆー。

*

へむ2「条件としては、子供を遊ばせる所がある。赤ちゃんグッズを売ってる。駅から近い。。の、三点なのですが」
あずさ「簡単に言うけど、難しいと思うわよ(−− それ」
まるち「そうですね(^^; あの、ご近所でその条件を満たす所は、錦糸町さんしかございませんし〜」
へむ2「うむ。次点で船橋、三位が亀有。後、一応西新井。と、そんな感じなのよなー。しかも次点以降は、全部どれかの条件満たせて無いし」
まるち「はい〜(^^;;;」
あずさ「室内型の遊戯場がねぇ。やっぱり、一番問題なのよね。どこ行くにしても」
へむ2「ですよねぇ。や、それは分かってるのですが、でももう少しレパートリーを増やしときたいのですよ、ってぇ事で。まずは、柏の葉キャンパスに行きますよー」

* えー。ここにはららぽーとがあって。しかも駅から徒歩一分と、大変便利。しかも遊キッズ愛ランドもあったりするのですな。一応。

*

へむ2「・・・そう。あくまでも一応、なのよなあ」
あずさ「・・・よねぇ。あるにはあるんだけど、ちょっと小さいって言うか。小さすぎるって言うか」
まるち「そうですね(^^; あの、錦糸町にある遊キッズ愛ランドさんの、半分くらいしかございませんし〜」
へむ2「むー。しかも赤ちゃんグッズ売ってる店は無し、か。ダメ・・・だよなあ。これじゃあ」
あずさ「ダメね(−− ここ行くくらいなら、素直に錦糸町なり船橋なり行った方がいいと思うわよ」
へむ2「うじゅう。しゃーねぇなあ、もう」

* ちう訳で、次は三郷中央に。ここにはエムズタウンつーのがあって、その中に西松屋が入ってますよ、と。

*

へむ2「つまり赤ちゃんグッズを買う事は出来る。駅前なんで、距離も近い。でも、遊ばせる所が無いネ、と」
まるち「はい〜(^^; あの、やはりこちらは、普通の商店街さんなんですね」
あずさ「・・・・・・(−− やっぱり。難しいのよ、その三つの条件満たすのって」
へむ2「とほほー。そしてこれにて手駒尽き。いや、一応後、つくばLALAガーデンがあるのは知ってるんだけどさあ」
あずさ「遠いでしょ(−− あそこは、駅から」
へむ2「うむ。それにそもそも、つくばまで行くの自体が結構大変なんでなあ。やはし、素直に錦糸町なり船橋なり、しか無いのかなあ・・・」

* しょぼん。世の中、うまくいかない物ですはー。

-

* 夜。

* しょんぼりしつつ、工作ふにふに。ちょっとボンの食事用椅子に手を入れるザマスよ。

*

へむ2「なんかね。食事の時は、ちゃんと地面に足が着いてる方がいいらしいんだ。足がぶらぶらしてると、姿勢が安定しなくて良くないんだそーで」
あずさ「て、本に書いてあったわね。ホントかどうか知らないけど」
ぴーす「えと。ですけど、確かに、はい。今の状態ですとお坊ちゃま、前かがみになられた時にすぐずり落ちて、お立ちになってしまわれますしー。足が着いていれば、そこは多少改善されますかとー」
へむ2「うん、そう思うので、色々パーツ買ってきた訳やね。これで足下にもう一段作ってやりゃあ、なんとかなるんじゃないかなー、と」

* つ事で金属プレートに保護クッション被せて、それを足下でネジ止めネジ止め。ホントーはもっとしっかり、幅のある板を据え付けてあげた方がいいんでしょうけど・・・あんまり出っ張ると、今後は本人が自分で上り下り出来無くなっちゃいますしねぇ。

*

へむ2「ま、これくらいひっそりな方がいいんじゃないかと思うんだ。それに土踏まずさえ乗ってれば、多分なんとかなるだろよ」
まるち「はい〜(^^) これだけでも、随分違うと思います〜」
あずさ「位置は・・・こんな物? もっと低くてもいいんじゃない?」
へむ2「いや、こんなもんだと思うよ? 思うけどまあ、高さはナットとワッシャーでいくらでも調整効くよに作ってあるんで、ダメだったらまた調整。つー訳で明日以降、その辺のチェックよろしくー」
ぴーす「あ、はいー。ちゃんと、はい。見ておきますー」
へむ2「よろー。さて、と。じゃあぼちぼち、寝ますかねー」
まるち「そうですね(^^) 明日も、お早いですし〜」
ぴーす「はいー。どうぞ、ごゆっくりお休みくださいませー」
へむ2「あいあい。まあもっとも、本気でぐっすり眠るだけの時間は既に無かったりするんですけどね?」
まるち「は、はわ(^^; それは、あの、ですけど〜」
あずさ「時間が無い、って分かってるんだったら余計に早く寝なさいよ(−− ぐたぐた言ってる間に、さらに時間が無くなっていくんだから」
へむ2「あーい。ほいであであ、おっやすみー」

* ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2008/02/05 : (コメントが4件あるにゅ)

お試し80ドライバー。

* 朝。

* お出かけゴー。移動のお供は歌野晶午で『ガラス張りの誘拐』。嫌な事があるとサウナに逃げ込む刑事が云々、とゆーのが背表紙のあらすじなのですが、実際の作中ではサウナに関係無く閃きを得ているあたりがどーにもこー(笑)

*

へむ2「普通。こーゆーんだったらサウナん中で考えて閃くもんじゃないのか。推理小説の定番として」
まるち「はぁ(^^; そ、そういう物なんですか?」
へむ2「そういう物です。てっか、後半になるとサウナそのものさえ出てこねぇぜ! とゆー感じでこれがまた」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「まあ、何だかよく分からないけど(−− わざと定番を外す、とかもテクニックなんじゃないの? 小説の」
へむ2「それは確かに。でもこの場合、突っ込むべきはあくまで背表紙の『あらすじ』。つまり、も少し書き方考えるべきじゃないのか編集者ー、とゆー事ですにゃー」

* まあ作品内容的には、それなりに仕掛けが施されててそこそこ。とは言え、いっとう最初の事件が一番出来良くて後はあんまし、でございましたなー。

-

* 昼。

* お仕事る。でもまあ、それはさておいて。

*

へむ2「実は、うちの職場のほーでですな。『デジ一眼が欲しいなあ』とゆー話がございまして」
まるち「はい〜(^^) あの、お仕事の方に、お使いになられるんですよね」
へむ2「うん。まあ、本来そーゆーのは資材に請求出して強奪してくるのが筋な訳ですが。いかんせん、緊縮財政なこの世の中ですからネ?」
へむ2「はい〜(^^;;;」
あずさ「で。つまる所、アンタのD80を持ち出す事にした、と。売るの? 貸すの?」
へむ2「とりあえずは、『貸す』。いや、向こうだってそりゃ、試用期間は置きたいだろ。どう転ぶにしろ」
まるち「そうですね(^^; それは、はい〜」
へむ2「だから、とりあえず『一ヶ月』だ。その後どうなるかは・・・んー。どうなるかなあ。いっとう可能性が高いのが、『そのまま無償で無期限貸与』なんですが」
あずさ「・・・えー(−− それはアンタ、欲が無さ過ぎない? さすがに」
へむ2「まあねぇ。でも、俺の中には『医療機関で使われるカメラは幸せもんやね』いうんがあって。だってさ、このまま置いときゃ、多分この先10年は使い続けてもらえるのよ? それってある意味、機械の本懐やん?」
あずさ「・・・機械の本懐、ねぇ(−−」
へむ2「なぁ? まるちになら、分かるよネ?」
まるち「はわ?(^^; あ、はい〜。あの、はい。ずっと人間の皆様のお役に立てるのでしたら、はい〜」
へむ2「ほら、ね?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。まるちはそういう子だから、そうなんだろうけど。でも普通の機械はアンタ、心なんて無いわよ?」
へむ2「はっはっは、付喪神の数多く住まうヒノモト国の住人とは思えんセリフですナー。ま、ただねー。あんまその辺ルーズにしてると、逆に良くないんじゃないかっつー気もせんでは無し。ある程度金でドライに割り切った方が、職場的には気が楽なんじゃないか、とも思うのですが・・・うーん」

* ま、いいや。とりあえずその辺の話は、一ヶ月後まで投げー。向こうの都合もある事ですから? 今あーだこーだ考えて、どーなるもんじゃあございせんし、ね。

-

* 夕方。

* 今日はお仕事オイソガ氏。なんでまだまだ、働くですよー。

-

-

* 夜。

* 帰室。で、実は先日来、キッチンと部屋の間のドアの蝶番が壊れてたりしますので。

*

へむ2「今日はそれの修理をしようと思う。必要なパーツも、ネットオークションで落としてきましたので」
まるち「はい〜(^^; あの、こちらの扉が閉まりませんと、やはり不便ですし〜」
あずさ「ホントはそういうの、大家さんに頼むべきだと思うんだけどね」
へむ2「面倒じゃん。こんなもん自分で直せば一瞬で終わるのに、何もわざわざ人の手ぇわずらわさんでも」
あずさ「ま、それも確かにそうなんだけど(−− でも一応、そういう修繕って大家さんの業務な訳だし」
へむ2「はいはい、自力で手に負えん故障やったらそん時は素直に頼りますー。でもとりあえず今は、ドアを支えててくれなさい。ネジ外したら倒れてくんの、見えてるんで」
あずさ「ん。こうでいい?」
へむ2「おっけー。さて、そいじゃあ・・・(ばき)」
まるち「は、はわ?」
あずさ「・・・ばき?」
へむ2「・・・ばき。ばき? おお。ドライバーが壊れた
まるち「は、はわわっ!?
へむ2「いや。ドライバーの中心の金属部分、は無事なんじゃけど。それを囲ってるプラスチックの部分が割れた。ぱきーんと」
あずさ「・・・何、それ(−− て言うか、アンタ普段どんな手入れを」
へむ2「手入れなんかせんよ、こげな八本セットの安ドライバー。手入れなんかせん、のじゃけど・・・はぁ。まさか折れるたぁなあ。初めて見たぜ、俺(しげしげ)」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、はぁ。あの、ですけれど、そうなりますと、あの、交換の方は〜」
へむ2「ん? ああ、その辺はまだ他にプラスドライバーあるから、へーき。やー、でもしかし。壊れるもんなんだなあ・・・」

* ちょっとおにーさん、ビックリです。確かにネジも結構固かったのですが・・・ホントにまさかまさかで。うーん(^^;

*

へむ2「あー。ま、いいや。とりあえず交換も済んだし、寝ますか」
まるち「はい〜(^^; 今日は朝もお早かったですし、どうぞお早めに〜」
あずさ「だから早くないってば(−− 既に」
へむ2「忙しい中頑張ったのですからそれを評価していただきた・・・お?」
まるち「はわ?」
へむ2「あ、いや。家の方からメールが来てて。エアコンの修理にメーカーの人が来たけれど? 故障してるのは室外機で、でもベランダは狭いから作業が出来ません。広い所に引っ張り出すにしても一人じゃ無理。なんで人を連れて来週また来ます、と」
あずさ「え。来週なの?」
へむ2「うむ。今週は既に予定がいっぱいなんですと」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、残念ですね」
あずさ「て言うか・・・かなりキツいんじゃない? また一週間、下で寝るって言うのも」
へむ2「うん。なんかねー、ボンがねー。『ボクの寝床は上やねん。ここでは寝てやらーん』と思ってるフシがあってねー。最近寝かしつけがかなーり大変、ですからなあ」
まるち「はい〜(^^; 夜中に起き出される事も、増えましたし〜」
へむ2「うーん。ここはアレかなあ、素直に暖房器具買って寝場所を上に戻すべきなのかなあ。とりあえず、ホットカーペット系ならボンもやけどしないよね?」
あずさ「まあ、それは大丈夫なんじゃない? ただ、ホットカーペットでどこまで暖かくなるかは分かんないけど」
へむ2「そうね、それは確かに問題点。でも、とりあえずそーゆー内容で嫁に相談投げる、くらいの価値はあるんじゃないかしら?」
あずさ「ん。まあ相談だけならタダだしね。投げとけば? メール」
へむ2「うぃ。ではちょっくら返信書きまして(かちゃかkちゃ) あい、じゃあ寝るですお休みなさい」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ、ご主人様〜」

* ぐぅ。


意外な所に落とし穴・Postfix編。

* お仕事うにゃの、夕方ばたきゅー。

*

へむ2「そして夜復活、とゆーいつものパターンな訳ですが。んー、今日はこのまま徹夜かのう」
まるち「はぁ(^^; あの、ですけど、あまり無理をなさっては〜」
へむ2「いや。無理する気ぃも無いんじゃけど、でも十分寝たっちゃ寝たからなあ。仮に寝る気でいたとしても、多分実際に眠れるのは朝の4時以降よ?」
あずさ「そりゃ、起きたのがこの時間じゃねぇ(−− まあでも、なるべくなら寝なさい。完徹だと明日に響くでしょ」
へむ2「へーい。ただま、鯖いぢりの方もせんとアカンからねー。今日中に多少は目処立てとかんと、ですからにゃあ」

* とか言いつつ。でもどーにも気が乗らなくて、うだうだ。結果、『Postfixがうまく動かない問題』を追っている内に夜が明けちゃったりする訳で。

*

まるち「えっと(^^; あの、お早うございます〜」
あずさ「・・・・・・(−− 結局。徹夜したのね」
へむ2「やぁ、お早う。いやまあ、確かに徹夜はしたんじゃけど。でもおかげでPostfix問題についてはだいぶ絞り込めた。絞り込んだ結果、手が付けらんねぇ、になる可能性もまだ残っとるんがアレじゃけど」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ、そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。いやまあ、いざとなったら力業でなんとかなりそな気もしてるんじゃけどさー。ただ何にしても、ソース覗いては怪しいトコにチェック入れて再コンパイル、つー絞り込み方法なんで時間がかかってしょーがな・・・お?」
あずさ「何よ(−− 今度は」
へむ2「・・・えーと。いや、その何だ。状況としては『何故かportがlisten出来ん』、つー話であってやね。それを延々追ってたんじゃけど、ね?」
あずさ「だから、何(−−」
へむ2「いや。そのー。さらに言うと、『smtpつー文字列を25に変換出来無い』つートコまで、原因を絞りこんでてやね。うん、で、そこでふとおにーちゃん、気がついた訳よ。気がついて、チェックしてみた訳よ」
まるち「はぁ(^^; えっと、はい。何をでしょうか〜?」
あずさ「・・・それだけもったいぶる所見ると、かなりろくでもない話よね。多分(−−」
へむ2「せいかーい。いや、その。ぶっちゃけって言うと、何で/etc/servicesが無いのかしらー? っていう、ネ?」
まるち「は、はわわ?(^^; えと、はぁ。つまり、そのさーびすさんがおられませんと?」
へむ2「うん。serviceとportを結びつける設定ファイルなんで、これが無いとそりゃあ変換出来んわな、とゆー」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− つまり、アンタが超間抜け?」
へむ2「はっはっはっはっは。いや、でも、普通いじるファイルじゃ無いしさー。無くなると思わねぇじゃんってゆーか、無くなってるのがおかしいんだよ。無くなる訳無いのに」
あずさ「やかましい(−−メ 無くなる訳無いも何も、実際に無くなってたんでしょうが。つまり、アンタが消したんでしょ。自分で」
へむ2「・・・まあ、そういう事になるなあ。そういう事になるんじゃけど。あれー? でも、一体いつだー? 何をそうやって消す羽目になったんだろう、俺」

* いやもう世の中不思議不思議。つーか、PostfixもPostfixで変換出来ないんだったら素直にエラーメッセージを出して欲しいものです。そしたらこんなに手間かからなかったのに。ねぇ?(^^;

*

へむ2「あー。まあ・・・とにかく。朝飯でも食うかぁ」
まるち「はい〜(^^; すぐ、ご用意いたします〜」
へむ2「何だかなあ、もう。やさぐれっちゃうぞ、お兄ちゃん」
あずさ「自業自得って言葉を知りなさい(−− 全部が全部、アンタの責任でしょ」
へむ2「へーいへい。まあそーなんですけどねー。そうなんですけどさー。だーうー」

* そしてメールが復活したらしたで、溜まりに溜まったmrtgのエラーメールが飛んできてさらにぐんにょりする罠。そーいや、ちゃんと設定するの忘れてたっけなあ・・・(遠い目)

-

* と、ゆー所で。そいじゃここまで、また明日ー。

* ・・・ふぅ。


北方南部のさくさくチキン。

* お仕事うにゃの、晩ごは・・・おや。

*

へむ2「ほむ。なんか郵便受けに、モスのチラシが突っ込まれてますな」
あずさ「へぇ。北の方限定で、南部どりバーガー? そんなのやってたのねぇ」
へむ2「やってたんですなあ。よし、じゃあ今日の晩ご飯はこれにしますか」
あずさ「ん。いいわよ、別に。どんなのか試してみたいし」
へむ2「うーし。ではさっそく、れっつぅらごー」

* て事でさくっとお出かけ、モスバーガー。んー、なかなかに、クリスピー。

*

あずさ「味付けは・・・結構あっさり系ね」
へむ2「ですなあ。印象としては、『軽いおやつ』。晩飯にするにはやや物足りない印象ですな」
まるち「はぁ(^^; では、あの、帰ってからまた、何かお作りした方がよろしいでしょうか〜?」
へむ2「んー。ま、そうね。どーせこれから鯖いぢりでそれなりに遅くまで起きてんの確定な訳だし。てけとーな時間に、てけとーに軽いもん、よろー」
まるち「はい〜(^^) では、おうどんなどを〜」
へむ2「ん、よろ。さぁて、そいじゃ食うもん食ったし、帰りましょっかねー」

* と、まあ。ちょっと軽めではありましたが、なかなか美味しゅうございました。<南部どり>二月下旬まで、つー事ですので。もう一回くらい、行っときましょっかねー。

-

* にゅ。

* んで、鯖。だらだらふにふに、んー、やっぱどーにも気合いが入んない。

*

へむ2「ので。今週中に設定完了は不可能と見たネ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、そうですね。もう、今晩だけですから〜」
あずさ「まあ、別に構わないけど。どうせアンタが、来月の『マスクドシャンハイ』買えなくなるだけなんだし」
へむ2「や、それは大問題やっちゅーねん。まあ・・・いや。最悪鯖いぢり途中で切り上げてー、てやればノルマだきゃあクリア出来ると思うんだけどねー」
あずさ「いいのよ。別に無理しなくても(−−」
へむ2「すみませんあずささん地道に俺のやる気を削るのやめてくださいお願いですから。ま、ま、でもね。来週は今週ほど仕事忙しゅうないんで、もーちょい頑張れるんじゃないかなー。多分」

* あー。まあ、とりあえず今日はもう寝ます。お休みなさい。

* ぐぅ。


ネズミの国への下準備。

* 今日はお仕事特に無し。て事で昼ひこーきで帰還の、途中ふらっと秋葉原。ちなみに移動のお供は森博嗣『四季 秋』で、まあ何ですな。ぶっちゃけ一言で言うと。

*

へむ2「だから小娘は要らんとゆーに。いじょ」
まるち「はわ(^^; は、はぁ」
あずさ「・・・・・・(−− 相変わらずね。アンタは」
へむ2「おにーちゃん、博士と助教授だけで十分です。てゆっか今回はこのシリーズじゃけしゃーないんじゃけどさー。聞く所によると小娘、よそのシリーズにまでほいほいほいほい顔を出してるとか。出しゃばってんじゃねぇよ、もー」

* ぶちぶち。んで、秋葉でちまっとだけ買い物した後はとっとっと帰宅。明日からは、三連休でござますよー。

*

へむ2「まあ。三連休やからー、いうて特になんぞ大きなイベントがある訳じゃあ無いんですが。ちょっとうちの親が上京してきたり、ネズミーランドに泊まりがけで遊びに行ったりするくらい」
あずさ「十分大きなイベントだと思うけど(−− ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー。申し訳ありません、今、ちょっと、お坊ちゃまのお食事のお世話で、手が」
へむ2「あーいやいや、気にせんといてー。つっか、俺も手伝おう・・・と? おや、ボン。椅子の足台、しっかり役に立てとるっぽいねぇ」
ぴーす「あ、はいー、随分と良い様ですー。姿勢も安定しましたし、後、登り降りの時も、特には邪魔になっておられない様ですー」
へむ2「そかそか、それは良かった。ところでさぁ、ぐぐる先生だと『ネズミーランド』で公式が引っかかってこないんですが、やふだと引っかかってくるんですな。これが」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・あら。ホントね」
へむ2「ほい、ボン、あーん。この場合。どっちの仕様を『正しい』とするべきなんでしょうかね?」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、あの、はぁ。ど、どちらでしょうか〜?」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。どっちでもいいんじゃない? 引っかけてあげない方が双方幸せかとも思うけど、引っかかっても間違いじゃ無いんだし」
へむ2「ふむ。ま、そーね。どーでもいいか、別に」
あずさ「そうそう(−− 流しなさい流しなさい。に、しても・・・『ネズミーランド』で10万件以上引っかかってくるあたり。みんな、発想が一緒なのねぇ」
ぴーす「そうですねぇ。やはり、はい。母音が完全に同じになって、語呂が合いますから。そのせいですかとー」
へむ2「しかも本質を外してねぇ呼び方じゃからのう。あ、そうそう。それでそのネズミの国の観光ガイド、今日本屋で買ってきたよ(ごそごそ) ほい」
ぴーす「あ、はい。ありがとうございますー」
へむ2「ボン寝かしつけたら、中身チェックしてルートを検討してみましょやね。はーい、ボン、もう一口〜」

* つ事で。ドタバタやる事やってから、ガイドブックをぺらぺらと。ん〜〜・・・アレですかね。トゥーンタウンからファンタジーランド。その辺が主に『小さなお子様向き』ですかねー。

*

ぴーす「そうですねぇ。特にトゥーンタウンは、はい。自由に遊べる公園もございますし」
あずさ「ベビーセンターもあったりするし。そういう年代の子向け、って考えてるんでしょうね。向こうも」
へむ2「ふむ。では、とりあえずその辺目指してゴー、つー事で。具体的にどこをどういう順で回るかは・・・まあ、行ってから。混み具合見ながら、考えましょっかねー」

* まあでもとりあえず、うちのボンはプーさんが好きなので。プーさんのハニーハントにだけは絶対寄る事に、嫁との話し合いでけってー。ここにゃファストパスが設定されてるんで、それ使やあそんなに待たずに入れるでしょうし、ね。

-

* にゅ。

* さて。ほいじゃ方針も決まったので、今日はここまでお休みなさい。

*

へむ2「あー。でも寝る前に、一つ。ライアーで『マスクドシャンハイ』の追加CGボイスサンプルが来てますよこーんこーん。後、システムも改良されましたよこんこんこーん」
あずさ「・・・・・・(−− いや。まあそれはいいんだけど。何、その『こーん』は」
へむ2「うん、特に意味はありません。超何となく、ですな」
あずさ「・・・ああ、そう(−−」
へむ2「ん。じゃあ納得していただけた様なので、話戻しましょう。戦闘システムも大分改良された様で、良かったですね?」
まるち「そうですね(^^) 大分、はい。分かりやすくなったかと思います〜」
へむ2「特にきっちり色分けがされた所が良いと言えましょう。じゃ、そーゆー事でー」

* ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2008/02/09 : (コメントが3件あるにゅ)

五年の月日と過去未来。

* 三連休初日ー。今日はうちのお父んが上京してきてるので、昼間はそっちのお相手したり、夕方になってからはうちの兄貴の一家と一緒に食事をとったり、と。

*

へむ2「基本家族サービスな一日だった訳ですが。まあでもしかし、何ですなあ。兄貴んトコの子を見てると」
ぴーす「はぁ。あちらのお坊ちゃまが、どうかなさいましたか?」
へむ2「いやー。ほら、あっちの兄弟もうちのボンも、みんな夏生まれやん? で、長男の方はボンより一年年長さん。次男の方はボンより一年年少さん」
あずさ「ちょうど一年一年になってるのよね。アンタのトコと、アンタのお兄さんの所とで」
へむ2「うん。だからさー。次男の方を見て、『ああ去年はこんなだったねぇ』と思ったり、長男の方を見て『そうかー来年はこんな感じかー』とか思ったり。何つーか、過去と未来が交差する気分?」
ぴーす「はぁ。なるほどー」
へむ2「とりあえず、アレだ。来年はボン、もっと大暴れだよ。多分」
まるち「は、はわ?(^^; えっと、あの、い、今より、ですか?」
へむ2「うん。今より」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・今でも、大概大暴れなのに(−−」
へむ2「いやいや。今のはやはり、年齢なりの大人しさなんやね、て思うたよ。来年にはアレよ? 『歩き回る』『走り回る』になって、『声を出す』『奇声を発する』になるのよ?」
まるち「はわわ(^^; はぁ、あの、そ、そうですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− そう。そんなだったのね。今日、向こうでは」
へむ2「はっはっは。どっちかっつーと大人しい方だったあの長男ですらそうなのです。うちのボンはそりゃあもう、以下略」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「・・・えっと。でも、あの。お元気なのは、良い事ですよね?」
へむ2「まあねー。でもま、覚悟しとこうな? つー事で」

* あ、で、ちなみに。話は変わりますが、おにーちゃん今日で結婚五周年。うむ、月日の経つのは実に早い物ですなあ(しみじみ)

*

まるち「あ、そうですね(^^) おめでとうございます〜」
ぴーす「おめでとうございますー。あの、すみません。特に何も、ご用意していませんで」
へむ2「いや、俺だってつい先日お母んから電話貰うまで忘れてたし。にしても何ね、日記で五年前を確認すると、まあギャラクシーエンジェルなのは当然として。『ねこねこマシン』も出たばっかりだったりするのよなー。その事実にちょっと、いや、かなりビックリだー」
あずさ「え? あれ、まだ五年?」
へむ2「まだ五年。イメージ的には七年とか十年とか経ってる感覚なんですけどねぇ」
ぴーす「はぁ。それは、あの、はいー。ライアーソフトさんは、ゲームを出されるペースが速いですからー」
へむ2「ですよねー。いや、原因は間違いなくそれで、この五年の間にライアーが出した作品はDLオンリーやFCオンリー、リメイク等々全部含めて17作品。そりゃああた、十年経った気もするっちゅーねん」
まるち「はぁ(^^; それは、はい〜。それだけ出しておられれば〜」
あずさ「ま。アンタがそれを律儀に全部買ってるから、っていうのもあるんでしょうけどね。途中抜かして買ってれば、そこまでじゃないでしょうし」
へむ2「ま、ねー。それも確かに一因ではあるんですけど・・・と。ああいや、結婚五周年の夜にこんな会話ばっかしてても始まらないな。もっとこー、ダンディな大人として、ダンディな会話をしようじゃないか」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、はい〜。ダンディ、ですか〜」
あずさ「・・・自分で言い出しといて何を今更(−− て言うか。ダンディな会話って、どんなのよ?」
へむ2「んー。そうねぇ、たとえば・・・」
あずさ「・・・・・・(−−」
ぴーす「・・・・・・」
まるち「・・・・・・(^^;」
へむ2「・・・・・・」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「・・・・・・(^^;;;」
ぴーす「・・・え、ええっと?」
へむ2「んー。リモートコントロール?」
あずさ「それはダンディ違うっ!(−−メ いや、ダンディはダンディだけど!!」
へむ2「にゃー。じゃ、まあいいや。いつもと同じよーな態度で、いつもと同じよーな夜を過ごす、とゆー事で」

* とゆー事で。では明日の準備をしつつ、今日はここまでお休みなさい。

*

へむ2「んーと。忘れ物は、無いカナ? 無いカナ?」
ぴーす「え・・・と。そうですね、はい。今はこれでOKですかとー。後は、あの、明日の朝にならないと準備出来ない物ばかり、ですし」
へむ2「ん。じゃ、後は寝るだけー。明日は早いですから、皆さんも速攻で寝てくださいねー」
まるち「はい〜(^^) ご主人様も、どうぞ、ごゆっくりお休みくださいませ〜」
あずさ「て言うか(−− 寝坊しない様、気を付けなさいよ。アンタが一番危ないんだから」
へむ2「うむ。心に留めるフリだけはしておきましょう」
あずさ「フリだけじゃ無くて!(−−メ
まるち「はわわわわ(^^; いえ、あの、大丈夫ですから〜。あの、お起こしいたしますので〜」
へむ2「うむ、よろしく。ほいではでは、まーたあーしーたー」

* ぐぅ。


出撃ネズミーランド。

* ちう訳で。ちょっくら行ってきまー。<ネズミの国

*

へむ2「で。一応泊まりホテルにゃ無線LANが入ってる・・・は、入ってるんですが」
あずさ「共用エリアまで出ないと繋がらないのよね。確か」
ぴーす「はいー。ちょっと、あの、不便ですよね」
へむ2「不便だよねぇ。て事でまあ、素直にPHS経由で繋ぐつもりではあるのですが。でも、そっちも繋がるかどうかは行ってみてから確認、だよなあ」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「なんで。一応日記だけは先Up。繋がる様なら、また夜にでも追記しますべぇよ、つー事で」

* ほいではでは。れっつぅらごー。

-

* 夜。ふつーにPHSが繋がったんで、続きー。

*

へむ2「えー。まあ簡単に言いますと。プーさんのハニーハントにたどり着いたんが、朝の10時前。大体開園から2時間後、ですな」
まるち「はい〜(^^; ですけど、あの、通常の入場列の方は170分待ちで〜」
あずさ「ファストパスの方は、既に19時20分からの分を受け付け、だったのよね(−− 心の底から、どういう事かと思うんだけど」
ぴーす「・・・お気持ちは、はいー。ただ、あの、やはり今日は、休日ですからー」
へむ2「ああもう。きっぱりここは平日に来るトコやな、と思った瞬間やったね、アレは。で、さすがにんな時間まで中にいる訳にゃあいきませんから? すかっと今日は諦めて、明日回しっつー事で」
まるち「はい〜(^^;」
ぴーす「あの、はい。明日は出来るだけ、開園と同時にー」
へむ2「特攻したい、って言うか、特攻しないと無理でしょうねぇ。多分」
あずさ「で、しょうねぇ。ま、頑張りなさい(−− 私は帰るから、さすがにそれに参加する気は無いけど」
へむ2「あずあずも泊まってきゃいいのに。ホテルに」
あずさ「かなり無駄金だから嫌(−− て言うか、いまからじゃ部屋取れないでしょ。多分」
へむ2「ま、ねー。つかさー。確かにいちいち帰るの面倒だからー、つーんで部屋取ったけどさー。まさか、こんな形で活用する事になるたぁ思ってもいなかったよ」
まるち「そうですね(^^; あの、本当は、朝をごゆっくりお過ごしになって、のご予定でしたから〜」
へむ2「の、予定が。実際には多分、飯も食わんで特攻じゃよ。とっほっほーのーほー」

* やー。逆に部屋取ってなきゃ、もう朝イチはてんから無理、て諦めもついたんですけどねぇ(苦笑) ホテルを取っていたが故に、開園直後からの特攻が可能で。でもそれをやる為にゃ朝はのんびりしてられなくて、とゆー。や、ホテル取ったんが良かったのか悪かったのか、イマイチ分からん話ではございますやなあ(^^;

-

* にゅ。

* ちう所で。ほいじゃ、明日も早起きせんとアカン事が確定しましたので、今日も速攻寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


ネズミの国の鳥尽くし。

* ネズの国二日目ー。まあボンがすっきり目を覚ましてくれたんで、朝ご飯食べるくらいの時間はあった訳ですが。

*

へむ2「でもその勢いをかってさあ! とやってきてみれば。実は今日は8時半開園でした、とゆーオチが」
ぴーす「はいー。あの、申し訳ありませんー。きちんと、事前に調べておけばー」
へむ2「いやまあ。『三連休の日にんな遅く開けるよな事しねーべ?』と、心の底から信じ込んでましたからなあ」
まるち「はい〜(^^; ですけど、あの、おかげで、少し前の方に並ぶ事が出来ましたし〜」
へむ2「うむ。おかげでプーさんのハニーハントもほんの10分待ちで乗れて俺万歳。その後もあんまし待ち時間無く、色々乗れたしナー」
あずさ「まあ、後の分に関しては開園時間、関係無いと思うけどね。単純に、人が少しだけ少なかったんでしょ。昨日より」
ぴーす「ですねぇ。全体的に、はい。昨日よりも列が短かったですしー」
あずさ「連休最終日にここ来ると明日の仕事が疲れるから嫌だ、って思うんでしょうね。みんな。きっと」
へむ2「まあねぇ。俺も疲れた。かなり。またボンが、『帰るよー』いうと大暴れだったしなあ」
まるち「はい〜(^^; あの、もう少し、遊んでおれらたかった様で〜」
へむ2「や、もう遅いっちゅーねん。キミかて疲れてるやろっちゅーねん。実際、家帰って飯食って風呂入って部屋連れ込んだら、速攻沈没したくせにー」
まるち「はい〜(^^;;; それは、はい、そうなんですけど〜」
ぴーす「えと。でも、それはつまり、それだけ楽しんでおられた、という事ですしー。ですので、はい。良かったのではないでしょうかー」
へむ2「うん。まあ楽しんでくれるのはいい事なんですけどね、っと。でも・・・この先しばらくは、ここ来る事、無いでしょうな。正直、楽しんでるは楽しんでるんでしょーけど、でもその『楽しみ方』って、ここ限定のもんじゃないし」
あずさ「て言うかぶっちゃけ、『身体動かして遊べる場所ならどこでもいい』よね。アンタの息子、今は」
へむ2「うむ。ディズニーキャラもプーさん以外はまだよく知らないし、乗り物系アトラクションもなあ・・・『よく分かってない顔』、だったし」
ぴーす「・・・それは、はいー。あの、一番楽しんでおられたのはトムソーヤ島でしたし」
へむ2「まあ、もーちょい成長して。本人が積極的にディズニー楽しめる様になってから、ですな。それまでは普通に、てけとーな遊び場なり遊園地なりを巡る事にいたしませう。おにーちゃん、人の多すぎる所はちょっと懲りましたですよー」

* つ事で。あ、ネズ国で撮った写真も、この辺に置いときますね?

*

あずさ「あ? 何、アンタ。鳥しか撮ってないじゃない」
へむ2「いや、ボンの写真もいっぱい撮ったよ? ただそっちは、Webにゃ上げないよ、ってぇだけで」
あずさ「それは知ってるわよ。知ってるけど・・・いや、だからそうじゃなくて。アトラクションとか、中の建物とか。パレードとかの写真は?」
へむ2「だって、アトラクションの中に関しちゃ基本撮影禁止だったし。外、もなあ・・・正直、撮って楽しいもんじゃないだろう? それって」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ、あの、そうですか?」
へむ2「パレードとかならさあ。まあ、少しは撮ってみようかなあ、と、思わなくも無いけど。でも、最前列ゲットー、とかはやる気無いから。撮っても、どうしても下半分は見物人の頭頭頭になる訳で。そんな写真にゃお兄ちゃん、用は無いにゃー」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうですか〜」
あずさ「・・・いや(−− でも、せめてもう少し、何か」
へむ2「いいよ、お兄ちゃん鳥だけで。あそこの鳥、すっげ人間様ナメてるから超至近距離まで近付いてきてくれるしさー。正直、個人的には何のアトラクションにも寄らずに朝から晩まで鳥撮っててもいい気分だ」
あずさ「・・・・・・(−− ああ、そう」
へむ2「ま、人間様に餌貰いすぎてるせいで野性味に欠けるは難点やけどねー。つっか連中、逃げる時も飛ばずに走りやがるしな。餌の食い過ぎで身体重なっとんとちゃうか、あいつら」
ぴーす「はぁ。確かに、皆様からポップコーンをたくさんいただいてましたしねぇ。少し、油は摂りすぎですかとー」
へむ2「そりゃ、お手軽気軽に撮れるからこちとらえーんやけどさー。あんまし危機感無さ過ぎると、その内誰かにとって食われちゃうぞー?」

* あい。では今日はここまでばたんきゅー。ちなみに特に言及はしませんでしたが今回泊まったホテル。子連れにゃあかなり良い場所でございました。特に、『チェックアウトは14時まで』つーんが大変ありがたく。次にこの辺泊まる時も、是非利用したいもんですにゃー。

* ぐぅ。


風邪とメガネとマジカルと。

* 朝。

* ごー(ぱたり)

*

あずさ「とか言いながら、寝るなっ(−−メ
へむ2「にゃー。でもねぇ、眠いのれすよ?」
あずさ「なんだかんだグダグダ言って、とっとと寝ないからでしょ(−− 自業自得よ」
へむ2「だってー、プライベート接続用の鯖が飛んでたんですものー。行く前に復旧させとかないと、嫁が困るじゃ無いですか」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい〜」
ぴーす「・・・金曜までインターネットにアクセス出来ない、となりますと。確かに、奥様、お困りになりますよねぇ。はい」
へむ2「どーもね。dailyな自動鯖チェックに合わせて飛んでるっぽい気はするんですが、イマイチ理由がよく分からんっつーか。ただまあ、HDD差し替えでっつーか、OS入れ替えで多分解決しますよね? これ」
あずさ「知らないわよ、聞かれたって(−− そんな事より、いいからとっとと準備する!」
へむ2「にゃー。ま、準備もいたしますけれど。とりあえずはだから、アレやねー。今週中に何が何でも鯖設定済ませてHDD持って帰ってこいやー、とゆーお話、ですにゃ」

* つ事で。改めて、れっつらごー。

-

* 昼。

* 働くー。

-

* 夕方。

* ばったんきゅー。

-

* 夜。

* ほとんど朝に、復活〜・・・は、いいんですが。いいんですが。うう、喉が痛いよーう。

*

へむ2「・・・にゃー。風邪ひいたー(ぐでりん)」
まるち「はわわ(^^; あの、おはようございます〜。あの、あの、えっと。と、とりあえずお薬、お持ちいたしますね」
へむ2「よろすくー。後ねぇ、寝ぼけてメガネ踏んだ。レンズは無事だけど、フレームが歪んじゃったよ」
まるち「は、はわっ!?(^^;;;」
あずさ「・・・何をやってるの。アンタは(−−」
へむ2「しょーがないじゃん、そういう事もあるよ、そりゃ。で、頑張って直したんですけどね?」
あずさ「・・・・・・(−− 直りきってないわね。どう見ても」
へむ2「うん。だからまあ、週末にでもメガネ屋さんに持ってって、直る様なら直してもらう、直らない様ならフレーム買い換える、つー方針で。こっちだと、近所にメガネ屋無いですからなあ」
まるち「そうですね(^^; あの、お薬とお水、お持ちしました〜」
へむ2「ありがと(ごくり) にしてもやっぱアレかね。ネズミの国で貰ってきたかね、風邪」
あずさ「そりゃあまあ、そうでしょうよ(−− 人も多かったし、アンタもなんだかんだでドタバタして体力使ってたし。後、寒かったし」
へむ2「にゅー。やはしもう少し、人の少ない所を狙うべきだったか? ま、今更言うても始まらんのですけど」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。今はどうぞ、ごゆっくりお休みください〜」
へむ2「うん、今日・・・て、書くと日記システム上いつの事か分かりにくいんですが。今この時点での『今日』ね。は、仕事が無いので。やる事やり終わったら、もう一眠りさせて頂きますですよー」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「とりあえず、嫁の方に『俺はこんなですがそっちは体調大丈夫?』のメールを投げとかんとな。後、ぐるネタとして緑茶で新作『マジカライド』の情報が出た。その辺にも言及しとこう」
あずさ「・・・て。ほとんど全部、工事中じゃない」
へむ2「おう、まともに情報があるのはストーリーだけだぜふははははー。後は緑茶blogの方にちょっとだけ。今回は奥行きのあるアクションゲームですよー?」
まるち「はわ〜(^^) そうなんですか〜」
へむ2「ちなみに三月には体験版も出るそーなので、具体的にどんなゲームになってるかはそこで確認出来るでしょー。後、体験版が出る頃にはサイト情報もさすがにもっと充実してる事でしょう。多分」

* あい。では改めて、お休みなさい。

* ぐぅ。


終日ばたんきゅー。

* 今日は一日寝てました。にゃふ。

*

へむ2「おかげで身体の方は大分治った・・・んですが。治療に集中した結果、鯖いぢりが出来てないのが問題かなあ」
まるち「はぁ(^^; あの、ですけど、お身体の方が大事ですし〜」
あずさ「ガタガタ言ってないで休みなさい(−− サーバーの方は元気になってからでもいいでしょ」
へむ2「いや、そうは言いますけど。でも今日中にやっとかんと何かと色々・・・むー。まあ、でも。無理は無理か。やっぱり」
まるち「はい〜(^^;;; あの、もうこんなお時間ですし〜」
へむ2「うにゅー。しゃあねぇなあ、もう。まあpfの導入を後回しにしさえすれば、他ん所ではそんなに時間がかからんハズ、ですので。そーゆー方針で、明日に頑張りますかのう」

* うじゅ。ではまた寝ます、お休みなさい。

* ぐぅ。


でいりー障害駆け足設定。

* お仕事ふにゃにゃ。でぇもって、鯖いぢりをふにふにと。

*

へむ2「・・・と。うを、これはいけねぇ」
まるち「はわ? あの、どうかなさいましたか?」
あずさ「て言うか(−− いい加減遅いんだけど、寝る気無い?」
へむ2「ゴメン、無い。つかねぇ、アレじゃよ。また落ちてるよ、うちの鯖」
まるち「は、はわわわわわわ?(^^;」
あずさ「・・・あ? また?(−−」
へむ2「また。まあ・・・再起動かかって復帰はした模様ですが。でも改めて調べてみると、実は落ちてるのは今日だけじゃ無い、とゆー」
あずさ「何(−− ひょっとして、昨日もなの?」
へむ2「いんや。ものすごくさっくり言うと、マザボ換えて以降毎日落ちてる。実は」
まるち「は、はわっ!?(^^;」
あずさ「・・・はい?(−− 毎日?」
へむ2「うむ、毎日。夜中の3時過ぎにきれーに落ちて、その後自動復帰。とゆー」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうだったんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− 何なの。それは」
へむ2「やー。まあ、マザボ換装して、HDD・・・つーかシステムはそのままで使ってますからなあ。なんか無理があるんでしょう、どっかに」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「と、ゆー訳で。これはもう本気でHDD換装せにゃなるめぇよ、つー事ですよ。つー事なので、お兄ちゃんは頑張る。なんとしても、今晩中に終わらすぜー」
まるち「はぁ、あの、はい〜(^^; あの、はい。確かに、今日を逃すとまた来週、ですから〜」
あずさ「て、言っても(−− もう遅いのよ?」
へむ2「いいよ、明日の仕事も午後からだし、なんとか午前中に仮眠とる。とにかく今は、鯖設定済ますのがさーきー」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。確かに毎日とかなると、いつ本気で死ぬかも分かんないし。早けりゃ早い程いいんでしょうけど」
へむ2「逆に、毎日飛んでどーともなってないんだからもうしばらく大丈夫、って考え方もありますけどねー。けど、ここはやはり頑張るべきでしょう。あ、あずあずは先に寝てていいからね? まるちも」
あずさ「そうさせて貰うわ(−− さすがにこれ以上は付き合いきれないわよ」
まるち「えっと(^^; あの、私は、もう少し〜」
へむ2「別にいいのよ? けど、まあ。起きてるっつーんだったら、せっかくなんでココアでも入れてくだちぃ。身体暖めて、エンジンかけるですわよー」
まるち「あ、はい〜(^^; では、あの、しばらくお待ちください〜」

* つー訳で、今日は本気でコツコツと。<設定>おかげさまで、httpdの設定を除いて(私用鯖だとあんま必要ないんでこの辺は後回しだ)他は全部しゅーりょー、っと。まあ良かった良かった、ではありますが、でももう外はきっぱりですよ、と。

*

へむ2「よし。速攻寝よう。少しでも長く。少しでも深く」
まるち「はい〜(^^; どうぞ、はい。ごゆっくりお休みください〜」
あずさ「時間になったら起こすけどね(−− 容赦無く」
へむ2「うむ、それはむしろ歓迎なので、仕事に遅れないで済むよな時間に叩き起こしてくだちぃ。ではそーゆー事で、お休み!」
まるち「お休みなさいませ〜(^^; どうぞ、あの、良い夢を〜」
あずさ「・・・ふぅ(−− まったく、もう」

* ・・・あ、でも。落ちる原因は、もしかしたらHDDの電力消費のせいかもなあ。全体的に消費量増えたし、午前3時のdailyリポートん所ではHDDガリガリ回るからさらに電気食ってるじゃろし。うーん、だったらHDD入れ替えだけじゃあ、直んないにゃー。

* とかゆー事を考えつつ。でも力尽き、ぐー。


数十センチが原因で。

* お仕事うにゃの、夕方帰還。一眠りして改めて見てみれば、まー昨日書いたスクリプトの汚い事汚い事(ぉ

*

へむ2「もちろん鯖設定を優先してやっつけでやったから、つー事情もあるにはあるのですが・・・でもやっぱ、よろしくないのう。せめて変数の記述方式だけでも、もーちょい共通化しとかんとマズいわ」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ、そうでないとその内変数がかぶってうぎゃあ、とかゆー目に遭うのだ。つー訳で、今から書き直しー」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ、いいけど。でも、離陸着陸の時にはちゃんとしまいなさいよ? ノート」
へむ2「分かってるよー。さすがにその辺はしまっとかんと、色んなトラブルの元じゃからのう」

* ちう訳で、移動中はふにふにと。<スクリプト打ち直し>まあさすがに全部は書き直せませんでしたが、家着いたので残りはまだ後日ー。まずはさっそく、HDDの換装を・・・て、はぅあ?

*

へむ2「・・・は? あの、リードエラー出して止まりましたよ?」
まるち「は、はわわわわ?(^^;」
ぴーす「え。こ、故障なさったんですか?」
へむ2「えー。いや、故障する理由も無いと思うんじゃがのう。思うんじゃけど・・・まあ一つ考えられるのは、向こうのインスト用PCがBigDriveに対応してない? で、フォーマットが変な感じになってる? くらい? でもなあ、そこまで古くは無いハズなんじゃけどなあ。あっちのPC」
あずさ「とか言っても(−− 実際、エラーなんでしょ?」
へむ2「うむ。なんで・・・うーん。やっぱ、入れ直すっきゃ無いのかなあ。かなあ。かな。うん、しゃーない。とりあえず写真整理用PCのガワとっぱらって、緊急でそっちに繋いで入れ直してみよ」
まるち「はぁ(^^; あの、えっと、はい〜」
へむ2「むー。何でかなあ、もう。困ったもんじゃのう・・・」

* がっくし。入れ直し、となるとせっかくの昨日の苦労がすっかりパーな訳で。お兄ちゃん的には大変切ないですって何の問題も無く立ち上がってルー!?Σ( ̄Д ̄;)<写真整理用PCに繋いだHDD

*

まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「えーえーえー? つー事は何ですか? つまり、鯖機本体の問題だと?」
ぴーす「は、はぁ。あの、はい。そういう事になります・・・かとー」
へむ2「えー。ぬう、そうなるとそれはそれで逆に困りものなんじゃけど。マザボの予備は無いし」
まるち「はい〜(^^; あの、えっと、ど、どういたしましょうか〜?」
へむ2「にゅー。んー・・・ま、とりあえずホントに悪い所はどこか、調べんといかんしな。ちょっち色々、やってみるといたしまっしょー」

* つ事で、まずはケーブルから。<チェック>別のに変えてみて、これで直る様なら苦労は無いんですが・・・て、直りゃあんの。ホントに(苦笑)

*

へむ2「・・・うわー。つまり、なんですか? 毎日3時に飛んでたのも、多分これのせいだと? dailyチェックでHDDへのアクセスが増加するから、それでエラーが発生したんだよ、と?」
ぴーす「えっと・・・はいー。あの、その可能性は十分にございますかとー」
あずさ「・・・・・・(−− 何なんだか。もう」
へむ2「それは俺が言いてぇ。何なんだもう、ここしばらくのこの状況はー」

* ぶちぶち。つーか、改めて考えるとも一個の鯖が直しても直しても飛んでいた、アレも多分このケーブルが原因(あん時はあっちの鯖で使ってたと思うので。これ)。つまりここ数ヶ月の苦労のほとんどの部分はコイツ一本のせいだった訳で。ああもう、腹が立つー(^^;

*

へむ2「そして同時に、気付かなかった自分に反省。もう少し早めに気付いてりゃあ、なあ」
ぴーす「はぁ。ですけど、あの、気が付かない時には気が付かない物ですしー」
へむ2「そうなんだけどねぇ。まったくもう、とほほのほー、じゃよー」

* あー。まあでも、とりあえずHDD換装の方は無事に済みました。データのコンバートや細かい設定の調整も終わりましたし、とゆー所で、ほいじゃあ今日もまた遅くなりましたので。

*

へむ2「ここまでだ。お休みー」
まるち「はい〜(^^; お休みなさいませ〜」
ぴーす「どうぞ、はい。ごゆっくりお休みになられてくださいー」
へむ2「うーん、どうかなー。なんかさっきからボンが夜泣きモードになってるし、寝れるかどうかはボン次第、つー感じ?」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。確かに今日はなんだか、随分とぐずっておられますね」
ぴーす「ここ数日は、ずっとあんな感じですー。何か、怖い夢でも見てらっしゃるのでしょうか?」
へむ2「どうかな。ま、とにかく。おにーちゃんは限界さー。寝るよ寝るよ、寝っるよー」

* つ事で。ぐぅ。


びびっと四角。

* 土曜日。まあお兄ちゃんも正直、100%元気! とゆー訳ではないのですが。でも、嫁は実は俺以上に疲れてたりしますので。

*

へむ2「今日は一日、ボンを嫁から切り離す事にしました。具体的には、朝飯直後から晩飯直前までボン連れてお出かけ」
ぴーす「はいー。ここ数日、ちょっと、お坊ちゃまがいつもより我が儘でしたしー」
あずさ「旅行の疲れも残ってるんでしょうね。やっぱり」
まるち「後、あの(^^; やはり、エアコンさんの故障で〜」
へむ2「うん、普段のベッドじゃなくて布団で寝てたから、とゆーのは大きいのでしょーな。ま、でもエアコンも昨日無事に直りましたので・・・て、昨日の日記で書き忘れてましたっけ? そう言えば」
ぴーす「あ、はい。書かれておりませんね、確かに」
へむ2「どたばたしてたからにゃー。まあでもそーゆー訳で、昨日からはベッドで寝れるよになったんで疲労回復度も上がるかと思われます。思われますが、それでもやっぱり。今日はとにかく、嫁休暇Dayっつー事で」
まるち「はい〜(^^)」
あずさ「で? お休みはいいんだけど、それでどこ行くの?」
へむ2「うん。色々考えたんですが、やっぱ丸一日っつー事になると船橋だろうな、と。あっこなら、色々ありますからにゃー」

* つー事で、電車に乗ってららぽーと。あ、でもその前に、ららぽーとのすぐ近くにあるビビットスクエアにも寄ってみましょかねぇ。確かここにも、なんか子供向け施設があったは・・・ず?

*

へむ2「・・・て。何かしら、この店舗の入って無さっぷりは?」
まるち「はわわ(^^; あの、はぁ。確かに〜」
ぴーす「・・・灰色の部分の多さが、もの悲しいですねぇ。えと、あの。2006年末で大半のテナントが撤退、だそうです〜」
へむ2「うーむ。そんなんでやっていけんのかココ。つか、俺の印象だと今年いっぱい保たなそうですよ?」
あずさ「ヒドい事を(−− いやまあ、私も実は同感だけど」
ぴーす「は、はぁ。でも、あの。2007年にこれだけの改装をなさっておられますからー。もうしばらくは、頑張られるおつもりなのではないか、と」
へむ2「なのかねぇ。まあ、改装してるならそうかな。でも、今俺らがいるこのレゴ屋も、なんか叩き売りセールやってて今にも撤退しそうなんですけど?」
ぴーす「はぅ。そ、それはー」
あずさ「て言うか。アンタの言ってた、子供向け施設っていうのも何処よ? ガイドに見あたらないんだけど・・・そもそも、なんて名前のお店?」
へむ2「さて? いや、正直『行きゃ分かるべー』と思ってたんで、店名なんぞきっぱり憶えて来とらんのですが」
あずさ「・・・・・・(−− コラ」
ぴーす「え・・・と。あ、あの、はい。セガスタジアム、ですね。あ。えと、あの、ですけどー」
へむ2「にょ?」
ぴーす「・・・あの。今月の6日に閉店なさったそうです。はい」
へむ2「何とー? え、マジで?」
ぴーす「は、はいー」
まるち「はわわ(^^; そ、それは、あの、すごく、残念ですね」
へむ2「うむ。まさかそげな微妙なすれ違いになりやがるとはってゆーか、マジで大丈夫なのか。ここは」
ぴーす「は、はぅ。そ、それは、あのー」
あずさ「・・・きっぱり、本気で赤信号じゃないかと思う(−− まあでも、とりあえずそれは置いといて。店が潰れてるなら、さっさとららぽーと行きましょうよ。ここにいたって意味無いんじゃし」
へむ2「そうじゃのう・・・と、お? おや。あー、いや、今の撤回」
まるち「はわ?」
へむ2「や。ほれ、そこに車型のショッピングカートが」
ぴーす「はい? あ、はい。ございますね」
へむ2「うん。でだ、まず前提条件として、ボンはああいう車型の乗り物に乗るのが好き。そしてここは店舗ガラ空き、客もそれに比例して少ないのであのカート押して歩いてても人の邪魔にならない。場合に寄っては複線ドリフトぉぉぉぉ! とか叫びながら走っても結構平気。多分」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、はい〜」
ぴーす「え・・・と。複線ドリフトは、あの、車でなく電車の技では?」
あずさ「いや、ぴーす。突っ込み所はそこじゃないと思うわよ(−−」
へむ2「おまけにオートスロープ型のエスカレーターも設置してあって、上下移動もかなり楽。つまりぶっちゃけ、しばらくボン乗せて遊ばせとけばいいんじゃね? とゆー。何より、ボンが既に、ほれ」
まるち「あ(^^; あの、はい。カートさんを、見つけてしまわれてますね」
ぴーす「・・・あー。はい、こうなりますと、はい。お乗せせずに行くのは、はい」
へむ2「泣いて叫んで嫌がるネ。そんな事になったら、間違いなく」
ぴーす「・・・はいー」
へむ2「と、ゆー訳だ。しばらくここで遊ばせてくべぇよ。で、昼ご飯食べてからららぽーと、でいいんじゃね? 元々、特に目的がある訳じゃ無し」
まるち「はい〜(^^; あきとさんも、はい。その方がお喜びになられるでしょうし〜」
あずさ「・・・まあ、そうね(−− じゃあまあ、歩きましょうか。カート押しながら、しばらく」

* と、まあ。そんな状況で、いやまあボンを遊ばせるにあたっては確かに、『逆にいい環境』ではあったんですけど。あったんですけど。でも、本当に大丈夫なのかビビットスクエア。ねぇ?(^^;

-

* にゅ。

* でまあ予定通り、午後からはららぽーとでたーんと遊んで夕方帰宅。飯を食わせて風呂にも入れて。寝かしつけて、あい、しゅーりょー。

*

へむ2「さて。じゃあ俺らも飯食って風呂入って、その他諸々やる事やってから寝るかぁ」
まるち「はい〜(^^; 今日は本当に、お疲れ様でした〜」
あずさ「その『諸々』に問題を感じなくも無いけどね(−− 素直にご飯とお風呂だけ済ませて、寝れば?」
へむ2「世の中、なかなかそーもいかんのですよ。けどまあ、なるべく早くに寝る事にしましょやねー」

* つ事で、日付変わって0時半。やる事全部やったんで、とっとと寝るですお休みなさい。今日はいつもよりも、大分早かったー。

* ぐぅ。


エンジン戦隊轟音ジャー。

* 日曜日。今日は朝の6時半にボンに叩き起こされて、ふにゃにゃ。

*

へむ2「まあでもしかし。起きたんならそれを最大限に活用すべきだろう、とゆー事で。今日から始まる『炎神戦隊ゴーオンジャー』を、生でボンに見せてみる事にいたしますた」
まるち「はい〜(^^) あきとさん、お車お好きですし〜」
ぴーす「喜んでくださいます・・・でしょうか?」
へむ2「どうかな。しばらく見てれば慣れて大喜びになるかとは思うけど、最初はよく分からんなー、になるかも」
あずさ「まあ、最初はねぇ。そりゃ、しょうがないんじゃないの?」
へむ2「うむ。ま、とりあえずは見せてみませう。やーでもしかし、戦隊物見るんも久しぶりですだぁよ。俺自身」

* つ事でゴー・オン。<ゴーオンジャー>炎神どもの活躍でガイアークが追い出されて半年後。ヒューマンワールドの日本では・・・あ、ボン。ガイアークの怪人見て、逃げた(^^;

*

へむ2「怖かったんか」
あずさ「・・・怖かったんでしょうねぇ(−−」
ぴーす「はいー。あの、やはり、怪人さんは見慣れない形でしたしー」
へむ2「ふむ。まあでも、ここで逃がしちゃあゴーオンジャーの活躍見せる事が出来ませんナ。つー訳で、ボン。おいでー。膝抱っこしたげるから、一緒に見よ?」
まるち「あの(^^; 怖くはありませんから〜。どうぞ、こちらに〜」

* で、そうこう言ってる内にゴーオンジャー変身、と。は、何かしら、このローラーダッシュからパイルバンカーみたいな技は(笑)

*

あずさ「・・・て言うか。全員揃って、突撃系?(−−」
ぴーす「・・・ですねぇ。あの、はい。ダッシュは皆さん、基本の様でー」
へむ2「ある意味すげぇ潔いな、おい。や、お兄ちゃんは結構気に入ったですよ?」
まるち「はぁ(^^; そ、そうですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。そりゃ、アンタは気に入るでしょうよ。アンタだし」
へむ2「そーゆー理由で納得されるのはいささか納得がいかんのですが? まあでも、ボンも結構気に入ってるよーでないかね。ずっと座って見てるし」
ぴーす「あ、はい。そうですね。普段ですと、じっとしておられるのはお嫌いですのに」
へむ2「やはり赤青黄色とゆー、原色バリバリでしかも動き回ってくれるのが良いのでしょう。よしよし、この調子なら来週からも、ちゃーんと見続けられるねー。多分」

* ところで。今回の話だけ見ると、黒がとても変な人っつーか、トモダチのいない寂しんぼさんにしか見えんのですがー(ぉ 次回でちゃんとその辺フォローされるんだろな、おい(笑)

-

* にゅ。

* とか色々突っ込み入れつつ、昼からはボン連れてお出かけー。もっとも、さすがに遠出する気にはなりませんので? 近場、具体的には東向島の東武博物館に行く事に。

*

へむ2「大人200円子供100円のザ・リーズナブル価格。おーいえー」
まるち「はい〜(^^) それに、駅から歩いて1分かからない距離ですし〜」
ぴーす「中に自由に入れる展示も多いですから、はい。お坊ちゃまも嬉しそうですー」
へむ2「ふっふっふ。それに、何と言ってもあんまし混んでませんからねー。それだけで、大分楽ー」
あずさ「そう? 私的には、『思ってたより混んでるわね』なんだけど?」
へむ2「いや、今日は日曜ですからお嬢さん。日曜のこの時間で、せいぜい数十人、とゆーのは決して多いとは言いませんわよ」
あずさ「まあ、そうなんだけど。でも、てっきり本当にガラガラなのかと」
へむ2「・・・それはさすがに、東武をナメとりゃしませんかお嬢さん。まあとにかくですなー、ここは良い場所なのですよ。むしろ、『何で今まで来んかってん』と言いたいくらいに」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね。駅から、もそうですけど、駅まで、も、かなり近い方ですし〜」
ぴーす「金額的にも一番安いですよね。今まで行かれた中では」
へむ2「うむ。いやもちろん、ベビーカーに乗ったままじゃああんまし楽しめない所ですから? ボンが自由に歩き回れる様になるのを待ってた、つーんもあるはある訳ですが。でも、もーちょっとだけ早く来てても良かったかもね」
まるち「はい〜(^^;」
へむ2「ま。今後は、てきとーに間隔空けつつちょこちょこ来る事にいたしませう。ネタに困ったらここ、つー感じで」
ぴーす「はいー。一月二月に一回、くらいでしたら、お坊ちゃまの成長度合いもよく分かるかと思いますしー」
あずさ「前回はこれには興味示さなかったけど今回は、って感じね。まあそうね、いいんじゃない? ここ、スタンプ5つで一回分タダになるみたいだし」
へむ2「つまり1000円あれば六回入れる。いやもうホント、ありがたい所やねー」

* 拝んじゃおうかしら、本気で。<東武博物館>つーか、ボンがもっと大きくなって、本人がもっとこっちに来たがるよーなら、友の会とかに入ってもいいかもしれませんね。年間6000円なんでさすがに元は取れんと思いますが、頑張れ東武、とゆー気持ちを込めて。

-

* にゅにゅ。

* あい。じゃあ今日もたーんと歩き回って疲れたので、さくっと寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。

*

へむ2「・・・と? あ、いや、追記。忘れてた、今日の写真
まるち「はわ(^^; あ、は、はい〜」
へむ2「おにーちゃん的にはこの軌道自動自転車大変ナイスだと思うのココロ。どっかの廃線とかを利用して、まんまこれに乗れるアトラクション作ってくれんもんかなあ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− まあ。とりあえず、いいから寝なさい。今すぐ」
へむ2「にゃ。では寝るです、お休みなさい。ぐー」
ぴーす「はぁ。えっと、はい。お休みなさいませー」

* ちなみにちょっと調べてみた所、北海道のトロッコ王国で乗れるとか。<軌道自動自転車>さすがに北海道は遠い(つーか北海道も遠いんですが北海道に着いてからもさらに遠いよ、ここ)んでちょっと無理・・・なんですが。ぬう。その内是非、行ってみたい所ではありますなあ(^^;

-

* にゅにゅにゅ。

* では改めて。お休みなさい、ぐー。


仕事仕事で一日終了。

* 朝。

* お出かけゴー。移動時間にゃ先日のスクリプト修正をぱこぱこ続けてますので、しばらく推理小説はお休みで。

-

* 昼。

* お仕事にゃ。

-

* 夕方。

* まだまだお仕事。うにゃー。

-

* 夜。

* 帰宅。あーちかれた。

*

ぴーす「お帰りなさいませー。あの、今日もお仕事、お疲れ様でしたー」
猪名川「んー。昨日帰ってこんかったうちらは勝ち組、いう感じやな」
カニ子「まったくカニー。おかげで付き合わずに済んだカニー」
へむ2「呪われてしまえ貴様ラー。つっか、俺が大変な思いをして働いてるのにお前らがのうのうと遊んでる、とゆーのは大変許し難いと思うっ!!」
猪名川「や、その辺は普段の行いの差ぁいう奴でやなー。やけどま、真面目な話するとこっちはこっちで大変やったんやで? ボンがもー、大騒ぎでなあ」
カニ子「そうカニよー。なんかわがままっぷりが、さらにパワーアップしてたカニー」
あずさ「・・・ああ。アンタらはこの二週間ほど、こっちに居なかったから(−− ここしばらくは、ずっとあんなのよ?」
カニ子「そうなのカニ?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。自我が成長なさっておられますので、それで〜」
へむ2「この先はもっともっと我が儘になって二歳越えたら『イヤイヤ期』でもっと大変だぜウェーハッハー。てなもんよ。ま、君らも覚悟しておきたまへ」
猪名川「・・・あー。うちはまあ、適当な所で家帰るし?」
カニ子「わ、私もそろそろ、旅の虫が疼き始めてるカニよ?」
へむ2「猪名川はともかく、今更お前を引き取ってくれるよな酔狂な人間がそうそういると思ってるのか白血球。いいからお前は、大人しくボンのおもちゃになってなさい」
カニ子「・・・うー。うー。うー」
ぴーす「え、えっと。でも、あの、最近は、ちゃんとお話すれば分かってくださいますからー。あの、ある程度は、ですけど」
あずさ「どうしても嫌な事は絶対譲ってくれないけどね(−− そりゃあもう、絶対」
ぴーす「はぅ。そ、それは・・・そうなんですけど」
へむ2「んだから『ある程度は』なんだろ。まあとにかく。それが嫌なら俺の仕事に付き合ってきやがれ居候。お前に許されてるのはその二択だけであるぞよぞよぞよぞよ」
カニ子「うー。誰か私に第三の選択肢、『旅に出る』をくれるカニよー。へるぷみーカニー」
へむ2「さらっと黙れ。さて、まあとにかく、腹も減ったし。飯にしましょーかねー」
ぴーす「あ、はいー。すぐ、はい。ご用意いたしますね」

* はもはも。で、マターリと時を過ごして今日もここまでお休みなさい。仕事は忙しかったけど、それ以外は特に何も無い、平和な一日でありました。

* ぐぅ。


[如月日記一覧] : 2008/02/19 : (コメントが3件あるにゅ)

怪生物・イーターX(違

* 朝。

* ごー。

-

* 昼。

* ふつーにお仕事。でも、それはちょっとさておいて。

*

へむ2「えー。今週はですな、土曜が仕事なので。代わりに、水曜か金曜に休みを貰うべや、とゆー話になっとるのですが。さて、どっちにしたもんでしょーかね?」
あずさ「んー。とりあえず、どっちも仕事は無いのよね?」
へむ2「今んトコはね。でも、先の事は例によって例の如く、分かんない。さすがに明日は、ほぼ確実に無いじゃろけどねー」
猪名川「やったらまあ、素直に明日休んどけばええんちゃうか、つー気もするけど・・・やけどなー。日帰りも何や、しんどいはしんどいわな」
あずさ「でも、金曜休みだったら土曜が日帰りよ? どっちにしろ」
カニ子「だったら素直に木曜日休み、っていうのが一番楽そうな気がするカニー。それはダメなのカニ?」
へむ2「うむ、木曜日は『五割五分くらいの確率で多分仕事が入るよ』状態なので。その日に休み入れるのは無謀」
まるち「はわ(^^; ご、五割五分、ですか?」
猪名川「・・・そらまた微妙な。つっか、明後日の事がまだ確定しとらんのかい」
へむ2「そんなもんだよ、世の中。ただまあ、何だな。ちょっと俺が今微妙に体調崩してっから? 『今日の日帰り』よりかは『土曜日帰り』の方が楽は楽。そういう一面はあるなー」
猪名川「ああ、何や。やったら金曜でええやん」
へむ2「でも。金曜だと、それまでに仕事が入ってきてお休みあじゃぱー、な可能性が水曜よりも高いのですよ?」
あずさ「それは・・・でも、可能性でしょ? どうなるか分かんないんだし、て言うか、高くても低いんでしょ? 休むかどうか悩めるくらいなんだから」
へむ2「うん。水曜が九割五分なら金曜が九割。それくらいの可能性かな、確定お休み率は」
猪名川「・・・ほとんど変わらんやん。それ」
へむ2「そうか? 10面体で1出す確率と20面体で1出す確率、くらいの差だぜ?」
カニ子「やっぱり変わらないと思うカニ。それ」
へむ2「なにゅー。いや、10面の1と20面の1は全然違うだろう?」
あずさ「・・・・・・(−− とか、力強く主張されても」
まるち「あの(^^; えっと、私からも一つ、よろしいでしょうか〜?」
へむ2「にょ? ああはいはい、何かな?」
まるち「はい〜(^^; あの、出来れば、で構わないんですけど、あの、お休みは、金曜日の方が〜」
猪名川「・・・ほえ? そりゃまた何故に」
まるち「はい、あの〜(^^; こちら、燃えるゴミの日が〜」
へむ2「あ。そっか、木曜朝だな、そう言えば」
まるち「はい〜(^^; ですので〜」
へむ2「あー、うん。おけ。分かった。確かに水曜休みで木曜こっちにゴー、だとゴミ回収時間に間に合わんから出せないもんな。うん、けってー。金曜に休むよ、俺」
まるち「はい〜。ありがとうございます〜(^^;」
猪名川「・・・ぬう。なんかまるち一人に見せ場取られた気分や。何となく」
カニ子「て言うか。私たち相手の時と、全然態度も違う気がするカニー。何カニ、あの素直な受け入れっぷり」
あずさ「いや、そりゃ言ってる内容が全然違うし(−− ゴミ出し問題は、切実だしねぇ」
へむ2「おう、何せ週一しかねぇからいっぺん出せねぇと二週間放置になるしな、っと。うし、じゃあ話がまとまった所で、午後のお仕事行ってくらー」
まるち「はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ、ご主人様〜」

* つ事でふにふに。あい、今日もよく働きました、っと。

-

* 夕方。

* ・・・と。あれ? そー言えば。

*

へむ2「確定申告って、そろそろじゃなかったっけ?」
まるち「はわ? あ、はい。確か、昨日からですかと〜」
へむ2「だよね? んー? でも、今年は確定申告の用紙、届いてないっすよ? 税務署から」
あずさ「・・・あれ。そう言えば、そうねぇ。アンタもしかして、去年に『来年からはもう要らない』チェックでも入れた?」
へむ2「いやー。そんな憶えは全然無いんですけど・・・はて?」
猪名川「まあ、最近はWebで作成してプリントアウト、とかも出来よるし。予算削減の為に送りません、とかとちゃうのん?」
へむ2「なのかな? むー。でもアレ、住所とか勝手に書いててくれて楽だったのに」
猪名川「ええやん。手書きやのうてパソコなんやから、別に住所なんぞ大した手間ちゃうやろー?」
へむ2「そりゃそうなんだけどさー。ま、でも確かに来てないもんはしょーがねぇ。今年もWebで作成、つーか。ここは一発、e-Taxでも試してみるかのう」
カニ子「いーたっくす?」
へむ2「ネット経由でオンライン確定申告が出来ちゃうシステムの事だ。今年になって多少使いやすくなった、つー噂もちらほら耳に届いているのですが、さぁて。実際には、どんなシステムなんかのう」

* 実の所、今まではぶっちゃけ使えない、とゆー話だったんで見向きもしてなかった訳なのですが。えーと何々? まず住基カード取ってカードリーダ買って、それからルート証明書インストして開始申請して初期登録。で、それからようやく申告書作成? うわ、メンドくせぇ

*

へむ2「・・・ふぅ。つっか、カードリーダから買わんといかんのかよ。素直にFelicaポートで読み込ませろよ」
まるち「はぁ(^^; でも、あの〜。『公的個人認証サービス対応』とございますから〜。あの、やはり、何かが違うのでは〜」
へむ2「んなもな単純に利権の問題だと、何も情報調べずに俺断定。ちなみにもし万が一違っていたとしても、謝るつもりは毛頭無いッッッッッッ!!」
まるち「は、はわわわわわ(^^;」
あずさ「いや、何も知らずに断定するのはやめなさい。さすがに(−− 一応、もしかしたら本当に何か理由があるのかもしれないんだから」
猪名川「つかまあ、お題目はあくまでも『情報保護』やわな。その為になんややってますから専用でないとあきません、やろ」
へむ2「がー。面倒だったら面倒だっちゅーに。それに何、住基カード? 俺、まだ作ってねぇよ、アレ」
まるち「そうですね(^^; あの、奥様は以前にお作りになられてましたけど〜」
へむ2「嫁は免許持ってねぇから身分証明書代わりに、な。でも俺は免許持ってたしー。必要無かったしー」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はい〜」
あずさ「あー(−− まあ、持ってない物は持ってないでしょうがないでしょ。どうするの? 今から作る? 十日とか二週間とかかかるみたいだけど」
猪名川「一応、即日発行っつーんもあるみたいやで? 平日の昼間に役所行かんとアカンけど」
へむ2「・・・それは面倒だなあ。まあ、確定申告は三月中旬までOKなんだし? 二週間かかってもまだ間に合うは間に合う、しなあ。とりあえずは、作るかー?」
あずさ「ん(−− いいんじゃないの、それで。一度作っておけば、来年以降も使える訳だしね」
猪名川「やな。今年は面倒でも、来年からは下準備要らんくなる訳やし。源泉徴収票とかも付けんでようなるんやから、楽にはなるやろ。先の事考えたらまあ、やっといて損はあらへんわな」
へむ2「今年に限れば大手間だー。これで来年いきなり仕様変わってー、とか言うたら怒るよ、お兄ちゃん(ぶつぶつ)」

* ま、とりあえず今は何も出来ないので先送り、っと。<e-Tax>住基カードが手に入ったら、ちまちま作業してみますべー。

-

* 夜。

* さて。そいじゃあここしばらく寝不足で疲れてますので。今日は早い時間に即寝です。

*

カニ子「げーむー。ライアーのげーむー。やってないカニよー?」
へむ2「うむ、許せ。つーか、もう一台こっちの鯖のHDD換装もやる予定じゃからのう。もうしばらく、鯖インスト機が必要なんじゃよー」
カニ子「もう後三週間しか無いカニよ!? 二月の終わりまでなら、ほんの10日カニ!!」
へむ2「分かってるよ。分かってるけどさあ・・・まあ、もうちょっとだけ許せ。な?」
あずさ「て言うか(−− ほっとけばいいのよ、困るの本人だけなんだから」
へむ2「あずあずはヒドい事を言う! てっかそもそも、あずあずがもっと広い心でノルマをゆるめてくれれば」
あずさ「あ?(−−メ
へむ2「・・・すみませんゴメンナサイ。いや、でもさー。真面目な話、ここしばらくおにーちゃんえろげ購入量激減よ? 三月も、『マスクドシャンハイ』以外買わない予定だし。ちょっとだけこー、まけてくださいませんかね? 期日を一日じゃなくて二週間先まで延ばす、くらいの感じで」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「ほら。二週間くらいなら、今までだって何度か待ってくれてたじゃないですカー」
あずさ「だからって言って今度も待つ義理なんかないわよ(−−」
へむ2「や、そうなんですけど、そこを何とかー」
カニ子「私からもお願いするカニー。ただでさえ少ない実家の売り上げが、さらに一本減るかどうかの瀬戸際カニよ!?」
猪名川「少ないゆーな。つっか、『インガノック』は売れたんやろ? 結構」
カニ子「売れたらしいけど、詳しくは知らないカニ。それに、一本売れたからって次のが売れるかどうかは分からないカニー」
へむ2「つーか、一本売れたら次でふるいにかけるのがライアー流ジャマイカ、ともおも。て、話逸れてる逸れてる。つー訳で、ね? あずあず」
あずさ「・・・・・・(−− ま、いいでしょ。二週間よ?」
へむ2「わーい☆ じゃ、来週から三月にかけてはライアー月間ねー。溜まってるのを、一気に片付けるですよー」

* でも今日は寝るです。お休みなさい、ぐぅ。


鯖いぢりおーるないと。

* 今日はお仕事特に無し。とゆー訳で、鯖いぢりをふにふにと。

*

へむ2「そしてまあ、いつもの様にこの時間な訳やね」
あずさ「寝なさい(−−メ て言うか、寝るって言ったでしょうが、昨日!!」
猪名川「・・・おっぽらかして寝てたらコレか。アカンやん、まるち。無理矢理にでも寝かさんと」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、すみません〜」
あずさ「どうせアンタがなんだかんだ言って寝なかったんでしょ(−− 違う?」
へむ2「違いませーん。はっはっは、いやね? スクリプト書き直しに伴って、あちこちに細々したバグが発生してきてですなー。一つ一つ潰してたらこんな時間、とゆー」
あずさ「だー!!(−−メ だから! そんなのは適当な所でとっとと切り上げて、寝なさいと!」
カニ子「うー。うーるーさーいーカーニー。寝れないカニよ!!」
へむ2「おう、カニ子。起きてきたかね」
カニ子「起きてくるつもりなんか無かったカニよ(−− 何騒いでるカニー」
へむ2「さぁ? その辺はあずあずに聞いてくれたまへ」
あずさ「あのね(−− あーもう、とにかくアンタは寝なさい! カニ子、悪かったわね。アンタもまた、寝てなさい」
カニ子「起こしたのはそっちカニよ(ぶつぶつ) せっかく寝入った所だったの」
あずさ「あ?(−−メ 今、何て言ったアンタ」
カニ子「・・・あう。い、いや、何でも無いカニよ?」
猪名川「ほーん。つまり、夜更かししとった訳や。カニ子も」
カニ子「いいいいやいや、違うカニよ!? わわわ、私は寝てたカニ! 寝てたカニよ!!」
猪名川「何時間前から?」
カニ子「いち・・・じゃ無くて! と、とにかくお休みなさいカニ!!(だっしゅ)」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「さて。じゃあ俺らも寝るかね、まるちや」
まるち「あ、はい〜(^^; あの、はい。お休みなさいませ〜」
猪名川「んー。ほなまあ、うちももう一眠りしよかー。何や無駄に早起きしてもうたわ(ぽりぽり)」
へむ2「あ、あずあずも寝てくださいね? お早めに」
あずさ「やかましい(−−メ アンタにそういう事言われる筋合いは無いし、そもそも私は十分寝てるわよ」
へむ2「そーですか?」
あずさ「そうよ(−−」
へむ2「そーですかー。じゃ、俺らだけ寝かしてもらいます。また明日ー」
あずさ「はいはい(−− 明日じゃなくて、もう今日だけどね」
まるち「あの(^^; すみません、お休みなさいませ〜」

* あ、バグの方は大体取れました。<鯖いぢり>まあもうちょっとだけ残ってはいるんですけど・・・でも、その辺はまた後日。さすがに今日は、ぼちぼち限界ですからにゃあ。

* つ事でお休みなさい。ぐー。


姓は金剛、名は番長。

* 木曜日。結局今日は、仕事無し。

*

へむ2「ちう訳で。昼のひこーきで帰るおにーさんであるのコトよ。ついでに、移動中は寝ようかね。ぐーすかぴーっと」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜。どうぞ、お休みになられてください〜」
猪名川「結局ろくに寝とらんもんな。あんたは」
あずさ「きっぱり自業自得だって言いたい(−− まあでも、寝るんなら寝なさい。少しでも休めば、違うでしょ」
へむ2「実のところ、そんなに体力消費しとらんので夜まで起きてても全然へーき、ではあるのですがね。まあでも、寝ますべ。おやすー」

* すかー。で、帰宅途中に秋葉原。ヨドに寄って例の確定申告用カードリーダをさくっと購入の、ついでに本屋で漫画もゲット。

*

へむ2「て事で、『金剛番長』の一巻ですよー。今、サンデー一番熱い! と評判のナイスガイでございます」
ぴーす「はぁ。あの、はい。お帰りなさいませー」
へむ2「ちなみに、現在のサンデー紙上で二番目に熱いナイスガイはぬいぐるみだ。も少し頑張れやー、他のヒューマン主人公」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、ぬいぐるみさんとおっしゃいますと、チェーンソーの方、ですか?」
へむ2「うむ。ま、しかしダンディぬいぐるみの事はとりあえず置いといて、番長です。みんなで番長の漢っぷりに、ときめこうじゃあないか!!」
あずさ「はいはい(−− でも、今回はまだ半分設定説明に食われてるし。本領発揮は、次からよねぇ。やっぱり」
カニ子「そうカニねー。豚骨番長から卑怯番長の流れが最高カニよー」
猪名川「や、豚骨ゆーな。確かに豚骨やったけどやー」
カニ子「だって、スゴいインパクトだったカニよ!?」
猪名川「・・・いや。やから、せやねんけどな? せやねんけどやー」
へむ2「まあ、一応ちゃんと剛力番長と呼んであげよーか。ところでおにーちゃん的には、剛力番長後でまた仲間になりそーな気がしてるんですけど。どうだろう?」
あずさ「どうかしらね? 確かに、使い捨てるには惜しいキャラだったし負けた、って言ってもあの負け方だしねぇ」
ぴーす「そうですね。出てこられても、はい。不思議は無いですかとー」
猪名川「ま、やけど敵が味方になったらやられ役、いうんが相場やからなー。出て来ても、さぁそれがええ事なんやか、悪い事なんやかー?」
へむ2「そこはそれ、あえて定番を外す形で是非お願いしたい。後卑怯番長も、是非この後改心して仲間になって、速攻やられる立ち位置で、一つ」
猪名川「扱い悪いな卑怯番長!?Σ( ̄Д ̄;) いやまあ、卑怯番長やししゃーないんやけど」
へむ2「うむ、キャラ的にそれが一番美味しいであろー。ちなみにねぇ、金剛番長。今週号で『卑怯番長みたいな奴を番長にしている』つーんで組織を馬鹿にしてたけど。あれは違うと思うのよ、俺」
まるち「はわ? はぁ。と、おっしゃいますと?」
へむ2「あれはやなあ。卑怯番長に負ける様じゃあ話にならない、つーか、『どんな卑怯な手段にも負けないリーダー』を育てる為に、あえて噛ませ犬として放り込まれてるんだと思うのよ。少なくとも俺があの組織のトップにいたら、それくらいの事は考えるぜ?」
ぴーす「はぁ。それは・・・えっと、はい。なるほどー」
猪名川「ふむ。まあ確かに、23人もおるんやからな。一人二人、そういう役回りの人間が入っとってもおかしゅうは無いわなあ」
へむ2「じゃろ? まあ漫画なので、トップの連中はほんとーに何も考えてない可能性もあるんじゃけどさー。でも、ラスボスは賢くて強大な方がよろしいですので。是非、そうやって『あっさり人をコマとして使い捨てれる』冷酷さを持ってていただきたい物ですナー」

* と、色々将来の展開をわくわく予想しつつ。では今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


チャリのち風邪日和。

* 朝。

* 金曜日。とりあえず、住基カード作りに区役所まで。

*

へむ2「えー。とりあえず、こういう状況になったので。素直に即日発行で作ってもらおうかと思います」
あずさ「ん(−− いいと思うわよ、それで」
まるち「昨日は、ダメだったんですよね(^^; もう時間外で〜」
へむ2「うむ。せっかく帰り道に近くの区民事務所寄ったのに、『住基カードの受付は16時まで』って言われちゃったんだよな。なんで、どーせ改めて行くんだったら即日でいいかにゃー、とゆー」
ぴーす「そうですねぇ。その方が確実ですし、それに、はい。区役所も、そんなに遠い訳じゃありませんしー」
猪名川「電車で三駅? やったっけ?」
へむ2「いや、どうせ行くならバス使った方がいい。あっちは区役所前に停留所があるので。でも」
あずさ「でも? 何よ、何かあるの?」
へむ2「うん。バスの方がいいんじゃけど、でもそれよりもチャリの方が早ぇ、とゆー事に昨晩ひょっこり気が付いた。多分、チャリでも20分かからねぇ。あそこ」
まるち「あ(^^; そ、そうなんですか?」
へむ2「なのだよ、これが。しかもそこのでけぇ道をまっすぐ進むだけで着くので超らくちん。正直、気付いてしまえば『これ以外に選択肢は無ぇ!』って感じだ」
猪名川「ほー。そないな位置関係やったんか、あそこ」
あずさ「なるほどね。じゃ、行ってらっしゃい。受付、9時からなんでしょ?」
へむ2「です。ので、ぼちぼち出たらいい感じっと。つ事で、行ってきまー」
まるち「はい〜(^^) 行ってらっしゃいませ〜」

* て事でさくっとチャリダッシュ。朝イチだけあって待ち時間も30分くらいであっさりゲット出来ましたー。<住基カード>や、良かった良かった☆

-

* 昼。

* で。話変わって、やっぱり変わらずチャリ話。

*

あずさ「・・・また訳の分かんない事を(−−」
へむ2「いやまあ、つまり全然違う話だけどやっぱりチャリの話、とゆー事なのですが。よーするにですな、ボンもぼちぼちベビーカー卒業時期だよね、と」
ぴーす「はいー。今乗っておられるのは、一応『二歳まで』となっておりますからー」
カニ子「えっと・・・(指折り数え) まだ五ヶ月もあるカニよ?」
へむ2「あっという間じゃよ、五ヶ月なんぞ。ちう事で、いわゆる『子供乗せ自転車』とゆーのを買おうと思うのよ。そゆのがあれば、行動半径も広がりますからなあ」
まるち「はい〜(^^) あきとさん、乗り物お好きですし〜。きっと、はい。自転車さんもお気にめされますかと〜」
ぴーす「えっと。ヘッドレストのあるふらっか〜ず、及びアンジェリーノ、というのが良い。というお話ですね。あの、自転車に乗ったままお昼寝なさる時に、ヘッドレストが無いと辛そうだ、と」
へむ2「ですね。なので、うん。俺もそのどっちか買う予定。どっちにするかは・・・ま、実際に自転車屋行って、物を見てから決めましょーか」

* んで、色々見て回った結果アンジェリーノの方にする事に。いや、一番感じの良かった自転車屋にふらっか〜ずが置いてなかった、とゆーただそれだけの理由なのですがー(笑)

-

* 夕方。

* まあでも理由はともかく。せっかく買ったんですから&今日は結構暖かいので、とゆー事で、『ちょっと離れた所にあるちょっと大きな公園』までれっつらごー。ここは線路のすぐ脇にあるので電車が通るのもよく見える、すべり台が四つも付いた大きな遊具もありますよ、と、大変ボン向きの公園で。

*

へむ2「なかなか喜んでたよ。ボンも」
まるち「お帰りなさいませ〜(^^) そうですか〜、それは良かったです〜」
猪名川「で? チャリの方は、どやったんや? そっちは喜んどったん?」
へむ2「んー。そっちはまだ、『よく分かってない』顔だったかな。ただ逃げようとは一度もしなかったんで、気に入ってる・・・ハズ。後何回か乗れば、きっと馴染んで大喜びだと思うねぇ」
猪名川「そか。ならまあ、良かったやん」
あずさ「そうね。場合によっては嫌がって、全然役に立たないかも。って思ってたんだけど」
ぴーす「あの。ヘルメットの方も、嫌がられは?」
へむ2「ああ、しなかったねぇ。帽子を全力で嫌がる子じゃから、そっちは俺も危惧してたんじゃけど。でも、意外と気に入ったみたい」
ぴーす「そうですかー。それは、はい。本当に、良かったですー(ほっ)」
へむ2「ん。でもねぇ、一つ。ちょっと問題が」
まるち「はわ? あ、はい。と、おっしゃいますと?」
へむ2「うーん。ちょっとねー、ボンが熱出したっぽい。やっぱ、風切って走るにはまだ寒かったのかな、と」
まるち「は、はわわ!?(^^;」
へむ2「いやー(ぽりぽり) 確かに朝からちょっと調子が悪かったっぽいんじゃけど。多分悪化したね。うん」
あずさ「て、コラ(−−メ
へむ2「いや、素直にすまん。でも本人が元気いっぱいだったもんでさー、全然気付いてなかったんだわ、これが(ぽりぽり)」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。えっと、それで、あの〜」
ぴーす「お、お坊ちゃまの方は、大丈夫ですか?(ぴと) あ、た、確かに熱が〜。あの、えっと、まず体温計を〜(あたふた)」
へむ2「まあ、薬飲んでぐっすり眠れば明日には大分良くなってるんジャマイカ。と、思いつつ。チャリの方は、もーちょい暖かくなるまで封印だぁねぇ。この状況だと、やっぱり」

* まあそんな感じで。でも、さすがに『子供乗せ』と謳うだけはありますなー。<アンジェリーノ>10kgの子を乗せててもちっともハンドルとられる事も無く。止めた時、走ってる時、ともに大変安定しておりました。これだったら、うん。暖かくなれば、ほんとーにあちこち行けそうですにゃー。

-

* 夜。

* で、熱でグズるボンをあやしつつ。確定申告の下準備だけ済ませて、今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


電気が無ければただのハコ。

* 土曜日お仕事朝からお出かけ。で、まあ、それはいーんですけど。

*

へむ2「えー。皆様知っての通り、今日はニッポン国の北っ側で大変天気が悪いよ、とゆー予報が出ておりまして」
まるち「はい〜(^^; あの、実際に、とてもお風が強くて〜」
猪名川「とりあえず、羽越線はとっくの昔に止まっとる。飛行機も夕方のは多分飛ばんやろー、と」
あずさ「実際は飛んだみたいだけどね。運航情報見ると」
へむ2「まあ、でもそれを確認出来るまで待ってると、飛ばなかった時ホントにどーしょーも無くなりますからなあ。つー訳で、唯一残ってた新庄回りの山形新幹線、とゆールートをチョイスしたんですけど、ねぇ」
カニ子「停電で運休カニよ!? どーしてくれるカニーーーーっ!!」
へむ2「るっせぇ。俺だってうんざりしてんだからガタガタぬかすんじゃねぇよ白血球。つかなー。これだけのラインが止まってたり遅れてたりして、しかも現在位置が山形っつーとなー。正直、打つ手無し、って感じだよなー」
まるち「はぁ(^^; あの、はい〜」
猪名川「・・・この位置からやったら、仙台出るんが一番確実なんかなあ。んー。でも、それもなあ」
へむ2「無理。チェックしてみたけど、行くだけで80分とかかかると。で、そっから先の新幹線もやっぱり運休だ。もーストレートに言うけどな、今日はこのまま電車の中で夜を明かす、くらいのつもりでいるべきだと思うぜー?」
まるち「はぁ(^^;;; やっぱり、あの、そうですか〜」
へむ2「停電さえ復旧すりゃあ、後はいくら風が強くても頑張って進むんだろうけどねぇ。ま、とりあえず、今俺らが真っ先にやらんといかん事は」
猪名川「やらんとアカン事は?」
へむ2「食料の確保。一晩保つくらいのもんを、買い込んでこようじゃあないか」
あずさ「・・・ふぅ(−− ま、そうね。このままずっと止まってたら、どんどんお店の商品も無くなっていくでしょうし。先に、手に入れときましょうか」
猪名川「せやな。飯さえ食えたら、何とかなるやろ。多分」
へむ2「ん。じゃ、ちょっくら行ってくらぁ。まるち、荷物の番、よろしく〜」
まるち「あ、は、はい〜(^^;」
カニ子「・・・うう。私は世界一不幸な白血球カニよー。なんで私が、こんな目に(ぶつぶつ)」
へむ2「あーもー、だからガタガタぬかすなと(−− いいからおめぇも、とっととこーい」

* と、まあ。そーゆー状況ですので、とりあえず食料ゲットして、後は日記だけ先にUp、と。バッテリーが切れたら、日記も書けませんからにゃあ。

*

へむ2「探せばどっかにコンセントくらい落ちてる気もすんだけどな。気もすんだけど、まあいいやー。てけとーにやる事やったら、後は電源落として寝るべぇよ」
まるち「はい〜(^^; あの、この機会・・・と言っては悪いですけど、あの、是非この機会に、ごゆっくりお休みください〜」
へむ2「でーんきーが無ーけれーばなーんにーも出ー来なーいげーんだーいしゃーかーいーのアーキレースけーん・・・と、お? おや」
猪名川「お? 今、『一旦運転取りやめにしたけどゴメン、やっぱり走るにょー』とか言いよったな。アナウンス」
へむ2「言いよったな。ふむ、じゃあまあ、うまく行けば今日中に帰れるか?」
あずさ「どう・・・かしらね? 『運転再開は決まったけど、再開時間はまだ未定』って言ってるし」
へむ2「ふむ。ま、いいや。とにかく寝てる内に運んでくれるじゃろうよ、っと。つ事で一旦、お休みー」
まるち「はい〜(^^; お休みなさいませ、ご主人様〜」

* ぐー。もし帰れたら、帰れた旨だけ後で更新いたしまふ。そうでなけりゃあ、『ああ、結局帰れなかったんだネ』とゆー事で。

* お休みゃみゃ。ふにゃー。

-

* 続報。

* ・・・えー。上記のよーな事を書いといて何ですが、なんかあの直後に、速攻であっさり動き出しますた(ぉ<新幹線>大体一時間遅れで、結構スムーズに運航中。ふむ。

*

へむ2「おかげで寝る暇無しですよ?」
まるち「はぁ(^^; あの、でも、東京まではまだ、三時間近くかかりますから〜」
あずさ「多分三時間以上だと思うわよ。停電は直ったんでしょうけど、風のせいでスピード落として走るでしょうし」
へむ2「うん、東京着くのは23時とかその辺かねぇ、と俺予想。いやま、だから寝ようと思えば寝れるんだけどさ、でも『ちゃんと動き出したよー』の一言は書いておくべきでしょう。いつまでも止まってるよーな誤情報を垂れ流すのは俺好かん」
まるち「はぁ(^^;;; で、ですか〜」
あずさ「・・・・・・(−− ま。好きにしなさい」
へむ2「ちう訳で。てけとーに電波の強そうなタイミングを見計らって、はい、Upっと。じゃ、改めて、お休みですにょー」

* ぐぅ。

-

* で。結局の所、23時に東京到着、っと。

*

へむ2「元々21時の予定でしたから、大体2時間の遅延。まあ、かな〜り早かった方ですかねー」
あずさ「そうね。ただいま」
ぴーす「はいー、お帰りなさいませー。あの、今日は本当に、お疲れ様でしたー」
へむ2「いえいえ。で、ボンの調子は、いかが?」
ぴーす「あ、はい。あの、随分と良くはなられました・・・けど」
猪名川「まだ完治はしとらん、と?」
ぴーす「・・・はいー。まだ、あの、ちょっとー」
へむ2「そか。じゃあ、明日のお出かけは中止じゃねー」
ぴーす「はいー。出来れば、そうしていただけるとありがたいですー」
まるち「残念ですね(^^; 明日は、せっかくゲーム会でしたのに〜」
へむ2「ま、しゃーないやね。無理して悪化させてまったら元も子もない訳ですし、とにかく今は身体の事、第一に考えるですだーよ」

* つー訳で、明日はゴメンナサイ。>ゲーム会の方の関係各位 そしして風呂入ったりなんだかんだしてたらあっという間にこの時間ですので、今日はここまでまた明日。

* はふー。


[如月日記一覧] : 2008/02/24 : (コメントが2件あるにゅ)

いちにーさんしーごーおんじゃー。

* 日曜日。今日も朝からボンに叩き起こされたので、そのまま『炎神戦隊ゴーオンジャー』鑑賞に。

*

へむ2「あー。とりあえずサポートロボのボンパーは、守秘義務っつーんを理解すべきや、と思うネ。おにーちゃん」
猪名川「つーか。命惜しさに自分の造物主を売る、ゆーんはいかがなもんか思うな。さすがに」
あずさ「まあ、その造物主の方も、ボンパーの事全然心配してなかったりするし(−− いいんじゃないの、お似合いで」
へむ2「『ボンパーはともかく炎神キャスト(が無くなってるの)はマズい』だもんなあ。色んな意味で皆さん身も蓋もないっつーか何つーか。後さ、今回の戦隊物さ。設定的に、中の人は差し替え可能って事だよな?」
カニ子「そうカニねー。炎神ソウルさえ無事だったら、いくらでも新しいゴーオンジャー量産出来そうカニー」
猪名川「つまり、役者さんが不祥事とかで降板になっても全然平気、いう事やな。それて」
へむ2「うむ。まあそこまで考えて設定作ってるかどーかは、分かりませんけど」
まるち「はわ(^^; そ、それは、あの〜」
ぴーす「・・・さすがに、考えておられないのではないでしょうかー?」
へむ2「どーかな。そして最後に、やっぱり黒はイタい人。うむ」
まるち「は、はわわわわわわ(^^;;;」
あずさ「・・・まあ、一話二話見ただけだとそう思うわよね。やっぱり(−− 次回で和解して、その後は多少マシになるんでしょうけど」
へむ2「なってくれんと困るよ、お兄ちゃん。さすがにあげなイタさを全編貫かれたら、見てるこっちが耐えきれんっつーの」

* つ事で。今週も、ゴーオンジャー色々突っ込み所多数でございました。まあ、その突っ込み具合が楽しくもあるんで、いーんですけどー(笑)

*

へむ2「ちなみにボンは、やっぱり今週も怪人を見て逃げましたー。一応、巨大化するまでは耐えてたんですけどねぇ」
ぴーす「はいー。やはり、あの、普段見慣れない分、怖いのではないかとー」
猪名川「ま、その内慣れるやろ。で、慣れたらマンタンガン振り回して大暴れするよになるでー。きっと」
あずさ「なるでしょうね(−− で、怒られるのよ。アンタの奥さんに」
へむ2「ああ、ああ、それはそうなるだろうね、多分。でも、それは多分、二歳越えてからじゃないかなー」
まるち「そうですね(^^; あの、今はまだ、良く分かっておられない様ですし〜」
カニ子「・・・嫌な予感がするカニ」
へむ2「ん? どしたね、カニ子」
カニ子「そういう状況になったら、何だか私が怪人役、な気がするカニー。すごくすごく、嫌な予感カニー」
あずさ「あー(−− それはまあ、ねぇ」
へむ2「ああ、そうなるだろうな、そりゃ(超あっさり) だってお前、フォルムがフォルムだし」
猪名川「まあ頑張り。カニバンキ(ぽむ)」
カニ子「うわーん! 私は善良でプリティな、ただの美少女白血球カニよ! バンキ怪人なんかじゃ、無いカニー!!」
あずさ「・・・・・・(−−」
猪名川「・・・自分で美少女言うたで。この白血球」
へむ2「ものすごい違和感のある字面だな、『美少女白血球』。ま、それが嫌ならまた旅にでも出ろ。引き取ってくれる人がいるかどうか知らんが」
カニ子「・・・うー。うー。うー。やっぱり私は、世界一不幸な白血球カニよー(しくしく)」

* で。昼にちょっとだけお出かけして、後はまったり引きこもり。夜になったので今日はここまでお休みなさい。

* ぐぅ。


勇退するゆーた幽体を手厚く優待。

* 朝。

* ごー。

-

* 昼。

* ぽ仕事。

-

* 夕方。

* 仕事が早めに終わったので、赤ちゃんグッズの買い物してから帰宅。ちなみに今週から移動中の推理小説モードが復活、つー事で。

*

へむ2「とりあえず今日は島田荘司の『幽体離脱殺人事件』を読みましたー。まあ、面白くは無かったですけどね」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・またそんな、ざっくりと(−−」
へむ2「だって面白くねぇもんは面白くないんだからしょうがねぇだろう。つーかむしろ、俺的にはつまんないと断言してもいいレベルだと俺断言」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「と、いった所でいきなり話はかわるのですが。お兄ちゃんのATOK2005『幽体離脱』を変換してくれません。何でだ」
カニ子「へー。そうなのカニ?」
へむ2「うむ。『ゆうたい』で出てくるのは、『優待』『勇退』『郵袋』『優退』だけ」
あずさ「そりゃ、『幽体』ってのが普通の言葉じゃ無いからでしょ(−− 俗語だかなんだか、そんな感じの何かで」
へむ2「かもしれませんが、でも世間様では結構普通に使う言葉じゃないですか? だったら変換出来ても、ねぇ」
ぴーす「はぁ。そうですねぇ、46万件とか引っかかってきますし、変換出来ないのは少し不思議ですかとー。あ、お帰りなさいませー」
へむ2「ただいま。ついでにATOKと言やあ、昨日2008をDL購入しようとしてEdyで購入』を選んだら、Edyから銭が引き落とされた所でうんともすんとも言わなくなってメラふぁっきん。ケンカ売られてるかなあ、俺」
あずさ「あ? 何、そんな事があったの?」
へむ2「あったの。まあ原因はどっちかっつーとEdy側にあんじゃねぇかっつー気がするんで? 素直に問い合わせフォームから状況投げて絶賛放置中、なんだけどさー」
まるち「は、はわわ(^^; そ、それは、あの、困りましたね」
へむ2「おう。どーせなら、金払う前にエラー出してくれりゃあいいのにな。そうすりゃあ、素直にクレジットなりなんなりに切り替えて払ったのに、ねぇ」

* ちなみに、今のところまだ返事無し。もう17時過ぎてるんで、返事が来るのは明日ですかねぇ。

-

* 夜。

* ・・・お? そないな事言うてたら、20時過ぎてから返事が来ましたよー?<ATOK

*

へむ2「ほむほむ。ふむふむ。ほーほーほー。うん、メールで指示された操作を行えば、なんとかなりそーですよ?」
猪名川「ほー。そら良かったな」
へむ2「うむ。しかし、まさかこの時間に返事が来るとは思いもしませんでしたやね、っと」
あずさ「そうねぇ。大変ね、向こうの人も」
ぴーす「はいー。夜遅くまで、本当にお疲れ様ですー」
へむ2「いやいや、おかげでおにーちゃんは今日中にダウンロードが出来ましたありがとう、と。ちう所で、じゃあご飯食べて風呂入って寝ましょうか」
まるち「あ、はい〜(^^) すぐ、はい。ご用意いたします〜」
へむ2「やー(ぐりぐり) ここんトコ、なんだかんだで睡眠時間削られまくりじゃからのう。そのせいで風邪も治らんし、今日くらいは早くに寝たいトコやねー」
あずさ「いや、そう思うなら早くに寝なさい(−− 毎度毎度、余計な事して遅くなって、完全自業自得でしょうが」
へむ2「はっはっはっはっは。あ、そーだ。書き忘れてましたが、ライアーの『マスクドシャンハイ』がマスターアップしてますじょー。それに合わせてお兄ちゃんも通販申し込み済み。これで来週には確実に届くっつーもんです」
カニ子「て言うか、もう来週カニよ!? どーするカニどーするカニーーっ!!
へむ2「やかましい。いやまあ、なる様にしかなんねぇなあ、とは思ってっんじゃけどさ。でもまあ、頑張ってこの二週で『インガノック』クリアしてみせるよ。なんとか」

* つ事で。ほいじゃあ、ちょっち本気で風邪ひきさんの頭痛状態ですので、今日はほんとーに久しぶりに日付が変わる前に寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


新たなセカイ・失敗編。

* 朝。

* ごー。移動のお供は我孫子竹丸、『人形は眠れない』

*

へむ2「腹話術師と保母さんのシリーズ第三弾・・・なんですが。何つーか、どんどんミステリから遠ざかっていってるあたりが嫌ですね?」
まるち「はぁ(^^; そうなんですか?」
へむ2「うん。実際作者さんも後書きで書いとる。ミステリから遠ざかってる云々に関しては」
猪名川「ほぉ。自覚有りでそれ、つー事はつまり、キャラが勝手に動き出しとる、ゆー事なんかな?」
へむ2「かもなあ。ただ、おにーちゃんはミステリじゃ無い物には興味が無ぇ。とゆー訳で、そこは無理矢理にでもキャラねじ伏せて、ミステリミステリしてもらいたかった所ですなあ」

* つ事で。ところでそれはさておき、おにーちゃんは風邪が全然治って無くて辛いです。うにゃー。

-

* 昼。

* にゃふにゃふお仕事。こういう日に限ってみっちり仕事が入ってるあたりが、何つーかコンチクショー(^^;

-

* 夕方。

* お仕事終了即ばたんきゅー・・・と、いきたい所なのですが。ちょっとその前に、鯖いぢり。

*

へむ2「FreeBSD4系統が入ってる鯖、つまり本体は先日まで動いてて今は引退しているこのHDDなのですが。これを遠隔操作だけで6-STABLEにあぷでとする事は可能か、とゆーテストを」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ。あの、ええっと〜?」
へむ2「つまりぶっちゃけ、再起動無しで『mergemaster -p』から『make buildworld』、途中省略installworldの『mergemaster』まで。それがトラブル無く出来るかなー、とゆー」
カニ子「・・・何言ってるんだか、さっぱり分かんないカニよ?」
あずさ「聞き流しなさい(−− 下手に聞くと、三倍くらい訳分かんない説明が返ってくるわよ」
へむ2「訳分かんないとは、あずあずはまた変な事を言う。おにーちゃん、大抵の事は分かりやすく説明してあげてるとゆーのに」
あずさ「やかましい(−−メ アンタが分かりやすいって思ってるだけで、全然分かりやすくないのよ。アンタの説明は」
へむ2「えー。それは単に、あずあずが俺の想像以上に馬げふんげふんげふん。あー、いや、まあ、置いといて」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「置いといて! まあ真面目な話、やる事自体は簡単で。それ用のスクリプトは既に書き上がってますしcvsupも済んでますから? 後は一発ポンでスクリプト走らせて、パソコンが勝手に頑張ってくれるのを寝て待つだけ、とゆー」
まるち「はぁ(^^; そ、そうなんですか〜」
へむ2「まあもちろん、最初の『mergemaster -p』の所だきゃあ人間様のフォローが必要なんですけど。でも、そこさえ乗り越えれば後は勝手に動く、ハズ。多分」
猪名川「トラブルが無かったら、やな」
へむ2「うん。まあ所詮テストなんで、トラブルがあったらあったでそれを糧にするだけなんですけどねー・・・と? あ、いきなりエラーだ」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「んー? 『stdint.hが無いよ』、と? んー(かちかち) ぐぐってみると、4系統から6-stableにいきなり上げる事は不可能だと。一旦5-stable経由しろ? うわ、メンドくせぇ
あずさ「・・・・・・(−−」
猪名川「ふむ。なんやよう分からんけど、とりあえず全然うまく行ってへん、いう事だけはよう分かった。その認識で、OK?」
へむ2「超OKだよ。むー・・・ま、しょーがね。とりあえず5-stable、行くかぁ」

* と、ゆー訳で。改めてソース落としのbuildworld以下略。で、しばらく画面も見ずにほっといたらやっぱりエラーで、加えてバイナリ全部ぶっ飛んだっぽいと。むう。

*

まるち「は、はわわわわわわっ!?(^^;」
へむ2「はっはっは。シェルすら立ち上がらんからホントにどうしようもありませんじょー。ま、所詮テスト用のHDDなんで、飛んだ所でそれ自体は気にはならんのですけど・・・でも、ログが確認出来ないのはイタいな。どこでどうトラブったのか、よく分からん」
猪名川「つーか。やったら素直に画面見とけや、いう話や思うんやけど?」
へむ2「ずっと見てんの面倒じゃんよ。そもそも見えるかどうか分かんないし」
カニ子「え。そうなのカニ?」
へむ2「画面なんぞ所詮は数十行じゃからなあ。エラーがあってその直後に止まってくれるならともかく、大抵は『エラーエラーエラーエラー』と何度もエラーが連鎖して、それから止まるんだ。だから一番の原因は、画面に残ってない事がほとんどなのじゃよー」
カニ子「ふーん。そうなのカニかー」
へむ2「だからログに残して後で確認、つー方法チョイスしてたんですけどねぇ。んー・・・ま、とりあえずはまた家から別のHDD、もちろん4系統が入ってる奴ね? を、持ってきて。で、改めてチェックしてみましょーやねー」

* ま、でもとりあえず。現時点で出来る事は無くなっちゃったので、今週の鯖いぢりはここまでー。明日からは、えろげに復帰ですにょー。

-

* 夜。

* でも今日は寝ます。ぐーすか寝て、なんとか体を復活させませんとね、とゆー事で。

*

まるち「はい〜(^^; あの、どうぞ。今日はごゆっくり、お休みください〜」
猪名川「幸い明日は、仕事あらへんしな」
あずさ「だから(−− 遅く起きる、じゃなくてまずは早く寝なさいと」
へむ2「すんませんのう。とは言え、今日中に鯖の方済ませとかんとさー。本気でいつまで経っても、えろげ出来ねぇし」
カニ子「そうカニー。て言うか、ホントは今日からやるべきだった、って思うカニ!!」
へむ2「だー。そうは言うけど、色んな物の関係上えろげパソコン復帰させる為にゃ鯖パソコン下ろして入れ替えてー、って作業が発生して面倒なんだよ。出来れば一括で鯖作業は済ませた方が効率的ってゆーか」
カニ子「そんなの知らないカニー。後10日カニよ、後10日!!」
へむ2「あー(−− わーったわーった。ま、でも明日な、明日。今日はお休みー」

* つ事で。ぐー。


赫き炎の第一章。

* うにゃ。今日は一日、寝てますた。

*

へむ2「で、起きたら既に日付が変わってますよ、っと。とりあえず晩ご飯にしよーか」
まるち「はい〜(^^; すぐ、あの、はい。ご用意いたしますね」
猪名川「で? 風邪の方はどないやねん?」
へむ2「んー。んー・・・まあ、それなりにそこそこ。でもまだ、治っちゃあいねぇなあ。やっぱり」
猪名川「そか。ほなまあ、もう一日は養生やな」
へむ2「やね。つっても、明日は仕事があるんで今日みたいに丸々一日、つー訳にゃあいかんのですけど」
あずさ「まあ、寝れるだけ寝ときなさい。て言うか、出来ればこの後もご飯食べたらすぐ寝るべきだ、って思うんだけど?」
へむ2「やー。さすがに朝から晩まで寝た直後に、また寝ろと言われてもそれはちょっと。せめて3時間か4時間はインターバルをいただけませんかね?」
あずさ「・・・・・・(−− ま、いいでしょ。でも、なるべく早く寝るのよ?」
へむ2「へーい。てけとーにやる事やったら寝ま・・・」
カニ子「インガノック』カニよ! インガノーーーック!!」
へむ2「超るっせぇ。いや、やるよ。それもやるけどなあ、でもとりあえず他にもやる事あんだからさぁ。順番っつーのを理解しろ、つーの」

* て事ではもはも飯を食いつつ、まずは鯖マシンをテーブルから下ろしてゲームマシン復帰。グラフィックカードもぷちぱふぇたんに変わってますのでドライバインストールして、ああ、ついでに武装ロボ子の更新もしとくザマスよ。

*

へむ2「実はこのゲームマシンでは。今まで武装ロボ子、動いてなかったとゆー」
まるち「はい〜(^^; あの、立ち上がらなかったんですよね。今まで」
へむ2「うむ。原因は考えるまでもなくグラフィックカードが古かったからで、でもこれでOKなハズ・・・うん、OKだ。これでしばらくお休みしてた武装ロボ子も再開出来るとゆー物です」
カニ子「その前に!」
へむ2「わーってるっつーの。が、話の流れとして言いたい事だけ言っておく。つまり、ノートでやると他の全ての動作がもっさりしちゃってちとストレスだと。なんで切り離して、別マシンでやりたいと思ってはいたのですが、こっちのゲームマシンじゃ動かなくてうーん。と、ゆー状況だった訳ですよ。先日まで」
猪名川「ま、やけどこれでOK、いう事やな。ちゃんと動くよになったんやし」
へむ2「うむ。今後は多分、えろげと平行でぼちぼち進める事になるでしょー。しばらくやってなかったから、カン取り戻すのにちょっちかかるでしょうけど、ね」

* でも今日は『インガノック』専念。お。ウェンディゴの攻撃エフェクト、カコいいねぇ☆

*

猪名川「んー。その後のクラッキングもええなあ。これで相手クリッター毎に紋章が違えば、もっとええんやけど」
あずさ「そうね。でも、それは無理でしょ。多分」
へむ2「多分ナー。アニメのバンクシーンとかと一緒で、多分使い回しになると思われわれわれ。けど、その辺の確認はまた明日、ですな」
まるち「そうですね(^^; もう、あの、遅いですし〜」
カニ子「でも、まだ一章分しか終わってないカニー」
へむ2「大丈夫だよ、一度始めりゃ後は一気さ、多分ね。て事で、今日はここまで! 続きは、まーたあーしーたー」

* ほじゃまた寝ます。お休みゃみゃー。

* くぅ。


赫き炎の鋼の娘。

* お仕事にゃー。でもって『赫炎のインガノック』、第二章。

*

へむ2「あー。アティは可愛いねぇ(しみじみ)」
猪名川「やな(うんうん) あれはええ娘やー。そんでギー先生は実に朴念仁やー」
へむ2「あー。まあドクターは色々なもんが薄くなっとるからのう・・・と、白ヤギ星人さんだ。ハモり具合が良いのう、お二人は」

* ・・・と。ああ、第二章は戦闘が無いんですな。んじゃそのまま、第三章。

*

へむ2「おおーう。バトルでのギー先生、カコいいのう☆」
カニ子「『手』がいいカニよー。『手』が!!」
あずさ「ところで、少し誤字があるわよね? 『クリッター・』で止まってるの」
猪名川「せやな。後、ちょい前ん所で『大気』が『待機』になっとったよーな」
へむ2「ま、その程度ならよくある事ですんで許しましょー。て事で次は、第四章ー」

* お。鋼の娘、ルアハ登場〜♪ なるほどなるほど、そーゆー事でございましたか。なるほどー。

*

へむ2「ふふ。しかしアレですな、この世界でも、やっぱりロボ娘は『R』表記なのですな」
まるち「はわ?(^^; はぁ、あの、と、おっしゃいますと?」
へむ2「いやなに。アシモフ先生の作品でアーコロジーでRでね、とゆー」
まるち「はぁ(^^; あの、はぁ」
へむ2「ま、もしかしたら他にもそーゆー作品があるのかもしれませんが。でもおにーちゃん的にはアーコロジー、Rと揃うとやっぱりそれかな、と。ふふ。ふふふ。ふふふふふ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− 何なんだか。一体」

* んで第五章・・・は、体験版でやってるんで軽く流して第六章。んー、時間的に、今日はここまでっすかねぇ。

*

へむ2「う。でもここで終わるのはすっげ後味悪いなあ。ちょっちこー、切ないっつーかもの悲しいっつーか」
まるち「そうですね(^^; あの、はい、少し〜」
あずさ「て、言っても(−− ここで終わっとかないとマズいでしょ。アンタ、まだ身体も治りきってないんだし」
猪名川「それにや。この先しばらく、切ない話は続くんやないかー、つー気もするで? やから、一章二章先進めても、なあ」
へむ2「うーん、それは確かに。最後の最後まで一気にやる気でないと、切なさ蓄積していくだけかもかも」
カニ子「だったら、いっそ徹夜とかも手かと思うカニ!」
あずさ「やめなさい(−−メ 煽らないの、カニ子」
へむ2「やー。つっか、さすがに徹夜はアウトじゃね。つ事で、今週はここまでといたしませう。で、来週、残りを一気に進めますべーよ。残りのCG量とかから考えて、後二晩あれば終わるっしょー。多分」

* て事で。ほいじゃあ寝るですお休みなさい。

* ぐぅ。


LとかDとかPとかMで。

* 今日はお仕事特に無し。まあでも、代わりに会議があったりしますので、帰りは結局夕方飛行機。

*

へむ2「で、移動のお供は芦辺拓、『和時計の館の殺人』、と。ところでそれはそーとして、ライアーで『LOVE&D』、最後の一つのDL販売が始まってておにーちゃん大ピンチ! ですよ?」
まるち「は、はわ?(^^;」
猪名川「何でやねん。大ピンチて」
へむ2「いや。『LOVE&D』は全部揃ってからプレイすべー。と、なると多分『マスクドシャンハイ』の後だよね? と、思ってたので。なのに今のタイミングで出られると予定が狂うっつーか、『同じメーカーの作品は時系列順にプレイする』とゆーおにーちゃんの基本ポリシーがですなー」
カニ子「簡単カニー。来週中に、『インガノック』も『LOVE&D』も終わらせればいいだけカニよー」
へむ2「無茶ゆーな。さすがに一週間では・・・あれ? でも『インガノック』の残り量次第じゃ終わるか? ひょっとして」
あずさ「さぁ(−− それは分からないけど、まあ好きにしなさいよ。別に誰が困る訳でも無いんだし」
猪名川「つーか。どーせ『マスクドシャンハイ』かて発売日にプレイ出来る訳や無いんやしなあ。ええんちゃうん、プレイ開始が多少ズレたかて」
へむ2「ぬう。まあ確かに、それはそうなんじゃけど・・・」
カニ子「だから、死ぬ気で一週間二作品カニ! それで万事解決カニよー」
へむ2「・・・いや。確かにそれが出来れば全然問題無し、なんだけどさー。あー、まあ。とりあえず『インガノック』が終わった時点で、改めて計算立てるとしますかねぇ」

* ちう訳で。まあとにかく帰りま・・・おひょ?

*

へむ2「おお。これはいかん、PHS忘れた」
まるち「は、はわわわわっ!?(^^;」
あずさ「あ?(−− 何をアンタ、間抜けな事を」
へむ2「いやー(ぽりぽり) 充電器に突っ込んだまま、取ってくんの忘れちったい」
まるち「はわわ(^^;;; そ、それは、あの、えっと。ど、どういたしましょう〜?」
猪名川「つーても。今からとって返す訳にもいかんのやし、素直に諦めるしか無いんちゃうん?」
へむ2「うむ。現実問題として、それが唯一の解ですな」
まるち「は、はわわわわ〜(^^;」
へむ2「つー訳で、この週末及び来週頭の月曜日はPHS無し。まあもっとも、それでなんか困った事があるかと言えば」
あずさ「無いわよね(−− アンタ普段、全然PHS使ってないし」
へむ2「うん。仕事関係の連絡は全部メールで来るし、そもそもおにーちゃん、週末は一度もPHS開けない生活がデフォだし」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい〜」
へむ2「ま、強いて問題点を挙げるなら、今みたいな仕事の往き帰りにネットに繋げなくなる事。及び、週末外にお出かけして嫁とはぐれた時、連絡がつかなくなる事。それくらい?」
猪名川「ふむ。ま、どっちも大した問題やあらへんな。週末ん時は、はぐれんよに注意しとけばええだけやし」
へむ2「いや、ボンを自由に歩かせてる限り『はぐれない』とゆーのはほぼアリエナイので。どっちかっつーと『はぐれた場合の待ち合わせ場所をきっちり決めておく』やね。やるべき事は」
あずさ「はいはい、その辺は実際に出かける時にちゃんと話し合っときなさい(−− さ、じゃあ帰るわよ」
へむ2「あーい。途中寄り道・・・は、特にする必要ねっか。今日は素直に、帰りましょー」

* て事で。あ、ちなみに『和時計』の方は、うだうだしてたら読み終わりませんでしたー。なのでまた、後日にー。

*

へむ2「とゆーかですな。率直に言うと、ほにゃららに仕掛けられた仕掛けが大変チープで萎えました。萎えたが故に途中で中断。ただいま」
ぴーす「・・・ええっと。はい、あの、お帰りなさいませー」
へむ2「あんなもんは一目で気付け。つーか、気付かんまでもうさんくさいって思え。ふぅぅぅぅぅぅ」
ぴーす「は、はぁ。えと、あの、そ、そうですかー」
へむ2「まあ、次の章では主人公がようやく『サツジン』と邂逅するそーですので? そしたらまあ、色々ギミックが仕込まれるんでしょーけど。でも、初手からこれじゃあエンジンかかりきらんっつーの(ぶつぶつ) なぁ?」
まるち「はわ(^^; はぁ、あの、はぁ」
猪名川「て、同意求められても困るんやけどなー。うちら、読んどらんのやし」
カニ子「まったくカニー。それより、私はお腹が空いたカニー」
ぴーす「あ、は、はいー。すぐ、あの、お食事の方、ご用意いたしますー」
カニ子「よろしくカニー。ごっはん、ごっはん、ごっはんカニー♪」

* はもはも。でもっておにーちゃん、まだ風邪が治ってませんので。今日もとっとと寝るですお休みなさい。

*

あずさ「とか言って(−− もう日付、変わってるけどね」
へむ2「家に帰り着いて飯食い終わった時点でもう22時過ぎ、とかですのでそのくらいは勘弁してください。あ、ちなみにすたじお緑茶で『マジカライド』の体験版が出てますので? 皆さん、チェックですよー」
猪名川「んー。アクション紹介編、つー事はゲーム部分の体験版なんかな?」
へむ2「です。最初にキャラ紹介と、ちょっとした背景説明があって。後はアクションパートの操作説明、そんな感じ。まあ、俺もまだ最初の方しかチェック出来てねぇんで、もしかしたらアクションパートの後にまた何かあるかもしれんのですけど、ね」
あずさ「はいはい(−− でもいいから、今は寝なさい。『もう少しチェックする』とか言ったら呆れるわよ」
へむ2「『怒る』じゃなくて『呆れる』ですかいお嬢さん。いや、言いませんけど。別に」
あずさ「ん(−− じゃ、寝なさい。お休み」
へむ2「・・・むう。ま、いいや。じゃ、お休みー」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ、ご主人様〜」

* ぐー。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]