まるちいんさいど。

〜アレ方面のナニですよ?〜



逝ってこ〜い!
Last-Modified: Fri, 17 Jan 2014 00:32:56 JST

[たわごとにっき]

日々是戯言。


再び転職ディスガイア。

* 今日はお休みー。て事で花壇の手入れをしたり、色々。

*

へむ2「そしてもちろんその『色々』の中にはディスガイアも含まれとる訳で。うん、お兄ちゃん決めましたよ。プリニー隊の三人、もっかいクラスチェンジさせる事にします」
はつね「え?(^^;」
かえで「・・・また、ですか?」
あずさ「て言うか(−− また、なのね」
へむ2「同じ事を言っているのにあずあずの方からだけ人を責めるオーラを感じるのはなぁぜ? いや、でも、しょーがないのですよ。ちょいチェックしてみたら、新しい職業が生えてたもんで」
ぴーす「は、生える?」
まるち「えっと(^^; つまり、条件を満たしたから職業が増えた、という事ですね?」
へむ2「です。で、その職業の中にサムライ系とかニンジャ系があったもので。ウィザードリィ世代として、これはやらなきゃなんめぇよ! と」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「や、ちうっか冗談抜きで移動力の問題とかメイン武装の問題とか、今のままだと辛い物があってなあ。どうしようか悩んでたトコだったんじゃよー。だから、ネ?」
あずさ「やかましい(−−メ 言い訳なんか聞きたくないから、それよりとっとと話を進めなさい」
へむ2「うい。まあクラスチェンジした連中が改めてレベル30になったら、そこで進めます。つか、よくよく考えると『ダークロザリオ』って、ダークロザリオ界に潜ったら大抵一つは新しく拾えるから、無くなるまで待ってるといつまで経っても進めんのですな、はっはっは」
まるち「は、はわ?(^^;」
はつね「あ、やっぱりそうだったんだ(^^; もしかしたらそうじゃないかな〜、って思ってたんだけど」
へむ2「やー。もーちょい入手率低いか思てたんですけどねー。まあ、とにかく。レベルを上げる、レベルが上がったら全員にダークロザリオ装備させてステータスアップを図る。で、それが済んだら第五話くりやーするですよー」

* とゆー事はつまり、端的に言うと今日の所はやっぱり経験値稼ぎオンリー、と(笑) まあ、ぼちぼち行くですよー。

-

* にゅ。

* で、今日はお出かけ途中に都築道夫、『退職刑事2』を読みますた。やー、短編集だから超さくさく。頭のリフレッシュに、良いですにゃあ☆

*

へむ2「ただまあ、ちょっと今回はバランス的に難がある気もするな。やや、『推論』部分のウェイトが高すぎる感じ」
ぴーす「え? え・・・と。と、仰いますと?」
へむ2「つまりじゃね。『証拠』が少なくてそこから演繹される『推論』が多過ぎるんじゃないか、と。そう今回は感じられたっつー事じゃね」
ぴーす「は、はぁ。な、なるほどー」
へむ2「ま、でも。安楽椅子探偵っつーのは本来がそーゆーもんじゃからなー。このくらいなら、それはやっぱり許容範囲かな?」
かえで「・・・安楽椅子、探偵。アームチェア、ディテクティブ。椅子に座ったまま、事件を解決する人たち、ですね」
へむ2「です。調査なんかはしないので証拠が増えていく事も無く。純粋に論理だけで真相を看破する、なんですが・・・でも、あんまし証拠が少ないとやっぱちょっぴり違和感感じる訳で」
はつね「あはは(^^; それは、まあ、そうだよね。やっぱり」
へむ2「うん。ま、ホント微妙なバランスの問題なんですけどねー。つか、受け取る側の気分も影響してくるんで一慨には言えない次元の話なんですが。でも、今回は『俺的には』そう感じられたかな、てぇ事で」

* や、まあ、とか言いつつも、楽しゅうございました。ちうっかここしばらく分厚いのばっかでしたから? それとのギャップの激しさがたまりませんなあ、もう(笑)

-

* にゅにゅ。

* あいあい。んじゃ後はぐるー。

*

へむ2「んー。とりあえず、hueの広報娘が珍しくいぢめられたっぽ。惜しいな、それは是非見たかった
あずさ「・・・・・・(−−」
はつね「あ、あはは(^^; もう、お兄ちゃんってば。良くないよ、そういうのは」
へむ2「そか? いや、でも、珍しい物は見たいよね、とゆー好奇心がですね? ああいや、まあいいんですけど。うん」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「な、何か今、すごい勢いで自己完結されました?」
あずさ「そうね(−− でも、放っときなさい。下手に蒸し返して、話戻されるよりマシだから」
ぴーす「は、はい? あ、はい。わ、分かりましたー」
へむ2「さて。で、後は・・・ああ、ぎゃるげ.com四月馬鹿企画がちょっと面白そう。つーかこれ、実際に作ったら結構ウケるんじゃないかなあ。ねぇ?」
はつね「え?(^^; そ・・・そう、かな?」
かえで「・・・でも。今から作っても、出来る頃には、もう」
あずさ「ブームが去ってるわよ(−− 多分」
へむ2「がぁん。まあでも、そうだなあ。今からじゃ、遅いか」
かえで「・・・はい。多分」
へむ2「うみゅ、残念。で、ぎゃるげ.comではついでにえろげメーカー各社の今日の更新情報まとめが。ホントの事も嘘の事もまとめて載ってますので注意をっていやコラちょっと待て
ぴーす「はぅ。こ、今度は一体、何でしょうか?」
へむ2「うむ。ホントの事も嘘の事も全部載ってるくせに、月面基地前の更新が載ってないってのはどういうつもりだコンチクショウ」
あずさ「え? あ」
はつね「ほ、ホントだ(^^; 無いね」
へむ2「嫌がらせか? 嫌がらせなのか? つっかえろげ屋でもない工画堂の更新情報さえ載ってるとゆーのに!!」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; えっと、でも、嫌がらせじゃあない・・・と、思うよ?」
あずさ「まあ、見逃したんでしょうねぇ。単純に」
へむ2「おにょれー。ちなみに緑茶の更新内容が間違ってる件についても指摘しておく。微妙に調査不足だぞー、今年のぎゃるげ.comー」

* と、ゆー所で。んじゃ日付が変わる前に日記Upして、今日はおしまい。お休みなさいですにょー。


[卯月日記一覧] : 2006/04/02 : (コメントが2件あるにゅ)

TRPG即興曲。

* 今日はゲーム仲間と一緒にお花見。なんですが、その前に。

*

へむ2「・・・消えてるな」
はつね「消えてるね(^^;」
あずさ「て事は、四月馬鹿だったのね。アレ」
まるち「そうですね、おそらく〜(^^;」
ぴーす「・・・あ、あの。お、落ち着いてくださいね?」
へむ2「はっはっは。いや、俺は落ち着いてるよ? はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは
はつね「わ(^^; ちょ、ちょっと怖いよ、お兄ちゃん」
へむ2「いやいやいや。たとえアレ自体はネタだったとしても。『鋭意制作中』とゆーのが嘘でさえ無ければそれで。そう、それさえ本当ならそれで。うわーーーーんっ!!
まるち「はわわわわ(^^; あの、えっと、ええっと〜」
かえで「・・・落ち着いて、ください。大丈夫です、きっと」
ぴーす「そ、そうですよー。少なくともある程度は作ってらっしゃった訳ですし、何も言わずに発売中止だなんて、そんな事」
へむ2「それがあるのがえろげ業界の怖い所だにゃー。ああくそ、ホントにどうなんだうわーん」

* ちう訳で、月面基地前の特報ムービーは消えてしまいました。おにょれコンチクショウ(笑)

-

* にゅ。

* で、花見ー。つってもまあ、今日は風が強かったいつ雨が降ってくるか分からない、とゆー状況だったので。速攻舞台を室内に移して、後は延々だべったりボドゲをしたり。

*

へむ2「後、TRPGもしてきましたですよ。一応」
まるち「はわ?」
ぴーす「あれ? 今日はその予定は無い、と仰っておられませんでしたか?」
へむ2「いや、無かったんだけどね。でも『どーしてもやりたい!』と強く主張するプレイヤーがいたもんで。システムはその場ででっち上げ、シナリオは始まってから考える、とゆーのでまあ何とか」
はつね「で、でっち上げ?(^^;」
あずさ「・・・て、アンタ(−−」
へむ2「いや、だってしょーがねぇじゃん。ルールブックは何も持ってってなかったし、何より解散まで後一時間ちょっと、いう状況じゃったんじゃから。市販のルールじゃあキャラメイクしてるだけで時間過ぎちまやーね」
まるち「はぁ(^^; それでは、あの、確かに、しょうがありませんね」
へむ2「だから、最低限の判定システムだけ考えて後はがーっと勢いだけで。それで何とかなっちゃうんだから、世の中って不思議ー」
かえで「・・・何とか、なったんですか」
へむ2「なった。いつ破綻してもおかしくは無かったけどね」
はつね「あ、あはは(^^; そうだったんだ」
へむ2「うん。ま、でも。今回やったのはアレじゃな。ある意味、TRPGの原点である『ごっこ遊び』まさにそのものじゃった。なんで初心を忘れない意味でも、たまーにやる分にはいいかもしれんねぇ。あくまでもたまーに、じゃけど」

* もし間空けずに二回連続でやれ、とか言われたら俺は逃げますね、間違い無く(笑)<システム即席シナリオ即興>まあ、システムの方は正直トランプ一個ありゃなんとでもなるからいいんですけど・・・でも、シナリオの完全アドリブ進行はやっぱ、疲れます。かなり(^^;

-

* にゅにゅ。

* さて。んじゃ一日中遊んで疲れたので、今日はもう寝ます。お休みなさいー。

* ぐぅ。


[卯月日記一覧] : 2006/04/03 : (コメントが3件あるにゅ)

若さと愛とよろしく勇気。

* 朝。

* お出かけごー。ヤンマガカイジ君ー。

*

へむ2「は、『どの牌を切るか?』で悩んだまま今回しゅーりょー。ん〜〜・・・確証無いまま切ってかなきゃならない、つー状況はあんましよろしくないですな」
あずさ「そうねぇ。『勝利は偶然じゃ掴めない』っていうのがこのシリーズの基本コンセプトだし」
へむ2「さて。カイジ君は果たしてこの局を無事乗り切って次局に望みを繋げる事が出来るのか。久々ぶりに、緊迫感漂う展開ですにゃー」

* 後は、この先あまり引き延ばされずにとっととケリがつくのを祈るばかりでございます(笑) 今週含めて、六週以内に決着するといいですなあ。

-

* 昼。

* お仕事ざくざく。

-

* 夕方。

* 帰宅ー。今日の移動のお供はアシモフ先生、『黒後家蜘蛛の会2』

へむ2「うむ、なかなかに面白く。でもこれ、一番面白いのは実は作者の前書きと後書きだったりしやがりますね?」
かえで「・・・そう、なんですか?」
へむ2「うん。例えばそーね、前書きの中で詳しいいきさつは一巻で説明したのでここでは説明しない、とゆー事を書いてはる訳ですが。それの理由として、『既に読んだ人は同じ事の繰り返しで退屈』だから、あーんど『読んでない人が事情を知りたくてうずうずし、書店に走るとしたら私はむしろその方がいいと思う』ときたもんだ」
はつね「あはは、ホントだ(^^) 正直だね、先生」
あずさ「・・・前書きの最後の、『さしあたって言うべき事はこのくらいである。しかし、これでもう私が引っ込んだと思って喜ぶのはまだ早い』って言い回しも、なんか面白いわねぇ」
へむ2「まったくですなあ。まあその辺、半分は訳した人のお手柄なんでしょーけど・・・しかしさすがだ、アシモフ先生」

* 後、なにげにするりと自然体でSF要素、とゆーか科学要素が混じってるあたりもさすがです。ううむ。

-

* にゅ。

* でもって。今日は仕事が早く終わった&ちょっぴり用事もあったので、帰る途中で秋葉原。

*

へむ2「・・・およ? どこからともなく、宇宙刑事ギャバンの歌が聞こえる」
はつね「あ(^^) あっちだよ、お兄ちゃん。お店のテレビで、ムービー流してる」
かえで「・・・『宇宙刑事魂』、ですか。5月25日、発売?」
へむ2「うわー。一条寺烈、ポリゴンデータなのに本人クリソツー。いや、本来はポリゴンでクリソツでも驚く事じゃ無いんかもしれんけど」
あずさ「かも、じゃ無くて(−− 驚く事じゃ無いでしょ、きっぱり」
へむ2「・・・いやあの。そーきっぱり言われると、お兄さん立つ瀬が」
はつね「あ(^^; 変身する時ってコマンド入れなきゃいけないんだね、このゲーム」
かえで「・・・途中で攻撃されたら、変身出来ない。ちょっと、大変?」
まるち「そうですね(^^; 時間制限もありますし〜」
へむ2「これこれ、『変身』ではなく『蒸着』と言いたまへ。ではその蒸着プロセスをもう一度見てみよう!!
はつね「わ(^^;」
あずさ「大声を出すなっ!(−−メ 天下の往来でっ!!」
かえで「・・・姉さんも。声、大きい」
あずさ「う。と、とにかく。騒ぐな。叫ぶな(−−メ 人前なんだから」
へむ2「やー。でも、ギャバンの主題歌がエンドレスで流れるこの状況ではー。やはり俺ら世代的には、身体がうづうづしますよ? つか、予約していこうかなあ」
あずさ「や・め・な・さ・い(−−メ 18禁ゲームだけじゃなく、コンシューマでも積むつもりなの? アンタは」
へむ2「ううむ。それを言われると弱いのですが・・・じゃあ、アレだ。4月末の様子を見て決める、というのはどうでしょう? ディスガイアがある程度進んでて、終わりが見えてるよーなら買う、とゆー事で」
あずさ「ん(−− それならまあ、いいでしょう」
へむ2「ういー。じゃ、頑張りますよー、お兄ちゃんわ」

* に、しても。こーやって三人並んでるのを見ると、やっぱギャバンが一番カッコいいですなあ。このそっけない無骨さが、逆に、ねぇ(笑)

-

* 夜。

* で、ディスガイアー。てけとーにうにうに経験値稼ぎって、あい、んじゃ今日はここまでー。

*

へむ2「最後ぐる。ぱれっと4コマ劇場第11話。相変わらず妙なノリで結構楽しいんじゃけど、それはそーとして何故に主人公はタウンページなんか読んどるのかね?」
ぴーす「さ、さあ。ひょっとして、あの、趣味ですとか?」
へむ2「趣味て。どんな趣味よ、一体?」
かえで「・・・普通に、何かお店を探しているのでは? 幽霊祓い、とか」
へむ2「あ、なるほど。それなら納得だ」
あずさ「いや、それであっさり納得するのもどうなのよ(−− て言うか、そんな怪しい職業は載ってないでしょ、タウンページ」
へむ2「・・・でも。『祈とう師』とか、あるし」
はつね「あ、あるの?(^^;」
へむ2「・・・うを。あるな、確かに。iタウンページで検索かけっと、色々ひっかかってくるわ。怪しいのが」
ぴーす「はぅ。た、確かに!?」
はつね「あ、あはは(^^; あ、あるんだ〜」
へむ2「ん。とゆー訳で、この勝負はかえでちゃんの勝ち〜。あずあずは罰として、こ」
あずさ「あ?(−−メ
へむ2「・・・すみません嘘ですゴメンナサイm(_ _)m えー、で、後はうぇぶいろメッセージ更新。んー、ロゴの改変には気付いて無かったですなあ、全然」

* ほいであ寝ます。お休みなさいぐー。


[卯月日記一覧] : 2006/04/04 : (コメントが2件あるにゅ)

大台突入ディスガイア。

* 朝。

* お出かけー。

*

へむ2「ちなみに今月からひこーきのダイヤが変わって、とても使いにくくなるのです。ああ嫌だ嫌だ
あずさ「うん、嫌なのはよく分かったから、とっとと起きなさい(−− 時間、無いんだし」
はつね「20分早くなったんだよね、確か(^^;」
まるち「はい〜(^^; ですけど、あの、電車さんのお時間の方は変わりませんから〜」
かえで「・・・実は、あまり影響、無い?」
へむ2「いやいや、空港で飯食う時間がほとんど無くなった、とゆー実害はちゃんとあるのですじょ?」
あずさ「なんなら、家で食べてってもいいのよ(−− 後30分早く起きて」
へむ2「それは嫌ー。つか、朝の五時台に飯食う気にゃあなれねぇよ。仮に起きれたとしても」
はつね「あはは(^^; そうだね、ちょっと早すぎるよね、やっぱり」
へむ2「空港着いたあたりが一番朝飯っぽい時間なんで、そこでのてのて食うのが一番リズム的にはいいんですけどねぇ。やれやれ、まったくANAめがー」
まるち「はぁ(^^;;; ええと、ですけど、あの、多分、あちらの方にも色々ご都合が〜」
かえで「・・・その内、またダイヤが変わると思います。きっと」
へむ2「だといいんだけどねぇ。つか、ダイヤ変わって今以上に早くなったらどうしよう?」
あずさ「その時は本気で全力でクレームつけなさい(−− いいからほら、準備済んだなら行くわよ」
へむ2「へーい。ほじゃ、行ってきまー」
ぴーす「はいっ! 行ってらっしゃいませ!!」
へむ2「お家の方、よろしくお願いしますね(^^) ぴーすさん」

* まあ、一応15分くらいは余裕あるんで何とかなるんですけどねぇ。<空港朝飯>でも、気分的にはせわしないですなあ、やっぱり。

-

* にゅ。

* でもって、ひこーきの中では山口雅也、『キッド・ピストルズの妄想』をふにふにと。パンク探偵、おーいえー。

*

へむ2「あ、でも、今回ホームズおじいちゃんが出てこねぇ。アレか、とうとうボケたか、おじいちゃん」
まるち「は、はわ?(^^;;;」
あずさ「・・・またさらっと、ヒドい事を(−−」
へむ2「んー。でもさ、冗談抜きでボケたっつーか、探偵皇は退いた後なんじゃないか? いれば出てくるだろ?」
あずさ「そうとも限らないでしょ(−− たまたま、おじいちゃん向けじゃ無い事件が続いただけなのかもしれないし」
へむ2「うーむ。なのかな? なのかな? まあ、次の『キッド・ピストルズの慢心』におじいちゃんが出てくるかどうか見れば、少しは見当も付くかねぇ?」
まるち「あ、はい(^^; あの、はい、おそらく〜。出てこられる様でしたら、まだ探偵皇さんをなさっておられるのでしょうし〜」
へむ2「ん。じゃ、その辺も楽しみにしてますか。ただねぇ、問題が一つあってねぇ」
かえで「・・・問題?」
へむ2「うん。売ってねぇんだ、これが。あーもう、なんで『慢心』だけ講談社なんだよーう。創元なら、多分ちゃんと手に入るのニー」

* や、もう、いつも主張してる事なのですが。たかだか五年前六年前の本で品切重版未定とかふざけた事ぬかさんで頂きたい、と思う次第です。<講談社>まったくもー、俺が一体どれだけ苦労をしていると(ぶつぶつ)

-

* 昼。

* ま、でもそれはさておき。働け俺様ー。

-

* 夕方。

* でもってディスガイア。レベルも全員30を越えましたので、ぼちぼち第五話、話を進めましょーかね。

*

へむ2「・・・て。また出てきたよ、中ボス」
はつね「あはは(^^; でも、やっぱり名前は名乗らせてもらえないんだ、中ボスさん」
へむ2「まあしょーがあるまい。中ボスだからって何ですかこの挿入歌わー
かえで「・・・テーマ、ソング?」
あずさ「テーマソング・・・なんでしょうねぇ。多分。この中ボスの」
へむ2「うわー中ボスのくせに生意気ー3。ま、いいやいいや。とにかくとっとと、この面クリアすべぇ

* で、クリア。今回の話ではつるぺた悪魔娘が大変良い感じでございました。それはいいんですが。それはいいんですが。わーんまた仲間が増えたー(泣

*

へむ2「・・・とほほのほ」
はつね「あ、あは、あはははは(^^;」
かえで「・・・しかも、魔物型。投げれません、ね」
へむ2「かなんなあ、もう。ちうっか野郎は要らんっちゅーねん。その辺ホンマ、考えてぇな(ぶちぶち)」

* まあとりあえず、育ててはみますが。<新入り>どーなのかなあ、今度のは使えるキャラなのかなあ。

-

* 夜。

* あい。ではそろそろ電池切れ。お休みなさいばたんきゅー。

*

へむ2「ちなみにディスガイア100時間突入ー。本当の戦いはこれからだ!!」
あずさ「やかましい(−−メ 寝言ほざいてないで、とっとと寝なさいっ!!」
へむ2「にゃう。言われるまでもなく後数分で落ちるさー。でもホント、これって『ここまではチュートリアルです』って作りになってると思いません? おにーさん的には、本気でようやくスタートラインに立った、って気分なんですけど」
まるち「はぁ(^^;;;」
はつね「す、スタートライン・・・かなぁ?(^^;」
かえで「・・・もしかしたら。場合によっては。そう、なのかも」
あずさ「絶対違うと断言しておく(−− ほらほら、とっとと布団に入る!!」
へむ2「にゃうー。であ、さん、にぃ、いち」

* きゅう。


はぢめての遠距離攻撃。

* 今日はお仕事特に無し。て事でやっぱりディスガイア。理想を言うなら、ここら辺でレベル400くらいまで上げとかなきゃいかんのですが。

*

あずさ「・・・いや、400ってアンタ(−−」
へむ2「だってあずささん。『城にいたレベル300台の部下が、敵として襲いかかってくる』とゆー情報を入手したのですよ? じゃあ、それに負けないよにしときませんと」
はつね「た、確かに言ってたけど(^^; でも、お兄ちゃん。あれはホントに襲いかかってくる訳じゃ無いんじゃないかなあ」
かえで「・・・イベントか、何かで回避出来るのではないでしょうか?」
へむ2「かもしれませんがど、そうじゃないかもしれません。てゆーかさー、素直で良い子なお兄ちゃんとしては、聞いた情報はちゃんと言葉の意味通りに理解してあげたいって思うのココロよ?」
あずさ「誰が素直で良い子か(−− 寝言は寝てから言いなさい」
へむ2「こんなにも人生を実直に生きてるおにーさんになんてヒドい事をー。てっかさ、真面目な話よ? 小学校低学年くらいの子らがこのゲームやっててさ、んでああいう情報の出し方されたら『ああ、ここでレベル300必要なんだな』って思うと思わない?」
あずさ「思わない(−− 直前までレベル10だの20だのだったのに、いきなり300が出てくる訳無いでしょ」
かえで「・・・姉さんに、一票」
はつね「私も〜(^^; これはさすがに、あずさお姉ちゃんが正しいと思うよ。お兄ちゃん」
へむ2「うにゅー。ぬう、まるちはどう思います?」
まるち「はわ?(^^; あ、はい、あの、ええと。その、やはり、そこまでの必要は無いのではないかと〜」
へむ2「・・・くっ。まるちまでそう言いますか」
まるち「はわ(^^;;; あ、いえ、あの。えっと、もし、あの、必要な様でしたら、その、それが分かってからでも〜」
はつね「そうだよ、お兄ちゃん(^^; 経験値稼ぎは後でもいいと思うよ?」
へむ2「にゅーん。しょーがない、では素直にてけとーな所まで上げて、んで進めますかー」

* て事で今日の目標は『全員レベル40以上』。今回は僧侶を魔法使いに転職させたんで、そこが律速段階ですなー。

*

へむ2「てゆーか、もっぺんまた僧侶系に戻すんじゃから、あんましレベル上げなくてもいいんじゃけどな、実は」
はつね「え?(^^; そ、そうなの?」
あずさ「・・・あのね(−− だったら」
へむ2「あ、いやいや。レベルはどーでもええんじゃけど、マナ溜めんと転職出来んのよ。だからまあ、レベルは単なる目安だと思っていただきたい。この位のレベルまでに必要マナが溜まってればいいなー、とゆー」
はつね「あ、な、なんだ(^^; そういう事だったんだね」
かえで「・・・それなら、納得です」
へむ2「納得でしょ? ね?」
あずさ「・・・・・・(−− なんとなく、不本意だけど。確かに、まあ、納得よ」
へむ2「うい。ではまあそーゆー事で、ガツガツ進めまっしょー」

* ちなみになんでわざわざ魔法使いに転職させたかとゆーと、遠距離砲撃能力が欲しかったから。やー、今まで遠距離攻撃能力がまったく全然少しも無かったもんですから、不便で不便でもー(笑)

-

* にゅ。

* そして夜。レベルもまだ40いってませんしマナも溜まってませんが、もう遅いのでここまでー。

* お休みなさい。ぐぅ。


開け練武ゲート。

* 今日はお仕事ふにふにと。でもって後はディス略ガイア。

*

あずさ「・・・いや。ちっとも『略』してないし、それ(−−」
へむ2「はっはっは、細かい事を気にしてはいけませんよ、セニョリータ。で、まあ、それはさておき。ようやくマナも溜まったので、再び転職ですよー」
はつね「えっと。あのね、お兄ちゃん?(^^;」
へむ2「にゅ? 何でしょう?」
はつね「あのね(^^; ここで転職しちゃったら、話進める前にまたレベルアップが必要になるんじゃないかなあ」
かえで「・・・レベル1に、戻る訳ですし」
へむ2「・・・おおう(ぽむ) うん、確かにその通りだ。では、転職の前に話を進めまっしょー」

* て事でそのまま第六話。ごー。

『殿下は、このあたしが殺るんだから!』

* ・・・おお。らぶらぶですな、つるぺた悪魔娘。ステキだー(笑)

*

へむ2「て、はぅ。せんせー! せんせーせんせーせんせー!! あの、この面のボスキャラがレベル75とか言うてますよ!?」
あずさ「え」
まるち「はわ?(^^; あ、ほ、ホントです〜」
はつね「ホントだね(^^; しかも、10人いるよ」
かえで「・・・と、いう事は。分裂前はレベル750だったんですね。この『別世界の魔王』って」
へむ2「とゆー事ですな。て、そんな冷静な分析してる場合じゃなくてーーーーっ!? つかさー、だから俺言ったじゃん!? もっとレベルアップしてから進めようって!!」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。も、申し訳ありませんでした〜」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; でも、だって、まさか」
あずさ「・・・しょうがないでしょうが。まさか、こんなレベルの敵が出てくるとは思わなかったんだから(−−」
へむ2「えーん。うう、試しに戦ってはみますが・・・あう。やっぱダメだー」
まるち「1ターンでほとんど全滅ですね(^^; さすがに」
へむ2「くそう。しょーがない、ギブアップしてリセ・・・っと?」
かえで「・・・あ」
はつね「あ(^^; ギブアップしても話が続く」
まるち「はわ?(^^; あ、では、ここは、負けて話が進む所なんですね」
あずさ「そういう事ね。あー、そういう事なら納得(−− そうよ、こんな所でレベル75なんて敵が出てくる訳が」
へむ2「えい(ぷち)」
あずさ「て、なんでリセットするのよ!? そのまま話進めればいいでしょう!?」
へむ2「心の底から断るッ!! 君は何か、常勝の人生を気付き上げたこの俺様に負けて日本を去れと言うのかね!?」
あずさ「だーっ!! どこの鷲巣巌だ、アンタは!!(−−メ」
へむ2「『あり得ぬっ・・・! そんな事はあってはならんのだ・・・っ!』と、鷲巣ゴッコは楽しいのですがそれはさておき。冗談抜きで、負けるのは超悔しいから嫌ー」
まるち「はぁ(^^; ええっと、ですけど、今はまだ主人公さん、レベル63ですし〜」
はつね「他の人は40とか50だよ?(^^; ここから75は、ちょっと大変なんじゃないかなあ」
へむ2「うん。確かに、今のペースだとまず無理だな。でもさ、前から思ってたんじゃけどね? このゲーム、絶対どこかで『レベルアップ作業専用のダンジョン』がある筈なのよ。そうでなきゃ、とてもじゃないけどレベル999とか9999とか、無理だし」
かえで「・・・それは、そうですね。アイテム界の効率、あまり良くありませんし」
へむ2「うん。で、さあ。そのダンジョンって、暗黒議会の議題にある『練武の洞窟』なんじゃないかと思うのね。ほら、名前がまさにそんな感じじゃん?」
はつね「あ、そうだね(^^; うん、確かに、そうじゃないかな」
へむ2「うん。だから、この洞窟へのゲートを開けば・・・ただなー。このゲートオープン、可決するのがすごい難しくてなあ。今まで何度かチャレンジしてるんじゃけど、ことごとくダメでさぁ」
まるち「はぁ(^^; ええっと、ですけど、今のままでは、やはり、ちょっと・・・なんですよね?」
へむ2「なんよねぇ。う〜〜ん・・・しょーがない。何とかして、開いてみますかねぇ」

* で、何度かチャレンジして、半分幸運に助けられた感じで無事オープン。<練武ゲート>あー、確かにこれは、レベルアップ作業用ダンジョンですな。

*

へむ2「最初の面の敵はレベル50と60。二面目は75と85。三面目以降はまだ確認出来ず。うん、でも、最初の面だけでレベル70、二面目で90までは持っていけますな。こりゃ」
はつね「そうだね(^^) ステージクリアした時のボーナスも大きいし」
かえで「・・・何より、一回ごとにセーブが出来ますし」
へむ2「そう。アイテム界は10階層ごとでないとセーブ出来んからにゃあ。すぐに帰れる、つーんが大きいよなあ」
まるち「はい〜(^^; では、あの、頑張ってくださいませ〜」
へむ2「うい。まあこの状況なら、今までよか遙かに効率よくレベルアップ出来るやぁねー」

* とゆー訳で、ふにふにふにふにふにふにふにふにレベルアップ。主人公が70、他の全員が50以上に上がった所であい、今日はここまでー。

*

へむ2「ふぅ。さて、んじゃ寝ますかね」
あずさ「て言うか、もっと早く寝なさい(−− 最近、また夜更かしが過ぎてるわよ」
へむ2「や、でも、今日はしょうがないっすよー。ある程度レベルアップの目処を立てんと、悔しくって眠れませんもん」
はつね「あはは(^^; まあ、でも、もう大丈夫だよね。後はこのまま、レベルアップしていくだけだし」
へむ2「うん。ちう訳で寝るです寝ましょうお休みなさいー。あ、ちなみにさらっとぐるってもおきますが、うぇぶいろもんトップ絵更新。水着にはまだちょっと早いんじゃないか、とか思わなくもなしー」

* て事で。んじゃお休みなさいぐー。


てんぽらりーキャラ。

* 今日はお仕事会議だけ。て事でガイア、もう少し。

*

へむ2「ちなみにですな、今うちのパーティは全部で9人。バトルマップに出れるのは10人までなので、つまり一人分空きがある訳ですよ」
まるち「はい〜(^^) ですから、それをご利用なさって新しいキャラクターさんをお育てになっておられるんですよね」
へむ2「んー。正確に言うと『育てて』はいねぇなあ。条件満たしたら、即キル予定だし」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「や、上級職をある程度出しておくと、今後メインメンバーの転職に便利かと思って。なので、新キャラの名前は『テンポ』『ラリィ』だ」
かえで「・・・テンポ、ラリー?」
はつね「えっと(^^; 『仮に』とかいう意味だよね、それって」
へむ2「正確には『一時的な』かな。名は体を表す、大変良い名前だと自負しておるよ」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− いや、まあ。なんでもいいけど、そりゃ」

* とりあえず、各職業とも四段階目までは出しておきたい、と思うのココロです。まあ、この先しばらくは転職予定無いんですが・・・でも、その気になった時に慌てて上級職出し作業すんのも、ヤですからなあ。

-

* にゅ。

* でもって、夕方。ひこーき乗って東京帰還ー。

*

はつね「じゃ、お兄ちゃん(^^) 私たちは電車で帰るね」
かえで「・・・一旦東京に戻るより、ここから直接、の方が楽ですから」
へむ2「うい。んじゃまた、ゴールデンウィークにー」
はつね「うん(^^) またね、お兄ちゃん。まるちちゃん」
まるち「はい〜(^^) はつねさんもかえでさんも、お気をつけて〜」
かえで「・・・姉さんも。始業式くらい、出てみたら?」
あずさ「まるで私が引きこもりニートみたいな言い草はやめなさい(−− まあ、でも、そうね。里帰りしときましょうか、せっかくだから」
へむ2「せっかくだから俺はこの赤い扉を選ぶぜー。しかしこー、どーせ一年経ったらリセットされるループ世界の住人なのに、マメだよね。君ら」
はつね「あはは(^^; でもほら、いつループが解除されるか分かんないし」
あずさ「て言うか(−− アンタが成長しないからループが解除されないのよ。とっとと成長して、私ら解放しなさい」
かえで「・・・でも」
あずさ「? 何よ、かえで」
かえで「・・・ループが解除されたら、姉さんだけ留年。出席日数、足りないし」
あずさ「・・・・・・」
まるち「は、はわ?(^^;」
かえで「・・・私たちは、平気。ちづる姉さんも、もう学校行ってないから関係ないし」
へむ2「ああ、そだね。あずあずだけワリ食う訳だ、はっはっは☆」
あずさ「他人事みたいに言うなっ!!(`皿´メ て言うか何なの、その罠は!?」
はつね「あ、あは、あはははは(^^; 何なら姉さん、今年はちゃんと学校行く?」
あずさ「まったくもう・・・(−− 真剣に考えてみたいところね、その提案は」
へむ2「無意味だと思うぞー。今年も多分、ループ年だし」
あずさ「だから他人事みたいに言うなと(−−メ あーもう、とにかく私も里帰り! 後の事はまた後で考える!!」
へむ2「うーい。であ、まったね〜」

* で、帰り道ではディクスン・カー、『絞首台の謎』。フランス人の名探偵、アンリ・バンコランが活躍するお話ですな。

*

へむ2「にしてもアレですな。『バンコラン』と聞くとどーしても『パタリロ』のアレが先に思い浮かんでしまうのですが」
まるち「はぁ(^^; それは、あの、はい。あちらの方を、以前から知っておられる訳ですから〜」
へむ2「うん、なんですけどね。でも、なんとゆーか。あのイメージが強すぎるせいで微妙に作品世界が歪む気分。具体的に言うと、ホモ」
まるち「はわ(^^;;; は、はぁ」
へむ2「もちろんこー、実際には全然関係ない訳ですが。でもこー・・・ううむ。刷り込まれたイメージっつーのは恐ろしいですなあ」

* で、とか考えてたら帰宅までに読み切れなかったり(ぉ<『絞首台』>ま、続きはまた明日、ですな。

-

* にゅにゅ。

*

へむ2「さぁて。晩飯も食った、ディスガイアもちょっとだけ続きをやった。ぐるは・・・うぇぶいろメッセージが更新でごめん紫のそんな設定すっかり忘れてた。まあでも、しょうがないよな。うん。紫だし」
まるち「はぁ(^^;」
ぴーす「そ、それでよろしいのでしょうか?」
へむ2「いい事にしとけー。で、まあ、寝ようじゃないか。今日はとっとと」
ぴーす「あ、はい! お風呂ももう沸いておりますので、どうぞ!!」
へむ2「ほいほい、ありがとー。んじゃま、そーゆー事で」

* お休みなさい。ぐぅ。


舞い戻りアイテム界。

* 今日はお休みディスガイア。全員レベルが70以上になったので、練武の洞窟の次の面に進・・・う、敵強ぇ

*

ぴーす「あ。よく見たらレベル100とかいますね、敵の方」
へむ2「何ぃ? うわ、ホントだ。ぬう・・・まあ、でも、勝てるは勝てるな。うん。ちと辛ぇけど」
まるち「はい〜(^^; あの、天使の方が、お倒れになってしまわれましたし〜」
へむ2「いや、あの天使娘は不思議と防御力が低くてなあ。おかしいよね、他のキャラと同じ装備してんのに」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。それは、やはり、それぞれのキャラクターさんの特性かと〜」
ぴーす「えっと。ですけど、そういう時の為にアイテムにイノセント・・・でしたか? が、付けられる様になっているのではないかと」
へむ2「うん、まあそなんだけどさ。でも、誰にどれだけ付けるか考えるのが面倒でねぇ。超適当に感性だけでくっつけてる訳なのですが」
まるち「はぁ(^^;;; えっと、ですけど、それは、やはり〜」
へむ2「にゅー。そうなあ。やっぱ、いっぺんちゃんと整理して、きちんと付けるかあ・・・」
まるち「はい〜(^^; それが、あの、よろしいかと〜」
ぴーす「後は、あの。防具の方も、もう少し良い物になさった方が」
へむ2「うぐ。いや、今、店で売ってるいっちゃんいい装備を買おうと思うと、一個300万かかるんでさあ。ちょい銭が・・・あーうー。でも、そうな。とにかくいっぺんアイテム界に戻って色々やろーか。うん」

* て事で、一旦戻ってイノセント&銭集め。とーりーあーえーず、天使娘が他のキャラと同じくらいの防御力になるまで、頑張りましょーかねぇ。

-

* にゅ。

* でもって、午後はお散歩に。幸い天気も良くなったので、ちょい普段行かない方までぶーらぶら。

*

へむ2「そしてやっぱり本屋に入るワタシ。ん〜〜・・・やっぱり、無いのう」
まるち「あ(^^; ご主人様、ご主人様〜」
へむ2「にゅ? どったい、まるち?」
まるち「あの(^^; こちらに、『人狼城の恐怖』さんが〜」
ぴーす「あ。揃ってますね、四巻全部」
へむ2「わー本当だー。て、遅ぇよ!? 古本屋あちこち回って揃えちゃったよお兄ちゃん!?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。それは、分かっておりますけど〜」
ぴーす「何て言いますか。間が悪いですね」
へむ2「まったくだよ。もう少し出会うのが早ければ・・・あー、まあ、でもアレだ。これで確信したけど、うん。俺が探してる他の推理小説も、日本のどこかの本屋にはきっとある。いつか、きっと、出会えるね。多分」
まるち「はい〜(^^; それは、あの、おそらく〜」
ぴーす「あ。そう言えば、福岡の方の本屋にある、というお話も?」
へむ2「うん、日記への突っ込みで教えてもらったねぇ。いや、だからって福岡までは行けないんだけどさ。行けないんだけどさ。てゆーか行けないからより悔しいんだけどさ。でも、うん。きっと見つかる。いつか見つかる。その時まで、頑張れ俺様ー」

* とゆー訳で、元気があれば明日も本屋巡りをしてみようと思います。や、今日なんだかんだで3時間くらい歩いて結構へろったんで、明日は一日家で寝てる可能性も高いのですが(笑)

-

* にゅにゅ。

* ほでもって夜、家に帰って『絞首台の謎』を読了。うい、『ちょっと荒削りかなー』と思う思うところも無いではないですが、なかなか楽しゅうございました☆

*

へむ2「さて、と。んじゃ、疲れたので寝ますか」
まるち「はい〜(^^; どうぞ、あの、今日はお早くお休みください〜」
へむ2「うん。まあそう言いつつも、実はもう1時だったりする訳で? 全然早くは無いんですけどねー」
まるち「はわ(^^;;; それは、あの、はい。で、ですけど〜」
ぴーす「そ、それでもあの! 少しでも、お早い方が!!」
へむ2「あー、うん、そだね。んじゃまあ、とっとと寝ますかねー」

* ちう訳で寝るです。今日も今日とて、お休みなさいぐー。


坊やだからさー。

* 今日はとっても良い天気。

*

へむ2「ふむ。これだけ良い天気だと、どーしてもお散歩心が疼くのう。やっぱ今日も、出かけますかね?」
まるち「はい〜(^^) お身体にもよろしいですし、せっかくですから〜」
へむ2「うい。であ、今日ものんびり、行きまっしょー」

* て事で今日もふらふら、本屋巡り。まあ、本自体は結局またしても見つからなかった訳ですが(ぉ、まあそれはさておき。

*

へむ2「実はですな。今日は松戸に来ておるのですよ。千葉県、松戸市ですな」
まるち「はい〜(^^) この駅でお降りになられるのは、初めてですね」
へむ2「うん、普段は通り過ぎてばっかですからー。で、ですな。この街に来た以上、行っておきたい場所が一つあるのですよおにーちゃんわ」
ぴーす「あ、はい。ええと、どちらでしょうか?」
へむ2「うむ。それ、そこの駅前に堂々とそびえ立つ、アレだ」
ぴーす「あれ? あ、バンダイミュージアムですね」
へむ2「ですよー。ガンダムミュージアムキャラクターワールドと、なかなか楽しそうな所じゃあござんせんか」
まるち「はい〜(^^) ヒーローさんが、いっぱいです〜」
へむ2「うむ☆ ちう訳で、さっそくゴーですよー」

* や、入り口の階段からして、雰囲気出てて良い感じ(笑)<バンダイミュージアム>でもってまずはキャラクターワールド、最初はウルトラマンコーナー。

*

へむ2「あ、円谷のおやっさんの写真だ。拝んでおこう(なむなむ) あ、次の仮面ライダーコーナーでは敵戦闘員の声が聞ける!! わーい♪ ああでも、2号ライダーとかストロンガーが壁パネルにいないってゆーのはどういう事!? ライダーマンがいないのはまだ分かるけど!!」
まるち「はぁ(^^; えっと、それは、あの、スペースの関係ではないかと」
ぴーす「そ、それより、あの。も、もう少し、あの、お静かに」
へむ2「あああ、てゆーか展示の半分は平成ライダー!? 君ら、そんなに平成ライダーが好きか!?」
まるち「はぁ(^^;;; それは、ええと、やはり最近のお子様方はそちらの方に馴染みがおありでしょうし〜」
ぴーす「ですから、あの、もう少し〜」
へむ2「子供を連れてくるパパンの事も考慮して頂きたいッ!! む、次は戦隊物わーいゴレンジャー☆ バリキキューンはカッコいいね!!!」
まるち「はぁ(^^;」
ぴーす「・・・あぅ。き、聞いていただけません〜」
へむ2「おーおーゴーレンジャー♪ ちなみに聞いてくださいよお嬢さんズ。うちの嫁ったら、『バトルフィーバーJ』の事知らない、って言うんですよ?」
まるち「はわ?(^^; はぁ、あの、はい。それは、やはり、女性の方は知らなくても仕方がないのではないかと〜」
へむ2「くそーう、ああでもアレだ。こやって戦隊物まとめて見せられると、すっげワクワクするね? 今放送してるの、久しぶりにビデオに録ってみようかなぁ」
ぴーす「・・・やっぱり、聞いておられませんー」
まるち「はぁ(^^; あの、ええと。ちょ、ちょっと、あの、そうかもしれませんね」
ぴーす「ちょっと、じゃなくて全力でそうだと思います。うう、こういう時は一体どうすれば良いのでしょうか?」
まるち「はぁ(^^;;; ええと、あの、それは〜」
へむ2「を、階段降りたら今度はスーパーロボットコーナーですか。そーらにーそびえるーくーろがねのしーろー♪」
まるち「・・・ええと(^^; と、とりあえず、外に出られたら落ち着かれると思います。た、多分〜」

* いやいや、満足☆ んで、次はガンダムミュージアム。あ、いきなり等身大ザクヘッドがお出迎えですわー(笑)

*

へむ2「おう。しかも壁パネルにはザクの性能表が! いいねぇ、真面目にこういう事やってるあたりが」
まるち「あ、ご主人様、ご主人様〜(^^) 次のコーナーでは、ガンダムさんのデータが〜」
へむ2「おーう、こっちもいいねぇ☆ は、しかも次の所ではザクマシンガンが撃てる!! ガンダムコクピットにも入れるー。わーい♪」
ぴーす「わ。等身大のガンダムもありますね。上半身だけですけど」
へむ2「うーん。まあでも、そっちは見るだけだからなー。白眉はやっぱり、最初にあったザクとガンダムの性能を真面目に検討してる所じゃよー」

* いやいやいやいや、でもこっちも満足。あ、ちなみにもちろん、ザクマシンガンも撃ってきましたですよー(笑)

-

* にゅ。

* ほいでもって最後は、G-Style Cafeで一休み。ここ、カクテルに『赤い彗星』とか『ララァの瞳』とか名前が付いてて、なかなかステキ☆

*

へむ2「そしてノンアルコールカクテルの方はジャンル名が『坊やだからさ』ときましたよ。超ステキですな」
まるち「はぁ(^^;」
へむ2「あ。デザートの方も、『どっちつかずのアスラン』とか『キラの涙』とか、そんな凄い名前が付いてますよ?」
へむ2「ほほう? おや、ホントだね。でも、ガンダムシードは見てないからなあ、お兄ちゃん。そっちはよく分かんないや」
ぴーす「あ、そ、そうなんですか?」
へむ2「うん。とゆー訳で、とりあえず坊やなお兄ちゃんとしてはノンアルコールカクテルと頼んでみたいと思う。この『ハロ』のグリーンがいいな」
まるち「あ、はい(^^; ええと、お食事の方は、何か?」
へむ2「うーん。帰ってから飯食う訳だから・・・ま、やっぱデザートっすかね。こっちは特に名前に思い入れ無いんで、素直に食いたいケーキを選ぶ、つー事で」

* いじょ。やー、今日はホント、楽しい一日でありました☆ 子供が産まれて大きくなって、特撮ヒーロー物をTVで見出すよーになったら、また子供連れてここにやってこよーと思います。まる(笑)

-

* にゅにゅ。

* であここまでー。今日も何だかんだでよく歩いたのでちょいお疲れ。とっとと寝るですよー。

* ぐぅ。


[卯月日記一覧] : 2006/04/10 : (コメントが4件あるにゅ)

黒い猫の館。

* 朝。

* お出かけごー。今週もまた、お仕事な一週間が始まりますよセニョリータ。

*

へむ2「・・・と? それはそうとして、何か今日はやけに人が多いですな。バス待ち列が、普段の倍くらいになってますよ?」
ぴーす「はぁ。それは、あの、新学期が始まったせいではないかと」
へむ2「あ? ああ、そうか。大学の新入生か、この若者達」
ぴーす「はいー。多分、そうだと思います」
へむ2「そっかそっか。そーだよな、はつねちゃん達も帰った訳だし。そっかー、もうそんな季節なんじゃねぇ」

* 春ですなあ(しみじみ)<新入生>あ、それはそーとして、今週のカイジ君はあんまし話が進んでませんでした。まる。

-

* 昼。

* そして言うまでもなくお仕事ー。なんですが、今日は待ち時間がやけに長かったのでその間に我孫子武丸、『メビウスの殺人』をさらっと読み終わってみたり。

*

へむ2「んー。いわゆる倒叙型ミステリとゆー奴ですな、これは」
ぴーす「倒叙型? あ、ええと。探偵側からでなく、犯人側の視点から書かれた推理小説・・・でしたでしょうか?」
へむ2「でしたです。が・・・うーん。微妙に、イマイチ。最後で一応ひっくり返しがある物の、基本的にはほとんど全部序盤で読み切れますからなあ。も少しこー、ひねって頂きたかったー」

* ちうっかアレですな。おにーさん犯人の心理描写なぞにはこれっぱかしも興味が無いので、その辺メインに書かれるとどーにもこー(^^; せめてもーちょい『謎』が魅力的なら良かったのですが・・・うーみゅみゅみゅ。

*

へむ2「まあいいや。とりあえずまだ一時間程待ち時間があるんで、今度は綾辻行人、『黒猫館の殺人』を読むとしましょう。館シリーズ、六つ目ですな」
ぴーす「それにしても、今日は本当に待ち時間が長いですねー。こういう事は、あの、よく?」
へむ2「いんやー、ここまで長いのは珍しいな。ま、でも、あっちゃったもんはしょーがねぇ。のんびり過ごすとしましょーや、時間まで」

* とゆー訳でふにふに。さすがに全部は読み切れなかったんで、後は帰りの電車の中でー。

-

* 夕方。

* 帰宅。あーんど、『黒猫館』も無事読了。

*

へむ2「うむ。えっらい分かりやすい謎もやたら多うございましたが、でも最終的にはそのスケールのでかさに負けた、とゆー気がします。あ、ただいま」
まるち「はい〜(^^) お帰りなさいませ〜」
へむ2「うむうむ。とゆー訳でおにーさんは満足であるあるあるあるある。ただ問題は、これで文庫になってる館シリーズが全部おしまい、だとゆー事か。つまりとっとと『暗黒館』を文庫に落とせや講談社。いじょ」
まるち「はわ?(^^; はぁ、あの、はい。は、早く文庫になられると、良いですね」
へむ2「後アレだ。講談社ミステリーランド『びっくり館』もなんとかしてくれ。くそう、罠か!? 罠なのか!! ああもうお兄ちゃん、『子供の教育の為』とか小理屈つけてミステリーランド、ホントに揃えっちゃうよ!?」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「・・・ええっと。あの、お子様がそれを読める様になるまで、最低後三年はかかるのではないかと。それに、あの、噂を聞きますと、決して『子供向け』という訳では」
へむ2「そりゃまあ、『かつて子どもだったあなた』の為の小説ですからな。て、いやだから、子供の為とゆーのはあくまで小理屈であって、メインは俺が読みたいのだ、とゆー」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうですか」
へむ2「くうううう。てゆーか、館シリーズそっちに持ってくのはぜってー卑怯だと思う。おのれー、おのれおのれ講談社ー」

* や、実のところもう、『子供関係なしに買っちゃおうかなー』と思わないでもないのですが。<ミステリーランド>ただ、『買うのは文庫だけ』の縛りを外してしまうとあっと言う間に収納スペースが溢れる、のも見えてる訳で。うにゅ、困りものですにゃあ。

-

* 夜。

* でもってちっくらディスガイア。アイテム界にひたすら潜ったり『練武の洞窟』の三面目を何とかクリアしてみたり、とかやってるうちに主人公のレベルが100オーバー。さすがに、強い敵と戦うと経験値の入りがいいですな。

*

ぴーす「あのー。そろそろ、お話を進めてもよろしいのではないでしょうか? その、もう十分レベルが」
へむ2「まだ武装が揃ってない。最低、全員分の防具揃えてからでないとなあ」
ぴーす「・・・そ、そうですか。た、確かにあの、はい。それも、重要ですよね」
へむ2「うん。それに真面目な話、今のままだと強いキャラと弱いキャラの格差が激しくてなあ。ちょいこー、イノセントいっぱい集めて弱キャラ強化せんと、連中に経験値入れる事が出来ん」
まるち「そうですね(^^; 強い方々はダメージ2000以上行きますけど〜」
へむ2「弱い連中は1000いかんからなあ。まあ、適当に連携なりコンポかましてやりゃいいんじゃけど・・・やっぱ、効率化の為には『一撃で倒せる』レベルまでは攻撃力、上げとかんとなあ・・・」

* まだまだ先は長いです。頑張れ、俺様ー。

-

* にゅ。

*

へむ2「さて、と。で、今日のぐるは・・・うぇぶいろで4コマ更新、くらいか」
まるち「そうですね(^^; 最近、何となく皆様お静かです〜」
へむ2「その辺は何つーか、最近俺が多少ズボラこいてるせいもあるとは思うんですけどね。ま、でもとにかく。ぐるも済んだので、今日はここまでー」

* お休みなさい。ぐぅ。


固ゆで玉子と延期組。

* 朝。

* お出かけー。移動のお供は法月綸太郎、『頼子のために』

*

へむ2「・・・ねこー。ねこー」
ぴーす「猫? が、あの、どうかなさいましたか?」
へむ2「いや。猫に関する某エピソードを見た瞬間、事の真相がするりと見えてしまった物で。にしてもこー、何つーか・・・救われねぇ話だなぁ、おい」

* そしてホントに最後まで救われないまま終了(ぉ あー、確かにこりゃあ解説でも言われてるとーり、ハードボイルディな作品ですなあ(^^;<頼子

-

* 昼。

* 働きー。

-

* 夕方。

* まだまだ働きー。今日はちょい、長めー。

-

* 夜。

* ガイアー。今日は経験値&おぜぜ&イノセント稼ぎだけで、特に進展無しー。

*

へむ2「で、後はぐる・・・ですが。ううむ」
ぴーす「・・・ええっと。延期、なさってますね」
へむ2「なさってますなあ。えーい、『PRINCESS WALTS』も先日延期しとりますし、『七彩かなた』に至ってはさらりと4月をブッチして5月までいっとるしのう。なんですか、この4月の俺の購入予定物は、みんな揃って呪われてますか?」
ぴーす「さ、さあ。それは、あの、どうでしょうか? 確かに、あの、『蠅声の王』に関しましては、ゲーム本体ではなく特典の方で、との事ですから、その」
へむ2「本気で呪われてるかもしれない、と?」
ぴーす「は、はぁ。あの、もしかしたら、ですけど。ただ、他の2つに関しましては、本当にただの延期なのではないかと」
へむ2「『ただの延期』って言葉も何かアレだけどな。にしてもこー、本気でどうなっとるんだ、今月のえろげは」

* まあ、とは言え『蠅声の王』と『PRINCESS WALTS』に関しては一週間の延期で済んでる訳で。つまり『4月購入枠』の範囲からは逸脱してないんで、特に影響無いっちゃないんですが・・・いやしかし。ホントに何なんだかなー、もう(^^;

*

へむ2「あ、そうそう。話はいきなり変わりますけど、逸脱と言えばスカラドギ。『逸脱2006』のタイトル募集、中間発表が出てますよ」
ぴーす「は、はい? あ、え、ええと。そ、そうですかー」
へむ2「個人的には、上から三番目のにややウケだ。ただまあ、やっぱ最終的にはサブタイトルあたりに『俺は射精した』が入って決着、つー事になるんでないかてぇ気がするねぇ。やっぱり」

* て事で。ほいであ寝るですお休みなさいぐー。


強弱格差拡大中。

* 今日も一日お仕事ふにふに。

*

へむ2「そしてディスガイアの方は遅々として進まず。ううむ、銭金経験値はともかく、イノセント集めに時間を取っていかんのう」
ぴーす「そうですねー。弱いアイテム界にいるイノセントはやっぱり弱いですし、強いアイテム界ですと・・・10階潜るのに、時間がかかりますし」
へむ2「や、まあ。強いアイテム界でも特にボーナス稼ぐ気が無きゃ、それなりに早いんじゃけどな。でも、せっかく金と経験値が入る場所でそれは、なあ」
ぴーす「はいー。少し、もったいないです」
へむ2「とゆー訳でダラダラやっとる訳ですが。さすがに疲れたので、ちょっと気分を変えて今日はえろげをやりましょうかね?」
ぴーす「え」
へむ2「えろげをやりましょーかねー。さくっと終わってなおかつえろそうな、『宿り蟲』あたり」
ぴーす「・・・え、ええっとー。あ、あの! と、途中で投げ出すのはよろしくないかと!!」
へむ2「んー? 別に投げ出す訳じゃなくて、ちょっとだけ気分転か」
ぴーす「そ、それに! ほら、もう、遅いですし!!」
へむ2「遅いって。まだ、22時ですじょ?」
ぴーす「じゅじゅじゅ、十分遅いですよ!?」
へむ2「えー。いや、でもね。ぼちぼちえろげもやんないと」
ぴーす「そそそ、それは是非、来週に! 今週はあの、あずささんもおられませんし!!」
へむ2「・・・えーと。あずあずがいないからこそ羽を伸ばして、じゃないかと思うんじゃけど。俺」
ぴーす「あ、あう。で、で、ですけど。ええと、あの」
へむ2「・・・・・・」
ぴーす「・・・・・・」
へむ2「・・・・・・」
ぴーす「・・・す、すみませんー。あの、久しぶりにパス1でお願いします〜」
へむ2「むう。まあいいや、そこまで言うなら、パスしよっか。ぴーすが一人きりのこのタイミングに、えろネタでからかうのも楽しいかと思ったんじゃけど」
ぴーす「た、楽しまないでください〜!!」
へむ2「楽しいのニー。ま、いいやいいや。ちう事なら、とにかくガツガツ経験値稼ぎ続けるべぇよ」

* て事でさらにふにふにガツガツ。<ディスガイア>んー、主人公を筆頭とする『使える』組と、野郎魔族どもを筆頭とする『使えない』組との格差が、どんどん広がっていくあたりがちと切ない。

*

へむ2「ちうっかなあ。『練武の洞窟』の三面目、敵が固いからさあ。あそこで大きな差が付くのよな」
ぴーす「ですねー。攻撃力が足りない方々は、相手に全然ダメージ与えられませんし」
へむ2「100でも200でも与えてくれりゃあ、まだ打つ手もあるんじゃけど・・・0じゃからな。うにー、やっぱもっともっと、イノセント集めなきゃダメかぁ」
ぴーす「はい、おそらくはそうかと。ただ、あの、今日はもう、お時間の方が」
へむ2「んー。あー、うん。ま、今日はここまでにしといて・・・んと。ぐるぐるの方は、ろすくりの方で『蠅声の王』のファンブック同梱版通販が始まったくらい? おにょれ、そういうのはもっと早く言ってくれんと、ゲーム単体だけ注文した俺が馬鹿みたいじゃないかね」
ぴーす「え? あの、変更も可能ですよ? メールをお出しになれば・・・」
へむ2「だから。その変更メールに必要な『お問い合わせ番号』分からないんだってばよ。だから、出せないの」
ぴーす「え。そ、そ、そうなんですか?」
へむ2「うむ。てっきり注文受け付けメールに書いてあるか思ったら書いてなくてなあ(ぽりぽり) 多分、受け付け画面には表示されとったんじゃろうけど・・・んな物ぁ、既に電子の海の藻屑となっとる。つまり、どーあがいてもアウトだ」
ぴーす「は、はぁ。な、なるほどー」
へむ2「まあ、その旨書いて問い合わせりゃあ何とかなるんかもしれんけどさ。でも、それも面倒じゃしなあ。いいやいいや、とりあえず」

* まあ、秋葉行きゃあ普通にあるでしょうしねぇ。<蠅声ファンブック>素直に、そっちで手に入れて来るですよー。

-

* にゅ。

* であここまで。今日もいつもと同じく、お休みなさいですにょー。

* ぐぅ。


[卯月日記一覧] : 2006/04/13 : (コメントが5件あるにゅ)

猿が来たりて。

* 今日もお仕事にゃふー。でもって夕方、東京帰還っと。

*

へむ2「は、いいんですが、ひこーきの時間までに仕事が終わらなかったので帰りは電車だコンチクショウ」
ぴーす「はいー。飛行機のお時間、今月から早くなりましたからー」
へむ2「つまりANAが悪い。以上。この訴えは、ダイヤが改善されるまで繰り返し訴えていきたいと思う」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうですか」
へむ2「かの者に呪いと絶望をー。さて、んじゃ呪詛のセリフを吐き終わった所で、これから4時間のんびり電車に揺られるとしますかねぇ」

* とゆー訳で、電車に揺られてほーやれほ。時間がたぁんとあったので、森博嗣『今はもうない』と折原一、『猿島館の殺人』をともに読了ー。

*

へむ2「んー。『今はもうない』の感想は一言、俺は君らの色恋話なぞには毛頭興味無ぇ。以上。あ、それはそーとしてただいま」
まるち「はい〜、お帰りなさいませ〜(^^; 今日は、あの、大変でしたね」
へむ2「や、まあ。別に大変とゆー程では無かったんですが、それはさておき『猿島館の殺人』。こっちはなかなかに笑えましたですよー。『面白かった』ではなく『笑えた』なあたりがぽいんつ」
まるち「は、はわ? はぁ、あの、そうですか〜(^^;」
ぴーす「え・・・と。あの、それは、どこがどう違うのでしょうか?」
へむ2「さあ? 俺にもよく分かんない」
ぴーす「は、はい?」
へむ2「なんとなく直感的にそう思うっつーだけで、具体的に言葉にする気はあまりなし、とゆー事ですな。でもまあ、楽しかったよ、うん。色々と」

* で、帰ってきて飯食ったらもう日付が変わってたので、今日はここまで。お休みなさいぐー。


ザ・職人芸。

* 今日は珍しく、『平日なのにお休み』な日。なので。

*

へむ2「将来必要になりそな物を、アカチャンホンポにまで買いに来たおにーさんでございます。今日なら多分空いてるべー、とゆー読みですな」
まるち「はい〜(^^) この前の日曜日とは、全然違います〜」
ぴーす「そうですねー。今日は、レジに人が並んでませんし」
へむ2「良きかな良きかな。ちう訳で、ざかざか物買って帰りましょー。」

* て事でざかざか物買って帰宅。行き帰りでは、鮎川哲也の短編集『下り“はつかり”』を途中まで読んでみたり。

*

へむ2「具体的には『達也が嗤う』まで。ううむ、これはまた何とゆーか、すごい職人芸ですな」
ぴーす「職人芸? ですか?」
へむ2「です。個々のギミック自体はそりゃああちこちで普通に使われてる物なのですが、それをひっじょーにうまい形で組み合わせてるあたりが、実に。うーむむむ」
ぴーす「は、はぁ。なるほど、ですから『職人芸』ですか」
へむ2「です。しかもですな、うまい形で組み合わせてるだけでなく、加えてそれが全部きっちり『フェア』なのですよ。確かにこりゃあ、名作だわー」

* や、今日はこれ一個で大満足ですわー。<達也>ああ、えーもん見せていただきました☆

-

* にゅ。

* さて。んじゃ、後ぐるー。

* hueうぇぶいろもんトップ絵更新。久々の(つっても一月ちょいですが)まこちゃんですな。

*

へむ2「で、メッセージの方では『侍ジュピター』キャラの誕生日情報追加、と。しかし・・・」
ぴーす「しかし?」
へむ2「いや。何で、メインヒロインズ外して脇役ばっかなのかなあ、と」
まるち「はわ(^^; あ、そ、そう言えば、そうですね」
へむ2「あれか、広報娘の趣味か。てゆーか、趣味なら趣味で構わんから是非みつばの誕生日も調べてくれい、と言いたい」
まるち「はぁ(^^;;;」
ぴーす「みつば? え・・・と。キャラ紹介にはおられませんけど、どなたですか?」
へむ2「んー? うん、簡単に言うと置物」
ぴーす「お、置物!?」
まるち「あ、ええと(^^; あの、乗り物型のロボットさんでして〜。あの、作中では、霈さんのお部屋の、後ろの方に」
へむ2「背景として描かれてるのだな。が、『侍ジュピター』キャラの中ではリゲルと人気を二分する人気キャラだ、と断言しておく」
ぴーす「え、え、え。そ、そうなんですか!?」
まるち「あ、あの、ええと(^^; その・・・えっと。ど、どうなんでしょうか〜?」
へむ2「少なくとも俺的には最萌え。はっはっは、人間型してないくらい、気にしてはいけませんよ?」
ぴーす「は、はぁ。そ、そうなんですか」
へむ2「そうなんです。とゆー訳で、是非にー」

* ちなみにけっこー本気。<みつば最萌え>いー味出してんですよね、あのAI(笑)

-

* にゅにゅ。

* でもって。子供の名前案考えてたらすっかり遅くなったので、今日はここまで。とっとと寝るれすお休みなさいぐー。


寝台特急殺人事件。

* 今日は土曜日。でもお仕事。

*

へむ2「ちう訳で行ってきますぜー。うちの事ぁ、よろしく」
まるち「はい〜、行ってらっしゃいませ〜(^^) お帰りは、夜のいつものお時間ですか?」
へむ2「うん、多分ね。じゃ、いてきまー」

* て事でお出かけごー。移動中には鮎川哲也、『下り“はつかり”』を読了。一部ミステリじゃ無ぇ話が混じってるあたりが個人的にはちとアレですが、全体としては満足。ういうい、ごちそーさまでした☆

-

* さて。

*

へむ2「で、だな。今日の仕事が終わった訳だが」
ぴーす「は、はい」
へむ2「うんうん。ここで状況を整理してみような。まず、行きの飛行機が約30分遅れやがった
ぴーす「はい。で、でしたね」
へむ2「そして仕事自体も予定以上に時間を食った。おーけーおーけー、まあいいだろう、それ自体は。だが問題は、そこから導かれる結論だ」
ぴーす「・・・はいー」
へむ2「つまりだな。夕方のひこーきどころか電車にさえ間に合わなかった訳だコンチクショウ。それを端的かつ的確な表現で言い直すと、超役立たずだなこの腐れANA、となるな」
ぴーす「・・・ええっと。確かに、あの、定刻通りでしたら、電車の方には間に合った訳ですから。お気持ちは、あの、分かりますけどー」
へむ2「ちうっか訴えれんものか、これって。奴のせいでこちとら貴重な土曜の夜を無駄に過ごさんといかんくなったんじゃけど」
ぴーす「いえ、あの、ですから。お仕事自体も、延長なさった訳ですし」
へむ2「えいくそ。唯一の救いは久しぶりに夜行寝台に乗れる事になった事か? とは言え、B寝台の個室ソロじゃなー」
ぴーす「・・・あぅ。ま、また、あの、聞いておられませんね?」
へむ2「これが西村京太郎の世界なら途中で殺人の一つも起ころーに(ぶつぶつ) 現実世界ではそうもいかんから推理小説でも読んで時間を潰すしかありませんよセニョリータ。ねぇ?」
ぴーす「・・・・・・」
へむ2「ねぇ?」
ぴーす「・・・はいー。そうですね、どうぞ、あの、お読みになってくださいー」
へむ2「あ、ちなみに。全部読み終わったら暴れるから。改めて」
ぴーす「はいぃっ!? あああ、暴れないでくださいーーーーっ!!」
へむ2「とは言われてもなあ。えー、現在手元にあるのは島田荘司の『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』、麻耶雄嵩の『痾』、西澤保彦の『殺意の集う夜』、と、そんだけだ。これだけじゃあ、一晩は保たないだろう?」
ぴーす「そ、そうですけど! でも、あの、そういう時は、どうぞ、お休みになられてくださいーーーっ!!」
へむ2「・・・むう。とか言われてもにゃー。」
ぴーす「あの、明日もお出かけなんですし! どうぞ、あの、お早めにお休みください!!」
へむ2「にゅう。まあ確かに、徹夜だと明日がキツいからなあ。寝れる様なら寝ようかと思うけど・・・でもなあ。寝台特急なあ、微妙に寝にくいっつーか何つーか」
ぴーす「そそそ、そこをなんとか!!」
へむ2「うぬう。分かった、寝れる様なら寝るとしよう。でもまあ、とりあえず一冊は推理小説、読んでからね。ちょーど幸い、寝台特急ネタの『はやぶさ』が手元にありますしねー」

* とゆー訳で、今晩はこれから夜行寝台。なので今日の日記も、ここまでー。どーせ寝台の中からじゃあ、ほとんど電波が届きませんからにゃあ。


トラベル本格。

* とりあえず、朝。寝台特急にて、上野とーちゃく。

*

へむ2「あい。でもって、結局昨日は『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』『痾』と読みました。『はやぶさ』の方はアレですな、刑事物でなおかつトラベルミステリはありますが、でも同時にやっぱり本格。お兄ちゃん、とっても満足です。思わず昨日のストレスも忘れ去る程」
ぴーす「はいー。本当に、あの、良かったですー」
へむ2「・・・そこで心の底からほっとした顔をされるのも何となく割り切れない物を感じるのですが。ま、とにかくそーゆー訳でこの吉敷刑事シリーズはもう何作か買ってチェックしてみましょう。そーね、順番に五冊目くらいまで買ってって、それで総合的に判断してみる、つー事で」

* でもって、『痾』の方ですが・・・ええと、その、何だ。何て言ったらいいんだろう、これ(^^;

*

へむ2「えー。とりあえず、位置付け的には前作、『夏と冬の奏鳴曲』の続編・・・続編? と、いった代物であって。実際、前作における最大の謎、とゆーかメルカトル鮎が最後に示したあの道標を補完している部分もあるのです、が」
ぴーす「が? 何でしょうか?」
へむ2「・・・いやー。何つーか。前作の主人公と今作の主人公が同一人物である、とゆー確信が持てん。同じ名前、同じ境遇、ではあるんじゃけどさ」
ぴーす「え。でしたら、あの、同一人物なのでは?」
へむ2「うーん。それがなあ、主人公が記憶喪失になってるせいで前作部分がきっちりマスクされてるし。何より、強烈に違和感が漂う。俺的には、『これはあれとは別の、パラレルワールドのお話です』と言われた方がよほどすっきりする感じだ」
ぴーす「は、はい? そ、そうなんですか?」
へむ2「うん。まあ、最後までその辺ぼかされてるんでなんとも言えんのじゃけど、てゆーかそう惑わせるのが作者の狙いなのは間違い無いんじゃけど。いや、でも、しかし。うーむ」

* そしてそれ以外の部分でも何が何だか。いや、そもそもこー、これはホントにミステリだろうか、つー疑問もある訳ですが、まあでもそれはさておき。良くも悪くも突き抜けた作品ですなあ、こりゃ(笑)

-

* にゅ。

* でもって、昼。一旦家に帰って、そっからまたお出かけ。

*

へむ2「今日は月イチTRPGの日なのですよー。て事でただいま。そして行ってきまー」
まるち「はい〜(^^; あの、お疲れさまでした〜。行ってらっしゃいませ〜」
あずさ「・・・何もそこまでドタバタしなくても(−− まあ、今日は早めに帰ってらっしゃい」
へむ2「おや、あずあず。お帰りー」
あずさ「ただいま(−− で、本気であんまり遅くなるんじゃないわよ?」
へむ2「うーん、一応努力する。んーじゃつー事でー」

* で、一日遊んできました。にゃふー。

*

まるち「お帰りなさいませ〜(^^) 今日は、いかがでしたか?」
へむ2「んー? おう、今日は久々にPC殺してきたぜー」
まるち「は、はわ?(^^;」
ぴーす「え。殺してきたって・・・よ、よろしいのですか?」
へむ2「だってー、それもまたプレイヤーの選択ですしー。それにまあ、何つーてもゲヘナAn『アラビアン・ダーク・ファンタジー』ですからな。死ぬくらいの緊張感があった方がよろしい」
まるち「はぁ(^^;;; そ、そうなんですか〜」
へむ2「後アレだ。どーせ舞台は地獄、死んだ人間だってそのまま生き返る世界です。とゆー訳で、借金背負ってもらうのとバーターに生き返っていただきましたよPCには」
ぴーす「な、なるほどー。つまり、地獄の沙汰も金次第、という事ですね」
へむ2「うん、まさにそんな感じだ。借金自体はまあ、キャンペーン引っ張ってくネタとしても使えるし。ま、結果オーライ、つー事で」
あずさ「はいはい、良かったわね(−− じゃあ、今日はもう寝なさい。明日は仕事なんでしょ」
へむ2「うい。ちうっかさすがに、今日は疲れた。とっとと眠って、明日に備えるといたしまっしょー」

* て事で寝るでふ。やー、睡眠時間2時間ちょいで一日遊びに出ると、さすがにへろへろっすようにゃにゃにゃにゃー。


静的ジグソー。

* 朝。

* お出かけだんしーん。

*

あずさ「・・・だんしん?(−−」
へむ2「踊るように軽やかにお出かけしよう、という事です。ああ布団がぬっくい(ごろごろ)」
まるち「はぁ(^^; ええと、あの、はい。今日はよいお天気ですし〜」
ぴーす「軽やかにお出かけになられるのは、その、素敵な事だと思いますけど・・・あの、とりあえずそれでしたら、まずはお起きになられた方が」
あずさ「て言うか、軽やかでなくてもいいから起きなさい(−− 仕事よ、し・ご・と」
へむ2「・・・晴れやかな空にぽつりと浮かんだ雨雲のよーな方だ、あずささんは。へーへ、起きますよ、起きますともー」

* で、ヤンマガカイジ君。おお、今回はこのシリーズになってから初めて、『敵側の心理描写』がー。

*

へむ2「ふむ。敵はやっぱり別の待ちがある事が確定、カイジ君の当たり牌も四牌持っている、と」
あずさ「惜しいわね。もう一枚持ってれば、最後確実に振り込む事になるのに」
へむ2「そうですなあ。まあでも、もしかしたら持ってるのかもしれませんわよ? 画面には映らなかっただけで」
あずさ「う〜〜ん・・・いや、やっぱりそれは無いでしょ。はっきり『四牌』って書いてるんだし」
へむ2「かな? かなかな? まあいいや。とりあえずどーなるか、数巡先を楽しみにしてまっしょー」

* で、来週はお休み。<カイジ君>続きは再来週・・・あ、いや、違う。再来週はゴールデンウィークで雑誌自体がお休みだから、さらに一週延びて5/8発売号でやんの。おのれ(笑)

-

* 昼。

* お仕事ー。今日は午前中だけでお終いれす。

-

* 夕方。

* とっとと帰宅。でもって今日は、西澤保彦『殺意の集う夜』を読了。

*

へむ2「これは・・・何と言うか、すごいジグソーパズルだなあ」
まるち「はわ? ジグソーパズル、ですか?」
へむ2「です。まあ、パズルは推理小説の主要な一側面でございますから? それをとことんまで煮詰めてみた、とゆー意味では大した物ではあるんですが・・・何とゆーか。微妙に、何かが足りない?」
あずさ「いや、疑問系で言われても。足りないって、何がよ?」
へむ2「うーん。言葉には出来ないんじゃけど、パズル特化によって削られた何か、だ。あ、いや。言葉に出来ないって言ったけど、多分アレだ。これ、すっごいスタティックなんだ」
まるち「はぁ。スタティック・・・と、おっしゃいますと?」
へむ2「つまり『ダイナミックじゃ無い』とゆー事です。うん、そうか。だから『ジグソーパズル』だと思ったんだな、俺。パーツを一つ一つはめ込んでいって、最後の一片に至るまでペースがほとんど変わらない。そんな感じなんだわ、これ」
まるち「な、なるほど〜。そうなんですか〜」
へむ2「アレだな。こういうジグソーパズル系なら、出来れば最後に完成したパズルをちゃぶ台返しでぶっ壊す、とゆー展開が欲しかった。これも・・・多少はそれを狙ってる気配は見えるんじゃけど。でも、その『ちゃぶ台返しまで含めてジグソーの完成』になってるからなあ。うーん」

* あるいは、もーちょっと緩急を付けるとか。<展開に>それだけで大分良くなるんじゃねぇか、と思うんですが・・・いずれにしても、ちと残念です。みゅう。

-

* 夜。

* あい。じゃあ今日もまだまだ眠いので、とっとと寝ますよー。

*

あずさ「ん(−− その調子で早寝の癖をつけなさい」
へむ2「ふふふふふ。しかし人間には、リバウンドとゆー物が!!」
あずさ「・・・・・・(−− 殴るわよ。さらりと寝言ほざいてると」
へむ2「すみませんゴメンナサイm(_ _)m とゆー訳ではいはい、寝ますよー」
ぴーす「あ、はい。お休みなさいませ!」
まるち「ええと(^^; ですけど、あの、まだお風呂の方が沸いておりませんので〜。後、15分ほどお待ちください〜」
へむ2「何ですつー。ま、でも、それはしょーがありませんな。ではその隙にディスガイアでも」
あずさ「殴るわよ(−−メ いいから15分ぐらい、黙って何もせずに過ごしなさいっ!!」
へむ2「にゃー。しょーがありませんなあ、では、特に何もせず。時間が来たらお風呂に入って、んで寝るといたしまっしょー」

* ちう事で。ほいであ今日もここまでお休みなさいぐー。


電波が電波が電波が電波が。

* 朝。

* ねむねむお出かけー。でもって今日は、倉知淳の『壺中の天国』を読了。いきなり電波な人の電波な文章で始まるとゆー、外角高めもうちょっと右ならストライク、な推理小説でありました(笑)

*

へむ2「でもまあアレだよな。1ページ目からこれだと興味惹かれる人と引く人、くっきり分かれるよな」
あずさ「そうね(−− 少なくとも、私は引いたし」
へむ2「だろねぇ。ただまあ、あれも伏線だしなあ。必要なのは分かるし、後、そうやって最初にがつんと揺さぶる事で作中のめいんてぇま、『正常と妄想の境界領域』をはっきり浮き上がらせる狙いがあったりもするんだろうねぇ。多分」
あずさ「は? 境界領域?」
へむ2「うん。作中でねー、その二つの境界がいかに曖昧な物か、つーのが語られてたり。後、色々と境界線上の方々が出てきたり。例えばじゃね、最初の被害者は女子校生なんじゃけど、オカルトマニアだ」
あずさ「・・・オカルトマニアぁ?(−−」
へむ2「何その嫌そうな顔。マニアっつっても、おまじない信じたり占い信じたりパワーストーン買ったり、とかそんなレベルよ? 女子校生ならよくある事じゃろ?」
まるち「はぁ(^^; そうですね、確かに、あの、そのくらいでしたら〜」
へむ2「別にどっかの黄色みたいに人から玉子サンド奪ったりUMA探しに行ったりはしないから安心するよろし。ところで『じょしこうせい』って打つと『女子校生』が先に出てくるあたり、うちのATOK君は偏ってますね?」
まるち「は、はわ?(^^;;; はぁ、あの、それは、ええっと〜」
あずさ「・・・・・・(−− いや、それはATOKの責任じゃなくてアンタが。まあでもそれは置いといて、話戻しなさい」
へむ2「らじゃ。で、主人公の娘さん、括弧小学生10才括弧閉じるはアイドルグループに熱を上げて腐女子妄想炸裂。そういった小説を書いている、とゆー」
あずさ「待て(−− いやそれは待ちなさい、ちょっと!!」
へむ2「やー。俺のその突っ込みには実は同感だ。でも、作中では『実際に生臭い描写が出てくる訳じゃなし、これは単に好きなものを題材にして作家ごっこをしているだけだ』とゆー趣旨の説得で主人公、括弧30代シングルマザー括弧閉じるは言いくるめられてしまうのですよ」
まるち「は、はぁ(^^; そ、そ、そ、そうなんですか〜」
あずさ「・・・・・・(−−メ いいのか。それで。ホントに」
へむ2「どうなのかなあ。ただ、その括弧30代シングルマザー括弧閉じるも『盆栽』が趣味でねぇ。盆栽いじってると2時間3時間平気で熱中してしまうとゆー。なので、『そういう自分が熱中出来る事を持ってるのは良い事かもしれない』と納得してしまっちゃったりなんかしちゃったり以下略」
まるち「はぁ(^^;;;」
へむ2「ま、ぶっちゃけ半分はオタ礼賛小説ですからな、これ。そういう結論になってしまうのも仕方がないんじゃないでしょーか。個人的には、二人目の被害者括弧過食症に悩む20代女性括弧閉じるの心理描写が妙に唐沢なをき的でちょと笑えた」
あずさ「だー(−− あーもう、なんなのその小説は」
へむ2「だからオタ礼賛小説だとゆーに。ちなみに推理小説としては最後がちょいと弱いかなー、って感じ。ただ、伏線の張り方、とゆーか『ミスディレクション』の仕掛け方に秀逸な物を感じましたね。あんま具体的に言っちゃうとネタバレになるんで言えんのですけど・・・うん。なかなかに、良い物でしたよー」

* とゆー訳で、それなりには満足。ただまあ、アレですな。『電波』な部分に関しては、電波ゆえにえっらい読みにくい文章になってるのがちと辛うございました。ま、電波だからしょーがないんですけど(^^;

-

* 昼。

* お仕事にゅー。

-

* 夕方。

* まだまだお仕事にゅー。

-

* 夜。

* でもってディスガイア。相も変わらず、経験値&おぜぜ&イノセント稼ぎ継続ちう。

*

あずさ「・・・・・・(−− しばらく見ない内に、レベル140まで」
へむ2「まだまだ足りないって思うのココロだ。ちうっか、主人公はそれなりに優先して強くしてっから140いってるけど、他のキャラはせいぜい100なのよ?」
あずさ「やかましい(−− 100あれば、十分あの『別世界の魔王』倒せるでしょうが。なんでそれ以上上げる必要があんのよ」
へむ2「それはね、装備がまだ最強になってないからー。現在、最高級品は一つ800万から1000万とゆー状況になってますので? やっぱ、なかなかね」
あずさ「・・・あ?(−−メ」
まるち「はわ?(^^; あ、あの、ついこの前まで、300万だったのでは?」
へむ2「うん、あの後お店ランクをまた上げたから。多分、今が最高ランクなんじゃないかな」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「だー!! だから、どうしてアンタはそう無駄に強くしようとするの!!!(−−メ」
へむ2「それは目の前に自分より強い敵がいるから。いる以上、倒していかんとねぇ?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そ、そうですか〜」
あずさ「あーもー(−−メ さっさと進めてさっさと終わらせなさいよ。本編くらいはクリア出来るでしょうが、そこまでいってれば」
へむ2「うーん、どうかなー。実際、そうやって油断してたらあの魔王に全滅くらいかけた訳で。もーちょっとだけは、強くしておく必要があると思うのさー」

* とか言いつつ、でも今日はここまでー。明日も早いので、寝るですよー。

*

へむ2「・・・と、そうそう。『ぼーん・ふりーくす!』のファンブックなんですが、もう発売になってるみたいですよ?」
あずさ「そうなの? 20日発売、ってあるのに?」
へむ2「だってライアートップページの告知にそうあるんですものー。まあ真面目な話、普通の本屋はさておき秋葉でなら売ってるんじゃないすかね?」
まるち「そうですね(^^) 発売日前の物でも、結構普通にございますし〜」
へむ2「うん。ちう訳で、次秋葉に行った時に買ってきましょうね。どっちにしろそん時にはもう発売日過ぎてるから、絶対売ってるでしょーし」

* ちう事で。であお休みなさいぐー。


一日お仕事ちょとだけガイア。

* 今日は一日お仕事でした。でもって夕方、ばたんきゅー。

-

* 夜。

*

へむ2「そしてふっかーつ☆ さぁて、そいでは」
あずさ「寝なさい(−− 明日も朝から仕事なんだし」
へむ2「今起きたばかりなのに!?Σ( ̄ロ ̄;) あの、あずささん? それはあまりに切ないと思いませんか?」
あずさ「思わない(−− はい、終了」
へむ2「あずささんはエルクゥの様な方だー。いや、『様な』じゃないけどさ」
あずさ「やかましい(−−メ いいからとっとと寝なさい」
へむ2「とか言われても。冗談抜きで、起きたばっかじゃすぐには寝れねっすよ?」
あずさ「・・・・・・(−−」
へむ2「いや、無理っすから! ホントに!!」
まるち「え、ええと(^^; あの、とりあえず、あの、まずはお夕食の方、いかがでしょうか〜?」
へむ2「ほえ? あ、そうだ。飯も食わなきゃ。とゆー訳で、寝るのはもう2時間か3時間待っていただきたいー。眠気が再びやってくるまで」
あずさ「・・・まったく、もう(−− 寝るのよ、なるべく早く」

* て事ではくはく飯食って、んでちょっとだけディスガイア。あいあい、ほいでは再び寝るですよー。

*

へむ2「んと。ぐるの方は・・・うぇぶいろトップ絵が変わってこれまた久しぶりにアイたんになった、くらいか。じゃ、お休みー」
まるち「はい〜(^^) お休みなさいませ〜」
あずさ「・・・結局3時間ちょっと(−− もう少し早くならないものかしらね、ホントに」
へむ2「だからそうは言われましても。むしろ3時前にとっとと寝る気になった私をほめていただきたい」
あずさ「きっぱり断る(−− それより寝なさい、とっとと」
へむ2「ういにゃー。であお休みなさいー」

* ぐぅ。


セレナリアえんとりゃー。

* 今日も一日お仕事ドタバタ。でもって夕方ばたんきゅーの、夜復活ディスガイア

*

へむ2「あ、そーだ。あずささん、あずささん?」
あずさ「何よ(−−」
へむ2「だからどーしてそういきなりツンツンしてるんですかお嬢さん。や、今月のえろげ購入検討をさすがにぼちぼちやっとかにゃあならんと思うんでんすけどね、『先月のまとめ』はパスしていい?」
あずさ「・・・・・・(−− そうね。どうせ全っ然、状況変わってないし」
へむ2「うん。新しいのは何も買ってない、前から積んでるのも一本も崩してない、ですからなあ。現在の積みは前回と一緒、てぇ事で」

* ちう訳でさらりと今月の購入検討ー。こっちもかなりシンプルに。

* 蠅声の王LOSTSCRIPT

* ゲームブックなので。

-

* PRINCESS WALTSPULLTOP

* メーカー買いなので。

-

* いじょ。ともに4/28発売、っと。

*

へむ2「まあとってもシンプル。ちうっか、三月からこっち色々延期しまくった結果これですよお嬢さん。困った物ですね?」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね」
へむ2「五月は五月で買うもん一個しか無ぇしなあ。ホント、困った物ですよ」
あずさ「困るな(−− いい事でしょ、買う物減るのは」
へむ2「えー。俺的には悪い事ですよう、それは」
あずさ「い・い・こ・と・で・しょ(−−メ
へむ2「・・・・・・」
あずさ「何か。文句でも(−−」
へむ2「・・・いえ。まあ、その問題についてはとりあえず棚上げ。また後日話し合うとゆー事で」
あずさ「棚上げするなっ!(−−メ まったく、もう・・・」

* ちうっか最近えろい物をほとんど買ってなくて俺悲しいです。妙にストーリー物づいてる今の状況、何とかならんもんですかねぇ、ホントに(笑)

-

* にゅ。

* とか悩みつつ。それはさておき、ぐるー。

* ライアーソフト、『蒼天のセレナリア』関連色々更新。デモが出てたりBGMが出てたり予約特典詳細が出てたりユーザー参加企画詳細が出てたり。とりあえずデモの一番の見所は、いまだ詳細不明なSLG部分について一部情報が出てる事、ですかな。

*

へむ2「ふむ。この画面から察するに・・・地べたに落ちてるアイテムをアームで拾って回収、お金に換える?」
あずさ「お金はさておき、まあ拾うんでしょうね。にしても・・・なんて言うか。昔のファミコンみたいな移動画面ねぇ」
へむ2「ですなあ。まあ、でも、それ自体はノスタルジックで別に良し。ただ・・・画面構成から察するに、やっぱこれキーボードショートカットは無いんだろうなあ」
まるち「はぁ(^^; やっぱり、あの、そうでしょうか?」
へむ2「じゃ、ないかと思うのよ、何となく。例によってADVエンジン流用で作ってるぽいしなあ」
あずさ「そうねぇ。何となくだけど、確かに新しいシステム、って感じはしないわね」
へむ2「キーボードショートカット有る無しでストレス全然違うんですが・・・まあでも、言ってもしゃーないしな。とりあえずその辺は体験版待つべぇよ」

* で、ユーザー参加企画の方は今日から受け付け開始で、ゲーム開始は来週火曜日予定。もちろん俺は速攻エントリー完了しとりますので、参加する皆々様、ファイル交換プリーズですよ、是非ー(笑)

-

* にゅにゅ。

*

へむ2「うし。ではぼちぼち眠くなったから、また寝るか」
まるち「あ、はい(^^) お休みなさいませ〜」
あずさ「・・・昨日より、さらに1時間遅いし(−−」
へむ2「起きたのもの1時間以上遅いので勘弁してください、その辺は。ま、とにかくそーゆー訳で」

* 今日も今日とてお休みなさい。ぐー。


[卯月日記一覧] : 2006/04/21 : (コメントが3件あるにゅ)

メイド錬金術。

* 今日もお仕事うにゃ。でもって夕方東京帰還の、帰り道ではディクスン・カー、『魔女の隠れ家』を読了。

*

へむ2「フェル博士初登場の巻ー。や、途中の曖昧模糊感といい、その後の逆転の仕方といい、なかなかに良い物ですなあ☆」
まるち「そうなんですか〜(^^) それは良かったですね、ご主人様」
へむ2「いやまったく。犯人が指摘された後も諦めずに抗おうとするあたりもまた良し。つか、やっぱ殺人はじっくり計画練って、の方がいいよなあ(うむうむ)」

* いやいや満足。でもって、帰り道では秋葉に寄って色々購入。ぼんふりのファンブックとかロール&ロールとか。

*

へむ2「そして帰宅。ただいまー」
ぴーす「はい! お帰りなさいませ!!」
へむ2「ういうい。さぁて、ぼんふりの方は後日のんびり読むとして、ロール&ロールの方になにか面白い記事は・・・(ぱらり) ぶはぁっ!?Σ( ̄ロ ̄;)
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・汚いわねぇ(−− 何なの、一体」
へむ2「いや、あの、えーと。なんだ、『図解なんちゃら』てぇタイトルの、TRPG資料本、知ってます?」
あずさ「は?」
ぴーす「あ。ええと、『図解近代魔術』とか『図解クトゥルフ神話』とかの事ですね?」
へむ2「うん。他にも『図解ハンドウェポン』とか『図解錬金術』とかあるんですけど、まあ見て分かる通り、なかなか硬派な品揃えな訳ですよ」
あずさ「ふぅん。で? それがどうかしたの?」
へむ2「うん。で、今回のロール&ロールにそれの新刊の広告が載ってたんですけどねー。そのタイトルが、『図解メイド』なのですよー」
あずさ「・・・は?」
まるち「はわ?(^^;;;」
ぴーす「え。え、え、え、メイドって、あのメイドさんですか?」
へむ2「いや。現代日本のメイドさんじゃなくて由緒正しいメイドさんの方がメイン・・・らしいんですが。あ、Web上の情報はこっちにあるので、それ見てくだちぃ」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はぁ。Webの方にはありませんけど、広告の方の目次を見る限りは、確かに、あの、真面目なご本みたいですね」
へむ2「みたいなんですけど。でも、何でメイドなんだよ何で錬金術からいきなりメイドなんだよ今までの硬派路線はどうしたんだよ一体、と強く突っ込みたい気分でございます。ちうっか何考えてんだ新紀元社。なぁ?」
ぴーす「は、はぁ。ええっと、あの、ですけど。情報として必要だ、とお考えになられてのでは?」
へむ2「必要かぁ? いやま、いいけどさ。いいんだけどさ。でも、新紀元社に対する俺内部信頼ポイントが、一気に低下した気分ですわわわわわー」

* いやもう。遡って言うと『幻想世界の住人たち』からこっち、延々と硬派でしたのに。<新紀元社>なんでいきなりメイドなんでしょか、ホントに(^^;

-

* にゅ。

* とか悩みつつ。ちまっとぐるー。

*

へむ2「ふむ。ソフトハウスキャラでは『グリンスバールの森の中』のキャストが公開された、Nomadの新作『外道勇者』は、まだタイトル発表されただけだけど軍曹の言う事を信じるならえろそうだ、と」
ぴーす「軍曹? えと、どなたですか?」
へむ2「うん、先日こっそり出来たこっちのコーナー見るよろし。けどなあ、Nomad萌えキャラは似合わねぇ、と思うぞ。本気で」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ。あの、ですか?」
へむ2「凌辱メーカーに萌えなぞいらんだろう、そもそも。て、いやまあそれはさておき話を戻して。『外道勇者』はどこぞのドラクエ勇者みたいなストーリーが笑えて良いと思います。まる」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・・・・(−− いや。確かに設定だけはドラクエ勇者だけど。でも、全然違うでしょ、中身は」
へむ2「まあその辺は『外道』ですしー。あ、で、後TinkerBellでは『淫妖蟲 蝕 〜凌触島退魔録〜』の情報が公開されましたが、こちらも問答無用にえろそでナイスだと思います。つっか触手えろ万歳
あずさ「・・・・・・(−−メ」
ぴーす「・・・え、ええっと。あ! も、もう遅いですからお休みになられた方が!? ですよね、まるちさん!!」
まるち「は、はわ? あ、はい、そうですね(^^; そろそろ、あの、はい。お休みになられるのに良い時間ではないかと〜」
へむ2「えー。もーちょいダラダラしてても」
ぴーす「そ、そう仰らずに、是非! あの、お風呂の方ももう沸いておりますし!!」
へむ2「・・・そうですか? まあいいや、んじゃそーゆー訳で、今日はここま」
ぴーす「はいっ! お休みなさいませ!!」
へむ2「て、最後まで言わせてくださいお嬢さん。はい、プレイバックプレイバック。そーゆー訳で、今日はここまでー」

* お休みゃです。くー。


名付け旅行に出かけよう。

* とりあえず、前提条件。

*

へむ2「いち。ANAのダイヤモンド会員特典で、全日空ホテルズの無料宿泊券があるのですな」
あずさ「に。そろそろ子供の名前も決めときなさい(−− いつ産まれてくるか分かんないんだし」
まるち「ええっと(^^; さ、さん。ですけど、あの、遠くに行かれるのは、ちょっと〜。奥様の体調の方もございますし」
ぴーす「よん。でも、少しは観光も出来る所がよろしいですよね、やっぱり」
へむ2「以上。とゆー訳で、前述の条件を全てまとめて検討した結果、結論としては東京全日空ホテルに泊まるべぇや、と。ここなら近くに東京タワーがあるので、レイアースごっこが出来ますよ?」
あずさ「それはやらなくていい(−−メ 普通に観光しなさい、観光」
へむ2「らじゃー。で、夜は部屋に引きこもって子供の名前を考えよう、とゆー算段でございます。まあ家でやってもいいんですけど、家だとついゲームをしちゃったり何だかんだで、集中出来ませんからなあ」
まるち「はい〜(^^; 奥様も、あの、ファイナルファンタジーさんとかをプレイなさってますし〜」
へむ2「うん。やっぱ家だとどうしても、ね。て事で一旦その辺から身体を切り離して、じっくり集中してこよーかと。とゆー訳なので今日明日、家の方は任せましたよあずささん」
あずさ「はいはい(−− まあ、夫婦水入らずでゆっくり考えてらっしゃい」
へむ2「え。いや、まるちは連れていきますよ?」
あずさ「・・・・・・(−− アンタは、また」
へむ2「新婚旅行ん時だって連れてったのに、何を今更。あ、ぴーすはこのタイミングでいっぺん家帰って、メンテナンスを受けてくるとよろしい。もううちに来て四ヶ月ですからな」
ぴーす「あ、はい。そうさせて頂きますー」
へむ2「そしてついでに、あやか嬢に伝えてくれい。まるちの方も近いうちに必ずメンテに行かすんで殴り込んで来ないでください怖いですからガタブル、って」
ぴーす「・・・あ、は、はい。りょ、了解しました」
あずさ「て(−− だったらぴーすと一緒にメンテに行かせてあげなさいよ、もう」
へむ2「それだと俺が寂しいじゃないか。ちう事で、行ってきまー」

* まあそういう訳で、のんびりお出かけ。片道一時間かからないお泊まり旅行、とゆーのは我ながら珍しいっつーか微妙にもったいないっつーか(笑) まあでも、たまにゃあいいですよね、こういうのも。

*

へむ2「で。ホテルに荷物置いて、んでぶらぶらと東京タワーまで歩いてる訳ですがー。この辺、何つーか落差が激しい所ですな。ついさっきまで六本木おされ空間でしたのに、いきなり下町になりましたよ、セニョリータ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい、確かに、突然雰囲気が変わりましたね」
へむ2「惜しいなあ。カメラ持ってくるんだったか? ああいや、でもダメだ。東京タワーにカメラ持ってくなんて、あまりにもお上りさんチックでよろしくねぇ」
まるち「はぁ(^^;;; ええと、あの、はい。でしたら、その内また、お写真だけお撮りに来られてはいかがでしょうか?」
へむ2「そうねぇ。うん、そうしようか。どーせ一時間かからんのじゃし、天気のいい日見計らって、また来るべぇ」

* そして東京タワー。

*

へむ2「オゥ! マウントフジヤマ、イッツワンダホー!! HAHAHAHAHA!!!」
まるち「・・・・・・(^^;」
へむ2「・・・て。そこで突っ込んでくれんと、俺悲しいのですが?」
まるち「は、はわ?(^^; あ、え、ええと。それは、あの、申し訳ありませんでした〜」
へむ2「うにゅ。そう真剣に返されてもそれはそれで、ちょっとー」
まるち「はわわわわ(^^;;; はぁ、あの、え、ええっと〜。それは、あの、えっと〜」
へむ2「や、まあ、いいや。とにかく、久しぶりに富士山見れたのが良かったね、と。でも、特別展望台はわざわざ並んでまで登る程の価値は無かったですなー」

* ちうっか特別展望台、エレベーターの待ち時間が長すぎです。エレベーターが小さい上に一台しか無いから、延々待たされて、もー(^^;

-

* にゅ。

* ほでもって夜。今日の晩飯と明日の朝飯は無駄に贅沢にルームサービスで済ませるっすよいえっふー。

*

へむ2「交通費も宿泊代もかかってない旅行だからこそ出来るザ・贅沢。正直、ルームサービスって普通の旅行なら頼む気になりませんもんねぇ」
まるち「そうですね(^^; やはり、あの、お高いですし〜」
へむ2「もう少しリーズナブルならにゃー。ま、でもそれは置いといて。飯食い終わったら子供の名前考えるんで、名付けの参考書出しといてねー」
まるち「あ、はい〜(^^) ご本でしたら、はい、こちらに〜」
へむ2「ういうい、ありがと。さぁて、そいじゃじっくり考えますよー」

* て事で、今日はここまで。まーたあーしーたー。


日曜の朝は一杯のオレンジジュースから。

* 今日の朝食は、ルームサービスであめりかーんなスタイル。

*

へむ2「とゆー訳でオレンジジュースを飲みながらぐっもーにん。ちなみに昨日の晩はカニ雑炊食べて俺満足
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい。お早うございます〜」
へむ2「おはやう。しかしアレね、こーしてホテルの部屋ん中で朝飯食う、つーのは珍しい経験だよねぇ(はむはむ)」
まるち「あ、そうですね(^^) 普段は、お部屋ではいただきませんから〜」
へむ2「ホテルじゃ無くて旅館に泊まった時も、大抵朝は大食堂だしなあ。こーゆー優雅な体験も、たまには良い物じゃよー」

* で、飯食ってからのんびりチェックアウト。これだけ無駄に贅沢しても今回は一人一万かかってない訳で。やー、宿泊費タダって大きいですなあ、やっぱり(笑)

*

へむ2「交通費の方も全然かかって無いしのう。あ、ただいま、あずあず」
あずさ「お帰り。で、名前の方はどうなったの? 決まったの?」
へむ2「んー。とりあえず、候補はある程度がっちりとしぼりこみましたですよ。えと、まるちー?」
まるち「はい〜(^^) ええと、発音だけでしたら五つ、漢字違いを合わせて全部で七つです〜」
あずさ「ん(−− よしよし、ちゃんと考えてたのね」
へむ2「そりゃ考えますってば。でもねぇ、あずささん。聞いてくださいよー」
あずさ「? 何よ?」
へむ2「昨日さー、行きしに駅でメトロガイド見て、そんで初めて知ったんですけどー。交通博物館閉館するらしいのですよー」
あずさ「・・・いきなり何の話かと思えば(−− て、交通博物館? 秋葉原にあるアレ?」
へむ2「万世橋にあるアレです。閉館のお知らせによると5/14が最終日。しかもこー、『今は混雑してるから場合によっては入場制限するかも』告知付きっすよ。出来れば閉館前にいっぺん行っときたかったのニー。悲しいっすよね切ないっすよねどうにもこうにも」
あずさ「いや、とか言われても(−− て言うか、交通博物館なら前に一度行ってるでしょ? 確か」
へむ2「行ってはいますけどー。でも、閉館となるともっぺん行っときたくなるじゃないですかー」
あずさ「・・・・・・(−− とか言われても」
まるち「ええと(^^; ですけど、この後で、となりますともうゴールデンウィークになってますから〜」
あずさ「混んでるわよ、絶対。だからまあ、諦めなさい(−−」
へむ2「うぉにょれー。つっか、俺もえー加減アンテナ低いよなあ・・・」

* もーちょい早くに知ってれば、まだ人が少ないうちに行けたかもしれんのですが。<交通博物館>どーもこー、最近こーゆー事が多くってうじゅー、ですわー。

-

* にゅ。

* で、まあ、帰ってからはのんびり色々。ディスガイアってみたり美味しい蕎麦食べに再び外出してみたり子供の名前候補をさらにじっくりふるいにかけてみたり。

*

へむ2「と、やってるうちにもう0時。んじゃ、寝ますか」
まるち「はい〜(^^) お風呂の方ももう沸いておりますので、どうぞ〜」
へむ2「ういうい・・・て、あれ? そう言えばぴーすは?」
あずさ「ああ、ぴーすなら帰るの明日になる、って電話があったわよ」
へむ2「あ、そなの? むう、メンテに時間がかかってるのかねぇ?」
あずさ「まあ、そうなんでしょうね(−− アンタが変な事ばっかり教え込むから」
へむ2「失礼な。そんなまるで、俺が悪い事をしてるかのよーな」
あずさ「違うとでも?(−−」
へむ2「違うと断言しておきたいと思うおにーさん17の夏。て言うかアレだ、きっとメンテじゃなくて、あやか嬢がぴーす捕まえて遊んでるんですよはっはっは。ねぇ?」
まるち「は、はわ?(^^; はぁ、あの、確かにぴーすさんも久しぶりにあちらにお帰りになられた訳ですし〜。あの、確かに、色々とつもる話がおありになるかもしれませんね」
へむ2「うん。多分そう、きっとそう。ちう事でね?」
あずさ「・・・・・・(−− ま、いいわ。とにかくアンタはとっとと風呂に入ってとっとと寝なさい。明日はまた、仕事なんだし」
へむ2「らじゃー。では、今日はここまでー」

* お休みなさいです。ぐー。


人狼城開始。

* 朝。

* お出かけー。

*

へむ2「で、今日から二階堂黎人、『人狼城の恐怖』を読み始めるおにーさんでございます。ございます、のですがー」
まるち「えっと。あの、『人狼城』さんは全部で四冊ございますから〜(^^; 今日中には、あの、ちょっと〜」
あずさ「無理よね。読み終わるのは」
へむ2「うい。てゆーか、『仕事への行き帰りだけしか読書時間にあてれない』今の状況では、読み終わるのは三週間後になると思われます。多分」
あずさ「三週間? それじゃ済まないでしょ?」
へむ2「んー。気合いを本気でがっつり入れれば、なんとか。つか、三週以上かかっちゃうと最初の方の伏線を忘れっちまう危険性がですなー。ので、それは避けたいって思うのです」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、はい。そうですよね」
へむ2「ですよー。だから気合いを入れて三週間以内。そのラインは譲れません」
あずさ「・・・いや、まあ。そりゃ、譲らないのは勝手だけど(−−」
へむ2「譲れないったら譲れないー。とゆー訳で、決意の表明として今日の日記のタイトルは『開始』。さあ、『終了』を5/15までに刻めるかどうか、如何にー」

* ちなみにぱらぱらっと後ろの解説見てみた所、原稿用紙4000枚分だとか。<『人狼城』>先は・・・長いですやねぇ。ううむ(^^;

-

* 昼。

* お仕事ー。

-

* 夕方。

* 帰宅ー。

*

ぴーす「あ、お帰りなさいませ! 長い間留守にして申し訳ありま・・・あ、あの?」
へむ2「にゅ〜? や、気にしなくっていいよ。別に長い間って程長い間じゃ無いんだし」
ぴーす「えと、はい。ありがとうございます。それより、あの、どうかなさいましたか? 何だか、随分と」
へむ2「うん。風邪ひいた」
ぴーす「は、はいっ!?(汗
へむ2「朝はそうでも無かったんじゃけど、仕事ちうにどんどん体調悪化してってねぇ。どーもこー、先週末の名付け旅行で悪い菌を貰ってきたらしい。アレだな、普段全然縁の無いセレブの巣になんか行ったせいだな、きっと」
あずさ「巣って言うな(−−メ て言うか、どっちかって言うと原因は東京タワーだと思うわよ」
まるち「そうですね(^^; 随分と、あの、混んでましたし〜」
あずさ「どうせ地方から来た人が多かったんでしょうし(−− そこで色々ミックスされた菌貰ってきたのよ、きっと」
へむ2「そんな常識的な解答では面白くないではありませんかセニョリータ。てゆーか結構本気で、空気悪かったよ? 六本木とか、赤坂とか」
ぴーす「は、はぁ。それは、確かにあちらは都心ですから。随分とお車も多かったでしょうし」
あずさ「排気ガスだけじゃあ風邪はひかないでしょ(−− まあそれより、いいからとっととご飯食べて、薬飲んどきなさい。風邪だからって休めないんだし」
へむ2「その辺が切ない所ですなあ。ま、でも、しょーがない。とっとと薬飲んで風呂入って、寝ましょーか」
まるち「はわ?(^^; えっと、あの、お風呂は入られない方が〜」
へむ2「湯冷めしない様に気ぃ付けてりゃ大丈夫っすよ。ちう事で風呂の準備、よろしく」
ぴーす「あ、は、はい! では、あの、準備してまいります!!」

* て事で現在、結構ぐでー。今日は早めに寝るですよー。

-

* 夜。

*

へむ2「で、だ。とりあえず、ライアーソフトで『蒼天のセレナリア』のシステム紹介が出てる訳よ」
まるち「はぁ(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− いや。寝なさいよ、だから」
へむ2「や、まあ、これだけねー。でもって前にデモ見た時想像した様に、アイテム拾って売り飛ばすタイプのゲームっぽいですな」
ぴーす「あ、でも、色々イベントもあるみたいですよ? えっと、三番目の『拠点コマンド』の所に」
へむ2「ああ、うん。確かにTRPGっぽいミッションも多数あるよーなのですが、でもそれとは関係なく自由に動ける部分も多いと思いません?」
あずさ「なの・・・かしらね? ああ、でも、そうね。確かに、最終目的は『ゴールに向かう』だけど、その前に船のパワーアップとか色々しなくちゃいけないんだろうし。それ考えると、結構自由に動けそうではあるわね」
へむ2「ざんしょ? まあ、実際の所は数日後に出る予定の体験版やって確認、つ事になるでしょうけど・・・うん。今現在の情報から考えると、色々楽しめそうでございますよー」

* て事でわくわく期待。問題はシステム面、なんですが・・・こっちもまあ、体験版やってからですにゃー。

-

* にゅ。

* ほであ寝るれす。お休みなさいふにゃふにゃぐー。


[卯月日記一覧] : 2006/04/25 : (コメントが2件あるにゅ)

にゃんにゃかにゃー。

* 朝。

* お出かけー。

*

ぴーす「お早うございます! あの、お身体の方はいかがですか?」
へむ2「んー? にゃあ」
ぴーす「にゃ、にゃあ?」
へむ2「・・・大体問題はないけど、喉が痛ぇ。ので、あんまし喋りたくは無いにゃあ」
ぴーす「え? あ、す、すみません!!」
へむ2「にゃあ」
あずさ「はいはい、いいから行くわよ(−− あ、ぴーすゴメン。今週はまるちと代わって、留守番しててくれる?」
ぴーす「え。あ、は、はい。それは、あの、はい。構いませんけど」
へむ2「にゃあ?」
あずさ「アンタ調子が悪い時にまるちがいないと、倍騒ぐでしょ(−− 付き合わされるこっちの身にもなりなさい」
へむ2「にゃあ。んー、にゃあ?」
あずさ「そうなの(−− 違うとは言わせないわよ」
へむ2「にゃー。ん〜〜・・・にゃ。にゃあ」
まるち「はぁ(^^; えっと、あの、はい。それでは、ぴーすさん。お家の方、よろしくお願いします〜」
ぴーす「は、はい?」
まるち「あ(^^; ええと、ご主人様は今、おそらく『それでは行きましょう』と仰ったのだと〜」
ぴーす「そ、そうなんですか?」
あずさ「ん(−− 多分ね」
ぴーす「・・・そうなんですかー。お二人とも、あの、あれで分かってしまわれるんですね」
あずさ「不本意だけどね(−− 付き合い、長いから」
まるち「ええと(^^; あの、ですけど、分かると言っても本当に、あの、簡単な事だけですから〜」
へむ2「にゃー」
まるち「あ、はい(^^; お待たせして、申し訳ありません〜。それでは、あの、ピースさん。行ってまいります〜」
ぴーす「・・・うう。まだまだ私、修行がたりませんー。もっともっと、頑張りませんと」
まるち「は、はわ?(^^; あの、ぴーすさん?」
ぴーす「え? あ、は、はい! すみません、行ってらっしゃいませ!!」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。それでは、行ってまいります〜」

* にゃあ。

-

* 昼。

* にゃにゃー。

-

* 夕方。

* にゃんにゃかにゃんにゃかにゃーん。

*

あずさ「・・・・・・(−− いや。そろそろ人間の言葉に帰ってきなさい。もしくは、それが出来ないくらい辛いんだったら、寝なさい」
へむ2「うにゃ。では人間の言葉に帰ってきた上で寝るとしましょう。正直、まだ多少は身体がダルい」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。それでしたら、どうぞ無理はなさらず〜。あの、暖かくして、ごゆっくりお休みください〜」
へむ2「や、ゆっくりはしない。2時間くらいしたらまた起こしてくれい」
あずさ「寝てなさいよ。いいから(−−」
へむ2「そうもいかねんだわー。仕事があっからさ」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「? 終わったから戻ってきたんでしょ? 違うの?」
へむ2「やー。今日はねぇ、20時くらいから始まる仕事が一個あるんだわ。こんな時間から始めんで欲しいなあ、と俺も思うんじゃけど、まあでもあるもんは仕方が無い。ので、一旦寝て起きてそして再び出かける予定」
まるち「はぁ(^^;;; それは、あの、何と言いますか〜」
あずさ「・・・大変ねぇ(−− まあ、でも、頑張ってらっしゃい」
へむ2「うい。ちうっ訳で、とりあえず2時間後に起こしてくれたまへ」
まるち「は、はい(^^; それは、あの、はい。了解しました〜」
あずさ「あ。ちょっと、晩ご飯はどうするのよ? あっちで食べてくるの?」
へむ2「んー? いや、仕事自体は1時間か、長くても2時間で終わるでなあ。帰って来てから食うよ、素直に」
あずさ「ん。じゃあ、準備しとくわね」
へむ2「うい、よろー。ほであ、そーゆー事で」

* にゃあ。

-

* 夜。

* て事で行ってきました働いてきました帰ってきました飯も食いましたはい今日はここまでー。

*

へむ2「て事で」
まるち「はい〜(^^; お休みなさいませ〜」
あずさ「ちゃんと暖かくして寝るのよ(−− こっちはまだ、ちょっと寒いんだし」
へむ2「うん、努力はする。んっじゃおっやすー」

* ぐぅ。


正統王道冒険譚。

* 今日は一日お仕事でした。

-

* さて。

*

へむ2「蒸気の王に栄えあれ! とゆー訳で、ライアーソフトで『蒼天のセレナリア』の体験版が出ておりますよセニョリータ」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。ところで、あの、お身体の方は〜」
へむ2「ああ、それなりには回復した。完治はしとらんけど」
まるち「はわ(^^;;; そ、それでしたら、あの、今日も〜」
あずさ「とっとと寝なさい(−− 余計な事してないで」
へむ2「や、や、や。まあでも、多少はやる事やっとかんとね? ちう訳で蒸気王っすよ蒸気王! 体験版ではほとんど出てこないけど蒸気王!! 断片情報から彼の人生を想像するだけでお兄さんワクワクですよ!?」
まるち「は、はわ(^^; はぁ、あの、はい。確かに、あの、この後お話には色々関わってこられる様ですね」
へむ2「まったくですよお嬢さん! しかもしかも、将来的に敵になるであろう<大数式>バイロンは、『電気』を使うのですよ!! つまりここに、蒸気王対電気王の構図が!!」
あずさ「あー(−−メ うっさい黙れろくでなし。て言うか、主人公達ほったらかして妙な方向で騒ぐな!!」
へむ2「え。主人公は蒸気王でしょう?」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「・・・えー。えーと、赤毛の娘と獣人の娘をメインとするお話の方は、ライアーにしては珍しくすごく正統で王道な冒険譚っぽいですよ? 赤毛の娘、実にまっすぐで少年漫画の主人公みたいだしね」
あずさ「・・・どうあってもその『赤毛の娘』を、主人公とは呼ばないつもりね?(−−」
へむ2「は、一体何のことでございましょうかお嬢様。それよりえーとアレだ、ほら。ねぇ?」
まるち「は、はわ?(^^;」
へむ2「ほら、アレだよえーと。ま、まあとにかく、実に冒険テイスティってゆーかTRPGテイスティで俺ワクワク。ね?」
まるち「はぁ(^^;;; あの、はい。楽しみですね、とても」
あずさ「それで話そらしたつもり?(−− まあ、面倒だから追求はしないけど・・・まったく、もう」

* や、まあ、冗談はさておき。ギア・アンティークの世界からブルーフォレストの世界へと飛び出して、初めて見る青空や、満点の星空に瞳輝かす娘さん達の姿が実に心地よく。あー、いいなあ☆

*

へむ2「と、まあ、ワクワクなのですがー。ただまあ一つ言うと、やっぱゲーム部分の操作性はあいかわらずイマイチだね。てゆっか、キーボードショートカットがなあ」
まるち「はい〜(^^; やっぱり、あの、ありませんでしたね」
へむ2「せめて上下左右だけでもカーソルキーで出来ると楽なんじゃけどな。と、ゆー訳で、体験版の感想としてその辺メールで投げてみた。これで改善して貰えれば・・・無理か。やっぱり」
あずさ「まあ、発売6月だしねぇ。今からじゃ無理でしょ、さすがに」
へむ2「だよなあ。とほほのほ、マウスオンリーは辛いんじゃけどなあ・・・」

* あ、で、話は変わりますが。『セレナリア』のユーザー参加企画は、メンツが足りないんで開始が遅れるそーです(笑)<昨日メールでお知らせが来ましたが>とゆー訳ですので、お手すきでなおかつ、それなりに興味のある皆様は是非ご参加をー。

-

* にゅ。

* さてさて。んでは後はちまっとだけディスガイアって、ほでもって最後ぐる。

*

へむ2「えーと。Game-Style奢られコラムRが更新・・・てゆっか、実は先週も更新されてたのを見逃してますな、俺」
まるち「はい〜(^^; そうみたいですね」
へむ2「うん。て事でまとめて二回分。前回アリス今回アトリエかぐや、と」
あずさ「・・・さすがって言うか何て言うか。アリスの方は安定感があるわねぇ。考え方とか、色々」
へむ2「まったくですな。悪く言えば『冒険してない』になるんでしょうけど、でも、えろげ業界でここまでかっちりしてる所は珍しいですからなあ。是非こー、ある種の指標として今後も頑張っていってもらいたい物ですよー」

* いじょ。そいであ今日もお休みなさい、ぐぅ。


久々ぷっちん。

* 今日も一日お仕事うにゃうにゃ。でもって夕方、ばたんきゅー。

*

へむ2「・・・うにゃ」
まるち「あ(^^; お目覚めになられましたか? ご主人様」
へむ2「にゃー。今、何時?」
まるち「あ、はい。ええと、3時ちょっと過ぎです〜(^^;」
へむ2「・・・そっか。うにゃ、起きるー。ご飯食べるー」
まるち「はい〜。すぐ準備いたします〜(^^; それで、あの、お身体の方はいかがですか?」
へむ2「んー。さすがに寝起きだから重い。けどまあ、大分良くはなってるよ。それよりまあ、ごーはーん、ごーはーんー。お腹空いたよー?」
まるち「はわわわわ(^^; は、はい。少しだけ、あの、お待ちください〜」

* はもはも。ちう訳で夜中に起き出して飯食ってしばらくぼへらーっとして、あい、これからまたすりーぴん。今日は特に、書く事の無い日ですにゃあ。

*

へむ2「強いて書くとすれば、久々にぷっちんぷりんを食べたぞ、とゆーくらいか。あ、これでもう風邪、治りますよ。良かったですね」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。そうですね」
あずさ「・・・だから(−− それに一体、何の根拠があるのかと」
へむ2「おや、あずささん。お早う」
あずさ「お早う(−− まだ夜だけどね」
へむ2「起きた時は『お早う』が挨拶っすよ。ザ・日本の美徳とゆー奴ですな」
あずさ「やかましい(−−メ 何が日本の美徳よ」
へむ2「ワビーさんとサビーさんの心、と言ってもいいですよ? まあでもそれはさておき、再び眠気もやってきたので、ぼちぼちまた寝ましょうか?」
まるち「あ、はい(^^; どうぞ、あの、ごゆっくりお休みくださいませ〜」
あずさ「はいはい、お休み(−− 私はもうこの時間からじゃ寝れないから、起きてるわ」
へむ2「そぉ? んーじゃまあ、おっさきー。お休みー」

* て事で。であお休みなさいにゃー。


[卯月日記一覧] : 2006/04/28 : (コメントが2件あるにゅ)

みきゅーい。

* 今日はお仕事特に無し。て事で、午後便のひこーきでひょーいと帰京。

*

へむ2「ちなみにこの『午後便』も、四月のダイヤ改正以来大変使いにくい時間帯になった。繰り返し言うがおのれANA。以上」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「はいはい、いいから帰るわよ(−− 秋葉原は寄らないんでしょ?」
へむ2「うん。病み上がりの身に秋葉は辛いっつーんが一つと、後、嫁に土産でケーキ買ったからなあ。とっとと帰って、冷蔵庫入れんと」
まるち「そうですね(^^) 保冷バッグは頂きましたけど、3時間ほどしか保たないそうですし〜」
へむ2「さくさくっと移動せんとねー。しかしじゃね、ここで一つ問題だ」
まるち「はわ? あ、はい。何でしょうか〜?」
へむ2「うん。今日買ったこのケーキなんじゃけど・・・美味しいのかね?」
まるち「は、はわ?(^^;」
あずさ「・・・・・・(−− 何を今更、そんな根本的な事を」
へむ2「や、だって。『ネットでは5分で完売の人気スイーツ!』とか楽天グルメで二年連続人気No.1!』とかゆー煽りに釣られて買ってはみたんじゃけどさあ。実際のトコどーなのか、俺知らんのね。基本的にスイーツにゃああんまし興味ないし」
まるち「はぁ(^^; ええっと、ですけど、これだけ皆様が美味しい、とおっしゃられている訳ですし〜」
あずさ「美味しいんじゃないの? 普通に」
へむ2「なのかなあ。つーかだ、何が信用出来ないかって、そんな人気スイーツで、なおかつこの空港店では『期間限定販売』なのに、結構余ってるあたりが、ねぇ? そんなに人気あるんなら、速攻売り切れてても不思議はないんじゃないかと思うおにーさんなのですが」
まるち「はぁ(^^;;;」
あずさ「・・・いや、それはこの空港、使ってるのは仕事に行くサラリーマンがほとんどだから(−− アンタと一緒でスイーツに興味ない人が多い、ってだけでしょ」
へむ2「かなあ。まあいいやー、とりあえず食べてみるべぇよ」

* ちなみにこれ。<買ったの>ホールでしか売っとらんので、ちと量が多いのが難点なのですが・・・まあ、冷蔵庫つっこんでどけば一週間くらい保つみたいですし。のんびり食べてみますかにょう。

*

へむ2「とゆー訳で、ただいまだ」
ぴーす「はい、お帰りなさいませ! あの、お荷物が届いております!!」
へむ2「にゅ? ああ、はいはい。『蠅声の王』ですな(ごそごそ) お、特典色紙。直筆サイン入りで大槻所長お疲れ様です。特典壁紙DLは・・・あ、俺、どの壁紙よりもすくろりたんの方がいいな」
あずさ「・・・・・・(−−」
まるち「はぁ(^^; あの、えっと。ところで、あの、こちらの特典スリーブの方ですけど〜」
へむ2「ん? 何か・・・て、うぉい。うわー、こーきたかー」
ぴーす「わ。これは、あの、何と申しますか、ええっと」
あずさ「・・・いや。確かに、ある意味有名人だけど(−− 一体、何がどういう経緯でこの人にスリーブ描いてもらう事に」
へむ2「さあ? てかアレだ、衝撃のあまり、思わず普通に取り上げちまったけど。これってゲーム購入者用のお楽しみだし、誰だかバラすのは良くない・・・事なんだよな?」
ぴーす「・・・あ。それは、あの、はい。そうですね」
あずさ「そうねぇ。まあ、某匿名掲示板でメーカースレでも見れば分かる事ではあるけど・・・せっかくだから、言わない方がいいんでしょうねぇ。やっぱり」
へむ2「だよなあ。ちう訳で、この話は無かった事にしてしゅーりょー。さ、さっき買ってきたケーキでも食べましょか」
まるち「あ、は、はい(^^; では、あの、すぐ準備いたします〜」

* て事で何事も無かったかのよーに話題転換(ぉ ケーキの方は、『食べる前に電子レンジで5秒ほどあたためると良い』とあったので、冷たいままの、5秒あたためたの、10秒あたためたのと用意して、食べ比べてみる事に。

*

へむ2「(ぱくり)ふむ。確かに5秒あっためたのは、外サク中トロですなあ」
あずさ「うわ。10秒あたためたのは、フォークでつついただけで中が崩れるわね」
まるち「はい〜(^^; やはり、あの、10秒ではあたため過ぎなんですね」
へむ2「ふぅむ。冷たいままの方は・・・んー。なんて言うか、ただのチョコレート?」
まるち「は、はわ?(^^; そ、そうなんですか?」
あずさ「どれ?(ひょい) ああ、そうねぇ。確かにそんな感じねぇ」
へむ2「んー。まあ、美味しいか美味しくないか、って聞かれたら確かに美味しいですけど・・・」
あずさ「・・・幻、って程じゃあない気もするわねぇ。て言うか、ちょっと甘過ぎ?」
へむ2「まあ、全面チョコレートですからなあ。それはしょーがないっちゃあしょーがない、と・は・お・も・い・ま・す・が。でも、確かにもーちょいほろ苦系のトッピングでも欲しい所ですな、こりゃ」

* とか考えつつ、一切れちょい食ったらお腹いっぱいになったのでその辺は次回試してみる事に。とりあえず、以前買ってはみたもののあまりにも苦くて放置してた(マテ、99%カカオなるチョコが冷蔵庫に眠ってますので。ま、それでも混ぜてみようかとー。

-

* にゅ。

* ほでもって、後は『蠅声の王』をインストールしたり『蠅声の王』にパッチ当てたり『蠅声の王』のキャラシートコピーしたりケーブルテレビでパトレイバーの映画版やってたんで久々に見てみたり、とやってるうちに夜。

*

へむ2「なので、もう寝ましょうね。皆さん、ぐっない」
まるち「はい〜。お休みなさいませ〜(^^)」
ぴーす「お休みなさいませ! お身体の方もまだお治りになっておられない様ですし、どうぞごゆっく」
へむ2「は? 何をおっしゃいますヤラお嬢さん。ほーら、俺はこんなに元気ですよー(かくかく)」
ぴーす「え? え、え、え。で、ですけど?」
あずさ「・・・て言うか(−− その怪しい動きは、何」
へむ2「全快を祝う踊りですが、何かー?」
あずさ「・・・・・・(−− 寝なさい。いいから。とっとと」
へむ2「らじゃ。そいであ、お休みなさイー」
まるち「は、はぁ(^^; お休みなさいませ〜」
ぴーす「えっと・・・あの、ええと、はい。お、お休みなさいませ!」

* てぇ事で。ほいであ、まーたあーしーたー。


でじたらいずどー。

* 今日はお休みー。とゆー訳で、とりあえずまずは秋葉に行ってお買い物。昨日はえろげの発売日で混んでるだろーから、ちょっとずらして今日にしたんですが。

*

へむ2「・・・混んでやがりますな。今日も」
まるち「そうですね(^^; やはり、あの、月末ですから〜」
あずさ「・・・・・・(−− さ。帰りましょうか、私たちは」
ぴーす「え? え、え、え、ですけど?」
あずさ「付き合ってられないわよ、こんなの(−− 並ぶのなんか一人で十分なんだし、別に私たちいらないでしょ」
へむ2「うーん。ま、確かにね。いいよ、先帰っとき」
まるち「はわ(^^; それは、ですけど、あの〜」
へむ2「いいよいいよ。俺も買うもん買ったらとっとと帰るけぇ、家で待っといてくれたまい」
まるち「はぁ(^^;;; わ、分かりました〜。では、あの、お先に失礼いたします〜」

* とゆー訳でそれなりに並んで、んでからとっとと帰宅。無駄に時間を使った気分ですが、まあそれはさておき。

*

へむ2「まいダイスー。準備かんりょー☆」
ぴーす「マップ書き用の方眼紙も準備完了です! どうぞ!!」
あずさ「筆記用具は普通のでいいのね? 通販特典のじゃなくて」
へむ2「うん。使い慣れた物が一番だとお兄さんは考えルッ!!」
まるち「こちら、キャラクターシートのコピーです〜(^^) どうぞ〜」
へむ2「よーしよし、これで準備はおーるおーけー。では、いざ『蠅声の王』、開始〜♪」

* と、いうのが大体15時時くらい。そして現在、夜1時(ぉ

*

へむ2「はっはっはっはっは。だとゆーのにまだ終わってませんよセニョリータ。具体的にはこれからウルリーカ様と戦うぞ、とゆー所」
まるち「はぁ(^^; あの、はい。ですけど、あの、もう少し・・・ですよね?」
へむ2「多分ねー。でも、時間的な問題でとりあえず今日はここまでですな。続きはまた明日ー」
あずさ「そうしなさい(−− にしても・・・随分時間、食ったわねぇ」
へむ2「まあ、『ある程度進んだらセーブして戻って他の選択肢確認』をやってますからなあ。別にそれでルート変える訳じゃないんですが、やっとかんとマップが綺麗に書けんので」
まるち「そうですね(^^; それに、あの、途中の『謎解き』でも少しお時間、取りましたし〜」
へむ2「うむ。あ、ちなみにさ。その謎解きで一つ、『正しく入力した筈なのに進めない』場所があったじゃん?」
ぴーす「あ、はい。ありましたね」
へむ2「あれさ、やっぱりスクリプトバグだったらしいよはっはっは☆」
まるち「え? あ、ほ、ホントです〜(^^;」
へむ2「まあ、しょせん三桁数字の組み合わせなんで? 適当に類推してクリアしたからいーんじゃけどさ。つか、パラグラフミスはゲームブックの醍醐味の一つだよな、と個人的には思う次第」
まるち「はぁ(^^; ええと、あの、はい。ですけど、これからプレイなさる方は、是非、あの〜」
へむ2「パッチを当ててからプレイなさるべきだと思います。あの、強制終了も少なくなるみたいですし!」
あずさ「あ、それは大きいわね。なんせ2時間に一度は落ちるし、これ」
へむ2「ああ、そじゃね。そっちは大きいね。まあ、データ自体はキャラシートで管理、なんで適当にパラグラフさえ覚えとけばすぐ元の場所には戻れるんじゃけど・・・それでもやっぱり、ねぇ」
まるち「はい〜(^^; 落ちないにこした事は無いと思いますし〜」
へむ2「ん。じゃあまあ俺もさくさくパッチは当てとく事にして。ま、でも、遅いので。ホント今日は、ここまでー」

* 続きはまた明日。<『蠅声の王』>それではお休みなさいですにょー。

* ぐぅ。


東京こぐまものがたり。

* 日曜お散歩ー。

*

へむ2「て事で今日は亀戸天神の藤まつりに来ております。さすがに人が多いですな」
まるち「そうですね(^^; ですけど、あの、やっぱり綺麗です〜」
あずさ「ま、のんびり出来ないのは残念だけど。それはしょうがないでしょ」
ぴーす「ゴールデンウィークですしねー。なんだか、花巡りツアーのバスも来ておられますし」
へむ2「へーえ? そりゃまたえっらい風流な、っと。あ、まるち、ちょっとそこのいてー」
まるち「はわ? あ、はい、失礼しました〜」
へむ2「ん(かしゃり) さて、そいじゃあ写真もそれなりに撮ったし、藤も堪能したし。錦糸町寄って帰りましょうか」
あずさ「そうね。じゃあ駅に戻って・・・」
ぴーす「あ。ここからでしたら、歩いた方が早いですよ?」
あずさ「え? そうなの?」
ぴーす「はい。えっと、オリナスに行かれるんですよね?」
へむ2「うん。先日オープンしたそのオリなんとかん中にベビザらスが出来た、つーんでな。赤ちゃんグッズでも見てこようかと」
ぴーす「でしたら、やはり。あの、オリナス、そこに見えてますし」
へむ2「・・・おや?」
あずさ「あ。ああ、あのビルって、そうなの?」
ぴーす「はい。あ、いえ、お店の方では無いんですけど。こちらのオリナスタワーとかが、見えてるあれです」
へむ2「ふむ。確かに亀戸から錦糸町までは一駅だし、それなりに近いだろう、とは思ってたけど・・・思ってた以上に近いんじゃなあ。ふぅむ」

* と、ゆー訳なのでてちてちあるいてベビザらス。ざらっと見回って、まあでも『今絶対買わなきゃいけない物』は特には無かったので。てけとーにこまいもんだけ買って、とっとと帰宅ー。

*

へむ2「うし。じゃあ『蠅声の王』だー。ざくざくっとクリアしちゃうぜーい☆」
まるち「はい〜(^^) 頑張ってください、ご主人様」
あずさ「まあ、さすがにこの後は短いでしょ。さっさとやって、晩ご飯までには終わらせなさい」
へむ2「うむ、努力はしましょう。だが確約はしかねルッ!!」
あずさ「・・・・・・(−−メ」
へむ2「あ、いや、ほら。マップ完成させるとか、細かい選択肢を潰すとか。ほら、色々、ね?」
まるち「はぁ(^^; ええと、あの、はい。おまけパラグラフも、まだ全然見てませんし〜」
へむ2「色々ほら、やる事ぁあるのですよ。ですから、ネ?」
あずさ「えーい(−−メ いいから、とっとと始めなさいっ! それで晩ご飯までに命かけて、終わらすっ!!」
へむ2「らじゃー。では、ざくざくと進めまっしょー」

* そして夜。

*

へむ2「・・・うわー。『東京こぐまものがたり』超せつねぇ。思わず涙がこぼれそうだよ、ほろり」
あずさ「・・・て(−− なんでいきなりおまけシナリオの話まで飛んでるの、アンタは」
へむ2「は、いや、あまりに衝撃的だったもので。てゆーか衝撃と言えば、Hal社長のスタッフコメント・・・とゆーか、アレも凄かった。うーわー」
まるち「はぁ(^^; あの、確かに、はい〜」
あずさ「いや、確かに凄かったけど(−−」
へむ2「あーはいはい、では話を戻しましょう。『蠅声の王』、無事クリアしましたー。パラグラフも全部見ましたので、問答無用でフルコンプー♪」
ぴーす「はいっ! おめでとうございます!!」
へむ2「ちなみに一番好きなシーンは主人公とヒロインのファーストキスんとこ。あんな壮絶なキスシーン、初めて見たよお兄ちゃんわ」
まるち「はわ(^^; は、はぁ。あの、はい、確かに〜」
ぴーす「そ、そうですね。壮絶・・・でしたね。確かに」
へむ2「キスシーンには似合わねぇ言葉ですが、でもそうとしか言い様が無いあたりがすごいと思う。そして一番気に入らなかった所は凌辱えろが一つしかない所。チクショウ! もっとあると思ったのに! 思ったの(ごすっ)」
あずさ「・・・殴るわよ?(−−」
へむ2「て、もう殴ってルー(しくしく) あずささんはすぐそーやって暴力に訴える所がいけないと思う!!」
あずさ「やかましい(−−メ で、他に感想は」
へむ2「ん、そですねぇ。とりあえず続編ぷりーず。で、そん時はちょっとキャラシートのデザイン変えて欲しいと思う」
ぴーす「あ、そうですね。ちょっと、今のですと体力点とか精神点の書き換えスペースが」
へむ2「うん。やはりファイティングファンタジーシリーズのあのデザインを踏襲して欲しいって思うよ、本気で。なので、その辺メールでも感想送ってみた。後でアンケート葉書も出すけど、そっちに書くにはちと葉書のスペースがねぇ」
あずさ「て言うか、アンタの字って汚いし(−− 葉書だと読めないでしょ、きっと」
へむ2「うむ、それも否定はしません。まあでも、です。細かい事はさておき、ホントにゲームブックゲームブックしてて、俺満足ですよー」

* ちなみにシステム面で一番俺が気に入ったのは、『画面の左下に自分がいる場所周辺のマップが出てくる』事。さりげない事ではありますが、その辺のビジュアライズってアナログゲームブックでは出来なかった事ですし。単純にゲームブックデジタル化しただけじゃなくて、色々細かい事まで考えてるんだなあ、と、お兄さん感心したですよー。

-

* にゅ。

* ではここまで。明日はまたお仕事なのでとっとと寝るですよー。

* お休みなさい。ぐぅ。



☆この日記は以下のアンテナに捕捉されています。
妄想アンテナ(仮)」 「ソリトンレーダー」 「たんぽぽ ひとりごと。」 「翡翠アンテナ」 「ヲレアンテナ」 「さかにゃんてな」 「鞠絵あんてな」 「日記観察」 「textmania2」 「なつな みかんな さおりなさん」 「うにょんあんてな」 「いいんちょの出席簿」 「HNN日記バード」 「あゆあゆアンテナ」 「紗希音ちゃんアンテナ」 「つゆだくアンテナ」 「ひょうごアンテナ」 「大空寺アンテナ」 「markunアンテナ」 「すーすーアンテナDX」 「絆という名のアンテナ」 「Geiger-Counter」 「秋葉あんてな」 「猫耳レーダー (は)にゃんぴっぴ

☆当サイトは、ライアーソフトの『白光のヴァルーシア』サポーターサイトです。。

 Valusia

☆当サイトは、ライアーソフトの『漆黒のシャルノス』オフィシャルサポーターサイトです。専用ページもこの辺に。

 Sharnoth



[WebPage: まるちいんさいど。] [文責: へむへむ]